ゲッカコウ(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
ゲッカコウ
ゲッカコウ
ゲッカコウ
写真一覧
現役 牝4 黒鹿毛 2013年2月27日生
調教師高橋義博(美浦)
馬主株式会社 サラブレッドクラブ・ラフィアン
生産者斉藤スタッド
生産地新ひだか町
戦績24戦[4-2-4-14]
総賞金9,294万円
収得賞金2,300万円
英字表記Gekkako
血統 ロージズインメイ
血統 ][ 産駒 ]
Devil His Due
Tell a Secret
チューベローズ
血統 ][ 産駒 ]
シンボリクリスエス
チューニー
兄弟 サンマディソンフジマサジャンボ
前走 2017/11/18 アンドロメダS OP
次走 2017/12/17 ディセンバーS

ゲッカコウの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
17/11/18 京都 11 アンドロメダ OP 芝2000 1561118.076** 牝4 52.0 幸英明高橋義博474(-4)2.01.8 0.435.7⑪⑪⑤⑤ブラックバゴ
17/10/14 東京 11 府中牝馬S G2 芝1800 144665.3129** 牝4 54.0 柴田大知高橋義博478(+4)1.48.7 0.633.9⑤⑤クロコスミア
17/09/16 中山 11 レインボーS 1600万下 芝2000 135611.851** 牝4 55.0 丹内祐次高橋義博474(+12)2.01.4 -0.334.2スズカビスタ
17/08/26 札幌 11 WASJ2 1600万下 芝2000 142216.882** 牝4 56.0 K.マリヨ高橋義博462(-2)2.01.5 0.536.4クロコスミア
17/07/29 札幌 11 TVh賞 1600万下 芝1800 101110.854** 牝4 53.0 丹内祐次高橋義博464(0)1.46.6 0.535.6⑥⑥⑦⑥ハッピーユニバンス
17/07/08 福島 10 松島特別 1000万下 芝2000 9115.031** 牝4 55.0 柴田大知高橋義博464(-16)2.00.6 -0.134.1⑤⑤④④スクエアフォールド
17/03/26 中山 10 常総S 1600万下 芝2000 162316.0710** 牝4 53.0 松岡正海高橋義博480(0)2.03.7 0.938.9④⑤④⑤パリカラノテガミ
17/03/04 中山 10 スピカS 1600万下 芝1800 101110.753** 牝4 55.0 松岡正海高橋義博480(+6)1.49.4 0.434.9⑥⑥ワンブレスアウェイ
17/02/04 東京 11 初音S 1600万下 芝1800 112224.594** 牝4 54.0 松岡正海高橋義博474(+6)1.47.0 0.333.4⑨⑨⑩フロンテアクイーン
16/12/25 阪神 11 カウントDS 1600万下 芝2000 163525.9913** 牝3 51.0 三津谷隼高橋義博468(-2)2.03.8 1.137.2④⑤⑤⑦クインズミラーグロ
16/11/27 東京 10 ウェルカムS 1600万下 芝1800 1271056.185** 牝3 53.0 丹内祐次高橋義博470(+4)1.47.6 0.634.9⑤⑦⑦ナスノセイカン
16/11/05 東京 10 ノベンバーS 1600万下 芝2000 143335.283** 牝3 50.0 菊沢一樹高橋義博466(+12)2.00.0 0.135.0トルークマクト
16/10/16 京都 11 秋華賞 G1 芝2000 1836240.81813** 牝3 55.0 和田竜二高橋義博454(0)1.59.6 1.034.0⑯⑭⑮⑭ヴィブロス
16/09/10 中山 11 紫苑S G3 芝2000 181139.71115** 牝3 54.0 柴田大知高橋義博454(+8)2.02.3 2.638.3ビッシュ
16/05/22 東京 11 優駿牝馬 G1 芝2400 1847144.01517** 牝3 55.0 柴田大知高橋義博446(-4)2.27.4 2.436.6シンハライト
16/04/24 東京 11 フローラS G2 芝2000 181212.378** 牝3 54.0 松岡正海高橋義博450(+2)2.00.9 1.235.4⑮⑮⑭チェッキーノ
16/03/21 中山 11 フラワーC G3 芝1800 16236.722** 牝3 54.0 松岡正海高橋義博448(-2)1.49.5 0.235.4⑦⑥⑥⑦エンジェルフェイス
16/02/27 中山 7 3歳500万下 芝1800 1381310.551** 牝3 54.0 松岡正海高橋義博450(0)1.48.6 -0.235.2⑧⑧フィビュラ
16/01/23 中山 9 若竹賞 500万下 芝1800 1371132.693** 牝3 54.0 松岡正海高橋義博450(+2)1.49.7 0.234.8⑨⑨ジークカイザー
16/01/05 中山 10 ジュニアC OP 芝1600 108922.885** 牝3 54.0 柴田大知高橋義博448(0)1.34.7 0.534.6ダンツプリウス

⇒もっと見る


ゲッカコウの関連ニュース

 ★秋華賞を制したディアドラ(栗・橋田、牝3)、2着リスグラシュー(栗・矢作、牝3)はエリザベス女王杯(11月12日、京都、GI、芝2200メートル)へ。17着タガノヴェローナ(栗・中村、牝3)はクイーン賞(12月6日、船橋、交流GIII、ダ1800メートル)へ。

 ★秋華賞7着アエロリット(美・菊沢、牝3)はしばらく放牧へ。18着カリビアンゴールド(美・小島太、牝3)はユートピアS(11月18日、東京、1600万下、芝1600メートル)などが選択肢に。

 ★府中牝馬Sを逃げ切ったクロコスミア(栗・西浦、牝4)はエリザベス女王杯マイルチャンピオンシップ(11月19日、京都、GI、芝1600メートル)の両にらみ。3着アドマイヤリード(栗・須貝、牝4)はマイルCSを目指す。4着クイーンズリング(栗・吉村、牝5)はエリザベス女王杯へ。12着クインズミラーグロ (美・和田道、牝5)はエリザベス女王杯が有力。

 ★府中牝馬S6着キンショーユキヒメ(栗・中村、牝4)、9着ゲッカコウ(美・高橋博、牝4)はともにJBCレディスクラシック(11月3日、大井、交流GI、ダ1800メートル)でダート初挑戦へ。

 ★オクトーバーS3着スズカデヴィアス(栗・橋田、牡6)は福島記念(11月12日、福島、GIII、芝2000メートル)かマイルCSを視野に入れる。

 ★新潟記念14着ルミナスウォリアー(美・和田郎、牡6)はチャレンジC(12月2日、阪神、GIII、芝2000メートル)、中日新聞杯(同9日、中京、GIII、芝2000メートル)などが視野に。

 ★信越S3着ディバインコード(美・栗田博、牡3)、5着トウショウドラフタ (美・萱野、牡4)はともにオーロC(11月12日、東京、OP、芝1400メートル)へ。



ディアドラの競走成績はこちら

【JBCレディスクラシック】JRA出走予定馬が発表2017年10月15日() 18:21

 11月3日(祝・金)に大井競馬場で行われるJBCレディスクラシックのJRA所属の出走予定馬および補欠馬が10月15日、発表された。 「第7回JBCレディスクラシック」(大井競馬場、交流GI、3歳以上オープン、牝馬、定量、ダート・右1800メートル)【JRA所属の出走予定馬】7頭アンジュデジール(3歳、栗東・昆貢厩舎、騎手未定)キンショーユキヒメ(4歳、栗東・中村均厩舎、騎手未定)クイーンマンボ(3歳、栗東・角居勝彦厩舎、クリストフ・ルメール騎手)ゲッカコウ(4歳、美浦・高橋義博厩舎、騎手未定)サルサディオーネ(3歳、栗東・羽月友彦厩舎、騎手未定)ホワイトフーガ(5歳、美浦・高木登厩舎、蛯名正義騎手)ワンミリオンス(4歳、栗東・小崎憲厩舎、騎手未定)【JRA所属の補欠馬】2頭(補欠順位順)1.タガノヴェローナ2.プリンシアコメータ

