ソールインパクト(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
ソールインパクト
写真一覧
現役 牡6 芦毛 2012年1月31日生
調教師戸田博文(美浦)
馬主窪田 康志
生産者(有)社台コーポレーション白老ファーム
生産地白老町
戦績34戦[4-5-12-13]
総賞金15,395万円
収得賞金2,500万円
英字表記Sole Impact
血統 ディープインパクト
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
ウインドインハーヘア
クリームオンリー
血統 ][ 産駒 ]
Exchange Rate
Raspberry Eggcream
兄弟 クリティカルヒットファイネスト
前走 2018/02/17 ダイヤモンドS G3
次走予定

ソールインパクトの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
18/02/17 東京 11 ダイヤモンド G3 芝3400 144611.763** 牡6 54.0 福永祐一戸田博文490(-4)3.32.1 0.536.0⑥⑦⑦フェイムゲーム
18/01/14 京都 11 日経新春杯 G2 芝2400 127107.7511** 牡6 54.0 福永祐一戸田博文494(+4)2.28.2 1.936.0⑥⑦⑥⑧パフォーマプロミス
17/11/05 東京 11 アルゼンチン G2 芝2500 164719.572** 牡5 53.0 福永祐一戸田博文490(0)2.30.4 0.435.5⑤⑤④④スワーヴリチャード
17/10/09 東京 10 六社S 1600万下 芝2400 127106.533** 牡5 56.0 三浦皇成戸田博文490(+2)2.25.3 0.234.8④⑤⑤⑤ブライトバローズ
17/09/16 中山 11 レインボーS 1600万下 芝2000 137116.837** 牡5 57.0 大野拓弥戸田博文488(-2)2.02.1 0.734.6⑤⑥ゲッカコウ
17/09/03 新潟 11 新潟記念 G3 芝2000 1751017.7911** 牡5 53.0 大野拓弥戸田博文490(-2)1.58.5 0.634.8タツゴウゲキ
17/07/09 福島 11 七夕賞 G3 芝2000 1281217.173** 牡5 53.0 大野拓弥戸田博文492(+2)1.58.5 0.336.3⑨⑨⑤⑤ゼーヴィント
17/06/18 東京 10 芦ノ湖特別 1000万下 芝2400 12333.011** 牡5 57.0 C.ルメー戸田博文490(+2)2.25.7 -0.134.2サブライムカイザー
17/05/28 東京 8 青嵐賞 1000万下 芝2400 16247.433** 牡5 57.0 福永祐一戸田博文488(0)2.24.3 0.534.6⑧⑥⑦⑥ルックトゥワイス
17/04/16 中山 8 鹿野山特別 1000万下 芝2000 11552.313** 牡5 57.0 福永祐一戸田博文488(-4)1.59.3 0.634.2⑥⑥⑥⑥テオドール
17/03/26 中山 9 両国特別 1000万下 芝1800 10892.113** 牡5 57.0 吉田隼人戸田博文492(+4)1.52.1 0.136.0④④クラウンディバイダ
17/03/11 中山 9 館山特別 1000万下 芝2000 9445.023** 牡5 57.0 吉田隼人戸田博文488(0)2.02.1 0.135.8サトノスティング
17/01/08 京都 12 4歳以上1000万下 芝2200 11674.124** 牡5 57.0 福永祐一戸田博文488(-4)2.19.4 1.238.4⑤⑤⑤④ストンライティング
16/12/10 中山 9 霞ヶ浦特別 1000万下 芝1800 16592.413** 牡4 57.0 戸崎圭太戸田博文492(+2)1.48.4 0.334.9⑥⑦⑦⑦ショウナンマルシェ
16/11/19 京都 8 3歳以上1000万下 芝2000 9662.712** 牡4 57.0 福永祐一戸田博文490(+2)2.00.4 0.234.1⑥⑤⑤⑤ロードヴァンドール
16/10/16 京都 10 鳴滝特別 1000万下 芝2200 7665.832** 牡4 57.0 福永祐一戸田博文488(0)2.12.9 0.033.8アドマイヤキズナ
16/08/28 新潟 9 五頭連峰特別 1000万下 芝1600 167142.916** 牡4 57.0 福永祐一戸田博文488(+2)1.33.3 0.333.5⑦⑤チャンピオンルパン
16/07/23 福島 10 いわき特別 1000万下 芝1800 10783.923** 牡4 57.0 横山典弘戸田博文486(+2)1.49.1 0.835.3④④マルターズアポジー
16/03/26 中山 12 4歳以上1000万下 芝1800 13333.421** 牡4 57.0 福永祐一戸田博文484(-2)1.48.4 -0.134.9④④⑤⑤ショウナンマルシェ
16/03/06 中山 8 4歳以上500万下 芝2000 168154.421** 牡4 57.0 C.ルメー戸田博文486(-2)2.00.8 -0.234.3⑤⑤⑥デルカイザー

⇒もっと見る


ソールインパクトの関連ニュース

 ◆ルメール騎手(フェイムゲーム1着) 「直線の反応は早くなかったけど、スタミナがあるので最後も伸びてくれた。経験もスタミナもあるからドバイはいいチャレンジになる」

