ワールドエース(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
写真一覧
抹消  鹿毛 2009年2月22日生
調教師池江泰寿(栗東)
馬主有限会社 サンデーレーシング
生産者ノーザンファーム
生産地安平町
戦績17戦[4-3-0-10]
総賞金22,842万円
収得賞金5,425万円
英字表記World Ace
血統 ディープインパクト
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
ウインドインハーヘア
マンデラ
血統 ][ 産駒 ]
Acatenango
Mandellicht
兄弟 マンハイムウエスタンマンデラ
前走 2015/12/12 チャレンジカップ G3
次走予定

ワールドエースの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
15/12/12 阪神 11 チャレンジC G3 芝1800 187145.134** 牡6 57.5 H.ボウマ池江泰寿478(+12)1.46.6 0.534.6⑫⑬フルーキー
15/11/28 東京 11 キャピタルS OP 芝1600 18357.042** 牡6 57.0 H.ボウマ池江泰寿466(-4)1.33.2 0.033.8⑥⑥サンライズメジャー
15/10/24 東京 11 富士S G3 芝1600 1671330.8119** 牡6 57.0 北村宏司池江泰寿470(--)1.33.3 0.634.0⑤⑤ダノンプラチナ
15/04/06 オー 9 ドンカスタM G1 芝1600 20--------8** 牡6 55.5 N.ホール池江泰寿--0000 ------カーマデック
15/03/21 オー 8 ジョージRS G1 芝1500 14--------11** 牡6 59.0 N.ホール池江泰寿--0000 ------リアルインパクト
14/12/14 香港 7 香港マイル G1 芝1600 10--------4** 牡5 57.0 Z.パート池江泰寿464(--)1.34.2 0.8----ABLE FRIEND
14/11/23 京都 11 マイルCS G1 芝1600 17595.648** 牡5 57.0 P.ブドー池江泰寿472(+8)1.32.1 0.634.7⑩⑩ダノンシャーク
14/10/12 東京 11 毎日王冠 G2 芝1800 158153.2113** 牡5 57.0 小牧太池江泰寿464(-2)1.45.8 0.633.5⑪⑪⑬エアソミュール
14/06/08 東京 11 安田記念 G1 芝1600 178179.635** 牡5 58.0 C.ウィリ池江泰寿466(0)1.37.4 0.637.8⑨⑨ジャスタウェイ
14/04/27 京都 11 マイラーズC G2 芝1600 16246.431** 牡5 56.0 A.シュタ池江泰寿466(+16)1.31.4 -0.233.2④④フィエロ
14/02/01 東京 11 白富士S OP 芝2000 147123.115** 牡5 56.0 武豊池江泰寿450(+4)2.00.2 0.433.7⑦⑦⑦エアソミュール
12/05/27 東京 10 東京優駿 G1 芝2400 18482.514** 牡3 57.0 福永祐一池江泰寿446(0)2.24.0 0.233.8⑪⑪⑩⑩ディープブリランテ
12/04/15 中山 11 皐月賞 G1 芝2000 18593.222** 牡3 57.0 福永祐一池江泰寿446(0)2.01.7 0.434.9⑰⑰⑰⑮ゴールドシップ
12/03/17 阪神 11 若葉S OP 芝2000 166111.311** 牡3 56.0 福永祐一池江泰寿446(-8)2.04.4 -0.335.3⑫⑫⑫⑫メイショウカドマツ
12/02/05 京都 11 きさらぎ賞 G3 芝1800 13692.111** 牡3 56.0 小牧太池江泰寿454(0)1.47.0 -0.233.0⑩⑧ヒストリカル
12/01/21 京都 9 若駒S OP 芝2000 5221.212** 牡3 56.0 福永祐一池江泰寿454(-2)2.05.7 0.433.6⑤⑤⑤⑤ゼロス
11/12/17 阪神 7 2歳新馬 芝1800 137111.411** 牡2 55.0 福永祐一池江泰寿456(--)1.49.5 -0.134.5⑨⑧レッドブレイゾン

ワールドエースの関連ニュース

 第64回安田記念(8日、東京11R、GI、3歳上オープン国際(指)、定量、芝1600メートル、1着本賞金1億円=出走17頭)3番人気ワールドエースは5着に敗れた。道中は中団で、グランプリボスのすぐ外を追走。4コーナー手前では馬場に脚を取られたのか、早々と鞍上の手が激しく動く。直線で大外に持ち出してからは、ジワジワと脚を伸ばしたが掲示板が精いっぱいだった。

 「馬場が悪く、ノメッてスタートダッシュも利かなかった。それでも最後は外から伸びているからすごい馬だよ。良馬場だったら…」と初騎乗だったウィリアムズ騎手は道悪に敗因を求めたが、高い能力を評価した。

★8日東京11R「安田記念」の結果はこちら

【東西若手記者走る】道悪得意!フィエロ急成長2014年6月8日() 05:07

 1週間密着取材して安田記念の勝ち馬を探し出す『東西若手記者走る』。東京サンスポの板津雄志記者(34)は最終日、フィエロに◎を打った。成長著しい5歳のディープインパクト産駒が、デビューから10戦目で春のマイル王の称号をつかむ。

 土曜朝は美浦トレセンで関東馬の最終調整をチェック。印をつけるかどうか迷っていたホエールキャプチャは坂路とWコースでキャンターを行ったが、落ち着きがあって脚さばきも力強い。好ムードならノーマークにはできない。

 午後は記者席のテレビで東京のレースを見ていたが、雨がやむ気配はない。「東西若手記者走る」の第1弾として担当した高松宮記念も暴風雨で不良馬場だったが、また雨とは…。予想を難しくする要素が増える。

 1週間の取材をもとに出した結論は◎フィエロ。メンバーで唯一の重賞未勝利馬でも、藤原英調教師に「能力の高さは確信していた。血統や走り方から、マイルのスペシャリストにしていこうと思った」と言わしめるほどの存在だ。

 重賞初挑戦だった前走のマイラーズCは、立派な内容だった。コースレコードが出るほどのスピード勝負で、勝ったワールドエースから1馬身1/4差の2着。デビューから9戦目、しかも直線で一度も手前を替えないままでこれほどのパフォーマンスを見せられるとは驚いた。トレーナーは「まだ底を見せていないし、GIの前にこういう経験ができたのは大きい」と、敗戦を糧にさらなる成長を見込む。

 伸びしろなら今回のメンバーではナンバーワン。道悪も2戦2勝と得意で、○ジャスタウェイや▲ワールドエースが悪路に苦しめば、チャンスは広がる。鞍上の岩田騎手も、今春の東京GIで【1・0・1・1】とすべて人気以上の成績を収めているのは頼もしいかぎりだ。馬連(13)−(10)(17)(8)(1)(6)(7)で、春の東京最後のGIを飾りたい。

安田記念の枠順はこちら

[もっと見る]

