ホールシバン(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
POGウォッチリストに登録すると、ウマニティPOGのPOGリストに追加できます。
今すぐ会員登録
写真一覧
現役 牡3 鹿毛 2018年3月13日生
調教師高橋義忠(栗東)
馬主ゴドルフィン
生産者ダーレー・ジャパン・ファーム有限会社
生産地日高町
戦績 4戦[2-0-1-1]
総賞金1,729万円
収得賞金900万円
英字表記Whole Shebang
血統 パイロ
血統 ][ 産駒 ]
Pulpit
Wild Vision
サマリーズ
血統 ][ 産駒 ]
Hard Spun
ミスアドーラブル
兄弟 ホワイトロッジ
前走 2020/12/26 ホープフルステークス G1
次走予定

ホールシバンの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
20/12/26 中山 11 ホープフルS G1 芝2000 1546184.01211** 牡2 55.0 丸山元気高橋義忠508(+6)2.04.8 2.038.2④⑥⑥⑦ダノンザキッド
20/11/21 阪神 9 もちの木賞 1勝クラス ダ1800 1481326.681** 牡2 55.0 福永祐一高橋義忠502(+6)1.53.8 -0.337.2⑤④④ダノンハーロック
20/10/17 新潟 2 2歳未勝利 ダ1800 128114.421** 牡2 55.0 岩田望来高橋義忠496(-8)1.54.7 -0.838.9クリノクラール
20/09/13 中山 3 2歳新馬 ダ1800 16114.023** 牡2 54.0 和田竜二高橋義忠504(--)1.57.9 1.740.4ティアップリオン

