グレイトオーサー(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
POGウォッチリストに登録すると、ウマニティPOGのPOGリストに追加できます。
今すぐ会員登録
写真一覧
現役 牡3 栗毛 2017年3月7日生
調教師堀宣行(美浦)
馬主有限会社 キャロットファーム
生産者ノーザンファーム
生産地安平町
戦績 2戦[2-0-0-0]
総賞金1,240万円
収得賞金900万円
英字表記Great Author
血統 ノヴェリスト
血統 ][ 産駒 ]
Monsun
Night Lagoon
ディアデラノビア
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
ポトリザリス
兄弟 ドレッドノータスディアデラマドレ
前走 2020/05/17 3歳1勝クラス
次走 2020/07/05 ラジオNIKKEI賞 G3

グレイトオーサーの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
20/07/05 福島 11 ラジNIK賞 G3 芝1800 -- 12684.6----** 牡3 54.0 D.レーン堀宣行-- --------
20/05/17 東京 5 3歳1勝クラス 芝2000 7331.711** 牡3 56.0 D.レーン堀宣行514(-2)2.00.2 -0.233.7コスモインペリウム
20/04/25 東京 6 3歳未勝利 芝1800 12682.421** 牡3 56.0 D.レーン堀宣行516(--)1.49.0 -0.034.0⑥⑧⑧イルミナル

グレイトオーサーの関連ニュース

 1番手はグレイトオーサーだ。1日は不良のWコースで、馬なりのままラスト1F12秒2の鋭い伸びを披露した。まだキャリア2戦で走る気持ちが先行しすぎるときもあるが、可動域が大きく、なおかつ回転も速いダイナミックなフォームは一流馬のそれ。幅があって筋肉質な迫力あふれる体つきから、道悪もOKだろう。走りのスケールは非常に大きい。

 アルサトワは手前の替え方がまだスムーズではないがCWコースでラスト1F11秒8と加速力はなかなかのもの。重賞で好勝負する古馬リュヌルージュに1馬身先着と、状態面も良好だ。

 ルリアンも手前を替えさせるときに頭を上げる若さこそあったが、それ以外はブレのない走り。坂路4F53秒4、ラスト1F12秒2を馬なりで叩き出した脚力は注目に値する。(夕刊フジ)



ラジオNIKKEI賞の出馬表はこちら 調教タイムも掲載

【乗り替わり勝負度チェック!】ラジオNIKKEI賞 堀厩舎の采配のウラをかいて過剰人気しないほうで勝負! 2020年7月3日(金) 14:00

当企画のコンセプトにつきましては、コチラにてご確認ください。今週も“勝ち逃げ馬券師”新良武志氏に、注目の乗り替わりをピックアップしてもらいます。
※データは2016年以降の結果をもとに集計




編集部(以下、編) 7月に入りました。今年は阪神開催が続いていますが、番組構成的にも気候的にも、完全に夏競馬モードに移行したという印象です。

新良(以下、新) 超一流馬の参戦は少なくなりますが、予想の難易度自体は大きく変わりませんので、夏競馬らしさを楽しみつつ、しっかり馬券も攻略していきたいですね。

編 よろしくお願いします。今週は福島と阪神で重賞が組まれています。どちらから触れていきましょう?

新 まずはラジオNIKKEI賞を取り上げます。

編 3歳限定のハンデ戦という特殊な条件で行われるレースゆえに、すんなり答えを出すのは難しいですよね。

新 はい。超難解です。だからこそ、やりがいはあります。私が注目しているのは、レーン騎手から石橋脩騎手に乗り替わる⑤サクラトゥジュールです。

編 堀厩舎の有力馬2頭が登録していて、レーン騎手がどちらに跨るのかが週中から話題になっていました。最終的に、グレイトオーサーにレーン騎手、サクラトゥジュールに石橋騎手という布陣になりましたね。

新 そうなんです。サクラトゥジュールはレーン騎手の継続騎乗が叶いませんでした。でも、あえて狙ってみたい。私はそう考えています。

編 その心は?

