注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます!⇒いますぐ会員登録(無料)

ナスノセイカン(競走馬)

注目ホース
ナスノセイカン
写真一覧
現役 牡5 鹿毛 2012年5月23日生
調教師矢野英一(美浦)
馬主那須野牧場
生産者恵比寿興業株式会社那須野牧場
生産地栃木県
戦績22戦[5-1-0-16]
総賞金8,158万円
収得賞金2,250万円
英字表記Nasuno Seikan
血統 ハーツクライ
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
アイリッシュダンス
ナスノフィオナ
血統 ][ 産駒 ]
ホワイトマズル
ナスノフローラ
兄弟 ナスノアオバナスノローズ
前走 2017/03/25 日経賞 G2
次走予定

ナスノセイカンの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
17/03/25 中山 11 日経賞 G2 芝2500 163574.6910** 牡5 56.0 横山典弘矢野英一468(-2)2.33.8 1.036.4⑥⑥⑥⑤シャケトラ
17/03/11 中京 11 金鯱賞 G2 芝2000 162357.2114** 牡5 56.0 丸山元気矢野英一470(-2)1.59.5 0.335.0⑥⑦⑥⑥ヤマカツエース
17/01/22 中山 11 AJCC G2 芝2200 1761131.496** 牡5 56.0 丸山元気矢野英一472(0)2.12.6 0.736.3⑫⑫⑩⑥タンタアレグリア
16/11/27 東京 10 ウェルカムS 1600万下 芝1800 126810.541** 牡4 57.0 C.ルメー矢野英一472(0)1.47.0 -0.034.0⑪⑩⑩キャンベルジュニア
16/11/05 東京 10 ノベンバーS 1600万下 芝2000 148145.639** 牡4 56.0 大野拓弥矢野英一472(0)2.00.5 0.634.0⑪⑪⑩トルークマクト
16/07/30 新潟 11 佐渡S 1600万下 芝2000 10443.112** 牡4 55.0 丸山元気矢野英一472(+8)1.59.3 0.233.0⑤⑤エーシンマックス
16/06/04 東京 10 稲村ヶ崎特別 1000万下 芝2000 9552.621** 牡4 57.0 丸山元気矢野英一464(-2)2.00.9 -0.233.5④⑥⑥フジマサエンペラー
16/05/15 新潟 11 赤倉特別 1000万下 芝1800 158147.241** 牡4 54.0 丸山元気矢野英一466(-4)1.46.9 -0.332.6⑨⑨ヤマニンバステト
16/03/13 中京 9 4歳以上500万下 芝2000 10443.521** 牡4 57.0 丸山元気矢野英一470(-4)2.01.5 -0.034.5⑨⑨⑨⑨エアピザレー
16/02/21 東京 7 4歳以上500万下 芝1800 16127.446** 牡4 56.0 M.デムー矢野英一474(+12)1.50.6 0.935.7⑧⑮⑮デルフィーノ
15/12/06 中京 9 栄特別 500万下 芝2000 185107.1410** 牡3 56.0 M.デムー矢野英一462(0)2.01.0 0.835.9⑰⑯⑯⑯ミッキータイガー
15/11/14 東京 8 3歳以上500万下 芝2000 187136.134** 牡3 55.0 R.ムーア矢野英一462(+2)2.01.1 0.334.5⑭⑬⑯ディアデルレイ
15/10/31 東京 8 3歳以上500万下 芝1800 181231.586** 牡3 55.0 三浦皇成矢野英一460(+4)1.48.1 0.333.4⑮⑮⑰グレーターロンドン
15/10/12 東京 7 3歳以上500万下 芝1800 1751015.186** 牡3 55.0 横山典弘矢野英一456(0)1.47.2 0.534.3⑦⑨⑨ツクバアスナロ
15/05/23 新潟 10 早苗賞 500万下 芝1800 14455.936** 牡3 56.0 勝浦正樹矢野英一456(0)1.47.0 0.934.3⑭⑭モンドインテロ
15/04/18 中山 9 山藤賞 500万下 芝2000 8775.245** 牡3 56.0 横山典弘矢野英一456(+2)2.00.4 0.735.5⑦⑦④⑥ミュゼゴースト
15/03/14 中山 7 3歳500万下 芝2000 12686.735** 牡3 56.0 大野拓弥矢野英一454(+2)2.01.9 0.234.9⑪⑪⑫⑩ストレンジクォーク
15/02/28 中山 9 水仙賞 500万下 芝2200 117912.375** 牡3 56.0 大野拓弥矢野英一452(+2)2.17.8 0.234.0⑤⑦⑦⑦フォワードカフェ
15/01/18 中山 11 京成杯 G3 芝2000 1771435.31010** 牡3 56.0 後藤浩輝矢野英一450(-2)2.02.7 0.435.5⑯⑯⑨⑩ベルーフ
15/01/04 中山 5 3歳未勝利 芝2000 1681632.281** 牡3 56.0 大野拓弥矢野英一452(-2)2.03.0 -0.134.4⑬⑬⑭⑭レッドオランジュ

