注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます!⇒いますぐ会員登録(無料)

ベルーフ(競走馬)

注目ホース
ベルーフ
ベルーフ
写真一覧
現役 牡5 鹿毛 2012年1月21日生
調教師池江泰寿(栗東)
馬主有限会社 サンデーレーシング
生産者(有)社台コーポレーション白老ファーム
生産地白老町
戦績18戦[3-4-1-10]
総賞金13,810万円
収得賞金3,375万円
英字表記Beruf
血統 ハービンジャー
血統 ][ 産駒 ]
Dansili
Penang Pearl
レクレドール
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
ゴールデンサッシュ
兄弟 クラージュドールラルシュドール
前走 2017/02/19 小倉大賞典 G3
次走予定

ベルーフの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
17/02/19 小倉 11 小倉大賞典 G3 芝1800 16485.5212** 牡5 57.0 S.フォー池江泰寿492(0)1.47.0 1.236.4⑬⑮⑮⑫マルターズアポジー
16/12/10 阪神 11 チャレンジC G3 芝1800 18248.552** 牡4 57.0 V.シュミ池江泰寿492(+4)1.46.5 0.034.9⑪⑫マイネルハニー
16/10/30 京都 11 カシオペアS OP 芝1800 12683.213** 牡4 56.0 藤岡康太池江泰寿488(+2)1.46.3 0.233.6⑫⑫ヒルノマテーラ
16/09/04 新潟 11 新潟記念 G3 芝2000 181111.274** 牡4 57.0 田辺裕信池江泰寿486(0)1.57.7 0.232.8⑱⑱アデイインザライフ
16/08/07 小倉 11 小倉記念 G3 芝2000 12557.842** 牡4 56.0 D.ホワイ池江泰寿486(+2)2.00.0 0.035.2⑪⑪⑩⑨クランモンタナ
16/05/08 新潟 11 新潟大賞典 G3 芝2000 1681511.569** 牡4 56.0 松田大作池江泰寿484(+6)1.58.8 1.034.5⑭⑫パッションダンス
16/02/21 小倉 11 小倉大賞典 G3 芝1800 168167.936** 牡4 56.0 S.フォー池江泰寿478(-2)1.46.9 0.235.1⑧⑨⑦⑦アルバートドック
16/01/17 京都 11 日経新春杯 G2 芝2400 127912.055** 牡4 56.0 D.マクド池江泰寿480(-4)2.26.3 0.434.0⑥⑦⑥⑥レーヴミストラル
16/01/05 中山 11 日刊中山金杯 G3 芝2000 1469----** 牡4 56.0 F.ベリー池江泰寿478(-6)-- ------ヤマカツエース
15/12/05 中京 11 金鯱賞 G2 芝2000 12687.636** 牡3 55.0 岩田康誠池江泰寿484(+2)1.59.1 0.334.6⑨⑨⑨⑧ミトラ
15/10/25 京都 11 菊花賞 G1 芝3000 183517.476** 牡3 57.0 浜中俊池江泰寿482(+2)3.04.5 0.635.6⑪⑫⑩⑧キタサンブラック
15/09/21 中山 11 セントライト G2 芝2200 15236.135** 牡3 56.0 川田将雅池江泰寿480(-8)2.14.0 0.234.7⑥⑥⑥⑤キタサンブラック
15/08/09 小倉 11 小倉記念 G3 芝2000 17356.022** 牡3 54.0 Z.パート池江泰寿488(+16)1.58.2 0.235.9⑩⑩⑩⑦アズマシャトル
15/04/19 中山 11 皐月賞 G1 芝2000 1561019.3712** 牡3 57.0 戸崎圭太池江泰寿472(-4)1.59.8 1.635.1⑮⑮⑭⑮ドゥラメンテ
15/03/22 中山 11 スプリングS G2 芝1800 12336.934** 牡3 56.0 川田将雅池江泰寿476(+6)1.49.4 0.334.1⑨⑨⑥④キタサンブラック
15/01/18 中山 11 京成杯 G3 芝2000 178175.331** 牡3 56.0 川田将雅池江泰寿470(0)2.02.3 -0.034.8⑪⑫⑬⑫ブラックバゴ
14/12/27 阪神 9 エリカ賞 500万下 芝2000 12674.121** 牡2 55.0 川田将雅池江泰寿470(0)2.02.4 -0.134.8⑨⑧⑨⑧クルーガー
14/11/09 東京 9 百日草特別 500万下 芝2000 10335.432** 牡2 55.0 P.ブドー池江泰寿470(-4)2.01.2 0.434.0⑤⑤⑥ルージュバック
14/10/14 京都 5 2歳新馬 芝2000 6662.721** 牡2 55.0 川田将雅池江泰寿474(--)2.06.0 -0.033.4④④グリュイエール

ベルーフの関連ニュース

 第51回小倉大賞典(19日、小倉11R、GIII、4歳上オープン国際、ハンデ、芝1800メートル、1着本賞金4100万円=出走16頭)武士沢友治騎乗の4番人気マルターズアポジーが、鮮やかに逃げ切って重賞2勝目を挙げた。タイム1分45秒8(良)。2着はヒストリカル、3着はクラリティスカイ。1番人気のストロングタイタンは5着だった。

 ◆武士沢騎手(マルターズアポジー1着) 「向こう正面でうまくハミが抜けたし、前回は有馬記念(15着)に使ったほどの馬ですから。小倉の初勝利が重賞ですから、本当にうれしいです」

 ◆高倉騎手(ヒストリカル2着) 「強い競馬はしてくれているんですが、器用さがない。これが精いっぱい」

 ◆田辺騎手(クラリティスカイ3着) 「(57・5キロの)ハンデを背負ってこの速い流れでは…」

 ◆太宰騎手(ロードヴァンドール4着) 「無理をせず3番手から。ラストまでしっかり伸びて、力を付けています」

 ◆北村友騎手(ストロングタイタン5着) 「4コーナーで少し窮屈になり、直線も右にモタれてスムーズな競馬ができませんでした」

 ◆浜中騎手(フルーキー6着) 「この馬なりに最後はきているんですが」

 ◆フォーリー騎手(ベルーフ12着) 「いい展開だと思ったが伸び切れず。敗因がよく分からない」

 ◆松山騎手(パドルウィール15着) 「小回りのペースは向かない感じ」

 ◆柴田大騎手(マイネルハニー16着) 「3コーナーで一杯に。こんなに負ける馬ではないのですが」

★19日小倉11R「小倉大賞典」の着順&払戻金はこちら

【小倉大賞典】追って一言2017年02月16日(木) 05:01

 ◆クランモンタナ・音無師 「順調。小倉との相性はいい。ただ、夏の方が向いている感じ」

 ◆ケイティープライド・角田師 「しっかり乗り込んできて体も息もできている」

 ◆ストロングタイタン・池江師 「攻めの動きは今回も良かった。小倉(3戦3勝)は合うので改めて」

 ◆スピリッツミノル・本田師 「今まで併せて先着することはなかったのに、上々の動きで先着。やる気が出てきている」

 ◆ダコール・中竹師 「今回は動きも良かった。良馬場でスローにならない競馬が理想」

 ◆ダノンメジャー・橋口師 「動きは抜群。ベストの平坦1800メートルで見直したい」

 ◆パドルウィール・中尾師 「最近は粘りが出て調教も力強い。前走はGIIで2着に好走したし、ここでも楽しみ」

 ◆ヒストリカル・音無師 「具合はすごくいい。差し一手だから展開がはまらないとね」

 ◆フルーキー・辻野助手 「今はマイルより長めの距離が合いそう。追うごとに気持ちも乗ってきている」

 ◆ベルーフ・池江師 「攻めは動かないが、ここ2週は形になっている。差しが決まる流れなら」

 ◆マイネルハニー・柴田大騎手 「先週びっしりやっているので息を整える程度で十分。すごくいい状態で臨める」

 ◆レッドソロモン・庄野師 「先週、今週としっかり追った。ゲートと位置取りが鍵」

 ◆ロードヴァンドール・昆師 「体も気力も充実している今だからこそ、重賞にぶつけてみたい」

[もっと見る]