 ◆蛯名騎手(リッジマン2着) 「ハンデが軽かったし、道中も折り合えた。直線はやったかと思ったけど」

 ◆福永騎手(ソールインパクト3着) 「手応えがなくなってから踏ん張るのがこの馬の持ち味。やっぱり長丁場は合う」

 ◆内田騎手(リッチーリッチー4着) 「スタミナはあるが行きたがる。今後はそのあたりが鍵」

 ◆戸崎騎手(プレストウィック5着) 「スムーズな競馬はできたが、直線で気難しさを出したぶん、伸びきれなかった」

★17日東京11R「ダイヤモンドS」の着順&払戻金はこちら

【ダイヤモンド】トップハンデもなんの!フェイムゲームが3度目V 2018年2月17日() 16:00

 2月17日の東京11Rで行われた第68回ダイヤモンドステークス(4歳以上オープン、GIII、芝3400メートル、ハンデ、14頭立て、1着賞金=4100万円)は、58.5キロのトップハンデを背負った1番人気フェイムゲーム(セン8歳、美浦・宗像義忠厩舎)がクリストフ・ルメール騎手に導かれ、2014年、15年に次ぐこのレース3勝目を挙げた。タイムは3分31秒6(良)。フェイムゲームハーツクライ産駒で、同産駒が3着以内に入るのは12年から7年連続。2着はリッジマン(5番人気)、3着はソールインパクト(6番人気)だった。

 グランアルマダが逃げて、ラブラドライトレジェンドセラー、ハッピーモンメントが続く展開。フェイムゲームは後方4番手から2周目向こう正面で外からポジションを少し上げていった。直線に入ると、レジェンドセラーが先頭へ。その後、プレストウィックがかわそうとしたが、中団につけていた馬が一斉に襲いかかり、そのうち外からグングン伸びてきたフェイムゲームが差し切り勝ちを収めた。1馬身3/4差の2着リッジマン、さらに1馬身1/4差の3着ソールインパクトも道中は中団待機組。2番人気ホウオウドリームは7着だった。

 フェイムゲームは、父ハーツクライ、母ホールオブフェーム、母の父アレミロードという血統。北海道安平町・ノーザンファームの生産馬で、馬主は(有)サンデーレーシング。通算成績は28戦7勝(うち海外2戦0勝)。重賞は13年京成杯・GIII、14年ダイヤモンドS・GIII、アルゼンチン共和国杯・GII、15年ダイヤモンドS・GIII、17年目黒記念・GIIに次いで6勝目。ダイヤモンドSは、宗像義忠調教師は14年、15年(ともにフェイムゲーム)に次いで3勝目。クリストフ・ルメール騎手は07年トウカイトリックに次いで2勝目。



 ◆クリストフ・ルメール騎手「福永さんの馬(ソールインパクト)をマークしていった。直線で反応は早くなかったけど、スタミナがあるから、最後に伸びてくれました。8歳だけど頑張っています。経験もスタミナもある馬だから、ドバイ(招待状が届いた3月31日のドバイゴールドC)はいいチャレンジになるよ」



★【ダイヤモンドS】払い戻し確定!! 全着順も掲載

[もっと見る]

【ダイヤモンドステークス】入線速報(東京競馬場)2018年2月17日() 15:50

東京11R・ダイヤモンドステークス(1回東京7日目 東京競馬場 芝・左3400m サラ系4歳以上オープン)は、1番手14番フェイムゲーム(単勝2.7倍/1番人気)、2番手1番リッジマン(単勝7.5倍/5番人気)、3番手6番ソールインパクト(単勝11.7倍/6番人気)で入線しています。

想定オッズは以下の通り。

馬連1-14(10.3倍) 馬単14-1(16.3倍) 3連複1-6-14(34.6倍) 3連単14-1-6(126.3倍)

更に詳しい情報はこちら→http://umanity.jp/racedata/race_8.php?code=2018021705010711
※着順・払戻金等の確定情報は、レース結果確定後にレース結果ページにてご覧頂けます。

(注=上記は確定前情報を含みます。成績、払戻金など正確な情報につきましては、必ず今後JRA(日本中央競馬会)から発表されるものと照合してください。)

[もっと見る]

【ダイヤモンド】フェイムゲームが1番人気/13:00時点 2018年2月17日() 13:24

 東京の土曜メインレースには、芝長距離のハンデ重賞・ダイヤモンドS(2月17日、GIII、芝3400メートル)が組まれている。



 このあと控える阪神大賞典、さらには天皇賞・春といった芝の長距離路線に向けて、新たなスターが誕生するのか注目の一戦だ。



 単勝1番人気は14、15年に連覇しており同一重賞3度目の制覇を目指しているフェイムゲームで3.2倍、年明けの万葉Sで2着に善戦しているリッジマンが5.0倍で続き、名牝・メジロドーベルを母に持つホウオウドリームが僅差の5.1倍で3番人気となっている。13:00時点での単勝オッズは以下の通り。



