ベルーフ(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
ベルーフ
ベルーフ
写真一覧
現役 牡5 鹿毛 2012年1月21日生
調教師池江泰寿(栗東)
馬主有限会社 サンデーレーシング
生産者(有)社台コーポレーション白老ファーム
生産地白老町
戦績22戦[3-4-1-14]
総賞金14,660万円
収得賞金3,375万円
英字表記Beruf
血統 ハービンジャー
血統 ][ 産駒 ]
Dansili
Penang Pearl
レクレドール
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
ゴールデンサッシュ
兄弟 クラージュドールラルシュドール
前走 2017/08/06 小倉記念 G3
次走予定 2017/08/27 小倉日経オープン OP

ベルーフの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
17/08/06 小倉 11 小倉記念 G3 芝2000 135615.484** 牡5 57.0 D.ホワイ池江泰寿484(-2)1.58.1 0.535.6⑫⑫⑩⑥タツゴウゲキ
17/06/11 東京 11 エプソムC G3 芝1800 1861129.71011** 牡5 56.0 大野拓弥池江泰寿486(-4)1.46.8 0.934.1⑯⑮⑰ダッシングブレイズ
17/05/13 京都 11 都大路S OP 芝1800 11446.5410** 牡5 57.0 松山弘平池江泰寿490(+2)1.51.3 2.336.4⑧⑧ダノンメジャー
17/03/26 阪神 11 六甲S OP 芝1600 11663.725** 牡5 57.0 秋山真一池江泰寿488(-4)1.34.5 0.333.9⑩⑩アスカビレン
17/02/19 小倉 11 小倉大賞典 G3 芝1800 16485.5212** 牡5 57.0 S.フォー池江泰寿492(0)1.47.0 1.236.4⑬⑮⑮⑫マルターズアポジー
16/12/10 阪神 11 チャレンジC G3 芝1800 18248.552** 牡4 57.0 V.シュミ池江泰寿492(+4)1.46.5 0.034.9⑪⑫マイネルハニー
16/10/30 京都 11 カシオペアS OP 芝1800 12683.213** 牡4 56.0 藤岡康太池江泰寿488(+2)1.46.3 0.233.6⑫⑫ヒルノマテーラ
16/09/04 新潟 11 新潟記念 G3 芝2000 181111.274** 牡4 57.0 田辺裕信池江泰寿486(0)1.57.7 0.232.8⑱⑱アデイインザライフ
16/08/07 小倉 11 小倉記念 G3 芝2000 12557.842** 牡4 56.0 D.ホワイ池江泰寿486(+2)2.00.0 0.035.2⑪⑪⑩⑨クランモンタナ
16/05/08 新潟 11 新潟大賞典 G3 芝2000 1681511.569** 牡4 56.0 松田大作池江泰寿484(+6)1.58.8 1.034.5⑭⑫パッションダンス
16/02/21 小倉 11 小倉大賞典 G3 芝1800 168167.936** 牡4 56.0 S.フォー池江泰寿478(-2)1.46.9 0.235.1⑧⑨⑦⑦アルバートドック
16/01/17 京都 11 日経新春杯 G2 芝2400 127912.055** 牡4 56.0 D.マクド池江泰寿480(-4)2.26.3 0.434.0⑥⑦⑥⑥レーヴミストラル
16/01/05 中山 11 日刊中山金杯 G3 芝2000 1469----** 牡4 56.0 F.ベリー池江泰寿478(-6)-- ------ヤマカツエース
15/12/05 中京 11 金鯱賞 G2 芝2000 12687.636** 牡3 55.0 岩田康誠池江泰寿484(+2)1.59.1 0.334.6⑨⑨⑨⑧ミトラ
15/10/25 京都 11 菊花賞 G1 芝3000 183517.476** 牡3 57.0 浜中俊池江泰寿482(+2)3.04.5 0.635.6⑪⑫⑩⑧キタサンブラック
15/09/21 中山 11 セントライト G2 芝2200 15236.135** 牡3 56.0 川田将雅池江泰寿480(-8)2.14.0 0.234.7⑥⑥⑥⑤キタサンブラック
15/08/09 小倉 11 小倉記念 G3 芝2000 17356.022** 牡3 54.0 Z.パート池江泰寿488(+16)1.58.2 0.235.9⑩⑩⑩⑦アズマシャトル
15/04/19 中山 11 皐月賞 G1 芝2000 1561019.3712** 牡3 57.0 戸崎圭太池江泰寿472(-4)1.59.8 1.635.1⑮⑮⑭⑮ドゥラメンテ
15/03/22 中山 11 スプリングS G2 芝1800 12336.934** 牡3 56.0 川田将雅池江泰寿476(+6)1.49.4 0.334.1⑨⑨⑥④キタサンブラック
15/01/18 中山 11 京成杯 G3 芝2000 178175.331** 牡3 56.0 川田将雅池江泰寿470(0)2.02.3 -0.034.8⑪⑫⑬⑫ブラックバゴ

