会員登録はこちら
天皇賞(春) G1   日程:2018年4月29日() 15:40 京都/芝3200m

天皇賞(春)の歴史と概要


2016、17年の優勝馬キタサンブラック

日本の競馬史のなかでも屈指の長い歴史と伝統を誇る、権威ある一戦。年に春と秋の2回開催され、2000mで行われる中距離王決定戦の秋に対し、3200mを舞台に争われる春は最強ステイヤー決定戦として認知されている。歴代優勝馬はいずれ劣らぬ名馬ばかりで、このレースを勝ってその年の年度代表馬に輝いた馬は数知れない。グレード制導入後だけを見ても、3冠馬として臨んで鮮やかに勝利を収めた第91回(1985年)のシンボリルドルフ、第133回(2006年)のディープインパクト、このレースの連覇を含め7つのG1タイトルを獲得した第121・123回(2000~2001年)のテイエムオペラオー、第153・155回(2016~2017年)のキタサンブラックをはじめ、メジロマックイーンビワハヤヒデマヤノトップガンメイショウサムソンゴールドシップなど、G1を複数回制した実績を持つ強豪の名前がズラリと並ぶ。ただし、かつては人気の実力馬が勝つ堅いレースとして有名だったものの、長距離レースを敬遠する世界的な風潮によってもたらされた近年のレベル低下は否めず、第129回(2004年)のイングランディーレ(10番人気)、第131回(2005年)のスズカマンボ(10番人気)、第139回(2009年)のマイネルキッツ(12番人気)、第145回(2012年)のビートブラック(14番人気)など、2桁人気の伏兵が番狂わせを演じ、大荒れになる年も増えつつある。

