会員登録はこちら
小倉2歳ステークス2017

2017年9月3日(

小倉2歳ステークス G3

小倉競馬場/芝/1200m

最新出走予定馬情報 〜小倉2歳ステークス2017〜

  • ニュース
  • 直前追い切り情報
  • 口コミ情報
【2歳次走報】リュウノユキナ、カンナSへ
 ★札幌2歳S2着ファストアプローチ(美・藤沢和、牡)はアイビーS(10月21日、東京、OP、芝1800メートル)か東京スポーツ杯2歳S(11月18日、東京、GIII、芝1800メートル)へ。8着ロードトレジャー(美・小島茂、牡)、13着ロジャージーニアス(美・武井、牡)はダート路線も視野に。ロジャーは折り合い面で難が出たため、距離短縮で芝の自己条件も。 ★小倉2歳Sを制したアサクサゲンキ(栗・音無、牡)は京王杯2歳S(11月4日、東京、GII、芝1400メートル)から朝日杯フューチュリティS(12月17日、阪神、GI、芝1600メートル)を目指す。 ★小倉2歳S3着バーニングペスカ(栗・松永昌、牡)、5着イイコトズクシ(栗・音無、牡)、函館2歳S7着リンガラポップス(栗・西園、牡)、2日札幌の新馬戦(芝1500メートル)を圧勝したスズカフェラリー(栗・橋田、牝)は、ききょうS(23日、阪神、OP、芝1400メートル)へ。 ★すずらん賞を快勝したリュウノユキナ(北海道・桑原義、牡)は引き続き五十嵐冬騎手でカンナS(30日、中山、OP、芝1200メートル)へ。 ★3日新潟の未勝利戦(芝1600メートル)を快勝したカーボナード(美・栗田徹、牡)はサウジアラビアロイヤルC(10月7日、東京、GIII、芝1600メートル)が視野に。 ★7月15日中京の新馬戦(芝1600メートル)を勝ったスワーヴポルトス(栗・庄野、牡)は野路菊S(16日、阪神、OP、芝1800メートル)に出走する。 ★3日札幌の未勝利戦(芝1500メートル)を勝ったドラゴンハート(美・小西、牡)は東京戦(10月7日〜)を目指す。
2017年9月6日(水) 05:00

 304

【小倉2歳S】ゲンキV!武は今季小倉重賞2勝目
 第37回小倉2歳ステークス(3日、小倉11R、GIII、2歳オープン国際(特指)、馬齢、芝1200メートル、1着本賞金3100万円 =出走18頭)武豊騎乗で3番人気の米国産馬アサクサゲンキが、好位追走から抜け出して1馬身1/4差の完勝。デビュー4戦目で重賞初勝利を飾った。タイム1分9秒1(良)。2着は5番人気のアイアンクローで、1番人気モズスーパーフレアは最後の伸びを欠いて7着。藤田菜七子騎乗で注目されたフローラルシトラスは、果敢に逃げたものの最下位18着に終わった。 レースを経験しながらパフォーマンスを上げてきたタフな若駒が、初タイトルを奪取した。アサクサゲンキが西日の照りつけるターフで堂々の押し切り勝ち。エスコートした武豊騎手が、まぶしい笑顔を見せた。 「スタートが良く、道中もいい感じでした。競馬では初めて乗りましたが、一戦ごとに良くなっているみたいですね。まだヤンチャなところがあるぶん、伸びしろはあると思います」 発馬を決めて楽に3番手の好位置を確保。周囲の様子を確認しながら手応え十分に追走した。直線手前で早くも先頭に躍り出る勢い。1番人気の僚馬モズスーパーフレアを直線半ばでかわすとそのまま悠々とゴールを駆け抜けた。鞍上は48歳の夏も小倉で重賞2勝。こちらも“ゲンキ”だ。 今回が早くも4走目。2歳馬には常識的に厳しいローテだったが、見事に克服した。音無調教師も「スタミナがあるよ」と舌を巻くタフネスぶりだ。これでトレーナーは小倉大賞典、小倉記念、北九州記念に続き、小倉の平地重賞完全制覇を達成。服部正利、吉永猛、橋口弘次郎元調教師に続く、史上4人目の快挙となった。 「オーナーと相談してこの後は1400メートルに」と音無師。短期放牧を挟んで京王杯2歳S(11月4日、東京、GII、芝1400メートル)から朝日杯FS(12月17日、阪神、GI、芝1600メートル)という2歳馬のチャンピオンロードを歩む予定だ。 夏の小倉2歳チャンプの座を射止めたタフさを武器に、秋はさらに大きな勲章を目指す。 (宇恵英志)★3日小倉11R「小倉2歳S」の着順&払戻金はこちら★サンスポe−shopで黒色木製枠付き写真パネルを発売します!アサクサゲンキ 父ストーミーアトランティック、母アメリア、母の父ディキシーランドバンド。鹿毛の牡2歳。栗東・音無秀孝厩舎所属。米国産馬。馬主は田原慶子氏。戦績4戦2勝。獲得賞金3973万7000円。重賞初勝利。小倉2歳Sは、音無秀孝調教師は初勝利。武豊騎手は2005年アルーリングボイスに次いで2勝目。馬名は「冠名+元気」。
2017年9月4日(月) 05:07

