フェルメッツァ(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
写真一覧
現役 牡6 鹿毛 2011年5月11日生
調教師松永幹夫(栗東)
馬主有限会社 キャロットファーム
生産者(有)社台コーポレーション白老ファーム
生産地白老町
戦績34戦[5-4-7-18]
総賞金13,340万円
収得賞金2,450万円
英字表記Fermezza
血統 ディープインパクト
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
ウインドインハーヘア
スキッフル
血統 ][ 産駒 ]
トニービン
ザスキート
兄弟 フラガラッハイリュミナンス
前走 2017/12/09 中日新聞杯 G3
次走予定

フェルメッツァの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
17/12/09 中京 11 中日新聞杯 G3 芝2000 183620.2814** 牡6 55.0 北村友一松永幹夫472(+6)2.00.3 1.034.6⑨⑧⑧⑧メートルダール
17/11/12 福島 11 福島記念 G3 芝2000 164713.056** 牡6 55.0 北村友一松永幹夫466(+12)2.00.4 0.235.5ウインブライト
17/08/06 小倉 11 小倉記念 G3 芝2000 134511.863** 牡6 55.0 北村友一松永幹夫454(-2)1.58.1 0.536.0⑤⑤⑤⑥タツゴウゲキ
17/07/09 福島 11 七夕賞 G3 芝2000 123317.185** 牡6 55.0 秋山真一松永幹夫456(-2)1.58.6 0.436.5⑥⑥⑤⑤ゼーヴィント
17/04/16 福島 11 福島民報杯 OP 芝2000 1661220.782** 牡6 54.0 秋山真一松永幹夫458(-6)1.58.6 0.134.9④④⑤⑤マイネルミラノ
17/03/25 中山 11 日経賞 G2 芝2500 1611121.61112** 牡6 56.0 戸崎圭太松永幹夫464(-6)2.34.5 1.736.5⑨⑨⑩⑫シャケトラ
17/03/05 阪神 11 大阪城S OP 芝1800 1661228.796** 牡6 54.0 国分恭介松永幹夫470(+4)1.47.4 0.333.9アストラエンブレム
17/01/14 中山 10 初富士S 1600万下 芝1800 11225.441** 牡6 57.0 石橋脩松永幹夫466(-2)1.48.4 -0.035.0⑤⑥⑥⑥マイネオーラム
16/12/11 中山 10 美浦S 1600万下 芝1800 1681511.254** 牡5 56.0 石橋脩松永幹夫468(+4)1.47.7 0.335.9⑧⑧⑨⑦サクラアンプルール
16/08/27 札幌 11 WASJ2 1600万下 芝2000 14574.616** 牡5 58.0 C.ウィリ松永幹夫464(+8)2.02.3 0.736.4⑤④⑥⑥フェスティヴイェル
16/07/30 札幌 11 TVh賞 1600万下 芝1800 10113.423** 牡5 56.0 横山典弘松永幹夫456(-2)1.47.9 0.334.6⑤⑤⑤⑥サンソヴール
16/07/09 福島 11 阿武隈S 1600万下 芝1800 12223.018** 牡5 56.0 蛯名正義松永幹夫458(+4)1.48.9 0.836.4ウインインスパイア
16/05/08 東京 9 湘南S 1600万下 芝1600 13568.245** 牡5 57.0 池添謙一松永幹夫454(-6)1.34.8 0.133.6ストーンウェア
16/04/17 中山 12 春興S 1600万下 芝1600 167133.615** 牡5 56.0 吉田隼人松永幹夫460(-2)1.36.1 0.233.9⑧⑧⑧ロジチャリス
16/02/28 小倉 11 関門橋S 1600万下 芝1800 13575.022** 牡5 57.0 吉田隼人松永幹夫462(+6)1.46.1 0.635.0キャンベルジュニア
16/01/09 中山 9 初咲賞 1000万下 芝1800 14116.851** 牡5 56.0 石橋脩松永幹夫456(0)1.47.3 -0.034.1ストレンジクォーク
15/12/19 中京 11 中京日経賞 1000万下 芝1600 166125.022** 牡4 55.0 石橋脩松永幹夫456(+6)1.36.5 0.033.9⑦⑦⑦ヴィルジニア
15/11/15 福島 8 3歳以上500万下 芝1800 167133.511** 牡4 57.0 吉田隼人松永幹夫450(-2)1.50.9 -0.036.0⑭⑮⑤④ウインマハロ
15/10/17 新潟 12 松浜特別 500万下 芝1600 18233.113** 牡4 57.0 松田大作松永幹夫452(0)1.34.3 0.332.9⑯⑯オンタケハート
15/09/21 阪神 7 3歳以上500万下 芝1600 188186.833** 牡4 57.0 武豊松永幹夫452(+4)1.34.9 0.233.6⑨⑪トップアート

