ベルーフ(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
ベルーフ
ベルーフ
写真一覧
抹消  鹿毛 2012年1月21日生
調教師池江泰寿(栗東)
馬主有限会社 サンデーレーシング
生産者(有)社台コーポレーション白老ファーム
生産地白老町
戦績26戦[3-4-1-18]
総賞金15,020万円
収得賞金3,375万円
英字表記Beruf
血統 ハービンジャー
血統 ][ 産駒 ]
Dansili
Penang Pearl
レクレドール
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
ゴールデンサッシュ
兄弟 クラージュドールラルシュドール
前走 2018/01/14 日経新春杯 G2
次走予定

ベルーフの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
18/01/14 京都 11 日経新春杯 G2 芝2400 1281138.3910** 牡6 56.0 川田将雅池江泰寿490(+10)2.28.0 1.735.5⑪⑪⑪⑪パフォーマプロミス
17/11/12 福島 11 福島記念 G3 芝2000 161235.7119** 牡5 57.0 中谷雄太池江泰寿480(-8)2.00.6 0.435.4⑨⑩⑨⑧ウインブライト
17/10/29 京都 11 カシオペアS OP 芝1800 1371018.484** 牡5 57.0 秋山真一池江泰寿488(-4)1.54.3 0.939.0⑥⑦アメリカズカップ
17/08/27 小倉 11 小倉日経OP OP 芝1800 12795.536** 牡5 57.0 秋山真一池江泰寿492(+8)1.47.1 1.035.0⑩⑩⑨⑨ダノンメジャー
17/08/06 小倉 11 小倉記念 G3 芝2000 135615.484** 牡5 57.0 D.ホワイ池江泰寿484(-2)1.58.1 0.535.6⑫⑫⑩⑥タツゴウゲキ
17/06/11 東京 11 エプソムC G3 芝1800 1861129.71011** 牡5 56.0 大野拓弥池江泰寿486(-4)1.46.8 0.934.1⑯⑮⑰ダッシングブレイズ
17/05/13 京都 11 都大路S OP 芝1800 11446.5410** 牡5 57.0 松山弘平池江泰寿490(+2)1.51.3 2.336.4⑧⑧ダノンメジャー
17/03/26 阪神 11 六甲S OP 芝1600 11663.725** 牡5 57.0 秋山真一池江泰寿488(-4)1.34.5 0.333.9⑩⑩アスカビレン
17/02/19 小倉 11 小倉大賞典 G3 芝1800 16485.5212** 牡5 57.0 S.フォー池江泰寿492(0)1.47.0 1.236.4⑬⑮⑮⑫マルターズアポジー
16/12/10 阪神 11 チャレンジC G3 芝1800 18248.552** 牡4 57.0 V.シュミ池江泰寿492(+4)1.46.5 0.034.9⑪⑫マイネルハニー
16/10/30 京都 11 カシオペアS OP 芝1800 12683.213** 牡4 56.0 藤岡康太池江泰寿488(+2)1.46.3 0.233.6⑫⑫ヒルノマテーラ
16/09/04 新潟 11 新潟記念 G3 芝2000 181111.274** 牡4 57.0 田辺裕信池江泰寿486(0)1.57.7 0.232.8⑱⑱アデイインザライフ
16/08/07 小倉 11 小倉記念 G3 芝2000 12557.842** 牡4 56.0 D.ホワイ池江泰寿486(+2)2.00.0 0.035.2⑪⑪⑩⑨クランモンタナ
16/05/08 新潟 11 新潟大賞典 G3 芝2000 1681511.569** 牡4 56.0 松田大作池江泰寿484(+6)1.58.8 1.034.5⑭⑫パッションダンス
16/02/21 小倉 11 小倉大賞典 G3 芝1800 168167.936** 牡4 56.0 S.フォー池江泰寿478(-2)1.46.9 0.235.1⑧⑨⑦⑦アルバートドック
16/01/17 京都 11 日経新春杯 G2 芝2400 127912.055** 牡4 56.0 D.マクド池江泰寿480(-4)2.26.3 0.434.0⑥⑦⑥⑥レーヴミストラル
16/01/05 中山 11 日刊中山金杯 G3 芝2000 1469----** 牡4 56.0 F.ベリー池江泰寿478(-6)0000 ------ヤマカツエース
15/12/05 中京 11 金鯱賞 G2 芝2000 12687.636** 牡3 55.0 岩田康誠池江泰寿484(+2)1.59.1 0.334.6⑨⑨⑨⑧ミトラ
15/10/25 京都 11 菊花賞 G1 芝3000 183517.476** 牡3 57.0 浜中俊池江泰寿482(+2)3.04.5 0.635.6⑪⑫⑩⑧キタサンブラック
15/09/21 中山 11 セントライト G2 芝2200 15236.135** 牡3 56.0 川田将雅池江泰寿480(-8)2.14.0 0.234.7⑥⑥⑥⑤キタサンブラック

