サイン(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
POGウォッチリストに登録すると、ウマニティPOGのPOGリストに追加できます。
今すぐ会員登録
写真一覧
現役 牡3 芦毛 2015年4月24日生
調教師森田直行(栗東)
馬主株式会社 ノースヒルズ
生産者株式会社 ノースヒルズ
生産地新冠町
戦績 2戦[0-0-0-2]
総賞金0万円
収得賞金0万円
英字表記Sign
血統 オルフェーヴル
血統 ][ 産駒 ]
ステイゴールド
オリエンタルアート
ラティール
血統 ][ 産駒 ]
タマモクロス
ソルティーレディー
兄弟 ヒットザターゲットエテルノ
前走 2017/12/16 2歳未勝利
次走予定

サインの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
17/12/16 阪神 4 2歳未勝利 芝1800 1371171.589** 牡2 55.0 幸英明森田直行464(+2)1.49.8 1.734.8⑬⑬リシュブール
17/09/30 阪神 5 2歳新馬 芝1800 111116.2610** 牡2 54.0 武豊森田直行462(--)1.51.3 1.434.3⑪⑪アドマイヤキング

サインの関連ニュース

 25日に放馬し、ホープフルSへの出否が未定だった’15年度代表馬モーリスの全弟ルーカスは、出走することに決まった。同馬は25日の美浦Wコースの追い切りで、残り200メートル付近で急に右側にジャンプするような形になり騎乗者が落馬、カラ馬でコースを1周していた。しかしケガなどはなく、26日は坂路に入ってラスト1F13秒4をマーク。陣営からGOサインが出された。(夕刊フジ)

ホープフルSの枠順はこちら 調教タイムも掲載

【細江サンタの有馬パドック必勝法】キタサン「ピーン」が1着サイン 2017年12月23日() 05:04

(1)ヤマカツエース

 若駒の頃は、前肢が勝っておりトモ(腰部、臀部、後肢のこと)が寂しく映りましたが、年齢とともにトモが成長。前走のジャパンCは、秋の天皇賞の疲れを取ることに専念したつくりで少々、馬体がぼやけて映りましたが、今回の方がメリハリ感があり、トモの踏み込みがいいですね。秋3回目の長距離輸送とはなりますし、距離も2500メートルは長い気もしますが、デキに関しては前走より上向いています。

(2)キタサンブラック

 最近は、週中で見せる姿と当日に違いがあり、栗東トレセンでの様子では判断しづらいです。

 となると大事なのは当日の気配と歩き。内側に担当の辻田厩務員、外側に押田助手との2人引きとなりますが、その引き手(引いているひも)がピーンと真っすぐに張った状態となり、前駆(人間でいう上半身)がしっかりと起き、馬の首の位置が下がっていなければグッドです。これは馬自身が前へ前へと自らの意志で歩いており、気持ちとしても前向きになっている証明。こういったときの方が走ります。

 逆にトモの踏み込みが浅くなり(特に左)、引き手を支えているだけ、もしくは1人で引いても可能、と思えてしまうようでは心配になります。

(10)シュヴァルグラン

 この秋はトモの成長がすごい。もともとトモが緩く、全体としてもメリハリのない寸胴なタイプでしたが、今は違います。しっかりと出るところは出て、締まるところは締まって、なおかつ毛づやと張りが最高級。気持ちもハツラツとしています。本格化しており、前走以上のデキにあります。

(12)サトノクラウン

 前走時は腹回りに余裕があるつくりで、集中力も散漫でした。この馬は、どちらかというと、落ち着きすぎているときよりも、多少の発汗やテンションの高さが見受けられ、内面的に自分自身を追い込んでいるときの方がいいですね。また蹄の感じから、クッションが利いた馬場の方が良いと判断します。

(13)ミッキークイーン

 若い頃は食が細く、きゃしゃに映りましたが、今は調教を積んでもしっかりとご飯を食べられるように成長。特に注目すべきは目つき。気持ちが入っているときのキリリとした表情が必要。この中間は、前走時の優しい顔つきからキリッとした美人に変貌していますし、良い意味で重たさがなく、素軽さも出てきました。当日は少し体重が減り430キロ台での競馬となりそうですが、これは心配しなくていいです。そがれて張りがあり、近走の中では一番のデキです。

(14)スワーヴリチャード

 この馬は右のトモと左前がネックなので、そのライン上の、体と脚の運びに注目。踏み込んだときに(左右の)どちらかが遅れないか、左右がバランスよく歩けているかをチェックすることが必要です。この秋はきゃしゃに映った春とは違い、全体的なシルエットにボリュームが増しており、地面を捉えるときの踏み込みも力強さが増しています。まだまだ成長過程ではありますが、春よりも確実にパワーアップしています。

(16)サウンズオブアース

 もともと前脚のさばきが硬い馬で、レースを重ねるごとに、その心配は増していくタイプ。なので注目すべき点は、肩回りを含めてのさばきの柔らかさが保たれているかどうかと、全体のシルエットがスッキリとしているか、です。ただ今回においては、気持ち的にもピリッとした感が見られず、胴も詰まった印象。毛づやの輝きも好調時ほどはなく映ります。



有馬記念の枠順はこちら 調教タイムも掲載



細江 純子(ほそえ・じゅんこ) 1975(昭和50)年3月12日生まれ、42歳。愛知県出身。蒲郡東高校を卒業後、JRA競馬学校騎手課程に入学。同期に福永祐一和田竜二らがおり、「花の12期」と呼ばれる。96年に牧原(現・増沢)由貴子、田村真来とともにJRA初の女性騎手としてデビュー。JRA通算493戦14勝(他に海外2勝)。2001年6月に引退後、フジテレビ系「みんなのKEIBA」などに競馬解説者、リポーターとして出演。11年に結婚し、13年に長男を出産。

