注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます!⇒いますぐ会員登録(無料)
POGウォッチリストに登録すると、ウマニティPOGのPOGリストに追加できます!

マイネルスフェーン(競走馬)

注目ホース

マイネルスフェーンの関連ニュース

【ラジNIK賞】スフェーン状態◎2017年6月22日(木) 05:02

 《美浦》ダービー16着のマイネルスフェーン(手塚、牡)は、Wコース単走で一杯に追われ、5ハロン65秒9−13秒2。「少し速くなってしまったけど、それだけ状態が良くなっているからだと思う。今度は違う」と手塚調教師。僚馬で2戦2勝のセダブリランテス(牡)は、Wコースで僚馬に馬なりで4馬身先着。5ハロン66秒6−13秒1をマークした。「すごく良かった。能力が高い馬。器用さもあるので福島でも」と手塚師。

 桜花賞8着以来のライジングリーズン奥村武、牝)は、Wコースで4ハロン55秒0−12秒8。騎乗した丸田騎手は「これからまだ良くなる馬。決め手があり、小回りの福島でも」と意気込む。

[もっと見る]

【日本ダービー】レースを終えて…関係者談話2017年5月29日(月) 05:02

 ◆横山典騎手(マイスタイル4着) 「皐月賞のときは馬が行かなかったが、きょうは自分から行った。自分のペースに持ち込めて、最後もよく粘っている」

 ◆武豊騎手(ダンビュライト6着) 「2番手が消極的すぎて、あまりにもペースが遅く、内で動くに動けなかった」

 ◆戸崎騎手(ペルシアンナイト7着) 「ペースが遅く、1コーナーの入りで少しハミをかんだ。向こう正面で勝ち馬についていって脚を使ったぶん、最後は伸び切れなかった」

 ◆丹内騎手(トラスト8着) 「レース前から落ち着いていた。2番手から進んで、最後も頑張っている」

 ◆岩田騎手(ベストアプローチ9着) 「きょうはちゃんとゲートを出てくれた。ただ、向こう正面からまくる馬がいて、めまぐるしい競馬になって動くに動けなかった」

 ◆川田騎手(サトノアーサー10着) 「今まで教えてきたことはできていたし、上手に走れていたが、あまりにもペースが遅すぎました」

 ◆福永騎手(カデナ11着) 「最後はいい脚を使っているが、勝負どころでいいポジションを取れなかったのがすべて」

 ◆高倉騎手(キョウヘイ12着) 「ゲートを出て、外から絞られる格好になった」

 ◆藤岡佑騎手(クリンチャー13着) 「行くつもりで出していったが、(ハナへ)行き切れなかった」

 ◆北村宏騎手(ダイワキャグニー14着) 「早い段階からモタれて走っていた。これから力をつけてくれば…」

 ◆松岡騎手(ウインブライト15着) 「現状では頑張っている」

 ◆柴田大騎手(マイネルスフェーン16着) 「ペースが遅くて折り合うのが大変だった」

 ◆松若騎手(アメリカズカップ17着) 「距離が長いので折り合い重視で乗った。まだこれからの馬ですからね」

 ◆内田騎手(ジョーストリクトリ18着) 「テンに行くと止まるので後ろから。頑張っているよ」

★28日東京10R「日本ダービー」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【日本ダービー】最新ナマ情報2017年5月28日() 05:05

◆あとは鞍上任せ〔1〕ダンビュライト

 僚馬2頭とともに午後4時20分に到着。落ち着きがあってリラックスムードだ。濱田助手は「前走よりも雰囲気がいい。ここまで思った通りなので、あとは鞍上に任せます」と武豊騎手に全てを委ねた。

◆輸送は問題なし〔2〕アメリカズカップ

 周りににらみをきかせるような目つきで馬運車から降りてきた。「前走は到着したときに汗びっしょりだったけど、2回目なので落ち着いている。成長途上でどれだけやれるかだね」と橋本美助手。

◆無欲の一発期待〔3〕マイスタイル

 皐月賞16着からの巻き返しを狙う。「多少、渋滞はあったけど落ち着いています。距離に関しては何ともいえないけど、うまく運んでくれれば」と2008年にディープスカイでダービーを制した堂本助手は無欲の一発を期待している。