[もっと見る]

【府中牝馬S】厩舎の話2017年10月12日(木) 11:34

 アスカビレン・中尾調教師「馬なりでサッとやって上々の動き。状態は良く、舞台も合う」

 アドマイヤリード・須貝調教師「すごくいい動き。前走は外々を回った分。東京は実績がある」

 ヴィブロス・友道調教師「予定どおり。夏場をうまく過ごせたし、しっかりやってこれた」

 キンショーユキヒメ・中村調教師「いい時計が出た。左回りはいいね」

 クイーンズリング・吉村調教師「月曜に追って太め感はない。結果を出して弾みをつけたい」

 クロコスミア・西浦助手「しまいの反応は良かった。どんな競馬でも」

 ゲッカコウ・高橋博調教師「成績は安定したが今までとは相手が違う」

 デンコウアンジュ・荒川調教師「マイルのほうが切れる脚を使えると思う。あとはペース次第」

 トーセンビクトリー・角居調教師「納得のいく追い切り。メンタル的にもしっかりしてきた」

 ハッピーユニバンス・平田調教師「切れる脚があるので舞台は合う」

 バンゴール・尾関調教師「この馬なりに時計も動きも良かった」

 ロッカフラベイビー・鹿戸調教師「スムーズに行ければ脚は使える」

 ワンブレスアウェイ・古賀慎調教師「落ち着きが増したことで、力を出せるようになってきた」(夕刊フジ)

府中牝馬Sの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【府中牝馬S】追って一言2017年10月12日(木) 05:01

 ◆アスカビレン・中尾師 「馬なりでサッとやったけど動いていたね。いい状態だし、この舞台も合っている」

 ◆キンショーユキヒメ・中村師 「いい時計が出ていたし動きは良かった。左回りはいいし内田騎手とも手が合う」

 ◆ゲッカコウ・高橋博師 「動きは問題ない。年を重ねて成績は安定してきたが、この前まで条件馬だったし、今までと相手が違うからね」

 ◆クイーンズリング・吉村師 「去年と同様、月曜に追い切った。太め感なく動きもいい。ひと叩きというより、結果を出して弾みをつけたい」

 ◆クロコスミア・西浦助手 「先週の時点でできているので、しまいの動きを確かめる程度。反応は良かったし、どこからでも競馬はできる」

 ◆デンコウアンジュ・荒川師 「動きは良かったですよ。マイルのほうが切れると思うのでペース次第だろう」

 ◆トーセンビクトリー・角居師 「しまいを伸ばす指示。納得のいく追い切りができたし、メンタル的にもしっかりしてきて調教もできている」

 ◆ハッピーユニバンス・平田師 「動きは良かった。順調にきているし、切れる脚はあるので舞台は合っている」

 ◆バンゴール・尾関師 「年齢的に調教ですごい動きはしなくなったけど、前走もこんな感じだったので。時計的にも動き的にもよかったですよ」

 ◆ロッカフラベイビー・鹿戸師 「体調は良く、いい感じで使えそう。スムーズに流れに乗れれば脚を使う」

 ◆ワンブレスアウェイ・古賀慎師 「落ち着きが出て力を出せるようになった。メンバーはそろっているが、楽しみはある」

府中牝馬Sの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【アイルランドトロフィー府中牝馬ステークス】特別登録馬2017年10月9日(月) 17:30

[もっと見る]

【レインボーS】ゲッカコウV!OP入り2017年9月17日() 05:02

 レインボーステークス(16日、中山11R、3歳上1600万下(混)(特指)、定量、芝・内2000メートル、1着本賞金1820万円 =出走13頭)

 5番人気のゲッカコウ(美・高橋博、牝4、父ロージズインメイ)が、1000メートル通過1分3秒0のスローペースに持ち込んで逃げ切った。タイム2分1秒4(良)。通算22戦4勝で、オープン入りを果たした。次走は未定。2番手を進んだ6番人気スズカビスタがそのまま流れ込んで2馬身差の2着。単勝1・8倍の1番人気テオドールは中団から伸びきれず6着に敗れた。

 ◆丹内騎手(ゲッカコウ1着) 「マイペースで行けました。道中もリラックスして走れたし、最後もまだ余力がありました」

 ◆田辺騎手(スズカビスタ2着) 「積極的に行って手応えもあったが、逃げ馬をかわすまでにはいきませんでした」

 ◆三浦騎手(ショウナンマルシェ3着) 「2着まで来る手応えはあったが、抜け出すと耳を絞る面が出てしまう。力はある馬」

 ◆戸崎騎手(テオドール6着) 「ペースが遅かった。我慢はきいていたが、動けない位置に入ってしまった」





★16日中山11R「レインボーステークス」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

⇒もっと見る

ゲッカコウの関連コラム

閲覧 808ビュー コメント 0 ナイス 4



みなさんこんにちは!

本日は東京11R「アイルランドトロフィー府中牝馬ステークス G2」の『凄馬出馬表』を分析したいと思います。

今回も「U指数」だけでなく、U指数のポイントに【調教評価】、【厩舎評価】、【斤量補正】を数値化し加算減算しU指数を補正することで「総合ポイント」を算出しました。
★「U指数」について詳しくはこちらをご覧ください→U指数についてページ

U指数1.0ポイントは約1馬身差にあたるので、これを目安に以下のような重み付けをしました。
【調教評価】は競馬エイトの調教評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「5」・・・「−1.0ポイント」
「6」・・・「±0.0ポイント」
「7」・・・「+1.0ポイント」
「8」・・・「+2.0ポイント」
【厩舎評価】競馬エイトの厩舎コメントの評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「△」・・・「−1.0ポイント」
「○」・・・「±0.0ポイント」
「◎」・・・「+1.0ポイント」
【斤量補正】は1.0kg=「0.5ポイント」として以下の基準体重との差分に乗算しました。
「牡馬」・・・「57.0kg」
「牝馬」・・・「55.0kg」


上記の補正を行った『凄馬出馬表』(画像)をご覧ください。




第1グループ(橙)は、アドマイヤリード1頭。
第2グループ(黄)は、アスカビレンクロコスミアクインズミラーグロの3頭。
第3グループ(薄黄)は、トーセンビクトリーからバンゴールまで5頭となっていて、以下は第4G(灰)となっています。

私の本命は◎クロコスミアにしたいと思います。先週までは上がり上位馬が大活躍した馬場でしたが、降雨の影響でその傾向は変わりそうですし、メンバー的にも楽に単騎逃げできるメンバー構成。血統的にも馬場悪化は追い風と見ました。あっと言わせる逃げ切りを期待しています。