 456

【小倉2歳S】フローラル果敢に逃げるも…菜七子18着
 第37回小倉2歳ステークス(3日、小倉11R、GIII、2歳オープン国際(特指)、馬齢、芝1200メートル、1着本賞金3100万円 =出走18頭)藤田菜七子騎乗で注目を集めたフローラルシトラスは、自慢のダッシュを生かして果敢に先行。4角手前まで先頭を死守したが、直線入り口で他馬に並びかけられると抵抗できず失速した。18着の敗因について菜七子は「このメンバーでもテンに行けるスピードは見せてくれましたが、荒れた力の必要な馬場は合いませんでした。パワータイプではないので、きれいな芝だったら…」と無念の表情で振り返った。★3日小倉11R「小倉2歳S」の着順&払戻金はこちら
2017年9月4日(月) 05:06

 412

【小倉2歳S】アイアンクロー2着に浜中「残念」
 第37回小倉2歳ステークス(3日、小倉11R、GIII、2歳オープン国際(特指)、馬齢、芝1200メートル、1着本賞金3100万円 =出走18頭)5番人気のアイアンクローが2着。中団を追走し、4コーナー過ぎで追い出されるとじわじわと脚を伸ばしたが、勝ち馬をかわすまでには至らなかった。浜中騎手は「枠順も良かったですし、勝ち馬を見ながらスムーズに行けましたが…。残念です」と唇をかんだ。★3日小倉11R「小倉2歳S」の着順&払戻金はこちら
2017年9月4日(月) 05:06

