注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます!⇒いますぐ会員登録(無料)

クイーンズリング(競走馬)

注目ホース
クイーンズリング
クイーンズリング
クイーンズリング
クイーンズリング
写真一覧
現役 牝5 黒鹿毛 2012年5月25日生
調教師吉村圭司(栗東)
馬主吉田 千津
生産者社台ファーム
生産地千歳市
戦績15戦[6-2-0-7]
総賞金32,176万円
収得賞金10,900万円
英字表記Queens Ring
血統 マンハッタンカフェ
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
サトルチェンジ
アクアリング
血統 ][ 産駒 ]
Anabaa
シーリング
兄弟 モンドバーグ
前走 2017/04/08 サンスポ杯阪神牝馬S G2
次走予定

クイーンズリングの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
17/04/08 阪神 11 阪神牝馬S G2 芝1600 16234.3215** 牝5 56.0 M.デムー吉村圭司466(+14)1.36.5 2.236.8ミッキークイーン
16/12/11 香港 8 香港カップ G1 芝2000 12--------9** 牝4 55.5 M.デムー吉村圭司452(--)2.02.0 1.1----モーリス
16/11/13 京都 11 エリザベス杯 G1 芝2200 15236.131** 牝4 56.0 M.デムー吉村圭司460(+10)2.12.9 -0.033.2⑨⑨⑨⑦シングウィズジョイ
16/10/15 東京 11 府中牝馬S G2 芝1800 138136.531** 牝4 54.0 M.デムー吉村圭司450(-4)1.46.6 -0.233.5④④マジックタイム
16/06/19 阪神 11 米子S OP 芝1600 9331.712** 牝4 55.0 M.デムー吉村圭司454(-6)1.35.2 0.635.7ケントオー
16/05/15 東京 11 ヴィクトリア G1 芝1600 1861210.158** 牝4 55.0 M.デムー吉村圭司460(+10)1.32.5 1.034.2⑪⑫ストレイトガール
16/02/20 京都 11 京都牝馬S G3 芝1400 187144.711** 牝4 56.0 M.デムー吉村圭司450(-6)1.22.9 -0.035.6マジックタイム
15/11/15 京都 11 エリザベス杯 G1 芝2200 181213.258** 牝3 54.0 A.シュタ吉村圭司456(-2)2.15.2 0.334.7⑨⑨⑫⑫マリアライト
15/10/18 京都 11 秋華賞 G1 芝2000 185914.952** 牝3 55.0 M.デムー吉村圭司458(+8)1.56.9 0.034.1⑫⑬⑭⑭ミッキークイーン
15/09/20 阪神 11 ローズS G2 芝1800 1781610.655** 牝3 54.0 M.デムー吉村圭司450(+2)1.46.1 0.935.4⑤⑤タッチングスピーチ
15/05/24 東京 11 優駿牝馬 G1 芝2400 18369.359** 牝3 55.0 M.デムー吉村圭司448(+6)2.26.0 1.034.5⑭⑬⑭⑮ミッキークイーン
15/04/12 阪神 11 桜花賞 G1 芝1600 187139.034** 牝3 55.0 M.デムー吉村圭司442(-2)1.36.8 0.833.7⑫⑨レッツゴードンキ
15/03/15 阪神 11 Fレビュー G2 芝1400 188173.611** 牝3 54.0 M.デムー吉村圭司444(-20)1.22.5 -0.134.9⑭⑬ペルフィカ
15/01/17 中山 9 菜の花賞 500万下 芝1600 158154.421** 牝3 54.0 G.ブノワ吉村圭司464(+4)1.34.9 -0.334.6⑧⑤⑤マキシマムドパリ
14/12/21 中山 6 2歳新馬 芝1800 138137.031** 牝2 54.0 G.ブノワ吉村圭司460(--)1.53.5 -0.434.6クインズラピス