以下、対抗に○アドマイヤリード、▲クイーンズリング、△ワンブレスアウェイ、☆ゲッカコウまで印を回します。ヴィヴロスは馬場適性、長期休養明けで評価を下げました。

【単勝】
11

【馬連】
11

4,6,7,12

【ワイド】
11

4,6,7,12

計9点


登録済みの方はこちらからログイン

2016年10月19日(水) 16:02 競馬プロ予想MAX
先週の回顧〜(10/15〜10/16)エース2号プロ他14名が回収率100%超をマーク!
閲覧 605ビュー コメント 0 ナイス 5

先週は16(日)に京都競馬場でG1秋華賞が行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
G1秋華賞ビッシュが2.5倍で1番人気、続いてジュエラーが3.9倍、ヴィブロスが6.3倍とここまで10倍を切る形で人気を形成しました。
 
注目のスタートは各馬大きな出遅れもなく、大方の予想通りクロコスミアが先頭で第1コーナーへ入ります。2番手にネオヴェルザンディ、続いてウインファビラスダイワドレッサーエンジェルフェイスカイザーバルパールコードキンショーユキヒメと先行集団を形成。そこから2馬身ほど間が空いて中団からはヴィブロスフロンテアクイーンジュエラーレッドアヴァンセミエノサクシードと追走。後方からはゲッカコウビッシュデンコウアンジュワンダーピルエットと続いて最後方にパーシーズベストの態勢。
 
クロコスミアが刻んだペースは前半1000mを59秒9(参考)の緩みない流れ、ここで1番人気ビッシュがややまくり気味に進出を開始するとその他各馬もペースアップし、直線コースへ。
 
先頭はクロコスミアでリードは1馬身、2番手にダイワドレッサー、その直後の内にウインファビラス、外からはカイザーバルが前を追って後続はやや離れた形。残り200mを通過、逃げ込みを図るクロコスミアカイザーバルパールコードが迫り、大外からはヴィブロスが良い脚で差を詰めてきます。残り100m、ここでカイザーバルクロコスミアを捉えて先頭に変わると最内からジュエラーが猛追!さらに外からはパールコードヴィブロスも追い込んで大混戦!ゴール前、スパッと切れた大外・ヴィブロスパールコードに半馬身差をつけて優勝しました!勝ちタイムは1分58秒6(良)。2着にパールコード、そこから半馬身差の3着にカイザーバルが入っています。
 
公認プロ予想家ではサウスプロ他7名が的中しています。
 
 
☆☆☆注目プロ →エース2号【予想マイレージクラブ限定】プロ
15(土)新潟8Rで◎○△の印で単勝34倍を2000円、ワイド29.2倍を2000円、3連単1668.1倍を200円的中させ、50万3020円を払い戻しました!同日の東京6Rでは▲フジゴウカイ単勝147.4倍、ワイド55.9倍を本線で仕留め、40万6600円を払い戻しました!週末トータル回収率265%、収支プラス87万710円をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →サラマッポプロ
16(日)京都11R秋華賞G1で『軽さのある馬体、走法で高速馬場向き。今の京都はピッタリ。』と狙った◎ヴィブロスの単勝を5000円仕留め、3万1500円の払い戻し!15(土)東京1Rで勝負レースに指定した◎ヴォーガの単勝1万円を的中!週末トータル回収率156%をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →西野圭吾育成プロ
15(土)東京7Rで『前走は手応えよく直線も追ってから逃げ馬に離されてしまった。未勝利勝ちが好内容で2000mベスト』と本命に推した◎エフティスパークルライトファンタジアの馬連112.7倍、複勝5.6倍を仕留め、10万4160円を払い戻しました!16(日)京都7Rでは◎▲の本線決着で4万9500円を払い戻しました!週末トータル回収率144%、収支プラス9万3330円をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →栗山求プロ
16(日)京都11R秋華賞G1で『母方にヌレイエフ、ブラッシンググルーム、ミスタープロスペクターを併せ持つディープインパクト産駒なので、昨年のこのレースの勝ち馬でオークス(G1)も制したミッキークイーンとも配合構成がよく似ている。ディープインパクト産駒の配合としてきわめて完成度が高い。』と見解を示した◎ヴィブロスパールコードの馬単61.7倍を仕留めました!週末トータル回収率246%をマークしています。

この他にもシムーンプロ(119%)、いっくんプロ(109%)、マカロニスタンダーズプロ(106%)、スガダイプロ(106%)らが回収率100%超の活躍を収めています。
 
※全レースの結果速報はこちら

今週もウマニティ競馬プロ予想MAXにご期待ください!

[もっと見る]

2016年9月15日(木) 12:00 競馬プロ予想MAX
先週の回顧〜(9/10〜9/11)いっくんプロ(44万超)他14名がプラス収支を記録!
閲覧 543ビュー コメント 0 ナイス 2

先週は、10(土)に中山競馬場でG3紫苑ステークスが、11(日)中山競馬場でG3京成杯オータムハンデキャップが、阪神競馬場でG2セントウルステークスが行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
G3紫苑ステークスゲッカコウがレースを引っ張って直線コースへ。内にゲッカコウエンジェルフェイス、外からまくって進出したファータグリーンビッシュが並んでの追い出しにかかります。ここで外からビッシュが抜群の手応えで抜け出すと直後にフロンテアクイーン、大外からはヴィブロスも脚を伸ばして残り200mを通過!力強く脚を伸ばすビッシュは坂を上がってもグングン加速!早め進出でそのまま押し切る圧巻の内容で重賞初制覇を飾りました。2馬身半差の2着にビッシュ、そこから3馬身半差の3着にフロンテアクイーンが入っています。
 
公認プロ予想家ではKOMプロ他9名が的中しています。
 
 
G3京成杯オータムハンデキャップピークトラムが先頭で直線コースへ。逃げるピークトラムに並走する形でワキノブレイブペイシャフェリス、後続からは内にカフェブリリアント、外めから進出するダノンリバティロードクエストの態勢。残り200mを通過、ここで内からスルスルと脚を伸ばすカフェブリリアントロードクエストの2頭が抜け出して叩き合い!残り100m、坂を上がってもうひと伸び見せたロードクエストカフェブリリアントとの追い比べを制して優勝しました!半馬身差の2着にカフェブリリアント、そこから1馬身1/4差の3着にダノンプラチナが入っています。
 
公認プロ予想家ではKOMプロ他7名が的中しています。
 
G2セントウルステークスビッグアーサーが先頭で直線コースへ。先頭は逃げるビッグアーサーでリードは3馬身、2番手にスノードラゴン、3番手にラヴァーズポイントと続いて後続勢はやや離される形。残り200mを通過、依然隊列変わらずビッグアーサーは完全にセーフティーリード、ゴール前ようやくネロが脚を伸ばしてきますが2番手まで。ビッグアーサーが危なげない横綱競馬で優勝しました!1馬身差の2着にネロ、そこからクビ差の3着にラヴァーズポイントが入っています。
 
公認プロ予想家では佐藤洋一郎プロ他10名が的中しています。
 
------------------------------------------------------------------------------
 
☆☆☆注目プロ →いっくんプロ
11(日)阪神1Rで◎○×の印で3連単358.3倍を1000円的中させ、35万8300円を払い戻し!さらに続く中山1Rでも◎△○の印で26万4600円の払い戻し!この他にも10(土)阪神3Rで◎▲○の本線で22万超の払い戻しをするなど活躍を見せた先週は週末トータル回収率192%、収支プラス44万4300円をマークしています!
 
