アドマイヤミヤビ(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
POGウォッチリストに登録すると、ウマニティPOGのPOGリストに追加できます。
今すぐ会員登録
アドマイヤミヤビ
アドマイヤミヤビ
アドマイヤミヤビ
アドマイヤミヤビ
アドマイヤミヤビ
写真一覧
抹消  芦毛 2014年1月14日生
調教師友道康夫(栗東)
馬主近藤 利一
生産者ノーザンファーム
生産地安平町
戦績 6戦[3-1-1-1]
総賞金8,227万円
収得賞金2,650万円
英字表記Admire Miyabi
血統 ハーツクライ
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
アイリッシュダンス
レディスキッパー
血統 ][ 産駒 ]
クロフネ
ライクザウインド
兄弟 グランアルマダミッキーシャンティ
前走 2017/05/21 優駿牝馬 G1
次走予定

アドマイヤミヤビの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
17/05/21 東京 11 優駿牝馬 G1 芝2400 188164.823** 牝3 55.0 M.デムー友道康夫476(+2)2.24.8 0.733.9⑬⑬⑬⑫ソウルスターリング
17/04/09 阪神 11 桜花賞 G1 芝1600 187155.1212** 牝3 55.0 M.デムー友道康夫474(-6)1.35.5 1.035.6⑰⑯レーヌミノル
17/02/11 東京 11 クイーンC G3 芝1600 168152.911** 牝3 54.0 C.ルメー友道康夫480(+2)1.33.2 -0.133.6⑧⑥アエロリット
16/11/06 東京 9 百日草特別 500万下 芝2000 11222.611** 牝2 54.0 C.ルメー友道康夫478(0)2.03.4 -0.133.5⑥⑦⑥カデナ
16/09/24 阪神 1 2歳未勝利 芝1600 167131.311** 牝2 54.0 C.ルメー友道康夫478(-8)1.34.8 -0.333.7⑩⑩ベルカプリ
16/07/24 中京 5 2歳新馬 芝1600 16123.722** 牝2 54.0 C.ルメー友道康夫486(--)1.35.8 0.234.1⑥⑥⑥クライムメジャー

アドマイヤミヤビの関連ニュース

 今年のクイーンC・GIIIを制したアドマイヤミヤビ(栗東・友道康男厩舎、牝3歳、父ハーツクライ、母レディスキッパー、母の父クロフネ)が9月16日付でJRAの競走馬登録を抹消する。今週のローズSに登録していたが、左前脚に浅屈腱炎を発症し、出走を断念していた。今後は北海道安平町・ノーザンファームで繁殖牝馬となる予定。

 アドマイヤミヤビは通算成績6戦3勝。獲得賞金は8227万5000円。オークス3着がラストランとなった。

アドマイヤミヤビの競走成績はこちら

【うわさの2歳馬】無傷の連勝を狙うワグネリアン 2017年9月14日(木) 10:31

 ディープインパクト産駒のワグネリアン(牡、栗東・友道厩舎、母ミスアンコール)は、7月の中京芝2000メートルでデビュー勝ち。着差こそハナだったが、マークした上がり3F32秒6は古馬を含めても中京芝で史上最速だった。「満点ですね。言うことなし」と福永騎手も興奮気味。父はGI7勝、祖母に重賞6勝のブロードアピールという良血で、早くもダービー候補出現を思わせる。

 早くからここに目標を定めて、入念な乗り込みを消化。先週6日にはCWコース6F79秒8の好時計で、アドマイヤミヤビと併入した。今週は坂路4F55秒1と軽めだったが、「先週までしっかりやっているから単走で十分。新馬戦のときと同じようなパターンで調整しています」と友道調教師。「先週はミヤビに一瞬置かれかけてから食らいついたように、いい根性をしている。阪神の外回りも合いそう。2走目も期待しています」と、無傷の連勝で来春への視界をさらに明るくする構えだ。(夕刊フジ)

[もっと見る]

