キュイキュイ(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
写真一覧
現役 牝4 栗毛 2014年4月28日生
調教師手塚貴久(美浦)
馬主有限会社 キャロットファーム
生産者ノーザンファーム
生産地安平町
戦績 8戦[1-0-0-7]
総賞金710万円
収得賞金400万円
英字表記Cui Cui
血統 ハービンジャー
血統 ][ 産駒 ]
Dansili
Penang Pearl
スナップショット
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
ルフィーラ
兄弟 ヤングマンパワーリコルディ
前走 2018/02/27 フェブラリースター賞
次走予定

キュイキュイの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
18/02/27 川崎 10 フェブラS賞 ダ1600 14--------13** 牝4 54.0 武藤雅手塚貴久462(--)1.47.2 4.0----ラーゴブルー
17/12/17 中京 7 3歳以上500万下 芝1400 1751042.31010** 牝3 54.0 嶋田純次手塚貴久464(+12)1.21.8 0.434.7⑫⑫キラービューティ
17/07/16 福島 8 3歳以上500万下 芝1200 1571314.278** 牝3 52.0 津村明秀手塚貴久452(+2)1.09.6 0.534.4⑭⑬タケショウベスト
17/04/30 東京 11 スイートピー OP 芝1800 1881652.91418** 牝3 54.0 柴山雄一手塚貴久450(+2)1.49.8 2.436.3ブラックスビーチ
17/04/09 中山 9 デイジー賞 500万下 芝1800 1181115.695** 牝3 54.0 柴山雄一手塚貴久448(+4)1.54.3 0.737.1⑥⑥⑥⑥マナローラ
17/01/08 中山 11 フェアリーS G3 芝1600 164715.7613** 牝3 54.0 津村明秀手塚貴久444(-2)1.35.9 1.236.3⑮⑬⑭ライジングリーズン
16/10/16 東京 1 2歳未勝利 芝1600 148143.111** 牝2 54.0 柴山雄一手塚貴久446(+2)1.36.4 -0.134.9⑨⑦スビールアスール
16/07/10 福島 5 2歳新馬 芝1800 14221.914** 牝2 54.0 戸崎圭太手塚貴久444(--)1.51.9 0.636.6④⑤マイネルザウバア

