注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます!⇒いますぐ会員登録(無料)
POGウォッチリストに登録すると、ウマニティPOGのPOGリストに追加できます!

サイン(競走馬)

注目ホース
写真一覧
現役 牡2 芦毛 2015年4月24日生
調教師森田直行(栗東)
馬主株式会社 ノースヒルズ
生産者株式会社 ノースヒルズ
生産地新冠町
戦績 0戦[0-0-0-0]
総賞金0万円
収得賞金0万円
英字表記Sign
血統 オルフェーヴル
血統 ][ 産駒 ]
ステイゴールド
オリエンタルアート
ラティール
血統 ][ 産駒 ]
タマモクロス
ソルティーレディー
兄弟 ヒットザターゲットエテルノ
前走
次走予定

サインの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
履歴はありません。

サインの関連ニュース

 桜花賞3着の雪辱へ、ソウルスターリング&ルメール騎手が極上デモを展開した。

 約2年ぶりに美浦に来場した名手を背に、Wコースでラユロットを3馬身、シンボリバーグを2馬身追走。馬場の入り際こそややテンションの高さをのぞかせたものの、道中の折り合いは実にスムーズだった。

 反撃への“気概”をのぞかせたのはゴール前。前2頭を目標にジョッキーがGOサインを送ると、素晴らしい反応でアッという間に並びかける。ラストは余裕たっぷりに歩調を合わせて併入した。

 「軽い追い切りだけど自分から動いていた。とてもいい感じ」と言うルメールにとっては、ヴィクトリアマイルアドマイヤリード)との2週連続GI制覇、母スタセリタとの仏日オークス制覇もかかる大一番。

 桜花賞の敗戦は「馬場が重くなって軟らかく、枠順も外で反応が遅かった。でも手前も良く替えていたのに、3着だから能力はあります」と冷静にとらえ、「前走でもゴールしてから止まっていなかったし、今は乗りやすくなっているから2400メートルもいけるかもしれない。大外枠は大変だけど、真ん中の枠でベストポジションを取れれば」と逆転へ力を込めた。(夕刊フジ)

オークスの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

【東西現場記者走る】リスグラシュー距離延びて大チュ〜目 2017年05月17日(水) 05:05

 オークスの勝ち馬を探し出すGI連載の2日目に、東京サンスポの板津雄志記者(37)は桜花賞2着のリスグラシューを取り上げた。もともと樫の舞台を大目標としてきた実力馬で、東京芝2400メートルの適性は申し分ない。ちょっとした噂、気になる点などをまじえてリポートする。

 密着2日目の朝、カメラマンからある噂を聞いた。「リスグラシューはカメラが好きらしい」。音に敏感な生き物である馬が、パシャパシャと鳴る機械を本当に好むものなのか。その真相を確かめるため、矢作厩舎に向かった。

 「この馬はカメラを構えられると顔を寄せていく。普通、カメラが好きな馬は少ないと思うけどね。錦織圭のまねでもしてるんかな。でも、サインはできないから、レンズに顔をくっつける。リスグラ“チュー”や」

 担当の北口助手はだじゃれをかまして満面の笑みを浮かべる。どうやら噂は本当のようだ。カメラ好きということは、それを扱う人間も信用しているということ。GI当日の特別な雰囲気にもイレ込んだりすることはないだろう。この日は角馬場での調整だったが、「落ち着いて、いい雰囲気。カイバも食べている」(同助手)と状態面にも不安はなさそうだ。

 今年初戦のチューリップ賞では物足りない競馬で3着に敗れたが、きっちり仕上げた前走の桜花賞ではゴール前で猛追して2着に巻き返した。

 矢作調教師は「2400メートルのオークスは絶対能力が問われるレース。だから毎年(距離延長でも)桜花賞組が強いんだ。しかも今年はハイレベルだったと思っている」と力説し、「リスグラシューはエンジンのかかりが遅いぶん、長くいい脚を使える。それが2400メートルを走るうえでプラスになる。もともと、オークスを目標にしてきた馬だから」と逆転をもくろむ。

 気になるのは東京への長距離輸送か。トレーナーは「アルテミスS(1着)のときが輸送で思ったより体重が減っていた」と明かしただけに、追い切り後の馬体重もきっちりチェックする必要がありそうだ。

 早い時期から樫の舞台を目標としてきたリスグラシュー。今度こそ、カメラに向けて勝利のキスを届けることができるか−。

オークスの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【オークス】レーヌミノル2冠へ豪快先着 2017年05月10日(水) 13:38