⇒もっと見る


ベルーフの関連ニュース

 ★関屋記念4着ヤングマンパワー(美・手塚、牡5)は毎日王冠(10月8日、東京、GII、芝1800メートル)へ向かう。

 ★6月の鳴尾記念2着後、放牧に出ているスマートレイアー(栗・大久保、牝7)は、京都大賞典(10月9日、京都、GII、芝2400メートル)で復帰予定。

 ★クラスターC3着のサイタスリーレッド(栗・佐藤正、牡4)は、東京盃(10月4日、大井、交流GII、ダ1200メートル)へ。

 ★小倉記念4着のベルーフ(栗・池江、牡5)と僚馬で米子S2着のサトノラーゼン(同)は、ともに小倉日経オープン(27日、小倉、OP、芝1800メートル)へ。僚馬でラジオNIKKEI賞6着のサトノクロニクル(牡3)は、セントライト記念(9月18日、中山、GII、芝2200メートル)に参戦予定。

 ★博多Sを快勝してオープン入りしたマサハヤドリーム(栗・今野、牡5)は、吉田豊騎手で新潟記念(9月3日、新潟、GIII、芝2000メートル)へ向かう。

【小倉記念】レースを終えて…関係者談話2017年08月07日(月) 05:05

 ◆北村友騎手(フェルメッツァ3着) 「勝負どころでズブさを見せていた。でもズブいなりに流れに乗ってくれましたし、直線もしっかり反応してくれました」

 ◆ホワイト騎手(ベルーフ4着) 「サンマルティンにスッと離されてしまったけど、思い通りの競馬はできたし、能力は出せた」

 ◆中谷騎手(カフジプリンス5着) 「ゲートは出てくれましたが、2000メートルは少し忙しい。3、4コーナーでズブさを見せたけど、直線では追い上げてくれた」

 ◆松若騎手(ヴォージュ6着) 「道中は2番手で折り合いをつけてスムーズに運べました。これからよくなるでしょう」

 ◆松山騎手(フェイマスエンド7着) 「いいリズムで競馬ができたのですが、最後は同じ脚いろに…」

 ◆幸騎手(スピリッツミノル9着) 「追い出したときにスイッチが入ってくれませんでした」

 ◆熊沢騎手(クランモンタナ10着) 「流れに乗れない感じで、あの位置(後方)からの競馬。気難しい面があるね」

 ◆和田騎手(バンドワゴン11着) 「ゲートを出たし、リズムを守る形で。力まずに走れたけど、後続馬がきたときに抵抗できなかった」

★6日小倉11R「小倉記念」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【小倉記念】タツゴウゲキが叩き合い制して重賞初V 2017年08月06日() 15:43

 8月6日の小倉11Rで行われたサマー2000シリーズ(全5戦)の第3戦、第53回小倉記念(3歳以上オープン、GIII、芝2000メートル、ハンデ、13頭立て、1着賞金=4100万円)は、4番人気タツゴウゲキ(牡5歳、栗東・鮫島一歩厩舎)がゴール前の接戦を制し、重賞初勝利を飾った。鞍上は、落馬負傷のミルコ・デムーロ騎手に代わって手綱を取った秋山真一郎騎手。タイムは1分57秒6(良)。