キュイキュイの関連ニュース

 ◆吉田豊騎手(モリトシラユリ3着) 「初めて乗ったが乗りやすい。マイルは忙しいかと思ったが、うまく外に出せてジワジワ伸びた。距離が延びればもっといい」

 ◆北村宏騎手(ジャストザマリン4着) 「馬が少しパニックになりそうだったが、何とかなだめることができた。スタートして前をカットされたのが痛かった」

 ◆勝浦騎手(アルミューテン5着) 「いい位置で折り合って、しまいも伸びている。次につながるいい競馬ができた」

 ◆蛯名騎手(ヒストリア6着) 「流れに乗って正攻法の競馬。力は出し切っているし、だいぶ体もよくなった」

 ◆丹内騎手(パフォーム7着) 「道中は、すごくいい感じで手応えよく運べた」

 ◆柴田善騎手(アマノガワ9着) 「落ち着いていたし、乗りやすい。勝ち馬と一緒に動きたかったが、(馬の)体が伸びていて、スッと反応できなかった」

 ◆大野騎手(メローブリーズ10着) 「前走のような走りじゃなかった。距離うんぬんではないし、立て直せばいいと思う」

 ◆黛騎手(ブラックオニキス11着) 「最後は前があいていたが、伸び切れなかった」=次走はフラワーC(3月20日、中山、GIII、芝1800メートル)を予定

 ◆戸崎騎手(キャスパリーグ12着) 「大外でも勝ち馬を見ながら走れた。コーナーから(内に)ササり出して伸び切れなかった」

 ◆津村騎手(キュイキュイ13着) 「テンションが高く、ゲート内からソワソワしていた」

 ◆江田照騎手(ツヅク14着) 「(馬と)けんかして、ペースを落とせなかった」

 ◆嘉藤騎手(ポンポン15着) 「3番手でどこまで粘れるかの競馬。距離を短くすれば…」

 ◆松岡騎手(スノードーナツ16着) 「尻尾を振って進んで行かなかった」

★8日中山11R「フェアリーS」の着順&払戻金はこちら

【フェアリーS】キュイキュイ、兄を彷彿2017年1月7日() 11:31

 キュイキュイは昨年の関屋記念などマイル重賞を3勝しているヤングマンパワーの半妹。血筋どおりに芝1600メートルで初Vを飾った。「外を回って強い勝ちっぷり。時計もまだまだ詰められる。体はまだ幼いけど、兄だってそこからグッと成長した」と、手塚調教師は姿をダブらせる。

 4日はWコースで軽めの併せ馬だったが、「真面目で気が入りやすいから余力残しで十分。動きはいい感じだったよ。牝馬同士なら楽しみ。マイネルスフェーンホープフルS2着)が重賞でやれるなら、この馬だって」と、3歳世代の連続好走に期待を寄せている。

 “究極の3連単”はキュイキュイを1着に固定。好枠を引いた2勝馬コーラルプリンセス、中山マイルの前走でハナ差2着のアエロリットを2着に据えた12点勝負だ。(夕刊フジ)

フェアリーステークスの枠順はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【フェアリーS】厩舎の話2017年1月6日(金) 05:02

 ◆アエロリット・菊沢師 「息遣いも良く、態勢は整った」

 ◆アマノガワ・菊川師 「中山のマイルは勝っている」

 ◆アルミューテン・南田師 「当日にテンションが上がらなければ…」

 ◆キャスパリーグ・太田助手 「上がり重点。何とか賞金加算を」

 ◆キュイキュイ・手塚師 「けいこは余力残しでいい動き」

 ◆コーラルプリンセス高橋裕師 「コース替わりは気にならない」

 ◆スノードーナツ・石毛師 「気難しい面を出さなければ…」

 ◆ツヅク・伊藤大師 「体はだいぶしっかりしてきた」

 ◆パフォーム・相沢師 「前走は不完全燃焼。好位でうまく脚をためる競馬ができれば」

 ◆ヒストリア栗田徹師 「動きが良く順調。落ち着きもある」

 ◆ブラックオニキス・加藤和師 「けいこは馬なりで十分。前々でリズム良く走れれば」

 ◆ポンポン・田中清師 「前走よりも(気配は)良くなった」

 ◆メローブリーズ・石毛師 「中間は厩舎で調整。マイルでも」

 ◆モリトシラユリ・堀井師 「牝馬同士なら能力は遜色ない」

 ◆ライジングリーズン奥村武師 「素質はここでも通用する。中山の方が合いそう」

[もっと見る]

【フェアリーS】追って一言2017年1月5日(木) 05:02

 ◆アエロリット・菊沢師 「息遣いも良く、態勢は整った」

 ◆アピールバイオ・牧師 「前めで長く脚を使う形がいい」

 ◆アマノガワ・菊川師 「減った体重も戻ったし、中山のマイルは勝っている」

 ◆アルミューテン・南田師 「前向きすぎるので、当日にテンションが上がらなければ…」

 ◆キャスパリーグ・太田助手 「上がり重点。何とか賞金加算を」

 ◆キュイキュイ・手塚師 「けいこは余力残しでいい動き」

 ◆コーラルプリンセス高橋裕師 「中山へのコース替わりは気にならない」

 ◆シンボリバーグ・藤沢和師 「ここまで十分やって体はできている。力は足りる」

 ◆ツヅク・伊藤大師 「体はだいぶしっかりしてきた」

 ◆ニシノアモーレ・上原師 「いい感じで来た。素質はある」

 ◆ヒストリア栗田徹師 「動きが良く順調。落ち着きもあるし、ここで賞金を加算したい」

 ◆ブラックオニキス・加藤和師 「けいこは馬なりで十分。前々でリズム良く走れれば」

 ◆ポンポン・田中清師 「前走よりも(気配は)良くなった」

 ◆メローブリーズ・石毛師 「中間は厩舎で調整。マイルでも」

 ◆モリトシラユリ・堀井師 「だいぶ成長してきた。牝馬同士なら能力は遜色ない」

[もっと見る]

