ジョーカプチーノ(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
写真一覧
抹消  芦毛 2006年4月11日生
調教師中竹和也(栗東)
馬主上田 けい子
生産者ハッピーネモファーム
生産地浦河町
戦績23戦[6-3-3-11]
総賞金30,220万円
収得賞金8,000万円
英字表記Jo Cappuccino
血統 マンハッタンカフェ
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
サトルチェンジ
ジョープシケ
血統 ][ 産駒 ]
フサイチコンコルド
ジョーユーチャリス
兄弟 ジョープライドジョーアポロン
前走 2012/05/12 京王杯スプリングC G2
次走予定

ジョーカプチーノの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
12/05/12 東京 11 京王杯SC G2 芝1400 156116.3311** 牡6 57.0 藤岡康太中竹和也526(-6)1.20.9 0.834.8サダムパテック
12/03/25 中京 11 高松宮記念 G1 芝1200 1881613.1411** 牡6 57.0 内田博幸中竹和也532(+10)1.11.0 0.735.6⑦⑨カレンチャン
12/03/03 中山 11 オーシャンS G3 芝1200 16118.735** 牡6 57.0 内田博幸中竹和也522(-16)1.09.5 0.335.2⑫⑩ワンカラット
11/11/26 京都 11 京阪杯 G3 芝1200 15593.426** 牡5 58.0 C.ルメー中竹和也538(+6)1.08.6 0.534.0ロードカナロア
11/10/29 京都 11 毎日スワンS G2 芝1400 185107.032** 牡5 58.0 福永祐一中竹和也532(-4)1.19.6 0.234.3リディル
11/08/28 札幌 11 キーンランド G3 芝1200 168153.329** 牡5 56.0 福永祐一中竹和也536(+4)1.09.6 1.036.3⑥⑦カレンチャン
11/06/05 東京 11 安田記念 G1 芝1600 1881618.065** 牡5 58.0 福永祐一中竹和也532(+6)1.32.1 0.134.9リアルインパクト
11/05/14 東京 11 京王杯SC G2 芝1400 17474.023** 牡5 58.0 福永祐一中竹和也526(0)1.20.2 0.033.5ストロングリターン
11/03/27 阪神 11 高松宮記念 G1 芝1200 16352.8110** 牡5 57.0 藤岡康太中竹和也526(-6)1.08.9 1.034.7⑦⑥キンシャサノキセキ
11/01/29 京都 11 シルクロード G3 芝1200 16592.211** 牡5 58.0 藤岡康太中竹和也532(+10)1.08.2 -0.132.6⑪⑩アーバニティ
10/12/11 中山 11 ラピスラズリ OP 芝1200 14461.711** 牡4 57.0 吉田豊中竹和也522(-4)1.07.3 -0.234.1ベストロケーション
10/11/21 京都 11 マイルCS G1 芝1600 183615.679** 牡4 57.0 藤岡康太中竹和也526(0)1.32.4 0.635.7エーシンフォワード
10/10/30 京都 11 毎日スワンS G2 芝1400 143424.0103** 牡4 58.0 藤岡康太中竹和也526(+38)1.21.2 0.234.9マルカフェニックス
09/05/31 東京 10 東京優駿 G1 芝2400 185921.1718** 牡3 57.0 藤岡康太中竹和也488(-2)2.43.0 9.349.0ロジユニヴァース
09/05/10 東京 11 NHKマイル G1 芝1600 182339.8101** 牡3 57.0 藤岡康太中竹和也490(+2)1.32.4 -0.334.7レッドスパーダ
09/04/11 中山 11 NZT G2 芝1600 16237.733** 牡3 56.0 松岡正海中竹和也488(0)1.34.1 0.335.5サンカルロ
09/03/21 中京 11 ファルコンS G3 芝1200 186119.441** 牡3 56.0 藤岡康太中竹和也488(-4)1.08.9 -0.034.8⑨⑧カツヨトワイニング
09/02/28 小倉 10 萌黄賞 500万下 芝1200 18128.841** 牡3 56.0 藤岡康太中竹和也492(+2)1.08.9 -0.235.6ブライドルアップ
09/01/31 東京 9 クロッカスS OP 芝1400 1381319.277** 牡3 56.0 中舘英二中竹和也490(-14)1.26.1 1.137.8サンカルロ
09/01/11 中京 1 3歳未勝利 ダ1700 14221.311** 牡3 56.0 中舘英二中竹和也504(-4)1.47.3 -0.138.1ローレルセラヴィ

⇒もっと見る


ジョーカプチーノの関連ニュース

 2日目は血統編をお届けする。日本競馬の血統レベルは今や、世界でもトップクラス。スピード、スタミナ、底力など全てが問われるダービーの優勝馬を探るうえで、血統の分析は欠かせない。今年も例年に劣らぬ良血ぞろい。その中から脱落するのはどの馬か。なお、すでに脱落した2頭の評価は割愛する。

〔1〕父の舞台適性 (最大5点減)

 過去10年の連対馬20頭を見ると、14頭の父は自身、もしくは産駒がすでに東京2400メートルのGIを勝っていた。残る6頭のうち、3頭の父(アグネスタキオンステイゴールドハーツクライ)はいずれもサンデーサイレンス産駒で芝2000メートル以上のGIを制しており、2013年2着エピファネイアの父シンボリクリスエスはダービー2着馬で天皇賞・秋、有馬記念2連覇など底力、スタミナも兼ね備えていた。

 ハービンジャーは英GIキングジョージ6世&クイーンエリザベスS(芝2400メートル)の勝ち馬。現3歳が3世代目でまだ産駒のGI勝ちはないが、今年のオークス2着のモズカッチャンを送り出し、勢いもある。ペルシアンナイトは1点減にとどめる。

 ベストアプローチの父ニューアプローチは英ダービーなど芝2000メートル以上のGIを3勝。産駒には英オークス馬タレントなどがおり、距離の融通は利くタイプ。2点減とする。

 マンハッタンカフェ菊花賞有馬記念、天皇賞・春を制したスタミナ型だが、産駒はダービーに10頭出走して09年のアントニオバローズ3着が最高。アメリカズカップは3点減だ。

 今年の3歳が初年度産駒となるリーチザクラウンはダービー2着馬だが、勝利は1600メートルと1800メートルで、産駒もマイラータイプが目立つ。キョウヘイは4点減とする。同じく現3歳が初年度産駒のジョーカプチーノNHKマイルCを制覇したスピードタイプ。産駒もスピードに特化した馬が目立ち、ジョーストリクトリはマイナス4点だ。

〔2〕父のクラシック適性 (最大5点減))

 連対20頭中17頭の父は自身、あるいは産駒がすでに日本のクラシックを勝っていた。残る3頭の父のうち、ハーツクライシンボリクリスエスはダービー2着馬で、キングズベストは英クラシックの2000ギニーを制した海外の種牡馬だった。

 ベストアプローチは父ニューアプローチが英ダービー馬で、産駒も英オークスを制しているように、クラシック適性は高いので1点減にとどめる。菊花賞馬だが、春のクラシックとは無縁だったマンハッタンカフェ産駒のアメリカズカップは3点減。父がクラシック不出走のハービンジャーのペルシアンナイトは3点減。キョウヘイの父リーチザクラウンはダービー2着ながら、その後はマイル路線を進みスピードに特化したタイプだった。適性面では劣ると判断し、4点減。クラシックとは無縁だったスクリーンヒーロー産駒のトラスト、父ジョーカプチーノがダービーで18着だったジョーストリクトリはともに5点減とする。

【NZT】12番人気のジョーストリクトリがV 2017年4月8日() 15:51

 4月8日の中山11Rで行われた第35回ニュージーランドトロフィー(3歳オープン、GII、芝・外1600メートル、馬齢、16頭立て、1着賞金=5400万円)は、アンドレアシュ・シュタルケ騎手騎乗の12番人気ジョーストリクトリ(牡、栗東・清水久詞厩舎)が好位追走から、直線は最内を伸びて快勝。タイムは1分36秒0(稍重)。父ジョーカプチーノはこの世代が初年度産駒で、JRA重賞はジョーストリクトリが初勝利。

 1馬身1/4差の2着には逃げ粘ったメイソンジュニア(8番人気)、さらにハナ差遅れた3着に2番手から粘り込んだボンセルヴィーソ(5番人気)で、上位3頭がNHKマイルC(5月7日、東京、GI、芝1600メートル)の優先出走権を獲得した。