⇒もっと見る


ベルーフの関連ニュース

 2015年の京成杯・GIIIを制したベルーフ(牡6歳、栗東・池江泰寿厩舎)が3月24日付で競走馬登録を抹消した。JAR通算26戦3勝、獲得賞金は1億5020万9000円(付加賞含む)。今後は岡山乗馬倶楽部(岡山県加賀郡)で乗馬となる予定。

 ベルーフは父ハービンジャー、母レクレドール、母の父サンデーサイレンスという血統。1月14日の日経新春杯・GII(10着)がラストランになった。

ベルーフの競走成績はこちら

ベルーフ、競走能力喪失で引退へ 2018年3月16日(金) 05:03

 日経新春杯10着で、次週の日経賞に出走予定だったベルーフ(栗・池江、牡6)は、14日の調教後に右浅趾屈腱脱位を発症。競走能力喪失と診断され、このまま引退することが所属のサンデーサラブレッドクラブのホームページで発表された。



★ベルーフの競走成績はこちら

[もっと見る]

【金鯱賞】追い切り面から見た出走各馬の見解2018年3月11日() 10:30

金鯱賞出走馬の追い切り内容について、1頭ずつ考察していきます。予想の際にお役立てください。


ヤマカツエース
1週前にCWで全体、ラスト1Fともに好タイムをマーク。最終追い切りも上々の動きを披露した。もともとケイコ駆けする馬なので、過大評価はできないものの、ここ目標に態勢は整った印象。力の出せる仕上がりにある。

メートルダール
1週前に南Wで好時計を計時。今週は併走相手にあっさり先着を果たしてきた。約3カ月ぶりの実戦となるが、中間の動きは絶好。いい状態でレースに臨めるだろう。

ブレスジャーニー
1週前までの動きに目立つところはなかったが、日曜日に左回りのBコースで行われた6F追いをキッカケに一変。CWの最終追い切りでは好時計をマークした。かなり状態は上がってきている印象で、態勢は整ったものとみていい。

サトノノブレス
CWで2週続けてラスト1F11秒台をマーク。ひと追いごとの良化が顕著で、及第点以上の仕上がり。自身の力は出し切れそう。

サトノダイヤモンド
先週までの動きは攻め巧者の同馬としては平凡そのもの。しかし、ルメール騎乗の最終追い切りで一変。併せたベルーフをあっさりかわして、さらに前へ勢いよく進む、1週前と同じ馬とは思えない素晴らしい伸び脚を披露した。とは言え、好調時と比べると本調子にはもうひと息。能力でどこまでカバーできるか。

ダッシングブレイズ
中間の時計は目立つものではない。しかし、美浦から北村宏騎手が駆け付けて今週の追い切りに騎乗。9、10日も坂路で時計を出すなど、陣営の入れ込み具合はハンパではない。勝負気配がプンプン漂う1頭だ。

デニムアンドルビー
28日にCWで5F一番時計。同じくCWで行われた最終追い切りでは6Fから追われて好時計をマーク。約3年前に記録した自己ベストとほぼ同様のタイムで走り抜けた。活気あふれる気配であることは間違いない。

アクションスター
栗東坂路の最終追い切りでは併走先着を果たしたが、時計は平凡で強調できるような内容ではない。順調に本数を消化していることは好感を持てるが、大きな変わり身までは望めないだろう。

スワーヴリチャード
1週前にCWで7Fから追われて好時計をマーク。ラスト1Fも11秒台と超抜の動きを見せつけた。今週は一転して軽めのメニュー。しかし、動き自体は悪くなく、力みを無くすためのガス抜きととらえたほうがいいだろう。仕上がり良好。

[もっと見る]

【金鯱賞】輝き戻った!本領ダイヤ、2馬身先着 2018年3月8日(木) 05:07

 金鯱賞の追い切りが7日、東西トレセンで行われた。栗東では、昨秋の凱旋門賞15着以来となるサトノダイヤモンドが併せ馬で切れ味を見せて先着を果たした。重賞2勝馬のスワーヴリチャードは、CWコースで軽快な走り。有馬記念4着以来でも、仕上がりは良好だ。ヤマカツエースメートルダールがサンケイスポーツ調教評価で最高の『S』となった。