【安田記念】“ワンターンの鬼”ワールドエース2014年6月7日() 13:37

 コーナーが少なければ少ないほどいい。“ワンターンの鬼”ワールドエースが、ワンターン・府中マイルで躍動する。

 キャリアをたどればワールドの嗜好はハッキリと浮かび上がる。これまで8戦して(1)(2)(1)(1)(2)(4)(5)(1)着。これをコーナー2回、いわゆるワンターンコースでの成績に絞り込めば(1)(1)(1)着と見事にパーフェクト。つまり、前走・マイラーズCでの衝撃的なレコード駆けは、マイルがはまった激走というより、得意舞台のワンターンでの至極当然な好走という見方が正解なはずだ。

 「確かにコーナー2つのほうが競馬がしやすそう」とは池江寿調教師。では、なぜこうも合うのか。ワールドのワンターン好きは実はその血に隠されていた。

 母マンデラの弟で現種牡馬のマンデュロは現役時代、ノーターンの直線マイル、仏GIジャックルマロワ賞を激勝。日本にノーターンのGIがないことが惜しまれるが、“コーナーが少なければ少ないほどポテンシャルを発揮する”理由はあったわけだ。

 だとすれば、残る不安はレコード駆けの反動だけ。格下馬に追いつけなかった先週の坂路とは一転、豪快に4馬身突き放した今週の動きを見ればそんな不安は一掃される。これには「先週は物足りないと感じたが、1週間でここまで変わるとは…。とにかく抜群の反応だった」と、2週連続騎乗したウィリアムズ騎手も驚きを隠さない。

 府中マイルのレコードは12年の安田記念ストロングリターンが出した1分31秒3。当時の4F通過が44秒9で、ワールドのマイラーズC(1分31秒4)は同46秒6。机上の空論とはいえ、’12安田ペースであれば、1分29秒7の仰天レコードが飛び出していた可能性も−。“世界”の走りを見せつけるのはこっちだ。(夕刊フジ)

安田記念の枠順はこちら

[もっと見る]

【安田記念】ジャスタにスキあり!エース頂く 2014年6月7日() 05:05

 東京競馬の5週連続GIの最後を飾る安田記念の枠順が6日、確定した。サンケイスポーツ・加藤隆宏記者は〔8〕枠(17)番に決まったワールドエースで勝負。前走のマイラーズカップをコースレコードで完勝した大器が、春のマイル王の座に就くとみた。加藤記者は、安田記念を2012年◎△馬単1万3920円、13年▲◎馬単2570円と連勝中。今年もビシッと仕留める。

 断然人気が予想されるジャスタウェイは、ジェンティルドンナを一蹴した昨秋の天皇賞から3連勝中。前走のドバイデューティフリーでは海外の強豪を子供扱いにした。

 世界ランキングのトップホースを素直に信頼すべきかもしれないが、気になる点がいくつかある。本格化以降の走りは明らかに中距離仕様で、序盤はゆったりしたリズムで流れに乗っている。ペースが速くなるマイルでは自然と後方の位置になってしまうだろう。リスクを伴うポジションになる可能性が高いうえ、帰国初戦で宝塚記念(29日)も見据えた仕上げ。付け入るスキはある。

 本命には(17)ワールドエースを推す。3歳春はきさらぎ賞を快勝し、皐月賞で2着。ジャスタには2戦2勝で当時はこちらがはるかに格上だった。クラシック戦線を主役として歩んだが、秋に屈腱炎(脚部の故障)を発症。表舞台から姿を消し、今年になってようやく戦列に復帰した。

 約1年8カ月に及ぶブランクから復帰2戦目となった前走のマイラーズCは強いの一語。フレグモーネ(皮膚病)の影響があって良化途上だったが、5番手から抜け出し、コースレコードで完勝した。初のマイル戦で距離適性を示しただけではなく、GIレベルの能力が色あせていないことを証明した。

[もっと見る]

【東西若手記者走る】ワールドがエース格 2014年6月6日(金) 05:04

 安田記念の勝ち馬を探し出す『東西若手記者走る』。密着4日目を迎えた東京サンスポの板津雄志記者(34)は、7頭出しのディープインパクト産駒の中からワールドエースに注目した。屈腱炎から復活し、前走のマイラーズCをコースレコードで制した素質馬は、GI初制覇を飾ることができるのか。

 中長距離路線を歩んでいたトーセンラーが昨秋のマイルCSを制したことをきっかけに、マイル路線にもディープインパクト産駒の進撃が始まった印象だ。改めて池江調教師に、父・泰郎元調教師が管理したディープの産駒の特徴を聞いた。

 「高速決着に強く、秘めたスピード能力は高い。今回のコーナーが2つのマイル戦は力が出しやすい条件でしょう。でもスピードだけではない。いずれ菊花賞(3000メートル)や天皇賞・春(3200メートル)を勝つ馬も出てきますよ」

 つまり、距離は融通が利くとの見方だ。池江師が手掛けるワールドエースも、距離を短縮したマイラーズC(京都芝1600メートル)を1分31秒4のコースレコードで勝ち、マイルデビューを飾った。屈腱炎(左前)による1年半以上のブランクを克服した上、好位に取り付いて押し切る内容は、差し・追い込み馬のイメージを覆した。

[もっと見る]

【安田記念】東西調教ウオッチャー 2014年6月6日(金) 05:04

 トレセンの調教から狙い馬を探し出す「東西調教ウオッチャー」。今週は安田記念で、サンスポから東京の片岡良典記者と大阪の宇恵英志(うえ・ひでゆき)記者、僚紙の競馬エイトから栗東の坂本和也トラックマンが出席して、動きの目立った馬を挙げた。

 宇恵 今週の競馬が終了したら、“函館の人”になるらしいね、坂本ちゃん

 坂本 ハイ! ワールドエースできっちりと当てて、そのまま北の大地へ飛び立ちますよ。そのワールドエースは1週前より最終追いの動きがグンと良化。最後まで集中して走れていました。大型馬ではないのに馬体をよく見せていて、体にも厚みがありますからね

 宇恵 確かにマイラーズC(1着)のときより気配はよさそう

 坂本 一昨年のダービーで1番人気(4着)だった馬が立ち直れば、たとえ世界のジャスタウェイが相手でも勝負になりますよ

 宇恵 そのジャスタウェイが、調教は一番よかったんとちゃう? サンケイスポーツ調教評価で最高の『S』にふさわしい力感のある走りやったぞ

 坂本 けいこだけなら、ジャスタウェイでしょうね。海外遠征後の初戦ですけど、乗り込み量は足りてます

 片岡 西の2人だけで話し合いを終わらせんといてや。ホエールキャプチャもいい雰囲気なんやから。坂路でラスト1ハロン12秒1。しかも、まだいくらでも動けそうな感じやった。ヴィクトリアマイル(4着)のときより良さそう。道悪は平気やし

 宇恵 はいはい。他では

 片岡 レッドスパーダも元気いっぱいやった。馬場が悪化すると心配やけど、良馬場なら穴として注目やで

 宇恵 あと関西馬のヒモ穴候補は、クラレントダノンシャーク。切れのある攻めの動きは特筆ものだった

安田記念の枠順はこちら

[もっと見る]

⇒もっと見る

ワールドエースの関連コラム

閲覧 209ビュー コメント 0 ナイス 0

みなさんこんにちは!