アドマイヤミヤビ左前屈腱炎でローズS回避2017年9月13日(水) 18:21

 今年のクイーンC・GIIIの勝ち馬で、オークス3着のアドマイヤミヤビ(栗東・友道康夫、牝3歳)は13日、左前屈腱炎を発症した。

 この日は始動予定だったローズSに向け、ルメール騎手を背にCWコースで併せ馬。馬なりで6ハロン82秒0−12秒2をマークし、ラプソディーア(1600万下)にクビ先着と上々の動きを見せたが、その後に歩様が乱れ、精密検査を行った。友道調教師は「上がってきてから、洗い場で左前脚の歩様に乱れがありました。全治は未定ですが、秋華賞は無理です」と肩を落とした。

★アドマイヤミヤビの競走成績はこちら

[もっと見る]

【ローズS】アドマイヤミヤビ余裕の12秒2 2017年9月13日(水) 11:22

 オークス3着のアドマイヤミヤビは栗東CWコースで併せ馬。3走ぶりに鞍上に戻るルメール騎手を背に馬なりでラプソディーアと併入した。6F82秒0、ラスト1F12秒2でも余力は十分に残っていた。

 「先週しっかりやっている。85秒くらいを予定していたが、(時計が速くても)無理していないし、十分かな。カイバを食べて、しっかり調教できたのが一番。パンパンの良馬場が希望。心配なのは雨だけだ」と友道調教師。

 クイーンC優勝以来に跨るルメールも、「夏を越して体は大きくなっている。春はエンジンのかかりが遅かったけど、そういう面もなくなってきた。直線の長い外回りはいい」と、直線勝負に自信を見せていた。(夕刊フジ)

★ローズステークスの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【ローズS】ファンディーナ、立て直し成功!2017年9月12日(火) 05:02

 デビューから3連勝でフラワーCを制し、皐月賞(7着)でも1番人気に支持されたファンディーナは、牝馬が相手なら素質上位。高野調教師は「(栗東に)帰ってきてから、馬体の維持に苦労していない。カイバの食いが全然違う。コンディションはいい」と状態に太鼓判を押す。オークスにもダービーにも出走せずに立て直した効果を、秋初戦で見せそうだ。

★展望

 オークスソウルスターリングこそ不在だが、春の実績馬と夏の上がり馬が顔をそろえて激戦ムードだ。桜花賞レーヌミノルは帰厩後の調教が絶好。オークス大敗後だけに、距離短縮で巻き返しを図る。牡馬相手の皐月賞で7着に敗れたファンディーナも、素質ではクラシック上位組に引けを取らない。リスグラシューモズカッチャンアドマイヤミヤビといったGI入着馬に加えて、ミリッサメイショウオワラなどの勢いに乗る馬が挑む図式。抽選対象でもカワキタエンカメイズオブオナーあたりは注目される存在だ。

★ローズステークスの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【ローズS】レース展望 2017年9月11日(月) 19:12

 秋華賞トライアルの第2弾、ローズS(GII、芝1800メートル)が3日間開催の中日、17日に阪神競馬場で行われる。1〜3着までに秋華賞(10月15日、京都、GI、芝2000メートル)の優先出走権が与えられる一戦だ。9日の紫苑Sディアドラカリビアンゴールドポールヴァンドルの3頭が優先出走権を獲得。今回も貴重な3枚の切符獲得を目指して、しれつな戦いが繰り広げられる。

 過去5年を振り返ると、2012年1着ジェンティルドンナ、2着ヴィルシーナが本番でもワンツーフィニッシュ。14年1着ヌーヴォレコルトは本番でショウナンパンドラの2着となり、15年2着ミッキークイーンオークスに次ぐ2冠を達成した。前哨戦がワンターン(コーナー2つ)の阪神芝・外1800メートルで本番がコーナー4つの京都芝・内2000メートルとコース形態、距離は違ってくるが、それなりの能力があれば、本番に直結する傾向にあるといえる。

