注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます!⇒いますぐ会員登録(無料)
POGウォッチリストに登録すると、ウマニティPOGのPOGリストに追加できます!

マイネルスフェーン(競走馬)

注目ホース
マイネルスフェーン
写真一覧
現役 牡3 栗毛 2014年4月16日生
調教師手塚貴久(美浦)
馬主株式会社 サラブレッドクラブ・ラフィアン
生産者ビッグレッドファーム
生産地新冠町
戦績 9戦[1-2-4-2]
総賞金4,832万円
収得賞金1,750万円
英字表記Meiner Sphene
血統 ステイゴールド
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
ゴールデンサッシュ
マイネジャーダ
血統 ][ 産駒 ]
Jade Robbery
テクラヤティ
兄弟 マイネルサクセサーマイネエビータ
前走 2017/04/29 テレビ東京杯青葉賞 G2
次走 2017/05/28 東京優駿 G1

マイネルスフェーンの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
17/05/28 東京 10 東京優駿 G1 芝2400 -- 1859102.2----** 牡3 57.0 柴田大知手塚貴久---- --------
17/04/29 東京 11 青葉賞 G2 芝2400 126712.659** 牡3 56.0 柴田大知手塚貴久446(+4)2.26.0 2.437.4アドミラブル
17/01/15 中山 11 京成杯 G3 芝2000 15226.533** 牡3 56.0 柴田大知手塚貴久442(+4)2.02.6 0.135.6⑩⑩⑪⑪コマノインパルス
16/12/25 中山 9 ホープフルS G2 芝2000 1471147.382** 牡2 55.0 V.シュミ手塚貴久438(0)2.01.5 0.236.0⑨⑨⑨⑧レイデオロ
16/11/27 東京 3 2歳未勝利 芝2000 158152.011** 牡2 55.0 柴田大知手塚貴久438(+6)2.03.4 -0.134.9⑭⑨⑦バトルスピリッツ
16/11/05 東京 3 2歳未勝利 芝2000 14455.822** 牡2 55.0 柴田大知手塚貴久432(0)2.02.5 0.034.7⑤④④アサギリジョー
16/10/02 中山 2 2歳未勝利 芝2000 17245.233** 牡2 55.0 柴田大知手塚貴久432(+6)2.03.0 0.235.2⑫⑫⑭⑫コスモスピード
16/09/03 札幌 2 2歳未勝利 芝2000 156109.443** 牡2 54.0 柴田大知手塚貴久426(+2)2.05.6 0.435.8⑨⑨⑦⑦ユノディエール
16/07/23 函館 1 2歳未勝利 芝1800 134526.963** 牡2 54.0 三浦皇成手塚貴久424(+2)1.50.8 0.436.2⑧⑧⑥⑤サトノアリシア
16/07/10 函館 5 2歳新馬 芝1800 9556.545** 牡2 54.0 吉田隼人手塚貴久422(--)1.51.6 1.736.3⑦⑦⑦⑦タガノアシュラ

マイネルスフェーンの関連ニュース

★芝の中距離はもってこい!! ペルシアンナイト 18点

 距離を不安視された皐月賞は2着。ここまでデビューから6戦してすべて馬券に絡む安定した内容だ。距離不安はマイルでの競馬が強かったためで、父ハービンジャーなら芝の中距離はもってこい。6戦すべて上がりタイムがメンバー3位以内と決め手もある。時計が少しかかる方がベター。

★マイラー血統で距離の壁が マイスタイル 12点

 皐月賞こそ16着だったが、それ以外は堅実な成績。弥生賞では逃げて2着に粘ったように、ペースに合わせた競馬ができる強みがある。ただ、母の父がフォーティナイナーでは距離の壁がありそう。本質はマイラーか。パワーがある血統なので、道悪で時計のかかる馬場は歓迎。

★瞬発力勝負では分が悪く… マイネルスフェーン 13点

 9戦とキャリア豊富。中山でも東京でも安定して走っている。京成杯の後は皐月賞をパスして青葉賞へ。9着という結果は休み明けを考慮しても少し負けすぎの印象だ。あまり切れる脚を使えないのは、いかにもステイゴールド産駒らしい。東京で一線級相手の瞬発力勝負では分が悪い。

★上昇度ならこの馬が一番! レイデオロ 18点

 デビュー3連勝でホープフルSを勝った逸材だが、ぶっつけの皐月賞では追い込んで5着。いかにも脚を余した内容で、距離延長と東京で巻き返しが可能だ。皐月賞が今年初戦だけに、上昇度はこの馬が一番だろう。不安があるとすれば、高速決着への対応だけ。道悪もこなせる血統だ。

日本ダービーの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

【日本ダービー】枠順確定!各陣営の反応は2017年05月26日(金) 05:05

◆「ロスなく行ける」〔3〕マイスタイル

 皐月賞16着からの巻き返しを狙うマイスタイルは、〔2〕枠(3)番となった。藤野助手は「ロスなく行けるし、内枠は良かった」とニッコリ。

◆内の偶数枠歓迎!!〔4〕スワーヴ

 共同通信杯勝ちがあるスワーヴリチャードは〔2〕枠(4)番。庄野調教師は「今週からCコースに替わって内めの馬場状態も悪くないので、いい枠だと思う」と歓迎。ややスタートに不安を残すだけに、「(後入れの)偶数もいいし、前走くらい出てくれたら」と期待する。

◆うれしい“3冠枠”〔5〕クリンチャー

 2頭の3冠馬(ディープインパクトオルフェーヴル)が勝利をつかんでいる〔3〕枠(5)番に決まったクリンチャー。「うれしい枠。自由自在の競馬ができるし、ロスなく行けそう。他の馬が行かないならハナでも」と宮本調教師は笑顔を見せた。

◆「いい枠」笑顔〔6〕サトノアーサー

 連覇がかかる川田騎手が騎乗するサトノアーサーは〔3〕枠(6)番に入った。内側をロスなく運べる枠は歓迎材料だ。川合助手は「ためて最後に突き抜けてくるタイプなので、いい枠じゃないかなと思います」と笑みを浮かべた。

◆「内、外見ながら」〔7〕アルアイン、「外すぎず良かった」〔11〕ペルシアンナイト

 皐月賞アルアインは〔4〕枠(7)番、僚馬で2着のペルシアンナイトは〔6〕枠(11)番に入った。川合助手は、「アルアインは自由自在な馬なので、内、外を見ながら競馬ができる。(中間も)角馬場で入念に乗り込んでいるので」と話し、2冠制覇へ好感触。「ペルシアンはゲートの出はそこまで速くはないが、外すぎず良かった。状態もよくなってきたので楽しみです」と満足げだ。