 桜花賞レーヌミノルは栗東CWコースでド派手な3頭併せ。外メイショウミツボシ(古馬1000万下)、中ダンツエンペラー(古馬500万下)を楽な手応えで3馬身追走し、直線で内から抜け出し、中を5馬身、外を6馬身突き放した。6F81秒5−64秒6−50秒0−36秒2−12秒5と時計も申し分ない。

 「内を回ったこともあるが、ラスト1Fでもう抜け出していた。いい動きだし、しっかりと追えて良かった」と本田調教師。2400メートルについても、「(マイルと)まったくペースが違うけど、力まず、鞍上のGOサインを待って、それに応えてくれれば」と、大きな不安は抱いていない。(夕刊フジ)

オークスの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【桜花賞】ルメール「弱点なし」ソウル余裕の併入 2017年04月05日(水) 11:29

 2017年クラシック第1弾、9日に阪神競馬場で行われる「第77回桜花賞」(GI、芝1600メートル)で無傷V5戴冠を目指す阪神JFソウルスターリングがけさ、美浦トレーニングセンター(茨城県)のWコースで完璧なまでの動きを披露した。3歳牝馬とは思えない重厚感で楽々と併入し、調教チェッカーズも文句なしの“A”評価。父フランケルの世界的良血馬には、Vしか似合わない。

 世界の至宝が、桜冠へ前進した。無敗V5戴冠を目指すソウルスターリングが過不足なし、余裕たっぷりのアクションで盤石の態勢をアピールした。

 好天に恵まれた美浦。Wコースで外サトノギャラント、中バトルスピリッツを追いかけ、ペースを上げていった。誘導役のサトノは歴戦の古馬だが、そんな年長相手にも譲るところはひとつもなく、馬なりで楽々と差を詰めていった。

 直線でGOサインは出されず、身上の瞬発力は本番に取っておく格好になったが、軽くギアを上げただけで2頭と余裕の併入。独特の柔らかな身のこなし、何より並びかける瞬間の迫力が“A”評価そのものだ。

 「いい感じだ。順調だね。時計は遅いけど、もう競馬を使ってきている馬だし、(週に)馬場で2本ずつ、乗れているからね」。愛馬をサラリと確認した藤沢和調教師が、柔和な笑顔を浮かべる。自身の大記録であるJRA重賞100勝、04年に達成したダンスインザムード以来となる無敗Vがかかるが、あくまで自然体なのは信頼の表れだ。

 Vへの余裕は、手綱を取るクリストフ・ルメール騎手からも伝わる。母スタセリタにもかつて騎乗して、フランス版オークスのGIディアヌ賞などコンビで4勝をマークした。

 「大きな耳、そして長い脚、テンションも同じだし、本当にお母さんに似ている」とソウルのことになると目を細め、同時に断然人気のメジャーエンブレムで4着と敗れた昨年の雪辱を誓う。

 「ソウルスターリング阪神JFは、パドックでもスタート前もテンションが高かったけど、この前(チューリップ賞)は大丈夫だった。メンタルが良くなったし、(同じ)競馬場もこの距離も経験して、一度も負けていない。(今年も)1番人気になるかもしれないけど、心配はしていません。ウイークポイントはありません」

 父は14戦負け知らずだった欧州の“怪物”フランケル。完全無欠の才媛も、ただひたすら無敗街道を突き進む。

★父娘無敗クラシック制覇だ

 2歳女王ソウルスターリングが、同じ藤沢和雄厩舎のダンスインザムード以来、14年ぶり7頭目の無敗桜花賞Vを狙う。同馬の父フランケルは現役時代に英2000ギニーなどGI10勝を含む14戦14勝の成績を残しており、“父娘英日無敗クラシック制覇”の偉業もかかる。

 また、藤沢和調教師は勝てば尾形藤吉元調教師以来2人目となるJRA重賞100勝の大台に到達する。

 ■無敗の桜花賞馬 年  馬名        レース前戦績 41 ブランドソール   1戦1勝 57 ミスオンワード   5戦5勝 81 ブロケード     3戦3勝 90 アグネスフローラ  4戦4勝 91 シスタートウショウ 3戦3勝 04 ダンスインザムード 3戦3勝 

(夕刊フジ)

桜花賞の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【桜花賞】レーヌミノル反撃態勢2017年04月05日(水) 11:11