【フェアリーS】レース展望 2016年12月27日(火) 18:28

 年明けの中央競馬は1月5、7、8日の変則開催。8日は東西で注目の明け3歳馬による重賞が行われる。中山のメインは牝馬限定のフェアリーS(GIII、芝1600メートル)。力関係がはっきりしない段階での牝馬限定戦でもあり、過去10年のうち9度、単勝10番人気以下の馬が連対している年間屈指の波乱レースでもある。穴党は必見の一戦だ。

 登録の大半が1勝馬。出走が確実なオープン馬のなかでは、コーラルプリンセス(美浦・高橋裕厩舎)が注目を集める。新馬勝ちのあと、ひと息入れて臨んだアルテミスSでは痛恨の出遅れ。直線で猛然と追い上げたものの、勝敗は完全に決した後だった。前走の赤松賞もスタートは決して良くなかったが、早めにリカバリーして中団につけると、しぶとい伸び脚を発揮してクビ差でV。使いつつ体が増えているように成長力もあり、スムーズならチャンスは十分だろう。

 実績ではクローバー賞勝ち、札幌2歳S2着のブラックオニキス(美浦・加藤和宏厩舎)が最上位。ただ、ファンタジーS、阪神ジュベナイルフィリーズと見せ場がなく大敗続きなのは気になる。相手関係が楽になって、どこまで巻き返せるか年末年始の調整過程に注意を払いたい。

 東京の500万下で牡馬相手に2勝目を挙げたメローブリーズ(美浦・石毛善彦厩舎)は、アルテミスS14着から劇的な変わり身を見せた。函館2歳Sでも4着に食い込んでおり、牝馬同士なら能力は上位。母の姉妹にオークス2着チャペルコンサート秋華賞2着ムードインディゴがいるように、牝馬が走る血統でもある。石毛調教師にとっては、明けて開業23年目の重賞初制覇がかかるだけに、力が入りそうだ。

 1勝馬は登録段階で半数ほどが除外対象。流動的な面はあるが、素質豊かな馬がそろっている。もみじS、秋明菊賞、つわぶき賞と3戦連続2着と堅実なキャスパリーグ(栗東・浅見秀一厩舎)は、ディープインパクト×ストームキャットという注目の血統背景。堅実な決め手があり、初の中山でも大崩れはないだろう。

 赤松賞では出遅れもあってコーラルプリンセスのクビ差2着だったシンボリバーグ(美浦・藤沢和雄厩舎)。馬格に恵まれた牝馬で、走りにはスケールの大きさが感じられる。今回は戸崎圭太騎手とのコンビ。年末に3週連続で2歳重賞を制した厩舎の充実ぶりもあるだけに、僚馬ソウルスターリングと牝馬クラシック戦線をにぎわす存在になるか、目が離せない。

 昨夏の新潟で強烈な決め手を見せて新馬勝ちを決めたニシノアモーレ(美浦・上原博之厩舎)もここで復帰する。アルテミスSで復帰予定だったが、態勢が整わなかったことから、ここまで待機した。祖母にGI・3勝のニシノフラワーがおり、母もマイラーズ2着など活躍した馬。休養で十分に成長していれば、無傷の2連勝も考えられる。

 6月に新馬勝ち、10月にサフラン賞2着と、間隔をあけながら使われているアエロリット(美浦・菊沢隆徳厩舎)も素質は上位。スッと前に行けて器用に立ち回れる点は、中山マイル戦での強みになる。大事に育てられているだけに、完成度はまだまだという印象だが、センスの良さで上位争いになっても不思議はない。

 ほかでは、未勝利勝ちの内容が目を引いたキュイキュイ(美浦・手塚貴久厩舎)、距離短縮で見直しが必要なアピールバイオ(美浦・牧光二厩舎)、折り合いがつけば巻き返しが見込めるヒストリア(美浦・栗田徹厩舎)、新馬勝ちの舞台に戻るライジングリーズン(美浦・奥村武厩舎)なども出走枠に入れば侮れない存在。冒頭に触れたように、人気薄の馬たちにも注意を払いつつ、トリッキーな中山マイルの激戦を見守りたい。