◆「楽に先手取れる」〔8〕トラスト

 トラストは〔4〕枠(8)番。長谷川助手は「GI(朝日杯FS(18)番、皐月賞(18)番、NHKマイルC(13)番)でずっと外枠だったことを思えば十分です。他の馬よりスタートも行き脚も速いので、楽に先手を取れると思う」とハナを切る構えだ。

◆「枠は特別気にしない」〔9〕マイネルスフェーン

 青葉賞9着のマイネルスフェーンは〔5〕枠(9)番から巻き返しを狙う。矢嶋助手は「ど真ん中ですね。枠は特別気にしていなかったし、この馬のパフォーマンスを出せるように頑張ってもらうだけ」と無欲で送り出す。

◆「真ん中」感触よし〔10〕ベストアプローチ

 ベストアプローチは〔5〕枠(10)番。周囲の出方を確認しながら運べるゲートだ。「ちょうど真ん中の偶数番の枠。良かったと思うよ」と田代助手。

◆中竹師「仕方ない」〔13〕カデナ

 皐月賞9着から巻き返しを狙うカデナは〔7〕枠(13)番。中竹調教師は、「決まったものは仕方がないし、(福永)祐一に任せる。ゲートに癖がある馬じゃないので」と話した。

◆枠よりも馬場状態〔14〕ジョーストリクトリ

 NHKマイルC12着のジョーストリクトリは、外めの〔7〕枠(14)番。押田助手は「注文がつくタイプじゃないので枠はどこでもよかった。雨の影響が残るような馬場になってくれれば」と語った。

◆「枠なりの競馬を」〔15〕ダイワキャグニー

 東京で3戦3勝のダイワキャグニーは〔7〕枠(15)番。菊沢調教師は「ダイワスペリアーも〔7〕枠(15)番だったね」と、騎手時代に騎乗して3着だった馬を懐かしんだが、この馬はスタンド前発走にやや不安。それだけに「しようがないね。枠なりの競馬をしてもらうだけ。ジョッキーとも相談したい」と、外枠が残念そうだった。

[もっと見る]

【日本ダービー】追って一言2017年05月25日(木) 05:04

 ◆アメリカズカップ・音無師 「ここ2週は手控えたが、当週はしっかり追い切った。距離は乗り方次第。少しでもプラス体重で出走できれば」

 ◆ウインブライト・畠山師 「先行馬が速かったので、無理に追いかけず折り合いを重視。2400メートルは未知数だが、前半からうまく(折り合って)走れるかが鍵」

 ◆キョウヘイ・宮本師 「半マイル追いで、動きは悪くない。血統的にも距離はもつと思う」

 ◆ジョーストリクトリ・清水久師 「先週しっかりやっているし、馬なりは予定通り。距離は分からないが、折り合いは問題ない」

 ◆トラスト・長谷川助手 「速い時計を出すつもりはなかったけど、いい感じでした。いい状態は維持しています」

 ◆ベストアプローチ・岩田騎手 「土曜日に乗ったときよりも、反応はよかった。いい負荷をかけられたと思う。前走も悪くない内容だった」

 ◆マイスタイル・昆師 「実質追いは先週に済ませ、現状としては思い通りに仕上がった。コースで調教して、体力はついてきていると思う」

 ◆マイネルスフェーン・手塚師 「使って雰囲気が変わってきた。今回は折り合い面も大丈夫そう。本来はじっくり脚をためるタイプ。イメージ通りの競馬ができれば」

日本ダービーの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【日本ダービー】データ大作戦(1)戦績&ステップ 2017年05月23日(火) 05:03

 サンケイスポーツ恒例の『データ大作戦』がスタートする。23日から6日間にわたって、あらゆる角度から今年の日本ダービーを検証。過去10年の傾向を分析し、競馬の祭典の答えを探し出す。初日は最大30点の持ち点がある「戦績&ステップ」。結論やいかに!?

〔1〕重賞実績(芝重賞勝ちが1600メートル未満=3点減、芝重賞2着はあるが、Vはなし=5点減、芝重賞連対なし=8点減)

 連対全20頭が芝マイル以上の重賞ウイナー。優勝を争うためには重賞V実績は不可欠だ。3着馬も10頭中7頭が芝マイル以上で重賞を勝っており、残る3頭にも同2着の実績があった。

 芝重賞2着はあるが、Vはないサトノアーサーダンビュライトベストアプローチマイスタイルマイネルスフェーンは5点減。芝重賞で連対がないクリンチャーダイワキャグニーは大きく8点減とする。

〔2〕JRAで3勝以上(重賞勝ちがある2勝馬=1点減、重賞2着がある2勝馬=2点減、重賞連対がない2勝馬=3点減、1勝馬=4点減)

 優勝馬8頭を含む、連対馬17頭がJRAで3勝以上。残る3頭、2008年2着スマイルジャック、12年1着ディープブリランテ、14年1着ワンアンドオンリーは重賞Vを含む2勝に加え、他に重賞2着と高い実績があった。

 重賞勝ちがある2勝馬のキョウヘイスワーヴリチャードは1点減。重賞2着がある2勝馬サトノアーサーマイスタイルは2点減。JRAでは1勝しかしていないが、札幌2歳S勝ちのトラストは例外で2点減にとどめる。重賞連対がない2勝馬クリンチャーは3点減。1勝馬のダンビュライトベストアプローチマイネルスフェーンは4点減。

〔3〕芝千八以上でV(芝1800メートル以上で未勝利=4点減)

 3着以内に入った30頭中28頭に芝1800メートル以上で勝利実績があった。残る2頭のうち、09年3着アントニオバローズは芝2000メートルのオープン特別で2着があった。もう1頭の07年1着ウオッカは、中距離以上に出走する機会が少ない牝馬として例外視すれば、中距離実績は必須といえる。

 芝1800メートル以上で勝利のないキョウヘイジョーストリクトリダンビュライトは4点減とする。

〔4〕連対率50%以上(連対率50%未満=4点減、それ以外に複勝率80%未満=2点減)

 3着以内の30頭中29頭は連対率50%以上。例外の14年マイネルフロスト(42・9%)は3着が精いっぱいだった。

 連対率が50%に満たないキョウヘイジョーストリクトリダンビュライトトラストマイネルスフェーンは4点減とする。

 また、優勝馬9頭は複勝率80%以上で、例外は14年ワンアンドオンリーの62・5%。勝ち切るには、さらに高いレベルの安定感も必要となる。

 すでに減点した馬以外に、複勝率80%未満のアドミラブルアメリカズカップウインブライトクリンチャーダイワキャグニーベストアプローチマイスタイルレイデオロは2点減だ。

[もっと見る]

