注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます!⇒いますぐ会員登録(無料)

ペイシャフェリス(競走馬)

注目ホース
ペイシャフェリス
写真一覧
現役 牝6 鹿毛 2011年3月18日生
調教師高市圭二(美浦)
馬主北所 直人
生産者友田牧場
生産地新ひだか町
戦績33戦[4-3-3-23]
総賞金9,748万円
収得賞金2,325万円
英字表記Peisha Felice
血統 スペシャルウィーク
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
キャンペンガール
プレザントケイプ
血統 ][ 産駒 ]
Cape Cross
Felicity
兄弟 ペイシャフェリシタペイシャフローレス
前走 2017/01/05 スポニチ賞京都金杯 G3
次走予定

ペイシャフェリスの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
17/01/05 京都 11 スポ京都金杯 G3 芝1600 1848238.01612** 牝6 53.0 秋山真一高市圭二460(-6)1.33.8 1.036.2エアスピネル
16/12/17 中山 11 ターコイズS G 芝1600 1661272.31411** 牝5 54.0 森泰斗高市圭二466(+6)1.34.4 0.836.1マジックタイム
16/11/27 京都 12 京阪杯 G3 芝1200 18510121.41413** 牝5 54.0 秋山真一高市圭二460(+2)1.12.5 2.236.8⑦⑩ネロ
16/10/29 京都 11 毎日スワンS G2 芝1400 18715229.8167** 牝5 54.0 秋山真一高市圭二458(-2)1.21.2 0.534.9サトノアラジン
16/10/16 新潟 11 信越S OP 芝1400 177139.658** 牝5 53.0 大野拓弥高市圭二460(+4)1.21.1 0.735.6トウショウドラフタ
16/09/11 中山 11 京成杯AH G3 芝1600 1681533.0117** 牝5 53.0 大野拓弥高市圭二456(+2)1.33.6 0.635.4ロードクエスト
16/08/28 新潟 10 朱鷺S OP 芝1400 108915.571** 牝5 54.0 福永祐一高市圭二454(+4)1.20.4 -0.134.5ワキノブレイブ
16/08/07 札幌 11 UHB賞 OP 芝1200 1481469.3137** 牝5 51.0 荻野琢真高市圭二450(+2)1.08.5 0.534.3⑤⑤クリスマス
16/07/23 函館 11 函館日刊S杯 1600万下 芝1200 1681536.21011** 牝5 55.0 長岡禎仁高市圭二448(+2)1.09.1 0.535.6ホッコーサラスター
16/05/07 新潟 11 駿風S 1600万下 芝1000 161216.9714** 牝5 55.0 長岡禎仁高市圭二446(-8)0.57.4 1.334.7--プリンセスムーン
16/03/20 中山 9 幕張S 1600万下 芝1600 164811.9516** 牝5 55.0 柴山雄一高市圭二454(-6)1.37.9 4.140.8ネオスターダム
16/02/27 中山 10 アクアマリン 1600万下 芝1200 166125.3314** 牝5 55.0 蛯名正義高市圭二460(+6)1.09.6 0.934.7ローズミラクル
16/01/10 中山 11 ニューイヤー OP 芝1600 9119.854** 牝5 54.0 柴山雄一高市圭二454(0)1.34.4 0.134.0ダイワリベラル
15/12/20 中山 10 クリスマスC 1600万下 芝1200 16364.227** 牝4 55.0 柴山雄一高市圭二454(-4)1.08.3 0.235.0ヤマニンプチガトー
15/12/06 中山 10 市川S 1600万下 芝1600 15229.452** 牝4 55.0 柴山雄一高市圭二458(+6)1.33.8 0.034.6ダイワリベラル
15/11/08 福島 11 みちのくS 1600万下 芝1200 162319.7103** 牝4 55.0 大野拓弥高市圭二452(0)1.10.2 0.435.9ゴールドペガサス
15/10/18 東京 12 白秋S 1600万下 芝1400 183516.3517** 牝4 55.0 川島信二高市圭二452(-6)1.22.6 2.236.9アイライン
15/10/03 中山 11 秋風S 1600万下 芝1600 1661111.866** 牝4 55.0 柴山雄一高市圭二458(+26)1.33.5 0.335.1シベリアンスパーブ
15/04/25 福島 11 福島牝馬S G3 芝1800 1661113.9715** 牝4 54.0 川島信二高市圭二432(-8)1.47.5 1.536.9スイートサルサ
15/03/15 中山 10 東風S OP 芝1600 14344.528** 牝4 54.0 柴山雄一高市圭二440(0)1.34.4 0.635.9クラリティシチー

