サンライズバッカス(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
写真一覧
抹消  黒鹿毛 2002年4月30日生
調教師音無秀孝(栗東)
馬主松岡 隆雄
生産者ヤナガワ牧場
生産地門別町
戦績33戦[6-4-6-17]
総賞金34,547万円
収得賞金9,750万円
英字表記Sunrise Bacchus
血統 ヘネシー
血統 ][ 産駒 ]
Storm Cat
Island Kitty
リアルサファイヤ
血統 ][ 産駒 ]
リアルシヤダイ
ワールドサフアイヤ
兄弟 ホーセンホーライコパノタイマネ
前走 2009/09/21 エルムステークス G3
次走予定

サンライズバッカスの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
09/09/21 新潟 11 エルムS G3 ダ1800 155928.0612** 牡7 58.0 佐藤哲三音無秀孝496(+6)1.52.5 1.436.6⑬⑫⑫⑪マチカネニホンバレ
09/07/12 阪神 10 プロキオンS G3 ダ1400 16358.646** 牡7 58.0 佐藤哲三音無秀孝490(-10)1.23.6 0.936.0⑫⑩ランザローテ
09/02/22 東京 11 フェブラリー G1 ダ1600 162335.1815** 牡7 57.0 三浦皇成音無秀孝500(0)1.36.7 2.136.6⑭⑫サクセスブロッケン
09/01/25 京都 11 平安S G3 ダ1800 16597.528** 牡7 58.0 岩田康誠音無秀孝500(+6)1.51.8 1.435.9⑮⑮⑮⑬ワンダースピード
08/12/07 阪神 11 JCダート G1 ダ1800 162322.464** 牡6 57.0 佐藤哲三音無秀孝494(+6)1.49.6 0.436.3⑬⑬⑬⑩カネヒキリ
08/11/08 東京 11 武蔵野S G3 ダ1600 1671310.442** 牡6 58.0 佐藤哲三音無秀孝488(-1)1.36.1 0.136.1⑫⑪キクノサリーレ
08/09/23 船橋 10 日本テレビ盃 G2 ダ1800 14--------3** 牡6 57.0 佐藤哲三音無秀孝489(--)1.48.9 1.1----ボンネビルレコード
08/07/13 阪神 10 プロキオンS G3 ダ1400 13578.943** 牡6 58.0 佐藤哲三音無秀孝488(+2)1.22.3 0.334.6⑪⑪ヴァンクルタテヤマ
08/05/25 中京 11 東海S G2 ダ2300 16115.1311** 牡6 58.0 佐藤哲三音無秀孝486(+2)2.24.6 0.636.0⑯⑯⑯⑮ヤマトマリオン
08/04/27 京都 11 アンタレスS G3 ダ1800 1671314.453** 牡6 58.0 安藤勝己音無秀孝484(+6)1.50.8 0.335.5⑫⑫⑫⑪ワンダースピード
08/01/30 川崎 10 川崎記念 G1 ダ2100 10--------** 牡6 57.0 安藤勝己音無秀孝---- --------
07/11/24 東京 11 JCダート G1 ダ2100 161117.873** 牡5 57.0 安藤勝己音無秀孝478(-1)2.07.5 0.836.8⑭⑭⑫⑩ヴァーミリアン
07/10/31 大井 11 JBCクラシ G1 ダ2000 16--------3** 牡5 57.0 安藤勝己音無秀孝479(--)2.05.7 0.9----ヴァーミリアン
07/10/08 盛岡 10 MCS南部杯 G1 ダ1600 14--------5** 牡5 57.0 安藤勝己音無秀孝483(--)1.37.7 0.9----ブルーコンコルド
07/06/27 大井 11 帝王賞 G1 ダ2000 15--------3** 牡5 57.0 安藤勝己音無秀孝491(--)2.04.7 0.4----ボンネビルレコード
07/05/02 船橋 10 かしわ記念 G1 ダ1600 14--------5** 牡5 57.0 安藤勝己音無秀孝482(--)1.38.3 0.9----ブルーコンコルド
07/02/18 東京 11 フェブラリー G1 ダ1600 166125.931** 牡5 57.0 安藤勝己音無秀孝484(-2)1.34.8 -0.235.0⑩⑩ブルーコンコルド
07/01/21 京都 11 平安S G3 ダ1800 166127.432** 牡5 56.0 安藤勝己音無秀孝486(+14)1.51.0 0.035.6⑫⑫⑫⑨メイショウトウコン
06/11/25 東京 11 JCダート G1 ダ2100 157126.935** 牡4 57.0 安藤勝己音無秀孝472(+6)2.09.1 0.636.2⑬⑭⑭⑪アロンダイト
06/10/28 東京 11 武蔵野S G3 ダ1600 163513.562** 牡4 57.0 後藤浩輝音無秀孝466(+4)1.35.4 0.135.9⑦⑥シーキングザベスト