【日本ダービー】アドミラブル、音無師「思った通り」併入 2017年05月18日(木) 05:03

 《栗東》青葉賞をレースレコードで快勝したアドミラブル(音無、牡)は、坂路で併せ馬。馬なりで4ハロン54秒5−13秒2をマークし、僚馬と併入した。「中3週になるので、これ以上はやれないからね。時計はほぼ思った通り。馬っぷりもいいよ」と音無調教師は順調さを伝えた。

 僚馬で皐月賞3着のダンビュライト(牡)は、坂路で武豊騎手が騎乗。けいこ駆けするサンライズノヴァ(3歳OP)に1馬身遅れたものの、4ハロン51秒7−12秒6と時計は上々だ。「相手が動いて負けたけど、いい感じだった。距離はやってみないと分からないが、スタミナはありそう」と武豊騎手。

 音無厩舎が送り込むもう一頭の皐月賞18着アメリカズカップ(牡)は、坂路4ハロン54秒0−12秒7。僚馬に半馬身先着した。「テンションを上げないように。落ち着きが出ているし、動きも満足です」と松若騎手。

 皐月賞4着クリンチャー(宮本、牡)は、CWコース単走で6ハロン82秒4−12秒3。「来週は坂路でサラッとやる予定。中間も順調で、体つきも良くなった」と宮本調教師は目を細めた。

 皐月賞9着カデナ(中竹、牡)もCWで単走。馬なりで6ハロン84秒8−12秒6をマークした。「初めてCWでやったので、馬が戸惑って手前を替えていたけど、これくらいでいいんじゃないかな」と福永騎手。

 青葉賞2着ベストアプローチ(藤原英、牡)は、CWコース6ハロン85秒7−12秒3で僚馬と併入。「イメージ通り。悪くないよ」と藤原英調教師はうなずいた。

 皐月賞16着マイスタイル(昆、牡)は、CW6ハロン81秒8−12秒0で僚馬に5馬身半先着。騎乗した横山典騎手は「手がかからないし、指示通りに走ってくれる」と操縦性を評価した。

 《美浦》皐月賞5着レイデオロ(藤沢和、牡)は、Wコースで3頭縦列の最後方から最内へ。馬なりで5ハロン69秒6−12秒5をマークし、僚馬2頭と併入した。ルメール騎手は「とても良かった。リラックスしていて、反応もいい。パワーアップしたと思う」と好感触だ。

 皐月賞8着ウインブライト(畠山、牡)は、Wコースで併せ馬。馬なりで内の僚馬に半馬身先着し、5ハロン67秒3−12秒2。畠山調教師は「もう少し速くてもよかったけど、体の硬さが抜け切らない状態でしまい12秒台なら悪くはない」と納得の表情。

 青葉賞9着マイネルスフェーン(手塚、牡)は、Wコースで3頭併せ。一杯に追われて僚馬2頭と併入し、6ハロン82秒9−13秒0。「(調教で)動くタイプでなく、この馬としては速い方。テンションが高かった前走は参考外」と柴田大騎手。

日本ダービーの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【日本ダービー】特別登録馬2017年05月14日() 17:30

[もっと見る]

⇒もっと見る

マイネルスフェーンの関連コラム

閲覧 693ビュー コメント 0 ナイス 2



日本ダービーが行われる東京芝2400mは、ラップギアコース適性値【瞬8平2消0】の瞬発特化コースで、直線入り口からの1ハロンで急激にペースが上がるのが特徴。8割方、スローからヨーイドンの競馬だと考えて間違いない。

これは東京芝の長距離ではよく見られるラップの構成で、近年では新潟、阪神、中京でも同様の傾向がみられるようになってきたものの、札幌や福島、小倉なのどのローカルはもちろん、中山や京都ともラップの構成がまったく違う。

そういった「東京芝の長距離」の中でも、ジャパンカップよりペースが緩み、(上位は)能力の高い馬がそろう日本ダービーは、JRA全レースの中でも屈指の「瞬発力勝負」になりやすい。近年は新潟2歳Sのほうがその傾向が強くなってきたのだが、それでもJRA屈指であることに変わりはない。


■2017春シーズン 『競馬プロ予想MAX』presents連載コラムについて詳しくはこちら
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=8644


現代のダービーは、瞬発力のみが求められる「特殊なレース」。逆にダービーで必要不可欠な「究極の瞬発力」は、古馬G1戦線ではほとんど必要とされないため、能力よりも瞬発適性で勝ったようなダービー馬、つまり“ダービーだけの一冠馬”の多くは、そのあと苦戦が続くことになる。瞬発力が頼りになる古馬G1というと、ジャパンカップとスローペースになったときの天皇賞(秋)ぐらいだろうか。

そういった理由で、古馬になってG1戦線で全般的に活躍できるのはダービー馬よりも皐月賞馬や菊花賞馬のほうであり、“ダービーと菊花賞”の二冠馬が誕生しにくいのもそれが理由。ラップギアのコース適性値で言うと皐月賞 や菊花賞 「瞬5平4消1」 に対してのダービー 「瞬8平2消0」。皐月賞や菊花賞とは「求められる適性」がまったく違うのだ。

ラップギアについては、下記URLを参照してみてください。
http://saikyo.k-ba.com/members/lapgear/about.html


三冠馬とはそういった「異なる適性をすべて凌駕した上で成り立つもの」だからこそ価値がある。それは牝馬三冠にしても同じことで、近年桜花賞とオークスの二冠馬が多いのは、阪神芝1600mも東京芝2400mも同じラップギアのコース適性値 【瞬8平2消0】になってしまったからという理由に他ならない。2006年春以前の阪神芝1600m桜花賞は 「瞬3平6消1」で絶妙なバランスだったのだが、2007年以降の牝馬クラシック路線は二冠馬が誕生しやすいレース構成になってしまった。


■近年のダービー、人気で敗れた主な馬のラップギア適性値

1997年 2番人気 5着 ランニングゲイル  【瞬1平3消1】
1998年 3番人気 4着 セイウンスカイ   【瞬2平2消0】
2000年 2番人気 12着 ダイタクリーヴァ  【瞬0平5消1】
2001年 2番人気 5着 クロフネ      【瞬1平4消0】
2002年 2番人気 8着 ノーリーズン    【瞬1平2消0】
2004年 2番人気 8着 コスモバルク    【瞬2平2消0】
2008年 3番人気 18着 サクセスブロッケン 【瞬1平2消1】
2010年 1番人気 3着 ヴィクトワールピサ 【瞬3平3消0】
2010年 2番人気 6着 ペルーサ      【瞬2平2消0】
2010年 3番人気 9着 ヒルノダムール   【瞬2平3消0】
2011年 3番人気 12着 デボネア      【瞬0平1消1】
2014年 2番人気 6着 トゥザワールド   【瞬2平4消0】
2014年 4番人気 12着 レッドリヴェール  【瞬2平2消0】
それらに加えて
2012年 1番人気 4着 ワールドエース   【瞬3平2消0】
2013年 2番人気 5着 ロゴタイプ     【瞬3平2消0】
2015年 3番人気 3着 サトノクラウン   【瞬2平1消0】
この辺りも瞬発力不足が明らかだったと思われる。