(左から)枠番−馬番 馬名 単勝オッズ1− 1 リッジマン      5.02− 2 ハッピーモーメント 35.63− 3 プレストウィック   8.93− 4 ラブラドライト   51.04− 5 ホウオウドリーム   5.14− 6 ソールインパクト  10.45− 7 リッチーリッチー  20.25− 8 レジェンドセラー   5.66− 9 トウシンモンステラ 81.36−10 ダウンザライン   93.97−11 サイモントルナーレ247.57−12 グランアルマダ   40.38−13 トレジャーマップ  75.48−14 フェイムゲーム    3.2



ダイヤモンドSの枠順はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【ダイヤモンド】厩舎の話2018年2月16日(金) 12:01

 ◆グランアルマダ・西園師 「ハナにこだわりたい」

 ◆サイモントルナーレ・加藤和師 「年齢も年齢だから現状維持」

 ◆ソールインパクト・戸田師 「前走は展開不向き。改めて」

 ◆ダウンザライン・尾形充師 「距離は大丈夫だと思うけど、芝の重賞だからね」

 ◆トウシンモンステラ・笹倉助手 「日曜に速い時計はやっているし、体もできている」

 ◆トレジャーマップ・石栗師 「距離は問題ないが、体が絞りきれず筋肉も硬い」

 ◆ハッピーモーメント・辻野助手 「長距離の持久力勝負になれば」

 ◆フェイムゲーム・宗像師 「この条件は得意。衰えもない」

 ◆プレストウィック・武藤師 「折り合い面で進境。左回りでも」

 ◆ホウオウドリーム・安藤助手 「3400メートルは未知だが、馬体は成長している」

 ◆ラブラドライト・斉藤崇師 「コース相性のよさに期待」

 ◆リッジマン・庄野師 「格上挑戦になるがスタミナ争いなら」

 ◆リッチーリッチー奥村武師 「跳びが大きくスタミナもあるので長距離は合う」

 ◆レジェンドセラー・木村師 「この距離で良さが出れば」

ダイヤモンドSの出馬表はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【ダイヤモンド】重賞5勝フェイムゲーム8枠14番 2018年2月16日(金) 10:32

 2月17日に東京競馬場で行われる「第68回ダイヤモンドS」(GIII、東京11R、4歳以上オープン、ハンデ、芝3400メートル、1着賞金4100万円)の枠順が16日に確定した。



 14、15年の連覇以来となる同一重賞3度目の制覇を目指すフェイムゲームは大外8枠14番、昨年末のステイヤーズSで3着に善戦しているプレストウィックは3枠3番、アルゼンチン共和国杯でスワーヴリチャードの2着に好走したソールインパクトは4枠6番、2度目の重賞挑戦で上位進出を狙うレジェンドセラーは5枠8番にそれぞれ決まった。



 ダイヤモンドSは2月17日、東京競馬場(11R)で、午後3時45分にスタートが切られる。



ダイヤモンドSの枠順はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

⇒もっと見る

ソールインパクトの関連コラム

閲覧 310ビュー コメント 0 ナイス 2



2月18日(日)に行われました東京11Rの「フェブラリーS G1」です。

レース結果(着順)の凄馬出馬表(画像)をご覧ください。



1着:総合ポイント【3位】ノンコノユメ(10.7倍)
2着:総合ポイント【1位】○ゴールドドリーム(2.1倍)
3着:総合ポイント【6位】△インカンテーション(20.0倍)

第2グループ・総合ポイント3位のノンコノユメが1着、第1グループ・総合ポイント1位のゴールドドリームが2着、第3グループ・総合ポイント6位のインカンテーションが3着という結果でした。


なんと言っても△ニシケンモノノフ(横山典騎手)ですね。やられました。積極策や逃げまでは当然想定していたのですが、あの馬場で34.1秒(推定)で行くとは......。ただ、◎テイエムジンソクはそのハイペースが無くても、あのパドックや返し馬を見た感じでは厳しかったかなと。初競馬場、関東圏への長距離輸送という環境でこの馬を過信してしまったのは、痛恨でした。


【3連複軸2頭流し】
◎○=印
10,14=1,2,4,5,6,7,15(7点)

【馬単】
◎→○
10→14(1点)

計8点 払い戻し0円


続いて、2月17日(土)に行われました東京11Rの「ダイヤモンドS G3」です。

レース結果(着順)の凄馬出馬表(画像)をご覧ください。



1着:総合ポイント【1位】▲フェイムゲーム(2.7倍)
2着:総合ポイント【7位】△リッジマン(7.5倍)
3着:総合ポイント【11位】△ソールインパクト(11.7倍)

第1グループ・総合ポイント1位のフェイムゲームが1着、第3グループ・総合ポイント7位のリッジマンが2着、第3グループ・総合ポイント11位のソールインパクトが3着という結果でした。


こちらは▲フェイムゲームが、去年ほどの上り勝負にはならずラスト1Fが掛かるちょうど14年・15年のような展開になって強さを見せましたね。一方、本命◎ホウオウドリームは、やはり現状は上りの速い瞬発戦でないと厳しそうですね。そもそもが、◎ホウオウドリームがもう少し人気が落ち着いてくれて、スローからの瞬発力勝負なら▲フェイムゲームが危ういだろう、というのが予想の中心としてあったので、完敗当然の結果でした(+_+)反省です。


【馬連流し】
◎=○▲☆
5=7,8,14(3点)

【馬単流し】
◎→印
5=1,3,6,7,8,14(6点)

計9点 払い戻し0円


登録済みの方はこちらからログイン

2018年2月17日() 14:00 凄馬プロジェクトチーム
第336回『凄馬出馬表分析&馬券検討』〜ダイヤモンドS G3
閲覧 587ビュー コメント 0 ナイス 1



みなさんこんにちは!