【小倉大賞典】レース展望 2017年02月14日(火) 17:59

 冬の小倉開催のメインイベントである、名物のハンデ重賞・小倉大賞典(GIII、芝1800メートル)が19日に行われる。過去10年で1番人気馬は1勝、2着2回と苦戦していて、穴党向けのレースだ。

 ただ、1番人気馬の信用度は低いものの、トップハンデ馬は4勝、2着3回と活躍している。今年のトップハンデはダコール(栗東・中竹和也厩舎、牡9歳)。2着だった昨年と同じ58キロだ。小倉は【2・3・1・3】と相性がいいが、近走は新潟記念16着、マイルチャンピオンシップ14着、日経新春杯13着と精彩を欠く。さすがに9歳馬に一変を望むのは酷かもしれない。

 これに続く57.5キロがフルーキー(栗東・角居勝彦厩舎、牡7歳)。小倉は3歳夏のタイランドC快勝以来だが、当時は本格化前ながら好タイムで力強い内容だった。重賞であとひと押し足りない面をコース適性で補えれば、チャンスが出てくる。

 同じ57.5キロがGIウイナーのクラリティスカイ(美浦・斎藤誠厩舎、牡5歳)。NHKマイルC勝ちの後、長いスランプに陥っているが、最近は中山金杯2着など復調気配を感じさせている。特にその中山金杯は、早めの競馬で粘っていたように小回り向きの走り。前走のアメリカジョッキークラブC(10着)は1コーナーと4コーナーで2度ごちゃつき、内枠がアダになった印象で、度外視していいだろう。スムーズなら巻き返せる。

 クラリティ以外にも、今年は関東から面白い馬がエントリーしている。マルターズアポジー(美浦・堀井雅広厩舎、牡5歳)は、福島記念を54キロで逃げ切り勝ち。さすがに有馬記念は相手が強すぎたが、果敢にハナを切ってみせた。テンのスピードは一級品。楽にマイペースで運べれば、あっさり逃げ切る可能性も十分にある。問題は福島記念より2キロ重い56キロのハンデと、ダノンメジャー(栗東・橋口慎介厩舎、牡5歳)=55キロ、ロードヴァンドール(栗東・昆貢厩舎、牡4歳)=54キロ=といった逃げ馬の存在だろう。ハナを譲ったことがないマルターズも含めた先行争いが激化するようなら、差し馬台頭のシーンも頭に入れておきたい。

 チャレンジCを55キロで勝ったマイネルハニー(美浦・栗田博憲厩舎、牡4歳)も近走の充実ぶりが目立つ関東馬。今回と同じ56キロだった京都金杯でも、エアスピネルから0秒4差の5着に健闘している。相手関係は楽になるだけに、十分、勝負になるだろう。

 強い4歳世代では、小倉3戦3勝のストロングタイタン(栗東・池江泰寿厩舎、牡)=54キロ=が侮れない。2番人気に支持された中山金杯は9着に敗れたが、重賞初挑戦で0秒8差と、悲観する内容ではなかった。先週の小倉でJRA通算500勝を達成した北村友一騎手との新コンビも興味深い。同じ池江厩舎のベルーフ(牡5歳)も、小倉記念で2年連続2着とコース適性はばっちり。こちらは57キロで、シェーン・フォーリー騎手が騎乗する。

 格上挑戦の金鯱賞ヤマカツエースのクビ差2着に好走したパドルウィール(栗東・中尾秀正厩舎、牡6歳)も充実一途。小倉は1度しか経験していないが、ハナ差2着なら不安は感じられない。55キロのハンデはやや見込まれた印象だが、手の合う松山弘平騎手とのコンビで重賞初Vを狙う。

 他では軽ハンデで良績を残しているケイティープライド(栗東・角田晃一厩舎、牡7歳)=52キロ=が、引き続き軽量で注目される。函館記念2着、チャレンジC3着と重賞勝ちに手が届くところまできており、【1・1・0・2】の小倉なら一発があっても不思議はない。

 古豪ヒストリカル(栗東・音無秀孝厩舎、牡8歳)=57キロ=や、出負けした札幌記念以外は近況の充実ぶりが目立つレッドソロモン(栗東・庄野靖志厩舎、牡5歳)=56キロ=もマークは必要だろう。ハンデ戦らしく、目移りする顔触れで馬券的にも難解な一戦となりそうだ。

小倉大賞典の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【小倉大賞典】池江師「状態いい」ベルーフV目前 2017年02月13日(月) 18:09

 ベルーフは昨夏に復帰してから小倉記念、チャンレンジCで2着に入るなど堅実に上位をにぎわせてきた。15年京成杯以来となる勝ち星は目前だ。「昨年(6着)に比べても状態はいい。道中のポジションはどこでも構わないので、大外をまくってくるような競馬ができれば」と池江調教師。追い込み一手も、はまれば突き抜けていい。

 マルターズアポジーはメンバーのそろった福島記念で逃げ切りV。有馬記念はブービーに終わったが、得意の小回りなら即反撃だ。チャレンジCベルーフを抑えたマイネルハニーも争覇圏だ。(夕刊フジ)

小倉大賞典の特別登録馬はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【小倉大賞典】特別登録馬2017年02月13日(月) 17:30

[もっと見る]

【京成杯】ベストリゾート適性抜群!2017年01月14日() 11:43

 今年も勝つのはハービンジャー産駒! ベストリゾートが混戦を断つ。

 15年ベルーフ→16年プロフェットと連覇を飾っている同産駒。これまでにあげたJRA重賞3勝のうち、2つがこの条件なのはよほど水が合う証拠だろう。上がり3F33秒台の瞬発力が求められることがない中山は、スタミナがある半面、速い脚に欠ける同産駒にはうってつけだ。

 ベストリゾートにも、中山10F巧者の片鱗がチラリ。デビュー戦は勝ち馬のゴール前急襲に屈したものの、早め先頭からハナ差2着に好走。前走・ホープフルSも直線入口でグローブシアターにフタをされ、大外まで持ち出すロスの多い競馬ながら、最後までジワジワと伸び4着に入った。

 最内をロスなく通った2着のマイネルスフェーンより中身ははるかに濃いもので、「まだまだ緩いが、4コーナーではオッと思わせた。伸びしろはかなりありそう」と、北村宏騎手も今回への手応えをつかんでいる。

 11日の美浦Wコース併せ馬は古馬を相手に手応えこそ劣勢だったが、「うまいこといったと思う」と木村調教師。「けいこで手を抜く面があるので集中を切らさずに走り抜けるようにした。テーマに沿った調教ができた」と、辛口なトレーナーにしては珍しく合格点を与えた。