 ニュージーランドTを勝ったジョーストリクトリは、父ジョーカプチーノ、母ジョーアラマート、母の父キングヘイローという血統。北海道新ひだか町・山際牧場の生産馬で、馬主は上田けい子氏。通算成績は7戦3勝。重賞は初勝利。ニュージーランドTは、清水久詞調教師、A.シュタルケ騎手ともに初優勝。

 ◆アンドレアシュ・シュタルケ騎手(1着 ジョーストリクトリ)「パーフェクトレース。ペースがそんなに速くなくて、スタートが良く、いいポジションに付けられた。直線に向いてもすごく手応えが良くて、一生懸命に走ってくれた。きょうの馬場もすごく合っていたと思います」

★8日中山11R「ニュージーランドトロフィー」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【ファルコンS】レース展望 2017年3月13日(月) 18:37

 土・月曜の飛び石開催となる中京は、土曜メインで3歳馬によるファルコンS(18日、GIII、芝1400メートル)が組まれている。過去10年の優勝馬では2009年のジョーカプチーノNHKマイルCを制し、13年インパルスヒーローは同2着と活躍。今年も好メンバーがそろい、NHKマイルC(5月7日、東京、GI、芝1600メートル)に向けて注目したい一番だ。

 ボンセルヴィーソ(栗東・池添学厩舎、牡)は初勝利に3戦かかったが、その後はデイリー杯2歳S2着、朝日杯フューチュリティS3着と素質の高さをアピールしている。未勝利勝ちは1400メートルだったので、距離短縮は歓迎。デビュー当時は幼さを見せていたが、だいぶ心身とも成長してきた。初めての左回りとなるが、前に行けるスピードに加え、馬場状態も不問。3カ月ぶりの実戦でも調教量が豊富で太め感なく仕上がりそうだ。オーナーが、地元の名古屋友豊(株)でもあり、陣営にとって力が入る一戦だ。

 ナイトバナレット(栗東・矢作芳人厩舎、牡)はジュニアCで直線一気の脚を発揮して優勝。まだ、発馬が不安定で出遅れの懸念があるが、展開がはまれば差し切っていい。関西に拠点を移してから成績が上昇している中谷雄太騎手にとって、待望の重賞初勝利もかかるだけに注目したい。

 ジャッキー(美浦・高橋祥泰厩舎、牡)は新馬、500万下と連勝中。中京は初めてだが、新馬戦は同じ左回りの1400メートルだったので条件はいい。勝ち方は地味だが、勝負強さが光るタイプ。引き続き内田博幸騎手が騎乗するだけに期待は大きい。

 コウソクストレート(美浦・中舘英二厩舎、牡)は新馬、500万下・くるみ賞と連勝後、京王杯2歳Sで4着と上位に入ったが、続くシンザン記念で14着に惨敗。道悪で大外枠と不利な条件が重なったうえ、道中も折り合いを欠いて消化不良の結果となった。中京コースは未経験だが、2勝は新潟、東京とともに左回り。さらに今回は鞍上が、乗り慣れた戸崎圭太騎手に戻る。冬場に絞れなかった体も、ここ2週のハード調教でシェイプアップ。うまく流れに乗れれば、好勝負できる。

 ジョーストリクトリ(栗東・清水久詞厩舎、牡)は2走前に中京芝1400メートルの500万下・なずな賞を勝利。初めてのマイル戦だった前走のアーリントンCは離された5着に終わったが、舞台替わりで見直せる。父がファルコンSの覇者ジョーカプチーノという点も強調材料。前走からコンビを組む武豊騎手が先週の中山牝馬Sトーセンビクトリーで制しているのも心強い。

 デスティニーソング(栗東・松下武士厩舎、牝)は、2走前のなずな賞で1/2馬身差の2着に入り、前走のかささぎ賞で2勝目をマーク。ジョーストリクトリを物差しにすれば、互角の戦いが可能だ。松下厩舎は先週のフィリーズレビューカラクレナイで制して勢いもある。

 メイソンジュニア(栗東・渡辺薫彦厩舎、牡)は福島2歳Sを快勝。初ダートだった前走の全日本2歳優駿は、距離も長かったため離された5着に終わったが、馬体減も敗因として考えられる。距離短縮で輸送距離も短くなり、福島2歳Sと同じ菱田裕二騎手の騎乗。巻き返しの材料は十分にある。

 ジョーストリクトリと同じジョーカプチーノ産駒のマイネルバールマン(美浦・栗田博憲厩舎、牡)、東京芝1400メートルの500万下・春菜賞を制しているライズスクリュー(美浦・小野次郎厩舎、牝)など伏兵陣も多士済々だ。

ファルコンSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【新潟2歳S】バールマン、父に初タイトルを! 2016年8月26日(金) 05:11

 関東圏で最初の2歳重賞、新潟2歳ステークスに、新種牡馬の産駒が3頭出走する。中でも注目は、2歳の産駒数わずか16頭のジョーカプチーノ産駒のマイネルバールマン。東京で新馬勝ちして、ダリア賞は2着に敗れたが、叩いて体調は上昇。父譲りのスピードを武器に父に重賞初勝利をプレゼントする。

 新種牡馬ジョーカプチーノ産駒のマイネルバールマンは、関東圏最初の新馬戦(6月4日、東京芝1400メートル)を完勝。東の一番星にふさわしいセンス抜群の走りを見せた。

 父はマンハッタンカフェの直子で2009年のNHKマイルCをレースレコードで優勝。その年、マンハッタンカフェがチャンピオンサイアーとなる原動力となった。

 とはいえ、13年の種牡馬入り当初の注目度は低く、初年度(現2歳世代)の種付けは28頭。この年最多は、ディープインパクトの262頭で、同じ新種牡馬のルーラーシップは208頭。ジョーカプチーノ産駒の2歳馬はわずか16頭と、数の上では圧倒的に劣勢だが、その中から新種牡馬産駒のJRA初勝利を飾り、重賞に産駒を送り込む。

 父はマイルGIのほかにスプリント重賞を2勝しており、産駒は速さが最大の持ち味だ。育成時代のバールマンなどの走りを見たマイネル軍団の岡田総帥が、ジョーカプチーノに大きな可能性を感じ、15年12月に優駿スタリオンステーションからビッグレッドファームにトレードさせた。

 ビッグレッドファームの蛯名聡マネジャーは「父との共通点は、体つきが立派で、スピードが一番の長所であるところ」と話す。バールマンの勝利により、問い合わせも殺到。今年は54頭に種付けをした。「産駒が活躍すれば種付け料も上がりますし、それに伴って繁殖牝馬の質も上がります。ここで活躍してくれるとうれしいですね」と期待を寄せる。

 2戦目のダリア賞は、間隔があいており本来の鋭い反応がみられず2着。栗田博調教師は「前走は息が重かった。中間は厳しい調教に耐え、よくがんばっていますよ」と巻き返し態勢は整っている。マイナーからメジャーへ。バールマンの走りが父ジョーカプチーノの名をさらに高める。 (芳賀英敏)

★ビッグレッド新種牡馬

 ビッグレッドファームでけい養されている新種牡馬は、ジョーカプチーノマイネルバールマン)のほかにアイルハヴアナザー(クイントゥープル)もいる。蛯名マネジャーは「ジョーカプチーノは筋肉質のスピードタイプ。アイルハヴアナザーの方は、スピードの持続力があり、より距離が延びてプラスになるタイプだと思います」とみている。

新潟2歳Sの枠順はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【2歳新馬】東の一番星はマイネルバールマン 2016年6月4日() 12:46

 6月4日の東京5R・2歳新馬(芝1400メートル)は、柴田大知騎手騎乗の4番人気マイネルバールマン(牡、美浦・栗田博憲厩舎)が勝ち上がった。道中は3、4番手。直線坂上で先頭に立ち、後続を振り切った。タイムは1分23秒0(良)。父ジョーカプチーノは新種牡馬。

 2馬身差の2着にホットセット(2番人気)が逃げ粘り、さらにアタマ差遅れた3着に外から鋭い脚で追い込んだブレスジャーニー(5番人気)が入線した。 

 マイネルバールマンは、父ジョーカプチーノ、母クリスビーナス、母の父シンボリクリスエスという血統。

 ◆柴田大知騎手「しっかり乗り込んできたし、ゲート試験も入念にやって万全の態勢で初戦を迎えることができました。『これで負けたら相手が強い』くらいの気持ちだったので、結果を出せてほっとしています」