本日は東京11R「ダイヤモンドS G3」の『凄馬出馬表』を分析したいと思います。

今回も「U指数」だけでなく、U指数のポイントに【調教評価】、【厩舎評価】、【斤量補正】を数値化し加算減算しU指数を補正することで「総合ポイント」を算出しました。
★「U指数」について詳しくはこちらをご覧ください→U指数についてページ

U指数1.0ポイントは約1馬身差にあたるので、これを目安に以下のような重み付けをしました。
【調教評価】は競馬エイトの調教評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「5」・・・「−1.0ポイント」
「6」・・・「±0.0ポイント」
「7」・・・「+1.0ポイント」
「8」・・・「+2.0ポイント」
【厩舎評価】競馬エイトの厩舎コメントの評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「△」・・・「−1.0ポイント」
「○」・・・「±0.0ポイント」
「◎」・・・「+1.0ポイント」
【斤量補正】は1.0kg=「0.5ポイント」として以下の基準体重との差分に乗算しました。
「牡馬」・・・「57.0kg」
「牝馬」・・・「55.0kg」


上記の補正を行った『凄馬出馬表』(画像)をご覧ください。





第1グループ(橙)は、フェイムゲームのみ1頭。
第2グループ(黄)は、トウシンモンステラから1.0ポイント差(約1馬身差)内のラブラドライトプレストウィックハッピーモーメントサイモントルナーレまで5頭。
第3グループ(薄黄)は、リッジマンから1.0ポイント差(約1馬身差)内のレジェンドセラーリッチーリッチーホウオウドリームソールインパクトまで5頭となっていて、以下は第4Gとなっています。

凄馬出馬表を見渡すと、フェイムゲームトウシンモンステラ間に約3ポイントの大きな差が生じています。イメージ通り、というべきかこの路線でこのメンバー構成となると、正直58.5圓任フェイムゲームにとっては自分との闘いになるのかなといった印象。そしてその下は大きな差がなく、展開、適性、勢いなどで下位からの逆転も十分、そんな印象の配置です。

そんななか今回の◎は、過去このレースで好走率の高いG1(菊花賞)不出走の4歳馬から◎ホウオウドリームに期待しました。レースぶりから折り合い難のあるタイプではありませんし、エンジンの掛かりが遅いかわりに広いコースでの長距離戦ならスローからの瞬発力勝負でもまとめて前を一掃してくれるとみての本命視。前走は+10kgで太目残りでしたので当日絞れてきてくれないと困るのですが、ひと叩きの効果と東京3400m戦での大幅パフォーマンスアップに期待しています。ルーラーシップ産駒が基本的に距離が伸びて良いことや、松岡騎手もこのレースで4度穴を開けるなど芝3000m超での単複回収率が良いことも本命の理由。
以下、穴傾向の前走重賞以外組から○リッチーリッチー。先にも書いた通り自分との闘いとなりそうな▲フェイムゲームは、個人的に3000m超戦でセン馬本命は極力しないようにしているというのもあって3番手。◎同様に菊花賞不出走の4歳馬☆レジェンドセラーと、ここまでを上位評価。
そして今回の私の馬券は、◎から○▲☆の上位3頭への馬連を中心に、△リッジマン、△プレストウィック、△ソールインパクトまでを加えた馬単で勝負としたいと思います。

【馬連流し】
◎=○▲☆
5=7,8,14(3点)

【馬単流し】
◎→印
5=1,3,6,7,8,14(6点)

計9点

[もっと見る]

2018年1月14日() 14:00 凄馬プロジェクトチーム
第330回『凄馬出馬表分析&馬券検討』〜日経新春杯 G2
閲覧 739ビュー コメント 0 ナイス 1



みなさんこんにちは!

本日は京都11R「日経新春杯 G2」の『凄馬出馬表』を分析したいと思います。

今回も「U指数」だけでなく、U指数のポイントに【調教評価】、【厩舎評価】、【斤量補正】を数値化し加算減算しU指数を補正することで「総合ポイント」を算出しました。
★「U指数」について詳しくはこちらをご覧ください→U指数についてページ

U指数1.0ポイントは約1馬身差にあたるので、これを目安に以下のような重み付けをしました。
【調教評価】は競馬エイトの調教評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「5」・・・「−1.0ポイント」
「6」・・・「±0.0ポイント」
「7」・・・「+1.0ポイント」
「8」・・・「+2.0ポイント」
【厩舎評価】競馬エイトの厩舎コメントの評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「△」・・・「−1.0ポイント」
「○」・・・「±0.0ポイント」
「◎」・・・「+1.0ポイント」
【斤量補正】は1.0kg=「0.5ポイント」として以下の基準体重との差分に乗算しました。
「牡馬」・・・「57.0kg」
「牝馬」・・・「55.0kg」


