会員登録はこちら
葵ステークス G   日程:2018年5月26日() 15:35 京都/芝1200m

レース結果

葵ステークス G

2018年5月26日() 京都/芝1200m/16頭

本賞金:3,800万 1,500万 950万 570万 380万


レコード:1分06秒7
天候:
馬場:



馬名 性齢 負担
重量
騎手 調教師 馬体重 タイム 着差 オッズ 人気
1 2 3

ゴールドクイーン

牝3 54.0 古川吉洋  坂口正則 454(+4) 1.08.0 29.4 9
2 1 1

ラブカンプー

牝3 54.0 和田竜二  森田直行 424(-2) 1.08.2 1 1/4 11.5 6
2 7 14

トゥラヴェスーラ

牡3 56.0 福永祐一  高橋康之 468(-6) 1.08.2 同着 4.3 2
ラップタイム 12.1 - 10.8 - 11.0 - 11.0 - 11.2 - 11.9
前半 12.1 - 22.9 - 33.9 - 44.9 - 56.1
後半 55.9 - 45.1 - 34.1 - 23.1 - 11.9

■払戻金

単勝 3 2,940円 9番人気
複勝 3 590円 8番人気
1 370円 6番人気
14 200円 2番人気
枠連 1-2 770円 6番人気
2-7 1,080円 8番人気
馬連 1-3 6,980円 36番人気
3-14 4,700円 28番人気
ワイド 1-3 2,660円 31番人気
3-14 2,380円 26番人気
1-14 1,580円 16番人気
馬単 3-1 16,520円 85番人気
3-14 12,060円 68番人気
3連複 1-3-14 35,170円 100番人気
3連単 3-1-14 138,780円 696番人気
3-14-1 124,940円 644番人気

葵ステークスのニュース&コラム

【葵ステークス】初代覇者ゴールド!鮮やか逃げ切り9番人気
 第1回葵ステークス(26日、京都11R、新設重賞、未格付け、3歳オープン国際(特指)、別定、芝・内1200メートル、1着本賞金3800万円 =出走16頭)新設の3歳スプリント重賞は、古川騎乗の9番人気ゴールドクイーンが逃げ切って初代王者に輝いた。タイム1分8秒0(良)。1馬身1/4差の2着は2番人気トゥラヴェスーラと6番人気のラブカンプーが同着となり、1番人気のアサクサゲンキは5着に敗れた。 一度も先頭を譲ることなく、淀の6ハロンを颯爽(さっそう)と駆け抜けた。3歳の新設重賞を制したのは、橘S3着から挑んだゴールドクイーン。初代王者に導いた古川騎手が、笑顔で汗をぬぐった。 「(第1回の重賞を制して)光栄ですね。もともとスタートが速いので安心していました」 スタートを決めてハナを主張。前半3ハロン33秒9と緩みのない流れをつくり、1馬身ほどのリードを保って直線へ。しぶとい走りで後続の追撃を許さず、1馬身1/4差で逃げ切った。坂口調教師も「結構なペースだったけど、よく辛抱してくれたね」と笑みを浮かべた。 昨夏のフェニックス賞(1着)後に、左前脚を剥離(はくり)骨折。今年3月の復帰戦、昇竜Sは馬体が24キロ減(442キロ、10着)だったが、今回は454キロまで回復するなど、使いつつ復調を遂げた。1200メートル戦も、これで3戦3勝(うち芝は2勝)。スプリンターとしての資質をアピールした。「馬体も増えて良くなってきた。やっぱり1200メートルがいいね」とトレーナーは目を細めた。 今後は未定だが、伸び盛りの3歳馬。女王を目指して、そのスピードに磨きをかけていく。 (長田良三)ゴールドクイーン 父シニスターミニスター、母サザンギフト、母の父タイキシャトル。栗毛の牝3歳。栗東・坂口正則厩舎所属。北海道浦河町・浦河土肥牧場の生産馬。馬主は加藤充彦氏。戦績5戦3勝。獲得賞金6662万3000円。重賞初勝利。葵Sは坂口正則調教師、古川吉洋騎手ともに初勝利。馬名は「黄金+女王」。
2018年5月27日() 05:02

 282

【葵ステークス】レースを終えて…関係者談話
 ◆和田騎手(ラブカンプー2着同着) 「いつもと違う感じになったけど、なんとか出していったら動いてくれた。1200メートルはいいと思います」 ◆福永騎手(トゥラヴェスーラ2着同着) 「正直、前回よりも緩さを感じたけど、前残りの展開をよく差してくれた」 ◆浜中騎手(ウィズ4着) 「うまく内に潜り込めましたし、見せ場もつくってくれました」 ◆武豊騎手(アサクサゲンキ5着) 「スタート後、進んでいかなかった。ここのところ、折り合い重視の競馬をしてきたからかもしれない」 ◆藤岡康騎手(アンヴァル6着) 「この馬らしい二の脚が見られませんでした」 ◆松山騎手(オジョーノキセキ14着) 「直線に向いて反応がなかったです」
2018年5月27日() 05:01