 281

【キーンランド】レース展望
 札幌では日曜メインにサマースプリントシリーズ(全6戦)の第5戦となるキーンランドC(27日、GIII、芝1200メートル)が行われる。今年はフルゲート16頭のところ登録は14頭にとどまったが、夏場に使われてきた馬、秋に向けて始動する実績馬など、多士済々な面々がそろった。 近走の内容から絶対的な存在がおらず混戦模様を呈しているが、総合力ではソルヴェイグ(栗東・鮫島一歩厩舎、牝4歳)が上位。昨年の函館スプリントSをコースレコードで快勝すると、キーンランドCは立ち遅れて位置取りを悪くしながら4着に善戦した。続くスプリンターズSはタイム差なしの3着。前走のヴィクトリアマイルも逃げて見せ場十分の5着(0秒3差)と、GIでも上位のスピードを示している。中間の放牧で馬体はさらに成長し、1週前も函館Wコースで一杯に追われて5ハロン67秒5−12秒7と上々の動き。得意の洋芝で、久々の重賞Vのチャンスだ。 マイル路線からスプリントへ矛先を向けてきたのがモンドキャンノ(栗東・安田隆行厩舎、牡3歳)。昨年は京王杯2歳Sを制し、続く朝日杯フューチュリティSでも2着と世代上位の力を見せた。戴冠を狙った前走のNHKマイルCは好位から一杯となり9着。安田翔伍技術調教師によると「朝日杯はスローのヨーイドンでメリハリのある競馬が良かったけど、前走のように速いペースが続く流れでは集中力が続かない。1200メートルなら集中力が増す」そうで、距離短縮で真価発揮を期す。札幌へ入厩後も順調に調整。函館2歳Sで2着に好走したように洋芝への適性も高く、2つ目のタイトル奪取は十分にある。 ブランボヌール(栗東・中竹和也厩舎、牝4歳)は昨年の覇者。その後はスプリンターズS11着、シルクロードS13着、函館スプリントS9着と惨敗続きだが、今回は叩いての上積みが見込める。函館&札幌の洋芝では【3・0・0・1】と相性抜群。函館に入厩後はカイバ食いが良く、落ち着きも目立ち、巻き返しがあっても不思議はない。 舞台適性ではイッテツ(美浦・斎藤誠厩舎、牡5歳)も引けを取らない。昨秋のオープン昇級後は距離を延ばしたり、ダート戦に挑んだりと活躍の場を探っていたが、2走前の函館スプリントSで5着に善戦すると、続くUHB賞でオープン初勝利をマーク。札幌では【3・1・2・0】と全て馬券圏内で、7〜9月も【4・1・2・0】と同様に抜群の安定感がある。勢いに乗って、重賞初制覇を狙う構えだ。 シュウジ(栗東・須貝尚介厩舎、牡4歳)は小倉2歳S、阪神Cと重賞を2勝。今年に入って8、15、10着と不振にあえいでいるが、前走の函館スプリントSは逃げて前半3ハロン32秒2のハイペースでは大敗も仕方ない。昨年の函館スプリントS、キーンランドCでともに2着と、洋芝適性は確かだ。ワールドオールスタージョッキーズ(WASJ)出場のため、昨年に続き騎乗がかなったモレイラ騎手は、前週の土日で7勝、2着4回と大暴れ。58キロは楽ではないが、名手の手綱で復活が期待される。 ヒルノデイバロー(栗東・昆貢厩舎、牡6歳)は今年のGII、GIIIで4、2、4着と安定した走りが光る。前走のUHB賞でもイッテツからクビ差の2着に好走し、当舞台への適性を示した。今年8戦目で状態の維持が鍵となるが、力を発揮できれば上位が望めそうだ。 9歳を迎えたエポワス(美浦・藤沢和雄厩舎、セン)だが、3走前に大阪−ハンブルクCを勝つと、続く函館スプリントSでも3着と健在ぶりをアピールした。前走のUHB賞は7着に敗れたが、3〜4コーナーで内から他馬にぶつけられてリズムを崩したことが影響。得意の札幌コースで巻き返しを狙う。 ナックビーナス(美浦・杉浦宏昭厩舎、牝4歳)はオープン特別3勝馬で、2走前は夕刊フジ賞オーシャンSで2着に好走と着実に力をつけてきた。昨年のキーンランドCでは0秒3差の5着に善戦し、その後良馬場では1、2、1、2着と連対を外していない。成長した今、馬場が良ければ重賞取りも可能な雰囲気だ。 ノボバカラ(美浦・天間昭一厩舎、牡5歳)はダートで重賞3勝の実績馬。初芝の前走・函館スプリントSは7着に敗れたが、上がり3ハロンはメンバー最速の33秒5をマークした。芝2戦目で慣れが見込めるだけに侮れない。 昨年の京阪杯を制したネロ(栗東・森秀行厩舎、牡6歳)は、近2走が2桁着順と今ひとつだが、時計がかかった方がいいタイプだけに、初めての洋芝が向く可能性もある。WASJで参戦する中野省吾騎手(船橋)とのコンビが起爆剤となれば面白い。 その他、前走のバーデンバーデンC勝ちで好位からの競馬を身につけたフミノムーン(栗東・西浦勝一厩舎、牡5歳)、全2勝が1200メートルで、ニュージーランドT2着の実績も光るメイソンジュニア(栗東・渡辺薫彦厩舎、牡3歳)なども上位をうかがう。混戦を断ち切るのは果たしてどの馬か−。★キーンランドCの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2017年8月21日(月) 18:57