⇒もっと見る


フェルメッツァの関連ニュース

【中日新聞杯】追って一言

2017年12月7日(木) 05:02

 ◆ヴォージュ・西村師 「十分に乗り込んでいる。いい意味での危ないしぐさも出てきた」

 ◆クィーンチャーム・兼武助手 「調教量は豊富。52キロのハンデを生かしたい」

 ◆ケントオー・高橋一厩務員 「重い馬場のなかで、いい時計が出た。状態は良好です」

 ◆サラトガスピリット・友道師 「しっかりと乗り込んでいるし、状態は悪くない」

 ◆ショウナンバッハ・上原師 「安定して力を発揮できるようになってきた」

 ◆スズカデヴィアス・橋田師 「腰がしっかりしてきて、安定して走れるようになっています」

 ◆タイセイサミット・矢作師 「久々でも雰囲気は悪くない。切れ味勝負になるとつらい」

 ◆パドルウィール・中尾師 「放牧で活気が戻った。中京も合う」

 ◆バンドワゴン・石坂師 「コズミも軽く、調教でも動いている」

 ◆フェルメッツァ・松永幹師 「寒い時期が合う。叩いて成績が上がるタイプ」

 ◆フルーキー・辻野助手 「前走はブリンカーを装着したことでタメがきいた」

 ◆マウントロブソン・森助手 「調整は順調です。中京芝2000メートルは合っている」

 ◆マキシマムドパリ・藤岡佑騎手 「上がり重点でしたが、いい動きでした。雰囲気もいい」

 ◆ミッキーロケット・音無師 「前走は馬場がすべて。動きは引き続きいい」

 ◆メートルダール・戸田師 「動きは良かったですね。夏よりこの時期の方がいい」

 ◆レコンダイト・音無師 「最近は調教で動くようになっている」

 ◆ロードヴァンドール・昆師 「上がり重点でいい感じの走りだったし、中京も合う」

【中日新聞杯】特別登録馬2017年12月3日() 17:30

[もっと見る]

【東西現場記者走る】アウォーディー体調万全12秒3 2017年11月30日(木) 05:05

 東西サンスポの精鋭記者が、1週間の密着取材でGI勝ち馬を探し出す名物企画『東西現場記者走る』。チャンピオンズCを担当する大阪サンスポの斉藤弘樹記者(37)が、連載3日目に注目したのはアウォーディー。7歳秋を迎えても状態面に陰りはなく、昨年2着馬の復活劇も十分にあると判断した。

 あやしかった空模様だが何とか持ちこたえてくれて、ひと安心だ。追い切り日のターゲットは、アウォーディー。近走、やや精彩を欠いている昨年2着馬の復活の可能性を探った。

 馬場開場から3時間ほど経過した午前9時50分頃に、武豊騎手を背にCWコースに登場。フェルメッツァ(OP)を2馬身追走し、序盤から気合乗りがいい。そして4コーナーで内から馬体を併せると、直線は一杯に追われて6ハロン83秒1、3ハロン39秒7−12秒3で併入。手応えでは僚馬に見劣ったこともあり調教評価は『B』だが、相手も動く馬だけに、及第点を与えられる。

 武豊騎手は「道中も思ったより前向きさがあったし、いい動きでした」と好感触で、松永幹調教師も「前走もすごく状態はよかったけど、使ってアップしています」と納得の表情。夏場の休養で春のドバイ遠征の疲れは完全に癒えて、体調面は万全といえそうだ。

 気になるのは7歳という年齢。昨年は6連勝で挑んだが、今年は3戦して5、3、4着。成績は物足りないが、「馬体に張りもあるし、馬に元気もある。7歳暮れという感じではない」とジョッキーは証言。活気十分の走りからも、まだまだ衰えはないとみたい。

 近走は、それぞれに敗因があるのも確か。3走前のドバイワールドCは初の海外遠征で、その後の2戦(帝王賞・JBCクラシック)は相性の悪い大井コースだった。「今回、一番条件的にいいのは左回りに替わること。芝で走っていたときも、左回りで結果が出ていたし、乗りやすい」と武豊騎手にとっても待望の舞台だ。

 このレースにかける陣営の本気度は高い。年末の東京大賞典には参戦しない予定で、師は「ここに全力投球です。ここ1年、勝ち星から遠ざかっているけど、力的に十分やれる」と力強く語った。

 久々のベスト条件で、昨年2着の実績馬の巻き返しがありそうだ。 (斉藤弘樹)

★チャンピオンズCの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【チャンピオン】アウォーディー反応“微妙” 2017年11月29日(水) 13:09

 昨年2着のアウォーディーは、栗東CWコースで武豊騎手を背にスタートしてすぐ行きたがったが、フェルメッツァの1馬身後ろで何とか折り合った。内に入った4角でGOサインを受けてスッと反応したものの、追いついても、突き放すまでには至らなかった。

 武豊騎手は「道中は前向き。直線も追いつくまではよかったけど、そこから前へ出ようとしなかった」と微妙なニュアンスながら、松永幹調教師は「そういう面を含めていつもどおり。前走を使って良くなっている。昨年は勝ったと思ったくらいだし、今年も前に行く馬を見ながら運べれば。力的には十分やれると思う」と復活を意識していた。(夕刊フジ)

チャンピオンズカップの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【福島記念】3歳馬ウインブライトが重賞2勝目をゲット! 2017年11月12日() 15:30

 11月12日の福島11Rで行われた第53回福島記念(3歳以上オープン、GIII、芝2000メートル、ハンデ、16頭立て、1着賞金=4100万円)は、松岡正海騎手騎乗の2番人気ウインブライト(牡3歳、美浦・畠山吉宏厩舎)が好位から直線抜け出して重賞2勝目を飾った。タイムは2分0秒2。(良)。クビ差の2着はスズカデヴィアス(3番人気)で、さらにハナ差の3着にヒストリカル(10番人気)が入った。

 ジョルジュサンクが競走除外となって15頭で争われた。前半、主導権を握ったのはプリメラアスールで、これにフェルメッツァが続いてウインブライトは3番手。前半の1000メートル通過は61秒6。3コーナー過ぎで外めに持ち出したウインブライトが早くもスパート。直線に向くと先頭に立ち、ゴール前で急追したスズカデヴィアスヒストリカルを押さえ込んだ。1番人気に推されたサンマルティンは14着。