◆馬体の張り見事〔4〕スワーヴリチャード

 関西馬の大トリで午後4時40分に到着。堂々とした脚取りで馬体の張りも目を引く。久保淳助手は「元気いっぱいで問題なしですよ。前走より体がシャープになって、デキはいいと思う。左回りの今回は期待しています」と力を込めた。

◆落ち着いている〔5〕クリンチャー

 皐月賞で13番人気を覆し、見せ場十分の4着。「輸送は前走で経験しているし、順調だった。めちゃくちゃ落ち着いている。前に行かせてムキになる馬でもないので、どんな競馬にも対応できるし、血統的にもスタミナはある」と長谷川助手。

◆ほどよく気合!!〔6〕サトノアーサー

 初めての長距離輸送を無事にクリアし、ほどよい気合乗り。田重田助手は「輸送中も到着後も、変わらずに落ち着いていますね。前走後に全体的にパワーアップして、現時点ではこれが最高の状態だと思います」と胸を張った。

◆心身ともに上昇〔7〕アルアイン

 到着後に約15分間の引き運動を行い、蹄鉄のずれを修正した。音瀬助手は「落ち着いていて順調にきました。前走後も心身ともに上昇度を感じます。心肺機能が高いので、距離延長は気にしないでいいと思います」と2冠達成をにらんだ。

◆上積みに期待!!〔8〕トラスト

 札幌2歳Sの覇者が念願のひのき舞台に立つ。「1時間ぐらい渋滞はあったけど、特に問題はなかった。NHKマイルC(8着)の後、体は細くなったけど、1週間ほど休ませたら戻ってきた。調教も前走よりも動いていたよ」と疋田厩務員は上積みに期待する。

◆変わりなく順調〔9〕マイネルスフェーン

 Aコースでキャンターをしてから坂路4ハロン67秒2。ゆったりとした走りで、叩いた効果はうかがえる。「いつものウチの厩舎の最終調整。変わりなく順調にきていますね。無事にここまでこれたのはなにより」と手塚調教師。

◆短期間に急成長〔10〕ベストアプローチ

 青葉賞2着馬がさらに調子を上げている。到着後も落ち着きがあり、馬体の張りとつやは抜群。「輸送も4回目で、だいぶ慣れてきた。青葉賞を使ってから短期間でグングン良くなってきた。カイバ食いも今までで一番いいよ」と藤森厩務員は体調の良さを強調する。

◆状態アップ!!〔11〕ペルシアンナイト

 午後4時28分に到着すると、引き運動で体を軽くほぐした。「渋滞でいつもより1時間くらい遅れたけど、問題ないですよ。先週の追い切り後から良くなって、何とか間に合った。前走と同じくらいまできました」と齊藤助手。

◆目の輝きが違う〔13〕カデナ

 前日輸送の関西馬では一番早い午後4時15分の到着。「輸送中はジーッとしていた。皐月賞のときはおとなしすぎたけど、今回は落ち着いた中に気合もだいぶ入っている。追い切りでスイッチが入ったのかな。目の輝きが違う」と江藤厩務員。

[もっと見る]

【日本ダービー】最新ナマ情報2017年5月27日() 05:02

◆武の手腕に期待〔1〕ダンビュライト

 坂路を軽快に4ハロン62秒9−15秒4。生野助手は「一戦ごとに馬がしっかりしてきて、しまいの脚も使えるようになっています。枠((1)番)も絶好だし、(武)豊さんがうまくさばいてくれると思います」と期待する。

◆気合乗り良し!!〔2〕アメリカズカップ

 気合乗りよく4ハロン60秒6−15秒3で登坂した。生野助手は「状態はキープしています。距離は少し長いかもしれませんが、抜群の枠((2)番)を引いたので、ロスなく運びたいですね」と話した。

◆デキは前回以上〔3〕マイスタイル

 4ハロン72秒8とゆったりしたペースで坂路を上がった。昆調教師は「前回以上のデキ。やるだけのことはやったので、どこまで能力を発揮できるか。あとはジョッキーに任せます」と笑顔で結んだ。

◆スローなら行く〔5〕クリンチャー

 坂路を4ハロン63秒9−15秒7で駆け上がった。宮本調教師は「いい状態でいけそう。スローなら行くし、速ければ控えてもいい。スタミナはあるので、先行力を生かしたいね」と見通しを語った。

