最新競馬コラム

【山崎エリカのダートグレード攻略】~クイーン賞2020~

 685

【山崎エリカのダートグレード攻略】~クイーン賞2020~ | コラム | ウマニティ

 牝馬限定のダートグレードでは唯一、ハンデ戦で行われるクイーン賞。このレースは前走JBCレディスクラシックの上位馬に優先出走権があるが、ハンデを背負わされることを嫌って出走して来ないことも少なくない。また、JBCレディスクラシックの優勝馬は、一昨年のアンジュデジールのように、牡馬相手のチャンピオンズカップに出走することも多く、この隙にこれまで牝馬限定の交流重賞の出走枠に入れなかった馬が、新規参戦してくることも多い。

 しかし、同年のJBCレディスクラシックで3着以内だった馬が出走してくれば有力。2011年のJBCレディスクラシック創設以降の過去9年で【1・2・2・0】と複勝率100%を誇る。1着の該当馬は、2013年のアクティビューティ、2014年のトロワボヌール。2着の該当馬は、2012年のクラーベセクレタ、2015年のトロワボヌール。3着の該当馬は、2011年のカラフルデイズ、2017年のラインハートだ。

 また、前走JBCレディスクラシックの4~5着も活躍しており、それらの成績は過去9年で【1・2・2・2】。1着の該当馬は、2016年のトロワボヌール。2着の該当馬は、2013年のカラフルデイズ、2014年のアクティビューティ。3着の該当馬は、2014年のブルーチッパー、2017年のアンジュデジールだ。

 4~5着だった馬の共通項は、同年のGⅡで連対実績があるか、GⅢの優勝勝ちの実績があるか、JBCレディスクラシックの直前のレースで連勝しているかのどれか。一方、JBCレディスクラシックで4着に敗れた2011年のパールシャドウと2019年のミッシングリンクは前記の条件を満たしていない。

 つまり、馬券の中心は、前走JBCレディスクラシックで3着以内の馬。その次が4~5着以内の馬だが、同年のGⅡで連対実績があるか、GⅢの優勝勝ちの実績があるか、JBCレディスクラシックの直前のレースで連勝していない限りは当てにしづらい。また、JBCレディスクラシックで3着以内や条件を満たしたJBCレディスクラシックの4~5着馬が2頭以上出走していない場合には、一気に波乱度が高まり、人気薄馬が馬券に絡む傾向があるので注意しよう。実際に前記の該当馬が1頭だった2012年、2013年、2016年と前記の該当馬がゼロだった昨年は全て3連単万馬券決着となっている。

 その他に昨年のこのレースで3角1~4番手以内の馬が1~4着を独占したように、ハイペースでも前から押し切れていることが多い。特に、前走のJBCレディスクラシックで2番手以内でレースを運んだ馬が、相手弱化のここで巻き返して来るケースが目立っている。その成績は過去9年で【2・0・2・0】。1着の該当馬は、2017年のプリンシアコメータ、2018年のアイアンテーラー。3着の該当馬は、2014年のブルーチッパー、2018年のサルサディオーネだ。

 さらにこのレースは3コーナー先頭だった馬が活躍しており、その成績は過去10年で【4・2・2・2】。該当馬が中央の古馬だった場合は人気になるが、中央の3歳馬だったり、地方馬だった場合には人気になっていない。2013年に逃げ切り勝ちした、中央の3歳馬レッドクラウディアは6番人気。昨年も大井のレイジーアクセルが逃げ切っているが同馬は4番人気。その他にも2013年に大井のサクラサクラサクラが7番人気で逃げて2着、2015年に船橋のノットオーソリティが5番人気で逃げて3着と人気以上の走りを見せている。今回で逃げられると思われる馬は、人気がなければ無条件に「買い」だ。

 最後にもっと人気薄のパターンを紹介しよう。2012年のアドマイヤインディ(12番人気)、2016年のタイムビヨンド(8番人気)、遡れば2009年もパノラマビューティ(10番人気)、2010年のトウホクビジン(10番人気)など、8番人気以下で3着に食い込んでいる馬は全て地方馬であり、次の共通項があった。(1)前走でダートグレード出走かそれ以外なら3着以内、(2)ハンデが51~52kg、(3)差し、追い込み馬ということ。

 パノラマビューティ、トウホクビジンの活躍は、JBCレディスクラシック創設前だが、アドマイヤインディ、タイムビヨンドが3着に好走した年は、JBCレディスクラシックで5着以内だった馬が、1頭しか出走していなかったことも共通項かもしれない。


 まとめるとこうなる!