 3,116

【新潟記念&小倉2歳S】東西調教ウオッチャー
 今週の東西調教ウオッチャーは新潟記念と小倉2歳Sが対象レース。美浦トレセンから東京サンスポの片岡記者、栗東トレセンから大阪サンスポの山口、佐藤将記者、小倉競馬場から宇恵記者が参戦し、好調教馬をピックアップした。 宇恵 まずは新潟記念から。将美さん、どうッスか? 佐藤将 ロイカバードの動きが良かったデ。ひと叩きされて活気が出てきて、軽快に坂路を登坂。4ハロン54秒1と時計は目立たんけど、1週前に速い時計を出しとるし、十分に合格点。格上挑戦でも不気味や。あと一発ならスピリッツミノル。暑い時期での連戦になるけど、まだまだ元気いっぱいや。 片岡 美浦ではWコースの併せ馬でロッカフラベイビーが弾むような動き。軽ハンデ52キロも魅力やね。3歳馬のウインガナドルとマイネルスフェーンは、ともに時計以上に動きと気配が良かったわ。 山口 では小倉2歳Sも。栗東では『S』評価をゲットしたモズスーパーフレアが、新馬戦当時に続き今回も絶好の動きでした。坂路で僚馬アサクサゲンキと併入でしたが、手応えはこちらが断然上。水曜の坂路は時計がかかっていて、馬なりで4ハロン51秒6なら上々です。 宇恵 小倉滞在馬ではタイセイソニックの気配の良さが目立った。ほぼ馬なりの調整でも、体はきっちりとできているので問題なし。すでに5戦を消化しているけど、走りからは疲労は全く感じない。 山口 栗東ではヴァイザーも年長馬相手にCWコースで1馬身半先着して、力強い動き。久々でも小柄なのでいきなり能力は発揮できそうです。★新潟記念の出馬表はこちら 調教タイムも掲載★小倉2歳Sの出馬表はこちら 調教タイムも掲載
2017年9月1日(金) 05:07

 2,268

【キーンランド】シュウジ折り合いOK
 スランプ脱出へ、快速シュウジがモデルチェンジを狙った追い切りに臨んだ。 小林騎手(レースはモレイラ騎手)を背に、札幌芝コースでクリノクーニング、アドマイヤメテオと併せた。スタート直後はやや力みが見られたが、2頭を前に置きジッと折り合いに専念。直線で外に持ち出すとため込んだパワーを爆発させて、一気に2馬身突き抜けた。 「朝一番で他の馬も多くてイライラしていたから掛かるかと思ったが、しっかり折り合えた。GOサインを出してからの反応はさすが」と、鞍上は好感触。 ここ2戦はハイペースで先行して自滅したが、「我慢の利いた競馬をさせたくて、こういう追い切りにした。じっくりと待って追い出してからの動きが良かったね」と、須貝調教師はプランどおりの走りにご満悦だ。昨年のキーンランドCと函館SSで2着と舞台は十二分。あとは“マジックマン”モレイラの手綱に小倉2歳S、阪神Cに続く重賞3勝目を託す。(夕刊フジ)★キーンランドカップの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2017年8月24日(木) 10:45