クイーンズリングの関連ニュース

 ★大阪杯2着のステファノス(栗・藤原英、牡6)は、安田記念(6月4日、東京、GI、芝1600メートル)に向かう。

 ★サンスポ杯阪神牝馬S15着クイーンズリング(栗・吉村、牝5)は、ヴィクトリアマイル(5月14日、東京、GI、芝1600メートル)へ。

 ★リゲルS8着ダノンリバティ(栗・音無、牡5)は、谷川岳S(30日、新潟、OP、芝1600メートル)。

【阪神牝馬S】レースを終えて…関係者談話2017年04月09日() 05:02

 ◆ルメール騎手(アドマイヤリード2着) 「よく頑張ってくれました。(4角で)内に大きなスペースがあってラッキーだった。道悪も大丈夫」

 ◆幸騎手(ジュールポレール3着) 「4角を回るまで抜群の手応え。ただ、追い出したら道悪に脚を取られてノメった」

 ◆松若騎手(クロコスミア4着) 「マイペースで道中の雰囲気は良かった。馬場も気にしなかったし、力を感じた」

 ◆池添騎手(エテルナミノル5着) 「ゲートの中でゴソゴソして少し出遅れたが、前に行けた。最後までよく踏ん張ってくれた」

 ◆武豊騎手(トーセンビクトリー6着) 「道中はいい感じで走っていた。伸びなかったのは、道悪か距離なのか…」

 ◆蛯名騎手(デンコウアンジュ7着) 「時計がかかる馬場はいいが、軟らかい馬場は良くない」

 ◆福永騎手(アットザシーサイド8着) 「馬場のいいところを通ったが、それでも馬場が緩くて伸びず、バテずだった」

 ◆藤岡康騎手(デニムアンドルビー12着) 「この距離は忙しく、なし崩しに脚を使った」

 ◆和田騎手(タッチングスピーチ13着) 「ペースが上がったら置かれた」

 ◆M・デムーロ騎手(クイーンズリング15着) 「ここまで雨が降って馬場が悪くなると合わない。落鉄もしていたし、今度は良馬場で巻き返したい」

[もっと見る]

【阪神牝馬S】昨年2着のミッキークイーンが雪辱 2017年04月08日() 15:42

 4月8日の阪神11Rで行われた第60回サンケイスポーツ杯阪神牝馬ステークス(4歳以上オープン、牝馬、GIII、芝・外1600メートル、別定、16頭立て、1着賞金=5500万円)は、浜中俊騎手騎乗の1番人気ミッキークイーン(5歳、栗東・池江泰寿厩舎)が昨年2着のリベンジを果たすとともに、ヴィクトリアマイル(5月14日、東京、GI、芝1600メートル)の優先出走権を獲得した。タイムは1分34秒3(重)。

 レースは雨中で行われ、クロコスミアエテルナミノルクイーンズリングダンツキャンサークリノラホールなどが先行集団を形成。中団を進んでいたミッキークイーンは直線で一気に末脚を伸ばし、後方から追撃してきたアドマイヤリード(3番人気)に1馬身3/4差をつけて完勝した。さらにクビナ差の3着にジュールポレール(4番人気)。2番人気クイーンズリングは15着だった。

 ミッキークイーンは、父ディープインパクト、母ミュージカルウェイ、母の父ゴールドアウェイという血統。北海道安平町・ノーザンファームの生産馬で、馬主は野田みづき氏。通算成績は13戦5勝。重賞は2015年オークス・GI、秋華賞・GIに次いで3勝目。サンスポ杯阪神牝馬Sは、池江泰寿調教師、浜中俊騎手ともに初勝利。

 ◆浜中俊騎手「スタートを上手に出て、スムーズに流れに乗れました。強かったですね。ミッキークイーンは去年、(4戦して)1つも勝てなかったので、今年初戦を勝ててよかったです。ポテンシャルが高いので、(オークス秋華賞に続いて)もう1度、この馬と大きなレースを取りたいですね」

★8日阪神11R「サンスポ杯阪神牝馬S」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【阪神牝馬S】厩舎の話2017年04月07日(金) 05:03

 ◆アットザシーサイド・川上助手 「阪神はいいが、相手が強い」

 ◆アドマイヤリード・須貝師 「決め脚がどこまで通用するか楽しみ」

 ◆クイーンズリング・吉村師 「きっちりと本数をこなしてきた。トモに幅が出てきた」

 ◆クリノラホール・谷師 「動きは素軽く、休み明けの感じはない」

 ◆クロコスミア・西浦師 「しっかりと動いていた。スムーズに先行できれば」

 ◆ジュールポレール・西園師 「さらにデキは良化している感じ」

 ◆タッチングスピーチ・石坂師 「久々のマイルで対応がうまくできれば」

 ◆デニムアンドルビー・辻野助手 「マイルの流れに対応ができるかでしょう」

 ◆トーセンビクトリー・辻野助手 「今は追い切っても馬体が減らない。雰囲気はいい」

 ◆ミッキークイーン・池江師 「今週は微調整。去年より状態はいい」

 ◆メイショウマンボ・飯田祐師 「しまい重点で調整。体つきはいい」

[もっと見る]