 レースはバンドワゴンが逃げ、ヴォージュ、タツゴウゲキ、ストロングタイタンが続く展開。2年ぶり優勝がかかるベルーフは後方に控えた。3〜4コーナーにかけてストロングタイタンが外から前をうかがうなど、展開が激しさを増すなか、中団から徐々に進出していたサンマルティン(2番人気)が直線で先頭へ。しかし、タツゴウゲキが内から力強く伸び、最後は叩き合いをハナ差でモノにした。フェルメッツァ(6番人気)がさらに3馬身離れた3着。ストロングタイタン(1番人気)は8着、バンドワゴン(3番人気)は11着に終わった。

 タツゴウゲキは、父マーベラスサンデー、母ニシノプルメリア、母の父シングスピールという血統。北海道新冠町・川上牧場の生産馬で、馬主は鈴木高幸氏。通算成績は17戦4勝。小倉記念は鮫島一歩調教師、秋山真一郎騎手ともに初勝利。

 ◆秋山真一郎騎手「(“代打騎乗”は)52キロでも簡単に乗れるので、体重が軽くてよかったです。(自身はフェルメッツァに騎乗し5着だった)七夕賞でタツゴウゲキは一緒に出ていたので、不利を受けたのは分かっていましたし、先生(鮫島一歩調教師)からも『具合はいい』と聞いていました。スタートをうまく出てくれて、いいポジションを取れて良かったです。勝ててホッとしました」

★6日小倉11R「小倉記念」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【小倉記念】厩舎の話2017年08月04日(金) 05:06

 ◆ヴォージュ・余田助手 「小回りでも気にすることはないと思う」

 ◆カフジプリンス・甲斐助手 「2000メートルは合いそう」

 ◆クランモンタナ・熊沢騎手 「去年勝っているし、楽しみを持って乗りたい」

 ◆ケイティープライド・鮫島駿騎手 「内枠が欲しい。小回りは最適」

 ◆サンマルティン・椎本助手 「すごい能力があるので、重賞でも楽しみ」

 ◆ストロングタイタン・池江師 「前走も良かったが、使った上積みがありそう」

 ◆スピリッツミノル・橋本助手 「いい仕上がり。少頭数は歓迎」

 ◆タツゴウゲキ・梛木助手 「平坦小回りは合う」

 ◆バンドワゴン・石坂師 「54キロのハンデはいい。何とか復活を」

 ◆フェイマスエンド・鮫島師 「(松山)騎手もいい感触を持ってくれた」

 ◆フェルメッツァ・松永幹師 「小回りもいいと思う」

 ◆ベルーフ・池江師 「この舞台は相性がいいので、今年こそは」

小倉記念の出馬表はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【小倉記念】追って一言2017年08月03日(木) 05:06

