会員登録はこちら
小倉2歳ステークス G3   2017年9月3日() 15:35 小倉/芝1200m

小倉2歳ステークスのニュース&コラム

【2歳次走報】リュウノユキナ、カンナSへ
 ★札幌2歳S2着ファストアプローチ(美・藤沢和、牡)はアイビーS(10月21日、東京、OP、芝1800メートル)か東京スポーツ杯2歳S(11月18日、東京、GIII、芝1800メートル)へ。8着ロードトレジャー(美・小島茂、牡)、13着ロジャージーニアス(美・武井、牡)はダート路線も視野に。ロジャーは折り合い面で難が出たため、距離短縮で芝の自己条件も。 ★小倉2歳Sを制したアサクサゲンキ(栗・音無、牡)は京王杯2歳S(11月4日、東京、GII、芝1400メートル)から朝日杯フューチュリティS(12月17日、阪神、GI、芝1600メートル)を目指す。 ★小倉2歳S3着バーニングペスカ(栗・松永昌、牡)、5着イイコトズクシ(栗・音無、牡)、函館2歳S7着リンガラポップス(栗・西園、牡)、2日札幌の新馬戦(芝1500メートル)を圧勝したスズカフェラリー(栗・橋田、牝)は、ききょうS(23日、阪神、OP、芝1400メートル)へ。 ★すずらん賞を快勝したリュウノユキナ(北海道・桑原義、牡)は引き続き五十嵐冬騎手でカンナS(30日、中山、OP、芝1200メートル)へ。 ★3日新潟の未勝利戦(芝1600メートル)を快勝したカーボナード(美・栗田徹、牡)はサウジアラビアロイヤルC(10月7日、東京、GIII、芝1600メートル)が視野に。 ★7月15日中京の新馬戦(芝1600メートル)を勝ったスワーヴポルトス(栗・庄野、牡)は野路菊S(16日、阪神、OP、芝1800メートル)に出走する。 ★3日札幌の未勝利戦(芝1500メートル)を勝ったドラゴンハート(美・小西、牡)は東京戦(10月7日〜)を目指す。
2017年9月6日(水) 05:00

 352

【小倉2歳S】ゲンキV!武は今季小倉重賞2勝目
 第37回小倉2歳ステークス(3日、小倉11R、GIII、2歳オープン国際(特指)、馬齢、芝1200メートル、1着本賞金3100万円 =出走18頭)武豊騎乗で3番人気の米国産馬アサクサゲンキが、好位追走から抜け出して1馬身1/4差の完勝。デビュー4戦目で重賞初勝利を飾った。タイム1分9秒1(良)。2着は5番人気のアイアンクローで、1番人気モズスーパーフレアは最後の伸びを欠いて7着。藤田菜七子騎乗で注目されたフローラルシトラスは、果敢に逃げたものの最下位18着に終わった。 レースを経験しながらパフォーマンスを上げてきたタフな若駒が、初タイトルを奪取した。アサクサゲンキが西日の照りつけるターフで堂々の押し切り勝ち。エスコートした武豊騎手が、まぶしい笑顔を見せた。 「スタートが良く、道中もいい感じでした。競馬では初めて乗りましたが、一戦ごとに良くなっているみたいですね。まだヤンチャなところがあるぶん、伸びしろはあると思います」 発馬を決めて楽に3番手の好位置を確保。周囲の様子を確認しながら手応え十分に追走した。直線手前で早くも先頭に躍り出る勢い。1番人気の僚馬モズスーパーフレアを直線半ばでかわすとそのまま悠々とゴールを駆け抜けた。鞍上は48歳の夏も小倉で重賞2勝。こちらも“ゲンキ”だ。 今回が早くも4走目。2歳馬には常識的に厳しいローテだったが、見事に克服した。音無調教師も「スタミナがあるよ」と舌を巻くタフネスぶりだ。これでトレーナーは小倉大賞典、小倉記念、北九州記念に続き、小倉の平地重賞完全制覇を達成。服部正利、吉永猛、橋口弘次郎元調教師に続く、史上4人目の快挙となった。 「オーナーと相談してこの後は1400メートルに」と音無師。短期放牧を挟んで京王杯2歳S(11月4日、東京、GII、芝1400メートル)から朝日杯FS(12月17日、阪神、GI、芝1600メートル)という2歳馬のチャンピオンロードを歩む予定だ。 夏の小倉2歳チャンプの座を射止めたタフさを武器に、秋はさらに大きな勲章を目指す。 (宇恵英志)★3日小倉11R「小倉2歳S」の着順&払戻金はこちら★サンスポe−shopで黒色木製枠付き写真パネルを発売します!アサクサゲンキ 父ストーミーアトランティック、母アメリア、母の父ディキシーランドバンド。鹿毛の牡2歳。栗東・音無秀孝厩舎所属。米国産馬。馬主は田原慶子氏。戦績4戦2勝。獲得賞金3973万7000円。重賞初勝利。小倉2歳Sは、音無秀孝調教師は初勝利。武豊騎手は2005年アルーリングボイスに次いで2勝目。馬名は「冠名+元気」。
2017年9月4日(月) 05:07