単勝27.6倍フサイチコンコルド 【瞬2平0消0】
単勝13.6倍サニーブライアン  【瞬4平0消0】
単勝10.5倍ウオッカ      【瞬6平0消0】
単勝31.9倍エイシンフラッシュ 【瞬3平0消0】
荒れた年だって例外ではない。日本ダービーは間違いなく瞬発力で勝負するレースだ。


■2017年日本ダービーに出走予定のラップギア適性値

※瞬発力が不足していると思われる馬
ダンビュライト  【瞬1平1消0】
クリンチャー   【瞬1平1消0】
トラスト     【瞬0平2消0】
ベストアプローチ 【瞬1平2消0】
レイデオロ    【瞬1平2消0】
キョウヘイ    【瞬1平2消0】
ウインブライト  【瞬1平3消0】



先に「ダービーは瞬発力のみが求められる特殊なレース」と書いたのだが、それは古馬(中距離)重賞を基準としての話。ちょっとややこしくなるのだが、
古馬中距離重賞を基準とした場合「皐月賞が主流でダービーは傍流」なのだが、
2〜3歳重賞を基準とした場合は「ダービーが主流で皐月賞は傍流」だと考えられる。
つまり2〜3歳重賞と古馬重賞は、まったく別物ではないかという論法だ。

もう少し噛み砕いて説明すると、2〜3歳新馬戦はスローからの瞬発力勝負になりやすい。2〜3歳の重賞も少頭数であることが多く、これもスローからの瞬発力勝負になりやすい。だから新馬で強い競馬をした馬は、重賞でも好勝負をする可能性が高くなる。それが、岡村信将が「デビュー1戦だけで出世しやすい馬のラップが分かる」と言い始めた根拠でもある。

しかし皐月賞は、多くの3歳馬が初めて経験する「厳しい流れのレース」。皐月賞の人気要素は「少頭数の重賞」、つまりはスローからの瞬発力勝負を基準として形成されてゆき、それが「スローからの瞬発力勝負ではない」皐月賞で一旦リセットされてしまうということだ。

東京スポーツ杯2歳S、朝日杯フューチュリティS、共同通信杯にきさらぎ賞と弥生賞、王道と言われる重賞路線はすべて基本「スローからの瞬発戦」想定だと考えられる。違うのは京成杯ぐらいではないか? ホープフルS、スプリングSはどうかな? ちょっと今は調べる時間がないのだが。

逆に古馬の中距離重賞は、世代限定の(2〜3歳)重賞よりもペースが引き締まり、その多くが皐月賞に近い、持久力を必要とする流れになりやすい。だから古馬にとって「皐月賞が主流でダービーは傍流」。ダービーは特殊なレースという位置付けにもなる。

最近こういうことを考えていたのだが、だからこそ、ダービーでは・・・

続きは、VIPクラブ会員登録でご覧頂けます。
※限定公開期間終了後は、一般会員の方もご覧頂けます。
続きを読む
登録済みの方はこちらからログイン

2017年05月25日(木) 10:30 覆面ドクター・英
ダービー・2017
閲覧 2,577ビュー コメント 0 ナイス 10



いよいよ日本ダービーがやってきました。POGも区切りとなるし、ここからはのんびり夏競馬という感じにもなるし、ダービーはしっかり当てて、この世代の力関係把握が出来ていたと思いたいところでもあります。実際に馬に携わる人たちにとっては、ここを目指して配合を考え、種付けをして、生産、育成、オーナーがついて、調教師と厩務員、騎手とバトンをつないでのレースとなるので、四位騎手が「(軽々しく)他のG1と一緒とか言ってほしくない」、「(ダービー)勝ってから言えよ」というような発言をしていたことがいつも思い起こされます。本当にたくさんのホースマンが携わっての頂上決戦ということが、エージェントを通しての騎乗依頼だけだと若手には見えにくくなっている現状なのかもしれませんね。あとはダービー馬が種牡馬としてイマイチと言われないように常に種牡馬の王道であってほしいものです。

例年は皐月賞からの直行組が優勢でトライアル組は劣ることが多いのですが、今年は青葉賞だけでなくプリンシパルSもなかなか強い勝ち馬で、京都新聞杯はやや劣る(しかも勝ち馬は故障で出走できず)結果だったと思います。

それでは恒例の全頭診断を。

1番人気想定 アドミラブル ノド鳴り手術後は豪快な3連勝でダービーに間に合った。キャリア浅いがフサイチコンコルドのように十分やれるレベルの力がある。デムーロ騎手も皐月賞2着のペルシアンナイトではなくこちらを選んだように強い馬で楽しみ。大味な競馬をするがやれるのでは。血統背景的にもダービー馬にふさわしく、母父シンボリクリスエスは活躍馬続出でもある。

2番人気想定 レイデオロ 年末のホープフルSを余裕勝ちしての休み明けぶっつけで臨んだ皐月賞は、もっさり後方から最後に差を詰めての5着だったが、ここ狙ってのローテとはいえダービー向きの瞬発力足りない感じと成長いまひとつな感もあり、人気過剰と個人的には思っている一頭。消しもありでは。

3番人気想定 スワーヴリチャード 共同通信杯が周囲を見渡してから追い出す余裕の勝ち方で皐月賞も外から末脚を延ばしてきたが、いまいち成長感じなかった前走でもあり東京2400向きだろうが先週ソウルスターリングが巻き返したようにはいかないのでは。

4番人気想定 アルアイン 皐月賞馬にしては人気にならなそう。マイラーじゃないかという意見も結構あるが、皐月賞で4角で接触あって少し下がってきてから盛り返してきたのはスタミナもある証。妙味ある一頭。

5番人気想定 ペルシアンナイト 皐月賞では向こう正面で内がぽっかり空いているところをグイグイ上がっていき最内から2着まで来たが他の騎手があんなところ開けてたのは間抜け過ぎただけで(福永騎手は抜かりなく最内でペルシアンナイトの後ろをついて上がっていってたが)、あそこまで恵まれることはもう無さそうで、アルアインより、こちらこそマイラー寄りなのでは。消しもありか。