★4日東京5R「2歳新馬」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

ジョーカプチーノが引退、種牡馬入りへ2012年6月2日() 16:08

 09年のNHKマイルCを制したジョーカプチーノ(牡6歳、栗東・中竹和也厩舎)が2日付で競走馬登録を抹消したことを同日、JRAが発表した。

 ジョーカプチーノは父マンハッタンカフェ、母ジョープシケ、母の父フサイチコンコルドという血統。通算成績23戦6勝。重賞は09年のファルコンS(GIII)、NHKマイルC(GI)、11年のシルクロードS(GIII)の3勝。獲得賞金は3億220万1000円。5月12日の京王杯スプリングC(11着)がラストランとなった。

 今後は種牡馬となるが、繋養先は未定。

[もっと見る]

⇒もっと見る

ジョーカプチーノの関連コラム

閲覧 38,082ビュー コメント 0 ナイス 1



前回のシナリオ攻略の続きになります。

難関の第8話「芦毛で天皇賞(春)(G機砲鮠〕しよう」です。天皇賞(春)自体がそもそも難関G気任垢、さらにそれを芦毛の馬で勝つ……という条件が加わります。



芦毛の馬を作るには

芦毛の仔は芦毛の親からしか今のところ生まれていません。つまり芦毛の馬を作るには、芦毛の種牡馬か繁殖牝馬を使って配合をする必要があります。

以下が芦毛の種牡馬です。天皇賞(春)を勝つレベルの馬が狙いなので、パラメータのいい種牡馬のみに絞っています。

★5 ゴールドシップ
★5 タピット
★4 アドマイヤコジーン
★4 スウェプトオーヴァーボード
★3 キャプテントゥーレ
★3 ジョーカプチーノ
★3 チチカステナンゴ

★5や★4の種牡馬は持っていないプレイヤーもいると思いますので、実践しやすい配合としては★3のキャプテントゥーレジョーカプチーノ、チチカステナンゴが候補になるでしょうか。

一方、芦毛の繁殖牝馬は以下のとおり。「優」と「良」に絞ると2頭のみです。

[優・スタミナ型]ヨロコビノウタ
[良・バランス型]スリートリック

これらの馬を使っていかに強い馬を作るか……を考えることになります。


▲芦毛の馬は意外に少ない。クロスを使いやすいジョーカプチーノはおすすめの1頭。



芦毛で強い馬を狙う配合

当初はあれこれと配合を考えたのですが、結局天皇賞(春)を勝てたのは以下のように流れの中で生まれた馬でした。

【例1】自家生産繁殖牝馬にジョーカプチーノを付けて芦毛の産駒を作る

これは友人の牧場ですが、手頃な★3で実績Bの種牡馬(トウケイヘイロー→ハーランズホリデー→ミッキーアイル)で血統を伸ばしつつ、ジョーカプチーノを付けたところスピードA・スタミナEの馬が生まれました。

配合理論は速力クロス1本のみ。母はスピードC・スタミナDで「将来はG気癲廛灰瓮鵐箸任后





【例2】最初に芦毛の牝馬を作り、そこから芦毛で自家生産の血統を伸ばしていく

最初にジョーカプチーノ×メゾンフォルティーで芦毛の牝馬を作り、上記と同様に★3で実績Bの種牡馬(ナカヤマフェスタ→ティンバーカントリー→トウケイヘイロー)をつないでいったところスピードAの馬が生まれました。

産駒は半分以上が芦毛なので、芦毛で血統をつないでいくのはけっこう簡単です。

配合理論は速力と底力のクロスが2本ずつ。母は馬体解析をしていないので能力は不明ですが、1歳時コメントは「バネ」「優しい」「スピード」「落ち着き」「早熟」、戦績は牝馬G2勝という馬でした。





天皇賞(春)を勝つためには

天皇賞(春)は非常にスタミナを要するレースで、スタミナがないと4コーナーで大きく後れを取る感じがあります。敵はゴールドシップをはじめキズナフェノーメノエイシンフラッシュなど強敵ぞろいなので、早めに仕掛けて抜け出さないと勝つのは至難です。

ならば上記で紹介したようなスピード一本槍の馬でどうするのか……というところですが、天皇賞(春)限定でスタミナアップする才能「春風」を付けると劇的に走りが変わるのです。


▲「春風」Lv.6を付けて挑み、後続を7馬身ぶっちぎった。



スピードAの出足で先頭に立ち、才能「春風」のスタミナ補強で絶好のスパートを切る……という形ですね。


▲こちらはゴールドシップフェノーメノの猛追を振り切って勝利。



なお才能「春風」は、阪神大賞典日経賞大阪杯のいずれかを勝つと特別調教師を獲得できます。どれも難易度の高いG兇任垢、この中では距離の短い大阪杯が比較的勝ちやすくておすすめです。

日経賞も距離は長いですが敵薄の年がときどきありますので、スタミナ豊富な馬や才能「快走」などでスタミナ補強された馬なら挑んでみる価値はあります。



★ダビスタ名人・横井顕もリアルタイムで遊んでいる「ダービースタリオン マスターズ」をいますぐダウンロード →
iOS版 / Android版




○執筆者プロフィール
横井 顕(よこい・けん)
 ゲームが趣味かつ仕事のフリーライター。1994年に『ダービースタリオン供戮慮式全国大会で優勝し、以後ゲーム攻略記事に携わる。『ダービースタリオン形棺顱戞淵▲好ー出版)、『ダービースタリオン96全書』(アスペクト)など90年代の作品から、最近の『ダービースタリオンGOLD全書』(KADOKAWA)まで、シリーズ全般の攻略記事を執筆。現在は最新作『ダービースタリオンマスターズ』をプレイし、本サイトで攻略コラムを公開中。


登録済みの方はこちらからログイン

2013年1月23日(水) 19:00 本命ドリパス
『競馬』という名の推理小説 〜第220話シルクロードS(謎解き編)〜
閲覧 205ビュー コメント 0 ナイス 8

第220話 「シルクロードS

先週は風邪で寝込んでいたのでお休みさせて頂きました。
ほとんど回復したのでまた今週から頑張ります。


08年 33.7-35.4 =1.09.1 △4△7△4 消耗戦
09年 33.6-34.9 =1.08.5 △1△7△5 消耗戦
10年 34.4-33.7 =1.08.1 △1▼2△5 平坦戦
11年 34.8-33.4 =1.08.2 ▼2▼2△5 平坦戦
12年 34.1-34.2 =1.08.3 ▼1△3△6 平坦戦

08年09年はテン速い消耗戦で差し追い込み馬の独壇場となったレースでしたが近3年はテン34秒台の平坦戦で瞬発力勝負といった内容のレースでした。
どちらの展開になるかはかなり重要ポイントになりますが基本的には後者の平坦戦の確率が高いと思われます。
昨年はテンが速いエーシンダックマンが逃げたにも関わらず激流とならなかったのでそう考える方がスタンダードなのかなぁと。
次に過去5年の連対馬のラップギアを見てみましょう。

1着馬
ファイングレイン  【瞬1平2消2】
アーバンストリート 【瞬0平4消2】
アルティマトゥーレ 【瞬3平4消0】
ジョーカプチーノ  【瞬1平5消1】
ロードカナロア   【瞬2平5消0】
2着馬
コパノフウジン   【瞬1平5消6】
ソルジャーズソング 【瞬1平4消2】
ショウナンカザン  【瞬0平4消9】
アーバニティ    【瞬4平1消2】
エーシンダックマン 【瞬1平3消5】

近3年の1着馬がやはり特徴的で消耗戦連対の経験があったのはジョーカプチーノの一度のみ。
どちらかといえば瞬発戦平坦戦実績重視というレースだと思われます。
テン速い消耗戦になればアーバンストリートの様な馬でもOKと言えますがそれでも平坦戦実績は高い馬でした。
消耗戦に特化した成績の馬では厳しいとみるべきでしょう。
但し、2着馬になるとショウナンカザンの様なタイプの馬でも来ているので注意です。

近3年の展開で決め付けて考察しますが、前走では逃げ先行だった馬の方が有利となっています。
【前走脚質】
逃げ先行 3-2-1-15 勝率14.3% 連対率23.8% 複勝率28.6%
差し追込 0-1-2-23 勝率 0.0% 連対率 3.8% 複勝率11.5%

あとは斤量が重くなっている馬が有利という傾向です。
【斤量別成績】
今回増 3-1-0-12 勝率18.8% 連対率25.0% 複勝率25.0%
同斤量 0-1-1-10 勝率 0.0% 連対率 8.3% 複勝率16.7%
今回減 0-1-2-17 勝率 0.0% 連対率 5.0% 複勝率15.0%