 ◆カフジプリンス・甲斐助手 「しまいを強め。併せてから一気に抜き去った。息の入りも良く、もう少しやれないか」

 ◆クランモンタナ・熊沢騎手 「(併せ馬で)食い下がっていた感じがあるし、自分からハミをとって集中していた。去年勝っているし、楽しみを持って乗りたい」

 ◆ケイティープライド・鮫島駿騎手 「先週ある程度時計を出しているので、今週はサラッと。内々で脚をためたいので内枠が欲しい。小回りは最適の舞台」

 ◆シャドウパーティー・森助手 「馬なりでしっかりと反応していましたし、動きはまずまず。力を出せればハンデ戦ですし、上位争いは可能」

 ◆スピリッツミノル・橋本助手 「先週やっているので、今週はしまいだけ。いい動きで、いい仕上がり。少頭数は歓迎」

 ◆タツゴウゲキ・梛木助手 「動きはすごくよかった。トモ(後肢)が良くなって間隔を詰めて使えるようにもなった。平坦小回りは合うし、スムーズな競馬をしてほしい」

 ◆フェイマスエンド・鮫島師 「馬なりだったけど、(松山)騎手もいい感触を持ってくれた。レース後の疲れもないし、上積みがあれば」

 ◆フェルメッツァ・松永幹師 「全体(時計)が速くならないようにしまいだけ。前走と同じぐらいのデキにあるし、小回りもいいと思う」

 ◆ベルーフ・池江師 「(動きは)いいですね。去年(2着)よりもいいですよ。この舞台は相性もいいので、今年こそは、という感じ」

小倉記念の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【小倉記念】ベルーフ池江師「いい動き」2017年08月02日(水) 11:43

 昨年の2着馬は栗東CWコースで2頭を追走。楽な手応えのまま直線で内に入り、中スヴァルナには頭差届かなかったものの、外バブリーバローズに1馬身半先着した。

 ◆池江調教師「いい動き。先週あたりから良くなって、去年よりも今年のほうがいい。小回りだと集中力が途切れないし、スパイラルコースで差し届くのもいい」

(夕刊フジ)

小倉記念の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

⇒もっと見る

ベルーフの関連コラム

閲覧 621ビュー コメント 0 ナイス 2



みなさんこんにちは!

本日は小倉11R「小倉記念 G3」の『凄馬出馬表』を分析したいと思います。

今回も「U指数」だけでなく、U指数のポイントに【調教評価】、【厩舎評価】、【斤量補正】を数値化し加算減算しU指数を補正することで「総合ポイント」を算出しました。
★「U指数」について詳しくはこちらをご覧ください→U指数についてページ

U指数1.0ポイントは約1馬身差にあたるので、これを目安に以下のような重み付けをしました。
【調教評価】は競馬エイトの調教評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「5」・・・「−1.0ポイント」
「6」・・・「±0.0ポイント」
「7」・・・「+1.0ポイント」
「8」・・・「+2.0ポイント」
【厩舎評価】競馬エイトの厩舎コメントの評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「△」・・・「−1.0ポイント」
「○」・・・「±0.0ポイント」
「◎」・・・「+1.0ポイント」
【斤量補正】は1.0kg=「0.5ポイント」として以下の基準体重との差分に乗算しました。
「牡馬」・・・「57.0kg」
「牝馬」・・・「55.0kg」


上記の補正を行った『凄馬出馬表』(画像)をご覧ください。




第1グループ(橙)は、ストロングタイタンから1.0ポイント差(約1馬身差)内のケイティープライドまでの2頭。
第2グループ(黄)は、クランモンタナから1.0ポイント差(約1馬身差)内のタツゴウゲキヴォージュまで3頭。
第3グループ(薄黄)は、フェルメッツァから同差内のバンドワゴンシャドウパーティースピリッツミノルベルーフまで5頭となっていて、以下は第4G(灰)となっています。

凄馬出馬表を見渡すと、第1G→第2G間の1.8ポイント差が目立ち、それ以外にはあまり大きな“溝”が生じない配置となっています。

そんななか今回の私の本命は総合評価5位の◎ヴォージュとしました。前走は重賞初挑戦でコンマ7秒差の9着敗退と着差(着順)だけ見ると完敗にも映りますが、2着マイネルフロストを除き序盤で先行した各馬はみな同じように惨敗の一戦。それでいて4〜5着あたりからは少差で、最後まで踏ん張ったと言えば踏ん張った内容でしたし、2番人気に推されたマルターズアポジーが2秒差の11着に大敗したことを思えばまだ見限るのは早計ではないでしょうか。前走七夕賞組は着順に関わらず人気に推されていた馬たちの好走が多い小倉記念ですし、確か、七夕賞の戦前時点では「芝2000m現役最多勝」とそこそこもてはやされていて、「もともと小倉記念を予定していたが早めて使う」といった話も出ていたように記憶しています。当時より妙味アップし、当初狙っていたレースへの参戦となる今回狙ってみたいと思っています。このレースで好相性のグレイソヴリン系とニジンスキー系を両方持っている点と好枠も魅力的です。
○はベルーフ。正直近況からはあまり復活の糸口は見出せないのですが、個人的には気持ちの問題だと考えている同馬。舞台・時期ともにベストの条件で、トップハンデも嫌われてこの人気なら。
以下▲シャドウパーティー、☆ストロングタイタン、△サンマルティンと夏場に好成績の馬たちを上位評価し、今回の私の馬券は、◎からの馬単とワイドで勝負とします。