◆ダービー仕様で〔6〕サトノアーサー

 活気十分に登坂し、4ハロン66秒4−15秒6。兼武助手は「力がみなぎっていますね。追い切るごとによくなっている印象がある。このダービーのためにいろいろ考えて調教やレースをやってきたので、いい結果につながってほしい」と力を込めた。

◆2冠へ入念調整〔7〕アルアイン

 皐月賞馬は、角馬場で体をほぐしてから坂路を駆け上がり、4ハロン65秒6−15秒5を計時した。兼武助手は「先週追い切ってからピリッとしてきて体調はよさそう。前回のきつい競馬の後でもよくなっている。心肺機能が高いんでしょうね」と2冠を期待する。

◆気性成長著しい〔8〕トラスト

 角馬場からCWコースを周回。中村調教師は「一戦ごとにどんどん落ち着きが出ている。カイバをよく食べるので、回復も早い。内の馬の出方を見ながら、持ち味を生かしたレースをしたい」とプランを描く。

◆変わりなく順調〔9〕マイネルスフェーン

 坂路をゆったりと4ハロン66秒6で駆け上がった。手塚調教師は「変わりなく順調です。枠は外すぎるのが嫌だったので、いいんじゃないかな。(奇数番も)ゲートが悪い馬でもないので。中団くらいで脚をためていければ」とイメージする。

◆「めっちゃ良い」〔10〕ベストアプローチ

 CWコースを軽快に駆けてからゲート確認を行った。荻野助手は「めっちゃよくて気持ちよかった。前回は輸送後にカイバを食べずに体が減ったけど、前回より体は増えている」と好感触だ。

◆乗り替わりOK〔11〕ペルシアンナイト

 小気味よく坂路で4ハロン64秒1−15秒0をマーク。兼武助手は「元気がある中でもリラックスできていて、力みなく走れていた。変に高ぶるタイプじゃないので、乗り替わりも気にならない」と好気配を伝えた。

◆藤沢和師「いい」〔12〕レイデオロ

 坂路をゆったりと4ハロン65秒7で登坂。落ち着きがあり、大レースを控えたピリッとした雰囲気を陣営ともども感じさせない。「いいねえ。皐月賞を使って調整はやりやすかったし、落ち着いている」と藤沢和調教師。27日に輸送する予定で、「1日前に入ってゆっくりした方がいい。オークスソウルスターリングもそうだったから」と、牡牝3歳王者取りへ万全を期して送り出す。

◆ケチ付けようない〔13〕カデナ

 角馬場でじっくりと乗り込んだ。中竹調教師は「腹袋がしっかりあって、毛づやもいい。見た目にケチの付けようがない。ここを目標に早い段階から思い通りのメニューを消化できているからね」と、仕上がりのよさに目を細めた。

[もっと見る]

【日本ダービー】全頭分析シバチャ〜ト(4)2017年5月26日(金) 05:07

★芝の中距離はもってこい!! ペルシアンナイト 18点

 距離を不安視された皐月賞は2着。ここまでデビューから6戦してすべて馬券に絡む安定した内容だ。距離不安はマイルでの競馬が強かったためで、父ハービンジャーなら芝の中距離はもってこい。6戦すべて上がりタイムがメンバー3位以内と決め手もある。時計が少しかかる方がベター。

★マイラー血統で距離の壁が マイスタイル 12点

 皐月賞こそ16着だったが、それ以外は堅実な成績。弥生賞では逃げて2着に粘ったように、ペースに合わせた競馬ができる強みがある。ただ、母の父がフォーティナイナーでは距離の壁がありそう。本質はマイラーか。パワーがある血統なので、道悪で時計のかかる馬場は歓迎。

★瞬発力勝負では分が悪く… マイネルスフェーン 13点

 9戦とキャリア豊富。中山でも東京でも安定して走っている。京成杯の後は皐月賞をパスして青葉賞へ。9着という結果は休み明けを考慮しても少し負けすぎの印象だ。あまり切れる脚を使えないのは、いかにもステイゴールド産駒らしい。東京で一線級相手の瞬発力勝負では分が悪い。