⇒もっと見る


ナスノセイカンの関連ニュース

 ★高松宮記念3着レッドファルクス(美・尾関、牡6)は、安田記念(6月4日、東京、GI、芝1600メートル)が視野に。京王杯スプリングC(5月13日、東京、GII、芝1400メートル)を挟むかは検討中。同6着トーキングドラム(美・斎藤誠、牡7)は、放牧を挟んで京王杯SCへ。同7着スノードラゴン(美・高木、牡9)は、北海道スプリントC(6月8日、門別、交流GIII、ダ1200メートル)へ。

 ★日経賞6着ディーマジェスティ(美・二ノ宮、牡4)は、予定通り天皇賞(4月30日、京都、GI、芝3200メートル)へ。同10着ナスノセイカン(美・矢野、牡5)は、メイS(5月20日、東京、OP、芝1800メートル)が本線だが、新潟大賞典(同7日、新潟、GIII、芝2000メートル)の可能性も。

 

【日経賞】追って一言2017年03月23日(木) 05:02

 ◆アドマイヤデウス・梅田師 「ハミをトライアビットにして折り合い重視。いい感じだったし、馬もできている」

 ◆ジュンヴァルカン・大江助手 「先週で態勢は整っている。先行できれば小回りでも」

 ◆ツクバアズマオー・尾形充師 「今回はしまい追ったので、これで良くなると思う」

 ◆ナスノセイカン・矢野師 「動きはまずまず。疲れは残っていないし、体調も変わりない」

 ◆マイネルサージュ・鹿戸師 「ひと息入ったが乗り込みは十分」

 ◆ミライヘノツバサ・伊藤大師 「反応をみる程度。中山に適性があるし、先行力は武器」

 ◆ヤマカツライデン・松山騎手 「いい動きで反応も良かった」

 ◆レインボーライン・浅見助手 「以前より落ち着きがあるし、多少は体も大きくなった」

日経賞の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【日経賞】レース展望 2017年03月21日(火) 19:10

 春の中山競馬は後半戦に入り、土曜メインに日経賞(25日、GII、芝2500メートル)が行われる。1着馬に天皇賞・春(4月30日、京都、GI、芝3200メートル)の優先出走権が与えられる重要な一戦。過去10年の優勝馬を見ると、13年フェノーメノが次走の天皇賞・春を制覇(翌年は5着→1着)、09年アルナスライン、10年マイネルキッツ、14年ウインバリアシオンが続く天皇賞・春で2着。また、マイネルキッツは09年2着後に本番を制している。