[もっと見る]

【チャンピオン】アウォーディー反応“微妙” 2017年11月29日(水) 13:09

 昨年2着のアウォーディーは、栗東CWコースで武豊騎手を背にスタートしてすぐ行きたがったが、フェルメッツァの1馬身後ろで何とか折り合った。内に入った4角でGOサインを受けてスッと反応したものの、追いついても、突き放すまでには至らなかった。

 武豊騎手は「道中は前向き。直線も追いつくまではよかったけど、そこから前へ出ようとしなかった」と微妙なニュアンスながら、松永幹調教師は「そういう面を含めていつもどおり。前走を使って良くなっている。昨年は勝ったと思ったくらいだし、今年も前に行く馬を見ながら運べれば。力的には十分やれると思う」と復活を意識していた。(夕刊フジ)

チャンピオンズカップの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【ジャパンC】外国馬4頭の調教状況〜18日2017年11月18日() 19:38

 ジャパンカップ(11月26日、東京競馬場、GI、芝2400メートル)に出走予定の外国馬4頭は、輸入検疫のため滞在中の千葉県白井市のJRA競馬学校のダートコースで18日(土)の朝にダクやキャンターなどでそれぞれ順調に調教を消化した。

 調教後の各陣営のコメントは以下の通り。

アイダホ(牡4歳、愛・A.オブライエン厩舎)】<トーマス・コマフォード調教助手>「カイバもすべて食べ、水もたっぷり飲んでいます。体調も非常に良く、大変順調です。初めての来日ですが、非常に馬がフレッシュな状態です。皮膚もツヤがあり、サラトガ競馬場で出走した時(8月、ソードダンサーS・米GI、芝2400メートル、7頭立ての6着)よりも良い状態なので期待しています。馬の態度がとても良く、それは馬が自分自身で調子の良いことを示しているサインです」

イキートス(牡5歳、独・H.グリューシェル厩舎)】<ヤニナ・レーゼ調教助手>「昨年もここ(競馬学校)に来たので馬自身がすべきことを理解しており、リラックスしています。今日は、昨日よりもキャンターを長めに乗りました。とてもテンポ良く走っていました。今後も少しずつキャンターの距離を延ばしていく予定です。レースに向けて調子が上がるように調整していきます」

ギニョール(牡5歳、独・J.カルヴァロ厩舎)】<ミヒャエル・カデドゥ調教助手>「自国にいるのと変わらない状態で、とてもリラックスしています。調教の動きも良く、非常に満足しています。明日の調教は、今日と同じような内容で行う予定ですが、調教師からの指示で少し強めに追うかもしれません」

ブームタイム(牡6歳、豪・D.ヘイズ厩舎)】<ゲイリー・フェネシー調教助手>「疲れもなく、カイバもよく食べ、水もよく飲んでいます。体調は最高の状態です。今日の調教の動きも良く、東京競馬場に移動する頃にはさらに良くなるでしょう。明日はキャンターで馬場を2周する予定です」

ジャパンCの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【菊花賞】ベストアプローチ逆転戴冠へ1馬身先着 2017年10月19日(木) 12:00

 間断なく降り続く雨。本番でも想定される重くなった芝コースで、ベストアプローチが最終追いを行った。5Fで4馬身先行するイダエンペラーを楽な手応えで追走し、4角で外へ。岩田騎手のGOサインに応えるようにラスト1Fでトップギアに入れ、ゴール前で1馬身ねじ伏せた。

 「下が悪かったけど、前走より動きは素軽くなった」とジョッキー。6着と伸びなかった神戸新聞杯は負けすぎな感もあるが、「距離が延びるのはむしろいい。折り合えるし、バテないから」と巻き返しへ力を込めた。

 一方、荻野助手は「時計的には動いているんだろうけど、やれば動く馬だし、下が悪くてももう少し走ると思っていた」と、動きにはやや手厳しい。それでも「使っていくらか絞れたし、素軽さも増した。拮抗したメンバーで馬場も重くなりそう。改めて」と逆転を意識していた。(夕刊フジ)

菊花賞の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【2歳新馬】京都3R ブエナビスタの娘ソシアルクラブが大外一気V  2017年10月9日(月) 11:20

 10月9日の京都3R・2歳新馬(牝馬、芝1600メートル)は、GI・6勝馬ブエナビスタの2番子である2番人気ソシアルクラブ(栗東・池添学厩舎)が岩田康誠騎手に導かれ、鮮やかに初陣を飾った。タイムは1分36秒9(良)。



 ソシアルクラブは後方の外を追走。逃げた1番人気のゴルトキシェが直線でも内ラチ沿いで粘り腰を見せる中、大外から一気に脚を伸ばしてクビ差で差し切った。さらにハナ差の3着はターフェルムジーク(6番人気)。重賞4勝のサトノノブレスの全妹サトノルーリー(3番人気)は出遅れて7着だった。



 ソシアルクラブは、父キングカメハメハ、母ブエナビスタ、母の父スペシャルウィークという血統。



 ◆岩田康誠騎手「怖がる面があったので、直線までじっくり運ばせました。GOサインを出してからすごい脚を繰り出してくれたし、けいこ通りのパフォーマンスを見せてくれました」