▼2015年のゴールドシップは3度目の挑戦でついに天皇賞の盾を獲得した。

歴代優勝馬

1986年以降の優勝馬を掲載しています。優勝馬の馬齢は2000年以前も現行表記と統一しています。

回数 開催日 優勝馬 性齢 勝ち
タイム
騎手 調教師 レース
結果
第157回
2018年4月29日
京都 芝3200m
レインボーライン 牡5 3:16.2 岩田康誠 浅見秀一 全着順を
見る
第155回
2017年4月30日
京都 芝3200m
キタサンブラック 牡5 3:12.5 武豊 清水久詞 全着順を
見る
第153回
2016年5月1日
京都 芝3200m
キタサンブラック 牡4 3:15.3 武豊 清水久詞 全着順を
見る
第151回
2015年5月3日
京都 芝3200m
ゴールドシップ 牡6 3:14.7 横山典弘 須貝尚介 全着順を
見る
第149回
2014年5月4日
京都 芝3200m
フェノーメノ 牡5 3:15.1 蛯名正義 戸田博文 全着順を
見る
第147回
2013年4月28日
京都 芝3200m
フェノーメノ 牡4 3:14.2 蛯名正義 戸田博文 全着順を
見る
第145回
2012年4月29日
京都 芝3200m
ビートブラック 牡5 3:13.8 石橋脩 中村均 全着順を
見る
第143回
2011年5月1日
京都 芝3200m
ヒルノダムール 牡4 3:20.6 藤田伸二 昆貢 全着順を
見る
第141回
2010年5月2日
京都 芝3200m
ジャガーメイル 牡6 3:15.7 C.ウィリアムズ 堀宣行 全着順を
見る
第139回
2009年5月3日
京都 芝3200m
マイネルキッツ 牡6 3:14.4 松岡正海 国枝栄 全着順を
見る
第137回
2008年5月4日
京都 芝3200m
アドマイヤジュピタ 牡5 3:15.1 岩田康誠 友道康夫 全着順を
見る
第135回
2007年4月29日
京都 芝3200m
メイショウサムソン 牡4 3:14.1 石橋守 高橋成忠 全着順を
見る
第133回
2006年4月30日
京都 芝3200m
ディープインパクト 牡4 3:13.4 武豊 池江泰郎 全着順を
見る
第131回
2005年5月1日
京都 芝3200m
スズカマンボ 牡4 3:16.5 安藤勝己 橋田満 全着順を
見る
第129回
2004年5月2日
京都 芝3200m
イングランディーレ 牡5 3:18.4 横山典弘 清水美波 全着順を
見る
第127回
2003年5月4日
京都 芝3200m
ヒシミラクル 牡4 3:17.0 角田晃一 佐山優 全着順を
見る
第125回
2002年4月28日
京都 芝3200m
マンハッタンカフェ 牡4 3:19.5 蛯名正義 小島太 全着順を
見る
第123回
2001年4月29日
京都 芝3200m
テイエムオペラオー 牡5 3:16.2 和田竜二 岩元市三 全着順を
見る
第121回
2000年4月30日
京都 芝3200m
テイエムオペラオー 牡4 3:17.6 和田竜二 岩元市三 全着順を
見る
第119回
1999年5月2日
京都 芝3200m
スペシャルウィーク 牡4 3:15.3 武豊 白井寿昭 全着順を
見る
第117回
1998年5月3日
京都 芝3200m
メジロブライト 牡4 3:23.6 河内洋 浅見秀一 全着順を
見る
第115回
1997年4月27日
京都 芝3200m
マヤノトップガン 牡5 3:14.4 田原成貴 坂口正大 全着順を
見る
第113回
1996年4月21日
京都 芝3200m
サクラローレル 牡5 3:17.8 横山典弘 境勝太郎 全着順を
見る
第111回
1995年4月23日
京都 芝3200m
ライスシャワー 牡6 3:19.9 的場均 飯塚好次 全着順を
見る
第109回
1994年4月24日
阪神 芝3200m
ビワハヤヒデ 牡4 3:22.6 岡部幸雄 浜田光正 全着順を
見る
第107回
1993年4月25日
京都 芝3200m
ライスシャワー 牡4 3:17.1 的場均 飯塚好次 全着順を
見る
第105回
1992年4月26日
京都 芝3200m
メジロマックイーン 牡5 3:20.0 武豊 池江泰郎 全着順を
見る
第103回
1991年4月28日
京都 芝3200m
メジロマックイーン 牡4 3:18.8 武豊 池江泰郎 全着順を
見る
第101回
1990年4月29日
京都 芝3200m
スーパークリーク 牡5 3:21.9 武豊 伊藤修司 全着順を
見る
第99回
1989年4月29日
京都 芝3200m
イナリワン 牡5 3:18.8 武豊 鈴木清 全着順を
見る
第97回
1988年4月29日
京都 芝3200m
タマモクロス 牡4 3:21.8 南井克巳 小原伊佐 全着順を
見る
第95回
1987年4月29日
京都 芝3200m
ミホシンザン 牡5 3:20.4 柴田政人 田中朋次 全着順を
見る
第93回
1986年4月29日
京都 芝3200m
クシロキング 牡4 3:25.4 岡部幸雄 中野隆良 全着順を
見る

歴史と位置付け

中央競馬旧八大競走のひとつ。1905年、横浜の日本レースクラブが明治天皇から「菊花御紋付銀製花盛器」を下賜されて創設した「エンペラーズカップ」が前身となる。以後、全国7つの競馬倶楽部で「帝室御賞典競走」が催されるようになり、皇室から優勝杯が下賜されていた。1937年、7つの競馬倶楽部は日本競馬会に統合。それを機に「帝室御賞典競走」は春と秋の年2回、東西で開催されることになった。1937年秋の「帝室御賞典競走」が第1回の天皇賞とみなされ、1938年秋からは「4歳以上、芝3200m」の競走として整備された。1944年秋からは戦争のため中断されたが、戦後の1947年春に「平和賞」の名称で復活。同年秋から現行の「天皇賞」というレース名に改称された。現在、春は京都開催で定着しているが、第2~12回(1938~1943年)は阪神で行われていた。天皇賞の勝利は古馬最高の栄誉であり、一度勝った馬はその名を汚さぬよう、以後の天皇賞への出走権を与えられなかった(1981年以降は過去の優勝馬も出走可能に)。1984年、秋の天皇賞は2000mに短縮。これにより、春の天皇賞は「最強ステイヤー決定戦」、秋の天皇賞は「最強中距離馬決定戦」と、レースの色が明確に分かれることになった。なお、第51回(1965年)、第61回(1970年)、第81回(1980年)、第109回(1994年)は阪神芝3200mで開催されている。また、2008年からメルボルンカップ(オーストラリア)の前年優勝馬を招待する制度が導入され、同時に天皇賞(春)の優勝馬にも同年のメルボルンカップへの優先出走権が与えられるようになった。