6番人気想定 サトノアーサー 年初は、この世代のダービー最有力候補という評価だったのがきさらぎ賞ではアメリカズカップに負け、毎日杯では末脚延ばすもアルアインに負けたが、折り合って末脚を伸ばせるようになってきており好勝負も可能では。ただ川田騎手とはあってない感じもあり微妙でもある。

7番人気想定 カデナ 京都2歳Sと弥生賞を勝ってはいるが皐月賞では3番人気9着と初めて連対を外した。ただゆったり追走して末脚を延ばす形の今回の方が良さそうで、再度好走も十分ありそう。

8番人気想定 ダンビュライト POGで指名したようにルーラーシップ産駒で期待していたのだが寄られるとカニのように逃げたりと期待はずれな内容が続いて迎えた皐月賞ではファンディーナの横で妙にやる気を出しての3着と父親似で強豪相手の3着惜敗が得意なよう。ここはそこそこ人気にもなりそうで妙味ないのかもしれないがナイスネイチャ(古い)のようにまた3着というのもあるかも。

それ以降の人気となりそうな馬達。

ベストアプローチ 父はあまり見ないがサドラー系のガリレオの仔でダーレーの馬らしく、母系もしっかりしているので、じわじわ強くなってきた。勝ったアドミラブルの派手さに隠れているが、この馬も圏内の実力があり楽しみな一頭。

ダイワキャグニー トライアルのプリンシパルSを完勝してきての参戦。前哨戦での仕上がり過ぎで調子落ちにならなければ本番でも通用するレベル。

ウインブライト スプリングS勝ち馬だが下した相手が揃ってその後さっぱりで、ステイゴールド産駒でもあまり距離延びて良さそうでもなく厳しいのでは。

クリンチャー ディープスカイ産駒はダートでの活躍ばかりだったが、ようやく芝の大物が現れた感じ。すみれSが強い勝ち方で皐月賞も厳しい流れで直線一旦先頭と頑張った。ただ瞬発力いまひとつなステイヤーな感じはあり、成長途上でもあり菊花賞で面白いのでは。

トラスト 皐月賞13着、NHKマイルC8着と距離短縮良さそうでここは要らない。

サトノクロニクル 京都新聞杯2着だが故障で出走できなくなった勝ち馬プラチナムバレット含めレースレベル自体いまひとつでもあり、この馬自身も常に1番人気で1勝しか出来ていないようにこの大一番では要らない。

マイスタイル 弥生賞2着は横山典騎手の絶妙のスロー逃げで東京2400では要らない。

キョウヘイ シンザン記念は道悪で追い込みはまったが以降さっぱりなように力不足。

アメリカズカップ 少頭数での淡々とした競馬が得意なマンハッタンカフェ産駒だけにきさらぎ賞のようにはいかない。

マイネルスフェーン 青葉賞9着は引っかかったのでノーカウントとしても、京成杯(3着)自体上位2頭がその後さっぱりな事や、ホープフルSでレイデオロの2着に来れたのはシュミノー騎手のイン強襲のファインプレーによるものとみられ力が落ちる。

ジョーストリクトリ 血統的には決して短距離馬ではないと思うが今年6戦目とそろそろお疲れでは。


<まとめ>
最有力馬 アドミラブル
有力馬 アルアインサトノアーサーカデナ
人気だが少し評価下げたい馬 レイデオロスワーヴリチャードペルシアンナイト
人気薄だがヒモで狙いたい馬 ダイワキャグニーベストアプローチ

[もっと見る]

2017年05月24日(水) 17:00 伊吹雅也
【伊吹雅也のピックアップ競馬データ2017年05月24日号】週末メイン「1点」分析EXTRA編(48)
閲覧 1,980ビュー コメント 0 ナイス 5



週末の注目レースを伊吹雅也プロが「1点」の傾向に注目して分析するウマニティ会員専用コラム。「さらにプラス1!」として挙げている種牡馬別成績も含め、ぜひ予想にご活用下さい。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


▼2017年05月27日(土) 京都10R 白百合ステークス
【“東京か京都、かつ芝のレース”における連対経験の有無別成績(2014年以降)】
●あり [3-3-3-16](複勝率36.0%)
●なし [0-0-0-10](複勝率0.0%)
→近年は東京や京都のレースに実績のある馬が優勢。なお、前走の着順が8着以下だった馬は2014年以降[0-0-0-10](複勝率0.0%)、前走の距離が1800m未満だった馬は2014年以降[0-0-0-7](複勝率0.0%)と、それぞれ苦戦しています。

<<さらにプラス1!>>
【『血統大全』このコースの“買い”】
京都芝1800m外×ハービンジャー×前走9着以内
→複勝率41.3%、複勝回収率171%


▼2017年05月27日(土) 東京11R 欅ステークス
【前走のコース別成績(2010年、2012〜2016年の欅ステークス、2011年のつばさ賞)】
●“ダ1400〜1600mのコース” [7-7-7-44](複勝率32.3%)
●“ダ1400〜1600mのコース”以外 [0-0-0-46](複勝率0.0%)
→2010年、2012〜2016年の欅ステークスと2011年のつばさ賞で好走を果たしたのは、前走がダ1400〜1600mのレースだった馬ばかり。ちなみに、前走のコースが“ダ1400〜1600mのコース”、かつ前走の着順が4着以内だった馬は[5-7-3-14](複勝率51.7%)とより堅実でした。


▼2017年05月28日(日) 京都10R 安土城ステークス
【馬齢別成績(2012年、2014〜2016年の安土城ステークス、2013年のディープインパクトカップ)】
●4歳 [0-1-0-11](複勝率8.3%)
●5歳 [5-4-3-13](複勝率48.0%)
●6歳以上 [0-0-2-38](複勝率5.0%)
→馬齢別の成績が異様に偏っているレース。今年も5歳の馬を重視しましょう。

<<さらにプラス1!>>

[もっと見る]

2017年05月24日(水) 16:00 夢月
【各馬の前走と妙味】〜2017日本ダービー〜
閲覧 1,984ビュー コメント 0 ナイス 3



東京芝2400m左回りで行われる日本ダービー
簡単にレースの特徴を説明したうえで、出走予定馬の前走を踏まえた妙味について書いていきたいと思います。


■2017春シーズン 『競馬プロ予想MAX』presents連載コラムについて詳しくはこちら
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=8644