私のイチオシはマジンプロスパー
本来1200mは短い馬で1200m戦で勝利したのは重馬場中京のCBC賞と34.5-34.1で後傾ラップだった醍醐Sの2レース。
昨年のシルクロードSは34.1-34.2というイーブンペースで0.5秒差8着に敗退しましたが今年は確固たる逃げ不在のメンバーでアイラブリリ辺りがハナ切るようならスローの後傾ラップになる可能性が十分あります。

「本命ドリパスの3連単1点予想(水曜時点)」
マジンプロスパーサドンストームニシノビークイック

(補足)
「▼4▼2△6」や「平坦戦」などの表記はラップギアを使用しています。
数値などは岡村信将プロより提供して頂いています。
表記の意味などの詳細は岡村信将プロのマイページをご覧下さい。

[もっと見る]

2012年5月2日(水) 19:00 本命ドリパス
『競馬』という名の推理小説 〜第183話NHKマイルC(謎解き編)〜
閲覧 234ビュー コメント 0 ナイス 9

第183話 「NHKマイルC」


07年 34.2-24.3-35.8 =1.34.3 ▼8△2△9 瞬発戦 稍重
08年 34.6-24.6-35.0 =1.34.2 ▼8▼5△9 瞬発戦 稍重
09年 34.3-22.9-35.2 =1.32.4 ▼2△2△3 平坦戦
10年 33.4-22.9-35.1 =1.31.4 ±0△1△4 消耗戦
11年 33.9-23.7-34.6 =1.32.2 ▼6△1△5 瞬発戦

過去3年はとにかく時計が速い。
馬場が異なるのでこの数字がそのまま当てはまるとは限りませんが安田記念でも即通用する時計で走破しています。
昨年3着だったリアルインパクトが次走安田記念を勝利したのは(斤量差という理由もありますが)まぐれでも何でもなくもしかしたら新黄金ローテにもなり得る結果だったでしょう。
過去5年のNHKマイルCを見てみると瞬発戦ありの消耗戦ありのレース傾向で瞬発コースにしてはバラバラ。
共通な部分とすればテンの方が上がりよりも速い前傾ラップになっていることです。
09年こそ番手先行したジョーカプチーノが勝利しているものの基本的には差し追い込み馬が有利なのはテンから飛ばす流れになっているからだと思います。

では連対馬のラップギアを見てみましょう。

ピンクカメオ    【瞬2平1消1】
ディープスカイ   【瞬5平1消0】
ジョーカプチーノ  【瞬1平3消1】
ダノンシャンティ  【瞬3平0消0】
グランプリボス   【瞬1平2消0】
2着馬
ローレルゲレイロ  【瞬3平2消0】
ブラックシェル   【瞬4平1消0】
レッドスパーダ   【瞬3平0消0】
ダイワバーバリアン 【瞬1平2消0】
コティリオン    【瞬2平1消0】

瞬発コースですがやはり注目すべきは平坦戦実績。
10頭中平坦戦実績がなかったのはたったの2頭でした。
(しかも平坦戦実績がなかった2頭は平坦戦の経験そのものがありませんでした)
速い流れになりやすいレースなので脚を溜めなくても末脚を発揮できる馬というのが有利になると思われます。

その他ではこのレースは
・前走重賞組が有利
・前走1600m以上有利
・前走好調馬が有利
という傾向にあります。
前走大敗から巻き返したのは07年のピンクカメオムラマサノヨートー、それに11年のリアルインパクトの3頭ぐらいで
皐月賞6着以内
・以外の重賞で3着以内
というのが目安になります。
上記の3頭をレアケースとするか否かが馬券とすればポイントになってくるでしょう。

今年のメンバーでこれらの条件をクリアしている馬は
カレンブラックヒルセイクレットレーヴブライトライン
NZT上位馬のみ
次点では
・前走大敗だがリアルインパクトパターン
アルフレード
・平坦戦実績なし
ジャスタウェイハナズゴールマウントシャスタ

「本命ドリパスの3連単1点予想(水曜時点)」
ブライトラインマウントシャスタアルフレード
NZT上位3頭の扱い方がポイントで舞台が府中に替わり差し有利のNHKであればブライトラインが逆転するだろうと。

(補足)
「▼4▼2△6」や「平坦戦」などの表記はラップギアを使用しています。
数値などは岡村信将プロより提供して頂いています。
表記の意味などの詳細は岡村信将プロのマイページをご覧下さい。

[もっと見る]

2011年6月6日(月) 00:22 本命ドリパス
『競馬』という名の推理小説 〜第118話安田記念(解決編)〜
閲覧 160ビュー コメント 0 ナイス 2

12.3-10.7-10.9-11.5-11.6-11.2-11.6-12.2 =1.32.0
(33.9-23.1-35.0) ▼4△6△6 平坦戦

これで安田記念は3年連続でテンの3Fが33秒台という結果になりました。
シルポートはテンをそろっと出たい馬なので今年は激流にならないと予想していましたがいやはや激流でした。
スタートしてシルポートがハナに立ちますが外からリアルインパクトが直ぐに内に寄せてシルポートと併走するような感じになります。
それは困るとばかりにシルポートは飛ばしますがリアルインパクトは番手を確保した時点で一旦馬を落ち着かせる。
一方、外枠スタートのジョーカプチーノリアルインパクトとは対照的にスタートして真っ直ぐ馬を走らせます。
スタート地点から3コーナー入り口までを最短距離で斜めに走らせる様なコース取りです。
シルポートは後ろから突かれた訳ではないですが少し離れた距離でハナ争いをしてる感じになりました。
これらの要素が組み合わさってテンの激流が完成です。

ここまで来て緩めても仕方ないシルポートは中盤23.1秒で流し直線向いて▼4の加速。
負けはしましたがこの速い流れにも関わらず▼4と加速したのは力のある証拠だと思います。
ここで抜け出してきたのは3歳馬リアルインパクト
ラスト1Fでシルポートジョーカプチーノも交わすとそのまま粘り込んでストロングリターンの追撃を封じてのG祇覇となりました。
相手は違いますが瞬発力ではグランプリボスに完敗だったことから今回は先行して押し切る戦法に切り替えたことがズバリ的中した結果となりました。
最後馬を我慢させる展開となったので地方騎手の戸崎Jの手腕というのも大きかったと思われます。
それと何気に大きいのは斤量差。
3歳馬は古馬に比べて4kg斤量が軽い設定となっています。
近年のNHKマイルCと安田記念を比較してみると

NHKマイルC → 安田記念
09年 1.32.4 → 1.33.5
10年 1.31.4 → 1.31.7
11年 1.32.2 → 1.32.0

となっています。
開催時期が異なるので単純な時計比較は出来ませんが近年のNHKマイルCは安田記念にそれほど劣るものではありません。
NHKマイルCで好走出来た馬が斤量差もあって安田記念でも好走するのは今思えばそれほど驚くべきことではなかったかもしれませんね。
近年の古馬短距離レースではエース不在の状態が続いているという要因もあるかなとも思います。
この結果から来年以降NHKマイルC→安田記念というローテの3歳馬が増える気がしますねぇ。
但し、注意点とすれば今回のリアルインパクトの様にNHKマイルC後も余力を残しての参戦でないと厳しいかもしれません。
リアルインパクトは今回の安田記念で春3走目でした。

2着3着は内でじっと我慢していた差し馬のストロングリターンスマイルジャック
こちらの差は内を突いたストロングリターンと外を回したスマイルジャックのコース取りの差だったと思います。
タフな内容のレースになるとやはり内枠でインベタの馬と先行馬が有利になりますね。
馬場向上で開催後半になってもそれほど外差し馬場にならないのも大きいと思います。

1番人気のアパパネは6着に敗退。
レースの流れ自体は前走のヴィクトリアMと似たものであり位置取りも同じ様なものでした。
これで伸び切れなかったのはやはり前走から中2週という詰まったローテが要因だと思います。
ヴィクトリアMがもう少し緩い内容であれば余力を残しての参戦となったでしょうがダメージはあまり抜けていなかったということでしょう。
元々休養明けは走らず2走目できっちり仕事をする馬なので常にハイパフォーマンスで走れる訳ではないと思います。
昨年秋も秋華賞勝利→エリ女3着で一仕事を終えてからのパフォーマンスは若干落ちてましたしね。

さて、春シーズンのG気盪弔襪宝塚記念だけとなりました。
ペルーサが回避となって残念ですが他の馬は故障なく出走して来て欲しいと思います。

(補足)
「▼4▼2△6」や「平坦戦」などの表記はラップギアを使用しています。
数値などは岡村信将プロより提供して頂いています。
表記の意味などの詳細は岡村信将プロのマイページをご覧下さい。