 ウインブライトは、父ステイゴールド、母サマーエタニティ、母の父アドマイヤコジーンという血統。北海道新冠町・コスモヴューファームの生産馬で、馬主は(株)ウイン。通算成績は10戦4勝。重賞は2017年フジテレビ賞スプリングS・GIIに次いで2勝目。福島記念は、畠山吉宏調教師、松岡正海騎手ともに初勝利。

 ◆松岡正海騎手「能力があるのに結果を出せないでいたのでホッとしました。馬場が固くて前の馬が止まらないので早めに動こうと思っていたが、うまく外に出せました。最後はなんとか馬が頑張ってくれました」



★12日福島11R「福島記念」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【福島記念】サンマルティンが1番人気/前日最終オッズ 2017年11月11日() 18:03

 秋の福島開催唯一の重賞・福島記念(12日、GIII、芝2000メートル)が日曜メインで行われる。上下6キロの差があるハンデ戦。展開や乗り方ひとつで、どの馬にもチャンスが出てきそうだ。前日最終オッズは以下の通り。



枠番−馬番 馬名      単勝オッズ1− 1 プリメラアスール   9.91− 2 ベルーフ      19.52− 3 ウインブライト    5.92− 4 ショウナンバッハ  23.03− 5 ケイティープライド 56.83− 6 ヒストリカル    24.04− 7 フェルメッツァ   14.54− 8 マイネルスフェーン 53.75− 9 ジョルジュサンク  12.15−10 マイネルミラノ   13.76−11 ツクバアズマオー  27.56−12 マイネルディーン  86.17−13 スズカデヴィアス  11.47−14 マサハヤドリーム  10.08−15 フルーキー     18.78−16 サンマルティン    3.3

[もっと見る]

⇒もっと見る

フェルメッツァの関連コラム

閲覧 645ビュー コメント 0 ナイス 2



みなさんこんにちは!

本日は中京11R「中日新聞杯 G3」の『凄馬出馬表』を分析したいと思います。

今回も「U指数」だけでなく、U指数のポイントに【調教評価】、【厩舎評価】、【斤量補正】を数値化し加算減算しU指数を補正することで「総合ポイント」を算出しました。
★「U指数」について詳しくはこちらをご覧ください→U指数についてページ

U指数1.0ポイントは約1馬身差にあたるので、これを目安に以下のような重み付けをしました。
【調教評価】は競馬エイトの調教評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「5」・・・「−1.0ポイント」
「6」・・・「±0.0ポイント」
「7」・・・「+1.0ポイント」
「8」・・・「+2.0ポイント」
【厩舎評価】競馬エイトの厩舎コメントの評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「△」・・・「−1.0ポイント」
「○」・・・「±0.0ポイント」
「◎」・・・「+1.0ポイント」
【斤量補正】は1.0kg=「0.5ポイント」として以下の基準体重との差分に乗算しました。
「牡馬」・・・「57.0kg」
「牝馬」・・・「55.0kg」


上記の補正を行った『凄馬出馬表』(画像)をご覧ください。





第1グループ(橙)はフルーキーメートルダールの2頭。
第2グループ(黄)はレコンダイトから1.0ポイント差(約1馬身差)内のフェルメッツァまで9頭。
第3グループ(薄黄)は、ロードヴァンドールから同差内のパドルウィールまで4頭となっていて、以下は第4G(灰)となっています。

第2グループが9頭!大きな溝もありませんし、稀にみる大混戦の構図となっています。

実力差がないのであれば人気馬に妙味は感じないというのが正直なところ。天皇賞(秋)組はどうも反動が出ているのか、結果が出ていませんし、人気のミッキーロケットも危ないかもしれません。力差がなく拮抗したメンバー同士の戦いであれば、大波乱を狙ったボックス作戦が凄馬出馬表的には面白そうです。
今回は機械的なアプローチで網を広げてみます。


【ワイドボックス】
3,6,7,8,9,14,18

計21点

思い切って人気になりそうな馬は切ってみました。大穴に期待です(^^)/


登録済みの方はこちらからログイン

2017年8月10日(木) 17:20 凄馬プロジェクトチーム
『凄馬出馬表&馬券検討』8/6の結果(小倉記念)
閲覧 428ビュー コメント 0 ナイス 1

8月6日(日)に行われました小倉11Rの「小倉記念 G3」です。

レース結果(着順)の凄馬出馬表(画像)をご覧ください。



1着:総合ポイント【4位】タツゴウゲキ(7.1倍)
2着:総合ポイント【12位】△サンマルティン(5.2倍)
3着:総合ポイント【6位】フェルメッツァ(11.8倍)

第2グループ・総合ポイント4位のタツゴウゲキが1着、第4グループ・総合ポイント12位のサンマルティンが2着、第3グループ・総合ポイント6位のフェルメッツァが3着という結果でした。

ヴォージュは前走のリプレイを見ているかのような、先行するも外から戸崎Jの人気馬(△サンマルティン)に被される形で終わってしまいましたね。ただ、ここ2戦ともに人気の逃げ馬が大敗したレースで、まくられて厳しい展開となりましたので、今後さらに人気を落としての一発には警戒したいと思っています。もちろん、戸崎J&まくってくる馬がいないレースというのが前提で、ですが。。。(。-_-。)

【馬単流し】
◎=○▲☆△(8)
3=6,8,9,10(4点)

【ワイドボックス】
◎○▲
3,6,9(3点)

計7点 払い戻し0円

[もっと見る]