■レースの特徴■

直線を迎えるとすぐに急坂があり、そのまま長い直線のため瞬発力と持続力を同時に求められるコース。
内をロスなく立ち回って、どれだけスタミナを温存出来るかが鍵となります。
求められるものが多く地力を発揮しやすいので荒れにくいレースと言えるでしょう。
力を出しやすいということは、極端なペースになりにくいということでもあるので、前にしろ後ろにしろ極端な脚質は軽視が安全策。
BコースからCコースに替わるので穴が来やすいのはやはり内枠なのですが、今年に限りそうとは言えない印象。それは、Bコースの馬場が思ったより悪くなってしまい、先週の時点でCコースの馬場をバンバン走ってしまっていること。ダービーまでにさらにダメージを受けているようだと、この穴パターンの基本線となる考え方はもう通用しなくなってくるでしょう。
以上のことから、今年の日本ダービーは枠に関係なく単純に強い馬が勝ちそうで、予想する側はどれだけ各馬の地力を正確に把握出来ているかにかかっていると言えます。
オーソドックスながらも大変難しいレースになるのではないでしょうか。


■前走の分析■

アドミラブル
●前走青葉賞 G2 1着 (経由3頭)
最後方で折り合いに専念し、大外を回すロスをものともせず先頭を射程圏に入れ、楽に突き放して快勝。
直線は遊びながら走って着差を広げており相当な器だろう。
本番までに・・・

[もっと見る]

2017年04月26日(水) 17:00 伊吹雅也
【伊吹雅也のピックアップ競馬データ2017年04月26日号】週末メイン「1点」分析EXTRA編(44)
閲覧 3,098ビュー コメント 0 ナイス 4



週末の注目レースを伊吹雅也プロが「1点」の傾向に注目して分析するウマニティ会員専用コラム。「さらにプラス1!」として挙げている種牡馬別成績も含め、ぜひ予想にご活用下さい。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


▼2017年04月29日(土) 京都11R 天王山ステークス
【“前年か同年、かつJRAの重賞かオープン特別”における連対経験の有無別成績(2014年以降)】
●あり [3-3-1-13](複勝率35.0%)
●なし [0-0-2-23](複勝率8.0%)
→前年以降の実績を素直に評価したい一戦。なお“前年か同年、かつJRAの重賞かオープン特別”において5着以内となった経験がない馬は2014年以降[0-0-0-14](複勝率0.0%)とさらに苦戦しています。

<<さらにプラス1!>>
【『血統大全』このコースの“買い”】
京都ダ1200m×プリサイスエンド×前走5着以内
→複勝率72.2%、複勝回収率186%


▼2017年04月29日(土) 東京11R テレビ東京杯 青葉賞

[もっと見る]

2017年01月19日(木) 18:52 競馬プロ予想MAX
先週の回顧〜(1/14〜1/17)佐藤洋一郎プロが回収率215%、収支+81万超!
閲覧 856ビュー コメント 0 ナイス 5

先週は14(土)にG3愛知杯が、15(日)にG3京成杯、17(火)にG2日経新春杯がそれぞれ行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
G3愛知杯プリメラアスールがレースを引っ張って直線コースへ。すぐさま逃げるプリメラアスールを馬なりで交わしてサンソヴールが先頭!内からはクインズミラーグロマラムデール、外からアンジェリックがこれを追います!残り200mを通過、態勢変わらず逃げ込みを図るサンソヴール、しかしここで大外からマキシマムドパリがエンジン点火、1頭違う脚で猛追してきます!残り50m、ここであっさりサンソヴール捉えると最後は流して余裕の1着!5歳で嬉しい初重賞制覇となりました!1馬身半差の2着にサンソヴール、そこから1馬身差の3着にマラムデールが入っています。
 
公認プロ予想家では山崎エリカプロ他9名が的中させています。
 
 
G3京成杯メリオラが先頭で直線コースへ。逃げるメリオラのリードは半馬身、2番手にベストリゾート、後続は固まってポポカテペトルバリングラアサギリジョーコマノインパルスが並んで追い出しにかかります。残り200mを通過、ここで外からまくるように進出したコマノインパルスが一気に前を捉えて先頭!さらには大外からガンサリュートが良い脚で追い込んで2頭が抜け出しての追い比べ!ゴール前は激しい叩き合いとなりましたが、わずかにコマノインパルスガンサリュートの追撃を振り切り、重賞初制覇となりました!クビ差の2着にガンサリュート、そこから半馬身差の3着にマイネルスフェーンが入っています。
 
公認プロ予想家では山崎エリカプロ他7名が的中しています。
 
 
G2日経新春杯ヤマカツライデンが先頭で直線コースへ。逃げるヤマカツライデンのリードは2馬身、2番手に抜群の手応えでミッキーロケット、これをマークするようにシャケトラ、やや間があいてモンドインテロの態勢。残り200mを通過、逃げるヤマカツライデンを捉えたミッキーロケットシャケトラの2頭が抜け出して激しい叩き合い!内ミッキーロケット、外シャケトラ!ゴール前まで続板壮絶なデットヒートは僅かに内ミッキーロケットがハナ差シャケトラを抑え込んで優勝しました!ハナ差の2着にシャケトラ、そこから2馬身差の3着にモンドインテロが入っています。
 
公認プロ予想家ではKOMプロ他7名が的中しています。
 
------------------------------------------------------------------------------
 
☆☆☆注目プロ →佐藤洋一郎プロ
14(土)中山7Rで『潜在能力は高い。B着怖がり馬がやっと引き当てた外枠。激変!』と狙った単勝137.4倍の大穴◎ダイワチャーチルからの3連複3970倍を200円的中させ、79万4040円を払い戻しました!この他にも17(火)京都9Rで3連単2468倍、16(月)中京12Rで◎マイネルツィールの単複、3連複349倍を400円的中させ、19万9780円を払い戻すなど冴えわたる予想を披露!週末トータル回収率215%、収支プラス81万9220円をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →ゼット1号プロ
14(土)中山2Rで◎○▲の本線決着!単勝22.3倍、ワイド40.7倍、3連複75.3倍を仕留め、16万310円を払い戻しました!17(火)の京都4Rでも13万6750円を払い戻すなど的中を連発させ、週末トータル回収率196%、収支プラス59万9120円の好成績を収めています。
 
☆☆☆注目プロ →dream1002プロ
14(土)京都8Rで『距離短縮に期待を寄せるスターリーウインド。ロスの多い競馬になった前走と一変して直線怒涛のキレを魅せる筈。』と狙い打ったスターリーウインドが見事1着!◎▲△の印で3連単408倍を300円的中させ、12万2580円を払い戻しました!同日の京都12Rでも◯◎△の印で3連単1418倍を的中させました!週末トータル回収率168%、収支プラス11万6380円をマークしています。
  
☆☆☆注目プロ →マカロニスタンダーズプロ
14(土)京都11Rで単勝22.8倍の伏兵◎トーキングドラムの単複を仕留め、4万4800円を払い戻し!この他にも勝負レースに指定した15(日)中山9Rで◎アールプロセスの単複を仕留め、4万1600円払い戻すなどコンスタントに的中を重ね、週末トータル回収率156%、収支プラス14万7020円をマークしています。
 
この他にも馬っしぐらプロ蒼馬久一郎プロ山崎エリカプロろいすプロシムーンプロきいいろプロサウスプロが週末トータル回収率100%超の活躍を見せています。
  
※全レースの結果速報はこちら
    
来週も競馬プロ予想MAXにご期待ください!