 しかも、ここへきてさらに体調はアップ。「新馬のころはカイバを食べても実にならなかったけど、前走あたりから追うたびに馬が良くなってきた」と語るとおり、レースを使うごとに馬体増という理想的なサイクルで挑める。先行して良し、差して良しの自在性も大きな武器。重賞初Vを飾ってクラシック戦線に殴り込みだ。

 “究極の3連単”はベストを1着に固定。同じく中山10Fで好走してきたマイネルスフェーンコマノインパルスを2着に据えた12点でいただきだ!(夕刊フジ)

京成杯の出馬表はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

⇒もっと見る

ベルーフの関連コラム

閲覧 196ビュー コメント 0 ナイス 1

12月11日(日)に行われました阪神11Rの「阪神ジュベナイルフィリーズG1」です。

レース結果(着順)の凄馬出馬表(画像)をご覧ください。



1着:総合ポイント【5位】△ソウルスターリング(2.8倍)
2着:総合ポイント【6位】◎リスグラシュー(3.0倍)
3着:総合ポイント【1位】▲レーヌミノル(6.9倍)

第3グループ・総合ポイント5位のソウルスターリングが1着、第3グループ・総合ポイント6位のリスグラシューが2着、第1グループ・総合ポイント1位のレーヌミノルが3着という結果でした。

先週のステイヤーズSに続き、2週連続でのガチガチ決着(◎_◎;)。人気上位勢に半ば降参しての3単勝負だったわけですが、さらにその上をいく1人気→2人気→3人気で決まるとは......。またしても、“一生獲れない決着”で、これには完敗です。◎リスグラシュー、▲レーヌミノルに重い印を打つと決めた時点で、願望込みで軽視した△ソウルスターリングでしたが、お見それしました。強かった。

【3単フォーメーション】
◎→○▲→印
18→1,4→1,2,4,11,12,17(10点)

◎→印→○▲
18→1,2,4,11,12,17→1,4(10点)

【馬単フォーメーション】
○▲→◎
1,4→18(2点)

計22点 払い戻し0円


続いて12月10日(土)に行われました阪神11Rの「チャレンジカップG3」です。

レース結果(着順)の凄馬出馬表(画像)をご覧ください。



1着:総合ポイント【9位】マイネルハニー(15.4倍)
2着:総合ポイント【7位】△ベルーフ(8.5倍)
3着:総合ポイント【4位】▲ケイティープライド(56.0倍)

第3グループ・総合ポイント9位のマイネルハニーが1着、第2グループ・総合ポイント7位のベルーフが2着、第2グループ・総合ポイント4位のケイティープライドが3着という結果でした。

ゴール前はハンデ戦らしい大接戦!期待した◎ヒストリカルは上がり最速の脚で追い込んでくれましたが、僅かに届きませんでした(+_+) しかし勝ったマイネルハニーはペースを考えるとかなり強い競馬でしたね、今後も注目したいと思います!

【3連複1頭軸流し】
5

1,2,3,4,8,9,16,18

計28点 払い戻し0円


登録済みの方はこちらからログイン

2016年12月10日() 14:00 凄馬プロジェクトチーム
第231回『凄馬出馬表分析&馬券検討』〜チャレンジカップ G3
閲覧 638ビュー コメント 0 ナイス 4

みなさんこんにちは!

本日は阪神11R「チャレンジカップ G3」の『凄馬出馬表』を分析したいと思います。

今回も「U指数」だけでなく、U指数のポイントに【調教評価】、【厩舎評価】、【斤量補正】を数値化し加算減算しU指数を補正することで「総合ポイント」を算出しました。
★「U指数」について詳しくはこちらをご覧ください→U指数についてページ

U指数1.0ポイントは約1馬身差にあたるので、これを目安に以下のような重み付けをしました。
【調教評価】は競馬エイトの調教評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「5」・・・「−1.0ポイント」
「6」・・・「±0.0ポイント」
「7」・・・「+1.0ポイント」
「8」・・・「+2.0ポイント」
【厩舎評価】は競馬エイトの厩舎コメントの評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「△」・・・「−1.0ポイント」
「○」・・・「±0.0ポイント」
「◎」・・・「+1.0ポイント」
【斤量補正】は1.0kg=「0.5ポイント」として以下の基準体重との差分に乗算しました。
「牡馬」・・・「57.0kg」
「牝馬」・・・「55.0kg」


上記の補正を行った『凄馬出馬表』(画像)をご覧ください。





第1グループ(橙)は、ディサイファヒストリカルの2頭。
第2グループ(黄)は、フルーキーから1.0ポイント差(約1馬身差)内のエキストラエンドまでの6頭。
第3グループ(薄黄)は、マイネルハニー1頭となっていて、以下は第4G(灰)となっています。

凄馬出馬表をご覧いただくと第3グループのマイネルハニープランスペスカ間に1.6の溝があるぐらいでいかにもハンデ戦らしい差のない分布となっています。

私の本命は◎ヒストリカルとしたいと思います。戦績にも表れていますがこの馬は配合的にかなりパワー寄り、力のいる阪神コースはとにかく得意としています。加えて阪神1800mは何といってもディープインパクト産駒がめっぽう強い条件、舞台適性は相当高いと思います。ここ2走の走りを見ても衰えは感じませんし、叩き3戦目でパフォーマンスを上げてきそうです。

以下は○ダノンメジャー、▲ケイティープライド、△ディサイファベルーフエキストラエンドタッチングスピーチフルーキーフェイマスエンドと印を打ちます。

【3連複1頭軸流し】
5

1,2,3,4,8,9,16,18

計28点

凄馬出馬表の分布通り、差のないメンバーですので序列は付けず、手広く流します。

[もっと見る]

2016年09月04日() 14:00 凄馬プロジェクトチーム
第205回『凄馬出馬表分析&馬券検討』〜新潟記念 G3
閲覧 405ビュー コメント 0 ナイス 1

みなさんこんにちは!

本日は新潟11R「新潟記念 G3」の『凄馬出馬表』を分析したいと思います。

今回も「U指数」だけでなく、U指数のポイントに【調教評価】、【厩舎評価】、【斤量補正】を数値化し加算減算しU指数を補正することで「総合ポイント」を算出しました。
★「U指数」について詳しくはこちらをご覧ください→U指数についてページ

U指数1.0ポイントは約1馬身差にあたるので、これを目安に以下のような重み付けをしました。
【調教評価】は競馬エイトの調教評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「5」・・・「−1.0ポイント」
「6」・・・「±0.0ポイント」
「7」・・・「+1.0ポイント」
「8」・・・「+2.0ポイント」
【厩舎評価】は競馬エイトの厩舎コメントの評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「△」・・・「−1.0ポイント」
「○」・・・「±0.0ポイント」
「◎」・・・「+1.0ポイント」
【斤量補正】は1.0kg=「0.5ポイント」として以下の基準体重との差分に乗算しました。
「牡馬」・・・「57.0kg」
「牝馬」・・・「55.0kg」


上記の補正を行った『凄馬出馬表』(画像)をご覧ください。






第1グループ(橙)は、マイネルミラノダコールサトノギャラントの3頭。
第2グループ(黄)は 、エキストラエンドから1.0ポイント差(約1馬身差)内のマイネルディーンまでの8頭。
第3グループ(薄黄)は、マジェスティハーツアロマカフェムスカテールの3頭となっていて、以下は第4G(灰)となっています。

凄馬出馬表をご覧いただくとまさに大混戦!どのグループ間においても大きな溝がなく、超難解レースの様相です。

私の本命は総合ポイント2位のダコールとしたいと思います。ここ数走のレースを見ていると衰えるどころか最盛期を思わせる充実ぶりで馬は相当良くなっています。前走は大外に持ち出すも不利を受け、まともにレースをしてしませんし、得意の新潟コース!デムーロ騎手への乗り替わりで新しいダコールが見れるのでは?と期待しています。

以下対抗に○アルバートドック、▲マジェスティハーツ、△にエキストラエンドマイネルディーンファントムライトルミナスウォリアーアデイインザライフマイネルミラノロンギングダンサーと印を打ちます。

【3連複1頭軸流し】
3

2,5,7,8,10,11,12,14,17

36点

かなり割れているオッズですし、相手は手広く流します!人気どころでは小回り向きと思われるベルーフを軽視してみました。果たして!?