★9日京都3R「2歳新馬」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

⇒もっと見る

サインの関連コラム

閲覧 1,490ビュー コメント 0 ナイス 10



こんにちは、くりーくです。このコラムでは、今週行われるG1出走予定馬の中間の調教内容を中心に分析してご紹介します。私の予想の基幹部分でもある調教分析術を是非あなたの予想にお役立て下さい。
今回からはシンプルに前走からの中間の調整内容(評価はA〜F)を中心に各馬コメントをしていきたいと思います。
尚、シューナカコラムで取り上げている競走馬については同コラム内でコメントしていますのでそちらでご確認ください


◇賞金順◇

サトノクラウン(B)
久しぶりの中3週での競馬になりますが、間隔が詰まっていることもあるのかいつもは併せ馬で行われている1週前追い切りが単走で行われています。前走道悪で疲れが心配なところもありますがレースでは内枠でロスなく走っていますし、疲れがあれば1週前追い切りで無理に時計を出すこともないと思いますので、それほど心配することもないと思います。

サウンズオブアース(D)
今回は1週前に一杯に追われて前走よりは上積みがありそうですが、良い頃のように毎週長めから一杯に追われて好時計を出してくることがなくなってきています。年齢的なものなのか、状態面でのことなのか勢いは感じられません。

ソウルスターリング(B)
この馬は桜花賞天皇賞(秋)と道悪に泣かされている感じで運が味方してくれていないところがあるように思います。中2週だった前走も、かなりハードに追われていて状態面で悪いところはなかったと思いますので馬場がすべてだと思います。前走時にかなり仕上げた感じなのでこの中間はさすがに単走で軽めの調整ですが、状態はキープできていそうなので、良馬場でのこの馬の本来の力を見せてもらいたいものです。

ラストインパクト(E)
間隔も空いて前走時よりも少し良くなった感じがしますが、2年前2着に来た時とは別馬のようになってしまっているので年齢的にそこまで期待するのは厳しそう。

マカヒキ(A)
これまではゆったりしたローテーションで使われてきた馬ですが、今年の秋は毎日王冠天皇賞(秋)ジャパンカップと中2週、中3週でレースに出走できていて、馬がしっかりしてきたということだと思います。休み明けの毎日王冠時にはかなり入念乗り込んでいながら馬体を減らすことはなかったですし、前走の天皇賞(秋)ではプラス体重での出走。そして道悪の競馬のあとで疲れが残っていそうなこの中間ですが、9日には坂路でそこそこの時計を出し始めて、1週前にはCWで長めから単走馬なりではあるもののかなり良い時計が出ていました。走りを見ても使われるごとに良くなってきているように思いますので、昨年のダービー馬の復活は近いかもしれません。

ヤマカツエース(C)
昨年よりもしっかり乗り込まれての出走だった前走でしたが、パドックでもやや集中力を欠くところも見られましたし雨の中での競馬と馬場状態がモロに影響してしまったように思います。この中間は1週前に池添騎手騎乗でCWを単走で追い切られているので状態面での不安は特にないと思いますが、本質的に1800mから2000mが向く馬だと思いますので、スタミナ勝負になった時の2400mでは伸びきれないような気がします。

ディサイファ(C)
札幌記念の追い切りを目の前で見た時には今年の秋はかなり厳しい戦いになるのではないかと思った馬。実際、札幌記念から12着、6着、7着と物足りない競馬が続いています。追い切りの動きに関して言えば緩やかながら良くなっているようには感じますが、年齢的にここでガラッと変わるということはなさそうです。

シャケトラ(B)
前走時の追い切りは明らかに太いといった感じで、抜群に良かった宝塚記念とは別馬と言ってもいいくらいまだ仕上り途上だったと思います。この中間は4日には坂路で時計を出し始めて8日にはCWを長めから3頭併せで速い時計。1週前にも福永騎手騎乗で、こちらもCWを長めから3頭併せで一杯に追われており、前走の疲れどころか天皇賞(秋)も調教代わりで使っていたといってもいいくらい乗り込まれています。今回は坂路での時計も出ているので前走のようなことはないと思いますが、どこまで良くなっているかは最終追い切りを見ての判断になります。

ワンアンドオンリー(E)
毎日王冠の時に少し良いところを見せてくれるかとも思いましたが見せ場なく。前走も道悪が影響したとしても走らなすぎで、この中間も横山典騎手が栗東まで追い切りに乗りに行っていますが、ここまでくるとさすがに走りそうな理由も見つからず。

レインボーライン(D)
前走はロスなく走らせた好騎乗と道悪適性が重なりあれだけ走れたのではないかと思います。ただ乗り込み量は少なかったですしこの中間も乗り込み量は少なく今回もということはないと思います。


◇外国招待馬◇

アイダホ(アイルランド)119ポンド 
オブライエン厩舎でR・ムーア騎手が5戦騎乗経験あるが勝ち鞍なし。ガリレオ産駒もジャパンカップでは実績がなく、データ的に厳しい。

イキートス(ドイツ)118ポンド 
昨年出走し、直線末脚のあるところを見せたものの長くいい脚を使うというよりは一瞬の脚が良い馬。府中の長い直線は脚の使いどころが難しいので、仕掛けるタイミングがうまくハマらないと厳しい。

ギニョール(ドイツ)119ポンド   
強力な逃げ馬という印象はなく、強力な先行馬の揃う日本馬相手では厳しい。

ブームタイム(オーストラリア)112ポンド
久しぶりのオーストラリアからの参戦も、ジョッキーが日本での騎乗経験がなく今週の騎乗予定もジャパンカップのみと不安材料多い。