新 レーン騎手は今週が福島初騎乗。いかなる名手とて、これがプラス要素になることはありません。福島は中央4場と違い、小回りでタフな展開になりやすいコースですので、一発で満点回答を導き出すことは難しいと判断しました。ならば、福島はお手の物の石橋騎手が騎乗するほうを、上位にとるべき。そう考えたわけです。

編 このコンビでは勝利経験もありますしね。

新 それは心強いポイントです。福島芝1800mにおける石橋騎手は、2016~2018年の勝率が2.4%、2019年以降が20.0%と成績を大きく上昇させていますので、不安材料はまったくありません。ここはグレイトオーサーに先着することに期待したいですね。

編 わかりました。CBC賞のほうはどうですか?

新 こちらは坂井瑠星騎手から浜中俊騎手に乗り替わる⑮ノーワンを狙いたいと考えています。

編 これはまた、人気のないところを(笑)。

新 人気はありませんが、決してノーチャンスではないですよ。阪神コースに適性はありますし、千二に関しては、スプリンターズSでコンマ7秒差の競馬をしたこともあります。G3のハンデ戦なら十分に太刀打ちできるでしょう。

編 確かに。戦績的にも、この千二への距離短縮は変わり身に期待できそうな印象を受けます。

新 浜中騎手は阪神芝1200mで2019年以降、10.0%という上々の勝率を記録していますので、心配はいらないでしょう。大穴を狙って、ヒモに加えておく価値はあると思います。

編 来れば高配当間違いなし。頑張ってもらいましょう!


★その他の注目乗り替わり★
土曜阪神12R ⑧ハギノアレグリアス(秋山真一→川田将雅
土曜福島12R ⑫シネマトグラフ川田将雅戸崎圭太


【プロフィール】
新良武志(しんら・たけし)
かつてはどこにでもいる競馬ファンの1人だったが、データベースソフト【TARGET】との出合いを経て、眠っていた馬券師としての素質が開花。騎手・種牡馬にウマニティU指数を組み合わせた独自のデータ活用術を考案し、常勝スタイルを確立させる。2015年秋にメディアデビュー。雑誌、WEBを中心に精力的に予想家活動を行っている。著書に『毎日コツコツ勝ち逃げリーマン馬券術』(ベストセラーズ)、『ジョッキー未来予測2019』(秀和システム)。最新情報は『“新良式”データ馬券ブログ』で公開中。

[もっと見る]

【ラジNIK賞】厩舎の話 2020年7月3日(金) 04:58

 ◆アルサトワ・斉藤崇師 「動きは良かった。持て余していた体をだいぶ使えるようになってきたし、使うごとにしまいの反応が良くなっている。相手関係より、自分の形で運ぶのが一番」

 ◆グレイトオーサー・森助手 「暑くなってきたので疲れを残さないような調整ですが、動きは良かった。いい状態をキープできています。ためればしまいは切れる脚を使ってくれます」

 ◆コスモインぺリウム・和田雄師 「週末にしっかり追っているので、(最終追いは)サラッと。道悪は何度も経験しているし、良馬場でも切れる脚を使える」

 ◆コンドゥクシオン・中舘師 「先週しっかりやって、今週もまずまず動けていた。一戦ごとに良くなっている」

 ◆サクラトゥジュール・森助手 「口向きに難しいところがありますが、動きは良かったです」

 ◆ディープキング・藤原英師 「中1週だけど、体調は変わらずいい。まだ成長はこれからだけど、将来、期待している馬。ここは挑戦になる」

 ◆バビット・浜田師 「先週しっかり負荷をかけているので、脚取りを確かめる程度。開幕週で小回りの福島はベストに近い」

 ◆パンサラッサ・岡助手 「中1週で輸送もあるし、反応を見る程度。脚質的にも小回りで直線が短いコースは合う。雨でも降れば、さらに楽しみ」

 ◆ベレヌス・杉山晴師 「素軽い動きだった。前走の走りから、芝の適性はある。1ハロン短縮でメンバーも強化されるし、無理してハナに行かなくてもいい」

 ◆ルリアン・佐々木師 「体は仕上がっているので、気分良くリズム良く。完璧じゃないかな。真面目で勝負根性があるし、将来性を含めて楽しみ」

ラジオNIKKEI賞の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【ラジNIK賞】厩舎の話 2020年7月2日(木) 10:36