2017年8月10日(木) 17:07 競馬プロ予想MAX
先週の回顧〜(8/5〜8/6)夢月プロが的中連発!回収率159%・収支プラス36万超をマーク!
閲覧 561ビュー コメント 0 ナイス 3

先週は、6(日)に新潟競馬場でG3レパードステークスが小倉競馬場でG3小倉記念が行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
G3レパードステークスサルサディオーネがレースを引っ張って直線コースへ。先頭はサルサディオーネでリードは2馬身、後続はタガノカトレアシゲルコングエピカリスノーブルサターンテンザワールドが内にひしめき合って追い出しにかかります。残り200mを通過、粘るサルサディオーネですが、ここで外から一頭目立つ伸び脚でローズプリンスダムが猛追!残り100m付近でサルサディオーネ並びかけるとあっという間に交わして快勝!1馬身1/4差の2着にサルサディオーネ、そこから3/4差の3着にエピカリスが入っています。
  
公認プロ予想家でははははふほほほプロ導師嵐山プロが的中しています。
 
 
G3小倉記念バンドワゴンがレースを引っ張りますが、4コーナーで一杯!2番手追走のヴォ―ジュ、まくって進出したサンマルティンが併走する形で直線コースへ。サンマルティンがヴォ―ジュを交わして残り200mを通過、ここで再内に進路を取ったタツゴウゲキサンマルティンにじわじわ迫って2頭が抜け出しての叩き合い!ゴール前まで競り合う大接戦となりましたが、わずかに内のタツゴウゲキサンマルティンをハナ差捉えてV。2着にサンマルティン、そこから3馬身差の3着にフェルメッツァが入っています。
 
公認プロ予想家ではジョアプロ他8名が的中しています。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

☆☆☆注目プロ →夢月プロ
6(日)札幌9Rで◎コスモピクシスの単勝19.8倍を8800円的中!17万4240円を払い戻しました!同日の新潟8Rでは◎キークラッカーの単勝14.9倍、○ケーブルグラムとの馬連7.6倍をそれぞれ1点勝負で的中!13万7320円を払い戻しました!勝負レースの5(土)小倉10Rでも◎○の印で8万1920円と的中連発!週末トータル回収率159%、収支プラス36万7030円をマークしています。

☆☆☆注目プロ →おかべプロ
5(土)小倉8Rで◎○の馬連1点勝負で5万4000円を払い戻し!札幌6Rでも○エールダブルバインドの馬連を仕留め、4万円を払い戻し!週末トータル回収率184%、収支プラス6万4100円をマークしています。

☆☆☆注目プロ →スガダイプロ
6(日)小倉11R小倉記念では◎タツゴウゲキの単勝を4000円的中!札幌7Rでは単勝30.6倍の◎ヴォカツィオーネを本命に抜擢!単複、○ダンツチェックとの馬連、ワイドを本線的中!4万1440円を払い戻しました!週末トータル回収率134%、収支プラス8万4350円をマークしています。

この他にもサラマッポプロ(147%)、dream1002プロ(131%)、kmプロ(121%)、蒼馬久一郎プロ(118%)、岡村信将プロ(108%)、ジョアプロ(107%)、伊吹雅也プロ(104%)、ろいすプロ(102%)が回収率100%超の活躍を見せています。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 
※全レースの結果速報はこちら
 
 
今週も競馬予想の達人・ウマニティ公認プロ予想家陣の予想にご注目下さい。

[もっと見る]

2017年8月6日() 14:00 凄馬プロジェクトチーム
第286回『凄馬出馬表分析&馬券検討』〜小倉記念 G3
閲覧 689ビュー コメント 0 ナイス 2



みなさんこんにちは!

本日は小倉11R「小倉記念 G3」の『凄馬出馬表』を分析したいと思います。

今回も「U指数」だけでなく、U指数のポイントに【調教評価】、【厩舎評価】、【斤量補正】を数値化し加算減算しU指数を補正することで「総合ポイント」を算出しました。
★「U指数」について詳しくはこちらをご覧ください→U指数についてページ

U指数1.0ポイントは約1馬身差にあたるので、これを目安に以下のような重み付けをしました。
【調教評価】は競馬エイトの調教評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「5」・・・「−1.0ポイント」
「6」・・・「±0.0ポイント」
「7」・・・「+1.0ポイント」
「8」・・・「+2.0ポイント」
【厩舎評価】競馬エイトの厩舎コメントの評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「△」・・・「−1.0ポイント」
「○」・・・「±0.0ポイント」
「◎」・・・「+1.0ポイント」
【斤量補正】は1.0kg=「0.5ポイント」として以下の基準体重との差分に乗算しました。
「牡馬」・・・「57.0kg」
「牝馬」・・・「55.0kg」


上記の補正を行った『凄馬出馬表』(画像)をご覧ください。




第1グループ(橙)は、ストロングタイタンから1.0ポイント差(約1馬身差)内のケイティープライドまでの2頭。
第2グループ(黄)は、クランモンタナから1.0ポイント差(約1馬身差)内のタツゴウゲキヴォージュまで3頭。
第3グループ(薄黄)は、フェルメッツァから同差内のバンドワゴンシャドウパーティースピリッツミノルベルーフまで5頭となっていて、以下は第4G(灰)となっています。