キタサンブラックレイデオロシュヴァルグランについてはシューナカコラムにてコメントしていますので、そちらをご覧ください。



◇先週の15日、浜松市内のショッピングセンターで武豊騎手のトークショーが行われました。調教中の落馬の影響で騎乗を取りやめた翌週ということもあり、開催されるのかどうかという不安もありましたが無事開催されました。静岡県にはJRA関係の施設はエクセル浜松しかなく、なかなか競馬関係のイベントが行われること自体少ないのですが、調教の合間の水曜日の夕方という忙しい時間にこのイベントのためだけに関西から浜松まで来てくれて、静岡県の競馬ファンの一人としてとても感謝しております。地味な活動ではあると思いますが、競馬場が近くにない地域ではなかなか会うことのできない方ですから影響力は大きいでしょうし、新たな競馬ファンの開拓や眠っている競馬ファンを起こすことにもつながる活動だと思います。今後も日本全国まだまだ競馬が普及していない地域はたくさんあるので、ぜひ続けていってほしいと思っています。ちなみにこのイベントには仕事の終わる時間の関係で間に合わなかったのですが、帰りの浜松駅には間に合い忙しい中武豊騎手にはサインをして頂きました。今週はキタサンブラック騎乗で全国からとても注目されることになると思いますので、新しい競馬ファンを引き寄せるような良いレースを期待しています。
そして、その前日土曜日にはウマニティ主催の『第3回競馬好き飲み会』が行われます。今回は地方競馬のジョッキーや競馬関係の方々の参加も多いようなので前回参加された方もされていない方も是非参加して頂きたいと思います。私も地味に参加していますので会場では気軽に声をかけていただければ幸いです、お待ちしていますヽ(^o^)丿
それではまた、次回阪神ジュベナイルフィリーズ編でお会いしましょう。


ジャパンカップ出走各馬の最終追い切り評価については、最終予想内でコメントする予定です。

※最終結論はレース当日のくりーくプロページでチェックしてください。


登録済みの方はこちらからログイン

2017年11月17日(金) 19:12 ウマニティ編集長
【競馬好き飲み会】目玉イベント第3回の開催まであと1週間!
閲覧 428ビュー コメント 0 ナイス 11

第3回競馬好き飲み会の開催日まであと1週間となりました。
皆さん、スケジュールは空けられましたか? チケットはもう購入されましたか?
第1回、第2回に参加された方はご存知の通り、このイベントは毎回めちゃくちゃ盛り上がります。オープニングからフィナーレに至るまで、誰もが終始笑顔。参加された皆さんは等しく、会場をあとにする際に「楽しかった!」と口にされます。

「参加しなきゃ負け!」はさすがに言いすぎかもしれませんが、プライスレスな時を過ごせることは間違いありません。お酒が飲めない方でも、十分に楽しめます。ゲームに、チャリティーオークションに、ジャパンカップの予想検討会にと、注目の企画が盛りだくさん。歓談タイムでは、同じ志を持った“競馬好き”同士で交流を深めることができます。

さらに、今回は多くのスペシャルゲストにお越しいただくことになっており、参加者のひとりとして会場に溶け込んでいただきます。現役ジョッキーや調教師、テレビにも出演している業界内の有名人の方々と一緒にお酒を飲み、アツい競馬トークを繰り広げる絶好のチャンスです。南関東公営競馬の山崎誠士騎手、中野省吾騎手、千田洋騎手、仲野光馬騎手、山崎裕也調教師、元JRA騎手で競馬解説者の谷中公一さん、グリーンチャンネルでおなじみの斎藤修さん、村本浩平さんといった豪華メンバーが参加予定。スガダイプロ、佐藤洋一郎プロ、山崎エリカプロをはじめとする、ウマニティ公認プロ予想家陣も大勢会場に駆け付けてくれます。

「競馬ファンは男ばかり」「華がない」
そう思われている方もいらっしゃるかもしれませんが、そんなことはありません。このイベントには女性の参加者の姿も多く見られます。さらに、この第3回には11月から正式に「ウマニティ公認女子サポーター」に就任したカリスマインスタグラマーのmachikoさんと、彼女がプロデュースする競馬女子アイドルユニット『桜花のキセキ』の参加も決定しました。もともと華やかなイベントに、美しい彼女たちがさらなる彩りを添えてくれることでしょう。みんな競馬の知識はなかなかのものですので、ディープでマニアックな話ができるかもしれませんよ〜。

また、チャリティーオークションに出品されるJRA騎手or調教師のサイン入りパネルのラインナップも、だいぶ固まってまいりました。ここでしか手に入らないレアアイテムばかりですので、ぜひともオークションにご参加ください。現在、出品が予定されているパネルは以下の通りです。

ナリタトップロード菊花賞)  渡辺薫彦
ディープブリランテ日本ダービー)  矢作芳人
ドゥラメンテ日本ダービー)  M.デムーロ
レイデオロ日本ダービー)  C.ルメール
ナリタブライアン(引退式)  南井克己
ストレイトガールヴィクトリアマイル) 戸崎圭太
クィーンスプマンテエリザベス女王杯) 田中博康
ヴィブロスドバイターフ) J.モレイラ
メジロドーベルエリザベス女王杯) 吉田豊
ロゴタイプ安田記念) 田辺裕信
※敬称略
※チャリティーオークションのお支払いは現金のみの取り扱いとなります