 今年はオークスソウルスターリングの参戦はないものの、桜花賞1、2着馬、オークス2、3着馬と春のクラシック上位馬が顔をそろえた。ただ、その馬たちを抑えて1番人気になっても不思議がないのがファンディーナ(栗東・高野友和厩舎)だ。デビュー3連勝でフラワーCを圧巻の内容で制した後、牡馬相手の皐月賞に参戦。1番人気の支持を集めたが、馬群の中で厳しいレースを強いられて7着に敗退した。その後はオークスにもダービーにも向かわずに休養。先月末から本格的に時計を出し始めて、動きも1週ごとに良くなってきた。皐月賞も負けたとはいえ、一旦先頭に立つ場面があり、勝ったアルアインとの差も3馬身程度。悲観する内容ではなかった。牝馬同士ならチャンスは十分だろう。

 桜花賞レーヌミノル(栗東・本田優厩舎)は、前走のオークスで13着に惨敗。ダイワメジャー×タイキシャトルという配合でもり、2400メートルが長かったとしか考えられない。ひと夏を越して体は確実に成長。ここ2週は栗東CWコースで猛調教を見せている。桜花賞と同じ阪神外回りは好材料。1800メートルなら好勝負になるはずだ。

 桜花賞2着のリスグラシュー(栗東・矢作芳人厩舎)はオークスで5着。最後はよく伸びていたので、2400メートルが長かったとは思えないが、1600メートルと1800メートルでは【2・3・1・0】とすべて馬券に絡んでいる。阪神芝も【1・2・1・0】と堅実なので、今回も大崩れはなさそうだ。4カ月の休み明けだが、栗東坂路での1週前追い切りではラスト1ハロン12秒2を馬なりでマーク。着実に態勢を整えつつある。

 サンケイスポーツ賞フローラSを制してオークスでも2着に好走したモズカッチャン(栗東・鮫島一歩厩舎)も安定したタイプ。この馬もオークス以来だが、順調に調整されている。新コンビを組むミルコ・デムーロ騎手の騎乗も興味深い。

 オークス3着のアドマイヤミヤビ(栗東・友道康夫厩舎)はデビューからクイーンC制覇までの4戦で手綱を取ったクリストフ・ルメール騎手と再びコンビを組む。オークスではメンバー最速の上がり3ハロン33秒9をマーク。少し器用さに欠ける面があるので、コーナー4つで直線が短い本番よりも、今回の方が条件は良さそうだ。

 昨年のオークスローズSを勝ったシンハライトの半妹ミリッサ(栗東・石坂正厩舎)は500万下、1000万下特別と連勝中。血統背景を思えば、重賞でも上位争いが望める。

 ヤマカツグレース(栗東・池添兼雄厩舎)はオークス18着、クイーンS9着とここ2戦は振るわないが、フローラSではモズカッチャンのクビ差2着。展開面に注文がつくものの、すんなりと好位で流れに乗れれば粘り込みは可能だろう。

 フィリーズレビューを勝ち、桜花賞4着の実績があるカラクレナイ(栗東・松下武士厩舎)、チューリップ賞2着のミスパンテール(栗東・昆貢厩舎)、スイートピーS勝ちのブラックスビーチ(栗東・角居勝彦厩舎)、忘れな草賞優勝馬ハローユニコーン(栗東・鮫島一歩厩舎)も十分に争覇圏内。休み明けの五頭連峰特別を快勝したメイショウオワラ(栗東・岡田稲男厩舎)も勢いがあり、かなりハイレベルな顔触れといえる。

 さらに、ダート路線で関東オークスを勝ち、古馬牝馬との混合戦・ブリーダーズゴールドCでも2着に好走したクイーンマンボ(栗東・角居勝彦厩舎)も参戦。大いに注目されるところだ。

 抽選対象(11日現在、5頭中3頭が出走可能)では、未勝利、500万下と連勝中で勢いがあるメイズオブオナー(栗東・藤原英昭厩舎)、桜花賞7着馬で、横山典弘騎手とのコンビで臨むカワキタエンカ(栗東・浜田多実雄厩舎)に魅力がある。