☆☆☆注目プロ →山崎エリカプロ
11(日)中山11R京成杯AHで『前走は淀みない流れ。同レースを先行した馬は軒並み巻き返している。ハンデ戦ということを考えると、牡馬が相手のここでも通用しても不思議ありません。』と本命にした◎カフェブリリアントの複勝5000円、馬連を2000円的中させ、6万2100円を払い戻しました!この他にも10(土)中山11R紫苑ステークスを○◎で仕留めるなど好調予想を披露し、週末トータル回収率231%、収支プラス6万5800円の好成績を収めています。
 
☆☆☆注目プロ →おかべ育成プロ
11(日)阪神9Rで◎ショコラブランキングソングセンターピースの3連複1点勝負!12万8000円を払い戻しました!さらに前日の阪神11Rでも◎○△の印で3連複1点的中させるなど高精度予想を披露し、週末トータル回収率204%、収支プラス15万7500円をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →夢月プロ
10(土)中山10Rで『単騎逃げ濃厚。前々走はペースが速すぎたし前走は休み明けでメンタル問われる展開に屈した。』と狙った◎アースコネクターの単勝を1万円的中させ、14万1000円の払い戻し!11(日)阪神12Rでは『スローペース必至のメンバー構成にコースと待望の決め手比べ条件。』とコメントした◎ミエノサクシードの単勝を的中させ、12万1000円の払い戻し!週末トータル回収率170%、収支プラス14万4080円をマークしています。
 
この他にもきいいろプロ(152%)、KOMプロ(144%)、kmプロ(138%)、蒼馬久一郎プロ(124%)、西野圭吾育成プロ(119%)、dream1002プロ(111%)、シムーンプロ(102%)、岡村信将プロ(101%)が回収率100%超の活躍を見せています。

今週もウマニティプロ予想MAXにご期待ください!

[もっと見る]

2016年9月10日() 14:00 凄馬プロジェクトチーム
第206回『凄馬出馬表分析&馬券検討』〜紫苑ステークス G3
閲覧 659ビュー コメント 0 ナイス 2

みなさんこんにちは!

本日は中山11R「紫苑ステークス G3」の『凄馬出馬表』を分析したいと思います。

今回も「U指数」だけでなく、U指数のポイントに【調教評価】、【厩舎評価】、【斤量補正】を数値化し加算減算しU指数を補正することで「総合ポイント」を算出しました。
★「U指数」について詳しくはこちらをご覧ください→U指数についてページ

U指数1.0ポイントは約1馬身差にあたるので、これを目安に以下のような重み付けをしました。
【調教評価】は競馬エイトの調教評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「5」・・・「−1.0ポイント」
「6」・・・「±0.0ポイント」
「7」・・・「+1.0ポイント」
「8」・・・「+2.0ポイント」
【厩舎評価】は競馬エイトの厩舎コメントの評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「△」・・・「−1.0ポイント」
「○」・・・「±0.0ポイント」
「◎」・・・「+1.0ポイント」
【斤量補正】は1.0kg=「0.5ポイント」として以下の基準体重との差分に乗算しました。
「牡馬」・・・「57.0kg」
「牝馬」・・・「55.0kg」


上記の補正を行った『凄馬出馬表』(画像)をご覧ください。






第1グループ(橙)は、クィーンズベストビッシュの2頭。
第2グループ(黄)は 、エンジェルフェイスから1.0ポイント差(約1馬身差)内のファイアクリスタルまでの5頭。
第3グループ(薄黄)は、スマートルビーギモーヴゲッカコウの3頭となっていて、以下は第4G(灰)となっています。

凄馬出馬表をご覧いただくと上位グループでは総合ポイント2位ビッシュエンジェルフェイス間に1.6の溝がありますが、全体を通して大きな溝が生まれていない混戦ムードとなっています。

私の本命は◎ヴィブロスにしたいと思います。春までのレース内容ですとここでは足りないとは思いますが、前走は11.9-11.7-11.7と他馬がバテていない中、1頭次元の違う走りで4馬身差の快勝。勝ち時計も優秀ですし、この走りができれば今回のメンバー構成なら楽に通用するはずです。開幕週(エアレーション)で差しやすい馬場状態というのも追い風と思います。以下対抗に○パールコード、▲フロンテアクイーン、△ビッシュエンジェルフェイスギモーヴと印を打ちます。

【3連複1頭軸流し】
9

2,4,10,16,18

1,2,3,4,10,11,15,16,17,18

計35点

波乱十分と思いますので手広くいきます!

[もっと見る]

2016年5月23日(月) 19:10 競馬プロ予想MAX
先週の回顧〜(5/21〜5/22)KOM育成プロが勝負レースで的中ラッシュ!
閲覧 897ビュー コメント 0 ナイス 10

先週は、22(日)に東京競馬場でG1オークスが行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
G1オークスの1番人気はシンハライトで2.0倍、2番人気がチェッキーノ4.0倍と2頭だけが10倍を切り、オッズ的にはいわゆる2強となりました。
 
注目のスタートはダイワドレッサーがやや遅れましたが、各馬まずまずといったところ、中から好スタートを決めたダンツペンダントが先頭で第1コーナーに入っていきます。先頭はダンツペンダントでリードは1馬身、2番手にエンジェルフェイス、続いてゲッカコウロッテンマイヤーフロムマイハートウインファビラスビッシュアウェイクと追走して先行集団を形成。中団からはレッドアヴァンセアットザシーサイドペプチドサプルデンコウアンジュチェッキーノが追走。後方からはダイワドレッサーフロンテアクイーンシンハライトジェラシーと続いて最後方にアドマイヤリードの態勢。前半の1000m通過は59秒8(参考)の平均ペース、各馬じっくりと折り合いに専念して直線コースへ差し掛かります。
 
先頭はダンツペンダントでリードは半馬身、直後にエンジェルフェイス、続いてロッテンマイヤーウインファビラス、まくり気味に進出したビッシュと前を追います。人気のシンハライトチェッキーノは後方から直線勝負。
 
残り300m、ここでダンツペンダントに代わって、エンジェルフェイスが先頭に立つと、ビッシュが単独2番手に浮上し、内外2頭が抜け出して叩き合い!残り200mを通過、ここでエンジェルフェイスは一杯、代わって先頭に躍り出たビッシュが粘り込みを図るところを内からフロンテアクイーン、馬群の中から1番人気シンハライト、外からチェッキーノが一気の脚で追い込んできます。
 
残り100m、ビッシュは末脚がやや鈍り後退するとシンハライトチェッキーノの2頭が併せ馬の形で激しい叩き合い!ゴール前までしっかり伸びきったシンハライトチェッキーノの追撃を抑え込んでG1初制覇を飾りました!勝ちタイムは2分25秒0(良)。クビ差の2着にチェッキーノ、そこから半馬身差の3着にビッシュが入っています。
 
公認プロ予想家では覆面ドクター・英プロら10名が的中しています。
 
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 
☆☆☆注目プロ →KOM育成プロ
土日あわせて4つの勝負レースを見事的中させたKOM育成プロ。22(日)東京3Rで『馬体、脚元、走法からダート向き。気性が若いので外枠もプラス。』と本命に抜擢した◎ケイブルグラムの単勝、3連複を的中させ、6万2900円を払い戻し!新潟12Rでは『前走はカラ馬に絡まれた。前々走は強い競馬をしている。』と◎ソルプレーサの単勝、3連単を的中させ、4万5280円を払い戻しました!この他にも的中を連発させ、週末トータル回収率167%、収支プラス29万7800円の好成績を収めています。
 