[もっと見る]

2011年3月25日(金) 19:00 ウマニティ編集長
予想のメキキ 〜2011年 高松宮記念〜
閲覧 117ビュー コメント 0 ナイス 13

昨秋のG汽譟璽港阿砲届けてしていた『予想のメキキ』が今週から復活です。対象レースは、東日本大震災後、最初に開催されるG高松宮記念。被災地はもちろんのこと、いまは日本中が厳しい状況の最中にありますので、全国の競馬ファンが熱くなれるような、素晴らしいレースが展開されることに期待したいですね。
本日紹介するのは、震災の被害が大きかった東北を地元とする(現在は仙台在住の)スガダイさん。今回電話取材するにあたり、「僕の住んでいるところは大きな被害の少ないエリアだったので、生活するのに若干不自由な面はあるものの、なんとかやっています。海沿いの地域はまだまだ大変な状態が続いていますが、僕は僕として頑張っていくだけです。“いつも通り”を心がけ、高松宮記念も精一杯予想しました」という力強いコメントをいただきました。ピンチに強い男、大舞台で底力を発揮する男ゆえに、今週は“いつも以上”のパフォーマンスを見せてくれるのではないかという気がします!

今年は阪神芝1200mが舞台となりますが……。

「とくに気にする必要はないでしょう。ふつうの千二のG気箸靴突汁曚垢譴个いい隼廚い泙后むしろ、通常の中京最終週開催のときは荒れた馬場を十分に考慮して予想する必要がありますが、いまの阪神はそこまで気をつかうほど馬場は悪くないので、よりシンプルに考えればいいんじゃないでしょうか。ただ、決して馬場状態がいいというわけではなく、差しも届く馬場ということは頭に入れておいたほうがいいと思います」

ブエナビスタレーヴディソールのような絶対的な存在がいませんね。

「そうですね。絶対に来ないと断言できる馬がほとんどいないので、混戦といえば混戦といえるでしょう。ただ、僕はある程度の人気サイドで順当に決着するとみています。的中の鍵を握るのは、馬選びよりも馬券の組み立てのほうになるかと」

その上位人気で、取捨がポイントになりそうな馬は?

ジョーカプチーノですかね。この馬がおそらく1番人気になると思うんですが、人気ほど信頼できるかというと、ちょっと微妙な気がします。前走はスローなのに追い込みが決まるという、特殊なレースでした。32秒6で上がっている馬が2頭いたように、かなり極端な馬場だったんです。今回、同じようなレースの質になるとはとうてい思えません。外せないけど過信は禁物。そんな存在だと思います」

強いて切る馬をあげるとしたら……。

「そこそこ人気しそうな馬のなかから選ぶのなら、レッドスパーダかなぁ。前走は58キロのダッシャーゴーゴーと59キロのキンシャサノキセキに完敗しましたよね。同じ斤量の今回、逆転するのは難しいと思います。枠順的にも、外からジョーカプチーノにかぶせられそうなので、展開面からも厳しいと判断しています」

ある程度の上位人気で決着しそう、というのはかなり大きなヒントですね。スガダイさんが注目している馬は、ほぼ見えてきたのではないでしょうか。そうなると、気になってくるのは馬券の買い方。スガダイさんの芸術的な資金配分を参考にしたい方は、ぜひ最終結論をご覧になってください。

[もっと見る]

2011年3月23日(水) 19:00 本命ドリパス
『競馬』という名の推理小説 〜第106話高松宮記念(謎解き編)〜
閲覧 143ビュー コメント 0 ナイス 7

第106話 「高松宮記念

今年の最大のポイントは当たり前ですが阪神コースを開催されるということ。
攻略の鍵はここでしょう。
まずは阪神芝12コースについて簡単に説明しましょう。
阪神コース詳細

スタート地点は向正面の中間辺りで内回りコースを使用します。
スタートしてから最初の3コーナーまでの距離が243m。
これが一つのポイントであまり距離がありません。
なのでテンの3Fが速くならない傾向にあります。
かといって残り800m付近(3〜4コーナーの中間)から下り坂が続くため脚を溜める区間は(コースレイアウト的には)存在しません。
逃げた騎手が3コーナーを回ってどう騎乗するのか、で展開が左右されるということです。

このコースの重賞といえば秋に行われるセントウルSがあります。
そのセントウルSは00年以降
瞬発戦:2回、平坦戦:3回、消耗戦:5回
という内訳でした。
(注意:06年の阪神改装で3コーナーのレイアウトが若干変更にはなっています)
瞬発戦が2回というのが特徴的で「バリバリのスプリントコースではない」と言えるでしょう。
これはテンの緩さが要因と思われます。

その07年以降のセントウルSをベースに考察をしたいと思います。
セントウルS平均ラップ】
33.65-33.90 =1.07.55 △3±0△7 前後半3F差=+0.25

まず今回の高松宮記念と比較にならないのは時計の速さ。
セントウルSは野芝100%の秋の阪神で、しかも開幕週に開催されるため高速レースとなっています。
高松宮記念は阪神の連続開催に加えて洋芝も使用されたオーバーシードとなっているため力の要る馬場となっています。
参考として芝の草丈の比較は以下の通りとなっています。
10年セントウルS開催時 : 野芝約10〜12cm
先週の阪神開催時 : 野芝約6〜8cm、洋芝約10〜14cm

では何を参考にするのか?
前後半3F差の+0.25秒という数字でしょう。
スプリント戦で+0.25秒という数字はかなり小さいものです。
06年以降の中京で開催された【高松宮記念の平均ラップ】は

33.50-34.62 =1.08.12 △2±0△6 前後半3F差=+1.12

となっていて前後半3F差は+1.12秒と大きい数字です。
これによって「脚質の有利さ」が違ってきます。
セントウルSの方が前有利、中京の高松宮記念の方が中団からの差し有利(追い込みは有利ではありません)となっています。
なので今年の高松宮記念は例年に比べると「前有利」となります。
しかし、上記にも書いた通り逃げ馬のペース次第で展開が大きく変わりやすいコースなので先行激化のメンバーになった場合は前有利とも言えなくなります。

まとめると「ある程度位置を取れて上がりを使えるタイプの馬」が狙い目となります。
これに出走メンバーから先行有利か中団有利かをサジ加減し、最後に「ラストの急坂適性」のスパイスを加えれば今年の高松宮記念予想の完成になると思われます。

今年の出走メンバーを見るとキンシャサノキセキジョーカプチーノダッシャーゴーゴー辺りの人気が予想されます。
あまりマイナス要素がないなという印象で波乱の確率は低い気がします。
この3頭の中ではジョーカプチーノがやや不安。
中山コースでの勝ち鞍はありますが基本的には東京京都の方が向いている馬で阪神開催はマイナスでしょう。

「本命ドリパスの3連単1点予想(水曜時点)」
ダッシャーゴーゴーキンシャサノキセキサンカルロ
馬連はこの2頭で固い気がします。
ひっくり返すとすればやはりジョーカプチーノなのかも・・・。


(補足)
「▼4▼2△6」や「平坦戦」などの表記はラップギアを使用しています。
数値などは岡村信将プロより提供して頂いています。
表記の意味などの詳細は岡村信将プロのマイページをご覧下さい。

[もっと見る]

⇒もっと見る

ジョーカプチーノの口コミ


口コミ一覧
閲覧 248ビュー コメント 11 ナイス 34

ウマフレの皆さん、会員の皆さん お早う御座います。

今年前半を自分も参考の資料にする為に集計してみました。

少しでも皆様にお役に立つと良いんですけどね(^。^;)

今年の前半は 重賞レースは断トツの9勝をしたM・デムーロがトップでした。

【G機

2月19日(日) フェブラリーS  4歳以上 ダ1,600m
       ゴールドドリーム   (ゴールドアリュール産駒)
       M. デムーロ騎手

3月26日(日) 高松宮記念    4歳以上   芝1,200m
       セイウンコウセイ    (アドマイヤムーン産駒)
       幸   英明騎手

4月2日(日)  大阪杯      4歳以上   芝2,000m
       キタサンブラック    (ブラックタイド産駒)
       武    豊騎手

4月9日(日)  桜花賞      3歳牝    芝1,600m
       レーヌミノル      (ダイワメジャー産駒)
       池添  謙一騎手

4月15日(土) 中山グランドジャンプ 4歳以上 障4,250m
       オジュウチョウサン    (ステイゴールド産駒)
       石神  深一騎手

4月16日(日) 皐月賞      3歳牡・牝  芝2,000m
       アルアイン        (ディープインパクト産駒)
       松山  弘平騎手