上記の補正を行った『凄馬出馬表』(画像)をご覧ください。





第1グループ(橙)は、ミッキーロケットから1.0ポイント差(約1馬身差)内のモンドインテロまで2頭。
第2グループ(黄)は、ヒットザターゲットから1.0ポイント差(約1馬身差)内のロードヴァンドールパフォーマプロミスカラビナアクションスターまで5頭。
第3グループ(薄黄)は、ソールインパクトから同差(約1馬身差)内の、トルークマクトまで5頭となっていて、全馬が3G内にとどまる配置となっています。

ハンデ戦ですし、斤量補正があるので拮抗してくるのは当然と言えば当然ですが、それにしても少頭数でここまで大きな開きが見られない構図というのも珍しい印象です。

そんななか今回の◎は総合4位タイ評価となったカラビナとしました。前走連対の4〜5歳馬を狙いたいレースで、今年は3頭が該当しますが、○ミッキーロケットは中間一頓挫あって人気必至、△ガンコは前走1000万下を人気薄で粘り込んでの勝利で本命視はさすがに・・・という印象。そんなわけで、前走1600万2着のこの馬に軽量での一発を期待。エンジンの掛かりが遅く長くいい脚を使うこの馬の特徴からも、京都の下り坂はプラスになりそうで少頭数も歓迎材料。土曜夜には降雪予報も出ていてさらに時計が掛かってきそうな馬場状態も、タフな馬場が合う◎には好都合ではないでしょうか。ここでも人気になるであろう▲パフォーマプロミス(今回、この馬の場合は鞍上人気も相まってという状況ではありますが^^;)と、前走では1キロ差でコンマ1秒差。人気では差がつくでしょうが、2キロ差に広がって迎える今回、この凄馬出馬表評価にもある通りそこまでの差はないとみて、この馬の上位進出を狙います。
以下、状態良さそうで距離克服あっても不思議ない☆ロードヴァンドール、タフな馬場になればなるほど怖い印象の△モンドインテロとこのあたりまでを上位評価。
今回の私の馬券は◎の単複勝負になる見込みですが、◎から○▲☆△(モンドインテロ)と組んだ3複で勝負としたいと思います。


【3複フォーメーション】
◎=○▲☆△(3)=印
12=2,3,7,8=1,2,3,7,8,9,10,11(22点)

[もっと見る]

2018年1月8日(月) 15:00 伊吹雅也
【伊吹雅也のピックアップ競馬データ2018年01月08日号】特選重賞データ分析編(80)〜2018年日経新春杯〜
閲覧 1,637ビュー コメント 0 ナイス 5



次週の注目重賞を、伊吹雅也プロが様々なデータを駆使していち早く分析! もっとも重要と思われる<ピックアップデータ>に加え、<追い風データ/向かい風データ>や<注目馬チェック>など、貴重な情報が満載なウマニティ会員専用コラムとなっております。ぜひ皆様の予想にお役立て下さい。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


<次週の特選重賞>

G2 日経新春杯 2018年01月14日(日) 京都芝2400m外


<ピックアップデータ>

【“前年か同年、かつ京都、かつ2000m以上のレース”において3着以内となった経験の有無別成績(2011年以降)】
○あり [7-5-6-33](複勝率35.3%)
×なし [0-2-1-47](複勝率6.0%)

 コース適性が高そうな馬を素直に重視したい一戦。ここ7年に限ると“前年か同年、かつ京都、かつ2000m以上のレース”において3着以内となった経験がなかった馬は勝ち切れていませんし、このうち前走の着順が4着以下だった馬は2011年以降[0-0-0-39](複勝率0.0%)とさらに苦戦しています。たとえ実績上位であっても、この舞台が合っているかどうか微妙な馬は過信禁物と見るべきでしょう。

主な「○」該当馬→ミッキーロケットモンドインテロロードヴァンドール
主な「×」該当馬→ソールインパクトヒットザターゲットベルーフ


<他にも気になる! 追い風データ/向かい風データ>

【追い風データ】

○「前走の上がり3ハロンタイム順位が6位以内」だった馬は2011年以降[7-7-5-39](複勝率32.8%)
主な該当馬→ソールインパクトミッキーロケット

[もっと見る]

2017年11月10日(金) 10:30 競馬プロ予想MAX
先週の回顧〜(11/3〜11/5)佐藤洋一郎プロら、好調11名が回収率100%超!
閲覧 697ビュー コメント 0 ナイス 4

先週は、3(祝金)に京都競馬場でG3ファンタジーSが、4(土)に東京競馬場でG2京王杯2歳Sが、5(日)に東京競馬場でG2アルゼンチン共和国杯、京都競馬場でG3みやこSがそれぞれ行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
G3ファンタジーSは、コーディエライトがハナを奪い一団のままスローな流れで3〜4コーナーを通過。迎えた直線、粘り込みを図るコーディエライトアルモニカモズスーパーフレアあたりが追撃を始め、残り200mを過ぎます。依然、先頭はコーディエライトで、後続からは代わってペイシャルアスアマルフィコーストベルーガが進出。残り50mを過ぎ、ひと際目立つ末脚を披露したのは大外のベルーガでした。そのまま、5番人気ベルーガが差し切って連勝で重賞初制覇!1/2馬身差の2着に3番人気コーディエライト、さらにそこからハナ差の3着に1番人気アマルフィコーストが入っています。
公認プロ予想家ではサウスプロほか計4名が的中しています。
 