ホールシバンの関連ニュース

【ホープフルS】厩舎の話

2020年12月25日(金) 04:53

オーソクレース・久保田師「攻めも素軽かった。落ち着きもあるし、レースが楽しみ」

ヨーホーレイク・友道師「切れるというより長く脚を使うから中山はいいとみている」

ランドオブリバティ・三浦騎手「動きも反応も良化。前走で同舞台を勝っているのは強み」

ヴィゴーレ・松永幹師「デキ上々。相手は強いが、馬自身も良くなっているしね」

テンカハル・矢作師「幼くて成長途上だが、動きはいい。将来への経験になれば」

ホールシバン・鵜木助手「芝調教で時計も出た。血統はダートだけに芝でどこまで」

マカオンドール・今野師「前走も十分に脚をみせた。ここでも差はないと思っている」

バニシングポイント・藤沢和師「前走はダートで力を出せず。芝で能力の高さをみせれば」

アオイショー・中舘師「中2週なので疲れを残さない調整。高い素質は感じますよ」

ダノンザキッド・安田隆師「クラシックを意識している。初距離、コースでも楽しみ」

タイトルホルダー・栗田師「先週、今週と思い通りの稽古。中山は競馬しやすいタイプ」

アドマイヤザーゲ・友道師「動きは良かったね。パワーがあるから坂がある中山はいい」

シュヴァリエローズ・北村友騎手「動きはいい。レースでも反応の良さを生かせられれば」

モリデンアロー・高野助手「今週はジョッキーが感触を確かめた。芝も走れそうです」

セイハロートゥユー・牧光師「芝も大丈夫。坂路で楽に好時計を出して力をつけています」

ホープフルSの出馬表はこちら 調教タイムも掲載

【ホープフルS】枠順の明暗 2020年12月25日(金) 04:53

 <美浦トレセン>

 ランドオブリバティは〔2〕枠(3)番に決まった。「ある程度、前にも行けるし、この枠も苦にしないと思います」と水出助手。

 バニシングポイントは〔5〕枠(8)番。「偶数で後入れなら競馬はしやすそう」と津曲助手。

 アオイショーは〔5〕枠(9)番。「ちょうどいいです。特別ハナに行くわけじゃないし、レースも流れそうだから」と中舘調教師は話した。

 タイトルホルダーは〔6〕枠(11)番。「内を見ていけるし、壁を作って運べれば」と栗田調教師。

 モリデンアローは〔8〕枠(14)番。「ゴミゴミしない外枠は好都合」と渡邉助手。

 大外〔8〕枠(15)番はセイハロートゥユー。「注文はなかったのでどこでも良かった」と牧調教師。

 <栗東トレセン>

 ヨーホーレイクは〔2〕枠(2)番。安田助手は「後入れの偶数枠は悪くないと思います。パワーがあるので、力の要る馬場もマイナスにならない」と力を込めた。

 ヴィゴーレは〔3〕枠(4)番。「偶数の内枠でいいところ。順調にきている」と大渡助手。

 テンカハルは〔3〕枠(5)番。「外よりは内枠の方がいいですね。当日の馬場状態を見て、ジョッキーと先生が相談すると思います」と安藤助手。

 ホールシバンは〔4〕枠(6)番。「時計がかかってほしい」と鵜木助手。

 マカオンドールは〔4〕枠(7)番。今野調教師は「ちょうど真ん中くらいでいいですね」と話した。

 ダノンザキッドは〔6〕枠(10)番。「いいところに入ったんじゃないですかね。あとはジョッキーがうまく乗ってくれると思います」と林助手。

 アドマイヤザーゲは〔7〕枠(12)番。安田助手は「ゲートの中で、ジッとできるタイプではないので(後入れの)偶数枠はいいと思います」と期待を寄せた。

 シュヴァリエローズは〔7〕枠(13)番。「偶数枠の方が良かったけど、もともとゲートは悪くないから」と清水久調教師。

ホープフルSの出馬表はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【ホープフルS】厩舎の話 2020年12月24日(木) 10:36

 アオイショー・中舘調教師「疲れを残さない程度に。素質を感じる」

 アドマイヤザーゲ・友道調教師「パワーがあるので中山コースはいい」

 ヴィゴーレ・松永幹調教師「相手は強いが、この馬も良化している」

 オーソクレース・久保田調教師「素軽くて良かった。レースが楽しみ」

 シュヴァリエローズ・北村友騎手「状態は変わりなくいい。実戦でも反応の良さを生かせれば」

 セイハロートゥユー・牧調教師「動きはいい。出否は状態を見てから」

 タイトルホルダー・栗田調教師「先週、今週と思いどおりのけいこ。中山は競馬がしやすい」

 ダノンザキッド・安田隆調教師「今週はサッと。初距離、コースでもいい競馬をしてほしい」

 テンカハル・矢作調教師「成長途上だが、強い馬と戦って経験を積めば」

 バニシングポイント・藤沢和調教師「順調だし力もつけている。前走もそこまで負けていない」

 ホールシバン・高橋忠調教師「状態はいい。芝替わりがどう出るか」

 マカオンドール・今野調教師「サッとやった。ここでも差はない」

 ヨーホーレイク武豊騎手「軽く走れたし、すごく素直で乗りやすい」

 ランドオブリバティ・鹿戸調教師「レースで真面目。中山のこの距離で勝っているのは強みだ」

(夕刊フジ)

ホープフルSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【ホープフルS】レース展望 2020年12月21日(月) 17:54

 土曜の中山ではメインに2歳GIホープフルS(26日、芝2000メートル)が行われる。2017年にGIに昇格したばかりだが、一昨年の覇者サートゥルナーリア皐月賞を勝ち、昨年の優勝馬コントレイルは無敗で3冠馬になった。来年のクラシックを占ううえでも注目の一戦になる。

 東京スポーツ杯2歳S覇者のダノンザキッド(栗東・安田隆行厩舎、牡)が主役を担う。新馬、東スポ杯2歳Sと連勝してこのレースに臨むのは昨年のコントレイルと一緒。6月の新馬戦では、後の京都2歳S勝ち馬のワンダフルタウンに3馬身差をつけて圧勝。5か月ぶりだった前走もメンバー最速の上がり3ハロン33秒5の脚を繰り出しての快勝だった。1週前追い切りでは川田騎手を背にCWコースで併せ馬を行い、6ハロン81秒7-11秒9をマーク。年長馬相手に2馬身半先着と仕上がりは上々のようだ。来年のクラシックに向けてレースぶりが大いに注目される。