⇒もっと見る


ペイシャフェリスの関連ニュース

 ◆M・デムーロ騎手(アストラエンブレム4着) 「直線でステッキを入れるとブレーキをかける感じになって…」

 ◆柴田大騎手(マイネルハニー5着) 「十分に走っていますが、時計が速すぎました」

 ◆丸山騎手(ダンツプリウス6着) 「良くなっているが、時計が速すぎた」

 ◆和田騎手(ケントオー7着) 「いい頃の迫力がなかった」

 ◆横山典騎手(ミッキージョイ8着) 「初めての重賞なので、よく頑張っている」

 ◆浜中騎手(ブラックムーン9着) 「(前に有利な)この馬場なので、この馬にしてはいつもより前めの位置で競馬をした。以前より力はつけている」

 ◆秋山騎手(ペイシャフェリス12着) 「馬場は例年より軟らかかった。この馬には硬い方がいい」

 ◆ルメール騎手(ガリバルディ13着) 「久々で反応がもうひとつ」

 ◆古川騎手(テイエムイナズマ14着) 「いい感じで運べたが、もうひとつ直線で伸びなかった」

 ◆藤岡佑騎手(ムーンクレスト15着) 「なんとか内に入れようと思ったが、枠((17)番)なりの競馬しかできなかった」

 ◆池添騎手(アルマディヴァン16着) 「直線に向くときには反応がなかった」

 ◆高倉騎手(サクラアドニス17着) 「距離が少し長いのかも」

 ◆シュミノー騎手(ピークトラム18着) 「スタートから勢いがなく、手応えがなくなるのも早かった」

★5日京都11R「京都金杯」の着順&払戻金はこちら

【スポ京都金杯】追って一言2017年01月04日(水) 05:07

 ◆アストラエンブレム・小島茂師 「ハンデの54キロはいい。以前に比べて、体の使い方もだいぶ良くなってきた」

 ◆アルマディヴァン・高橋文師 「前走よりも気配はいい。落ち着きもあるし、だいぶ(いい頃の感じに)戻ってきた」

 ◆ガリバルディ・藤原英師 「しまい重点で動きはよかった。ハンデ(57キロ)はこんなもの。潜在能力はある」

 ◆サクラアドニス・村山師 「上積みは見込めるし、ハンデも軽い。ロスなく立ち回って一瞬の脚を生かしたい」

 ◆ダイシンサンダー・須貝師 「いい動きをしていたし、状態はいい。ハンデは手頃だし、この条件の京都は合う」

 ◆ダンツプリウス・山内師 「前走後はここを目標に調整。状態はだいぶ良くなってきている」

 ◆テイエムイナズマ・福島師 「調整は順調。折り合いをつけ、前を目標とするのが理想です」

 ◆テイエムタイホー・鈴木孝師 「状態が良さそう。冬はいいし、ある程度、前の位置で」

 ◆ピークトラム・橋口師 「年末にしっかりとやっていて、調整は順調。叩き2走目、斤量減で前進を期待する」

 ◆ブラックスピネル・音無師 「前回は太かった。今回は動けるはず。京都はいいと思う。中団か好位で運べれば」

 ◆ブラックムーン・西浦師 「力をつけてきているし、今は馬が充実している。ここで賞金を加算しておきたい」

 ◆ペイシャフェリス・高市師 「前走後も順調に来ている。うまく前々で競馬してくれれば…」

 ◆マイネルハニー・柴田大騎手 「最近は調教の動きが競馬につながるようになってきた。マイルも問題ないと思う」

 ◆ミッキージョイ・萩原師 「追い切りの動きは悪くなく、まずまずの状態。展開次第の面はあるが、マイルは合う」

★京都金杯の出馬表はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【スポーツニッポン賞京都金杯】特別登録馬2016年12月25日() 17:30

[もっと見る]

【ターコイズS】追って一言2016年12月15日(木) 05:02

 ◆アルマディヴァン・高橋文師 「股関節を痛めて取り消したが、その後はここまで順調。競馬に行って真面目だし、力は出せる仕上がり」

 ◆ウインファビラス・松岡騎手 「追い切りはスムーズに加速できて、動きも満足のいくもの。距離が1600メートルになるのはいいと思う」

 ◆ウキヨノカゼ・菊沢師 「剥離(はくり)骨折で休んでいたが、影響はない。メリハリの付く走りができて、徐々に調子も上がっている」

 ◆ウリウリ・藤原英師 「年齢的にも上積みというより状態をキープする感じ。牝馬同士ならなんとか」

 ◆エテルナミノル・本田師 「調子が上がっており、時計は予定より速くなった。力をつけているし、直線に坂のあるコースもいい」

 ◆エンジェルフェイス・藤原英師 「ウリウリを追走して気分よく走らせるイメージの調教。いい状態だし、マイルは適性がある」

 ◆クロコスミア・北添助手 「先週しっかりやっているので調整程度。マイルはいいし、ハナに行かなくても大丈夫」

 ◆サンソヴール・和田郎師 「馬場が悪かったので動きは今ひとつだったが、普段はいい走りができている。芝に戻して改めて」

 ◆ダイワドレッサー・鹿戸師 「3頭併せで追い切ったが、動きに関して問題はないね。状態がいいので楽しみだ」

 ◆ビービーバーレル・中舘師 「先週、今週と動きがよかった。中山マイルは勝っているし、ハンデも手頃」

 ◆ペイシャフェリス・高市師 「前走は道悪でノメっていた。一番得意なコースだし、内枠を引いて良馬場なら」

 ◆マイネグレヴィル・和田道師 「いい意味で状態は平行線。下手に小細工せず、行き切ったほうがいい」

 ◆レッツゴードンキ・梅田師 「先週やっているので馬なり。前走より雰囲気はいい。距離は問題ない」

ターコイズSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【ターコイズステークス】特別登録馬2016年12月11日() 17:30

[もっと見る]

【京阪杯】うまやの話2016年11月27日() 05:02

〔1〕フミノムーン・西浦勝師「今回もリズムを崩さずに立ち回れれば、通用していい」

〔2〕ネロ・日高助手「ここを目標に調整。坂路で好時計が出ているし、気配は維持。週末の雨予報はいい」

〔3〕セカンドテーブル・崎山博師「引き続き動きはいい。ハナにこだわらない方が内容も安定している」

〔4〕ラインハート・須貝尚師「馬混みで厳しいレースをさせる方がいいし、立ち回り次第では」

〔5〕アンナミルト小崎憲師「日曜にしっかりとやって水曜は上がり重点。相手強化でも期待したい」

〔6〕オウノミチ・佐々木晶師「先週末、当週といい調教ができた。適舞台で見直し」

〔7〕アースソニック・白倉助手「帰厩後は元気いっぱい。ここもロスなく運んで上位を狙いたい」

〔8〕ホッコーサラスター・飯田祐師「今回は放牧明け。まだ少し物足りない」

〔9〕クリスマス・伊藤大師「相手が一気に強くなるけど、正攻法の競馬でどこまで通用するのか楽しみ」

〔10〕ペイシャフェリス・高市圭師「この距離にも対応できるスピードはある。展開ひとつで前進は可能」

〔11〕ラインスピリット・中山助手「輸送しても体が減らず、力を発揮できるようになったのが大きい。すんなり先行できれば」

〔12〕ティーハーフ・西浦勝師「前走は4コーナーでゴチャついたのが痛かった。力は上位。スムーズなら」

〔13〕ヤマニンプチガトー・木原一師「末脚を生かす競馬をした方がいい。ロスなくさばければ差はない」

〔14〕ブラヴィッシモ・須貝尚師「今週の追い切りは少し引っ掛かったが、先週が優秀。立ち回りひとつ」

〔15〕レッドアリオン・橋口慎師「1200メートルは合う。発馬を決めて、ある程度の位置で流れに乗れれば」

〔16〕ジャストドゥイング・白倉助手「使い込んでいるが元気いっぱい。巻き返しに期待」

〔17〕メラグラーナ池添学師「追い切りは馬なりで好時計。先々が楽しみになるようなレースを期待」

〔18〕エイシンスパルタン・藤岡健師「3走前に1200メートルでも強い競馬。内回りになるのもプラス」

[もっと見る]