⇒もっと見る


サンライズバッカスの関連ニュース

日曜日に行われるフェブラリーSの出走馬について、血統的な舞台適性の有無を1頭ずつシンプルに考察していきます。予想の際にお役立てください。


ブルドッグボス
3代母バーブスボールドから派生した一族にシーキングザパールなどの名が見られる名門の出自。その牝系にデインヒルとダイワメジャーを重ね、名牝ナタルナ(ノーザンダンサーの母)の多重クロスを創出。優れたスピードの持続力を実現すると同時に、底力をも引き出している。とはいえ、ポテンシャルを最も活かせるのは短距離カテゴリー。1ハロンの距離延長+相手強化の中央G1でパフォーマンスを上げてくることは考えづらい。今回は厳しい戦いが予想される。

アルクトス
アドマイヤオーラは現役時に芝で活躍したが、産駒の重賞勝ちクラはすべてダート戦。母の父シンボリクリスエスは父として2009年の勝ち馬サクセスブロッケンを送り出している。本馬は母の父、ならびに祖母の父であるシーキングザゴールドが強く反映されたスピード優位型のダート馬。東京ダート1600mで4戦4勝という成績もうなずける。持ち味の先行持続力が活きる展開になれば、ここでも大きな差はない。

ワイドファラオ
父のヘニーヒューズは2016年の勝ち馬モーニン、父系祖父のヘネシーは父として2007年の優勝馬サンライズバッカスを輩出。本馬はアグネスタキオン×ノーザンテースト配合馬である母のスピードと、父系の耐久力&馬力がミックスされたバランスタイプといえよう。父系の相性の良さやフローラS2着の母を思えば、府中の根幹距離で真価を発揮してもおかしくないベースは整っている。近走の戦績的にアタマまではどうかも、ヒモ穴としてなら一考の余地はある。

タイムフライヤー
父のハーツクライは、芝とダートの双方で米G1を制したヨシダを輩出。母はジャパンカップダートの勝ち馬タイムパラドックスの全妹。その父ブライアンズタイムはかつてのダートトップリーディング種牡馬と、砂適性については申し分がない。叔父のG1初制覇が6歳の秋であることや、成長力に富む父産駒の特徴を勘案すると老け込むにはまだ早い。巻き返しがあっても驚けない1頭だ。

インティ
牝系をさかのぼるとカララファエラや、その仔であるバーナーディーニなどの米G1勝ち馬がいるものの、近い親族にG1ウイナーはゼロ。本馬が中距離G1で詰めを欠く要因のひとつといえよう。だが、東京マイルのダートなら話は別。父のケイムホームは武蔵野Sをレコードで制したタガノトネールを輩出。自身も昨年のフェブラリーSを制しているように、コース&レース適性の高さは証明済み。自分のリズムで運ぶことができれば、連覇の可能性も十分にあり得る。

ミッキーワイルド
母のワイルドラズベリーはローズS2着などオープンクラスで活躍。近親にオークス2着のベッラレイア、遠縁にはタピッツフライとグランアレグリアの母仔がいる良質の牝系だ。スピードの持続力に優れ、マイルレンジがベストディスタンスと推察される。一方、自分のリズムで運べず揉まれてしまうと前回(根岸S11着)のような淡白なレースになりがち。そのあたりを鑑みると、多頭数のG1で変わり身を望めるかについては甚だ疑問。今回は割り引きが必要だろう。