 ●本命候補
 1.前走のJBCレディスクラシックで3着以内の馬。
 2.前走のJBCレディスクラシックで5着以内の馬。
  (同年のG2で連対実績があるか、G3勝ちの実績があるか、JBCレディスクラシックの手前のレースで連勝していることが条件)
 3.前走のJBCレディスクラシックで3角2番手以内だった馬。

 ●穴馬候補
 1.今回で逃げられる中央の3歳か地方馬。
 2. 前走でダートグレード出走かそれ以外なら3着以内、ハンデ51~52kg、差し、追い込み馬の条件を全て満たした地方馬。
  ※本命候補の1~2の条件をクリアした馬が1頭以下だと、より期待できる。

山崎エリカさんのダートグレード競走最新予想はこちらからご覧いただけます!!

 コメント(1

古い順・新しい順

TERAMAGAZINE
2020年12月3日(木) 20:43

------------------------------------------------
《山崎エリカ競馬プロ予想プロ』予想
------------------------------------------------

◎ラインカリーナ

昨年の関東オークスの覇者であり
ブリーダーズGCでもプリンシアコメータと2着接戦の3着

その次走の太秦Sでもエアアルマスやヴェンジェンス、ハイランドピークなどの中央の重賞ウイナーを相手に
果敢に逃げて4着に善戦。

それ以降調子を崩して本来の能力を出し切れずに惜敗大敗の連続ですが、
前走で短い距離を使って二の脚の強化を図った今回は変わり身を期待します。

前走で1400m戦を使ったことで1800mのここは楽にレースの流れに乗れる公算大。

この馬は揉まれ弱い面があ、昨年の関東オークスなどは揉まれない競馬ができたことが
マドラスチェックを撃破し3着以下に大差をつけた理由ですが、
ここはサルサディオーネに行かせて2番手の外が狙えると見ました。

揉まれ弱いタイプに乗せたらNO.1クラスの森騎手にも期待です。

https://nar.umanity.jp/professional/coliseum_view.php?user_id=3100000007&race_id=2020120319090411

-----------------------------------

◎ラインカリーナ 6着

------------------------------------

(馬券)
◆合計 5,000円

◆複勝 2,500円(ラインカリーナ )

◆馬連
1 - 9 1,000円
1 - 8 500円
1 - 3 300円
1 - 12 300円
1 - 4 100円
1 - 5 100円
1 - 7 100円
1 - 14 100円

--------------------------------------------------

購入額 払戻額 収支 回収率
5,000円 0円 ー5,000円 0%

-------------------------------------------------------

★《山崎エリカ競馬プロ予想プロ』クイーン賞・予想購入金額》

【一般会員 ★1000 G( ★G=¥日本円 )】

-------------------------------------------------------
う~ん!
今回(だけは)惜しかったですっ!

初志貫徹!!《マーベラス競馬プロ予想家山崎エリカ》さまは決してブレません。



ゴージャス予想のプロフェッショナルですっ!

プロフェッサー・マーベラス・エリカ

「実に素晴らしい!」


ウチら「#山崎エリカ公認プロファンクラブ」(ファンの集い)
【エリカ競馬《公認プロ》】をいつもずっとずっと応援しております!!

ナイス! (0)

コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

関連競馬コラム

新着競馬コラム

人気競馬コラム

会員登録(無料)でできること

レース情報

今週の注目レース

1月17日()
日経新春杯 G2
京成杯 G3
1月16日()
愛知杯 G3

⇒今週の番組表へ

先週のレース結果

1月11日(月)
フェアリーS G3
1月10日()
シンザン記念 G3

⇒先週の番組表へ

総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 クロノジェネシス 牝5
87,342万円
2 コントレイル 牡4
79,611万円
3 オジュウチョウサン 牡10
78,186万円
4 グランアレグリア 牝5
72,022万円
5 キセキ 牡7
66,256万円
6 ブラストワンピース 牡6
57,236万円
7 マカヒキ 牡8
56,210万円
8 インディチャンプ 牡6
53,529万円
9 サートゥルナーリア 牡5
52,359万円
10 ワグネリアン 牡6
50,624万円
» もっと見る

3歳
1 ソダシ 牝3
13,437万円
2 ダノンザキッド 牡3
11,144万円
3 グレナディアガーズ 牡3
7,982万円
4 メイケイエール 牝3
7,761万円
5 ステラヴェローチェ 牡3
6,870万円
6 レッドベルオーブ 牡3
6,437万円
7 モントライゼ 牡3
5,865万円
8 オーソクレース 牡3
5,249万円
9 ピクシーナイト 牡3
4,807万円
10 ヨカヨカ 牝3
4,702万円
» もっと見る