【馬単流し】
◎=○▲☆△(8)
3=6,8,9,10(4点)

【ワイドボックス】
◎○▲
3,6,9(3点)

計7点


登録済みの方はこちらからログイン

2017年06月11日() 14:00 西野圭吾
第278回『凄馬出馬表分析&馬券検討』〜エプソムカップ G3
閲覧 1,168ビュー コメント 0 ナイス 3



みなさんこんにちは!

本日は東京11R「エプソムカップ G3」の『凄馬出馬表』を分析したいと思います。

今回も「U指数」だけでなく、U指数のポイントに【調教評価】、【厩舎評価】、【斤量補正】を数値化し加算減算しU指数を補正することで「総合ポイント」を算出しました。
★「U指数」について詳しくはこちらをご覧ください→U指数についてページ

U指数1.0ポイントは約1馬身差にあたるので、これを目安に以下のような重み付けをしました。
【調教評価】は競馬エイトの調教評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「5」・・・「−1.0ポイント」
「6」・・・「±0.0ポイント」
「7」・・・「+1.0ポイント」
「8」・・・「+2.0ポイント」
【厩舎評価】は競馬エイトの厩舎コメントの評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「△」・・・「−1.0ポイント」
「○」・・・「±0.0ポイント」
「◎」・・・「+1.0ポイント」
【斤量補正】は1.0kg=「0.5ポイント」として以下の基準体重との差分に乗算しました。
「牡馬」・・・「57.0kg」
「牝馬」・・・「55.0kg」


上記の補正を行った『凄馬出馬表』(画像)をご覧ください。



第1グループ(橙)は、ダッシングブレイズアストラエンブレムレッドレイヴンヒストリカルの4頭。
第2グループ(黄)は、フルーキーデンコウアンジュの2頭。
第3グループ(薄黄)は、クラリティスカイマイネルハニーまでの5頭となっていて、以下は第4G(灰)となっています。

東京の芝は内がかなり荒れて、外伸びが顕著、外枠+末脚のしっかりとしたタイプが有利な馬場状態と言えそうです。

私の本命は◎アストラエンブレムとしました。4歳となり、ひ弱さが抜けて充実一途、展開次第で自在に立ち回れますし、先ほどの傾向にも合致しています。このメンバーであれば堅軸と考えました。対抗にはU指数トップの○レッドレイヴン、鉄砲は得意なタイプですし、この人気なら妙味は十分です。以下、スムーズに外を回れる馬を重視して○レッドレイヴン、▲ベルーフ、△ナスノセイカンクラリティスカイパドルウィールメドウラークと印を打ちます。

【馬連流し】
10

9,11,15,16,17,18

【ワイド流し】
10,17

9,11,15,16,17,18

計17点

[もっと見る]

2017年06月04日() 15:00 伊吹雅也
【伊吹雅也のピックアップ競馬データ2017年06月04日号】特選重賞データ分析編(50)〜2017年エプソムカップ〜
閲覧 2,756ビュー コメント 0 ナイス 4



次週の注目重賞を、伊吹雅也プロが様々なデータを駆使していち早く分析! もっとも重要と思われる<ピックアップデータ>に加え、<追い風データ/向かい風データ>や<注目馬チェック>など、貴重な情報が満載なウマニティ会員専用コラムとなっております。ぜひ皆様の予想にお役立て下さい。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


<次週の特選重賞>

G3 エプソムカップ 2017年06月11日(日) 東京芝1800m


<ピックアップデータ>

【馬齢別成績(2011年以降)】
○4歳以下 [5-4-1-10](複勝率50.0%)
×5歳以上 [1-2-5-70](複勝率10.3%)