ヴェンジェンス
カジノドライヴ×スペシャルウィーク×エルハーブの組み合わせ。配合と戦績が示すように、持続力に優れたパワー&スピードタイプと判断できる。父が属するエーピーインディ系、父母父のデピュティミニスターはともに当レースの活躍血統。5代母にソシアルバターフライを持つ牝系についても上質だ。その反面、近い親族に重賞クラスはおらず、ここに入ると活力の面で物足りない。近走の安定感をそのまま評価しての△扱いが妥当とみる。

キングズガード
本馬を除くときょうだいはすべて中央未勝利。近い親族にもコレといった活躍馬はいない。とすれば、シニスターミニスターの汎用性の高さに、爆発力のあるキングヘイローの肌が融合した変異型とみるべきか。ただ、ダート馬らしからぬ軽い走りが特徴だけに、G1で底力を求められると苦しい面がある。加えて、父産駒かつ古馬の当該コース成績も良いとはいえず、今回の舞台は適性外の印象。展開に恵まれたとしても、複勝圏突入は容易ではない。

サンライズノヴァ
ダートトップリーディングのゴールドアリュールと米2冠馬サンダーガルチの組み合わせ。父×米国血統の活躍が顕著なフェブラリーSの傾向に則した好配合といえよう。叔父のサンライズバッカスは2007年の勝ち馬。父×ミスプロ系の配合、かつ母方にリアルシャダイを内包している点は、2014~2015年に連覇を成したコパノリッキーを想起させる。過去2年の当レースで後塵を拝しているが、その一方で相応のポテンシャルを秘めているのも事実。無印にはできない存在だ。

ノンコノユメ
トワイニング×アグネスタキオンという、スピードとパワーに優れた馬同士の掛け合わせ。近い親族をみると、スピードもしくは切れ味に特化した活躍馬が多い。本馬も同様で、スピードを末脚に凝縮したかのような仕様になっている。一昨年の優勝を含め2度の連対を果たしている舞台巧者だが、他力本願的な面があるゆえに過去の実績を鵜呑みにできないのも確か。勝ち負け争いに加わるには、持ち味の決め脚を最大限に活かせる展開がほしいところだ。

モジアナフレイバー
父系祖父のエンパイアメーカーは2012年の北米リーディング種牡馬。孫の代で米三冠馬アメリカンフェローなどG1馬が続出している注目の血脈だ。また、祖母のオブザーヴァントは母として高松宮記念の勝ち馬セイウンコウセイを輩出。一族にはNHKマイルCを制したタイキフォーチュンクラリティスカイがおり、ハイレベルのスピード能力を備えた牝系の持ち主といえよう。構成的には中央のG1でも互角に渡り合える下地が整っている。大駆けあっても不思議はない。

モズアスコット
欧州最強マイラーのフランケルを父に持ち、母父はストームバード系という、パワーが強調された配合。日本の高速芝ならびにダートでも対応できるのは、父の高い適応能力と、北米牝系のマッチングの妙によるものだろう。ハミ取りの浅い点やスタート難などの課題を抱えているゆえに過信は禁物だが、スイッチが入った際の爆発力は強烈。安田記念を制しているように、距離面の不安も少ない。ここでも勝機は十分にある。

デルマルーヴル
祖母は英・仏で芝重賞を3勝。叔母に紫苑S2着など現役で活躍中のカリビアンゴールドがいる。芝要素の強い牝系ではあるものの、本馬は父パイロの影響が濃くダート向きに出たようだ。それはいいとしても、欧州要素の濃い母の配合や近走の戦歴から、中距離により適性を示している印象。マイルG1で速い上がりを要求されると分が悪い。上位進出にはタフな展開や馬場の出現、あるいは自身から早めに動いて体力勝負に持ち込むかたちが必須となる。