 復活ののろしをあげた。GI2勝馬サトノダイヤモンドが、併せ馬できっちりと先着。手綱を取ったルメール騎手が、好感触を伝えた。

 「ラストはいい反応で、いい時計が出ました。いい追い切りができたし、うれしかった」

 CWコースで不安を払拭した。僚馬ベルーフ(OP)を2馬身追いかけてスタート。徐々にピッチを上げ、直線入り口で内から馬体を並べる。ゴール前で仕掛けられると、ラスト1ハロンは11秒7と伸びて、2馬身先着した(6ハロン84秒2)。昨年10月の凱旋門賞以来、5カ月半ぶりの実戦。2週連続で併せ馬で先着を許して体調面が心配されていたが、GIウイナーの貫禄を示した。

 「先々週、先週と結構びっしりやったので、きょうは上がり重点で。テンにゆっくり入ると動きますね。先週よりいい動きでした」

 先週までは辛口だった池江調教師が、合格点を与えた。フランスに遠征した昨秋は、フォワ賞4着、凱旋門賞15着と大敗。重馬場に加えて、天皇賞・春(3着)のレース後から出ていたのどの疾病による影響もあった。帰国後はじっくりと時間をかけて立て直した。入念に乗り込まれており、上昇気配をたどっているのは間違いない。

 「内視鏡で見られるぶんには(のどは)問題ないですし、体の見た目は過去最高にいいくらい」とトレーナーは目を細める。

 「2000メートル前後はベストだし、あとはいい時の走りができるかどうか。(今後に向けて)何か手掛かりがつかめればいいですね」とトレーナーも期待する。この後は大阪杯宝塚記念の予定。秋には凱旋門賞やブリーダーズC(米GI)など海外再挑戦のプランもある。昨年の阪神大賞典以来、1年ぶりの復活Vへ-。王者が輝きを取り戻す。 (斉藤弘樹)

金鯱賞の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【金鯱賞】ルメール「反応良かった」ダイヤモンド2馬身先着 2018年3月7日(水) 10:57

 16着に終わった凱旋門賞から5カ月半。復権を期すサトノダイヤモンドが、ようやく攻め馬で動いてみせた。

 ルメール騎手が手綱を取り、栗東CWコースで併せ馬。ベルーフの1馬身後ろで折り合い、直線に向いても手綱は絞られたまま。余力十分に内から並びかけて、軽く気合が入ったゴール前でスッと2馬身引き離した。



 「反応は良かった。跳びも大きく、いい脚を長く使ってくれたね。いい追い切りができたし、ラスト(1F)は11秒台の時計が出た。あとは心の部分がどうかだけ」。状態面に不安はなし。それが主戦のジャッジだ。

 昨秋の仏2戦はとにかく、「馬場が合わなかった」と池江調教師。先々週、先週と併せ馬で遅れたことで「気持ちの問題なのか…」と歯切れの悪いコメントが続いていたが、けさの先着でひと安心。気持ちを取り戻した有馬記念菊花賞馬が、レースでも覚醒するか。(夕刊フジ)

金鯱賞の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【日経新春杯】モンドインテロが1番人気/13:00時点 2018年1月14日() 13:15

 14日京都のメインはハンデGIIの日経新春杯(芝2400メートル)。キタサンブラック引退後の中長距離路線を占う意味で重要な一戦になるが、昨年の1、3着馬が出走してきており、今年も有力だ。単勝1番人気は3.8倍のモンドインテロ。差なく4.0倍のパフォーマプロミス、4.6倍のミッキーロケットと続いている。13:00時点での単勝オッズは以下の通り。



枠番-馬番 馬名      単勝オッズ1- 1 サンタフェチーフ   11.12- 2 ロードヴァンドール   7.23- 3 モンドインテロ     3.84- 4 ヒットザターゲット  40.65- 5 トルークマクト   192.85- 6 アクションスター  160.26- 7 パフォーマプロミス   4.06- 8 ミッキーロケット    4.67- 9 ガンコ        13.67-10 ソールインパクト    8.48-11 ベルーフ       31.28-12 カラビナ       25.2



★日経新春杯の枠順はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

⇒もっと見る

ベルーフの関連コラム

閲覧 1,791ビュー コメント 0 ナイス 5



次週の注目重賞を、伊吹雅也プロが様々なデータを駆使していち早く分析! もっとも重要と思われる<ピックアップデータ>に加え、<追い風データ/向かい風データ>や<注目馬チェック>など、貴重な情報が満載なウマニティ会員専用コラムとなっております。ぜひ皆様の予想にお役立て下さい。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


<次週の特選重賞>

G2 日経新春杯 2018年01月14日(日) 京都芝2400m外


<ピックアップデータ>

【“前年か同年、かつ京都、かつ2000m以上のレース”において3着以内となった経験の有無別成績(2011年以降)】
○あり [7-5-6-33](複勝率35.3%)
×なし [0-2-1-47](複勝率6.0%)