 オーソクレース(美浦・久保田貴士厩舎、牡)は宝塚記念エリザベス女王杯勝ち馬のマリアライトを母に持つ良血馬で、新馬、アイビーSと連勝。2戦ともに8頭立てながらアイビーSでは狭いところから抜け出す根性を見せている。上がりタイムもともにメンバー最速で末脚は魅力たっぷりだ。

 新馬、芙蓉Sと連勝しているランドオブリバティ(美浦・鹿戸雄一厩舎、牡)も半姉にフィリーズレビュー勝ち馬のリバティハイツがいる良血。今回と同じ2000メートル戦を連勝している点も強調できる。

 シュヴァリエローズ(栗東・清水久詞厩舎、牡)は萩Sで2勝目をマーク。2着に退けたジュンブルースカイは続く東スポ杯2歳Sで3着に好走しており、レースレベルも高かった。清水久調教師は「距離は延びるほうがいいと思っています」と話しており、200メートルの延長も問題はなさそうだ。

 昨年の菊花賞5着馬メロディーレーンの半弟タイトルホルダー(美浦・栗田徹厩舎、牡)もマークしたい存在。東スポ杯2歳Sではダノンザキッドには競り負けたものの、直線で粘って2着を確保した。

 栗東・友道康夫厩舎の2頭ヨーホーレイク(牡)とアドマイヤザーゲ(栗東・友道康夫厩舎、牡)も新馬戦から連勝中で侮れない。

 京都2歳S3着のマカオンドール(栗東・今野貞一厩舎、牡)、葉牡丹賞3着のヴィゴーレ(栗東・松永幹夫厩舎、牡)は安定感がある。ペルーサ産駒としてJRA初勝利を挙げたラペルーズ(美浦・藤沢和雄厩舎、牡)と、未勝利、もちの木と連勝中のホールシバン(栗東・高橋義忠厩舎、牡)はダート路線を進んできたが、芝でも注意を払いたい。



ホープフルSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【ホープフルステークス】特別登録馬 2020年12月13日() 17:30

[もっと見る]

【もちの木賞】ホールシバンが未勝利戦から2連勝2020年11月22日() 04:42

 21日の阪神9Rもちの木賞(2歳1勝クラス、ダ1800メートル)は、福永騎乗で8番人気のホールシバン(栗・高橋忠、牡、父パイロ)が4コーナー3番手から直線で抜け出し、未勝利戦から2連勝を飾った。

 福永騎手は「レースセンスがいい馬ですね。スタートが速く、追ってからも良かった。体つきからすると『(良くなるのは)来年かな?』と思いましたが、思ったよりも早く勝ってくれましたね」と笑顔で話した。

[もっと見る]

⇒もっと見る

ホールシバンの関連コラム

閲覧 841ビュー コメント 0 ナイス 5

今週は有馬記念前日の土曜にもG1があるという楽しい週末です。
やはり最後は有馬記念というのが競馬ファンには良い日程だと思います。当然、有馬記念の後のレースも、29日(火)東京大賞典も買いますけどね(笑)

ホープフルSというレースは、まだ数戦しか使ってない馬同士の状況なので、持ち時計等より、スケール・将来性重視で馬券を買っていいと思います。


<全頭診断>
1番人気想定 ダノンザキッド:新馬戦で3馬身差で勝ったワンダフルタウンが、京都2歳Sを制したようにハイレベルな新馬勝ち。そして、5ヶ月空いた前走東スポ杯2歳Sを24kg増で勝利と、ここまで2戦2勝のジャスタウェイ産駒。前走も結構イレこみ気味だっただけに、マイルくらいがベストか。距離が延びるのも中山になるのも、実はあまり良くない可能性はありそう。ただ現時点での完成度は高い。

2番人気想定 オーソクレースエリザベス女王杯宝塚記念を勝ったマリアライトの仔で、エピファネイア産駒だけにスタミナは豊富そう。ただ2戦ともに出遅れており、中山だと挽回しにくかったりする。母母クリソプレーズだけに、ダートでも見てみたい馬。