★ローズステークスの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

⇒もっと見る

アドマイヤミヤビの関連コラム

関連コラムはありません。

アドマイヤミヤビの口コミ


口コミ一覧
閲覧 42ビュー コメント 1 ナイス 2

〜直伝〜ブラリアンの競馬工学『ガチでパドック』

http://blog.livedoor.jp/bralian_n/

 KazuPhoto 2017年4月9日() 20:10
【的中】ポイントBETランキング1位獲得! 
閲覧 76ビュー コメント 4 ナイス 22

今日はクラシック第一弾の桜花賞でしたね。

一番期待していたフローレスマジックは力足りず出走できませんでしたが、

MyPOG馬からはオークス馬候補として期待していたアドマイヤミヤビが出走。

結果は残念でしたが、G3クラスTOP10を目指してMyPOG馬を応援したいと思います。


そして、桜花賞前にあった中山11R京葉ステークスで
馬場読みと脚質が上手くはまった結果、
9.ショコラブランと8.カジキを軸にした3連複総流しで
2着に最低人気の1.トキノゲンジが入り配当445,980円(700円)が的中!

おまけにポイントBETで10万ポイントを賭けたので
払い戻しポイントが約3100万ポイントとなり
ポイントBETランキング1位になりました♪

ついでに今週の高額払戻ランキングも1位になりました♪

記録物はすぐに抜かれてしまうので今のうちに喜んでおきたいと思います。

(出来ればPOGランキング1位の方が100倍獲りたいです(^_^;))

ではでは(^^ゞ

[もっと見る]

 青龍白虎 2017年4月6日(木) 19:52
鏈花賞鏃誅
閲覧 35ビュー コメント 0 ナイス 6


4/9(日)阪神11R
桜花賞(G1)

1枠1番
ミスエルテ
川田将雅 (55.0)
1枠2番
ライジングリーズン
丸田恭介 (55.0)
2枠3番
サロニカ
浜中俊 (55.0)
2枠4番
ジューヌエコール
北村友一 (55.0)
3枠5番
ベルカプリ
藤岡佑介 (55.0)
3枠6番
リスグラシュー
武豊 (55.0)
4枠7番
ショーウェイ
松若風馬 (55.0)
4枠8番
カラクレナイ
田辺裕信 (55.0)
5枠9番
ゴールドケープ
丸山元気 (55.0)
5枠10番
レーヌミノル
池添謙一 (55.0)
6枠11番
アロンザモナ
幸英明 (55.0)
6枠12番
アエロリット
横山典弘 (55.0)
7枠13番
ヴゼットジョリー
福永祐一 (55.0)
7枠14番
ソウルスターリング
ルメール (55.0)
7枠15番
アドマイヤミヤビ
M.デム (55.0)
8枠16番
ミスパンテール
四位洋文 (55.0)
8枠17番
ディアドラ
岩田康誠 (55.0)
8枠18番
カワキタエンカ
和田竜二 (55.0)
精綽声1600m

持ち時計
去年のジュエラー
1334

14→1332
16→1335
06→1336
18→1338

別に演歌好きだからでないが川北演歌に注目なんか川中美幸と北島三郎を足した様な名前

時計1338も去年の3着馬1337とは1差

アルファベットで行くと18目はRそうですJRAのRです。個人的にはG1レースは1.10.18号馬158枠にめぼしい馬が入った時は買う事にしている。
まあ錺沺璽の4頭で遊びます。
鐃畧磴涼罎ら遠山の金さんが出てくるのを夢見て結果は如何に?

[もっと見る]

⇒もっと見る

アドマイヤミヤビの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
1:
  花太郎18   フォロワー:150人 2016年11月13日() 22:22:02
2016.11.6(日)
前走は余裕ある勝ちっぷりで素質十分。
東京なら脚を余さずさらにやれそう。

アドマイヤミヤビの写真

アドマイヤミヤビの厩舎情報 VIP

2017年5月21日優駿牝馬 G13着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

アドマイヤミヤビの取材メモ VIP

2017年5月21日 優駿牝馬 G1 3着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。