【阪神牝馬S】追って一言2017年04月06日(木) 05:02

 ◆アットザシーサイド・川上助手 「日曜日に速い時計を出して、水曜日はサラッと。阪神はいいが、相手が強い」

 ◆アドマイヤリード・須貝師 「仕上がりがいいので速い時計を出さなかった。決め脚がどこまで通用するか楽しみ」

 ◆ウエスタンレベッカ・義騎手 「調教はいい動き。あとは当日の馬の気分次第ですね」

 ◆エテルナミノル・本田師 「1週前にビシッとやって、当週は軽め。調教の質量は豊富だよ」

 ◆クイーンズリング・吉村師 「きっちりと本数をこなしてきたので、これで十分」

 ◆クリノラホール・谷師 「休み明けの感じはしない。ある程度、前々でレースをしたい」

 ◆クロコスミア・西浦師 「単走にしてはしっかりと動いていた。スムーズに先行できれば」

 ◆タッチングスピーチ・石坂師 「順調。あとは久々のマイルで対応がうまくできるかだね」

 ◆ダンツキャンサー・谷師 「軽い調教で十分。うまくレースで立ち回ってほしい」

 ◆デニムアンドルビー・辻野助手 「引き続き順調。あとはマイルの流れに対応ができるか」

 ◆デンコウアンジュ・荒川師 「入念に乗り込んでいる。マイルだと折り合いはつきそう」

 ◆トーセンビクトリー・辻野助手 「さらに調子は上がっている。雰囲気はいい」

 ◆ヒルノマテーラ・昆師 「体調面は持ち直してきた。末脚を生かせる流れになってほしい」

 ◆ミッキークイーン・池江師 「態勢は整っているので微調整。本質的には叩き良化型と思うけど、これだけ動けば」

 ◆メイショウマンボ・飯田祐師 「これが引退レース。やりすぎないように上がり重点で調整」

★サンケイスポーツ杯阪神牝馬Sの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【阪神牝馬S】クイーンズリング「マイル問題ない」2017年04月05日(水) 05:03

 昨年のエリザベス女王杯を制したクイーンズリングは、昨年暮れの香港C9着以来となる。吉村調教師は「回復は早かったし、ここを目標に乗り込んできた。1週前もしっかりやっていい動きだった。今週はさっとやるぐらいでいい。マイルも問題ない」と笑みを浮かべる。

★サンケイスポーツ杯阪神牝馬Sの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

⇒もっと見る

クイーンズリングの関連コラム

閲覧 677ビュー コメント 0 ナイス 0

みなさんこんにちは!

本日は阪神11R「サンケイスポーツ杯阪神牝馬ステークス G2」の『凄馬出馬表』を分析したいと思います。

今回も「U指数」だけでなく、U指数のポイントに【調教評価】、【厩舎評価】、【斤量補正】を数値化し加算減算しU指数を補正することで「総合ポイント」を算出しました。
★「U指数」について詳しくはこちらをご覧ください→U指数についてページ

U指数1.0ポイントは約1馬身差にあたるので、これを目安に以下のような重み付けをしました。
【調教評価】は競馬エイトの調教評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「5」・・・「−1.0ポイント」
「6」・・・「±0.0ポイント」
「7」・・・「+1.0ポイント」
「8」・・・「+2.0ポイント」
【厩舎評価】は競馬エイトの厩舎コメントの評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「△」・・・「−1.0ポイント」
「○」・・・「±0.0ポイント」
「◎」・・・「+1.0ポイント」
【斤量補正】は1.0kg=「0.5ポイント」として以下の基準体重との差分に乗算しました。
「牡馬」・・・「57.0kg」
「牝馬」・・・「55.0kg」


上記の補正を行った『凄馬出馬表』(画像)をご覧ください。



第1グループ(橙)は、ミッキークイーンクイーンズリングの2頭。
第2グループ(黄)は、タッチングスピーチデニムアンドルビーの2頭。
第3グループ(薄黄)はアドマイヤリードジュールポレールアットザシーサイドの3頭で、以下は第4G(灰)となっています。

凄馬出馬表をご覧いただくと上位ではクイーンズリングタッチングスピーチ間に1.2の溝、デニムアンドルビーアドマイヤリード間で1.5の溝が生まれています。グループごとにしっかりと溝が生まれている分布なので3連系のフォーメーション馬券に向いているレースと言えそうです。

私の本命は◎アドマイヤリードにしたいと思います。京都巧者の可能性はありますが、前走はスローの上がり勝負、加速ラップを大外から豪快に差し切る強烈な内容。イン有利となっていた当日の馬場を考えると相当強い競馬をしています。降雨の影響でタフな馬場となりそうな点もステイゴールド産駒の本馬にはプラスに働きそうです。