 1,716

【札幌2歳S】レース展望
 夏の札幌開催もついに最終週。土曜メインには第52回札幌2歳ステークス(9月2日、GIII、芝1800メートル)が行われる。過去の優勝馬から、2000年ジャングルポケット(ダービー、ジャパンC)、05年アドマイヤムーン(ドバイデューティフリー、宝塚記念、ジャパンC)、08年ロジユニヴァース(ダービー)、13年レッドリヴェール(阪神JF)と、のちのGIウイナーが出ており、来春のクラシックを占ううえでも注目の一戦となる。 中でも素質あふれる一頭がクリノクーニング(栗東・須貝尚介厩舎、牡)だ。函館芝1800メートルのデビュー戦を2歳コースレコードで快勝。1週前の24日には、札幌芝コース(5ハロン62秒8−11秒4)で古馬に食らいつく動きを見せた。須貝尚介調教師も「気の入りもいいし、力をつけている。新馬らしからぬ勝ち方をしてくれたし、楽しみだね」と期待の面持ち。同厩舎からは、過去に11年2着ゴールドシップ、13年1着レッドリヴェール、15年1着アドマイヤエイカン、16年3着アドマイヤウイナーと、出走馬がいた年は必ず複勝圏に入っている。新種牡馬オルフェーヴル産駒による重賞初制覇への期待も高まる。手綱を取る北村友一騎手は日曜の小倉2歳Sでも有力馬の一頭であるヴァイザーに騎乗。土日2歳ステークス制覇もありそうだ。 カレンシリエージョ(栗東・鈴木孝志厩舎、牝)は、新馬戦でクリノクーニングに0秒2差2着に敗れたが、続く未勝利戦で8馬身差Vとド派手なパフォーマンスを見せた。今年のヴィクトリアマイルを制したアドマイヤリードの半妹で、久保田章吾調教助手も「新馬のときから期待していた馬。操縦性が高く、今の段階で注文をつけるところはない」と素質を高く評価する。新馬戦でのリベンジを果たすか注目だ。 クリノクーニングと同じオルフェーヴル産駒のロックディスタウン(美浦・二ノ宮敬宇厩舎、牝)も、新馬勝ちの走りが圧巻だった。新潟芝1800メートル戦で唯一の牝馬だったが、メンバー最速の上がり3ハロン32秒5をマーク。瞬発力比べを制した。デビュー3連勝でクイーンCを勝ったキャットコインを半姉に持つ血統馬。初めての洋芝、4つのコーナーがある小回りコースなど、課題はあるが、全てを克服して勝ち切るポテンシャルを感じさせる。 実績という点でリードしているのが、ホッカイドウ競馬所属のダブルシャープ(米川昇厩舎、牡)だ。前走のクローバー賞では、直線で一旦は2着タワーオブロンドンに前に出られたが、差し返す勝負根性を見せた。22歳の若手、石川倭(やまと)騎手の気迫あふれる手腕にも注目したい。同所属のミスマンマミーア(松本隆宏厩舎、牝)は、前走のコスモス賞で上がり最速の末脚を繰り出し、クビ差の2着に好走。タニノギムレット×サンデーサイレンスという芝向きの配合で、決め手には目を見張るものがある。今回と同じ舞台を経験しているのは大きな強みだ。 先週のキーンランドCをエポワスで制し、歴代単独2位となるJRA通算1359勝を挙げた美浦・藤沢和雄厩舎からは、ファストアプローチ(牡)が参戦する。東京芝1400メートルの新馬戦こそ4着に敗れたが、続く札幌芝1500メートルの未勝利を5馬身差V。洋芝に替わって一変の走りを披露した。今回は距離延長となるが、1週前追い切りに騎乗した初コンビの蛯名正義騎手は「いい動きをしていました。ガンガンいく感じでもないし、距離は大丈夫だと思う」と好感触をつかんでいる。2週連続の重賞制覇を厩舎にもたらすか。 コスモインザハート(栗東・西園正都厩舎、牡)は、6月の阪神芝1600メートルのデビュー戦を快勝。内で脚をためて、直線で狭いスペースを抜け出してきたレースぶりから、小回りコースにも対応できそうだ。 シスターフラッグ(栗東・西村真幸厩舎、牝)は、叔父にゴールドシップがいる血統背景、函館芝1800メートルでデビュー勝ちした内容からも、当舞台への適性を感じさせる。その他、中距離重賞2勝のロードクエストを半兄に持つロードトレジャー(美浦・小島茂之厩舎、牡)、決め手の鋭いロジャージーニアス(美浦・武井亮厩舎、牡)なども注意したい存在だ。★札幌2歳Sの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2017年8月28日(月) 15:28