 513

【小倉2歳S】フローラル果敢に逃げるも…菜七子18着
 第37回小倉2歳ステークス(3日、小倉11R、GIII、2歳オープン国際(特指)、馬齢、芝1200メートル、1着本賞金3100万円 =出走18頭)藤田菜七子騎乗で注目を集めたフローラルシトラスは、自慢のダッシュを生かして果敢に先行。4角手前まで先頭を死守したが、直線入り口で他馬に並びかけられると抵抗できず失速した。18着の敗因について菜七子は「このメンバーでもテンに行けるスピードは見せてくれましたが、荒れた力の必要な馬場は合いませんでした。パワータイプではないので、きれいな芝だったら…」と無念の表情で振り返った。★3日小倉11R「小倉2歳S」の着順&払戻金はこちら
2017年9月4日(月) 05:06

 443

【小倉2歳S】アイアンクロー2着に浜中「残念」
 第37回小倉2歳ステークス(3日、小倉11R、GIII、2歳オープン国際(特指)、馬齢、芝1200メートル、1着本賞金3100万円 =出走18頭)5番人気のアイアンクローが2着。中団を追走し、4コーナー過ぎで追い出されるとじわじわと脚を伸ばしたが、勝ち馬をかわすまでには至らなかった。浜中騎手は「枠順も良かったですし、勝ち馬を見ながらスムーズに行けましたが…。残念です」と唇をかんだ。★3日小倉11R「小倉2歳S」の着順&払戻金はこちら
2017年9月4日(月) 05:06

 302

小倉2歳ステークスのニュースをもっと見る >

【小倉2歳S】厩舎の話
 アイアンクロー・斉藤崇調教師「前走はスタートが悪く直線もゴチャついた。ゲート五分なら」 アサクサゲンキ・音無調教師「まだ幼い面はあるが、前走の時計は速かった。能力は高い」 イイコトズクシ・音無調教師「前走はもまれ弱さが出て力を出し切っていない。外枠を引けば」 ヴァイザー・高橋亮調教師「小倉への輸送は1回と決め、ここへ照準。距離にも対応できる」 オーロスターキス・南井調教師「前走の勝ち時計が遅かったが、まだ詰められるはず」 シトリカ・牧浦調教師「小柄なので調教は上がり重点。体はできているし、落ち着きがあれば」 ジュンドリーム・西村調教師「今回は栗東でしっかりやった。馬は良くなっている」 スーサンドン・岩元調教師「気合が乗ってきた。控えても競馬はできるし、時計も詰まる」 タイセイソニック・三藤助手「疲れどころか調子を上げている。前に馬を置いたレースが理想」 テイエムスグレモン・山内調教師「のどは大丈夫だし、調子もいい。この条件は合っている」 ナムラアッパレ・目野調教師「前走の勝ちっぷりが良かった。6Fが合っているようだ」 ナムラバンザイ・目野調教師「元気。他馬を気にするので、もまれず行ったほうがよさそう」 ニシノダンテ・田所調教師「しまい重点で動きは良かった。中1週になるが、力を出せる仕上がりにあると思う」 バーニングペスカ・松永昌調教師「前走は逃げて勝ったが、行った切りの馬ではない」 フローラルシトラス・武井調教師「体が減るので早めに小倉入り。スタートが抜群で、平坦の小回りは合っている」 ペイシャルアス・坂口調教師「連闘だが、調子は良さそうなので問題はないだろう」 モズスーパーフレア・松若騎手「キャリア1戦なのでもまれるとどうかだが、前走のレースぶりからも根性はある」 ルリハリ・萱野調教師「競馬に行くと素直。距離も長くなるよりいい。あとは輸送がどうか」★小倉2歳ステークスの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2017年8月31日(木) 11:27