 若い馬を重視したい一戦。2011年以降の優勝馬6頭中、2014年のディサイファを除く5頭はいずれも馬齢が4歳でした。一方、馬齢が5歳以上だった馬のうち、“同年、かつJRA、かつ1800〜2000mの重賞”において5着以内となった経験がない馬は2011年以降[0-0-2-57](複勝率3.4%)。上位人気に推されながら敗れてしまった例も少なくありません。年明けのレースで苦戦している高齢馬、オープン特別を主戦場としてきた高齢馬は思い切って評価を下げましょう。

主な「○」該当馬→アストラエンブレムデンコウアンジュマイネルハニー
主な「×」該当馬→ダッシングブレイズベルーフマイネルミラノ


<他にも気になる! 追い風データ/向かい風データ>

【追い風データ】

○「前走が“国内外の重賞”」だった馬は2011年以降[4-4-6-42](複勝率25.0%)
主な該当馬→デンコウアンジュマイネルハニー

[もっと見る]

2017年05月10日(水) 17:00 伊吹雅也
【伊吹雅也のピックアップ競馬データ2017年05月10日号】週末メイン「1点」分析EXTRA編(46)
閲覧 3,352ビュー コメント 0 ナイス 6



週末の注目レースを伊吹雅也プロが「1点」の傾向に注目して分析するウマニティ会員専用コラム。「さらにプラス1!」として挙げている種牡馬別成績も含め、ぜひ予想にご活用下さい。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


▼2017年05月13日(土) 京都10R 葵ステークス
【馬番別成績(2013年以降)】
●1〜5番 [4-3-2-11](複勝率45.0%)
●6〜16番 [0-1-2-33](複勝率8.3%)
→圧倒的に内枠有利。また、出走数が5戦以下だった馬は13年以降[0-0-0-12](複勝率0.0%)と苦戦しています。


▼2017年05月13日(土) 京都11R 都大路ステークス
【馬齢別成績(2013年以降)】
●5歳以下 [3-3-3-21](複勝率30.0%)
●6歳以上 [1-1-1-27](複勝率10.0%)
→若い馬が優勢。特別登録を行った馬のうち、馬齢が5歳以下なのは、ダノンメジャーハクサンルドルフベルーフミッキージョイの4頭だけです。

<<さらにプラス1!>>
【『血統大全』このコースの“買い”】
京都芝1800m外×ハービンジャー×前走9着以内
→複勝率41.3%、複勝回収率171%


▼2017年05月13日(土) 東京11R 京王杯スプリングカップ

[もっと見る]

2016年12月14日(水) 18:00 【ウマニティ】
『凄馬出馬表&馬券検討』12/10〜12/11の結果(阪神ジュベナイルフィリーズ・チャレンジカップ)
閲覧 261ビュー コメント 0 ナイス 1

12月11日(日)に行われました阪神11Rの「阪神ジュベナイルフィリーズG1」です。

レース結果(着順)の凄馬出馬表(画像)をご覧ください。



1着:総合ポイント【5位】△ソウルスターリング(2.8倍)
2着:総合ポイント【6位】◎リスグラシュー(3.0倍)
3着:総合ポイント【1位】▲レーヌミノル(6.9倍)

第3グループ・総合ポイント5位のソウルスターリングが1着、第3グループ・総合ポイント6位のリスグラシューが2着、第1グループ・総合ポイント1位のレーヌミノルが3着という結果でした。

先週のステイヤーズSに続き、2週連続でのガチガチ決着(◎_◎;)。人気上位勢に半ば降参しての3単勝負だったわけですが、さらにその上をいく1人気→2人気→3人気で決まるとは......。またしても、“一生獲れない決着”で、これには完敗です。◎リスグラシュー、▲レーヌミノルに重い印を打つと決めた時点で、願望込みで軽視した△ソウルスターリングでしたが、お見それしました。強かった。