凄馬出馬表を見渡すと、第1G→第2G間の1.8ポイント差が目立ち、それ以外にはあまり大きな“溝”が生じない配置となっています。

そんななか今回の私の本命は総合評価5位の◎ヴォージュとしました。前走は重賞初挑戦でコンマ7秒差の9着敗退と着差(着順)だけ見ると完敗にも映りますが、2着マイネルフロストを除き序盤で先行した各馬はみな同じように惨敗の一戦。それでいて4〜5着あたりからは少差で、最後まで踏ん張ったと言えば踏ん張った内容でしたし、2番人気に推されたマルターズアポジーが2秒差の11着に大敗したことを思えばまだ見限るのは早計ではないでしょうか。前走七夕賞組は着順に関わらず人気に推されていた馬たちの好走が多い小倉記念ですし、確か、七夕賞の戦前時点では「芝2000m現役最多勝」とそこそこもてはやされていて、「もともと小倉記念を予定していたが早めて使う」といった話も出ていたように記憶しています。当時より妙味アップし、当初狙っていたレースへの参戦となる今回狙ってみたいと思っています。このレースで好相性のグレイソヴリン系とニジンスキー系を両方持っている点と好枠も魅力的です。
○はベルーフ。正直近況からはあまり復活の糸口は見出せないのですが、個人的には気持ちの問題だと考えている同馬。舞台・時期ともにベストの条件で、トップハンデも嫌われてこの人気なら。
以下▲シャドウパーティー、☆ストロングタイタン、△サンマルティンと夏場に好成績の馬たちを上位評価し、今回の私の馬券は、◎からの馬単とワイドで勝負とします。


【馬単流し】
◎=○▲☆△(8)
3=6,8,9,10(4点)

【ワイドボックス】
◎○▲
3,6,9(3点)

計7点

[もっと見る]

2017年7月9日() 14:00 凄馬プロジェクトチーム
第282回『凄馬出馬表分析&馬券検討』〜七夕賞 G3
閲覧 787ビュー コメント 0 ナイス 2



みなさんこんにちは!

本日は福島11R「七夕賞 G3」の『凄馬出馬表』を分析したいと思います。

今回も「U指数」だけでなく、U指数のポイントに【調教評価】、【厩舎評価】、【斤量補正】を数値化し加算減算しU指数を補正することで「総合ポイント」を算出しました。
★「U指数」について詳しくはこちらをご覧ください→U指数についてページ

U指数1.0ポイントは約1馬身差にあたるので、これを目安に以下のような重み付けをしました。
【調教評価】は競馬エイトの調教評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「5」・・・「−1.0ポイント」
「6」・・・「±0.0ポイント」
「7」・・・「+1.0ポイント」
「8」・・・「+2.0ポイント」
【厩舎評価】競馬エイトの厩舎コメントの評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「△」・・・「−1.0ポイント」
「○」・・・「±0.0ポイント」
「◎」・・・「+1.0ポイント」
【斤量補正】は1.0kg=「0.5ポイント」として以下の基準体重との差分に乗算しました。
「牡馬」・・・「57.0kg」
「牝馬」・・・「55.0kg」


上記の補正を行った『凄馬出馬表』(画像)をご覧ください。




第1グループ(橙)はゼーヴィントから1.0ポイント差(約1馬身差)内のスズカデヴィアスバーディーイーグルまでの3頭。
第2グループ(黄)は、マイネルフロストから1.0ポイント差(約1馬身差)内のマルターズアポジーヴォージュパドルウィールタツゴウゲキまで5頭。
第3グループ(薄黄)は、フェイマスエンドから同差内のフェルメッツァウインインスパイアまで3頭となっていて、以下は第4G(灰)となっています。

凄馬出馬表を見渡すと、ハンデ戦らしく上位にはほとんど大きな差は生じず、最大でも第1G→第2G間の0.9ポイントに止まっている状況が見てとれます。

今回の私の本命は◎パドルウィールとしました。前走の敗因が落鉄とはっきりとしていて、妙味が生まれそうな中54キロでの好枠が魅力的に映ります。パッと見、先行馬が揃ったメンバーとなった印象の今回、この馬には中団からの競馬で期待を賭けてみたいと思っていたところ、陣営も「差す競馬を」とのこと。少なくともスタート後出して行かなければ、メンバー・枠的に自ずと差しに構えることになりそうで、小回りコースで34〜35秒台での上がり上位をマークして好走していた当時のような競馬を期待しての本命視。大敗の後も、1週前追い切りから好調持続が伝わり状態面も十分。また、2年連続で穴を開けているクロフネ×サンデー系の血統構成という点も不気味に映ります。あとは、先行勢が変にけん制し合ったりせずに、想定通り早めのラップを刻んでくれますように......☆彡(-人-;)
○はマルターズアポジー。楽逃げ経験だけならまだしも、2走前の小倉大賞典での前傾ラップでの完勝はここに繋がるとみて評価しました。加えて新馬戦も含め中10週以上空いても馬券圏外に崩れたことが無い点を重視し、▲ゼーヴィントよりも上位評価。○▲いずれも舞台適性は申し分なしですので当然頭まで警戒しています。
以下、キレ不足ですが前走もマイネルミラノらが作るハイラップを好走しここへの適性を感じる☆フェルメッツァ、他△ヴォージュマイネルフロストソールインパクトスズカデヴィアスバーディーイーグルと印を回します。
今回の私の馬券はおそらく◎の単複勝負になると思いますが、当コラムでは◎からの馬連と◎○からの3複で勝負です。


【馬連流し】
◎=印
1=2,3,5,6,8,9,11,12(8点)

【3複軸2頭流し】
◎○=印
1,9=2,3,5,6,8,11,12(7点)


計15点

[もっと見る]