4月30日(日) 天皇賞(春)      4歳以上  芝3,200m
       キタサンブラック         (ブラックタイド産駒)
       武    豊騎手

5月7日(日)  NHKマイルC    3歳牡・牝 芝1,600m
       アエロリット           (クロフネ産駒)
       横山  典弘騎手

5月14日(日) ヴィクトリアマイル  4歳以上牝 芝1,600m
       アドマイヤリード          (ステイゴールド産駒)
       C. ルメール騎手
--------------------------------------------------------------------
【G供

1月22日(日) 東海S   4歳以上 ダ1,800m
       グレンツェント (ネオユニヴァース産駒)  
       横山  典弘騎手

2月12日(日) 京都記念    4歳以上 芝2,200m
       サトノクラウン (ショコンダ2産駒)   
       M. デムーロ騎手

2月26日(日) 中山記念    4歳以上   芝1,800m
       ネオリアリズム    (ネオユニヴァース産駒) 
       M. デムーロ騎手

3月5日(日) 弥生賞     3歳     芝2,000m
       カデナ        (ディープインパクト産駒) 
       福永  祐一騎手

3月11日(土) 阪神スプリングジャンプ 4歳以上 障3,900m
       オジュウチョウサン   (ステイゴールド産駒)
       石神  深一騎手

3月11日(土) 金鯱賞        4歳以上 芝2,000m
       ヤマカツエース     (キングカメハメハ産駒)
       池添  謙一騎手

3月12日(日) フィリーズレビュー 3歳牝   芝1,400m
       カラクレナイ      (ローエングリン産駒)
       M. デムーロ騎手

3月19日(日) スプリングS    3歳牡・牝 芝1,800m
       ウインブライト    (ステイゴールド産駒)
       松岡  正海騎手

3月19日(日) 阪神大賞典      4歳以上  芝3,000m
       サトノダイヤモンド     (ディープインパクト産駒)
       C. ルメール騎手

3月25日(土) 日経賞        4歳以上  芝2,500m
       シャケトラ         (マンハッタンカフェ産駒)
       田辺  裕信騎手

4月8日(土)  ニュージーランドT  3歳牡・牝 芝1,600m
       ジョーストリクトリ     (ジョーカプチーノ産駒)
       A.シュタルケ騎手

4月8日(土)  阪神牝馬S      4歳以上牝 芝1,600m
       ミッキークイーン       (ディープインパクト産駒)
       浜中    俊騎手

4月23日(日) フローラS      3歳牝  芝2,000m
       モズカッチャン        (ハービンジャー産駒)
       和田   竜二騎手

4月23日(日) マイラーズC     4歳以上  芝1,600m
       イスラボニータ         (フジキセキ産駒)
       C. ルメール騎手

4月29日(土) 青葉賞        3歳    芝2,400m
       アドミラブル        (ディープインパクト産駒)
       M. デムーロ騎手

5月6日(土)  京都新聞杯      3歳    芝2,200m
       プラチナムバレット        (マンハッタンカフェ産駒)
       浜中    俊騎手

5月13日(土) 京王杯スプリングC  4歳以上  芝1,400m
       レッドファルクス         (スウェプトオヴァーバード産駒)
       M. デムーロ騎手
----------------------------------------------------------------------------
【G掘

1月5日(木) 中山金杯  4歳以上 芝2,000m   
      ツクバアズマオー   (ステイゴールド産駒)
      吉田  豊騎手

1月5日(木) 京都金杯 4歳以上 芝1,600m
      エアスピネル    (キングカメハメハ産駒)
      武  豊騎手

1月8日(日) フェアリーS 3歳牝 芝1,600m
      ライジングリーズン (ブラックタイド産駒)
      丸田  恭介騎手

1月8日(日) シンザン記念 3歳   芝1,600m
       キョウヘイ    (ハービンジャー産駒)
      高倉  稜騎手

1月14日(土) 愛知杯   4歳以上牝 芝2,000m
       マキシマムドパリ (キングカメハメハ産駒)
      岩田  康誠騎手

1月15日(日) 京成杯    3歳 芝2,000m
       コマノインパルス (バゴ産駒)
      田辺  裕信騎手

1月17日(火) 日経新春杯   4歳以上 芝2,400m
       ミッキーロケット (キングカメハメハ産駒)
      和田  竜二騎手

1月22日(日) アメリカJCC 4歳以上 芝2,200m
       タンタアレグリア (ゼンノロブロイ産駒)
      蛯名  正義騎手

1月29日(日) 根岸S      4歳以上   ダ1,400m
       カフジテイク    (プリサイスエンド産駒)
      福永  祐一騎手

1月29日(日) シルクロードS 4歳以上 芝1,200m
       ダンスディレクター (アルデバラン2産駒)
      武   豊騎手

2月5日(日) 東京新聞杯    4歳以上 芝1,600m
        ブラックスピネル (タギノギムレット産駒)
      M.デムーロ騎手

2月5日(日)  きさらぎ賞   3歳 芝1,800m
        アメリカズカップ (マンハッタンカフェ産駒)
      松若  風馬騎手

2月11日(土) クイーンC   3歳牝 芝1,600m
        アドマイヤミヤビ (ハーツクライ産駒)
      C. ルメール騎手

2月12日(日) 共同通信杯   3歳 芝1,800m
       スワーヴリチャード  (ハーツクライ産駒)
      四位  洋文騎手

2月18日(土) ダイヤモンドS 4歳以上 芝3,400m
       アルバート       (アドマイヤドン産駒)
      R.  ムーア騎手

2月18日(土) 京都牝馬S   4歳以上牝 芝1,400m
       レッツゴードンキ   (キングカメハメハ産駒)
      岩田  康誠騎手

2月19日(日) 小倉大賞典   4歳以上 芝1,800m
       マルターズアポジー   (ゴスホークケン産駒)
      武士沢  友治騎手

2月25日(土) アーリントンC 3歳 芝1,600m
       ペルシアンナイト     (ハービンジャー産駒)
      M. デムーロ騎手

2月26日(日) 阪急杯     4歳以上  芝1,400m
       トーキングドラム     (キングカメハメハ産駒)
      幸    英明騎手

3月4日(土)  オーシャンS  4歳以上 芝1,200m
       メラグラーナ     (Fastnat Rock産駒)
      戸崎   圭太騎手

3月4日(土) チューリップ賞 3歳牝   芝1,600m
       ソウルスターリング    (Frankel産駒)
      C. ルメール騎手

3月12日(日) 中山牝馬S    4歳以上牝 芝1,800m
       トーセンビクトリー    (サンデーサイレンス産駒)
      武     豊騎手

3月18日(土) ファルコンS   3歳 芝1,400m
       コウソクストレート    (ヴィクトワールピザ産駒)
      戸崎   圭太騎手

3月20日(月) フラワーC    3歳牝 芝1,800m
       ファンディーナ       (ディープインパクト産駒)
      岩田   康誠騎手

3月25日(土)  毎日杯      3歳 芝1,800m
        アルアイン        (ディープインパクト産駒)
      松山   弘平騎手

3月26日(日)  マーチS     4歳以上 ダ1,800m
        インカンテーション     (シニスターミニスター産駒)
      勝浦   正樹騎手

4月1日(土)  ダービー卿チャレンジT 4歳以上 芝1,600m
        ロジチャリス        (ダイワメジャー産駒)
      内田   博幸騎手

4月15日(土)  アンタレスS   4歳以上 ダ1,800m
        モルトベーネ         (ディープスカイ産駒)
      M. デムーロ騎手

4月22日(土)  福島牝馬S    4歳以上牝 芝1,800m
        ウキヨノカゼ         (オンファイア産駒)
      吉田   隼人騎手

5月7日(日)   新潟大賞典    4歳以上  芝2,000m
        サンデーウィザード       (ネオユニヴァース産駒)
      石橋   脩騎手

騎手別勝利数    G1  G2  G3  合計

M. デムーロ騎手  1   5   3   9

武     豊騎手  2   0   3   5

C. ルメール騎手  1   2   2   5

岩田   康誠騎手  0   0   3   3

横山  典弘騎手  1   1   0   2

池添   謙一騎手  1   1   0   2

石神   深一騎手  1   1   0   2

幸    英明騎手  1   0   1   2

福永   祐一騎手  0   1   1   2

和田  竜二騎手  0   1   1   2

田辺  裕信騎手  0   1   1   2

浜中    俊騎手  0   0   2   2

戸崎   圭太騎手  0   0   2   2
-------------------------------------------------
G2のみ1勝