 1,660

小倉2歳Sのニュースをもっと見る >

小倉2歳Sの直前追い切り情報をもっと見る >

小倉2歳Sの口コミ情報をもっと見る >

●小倉2歳ステークス 関連リンク

  • 出馬表
  • U指数新聞
  • 結果払戻
  • 予想を見る
  • プロ予想MAX
  • 馬券購入

レース結果:「U指数」無料公開(会員限定) 〜小倉2歳ステークス2017〜

第37回 小倉2歳ステークス G3

2017年9月3日()小倉11R 芝1200m 18頭

天候:
馬場:
  • 特別登録
  • 出馬表
  • レース結果



予想U指数
(順位)
馬名 性齢 負担
重量
(kg)
騎手 調教師 所属 馬体重
(kg)
オッズ 人気 タイム 着差
1 8 17 84.5 アサクサゲンキ 牡2 54.0 武豊 音無秀孝 栗東 450(-2) 7.0 3 1.09.1
2 7 14 79.1 アイアンクロー 牡2 54.0 浜中俊 斉藤崇史 栗東 430(+4) 12.6 5 1.09.3 1 1/4
3 5 10 83.4 バーニングペスカ 牡2 54.0 川須栄彦 松永昌博 栗東 446(+2) 20.2 7 1.09.3 クビ
4 5 9 80.3 ヴァイザー 牡2 54.0 北村友一 高橋亮 栗東 432(+12) 5.6 2 1.09.4 クビ
5 1 2 75.9 イイコトズクシ 牡2 54.0 荻野極 音無秀孝 栗東 470(-2) 62.0 12 1.09.4 クビ
6 4 7 85.3 ペイシャルアス 牝2 54.0 川田将雅 坂口正則 栗東 470(-2) 7.4 4 1.09.4 ハナ
7 6 11 84.9 モズスーパーフレア 牝2 54.0 松若風馬 音無秀孝 栗東 472(+2) 2.8 1 1.09.4 ハナ
8 8 16 77.2 スーサンドン 牡2 54.0 和田竜二 岩元市三 栗東 460(-4) 24.0 8 1.09.5 1/2
9 4 8 79.8 タイセイソニック 牡2 54.0 鮫島克駿 西村真幸 栗東 436(+6) 42.6 10 1.09.6 3/4
10 3 5 74.1 オーロスターキス 牝2 54.0 川島信二 南井克巳 栗東 468(0) 95.0 13 1.09.7 クビ
11 7 13 74.5 ルリハリ 牝2 54.0 嘉藤貴行 萱野浩二 美浦 422(+2) 43.0 11 1.09.7 アタマ
12 1 1 74.7 シトリカ 牝2 54.0 小牧太 牧浦充徳 栗東 412(0) 27.9 9 1.09.9 1 1/4
13 6 12 75.0 ナムラアッパレ 牡2 54.0 太宰啓介 目野哲也 栗東 460(+16) 153.0 15 1.09.9 アタマ
14 2 3 72.9 テイエムスグレモン 牡2 54.0 松山弘平 山内研二 栗東 474(+4) 173.0 16 1.10.1 1 1/4
15 7 15 77.8 ナムラバンザイ 牡2 54.0 田中健 目野哲也 栗東 420(+4) 182.8 17 1.10.1 アタマ
16 8 18 76.1 ジュンドリーム 牝2 54.0 幸英明 西村真幸 栗東 464(-2) 109.5 14 1.10.2 3/4
17 3 6 74.9 ニシノダンテ 牡2 54.0 三津谷隼 田所秀孝 栗東 478(-4) 225.5 18 1.10.3 1/2
18 2 4 77.8 フローラルシトラス 牝2 54.0 藤田菜七 武井亮 美浦 406(0) 14.8 6 1.11.2
ラップタイム 11.8-10.2-11.3-11.6-12.0-12.2
前半 11.8-22.0-33.3-44.9-56.9
後半 57.3-47.1-35.8-24.2-12.2