フェアリーステークスの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【フェアリーステークス】特別登録馬2016年12月25日() 17:30

[もっと見る]

⇒もっと見る

キュイキュイの関連コラム

閲覧 2,933ビュー コメント 0 ナイス 8

 早いもので「ウマニティPOG 2016」も既に5週が経過。JRAだけで421頭の2歳馬がデビューを果たし、各ワールドのランキングにも少しずつ動きが出てきました。7月24日には函館2歳ステークス(2歳GⅢ・函館芝1200m)が行われ、世代最初のJRA重賞ウイナーが誕生する見込み。今シーズン最初の山場と言っていいかもしれません。

 もっとも、この時期の当コラムで再三繰り返しているように、「ウマニティPOG 2016」はまだまだ長い戦いが始まったばかり。仮想オーナー募集枠の開放スケジュールに合わせて有力馬を指名することができれば、上位進出は十分に可能です。そこで今回は、デビュー間近と思われる馬、すなわち現時点で未出走、かつ東西のトレーニングセンターに入厩している馬の中から、有力と思しき馬を紹介します。今週以降も続いていく入札の参考としていただければ幸いです。

 本稿を制作するにあたり、私はまずJRA-VANのデータから「7月3日の時点で入厩している未出走の2歳馬」「6月27日~7月3日の間に東西のトレーニングセンターで坂路調教を行った未出走の2歳馬(競走馬として未登録の馬を含む)」を抽出。その中から、注目すべきファクターごとに該当馬をピックアップし、一覧としてまとめました。それぞれの一覧には重複もありますがご了承ください。

 まずは「注目POG馬ランキング(2016/07/03 23:00更新)」で100位以内に入っていた該当馬を紹介します。この項のみ、各馬の末尾に「注目POG馬ランキング」の順位を付記しました。なお、以下の一覧を含め、並び順は父名順→母名順です。

マジカルスペル(牡/父Creative Cause×母プラウドスペル) ※75位
ソウルスターリング(牝/父Frankel×母スタセリタ) ※20位
ミスエルテ(牝/父Frankel×母ミスエーニョ) ※17位
エアウィンザー(牡/父キングカメハメハ×母エアメサイア) ※37位
プレスト(牡/父キングカメハメハ×母ポップコーンジャズ) ※78位
ビッグディザイア(牡/父キングカメハメハ×母レッドディザイア) ※87位
コリエドール(牡/父クロフネ×母レクレドール) ※64位
トリコロールブルー(牡/父ステイゴールド×母ペンカナプリンセス) ※27位
オンリートゥモロー(牝/父ディープインパクト×母アコースティクス) ※51位
アドマイヤラッシュ(牡/父ディープインパクト×母アドマイヤマリン) ※45位
●馬名未定(牝/父ディープインパクト×母コケレール) ※25位
エイプリルミスト(牝/父ディープインパクト×母スターダムバウンド) ※86位
ワンフォーオール(牡/父ディープインパクト×母ラヴェリータ) ※35位
マイティドリーム(牡/父ディープインパクト×母ラグジャリー) ※62位
ムーヴザワールド(牡/父ディープインパクト×母リッスン) ※13位
ダノンオブザイヤー(牡/父ディープインパクト×母レディジョアン) ※57位
ピスカデーラ(牝/父ブラックタイド×母ドリームスケイプ) ※82位
ダンビュライト(牡/父ルーラーシップ×母タンザナイト) ※39位

 該当馬のうち「注目POG馬ランキング」の順位がもっとも高かったのはムーヴザワールド(リッスンの2014)。先週6月29日に入厩したばかりで、ゲート試験合格を目指していくとのことでした。個人的に指名候補として注目していたこともあり、「思ったよりも早かったな」という印象を受けたものの、順調そうなのは何より。このままデビューするのか、それともゲート試験合格後に一旦放牧を挟むのかはわかりませんが、引き続き注目しておきたいと思います。