本日は東京11R「富士ステークス GIII」の『凄馬出馬表』を分析したいと思います。

今回も「U指数」だけでなく、U指数のポイントに【調教評価】、【厩舎評価】、【斤量補正】を数値化し加算減算しU指数を補正することで「総合ポイント」を算出しました。


U指数1.0ポイントは約1馬身差にあたるので、これを目安に以下のような重み付けをしました。
【調教評価】は競馬エイトの調教評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「5」・・・「−1.0ポイント」
「6」・・・「±0.0ポイント」
「7」・・・「+1.0ポイント」
「8」・・・「+2.0ポイント」
【厩舎評価】は競馬エイトの厩舎コメントの評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「△」・・・「−1.0ポイント」
「○」・・・「±0.0ポイント」
「◎」・・・「+1.0ポイント」
【斤量補正】は1.0kg=「0.5ポイント」として以下の基準体重との差分に乗算しました。
「牡馬」・・・「57.0kg」
「牝馬」・・・「55.0kg」


上記の補正を行った『凄馬出馬表』(画像)をご覧ください。



第1グループ(橙)は、フルーキーから1.0ポイント差(約1馬身差)内のロゴタイプまで2頭。
第2グループ(黄)は、ワールドエースから1.0ポイント差(約1馬身差)内のシャイニープリンスブレイズアトレイルヤングマンパワーサトノアラジンまで5頭。
第3グループ(薄黄)は、カレンブラックヒルから同差内のアルバタックスまで2頭で、以下は第4G(灰)となっています。

さてこのように色分けされた分布を見ると、上位には最大でも1.0ポイント差が目立つ程度で、特に3位ワールドエース〜10位グランシルク辺りまではトータル2.0ポイント差内に収まっている状況です。上位2頭の評価次第では大混戦といった様相でしょうか。

ということでまず、2頭の評価から。
総合トップのフルーキーは、GI菊花賞以外では全て掲示板内という超安定株。前走OPとはいえ休み明けで仕上がり途上の中、快勝とここに向けて勢いも十分といった印象。ただ、今回大外枠を引いたことでロスの多い競馬になると今の馬場状態では思わぬ凡走といったケースもありそう。動き一変といった調教内容を見る限り“重箱の隅”なのかなとも思いますが、毎回人気する馬なので今回は相手筆頭評価までとしたいと考えています。
2位ロゴタイプについては、東京では500万下での好走のみということに加えて最近ますます中山専用機化していると見ていますので軽視。
上位2頭を除けば大混戦という中、その2頭にいま一つ信頼をおけない状況のため◎はその下のゾーンから選びたいと思っています。

◎は第6位ヤングマンパワー。夏場からの3歳世代の活躍や、実際に古馬と戦って好走実績がある点に加えて、3歳勢の中では最上位で好枠を引いたこの馬に今回は期待したいと思っています。
○は総合トップのフルーキーとし、▲シャイニープリンス、☆ブレイズアトレイルと1枠両頭を評価。以下、△にロゴタイプサトノアラジングランシルクヤマカツエースと印を回したいと思います。

今回の私の馬券は、◎ヤングマンパワーのオッズ次第では単・複勝負となる予定ですが、当コラムでは◎からの馬連と◎○で決まった時用の3複の合わせ技で勝負とします。


【馬連総流し】
◎=全馬
5=1,2,3,4,6,7,8,9,10,11,12,13,14,15,16 (15点)

【3複軸2頭流し】
◎○=▲☆△
5,16=1,2,8.11,14,15 (6点)

計21点


登録済みの方はこちらからログイン

2014年11月25日(火) 18:16 【ウマニティ】
先週の回顧〜夢月プロが3日間全日プラス達成!週末収支89万超えの爆発!
閲覧 181ビュー コメント 0 ナイス 3

先週は23(日)に京都競馬場でG1マイルチャンピオンシップが行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
GIマイルチャンピオンシップミッキーアイルが4.4倍で1番人気、2番人気がトーセンラーで4.7倍、3番人気はフィエロワールドエースの2頭が並んで5.6倍。ここまでの4頭が10倍を切る上位人気となりました。
 
 注目のスタートはワールドエースエクセラントカーヴサダムパテックがやや立ち遅れ、外から好スタートを切ったミッキーアイルが先頭を伺いますが、内から気合をつけてホウライアキコがハナを奪います。2番手にミッキーアイル、3番手に内からグランデッツァ、続いてサンレイレーザーダイワマッジョーレロゴタイプと先行集団を形成。中団にはレッドアリオンフィエロクラレントワールドエースが固まって追走し、1馬身ほど間があいてダノンシャークグランプリボスエキストラエンドトーセンラー。後方グループはサダムパテックタガノグランパと続き、最後方にエクセラントカーヴといった態勢。
 
 先頭を行くホウライアキコが刻んだペースは前半の1000m33秒7(参考タイム)で通過し、流れるレースとなりました。第3コーナーに差し掛かると2番手に付けていたミッキーアイルホウライアキコに並びかけてペースアップ、レースが一気に動いて直線へ差し掛かります。直線に入ってミッキーアイルが先頭に立ちますが、直後、内目を突いてフィエロ、その外からグランデッツァが脚を伸ばしてきます。残り200m、先頭に立ったフィエロに外から懸命にグランデッツァも抵抗しての叩き合い!内からはミッキーアイルフィエロの間を狙ってダノンシャークも一気に追い込んできます。残り100m、グランデッツァはここで失速して内から追い込むダノンシャークと粘りこみを図るフィエロの壮絶なデットヒート!ゴール前で僅かにフィエロを抑え込んだダノンシャークが6歳で待望のGI初制覇を飾りました!勝ちタイムは1分31秒5。ハナ差の2着にはフィエロ、そこから1馬身半差の3着にグランデッツァが入っています。
  
 公認プロ予想家ではスガダイプロ山崎エリカプロ河内一秀プロろいすプロが的中しています。
  
☆☆☆注目プロ →夢月プロ
先週の3日間開催全日プラスでまとめた夢月プロ。22(土)京都6Rで単勝12人気の◎カプリチオーソの単勝を1万円的中させ、48万円を払い戻し!23(日)東京10Rでは単勝34.2倍ドラゴンピースの単勝を1万円的中させ、34万2000円を払い戻しました。この他にも的中を幾度となく的中させ、週末トータル的中率25%、回収率224%、収支プラス89万7000円の好成績をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →導師嵐山プロ
24(月)東京9Rで◎×○の印を打ち、ワイド49.6倍、93.6倍、116.2倍の3点総取り、3連複2708倍を的中させ、73万9280円を払い戻しました!22(土)京都6Rで単勝48倍の大穴カプリチオーソメイショウナゴミ(単勝39.1倍)、バルビーナ(単勝22.3倍)のワイド、3連複を的中!46万5000円のビッグヒットとなりました!週末トータル回収率202%、収支プラス74万540円をマークしています!
  