ミューチャリー
祖母のゴッドインチーフは重賞戦線で活躍。3代母を基点とする一族にはヌーヴォレコルトがいる。母系だけをみると中央で通用しても不思議はない。ただし、パイロ産駒のJRAかつダート重賞ウイナーはゼロ。相応の相手が集うG1では強調できない。加えて、パワー特化型の構成ゆえに、軽い砂で速い上がりを要求されると確度は落ちる。良さを引き出すためには、馬場や展開など何らかの恩恵がほしい。

ケイティブレイブ
父のアドマイヤマックスは6歳時、母父のサクラローレルは5歳(旧6歳)時にG1初制覇を果たした晩成型同士の配合。加えて、叔父であるビーマイナカヤマの交流重賞で挙げた8勝はすべて5歳以降。こうした血統背景ゆえに、年齢的な衰えを心配する必要はない。その一方、母はサクラローレル×ビーマイゲストというスタミナ優位の配合。一定以上の速力を要求される東京マイルでは追走に窮する可能性が高い。前回以上のパフォーマンスを望むのはどうか。

ワンダーリーデル
父はフェブラリーSで好パフォーマンスを示しているストームバード系で、母は底力に長けたロベルト系×リファール系配合馬。そのうえ、ロベルト4×5のクロスも内包しているのだから、相応の能力を秘めているのは確か。一方で近い親族に一線級の活躍馬は見当たらず、根幹距離のG1では活力的に物足りない印象。そのあたりを鑑みると、一変を見込めるかにどうかについては微妙な線。武蔵野S1着のコース実績は認めても、積極的には手が出ない。



ウマニティ重賞攻略チーム

サンライズバッカスが大井競馬に移籍2009年12月10日(木) 05:00

 07年のGIフェブラリーSを制したサンライズバッカス(栗・音無、牡7、父ヘネシー)が大井競馬に移籍することになった。9日付でJRAの競走馬登録を抹消された。JRA所属としてはGIIIエルムS12着が最後のレース。通算成績は33戦6勝(うち地方6戦0勝)で、重賞は他に05年GIII武蔵野Sを勝っている。獲得賞金は4億1147万6000円(JRA3億4547万6000円、地方6600万円)。

[もっと見る]

GI馬サンライズバッカスが大井に移籍 2009年12月9日(水) 17:40

 JRA(日本中央競馬会)は9日、07年のフェブラリーS(GI)を制したサンライズバッカス(牡7歳、栗東・音無秀孝厩舎)が9日付けで競走馬登録を抹消したことを発表した。同馬は引退ではなく、南関東の大井競馬に転厩する予定。

 サンライズバッカスは、父ヘネシー、母リアルサファイヤ、母の父リアルシャダイという血統で、JRA通算27戦6勝(地方6戦0勝)。重賞は05年武蔵野S(GIII)、07年フェブラリーS(GI)の2勝。

 フェブラリーS制覇後、GI3着3回などダートのトップレベルで善戦を続けたが、勝ち鞍はなく、今年9月ののエルムS(GIII)12着がJRAラストランとなった。

[もっと見る]

【フェブラリーS】皇成、最速&最年少GI 2009年2月20日(金) 05:02

 7日にデビュー最速となるJRA100勝を決めた三浦皇成騎手(19)=美・河野=が、フェブラリーSに関西馬サンライズバッカスとのコンビで挑む。勝てばデビュー11カ月22日でのGI制覇。もちろん最年少(19歳2カ月4日)、デビュー最速GI勝利のダブル新記録となる。砂の最強馬を決める一戦で皇成がどんな手綱さばきを見せるのか注目だ。

 昨年3月デビューから次々と記録を塗り替えてきた三浦皇成騎手にGI初Vのチャンスが巡ってきた。パートナーは関西馬のサンライズバッカス。一昨年のフェブラリーSの覇者で東京マイル【2・2・0・1】のコース巧者だ。

 「関西の有力馬を頼まれることは有難いことですし、自厩舎以外の馬でもGIに乗れるというのはやっぱりうれしい」

 これまで4度GIに挑戦してすべて着外に終わっているが、再び訪れた機会に皇成は目を輝かせる。カネヒキリヴァーミリアンカジノドライヴなどそうそうたるメンバーが顔を揃えるが、バッカスは05年武蔵野Sカネヒキリを完封。実績は見劣らない。「乗り方は調教師やスタッフのみなさんと話し合ってから決めますが、最後にいい脚が使えるという印象を持っています。もともとGIを勝っている馬ですし、人間も馬もいい状態で臨めればチャンスはあると思う」と大一番に向けて気を引き締める。