 294

【葵ステークス】和田騎手騎乗ラブカンプーは2着同着「1200メートルはいい」
 5月26日の京都11Rで行われた新設重賞、第1回葵ステークス(3歳オープン、未格付け、芝・内1200メートル、別定、16頭立て、1着賞金=3800万円)は、古川吉洋騎手騎乗の9番人気ゴールドクイーン(牝、栗東・坂口正則厩舎)が逃げ切って、初代覇者となった。 葵Sは現役時代にJRA最多タイ記録のGI・7勝を挙げ、5月17日に22歳で死んだテイエムオペラオーの追悼競走として実施。同馬の主戦を務めた和田竜二騎手はラブカンプーに騎乗し、好位の内めにつけトゥラヴェスーラとの2着同着を果たした。 和田竜二騎手「いつもと違う感じになりましたけど、出していくと何とか動いてくれました。1200メートルはいいと思います」★26日京都11R「葵ステークス」の着順&払戻金はこちら
2018年5月26日() 19:20

 370

【葵ステークス】トゥラヴェスーラ後方一気で2着同着 福永「これからもっと良くなる」
 5月26日の京都11Rで行われた新設重賞、第1回葵ステークス(3歳オープン、未格付け、芝・内1200メートル、別定、16頭立て、1着賞金=3800万円)は、古川吉洋騎手騎乗の9番人気ゴールドクイーン(牝、栗東・坂口正則厩舎)が逃げ切って、初代覇者となった。 2番人気に支持された福永祐一騎手騎乗のトゥラヴェスーラは後方から外を回って一気に脚を伸ばし、ラブカンプーと2着同着に入った。 福永祐一騎手「正直、前走よりも(体に)緩さを感じましたけど、前残りの展開のなか、よく差してくれました。これからもっともっと良くなると思います」★26日京都11R「葵ステークス」の着順&払戻金はこちら
2018年5月26日() 19:20

 247

葵ステークスのニュースをもっと見る >

葵ステークスの無料予想&プロ予想【的中情報】

最強の予想家決定戦「予想コロシアム」から厳選した予想家の無料予想を続々と公開!
レース発走前に無料予想をご覧になるには 会員登録(登録無料)が必要です。

今すぐ会員登録(無料)する!

5月26日 15:34更新
予想家名
予想家レベル・クラス
配当 払戻 予想
Lv119 
370円 3,700円
Lv110 

2,660円
2,380円
105,920円
Lv109 
35,170円 70,340円
Lv103 
200円 200円
Lv103 
2,660円 26,600円

的中情報をもっと見る >

葵ステークス過去10年の結果

2017年5月13日() 京都競馬場/芝1200m 天候: 馬場:不良
2016年5月15日() 京都競馬場/芝1200m 天候: 馬場:
2015年5月17日() 京都競馬場/芝1200m 天候: 馬場:

過去10年の結果をもっと見る >

※右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各年度のレースレベルを簡単に比較することが出来ます。

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

U指数コラムを見る

葵ステークスのデータ分析とレース傾向

コース図京都芝1200m

2018年から重賞に昇格した葵ステークス。ここでは、オープン特別時の結果を分析の対象とした。重賞昇格にともない出走馬の質が格段に上がる可能性もあるため、あまりアテにはならないデータだが、単純なコース傾向の分析よりも予想するうえでの指針にはなり得るはずである。データ面で最も強調したいのは、距離短縮組が非常に強いということ。2010年以降、前走から同距離・距離延長組が2勝を含む3連対であるのに対し、距離短縮組は6勝を含む13連対と明らかに優勢。距離短縮組にフォーカスを絞るのが、当レースの正しい攻め方と言えよう。舞台となる京都1200mは高速決着になることが多い。ゆえに、スピードと瞬発力を兼ね備えた馬が狙い目となる。(各種データ、原稿は本年のレース発走前のものとなります)

データ分析をもっと見る >

葵ステークスの歴史と概要


2011年の優勝馬ロードカナロア

2018年にオープン特別から重賞に昇格を果たした3歳馬限定の一戦。オープン特別時代は出世レースの側面も持ち、過去の優勝馬にはオサイチジョージダイタクヘリオスブレイクタイムカルストンライトオカノヤザクラロードカナロアなど、のちにG1で活躍する面々の名前が多く確認できる。2016年の勝ち馬ナックビーナスは、2年後の高松宮記念で10番人気の低評価ながらも3着に入る健闘を見せた。

歴史と概要をもっと見る >

葵ステークスの攻略メニュー

会員登録(無料)でできること

今週の重賞レース

2018年8月26日(
キーンランドカップ G3
新潟2歳ステークス G3

競馬番組表

2018年8月25日(
2回札幌3日目
2回新潟9日目
2回小倉9日目
2018年8月26日(
2回札幌4日目
2回新潟10日目
2回小倉10日目

葵ステークス特集
バックナンバー

葵ステークス2018
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡6
87,022万円
2 サトノダイヤモンド 牡5
79,728万円
3 ゴールドアクター 牡7
74,324万円
4 オジュウチョウサン 牡7
54,384万円
5 レイデオロ 牡4
51,492万円
6 サトノクラウン 牡6
48,604万円
7 マカヒキ 牡5
48,298万円
8 スマートレイアー 牝8
47,984万円
9 レッドファルクス 牡7
46,924万円
10 サウンズオブアース 牡7
46,745万円
» もっと見る

3歳
1 アーモンドアイ 牝3
31,342万円
2 ワグネリアン 牡3
30,614万円
3 エポカドーロ 牡3
26,206万円
4 ラッキーライラック 牝3
23,653万円
5 ケイアイノーテック 牡3
16,998万円
6 ダノンプレミアム 牡3
16,651万円
7 リリーノーブル 牝3
13,810万円
8 ステルヴィオ 牡3
13,669万円
9 タワーオブロンドン 牡3
12,474万円
10 タイムフライヤー 牡3
11,016万円
» もっと見る