⇒もっと見る

ペイシャフェリスの関連コラム

閲覧 955ビュー コメント 0 ナイス 8

先週は5(木)にG3日刊スポーツ賞中山金杯、G3スポーツニッポン賞京都金杯が、8(日)にG3フェアリーステークス、G3シンザン記念がそれぞれ行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
G3中山金杯はダノンメジャーが先頭で直線コースへ。粘るダノンメジャーですが、残り200m地点でクラリティスカイがこれを捉えて先頭!その直後、外からツクバアズマオーが脚を伸ばして2頭が抜け出す形に!内クラリティスカイ、外ツクバアズマオー、激しい叩き合いとなりましたが、坂を上がってもうひと伸びを見せたツクバアズマオーがゴール前でクラリティスカイを差し切って優勝しました!3/4差の2着にクラリティスカイ、そこから2馬身半差の3着にシャイニープリンスが入っています。
  
公認プロ予想家では馬券生活プロ他8名が的中しています。
 
G3京都金杯はペイシャフェリスが先頭で直線コースへ。直線に入ると2番手マイネルハニーペイシャフェリスを交わして先頭、後続は団子状態、各馬追い出しにかかります。残り200m、ここでエアスピネルが先頭に立つとワンテンポ遅れてブラックスピネルが猛追!ゴール前ではクビの上げ下げの接戦となりましたが、わずかにエアスピネルブラックスピネルの追撃を振り切って優勝しました!ハナ差の2着にブラックスピネル、そこから半馬身差の3着にフィエロが入っています。
 
公認プロ予想家ではシムーンプロ他13名が的中しています。
 
G3フェアリーステークスツヅクが先頭で直線へ。直線半ばで逃げるツヅクを交わした1人気アエロリットが先頭に代わって200mを通過、2番手には大外から脚を伸ばすライジングリーズン!残り100mを通過、ここでややアエロリットの脚色が鈍ると外ライジングリーズンが一完歩ごとに差を詰め、ゴール前で差し切って優勝!3/4差の2着にアエロリット、そこからクビ差の3着にモリトシラユリが入っています。
  
公認プロ予想家ではくりーくプロが的中しています。
 
 
G3シンザン記念メイショウソウビが先頭で直線コースへ。直線に入ると2番手グループが一気に押し寄せて中からトラストが先頭、内からはペルシアンナイト、外からは馬体併せるようにマイスタイルタイセイスターリーと4頭が抜け出しての追い比べ!残り100m、ここで道中最後方に位置していたキョウヘイが前を行く4頭の間を割って一気に先頭立つとゴールまで力強く伸びて優勝!豪快な内容で初重賞制覇を飾りました!1馬身差の2着にタイセイスターリー、そこからハナ差の3着にペルシアンナイトが入っています。
 
公認プロ予想家ではサラマッポプロ☆まんでがんプロが的中しています。
 
------------------------------------------------------------------------------
 
☆☆☆注目プロ →いっくんプロ
8(日)京都12Rで◎ストンライティングを1着固定、○ショパンを2、3着に置いた3連単流しで28万1250円を1000円的中!281万2500円の高額払い戻しを達成しました!5(木)中山5Rでも◎マイネルパンドーロポールヴァンドル×トータルソッカーの印で78万7600円を払い戻し!週末トータル回収率536%、収支プラス313万9900円の大爆発週となりました!
 
☆☆☆注目プロ →セイリュウ1号
7(土)京都12Rで◎スペシャルギフト(23.7倍)○デンコウリキ(83.0倍)の大本線的中!ワイド144倍を4000円、3連複1795倍を300円的中させ、111万4500円を高額払い戻し!8(日)中山7Rでは◎デストリーライズ(57.9倍)からのワイド、3複を的中させ、33万円を払い戻しました!週末トータル回収率293%、収支プラス117万6400円をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →くりーくプロ
勝負レースに指定した8(日)京都2Rで『CW、DP、Bコースとどのコースでも水準以上の時計が出ておりスピードのありそうな馬。鞍上の松山騎手もほぼ毎週のように調教に騎乗しておりこの馬のことはよく分かっている。』と本命に抜擢!複勝4.5倍、ワイド129.3倍、36.8倍を的中させました!同日の中山メイン、G3フェアリーステークスでは単勝36倍の伏兵◎ライジングリーズンの単複、馬連59.9倍、ワイド19.1倍を仕留めました!週末トータル回収率190%、収支プラス4万1440円をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →おかべプロ
今週も1点勝負で安定した成績を残したおかべプロ。7(土)京都7Rで◎ストライクイーグルアースシンフォニーの馬連7.8倍を的中させ、7万8000円を払い戻し!8(日)京都9Rで◎オースミラナキラフミノメモリーのワイドを的中させ、6万2000円を払い戻しました!週末トータル回収率169%、収支プラス11万1790円をマークしています。
 
この他にも霧プロ(135%)、スガダイプロ(116%)、ろいすプロ(115%)、夢月プロ(106%)、サラマッポプロ(103%)が週末トータル回収率100%超の活躍を見せています。
 
※全レースの結果速報はこちら
   
来週も競馬プロ予想MAXにご期待ください!


登録済みの方はこちらからログイン

2016年12月17日() 14:00 凄馬プロジェクトチーム
第233回『凄馬出馬表分析&馬券検討』〜ターコイズステークス 重賞
閲覧 449ビュー コメント 0 ナイス 1

みなさんこんにちは!