 ここから先は、当コラムの今シーズン第1回「入札へ向けてのデータ分析」を参考に、有力と思われる馬を紹介しましょう。
 1頭あたり本賞金が900万円を超えていた調教師の管理馬は下記の通りです。

池江泰寿調教師>
ミスエルテ(牝/父Frankel×母ミスエーニョ)
プレスト(牡/父キングカメハメハ×母ポップコーンジャズ)
ソーグリッタリング(牡/父ステイゴールド×母ソーマジック
クライムメジャー(牡/父ダイワメジャー×母クライウィズジョイ)
ダノンオブザイヤー(牡/父ディープインパクト×母レディジョアン)
ビートフォーセール(牝/父ハーツクライ×母ライフフォーセール)

堀宣行調教師>
コリエドール(牡/父クロフネ×母レクレドール
オメガドラクロワ(牡/父ステイゴールド×母カチバ)

友道康夫調教師>
ラブフルーツ(牝/父キングカメハメハ×母アドマイヤトパーズ)
クラリティダイヤ(牝/父キングズベスト×母タイキダイヤ
トリコロールブルー(牡/父ステイゴールド×母ペンカナプリンセス)
ユアスイスイ(牝/父ダイワメジャー×母ケイティーズベスト)
アドマイヤラッシュ(牡/父ディープインパクト×母アドマイヤマリン)
アドマイヤミヤビ(牝/父ハーツクライ×母レディスキッパー)
ルタンデュボヌール(牡/父マンハッタンカフェ×母アドマイヤハッピー

藤沢和雄調教師>
ソウルスターリング(牝/父Frankel×母スタセリタ)
アルトリウス(牡/父キングカメハメハ×母レジネッタ
サトノアレス(牡/父ディープインパクト×母サトノアマゾネス)
ペイドメルヴェイユ(牝/父ローエングリン×母ミスティックリバー

 各馬の「注目POG馬ランキング」を確認したところ、ミスエルテ(ミスエーニョの2014)が17位、ソウルスターリング(スタセリタの2014)が20位と、Frankel産駒の2頭が上位にランクインしていました。先週7月2日の中京5R(2歳新馬・芝1400m)では同じFrankel産駒のライズイーグル(Rose of Summerの2014)がデビューし、単勝オッズ1.7倍の1番人気に支持されるなど、かなりの注目を集めていましたね。残念ながらライズイーグルは5着に敗れてしまったものの、この2頭の初陣も話題となりそうです。

 種牡馬別成績でダントツの数字をマークしていたのはディープインパクト。デビューが近いと思われる産駒は16頭います。

オンリートゥモロー(牝/父ディープインパクト×母アコースティクス)
アドマイヤラッシュ(牡/父ディープインパクト×母アドマイヤマリン)
サトノシャーク(牡/父ディープインパクト×母オジャグワ)
ワラッチャウヨネ(牝/父ディープインパクト×母クリームパフ)
●馬名未定(牝/父ディープインパクト×母コケレール)
サウンドラブリー(牝/父ディープインパクト×母サウンドバリアー
サトノアレス(牡/父ディープインパクト×母サトノアマゾネス)
クールデザイン(牝/父ディープインパクト×母シンディ)
エイプリルミスト(牝/父ディープインパクト×母スターダムバウンド)
ナンヨープルートー(牡/父ディープインパクト×母ハイカックウ)
サングレーザー(牡/父ディープインパクト×母マンティスハント)
メイショウテンシャ(牡/父ディープインパクト×母メイショウベルーガ
ワンフォーオール(牡/父ディープインパクト×母ラヴェリータ
マイティドリーム(牡/父ディープインパクト×母ラグジャリー)
ムーヴザワールド(牡/父ディープインパクト×母リッスン)
ダノンオブザイヤー(牡/父ディープインパクト×母レディジョアン)

 前述のムーヴザワールドを除くと、「注目POG馬ランキング」最上位はコケレールの2014。母がサンタラリ賞(仏GⅠ)を勝っている良血馬です。現3歳の全兄ラヴィエベールが6月11日の東京7R(3歳以上500万下・芝2400m)で2勝目をマークしたこともあり、指名した皆さんの期待度はますます高まっているはず。馬名はまだJRA-VANに登録されていないものの、今後の動向が楽しみな一頭と言えるでしょう。