 注目は何といっても一昨年の有馬記念馬で、昨年のこのレースを制しているゴールドアクター(美浦・中川公成厩舎、牡6歳)だ。昨年の有馬記念3着以来、3カ月ぶりのレースになるが、2月半ばに放牧先から帰厩して、ここまで5本以上の追い切りを消化。「イメージ通りにきている。昨年と同じような感じで、まだ少し体に余裕はあるが、あとひと追いすればよくなるだろう」と中川調教師は連覇へ意欲を見せている。中山芝コースは【4・1・1・1】で、唯一馬券圏内から外れたのは、デビュー2戦目の未勝利戦4着だけ。中山芝2500メートルに限定すれば、15年有馬記念1着、16年日経賞1着、同有馬記念3着と安定感がある。ここもグランプリホースらしさが見られそうだ。

 昨年の皐月賞ディーマジェスティ(美浦・二ノ宮敬宇厩舎、牡4歳)が、今年はここでスタート。ジャパンC13着後は有馬記念を見送って放牧で立て直しを図った。2月下旬から徐々に時計を出し始め、順調な仕上がりを見せている。「1週前はスッと動けていた。しっかりと休ませて背腰の状態が良くなり、蹄の具合もいい。いい頃の気配に近づきつつある」と二ノ宮調教師は復活に期待を寄せている。

 レインボーライン(栗東・浅見秀一厩舎、牡4歳)は昨年、アーリントンCで重賞初制覇を飾り、NHKマイルC3着、菊花賞2着、ジャパンC6着と一線級相手に健闘。2歳の夏場からコンスタントに使われても、へこたれない精神力と肉体の強さが大きな武器だ。各競馬場を転戦してきたので、長距離輸送も問題はない。中山コースはニュージーランドT5着で1度経験しているので、戸惑うこともないだろう。2200メートルも守備範囲内。鞍上は絶好調のミルコ・デムーロ騎手だけに、差し馬向きの展開になれば、チャンス十分だ。

 今回で6戦目となるシャケトラ(栗東・角居勝彦厩舎、牡4歳)はデビューが3歳6月と遅く、キャリアは浅いが、重賞初挑戦だった前走の日経新春杯ミッキーロケットのハナ差2着と素質の高さをアピールした。5戦3勝、2着1回、3着1回とすべて馬券に絡んでいるように、安定感も十分。今回は主戦の浜中俊騎手が騎乗停止中だが、リーディング3位の田辺裕信騎手なら全く問題はないだろう。

 ミライヘノツバサ(美浦・伊藤大士厩舎、牡4歳)は前走のアメリカジョッキークラブCでタンタアレグリアの3着。4度目の重賞挑戦で初めて好走した。スムーズに先行できればしぶといタイプで、全4勝を中山で挙げている点も強調できる。

 アドマイヤデウス(栗東・梅田智之厩舎、牡6歳)は一昨年、日経新春杯とこのレースを連勝。その後は勝利から遠ざかっているが、GIIでは3走前の京都大賞典2着など大崩れはしていないので注目できる。

 ジュンヴァルカン(栗東・友道康夫厩舎、牡4歳)は前走の松籟Sを勝ってオープン入り。2走前の菊花賞は10着に大敗したが、それ以外の8戦は4着以内という堅実派で、上位争いが期待できる。

 ツクバアズマオー(美浦・尾形充弘厩舎、牡6歳)は年明けの中山金杯で重賞初制覇。前走の中山記念では6着に敗れたが、昨秋の産経賞オールカマーでは3着に入っている。今は1800メートルだとやや短い印象もあり、この距離で見直したい。

 金鯱賞4着のナスノセイカン(美浦・矢野英一厩舎、牡5歳)、このあたりの距離に強いマイネルサージュ(美浦・鹿戸雄一厩舎、牡5歳)も上位に入って不思議はない。なお、堅実さがセールスポイントのモンドインテロ(美浦・手塚貴久厩舎、牡5歳)は登録だけにとどめて、大阪杯(4月2日、阪神、GI、芝2000メートル)を目指す可能性が高い。

日経賞の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【日経賞】特別登録馬2017年03月20日(月) 17:30

[もっと見る]