★上昇度ならこの馬が一番! レイデオロ 18点

 デビュー3連勝でホープフルSを勝った逸材だが、ぶっつけの皐月賞では追い込んで5着。いかにも脚を余した内容で、距離延長と東京で巻き返しが可能だ。皐月賞が今年初戦だけに、上昇度はこの馬が一番だろう。不安があるとすれば、高速決着への対応だけ。道悪もこなせる血統だ。

日本ダービーの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【日本ダービー】枠順確定!各陣営の反応は2017年5月26日(金) 05:05

◆「ロスなく行ける」〔3〕マイスタイル

 皐月賞16着からの巻き返しを狙うマイスタイルは、〔2〕枠(3)番となった。藤野助手は「ロスなく行けるし、内枠は良かった」とニッコリ。

◆内の偶数枠歓迎!!〔4〕スワーヴ

 共同通信杯勝ちがあるスワーヴリチャードは〔2〕枠(4)番。庄野調教師は「今週からCコースに替わって内めの馬場状態も悪くないので、いい枠だと思う」と歓迎。ややスタートに不安を残すだけに、「(後入れの)偶数もいいし、前走くらい出てくれたら」と期待する。

◆うれしい“3冠枠”〔5〕クリンチャー

 2頭の3冠馬(ディープインパクトオルフェーヴル)が勝利をつかんでいる〔3〕枠(5)番に決まったクリンチャー。「うれしい枠。自由自在の競馬ができるし、ロスなく行けそう。他の馬が行かないならハナでも」と宮本調教師は笑顔を見せた。

◆「いい枠」笑顔〔6〕サトノアーサー

 連覇がかかる川田騎手が騎乗するサトノアーサーは〔3〕枠(6)番に入った。内側をロスなく運べる枠は歓迎材料だ。川合助手は「ためて最後に突き抜けてくるタイプなので、いい枠じゃないかなと思います」と笑みを浮かべた。

◆「内、外見ながら」〔7〕アルアイン、「外すぎず良かった」〔11〕ペルシアンナイト

 皐月賞アルアインは〔4〕枠(7)番、僚馬で2着のペルシアンナイトは〔6〕枠(11)番に入った。川合助手は、「アルアインは自由自在な馬なので、内、外を見ながら競馬ができる。(中間も)角馬場で入念に乗り込んでいるので」と話し、2冠制覇へ好感触。「ペルシアンはゲートの出はそこまで速くはないが、外すぎず良かった。状態もよくなってきたので楽しみです」と満足げだ。

◆「楽に先手取れる」〔8〕トラスト

 トラストは〔4〕枠(8)番。長谷川助手は「GI(朝日杯FS(18)番、皐月賞(18)番、NHKマイルC(13)番)でずっと外枠だったことを思えば十分です。他の馬よりスタートも行き脚も速いので、楽に先手を取れると思う」とハナを切る構えだ。

◆「枠は特別気にしない」〔9〕マイネルスフェーン

 青葉賞9着のマイネルスフェーンは〔5〕枠(9)番から巻き返しを狙う。矢嶋助手は「ど真ん中ですね。枠は特別気にしていなかったし、この馬のパフォーマンスを出せるように頑張ってもらうだけ」と無欲で送り出す。

◆「真ん中」感触よし〔10〕ベストアプローチ

 ベストアプローチは〔5〕枠(10)番。周囲の出方を確認しながら運べるゲートだ。「ちょうど真ん中の偶数番の枠。良かったと思うよ」と田代助手。

◆中竹師「仕方ない」〔13〕カデナ

 皐月賞9着から巻き返しを狙うカデナは〔7〕枠(13)番。中竹調教師は、「決まったものは仕方がないし、(福永)祐一に任せる。ゲートに癖がある馬じゃないので」と話した。

◆枠よりも馬場状態〔14〕ジョーストリクトリ

 NHKマイルC12着のジョーストリクトリは、外めの〔7〕枠(14)番。押田助手は「注文がつくタイプじゃないので枠はどこでもよかった。雨の影響が残るような馬場になってくれれば」と語った。