☆☆☆注目プロ →山崎エリカプロ
21(土)東京11Rで『レアリスタの素質は認めますが、末脚が不発しても不思議ありません。超高速馬場で前が容易には止まらない東京ならば先行粘り込みが十分期待できる』とコメントし、◎ロジチャリスと△ゼロスとの馬連128.7倍を1500円的中させ、19万3050円を払い戻しました!週末トータル回収率372%、収支プラス16万3450円をマークしています。
  
☆☆☆注目プロ →伊吹雅也プロ
22(日)東京12Rで『4歳以上のレースに限ると、外寄りの枠に入った馬が劣勢。』と本命に抜擢した◎エルマンボダノンバトゥーラセイカフォルテの3連複404.3倍を400円的中させ、16万1720円を払い戻しました!週末トータル回収率283%、収支プラス14万7080円の好成績を収めています。
 
☆☆☆注目プロ →いっくんプロ
22(日)東京12Rで単勝4.6倍の◎エルマンボから3連単1着固定で勝負!3着に単勝75.0倍の大穴△セイカフォルテが入り、77万150円を払い戻しました!!週末トータル回収率155%、収支プラス40万650円をマークしています。
 
※全レースの結果速報はこちら

競馬予想の達人・ウマニティ公認プロ予想家の予想にご注目下さい。

[もっと見る]

2016年4月22日(金) 15:55 みんなの競馬コラム
【サンケイスポーツ賞フローラステークス】血統考察 byうまカレ
閲覧 1,155ビュー コメント 0 ナイス 3

学生団体うまカレ副代表の金沢ユウダイです。先週の皐月賞血統考察では1番手に挙げたリオンディーズが5着。春の東京開催で、インコース・内目有利なダービーでは、ここ2戦先行させたということが活きてくるのではないかと思います。大飛びで間違いなく東京の方が合うタイプですから、巻き返しに期待したいです。

今週はG1の狭間となりますが、府中開催が開幕します。開幕週を飾るのはオークストライアル・フローラSです。
やはり開幕週ということで、内枠の先行馬が有利、差し馬でもやはり内を突いて来る馬の好走が目立っています。
また、競走馬としてまた序盤である「3歳春」という時期のため、緩さ晩成型の中距離馬は厳しく、ある程度の筋力が身に付いていることが求められます。昨年の1着馬の母父はノーザンテースト、2着馬ティアマイダーリンや、2012年の勝ち馬ミッドサマーフェアの母父Kingmamboといったパワー血脈はひとつポイントになるかと思います。

●好相性のディープインパクト×Acatenango
これらの要点に合っているかは微妙なのですが、1番手に取り上げたいのはディープインパクト産駒のビッシュディープインパクト×Acatenangoという組み合わせはかなりの好相性で、ワールドエースエックスマークという2頭のオープン馬、さらにアドマイヤシーマもダービーまでに2勝を挙げています。現3歳世代でこの配合馬はビッシュサトノキングダムしかおらず、この2頭とも2戦2勝。純生ドイツ血脈であるLiteratと、Hyperion、さらにAcatenangoの母AggraavateがTetratema5×3でThe Tetrarchを2本取り込めることが好相性の要因とみています。ビッシュは非常に後駆の関節の柔らかさが目立ちます。前走は中山で勝利を挙げましたが、大飛びで雄大なフットワークは東京コース向き。後述しますが、パールコードは3歳春にGIを狙うには少し動きが怠慢過ぎるので、オークスへ向けて最後の大物候補はビッシュだけでしょう。

●東京向き、距離延長も〇
クイーンC2着のフロンテアクイーンは、名馬トウショウボーイで有名なソシアルバターフライの牝系。メイショウサムソン×サンデーサイレンスという組み合わせで、パワー血脈である母母父ブレイヴェストローマンがこの3歳春での活躍に一役買っているかと思います。メイショウサムソンはやはり自身と同じく東京向きの馬を多く輩出しますし、ここも好走する可能性は高そうです。

●崩れることは無いだろが・・・
フラワーC2着のゲッカコウは、ロージズインメイ産駒で母がシンボリクリスエス×チューニー(=フジマサエンペラー)という血統で、Seattle Slew4×4、Hail to Reason4×4。少しパワーに寄った配合ですが、好枠を引きましたしここも大崩れは無いのでしょう。しかし東京2000のGIIで積極的に推したいかとなると微妙なところです。

●瞬発力勝負に対応できるかが鍵
パールコードヴィクトワールピサ産駒で叔母に阪神JF2着のシークレットコードがいる血統。前走は力が違ったというべきですが、同じ父の産駒のジュエラーとは異なり、動きが怠慢で、東京の瞬発力勝負に対応できるイメージが湧きません。古馬になってからマーメイドSコースでしょうか。一雨降った場合は良いでしょう。

●東京替わり、距離延長は微妙
アネモネSを制したチェッキーノは、機動力を伝えるハッピートレイルズ牝系らしく小刻みなピッチ走法で走るので前走の中山マイルはベストコース。距離も少し長いですから、東京替わりと距離延長で大外となると食指は伸びません。

●パワースピードで粘りたい
ワークフォース産駒のクィーンズベストは、日本でシュヴァルグランヴィルシーナフレールジャックらでお馴染の魅力の名門Ballade牝系で、母はHalo3×4.自身はSadler’s Wells≒Nureyev3×3でまさに「パワースピード」といったところ。ワークフォースの無尽蔵のスタミナを活かすための好配合といえます。距離延長や重い馬場は大歓迎、まともにハナを切って競馬をした時はサトノダイヤモンドと、ひょっとしたら大物の可能性もあるジークカイザーにしか負けていませんし、内回り向きなので勝ち切れるとは思いませんが牝馬限定の2000mなら好走する可能性は高そうです。

●緩さを伝える繁殖牝馬で……
アグレアーブルは母母がSecretariat≒Bold Bidder3×4、さらにサンデー系種牡馬との配合ではPromised Landのクロスも出来るので怠慢な馬になりやすく、ディープ産駒の兄アンタラジーも3歳春は勝ち切れない競馬が続いていました。新馬戦を見ると分かりますが、新馬戦から、押して押してやっと進んでいくような感じだと、筋力が付き切っていない3歳春に重賞を獲ることは厳しいでしょう。

●3歳春に好走しやすい血統
それならばファイアクリスタルの方が魅力的です。母は頑強さを伝えるNothern Dancer+Fair Trial血脈であるDanzig、Lyphard、Nureyevを併せ持ち、母父Danehill Dancerはスプリンター。3歳春の重賞であればこういう方が好走しやすいです。

●大飛びな馬を送り出す優秀な母
エマノンは、ハーツクライ産駒でバンドワゴンの妹。母ピラミマは、母母父Rivermanから3代続けてNasrullah+Princequillo+La Troiennneを継続交配されていて、一歩の大きいストライド走法の馬を送り出す優秀な繁殖牝馬です。昇級初戦で外枠と厳しい条件となりましたが、コース自体は合っています。