【うわさの3歳馬】ナスノカンザン砂上でこそ2017年03月18日() 11:30

 【中山4R】現OPナスノセイカンを兄に持つナスノカンザンは、今週のWコースで3歳未勝利に3馬身先着。父はエンパイアメーカーだけに陣営のジャッジはダートで、「調教はやれば動く。兄姉は芝で走っているが、ダートの走りのほうがいい」と、小笠調教師は砂上でこそとみている。

[もっと見る]

【金鯱賞】レースを終えて…関係者談話2017年03月12日() 05:06

 ◆太宰騎手(ロードヴァンドール2着) 「テンが遅かったし、うまいペースに持ち込めた。(ヤマカツエースと)馬体があっていれば、もっと粘れていたと思う」

 ◆藤岡佑騎手(スズカデヴィアス3着) 「勝ち馬をマークして進みました。直線で左にモタれましたが、いい差し脚でした」

 ◆丸山騎手(ナスノセイカン4着) 「内で我慢した。追い出しを少し待たされたけど、馬混みで競馬ができたのは収穫」

 ◆柴山騎手(ルミナスウォリアー5着) 「このメンバーでもそこそこ頑張れた」

 ◆川田騎手(ステファノス6着) 「スムーズな競馬ができ、いい位置を取れました。あとは直線で伸びるだけと思いましたが、伸び切れませんでした」

 ◆田辺騎手(プロディガルサン7着) 「きょうに関してはよく分からない」

 ◆戸崎騎手(ルージュバック8着) 「進路があかず、内を突くしかなかった。馬の雰囲気は良かった」

 ◆ルメール騎手(タッチングスピーチ9着) 「ブリンカーは少し効いていた。直線で少し伸びたが…」

 ◆岩田騎手(ヌーヴォレコルト10着) 「全然負けていない。展開ひとつで(着順は)ゴロッと変わったと思う」

★11日中京11R「金鯱賞」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

⇒もっと見る

ナスノセイカンの関連コラム

閲覧 2,847ビュー コメント 0 ナイス 5

次週の注目重賞を、伊吹雅也プロが様々なデータを駆使していち早く分析! もっとも重要と思われる<ピックアップデータ>に加え、<追い風データ/向かい風データ>や<注目馬チェック>など、貴重な情報が満載なウマニティ会員専用コラムとなっております。ぜひ皆様の予想にお役立て下さい。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


<次週の特選重賞>

G2 アメリカジョッキークラブカップ 2017年01月22日(日) 中山芝2200m外


<ピックアップデータ>

【“前年か同年、かつJRAのG1かG2”において5着以内となった経験の有無別成績(2012年以降)】
○あり [5-2-4-25](複勝率30.6%)
×なし [0-3-1-32](複勝率11.1%)

 格の高いレースで好走してきた馬を重視したい一戦。2012年以降の優勝馬5頭は、いずれも“前年か同年、かつJRAのG2”において連対経験があった馬です。一方、G3やオープン特別、条件クラスのレースを主戦場としてきた馬は安定感を欠いています。近走の勢いだけで支持されている馬を信頼し過ぎないようにしましょう。

主な「○」該当馬→

続きは、ウマニティ会員登録(無料会員)でご覧頂けます。
※限定公開期間終了後は、非会員の方もご覧頂けます。
続きを読む
登録済みの方はこちらからログイン

ナスノセイカンの口コミ


口コミ一覧

2017_大阪杯

 landr 2017年03月30日(木) 10:50

閲覧 79ビュー コメント 0 ナイス 2

4月から生活が変わることになり(具体的に言えば、土日が休みではなくなる)、競馬との向き合い方を考えなくてはなりません。
2年ほど、全レース購入をやっていまして、全レースやっていたら儲からないことは早い段階で理解していたのですが、買えるレースか買えないレースかは、予想検討してみなくてはわからない。そして、予想した結果、買えないレースであることはわかっても「せっかく予想したのだから」と購入して痛い目を見る。。。この繰り返しでした。
ただ、それは楽しい作業でもありました。もちろん、儲かればいいに越したことはないのですが、結局、自分は予想(推理)することが楽しいのだな、と、やたら充実したMY競馬新聞を見て思う次第です。