 アルサトワ・斉藤崇調教師「使うごとにしまいの反応が良化。ここも逃げる形になると思う」

 グレイトオーサー・森助手「動きは良かった。違う競馬、展開で勝ってきたあたり能力は高い」

 コスモインぺリウム・和田雄調教師「週末に追ったのでサラッと。良馬場でも切れる脚を使う」

 コンドゥクシオン・中舘調教師「まずまず動けた。行く馬が多いので競馬はしやすくなりそう」

 サクラトゥジュール・森助手「口向きに難しい面があるが、動きは上々。自分のリズムなら」

 ディープキング・藤原英調教師「体調は変わらず。成長するのはこれからだが、期待は大きい」

 バビット・浜田調教師「ハナへのこだわりはない。右へ張る面があるのでハミを替えてみる」

 パラスアテナ・高柳瑞調教師「短期放牧でリフレッシュ。変わらずにきたし、仕上がっている」

 パンサラッサ・岡助手「中1週で輸送もあるので反応を見る程度。道悪になればさらにいい」

 ベレヌス・杉山晴調教師「馬体が絞れて、動きが素軽くなってきた。ハナにはこだわらない」

 ルリアン・佐々木調教師「ここを目標に完璧な仕上げを目指してきた。輸送も小回りも大丈夫」

(夕刊フジ)

ラジオNIKKEI賞の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【ラジNIK賞】グレイトな仕上がり!迫力満点 2020年7月2日(木) 05:00

 ラジオNIKKEI賞の追い切りが1日、東西トレセンで行われた。美浦ではデビュー2連勝中のグレイトオーサーが、コンビ継続が決まったレーン騎手を背に、Wコースで5ハロン67秒3-12秒3をマーク。不良馬場で強風も吹く悪条件のなか鋭く伸び、調教評価は最高の『S』となった。逃げてよし、差してよしの素質馬が、無傷3連勝での重賞初制覇へ向けて準備万端だ。

 ◇

 夏の嵐にも負けず、遅れてきた素質馬がキラリと輝いた。デビューから2戦2勝のグレイトオーサーが美浦Wコースで鋭い伸び脚を披露。森助手は満足げに切り出した。

 「暑くなってきたので疲れを残さないような調整ですが、動きは良かった。いい状態をキープできています」

 台風を思わせるような強い南風が吹き荒れるなか、3戦連続でコンビを組むことが決まったレーン騎手を背にゆったりとスタートした。前半はやや気負うそぶりを見せたが、加速がついてからはスムーズな走り。直線ではグッと首を下げ、迫力満点のフットワークでゴール板を駆け抜けた。前日からの雨をたっぷりと含んだ不良馬場、強い風圧を苦にすることなく、馬なりで5ハロン67秒3-12秒3の好時計をマーク。調教評価は文句なしに最高の『S』だ。

 体質の弱さからデビューが遅れたものの、未勝利戦→1勝クラスと連勝。しかも、初戦は後方からの差し切り、2戦目は逃げ切りと変幻自在なレースぶりで結果を残してきた。

 「違う競馬、展開で勝ってきたあたり、能力は高いと思います。(道中で)ためればしまいは切れる脚を使ってくれますね」と森助手。レーン騎手も前走後には「決してスムーズではない競馬で結果を出してくれましたし、上のクラスでも楽しみです」と称賛しており、自身初のみちのく路で“豪腕”を存分に発揮するつもりだ。

 一流の血統背景もタイトル獲得を後押しする。母ディアデラノビアサンスポ賞フローラSなど重賞3勝。兄姉は8頭中6頭がオープンまで出世し、半姉ディアデラマドレ(父キングカメハメハ府中牝馬Sなど重賞3勝)、半兄ドレッドノータス(父ハービンジャー、京都大賞典など重賞2勝)が重賞ウイナーに輝いている。2013年の英GI“キングジョージ”をレコードで制したノヴェリストを父に持つグレイトにも期待は大きい。

 「(父が)いろんな種牡馬で走っているのがすごいですね。前向きな気性なので小回りでも大丈夫だし、道悪も問題ない。能力は重賞でも通用していいと思います」と森助手は好勝負を信じて送り出す。今春は、コントレイルが無敗で牡馬2冠に輝いた。グレイトも強力なパートナーとともに連勝記録を伸ばし、秋には挑戦状をたたきつけたい。(漆山貴禎)



ラジオNIKKEI賞の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【トレセンけいこ総見】ラジオNIKKEI賞&CBC賞 2020年7月2日(木) 04:47

 正木 宝塚記念が終わって、いよいよ本格的に夏競馬が始まるな。今週の重賞は、阪神のCBC賞と福島のラジオNIKKEI賞や。CBC賞はほぼ関西馬なので、栗東からいこうか。