●東京で持ち味が活きそう
大穴ではシャララ。3代母が外回り向きの資質を伝えるNasrullah+Princequillo血脈で、母母父Seattle Slew→母父MiswakiとNasrullah+Princequilloに加えて、強靭なパワーを伝えるLa Troiennneという血も継続交配されています。母はこのパワーが前面に出たのが1000mでも勝利を挙げていますが、シャララ自身はメイショウサンムソン産駒ということもあり体質的な柔らかさも伝わっていて東京替わりはプラスとみています。


【まとめ】
最初に挙げたフローラSで好走する要因には当てはまっているとはいえないが、血統的にも期待を込めてビッシュを1番手に取り上げたい。人気を考えてもパールコードの評価は落として、フロンテアクイーンゲッカコウの2頭が有力。穴目では距離延長が良いクィーンズベスト、「3歳春」の重賞で好走しやすい血統のファイアクリスタル、舞台が合うエマノン。爆穴でシャララ


----------


【参考】

『日本サラブレッド配合史―日本百名馬と世界の名血の探究』(笠雄二郎著)
望田潤さんのブログ http://blog.goo.ne.jp/nas-quillo
栗山求さんの連載「血統SQUARE」http://www.miesque.com/motomu/works.html
『覚えておきたい 日本の牝系100』(平出貴昭著)

「うまカレ」とは、競馬の魅力を同世代を中心に発信していこう、競馬界を若い力で持ち上げようと、関東の競馬を愛する大学生が集まり6年前に結成された学生団体です。テレビ出演や、フリーペーパー制作など様々な活動をしています。詳しくは以下のブログやSNSをご覧ください。

【うまカレBlog】http://umacollege.blog.fc2.com
【Twitter】https://twitter.com/umacolle
【Facebook】https://ja-jp.facebook.com/umacolle

金沢ユウダイ
【Twitter】https://twitter.com/derby6_1
【ブログ】http://derby6-1.hatenablog.com/

[もっと見る]

⇒もっと見る

ゲッカコウの口コミ


口コミ一覧
閲覧 266ビュー コメント 0 ナイス 8

先週の本命馬回顧をしていきます。


【5回京都5日】

■7R ドライバーズハイ 2人気1着

4角まで絶望的な位置にいましたけど、
道中でしっかりと脚を溜めた事が直線での伸びに繋がったんだと思います。
次走からは1000万下に再昇級しますが、展開さえ向けば、上のクラスでも勝ち負けできるはずです。

■8R トリオンフ 2人気1着

中途半端に控えるのではなく、
積極的に前のポジションを取りに行ったC・デムーロ騎手のファインプレーも光りました。
渋った馬場もこの馬に味方したようです。

■9R ライジングドラゴン 1人気7着

結果的には過剰な1番人気に手を出した、という事になります。
混戦ムードだったので、最初から波乱含みの予想をすべきでした。

■10R ジャズファンク 5人気5着

54kg+タフな馬場なら、何とかなると思っていたんですけどね…。
もっと速い展開にならないと厳しいのでしょう。

■11R ゲッカコウ 7人気6着

スタートでの致命的な出遅れをしていながら、まずまずの走りを見せていますので、
スタートがまともだったら、もっと上位にこれたかもしれません。

■12R ビットレート 2人気5着

超スローペースの2番手、という絶好のポジションにいたんですけどね…。
他馬の決め手の方が上でした。


【5回東京5日】

■7R クレバーバード 5人気11着

前に行ってどこまで粘れるか、というタイプですから、
後方からの競馬になった時点でノーチャンスでした。

■8R グッドスカイ 1人気2着

道中3番手からスムーズな競馬ができていたんですけど、
平地での脚比べでシンキングダンサーに見劣ってしまいました。

■9R メトロポリス 2人気13着

直線手前で早々に手ごたえがなくなりました。
キャリア2戦で初の東京、という厳しい状況で◎をつけるのはナンセンスですよね…。

■10R ウインファビラス 8人気10着

7ヶ月の休み明けだったとはいえ、降級の牝馬限定戦でからっきし、という内容。
次に変わり身を見せてくれないと、先々が厳しくなりますから、次走が勝負どころになります。

■11R(東スポ杯2歳S)ワグネリアン 1人気1着

見た目通りの完勝でしたね。
奥の深さではルーカスの方が上ですけど、現時点での完成度はワグネリアンの方が圧倒的に上ですから、
今後もこのままの調子でクラシック路線を歩んでもらいたいです。

■12R ハウメア 1人気1着

逃げの手に出て、ドーヴァーとの一騎打ちを制しました。
最内枠が良かったですし、1400mの距離も合っていたと思います。


【3回福島5日】

■7R ユトリチャン 6人気13着

ペース自体は問題なかったんですけどね…。
菜七子騎手のタニマサガールとのハナ争いに敗れ、控える競馬になったのが裏目に出ました。

■8R ミネット 1人気2着

大外枠だったので、道中の位置取りがいつもより後方になってしまいましたが、
直線でもしっかりとした脚を使っていますし、現級力上位である事を改めて証明してくれました。

■9R ハルク 1人気5着

道中3番手で折り合っていたんですけど、直線で末脚不発。
これといった敗因が見当たらないので、成績にムラのあるタイプ、と解釈するしかなさそうです。

■10R ディアシューター 1人気8着

位置取りが後ろになるのは想定内だったんですが、
直線入り口で4・5番手に追い上げたところで見せ場が終わってしまいました。
小回りが全く合わないのか、前走好走の反動があったのか…。

■11R ヒメタチバナ 4人気2着

上手く立ち回ったんですけどね…。
でも、2600mに対応できたのは収穫ですから、今後も長距離戦で上位争いしてくれる事でしょう。

■12R ウォーブル 7人気3着

好スタートを決めて、好位の内から上手く立ち回りました。
道中で捲る競馬をするケースが多いのですが、
今回のようなレースができれば、500万下突破も近いと思います。



【5回京都6日】

■7R メイショウタチマチ 3人気13着

前走で暴走気味の逃げをうって凡退していますから、今回は控える競馬をするだろう…
と思っていたんですけど、出ムチ入れての大逃げ、という極端すぎる競馬をしてしまいました。
ペースメーカーになっただけでしたね。

■8R リアルプロジェクト 3人気7着

3番手で控えていましたが、直線入り口付近で手応えが怪しくなり、直線半ばで息切れ。
中途半端な競馬をするとダメな事がハッキリしましたから、次こそは積極的なレースをしてほしいです。

■9R デルマキセキ 6人気10着

サッパリな内容だったので、本調子じゃなかったんでしょうけど、
道中の位置取りが悪すぎましたし、距離も長かったのかな?と思っています。
来年の北海道開催まで様子見する事にします。

■10R エイシンティンクル 2人気9着

いつも通り、速いペースで逃げましたが、最後はバタバタでした。
良化途上だった前走を使って調子が上がっていると思っていたんですけどね…。

■11R(マイルCS)レッドファルクス 3人気8着

道中が押しながらの追走だったので、嫌な予感がしていましたが、人気を裏切る結果になってしまいました。
主戦のM・デムーロ騎手がペルシアンナイトに乗っているのですから、
ペルシアンナイトの方にチャンスがあった、と考えるべきでした。

■12R オウケンビリーヴ 2人気2着

直線で前が壁になりそうなところを上手く抜け出しましたけど、
スムーズなレースをしていた勝ち馬に出し抜けをくらい、2着まで。
レース展開次第、という馬ですが、いつも安定して走ってくれるので、今後も追いかけたいです。