 生産者別成績はノーザンファームの“一強”でしたが、こちらは該当馬が69頭もいるため、「注目POG馬ランキング」で1000位以内にランクインした馬のみを列挙しておきます。まぁ、それでも44頭ほどおり、注目度の高さを改めて実感しましたが……。気になる血統を見かけたら、ぜひチェックしてみてください。

マジカルスペル(牡/父Creative Cause×母プラウドスペル)
ランニングウインド(牡/父Discreetly Mine×母ランニングボブキャッツ)
ミスエルテ(牝/父Frankel×母ミスエーニョ)
フィアマロッサ(牝/父アイルハヴアナザー×母フィロンルージュ)
バレーロ(牡/父ヴィクトワールピサ×母ベルベットローブ)
ヴァンクールシルク(牡/父ヴィクトワールピサ×母ルシルク)
プレスト(牡/父キングカメハメハ×母ポップコーンジャズ)
バルコラベーロ(牡/父クロフネ×母アペラシオン)
クルークハイト(牝/父クロフネ×母ヴァイスハイト)
ハッシュタグ(牡/父クロフネ×母サンデースマイル2)
ジューヌエコール(牝/父クロフネ×母ルミナスポイント
シャープシューター(牡/父ゴールドアリュール×母シャーペンエッジ)
クインズゴールド(牝/父ステイゴールド×母ストールンハート)
ディアマイラブ(牝/父ステイゴールド×母ディアジーナ
トリコロールブルー(牡/父ステイゴールド×母ペンカナプリンセス)
サトノマサムネ(牡/父ゼンノロブロイ×母エリドゥバビロン)
デクレアビクトリー(牡/父ゼンノロブロイ×母クーデグレイス
ラバピエス(牡/父タートルボウル×母サルスエラ)
シェルブルック(牡/父タートルボウル×母シャルルヴォア)
シャプレドサクレ(牝/父タートルボウル×母ピュアチャプレット)
ピンクスター(牝/父タートルボウル×母レアクラシック)
ミッキークルソラ(牝/父ダイワメジャー×母クルソラ)
ユアスイスイ(牝/父ダイワメジャー×母ケイティーズベスト)
オールポッシブル(牝/父ダイワメジャー×母シーズインポッシブル)
ピンクブリザード(牝/父ダイワメジャー×母ピンクリップス)
●マイティーキュート(牝/父ダイワメジャー×母マイティースルー
ポールヴァンドル(牝/父ダイワメジャー×母レディドーヴィル)
オンリートゥモロー(牝/父ディープインパクト×母アコースティクス)
アドマイヤラッシュ(牡/父ディープインパクト×母アドマイヤマリン)
●馬名未定(牝/父ディープインパクト×母コケレール)
エイプリルミスト(牝/父ディープインパクト×母スターダムバウンド)
ムーヴザワールド(牡/父ディープインパクト×母リッスン)
カトリーヌ(牝/父ハーツクライ×母デビルズコーナー)
バラダガール(牝/父ハーツクライ×母バラダセール)
ビートフォーセール(牝/父ハーツクライ×母ライフフォーセール)
アドマイヤミヤビ(牝/父ハーツクライ×母レディスキッパー)
アドマイヤゲーム(牝/父ハービンジャー×母アドマイヤテンバ
●サンキューゴッド(牡/父ハービンジャー×母アンナヴァン)
キュイキュイ(牝/父ハービンジャー×母スナップショット)
ピスカデーラ(牝/父ブラックタイド×母ドリームスケイプ)
ルタンデュボヌール(牡/父マンハッタンカフェ×母アドマイヤハッピー
アトラーニ(牡/父ルーラーシップ×母アマルフィターナ)
ダンビュライト(牡/父ルーラーシップ×母タンザナイト)
アドマイヤウイナー(牡/父ワークフォース×母ソングバード)

※次回のコラムは8/2(火)になります。


■執筆者プロフィール
伊吹 雅也(いぶき・まさや)