A.シュタルケ騎手、松岡  正海騎手
-------------------------------------------------------------------------
G3のみ1勝

吉田   隼人騎手、内田   博幸騎手、勝浦   正樹騎手、石橋   脩騎手

武士沢  友治騎手、R.  ムーア騎手、四位  洋文騎手、松若  風馬騎手

蛯名  正義騎手、 高倉  稜騎手、丸田   恭介騎手、吉田  豊騎手
------------------------------------------------------------------------
【産駒】
.妊ープインパクト産駒  7頭 ▲ングカメハメハ産駒  6頭

ステイゴールド産駒  5頭 ぅ屮薀奪タイド産駒  3頭

ゥ優ユニヴァース産駒  3頭 Ε泪鵐魯奪織鵐フェ産駒  3頭

Д蓮璽咼鵐献磧嫉唆陝 。各  ┘蓮璽張ライ産駒  2頭

ダイワメジャー産駒  2頭
-------------------------------------------------------------------
【1頭】
ゴールドアリュール産駒、アドマイヤムーン産駒、クロフネ産駒、ショコンダ2産駒
ローエングリン産駒、ジョーカプチーノ産駒、フジキセキ産駒、スウェプトオヴァーバード産駒
バゴ産駒、ゼンノロブロイ産駒、ブリサイスエンド産駒、アルテドラン2産駒、タギノギムレット産駒
アドマイヤドン産駒、ゴスホークケン産駒、Fastnat Rock産駒、サンデーサイレンス産駒
ヴィクトワールピザ産駒、シニスターミニスター産駒、ディープスカイ産駒、オンファイア産駒。

以上がグレードレース勝利馬の産駒。

こうやって見るとやはり ディープインパクト産駒、キングカメハメハ産駒、
ステイゴールド産駒、ブラックタイド産駒が多いことが解ります。
今後のPOG馬の参考に少しでも成ればと思います。

 グリーンセンスセラ 2017年3月19日() 02:16
穴馬のビッグチャンス到来!? 
閲覧 70ビュー コメント 0 ナイス 0

今週も武豊の穴馬にビッグチャンス到来!重賞穴馬データ公開中〜阪神大賞典・スプリングステークス・ファルコンステークス・フラワーカップ〜─Gambling Journal ギャンブルジャーナル/ 2017年3月18日 15時30分 http://biz-journal.jp/gj/2017/03/post_2884.html


先週は金鯱賞でスズカデヴィアスが13番人気3着、中山牝馬ステークスでトーセンビクトリーが5番人気1着、クインズミラーグロが7番人気3着と推奨した4頭の内3頭が馬券圏内に好走。そして、中山牝馬ステークスはなかなかの好配当となり美味しいレースだった。今週も過去の傾向をしっかりチェックし、激走馬を見極めたい。

■阪神大賞典

 現在4年連続で1番人気が勝利しており、人気通りで決着する傾向にあるこのレース。天皇賞(春)の前哨戦であることと、古馬最強クラスの馬が復帰戦に選ぶ傾向にあるのが、その理由としてあげられるだろう。
 過去の優勝馬もディープインパクト、ゴールドシップ、ナリタブライアン、スペシャルウィーク、テイエムオペラオーなど時代を代表する馬がズラリと並ぶ。今年はサトノダイヤモンド、シュヴァルグランといった実績馬が出走するものの、3着争いは混戦模様。今回は過去10年、5番人気以下で3着以内に飛び込んだ8頭の傾向から、その可能性を持つ激走馬をしっかり探したい。

・騎手は関西所属が優勢で関東所属騎手は除外
・調教師は関西所属のみ
・激走年齢は4〜8歳
・馬体重は452-552kgと軽量馬は軽視
・前走人気は1〜9番人気の馬に注目
・前走着順は5〜16着で4着以内の馬は除外
・前走のレースは重賞のみ
・前走の距離は2000m以上
・重賞で勝利実績が必要

 以上の項目から浮上する今年の穴馬候補は以下の2頭だ。

次のページ 阪神大賞典の狙い目!?


レーヴミストラル
----------------------
昨年の日経新春杯を勝利するなど重賞制覇経験がある同馬。不振が続くがここは激走条件が揃って注目の一頭。

ワンアンドオンリー
----------------------
不振が続いていた日本ダービー馬だが前走好走で復調気配も。各条件に合致しており2強以外なら十分に負かせるメンバー構成。

 この2頭にサトノダイヤモンド、シュヴァルグランを加えた馬券がオススメだ。

■スプリングステークス

 弥生賞同様に上位3着までに皐月賞の優先出走権が与えられるトライアルレース。過去にオルフェーヴル、メイショウサムソン、ロゴタイプといった馬が、ここを勝利して本番の皐月賞も優勝しているようにかなり関連性が高く重要なレースだ。過去10年、6番人気以下で3着以内に激走した8頭の傾向は以下の通り。

・騎手は関東所属が優勢
・馬体重は470-508kgと軽〜中量馬は軽視
・前走人気は1〜5番人気の馬
・前走着順は1〜7着まで
・前走のレースは500万クラス出走組が要注意。次いでオープン特別とG3戦出走馬
・前走の距離は1600〜1800m出走馬
・前3走以内に2着以内の好走実績がある馬のみ

 以上の項目から浮上する今年の穴馬候補は以下の2頭だ。

次のページ スプリングの狙い目!?

アウトライアーズ
----------------------
見事に各条件に合致する穴馬。重賞初挑戦だが期待は大!

ウインブライト
----------------------
こちらも各条件に合致する穴馬。前走快勝の中山1800m戦ならこの相手でも上位争いは可能。

 この2頭にサトノアレス、モンドキャンノ、エトルディーニュ、トリコロールブルーを加えた馬券がオススメだ。

■ファルコンステークス

 NHKマイルCを目指す馬とクラシックを断念した馬、そしてデビューから短距離路線を走る馬など様々な馬が出走し、その結果過去10年で1番人気はわずか2勝と難解なレースとなっている。特筆すべきは9〜14番人気の超人気薄馬が多く激走していることでその数8頭。今年はどんな激走馬が出走するのか、過去の傾向からその候補馬を洗い出したい。

・騎手は関西所属が優勢
・調教師は関西所属が優勢
・性別は牡馬が優勢
・馬体重は396-498kgに注目、500kg以上の馬は軽視
・前走人気は3〜10番人気に注目
・前走着順は1〜12着
・前走のレースは500万クラス、オープン特別とG3戦出走馬に注目
・前走の距離は1400〜1600m出走馬がほとんど
・前3走以内に勝利、最低でも3着以内の好走実績が必要

 以上の項目から浮上する今年の穴馬候補は以下の2頭だ。

次のページ ファルコンSの狙い目!?

ジョーストリクトリ
----------------------
減点はあるものの各条件に合致する穴馬。先週も重賞を勝利するなど勢いに乗る武豊騎手の騎乗も注目。父ジョーカプチーノは2009年のこのレースの優勝馬でもある。

マイネルバールマン
----------------------
こちらも減点はあるものの最小限で注目の穴馬。こちらも父ジョーカプチーノで面白い存在。

 この2頭にコウソクストレート、ボンセルヴィーソ、ナイトバナレットなどを加えた馬券がオススメだ。

■フラワーカップ

 桜花賞トライアルではないものの、桜花賞出走に必要な賞金の加算(2着以内)へ最後のチャレンジとなるこのレース。桜花賞の前哨戦の中では特に波乱傾向のある重賞で、現在6年連続で人気薄馬が馬券圏内に激走している。今年はどんな穴馬がいるのか、過去の傾向からしっかりチェックしたい。

・騎手は関東所属が優勢
・調教師は関東所属が優勢
・馬体重は396-498kgに注目、500kg以上の馬は軽視
・前走人気は1〜6番人気に注目
・前走のレースは3歳未勝利、500万クラス、G3戦出走馬に注目
・前走の距離は1600m戦出走馬が中心
・前3走以内に勝利、最低でも2着以内の好走実績がある馬
・重賞で3着以内の好走実績が無い馬に注目

 以上の項目から浮上する今年の穴馬候補は以下の2頭だ。


次のページ

ハナレイムーン
----------------------
各条件に合致する穴馬候補。人気になるかもしれないがぜひ抑えておいて欲しい。

サクレエクスプレス
----------------------
各条件に合致する注目の穴馬。かなり人気薄となるがぜひ注目して欲しい一頭だ。

 この2頭にファンディーナ、デアレガーロ、ディーパワンサを加えた馬券がオススメだ。

[もっと見る]