 7日にデビュー最速の100勝を達成したばかりの皇成だが、フェブラリーSを勝てば武豊騎手の持つ最年少GI勝利(19歳7カ月23日)、江田照男騎手の最速GI勝利(デビュー1年7カ月25日)を大きく塗り替えるだけでなく、前人未到のデビュー1年未満でのGI優勝。平成生まれの天才・三浦皇成が今週もまた新たな記録に挑戦する。(板津雄志)

[もっと見る]

【フェブラリーS】ディープ世代は枯れない 2009年2月18日(水) 05:04

 カネヒキリサンライズバッカスヴァーミリアン。過去3年の優勝馬はすべて最強のディープインパクト世代だ。いずれかの馬が勝てば、史上初めて同一GIを同じ世代の馬が4勝することになる。また、栗東の安達厩舎はエスポワールシチーバンブーエールの2頭を送り込む。GI史上5例目の親子丼(ワンツー)成るか注目だ。

 ダイワスカーレットの回避でより注目されているのが現7歳、ディープインパクト世代の生き残り(4頭)だ。06年カネヒキリ、07年サンライズバッカス、08年ヴァーミリアンと、ディープ世代が3年連続で制しているフェブラリーS。もし、今年7歳世代が勝つようなら、一世代同一GI4勝は史上初となる。

 連覇を狙うのが武豊ヴァーミリアン。JCダート→東京大賞典と2度続けてカネヒキリに敗れているが、「このレースを目標に何ひとつ心配なくきています。このあとは放牧に出す予定なので、究極の仕上げをするつもりです。今回もカネヒキリと一騎打ちになるのではないかな」。担当する久保調教助手は3度目の正直を期して、愛馬の調子を100%に持ってくる構えだ。全休日明けの17日も坂路2本をキャンターで軽快に登り、最終追い切りに備えた。

 「ジョッキー(武豊騎手)も完全に復活したし、レースは武さんに任せるだけです」。久保助手が全幅の信頼を置く武豊は現在、3週連続で重賞を勝っており、最高のリズムで今年最初のJRA・GIを迎える。

 一方、GI史上初の3年ぶりの制覇を狙うカネヒキリも順調そのもの。火曜日朝にトレセンに姿を現したC・ルメール騎手は「マイルはベストの距離だと思う。いいスピードを持っているし、体つきを見てもマイラーじゃないかな」と自信は相当なもの。ルメールマジックで復活したカネヒキリ。JRA歴代トップとなるGI8勝目成るかも注目される。

 サンライズバッカスは、2年前のフェブラリーS以来勝ち星がない。今回はスーパールーキー・三浦皇成騎手とのコンビで久々の勝利を狙う。「決して老け込んだような感じはないし、調子は悪くない。変な先入観がない三浦騎手がどんなふうにこの馬の持ち味を引き出してくれるかだね」と、東田調教助手。テン乗りとなる皇成は史上最年少GI制覇の記録もかかっている。

 最強ディープインパクト世代3頭による、フェブラリーS2勝目争い。真冬の府中で熱い火花を散らす戦いがそこにある。

[もっと見る]

サンライズバッカスの関連コラム

閲覧 1,114ビュー コメント 0 ナイス 7

 マイルCS南部杯は、あのメイセイオペラを送り出した岩手最大のレース。JBCスプリント、JBCクラシックの最後の前哨戦ですが、さすがG1のマイル戦だけのことはあって、同年のフェブラリーS上位馬やかしわ記念の上位馬が集います。休養明けの実績馬vs上り馬の図式が作られますが、実績馬に軍配が挙がることが大半です。