 斉藤 3連勝でオープン入りしたミッキースピリットが本格化ムード。坂路は不良馬場でしたが、松若騎手を背に、馬なりでラストまでブレることなく、併走馬にクビ差先着しました。力強い伸びでマークした4ハロン51秒9-12秒9は、馬場状態を考慮すれば優秀な時計です。

 正木 昨年の勝ち馬レッドアンシェルも坂路の併せ馬で1馬身先着。昨年は不良馬場の中京でこのレースを制したように、この時期は活気が出る感じや。先週、自己ベストの4ハロン50秒4をマークして、最終追いも軽快な脚さばきで、馬なりでラスト1ハロン12秒6なら上々やね。

 斉藤 先週の坂路で4ハロン50秒4の一番時計をマークしたクリノガウディーは、上がり重点にラスト1ハロン11秒9。人気になるでしょうけど、本当に具合が良さそう。

 片岡 美浦からただ1頭参戦のショウナンアンセムは、屈腱炎後の休養明けで1年ぶりになるけど、1週前に坂路で4ハロン51秒7の好時計。今週も4ハロン53秒6で水準以上の仕上がり。昨年の高松宮記念3着の実績からも、軽視は禁物です。

 正木 ラジオNIKKEI賞は、アルサトワが時計を要した栗東CWコースの3頭併せで最先着。ラスト1ハロン11秒8も文句なし。先週の宝塚記念クロノジェネシスで制した斉藤崇厩舎で、勢いも感じる。

 片岡 美浦はグレイトオーサーがWコース単走で『S』評価と抜群の雰囲気だった。穴ならコスモインペリウム。1週前のPコースで6ハロン80秒2の猛チャージ。今週はP単走でも、仕上がりに不足なしで道悪も得意。芝で開花したパラスアテナコンドゥクシオンは、福島でV経験があるのは強みになる。

ラジオNIKKEI賞の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

CBC賞の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

⇒もっと見る

グレイトオーサーの関連コラム

閲覧 1,862ビュー コメント 0 ナイス 2



次週の注目重賞を、伊吹雅也プロが様々なデータを駆使していち早く分析! もっとも重要と思われる<ピックアップデータ>に加え、<追い風データ/向かい風データ>や<注目馬チェック>など、貴重な情報が満載なウマニティ会員専用コラムとなっております。ぜひ皆様の予想にお役立て下さい。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


<次週の特選重賞>

G3 ラジオNIKKEI賞 2020年07月05日(日) 福島芝1800m


<ピックアップデータ>

【前走との間隔別成績(2015年以降)】
×中3週以内 [0-0-1-11](3着内率8.3%)
○中4~7週 [5-4-3-24](3着内率33.3%)
×中8週以上 [0-1-1-23](3着内率8.0%)

 休養明けの馬や間隔を詰めて使ってきた馬は過信禁物。2015年以降に好走を果たした馬の大半は、前走との間隔が中4~7週でした。このレースを大目標としているような馬は少ないと思いますが、それでも臨戦過程に不安のある馬は強調できません。

主な「○」該当馬→グレイトオーサーサクラトゥジュールパラスアテナ
主な「×」該当馬→キメラヴェリテコンドゥクシオンルリアン


<他にも気になる! 追い風データ/向かい風データ>

【追い風データ】

○「“JRA、かつ1800~2000m、かつ出走頭数が10頭以上のレース”において1着となった経験がある」馬は2015年以降[5-5-4-39](3着内率26.4%)
主な該当馬→グレイトオーサーコンドゥクシオンサクラトゥジュールパラスアテナ

続きは、ウマニティ会員登録(無料会員)でご覧頂けます。
※限定公開期間終了後は、非会員の方もご覧頂けます。
続きを読む
登録済みの方はこちらからログイン

グレイトオーサーの口コミ


口コミ一覧
閲覧 62ビュー コメント 0 ナイス 2


ラジオNIKKEI賞 GⅢ
◎ ⑫ ルリアン
〇 ⑨ パラスアテナ
▲ ⑧ グレイトオーサー
△ ⑤ サクラトゥジュール
× ⑩ コスモインペリウム
☆ ⑪ パンサラッサ