以下、○ミッキークイーン、▲クイーンズリング、△デニムアンドルビージュールポレールアットザシーサイドタッチングスピーチと印を打ちます。


【馬連ながし】
16

3,6,8,15

【3連複ながし】
16

3,6

3,4,8,9,11,15

【3連単フォーメーション】

16

3,6

3,4,6,8,9,11,15

16

3,4,6,8,9,11,15

3,6

計39点


登録済みの方はこちらからログイン

2017年04月06日(木) 17:31 岡村信将
【ラップギア岡村信将のスペシャルG1展望】〜2017桜花賞〜
閲覧 2,456ビュー コメント 0 ナイス 7


阪神ジュベナイルフィリーズからチューリップ賞、桜花賞と、すべて“阪神芝1600m”のコースで施行される、謎の牝馬クラシック路線。同コース施行であるがゆえに、それら3つのレースが密接な関係を持っていることは言うまでもないのだが、平均を出してみると、それぞれのレースが持つ特徴が少しずつ違うことも分かってくる。


■2017春シーズン 『競馬プロ予想MAX』presents連載コラムについて詳しくはこちら
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=8644


阪神ジュベナイルフィリーズ、チューリップ賞と桜花賞、過去10年勝ち馬のタイムをざっと比較してみよう。勝ち馬の前半1000mタイムと、ラスト600mのタイムを一覧にしてみた。ちなみにこれは“レース先頭馬の通過タイム”ではなく、“勝ち馬の通過タイム”である。

■阪神ジュベナイルフィリーズ勝ち馬 過去10年
2006年 58.9-34.2 ウオッカ      桜花賞2着
2007年 58.6-35.2 トールポピー    桜花賞8着
2008年 60.4-34.8 ブエナビスタ    桜花賞1着
2009年 60.6-34.3 アパパネ      桜花賞1着
2010年 61.8-33.9 レーヴディソール  桜花賞不出走
2011年 60.8-34.1 ジョワドヴィーヴル 桜花賞6着
2012年 58.3-35.9 ローブティサージュ 桜花賞5着
2013年 59.8-34.1 レッドリヴェール  桜花賞2着
2014年 60.4-34.0 ショウナンアデラ  桜花賞不出走
2015年 58.7-35.8 メジャーエンブレム 桜花賞4着
2016年 59.2-34.8 ソウルスターリング 

■チューリップ賞勝ち馬 過去10年
2007年 60.2-33.5 ウオッカ      桜花賞2着
2008年 61.3-34.5 エアパスカル    桜花賞9着
2009年 61.8-34.7 ブエナビスタ    桜花賞1着
2010年 61.4-34.7 ショウリュウムーン 桜花賞4着
2011年 60.9-33.6 レーヴディソール  桜花賞不出走
2012年 61.5-34.0 ハナズゴール    桜花賞不出走
2013年 60.2-34.7 クロフネサプライズ 桜花賞4着
2014年 60.6-33.7 ハープスター    桜花賞1着
2015年 61.8-35.9 ココロノアイ    桜花賞10着
2016年 59.8-33.0 シンハライト    桜花賞2着
2017年 59.4-33.8 ソウルスターリング 

■桜花賞勝ち馬 過去10年
2007年 60.1-33.6 ダイワスカーレット 
2008年 59.9-34.5 レジネッタ     
2009年 60.7-33.3 ブエナビスタ    
2010年 59.2-34.1 アパパネ      
2011年 59.6-34.3 マルセリーナ    
2012年 60.3-34.3 ジェンティルドンナ 
2013年 59.5-35.5 アユサン      
2014年 60.4-32.9 ハープスター    
2015年 62.5-33.5 レッツゴードンキ  
2016年 60.4-33.0 ジュエラー     

実際のところ、この一覧を見ただけではピンと来ないと思われるのだが、それぞれの平均を出してみると、少しずつ傾向が出始める。


■阪神ジュベナイルフィリーズ勝ち馬 過去10年平均
1000m通過 59秒8   ラスト600m34.6

■チューリップ賞勝ち馬 過去10年平均
1000m通過 61秒0   ラスト600m34.2

桜花賞勝ち馬 過去10年平均
1000m通過 60秒3   ラスト600m33.9


要するに、阪神ジュベナイルフィリーズはハイペースから上がりの掛かるレースであり、チューリップ賞はスローペースから上がりの早いレース。これは“多頭数G1”と“少頭数トライアル”というレースの性質がそのまま出ているのだと思われる。

そして問題の桜花賞は、とにかく上がりが速いのが特徴。チューリップ賞より遥かに速いペースから、それでいてチューリップ賞よりさらに速い上がりが要求されるレース。「チューリップ賞の時計が速い年は桜花賞と連動する」と言われる理由は、ここではないかと思われる。