 過去10年で同年のフェブラリーS・5着以内だった馬のマイルCS南部杯での成績は、【8・4・3・3】。2006年-2008年はブルーコンコルドが、2009年、2012年‐2013年はエルポワールシチーが、2014年-2015年はべストウォーリアが勝利する一方、2006年フェブラリーS・2着のシーキングザダイヤ、2007年フェブラリーS・2着のサンライズバッカス、2013年フェブラリーS・1着のグレープブランデーが4着以下に敗れていることも特徴。

 シーキングザダイヤは、マイルCS南部杯が始動戦ではなく、休養明けの日本テレビ盃を勝利した後の一戦。強く反動が出たのでしょう。また、サンライズバッカスグレープブランデーは、マイルCS南部杯が始動戦でしたが、差し、追い込み有利の展開に恵まれてフェブラリーSを勝利という共通項がありました。今回が始動戦かつ、フェブラリーSで、逃げ、先行策で5着以内の馬ならば積極的に狙えるでしょう。

 また、同年のかしわ記念の連対馬も【7・2・1・0】と活躍を見せています。つまり、同年のフェブラリーSで5着以内、かしわ記念で連対の条件を満たせば、かなり信頼できるでしょう。

 ただし、こういったマイル路線の実績馬が圧倒的に強いという傾向があるからこそ、ちょっとした上り馬が馬券に絡むだけで高配当になります。2010年の勝ち馬オーロマイスターは、前走エルムSの2着馬でしたが4番人気。2着に単勝オッズ1.0倍のエルポワールシチーが入線しても、馬連配当2020円もつきました。

 また、2012年は勝ち馬エルポワールシチーを除いては、マイルの実績馬が不在。そこで前走JRAのオープンで2着のナムラタイタンが2番人気に勝利しましたが、2着は前走・日本テレビ盃4着で6番人気のダイショウジェットでした。このレースではナムラタイタンの競走中止による影響もありましたが、前走中距離路線組がマイル路線で穴を開けるケースはよくあります。かつて中距離路線で活躍していたでエルポワールシチーが、そこで通用しなくなるとダ1400m~1600mに転向して活躍の場を広げて行ったように、マイルよりも中距離路線のほうがレベルが高いからです。


 ●まとめ
 本命候補
 ・同年のフェブラリーSで5着かつ、かしわ記念で2着以内の馬。
 ・今回が始動戦かつ、フェブラリーSで逃げ、先行策で5着以内の馬。
 ・同年のかしわ記念の連対馬。

 穴馬候補
 ・近走不振の馬よりも上り馬。
 前走、重賞連対馬や前走で中距離重賞を使われていた馬。

山崎エリカさんのダートグレード競走最新予想(「競馬プロ予想MAX」)はこちらからご覧いただけます!!


登録済みの方はこちらからログイン

2016年2月19日(金) 14:00 みんなの競馬コラム
【フェブラリーステークス】血統考察 byうまカレ
閲覧 2,458ビュー コメント 0 ナイス 3

京都記念は都合により書けなかったので2週振りとなります。うまカレ副代表の金沢ユウダイです。前回の東京新聞杯では、エキストラエンドを推奨し6番人気2着と好走。今週もよろしくお願いします。(東京新聞杯コラムはこちら


今週はGIフェブラリーステークスです!

このレースは大きく分けて次の2つのタイプの馬が好走しているといえるでしょう。
① 泥臭く前で粘り込むタイプ
② 後ろから差してくるタイプ(軽いダート向き)
コパノリッキートランセンドが前者に、テスタマッタサンライズバッカスなどが後者に当てはまります。

血統的にみると、①はトニービン(Hyperion5×3・5)やNureyev(Hyperion4×4)に代表されるHyperionが濃い血統。②はA.P.Indy(母がSecretariat≒Sir Gaylord1×3)やStorm Cat(母父Secretariat)に代表されるSecretariatを含む血統です。
コパノリッキートランセンドもトニービン、Nureyevを持っているので前で泥臭く粘る競馬で栄冠を掴みました。この2頭にいえることは、GIを何勝もするチャンピオン級の馬であるということ。力の違いで勝利したともいえます。一般的に東京ダートは砂が軽く、時計が速いため②血の方が適性としては高いといえます。

