会員登録はこちら

ユニコーンステークス G3

日程:2022年6月19日()  東京/ダート1600m

ユニコーンステークスデータ分析

コース図東京ダート1600m

開催が2週繰り下がった2013年以降の前走オープン・重賞1着馬は2勝、2着4回、3着2回。2015年にノンコノユメ(前走青竜S)、2020年にはカフェファラオ(前走ヒヤシンスS)が連勝を決めているものの、それ以外は取りこぼしが目立っている。一方、2013年以降の勝ち馬8頭中7頭(唯一の例外の2019年のワイドファラオは初ダート)には東京ダート1600mでの勝利経験があった。前走ステップ・着順に関係なくコース実績を重視したほうがよさそうだ。東京ダート1600mは2コーナーのポケットから芝を150mほど走り、ダートに入って最初のコーナーまでさらに500m弱直線が続くレイアウト。そのため前半からスピードに乗りやすいコースであり、2013年以降の3着以内馬25頭(3着同着を含む)中21頭には芝戦もしくは芝スタートのダート戦での勝利経験があった。なお、該当しなかった2014年3着のバンズームは芝戦で3度の2着経験、2015年3着のアルタイルは芝スタートのダート戦で2着が2度あったことを補足しておく。(各種データ、原稿は本年のレース発走前のものとなります)

【人気】
単勝1倍台に支持されたアジアエクスプレスが12着に敗れた2014年に22万馬券、またゴールデンバローズが4着に敗れた2015年に10万馬券が出現したが、基本的にはそこまで荒れないレースである。2008年以降の勝ち馬13頭はすべて3番人気以内で、1~5番人気で13勝、2着12回、3着5回。3連単配当が1万円に届かない年も3回あり、人気薄を拾うにしても3着付けまでが妥当と結論付けられる。

◆人気別成績(過去20年)

人気着別度数勝率連対率複勝率単勝回収率複勝回収率
1番人気 9-4-0-7 45.0% 65.0% 65.0% 98.5% 78.0%
2番人気 3-6-2-9 15.0% 45.0% 55.0% 62.0% 86.5%
3番人気 4-3-6-7 20.0% 35.0% 65.0% 176.5% 151.5%
4番人気 1-2-2-15 5.0% 15.0% 25.0% 45.0% 94.5%
5番人気 1-2-1-16 5.0% 15.0% 20.0% 41.0% 51.5%
6~9番人気 2-2-8-68 2.5% 5.0% 15.0% 42.6% 74.1%
10番人気以下 0-1-2-132 0.0% 0.7% 2.2% 0.0% 28.7%

◆単勝オッズ別成績(過去20年)

単勝オッズ着別度数勝率連対率複勝率単勝回収率複勝回収率
1.9倍以下 3-0-0-2 60.0% 60.0% 60.0% 90.0% 64.0%
2.0~2.9倍 5-5-0-3 38.5% 76.9% 76.9% 90.0% 91.5%
3.0~4.9倍 4-4-0-10 22.2% 44.4% 44.4% 88.3% 73.9%
5.0~7.9倍 2-4-7-11 8.3% 25.0% 54.2% 56.3% 97.9%
8.0~14.9倍 5-2-4-25 13.9% 19.4% 30.6% 145.6% 111.1%
15.0~19.9倍 0-2-1-18 0.0% 9.5% 14.3% 0.0% 46.2%
20.0~49.9倍 1-1-7-59 1.5% 2.9% 13.2% 30.4% 62.1%
50.0倍以上 0-2-2-126 0.0% 1.5% 3.1% 0.0% 35.9%

◆配当(過去10年)

馬券種最高配当最低配当平均配当
単勝 1,340円 200円 599円
複勝 1,870円 110円 402円
枠連 6,020円 210円 1,725円
馬連 50,600円 340円 7,551円
ワイド 13,140円 160円 1,994円
馬単 78,550円 620円 12,467円
3連複 107,560円 470円 18,927円
3連単 793,400円 1,560円 119,289円

【脚質】
芝スタートで3コーナーまでの距離が長く、前半からスピードに乗りやすい東京ダート1600m。しかもコーナーが緩やかで先行勢が息を入れにくいため、2008年以降で逃げ残ったのは2014年2着コーリンベリーと2019年1着ワイドファラオの2頭しかいない。長さ501m、高低差2.4mの上り坂を擁する最後の直線を味方に、差し・追込タイプが台頭するというのが基本構図だ。

◆脚質別成績(過去20年)

脚質着別度数勝率連対率複勝率単勝回収率複勝回収率
逃げ 1-2-0-17 5.0% 15.0% 15.0% 33.0% 70.0%
先行 11-7-5-62 12.9% 21.2% 27.1% 76.2% 97.4%
差し 7-6-11-88 6.3% 11.6% 21.4% 38.1% 55.2%
追込 1-5-5-87 1.0% 6.1% 11.2% 4.7% 32.6%