[もっと見る]

2016年09月03日() 15:10 みんなの競馬コラム
【新潟記念】血統考察 byうまカレ
閲覧 1,016ビュー コメント 0 ナイス 4

学生団体うまカレ副代表の金沢ユウダイです。
今週はサマー2000シリーズの最終戦、新潟記念を考察します。

ディープインパクト産駒が5頭出走、どの馬もなかなか有力ですから、その5頭から考察します。

ジャスタウェイ的成長で逆らえない
アルバートドックはディープ産駒でも母がHyperionが濃い馬で、瞬発力よりも持続力に富んだ馬。だから、中距離である程度前受けしてこそ持ち味が活きてくるはずで、段々と前目で競馬が出来るようになってきたのは当然の成長曲線。同じくHyperion的なスタミナに富んだハーツクライジャスタウェイワンアンドオンリーリトルアマポーラもGIを制した時は先行していました。七夕賞はタフな流れが向いたともいえますが、ディープ産駒なだけに一定の瞬発力も兼備していて新潟替わりもそれほど気になりません。58キロでも重い印を打ちたいと思えるのがHyperion的な成長=ジャスタウェイ的成長曲線です。

●Hyperionが活きれば先行でも差しでも
クランモンタナエアトゥーレの仔でLyphard4×3。エアトゥーレはトニービン×Lyphardで母系にTraffic Judgeも入るのでハイインロー(HyperionとSon-in-Law)が豊富でとにかく「粘り」が魅力の血。半兄キャプテントゥーレの皐月賞や朝日チャンレンジCでの好走はまさに「らしい」ものといえます(牝馬にはLady Josephine的なスピードが伝わってスプリンターに出ることもある…アルティマトゥーレなど)。だから、その持続力が活きれば逃げても差してもどちらでもいいわけで、これは同じような脚質のトーセンジョーダンが、「一定の脚を使い続けていたら天皇賞(秋)を差し切ってしまった」ということと本質は同じです。ここも再度抜群に手が合う和田騎手なので無視はできませんが、決して力が上位なわけではないですから斤量増で重い印は回せません。

●軽いスピードで平坦が合う
ダコールは母アジアンミーティアが種牡馬Unbridled’s Songの全妹で、アジアンミーティアはMr.Prospectorにナスフリート(NasrullahとCount Fleet)を持ってきているから、UnbridledのパワーとMr.Prospector的な柔らかさを併せ持った繁殖牝馬といえる。ダコール自身はCaroの影響か軽いスピードが出た走りで平坦コース向き。勝ち切れるかどうかは、状態面や展開や鞍上次第だろうし、他馬と比べて使い詰めの臨戦過程も気になるが大崩れはないはずで印は回したいところです。

●パワーと柔らかさのバランスがある
久しぶりの重賞となるアデイインザライフは、なかなか興味深い配合をしています。とにかくこの馬の印象は「柔らかい」けど「デカい」ということ。「柔らかい」のは、血統表の3/4の部分である「ディープインパクト×サクラバクシンオー」が影響しています。ディープインパクトは言うまでもありませんが、Halo≒Sir Ivor3×5によりサンデー系の中でも屈指の柔らかい体質を伝えます。一方サクラバクシンオーは自身はスプリンターだったものの、父サクラユタカオーがNasrullahのクロスで、父祖Princely Giftは柔らかい体質を強く遺伝する馬で、こういう柔らかさというのは代を経るにつれてスタミナ型してきます。キタサンブラックブラックタイドディープインパクト×サクラバクシンオー)も柔らかいから距離が持つのだし(Burghclereのスタミナも発現しているが)、ブランボヌールディープインパクト×サクラバクシンオー)だって柔らかいから外回りのマイルGIで好走できました(母母アジアンミーティアのUnbridled’s Songの柔らかさも影響しているが)。「デカい」のは、血統表の残りの1/4である母母フレンドレイの影響です。フレンドレイはデインヒル×マルゼンスキーという組み合わせで、世界的にも屈指のパワーを誇るデイヒンルの血を、Northern Dancer、Buckpasserらで増幅した配合をしてるのです。段々と体質的な緩さが解消されてきたことが、2連勝の要因でしょう。本質的には、「父中距離馬×母父スプリンター」の配合系らしいキタサンブラックネオリアリズムのような小回り向きで、前走常総Sでの捲りは、「らしさ」を感じました。直線の長いこの舞台はスローの方が合っているでしょう。しかし休み明けで重賞を勝てるほどの馬ではないとみていますので△が回るかどうかといったところです。

●馬群に突っ込んでどこまで
仏オークスやヴェルメイユ賞を制したエキストラエンドの母カーリングは、Garde Royale×Carvinという2400型×2400型という組み合わせなので、産駒はローエングリンリベルタスなど切れないタイプが多いですがエキストラエンドもその1頭。年齢を重ねてズブさが増し、距離を伸ばした前走で久しぶりに好走。この馬の気性的なポイントは、「馬群に入ってやる気を出す」ということで、そういう競馬ならGIでも好走可能(2014年マイルチャンピオンシップでイン差し4着)なほどの能力の持ち主です。さすがに衰えもあるでしょうから、ここは馬群に突っ込む競馬でどこまでやれるか。人気次第では相手に加えてみても良いかもしれません。

ここからは、ディープインパクト産駒以外の人気馬・注目馬を考察します。

●鞍上魅力も不安要素あり
ベルーフはLe Fabuleux≒Worden6×5で、父産駒のポイントであるLe Fabuleuxを抑えた配合で、母がレクレドールだから体質は柔らかく(ハービンジャーのデインヒルのパワーと言うより、仏血的な柔らかさが目立つ産駒が多い)、息の長い末脚が武器のタイプ。だから本来は「上がりの掛かる直線の長いコース」がベストなはずですが、外回りだとスローペースになりやすいから重賞では持続戦になりやすい内回りで好走している。「流れに乗せると集中力が途切れるところがある」(池江調教師)とのことなので、その点では追い込みの巧い田辺騎手騎乗は興味深いですが、新潟外回りで「流れに乗せない競馬」をしてくる馬を積極的には買いにくいというのが今回の見解。だた潜在能力ではハイレベルのドゥラメンテ世代でもトップクラスだと思っているから印は回したい。

●それほど踏ん張れないが
マイネルミラノは、ステイゴールド産駒の80点くらいの配合で、母からパワーを取り込むことには成功しているが、先行して「踏ん張る血」は少ないから、ダイワスカーレットトランセンドやのような粘り腰は使えない。今回も昨年同様メイショウナルトの2番手で展開的には向きそうだが、前走のようにそう毎回毎回巧くはいかないのが競馬だから人気なら消してみる手もあると思っている。ただ、この夏の内容が、一回りとまではいかないが1/2回りパワーアップしたようにもうつるので難しいところ。