2014年3月4日(火) 18:00 【ウマニティ】
先週の回顧〜きいいろプロが週末5本のビッグヒットを記録!
閲覧 293ビュー コメント 0 ナイス 4

先週は、1(土)に阪神競馬場でG3アーリントンカップが、2(日)には同競馬場でG2阪急杯、中山競馬場でG2中山記念がそれぞれ行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
G3アーリントンカップは、断然人気に推されたミッキーアイルが後続を引き離す軽快な逃げで直線へ。3馬身ほどのリードで直線に突入すると、2番手からはダガノグランパが追撃を開始します。しかし、なかなかその差は埋まらないまま。むしろ直線半ばを過ぎても余裕の手応えで伸びるミッキーアイルが、再びその差を拡げて独走態勢へ。結局、最後は流す余裕も見せて3馬身1/2差を付けたミッキーアイルが4連勝で重賞2勝目を挙げています。2着ダガノグランパから1馬身差の3着には、大外を追い込んだフェルメッツァが入っています。
公認プロ予想家の中では、レイトバスター事務局プロきいいろプロdream1002プロ導師嵐山プロはははふほほほプロ蒼馬久一郎プロ岡村信将プロサラマッポプロら計11名が的中をマークしています。
2(日)に行われたG2阪急杯は、最内を利してコパノリチャードが先手を主張。2F目、3F目で10秒台のラップを刻む快調なペースで直線に突入していきます。2番手追走のガルボらを筆頭に好位勢の脚色が鈍るのとは対照的に、先頭を行くコパノリチャードは残り200mを切っても手応え十分。ここからさらに差を拡げたコパノリチャードが4馬身差でV。重賞3勝目を挙げています。2着には後方5、6番手で4コーナーを回ってインを突いたサンカルロ。1/2馬身差の3着にはレッドオーヴァルが入っています。
こちらは、導師嵐山プロ夢月プロはははふほほほプロきいいろプロシムーンプロサラマッポプロら計7名が的中しています。
一方のG2中山記念は、逃げると目されていた1番人気トウケイヘイローが出遅れるハプニング。押し出されるようにダイワファルコンが1コーナーで先頭に立ちますが、外を回ってトウケイヘイローが押し上げて2コーナーを出たところで一気に先頭へ。結局、トウケイヘイローがペースを握る形となって、先頭をキープしたまま直線に入ります。さすがに苦しくなったトウケイヘイローの内を突いてジャスタウェイが伸びを見せ、外からはロゴタイプアルキメデスマイネルラクリマらの伸び。これら3頭の2着争いが接戦となる中、最内を抜け出してから突き放したジャスタウェイが3馬身1/2差を付けてV。2着にはアルキメデス。そこからハナ差の3着にはロゴタイプが入っています。
こちらは、導師嵐山プロレイトバスター事務局プロサラマッポプロら4名が的中しています。

その他では、☆まんでがんプロ佐藤洋一郎プロが活躍を見せています。


☆☆☆注目プロ → きいいろプロ
1(土)の小倉2Rで、馬連&3連複計17万4400 円の払戻しを記録すると、阪神3Rで◎○的中(単勝&馬連計10万7500 円払戻し)、中山7Rで◎○的中(単勝&馬連計23万1100 円払戻し)、中山12Rで◎○的中(単勝&馬連計29万3300 円払戻し)などビッグヒットを連発!2(日)にも阪神4Rで10万4000円払戻しのスマッシュヒットをマークした先週は、トータル回収率165%・収支46万8300円プラスの好成績を収めました。

☆☆☆注目プロ → サラマッポプロ
1(土)の中山1R、2(日)の中山3Rなどで冴え渡る予想を披露!G3アーリントンカップ、G2阪急杯、G2中山記念の3重賞もきっちり仕留めた先週は、トータル回収率194%のトップ成績で終えています。

☆☆☆注目プロ → 佐藤洋一郎プロ
1(土)の小倉12Rで、本命◎ラインロバート(単勝76.9倍)からの3連単12万4740円馬券を的中!2(日)にも、阪神10Rで、本命◎ジャンナ(単勝75.4倍)からの3連単14万2320円馬券を的中!週末トータルでは、回収率101%をマークしています。

☆☆☆注目プロ → ☆まんでがんプロ
2(日)の中山5Rで、3連複1000円分のスマッシュヒット的中!払戻しは16万5700円を記録しています!


他には、シムーンプロ(132%)、蒼馬久一郎プロ(103%)が週末トータル回収率100%オーバーの活躍を見せています。


※全レースの結果速報はこちら


今週も、競馬予想の達人・ウマニティ公認プロ予想家の予想にご注目下さい。

「ユータ」

[もっと見る]

⇒もっと見る

フェルメッツァの口コミ


口コミ一覧

中日新聞杯推奨馬

 ミラクルワイド 2017年12月9日() 01:27

閲覧 190ビュー コメント 0 ナイス 2

ハンデ重賞だが、ハンデ頭で怪しさがあるのは
ミッキーロケットではないだろうか、この相手なら力は上位だが
良績は阪神、京都に集中しハンデを背負って左回りの初中京は不安視したい