◎骨折明け後、圧勝連発で2連勝のルリアンが軸
〇福島で実績あり、連勝でここへ、パラスアテナ
が対抗・・

馬単
⑫⑨⇒⑫⑨⑧⑤⑩⑪


11R CBC賞 GⅢ
◎ ⑬ ミッキースピリット
〇 ⑦ クリノガウディー
▲ ⑨ タイセイアベニール
△ ⑪ アウィルアウェイ
× ⑧ ロケット
☆ ⑩ ショウナンアンセム

◎あれよあれよの3連勝、勢いならミッキー
スピリットが1番・・
〇58Kも最強の1勝馬なら・・クリノガウディー
が相手・・

馬単
⑬⑦⇒⑬⑦⑨⑪⑧⑩

 組合長 2020年7月4日() 18:33
ラジオNIKKEI賞 所長vs研究所AI
閲覧 64ビュー コメント 0 ナイス 7

福島11RラジオNIKKEI賞
AI:8番グレイトオーサー
前走は自分でレースを作っての完勝。まだまだ余力があり3連勝濃厚。

所長:5番サクラトゥジュール
堀厩舎2頭出しでワンツーを狙っての出走。石橋騎手が意地を見せる。

[もっと見る]

 ちびざる 2020年7月4日() 17:46
【GⅢ】ラジオNIKKEI賞の予想
閲覧 42ビュー コメント 2 ナイス 10

<指数的には、上位の信頼度は今一つ。下位の馬にもチャンスあり!?>

◎:⑨パラスアテナ
〇:⑧グレイトオーサー
▲:⑫ルリアン
△:①バビット
△:②ディープキング
△:③アルサトワ


【買い目】
※オッズ等により、変更する可能性アリ

馬連フォーメーション
⑨⑧⑫→①②③


 ◎は⑨パラスアテナにしました。
 指数1位。某スポーツ紙調教評価2位。
前走のカーネーションカップ(1勝クラス)は、1着でした。
その前走は、5番手から上がり最速で勝ちました。
ほぼ完ぺきなレースだったと思います。
牝馬限定レースとはいえ強い内容だったと思います。
牝馬には分が悪いレースですが、前走の内容なら互角にレースができると思います。
武豊騎手が継続騎乗も心強いと思います。


 ○は⑧グレイトオーサーにしました。
指数3位。某スポーツ紙調教評価2位。
前走の3歳1勝クラスは1着。
その前走は逃げ切り勝ちでした。
未勝利戦と連勝で無敗で重賞初挑戦となります。
問題は、小回りコースの適性ですね。
未勝利戦と前走はともに東京コースでのレースでした。
ただ、未勝利戦が差し切り勝ち。前走が逃げ切りと違う勝ち方をしているので
自在性はあるのかと思います。
レース当日のテンションがどうなのかが気になりますね。


 ▲は⑫ルリアンにしました。
指数4位。
前走は1勝クラスで1着でした。
その前走は、2番手から抜け出す強い内容でした。
新馬戦後に骨折休養があり、復帰後、2連勝とようやく軌道に乗り始めたと思います。
ダービーに行こうと思えば行けたと思いますが、故障している馬なので
大事を取っての出走。
ここからの一戦一戦が大事になってくると思います。
秋の飛躍を目指すのであれば、ここはクリアしておきたいところ。
乗り替わりとなる坂井騎手がどう乗るのかも注目したいですね。


△以下では、③アルサトワに注目ですね
前走の1勝クラスは1着でした。
古馬との対戦で逃げ切り勝ちと能力の高さを示したと思います。
負かした相手が今日勝ち上がったポタジェなので
価値がある勝利だったと思います。
状態も某スポーツ紙調教評価で1位と好調をキープしています。
前走同様スタートが決まれば、前走の再現があるかもしれませんね。
ご当地騎手の田辺騎手の手綱さばきにも注目ですね。

[もっと見る]

⇒もっと見る

グレイトオーサーの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
3:
  fc0703d559   フォロワー:0人 2020年7月4日() 19:51:34
良血。絞れれば。
2:
  fc0703d559   フォロワー:0人 2020年7月4日() 18:04:30
過古2戦の内容優秀。自在。
1:
  fc0703d559   フォロワー:0人 2020年6月30日(火) 22:19:52
調教○

グレイトオーサーの写真

投稿写真はありません。

グレイトオーサーの厩舎情報 VIP

2020年7月5日ラジオNIKKEI賞 G3
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

グレイトオーサーの取材メモ VIP

2020年5月17日 3歳1勝クラス 1着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。