 フィリーズレビュー2着レーヌミノルは、栗東CWコースで先週に続き池添騎手が跨った。

 馬なりに終始し、「1週前にビシッとやっているし単走でサッと。思いどおりに仕上がった」と本田調教師。前走は直線で追われてから内へモタれて、浜中騎手が騎乗停止となるシーンがあったが、「ちょっと仕掛けが早かった。スタートがいいので早め先頭のイメージはあるけど、GOサインは他馬が来るのを待ってからでも遅くない。要は乗り方ひとつ。早めに抜け出さず、センスの良さ、反応の良さを生かしてほしい」と、指揮官は強気に構えている。(夕刊フジ)

桜花賞の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【報知杯弥生賞】堀厩舎の大物正式GOサイン マックス豪快走 2017年03月02日(木) 11:54

 クラシックの勢力図を塗り替えるか。新馬戦完勝の大器サトノマックスが抜群の瞬発力を披露し、2戦目Vへ存在を強くアピールした。

 美浦Wコースでバリングラ(弥生賞を回避して次週以降に出走)を1馬身追いかけて加速。シュタルケ騎手が冷静になだめながら直線を向いたが、圧巻だったのはそこから。一枚上の切れ味でパートナーを一瞬で抜き去ると、馬なりのまま1馬身半突き放した。

 「4コーナーまで手応え良く走っていたし、直線での反応も良かった。1回使ったことで上積みがありそうだし、きょうの走りなら初の中山でも心配なところはありません」。キャリア1戦とは思えぬメリハリの利いたアクションに、鞍上が笑顔を見せる。

 その後、陣営からも正式にGOサインが出され、「熱発で馬場入りを休んだ初戦を思った以上の内容で勝ってくれた。今回は順調で状態は前走以上。距離もむしろ延びたほうがいいし、鞍上の指示にすぐ反応できるから(小回りの)中山でも問題ないはず。当日、馬場が回復してくれれば、軽い馬場向きの瞬発力を使えると思う」と、森助手も手応えを隠さない。

 京都記念サトノクラウン)→ダイヤモンドSアルバート)→中山記念ネオリアリズム)と3週続けて重賞獲得中の堀厩舎。偉業へ、超新星が絶好の態勢を整えた。(夕刊フジ)

★弥生賞の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

⇒もっと見る

サインの関連コラム

閲覧 1,118ビュー コメント 0 ナイス 4

先週は30(日)に東京競馬場でG1天皇賞(秋)が行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
  
G1天皇賞(秋)モーリスが3.6倍で1番人気、続いてエイシンヒカリが4.5倍、ルージュバック5.1倍、アンビシャス6.0倍とここまでが10倍を切る形でオッズを形成しました。
 
注目のスタートは各馬大きな出遅れなく、内から気合をつけたエイシンヒカリが先頭に立ちます。2番手にロゴタイプ、3番手にヤマカツエース、続いてラブリーデイクラレントサトノクラウンモーリスと先団を形成。中団からはリアルスティールサトノノブレスアドマイヤデウスカムフィーと追走。後方からはルージュバックアンビシャスステファノスと続いて最後方にヒストリカルの態勢。
 
エイシンヒカリが刻んだペースは前半1000mを1分0秒8(参考)のスローペース。先頭から後方までほぼ一団の形で直線コースへ差し掛かります。
 
先頭はエイシンヒカリでリードは半馬身、2番手にラブリーデイ、外めからはヤマカツエースモーリスが追い出しにかかります。残り400mを通過、ここでエイシンヒカリは一杯となってラブリーデイが先頭に立ちますが、直後、外から抜群の手応えでモーリスが並びかけると鞍上ライアン・ムーアのGOサインに応えて一気にスパート!あっという間に2馬身ほどリードを広げます!残り100m、中からリアルスティール、大外からはステファノスが脚を伸ばして懸命に前を追いますが、モーリスの脚色は衰えるどころか、ゴール前でさらにもうひと伸び!早め先頭で後続を抑え込む豪快な競馬でG1・5勝目を飾りました!勝ちタイムは1分59秒3(良)。1馬身半差の2着にリアルスティール、そこから1馬身半差の3着にステファノスが入っています。
 
------------------------------------------------------------------------------
 
☆☆☆注目プロ →おかべ育成プロ
勝負レースに指定した29日新潟6Rで『2走前より前走で良化気配やし、馬体重も絞れた』と狙った◎キングルアウの単勝5.9倍を1万円的中!さらに同日の東京3Rでも○◎の馬連1点勝負を見事仕留めて15万9000円の払い戻し!翌日も勢い止まらず東京12Rで3連複1点勝負を的中させ、14万4000円を払い戻しました!週末トータル回収率376%、収支プラス41万4950円をマークしています!
 