近年のSecretariat持ちの好走馬を列挙してみると、
インカンテーション(A.P.Indy)
ベストウォーリア(A.P.Indy)
ベルシャザール(セレクト)
ワンダーアキュート(A.P.Indy)
テスタマッタ(A.P.Indy)
カジノドライヴ(A.P.Indy)
サンライズバッカス(Storm Cat)
シーキングザダイヤ(Storm Cat)
特に昨年はA.P.Indy系の2着3着と分かりやすい結果となりました。

このあたりに注目して、各馬の見解を書いていきたいと思います。

●東京マイルはベストだが・・・
3連覇を目指すコパノリッキーは、父ゴールドアリュールの母父Nureyev、母父ティンバーカントリーの母Fall Aspen、母母父トニービンのHyperionをベースとする持続力を、中距離よりも厳しいペースになるマイルで活かしているという、スタイルとしてはダイワメジャーのようなイメージ。だから東京マイルはベストだろうし、この舞台ならそう簡単には止まらないでしょう。スタートが得意ではない馬なので、出負けして内で包まれたら~だとか、近2年よりペースが速くなりそうな点など不安材料もありますが、昨年と比べてここを狙い澄ましたローテでない(昨年は東海S1着から参戦)ということから状態面が1番気になります。昨年も同じ2枠からの競馬で出遅れながらも、持ち前のスピードを活かして砂を被らない外目2番手の競馬が出来ましたが、2年連続で昨年のように上手くいくかどうか不安でもあります。

このようにコパノリッキーは、砂を被りたくないのでハナを切るか、外目を追走したいタイプ。ですからこの枠だとハナを切る可能性が高いですし、加えてモンドクラッセ陣営もハナをきることを意識させるコメントを出していますので、息を入れて運ぶことができるかどうか。フェブラリーSに出走した3年間で最も厳しい条件が揃っているといえるでしょう。

●東京ダートなら差し切り濃厚
ノンコノユメは種牡馬Green Desertの母母でもあるCourtly Dee直仔の父トワイニングに、ハーツクライミッキーアイルMy Bupers牝系の母ノンコという組み合わせ。パワーは文句なしでしょうが、母ノンコはアグネスタキオン×母母父Lyphard、なので、同じ父を持つキャプテントゥーレダイワスカーレットのようにHyperionとLady Jurorを増幅する形にもなっているため、持続力も担保されています。軽い馬場の方が良いタイプですから、チャンピオンズカップサンビスタが勝つようなダートの質としては真逆だった中京ダートであれだけやれていれば、東京でどれほど斬れるのか、末恐ろしささえ覚えます。距離はやや短いと思いますが、コパノリッキーがいる限り前残りはないという見立てなので、差し切り濃厚とみます。

●適性がズレている
昨秋から力を付け、チャンピオンズカップでは4着と好走したロワジャルダンは、母母スキーパラダイスに父キンカメなので、スキーパラダイスはLyphardやAlibhaiの影響で、キャプテントゥーレのような前に行っての粘り強さを伝える馬で、だからロワジャルダンも小回りを捲るのがベストな走りにうつります。ハイペースだったチャンピオンズカップは、持続力があるのでずっとバテずに一定の脚を使い続けていたら4着まで来ちゃった、というトーセンジョーダンの天皇賞秋のようなレースでした。差し馬有利の流れになって、再び持ち前の持続力で好走することはあるでしょうが、捲り&粘りがベストの馬だからGIを勝つならば先行してそういう競馬をした時だろうし、今回は初めての距離でそういう競馬は出来ないだろうから勝ち切ることは無いのではないかと思います。

●東京向きの同厩2頭
石坂厩舎の2頭、ベストウォーリアは、父マジェスティックウォリアーと母父Mr.Greeleyが、Secretariat、Mr.Prospector、Broadwayなど非常に共通な血が多く、マジェスティックウォリアー≒Mr.Greeley1×2といえるようなすごい配合で、ダート馬にしては体質が柔らかく、いかにも東京でこその差し馬。モーニンサンライズバッカスと同じStorm Cat→ヘネシーの父系で、母系のCozzeneの影響もありこちらも東京向きの差し馬。しかし距離延長というのが気になります。