【5回東京6日】

■7R バスカヴィル 1人気3着

終始チグハグなレースでした。
最後は地力の高さで3着を確保しましたけど、最低でも連対してくれないと…。

■8R スマートダンディー 2人気2着

好位の外から上手くレースを進めましたが2着まで。
外めをスムーズに回る形なら力を出し切りますから、今後も外枠配置なら要注意です。

■9R ミュージアムヒル 3人気2着

馬場の内めを通った戸崎騎手・マウレアの方が一枚上手でした。
でも、直線がもっとスムーズだったら差し切っていたのかな?という走りでしたし、次にはつながったと思います。

■10R ヒデノインペリアル 8人気2着

五分のスタートから果敢にハナを奪い、2着に粘り込みました。
8Rのダート戦で川須騎手が逃げ切り勝ちを決めていたので、もう1つ勝ってくれたら最高だったんですけど、
最善を尽くした中での2着なので、本当に立派だと思います。

■11R ダノンフェイス 2人気1着

中団やや前の位置取りでしたけど、
浜中騎手が上手く馬群の外へと持ち出し、サウススターマンとの叩き合いを制しました。
まだまだこれからの馬ですが、今の充実っぷりなら重賞でも通用すると思います。

■12R ウインテンダネス 3人気9着

冷静に考えてみたら、超スローペースしかない、というメンバー構成でしたから、
この状況で追い込み一辺倒の馬を狙うのはナンセンスでした。


【3回福島6日】

■7R マイネルクラフト 6人気6着

2着馬とほぼ同じ位置にいましたから、上位争いしても不思議ないんですけどね…。
直線に入ってから全く伸びませんでした。

■8R サイモンゼーレ 1人気3着

菜七子騎手が騎乗停止になった馬でしたので、リベンジを期待しましたが、ダメでした。
前半の行きっぷりがイマイチでしたから、1150mは若干忙しいのかもしれません。

■9R アイムウィッシング 5人気5着

スタートは良かったんですけど、二の脚がつかず、中団からのレースに。
最後の直線でそこそこ伸びていただけに、序盤の位置取りが悪かったところが致命的でした。

■10R カウントオンイット 2人気9着

先手を奪いましたが、レッドミラベルに捲られたところでリズムが崩れてしまいました。
忙しい競馬になりやすいローカルの小回りコースが合わなかったのでしょうか。

■11R ブライトアイディア 6人気2着

シンガリから2番手の位置にいましたけど、直線で鋭い脚を使って2着を確保。
ローカルの1700mがベストですから、今後もベスト条件なら好勝負してくれると思います。

■12R スナークスカイ 5人気1着

好位の内という絶好位置から一気の差し切り勝ち。
枠順に恵まれたとはいえ、とても鮮やかな勝ちっぷりだったと思います。


マイルCSは「今週もミルコ!」というようなレースになりましたね。

エアスピネルが先に抜け出したところをペルシアンナイトが差す、
という形はリオンディーズが朝日杯FSを勝った場面のリプレイを見ているかのような感じがしました。

今週のジャパンカップもM・デムーロ騎手に注目が集まる事でしょう。

今回はサトノクラウンとのコンビで参戦。
キタサンブラックへのリベンジを狙う事になりますが、どんなレースを見せてくれるのでしょうか。

 しんすけ46 2017年11月18日() 06:37
アンドロメダステークス
閲覧 46ビュー コメント 2 ナイス 6

穴馬見っけ!うっほほ〜い、ドキドキワクワク。

◎▲好坤ルパン
△ゥ瓮疋Ε蕁璽
△Д凜ージュ
△┘屮薀奪バゴ
△ゲッカコウ
△ストロングタイタン

馬連◆辞ァΝАΝ─Ν・への5点へ200円。

準オープンも勝ち切れないのにね。ただ4走前は同じ京都内回りの二千で
ここで人気のヴォージュとタイム差無しならここでも勝負にならんかね?
52kgと久々に裸同然だしね。楽しみだな!

[もっと見る]

 やすの競馬総合病院 2017年10月15日() 20:29
秋華賞・府中牝馬Sの感想の巻
閲覧 103ビュー コメント 0 ナイス 1

☆秋華賞の結果☆
1着ディアドラ
2着リスグラシュー
3着モズカッチャン

12.2 - 11.0 - 12.4 - 11.9 - 11.6 - 12.0 - 12.1 - 12.5 - 12.1 - 12.4
1000m通過59.1 (レースの上がり3F37.0)
勝ち時計が2.00.2だったり、レースの上がり3Fが37.0や各馬の上がり3Fを見ると、1000m通過59.1はペース速くて逃げ・先行勢には辛いレースだったと思います。
パワー・スタミナ・持久力が要求されるタフなレースだったんで、直線まである程度余力残してた馬に流れが向いたかもですが、差し・追い込み馬でも楽じゃないレースだったと思います。

前日の予想(ビフォー)が、
◎モズカッチャン
〇ディアドラ
▲リスグラシュー
3・1・2着馬の順に3頭に印付けてて、
買い目が、単勝 4(モズカッチャン)、ワイド 4−7・14だったんで、宣言通り買ってれば、ワイド7.9倍と7.5倍がW的中で6000Pが30800Pに増えてたのに・・・

この馬場じゃ後方からの競馬になる可能性ある馬は厳しいかな〜ということで、
〇ディアドラ
▲リスグラシュー
の秋華賞1・2着馬を消して、

当日の馬場を見てやり直した予想(アフター)は、
前で競馬できる中距離馬〇ファンディーナを指名!
買い目を単勝 4(モズカッチャン)、ワイド 4−16にしたら・・・

なんということでしょう。
ワイド 4−7・14という的中馬券が、
匠の手によって、ワイド 4−16というハズレ馬券に生まれ変わりました。

って、これ、また、悲劇的ビフォーアフターじゃないですか〜。
悲劇的ビフォーアフターは春GIのNHKマイルCだけかと思ったら、
秋のGIにもあったんですね〜。
まあ、春と秋はスペシャル番組の季節ですけど・・・(笑)

秋のGIにもさっそく笑いの神が降臨しちゃって、
ぼくの秋華賞は、秋華笑になっちゃいました。

というわけで、収支は−6000Pでした。
結果的には予想を変えて超裏目に出ちゃいましたが、重馬場だったら前日予想の印・買い目には絶対にしてなかったので、悔いもないですし、ブログ的に笑いも提供できたんで、普通に外れるより、笑い取れた分だけ儲かったという気持ちです。

出走馬達へのコメント
1着ディアドラ
流れが向いたのはあるけど、出遅れて後方からの競馬になったのによく届きましたね〜。
馬ももちろん頑張りましたが、外を回らずに内をついてポジション上げていったルメールのコース取りが貢献度大だったかな。
京都内回りのGIなんで一歩間違えたらドン詰まりの危険大なのに、よく抜けてこれたな〜と感心しました。
ハービンジャーもついにGI勝つ子供が出せてよかったですね。
ハービンジャー産駒は中距離でタフな競馬になった時が1番強い競馬すると思ってるんで、GI勝つなら中山2000mの皐月賞かな〜と思ってたけど、今年みたいにタフな競馬になった京都内回りの秋華賞も条件ピッタリだったかも。

2着リスグラシュー
今日もいい競馬してるんですけど、勝てませんでしたが・・・。
勝てないけど堅実に走りますね〜。残念でしたが、2000mでこの競馬ができたら2200mでも全然こなせると思うんで、エリザベス女王杯に出たらチャンスありそうです。

3着モズカッチャン
早めに先行馬を捕まえに行く正攻法の競馬で見せ場たっぷりでしたが、最後の最後で1・2着馬に捕まってしまいました。
3着でも内容的には十分濃かったし、4着馬には3馬身離してるし、1・2コーナーで落鉄してたことなどを含めて考えたら十分に強いところを見せてくれたし、デムーロも強気の競馬で勝ちに行ってくれてて単勝買って外れたけど満足です。

4着ラビットラン
4着なんで十分頑張ってますけど、パンパンの高速馬場の方がもっと力出せる馬なのかもしれませんね。
高速馬場で直線長いコースのヴィクトリアマイルとかすごく合ってるかも?