☆☆☆注目プロ →霧プロ
先週の3日間開催全日プラスを達成した霧プロ。22(土)東京5Rで◎に31.9倍のアキノアッパーを指名し、馬連134倍、3連複371倍を的中させ、10万1100円を払い戻すスマッシュヒット!この他にもコンスタントに的中を重ね、週末トータル的中率34%、回収率148%、収支プラス16万610円の好成績をマークしています。
  
☆☆☆注目プロ →サラマッポプロ
先週に続き好調予想を披露したサラマッポプロ。24(月)東京11R東京スポーツ杯2歳S GIIIで『前走が余裕のある勝ちっぷり。レースセンス良く最内枠も好都合。』と評した◎サトノクラウンアヴニールマルシェに印を打ち、馬連10.2倍を2000円、馬単24.4倍を1000円、単勝810円を2000円を的中させ、61000円を払い戻しました!この他にも的中を重ね、週末トータル的中率66%、回収率146%、収支プラス51300円をマークしました!
  
☆☆☆注目プロ →きいいろプロ
22(土)東京11Rで◎ヒメサクラタガノトネールのパーフェクト予想を披露し、単勝6.2倍を3000円、馬連43.2倍を4000円的中させ、19万1400円を払い戻しました!続く京都12Rでは◎シンデレラボーイデンコウヒノマルに印を打ち、単勝22.2倍、馬連29倍を本線的中!18万2600円を払い戻しました!週末トータル回収率119%、収支プラス13万9200円をマークしています!

この他にも3連単プリンスプロ(145%)、蒼馬久一郎プロ(114%)、岡村信将プロ(113%)、ろいすプロ(112%)、スガダイプロ(100%)が回収率100%を超える活躍を見せています。
 
※全レースの結果速報はこちら
  
今週も競馬予想の達人・ウマニティ公認プロ予想家の予想にご注目下さい。

[もっと見る]

2014年11月23日() 14:00 凄馬プロジェクトチーム
第54回『凄馬出馬表分析&馬券検討』〜マイルチャンピオンシップ GI
閲覧 169ビュー コメント 0 ナイス 10

みなさん、こんにちは!

本日は京都11R「マイルチャンピオンシップ GI」の『凄馬出馬表』を分析したいと思います。

今回も「U指数」だけでなく、U指数のポイントに【調教評価】、【厩舎評価】、【斤量補正】を数値化し加算減算しU指数を補正することで「総合ポイント」を算出しました。


U指数1.0ポイントは約1馬身差にあたるので、これを目安に以下のような重み付けをしました。
【調教評価】は競馬エイトの調教評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「5」・・・「−1.0ポイント」
「6」・・・「±0.0ポイント」
「7」・・・「+1.0ポイント」
「8」・・・「+2.0ポイント」
【厩舎評価】は競馬エイトの厩舎コメントの評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「△」・・・「−1.0ポイント」
「○」・・・「±0.0ポイント」
「◎」・・・「+1.0ポイント」
【斤量補正】は1.0kg=「0.5ポイント」として以下の基準体重との差分に乗算しました。
「牡馬」・・・「57.0kg」
「牝馬」・・・「55.0kg」


上記の補正を行った『凄馬出馬表』(画像)をご覧ください。




第1グループ(橙)は、ダノンシャークグランプリボスの2頭。
第2グループ(黄)は、ワールドエースフィエロクラレントの3頭。
第3グループ(薄黄)はサンレイレーザーからミッキーアイルまでの6頭となり、以下は第4G(灰)となっています。

さてこのように色分けされた分布を見ると、馬券圏内のグループで溝ができているのは第1グループのダノンシャークグランプリボス間の0.8の溝、グランプリボスワールドエース間の1.0の溝、続いてフィエロクラレント間の0.8の溝です。ポイント上位陣に溝が出来ている分布となり、フォーメーション馬券が有効になりそうです。馬券構築は総合ポイント2位のグランプリボスに0.8ポイント差をつけている点を素直に評価してダノンシャークを評価し、下記の様に印を打ちました。

ダノンシャーク
グランプリボス
ワールドエース
△フイエロ

ダノンシャークはそれほど人気はしていませんし、下位グループは差がありませんので圏外からエクストラエンド、トーセンラーまで抑えて手広く流します。3連複でヒモ荒れを期待です!(^^)!

【3連複フォーメーション】
12

8,9,14

3,4,6,7,8,9,10,11,13,14,15,17

計27点

[もっと見る]

2014年10月8日(水) 19:00 本命ドリパス
『競馬』という名の推理小説 〜第292話毎日王冠(謎解き編)
閲覧 238ビュー コメント 0 ナイス 4

第292話 「毎日王冠


09年 35.8-35.9-33.6 =1.45.3 ▼ 6△ 2△ 5 瞬発戦
10年 35.5-35.4-35.5 =1.46.4 ▼ 9△10△ 2 瞬発戦 稍重
11年 36.1-37.0-33.6 =1.46.7 ▼11▼ 8△ 5 瞬発戦
12年 34.5-35.1-35.4 =1.45.0 ▼ 3△ 2△ 5 平坦戦
13年 35.5-37.9-33.3 =1.46.7 ▼15▼ 2△14 瞬発戦

12年は多頭数出走でシルポートが逃げてグランプリボスが番手で追い掛け回す展開となったおかげで中盤が緩まず平坦戦となりました。
過去10年で見ても平坦戦だった毎日王冠はこの年だけでレアケースと考えてもいいでしょう。
基本的には瞬発戦になりやすいレースですが昨年の様に▼15という大きな加速が生じた年もあれば09年の様に早めに動き出しての▼6という年もあるのでペース的には一貫している訳ではありません。
瞬発力が問われやすいレースなのは間違いないので上がり3Fで上位をマーク出来そうな馬がやはり有力候補となるでしょう。
但し、開幕週開催なので先行馬の前残りも十分可能な舞台ではあります。
では過去の連対馬のラップギアを見てみましょう。

1着馬
カンパニー     【瞬6平6消1】
アリゼオ      【瞬3平0消0】
ダークシャドウ   【瞬5平1消0】
カレンブラックヒル 【瞬1平3消0】
エイシンフラッシュ 【瞬7平1消0】
2着馬
ウオッカ      【瞬11平2消0】
エイシンアポロン  【瞬2平3消0】
リアルインパクト  【瞬2平2消0】
ジャスタウェイ   【瞬3平0消0】
ジャスタウェイ   【瞬5平1消0】