■払戻金

単勝 17 700円 3番人気
複勝 17 260円 4番人気
14 300円 5番人気
10 390円 6番人気
枠連 7-8 1,510円 8番人気
馬連 14-17 3,170円 10番人気
ワイド 14-17 1,050円 9番人気
10-17 1,720円 17番人気
10-14 2,210円 22番人気
馬単 17-14 5,810円 19番人気
3連複 10-14-17 13,240円 39番人気
3連単 17-14-10 66,780円 188番人気
U指数とは?
U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!
U指数の詳しい説明を見る
U指数コラムを見る

展望コラム〜小倉2歳ステークス2017〜

小倉2歳Sのコラムをもっと見る >

過去10年の結果 〜小倉2歳ステークス2017〜

2016年 小倉2歳ステークス 2016年9月4日() 小倉11R 芝1200m 良 15頭

小倉2歳ステークス2016

1着 4 レーヌミノル 3.9倍(1人気) 浜中俊 1:08.0 99.0
2着 2 ダイイチターミナル 32.6倍(10人気) 嘉藤貴行 88.6
3着 3 カシノマスト 8.3倍(4人気) 川須栄彦 1/2 87.5
単勝 4 390円(1人気) 3連複 2−3−4 12,530円(45人気)
馬連 2−4 4,990円(21人気) 3連単 4→2→3 57,690円(205人気)

2015年 小倉2歳ステークス 2015年9月6日() 小倉11R 芝1200m 稍重 14頭

小倉2歳ステークス2015

1着 3 シュウジ 1.5倍(1人気) 岩田康誠 1:08.9 91.9
2着 13 サイモンゼーレ 27.4倍(7人気) 幸英明 2 1/2 87.8
3着 4 レッドラウダ 25.2倍(6人気) 松若風馬 クビ 87.8
単勝 3 150円(1人気) 3連複 3−4−13 5,600円(18人気)
馬連 3−13 1,590円(4人気) 3連単 3→13→4 16,700円(43人気)

2014年 小倉2歳ステークス 2014年9月7日() 小倉11R 芝1200m 良 18頭

小倉2歳ステークス2014

1着 8 オーミアリス 120.2倍(15人気) 国分優作 1:08.4 92.0
2着 16 レオパルディナ 3.3倍(1人気) 武豊 ハナ 92.0
3着 13 スノーエンジェル 4.3倍(2人気) 松山弘平 3/4 91.0
単勝 8 12,020円(15人気) 3連複 8−13−16 38,210円(111人気)
馬連 8−16 21,630円(55人気) 3連単 8→16→13 472,690円(1,046人気)
開催日 場名 頭数 馬場 勝ち馬 オッズ 人気 騎手 勝ちタイム 結果U指数
2013/09/01
小倉2歳ステークス
小倉 15 ホウライアキコ 4.6倍 2 和田竜二 1:08.8 93.6
2012/09/02
小倉2歳ステークス
小倉 17 マイネルエテルネル 3.6倍 2 和田竜二 1:07.9 92.2
2011/09/04
小倉2歳ステークス
小倉 13 稍重 エピセアローム 3.9倍 2 浜中俊 1:08.8 92.5
2010/09/05
小倉2歳ステークス
小倉 17 ブラウンワイルド 3.6倍 1 浜中俊 1:08.7 90.8
2009/09/06
小倉2歳ステークス
小倉 15 ジュエルオブナイル 3.6倍 2 鮫島良太 1:09.0 91.1
2008/09/07
小倉2歳ステークス
小倉 16 デグラーティア 7.5倍 3 浜中俊 1:09.1 90.9
2007/09/02
小倉2歳ステークス
小倉 12 マルブツイースター 7.6倍 5 和田竜二 1:09.3 90.3
会員登録はこちら