【3単フォーメーション】
◎→○▲→印
18→1,4→1,2,4,11,12,17(10点)

◎→印→○▲
18→1,2,4,11,12,17→1,4(10点)

【馬単フォーメーション】
○▲→◎
1,4→18(2点)

計22点 払い戻し0円


続いて12月10日(土)に行われました阪神11Rの「チャレンジカップG3」です。

レース結果(着順)の凄馬出馬表(画像)をご覧ください。



1着:総合ポイント【9位】マイネルハニー(15.4倍)
2着:総合ポイント【7位】△ベルーフ(8.5倍)
3着:総合ポイント【4位】▲ケイティープライド(56.0倍)

第3グループ・総合ポイント9位のマイネルハニーが1着、第2グループ・総合ポイント7位のベルーフが2着、第2グループ・総合ポイント4位のケイティープライドが3着という結果でした。

ゴール前はハンデ戦らしい大接戦!期待した◎ヒストリカルは上がり最速の脚で追い込んでくれましたが、僅かに届きませんでした(+_+) しかし勝ったマイネルハニーはペースを考えるとかなり強い競馬でしたね、今後も注目したいと思います!

【3連複1頭軸流し】
5

1,2,3,4,8,9,16,18

計28点 払い戻し0円

[もっと見る]

2016年12月10日() 14:00 凄馬プロジェクトチーム
第231回『凄馬出馬表分析&馬券検討』〜チャレンジカップ G3
閲覧 775ビュー コメント 0 ナイス 4

みなさんこんにちは!

本日は阪神11R「チャレンジカップ G3」の『凄馬出馬表』を分析したいと思います。

今回も「U指数」だけでなく、U指数のポイントに【調教評価】、【厩舎評価】、【斤量補正】を数値化し加算減算しU指数を補正することで「総合ポイント」を算出しました。
★「U指数」について詳しくはこちらをご覧ください→U指数についてページ

U指数1.0ポイントは約1馬身差にあたるので、これを目安に以下のような重み付けをしました。
【調教評価】は競馬エイトの調教評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「5」・・・「−1.0ポイント」
「6」・・・「±0.0ポイント」
「7」・・・「+1.0ポイント」
「8」・・・「+2.0ポイント」
【厩舎評価】は競馬エイトの厩舎コメントの評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「△」・・・「−1.0ポイント」
「○」・・・「±0.0ポイント」
「◎」・・・「+1.0ポイント」
【斤量補正】は1.0kg=「0.5ポイント」として以下の基準体重との差分に乗算しました。
「牡馬」・・・「57.0kg」
「牝馬」・・・「55.0kg」


上記の補正を行った『凄馬出馬表』(画像)をご覧ください。





第1グループ(橙)は、ディサイファヒストリカルの2頭。
第2グループ(黄)は、フルーキーから1.0ポイント差(約1馬身差)内のエキストラエンドまでの6頭。
第3グループ(薄黄)は、マイネルハニー1頭となっていて、以下は第4G(灰)となっています。

凄馬出馬表をご覧いただくと第3グループのマイネルハニープランスペスカ間に1.6の溝があるぐらいでいかにもハンデ戦らしい差のない分布となっています。

私の本命は◎ヒストリカルとしたいと思います。戦績にも表れていますがこの馬は配合的にかなりパワー寄り、力のいる阪神コースはとにかく得意としています。加えて阪神1800mは何といってもディープインパクト産駒がめっぽう強い条件、舞台適性は相当高いと思います。ここ2走の走りを見ても衰えは感じませんし、叩き3戦目でパフォーマンスを上げてきそうです。

以下は○ダノンメジャー、▲ケイティープライド、△ディサイファベルーフエキストラエンドタッチングスピーチフルーキーフェイマスエンドと印を打ちます。

【3連複1頭軸流し】
5

1,2,3,4,8,9,16,18

計28点

凄馬出馬表の分布通り、差のないメンバーですので序列は付けず、手広く流します。

[もっと見る]