平坦戦だった12年の勝ち馬は平坦タイプのカレンブラックヒルでしたが以外はやはり瞬発タイプの馬が多い。
中盤が緩みやすいレースなので急加速の瞬発戦に対応出来る馬を狙うべきでしょう。

毎日王冠はG競ラスなので格もある程度必要。
展開が中盤が緩んでの瞬発戦になった場合でも格が上の馬の方が上のギアを使える可能性が高い。
過去5年の連対馬では12年の2着馬ジャスタウェイ以外はG機銑競ラスのレースで連対経験がありました。
(ちなみにジャスタウェイは瞬発戦<平坦戦という馬で秋天からの国内重賞3連勝は全て平坦戦でした。12年の毎日王冠も平坦戦となって12番人気で2着に突っ込んで来たのは偶然ではなかったと思われます)

今年の登録メンバーを見ると先行馬が手薄な印象。
スローの瞬発戦の可能性が高いと思われます。
となるとポイントなのは
・重賞で▼10以上の瞬発戦実績
・G彊幣紊馬対経験
・脚質は前>後ろ
辺りでしょう。
G彊幣紊馬対経験のある馬は
イケドラゴングランデッツァサンレイレーザーダークシャドウダイワマッジョーレダノンヨーヨーペルーサロゴタイプロサギガンティアワールドエース
の10頭です。

有力候補なのは
グランデッツァ
次点では
サンレイレーザーダークシャドウロゴタイプ
かな。

「本命ドリパスの3連単1点予想(水曜時点)」
グランデッツァサンレイレーザーワールドエース
グランデッツァ函館記念に出走していなければ不動の◎なんですが前走が余分だなぁと思います(秋のG気妨けての賞金加算が目的だったとは思いますが…流れが悪い気がします)


(補足)
「▼4▼2△6」や「平坦戦」などの表記はラップギアを使用しています。
数値などは岡村信将プロより提供して頂いています。
表記の意味などの詳細は岡村信将プロのマイページをご覧下さい。

[もっと見る]

2014年6月6日(金) 23:30
濃霧注意報〜安田記念(2014年)展望〜
閲覧 275ビュー コメント 0 ナイス 17

今年の安田記念は面白い。

出走予定メンバーを見て、私は早い時期からそう思っていました。
昨秋の天皇賞から一気に世界レベルへの馬へと覚醒したジャスタウェイを筆頭に、
故障やスランプから復活したワールドエースグランデッツァカレンブラックヒルといった面々。
トーセンラーダノンシャークといった既存勢力は勿論のこと、ミッキーアイルフィエロといった新興勢力も参戦。
牝馬路線からはホエールキャプチャ、香港からはグロリアスデイズが3度目の正直を狙ってくるなど、
実績、スター性共に文句なしのメンバーが揃っているように映ります。

果たして彼らが力勝負の東京マイルでどんな戦いを見せるのか。
週頭の時点ではこの1点のみを考えていたのですが、週末に近付くに連れて、"文字通り"雲行きが怪しく。
そう、雨です。しかも結構な量の。
どうやらこの土日はずっと降り続けるようで、馬場状態が悲惨なことになるのがほぼ確実。
単純な力だけではなく、重馬場の巧拙、馬場そのものの傾向といった要素もかなり重要になってきそうです。

そんな状況下でも、頭一つ抜けた人気に推されそうなのがジャスタウェイ
天皇賞、中山記念、そして前走のドバイDFと、いずれも強敵揃いのレースで圧勝。
昨秋前半までの"イマイチ君"の面影は既に無く、レーティングで世界一という称号も得ました。
血統的にもパワー型ですし、雨の中山記念でも無難に走れていたことから、今回の馬場でも大きな能力減はなさそう。
となればやはり逆らえないか……と思ってしまいますが、死角があるとすれば、今回がマイルの舞台であること。
デビューからマイル近辺を使われており、距離実績も(2.2.0.1)と安定感抜群。
どこが死角なのかとツッコまれそうですが、この距離実績の大半は2歳〜3歳春までに積み上げたもの。
古馬になってマイルを走ったのは昨夏の関屋記念のみで、この時は1番人気に推されながら2着に敗れています。
レースレベルもそう高くなかったことから、この距離だと流れに乗りづらくなっている可能性がありそう。
こうした不安も圧勝という形で跳ね返すようならば、もう本当に手が付けられませんね。

彼に対抗してきそうなのは、7頭も居るディープインパクト産駒達でしょうか。
それぞれキャラは全然違うのですが、これだけ頭数が居れば圏内に飛び込んでくる可能性は高そうです。

中でも注目を集めているのは、マイラーズCをレコードで圧勝したワールドエース
3歳時にはクラシックの最有力候補と言われた馬が、マイルの舞台で復活を果たしました。
いかにも父の産駒らしい軽い切れ味が武器の馬ですが、3歳時に好走した若駒S、若葉S、皐月賞はいずれもタフな馬場。
母系のドイツ血統が効いているのか、馬場が重くなっても脚が使えなくなるという感じはありません。
先週までの馬場ならば、大外枠というのがかなりのマイナス材料だったのですが、
この天気のままだとどの枠や位置取りが有利となるのか、現時点では想像も付かず。
本馬の評価を決めるのは、当日の芝レースの傾向を観察してからでも遅くないかもしれません。

5連勝中の3歳馬・ミッキーアイルも注目度では互角。
主導権を握ることの出来る逃げ脚質、古馬勢より遥かに軽い斤量、3年前のリアルインパクトの勝利といった点からも、
3歳だからといって侮れない雰囲気が漂います。
とは言え、同舞台だった前走のNHKマイルCにおけるレースレベルは近年でも最低に近いもの。
これと同じだけしか走れないようであれば、今回は厳しい結果になるでしょう。
しかし、それ以前のアーリントンCやシンザン記念ではハイレベルの走りを見せているのも事実。
どちらの姿が本物と見るかで、評価はかなり変わってくると思います。
個人的には馬場状態や気性面から、今回はリスクが高いように思えてしまいますが……。

実績だけならメンバーの中でもトップクラスのトーセンラー
良馬場のマイルならば東京でもいい走りを見せてくれそうな印象があったのですが、今回は無情の雨。
大きく崩れる時は殆ど馬場状態が悪い時なので、この天気では割引が必要そう。
それならば、馬場が悪くてもそれほど走りの変わらないダノンシャークフィエロの方が面白そう。
前者は実績のない1400mでの大敗後、後者は重賞勝ちがまだ無いという点で人気になりづらいので、配当妙味も十分にありそうです。
残るリアルインパクトエキストラエンドもそれほど重馬場は苦にしなさそうですが、
この2頭に関しては近走のレースレベルからもあまり強気になれないというのが正直なところ。