 TERAMAGAZI 2014年5月10日() 21:11
【NHKマイルC】本命と爆穴 
閲覧 29ビュー コメント 0 ナイス 5

【プリンシパルS】は桜花賞馬ダンスインザムード(ヴィクトリアマイル1着、米オークス2着、天皇賞秋2着、3着、マイルCS2着2回)の息子シャドウダンサー。
何と角居厩舎の管理馬にユタカさんが乗る衝撃!
ユタカさんは、20回、32回、30回と角居厩舎の管理馬に騎乗していたが、09年にウオッカのジャパンカップを下ろされてからはほとんど騎乗はなく、公式ブログで​、
「​土​​​曜​​​日​​​は​​​京​​​都​​​で​​​騎​​​乗​​​。​​​メ​​​ー​​​ン​​​は​​​京​​​都​​​新​​​聞​​​杯​​​の​​​シ​​​ャ​​​ド​​​ウ​​​ダ​​​ン​​​サ​​​ー​​​に​​​乗​​​せ​​​て​​​も​​​ら​​​い​​​ま​​​す​​​。​​​角​​​居​​​厩​​​舎​​​と​​​の​​​コ​​​ン​​​ビ​​​は​​​久​​​々​​​で​​​す​​​し​​​、​​​結​​​果​​​を​​​出​​​し​​​て​​​認​​​め​​​て​​​も​​​ら​​​わ​​​な​​​く​​​て​​​は​​​い​​​け​​​ま​​​せ​​​ん​​​。​​​力​​​が​​​入​​​り​​​ま​​​す​​​」
http://www.yutaka-take.com/diary_column/?vid=1982
と発言していましたが、4着止まり…。
100勝、及びリーディングを狙うには角居厩舎との和解が最重要。角居先生が怒ってなければ良いのですが…。

「第19回NHKマイルC」G1
驚異の1分32秒3。ウオッカの2歳マイルレコードを更新して重賞2連勝含む4連勝中(全てマイル、全て逃げ切り)の◎ミッキーアイル。ひいらぎ賞では除外になったG1朝日杯FSより速いタイムでぶっちぎり圧勝。

NHKマイルCの全歴史18年において逃げ切り勝ちはカレンブラックヒルの1頭だけ。データ的にはピンチですが、音無先生は「サイレンススズカの再来」とまで言ってるくらい。実際に逃げ切り4回の内、2回は最速上がり。ミッキーアイルは一介の逃げ馬ではないでしょう。

NHKマイルCはサンデー系が圧倒的に強く、過去4年で馬券になった12頭中12頭が父または母父がサンデー系という凄まじさ。
特に父サンデー系が結果を残しているので、新馬戦でミッキーアイルを差し切ったディープ産駒△アトム。

皐月賞は10着惨敗したがスプリングSを圧勝しており、東京【2・1・0・0】のフジキセキ産駒・爆ロサギガンティア。

ファルコンSは2着惜敗だがマイル【1・1・1・0】のディープ産駒▲サトノルパン。兄リディルはG2・2勝、クラレントは重賞4勝でNHKマイルC3着、祖母の仔エリモシックはG1馬と一流の牝系。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【前走実績】
NZT【5・2・3】
毎日杯【3・1・0】
桜花賞【2・1・0】
皐月賞【0・3・2】
ファルコンS【0・1・0】
マーガレットS【0・0・2】
橘S【0・0・1】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ニュージーランドT3着以内は特に相性が良いので(ロジック、ファイングレイン、ジョーカプチーノ、グランプリボス、カレンブラックヒル)、母父サンデーの注ショウナンアチーヴはニュージーランドT1着馬の上に、G1朝日杯FS2着の実績。母ショウナンパントルはG1阪神JF優勝馬。さらに母系にダービー馬ディープブリランテ、菊花賞馬ザッツザプレンティ、天皇賞馬バブルガムフェローがいる超良血。

ニュージーランドT3着以内は特に相性が良いので(ロジック、ファイングレイン、ジョーカプチーノ、グランプリボス、カレンブラックヒル)、2着で東京3戦2勝の△ショウナンワダチは当然として3着△ベルルミエールまで狙う。

ムラマサノヨートが14着→3着、ダノンゴーゴーが7着→3着、マイネルホウオウが7着→1着しているように大敗馬も来ているので、4着△アルマエルト(ファルコンS3着)、5着△ウインフェニックス(東京芝2戦2連対)、7着△マイネディアベル(朝日杯FS4着、OP特別クロッカスS1着)も狙う。

早熟なヨハネスブルグ産駒だが(それでも母父サンデー)、マイルG2のデイリー杯勝ち馬で桜花賞をまさかまさかの大善戦4着△ホウライアキコ。
阪神JFなど重賞5勝の名牝スティンガーの仔△キングズオウブサン(名牝スティンガーに社台グループ一生の汚点チチカステナンゴをなぜ付ける?)。

対抗はサンデーの血が入ってないことが唯一気になりますが、相性の良い毎日杯組(キンカメ、ディープスカイ、ダノンシャンティが優勝)の○エイシンブルズアイ。

◎ミッキーアイル
○エイシンブルズアイ
▲サトノルパン
注ショウナンアチーヴ
爆ロサギガンティア
△ウインフェニックス
△マイネディアベル以下…

【G1NHKマイルC】の買​い​目​は​【​予​想​コ​ロ​シ​ア​ム​】​を​見​て​下​さ​い​。
↓↓↓↓
http://umanity.jp/coliseum/profile.php

予想コロシアムにて「地方競馬」買い目公開!
http://nar.umanity.jp/coliseum/profile.php?user_id=35fe1fee66

僕​T​E​R​A​M​A​G​A​Z​I​N​E​の​​​「​​​J​​​R​​​A​​​全​​​重​​​賞​​​完​​​全​​​デ​​​ー​​​タ​​​攻​​​略​​​2​​​0​​​1​​​4​​​」
http://www.amazon.co.jp/dp/4864365725/
​​​に​は​、​過​去​5​年​の​1​〜​3​着​馬​と​1​番​人​気​で​馬​券​圏​外​に​沈​ん​だ​馬​の​父​と​母​父​、​前​走​の​デ​ー​タ​を​全​て​掲​載​し​て​あ​り​ま​す​。​そ​の​上​で​、​馬​券​の​キ​モ​と​な​る​ポ​イ​ン​ト​、​爆​穴​パ​タ​ー​ン​も​記​載​し​て​い​る​の​で​馬​券​攻​略​の​役​に​立​ち​ま​す​。参考にして下さい。

Twitterやってます。
https://twitter.com/tera_chaaaaan

【ブッチNEWS】というニュースサイトで、競馬コラムを書いています。
http://bucchinews.com

[もっと見る]

⇒もっと見る

ジョーカプチーノの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
7:
  福招き猫(=゚ω゚=)   フォロワー:3人 2009年3月23日(月) 12:52:12
【ファルコンS】(中京)〜ジョーカプチーノが人馬ともに(騎手、厩舎)初重賞勝ち
レース後のコメント
1着 ジョーカプチーノ 藤岡康太騎手
「この馬のスピードを生かそうと思っていました。スタートはちょっと出なくて、ヒヤッとしましたが、いい位置につけられて安心しました。外に出してからはいい脚を使ってくれましたね。こういう競馬もできることがわかって、収穫が多かったです。距離が延びても大丈夫です」
6:
  福招き猫(=゚ω゚=)   フォロワー:3人 2009年3月16日(月) 09:58:02
【萌黄賞】(小倉)〜ジョーカプチーノが逃げ切り勝ち
レース後のコメント
1着 ジョーカプチーノ 藤岡康太騎手
「溜めても仕方ないので、馬の気に任せて行かせました。道悪でもノメることなく走って、各コーナーで後続と差をつけるように乗りました。折り合いさえつけば距離は延びても問題ないんじゃないですかね」
5:
  福招き猫(=゚ω゚=)   フォロワー:3人 2009年3月16日(月) 09:56:37
【クロッカスS】(東京)
レース後のコメント
7着 ジョーカプチーノ 中舘騎手
「控える競馬は予定どおり。それよりも、馬場がこたえたね」

⇒もっと見る

ジョーカプチーノの写真

投稿写真はありません。

ジョーカプチーノの厩舎情報 VIP

2012年5月12日京王杯スプリングC G211着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

ジョーカプチーノの取材メモ VIP

2012年5月12日 京王杯スプリングC G2 11着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。