●小倉2歳ステークス 関連リンク

  • 出馬表
  • U指数新聞
  • 結果払戻
  • 予想を見る
  • プロ予想MAX
  • 馬券購入

歴史・レース概要 〜小倉2歳ステークス2017〜

小倉2歳ステークスは小倉競馬場の芝1100m、3歳(現2歳)による一般競走「小倉3歳特別」として1961年に施行されたのが始まり。

小倉2歳ステークスは1981年に重賞競走「小倉3歳ステークス」に昇格し、1984年にはグレード制施行によりGIIIに格付けされた。出走資格については、1995年から混合競走に指定され外国産馬が出走可能になり、翌1996年から中央競馬特別指定交流競走となり、地方馬は「フェニックス賞の2着以内馬」に限り、出走可能となっている。2010年には国際競走並びにサマージョッキーシリーズの指定を受けた。創設当初のまま夏の小倉開催の2歳(旧3歳)チャンピオン決定戦の位置付けとして行われ、多くのファンから親しまれている。

過去の優勝馬にはメイプルロードメイショウボーラー、コスモヴァレンチ、アルーリングボイスアストンマーチャンマルブツイースターデグラーティアジュエルオブナイル、ブラウンワイルド、エピセアロームマイネルエテルネルホウライアキコなどが名を連ねる(GIII格付け以後を対象)。

小倉2歳ステークスの過去の成績はコチラ

執筆者:ウマニティ競馬研究所(略してウマケン)

まだウマニティ会員ではない方へ

会員登録するだけで、予想的中に役立つさまざまなサービスを無料で利用できます。

収支100万円超えの猛者がズラリ

全国トップ予想家たちの予想閲覧

予想に必携の高精度スピード指数

「U指数」を重賞で全頭公開

勝率40%超えを誇る堅軸候補

「凄馬」をメールでお知らせ

TVでも紹介!設定は10万通り以上

あなただけの予想ロボが作れる

この他にも20以上のサービスを無料で提供!

会員登録(無料)する

会員登録(無料)でできること
ようこそゲストさん

今すぐ会員登録

※パスワードを忘れた場合

いつものアカウントが使えます!

今週の重賞レース

2017年10月21日(
富士ステークス G3
2017年10月22日(
菊花賞 G1

競馬番組表

2017年10月21日(
3回新潟3日目
4回東京6日目
4回京都6日目
2017年10月22日(
3回新潟4日目
4回東京7日目
4回京都7日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 キタサンブラック 牡5
134,414万円
2 サトノダイヤモンド 牡4
78,119万円
3 ゴールドアクター 牡6
74,324万円
4 イスラボニータ 牡6
65,730万円
5 ロゴタイプ 牡7
58,301万円
6 ミッキークイーン 牝5
48,776万円
7 スマートレイアー 牝7
47,984万円
8 レッドファルクス 牡6
45,915万円
9 サウンズオブアース 牡6
45,645万円
10 サトノアラジン 牡6
45,090万円
» もっと見る

3歳
1 レイデオロ 牡3
37,778万円
2 ソウルスターリング 牝3
27,718万円
3 アルアイン 牡3
22,505万円
4 レーヌミノル 牝3
21,509万円
5 ディアドラ 牝3
20,361万円
6 アエロリット 牝3
18,391万円
7 リスグラシュー 牝3
17,854万円
8 スワーヴリチャード 牡3
14,731万円
9 モズカッチャン 牝3
13,758万円
10 アドミラブル 牡3
12,407万円
» もっと見る