【枠順】
距離ロスがあるもののスタート直後の芝部分を走る距離が長くなる外寄りの枠が優勢で、2008年以降1~3枠が3勝、2着4回、3着6回であるのに対し、6~8枠は7勝、2着4回、3着8回と大きな差をつけている。ただし8枠は1勝、2着2回、3着3回止まりで、大外馬番に限定すると2015年2着のノボバカラ、2020年1着のカフェファラオ以外はすべて着外。ダート戦にしては差し・追込にもチャンスのあるレースだが、大外枠に入った馬だけは過信しないほうがよさそうだ。

◆枠順別成績(過去20年)

枠順着別度数勝率連対率複勝率単勝回収率複勝回収率
1枠 2-4-1-31 5.3% 15.8% 18.4% 52.6% 44.5%
2枠 1-1-3-35 2.5% 5.0% 12.5% 8.0% 52.0%
3枠 2-3-3-30 5.3% 13.2% 21.1% 11.8% 67.9%
4枠 2-3-1-34 5.0% 12.5% 15.0% 29.5% 25.8%
5枠 2-4-0-33 5.1% 15.4% 15.4% 32.8% 25.9%
6枠 6-0-3-31 15.0% 15.0% 22.5% 95.0% 73.3%
7枠 4-2-5-29 10.0% 15.0% 27.5% 66.0% 57.0%
8枠 1-3-5-31 2.5% 10.0% 22.5% 5.0% 136.3%

【血統】
東京ダート1600mのリーディングサイアーであるゴールドアリュールの仔がこのレースでも活躍しており、2014年以降だけで3勝を挙げている。人気サイドのゴールドアリュール産駒であれば信用していい。父系ではそのゴールドアリュール擁するサンデーサイレンス系が優勢で、2011年以降5勝、2着4回、3着3回と奮闘している。これに続くのがミスタープロスペクター系の2勝、2着3回で、2015年の勝ち馬ノンコノユメは父トワイニング×母父アグネスタキオンという配合であった。もっともミスプロ系は母父としての活躍のほうが目立ち、3勝、2着2回、3着5回。ミスプロの4×3のクロス保持馬であった2014年2着馬コーリンベリーのようなタイプにも注意したい。

◆同コース種牡馬別成績(東京競馬場/ダート/1600m/過去5年)集計期間:2016/11/28~2021/11/28

種牡馬着別度数勝率連対率複勝率単勝
回収率
複勝
回収率
1 ヘニーヒューズ 33-26-22-154 14.0% 25.1% 34.5% 71.2% 93.1%
2 ゴールドアリュール 29-16-17-186 11.7% 18.1% 25.0% 109.2% 73.9%
3 キングカメハメハ 18-25-25-145 8.5% 20.2% 31.9% 73.3% 107.4%
4 パイロ 15-13-8-127 9.2% 17.2% 22.1% 69.1% 62.8%
5 ロードカナロア 15-6-12-83 12.9% 18.1% 28.4% 78.6% 71.7%
6 アイルハヴアナザー 13-16-17-139 7.0% 15.7% 24.9% 84.9% 94.4%
7 クロフネ 12-14-12-160 6.1% 13.1% 19.2% 38.9% 61.7%
8 Tapit 11-3-2-17 33.3% 42.4% 48.5% 137.9% 92.4%
9 シンボリクリスエス 10-14-11-111 6.8% 16.4% 24.0% 113.7% 77.3%
10 ハーツクライ 10-8-10-90 8.5% 15.3% 23.7% 104.9% 67.9%
会員登録(無料)でできること

今週の重賞レース

2022年1月30日(
根岸ステークス  G3
シルクロードS  G3

競馬番組表

2022年1月29日(
1回東京1日目
1回中京9日目
1回小倉5日目
2022年1月30日(
1回東京2日目
1回中京10日目
1回小倉6日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 オジュウチョウサン 牡11
86,501万円
2 エフフォーリア 牡4
73,664万円
3 マカヒキ 牡9
63,008万円
4 デアリングタクト 牝5
50,038万円
5 ペルシアンナイト 牡8
46,790万円
6 エアスピネル 牡9
44,765万円
7 レシステンシア 牝5
41,599万円
8 メイショウダッサイ 牡9
38,495万円
9 シャフリヤール 牡4
36,573万円
10 ディープボンド 牡5
36,182万円
» もっと見る

3歳
1 セリフォス 牡3
10,500万円
2 サークルオブライフ 牝3
10,257万円
3 ドウデュース 牡3
9,527万円
4 キラーアビリティ 牡3
8,369万円
5 ナムラクレア 牝3
6,800万円
6 ウォーターナビレラ 牝3
6,283万円
7 ラブリイユアアイズ 牝3
5,917万円
8 オニャンコポン 牡3
5,784万円
9 マテンロウオリオン 牡3
5,371万円
10 キングエルメス 牡3
4,710万円
» もっと見る