他路線組はこの馬場を苦にする馬が多そうで、京王杯SCを勝ったレッドスパーダもそのクチ。
父のタイキシャトルは泥んこ馬場の当レースを制しているのですが、本馬はこれまで重馬場だと大敗ばかり。
ヴィクトリアマイルから挑んでくるホエールキャプチャ、香港のグロリアスデイズ、
既存勢力のグランプリボスショウナンマイティサダムパテッククラレントも重馬場がプラスになる印象はありません。

ただ、もしかしたらと思わせる馬も居ます。
まずはダービー卿CTで久々の勝ち星を挙げたカレンブラックヒル
この馬のデビュー戦は重馬場だったのですが、すいすいと先行してラップを全く落とさぬ完璧な逃げ切りでした。
初戦としてはかなりレースレベルも高いものだったので、重馬場巧者と見ていいでしょう。
近走の内容からはまだいい時には戻りきっていないという印象の方が強いですが、
その先行力も含めて考えると、雨が降れば降るほど不気味さが増します。

同じ復活組のグランデッツァも侮れない1頭。
超絶レコードを叩きだした前走の都大路Sの内容は相当に優秀。
単に馬場や展開に恵まれただけとは思えない凄みを感じました。
速い時計で勝った後だけに、今回のような馬場への対応力が疑問視されますが、
本馬はもともとある程度時計の掛かる馬場の方が高いパフォーマンスを発揮していた馬。
3歳時には重馬場のスプリングSで後のダービー馬・ディープブリランテに完勝しています。
調教の動きを見ると左回りにおける走りに不安は残りますが、先行押し切りの期待も同じくらい持てると思います。



とにもかくにも、日曜の芝レースを見てみないことには予想がしづらいというのが正直な所。
こうした天気の場合、極端に前が残る馬場か、全く逆の外差し馬場になるかのどちらかという印象が強いので、
ギリギリまで馬場の傾向を見極めてみるのは有効な作戦だと思います。

ですが、個人的には……これだけいいメンバーが揃ったのですから、馬場差など苦にしないほどの熱戦を見せて欲しいもの。
敢えて馬場状態のことを考えずに、純粋な強さだけを考えて予想するのもまた面白いかなと思っています。

[もっと見る]

2014年4月29日(火) 18:00 【ウマニティ】
先週の回顧〜佐藤洋一郎プロ、サウスプロ、“帰ってきた”凄馬勝子プロが50万オーバーを記録!
閲覧 152ビュー コメント 0 ナイス 2

先週は、26(土)に福島競馬場G3福島牝馬ステークスが、27(日)に京都競馬場でG2マイラーズカップ、東京競馬場でG2フローラステークスがそれぞれ行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
G3福島牝馬ステークスは、積極策のケイアイエレガントが1角までにハナに立って先頭のまま4角を出ます。2番手にフィロパトールも変わらずの態勢で直線勝負へ。余力十分のケイアイエレガントに対して、フィロパトールは徐々に一杯となり、代わって3、4番手から2番人気キャトルフィーユが進出。最後詰め寄ったキャトルフィーユでしたがクビ差及ばず。ケイアイエレガントが重賞初制覇を飾っています。2着キャトルフィーユから1馬身差の3着には、フィロパトールが粘り込んでいます。
公認プロ予想家の中では、馬っしぐらプロが的中を記録しています。
G2マイラーズカップは好スタートを決めたレッドアリオンを先頭に外回りコースの直線へ。3、4番手からワールドエースがあっさり交わして早々先頭に立つと、その後ろを通って1番人気フィエロが追い上げを開始。しかし、前を行くワールドエースとの差は埋まらず、そのままの態勢でゴール。ワールドエースが1分31秒4(良)のコースレコードで制し、約2年1ヶ月ぶりの重賞Vを挙げています。1馬身1/4差の2着フィエロから2馬身差の3着には、エキストラエンドが入っています。
こちらは、伊吹雅也プロ霧プロ栗山求プロ導師嵐山プロ河内一秀プロ蒼馬久一郎プロジョアプロ他計8名が的中を記録しています。
一方のG2フローラステークスは、逃げたマイネグレヴィルを先頭に一団の態勢で、各馬横に広がっての直線勝負へ。3番手からブランネージュが混戦から一歩抜け出すと、それを目掛けてニシノアカツキマジックタイムマイネオーラムサングレアルらが伸びを見せて迫ります。中でも残り100mからゴール前にかけて鋭い伸び脚を見せたサングレアルが、ブランネージュを差し切ってV。アタマ差2着のブランネージュから1馬身1/2差の3着にはマイネオーラムが入っています。
公認プロ予想家の中では、はははふほほほプロレイトバスター事務局プロが的中をマークしています。

その他では、佐藤洋一郎プロサウスプロ“帰ってきた”凄馬勝子プロきいいろプロ夢月プロkmプロdream1002プロ3連単プリンスプロが活躍を見せています。


☆☆☆注目プロ → 佐藤洋一郎プロ
26(土)の福島8Rで、単勝569.4倍のリバティーホールに本命◎を打ち、単勝・3連複(4712.4倍)など合計77万7390円を払戻すホームラン的中!さらに、東京8Rでも3連単(1941.6倍)を的中しています!27(日)には、東京10Rで3連単13万2290円馬券的中のスマッシュヒットを見せています!土日2日間のトータルでは、回収率196%・収支62万3900円プラスのいずれもトップ成績をマークしています!

☆☆☆注目プロ → サウスプロ
27(日)の東京2Rで馬連(59.6倍)◎○1点的中を披露!59万6000円払戻しのホームランを記録しています。

☆☆☆注目プロ → “帰ってきた”凄馬勝子プロ
26(土)の京都1Rで馬連498.4倍&3連複587.9倍を的中し、計53万4200円払戻しのホームランをマーク!週末のトータルでは回収率141%・収支30万2360円プラスをマークしています!

☆☆☆注目プロ → きいいろプロ
26(土)の福島5Rで3連複1点▲○◎的中を含む計40万6900円払戻しのビッグヒットを記録すると、立て続けに京都6Rの馬連的中で47万100円を払戻し!27(日)には、福島8Rで11万6000円払戻しのスマッシュヒットを記録しています!週末トータルでは回収率170%・収支50万7200円の大幅プラスをマークしています!

☆☆☆注目プロ → 夢月プロ
26(土)京都11Rでは、本命◎メイショウヤタロウの予想で的中!払戻しは40万1000円のビッグヒットとなりました。27(日)には、京都9Rで本命◎ロングリバイバル的中し、24万4000円の払戻しを記録しています!週末のトータルでは回収率112%・収支9万1000円プラスをマーク!

☆☆☆注目プロ → kmプロ
26(土)の京都勝負予想レース京都1Rで単勝一点1万円勝負的中を披露し28万2000円払戻しのビッグヒット!福島2Rでも単勝的中で10万5000円を払戻すなどの活躍を見せた先週は、回収率109%を達成しています。

☆☆☆注目プロ → 導師嵐山プロ
26(土)の京都1Rでは◎△○的中でワイド&3連複的中!計20万5980円払戻しのスマッシュヒットを記録しています。27(日)福島9Rではワイド195.6倍の的中で15万6480円の払戻しをマーク!