推奨馬は、仕上がりは問題なく相手なりのタイセイサミット

東京、中山で勝っているマウントロブソン

叩き2走目で得意の左回りで前進が期待できるフェルメッツァ

ミッキーがあっさりのパターンも想定できるので
ミッキーを外して当たれば好配が望めそうな推奨馬3頭のワイドBOX馬券で
望みたい

 やすの競馬総合病院 2017年12月8日(金) 21:23
中日新聞杯・師走S・リゲルS・2歳新馬戦の予想の巻
閲覧 54ビュー コメント 0 ナイス 1

☆中日新聞杯の予想☆
馬場状態
1週使用しましたが、傷みは少なく全体的に良好な状態です。

天気予報
雨の心配はなさそうで良馬場かな。

過去5年の1着馬5頭の傾向
去年までは3月の開催だったのに、今年から12月の開催になったんで過去の傾向は役に立たないですね〜。

予想
過去5年の1着馬5頭の傾向が使えないんで、
中京2000mの重賞のイメージで予想していきましょう。

中京2000mの重賞って、個人的には、持久力勝負になりやすく直線が長めのコースなのもあってか差し馬がよく勝ってるイメージなんで、
・2000mで持久力勝負になっても対応できるぐらいのスタミナ量
・道中は中団付近で温存して直線でしっかり伸びてくる差し馬
この2つを重視して本命馬を選んでいこうかな〜。

買い目的に余裕があったら、ハンデ戦なんで斤量の恩恵込みで一発の可能性ありそうな馬がいた場合は脚質関係なく狙ってみたいです。

☆結論☆
◎フルーキー
後方からの競馬が多いのは少し気になるんですけど、そのかわりに直線ではしっかりと伸びてくるんで、このメンバー相手で56.5kgなら3着圏内まで詰めてこれるかも?
2走前の新潟記念で57kg背負って0.1差の5着とかありますからね〜。

本命馬がフルーキーに決まったんで、馬券をどう買うか・・・。
「単勝」
差し届かないケースは十分ありえるんで、馬券的にはワイドですね〜

「相手を選んでワイド流し」
あまり人気しない気もするんで、ワイドでもあまり安くはならないかな?

ということで、馬券は、
「相手を選んでワイド流し」
でいってみましょう。

〇フェルメッツァ
好位辺りで競馬ができて持久力勝負もOKやし、このメンバーで55kgなら上位争いできてよさそう。
+12kgからの休み明け2走目や、中京2000mと相性いいディープインパクト産駒なのもいいですね。

▲メートルダール
休み明けなのに人気しそうで評価少し下げましたが、
中距離の持久力勝負もこなせるし、中団付近からいい脚で伸びてきそうなんで、このメンバーで55kgなら上位争いできてよさそう。

△バンドワゴン
先行力と持久力が武器なんで小回りコース向きですけど、
中距離の持久力勝負になれば持ち味出せるし、このメンバーで54kgなら上位争いできてよさそう。
この馬は休み明けのフレッシュな状態の方が使い込むより成績いい馬なんで休み明けでの一発にも期待したいです。

☆中日新聞杯 買い目☆
ワイド 1−5・6・13 各1000P 合計3000P



--------------------------------------------------------------------------------

☆師走Sの予想☆
天気予報
今夜の雨と雪がどう影響するのかわからないけど、明日は晴れるみたいなんで、稍重馬場ぐらいかな?

過去3年(OPになってからの過去3年)の1着馬3頭の傾向
人気:1番人気馬が2頭、15番人気馬が1頭。
前走:ブラジルCが2頭、みやこSが1頭。
時計:あまり気にしなくても良さそう。
脚質:2年連続で4コーナー10番手以降の馬が1着。
末脚:上がり3Fメンバー中1位の馬が2頭、2位の馬が1頭。
血統:ネオユニヴァース産駒・ロージズインメイ産駒・ハーツクライ産駒が1頭ずつ。
年齢:6歳が2頭、3歳が1頭。
性別:牡馬が3頭。牝馬が0頭。
枠順:3・5・8枠が1頭ずつ。
斤量:57kgが2頭。52kgが1頭。

予想
OPになってからの過去3年の1着馬3頭の傾向を見ると、
このレースは、稍重でも良でも関係なく、毎年のようにスタミナ・持久力・パワーがかなり要求される中山ダ1800mらしいタフなレースになってるんで、
・1800m以上の距離も問題なくこなせるスタミナ量
・持久力勝負での対応力
・時計のかかる決着になっても対応できるパワー
この3つが傾向的に濃く出てるから、この3つを参考にして本命馬を絞り込んでいきましょう。

※似たような実力で迷ったときは、前半ある程度温存できてる馬が展開的に有利になること多いんで、差し馬を優先した方がいいのかも。

☆結論☆
◎コスモカナディアン
・仁川S2着、川崎記念3着など2000m以上のレースもこなせるんでスタミナOK
・持久力勝負
・時計かかる馬場も大丈夫
脚質的に好位〜中団ぐらいで競馬するタイプなのがどうかな〜ってとこはあるんですけど、それ以外は過去の傾向に合ってる部分が多いし、同じ中山ダ1800mのOPラジオ日本賞でも0.1差4着で好走できてるんで、前走に引き続き期待したいです。

本命馬がコスモカナディアンに決まったんで、馬券をどう買うか・・・。
「単勝」
4番人気以下になりそうなら、単勝でいいかな〜。
ハンデ戦なんで馬連やワイドでの相手探しも難しそうですからね〜。