[もっと見る]

⇒もっと見る

マイネルスフェーンの口コミ


口コミ一覧
閲覧 34ビュー コメント 1 ナイス 12

当週の最終追い切りはもちろん、
1週前追い切りや過去の追い切りの映像を見比べながら、
日本ダービー出走馬の追い切り診断をしていきます。


.瀬鵐咼絅薀ぅ

1週前に速めの時計を出しておいて、最終追い切りは軽め、という流れは皐月賞時と一緒。
坂路で併せたアメリカズカップよりも好内容の追い切りでしたし、良い意味で平行線という評価を下したいです。

▲▲瓮螢ズカップ

最終追い切りはダンビュライトと併せるも、一杯に追いながら完敗。
きさらぎ賞時には3週連続で坂路4F51秒台をマークしていましたから、時計的にも物足りない追い切りでした。

マイスタイル

CWでの最終追い切りの時計は平凡でしたけど、
1週前にCWで6F82.2秒、終い1F11.9秒という好時計をマークしていますので、態勢は整っています。
昨年11月の新馬戦からコンスタントに使われていますが、馬自体は元気いっぱいです。

ぅ好錙璽凜螢船磧璽

皐月賞時は最終追い切り・1週前追い切りともに速い時計を出してきたのですが、
今回は1週前に速い時計を出し、最終追い切りをセーブ気味にする、という調教パターンに変えてきました。
リズミカルな動きを見せていますし、調教パターンを変えた事がプラスに作用する可能性は十分あると思います。

ゥリンチャー

追い切りの動きだけを見ると買う気が起きないんですけど、
地味な追い切りでもしっかりと結果を出すタイプなので、動きが悪くても問題ないと思います。

Ε汽肇離◆璽機

池江厩舎定番の最終追い切りCW4F追い。
レース間隔が空いていますけど、1週前にCWで負荷のかかった追い切りを敢行していますから、問題ないでしょう。
頭を低くしてダイナミックなフォームで駆け抜ける姿は世代トップの風格を感じさせるものがあります。

Д▲襯▲ぅ

サトノアーサーと同じく、1週前に負荷をかけ、最終追い切りは4Fでさらっと、という調整です。
申し分ない動きを見せていますし、皐月賞時と同じくらいの状態で出走する事ができると思います。

┘肇薀好

NHKマイルカップ時よりも良い脚さばきを見せていました。
でも、使い詰めですし、動き自体に迫力も感じないので、戦績通り今回も厳しいレースになりそう。

マイネルスフェーン

2週連続で美浦Wで長めを追われました。
跳びも大きく、前走を叩いての上積みは十分ありそうです。

ベストアプローチ

青葉賞時の最終追い切りはセーブ気味でしたけど、今回の最終追い切りはしっかりと追ってきました。
人気上位馬たちと遜色ないくらい良い動きだったと思います。

ペルシアンナイト

公式の最終追い切りの映像は遠い位置からのものしか提供されていませんので、
最終追い切りの動きの良し悪しを判断する事はできませんでした。
1週前には力強いフォームでまずまずの時計を出していますから、
皐月賞時の状態をキープしているのは間違いなさそうです。

レイデオロ

藤沢和厩舎らしい軽めの最終追い切り。
騎手が軽く促してから、スッと脚を伸ばしたところに競走馬としての高いセンスを感じました。
もう少し力強さがあれば完璧なんですけど、皐月賞時よりも状態は上向きです。

カデナ

坂路をメインにしていた馬ですけど、今回は2週連続CWで追い切りました。
近走の追い切り動画を見てみると、弥生賞時の動きが一番良く見えたのですが、この馬なりの動きはできていると思います。

ジョーストリクトリ

使い詰めですが、まずまずの動きを見せていました。
でも、今の状態をキープする事に焦点を当てた追い切りだったので、大きな上積みは感じません。

ダイワキャグニー

脚さばきは上々だったんですけど、顔を横に向けながら走っている点はマイナス。
能力自体は高いと思いますが、今回も難しい気性面との戦いになりそうです。

哀ョウヘイ

NHKマイルカップ時と同じく、栗東CWで小気味よい走りを見せています。
でも、ピッチ走法の馬ですから、2400mへの距離延長はマイナスに働くと思います。

吋Εぅ鵐屮薀ぅ

1週前追い切りの動きは良かったんですけど、最終追い切りは軽め。
距離を考慮しての調整なんでしょうが、時計だけじゃなく動きも物足りませんでした。、

殴▲疋潺薀屮

大外枠に入ってしまいましたが、最終追い切りの動きはピカイチ。
1週前追い切りも楽な手応えで併走馬を圧倒していましたし、青葉賞の疲れは感じられません。


追い切りが良かった馬を順位付けしていくと…

1位⇒アドミラブル
2位⇒サトノアーサー
3位⇒スワーヴリチャード
4位⇒ベストアプローチ
5位⇒ダンビュライト

以上のようになります。

追い切りだけを見れば、アドミラブルとサトノアーサーの一騎打ち!と予想しますけど、
どちらも差し・追い込み脚質ですし、アドミラブルは大外枠でサトノアーサーは休み明け、
というマイナス要素を抱えている点が悩ましいところです…。

穴馬ではベストアプローチが面白そう。
青葉賞でアドミラブル相手に完敗だったので、更に相手が強くなるダービーでは苦しい感じがしますが、
追い切りの動き自体は良好ですから、買い目に余裕があれば押さえておきたいです。