 コース適性が高そうな馬を素直に重視したい一戦。ここ7年に限ると“前年か同年、かつ京都、かつ2000m以上のレース”において3着以内となった経験がなかった馬は勝ち切れていませんし、このうち前走の着順が4着以下だった馬は2011年以降[0-0-0-39](複勝率0.0%)とさらに苦戦しています。たとえ実績上位であっても、この舞台が合っているかどうか微妙な馬は過信禁物と見るべきでしょう。

主な「○」該当馬→ミッキーロケットモンドインテロロードヴァンドール
主な「×」該当馬→ソールインパクトヒットザターゲットベルーフ


<他にも気になる! 追い風データ/向かい風データ>

【追い風データ】

○「前走の上がり3ハロンタイム順位が6位以内」だった馬は2011年以降[7-7-5-39](複勝率32.8%)
主な該当馬→ソールインパクトミッキーロケット

続きは、ウマニティ会員登録(無料会員)でご覧頂けます。
※限定公開期間終了後は、非会員の方もご覧頂けます。
続きを読む
登録済みの方はこちらからログイン

2017年8月6日() 14:00 凄馬プロジェクトチーム
第286回『凄馬出馬表分析&馬券検討』~小倉記念 G3
閲覧 805ビュー コメント 0 ナイス 2



みなさんこんにちは!

本日は小倉11R「小倉記念 G3」の『凄馬出馬表』を分析したいと思います。

今回も「U指数」だけでなく、U指数のポイントに【調教評価】、【厩舎評価】、【斤量補正】を数値化し加算減算しU指数を補正することで「総合ポイント」を算出しました。
★「U指数」について詳しくはこちらをご覧ください→U指数についてページ

U指数1.0ポイントは約1馬身差にあたるので、これを目安に以下のような重み付けをしました。
【調教評価】は競馬エイトの調教評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「5」・・・「-1.0ポイント」
「6」・・・「±0.0ポイント」
「7」・・・「+1.0ポイント」
「8」・・・「+2.0ポイント」
【厩舎評価】競馬エイトの厩舎コメントの評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「△」・・・「-1.0ポイント」
「○」・・・「±0.0ポイント」
「◎」・・・「+1.0ポイント」
【斤量補正】は1.0kg=「0.5ポイント」として以下の基準体重との差分に乗算しました。
「牡馬」・・・「57.0kg」
「牝馬」・・・「55.0kg」


上記の補正を行った『凄馬出馬表』(画像)をご覧ください。




第1グループ(橙)は、ストロングタイタンから1.0ポイント差(約1馬身差)内のケイティープライドまでの2頭。
第2グループ(黄)は、クランモンタナから1.0ポイント差(約1馬身差)内のタツゴウゲキヴォージュまで3頭。
第3グループ(薄黄)は、フェルメッツァから同差内のバンドワゴンシャドウパーティースピリッツミノルベルーフまで5頭となっていて、以下は第4G(灰)となっています。

凄馬出馬表を見渡すと、第1G→第2G間の1.8ポイント差が目立ち、それ以外にはあまり大きな“溝”が生じない配置となっています。

そんななか今回の私の本命は総合評価5位の◎ヴォージュとしました。前走は重賞初挑戦でコンマ7秒差の9着敗退と着差(着順)だけ見ると完敗にも映りますが、2着マイネルフロストを除き序盤で先行した各馬はみな同じように惨敗の一戦。それでいて4~5着あたりからは少差で、最後まで踏ん張ったと言えば踏ん張った内容でしたし、2番人気に推されたマルターズアポジーが2秒差の11着に大敗したことを思えばまだ見限るのは早計ではないでしょうか。前走七夕賞組は着順に関わらず人気に推されていた馬たちの好走が多い小倉記念ですし、確か、七夕賞の戦前時点では「芝2000m現役最多勝」とそこそこもてはやされていて、「もともと小倉記念を予定していたが早めて使う」といった話も出ていたように記憶しています。当時より妙味アップし、当初狙っていたレースへの参戦となる今回狙ってみたいと思っています。このレースで好相性のグレイソヴリン系とニジンスキー系を両方持っている点と好枠も魅力的です。
○はベルーフ。正直近況からはあまり復活の糸口は見出せないのですが、個人的には気持ちの問題だと考えている同馬。舞台・時期ともにベストの条件で、トップハンデも嫌われてこの人気なら。
以下▲シャドウパーティー、☆ストロングタイタン、△サンマルティンと夏場に好成績の馬たちを上位評価し、今回の私の馬券は、◎からの馬単とワイドで勝負とします。


【馬単流し】
◎=○▲☆△(8)
3=6,8,9,10(4点)

【ワイドボックス】
◎○▲
3,6,9(3点)

計7点

[もっと見る]

2017年6月11日() 14:00 西野圭吾
第278回『凄馬出馬表分析&馬券検討』~エプソムカップ G3
閲覧 1,406ビュー コメント 0 ナイス 3



みなさんこんにちは!