あ、申し遅れましたが、第1回、第2回に引き続き、司会はわたくしウマニティ編集長・岡田大が務めさせていただきます。パートナーは、こちらも「ウマニティ公認女子サポーター」として活躍中の山内菜緒さん。2人で協力し、スムーズに会を進行させ、イベントが盛り上がるように全力を尽くす所存ですので、何卒よろしくお願い申し上げます。目指すは、年齢、性別、競馬歴を問わず、参加者全員が「最高だった」と思えるイベントをつくり上げること。そのためには皆さんの協力が不可欠です。興味のある方、参加を検討されている方は、ぜひ25日の夜に渋谷にお集まりください!
↓↓
お申し込みはコチラ

[もっと見る]

2017年6月22日(木) 17:44 競馬プロ予想MAX
先週の回顧〜(6/17〜6/18)kmプロが週間収支プラス100万オーバー!!
閲覧 866ビュー コメント 0 ナイス 5

先週は18(日)に函館競馬場でG3函館スプリントステークスが、東京競馬場でG3ユニコーンステークスが行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
G3函館スプリントステークスシュウジが先頭で直線コースへ。逃げるシュウジに直後の外にぴったりとセイウンコウセイ、2頭が他を離して激しい叩き合い!残り200mを通過、ここで抜群の手応えで上がってきたジューヌエコールがGoサイン!前2頭並ぶ間もなく交わして先頭に立つと最後は流す大楽勝!初の1200m戦で一気の変わり身を見せました!2馬身半差の2着にキングハート、そこからクビ差の3着にエポワスが入っています。
  
公認プロ予想家では伊吹雅也プロほか7名が的中させています。
  
G3ユニコーンステークスシゲルコングが先頭で直線コースへ。シゲルコングのリードは3馬身、後続は横に並んで各馬追い込み態勢。残り300mを通過、ここでシゲルコングを捉えたタガノカトレアが先頭、後続は差なく、リエノテソーロサンライズソアハルクンノテソーロと4頭が並んでの叩き合い!残り200m、ここで後方に位置していたサンライズノヴァがエンジン全開!大外から一気の脚で前4頭を捉えるとゴールまで力強く伸びきって4馬身差の圧勝!完璧な内容で重賞初制覇を飾りました!2着にハルクンノテソーロ、そこから2馬身の3着にサンライズソアが入っています。
 
公認プロ予想家では伊吹雅也プロほか5名が的中しています。
 
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 
☆☆☆注目プロ →kmプロ
18(日)阪神5Rで◎コスモインザハートを頭固定、△ラテュロス、△サナコを2、3着に置いた3連単2点勝負!151.7倍を5000円仕留め、75万8500円を払い戻しました!函館2Rでも単勝19.4倍の◎ラガーユミリンを頭固定にした3連単1372.6倍を500円仕留め、68万6300円の高額払い戻しを達成しました!週末トータル回収率344%、収支プラス102万8800円の好成績を収めています。
 
☆☆☆注目プロ →伊吹雅也プロ
18(日)函館11Rで『臨戦過程を素直に評価したい一戦。前走の条件が“JRAのG気G供匹世辰診呂楼堕蠅靴討い襦戮帆世辰拭キングハートが2着に好走!相手も○評価としたジューヌエコールを指名し、3連複131.2倍を800円的中!10万4960円を払い戻しました!週末トータル回収率252%、収支プラス12万1640円を払い戻しました!
 
☆☆☆注目プロ →山崎エリカプロ
17(土)東京12Rで『能力値が一番高い降級馬ポッドクヒオが本命。骨折休養後の2戦は13着、15着と凡退していますが、ウォーミングアップのようなレースぶり。前走では先行争いに加わるスピードは見せられているので、今回での変わり身に期待しました。』と狙った◎ポッドクヒオの複勝6.3倍を5000円、馬連34.3倍を1500円的中させ、8万2950円を払い戻しました!週末トータル回収率138%をマークしています。
  
☆☆☆注目プロ →きいいろプロ
17(土)函館8Rで馬連74.4倍を500円、3連複654.4.倍を500円的中させ、36万4400円を払い戻し!翌日の函館5Rでは○◎の決め打ち馬券!単勝6.6倍、馬連30.9倍を大本線的中させ、14万3400円を払い戻しました!週末トータル回収率129%、収支プラス21万4900円をマークしています。
 
この他にも岡村信将プロシムーンプロイータン育成プロサラマッポプロKOMプロが回収率100%超の活躍を見せています。
 
※全レースの結果速報はこちら!
 
  
今週も、競馬予想の達人・ウマニティ公認プロ予想家陣の予想にご注目下さい。

[もっと見る]

2016年11月2日(水) 18:37 競馬プロ予想MAX
先週の回顧〜(10/29〜10/30)おかべ育成プロが爆発!回収率376%、収支プラス41万超をマーク!
閲覧 1,198ビュー コメント 0 ナイス 4

先週は30(日)に東京競馬場でG1天皇賞(秋)が行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
  
G1天皇賞(秋)モーリスが3.6倍で1番人気、続いてエイシンヒカリが4.5倍、ルージュバック5.1倍、アンビシャス6.0倍とここまでが10倍を切る形でオッズを形成しました。
 
注目のスタートは各馬大きな出遅れなく、内から気合をつけたエイシンヒカリが先頭に立ちます。2番手にロゴタイプ、3番手にヤマカツエース、続いてラブリーデイクラレントサトノクラウンモーリスと先団を形成。中団からはリアルスティールサトノノブレスアドマイヤデウスカムフィーと追走。後方からはルージュバックアンビシャスステファノスと続いて最後方にヒストリカルの態勢。
 