埼玉県桶川市在住のフリーライター、競馬評論家。JRAホームページ内『今週の注目レース』で「データ分析」のコーナーを担当しているほか、グリーンチャンネル、JRAのレーシングプログラムなどさまざまなメディアを舞台に活動している。主な著作に『コース別 本当に儲かる血統大全』(ガイドワークス)、『コース別 本当に儲かる騎手大全』(ガイドワークス)、『一口馬主の愉しみ(競馬道OnLine新書)』(スタンダードマガジン)、『門外不出! 投票データから分かった! WIN5の鋭い買い方』(東邦出版)、『WIN5(五重勝)ほど儲かる馬券はない!! 少点数で驚愕配当をモノにする絶対的セオリー(競馬王新書)』(白夜書房)。POG関連メディアの制作にもさまざまな形で携わっており、ウマニティPOG2014では最高位クラスのスペシャルワールドにおいて優勝を果たした。


登録済みの方はこちらからログイン

キュイキュイの口コミ


口コミ一覧
閲覧 86ビュー コメント 2 ナイス 7

ウマフレ・会員の皆さん、コンバンワ。^^

明日の地方競馬の会場をお知らせします。

帯広ばんえい競馬が終わり園田競馬・高知競馬が加わり

園田競馬・川崎競馬・名古屋競馬・高知競馬の4会場開催に成ります。

園田競馬場  1レース11:10発走 天候:晴 ダート:良
           10R 上郡赤松円心特別B1・4歳以上特別
                 ダート 右1400m サラブレッド系4才以上 定量

川崎競馬場  1レース11:20発走 天候:曇 ダート:良
           11R 東京中日スポーツ如月(きさらぎ)杯A2下
                    ダート 左1600m サラブレッド系一般 別定
 
名古屋競馬場 1レース11:30発走 天候:晴 ダート:良
           10R 第43回 スプリングカップ(SP1)3歳オープン
                    ダート 右1600m サラブレッド系3才 定量

高知競馬場  1レース15:00発走 天候:晴 ダート:重
           11R 篠山特別B-1選抜馬
                    ダート 右1600m サラブレッド系一般 定量

【川崎競馬場】

1R 3歳7ロ(39万円以上115万円未満)
                  ダート 左1400m サラブレッド系3才

 5番 トーイイースター  丹内祐次騎手

4R C3九十11
                  ダート 左1400m サラブレッド系一般

 7番 マンボトップスター 丹内祐次騎手

8R C1七
                  ダート 左1400m サラブレッド系一般

12番 ミスユー      丹内祐次騎手

9R フェブラリーフラワー賞3歳未格付選定馬JRA選定馬
                ダート 左1500m サラブレッド系3才 別定

 1番 ジオパークボス   F.ミナリク騎手

 ⒋番 スピードウイング  江田照男騎手

 6番 カシノソルジャー  野中悠太騎手

 7番 フランクオーシャン 武藤雅騎手

 8番 ディセントファミリ 丸田恭介騎手

10R フェブラリースター賞B2B3選定馬JRA
               ダート 左1600m サラブレッド系一般 別定

 7番 キュイキュイ    武藤雅騎手

 9番 ビジューブランシュ F.ミナリク騎手

10番 ノースアリュール  丹内祐次騎手

12R 陽春(ようしゅん)特別C2二
                 ダート 左1500m サラブレッド系一般

11番 エンジェルユー   丹内祐次騎手

以上6名のJRA勢騎手参戦。

川崎競馬は楽しみに成りそうだ。

今日も1日楽しんでいきましょう^^。

 昭島のよっちゃん 2017年1月8日() 17:17
今週の予想及びmyPOG馬の結果と次週特別登録のPOG馬 
閲覧 90ビュー コメント 0 ナイス 6

写真は、今週の「競馬でビンゴ」の私の成績です

今週の予想結果
(私の買目は、◎単勝と◎○▲△の馬連・3連単のBOXです)