☆☆☆注目プロ →いっくんプロ
29(土)新潟8Rで◎メイショウミツボシ頭固定の3連単勝負!849.5倍を500円的中させ、42万4750円を払い戻し!翌日の新潟10Rでも◎○△の印で3連単を仕留め、20万7800円を払い戻しました!週末トータル181%、収支プラス58万3950円をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →霧プロ
勝負レースに指定した30(日)東京11R天皇賞(秋)で『2走前の安田記念は海外遠征帰りで、東京競馬場での調整という異例の形。前走の札幌記念は明らかに洋芝の稍重馬場という条件が敗因。今回の調整過程はこれまでになく順調。勝ち負けの可能性はかなり高いと見た。』と◎モーリスからの馬連24.2倍、3連複74.3倍を的中させました!この他にもコンスタントに的中を重ね、週末トータル的中率41%、回収率153%の好成績を収めています。
 
☆☆☆注目プロ →スガダイプロ
30(日)京都1R新潟9Rの両レースを◎○▲のパーフェクト予想で単勝、馬連、3連複を本線的中!さらに同日の京都8Rでも単勝22.7倍の伏兵◎スズカバーディーからの馬連35倍、3連複147.5倍を仕留め、2万7030円を払い戻しました!週末トータル回収率116%をマークしています。

☆☆☆注目プロ →栗山求プロ
30(日)東京11R天皇賞(秋)で『2代母メジロモントレーはAZ共和国杯(G2)をはじめ芝2000m以上の重賞を4勝した名牝。血統的にはマイル戦よりも2000mのほうが向いている。』と本命に推した◎モーリスからの馬単37倍、3連単324倍を本線的中!週末トータル回収率472%をマークしています。
 
この他にもろいすプロ(114%)、シムーンプロ(102%)、山崎エリカプロ(101%)、サラマッポプロ(100%)が週末トータル回収率100%超の活躍を見せています。
 
※全レースの結果速報はこちら

今週もウマニティ競馬プロ予想MAXにご期待ください!


登録済みの方はこちらからログイン

サインの口コミ


口コミ一覧
閲覧 25ビュー コメント 0 ナイス 7

さあ、早くも週末になりました。
今週も無謀な三連単予想で夢を見るぞっと^^

先週は土日とも出目が絶好調でした。
三連単予想でなければコロもプラス収支だったろうと思うのですが、初志貫徹!ミリオン10本のノルマ達成まで今のスタイルで頑張ります!
あと9本・・・長い道のりだな^^;

リアルの方も予想して買ってないでは洒落にならないので三連単メインに。
コロの10点に加えて、1頭軸か2頭軸で5頭へのマルチを買うようにしているので投資金額がデカくなっています。
ドカーンと当たるまでやろうと思っているのですが・・・チキンレースの様相になって来ました^^;
週末が嬉しいような怖いようなって感じです^^;
2開場でちょっとホッとしています。
でも、明日あたりボウズならダービー買えないかも^^;
とにかく頑張ります。。


ではでは、明日のオカルト馬ちゃんです!


★京都9R 06 テンテマリ
「3枠+(地)」のサインに加え、出目「06」はこのレースの連チャン期待出目です。
蛯名Jから酒井JへのスイッチもOK!
学君はこの日3鞍騎乗で特別レースはこのレースのみで勝負レースでしょう。
叩き3戦目の激走パターンと思われます。


★東京12R 09 サクラルコール
「5枠+サクラ」の激アツ馬名サインに加え、出目「09」はこのレースの連動期待出目です。
戸崎Jからノリさんへのスイッチも好材料!
ノリさんとのコンビで同コース3着の実績もあり相性は良いでしょう。
過去5枠での出走は1回で3着と複勝圏内にきておりサイン馬としての適性も証明済み。



ではでは、明日も楽しみましょう!


※注目馬の成績(5/21現在)
【12-11-9-94】単勝回収率191.79% 複勝回収95%

単勝 12/128 24550/12800
複勝 32/128 12160/12800


〜注意〜
この注目馬はみなさまの馬券戦術を僕の妄想によって掻き乱すことを目的に掲載しております。
鹿のように痩せている馬でも馬っけギンギンの馬にも平気で印を打ちます。
良い子の皆さんは僕の囁きに惑わされないように気をつけましょう!