本日は中山11R「ターコイズステークス 重賞」の『凄馬出馬表』を分析したいと思います。

今回も「U指数」だけでなく、U指数のポイントに【調教評価】、【厩舎評価】、【斤量補正】を数値化し加算減算しU指数を補正することで「総合ポイント」を算出しました。
★「U指数」について詳しくはこちらをご覧ください→U指数についてページ

U指数1.0ポイントは約1馬身差にあたるので、これを目安に以下のような重み付けをしました。
【調教評価】は競馬エイトの調教評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「5」・・・「−1.0ポイント」
「6」・・・「±0.0ポイント」
「7」・・・「+1.0ポイント」
「8」・・・「+2.0ポイント」
【厩舎評価】は競馬エイトの厩舎コメントの評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「△」・・・「−1.0ポイント」
「○」・・・「±0.0ポイント」
「◎」・・・「+1.0ポイント」
【斤量補正】は1.0kg=「0.5ポイント」として以下の基準体重との差分に乗算しました。
「牡馬」・・・「57.0kg」
「牝馬」・・・「55.0kg」


上記の補正を行った『凄馬出馬表』(画像)をご覧ください。






第1グループ(橙)は、マジックタイム1頭。
第2グループ(黄)は、カフェブリリアントから1.0ポイント差(約1馬身差)内のウリウリレッツゴードンキまでの3頭。
第3グループ(薄黄)は、アルマディヴァンから1.0ポイント差(約1馬身差)内のペイシャフェリスアットザシーサイドマイネグレヴィルサンソヴールまでの5頭となっていて、以下は第4G(灰)となっています。

凄馬出馬表を見渡すと、第1G→第2G間に1.7ポイント、第2G→第3G間に1.1ポイントの開きがある一方で、その下は僅差で続く配置に。そして下位には大きな開きがあります。OP時代を含めた当レースの傾向としても非常に気になる3歳馬が、やはりその下位に多数みられていますので、そのあたりにも注意が必要な配置ではないでしょうか。

そんな中今回の私の◎は、その3歳馬の中から◎エテルナミノルとしました。第4Gとはいえ、第3G下位とは差のない状況。凄馬出馬表上位勢に隙がありそうな今回、53キロと指数の振れ幅が大きい3歳馬ということを考えると十分好勝負になるのでは、と考えています。前走東京で敗れて一変、という過去のターコイズS好走馬像を重ねると前走の好走はむしろ余計な印象さえありますが、当時は雨の降るなか稍重の馬場を先行しての押し切り勝ち。勝っている馬に対していうのも変ですがある意味で“度外視”のレースととらえたいと思っています。切れるタイプではないですし、フラワーC善戦などの戦績からも、今回条件好転とみて本命視します。
以下、○に冬場の中山マイルは絶好条件で“前走京都で大敗”というのも魅力的に映るペイシャフェリス、▲に逃げられなかった時の競馬は難しそうでも4走前、7走前の内容から期待できるマイネグレヴィル、☆に状態良さそうな53キロ斤量3歳馬ウインファビラスと上位評価します。
今回の私の馬券は、◎から○▲☆からの3複を中心とした馬券で勝負としたいと思います。
近5年3〜5歳馬を単複ベタ買いしてもプラス(単勝回収率、複勝回収率いずれもプラス)という傾向から、3〜5歳馬に重い印を打ってみましたが果たして!?

【3複フォーメーション】
◎=○▲☆=印
15=9,12,16=1,3,5,7,9,10,12,16(18点)

【馬連流し】
◎=印
15=1,3,5,7,9,10,12,16(8点)

計26点

[もっと見る]

2016年09月15日(木) 12:00 競馬プロ予想MAX
先週の回顧〜(9/10〜9/11)いっくんプロ(44万超)他14名がプラス収支を記録!
閲覧 397ビュー コメント 0 ナイス 2

先週は、10(土)に中山競馬場でG3紫苑ステークスが、11(日)中山競馬場でG3京成杯オータムハンデキャップが、阪神競馬場でG2セントウルステークスが行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
G3紫苑ステークスゲッカコウがレースを引っ張って直線コースへ。内にゲッカコウエンジェルフェイス、外からまくって進出したファータグリーンビッシュが並んでの追い出しにかかります。ここで外からビッシュが抜群の手応えで抜け出すと直後にフロンテアクイーン、大外からはヴィブロスも脚を伸ばして残り200mを通過!力強く脚を伸ばすビッシュは坂を上がってもグングン加速!早め進出でそのまま押し切る圧巻の内容で重賞初制覇を飾りました。2馬身半差の2着にビッシュ、そこから3馬身半差の3着にフロンテアクイーンが入っています。
 
公認プロ予想家ではKOMプロ他9名が的中しています。
 
 
G3京成杯オータムハンデキャップピークトラムが先頭で直線コースへ。逃げるピークトラムに並走する形でワキノブレイブペイシャフェリス、後続からは内にカフェブリリアント、外めから進出するダノンリバティロードクエストの態勢。残り200mを通過、ここで内からスルスルと脚を伸ばすカフェブリリアントロードクエストの2頭が抜け出して叩き合い!残り100m、坂を上がってもうひと伸び見せたロードクエストカフェブリリアントとの追い比べを制して優勝しました!半馬身差の2着にカフェブリリアント、そこから1馬身1/4差の3着にダノンプラチナが入っています。
 
公認プロ予想家ではKOMプロ他7名が的中しています。
 
G2セントウルステークスビッグアーサーが先頭で直線コースへ。先頭は逃げるビッグアーサーでリードは3馬身、2番手にスノードラゴン、3番手にラヴァーズポイントと続いて後続勢はやや離される形。残り200mを通過、依然隊列変わらずビッグアーサーは完全にセーフティーリード、ゴール前ようやくネロが脚を伸ばしてきますが2番手まで。ビッグアーサーが危なげない横綱競馬で優勝しました!1馬身差の2着にネロ、そこからクビ差の3着にラヴァーズポイントが入っています。
 
公認プロ予想家では佐藤洋一郎プロ他10名が的中しています。
 
------------------------------------------------------------------------------
 
☆☆☆注目プロ →いっくんプロ
11(日)阪神1Rで◎○×の印で3連単358.3倍を1000円的中させ、35万8300円を払い戻し!さらに続く中山1Rでも◎△○の印で26万4600円の払い戻し!この他にも10(土)阪神3Rで◎▲○の本線で22万超の払い戻しをするなど活躍を見せた先週は週末トータル回収率192%、収支プラス44万4300円をマークしています!
 