本日は東京11R「エプソムカップ G3」の『凄馬出馬表』を分析したいと思います。

今回も「U指数」だけでなく、U指数のポイントに【調教評価】、【厩舎評価】、【斤量補正】を数値化し加算減算しU指数を補正することで「総合ポイント」を算出しました。
★「U指数」について詳しくはこちらをご覧ください→U指数についてページ

U指数1.0ポイントは約1馬身差にあたるので、これを目安に以下のような重み付けをしました。
【調教評価】は競馬エイトの調教評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「5」・・・「-1.0ポイント」
「6」・・・「±0.0ポイント」
「7」・・・「+1.0ポイント」
「8」・・・「+2.0ポイント」
【厩舎評価】は競馬エイトの厩舎コメントの評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「△」・・・「-1.0ポイント」
「○」・・・「±0.0ポイント」
「◎」・・・「+1.0ポイント」
【斤量補正】は1.0kg=「0.5ポイント」として以下の基準体重との差分に乗算しました。
「牡馬」・・・「57.0kg」
「牝馬」・・・「55.0kg」


上記の補正を行った『凄馬出馬表』(画像)をご覧ください。



第1グループ(橙)は、ダッシングブレイズアストラエンブレムレッドレイヴンヒストリカルの4頭。
第2グループ(黄)は、フルーキーデンコウアンジュの2頭。
第3グループ(薄黄)は、クラリティスカイマイネルハニーまでの5頭となっていて、以下は第4G(灰)となっています。

東京の芝は内がかなり荒れて、外伸びが顕著、外枠+末脚のしっかりとしたタイプが有利な馬場状態と言えそうです。

私の本命は◎アストラエンブレムとしました。4歳となり、ひ弱さが抜けて充実一途、展開次第で自在に立ち回れますし、先ほどの傾向にも合致しています。このメンバーであれば堅軸と考えました。対抗にはU指数トップの○レッドレイヴン、鉄砲は得意なタイプですし、この人気なら妙味は十分です。以下、スムーズに外を回れる馬を重視して○レッドレイヴン、▲ベルーフ、△ナスノセイカンクラリティスカイパドルウィールメドウラークと印を打ちます。

【馬連流し】
10

9,11,15,16,17,18

【ワイド流し】
10,17

9,11,15,16,17,18

計17点

[もっと見る]

2017年6月4日() 15:00 伊吹雅也
【伊吹雅也のピックアップ競馬データ2017年06月04日号】特選重賞データ分析編(50)~2017年エプソムカップ~
閲覧 2,981ビュー コメント 0 ナイス 4



次週の注目重賞を、伊吹雅也プロが様々なデータを駆使していち早く分析! もっとも重要と思われる<ピックアップデータ>に加え、<追い風データ/向かい風データ>や<注目馬チェック>など、貴重な情報が満載なウマニティ会員専用コラムとなっております。ぜひ皆様の予想にお役立て下さい。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


<次週の特選重賞>

G3 エプソムカップ 2017年06月11日(日) 東京芝1800m


<ピックアップデータ>

【馬齢別成績(2011年以降)】
○4歳以下 [5-4-1-10](複勝率50.0%)
×5歳以上 [1-2-5-70](複勝率10.3%)

 若い馬を重視したい一戦。2011年以降の優勝馬6頭中、2014年のディサイファを除く5頭はいずれも馬齢が4歳でした。一方、馬齢が5歳以上だった馬のうち、“同年、かつJRA、かつ1800~2000mの重賞”において5着以内となった経験がない馬は2011年以降[0-0-2-57](複勝率3.4%)。上位人気に推されながら敗れてしまった例も少なくありません。年明けのレースで苦戦している高齢馬、オープン特別を主戦場としてきた高齢馬は思い切って評価を下げましょう。

主な「○」該当馬→アストラエンブレムデンコウアンジュマイネルハニー
主な「×」該当馬→ダッシングブレイズベルーフマイネルミラノ


<他にも気になる! 追い風データ/向かい風データ>

【追い風データ】

○「前走が“国内外の重賞”」だった馬は2011年以降[4-4-6-42](複勝率25.0%)
主な該当馬→デンコウアンジュマイネルハニー

[もっと見る]

2017年5月10日(水) 17:00 伊吹雅也
【伊吹雅也のピックアップ競馬データ2017年05月10日号】週末メイン「1点」分析EXTRA編(46)
閲覧 3,554ビュー コメント 0 ナイス 6