●新潟替わりは大歓迎
七夕賞では2番人気8着と人気を裏切ったルミナスウォリアーの新潟替わりは非常に楽しみです。そのそもメイショウサムソンは、母マイヴィヴィアンがRoyal Cherger≒Nasrullah6×4・5だから直線の長いコース向きの産駒が多いが、ルミナスウォリアーも母系にSeattle Slewを持つからみるからに東京向きのエンジンの乗り。まだ重賞で通用するレベルではないとも思えますが、小回り福島からのコース替わりで人気が落ちるようなら抑えたい1頭です。

●トニービン的持続力で舞台は合っている
3歳時に東スポ杯3着があるマイネルディーンは、「ナイキアディライトからマイネルディアベルを産んだ名繁殖ムービースクリーンの仔」ということで常に注目してきた。ムービースクリーンはHornbeam3×4の持ち主で、このクロスは持続的な斬れを生み出すということは何度も書いてきました。マイネルディーン自身はLa TroiennneとRibotの血を引くダンスインザダーク産駒だから前脚の出は良くないですが、逆にそれは小回りでも好走できるし道悪も得意な要因でもあります。ストライドは伸びないけれども持続力もすごいので新潟2000mも合っているはずで、一昨年の冬に昇級してからはスローペースに泣かされたり内枠で詰まったりして重賞では馬券になっていないが、同じ舞台の昨年の新潟大賞典は0.3秒差の6着。トニービンが強いレースだし能力は確かなので大穴ならこの馬だろうと思います。

●人気暴落なら
メイショウナルトは、休み明けの鳴尾記念も0.5秒差の8着と悪くない内容でしたし、七夕賞も少々オーバーペースが敗因。La Troiennneのパワーが強いので夏場が得意なことは言うまでもありません。エーシンマックスエキストラエンドが穴人気して、人気暴落なら相手に組み込みたい1頭。馬場が渋ればなお良し。

●馬場が渋れば
芝に転じて再上昇してきたバーディーイーグルは、ブライアンズタイム産駒でBramalea≒Gold Digger3×4、Graustark=His Majesty3×4、Hasty Road4×5という父母相似配合馬。Graustark=His MajestyのようなRibotのクロスは、最近だとラジオNIKKEI賞のアーバンキッドや、マーメイドSのヒルノマテーラなど内回りで結果を残すことが多いですが、パワーがあって少しアクションが大きいところがあるので「重馬場の外回り」がベスト中のベストなのではないかと思う。馬場が渋れば組み込みたい。
ファントムライトは、パロクサイドの牝系だから一定の斬れは兼備していて直線の長いコースでもそこそこ走れますが、トニービンが入らず父がオペラハウスなのでやっぱり重賞レベルになると馬場が渋った方が良い。函館記念は大外枠から勝ちにいっての結果だから度外視でOK。馬場が重そうなら。


【まとめ】
・Hyerion的=ジャスタウェイ的成長がみられるアルバートドックは58キロでも評価したい。
・小倉記念好走組(クランモンタナエキストラエンド)は軽視。
アデイインザライフは過剰人気なので重い印は打てない。
ダコールは臨戦過程が気になるがここも大崩れはないのでミルコ騎乗なら警戒。
ベルーフマイネルミラノも今一つ強調材料に欠ける
ルミナルウォリアーの新潟替わりはプラス
マイネルディーンは新潟で54キロなら重賞でも通用


----------


【参考】

『日本サラブレッド配合史―日本百名馬と世界の名血の探究』(笠雄二郎著)
望田潤さんのブログ http://blog.goo.ne.jp/nas-quillo
栗山求さんの連載「血統SQUARE」http://www.miesque.com/motomu/works.html
『覚えておきたい 日本の牝系100』(平出貴昭著)

【うまカレBlog】http://umacollege.blog.fc2.com
【Twitter】https://twitter.com/umacolle
【Facebook】https://ja-jp.facebook.com/umacolle

金沢ユウダイ
【Twitter】https://twitter.com/derby6_1
【ブログ】http://derby6-1.hatenablog.com/

執筆者:うまカレ(MYコロシアム>最新予想にリンク)

------------------------------------------------
あなたも「みんなの競馬コラム」コーナーでコラムニストデビューしてみませんか!
>>応募方法など詳しくはこちら<<
------------------------------------------------

[もっと見る]

2016年08月28日() 15:00 伊吹雅也
【伊吹雅也のピックアップ競馬データ2016年8月28日号】特選重賞データ分析編(10)〜2016新潟記念〜
閲覧 1,755ビュー コメント 0 ナイス 3

次週の注目重賞を、伊吹雅也プロが様々なデータを駆使していち早く分析!<ピックアップデータ>をはじめ、<追い風データ/向かい風データ>、<注目馬チェック>など貴重な情報満載のウマニティ会員専用コラムを是非あなたの予想にお役立て下さい。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


<次週の特選重賞>

G3新潟記念 2016年9月4日(日)新潟競馬場/芝外回り/2000m


<ピックアップデータ>

【馬齢別成績(2012年以降)】
×4歳以下 [0-0-1-13](複勝率7.1%)
○5歳以上 [4-4-3-43](複勝率20.4%)

 2012年以降は若い馬が不振。なお「4歳以下」に該当した14頭のうち、半数の7頭は単勝3番人気以内、3頭は単勝1番人気の支持を集めていた馬です。昨年も単勝1番人気のミュゼスルタンが16着に、単勝3番人気のメドウラークが9着に敗れました。たとえ実績上位であっても過信禁物と見るべきでしょう。

主な「×」該当馬→アルバートドックベルーフ
主な「○」該当馬→エキストラエンドクランモンタナマイネルミラノ


<他にも気になる! 追い風データ/向かい風データ>

【追い風データ】

[もっと見る]

2016年08月10日(水) 17:05 競馬プロ予想MAX
先週の回顧〜(8/6〜8/7)夢月プロ、西野圭吾育成プロらがスマッシュヒットを記録!
閲覧 446ビュー コメント 0 ナイス 4

先週は、7(日)に新潟競馬場でG3レパードステークスが、小倉競馬場でG3小倉記念行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
G3レパードステークスケイティブレイブが先頭で直線コースへ。逃げるケイティブレイブのリードは3馬身、2番手にピットボス、3番手にはまくり気味に進出したグレンツェントで後続はやや離れる形。残り200mを通過、軽快に逃げるケイティブレイブは2馬身のリードを取って逃げ込み態勢、ここで伸びきれないピットボスを交わしてグレンツェントが単独2番手に浮上、後続は大きく離れ優勝争いは早くも2頭に絞られます。内ぴったりで懸命に粘るケイティブレイブ、一間歩ごとに差を詰めるグレンツェント!激しく続いた追い比べはグレンツェントがゴール前で僅かにケイティブレイブを捉えて優勝しました!クビ差の2着にケイティブレイブ、そこから2馬身差の3着にレガーロが入っています。
 
公認プロ予想家では西野圭吾育成プロ他10名が的中しています。
 
G3小倉記念メイショウナルトがレースを引っ張って直線コースへ差し掛かります。直線に入るとメイショウナルトが後退してクランモンタナが先頭!2番手にアングライフェン、内からテイエムイナズマ、外からはマーティンボロ、後続各馬は横に広がって追い出しにかかります。残り200mを通過、粘るクランモンタナマーティンボロ、内を突いてエキストラエンド、大外からは人気のダコールベルーフが併せ馬の形で差し込んできます。残り100mを通過、ここでエンジン全開となったベルーフが大外一気の力強い末脚でクランモンタナに急追!ゴール前では一気に差を詰めましたが、クランモンタナが僅かにこの追撃を振り切って優勝!嬉しい重賞初制覇を飾りました!2着にベルーフ、そこから半馬身差の3着にエキストラエンドが入っています。
 