☆☆☆注目プロ →山崎エリカプロ
11(日)中山11R京成杯AHで『前走は淀みない流れ。同レースを先行した馬は軒並み巻き返している。ハンデ戦ということを考えると、牡馬が相手のここでも通用しても不思議ありません。』と本命にした◎カフェブリリアントの複勝5000円、馬連を2000円的中させ、6万2100円を払い戻しました!この他にも10(土)中山11R紫苑ステークスを○◎で仕留めるなど好調予想を披露し、週末トータル回収率231%、収支プラス6万5800円の好成績を収めています。
 
☆☆☆注目プロ →おかべ育成プロ
11(日)阪神9Rで◎ショコラブランキングソングセンターピースの3連複1点勝負!12万8000円を払い戻しました!さらに前日の阪神11Rでも◎○△の印で3連複1点的中させるなど高精度予想を披露し、週末トータル回収率204%、収支プラス15万7500円をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →夢月プロ
10(土)中山10Rで『単騎逃げ濃厚。前々走はペースが速すぎたし前走は休み明けでメンタル問われる展開に屈した。』と狙った◎アースコネクターの単勝を1万円的中させ、14万1000円の払い戻し!11(日)阪神12Rでは『スローペース必至のメンバー構成にコースと待望の決め手比べ条件。』とコメントした◎ミエノサクシードの単勝を的中させ、12万1000円の払い戻し!週末トータル回収率170%、収支プラス14万4080円をマークしています。
 
この他にもきいいろプロ(152%)、KOMプロ(144%)、kmプロ(138%)、蒼馬久一郎プロ(124%)、西野圭吾育成プロ(119%)、dream1002プロ(111%)、シムーンプロ(102%)、岡村信将プロ(101%)が回収率100%超の活躍を見せています。

今週もウマニティプロ予想MAXにご期待ください!

[もっと見る]

2016年09月09日(金) 20:01 みんなの競馬コラム
【京成杯オータムハンデキャップ】血統考察 byうまカレ
閲覧 1,222ビュー コメント 0 ナイス 5

今週から中山・阪神で秋競馬が開幕。日曜深夜にはマカヒキが出走するニエル賞(勝つと思いますが、本番でマークされないように、「圧勝」は避けてほしい)もあります。
西ではスプリンターズSに向けてGI馬が復帰しますが、予想的には東の方が面白そうなので京成杯オータムハンデを考察します。

ダノンプラチナ
ダノンプラチナは「柔×柔」のディープインパクト×Unbridled’s Songで、母系にSeattle Slewも入るので「柔」の部分が発現している(もちろんそれを下支えする「剛」の血も素晴らしい)。レース振りを見ても分かるように1800寄りのマイラーで、一般的な「ディープ産駒」のイメージに合致するタイプ。明らかに外回り向きの走法だが、マイラーというのは一定の「パワー」というものも持ち合わせているもので、その「パワー」というものは年齢を重ねるにつれて発現してくるものだし、先行力というものはそのパワーに因るものだから、4歳秋を迎えてこれまで以上に前で競馬ができるようになっている可能性もある。もちろんこの中では地力は抜けているが、今回に関していえば難しい内枠に入ったし、開幕週の馬場を考えれば勝ち切る可能性は少ないのではないかとみている(ペースが流れて、且つスムーズに外目に持ち出したしたい)。

●3歳馬2騎
ロードクエストマツリダゴッホにボルキロ血脈(Bold RulerとPrincequillo)を取り込みBold Biddr≒Secretariat4×5としたマツリダゴッホ産駒の典型的な好配合で、それらしいストライドで走るからベストは東京マイルと言うべきだが、Robertoの影響か、ノーザンテーストの影響か、ダノンプラチナほどのしなやかストライドではないから中山への対応力はある。ただ気性的な面でも乗り難しい面がある馬だし1着に据えた馬券はダノンプラチナよりは買いやすいが不安がある。
トウショウドラフタはSadler’s Wells≒Number3×3のアンライバルド産駒で、それらしい前向きな気性とパワーが最大の特徴。だからコーナーが多い中山マイルは合っているはずで楽しみなコース替わり、ただ、折り合いを付けるのが巧い田辺騎手からの乗り替わりというのは不安が残る。

ダノンリバティ
ダノンリバティは、Nureyev≒Fairy King4×3で、それらしい足捌きを感じさせるからコース替わりは気にならないし、ここのパワーがあるから急坂がある中山も合っているクチだろう。前走で先行力をみせたことは4歳秋の充実を感じさせるし、臨戦過程や調教も抜群。今回最も欠点が少ない有力馬はこの馬だろう。

ピークトラム
ピークトラムはマルゼンスキー≒Passing Mood3×3を持つ名繁殖タッチザピークの2番仔(産駒は3頭、異なる種牡馬で2勝以上挙げている)。Aureoleのクロスを持つから馬群を嫌う気性があり、関屋記念は2枠4番から包まれる形になってしまったのが敗因。そうでない形であれば中京記念で唯一先行して残している馬で地力は上位なのは明白。ただ今回も先行するスマートオリオンペイシャフェリスの内である4枠7番に入ってしまったのは不運としか言いようがない。逆にこの枠で逃げを決め打ちしてくるかもしれないので実に悩ましい。

クラリティスカイ
GI馬クラリティスカイは、再度田辺騎手騎乗&内枠で不気味だが、GI馬とは言え古馬相手となればGIII級のインパルスヒーロー的な馬だと思っているから「GI馬復活」的な煽りで人気先行ならば嫌いたい1頭。やはり東風Sくらいまで待ちたい。

●要注意の牝馬2騎
枠順を見て飛びつきたくなったのはアルマディヴァンカフェブリリアントの牝馬2頭。
どちらもLa Troiennneの影響で肩が立ったピッチ走法だから、直線の長いコースではスローの加速力勝負向きで、本質的にはコーナリングの巧さが魅力。アルマディヴァンは中京記念→関屋記念の内容が夏馬っぷりを感じさせる復調振りで、再度の横山典弘騎手騎乗も心強い。コースは間違いなく合っているので期待は大きい。カフェブリリアントも、前走のヴィクトリアマイルはハイペースで飛ばし過ぎたが、それ以外は大きく崩れていないし、戸崎騎手騎乗というのが心強い。こちらもコース適性は抜群なはず。

●そのほか気になる穴馬
その他ではシベリアンスパーブも中山マイルは合っていますし、重賞でも力は通用することは昨年のチャレンジC3着と今年の京都金杯4着が証明。ワキノブレイブも地力強化が見てとれますし、本来は直線の坂があった方が良いタイプ。リーサルウェポンは名牝KatiesにAlydar、Gold Legendとディープに合いそうな血を持ってきた良血で、関屋記念の内容も悪くありませんし、大外枠で無欲の追い込みに徹すれば面白そう。