エイシンヒカリが刻んだペースは前半1000mを1分0秒8(参考)のスローペース。先頭から後方までほぼ一団の形で直線コースへ差し掛かります。
 
先頭はエイシンヒカリでリードは半馬身、2番手にラブリーデイ、外めからはヤマカツエースモーリスが追い出しにかかります。残り400mを通過、ここでエイシンヒカリは一杯となってラブリーデイが先頭に立ちますが、直後、外から抜群の手応えでモーリスが並びかけると鞍上ライアン・ムーアのGOサインに応えて一気にスパート!あっという間に2馬身ほどリードを広げます!残り100m、中からリアルスティール、大外からはステファノスが脚を伸ばして懸命に前を追いますが、モーリスの脚色は衰えるどころか、ゴール前でさらにもうひと伸び!早め先頭で後続を抑え込む豪快な競馬でG1・5勝目を飾りました!勝ちタイムは1分59秒3(良)。1馬身半差の2着にリアルスティール、そこから1馬身半差の3着にステファノスが入っています。
 
------------------------------------------------------------------------------
 
☆☆☆注目プロ →おかべ育成プロ
勝負レースに指定した29日新潟6Rで『2走前より前走で良化気配やし、馬体重も絞れた』と狙った◎キングルアウの単勝5.9倍を1万円的中!さらに同日の東京3Rでも○◎の馬連1点勝負を見事仕留めて15万9000円の払い戻し!翌日も勢い止まらず東京12Rで3連複1点勝負を的中させ、14万4000円を払い戻しました!週末トータル回収率376%、収支プラス41万4950円をマークしています!
 
☆☆☆注目プロ →いっくんプロ
29(土)新潟8Rで◎メイショウミツボシ頭固定の3連単勝負!849.5倍を500円的中させ、42万4750円を払い戻し!翌日の新潟10Rでも◎○△の印で3連単を仕留め、20万7800円を払い戻しました!週末トータル181%、収支プラス58万3950円をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →霧プロ
勝負レースに指定した30(日)東京11R天皇賞(秋)で『2走前の安田記念は海外遠征帰りで、東京競馬場での調整という異例の形。前走の札幌記念は明らかに洋芝の稍重馬場という条件が敗因。今回の調整過程はこれまでになく順調。勝ち負けの可能性はかなり高いと見た。』と◎モーリスからの馬連24.2倍、3連複74.3倍を的中させました!この他にもコンスタントに的中を重ね、週末トータル的中率41%、回収率153%の好成績を収めています。
 
☆☆☆注目プロ →スガダイプロ
30(日)京都1R新潟9Rの両レースを◎○▲のパーフェクト予想で単勝、馬連、3連複を本線的中!さらに同日の京都8Rでも単勝22.7倍の伏兵◎スズカバーディーからの馬連35倍、3連複147.5倍を仕留め、2万7030円を払い戻しました!週末トータル回収率116%をマークしています。

☆☆☆注目プロ →栗山求プロ
30(日)東京11R天皇賞(秋)で『2代母メジロモントレーはAZ共和国杯(G2)をはじめ芝2000m以上の重賞を4勝した名牝。血統的にはマイル戦よりも2000mのほうが向いている。』と本命に推した◎モーリスからの馬単37倍、3連単324倍を本線的中!週末トータル回収率472%をマークしています。
 
この他にもろいすプロ(114%)、シムーンプロ(102%)、山崎エリカプロ(101%)、サラマッポプロ(100%)が週末トータル回収率100%超の活躍を見せています。
 
※全レースの結果速報はこちら

今週もウマニティ競馬プロ予想MAXにご期待ください!

[もっと見る]

2016年9月22日(木) 18:30 競馬プロ予想MAX
先週の回顧〜(9/17〜18)はははふほほほプロの穴馬◎がズバリ!週末プラス32万を記録!
閲覧 780ビュー コメント 0 ナイス 5

先週は18(日)阪神競馬場でG2ローズSが、中山競馬場でG2セントライト記念がそれぞれ行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
G2ローズSは、曇り空の下重馬場発表でスタートの時を迎え、断然人気のシンハライト含め各馬一斉に出揃うきれいな発馬を決めての幕開け。先手を主張したのは最内枠から11番人気クロコスミア。この馬がペースを握ると、好発から2番人気のジュエラーは意表を突く先行策で3、4番手をキープし、シンハライトは中団後方という位置取りに。馬場状態を考慮すると淡々としたラップを刻み比較的縦長の馬群は、4コーナーに掛けて徐々に密集していきながら直線勝負へ。依然最内で粘るクロコスミアを、2、3番手からアットザシーサイドカイザーバルあたりが追撃を開始。好位を追走していたジュエラーが伸び今一つのところへ、大外を通って1番人気シンハライトがエンジン点火。残り200mを過ぎたところから猛然とスパートを掛け詰め寄ります。内クロコスミアを、ゴール寸前でハナ差差し切った樫の女王シンハライトが人気に応えて秋G1に向け好スタートを決めています。2着クロコスミアから1/2馬身差の3着には6番人気カイザーバルが入り、ここまでが秋華賞の優先出走権を手中にしています。
 