これからは、さすがに、もう全レース予想は無理ですが、競馬とは付き合い続けていきたく、せめて大レースくらいは購入しようか、というスタンスで続けて行こうとは考えております。そして、今までは一人でコツコツやっていましたが、私と同じような、競馬ファンの方々とも、もっと交流していきたいとも考える所存です。

★大阪杯。

◎キタサンブラック
▲マカヒキ
△ミッキーロケット
×ロードヴァンドール

・どの馬がどう出るか、なんて考えるまでもなく、ここは逃げるバカ大将マルターズアポジーが全て。
いつものようにバカーっと逃げたら、もう、その後につけるキタサンブラック1強状態。
・さすがにアポジー逃げの展開では、アンビシャスやステファノスはきつい。
・ヤマカツエースやサトノクラウンがちょっと読めていないが、基本は軽視していいかと。
・巻き返しありそうなのは、前走後手を踏んでアラアラだったミッキーロケット。比べるレースが違うとは思うものの、マウントロブソン・マイネルハニーな持続バカで決まったスプリングステークスでそれなりに対応済み。伸びしろ考えれば、この馬かなとは思う。
・アポジー逃げなら、ロードヴァンドールの先行が一発あってもおかしくない。
・そして、最大の問題がマカヒキ。印とは絶対に外せないところだが、はたして、アポジーやキタサンを差しきれるか。ただ、この馬の強さが際立ったのが、リオンディーズがかかって行っちゃった弥生賞であり、ちょっとでも前傾になればズバリも十分。・・・とは言え、アポジーを捉えに行ったキタサンが一緒にばてちゃうのはちょっと考えつらいが。
・というわけで、キタサンブラックのアタマあり複軸で考えるべきか。

★ダービー卿

◎ガリバルディ
▲キャンベルジュニア
△マイネルアウラート
×ダイワリベラル・グランシルク

・ここにきて、グレーターロンドン回避情報。・・・モーリスになれると思ったのに〜。
・マイネルアウラートがかなり楽な感じで先行。地味で人気出ないと思うが、前走もブラックスピネルの超ドスローに対して前残り4着。そりゃプロディガルサンやエアスピネルには交わされてしかるべし、展開も向いたが、今回もおそらくこの馬かダイワリベラルが作るスロー。ロンドンいなけりゃ残すでしょう。
・ガリバルディの前走はスローロンスパを最後方から。トップハンデでこの脚。1600-1800はかなり堅い軸。金杯のような意味不明なズッコケもあるが、中京記念でマイルがベストだということはわかっている。初中山がどう転ぶかはわからないが、スローを後方から差しきれるなら、この馬。
・キャンベルジュニア・ハイラップ番手。きつい展開を3番手から抜けきる強い内容。去年は1番人気を自らハイラップ作って潰れる金返せ内容。ここはどうなのだろう?スローだと、グァンチャーレやナスノセイカンにも敵わない馬なのだから、アウラートがあまりにユル逃げだったら、ペース作りに行くかな?展開のカギを握るのは間違いない。
・キャンベルジュニアが行ききってしまったら、マルターズアポジーの2着にきているグランシルクが浮上するが、アウラートペースだとちときつい。
・ダイワリベラル。地味だ。地味だが、去年キャンベルジュニアに先着しているように中山マイルはベストコース。多頭数外枠だと間違いなく伸びない分かりやすい馬でもある。
・ロイカバードはまだまだこれからの馬。決して弱くはないが、買い材料に薄い。
・アウラートスローなら、ガリバルディ鉄板。キャンベルジュニアが思いきれば、ガリバルディとグランシルクが同価値。どちらにしろ、ガリバルディ中心でいいと思うが、馬券は両パターンで組み立ててみようか。