☆☆☆注目プロ → dream1002プロ
26(土)の京都6Rで、3連単20万4990円馬券を◎×▲的中!週末2日間のトータルでは回収率100%を達成しています。

☆☆☆注目プロ → 3連単プリンスプロ
26(土)の福島6Rで3連単13万4680円馬券を的中しています!

他には、栗山求プロ(162%)、蒼馬久一郎プロ(137%)、山崎エリカプロ(136%)、シムーンプロ(131%)、伊吹雅也プロ(111%)、霧プロ(107%)が週末トータル回収率100%オーバーの活躍を見せています。


※全レースの結果速報はこちら


今週はG1天皇賞・春(スペシャルコラムなど予想に役立つ情報満載の天皇賞・春特集はこちらからどうぞ)!競馬予想の達人・ウマニティ公認プロ予想家の予想にご注目下さい。

「ユータ」

[もっと見る]

⇒もっと見る

ワールドエースの口コミ


口コミ一覧
閲覧 111ビュー コメント 2 ナイス 8

ゴールドシップが初めてG1を勝った2012年・皐月賞をピックアップします。

この年の皐月賞は実力伯仲の混戦ムード。
そんな中、1番人気に支持されたのはグランデッツァで、
ワールドエース、ディープブリランテ、ゴールドシップまでが単勝オッズ一桁台となっていました。

レースはゼロスとメイショウカドマツがハナ争いをする展開となって、
前半1000m通過が59.1秒で、まずまずの平均ペース。

淀みのない流れになりましたが、
ゴールドシップは最後方からジワジワ追い上げる、という展開になりました。

勝敗を分けたのは3〜4角の勝負どころでの進路取り。
荒れた内めの馬場を避けようとする馬がほとんどだった中、
ゴールドシップに騎乗した内田博幸騎手はあえて荒れた内馬場に突っ込み、残り200m付近で先頭。
2着・ワールドエースに2馬身半もの差をつけ、G1初制覇を果たしました。

ゴールドシップは皐月賞の勝利を皮切りに、どんどんG1を勝っていき、
最終的には宝塚記念連覇を含む、G1・6勝を挙げました。

ゴールドシップが築いた「新・芦毛伝説」は2012年の皐月賞から始まっていたのです。


今年の皐月賞も雨の影響で内めの馬場が荒れている状況になる事が予想されます。

2012年の皐月賞のように馬場の内を開ける形でレースが進む可能性も十分ありますから、
荒れ馬場への適性が高そうな馬を探し出していきたいです。

 やすの競馬総合病院 2016年4月12日(火) 21:14
皐月賞の過去4年の1・2着馬の傾向の巻
閲覧 49ビュー コメント 0 ナイス 1

☆皐月賞の過去4年の1・2着馬の傾向☆
過去4年の1・2着馬
2015年1着ドゥラメンテ 2着リアルスティール
2014年1着イスラボニータ 2着トゥザワールド
2013年1着ロゴタイプ 2着エピファネイア
2012年1着ゴールドシップ 2着ワールドエース

ロゴタイプやゴールドシップみたいに中山大好きそうな馬も勝ってるけど、ドゥラメンテやイスラボニータみたいに東京でも好走できる馬も勝ってるんで、あまり中山適性の有無にこだわりすぎてもよくないのかな?

2着馬で見てもリアルスティール、ワールドエースなんか中山よりは直線長くて瞬発力活かせる東京向きっぽい馬ですしね〜。

過去4年の連対馬8頭中6頭が連対率100%を維持した状態で皐月賞に出走してるんで、当たり前かもですけど安定した成績残せてる馬はよさそう。

過去4年の1・2着馬の前走と着順
2015年(共同通信杯2着、スプリングS2着)
2014年(共同通信杯1着、弥生賞1着)
2013年(スプリングS1着、弥生賞4着)
2012年(共同通信杯1着、若葉S1着)

過去4年の連対馬8頭中、前走が共同通信杯の馬3頭。 前走がスプリングS・弥生賞の馬が2頭ずつ。
東京1800mと中山2000mって要求される能力が全然違う気がするんですが、前走が共同通信杯の馬は過去4年で3勝してるんでかなり皐月賞と相性よさそうです。

過去4年の連対馬8頭中7頭が前走で連対。
例外のエピファネイアは弥生賞4着なんで、弥生賞以外で3着以下だった馬はかなり厳しいのかも。

過去4年の連対馬8頭中7頭が前走で重賞に出走。
例外のワールドエースは皐月賞トライアルの若葉S1着なんで、前走がOP特別で勝ててない馬や前走が皐月賞トライアル以外のOP特別に出走してた馬は厳しいのかも。

過去4年の1・2着馬の脚質
過去4年の連対馬8頭中4頭が4コーナー4番手以内。
ここからどんどん広げていくと・・・
過去4年の連対馬8頭中5頭が4コーナー5番手以内。
過去4年の連対馬8頭中7頭が4コーナー7番手以内。

持久力勝負になりやすいから、いろんな脚質の馬にチャンスありそうとはいえ、後方から競馬するような馬でも早めに動いて4コーナーまでにはある程度の位置にいないと辛そう。

過去4年の連対馬8頭中5頭が道中8番手以内をキープしてるのを見ると、基本的には器用さの要求される中山2000mだけあって中団よりも前の位置で流れにのれてる馬がよさそうです。

過去4年の1・2着馬の血統
2015年(父キングカメハメハ、父ディープインパクト)
2014年(父フジキセキ、父キングカメハメハ)
2013年(父ローエングリン、父シンボリクリスエス)
2012年(父ステイゴールド、父ディープインパクト)

キングカメハメハ産駒(1勝 2着1回)とディープインパクト産駒(2着2回)が2頭ずつ連対馬出してますけど、ディープインパクト産駒は2着2回で勝ててないから、キングカメハメハ産駒の方が少し上かな〜。

過去4年の1・2着馬の単勝人気
2015年(3、2番人気)
2014年(2、1番人気)
2013年(1、2番人気)
2012年(4、2番人気)

過去4年の連対馬8頭中7頭が3番人気以内。
例外の1頭も4番人気なんで、上位人気1〜3番人気馬同士の組み合わせでの1・2着が多いから、5番人気以下の馬にはかなり辛そう。
特に2番人気馬が4年連続連対中で抜群の安定感ですね。

過去4年の1・2着馬の枠順
2015年(2、3枠)
2014年(1、8枠)
2013年(4、7枠)
2012年(7、5枠)