 833

【小倉2歳S】歴史的重賞Vへ!フローラル、菜七子と咲く
 小倉2歳Sの追い切りが30日、小倉競馬場、栗東、美浦トレセンで行われた。藤田菜七子騎手(20)=美・根本=とのコンビで注目が集まっているフローラルシトラスは、小倉芝コースでシャープな伸びを披露した。栗東では坂路で好タイムをマークしたモズスーパーフレアが、サンケイスポーツ調教評価で最高の『S』となった。 藤田菜七子騎手の重賞初Vへ向け、南の地で態勢を整えた。秋の近づきを感じさせる心地よい風が吹くなか、フローラルシトラスが小倉競馬場のターフを軽やかに駆け抜けた。 「動きは素軽かったですし、相変わらずの感じですね。こちらにきてからも順調です」 武井調教師が確かな口調で言い切った。芝コースで単走追い。ラストを強調する形の調整だ。序盤をゆっくりと運び、少しずつペースアップしながら4ハロン52秒5−11秒4。直線は外ラチ沿いを一直線に走り抜けた。 美浦トレセンからの長距離輸送による疲れ、馬体減などを考慮し、26日に小倉競馬場に到着。扇風機、小型のクーラーを持ち込むなど、暑さ対策にも抜かりはなく「体調は維持していますね」と武井調教師は胸を張る。 デビュー2戦目だった前走の“千直”で初勝利。発馬センスのよさとダッシュ力で他馬を圧倒した。トレーナーも「前回が強い勝ち方。スタートは抜群に速いですね。完成度が高い感じで、2歳戦向きの馬だと思います」と自信を持つ。 デビュー2年目の夏を迎えた菜七子は、今回が4度目のJRA重賞挑戦。舞台の小倉芝1200メートルは、今年2月25日にリルティングインクで白星を挙げた実績を持つ。この日は園田で6鞍に騎乗し、6Rの5着が最高だったものの、27日の新潟で今年のJRA9勝目をマークし、29日には大井での初勝利を挙げるなど、ここにきてのリズムがよく気合は十分だ。 「重賞で引き続き乗せていただくことはうれしいですね。(持ち味は)スタートが速くて、二の脚も速いところ。冬の小倉の芝で勝たせてもらいましたからね。当日の馬場状態をみながら乗りたいです」 勝てばJRA女性ジョッキーとして初のJRA重賞制覇。人馬ともに最高の夏に…。フローラルシトラス&菜七子が、夏の小倉のフィナーレを飾る。 (宇恵英志)★小倉2歳ステークスの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2017年8月31日(木) 05:09

 710

【小倉2歳S】モズスーパーフレア、軽快51秒6
 19日小倉の新馬戦(芝1200メートル)を好タイムで勝ったモズスーパーフレアは、坂路を軽やかに駆け上がり、4ハロン51秒6−12秒9(馬なり)。僚馬で、同じく小倉2歳Sに出走するアサクサゲンキと併入も手応えでは上回り、サンケイスポーツ調教評価は最上級の『S』だ。 松若騎手は「無理をさせたくなかったですし、最後まで余裕がありました。初戦ぐらいのいい仕上がりですね。(初戦は)時計ももうちょっと詰まりそうな感じがあった」と納得の表情。音無調教師も「ほぼ(手綱を)持ったままだったからね。カイ食いはいいし、状態はいいよ。前走は普通の馬ならかわされて終わるところを根性を見せたから」と自信の口ぶりだった。★小倉2歳ステークスの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2017年8月31日(木) 05:08

 345

【小倉2歳S】ヴァイザー、1馬身半先着
 6月4日阪神の新馬戦(芝1400メートル)を勝って以来、約3カ月ぶりのヴァイザーは、CWコースで馬なりながら力強い走りをみせた。クロースフレンド(500万下)と併せて、4ハロン53秒2−12秒1で1馬身半差先着。高橋亮調教師は「輸送もあるし、予定通りの調整。ガラッと変わった感じはないが、1回使って馬がしっかりしてきた。小柄な馬で、牧場でも順調だし、やり出したら(仕上がりは)早い」と笑顔。新種牡馬のノヴェリスト産駒が、重賞初Vの手応えをつかんでいる。★小倉2歳ステークスの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2017年8月31日(木) 05:08

 281

小倉2歳ステークスの直前追い切り情報をもっと見る >

小倉2歳ステークスの無料予想&プロ予想【的中情報】

最強の予想家決定戦「予想コロシアム」から厳選した予想家の無料予想を続々と公開!
レース発走前に無料予想をご覧になるには 会員登録(登録無料)が必要です。

今すぐ会員登録(無料)する!