ということで、馬券は、
「単勝1点勝負」
でいってみましょう。

☆師走S 買い目☆
単勝 12(コスモカナディアン) 3000P



--------------------------------------------------------------------------------

☆リゲルSの予想☆
馬場状態
1週使用しましたが、大きな傷みも無く引き続き良好な状態です。

天気予報
雨の心配はなさそうで良馬場かな。

過去5年(不良馬場の2014年を除く)の1着馬4頭の傾向
人気:1番人気馬が1頭、2番人気馬が1頭、6・7番人気馬が1頭ずつ。
前走:オーロC・紅葉S・キャピタルS・京阪杯が1頭ずつ。
時計:1分33秒台の決着に対応できる方が無難かな。
脚質:あまり気にしなくてよさそう。
末脚:上がり3Fメンバー中1位の馬が2頭、4位以下の馬が2頭。
血統:ステイゴールド産駒・Kitten's Joy産駒・クロフネ産駒・オレハマッテルゼ産駒が1頭ずつ。
年齢:3歳が2頭、4・5歳が1頭ずつ。
性別:牡馬が3頭。牝馬が1頭。
枠順:6枠が2頭、2・4枠が1頭ずつ。
斤量:53kg・55kg・56kg・57kgが1頭ずつ。

予想
過去5年の1着馬5頭の傾向を見ると、
先行勢が押し切って勝つパターンと、メンバー中最速の上がり3Fで差し切るパターンの両方あるんで脚質は気にしなくてよさそう。

・1600mを問題なくこなせるスタミナ量
・少々の持久力勝負での対応力
この2つを参考にして本命馬を絞り込んでいきましょう。

☆結論☆
◎サトノアーサー
1600mは未経験なんですが、
・1800mの重賞(0.2.0.0)で連対率100%
・ディープインパクト産駒
なんで、1600mでも全然やれそうというか、直線長いコースの1600mが1番合ってる可能性まであるかも。
皐月賞馬のアルアインとも接戦してた馬なんで、この条件で55kgなら勝ち負けしてほしいところです。

本命馬がサトノアーサーに決まったんで、馬券をどう買うか・・・。
「単勝」
3倍以上つくのを期待して単勝でいこうかな〜。
馬連・ワイドだと絞り込むのちょっと難しいのもあるんで・・・。

ということで、馬券は、
「単勝1点勝負」
でいってみましょう。

☆リゲルS 買い目☆
単勝 8(サトノアーサー) 3000P




--------------------------------------------------------------------------------
☆複勝ころがし企画(土曜日分)☆
リゲルS サトノアーサー

OP特別で55kgなら上位争いは濃厚かな〜。

☆買い目☆
複勝 8 1000P


--------------------------------------------------------------------------------

☆12月9日の2歳新馬戦予想対決の指名馬☆
あとで更新します。


--------------------------------------------------------------------------------
☆超おいしい単勝選手権☆
超おいしいと思う馬を見つけたら下のコメント欄に書いておきます。



--------------------------------------------------------------------------------
☆ブログ企画の参加者大歓迎!!☆
・超おいしい単勝選手権
・複勝ころがし大会
・2歳新馬戦予想対決


どの企画も、
枠順発表からレースの発走予定時間の1分前までの間、指名馬を受け付けております。

ルールの詳細や指名馬の書き方は、左側のメニュー欄のルールのリンクをご覧ください。
指名馬の書き込みは、コメント欄に書いてくださればOKです。

参加者は誰でも大歓迎ですし、気が向いた時だけの参加も全然OKな自由すぎる環境なので、常連の方も初めての方もお気軽にご参加ください。

このブログは、ぼくの本家ブログ「やすの競馬総合病院」のバックアップ用として内容を転載しているだけなので、ブログ上の買い目、ブログ上の年間の収支、複勝ころがしなど、いろいろな記録については、このブログの転載元である、ぼくの本家ブログ「やすの競馬総合病院」に書いてあるので、よろしかったらご覧く ださい。

アドレスは、http://blog.livedoor.jp/yasu05impact/です。
ツイッターは、https://twitter.com/yasukeibasougouです。

また、コメントなども本家ブログの方に書いていただけると返事が書きやすいのでありがたいです。



--------------------------------------------------------------------------------
☆おまけ☆
明日の
阪神7R 3歳上500万下(ダ1400m)
でおおさんが馬主をしておられる
プラチナコードが出走しますね〜。

父ゴールドアリュール、母父クロフネというダート血統なんで、1着期待したいです。

頑張れ!プラチナコード!!!

[もっと見る]

 ★コノホシカツ★ 2017年12月8日(金) 15:56
中日新聞杯(G)出目に入った馬は★☆*
閲覧 107ビュー コメント 0 ナイス 1

中日新聞杯は第53回目、発走時刻が35分、
昨年の1着馬は3枠5番、時系列出目も3枠5番。
3枠5番にはバンドワゴンが入り軸馬はここか!?

2017年12月9日(土)4回中京3日
☆七赤先勝『吉数』枠番1・4・7馬番´きЛ
11R(15:35)芝2000
第53回中日新聞杯(G)ハンデ
【時系列出目】
▼馬番
ゥ丱鵐疋錺乾
▼枠番
3フェルメッツァ(バンドワゴン)
【demedas】
▼馬番
★ストーンウェア
☆マキシマムドパリ
*Д凜―ジュ
▼枠番
★6ロードヴァンドール
☆7メートルダール
*5ミッキーロケット
*4バトルウィール
【人気】
◎マウントロブソン
○ミッキーロケット
▲マキシマムドパリ

[もっと見る]

⇒もっと見る

フェルメッツァの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
1:
  ゆうたぁ   フォロワー:0人 2013年6月21日(金) 12:27:14
無事にゲート試験合格 オメデトウ(^▽^)ゴザイマース

フェルメッツァの写真

投稿写真はありません。

フェルメッツァの厩舎情報 VIP

2017年12月9日中日新聞杯 G314着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

フェルメッツァの取材メモ VIP

2017年11月12日 福島記念 G3 6着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。