◆「枠なりの競馬を」〔15〕ダイワキャグニー

 東京で3戦3勝のダイワキャグニーは〔7〕枠(15)番。菊沢調教師は「ダイワスペリアーも〔7〕枠(15)番だったね」と、騎手時代に騎乗して3着だった馬を懐かしんだが、この馬はスタンド前発走にやや不安。それだけに「しようがないね。枠なりの競馬をしてもらうだけ。ジョッキーとも相談したい」と、外枠が残念そうだった。

[もっと見る]

【日本ダービー】追って一言2017年5月25日(木) 05:04

 ◆アメリカズカップ・音無師 「ここ2週は手控えたが、当週はしっかり追い切った。距離は乗り方次第。少しでもプラス体重で出走できれば」

 ◆ウインブライト・畠山師 「先行馬が速かったので、無理に追いかけず折り合いを重視。2400メートルは未知数だが、前半からうまく(折り合って)走れるかが鍵」

 ◆キョウヘイ・宮本師 「半マイル追いで、動きは悪くない。血統的にも距離はもつと思う」

 ◆ジョーストリクトリ・清水久師 「先週しっかりやっているし、馬なりは予定通り。距離は分からないが、折り合いは問題ない」

 ◆トラスト・長谷川助手 「速い時計を出すつもりはなかったけど、いい感じでした。いい状態は維持しています」

 ◆ベストアプローチ・岩田騎手 「土曜日に乗ったときよりも、反応はよかった。いい負荷をかけられたと思う。前走も悪くない内容だった」

 ◆マイスタイル・昆師 「実質追いは先週に済ませ、現状としては思い通りに仕上がった。コースで調教して、体力はついてきていると思う」

 ◆マイネルスフェーン・手塚師 「使って雰囲気が変わってきた。今回は折り合い面も大丈夫そう。本来はじっくり脚をためるタイプ。イメージ通りの競馬ができれば」

日本ダービーの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【日本ダービー】データ大作戦(1)戦績&ステップ 2017年5月23日(火) 05:03

 サンケイスポーツ恒例の『データ大作戦』がスタートする。23日から6日間にわたって、あらゆる角度から今年の日本ダービーを検証。過去10年の傾向を分析し、競馬の祭典の答えを探し出す。初日は最大30点の持ち点がある「戦績&ステップ」。結論やいかに!?

〔1〕重賞実績(芝重賞勝ちが1600メートル未満=3点減、芝重賞2着はあるが、Vはなし=5点減、芝重賞連対なし=8点減)

 連対全20頭が芝マイル以上の重賞ウイナー。優勝を争うためには重賞V実績は不可欠だ。3着馬も10頭中7頭が芝マイル以上で重賞を勝っており、残る3頭にも同2着の実績があった。

 芝重賞2着はあるが、Vはないサトノアーサーダンビュライトベストアプローチマイスタイルマイネルスフェーンは5点減。芝重賞で連対がないクリンチャーダイワキャグニーは大きく8点減とする。

〔2〕JRAで3勝以上(重賞勝ちがある2勝馬=1点減、重賞2着がある2勝馬=2点減、重賞連対がない2勝馬=3点減、1勝馬=4点減)

 優勝馬8頭を含む、連対馬17頭がJRAで3勝以上。残る3頭、2008年2着スマイルジャック、12年1着ディープブリランテ、14年1着ワンアンドオンリーは重賞Vを含む2勝に加え、他に重賞2着と高い実績があった。

 重賞勝ちがある2勝馬のキョウヘイスワーヴリチャードは1点減。重賞2着がある2勝馬サトノアーサーマイスタイルは2点減。JRAでは1勝しかしていないが、札幌2歳S勝ちのトラストは例外で2点減にとどめる。重賞連対がない2勝馬クリンチャーは3点減。1勝馬のダンビュライトベストアプローチマイネルスフェーンは4点減。

〔3〕芝千八以上でV(芝1800メートル以上で未勝利=4点減)

 3着以内に入った30頭中28頭に芝1800メートル以上で勝利実績があった。残る2頭のうち、09年3着アントニオバローズは芝2000メートルのオープン特別で2着があった。もう1頭の07年1着ウオッカは、中距離以上に出走する機会が少ない牝馬として例外視すれば、中距離実績は必須といえる。

 芝1800メートル以上で勝利のないキョウヘイジョーストリクトリダンビュライトは4点減とする。

〔4〕連対率50%以上(連対率50%未満=4点減、それ以外に複勝率80%未満=2点減)