3番人気想定 ヨーホーレイク:母母クロカミからは活躍馬多数である、金子さん所有のディープインパクト産駒。ただ2連勝とはいえ、相手が弱く、やや晩成傾向な感じもあり。ここでは、思い切って消したほうが良いと思っている馬。

4番人気想定 ランドオブリバティ:3頭のディープインパクト産駒の中では、もっとも楽しみのある一頭で、三浦騎手悲願のG1制覇という点においても恐らく本人かなり楽しみにしている馬ではないだろうか。前走の芙蓉Sは、相手がそう強くないとはいえ3馬身半差の楽勝で、疲れは残らず、そこから約3ヶ月空いて調整もしやすかったはず。半姉のオープンで活躍中のリバティハイツ(父キングカメハメハ)よりも器が大きく、ディープ産駒だけにクラシック路線でも上位を狙えるはず。一発あるとしたらこの馬では。

5番人気想定 タイトルホルダー:東スポ杯2歳Sでは、ここで人気のダノンザキッドに競り負けたが、0.2秒差と少差。母がサドラー系で、半姉も小柄なステイヤーのメロディーレーンだけに、距離が延びてこそのタイプ。

6番人気想定 シュヴァリエローズ:3戦2勝のディープインパクト産駒で、負けた新潟2歳SはM.デムーロ騎手と全く合わず、出遅れ、道中もケンカしっぱなしでノーカウント。それなりに上位に来れるだけの存在。

7番人気想定 アドマイヤザーゲ:2戦2勝だが友道厩舎らしく、ゆったり育成という感じで現段階での完成度は高くない。ロジユニヴァースの下になるが、菊花賞あたりに向けてゆっくり上昇していくのではないだろうか。

8番人気想定 マカオンドール:(ここから下の馬たちは、正直今回は厳しそうな連中でアッサリめに......)既に5戦を使っているが、ゴールドシップ産駒だけに使いながらが良いのかもしれない。ただ1勝クラスでも3着だったように、ジリジリしか伸びない。

9番人気想定 アオイショー:母がシンボリクリスエス×ダンスインザダークという重い配合だけに、ロードカナロア産駒ながら2000mの新馬戦を使い勝利。好内容だったが、さすがに2戦目がここというのは厳しい。

10番人気以下想定
ヴィゴーレ:次第に先行できるようになってきているが、1勝クラスで3着だったように、世代トップレベルのここでは厳しい。

バニシングポイント:藤沢厩舎のマル外、タピット産駒で芝2000mの新馬戦で逃げて7馬身差の大楽勝、2戦目は若さを見せて物見をしたり手前を何度も替えたりと落ち着きなく惨敗。3戦目は血統的に向くであろうダートで1番人気に推されるも12着惨敗と、気難しさを見せた。少頭数のレース狙いや、去勢などが必要か。

テンカハルルージュバックの下という良血馬(父キングカメハメハ)だが、葉牡丹賞で11着に負けての参戦だけに、ここは厳しそう。

モリデンアロー:ホッカイドウ競馬から6戦4勝でやってきたが、ダート短距離が得意なエスポワールシチー産駒だけに出番はないか。

ホールシバン:パイロ産駒らしくダートで3回走って2勝。初芝がここというのは厳しい。

セイハロートゥユー:近親にマンハッタンカフェらがいる良血なのだが、4戦目でようやく未勝利勝っての中1週だけに期待薄。


<まとめ>
有力:ランドオブリバティダノンザキッド

ヒモに:オーソクレースタイトルホルダーシュヴァリエローズ

穴で;あまり候補おらず


登録済みの方はこちらからログイン

2020年12月24日(木) 09:00 くりーく
くりーくの中間調教チェック ホープフルステークス2020
閲覧 886ビュー コメント 0 ナイス 4



こんにちは、くりーくです。このコラムでは、今週行われる重賞競走の中間の調教内容を中心に分析してご紹介します。私の予想の基幹部分でもある調教分析術を是非あなたの予想にお役立て下さい。
今回も前走からの中間の調整内容(評価はA~F)を中心に各馬コメントをしていきたいと思います。