【まとめ】
ダノンプラチナロードクエストも信頼しきれない
ダノンリバティはメンバーの中で最も欠点が少ない
ピークトラムは戦法がカギ
アルマディヴァンカフェブリリアントの牝馬2騎が面白い


----------


【参考】

『日本サラブレッド配合史―日本百名馬と世界の名血の探究』(笠雄二郎著)
望田潤さんのブログ http://blog.goo.ne.jp/nas-quillo
栗山求さんの連載「血統SQUARE」http://www.miesque.com/motomu/works.html
『覚えておきたい 日本の牝系100』(平出貴昭著)

【うまカレBlog】http://umacollege.blog.fc2.com
【Twitter】https://twitter.com/umacolle
【Facebook】https://ja-jp.facebook.com/umacolle

金沢ユウダイ
【Twitter】https://twitter.com/derby6_1
【ブログ】http://derby6-1.hatenablog.com/


執筆者:うまカレ(MYコロシアム>最新予想にリンク)

------------------------------------------------
あなたも「みんなの競馬コラム」コーナーでコラムニストデビューしてみませんか!
>>応募方法など詳しくはこちら<<
------------------------------------------------

[もっと見る]

2015年04月25日() 14:00 凄馬プロジェクトチーム
第93回『凄馬出馬表分析&馬券検討』〜福島牝馬ステークス GIII
閲覧 112ビュー コメント 0 ナイス 1

みなさんこんにちは!

本日は福島11R「福島牝馬ステークス GIII」の『凄馬出馬表』を分析したいと思います。

今回も「U指数」だけでなく、U指数のポイントに【調教評価】、【厩舎評価】、【斤量補正】を数値化し加算減算しU指数を補正することで「総合ポイント」を算出しました。


U指数1.0ポイントは約1馬身差にあたるので、これを目安に以下のような重み付けをしました。
【調教評価】は競馬エイトの調教評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「5」・・・「−1.0ポイント」
「6」・・・「±0.0ポイント」
「7」・・・「+1.0ポイント」
「8」・・・「+2.0ポイント」
【厩舎評価】は競馬エイトの厩舎コメントの評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「△」・・・「−1.0ポイント」
「○」・・・「±0.0ポイント」
「◎」・・・「+1.0ポイント」
【斤量補正】は1.0kg=「0.5ポイント」として以下の基準体重との差分に乗算しました。
「牡馬」・・・「57.0kg」
「牝馬」・・・「55.0kg」


上記の補正を行った『凄馬出馬表』(画像)をご覧ください。





第1グループ(橙)は、パワースポット1頭。
第2グループ(黄)は、スイートサルサから1.0ポイント差(約1馬身差)以内の、ケイティバローズの2頭。
第3グループ(薄黄)は、バーバラから1.0ポイント差(約1馬身差)以内の、アルマディヴァンまでの2頭となり、以下は第4G(灰)となっています。

さて、ご覧いただくと総合ポイント1位・パワースポット〜総合ポイント2位・スイートサルサ間の1.1の溝、総合ポイント5位・アルマディヴァン〜総合ポイント6位・マイネグレヴィル間の1.9の溝が目立つところです。特に5位〜6位間の1.9の溝はかなり大きいので上位5頭から本命を選びたいと思います。

◎本命はアルマディヴァンを抜擢します。一戦ごとに競馬内容に成長が見られますし、調教の動きも良く、充実しています。パワースポットスイートサルサあたりは人気ですし、上位グループ間の中でも妙味あるこの馬を狙ってみます。以下、総合ポイント上位から○スイートサルサケイティバローズ、小回りということで先行力ある△フィロパトール、☆ペイシャフェリスを抜擢して3連複フォーメーションで勝負です。

【3連複フォーメーション】
13

4,5,6,11

1,2,4,5,6,7,11,14,16

計26点

ポイント上位のバーバラは短距離での指数であり、今回は厳しいと判断しました。

[もっと見る]

2014年10月22日(水) 13:03 【ウマニティ】
先週の回顧〜dream1002プロが秋華賞◎○▲のパーフェクト予想!
閲覧 142ビュー コメント 0 ナイス 5

先週は、19(日)に京都競馬場でGI秋華賞が行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
GI秋華賞は何頭かタイミング合わずバラバラっとしたスタート。押してハナを主張したペイシャフェリスが先頭に立つと、外から気合いを付けて出していったリラヴァティが2番手に付けて第1コーナーへ入っていきます。3番手の外にハピネスダンサー、続いて内からバウンスシャッセレーヴデトワール、1馬身ほど離れてマーブルカテドラル、内にブランネージュ、その後ろにマイネグレヴィルと先行集団を形成。
  
 そこから5〜6馬身の差が開いてショウナンパンドラタガノエトワールヌーヴォレコルトと続き、そこからさらに2馬身程後方にディルガレッドリヴェールアドマイヤビジンサングレアルオメガハートロック、最後方にセウアズールといった隊列で前半の1000mを58秒0で通過。
 縦長のまま3コーナーへ突入すると、先行集団に付けていたリラヴァティバウンスシャッセハピネスダンサーが仕掛けて逃げるペイシャフェリスとの差を詰めていきます。それに合わせて中団以降の各馬も進出を開始。馬群はグンと詰まって直線コースへ入ります。
 
 ペイシャフェリスを交わしてリラヴァティが先頭に立つと、直後、その2頭の間を割るようにショウナンパンドラが一気に先頭へ。真ん中からはタガノエトワールも脚を伸ばします。残り200m、ショウナンパンドラタガノエトワールの2頭が激しく叩き合いますが、ここでタガノエトワールはやや脚色が鈍り、外からようやくエンジンかかったヌーヴォレコルト、内からブランネージュが追い込んできます。ラスト100m、内ラチピッタリで逃げ込みを図るショウナンパンドラに一完歩ごとに差を詰めるヌーヴォレコルト。激しい追い比べとなりましたが、ショウナンパンドラヌーヴォレコルトをハナ差抑え込んで嬉しい初GI制覇を飾りました。勝ちタイムは1分57秒0。2着にヌーヴォレコルト、そこから1馬身1/4差の3着にタガノエトワールが入っています。
 