 エルモ コヲタ 2017年05月25日(木) 06:56
【ヲカルト予想】日本ダービー(3)
閲覧 74ビュー コメント 0 ナイス 13

今日は2頭目の候補を探すために、改めて『KINGDOM』について考察してみようかと。『KINGDOM』は英語で『王国』という意味。イギリスを表す『UNITED KINGDOM』なんかが有名だよね。『王国』がサインであるならば、「王様の名前が付けられた馬が勝つのかもしれない」と考えてみた。

んで、探し当てたのが2頭。もしかすると、もっと多いのかもしれないけど、とりあえず僕が見つけたのは2頭だけ。1頭は超有名な“アーサー王”の名を持つ『サトノアーサー』で、もう1頭はスペイン語で“黄金の王”という意味の『レイデオロ』だ。ここで少し気になるのが、JRA公式の表記なんだ。アーサーの由来は『人名』となっているのに対し、レイデオロの由来は『王』である点。レイデオロの父馬は“キング”カメハメハなので、血統的に『王族』って感じがする。ただ、サトノアーサーの母馬はキングスローズ(王様の薔薇)なので、ローズ(薔薇)はイギリス王家の紋章だった気がするから、こちらもダービー馬には相応しいような気もする。鞍上が川田将雅騎手なので『KINGDOM』で主人公の『信』が目指す“大将軍”の『将』の字を持つ騎手という点も見逃せないよね。

昨日、一昨日は『ペルシアンナイト(騎士)』を推してたんだけど、ここに来て『サトノアーサー』と『レイデオロ』も気になってきた。いずれも実力を伴った人気馬なので、どの馬が勝っても不思議ではないと思う。むしろ、人気馬だからこそ絞って狙わないと儲からないのよね(笑)明日はGIヘッドラインを考察してみようと思ってるので、『運命』とか『宿命』という言葉が使われるのか?その点に注目してみたいと思ってるよ!

※この日記は妄想なので、ハズレても責任は取りませんよぉ〜!

[もっと見る]

 エルモ コヲタ 2017年05月24日(水) 06:38
【ヲカルト予想】日本ダービー(2)
閲覧 84ビュー コメント 4 ナイス 14

日本ダービーが行われる当日、東京競馬場では特別企画として『ダービーリボンのプレゼント』が行われる。「なんでリボンなんだろう?」と“リボン”という言葉をネットで検索してみたところ、すぐに引っ掛かったのが手塚治虫先生の名作『リボンの騎士』だ。ま、常識的に考えても、老若男女問わずリボンと言って真っ先に思い付くのは『騎士!』だよね。(笑)

その『リボンの騎士』のエンディング曲を知ってるかな?それが『リボンのマーチ』という曲。「タラリラッタ リッタラッタ ラッタッター! ヤッホー!ヤッホー!ヤッホー!」という一度聴いたら忘れられない楽しげで軽快な歌詞の行進曲なんだ。「なんで、こんな曲を僕が知ってるのか?」って、そりゃ僕がキャプテンウルトラ世代だからだよ(爆)若かりし小林稔侍さんが茶色いタイツを穿いて頑張った宇宙特撮。ちょっと“こわもて”の中田博久さんがキャプテンウルトラ役だったんだよ。競馬を観てた時に『シュピーゲル』という馬名を聞いて、つい懐かしくなって目から大量の汗が流れたよ(笑)

オッと!話が脱線しちゃったけど、サイン予想派なら『リボンのマーチ』の歌詞を見れば、もうお気付きだよね?そう!僕が注目したのは『ラッタッター!』という歌詞の部分。最近、どこかで『ラッタッター!』で始まる曲を聴いたことはないかな?さすがに「ない」なんて言わないよね?この曲とリボンがサインとして使われてると言うことは、「かなり早い段階で、闇の組織による陰謀で今年のダービー馬は決められていた」という事なのか!?おのれ!悪の組織め!と言う訳で、明日の考察につづく・・・

※しつこいようだけど、この日記は僕の妄想だからスルーした方がイイと思うよ!「当たらなかったじゃねぇか!プンスカプンプン!」と噛み付かれても責任は負えないからね(笑)

[もっと見る]

サインの掲示板

コメント投稿
コメント一覧
コメントはありません。

サインの写真

投稿写真はありません。

サインの厩舎情報 VIP

厩舎情報はありません。

サインの取材メモ VIP

取材メモはありません。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。