G2京王杯2歳Sは、2番人気タイセイプライドを先頭に直線へ。2番手はアサクサゲンキで、直後からはカシアスも迫り、単勝1.8倍の1番人気に推されたタワーオブロンドンはその後ろの外の5番手あたり。直線半ばを過ぎて、タイセイプライドが苦しくなり代わって先頭に立ったアサクサゲンキに、2頭の間を割ってカシアスが並び掛けますが、これを残り100mで一瞬にして外からまとめて交わし去ったタワーオブロンドンがV。2馬身差の2着に5番人気カシアス、さらにそこから1/2馬身差の3着に4番人気アサクサゲンキが入っています。
公認プロ予想家では岡村信将プロきいいろプロ山崎エリカプロマカロニスタンダーズプロろいすプロほか計16名が的中しています。
 
G2アルゼンチン共和国杯は、スタート直後から横並びでなかなか先頭が決まらない中、マイネルサージュが押し出される形でハナへ。1番人気に推された3歳馬スワーヴリチャードは中団のインを追走。先頭のマイネルサージュと2番手カレンミロティックが後続をやや引き離す形で、隊列は向こう正面を通過していきます。3〜4コーナーでその差が縮まって馬群ひと塊の態勢で直線勝負へ。内を割って早々スワーヴリチャードが先頭を窺うと、馬群からはソールインパクトアルバートセダブリランテスといったところが伸びを見せます。抜け出したスワーヴリチャードのリードは3馬身ほど。ここからなかなか差が詰まらずの状態が続き、結局そのまま内ラチ沿いを悠々と駆け抜けたスワーヴリチャードが先頭でゴール。得意の府中で重賞2勝目を挙げています。2馬身1/2差の2着に7番人気ソールインパクト、さらにそこから1馬身1/4差の3着に3番人気セダブリランテスが入っています。
公認プロ予想家ではdream1002プロほか計4名が的中しています。
 
G3みやこSは、サルサディオーネが引っ張る展開を、4角手前で楽な手応えのテイエムジンソクが並び掛け、2番手にルールソヴァールの態勢で直線へ。直線に入り、この2頭が後続との差を広げると、1番人気エピカリスタムロミラクルキングズガードあたりが離れた3番手グループから伸び脚を披露。しかし、前は既に大勢決した構えで、セーフティーリードを早々築いた2番人気テイエムジンソクが勝利。重賞初勝利を挙げています。2馬身1/2差の2着も直線入り口で後続との差を確保した9番人気ルールソヴァールが粘り込み、そこから1馬身1/4差の3着に3番人気キングズガードが入っています。
公認プロ予想家では導師嵐山プロ岡村信将プロ河内一秀プロほか計8名が的中しています。
 
 
 
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 
☆☆☆注目プロ →佐藤洋一郎プロ
4(土)福島4Rで、◎ヤマタケジャイアン(単勝82.8倍)−○タガノアーバニティからの3単5,014倍を含む計58万4,240円の高額払戻しを記録。2週連続のホームラン的中を披露した先週はトータル回収率122%、収支12万5,900円プラスをマークしています!
 
☆☆☆注目プロ →夢月プロ
3(金)福島3Rを◎トーホウリーガルで仕留め10万4,720円の払戻し。翌4(土)福島5Rを◎○で仕留め21万円払戻し、と連日のスマッシュヒットを記録!他にもヒットを量産した先週はトータル回収率111%で終えています。
 
☆☆☆注目プロ →覆面ドクター・英プロ
4(土)東京6Rで3連単的中、12万4,350円払戻しをマークすると、5(日)には東京3R(3連単的中14万20円払戻し)、京都3R(3連単的中ほか計24万2,980円払戻し)で連続スマッシュヒットを披露!週末のトータルでは回収率116%、収支12万80円プラスをマークしています!
 
☆☆☆注目プロ →☆まんでがんプロ
3(金)福島7Rでの◎▲○パーフェクト的中(計12万3,180円払戻し)、5(日)京都3Rでの計12万5,400円払戻しなどの活躍を見せ2週連続のプラス達成!週末トータルでは回収率113%をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →霧プロ
4(土)東京10Rでの◎○▲的中、5(日)東京10Rでの馬単514倍含む計18万600円払戻しのビッグヒットなどの活躍を披露。週末のトータル回収率135%、収支11万4,440円プラスをマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →西野圭吾プロ
4(土)は福島11R(計11万9,900円払戻し)、勝負予想福島12R(○◎的中)などの的中で回収率351%を記録!週末のトータルでは回収率141%をマークしています。
 
 
 
この他にも、dream1002プロ(151%)、エース2号【予想マイレージクラブ限定】プロ(146%)、エース1号プロ(123%)、くりーくプロ(107%)、岡村信将プロ(101%)らが週末トータル回収率100%超の活躍を見せています。
 
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 
※全レースの結果情報はこちら


今週も競馬予想の達人・ウマニティ公認プロ予想家陣の予想にご注目下さい。

[もっと見る]