 3着以内の30頭中29頭は連対率50%以上。例外の14年マイネルフロスト(42・9%)は3着が精いっぱいだった。

 連対率が50%に満たないキョウヘイジョーストリクトリダンビュライトトラストマイネルスフェーンは4点減とする。

 また、優勝馬9頭は複勝率80%以上で、例外は14年ワンアンドオンリーの62・5%。勝ち切るには、さらに高いレベルの安定感も必要となる。

 すでに減点した馬以外に、複勝率80%未満のアドミラブルアメリカズカップウインブライトクリンチャーダイワキャグニーベストアプローチマイスタイルレイデオロは2点減だ。

[もっと見る]

【日本ダービー】アドミラブル、音無師「思った通り」併入 2017年5月18日(木) 05:03

 《栗東》青葉賞をレースレコードで快勝したアドミラブル(音無、牡)は、坂路で併せ馬。馬なりで4ハロン54秒5−13秒2をマークし、僚馬と併入した。「中3週になるので、これ以上はやれないからね。時計はほぼ思った通り。馬っぷりもいいよ」と音無調教師は順調さを伝えた。

 僚馬で皐月賞3着のダンビュライト(牡)は、坂路で武豊騎手が騎乗。けいこ駆けするサンライズノヴァ(3歳OP)に1馬身遅れたものの、4ハロン51秒7−12秒6と時計は上々だ。「相手が動いて負けたけど、いい感じだった。距離はやってみないと分からないが、スタミナはありそう」と武豊騎手。

 音無厩舎が送り込むもう一頭の皐月賞18着アメリカズカップ(牡)は、坂路4ハロン54秒0−12秒7。僚馬に半馬身先着した。「テンションを上げないように。落ち着きが出ているし、動きも満足です」と松若騎手。

 皐月賞4着クリンチャー(宮本、牡)は、CWコース単走で6ハロン82秒4−12秒3。「来週は坂路でサラッとやる予定。中間も順調で、体つきも良くなった」と宮本調教師は目を細めた。

 皐月賞9着カデナ(中竹、牡)もCWで単走。馬なりで6ハロン84秒8−12秒6をマークした。「初めてCWでやったので、馬が戸惑って手前を替えていたけど、これくらいでいいんじゃないかな」と福永騎手。

 青葉賞2着ベストアプローチ(藤原英、牡)は、CWコース6ハロン85秒7−12秒3で僚馬と併入。「イメージ通り。悪くないよ」と藤原英調教師はうなずいた。

 皐月賞16着マイスタイル(昆、牡)は、CW6ハロン81秒8−12秒0で僚馬に5馬身半先着。騎乗した横山典騎手は「手がかからないし、指示通りに走ってくれる」と操縦性を評価した。

 《美浦》皐月賞5着レイデオロ(藤沢和、牡)は、Wコースで3頭縦列の最後方から最内へ。馬なりで5ハロン69秒6−12秒5をマークし、僚馬2頭と併入した。ルメール騎手は「とても良かった。リラックスしていて、反応もいい。パワーアップしたと思う」と好感触だ。

 皐月賞8着ウインブライト(畠山、牡)は、Wコースで併せ馬。馬なりで内の僚馬に半馬身先着し、5ハロン67秒3−12秒2。畠山調教師は「もう少し速くてもよかったけど、体の硬さが抜け切らない状態でしまい12秒台なら悪くはない」と納得の表情。

 青葉賞9着マイネルスフェーン(手塚、牡)は、Wコースで3頭併せ。一杯に追われて僚馬2頭と併入し、6ハロン82秒9−13秒0。「(調教で)動くタイプでなく、この馬としては速い方。テンションが高かった前走は参考外」と柴田大騎手。

日本ダービーの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【日本ダービー】特別登録馬2017年5月14日() 17:30

[もっと見る]