 ムーンホーセズネック 2017年05月25日(木) 23:48
競馬検討 追い切り 2
閲覧 32ビュー コメント 0 ナイス 7

ダービー

ダンビュライト 坂路、併せ馬、動き軽快、集中して、ビッシリ、時計優秀

アメリカンズカップ 坂路、併せ馬、動き軽快、集中して、ビッシリ

マイスタイル 長め、併せ馬、動き軽快、集中して、ビッシリ、先着

スワーヴリチャード 長め、併せ馬、動き軽快、集中して、ビッシリ

クリンチャー 坂路、単走、動き軽快、集中して

サトノアーサー 長め、併せ馬、動き軽快、集中して、捕まっ

アルアイン 長め、併せ馬、動き豪快、集中して前向き、ビッシリ

トラスト 長め、単走、動き軽快、集中して

マイネルスフェーン 長め、単走、動き軽快、集中して前向き

ベストアプローチ 長め、併せ馬、動き軽快、集中して、突き放す

ペルシンアンナイト 長め、併せ馬、動き軽快、集中して、先着

レイデオロ 長め、併せ馬、動き軽快、集中して前向き、ビッシリ

カデナ 長め、併せ馬、動き軽快、集中して、ビッシリ

ジョーストリクト 長め、併せ馬、動き軽快、集中して、ビッシリ

ダイワギャグニー 坂路、併せ馬、動き軽快、集中して、ビッシリ

キョウヘイ 長め、単走、動き軽快、前向き

ウインブライト 長め、併せ馬、動き軽快、集中して、置かれ

アドミラブル 坂路、併せ馬、動き豪快、集中して前向き、ビッシリ、先着 

[もっと見る]

 やすの競馬総合病院 2017年05月25日(木) 21:31
日本ダービーの単勝お買い得馬を調査する(調査2日目
閲覧 78ビュー コメント 0 ナイス 1

今日も、netkeiba.comの単勝予想オッズを参考にして、日本ダービーの単勝お買い得馬を探すお遊び企画の続き(調査2日目)ですが、2日目の馬達は人気薄の馬達なんで不安要素は無視して好材料だけを探していきます。

※2日目なので細かい説明は1日目のを参照してください。

クリンチャー(単勝予想オッズ 30.7倍)
単勝24倍以上はつくのかな?
GI未勝利の藤岡兄にダービーの舞台で大波乱を巻き起こすような好騎乗を期待するのは酷かもしれませんけど・・・。
皐月賞は0.3差4着と頑張ってたし、先行して豊富なスタミナと持久力を活かして粘りこむというタイプやから距離延長もよさそうなんで、騎手の乗り方次第で大波乱を巻き起こす可能性はあってもいいかな。
お買い得度は94点

ベストアプローチ(単勝予想オッズ 55.8倍)
単勝45倍以上はつくのかな?
岩田がダービー勝ってるのはいいんですけど・・・。
1勝馬で青葉賞組なんでダービー勝つのは厳しいのかな〜。
お買い得度は70点

ウインブライト(単勝予想オッズ 117.0倍)
単勝80倍以上はつくのかな?
皐月賞0.5差8着ですけど、戦績や上がり3Fを見てると中山から東京に変わるのはマイナスっぽいんですよね〜。
松岡は人気薄でGI勝つから不気味ですけど、GIは2勝だけで期待値高くないんで・・・。
お買い得度は75点

アメリカズカップ(単勝予想オッズ 212.7倍)
単勝100倍以上はつくのかな?
中山から東京に変わってパフォーマンス上げたとしても、皐月賞2.7差18着という最下位からダービー馬ってさすがに厳しいのかな〜。
騎手は引き続き松若なんで騎手で前走から変化ないし、GIまだ勝ってない騎手ですからね〜。
お買い得度は73点

マイスタイル(単勝予想オッズ 284.9倍)
単勝100倍以上はつくのかな?
重賞勝ってないし、皐月賞1.8差16着という大敗からダービー馬ってさすがに無理あるかもですが、皐月賞は先行してなかったんで持ち味が出せなかったのかな?
横山典は良い意味でも悪い意味でも何やってくるかわからないから不気味さあるし、ハーツクライ産駒で距離延長がプラスに出る場合あるし、人気薄の先行馬は騎手の乗り方次第で不気味なとこあるんで・・・。
お買い得度は92点

キョウヘイ(単勝予想オッズ 407.4倍)
単勝100倍以上はつくのかな?
今年のNHKマイルCで1.4差14着の大敗してるようでは、仮に不良馬場で先行勢総崩れというようなこの馬向きの馬場と展開になったとしても勝つのは厳しい感じはするかな〜。
騎手は引き続き高倉なんで騎手で前走から変化ないし、GIまだ勝ってない騎手ですからね〜。
お買い得度は70点

トラスト(単勝予想オッズ 484.4倍)
単勝100倍以上はつくのかな?
人気薄の先行馬なんで不気味さはあるけど、皐月賞0.8差13着、NHKマイルC1.0差8着でGIじゃ上位にこれてないし、毎日杯から詰め詰めのローテで疲れも心配。
前走乗ってた柴田大がマイネルスフェーンに乗ってるんで、今回は丹内とのコンビですけどGI勝ってない騎手やし、この馬に逃げさせてマイネルスフェーンの得意な流れにするアシスト役に使う可能性もなくはないかも?
お買い得度は70点

マイネルスフェーン(単勝予想オッズ 487.1倍)
単勝100倍以上はつくのかな?
青葉賞2.4差9着の大敗は先行したから参考外でもいいかもですが・・・。
中団より後ろで溜める競馬に戻したとしても、1勝馬やし、重賞未勝利なんで、ダービー勝つのは厳しいのかな〜。
前走に引き続き柴田大で騎手の変化ないし、平地のGIは1勝だけなんで期待薄かも。
お買い得度は74点

ジョーストリクトリ(単勝予想オッズ 708.8倍)
単勝100倍以上はつくのかな?
春GI好調の武豊から内田に替わるのはマイナスやけど、内田もダービー勝ってるし、武豊とはタイプの違う剛腕系なんで乗り替わりがいい方に出る場合もあるのかも?
ただ、どう見てもこの春の最大目標はNHKマイルCだったと思うけど、NHKマイルC1.3差12着の大敗やし、そこから距離延長+相手強化じゃ期待薄かな〜。
お買い得度は72点

☆日本ダービーのお買い得馬 上位3頭☆
96点カデナ(想定単勝オッズ 15.8倍)
95点スワーヴリチャード(想定単勝オッズ 5.7倍)
94点クリンチャー(想定単勝オッズ 30.7倍)

この3頭がどんな結果を残してくれるか楽しみです。

☆おまけ☆
日本ダービーの枠順が決まりましたね〜。

ぼくはまだ全く予想してなかったので、ほ〜〜こういう並びになったか〜ぐらいの感想ですけど、ダービーで狙いたい馬が早くから決まってる人にとっては、よっしゃ!いい枠引いた!!とか、うわ〜〜。その枠引いちゃうか〜〜など、いろんな感想がありそうですね。

[もっと見る]

マイネルスフェーンの掲示板

コメント投稿
コメント一覧
コメントはありません。

マイネルスフェーンの写真

マイネルスフェーン

マイネルスフェーンの厩舎情報 VIP

2017年4月29日テレビ東京杯青葉賞 G29着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

マイネルスフェーンの取材メモ VIP

2017年4月29日 テレビ東京杯青葉賞 G2 9着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。