週末の注目レースを伊吹雅也プロが「1点」の傾向に注目して分析するウマニティ会員専用コラム。「さらにプラス1!」として挙げている種牡馬別成績も含め、ぜひ予想にご活用下さい。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


▼2017年05月13日(土) 京都10R 葵ステークス
【馬番別成績(2013年以降)】
●1~5番 [4-3-2-11](複勝率45.0%)
●6~16番 [0-1-2-33](複勝率8.3%)
→圧倒的に内枠有利。また、出走数が5戦以下だった馬は13年以降[0-0-0-12](複勝率0.0%)と苦戦しています。


▼2017年05月13日(土) 京都11R 都大路ステークス
【馬齢別成績(2013年以降)】
●5歳以下 [3-3-3-21](複勝率30.0%)
●6歳以上 [1-1-1-27](複勝率10.0%)
→若い馬が優勢。特別登録を行った馬のうち、馬齢が5歳以下なのは、ダノンメジャーハクサンルドルフベルーフミッキージョイの4頭だけです。

<<さらにプラス1!>>
【『血統大全』このコースの“買い”】
京都芝1800m外×ハービンジャー×前走9着以内
→複勝率41.3%、複勝回収率171%


▼2017年05月13日(土) 東京11R 京王杯スプリングカップ

[もっと見る]

2016年12月14日(水) 18:00 【ウマニティ】
『凄馬出馬表&馬券検討』12/10~12/11の結果(阪神ジュベナイルフィリーズ・チャレンジカップ)
閲覧 424ビュー コメント 0 ナイス 1

12月11日(日)に行われました阪神11Rの「阪神ジュベナイルフィリーズG1」です。

レース結果(着順)の凄馬出馬表(画像)をご覧ください。



1着:総合ポイント【5位】△ソウルスターリング(2.8倍)
2着:総合ポイント【6位】◎リスグラシュー(3.0倍)
3着:総合ポイント【1位】▲レーヌミノル(6.9倍)

第3グループ・総合ポイント5位のソウルスターリングが1着、第3グループ・総合ポイント6位のリスグラシューが2着、第1グループ・総合ポイント1位のレーヌミノルが3着という結果でした。

先週のステイヤーズSに続き、2週連続でのガチガチ決着(◎_◎;)。人気上位勢に半ば降参しての3単勝負だったわけですが、さらにその上をいく1人気→2人気→3人気で決まるとは......。またしても、“一生獲れない決着”で、これには完敗です。◎リスグラシュー、▲レーヌミノルに重い印を打つと決めた時点で、願望込みで軽視した△ソウルスターリングでしたが、お見それしました。強かった。

【3単フォーメーション】
◎→○▲→印
18→1,4→1,2,4,11,12,17(10点)

◎→印→○▲
18→1,2,4,11,12,17→1,4(10点)

【馬単フォーメーション】
○▲→◎
1,4→18(2点)

計22点 払い戻し0円


続いて12月10日(土)に行われました阪神11Rの「チャレンジカップG3」です。

レース結果(着順)の凄馬出馬表(画像)をご覧ください。



1着:総合ポイント【9位】マイネルハニー(15.4倍)
2着:総合ポイント【7位】△ベルーフ(8.5倍)
3着:総合ポイント【4位】▲ケイティープライド(56.0倍)

第3グループ・総合ポイント9位のマイネルハニーが1着、第2グループ・総合ポイント7位のベルーフが2着、第2グループ・総合ポイント4位のケイティープライドが3着という結果でした。

ゴール前はハンデ戦らしい大接戦!期待した◎ヒストリカルは上がり最速の脚で追い込んでくれましたが、僅かに届きませんでした(+_+) しかし勝ったマイネルハニーはペースを考えるとかなり強い競馬でしたね、今後も注目したいと思います!

【3連複1頭軸流し】
5

1,2,3,4,8,9,16,18

計28点 払い戻し0円

[もっと見る]