【青葉賞】レースを終えて…関係者談話2017年4月30日() 05:02

 ◆秋山騎手(アドマイヤウイナー3着) 「具合は良かったが、1、2着馬がスッと動いたときに少し置かれた。長い距離はいいと思う」

 ◆ルメール騎手(ポポカテペトル4着) 「距離はちょうどいいと思うが、まだ体が緩くてエンジンがかかるのに時間がかかった」

 ◆柴山騎手(サーレンブラント5着) 「真面目すぎる面があって、2コーナーぐらいまで行きたがっていた。最後までジリジリ伸びているので力はある」

 ◆内田騎手(ダノンキングダム6着) 「まだ全体的に緩いけど、実が入ってパンとすれば良くなるよ」

 ◆戸崎騎手(トリコロールブルー7着) 「使うたびにテンションが高くなっている。最後はガス欠みたいになって、踏ん張りが利かなかった」

 ◆田辺騎手(イブキ8着) 「行く馬を行かせて、理想通りの競馬はできた」

 ◆柴田大騎手(マイネルスフェーン9着) 「休み明けのぶん、テンションが高かった。でも、馬はずいぶん良くなっている」

 ◆北村宏騎手(タガノアシュラ10着) 「まだ後ろ(トモ)に緩い面もあり、最後は苦しくなった」

 ◆蛯名騎手(スズカロング11着) 「ペースが速くて、なし崩しに脚を使わされた」

 ◆川又騎手(アグネスウイン12着) 「相手が強かったです」

★29日東京11R「青葉賞」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【青葉賞】厩舎の話2017年4月28日(金) 05:01

 ◆アドマイヤウイナー・須貝師 「リラックスして走れれば、長くいい脚を使う」

 ◆アドミラブル・Mデムーロ騎手 「前走はめちゃくちゃ強かった。重賞でも楽しみ」

 ◆イブキ奥村武師 「今週もしっかり動けていた。田辺騎手も自分からハミを取って動けていたと言っていた」

 ◆サーレンブラント・戸田師 「前走は工夫して折り合えた。しまいを生かす競馬で」

 ◆スズカロング・橋田師 「芝の長い距離は向くと思う」

 ◆タガノアシュラ・五十嵐師 「自分のペースで行ければ」

 ◆ダノンキングダム・安田隆師 「左回りはいい。流れに乗った競馬ができれば」

 ◆トリコロールブルー・友道師 「左回りは相性がいい」

 ◆ベストアプローチ・岩田騎手 「いい状態。すごく乗りやすい」

 ◆ポポカテペトル・友道師 「直線の長い東京は合うと思う」

 ◆マイネルスフェーン・手塚師 「久々でも力を出せる仕上がり」

[もっと見る]

【青葉賞】追って一言2017年4月27日(木) 05:03

 ◆アドマイヤウイナー・須貝師 「今週はサッと。リラックスして走れれば長くいい脚を使う」

 ◆サーレンブラント・戸田師 「状態はいい。器用さはないが、調教でもしっかり動けるようになっている」

 ◆スズカロング・橋田師 「順調にきているし、芝の長い距離は向く」

 ◆ダイシンクイント・日高助手 「距離はちょっと長い感じ。相手もそろったし、どこまで」

 ◆タガノアシュラ・五十嵐師 「具合は良さそう。自分のペースで行ければいい」

 ◆ダノンキングダム・安田隆師 「動きも良く、たくましくなった。左回りはいい」

 ◆トリコロールブルー・友道師 「疲れが残らないようにサッと。前走は不完全燃焼。左回りは相性がいい」

 ◆ベストアプローチ・岩田騎手 「動きは良かった。いい状態で臨めそう。すごく乗りやすい」

 ◆ポポカテペトル・友道師 「坂路のけいこは走らない。直線の長い東京は合うと思う」

 ◆マイネルスフェーン・手塚師 「動きは悪くないね。力を出せる仕上がり。成長力もある」

青葉賞の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【青葉賞】レース展望 2017年4月24日(月) 17:11

 東京2週目のメインは土曜に行われるダービートライアルの青葉賞(GII、芝2400メートル)。本番と同じ舞台で争われる一戦で、上位2頭にダービーの優先出走権が与えられる。第1回(1994年)のエアダブリンをはじめ、2002年のシンボリクリスエス、03年のゼンノロブロイ、06年のアドマイヤメイン、11年のウインバリアシオン、12年のフェノーメノはここを勝って本番でも2着に好走しており、最高峰の舞台への切符をかけた一戦は見逃せない。