公認プロ予想家でははははふほほほプロくりーくプロら6名が的中しています。
 
G2セントライト記念は、キークラッカーが1コーナーまでに先手を奪って11頭を従える形で展開。3、4番手に2番人気ゼーヴィント、馬群が途切れて後方に3番人気プロディガルサン、1番人気ディーマジェスティといった人気各馬の位置取りでレースは中盤にやや緩むラップを形成し流れていきます。向こう正面過ぎて、押さえ切れないといった手応えで手綱引っ張りきりのまま突き進むようにしてディーマジェスティが進出しはじめると、3角を前にして鞍上が満を持してのGOサイン。解き放たれた矢のようにスーッと静かに、それでいて力強く着実に外から各馬を飲み込んだディーマジェスティが直線早々先頭に立つと、内で食い下がるゼーヴィントと2頭の叩き合いに。さらにその後ろからはプロディガルサンも迫ります。しかし、ここは力が違うと言わんばかりの推進力をゴール前で再び見せつけたディーマジェスティが勝利。休み明け緒戦を勝利で飾っています。クビ差2着にゼーヴィント、さらにそこから1馬身1/4差の3着にプロディガルサンが入り、ここまでが菊花賞への切符を獲得しています。
 
公認プロ予想家では西野圭吾育成プロら16名が的中しています。
 
------------------------------------------------------------------------------
  
☆☆☆注目プロ → はははふほほほプロ
17(土)に中山3Rで人気薄◎グローリアスロウラの複勝を仕留め7万9200円の払い戻しをマークするなどの活躍を見せると、これを序章に18(日)には勝負レース指定の東西9Rで立て続けに2本の20万オーバーを披露!まずその1つ目の阪神9Rは「切れないがしぶとい脚を使う馬で今の阪神にはぴったり。前前で流れに乗れればこのメンバーでも一発ある。」と単勝62.7倍のプリメラアスールに敢然と本命を打ち20万7800円払戻し、そして2つ目中山9Rは「調教は入念で走れる仕上がり。」とこちらも穴馬キープレイヤー(単勝77.9倍)を本命視し◎○▲パーフェクト予想を披露(馬券は◎の単複計24万600円払戻し)!!週末トータルでは、回収率168%、収支32万8300円プラスのトップ成績をマークしました。今週も穴馬予想から目が離せません。
 
☆☆☆注目プロ → 岡村信将プロ
18(日)の阪神2R(単勝9.8倍ドロウアカード)、中山12R(単勝7.0倍フクノグローリア)など、随所に高精度本命◎予想を披露!土日トータルでは回収率116%をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ → スガダイプロ
17(土)中山5Rでの▲○◎3複1点的中や、中山7Rでの◎○本線的中、中山11Rでの▲◎○3複1点的中、翌18(日)阪神10Rでの◎○▲パーフェクト的中など、随所に印精度の高さを見せた先週は土日トータル回収率101%のプラス収支を達成しています。
 
☆☆☆注目プロ → 霧プロ
18(日)中山6Rで◎アクートからの馬連、3連複、単勝を的中し計10万2440円払戻しを披露!続く中山7Rでは○◎▲のほぼパーフェクトな予想を披露した先週は土日トータル回収率101%をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ → サウスプロ
18(日)は、中山2Rで◎○馬連一点的中し15万1000円払戻しのスマッシュヒット。さらに、中山8Rでも◎○的中し14万1120円払戻しを披露しました!
 
※全レースの結果速報はこちら


秋G1開幕間近!今週もウマニティ競馬プロ予想MAXにご期待ください!
「ユータ」

[もっと見る]

2016年9月8日(木) 11:30 競馬プロ予想MAX
先週の回顧〜(9/3〜9/4)☆まんでがんプロ的中連発で収支プラス62万超をマーク!
閲覧 778ビュー コメント 0 ナイス 4

先週は、3(土)に札幌競馬場でG3札幌2歳ステークスが、4(日)小倉競馬場でG3小倉2歳ステークスが、新潟競馬場でG3新潟記念行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
G3札幌2歳ステークスは抜群のスタートを決めたトラストが先手を取って直線コースへ。先頭はトラストでリードは3馬身、単独2番手にアンノートル、内にはジャコマルエトルディーニュが続いて、後方各馬も追い出しにかかります。残り100mを通過、ここでブラックオニキスアドマイヤウイナーが2番手に浮上して前を追いますが、先頭を行くトラストの逃げ脚は衰えず、完全にセーフティリード!2着のブラックオニキスに2馬身半差をつけての快勝でした!そこからクビ差の3着にはアドマイヤウイナーが入っています。
 
公認プロ予想家では馬券生活プロ他7名が的中しています。
   
G3小倉2歳ステークスは押して先手を主張したナムラアイドルがレースを引っ張りますが、4コーナーで一杯。変わってレーヌミノルが先頭に立って直線コースへ。先頭は逃げるレーヌミノルでリードは3馬身、2番手グループにはカシノマストクインズサリナダイイチターミナル、外からはオールポッシブルが追い込み態勢。残り200mを通過、ここで浜中騎手のGOサインに応えて逃げるレーヌミノルが一気にスパート!グングン後続を引き離し、最後は2着ダイイチターミナルに6馬身差をつけ、重賞初制覇を飾りました!2着にダイイチターミナル、そこから半馬身差の3着にカシノマストが入っています。
 
公認プロ予想家では霧プロ他12名が的中しています。
 
G3新潟記念メイショウナルトが先頭で直線コースへ。逃げるメイショウナルトのリードは4馬身!2番手以降は内から外にずらっと横一線で各馬徐々に追い出しにかかります。残り200mを通過、ここでメイショウナルトは一杯、代わってマイネルミラノクランモンタナの先頭争いとなりますが、直後、大外からアデイインザライフが一気の伸び脚!前の2頭を捉えるとゴールまで力強い末脚で快勝しました!3/4差の2着にアルバートドック、そこから半馬身差の3着にロンギングダンサーが入っています。
 