 
公認プロ予想家ではスガダイプロ霧プロサラマッポプロ導師嵐山プロ佐藤洋一郎プロ馬っしぐらプロシムーンプロが的中しています。
 
☆☆☆注目プロ →dream1002プロ
19(日)京都11R秋華賞で「ヌーヴォレコルトを認めつつも逆転を許すとすれば、ショウナンパンドラ!」と完璧な見解を披露し、◎○▲のパーフェクト的中!3連単127倍を700円的中させ、8万9530円を払い戻しました!18(土)東京11R府中牝馬Sでも「直線強襲で突き抜ける」と評した◎ディアデラマドレからの3連単を300円的中させ、3万7200円を払い戻しました!19(日)東京7Rでは人気落ちで狙い目とコメントした◎ナスケンリュウジンからの3連単604倍を的中させるなど好調予想を重ね、週末トータル的中率42%、回収率125%、収支プラス12万6190円の爆発週でした!
 
☆☆☆注目プロ →スガダイプロ
19(日)京都11R秋華賞を○◎で仕留め、18(土)東京11R府中牝馬Sでは「瞬発力だけなら現役屈指」と評した◎ディアデラマドレの単複、▲スマートレイアーへの馬連を的中させ、4万2770円を払い戻しました。この他にも19(日)京都7R◎ワールドイズボンド○サンマルクイーン(単勝21.3倍)で単勝、馬連、ワイド、3連複を的中させるなど的中ラッシュ!週末トータル的中率45%、回収率134%、収支プラス7万2730円を達成しました!

☆☆☆注目プロ →夢月プロ
19(日)東京12Rで◎ネオシーサーの単勝を1万円的中させ、27万8000円を払い戻し!19(日)京都1Rでも単勝15.8倍のカラパナビーチを1万円的中!週末トータルでは的中率19%、回収率133%、収支プラス24万3000円の好成績を収めています。
 
☆☆☆注目プロ →岡村信将プロ
18(土)東京5Rアイソレーション(5.6倍)、東京7Rシンボリハミルトン(9.6倍)、19(日)京都9Rアルマワイオリなどコンスタントに的中を重ね、週末トータル的中率65%、回収率125%を達成しています。

☆☆☆注目プロ →kmプロ
18(土)京都7Rで◎サトノバリアントからの3連単449倍を500円的中させ、22万4500円を払い戻し!同日の福島8Rでは単勝26.5倍のヤマニンボワラクテの単勝5000円的中!13万5000円を払い戻しました!19(日)京都5Rエイシンライダーの単勝(13.6倍)を的中!週末トータルでは回収率113%、収支プラス7万2400円をマークしています。
 
この他にもサラマッポプロ(107%%)、蒼馬久一郎プロ(102%)、山崎エリカプロ(102%)が週末トータル100%超えの活躍を見せています。

※全レースの結果速報はこちら
 
今週も競馬予想の達人・ウマニティ公認プロ予想家の予想にご注目下さい。

[もっと見る]

⇒もっと見る

ペイシャフェリスの口コミ


口コミ一覧

京都金杯

 Mr.A− 2017年01月04日(水) 23:19

閲覧 9ビュー コメント 0 ナイス 1

182.1 1 39.4 24.3 118.4 ブラックスピネル 
111.6 2 25 9.4 77.2 ケントオー    
135.8 3 25.1 14.9 95.8 アルマディヴァン 
183.8 4 36.8 28.7 118.3 ブラックムーン  
注 191.4 5 23.6 34.8 133 フィエロ     
△ 211.5 6 36 23.5 152 エアスピネル   
167.1 7 23.2 26.3 117.6 テイエムタイホー 
146.2 8 17.1 19.5 109.6 ペイシャフェリス 
165.6 9 28.7 37.2 99.7 ダイシンサンダー 
122.7 10 14.5 23.1 85.1 テイエムイナズマ 
168.4 11 19 23.1 126.3 ダンツプリウス  
▲ 211.7 12 27.2 32 152.5 ミッキージョイ  
161.1 13 23.6 28.8 108.7 ピークトラム   
◎ 225.1 14 43 25.4 156.7 アストラエンブレム
○ 211.8 15 22.1 27.8 161.9 マイネルハニー  
46.8 16 13 17.7 16.1 サクラアドニス  
143.6 17 27.5 24.4 91.7 ムーンクレスト  
× 193.6 18 50.3 34.8 108.5 ガリバルディ   

  2017年01月03日(火) 23:51
競馬はやっぱり金杯から!part2
閲覧 31ビュー コメント 0 ナイス 4


続きまして、西の金杯予想だよっと。

京都金杯
出走馬一覧

アストラエンブレム
アルマディヴァン
エアスピネル
ガリバルディ
ケントオー
サクラアドニス
ダイシンサンダー
ダンツプリウス
テイエムイナズマ
テイエムタイホー
ピークトラム
フィエロ
ブラックスピネル
ブラックムーン
ペイシャフェリス
マイネルハニー
ミッキージョイ
ムーンクレスト


過去3年lap time
2016
12.3-10.9-11.4-12.2-11.6-11.3-11.6-11.7
2015
12.7-11.3-11.6-11.9-11.3-11.1-11.1-11.8
2014
12.4-11.0-11.3-11.9-11.5-11.3-11.4-11.7

過去3年優勝馬前走lap time
2016リゲルS 前受 タレる
12.7-11.4-12.2-12.2-11.7-11.2-11.1-11.6
2015チャレンジC 前受 タレる
12.6-11.2-11.5-11.8-11.7-11.6-11.0-11.6-12.9
2014毎日王冠 後方ママ
13.0-11.0-11.5-12.7-12.6-12.6-11.1-10.9-11.3

共通項
2F早め→残り5F継続、先行押切。前走坂失速先行。

今年の前走lap time
菊花賞
13.0-11.3-11.0-12.4-12.2-12.7-13.6-13.2-12.3-12.7-12.2-12.0-11.6-11.5-11.6
継続加速ラップ。エアスピネルは前受盛り返し。距離短縮対応がカギ。

マイルCS
12.3-10.9-11.2-11.7-11.4-11.7-11.6-12.3
出走2騎、中団以降差し競馬。

キャピタルS
12.5-10.7-10.9-12.0-12.2-12.0-11.3-11.9
前半ハイペース+ラス2F坂で好ラップ。前受気味狙い。→テイエムイナズマ