12月26日(土) 中山11R 第37回ホープフルステークス(2歳G1・芝2000m)


【出走登録数:18頭】(フルゲート18頭)

ダノンザキッド(A)中4週
休み明けの前走時は、+24キロでも新馬戦時ほどの緩さは感じられず、半分は成長分と受け止めている。当時は、多少テンションが高い感じもあったが、輸送も2回目で慣れもあるだろう。この中間の調整は、中4週で前走時と同じくらいの乗り込み量。1週前追い切りでは、重心が低くなり一度使われての上積みが感じられる動きを披露している。

オーソクレース(C)中8週
この中間も南Wでの調整。今回時計がかかっているのは、右回りで追い切られているところもあるとは思うが、1週前追い切りの動きからは終いの伸び脚がまだ物足りない印象。

シュヴァリエローズ(B)中7週
前走時は1週前、最終追い切りと、終いの時計がしっかり出ていてかなり良い状態だった。前走時ほど速い時計は出てないが、この中間も上々の時計をマーク。小柄な馬でこれだけ追い切られていることは悪くない。

タイトルホルダー(A)中4週
1週前追い切りでは、3頭併せの内で力強い動き。前走後、1週前までに3本の速い時計をマークと、前走時以上に好内容を多く記録してきており、上積みが期待できそう。

ランドオブリバティ(A)3ヶ月
3ヶ月ぶりのレースとなるが、この中間も乗り込み量は豊富。2週前は大外を回り先行して手応え抜群で先着。1週前は内に併せて終い軽く追われると、一気に抜き去り反応の良い動き。デビュー前から三浦騎手が追い切りに騎乗して調整してきている自厩舎の馬で、ジョッキーにとってもJRAG1初勝利に十分期待がかかる。

アドマイヤザーゲ(D)中5週
2連勝していて能力のある馬ではあるが、これまでの調教では併せ馬での遅れも多く時計も取りたてて良い訳でもない。この中間も2週前、1週前と併せ馬では遅れて時計も平凡で、特に良くなったという印象はない。

ホールシバン(B)中4週
ダートで3戦して2連勝中の馬。状態に関しては、1週前に坂路で一杯に追われて好時計と、調子自体は良さそう。ただ、初芝でこの相手でどこまでやれるか。

ヨーホーレイク(C)中9週
間隔を空けて無理のないローテーションで来ている馬で、乗り込み量は豊富。ただ2週前、1週前の追い切りの動きを見ると、まだ重たい感じがある。

ラペルーズ(D)中1週
門別から再転入後の前走ダート戦(1勝クラス)でJRAでは初勝利。中1週なので、坂路で軽く乗られているだけ。無理して使ってくることもなさそう。

モリデンアロー(D)中7週
門別からの転入初戦となる今回、この中間の南Wでの時計には特段目立つところはない。この相手では、いきなりの好勝負は厳しいだろう。

アオイショー(B)中2週
この中間は、1週前の土曜に坂路で優秀な時計をマーク。新馬戦のパドックではまだ力強さがない感じだったが、道悪の芝2000mで勝っているように能力はありそう。

ヴィゴーレ(D)中2週
ここ2戦は1週前に併せ馬で先着していたが、今回の1週前追い切りでは遅れている。動き自体も、終い伸びきれていない。

カランドゥーラ(D)中2週
これまで人気先行のレースが続いてきている馬。調教で目立つ時計が出ている訳でもなく、この中間も1週前は軽めの調整で、特に変わり身はない。

セイハロートゥユー(C)中1週
前走ダート替わりで未勝利勝ち。坂路でかなり良い時計が出ていたその前走だが、今回中1週で芝2000mでは、特に狙える要素はない。

テンカハル(D)中2週
坂路で速い時計の出る馬で、前走も好時計が出ていた中で見せ場のないレースに終わってしまった。1週前追い切りを見ると、終い首が上がり気味で物足りない動き。

バニシングポイント(E)中4週
新馬勝ちの内容から、この馬もここ2戦人気先行の感。この中間も、乗り込み量が多い割に平凡な時計が並び、調教の動きを見ても良くなってきている感じはない。