●東京替わり&距離短縮でパフォーマンスアップ
ホワイトフーガはDeputy Minister系×フジキセキのニックスで、母母父がMr.Prospector×SecretariatのGone West系(先述したMr.Greelyもこの系統)のZafonicです。牝系はSingspealやDevil’s Bag、ヴィルシーナダノンシャンティでお馴染の名門Ballade牝系。この牝系はスピードが魅力ですし、Ballade牝系×フジキセキダノンシャンティと同じでもあります。気性的にも距離短縮はプラスだし、馬場も軽い馬場の方が合っていると思うので久しぶりの東京ならかなりのパフォーマンスアップが見込めるのではないかと思います。高木師がコメントしているように砂を被っても平気で、馬群から抜け出す競馬が出来るのも良いですね。
・4代血統表(ホワイトフーガ


●今年も侮れない
3年前の勝ち馬で、昨年は11番人気4着だったグレープブランデーは、母父ジャッチアンジェルーチからスピードを供給されていますが、父のAllegedと母のPleasant Colonyを通じるRibotのクロスがあるのでマイル前後の厳しいペースでこそ持ち味が活きています。しかし母母がNasrullahとPrincequilloのクロス(SecretariatもNasrullah×Princequillo)なので東京向きの斬れも兼備しており、ベストの条件といえるでしょう。

●前哨戦ワンツーのアグネスデジタル産駒
前哨戦の東海Sでワンツーを決めたアグネスデジタル産駒は、Secretariat5×5を持つ広いコース向きのアスカノロマンと、いかにもダ1700が得意そうな走り方をするモンドクラッセ、タイプが全く異なります。アスカノロマンは母父が、母父Sauce Boad(Ribot系)の影響で厳しいペースでこそ持ち味が活きるタバスコキャットで臨戦過程も血統もグレープブランデーに似ています。ただ今回は先述しているようにコパノリッキーの存在が厄介になりそうです。一方モンドクラッセは、東京ダートだと条件戦でも手こずるほどで、東海Sはスローペースに落とせたのが何よりの好走の要因。ここは厳しいでしょう。

【まとめ】
GI3連覇の難しさは歴史が証明している通りで、昨年と比べて臨戦過程の不安もあることから、ベストコースとはいえコパノリッキーは3番手評価としたい。ローテーション、成長力、東京替わりと強調材料が多い4歳馬2頭ノンコノユメのと牝馬ホワイトフーガに期待したい。あとは石坂厩舎の2頭と、グレープブランデーも要注意。



【参考】
『日本サラブレッド配合史―日本百名馬と世界の名血の探究』(笠雄二郎著)
望田潤さんのブログ http://blog.goo.ne.jp/nas-quillo
栗山求さんの連載「血統SQUARE」http://www.miesque.com/motomu/works.html
『覚えておきたい 日本の牝系100』(平出貴昭著)

----------

「うまカレ」とは、競馬の魅力を同世代を中心に発信していこう、競馬界を若い力で持ち上げようと、関東の競馬を愛する大学生が集まり6年前に結成された学生団体です。テレビ出演や、フリーペーパー制作など様々な活動をしています。詳しくは以下のブログやSNSをご覧ください。

【うまカレBlog】http://umacollege.blog.fc2.com
【Twitter】https://twitter.com/umacolle
【Facebook】https://ja-jp.facebook.com/umacolle

金沢ユウダイ
Twitter  https://twitter.com/derby6_1
ブログ http://derby6-1.hatenablog.com/


執筆者:うまカレ(MYコロシアム>最新予想にリンク)

------------------------------------------------
あなたも「みんなの競馬コラム」コーナーでコラムニストデビューしてみませんか!
>>応募方法など詳しくはこちら<<
------------------------------------------------

[もっと見る]

サンライズバッカスの口コミ


口コミ一覧
口コミ情報はありません。

サンライズバッカスの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

サンライズバッカスの写真

投稿写真はありません。

サンライズバッカスの厩舎情報 VIP

2009年9月21日エルムステークス G312着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

サンライズバッカスの取材メモ VIP

2009年9月21日 エルムステークス G3 12着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。