公認プロ予想家ではサウスプロ他5名が的中しています。
 
------------------------------------------------------------------------------
 
☆☆☆注目プロ →夢月プロ
勝負レースに選んだ6(土)札幌12Rで『前走は放馬の影響で疲弊した。スムーズに立ち回ればここでも。』とコメントした単勝76.9倍の◎イーグルアモンが3着に入り、ワイド69.4倍、3連複304倍を的中させ、9万5500円を払い戻しました!この他にも7(日)札幌6Rで『前走は4コーナーで挟まれて失速し、立て直した直後に前が壁になる散々な競馬。』と狙った◎ロックキャンディの単勝を1万円的中させ、7万8000円を払い戻しました!この他にもコンスタントに的中を重ね、週末トータル回収率131%、収支プラス9万4960円をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →西野圭吾育成プロ
勝負レースに指定した7(日)新潟11RレパードステークスG3で『ここ3走は力出し切れてない、もちの木賞の内容から、能力はこの世代でもトップクラスのハズ』と狙った◎レガーロが3着に入り、対抗○ケイティブレイブとのワイド8.7倍を的中させ、3万450円を払い戻しました!前日の新潟11Rでも『ここ2走は自身で展開厳しくしてしまった、1200m+平坦なら粘り増すハズ』と本命に推した◎サンレーンからの馬単を的中させ、13万9500円を払い戻しました!週末トータル回収率145%をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →霧プロ
7(日)新潟3Rで大穴◎ウェイアップハイを本命に抜擢!単勝59.7倍、馬連48.2倍を仕留め、7万4160円を払い戻しました!新潟2Rでも対抗に推した単勝94.5倍の○アサクササンダーが2着に入り、馬連132.4倍、3連複486.3倍を的中させました!週末トータル回収率114%をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →加藤拓プロ
7(日)札幌3Rで『前走は苦手な重馬場。今回上積みが見込めそう。』と狙った◎ダノングランツの単勝12.6倍を4000円的中させ、5万400円を払い戻し!さらには同日の札幌12Rで◎○の大本線的中!単勝12.1倍を1000円、馬連30.4倍を4000円、ワイド10.4倍を2000円的中させ、15万4500円を払い戻しました!週末トータル回収率134%をマークしています。
 
この他にもジョアプロ(119%)、伊吹雅也プロ(109%)、おかべ育成プロ(109%)が週末トータル回収率100%超の活躍を見せています。

[もっと見る]

⇒もっと見る

ベルーフの口コミ


口コミ一覧
閲覧 22ビュー コメント 2 ナイス 8

【2回京都7日】

■7R シンゼンガンプ 2人気2着

道中でジワジワとポジションを上げて残り800mで先頭に立ちましたが、
末脚が確かなロバストミノルと叩き合いになってしまうとさすがに分が悪かったです。

■8R アドマイヤロマン 2人気3着

好位の内で脚を溜める、という理想的な競馬が出来ましたけど、
内枠だった事もあって馬場の良い外に出せなかったのが痛かったです。

■9R ドルチャーリオ 3人気3着

こちらも好位で待機する想定通りの競馬をしてくれました。
悪くても2着だろう、と考えていましたが、
サフランハート松岡騎手の神騎乗で2着を確保できなかったのは想定外でした。

■10R ゼンノサーベイヤー 2人気2着

具合の良さで何とかならないか…と思っていたものの、
マイペースでレースを運んだ1番人気・ゴルゴバローズに完敗の2着でした。

■11R(京都牝馬S)ウインファビラス 6人気6着

初距離でも大丈夫、と考えてましたけど、追走に手間取ってポジションが悪くなったのが痛かったです。
でも、勝ったレッツゴードンキに直線で弾かれてしまったように、まだまだ実力不足ですね。

■12R キングブレイク 13人気15着

追い切り時計が良く、園田の田中学騎手騎乗だったとはいえ、
高速決着になりやすい京都で、時計勝負では分が悪い8歳馬を狙うのはナンセンスですよね…。


【1回東京7日】

■7R アルスフェルト 2人気9着

楽に好位置を取れましたから、直線で一気に先頭集団を差し切ってくれると思ったのですが…。
追い出してから全然伸びませんでしたし、休み明けが響いたのでしょうか。

■8R サンホッブズ 5人気2着

前残りの展開になる事を想定して先行馬・サンホッブズの単勝1点勝負を敢行。
想定通りの展開になったものの、同型のカフェブリッツに千切られてしまいました。

■9R トリコロールブルー 1人気1着

無理せずに中団前めのポジションを確保できたのは大きな収穫となりました。
上がり3ハロンも33.9秒をマークしていますし、上々の勝ちっぷりだったと思います。

■10R マイネルトゥラン 4人気1着 

近2走で好内容のレースを見せていましたので、準OPでも勝負になると考え本命に。
先行有利の展開も味方して、楽に勝ち切ってくれましたが、2着馬が拾えず撃沈…。

■11R(ダイヤモンドS)アルバート 1人気1着

仕上がり登場で58kgという厳しい条件でしたけど、実力が違いましたね。
こちらも2着・ラブラドライトが拾えず、馬単を的中できませんでした…。

■12R ラベンダーヴァレイ 3人気1着

馬体も絞った効果もあったのか、前走の凡退が信じられないくらい、見事な勝ちっぷりでした。
それにしても、東京9〜12Rの本命馬が全部1着なのに馬券全滅とは…。


【1回小倉3日】

■7R ニホンピロカーン 1人気1着

残り600mの手前から一気にマクっていったのが良かったですね。
大味な競馬になった分、僅差となってしまいましたが、ローカルであれば昇級後も通用しそうです。

■8R ウォーターイーグル 2人気1着

小回りローカルの1700mは脚質的にピッタリですね。
2着のエンヴァールも500万なら上位の存在なので、最後の最後までよく頑張ってくれました。

■9R プレイヤーサムソン 1人気8着

ペースが速くなる前にマクってしまおう、という戦法だったと思いますが、
見せ場は先頭集団に追い付くところまで、でした。

■10R デスティニーソング 4人気1着

1週前の追い切り時計が良かったので、不利な外枠でも勝負になると考えていました。
鮫島駿騎手も上手く乗ってくれましたし、馬体が減らなかった事も良かったです。

■11R エポック 1人気6着

ローカルのメンバーの中に入れば断然の存在だと思っていたんですけどね…。
内枠じゃないとダメなタイプなのでしょう。

■12R タイムレスメロディ 5人気6着

今回は先行する競馬を試させたのでしょうかね。
先行したらタメが利かないタイプのようですし、
最初から折り合いに専念させなきゃダメなのかもしれません。


【2回京都8日】

■7R トゥールエッフェル 3人気2着

アリノマンボにプレッシャーを懸けられ、1番人気・バイナリーコードも早めに並びかけてくる、
というかなり厳しい競馬になった分、ラストで息切れしてしまいました。

■8R スノーマン 1人気6着

出走馬が決まった木曜の段階で初ダートでも大丈夫だと考えていましたが、1番人気になるとは…。
直線は内でドン詰まっていましたし、ダート適性の有無はまだハッキリしません。