⇒もっと見る

ベルーフの口コミ


口コミ一覧

ベルーフ

 正義の魂 2018年3月15日(木) 22:01

閲覧 85ビュー コメント 0 ナイス 7

私を長期にわたり、楽しませてくれた、
池江泰寿厩舎のベルーフが、怪我のため、
競走能力喪失で、事実上の引退となったらしい。

デビュー戦は、メンバーが弱かったとはいえ、
私に単勝を獲らせてくれたし、京成杯でも、
かなり強い勝ち方であった。

その京成杯の後は、勝ち星に恵まれなかったが、
重賞でも好勝負し、楽しませてくれた。

ベルーフには、今後の余生を、
謳歌してもらいたいものである。

 馬券のAエース 2018年1月13日() 21:49
【日曜格上馬】+京成杯・日経新春杯 
閲覧 361ビュー コメント 0 ナイス 3

////////////

【メモリアル】あと1勝で○○○勝♪
川島 信二≪騎手≫〔通算299勝〕
伊藤 工真≪騎手≫〔通算99勝〕
金子 真人HD≪馬主≫〔通算499勝〕

///////////////

【日曜の格上馬】
中山1R…ヴォルフスブルク
中京2R…アシャカデッシュ
京都7R…コロナシオン

【厩舎&騎手】高確率メソッド

中山4R :◆ライバーバード  戸崎&手塚〔複勝率〕 47.5%
中山9R :◆レレマーマ  戸崎&国枝〔複勝率〕49.0%
中山11R :◆コズミックフォース  戸崎&国枝〔複勝率〕49.0%
中山12R :◆バラダガール  戸崎&国枝〔複勝率〕49.0%
京都3R :◆サナコ  川田&中内田〔複勝率〕46.8%
京都3R :◆ジョーダンヒロイン  福永&野中〔複勝率〕55.8%
京都6R :◆グレートタイム  ルメ&藤原〔複勝率〕66.7%
京都6R :◆モズノーブルギフト  デム&鮫島〔複勝率〕57.1%
京都7R :◆ハギノアレス  デム&鮫島〔複勝率〕57.1%
京都7R :◆ラルク  武&松永〔複勝率〕40.0%
京都9R :◆カラクプア  ルメ&松田〔複勝率〕57.1%
京都9R :◆シロニイ  川田&池江〔複勝率〕47.0%
京都10R :◆シグナライズ  ルメ&藤原〔複勝率〕66.7%
京都11R :◆パフォーマプロミス  デム&藤原〔複勝率〕55.9%
京都11R :◆ベルーフ  川田&池江〔複勝率〕47.0%
京都12R :◆ラディウス  川田&高野〔複勝率〕49.1%

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

【京成杯】中山2000m

≪上げ幅≫
1位:〔6〕?ジョリルミエール
2位:〔5〕?コズミックフォース ?ライトカラカゼ
4位:〔4〕?ロジティナ

≪タイム指数≫
1位:〔69.4〕?コスモイグナーツ
2位:〔70.2〕?コズミックフォース ?ジェネラーレウーノ
4位:〔70.9〕?ダブルシャープ

≪LAP一致馬≫今回ナシ
?コズミックフォース ?ロジティナ ?イェッツト

※≪攻略ポイント≫ 更新ナシ
重賞で上がり3位以内の実績がある馬は?ダブルシャープ1頭のみ
同コースで年末のG?ホープフルSが設立された影響で明らかに例年よりは
実績弱化のメンバーが揃った。
今までは
・勝ち馬は?番人気以内(過去10年中9年)
・前走、新馬・未勝利勝で0.0秒差の馬は来ない
・1戦1勝馬は苦戦【0-0-1-15】
などがありますが、1戦1勝馬が人気になってるようで今年はどうでしょう?

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

【日経新春杯】京都2400m

≪馬指数≫
1位:〔90〕?ミッキーロケット
2位:〔87〕?モンドインテロ
3位:〔85〕?ソールインパクト

≪タイム指数≫
1位:〔70.2〕?ロードヴァンドール
2位:〔70.4〕?ミッキーロケット
3位:〔70.9〕?ヒットザターゲット

≪LAP一致馬≫今回ナシ
?モンドインテロ ?ベルーフ ?トルークマクト

※≪攻略ポイント≫ 1/11更新してます
『??番人気』『4・5歳馬』『乗り替わりナシ』が断然に強いレースで
今年は4歳馬が不在なので5歳ミッキーロケットがデータ的には盤石。
他の好走条件を満たすのも指数上位馬なので荒れる要素は少ないでしょうね^^;

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

[もっと見る]

 藤沢雄二 2017年11月12日() 14:30
11月12日のWIN5予想
閲覧 152ビュー コメント 0 ナイス 7

今日も今日とて“当たらない”WIN5をせっせと予想w

【東京10R 奥多摩S】⑭ロワアブソリュー
【京都10R 渡月橋S】②ドラゴンシュバリエ ⑥テンザワールド
【福島11R 福島記念】②ベルーフ ⑯サンマルティン
【東京11R オーロC】⑥サンライズメジャー ⑦ロサギガンティア
【京都11R エリザベス女王杯】⑯ヴィブロス ⑰ルージュバック ⑩ミッキークイーン
1×2×2×2×3=24