開催時期

第2~33回は4~6月の間で行き来していたが、第35回(1957年)から昭和天皇の誕生日である4月29日(現在の「昭和の日」)に固定され、第99回(1989年)までその番組編成が続いた(一部、例外あり)。第101~113回は4月下旬。第115回以降は4月最終もしくは5月最初の日曜日に開催されている。

競走条件

第4~94回は4歳(旧5歳)以上馬が、第2回ならびに第96回以降は3歳(旧4歳)以上馬が出走可能。負担重量規定は第2回が馬齢で、それ以外は定量。第4~12回は4歳58kg、5歳以上60kg(それぞれ牝馬1.5kg減)、第15回は牡馬60kg、牝馬58kg、第17~25回は4歳58kg、5歳以上60kg(それぞれ牝馬2kg減)、第27~135回は牡馬58kg、牝馬56kg第137回以降は58kg(牝馬2kg減)。第84回(1981年)以降は、過去の優勝馬が出走できない「勝ち抜き制」を廃止。創設以来長らく、出走条件を「内国産牡馬・牝馬」に限定してきたが、2000年から外国産馬に門戸を開放。2005年には国際競走に指定され、外国調教馬も出走可能となった。さらに2008年からはせん馬の出走も可能となり、より多くの馬が挑戦できるようになった。コースは第2回が阪神芝2700m、第4~12回が阪神芝3200m、第14回以降が京都芝3200m(一部、阪神芝3200mで代替開催あり)。JRA所属馬は阪神大賞典ならびに日経賞で1着になった馬に対し、地方競馬所属馬は前記2レースで2着以内に入った馬に対し、優先出走権が与えられる。

その他

世界的に3000m以上のG1レースは少なく、天皇賞(春)の3200mはイギリスのゴールドカップ(20f)、フランスのカドラン賞(4000m)、イギリスのグッドウッドカップ(16f)に続き世界で4位タイにランクされる。

年表

1937年「帝室御賞典競走」が春秋の年2回開催に整備され、秋の競走を東京競馬場で行う。これが第1回天皇賞とみなされる
1938年天皇賞(春)の事実上の1回目となる第2回が阪神芝2700mで開催
1939年施行距離を芝3200mに変更
1944年施行舞台を京都芝3200mに移行。能力検定競走として施行され馬券発売なし
1945~1946年第二次世界大戦の影響により中断
1947年競走名を「天皇賞」に改称
1965年阪神芝3200mで施行
1970年阪神芝3200mで施行
1980年阪神芝3200mで施行
1981年「勝ち抜き制」を廃止
1984年グレード制導入。G1に格付け
1994年阪神芝3200mで施行
1995年指定交流競走となり地方競馬所属馬の出走が可能に
2000年混合競走となり外国産馬の出走が可能に
2005年国際競走となり外国調教馬の出走が可能に
2008年せん馬の出走が可能に
会員登録(無料)でできること

今週の重賞レース

2018年11月17日(
東京スポーツ杯2歳S  G3
2018年11月18日(
マイルチャンピオンS  G1

競馬番組表

2018年11月17日(
3回福島5日目
5回東京5日目
5回京都5日目
2018年11月18日(
3回福島6日目
5回東京6日目
5回京都6日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡6
88,022万円
2 サトノダイヤモンド 牡5
86,512万円
3 レイデオロ 牡4
73,559万円
4 オジュウチョウサン 牡7
55,899万円
5 サトノクラウン 牡6
48,604万円
6 マカヒキ 牡5
48,298万円
7 スマートレイアー 牝8
47,984万円
8 ファインニードル 牡5
47,828万円
9 アップトゥデイト 牡8
47,571万円
10 レッドファルクス 牡7
46,924万円
» もっと見る

3歳
1 アーモンドアイ 牝3
41,720万円
2 ワグネリアン 牡3
36,086万円
3 エポカドーロ 牡3
27,016万円
4 ラッキーライラック 牝3
23,653万円
5 フィエールマン 牡3
17,886万円
6 ケイアイノーテック 牡3
17,668万円
7 ダノンプレミアム 牡3
16,651万円
8 ステルヴィオ 牡3
16,395万円
9 エタリオウ 牡3
14,754万円
10 ジェネラーレウーノ 牡3
14,217万円
» もっと見る