2017年11月9日(木) 13:30 凄馬プロジェクトチーム
『凄馬出馬表&馬券検討』11/3〜5の結果(アルゼンチン共和国杯,京王杯2歳S,ファンタジーS)
閲覧 564ビュー コメント 0 ナイス 1

11月5日(日)に行われました東京11Rの「アルゼンチン共和国杯 G2」です。

レース結果(着順)の凄馬出馬表(画像)をご覧ください。



1着:総合ポイント【9位】☆スワーヴリチャード(2.0倍)
2着:総合ポイント【10位】△ソールインパクト(19.5倍)
3着:総合ポイント【12位】○セダブリランテス(7.5倍)

第3グループ・総合ポイント9位のスワーヴリチャードが1着、第4グループ・総合ポイント10位のスワーヴリチャードが2着、第4グループ・総合ポイント12位のセダブリランテスが3着という結果でした。


デニムアンドルビーは大外をまわす形になってしまい、さすがに苦しくなってしまいましたね。スロー(想定)で内枠だったので、もう少し馬群を割ってくる競馬での伸び脚披露を期待したのですが......。個人的には、このレースも古馬勢が低調で現3歳世代のレベルにはまだまだ半信半疑なのですが、3歳馬2頭が揃って馬券になりこの先も3歳馬にますます注目が集まりそうですね。


【単勝】
3

【馬連流し】
◎=印
3=1,4,6,7,11(5点)

計6点 払い戻し0円


続いて、11月4日(土)に行われました東京11Rの「京王杯2歳ステークス G2」です。

レース結果(着順)の凄馬出馬表(画像)をご覧ください。



1着:総合ポイント【3位】△タワーオブロンドン(1.8倍)
2着:総合ポイント【2位】カシアス(13.9倍)
3着:総合ポイント【1位】アサクサゲンキ(9.7倍)

第2グループ・総合ポイント3位のタワーオブロンドンが1着、第2グループ・総合ポイント2位のカシアスが2着、第1グループ・総合ポイント1位のアサクサゲンキが3着という結果でした。


期待した◎トーセンアンバーは出遅れに加え、道中引っ掛かり通し......。直線ではいつもの末脚を繰り出すことができませんでした。潜在能力は高い馬ですので気性面が成長してくれば楽しみです。凄馬出馬表的には、3位→2位→1位決着で万々歳な結果でした\(^o^)/


【馬連】
1-2

【ワイド】
1-2

計2点 払い戻し0円


続いて、11月3日(金)に行われました京都11Rの「ファンタジーS G3」です。

レース結果(着順)の凄馬出馬表(画像)をご覧ください。



1着:総合ポイント【12位】△ベルーガ(7.6倍)
2着:総合ポイント【4位】△コーディエライト(6.3倍)
3着:総合ポイント【5位】△アマルフィコースト(4.4倍)

第4グループ・総合ポイント12位のベルーガが1着、第2グループ・総合ポイント4位のコーディエライトが2着、第3グループ・総合ポイント5位のアマルフィコーストが3着という結果でした。


スズカフェラリーは終始外々を追走して上がり2位の末脚で4着、結果的に出遅れがかなり響いた形でした。悲観する内容ではありませんでしたし、次走も引き続き注目したいと思います。


【馬連ながし】
6

1,3,5,8,9,10,11

計7点 払い戻し0円


3連戦で3連敗となるとさすがに凹みますが、幸い傷は浅かった先週。頭を切替え今週末のデイリー杯2歳Sエリザベス女王杯に臨みたいと思います。

[もっと見る]

⇒もっと見る

ソールインパクトの口コミ


口コミ一覧
閲覧 43ビュー コメント 0 ナイス 8

先週の重賞はダイヤモンドS&京都牝馬S&小倉大賞典&フェブラリーS!!

個人的に◎○の成績を記載していきたいと思います☆

中山金杯=◎ダイワキャグニー=5着 ○ブラックバゴ=4着

京都金杯=◎ブラックムーン=1着 ○ストーミーシー=5着

フェアリーS=◎レッドベルローズ=3着 ○プリモシーン=1着

シンザン記念=◎アーモンドアイ=1着 ○カフジバンガード=5着

愛知杯=◎クインズミラーグロ=16着 ○キンショーユキヒメ=10着

京成杯=◎コズミックフォース=2着 ○エイムアンドエンド=10着

日経新春杯=◎ミッキーロケット=4着 ○カラビナ=8着

東海S=◎テイエムジンソク=1着 ○ドラゴンバローズ=13着

アメリカJCC=◎ゴールドアクター=11着 ○トーセンビクトリー=5着

根岸S=◎アキトクレッセント=12着 ○カフジテイク=3着

シルクロードS=◎アットザシーサイド=14着 ○ダイアナヘイロー=16着

東京新聞杯=◎グレーターロンドン=9着 ○ダノンプラチナ=11着

きさらぎ賞=◎ダノンマジェスティ=9着 ○カツジ=5着

共同通信杯=◎グレイル=7着 ○カフジバンガード=5着

京都記念=◎レイデオロ=3着 ○クロコスミア=8着

クイーンC=◎フィニフティ=2着 ○ナラトゥリス=15着

ダイヤモンドS=◎リッチーリッチー=4着 ○ソールインパクト=3着

京都牝馬S=◎ソルヴェイグ=11着 ○ヴゼットジョリー=6着

小倉大賞典=◎ダッシングブレイズ=4着 ○ハッピーユニバンス=7着

フェブラリーS=◎テイエムジンソク=12着 ○インカンテーション=3着

次の印は[1着・2着・3着・4着・5着・掲示板以外]で表示します(^^)/

◎[3・2・2・3・1・9]