5着カワキタエンカ
先行勢には辛いペースで逃げて5着に粘ってるから、自分の持ち味である先行力と持久力を十分に発揮してたし、全力を出し切るいい走りしてたと思います。
中山牝馬Sとか小回りコースの1800mの重賞が似合いそう。

7着アエロリット
距離長かったかな〜?
もっと楽なペースならまた違ったんでしょうけど、この馬場で息の入らない流れだとスタミナが足りなかったかも。
マイルCSとかで見たいけど、次走はどこかな?

13着ファンディーナ
こういう馬場は苦手なのかな?
この馬、高い能力はあると思うんで、良馬場の1800m・2000m付近でまた見てみたいです。
まだまだ見捨てませんよ〜。

14着レーヌミノル
桜花賞を勝ってしまったばっかりに、3歳牝馬の王道路線を歩むことになっちゃったかもですが、この馬の武器はスピードの絶対値の高さだと思うんで、1400m・1200mで見てみたいです。
めざせ!2018年の高松宮記念!!


--------------------------------------------------------------------------------

☆府中牝馬Sの結果☆
1着クロコスミア
2着ヴィブロス
3着アドマイヤリード

12.9 - 11.6 - 12.3 - 12.7 - 12.4 - 12.5 - 11.2 - 11.0 - 11.5
1000m通過61.9 (レースの上がり3F33.7)

牝馬限定戦でエリザベス女王杯の前哨戦という位置付けのレースなんでガチンコ要素は低くなりやすいのもわかるんですが、ここまでSペースからの極端な瞬発力勝負になるとは思いませんでした。
かなり緩い流れで逃げて、ごちそうさまでした〜〜って感じの逃げ切り勝ちだったクロコスミア
窮屈なポジションにいて追い出しを待たされ、脚を余しながらも能力の高さでなんとか2・3着にきた2着ヴィブロス、3着アドマイヤリード
極端なレース過ぎて、ほとんどエリザベス女王杯の参考にはなりませんでしたが、3歳馬との対決で古馬が意地を見せるか、3歳世代に屈してしまうのかエリザベス女王杯は注目の一戦です。

収支は−3000Pでした。
宣言通り、単勝 7(アドマイヤリード) 、ワイド 7−13を買いましたがハズレ・・・。
アドマイヤリードが後方にいただけでもガックリなのに、超Sペースを後方のインという詰まる可能性大な危険ポジションにいたんで、
お願い!外に出して! 頼むから外に出して! 中はダメ!!! と、絶叫するAV女優のような気持ちになりました(笑)

出走馬達へのコメント
1着クロコスミア
おいしい流れになったのも運良かったけど、瞬発力の質の高い馬達が窮屈なポジションにいて脚を余らせてたのも運が良かったですね〜。
ここ勝ったのはいいけど、2000mでも少し長いと思う馬なんで、エリザベス女王杯だと距離は長そうです。

2着ヴィブロス
中団のインにいましたが、この遅いペースだと前の馬も余力十分だけあって下がってこないから、窮屈なポジションになっちゃいますよね〜。
直線でも追い出しかなり待たされて、ゲッカコウに迷惑かけながらなんとか抜け出して、脚余しながらも馬の能力高いおかげで同タイムでクビ差の2着。
ルメールが下手に乗ってなければ勝ててたレースだったかな。

3着アドマイヤリード
スタート問題なかったのに、下げ過ぎやし、後方のインて・・・。
直線で外に出すまでかなり待たされたし、もったいない競馬でした。
馬の瞬発力の質が高いから3着までこれたけど、後方からの競馬するにしても少々のロス覚悟で外め走ってたら勝つとこまであったかもな〜と思いました。
マイラーっぽいけど、エリザベス女王杯かマイルCSどっち使うのかな?

5着トーセンビクトリー
「ヴィブロス、お前だけは外に出させん! 秋華賞を勝たせたこの俺を降ろしたこと忘れてないぞ!」という意思がすごく伝わってきた福永の直線での閉めっぷりでした。
5着とはいえ、いい競馬してたし、惜しかったですけどね〜。




--------------------------------------------------------------------------------
☆複勝ころがし企画(日曜日分)☆
秋華賞 モズカッチャン・・・3着

勝ちに行く競馬で見応えたっぷりでしたし、
負けたとはいえ、4着には3馬身差つけて馬券圏内はしっかり確保してくれましたね。

投資1400Pが3700Pに増えました。



--------------------------------------------------------------------------------
☆ブログ企画の参加者大歓迎!!☆
・超おいしい単勝選手権
・複勝ころがし大会
・2歳新馬戦予想対決


どの企画も、
枠順発表からレースの発走予定時間の1分前までの間、指名馬を受け付けております。

ルールの詳細や指名馬の書き方は、左側のメニュー欄のルールのリンクをご覧ください。
指名馬の書き込みは、コメント欄でも投票所でもどこに書いてくださってもOKです。

参加者は誰でも大歓迎ですし、気が向いた時だけの参加も全然OKな自由すぎる環境なので、常連の方も初めての方もお気軽にご参加ください。

※このブログは、ぼくの本家ブログ「やすの競馬総合病院」のバックアップ用として内容を転載しているだけなので、ブログ上の買い目、ブログ上の年間の収支、複勝ころがしなど、いろいろな記録については、このブログの転載元である、ぼくの本家ブログ「やすの競馬総合病院」に書いてあるので、よろしかったらご覧く ださい。

アドレスは、http://blog.livedoor.jp/yasu05impact/です。
ツイッターは、https://twitter.com/yasukeibasougouです。

また、コメントなども本家ブログの方に書いていただけると返事が書きやすいのでありがたいです。


--------------------------------------------------------------------------------
☆おまけ☆
ぼくは元気に生きています。

[もっと見る]

⇒もっと見る

ゲッカコウの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
4:
  一粒万倍   フォロワー:8人 2016年5月20日(金) 08:11:24
なんとかオークスに 滑り込めました! 一発 穴を期待します!
3:
  一粒万倍   フォロワー:8人 2016年4月22日(金) 08:34:36
さぁオークス目指しての試金石! あっさりと勝ってくれれば 大一番での期待は膨らみます!
2:
  一粒万倍   フォロワー:8人 2016年3月25日(金) 08:35:45
2着! やはり期待どうりの力がありそうです・・・オークスが楽しみになりました!

⇒もっと見る

ゲッカコウの写真

ゲッカコウ
ゲッカコウ
ゲッカコウ

ゲッカコウの厩舎情報 VIP

2017年11月18日アンドロメダS6着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

ゲッカコウの取材メモ VIP

2017年11月18日 アンドロメダS 6着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。