奥多摩Sは目下1番人気が4連勝中。で、5年前が2番人気が勝っていて、その先10年前まで遡っても4番人気以内から勝ち馬が出ているので、こと単勝に関しては平穏な方だろう。
で、目下のところ人気は割れ気味だが、コース実績から⑭ロワアブソリュー1頭で勝負。500万を2回勝ったスターオブペルシャと比べたら、1000万を2回勝っているロワアブソリューの方が格上と言えるし、クライムメジャーは対戦比較で強く推しにくい。それならば思いきってロワアブソリュー1頭で勝負してみる。

渡月橋Sって昔は芝の1600mだったような気がするのだが、調べてみると最近はずっとダートの1800mなのね(^^;
ほんで京都のダート1800mといえば基本は内枠有利。先週のみやこSは2桁ゼッケンの馬が上位を占めたけど、あれはレアケースでしょ。現に今日の6Rも7Rも内枠で決着しているし。
現級勝ちの馬は3頭いるけど、最内のロイカバードはなんで自己条件に戻るこのタイミングで初ダートなのかが疑問。ラインルーフは近況不振だし、カラクプアは叩き良化タイプだけに休み明けは厳しそう。
となると格は当てにならないので展開や枠順が幅を利かせそう。そこで中心は絶好の2番枠を引いた②ドラゴンシュバリエ。昇級の前走で大敗しているけど2ターンの東京1600なら度外視していい。とにかくコーナー4回の競馬なら堅実に走っているので妙味はこの馬。そして人気でも3歳馬の⑥テンザワールドの2頭で。

荒れる要素の強い福島記念だが、当初は⑯サンマルティン1頭で大丈夫だと思っていた。世代比較でも芝の重賞戦線なら5歳馬が強いし、小倉記念は勝ちに等しい内容だったし。
でも福島記念のデータを見ていたら、震災での代替開催だった2011年を含めて勝ち馬は9番から内から出ていることに気付いてしまった。さらに気になって2000年まで遡ってみたのだが、2桁ゼッケンでの勝利は10番枠(2回)が一番外で、実のところかなりの確率で内枠有利なのである。
まあ気付いたところで途切れるのはよくある話なのでサンマルティンはマークしておくが、とりあえず内枠から何か探したくなった。
そこで目をつけたのがサンマルティンと同じハービンジャー産駒で5歳馬の②ベルーフ。この馬、1800mが【0-1-1-7】なのに対して2000mなら【3-3-0-5】だから今回は間違いなく条件が好転する。鞍上が重賞未勝利なのは引っ掛かるが、人気薄なら割り引くこともなかろう。
もっと踏み込んで内枠固めをしてもいいのだろうけど、ここはハービンジャー産駒の2頭で。

オーロCも福島記念に負けず劣らずの荒れ方をしているのだが、これまた1番人気の取捨は内枠かどうかで、2000年まで遡っても1番人気の馬が9番より内ならそれなりに信頼できるが、10番より外だと勝っていない。しかも目下のところ4年連続で8枠に入った1番人気が負けているので、2桁ゼッケンの単勝10倍以下は買いたくない。もっとも外枠でも穴が出るという点は厄介なところだが。
とりあえず内枠にヤマを張るとして、まずは⑥サンライズメジャーを中心視。最近見なくなった典型的なオープン大将で、オープン特別だと【3-1-1-1】なのに対して重賞では【0-3-0-14】。それでいてオープン特別の3勝が3番人気→7番人気→4番人気なので今回は狙い目ではあるよね。
そして人気サイドからは一昨年の勝ち馬の⑦ロサギガンティアを。

エリザベス女王杯は、府中牝馬Sが「いかにも」な負け方だった⑯ヴィブロスで軸は大丈夫だと思うのだが、とりあえずムーアで怖い⑰ルージュバックと、プレゼンターが高畑充希というのが引っ掛かって⑩ミッキークイーンまでは押さえておく。

今回は珍しく能書きが間に合ったが、さあ結果はどうなることやら。

[もっと見る]

⇒もっと見る

ベルーフの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
3:
  ヨッシー   フォロワー:3人 2015年10月24日() 07:08:07
追いかける価値あり?
2:
  武武武ちゃん   フォロワー:1人 2014年10月20日(月) 21:33:18
11月9日の東京 百日草特別(芝2000m)を予定しているみたいなので、そこが正念場になりそうですね。
1:
  武武武ちゃん   フォロワー:1人 2014年7月21日(月) 14:37:20
サンデーレーシングの池江厩舎

ベルーフの写真

ベルーフ
ベルーフ

ベルーフの厩舎情報 VIP

2018年1月14日日経新春杯 G210着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

ベルーフの取材メモ VIP

2017年11月12日 福島記念 G3 9着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。