★山吹賞
アドマイヤアゼリとグローブシアターの富豪対決。アゼリは強い。
★千葉日報杯
わかりません
★アザレア賞
あれ?アゼリどっちに出るの?前走だけ見りゃアドミラブル1強だが。名前がアドラーブル的。
★仲春特別
キアロスクーロが叩かれて上昇かなと思うが、前とって押しきったシャンデリアハウスの前走は好内容。
★コーラルステークス
シゲルカガにキタサンサジンと逃げ揃って、こりゃもう追い込み天国。ならば、タールたんでいいのではないだろうか。トップハンデで人気しないだろうし。あと、バスタータイプはホントにこの距離で出てくるの?
★安房特別
とりあえず、ケージーキンカメ頑張ってくれ。
★伏竜ステークス
ダートに戻ればサンライズノヴァ1強。シゲルベンガルトラは強い馬が相手の時はやたら強いが、弱い馬が相手だとそれに合わせて弱くなる不思議な馬。そして、ここはトラの出番はない。阪神が広島に3連勝でもすれば別だが。
★船橋市市制施行80周年記念
ここで勝った馬は「主な勝ち鞍」欄にこの名前が刻まれるのだな。
ダイワダッチェスは1200ではないと思うし、ノコギリザメは昇級即通用とはいくまい。ならば、オーヴィレール1強。ただし人気も1強だろうね…
★御堂筋ステークス
アルターは複勝馬券の星。アルターが食い残す馬を探すこと。
★マーガレットステークス
アスタースウィングとファンタジステラでイッタイッタ濃厚ながらも、これをぶち抜けるのはゴールドポセイドン。
★鳴門ステークス
ヒロブレイブの前走取り消しが何も問題なければ、この馬の末。

 sunaga 2017年03月25日() 09:21
日経賞
閲覧 20ビュー コメント 0 ナイス 0

タイプ◎
ナスノセイカン(指数17)
シャケトラ(3位)

指数順
1位(25)ゴールドアクター
2位(23)アドマイヤデウス
3位(20)シャケトラ◎
3位(20)レインボーライン
3位(20)ツクバアズマオー

買い目
複(7番人気〜16番人気で買い)
シャケトラ

馬連・3連複(複を買う時に買い)
シャケトラを軸に1〜5番人気へ流し

[もっと見る]

 激闘競馬野郎【穴馬探 2017年03月24日(金) 23:20
[中央土曜重賞] 中山11R 日経賞 予想
閲覧 19ビュー コメント 0 ナイス 0

[予想]

◎  ゴールドアクター
〇  シャケトラ
注 ァ.淵好離札ぅン
注  アドマイヤデウス
注  ミライヘノツバサ


[買い目]

馬単  → キ 500円
ワイド  →   1500円         計5000円

[コメント]

ゴールドアクターは有馬記念3着。負けた馬はサトノダイヤモンドとキタサンブラックと言う強いメンバーでした。走破の時計は2分32秒代と遅いように見えますが、この日の中山は時計がかかる馬場でした。
それを考えると、時計以上に強い競馬を行っており、今回は主役と考えます。

相手はこのメンバーではシャケトラでしょう。
問題はこのコースに合うかどうか。時計的には対抗できそうなので、相手にします。

時計で見ると、注意したいのはAJCCで3着だったミライヘノツバサ。
ほかには京都大賞典2着、天皇賞6着のアドマイヤデウス辺り。

ディーマジェスティーは時計が足りず、レインボーラインは距離に不安があります。
距離が延びて有利と言うので考えれば、狙い目はナスノセイカンでしょう。

[もっと見る]

ナスノセイカンの掲示板

コメント投稿
コメント一覧
コメントはありません。

ナスノセイカンの写真

ナスノセイカン

ナスノセイカンの厩舎情報 VIP

2017年3月25日日経賞 G210着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

ナスノセイカンの取材メモ VIP

2017年3月25日 日経賞 G2 10着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。