■9R ファンディーナ 1人気1着

インウィスパースとの一騎打ちしかない、と思っていたんですけど、
ファンディーナはしっかり走って、インウィスパースはちぐはぐなレースで3着がやっと…。

■10R クィーンズベスト 1人気2着

牡馬混合戦でしたが、相手がかなり楽だと思い、馬単で勝負しました。
デンコウリキの池添騎手が上手く乗った分もありましたけど、
どうしても相手に合わせる走りになってしまいますね…。

■11R ロイヤルストレート 8人気3着

スタートが良すぎて先行する競馬になりましたが、最後までよく踏ん張ってくれました。
今は追走が楽な1400mの方が合いますし、今後も追いかけたいです。

■12R レッドヴェルサス 1人気3着

人気の先行馬を捕まえるため、この馬にしては早め早めの競馬を仕掛けましたけど、
完全な追い込み決着になってしまい、最後は脚が上がってしまいました。


【1回東京8日】

■7R ストライクショット 3人気2着

2番人気・スケールアップを射程圏内に入れながらの競馬。
理想的なレース運びでしたが、伏兵・サラセニアに内から一気に交わされてしまいました。

■8R ストレンジクォーク 1人気1着

前走は関西遠征と道悪が響いての凡走だったので、
少頭数の東京、という絶好条件であれば負けられません。順当勝ちでした。

■9R エピカリス 1人気1着

展開が速くなる、と考え、エピカリスの相手に差し馬を並べたんですけどね…。
2着・アディラートも追い切り時計が良好だったので、堅い予想をしなきゃいけませんでした。

■10R メートルダール 1人気1着

デムーロ騎手はテン乗りでしたけど、やや追っ付け気味に前へ押し上げていったのが◎。
直線でも良い脚を使っていて、休み明けも問題なかったです。

■11R(フェブラリーS)カフジテイク 1人気3着

前半3ハロン34.0秒というハイペースになるのは想定外でした。
あまりにもペースが速すぎると、追い込み馬は追走するだけで脚を使ってしまいますから、
必ずしもカフジテイク向きの展開になった、とは僕は思っていません。

でも、上がり3ハロンはメンバ―中最速でしたので、
カフジテイク自身は目いっぱいの走りをしてくれたと思っていますし、
カフジテイク以上に上位2頭が素晴らしいレースを見せた、と解釈しています。

■12R アイアムナチュラル 1人気4着

今月末で定年となる長浜調教師の管理馬。
好位で控える競馬を試みたものの、上位陣の末脚に屈しました。
キレ味が求められる東京では脚抜きの良い馬場にならないと厳しいですね。


【1回小倉4日】

■7R ナイアガラモンロー 7人気10着

脚質的に小回り平坦コースがバッチリのように思うのですが、
東京や新潟の方が好成績なんですよね…。
馬券の妙味につられて◎をつけてしまったのがダメでした。

■8R スワニルダ 11人気5着

日曜と水曜に速い時計を出していましたので、ここが勝負駆けだと判断していました。
結果的には外枠でロスの多い競馬になった事が響きましたけど、
人気以上に頑張ってくれたので満足です。

■9R ヒルノサルバドール 5人気2着

未勝利戦ではありましたが、昨年の札幌1700mで2着していたので、
1700mに戻ればこれくらいの走りが出来ても不思議ない馬だと思います。
次走からは妙味が無くなってしまいますから、今回勝ってほしかったのですが…。

■10R コートオブアームズ 1人気6着

追い切りの時計も良く、叩き2戦目で調子が上がっているものと考えていましたが、ダメでした。
まだ調子が上がっていないのか、馬のメンタル面に問題があるのか、現時点では分かりません。

■11R(小倉大賞典)ベルーフ 2人気12着

近2走で1800mに対応していましたから、勝ち星がない距離でも大丈夫、と思ってました。
でも、マルターズアポジーが作ったハイペースに全く対応できませんでした。

2015年の小倉記念ではハイペースでも好走できたんですけどね…。
年相応にズブくなっているのかもしれません。

■12R ダイアナヘイロー 1人気8着

得意の直線平坦コースに戻れば巻き返す、と考えたんですが、
肝心のスタートで出遅れてしまってはどうしようもありません。



土日ともに、本命馬の連対率は50%以上だったんですけど、
馬券の種類のチョイスミスで、収支は大きなマイナスになってしまいました。

救いは安い配当でもフェブラリーSが的中した事でしょうか。
馬単や馬連だったらハズレだったので、3連複2頭軸で勝負して本当に良かったです。

 馬券のエース 2017年02月19日() 19:41
今週の≪振り返り≫ 
閲覧 44ビュー コメント 0 ナイス 4

今日も皆さん、お疲れ様でした(*^_^*)/
JRAの初G気匹Δ任靴燭?
見解で公開した◎カフジテイク○ゴールドドリーム▲ベストウォーリア☆ケイティブレイブ
のうち3頭で決まりましたが、いやはや堅かったですね。
もう少しヒモ穴期待の方も多かったでしょうね(笑)

【格上馬】
21レースに格上馬が該当する馬が出走し13レースで馬券内。
土曜日:【3−1−2−9】 ◎【1−0−1−4】
日曜日:【3−7−1−6】 ◎【1−2−0−2】
今週は◎じゃない方の馬が大活躍(笑)┸裕ぃ夏、キ人気もいましたね。
ただ日曜は2頭ずつしか出していない格上馬が2頭とも3着以内のレースが4つ(*^^*)
キ⊃裕い發Π貽人気 3連複61.2倍
タ裕い發Π貽/裕ぁ。穫∧14.5倍
⊃裕い發Π貽タ裕ぁ。穫∧17.0倍
Ν人気もう一頭Э裕ぁ。穫∧173.5倍
の組み合わせ、2頭軸でいったら儲かる買い方でしたね。

【馬指数】
土曜日7レース中6レース、日曜8レース中7レース
馬指数の1.2位のどちらかは馬券内。いつもみるのは「馬指数だけじゃないですよ」と言ってますし
ワンポイントアドバイスの中にも上位以外を軸にするときは馬番か馬名をほのめかしていますが
今週は素直に軸は上位からで良かった週でした。
ただ、該当する馬はだいたい「元値」「上げ幅補正」のどちらかにも1位(黄色)がついてますね!

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

【今週の重賞】

≪ダイヤモンドS≫
1着:アルバート【馬指数1位】〔元値1位〕〔上げ幅1位〕〔タイム指数3位〕
2着:ラブラドライト
3着:カフジプリンス

※上がりレベル1・2位の決着。過去4年の1着馬は「昨年秋の重賞で3着以内」のある馬。
今年はアルバートとファタモルガーナのみ該当だったので勝ち馬は読みやすかったですが
2着にラブラを持ってくるのが出来なかった。一応見解で名前を挙げた馬の中では決まりましたが。
【結果】3連単2.3着逆ハズレ

≪京都牝馬S≫

1着:レッツゴードンキ【馬指数2位】〔元値1位〕
2着:ワンスインナムーン【馬指数3位】〔上げ幅1位〕
3着:スナッチマインド

※昨年から14000mに変わったので過去馬との傾向比較はナシ。
見解で書いた『石橋騎手がこのコース全連対』で珍しく京都に西下。ワンスインナムーンを軸指定で正解。
【結果】馬連・1.2着ワイド的中♪