マカオンドール(C)中3週
坂路で速い時計の出る馬だが、CWでの1週前追い切りでは馬なりだったもののモタモタした感じの内容。硬さもあり、物足りない動きだった。

ビゾンテノブファロ(D)連闘
先週の追い切りの動きを見ても重心が高めで、これだけ使い詰めでくると疲れも出てきている頃だろう。


このコラムからの推奨馬はダノンザキッドランドオブリバティタイトルホルダーの3頭をあげておきます。



◇今年は27日が日曜日ということもあって、ホープフルSは久しぶりの土曜日開催となります。カレンダー次第で都合よくレース日を変更して行われるレースではあるものの、過去5年の勝ち馬からはレイデオロコントレイルサートゥルナーリアと3頭のクラシックホースが誕生しており、かなり重要なレースであることは間違いありません。今年も来年のクラシックで主役になりそうな馬たちも出走してきます。先の見えない世の中ではありますが、文字通りホープフル(希望に満ちた、望みを持つ)な馬の誕生を期待したいところです。

それでは次回、有馬記念編でお会いしましょう。


ホープフルS出走各馬の最終追い切り評価については、最終予想内でコメントする予定です。
※最終結論は、レース当日のくりーくプロページでチェックしてください。

[もっと見る]

2020年11月27日(金) 17:30 競馬プロ予想MAX
先週の回顧~(11/21~11/23) シムーンプロ、サラマッポプロ、夢月プロが3週連続週末プラス!
閲覧 298ビュー コメント 0 ナイス 3



22(日)に行われたG1マイルCS、23(祝月)G3東京スポーツ杯2歳Sほか、様々な的中がマークされた先週。
好成績を収めた注目プロ予想家や、その的中の数々をご紹介していきたいと思います。
 
 
 
☆☆☆注目プロ →シムーンプロ
21(土)阪神4R2歳未勝利カフジアスール東京6R2歳1勝クラスニシノアジャスト阪神9Rもちの木賞ホールシバン阪神11RアンドロメダSレイホーロマンス阪神12R3歳以上1勝クラスサイクロトロンと、冴えわたる予想を連発。22(日)も、勝負予想東京11R霜月Sでの◎ヘリオス的中を筆頭に、阪神8R3歳以上1勝クラスなどの的中を披露しました。3日間トータルで、回収率156%、収支トップの11万9380円プラスを記録し、3週連続週末プラスを達成しています。
 
☆☆☆注目プロ →サラマッポプロ
21(土)は、東京10R伊勢佐木特別での◎○的中、阪神6R2歳新馬的中などでプラス収支を達成。22(日)阪神12R妙見山特別、23(祝月)東京1R2歳未勝利と連日活躍を披露し、週末トータル回収率トップの168%、収支10万9350円プラスをマーク、3週連続週末プラスとしています。
 
☆☆☆注目プロ →夢月プロ
21(土)阪神3R2歳未勝利、22(日)東京8R3歳以上1勝クラス、23(祝月)阪神1R2歳未勝利などで、好精度予想を披露、週間回収率113%を記録。3日間“完勝”で、3週連続週末プラスをマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →きいいろプロ
21(土)は、東京5R2歳新馬での◎○▲パーフェクト的中(3連複1点的中)ほか、阪神6R2歳新馬○◎的中などでプラスを達成。22(日)には、阪神5R2歳新馬的中、阪神7R3歳以上1勝クラス○◎▲的中、23(祝月)は阪神3R2歳未勝利的中と、安定した活躍を3日間通してアピール。週間トータル回収率107%とし、2週連続週末プラスをマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →山崎エリカプロ
23(祝月)G3東京スポーツ杯2歳Sで、◎○本線的中を披露したほか、22(日)には阪神10R西宮S▲◎的中、21(土)には東京12R3歳以上1勝クラスクールウォーターなどの予想を披露しました。3日間トータルでは、回収率159%、収支8万2600円プラスをマークしています。
 
 
 