⇒もっと見る

ベルーフの口コミ


口コミ一覧

【回顧】小倉記念&レパードS

 kt 2017年08月09日(水) 12:38

閲覧 24ビュー コメント 0 ナイス 1

小倉記念。勝ったはタツゴウゲキ。デムーロの乗り替わりで結果的にオッズがそこそこ付きましたが、それでもフェルメッツァ(3着)とベルーフ(4着)の方に行っちゃいました。ハナ差で負けたサンマルティンがした競馬をベルーフにしてほしかったんだけど、同じハービンジャー産駒でも若さの差が出たのか。5着のカフジプリンスも含め、印を打った馬が上位を占めたんだけど、実際の馬券は中らず。予想コロシアムは中った形。

レパードSは、ほぼ見送り。うーん、でも、サルサディオーネの単騎逃げは、見落としだったなぁ。この時期の牝馬だし。当日は中山競馬場に行ったんだけど、同行した友人がサルサの単勝1000円買っていてゴール前まで盛り上がったのは良かったな。

 猫おやぢ 2017年08月07日(月) 12:58
久々に
閲覧 24ビュー コメント 0 ナイス 2

すみません、ログインが面倒で放置してました。

相変わらず、複勝ワイドをメインにやってます。
借金は…増えてます。
おかしいな〜(おかしいのはお前だ)

とはいえ、指数はやはり頼りになるので
プラス収支を目指すべく頑張ります。

近況は、ベルーフ4着!です。

[もっと見る]

 ファストタテヤマだ 2017年08月06日() 19:18
小倉記念回顧
閲覧 39ビュー コメント 0 ナイス 6



12.3 - 10.8 - 11.3 - 12.3 - 11.6 - 11.5 - 11.9 - 11.9 - 11.8 - 12.2


小倉2000mもテンのラップが若干怪しい所はあるが、
例年通りの序盤速くやや中弛みの持続力戦。


1着タツゴウゲキ

結局は前走で不利を受けた馬は余計なことを考えず買えということ。
前走も不利がなければ恐らく連に絡んでいたんでしょう。

トップスピード勝負で見劣ることは間違いないので
好走できる条件は限られてくるのでは。


2着サンマルティン

掛かり通しの馬はハイペースでまともに走ってくるから嫌い。
道中の位置取り、展開ともピタリとハマる競馬で
抑える暇なくスピード一辺倒で押し通せる条件じゃないと基本的には厳しい。


4着ベルーフ

この馬なりに走ってはいるし、
今の出脚で今の馬場状態だとこの辺りが限界。


5着カフジプリンス

やはり内枠の時点で消すべきだった。
ただ、もし外枠を引いて外を回しても3〜4角で置かれたとは思うし、
重賞での連絡みは能力的にちょっと厳しいのかもしれない。


8着ストロングタイタン

小倉大賞典の内容から多少のハイペースなら大丈夫かと思ったが、
結局あのときは不利があるまで最内をロスなく回れたことと
1800の距離もあってそれなりに恰好を付けられた形か。

次走がどこになるか分からないが、次は評価を下げたくなる。




こないでほしいと思っていた馬のワンツーで
3着馬に関してはまったくのノーマーク。さっそく競馬熱が冷めそうな勢い。
ほんと先週のアイビスSD買っておくんだった。

もうムカついたので当たるまで醜態晒します。

[もっと見る]

ベルーフの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
3:
  ヨッシー   フォロワー:3人 2015年10月24日() 07:08:07
追いかける価値あり?
2:
  武武武ちゃん   フォロワー:0人 2014年10月20日(月) 21:33:18
11月9日の東京 百日草特別(芝2000m)を予定しているみたいなので、そこが正念場になりそうですね。
1:
  武武武ちゃん   フォロワー:0人 2014年7月21日(月) 14:37:20
サンデーレーシングの池江厩舎

ベルーフの写真

ベルーフ
ベルーフ

ベルーフの厩舎情報 VIP

2017年8月6日小倉記念 G34着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

ベルーフの取材メモ VIP

2017年8月6日 小倉記念 G3 4着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。