≪小倉大賞典≫
1着:マルターズアポジー (唯一の現級好走ポジ馬)
2着:ヒストリカル【馬指数1位】〔元値1位〕〔上げ幅1位〕
3着:クラリティスカイ

※見解で書いた軸はベルーフorヒストリカルorレッドソロモンの軸選びでベルーフを選んで失敗。
上がり35秒台なら強いマルターズ・モンタナは斬りましたが、結局上がり35秒台後半のレースでした(笑)
【結果】2.3着ワイド1点的中♪

≪フェブラリーS≫
1着:ゴールドドリーム〔タイム指数1位〕
2着:ベストウォーリア
3着:カフジテイク【馬指数1位】〔元値1位〕〔タイム指数3位〕

※≪攻略ポイント≫の時点から変わらず◎カフジで自信があり、上がりタイム指数を出して
昨年のノンコより1秒速いカフジならどの馬場・ペースでも3着以内は安泰だろうと。
結局見解で名前を挙げた○▲◎の3頭で決着。
【結果】1.2着・1.3着ワイド2点・3連複的中♪

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

的中された皆さん、おめでとうございますm(^^)m お見事でした♪
またブログに挙げさせて頂きますので、≪超抜≫競馬からの【結果報告】
またお時間ありましたら、お願いします。


※今週は特別戦も含め、上げ幅の補正で10以上の馬は全て馬券内に来ましたね♪
他にもメンバー中1頭だけ好走ポジ●がついている馬など、よく来る特徴は覚えておいて下さいね

////////////
サイト:【馬券Aエースの≪超抜≫競馬】|馬指数・坂路調教・重賞攻略
http://relax-myodani.jp 馬券Aで〔検索〕も可

競馬新聞の馬柱だけでは分からない、馬券力を上げたい方にお奨めしたい指数表☆

[もっと見る]

 昭島のよっちゃん 2017年02月19日() 17:09
今週の予想及びmyPOG馬の結果と次週特別登録のP 
閲覧 28ビュー コメント 0 ナイス 7

写真は、今週の「競馬でビンゴ」の私の成績です

今週の予想結果
(私の買目は、◎単勝と◎○▲△の馬連・3連単のBOXです)


土曜メインレースの予想結果です     


小倉11R 和布刈特別 1000万下 芝ダート1,700


 ◎ エポック         6着(1番人気)          
 ○ タガノヴェリテ      3着(2番人気)
 ▲ トウケイワラウカド    7着(3番人気)
 △ ゥ灰好皀薀凜皀◆     。甲紂複携嵜裕ぁ
1着・スリーアローを外して当たり無し

ビンゴ馬:.魯奪圈璽瓮皀蝓璽此 。隠庵紂複隠業嵜裕ぁ烹隠庵絅泪垢鯏匹蠅弔屬掘   




京都11R 京都牝馬ステークス G掘ー1,400


 ◎ レッツゴードンキ     1着(1番人気)  
 ○ ▲▲奪肇競掘璽競ぅ鼻   。乎紂複家嵜裕ぁ
 ▲ ぅ▲襯咼◆璽痢     。隠恵紂複拡嵜裕ぁ
 △ 殴Εぅ鵐侫.咼薀后    。驚紂複業嵜裕ぁ
単勝(300円)が当たり

ビンゴ馬:ウリウリ      12着(10番人気)塗りつぶし無し
      



東京11R ダイヤモンドステークス G掘ー3,400


 ◎ アルバート        1着(1番人気)
 ○ ┘フジプリンス      3着(2番人気)
 ▲ .侫.織皀襯ーナ      着(4番人気)
 △ Д侫Дぅ爛押璽燹      |紂複拡嵜裕ぁ
単勝(210円)が当たり

ビンゴ馬:アルバート      1着(番人気)1着▲泪垢鯏匹蠅弔屬掘




日曜メインレースの予想結果です


小倉11R 小倉大賞典 G掘ー1,800


 ◎ ▲好肇蹈鵐哀織ぅ織鵝  。誼紂複曳嵜裕ぁ
 ○ ┘戰襦璽奸      。隠加紂複家嵜裕ぁ
 ▲ パドルウィール    15着(7番人気)
 △ Ε泪ぅ優襯魯法次   。隠驚紂複拡嵜裕ぁ
1着・マルターズアポジーを外して当たり無し

ビンゴ馬:スピリッツミノル  8着(13番人気)8着マスを塗りつぶし




京都11R 斑鳩ステークス 1600万下 芝1,400

京都芝1,400m(外)(JRA−VANより)
・好走枠
 フラット
・好走脚質
 逃げ:勝率17、2% 3着内率45、3%

 ◎ ゥ譽奪疋▲凜.鵐察   。乎紂複曳嵜裕ぁ
 ○ Ε謄薀離凜       。加紂複家嵜裕ぁ
 ▲ トーセンデューク    4着(4番人気)
 △ ▲縫轡離薀奪轡紂    。驚紂複拡嵜裕ぁ
1着・キングハートを外して当たり無し

ビンゴ馬:ダノンルージュ   10着(12番人気)塗りつぶし無し





東京11R フェブラリーステークス G機.澄璽1,600


 ◎ ゴールドドリーム   1着(2番人気)
 ○ カフジテイク     3着(1番人気)
 ▲ Ε癲璽縫鵝     。隠加紂複拡嵜裕ぁ
 △ ノンコノユメ     7着(4番人気)
単勝(500円)が当たり

ビンゴ馬:Д屮薀ぅ肇薀ぅ鵝。隠庵紂複隠業嵜裕ぁ謀匹蠅弔屬渓気

      



POG馬の出走結果



19日(日)京都競馬場3R未勝利(ダート1,800)にワンフォーオール・筆頭オーナー・牡が出走→9着
終始追われるも、伸びず・・・残念



★メインレースの予想は、6レース中、3レースで単勝が当たり


★「競馬でビンゴ」は3マス塗りつぶせ、ダブルリーチ!!
 

★myPOG馬は、1頭出走し、9着に終わる・・・残念
 

※ビンゴ馬については、下記の日記を参照下さい

http://umanity.jp/home/view_diary.php?id=b510e1dbcf&owner_id=2ec1608dab





★次週の特別登録

26日(日)阪神競馬場9Rすみれステークス(芝2,200)にタガノアシュラ・牡・五十嵐忠男厩舎(栗東)が登録(マンハッタンカフェ産駒)鞍上は、未定
近2走は
 2/ 5京都競馬場 芝1,800 きさらぎ賞G掘。竿嵜裕ぁ。恵紂。叡紊2,8差 上り3F38,9 岩田康雄
12/18阪神競馬場 芝1,600 朝日杯FSG機。吉嵜裕ぃ隠潅紂。叡紊1,3差 上り3F35,2 武豊

[もっと見る]

ベルーフの掲示板

コメント投稿
コメント一覧
3:
  ヨッシー   フォロワー:3人 2015年10月24日() 07:08:07
追いかける価値あり?
2:
  武武武ちゃん   フォロワー:0人 2014年10月20日(月) 21:33:18
11月9日の東京 百日草特別(芝2000m)を予定しているみたいなので、そこが正念場になりそうですね。
1:
  武武武ちゃん   フォロワー:0人 2014年7月21日(月) 14:37:20
サンデーレーシングの池江厩舎

ベルーフの写真

ベルーフ
ベルーフ

ベルーフの厩舎情報 VIP

2017年2月19日小倉大賞典 G312着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

ベルーフの取材メモ VIP

2017年2月19日 小倉大賞典 G3 12着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。