この他にも、豚ミンCプロ(133%)、蒼馬久一郎プロ(124%)、あおまるプロ(118%←2週連続週末プラス)、伊吹雅也プロ(113%)、ゼット1号プロ(104%)、3連複プリンセスプロ(102%←2週連続週末プラス)らが週末トータル回収率100%超の活躍を見せています。
 
 
 
今週も「プロ予想MAX」にぜひご注目下さい。

[もっと見る]

ホールシバンの口コミ


口コミ一覧
閲覧 108ビュー コメント 6 ナイス 28

先週は、残念ながら的中者なし
今年最終週は、3戦、まずは、障害と2歳戦

ホープフルSは、2頭のPOG馬ヨーホーレイク、ヴィゴーレが出走します。
どちらを応援しようかなぁ

<ホープフルS>
1枠1番 オーソクレース   Cルメール
2枠2番 ヨーホーレイク   武豊
2枠3番 ランドオブリバティ 三浦皇成
3枠4番 ヴィゴーレ     横山武史
3枠5番 テンカハル     坂井瑠星
4枠6番 ホールシバン    丸山元気
4枠7番 マカオンドール   岩田康誠
5枠8番 バニシングポイント Mデムーロ
5枠9番 アオイショー    石橋脩
6枠10番 ダノンザキッド   川田将雅
6枠11番 タイトルホルダー  戸崎圭太
7枠12番 アドマイヤザーゲ  吉田隼人
7枠13番 シュヴァリエローズ 北村友一
8枠14番 モリデンアロー   山田敬士
8枠15番 セイハロートゥユー 木幡巧也

<中山大障害>
1枠1番 シンキングダンサー 五十嵐雄
1枠2番 ヒロノタイリク 難波剛健
2枠3番 ケンホファヴァルト 熊沢重文
2枠4番 アズマタックン 小坂忠士
3枠5番 ヒロシゲセブン 高田潤
3枠6番 ストレートパンチ 伴啓太
4枠7番 シゲルピーマン 大江原圭
4枠8番 フォワードカフェ 石神深一
5枠9番 ビッグスモーキー 植野貴也
5枠10番 ケイブルグラム 蓑島靖典
6枠11番 タガノエスプレッソ 平沢健治
6枠12番 ブライトクォーツ 西谷誠
7枠13番 セガールフォンテン 草野太郎
7枠14番 メイショウダッサイ 森一馬
8枠15番 ナリノレーヴドール 小野寺祐
8枠16番 スズカデヴィアス 北沢伸也

 回収率予報官 2020年12月25日(金) 23:27
【回収率予報】単勝万馬券を狙え! 2020-12-26(土)
閲覧 109ビュー コメント 0 ナイス 2

回収率予報官です。

単勝万馬券は年間20~30件しかない…
それでも狙いたいあなたに贈ります!

予測回収率90%以上の中で最もオッズの高い馬はこれだ!!

中山 11R *6 100% ・ 169.8倍(11) ホールシバン
※ホープフルステークスです

(オッズはデータ作成時点)

単勝以外の券種でも、この馬を絡めるとオトクですよ。

※こちらに大穴の情報たくさんあります。
 【回収率予報】メインサイト
 https://note.com/hrrf

[もっと見る]

 数馬三択 2020年12月24日(木) 15:40
ホープフルステークス枠順決まる!
閲覧 173ビュー コメント 2 ナイス 16


1枠1番オーソクレース

2枠2番ヨーホーレイク
2枠3番ランドオブリバティ

3枠4番ヴィゴーレ
3枠5番テンカハル

4枠6番ホールシバン
4枠7番マカオンドール

5枠8番バニシングポイント
5枠9番アオイショー

6枠10番ダノンザキッド
6枠11番タイトルホルダー

7枠12番アドマイヤザーゲ
7枠13番シュヴァリエローズ

8枠14番モリデンアロー
8枠15番セイハロートゥユー

[もっと見る]

⇒もっと見る

ホールシバンの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

ホールシバンの写真

投稿写真はありません。

ホールシバンの厩舎情報 VIP

2020年12月26日ホープフルステークス G111着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

ホールシバンの取材メモ VIP

2020年11月21日 もちの木賞 1着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。