 最大の注目は、未勝利戦、500万下と圧倒的な強さで連勝中のアドミラブル(栗東・音無秀孝厩舎、牡)。デビュー戦こそのどの疾患が影響して9着に敗れたが、のどを手術して立て直してから圧巻のパフォーマンスを見せている。未勝利戦(阪神芝1800メートル)の走破タイム1分45秒8は同日の古馬オープン特別・大阪城Sの勝ちタイムより1秒3も速く、距離を2400メートルに延長した前走のアザレア賞は2番手から楽に抜け出し、余力を残して2着に3馬身差をつけた。今年59勝とリーディングを独走しているミルコ・デムーロ騎手と前走に続いてコンビを組む。ダービーを3勝し、皐月賞も一昨年、昨年と制覇したディープインパクト産駒。伯父に皐月賞ヴィクトリー、祖母のきょうだいにダービー馬フサイチコンコルド皐月賞アンライバルドなど、母系からは一流馬が多く出ており、血統背景も超一流だ。ダービーに出走しても注目を集めるであろう好素材で、レースぶりに期待が高まる。

 もちろん、他も素質馬ぞろいだ。昨年のダービーをマカヒキで制した栗東・友道康夫厩舎は2頭を送り出す。トリコロールブルー(牡)は重賞初挑戦となった前走のフジテレビ賞スプリングSで、メンバー最速タイの上がり3ハロン35秒5をマークして0秒3差の5着と健闘。左回りは2戦2勝で、東京で500万下・フリージア賞を勝っているだけに、コース替わりは歓迎だろう。半兄ワールドインパクト(父ディープインパクト)が14年にこのレースで2着と好走している点も強調材料。今回はフリージア賞と同じ戸崎圭太騎手とのコンビで臨む。

 ディープインパクト産駒のポポカテペトル(牡)は、芝2400メートルで前走のゆきやなぎ賞を圧勝。全兄に昨年のフジテレビ賞スプリングSを勝ったマウントロブソンがおり、伯父には芝とダートでGIを制したクロフネがいる。こちらも潜在能力はヒケを取らない。

 マイネルスフェーン(美浦・手塚貴久厩舎、牡)は重賞で2、3着と好走。特に2走前のホープフルSでは、ダービーでも有力視されるレイデオロに0秒2差と食い下がっており、安定してしぶとい脚を使える点が魅力だ。筋肉痛でひと息入れて3カ月ぶりとなるが、「牧場でも十分に乗り込み、1週前は長めからビシッと負荷をかけた」と手塚調教師が話すように、態勢はきっちりと整いつつある。

 前走の水仙賞を逃げ切ったイブキ(美浦・奥村武厩舎、牡)も新潟2歳Sで3着と好走実績がある。距離が延びて持ち味を発揮するタイプが多いルーラーシップ産駒で、陣営も「距離は延びた方がいい」と自信を示している。奥村武調教師&田辺裕信騎手のコンビは、23日のサンスポ賞フローラSで1番人気に支持されたホウオウパフュームが8着と悔しい思いをしただけに、力が入るところだろう。

 大寒桜賞の勝ち馬は2014年から3年連続で2着と好走している。今年の勝ち馬アドマイヤウイナー(栗東・須貝尚介厩舎、牡)は、伯母にマイルCSを制したブルーメンブラットがいる良血。父が英ダービーと凱旋門賞を制したワークフォース、母の父が菊花賞ダンスインザダークというスタミナに優れた配合で、距離延長は望むところだろう。デビュー2戦目の札幌2歳Sで3着の実績があるように、ここでも上位争いできるだけの力はある。

 他にも、今回と同じ東京芝2400メートルで500万下・ゆりかもめ賞を勝ったダノンキングダム(栗東・安田隆行厩舎、牡)、2歳時にデビュー戦、オープン特別・芙蓉Sと連勝したキングズラッシュ(美浦・久保田貴士厩舎、牡)、函館芝1800メートルの2歳コースレコードを保持するタガノアシュラ(栗東・五十嵐忠男厩舎、牡)、英ダービー馬ニューアプローチの産駒ベストアプローチ(栗東・藤原英昭厩舎、牡)などが、夢の大舞台を目指す。

青葉賞の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

38件中 1-15件目を表示≪前の15件 1 2 3 次の15件≫

レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。