公認プロ予想家ではdream1002プロくりーくプロが的中しています。
 
------------------------------------------------------------------------------
 
☆☆☆注目プロ →☆まんでがんプロ
勝負レースとした3(土)新潟12Rで『成長力ある血の背景。体重が増え、好走している。1列前の競馬なら差し届いて驚けない脚力。』と本命にした◎ウサギノカケアシからの馬単145.5倍、3連単653.8倍を的中させ、31万9910円を払い戻しました!この他にも小倉9Rで22万3520円、小倉12Rで20万5480円を払い戻すなど的中連発!週末トータル回収率187%、収支プラス62万9040円の好成績を収めています。
 
☆☆☆注目プロ →馬券生活プロ
3(土)札幌11R札幌2歳ステークスG3で単勝59.8倍の穴◎ブラックオニキスの複勝を3000円、馬連181.2倍を2300円的中させ、45万2160円の払い戻し!週末トータル回収率296%、収支プラス36万8790円をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →きいいろプロ
3(土)札幌7Rで○◎の印で単勝8.6倍を3000円、馬連50.5倍を4000円的中させ、22万7800円を払い戻し!同日の札幌1Rでも◎ララベスラーナの単勝19.3倍を1万円的中させ、19万3000円を払い戻し!週末トータル回収率129%、収支プラス20万9380円をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →kmプロ
4(日)小倉5Rで◎ケンビションの単勝を1万円的中させ、51万5000円を払い戻し!新潟12Rでは単勝17.3倍の◎ミキノドラマーの単勝を的中させ、17万3000円を払い戻しました!週末トータル回収率109%をマークしています。
  
☆☆☆注目プロ →加藤拓プロ
4(日)札幌5Rで◎レッドアルカディアの単勝5.8倍を5000円、○エクスプレスレーンとの馬連、ワイドを的中させ、14万9400円を払い戻しました!週末トータル回収率124%をマークしています。
 
この他にも馬っしぐらプロ(107%)、夢月プロ(102%)が回収率100%超の活躍を見せています。
 
今週もウマニティプロ予想MAXにご期待ください!

[もっと見る]

⇒もっと見る

サインの口コミ


口コミ一覧
閲覧 42ビュー コメント 0 ナイス 2

仕込み準備するときに一通り、見ていくのですがこのレースでは最下位にゾロ目が目に飛び込んできました。

これは何かあると思いました。大概はゾロ目のオッズはサインで実はその傍下に容疑馬が居るというパターンが多々あります。 

結果は、そのパターンでしたね。 

ちなみにこのレースは3連単百倍台00 &馬連注03 で完全な大荒れ兆候大ですね。
それと同じく中京の新馬戦5Rも大荒れの3連単百倍台近03 &馬連注02 で荒れるというサインでした。
三連複でも45万馬券で、単勝9位以後の馬が3頭ゴール。 BOX馬券で買ってもプラス+の払い戻し。

払戻金
単勝 18 960円 5番人気
複勝 18 330円 4番人気  17 1,060円 12番人気  14 2,740円 17番人気
枠連 8-8 3,120円 17番人気
馬連 17-18 17,080円 51番人気
ワイド 17-18 3,900円 45番人気   14-18 18,830円 111番人気   14-17 37,530円 143番人気
馬単 18-17 29,090円 96番人気
3連複 14-17-18 492,920円 540番人気
3連単 18-17-14 2,323,130円 2840番人気 

 デンジャラス 2018年1月14日() 16:39
しかしよ❗なんで1月はかたい競馬なんだ
閲覧 29ビュー コメント 0 ナイス 1

京都のメインは横山典のサイン✨が出ていたからヒモ荒れと読んだのに❗デムーロなのか?低配当が多いと馬券買う意味がない👍

[もっと見る]

 昭島のよっちゃん 2018年1月6日() 16:26
1月6日、回収率85%、地方競馬予想コロシアム結果&今日... 
閲覧 18ビュー コメント 0 ナイス 9

今日は水沢のみの開催と少し寂しい感じですね!



水沢:回収率85%・・10レース中7レース当るも、配当は低くマイナス収支になってしまった




6/10+4
★菊地凛子さん★
2006年、アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督の映画『バベル』で、聾唖の女子高生・綿谷千恵子を演じた、映画自体には批判的な批評も多かったが、菊地の演技は評価され、アカデミー助演女優賞を含むいくつかの映画賞にノミネートされた、そのうち、ナショナル・ボード・オブ・レビュー新人女優賞(ジェニファー・ハドソンと同点)、ゴッサム賞新人女優賞を受賞した、言葉が話せない役でアカデミー賞にノミネートされた5人目の女優になる

身長169cm、特技は馬術、日本舞踊、手話

所属事務所に頼らず、自ら積極的に国内外のオーディションを受けに行く姿勢が高く評価されている、女優を目指すきっかけとなった映画『オープニング・ナイト』で主演を務めた女優ジーナ・ローランズを尊敬する女優と言及している、ローランズにサインして貰った同映画のDVDを大事にしている

[もっと見る]

⇒もっと見る

サインの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

サインの写真

投稿写真はありません。

サインの厩舎情報 VIP

2017年12月16日2歳未勝利9着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

サインの取材メモ VIP

2017年9月30日 2歳新馬 10着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。