過去4年の連対馬8頭中、1〜4枠が4頭、5〜8枠が4頭で差がないけど、近3年は1〜4枠の馬が3連勝なんで、どっちかいうと1〜4枠がいいのかも。

皐月賞の過去5年の1・2着馬の傾向まとめ
実績:連対馬8頭中6頭が連対率100%。
前走:連対馬8頭中、前走が共同通信杯の馬3頭。 前走がスプリングS・弥生賞の馬が2頭ずつ。
展開:持久力勝負になりやすい。
脚質:連対馬8頭中7頭が4コーナー7番手以内。
血統:キングカメハメハ産駒とディープインパクト産駒が2頭ずつ連対。
人気:過去4年の連対馬8頭中7頭が3番人気以内。 2番人気馬が4年連続連対中。
枠順:内・外であまり差はないけど、近3年は1〜4枠の馬が3連勝
こんなところかな。


--------------------------------------------------------------------------------
☆おまけ☆
明日は船橋で交流重賞のマリーンCがあるんで、あとでツイッターに予想をUP予定です。

ブチコや藤田菜七子などお客さんを呼べる人気の馬や騎手が参戦するんで、明日の船橋は盛り上がりそうですね。

[もっと見る]

 馬券のAエース 2015年12月12日() 02:13
【土曜自信の6鞍】+チャレンジC 
閲覧 154ビュー コメント 0 ナイス 1

【メモリアル】
四位さん≪1498勝≫松岡≪698勝≫善臣先生≪2197勝≫固め打ちで達成!

中竹 和也≪調教師≫現在399勝
阪神2R…アッパーデック【×】
阪神3R…リリスモ【×】
中京4R…ナッハフォルガー【×】

藤原 辰雄≪調教師≫現在299勝
中京3R…ディーエスフェイム【△】

鹿戸 雄一≪調教師≫現在199勝
中山5R…ポンテファブリチオ【◎】
中京5R…レッドヴィーヴォ【○】
中京12R…ポップジェムズ【×】

稲原 牧場≪生産者≫現在299勝
中山8R…スズカアーサー【△】

中竹・藤原・鹿戸厩舎、リーチからあと1勝が遠い(^o^;)1ヶ月以上停滞中
////////////////////////////////////

   【土曜:自信の6鞍結果】
中山3R…▲好院璽襯▲奪
阪神3R…ダンツエンペラー
中山7R…┘張バローレル
中山8R….曠好
阪神10R…フォーチュンスター
中山11R….轡鵐椒螢妊スコ

明日はメイン付近が予想が難しそう…逃げて予想しました。指数と坂路調教の良かった馬をヽ( ̄Д ̄*)
////////////////////////////////////

【チャレンジC】阪神(外)1800m

通例なら阪神(外)なので差し脚重視でいけば…と思うのですが、1800mに変更されてからまだ3年!
これといった統一データもなく、普通に予想します(=^o^=)
雨の含有量が気になりますが、ウズシオ・バッドボーイ・ミノルの2戦連続で逃げている馬が3頭☆
さらに重賞のベテラン勢のマイネルミラノ・メイショウナルトもいる展開(^o^;)
如何にもフルーキー・ワールドエース向きの展開じゃん!と言ってしまえばそれまで(笑)
狙いたいのは稍重と想定して、ディープよりキンカメ*サンデーの◎タガノエトワール
川田がデウスウルトがいるのに、斤量減のこっちを選んだ。
こうなったら川田&松博コンビで馬券内に来るまで買ってみよう♪
◎タガノエトワール
○フルーキー
▲ヒストリカル
☆アクションスター
△シャトーブランシュ
△シベリアンスパーブ
△ワールドエース
ゴール前怒涛の追込み、「何!?わかんねぇ、何かいっぱい突っ込んで来た(驚)」って展開を期待♪
ってことになると日曜のG気眩世で呂くるはず(笑)
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

今週の坂路≪超抜≫好調馬

中山3R:ヤマタケジャイアン(好調)  伸び〔0.5〕瞬発力〔1.1〕レベル〔0.3〕【加速】
中山7R:ツクバローレル(好調)  伸び〔0.0〕瞬発力〔2.3〕レベル〔0.0〕
中山9R:コスモアルコン≪超抜≫  伸び〔1.1〕瞬発力〔1.2〕レベル〔0.6〕【加速】(2週連続)
中山11R:シンボリディスコ≪超抜≫  伸び〔0.1〕瞬発力〔1.5〕レベル〔0.1〕【加速】
中山11R:レンイングランド(好調)  伸び〔0.6〕瞬発力〔1.4〕レベル〔0.5〕【加速】
阪神2R:スノードルフィン(好調)  伸び〔0.1〕瞬発力〔1.5〕レベル〔0.3〕【加速】
阪神7R:ヒロノフェロー≪超抜≫  伸び〔0.2〕瞬発力〔1.7〕レベル〔0.5〕【加速】
阪神10R:フォーチュンスター≪超抜≫  伸び〔0.2〕瞬発力〔2.4〕レベル〔0.5〕【加速】(2週連続)
阪神12R:アドマイヤオウジャ(好調) 伸び〔0.3〕瞬発力〔1.2〕レベル〔1.0〕【加速】
中京10R:クインズストーム(好調) 伸び〔0.8〕瞬発力〔1.0〕レベル〔0.4〕【加速】
中京12R:ライザン(好調)  伸び〔0.2〕瞬発力〔1.4〕レベル〔0.3〕【加速】

※≪超抜≫は4頭です。最近は坂路好調馬が土曜に好走例が多いので、記載します!
 馬場に泣かされなければいいですね♪

[もっと見る]

⇒もっと見る

ワールドエースの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
4:
  サンデーさいざんす。   フォロワー:9人 2012年2月26日() 09:16:16
走法も父似で上下重心が変わらない安定した走り。
が父超えは難しい。コース適性は高い。らしい。
3:
  福招き猫(=゚ω゚=)   フォロワー:3人 2012年2月6日(月) 04:49:39
2/5きさらぎ賞
1着 ワールドエース(小牧騎手)
「この馬が一番強い、と自信を持って乗りました。出たなりで、折り合いをつけることに専念して、前を射程に置きながらレースを進めました。4コーナーでムチを入れると思ったよりも行き過ぎてしまい、早め先頭に立ちましたが、最後まで余裕がありました」
2:
  福招き猫(=゚ω゚=)   フォロワー:3人 2012年1月30日(月) 08:25:36
1/21若駒S
2着 ワールドエース 池江泰寿調教師
「まだ2戦目ですし、競馬を教えている段階ですから、今日の結果はしょうがないですね。内を回った馬が伸びる馬場で、この馬は比較的馬場の悪いところを走ってきましたからね。次こそは賞金を上積みしたいです」

⇒もっと見る

ワールドエースの写真

投稿写真はありません。

ワールドエースの厩舎情報 VIP

2015年12月12日チャレンジカップ G34着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

ワールドエースの取材メモ VIP

2015年12月12日 チャレンジカップ G3 4着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。