土曜メインレースの予想結果です

中山11R ポルックスステークス オープン ダート1,800

 ◎ ⑭ジェベルムーサ     11着(4番人気) 
 ○ ②ピットボス        6着(1番人気)
 ▲ ①タムロミラクル      3着(6番人気)
 △ ⑤センチュリオン      2着(2番人気)
1着・ドリームキラリを外して、当たり無し
ビンゴ馬:⑭ジェベルムーサ   11着(4番人気)11着マスを塗りつぶし


阪神11R 淀短距離ステークス オープン 芝1,200

 ◎ ②ローレルベローチェ    7着(4番人気)
 ○ ⑫セカンドテーブル     2着(2番人気)
 ▲ ⑮フミノムーン      10着(1番人気)
 △ ⑬トウショウピスト    11着(3番人気)
1着・セイウンコウセイを外して、当たり無し
ビンゴ馬:②ローレルベローチェ   着(4番人気)7着マスを塗りつぶし




日曜メインレースの予想結果です


中山11R フェアリーステークス GⅢ 芝1,600

 ◎ ③アエロリット     2着(1番人気)
 ○ ①コーラルプリンセス  8着(3番人気)
 ▲ ⑦キュイキュイ    13着(6番人気)
 △ ⑪メローブリーズ   10着(5番人気)
1着・ライジングリーズンを外して、当たり無し

ビンゴ馬:③アエロリット   2着(1番人気)2着マスを塗りつぶし




阪神12R シンザン記念 GⅢ 芝1,600

 ◎ ⑦アルアイン      6着(2番人気)
 ○ ⑤ペルシアンナイト   3着(1番人気)
 ▲ ⑭タイセイスターリー  2着(4番人気)
 △ ⑧トラスト       4着(3番人気)
1着・キョウヘイを外して、当たり無し

ビンゴ馬:⑦アルアイン    6着(2番人気)2着マスを塗りつぶし





myPOG馬の出走結果


京都競馬場9R福寿草特別(芝2,000)にモーヴサファイアが出走→4着(5番人気)
直線ゴール前、接戦になったが4着と健闘、次走に期待! ハービンジャー産駒らしく2,000の距離は合っていたと思う!

京都競馬場3R未勝利(ダート1,400)にテソーロ(筆頭)オーナー矢作芳人厩舎(栗東)が出走→13着(2番人気)
スタート良く先行するも、直線で足が止まってしまった! 残念

京都競馬場11RGⅢシンザン記念(芝1,600)にアルアイン・池江泰寿厩舎(栗東)が出走→着(2番人気)
4コーナーで挟まれ進路が狭くなり足が止まってしまった、残念です


★メインレースの予想は、4レース全てハズレ、悲しい!

★「競馬でビンゴ」は4マスを塗りつぶせた

★myPOG馬は、モーヴサファイアの4着が最高、それにしてもアルアインは残念な競馬だった!


※ビンゴ馬については、下記の日記を参照下さい

http://umanity.jp/home/view_diary.php?id=efaa83352b&owner_id=2ec1608dab



★次週の特別登録

14日(土)京都競馬場9R白梅賞にサトノクロノス・池江泰寿厩舎(栗東)が登録(ディープインパクト産駒)鞍上は、未定
近2走は
10/15京都競馬場 芝2,000  紫菊賞500万  5番人気 9着  1着に1,9差 上り3F36,6 松山弘平
 9/25中山競馬場 芝2,000  芙蓉S・OP   3番人気 4着  1着に0,3差 上り3F35,4 福永祐一


来週のレースにPOG馬1頭、特別登録したので、無事出走して貰いたい!!

[もっと見る]

 秋人 2017年1月8日() 14:42
フェアリーS
閲覧 54ビュー コメント 0 ナイス 1


内枠・人気・東京デビュー

相手
左コース(新馬を除く)勝利・単30倍以内

◎3アエロット
○1コーラルプリンセス
▲11メローブリーズ
△7キュイキュイ(休み明け)

[もっと見る]

⇒もっと見る

キュイキュイの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

キュイキュイの写真

投稿写真はありません。

キュイキュイの厩舎情報 VIP

2017年7月16日3歳以上500万下8着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

キュイキュイの取材メモ VIP

2017年7月16日 3歳以上500万下 8着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。