○[1・0・3・1・5・10]

合わせて〜〜〜(^◇^)

◎○[4・2・5・4・6・19](´・ω・`)

 ちびざる 2018年2月17日() 17:30
【G掘曠瀬ぅ筌皀鵐疋好董璽スの結果
閲覧 44ビュー コメント 0 ナイス 0

1着:フェイムゲーム
2着:.螢奪献泪
3着:Ε宗璽襯ぅ鵐僖ト


私の◎にしたフェイムゲームは1着でした。
2着の.螢奪献泪鵑連
3着のΕ宗璽襯ぅ鵐僖トは×


なので、フェイムゲーム、ゥ曠Εウドリーム、┘譽献Д鵐疋札蕁爾鮗瓦砲靴
馬連フォーメーションでしたので、
馬券は的中ました。が、資金配分を間違えましたので、トリガミでした。_| ̄|○
やっちまったって感じです。


勝ったフェイムゲームは、G轡ラスならまだまだ健在ですね。
目黒記念、ステイヤーズステークス、ダイヤモンドステークスの結果から
衰えも見えませんし、活躍しそうですね。


2着の.螢奪献泪鵑睥匹ぅ譟璽垢鬚靴泙靴拭
蛯名騎手との相性もよさそうですね。
長い距離なら安定した結果を残しそうですね。
次走も期待できそうですね。


3着のΕ宗璽襯ぅ鵐僖トは左回りの長距離戦なら力を発揮しますね。
レースが限定されますが、この条件で出走してきたら、注目したいですね。


的中された方、おめでとうございます。

[もっと見る]

 山崎エリカ 2018年2月17日() 09:34
本日の見所(ダイヤモンドSなど)
閲覧 145ビュー コメント 0 ナイス 18

2018年 京都牝馬S、ダイヤモンドS
_________________

●京都牝馬S

1回京都開催最終週の芝1600m戦から、2回京都開催最終週の芝1400m戦に生まれ変わって今年で2年目。エリザベス女王杯や秋華賞組は1月の愛知杯へ、スプリント路線馬は京都牝馬Sへという形で定着してきました。

京都芝1400mは、前半で坂を上って、後半フラットのコース形態のため、短距離戦としてはペースが上がりづらい舞台。スタートしてすぐに3コーナーの坂を上る芝1200mほどではありませんが、基本的には、逃げ、先行馬が有利なコースです。

しかし、連続開催の最終週で時計が掛かると、そう一筋縄でいかないのも確か。一昨年は雨が降った影響もありますが、前半35秒2‐後半3F36秒0と前が崩れています。

さて、今年はどうか? 外枠のエンジェルフェイスが「逃げ宣言」をしたことによって、同馬よりもテンの速いワンスインナムーンやソルヴェイグは、控える選択も視野に入れているのではないでしょうか。

もっともワンスインナムーンが内枠とダッシュの速さで、結局、逃げる形になるでしょうが、ワンスインナムーンもソルヴェイグも控える意識ができたのは大きいこと。今回は、逃げ、先行馬が揃った一戦ですが、そのわりにはペースが上がり切らずに、どうにか平均ペースの範囲内で収まる可能性大。差し、追い込み馬も十分チャンスがありますが、逃げ、先行馬でもがんばれるでしょう。


●ダイヤモンドS

トップハンデで58.5kgから最軽量48圓肇魯鵐悩垢10.5kgもあるメンバー構成。フェイムゲームのように重賞で結果を出してしまうと、どうしてもハンデが重く、さらに人気にもなるので、下級条件でオープン級の指数をマークしている手頃なハンデの馬を本命候補とするのがこののレースでのポイントであり、ハンデ重賞のセオリー。

しかし、前記のような隠れ実力馬が毎年、出走しているとは限りません。そこで2012年に15番人気でこのレースを制したケイアイドウソジンのような中距離路線を主体に使わていたけど、実はステイヤーという隠れステイヤータイプを探してみたりもします。字面の実績がなければハンデが手頃、場合によっては軽量に収まるからです。

だけど、これもまた滅多におらず、特に近年は実績と人気をなぞるだけの予想。しかし、今年はラッキーなことに、下級条件でオープン級のPP指数をマークしている隠れステイヤーが出走。昨年のダイヤモンドSならば2着、アルゼンチン共和国杯出走ならばソールインパクトに先着できていたレベルの馬ですが、驚くほど人気がありません。これはツイているのか? ストレートに狙い撃ちたいと思います!

[もっと見る]

⇒もっと見る

ソールインパクトの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

ソールインパクトの写真

ソールインパクト

ソールインパクトの厩舎情報 VIP

2018年2月17日ダイヤモンドS G33着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

ソールインパクトの取材メモ VIP

2018年2月17日 ダイヤモンドS G3 3着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。