9月3日 15:33更新
予想家名
予想家レベル・クラス
配当 払戻 予想
Lv122 
390円 3,900円
Lv113 
700円 14,000円
Lv106 
260円 520円
Lv105 
1,050円 34,650円
Lv105 
66,780円 66,780円

的中情報をもっと見る >

小倉2歳ステークス過去10年の結果

2016年9月4日() 小倉競馬場/芝1200m 天候: 馬場:
2015年9月6日() 小倉競馬場/芝1200m 天候: 馬場:稍重
1着 シュウジ 岩田康誠 1:08.9 1.5倍 91.9
2着 サイモンゼーレ 幸英明 2 1/2 27.4倍 87.8
3着 レッドラウダ 松若風馬 クビ 25.2倍 87.8
2014年9月7日() 小倉競馬場/芝1200m 天候: 馬場:
1着 オーミアリス 国分優作 1:08.4 120.2倍⑮ 92.0
2着 レオパルディナ 武豊 ハナ 3.3倍 92.0
3着 スノーエンジェル 松山弘平 3/4 4.3倍 91.0

過去10年の結果をもっと見る >

※右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各年度のレースレベルを簡単に比較することが出来ます。

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

U指数コラムを見る

小倉2歳ステークスの歴史と概要

小倉2歳ステークスは小倉競馬場の芝1100m、3歳(現2歳)による一般競走「小倉3歳特別」として1961年に施行されたのが始まり。

小倉2歳ステークスは1981年に重賞競走「小倉3歳ステークス」に昇格し、1984年にはグレード制施行によりGIIIに格付けされた。出走資格については、1995年から混合競走に指定され外国産馬が出走可能になり、翌1996年から中央競馬特別指定交流競走となり、地方馬は「フェニックス賞の2着以内馬」に限り、出走可能となっている。2010年には国際競走並びにサマージョッキーシリーズの指定を受けた。創設当初のまま夏の小倉開催の2歳(旧3歳)チャンピオン決定戦の位置付けとして行われ、多くのファンから親しまれている。

過去の優勝馬にはメイプルロードメイショウボーラー、コスモヴァレンチ、アルーリングボイスアストンマーチャンマルブツイースターデグラーティアジュエルオブナイル、ブラウンワイルド、エピセアロームマイネルエテルネルホウライアキコなどが名を連ねる(GIII格付け以後を対象)。

小倉2歳ステークスの過去の成績はコチラ

執筆者:ウマニティ競馬研究所(略してウマケン)

まだウマニティ会員ではない方へ

会員登録するだけで、予想的中に役立つさまざまなサービスを無料で利用できます。

収支100万円超えの猛者がズラリ

全国トップ予想家たちの予想閲覧

予想に必携の高精度スピード指数

「U指数」を重賞で全頭公開

勝率40%超えを誇る堅軸候補

「凄馬」をメールでお知らせ

TVでも紹介!設定は10万通り以上

あなただけの予想ロボが作れる

この他にも20以上のサービスを無料で提供!

会員登録(無料)する

会員登録(無料)でできること

今週の重賞レース

2017年12月23日(
阪神カップ G2
2017年12月24日(
有馬記念 G1

競馬番組表

2017年12月23日(
5回中山7日目
5回阪神7日目
2017年12月24日(
5回中山8日目
5回阪神8日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 キタサンブラック 牡5
157,348万円
2 サトノダイヤモンド 牡4
78,119万円
3 ゴールドアクター 牡6
74,324万円
4 シュヴァルグラン 牡5
73,372万円
5 イスラボニータ 牡6
68,375万円
6 ミッキークイーン 牝5
51,131万円
7 サトノクラウン 牡5
48,604万円
8 スマートレイアー 牝7
47,984万円
9 レッドファルクス 牡6
45,915万円
10 サウンズオブアース 牡6
45,645万円
» もっと見る

3歳
1 レイデオロ 牡3
49,882万円
2 ソウルスターリング 牝3
27,718万円
3 モズカッチャン 牝3
23,440万円
4 ペルシアンナイト 牡3
23,051万円
5 レーヌミノル 牝3
23,009万円
6 アルアイン 牡3
22,505万円
7 キセキ 牡3
21,316万円
8 スワーヴリチャード 牡3
20,545万円
9 ディアドラ 牝3
20,361万円
10 アエロリット 牝3
18,391万円
» もっと見る