タンザナイトS
12.5-11.2-12.0-12.0-11.6-11.2-11.6
前残り競馬。ラップ面から距離短縮向き。

チャレンジC
12.3-11.1-11.9-11.7-11.8-11.6-11.3-11.8-13.0
ハイペースを番手追走のマイネルハニーは評価すべき。ブラックスピネルの取捨。

ターコイズS
12.4-10.8-11.4-11.8-11.9-11.7-11.9-11.7
息の入らないハイラップ。つらい立ち回りで大敗のペイシャフェリスに巻き返しの余地あり。

リゲルS
12.4-11.4-11.9-11.9-12.1-11.1-11.2-12.8
勝ち馬は逃げ切り。出走2騎、力不足感。

阪神C
12.5-11.1-11.3-11.6-11.6-11.3-12.5
前傾ラップ。フィエロ。前受、勝ち馬とは立ち回りの差の感。距離延長で本領発揮?


持ちタイム上位
特筆すべきタイム保持馬なし


結論

先行馬が圧倒的に有利な年始の京都。
人気の中心はマイネルハニーか。経験ラップ面からもほぼ死角なしのようにも見える。
しかし、敢えてアラを探してみると、自分でラップを作り出すタイプではなく、作られた流れをうまく捌くタイプのようにも見える。
今回ハナを叩きたい馬が見当たらず、強いて言えば、ペイシャフェリスか。
ただし前走の教訓を活かしたいとも見えて、強気なペースでの逃げは見込みづらい。
うまく立ち回れるペースで逃げた場合、この2騎は共倒れの可能性すらあると見た。
なので、マイネルハニー・ペイシャフェリスは△評価とする。
では◎本命はどうするか。
逃げるであろう強い馬が負けるシーンを考えると、2列目で出し抜くパターンが一番ベター。
前走のラップ経験から立ち回れると見て◎本命はブラックスピネルとする。
昨年の下半期はラップ読みが冴えていた福永騎手が鞍上でもあり、どうにかしてくれないか。
〇対抗はエアスピネル。
一気の距離短縮への対応が不安ではあるが、何もせずに挑んでくる訳もなく、そもそもの馬のポテンシャルもある。
▲単穴には高速馬場への適応が疑問も立ち回り重視でダンツプリウスを推す。
あとは△フィエロ。フォーリー騎手のヘグりが怖いが実力上位。

◎ブラックスピネル
〇エアスピネル
▲ダンツプリウス
△フィエロ
△マイネルハニー
△ペイシャフェリス

買い方は、3連単2頭軸マルチで◎〇→▲△の24点。

[もっと見る]

 人参好 2016年12月18日() 02:15
朝日杯FS
閲覧 33ビュー コメント 0 ナイス 2




ではターコイズステークス

1)馬場状態
   時計がややかかり、上りが要する力のいる馬場
   極端な内外の差はないが、大外分回しは上りが要する馬場への適性が必要

2)コースレイアウト
   基本逃げ・先行が優位なレイアウト

3)展開
   逃げはペイシャフェリスかクロコスミアか。どちらも平均ペースに落としてのタイプ  
   極端にペースを上げる可能性が低いと想定 前半は意外と早い可能性あり
   前走スプリント使った馬多くスローはないか

4)枠順
   逃げ候補のクロコスミアが内、もう一頭のペイシャが外でペイシャが外目からハナ奪いそう

にて 5)結論
◎ダイワドレッサー
 〇クロコスミア
 ▲カフェブリリアント
 △エンジェルフェイス
 △ビーイーバーレル
 △マイネグレヴィル

すごいです。カフェ除いて1番から4番目(後ろから)を独占しています。
前優位を引きずってペース早くなりそうも・・・という感じ

レースラップは
 12.4-10.8-11.4前半3Fで全く息が入らないHペース。後ろからでした。

ただ馬場痛みによる外差しまでは多分ないのではないかと。というような気がします。


朝日杯FS

1)馬場状態
   時計がややかかり、上りが要する力のいる馬場
   極端な内外の差はないが、大外分回しは上りが要する馬場への適性が必要

   と中山と同じ感じをもっています。
  
   土曜メイン リゲルステークス でマイネルアウラート逃げ切りでしたが(的中!助かった〜)
   1分34秒台で後ろからきたサトノラーゼン2着、34.4 ポートライトニング 34.5 4着
  とスローでこの2頭ならば33秒台でもよいペースと思います。サトノはダービ2着時の競馬みたいでしたね。
   外回さないタイプなので買い目入れておくべきでした。  

2)コースレイアウト
   差しが本来台頭するレースも馬場が時計を要する馬場。早い上りが繰り出しにくいため結果、内や前優位に見える。

3)展開
   トラスト、ポンセルヴィーノが先手争いになりそう。比較的早めで逃げは息入れれないか
   Hペースまではいかず平均ペースまでと見る

4)枠順
   トラストが内見ながら先手取りそう。
   ミスエルテは折り合い重視で後ろからになりそう。

5)結論
   中団くらいに位置する馬が優位。前残りになるような息が入る展開にはならなそう。
  ミスエルテは破格の調教タイムでもあるのですが、頭が高くピッチ走法ですね。折り合いに難がありそうで
  後ろからがいいのか中団にいたほうが良いのか微妙です。後ろからの方が良さそうですね。
   ファンタジーSのレベルが正直かなり怪しい。
   重賞組経由からで良いと見ます
  
    ◎ダンピュライト
    〇モンドキャンンノ
    ▲レヴァンテライオン
    △ミスエルテ
    △トリリオネア
    △クリアザトラック
    △レッドアンシェル

 レヴァンテライオン意外と強いということはないだろうかな
 ミスエルテはここ勝てばなんですが、スケール感はソールの方がある感じがします
     

[もっと見る]

ペイシャフェリスの掲示板

コメント投稿
コメント一覧
コメントはありません。

ペイシャフェリスの写真

ペイシャフェリス

ペイシャフェリスの厩舎情報 VIP

2017年1月5日スポニチ賞京都金杯 G312着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

ペイシャフェリスの取材メモ VIP

2017年1月5日 スポニチ賞京都金杯 G3 12着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。