そう、桜花賞を勝つためには、それなりの時計的な裏付けが必要なのだ。具体的なラインとしては・・・

[もっと見る]

2016年12月10日() 09:53 藤田将大
【香港国際競走】香港カップ〜出走馬全頭の短評
閲覧 887ビュー コメント 0 ナイス 1

ラストは香港カップ

(1)エイシンヒカリ
言わずと知れた、昨年の優勝馬。1年前の香港カップ(G機砲任話云38倍の9番人気という低い評価も味方にして、楽々と逃げ切りを決めた。今年5月にフランスのイスパーン賞(G機⊆1800m)で2着ダリヤンに10馬身差をつけて圧勝したことにより、今年の香港カップ出走メンバーでは最高レーディングの129を得ている。レースの中心的存在と見られているモーリスに他馬のマークが集まるようなら、昨年の再現も望めるだろう。

(2)モーリス
昨年の年度代表馬が、今年は5月に香港でのチャンピオンズマイル(G機法∩袷の天皇賞・秋(G機砲僕ゾ L棆爾里箸海躪馥發呂發箸茲蝓▲▲献地域のマイルと芝2000m路線のトップに君臨していると言っても過言ではない。鞍上R.ムーアとのコンビは2歳時に京王杯2歳S(G供砲任涼絣阿あるものの、同馬が本格化した昨年以降ではG気3戦3勝と抜群の成績を収めている。

(3)デザインズオンローム
13/14年シーズンの香港年度代表馬で、香港ローカルを含めてG気6勝を挙げている。2014年の香港カップ(G機砲任蓮△曚楮埜緤の位置からラスト400mを22.19秒の豪脚で差し切ったように、鋭い末脚が最大の武器。9月からの今シーズンは初戦シャティントロフィー(G供砲鬟肇奪廛魯鵐133ポンド(約60.5キロ)で勝利したが、前走のジョッキークラブC(G供砲任呂泙辰燭いいところなく最下位の9着に大敗した。

(4)ブレイジングスピード
ステファノスを破った昨年のクイーンエリザベス2世C(G機砲覆稗猫気4勝(香港ローカルを含む)。9月からの今シーズンは初戦シャティントロフィー(G供砲デザインズオンロームと同じトップハンデで2着、前走のジョッキークラブC(G供砲歪樟でいったんは2番手まで上がったものの、差し馬に交わされて5着に終わった。ただし、ジョッキークラブCの斤量もブレイジングスピードとデザインズオンロームの2頭だけが、1年以内にG気鮠,辰討い詛呂鵬櫃擦蕕譴5ポンド(約2.5キロ)を、他馬より余計に背負わされていたことは無視できない。

(5)ステファノス
前走の天皇賞・秋(G機砲任郎鯒の2着に続いて3着と好走した。香港には昨年2度遠征し、12月の香港カップ(G機砲任10着に大敗したが、4月のクイーンエリザベス2世C(G機砲任2着に入っている。国内外を含めて芝2000mは勝ち鞍こそないが、ベストの距離と言えるだろう。キャロットクラブの勝負服でエピファネイアをジャパンC優勝に導いたC.スミヨンが鞍上なら、プラスアルファの部分を引き出す可能性も十分にある。

(6)ラブリーデイ
昨年のこの時期は重賞4連勝で天皇賞・秋(G機砲僕ゾ,掘▲献礇僖C(G機砲任3着と、まさに充実期にあったが、その反動からなのか、今年はここまで5戦して10月の京都大賞典(G供砲任3着が唯一の馬券圏内と低迷している。香港に遠征した4月のクイーンエリザベス2世C(G機砲任蓮⊇造辰診肋譴影響したこともあり4着に敗退した。

(7)ガンピット
昨年のチャンピオンC(G機砲罵萋したように、香港ではオールウェザーを得意とし(7戦7勝)、ダートではドバイでも今年3月にドバイワールドC(G機砲料鮎ダ錺泪トゥームチャレンジラウンド3(G機砲2着の実績を残している。ただし、芝の重賞では今年6月の香港ローカル重賞プレミアプレート(香G掘砲任4着が最高着順。芝のトップクラスに入ると一枚落ちる感は否めない。

(7)シークレットウェポン
香港カップの前哨戦にあたる11月20日のジョッキークラブC(G供砲陵ゾ’蓮今年2月のセンテナリーヴァーズ(香G掘⊆1800m)以来の重賞2勝目で、重賞勝ちはどちらも道中7番手から直線で末脚を爆発させての勝利だった。今シーズンの馬体重は1160ポンド(約525キロ)台と、昨シーズンよりひと回り増えた印象で、好調をうかがわせる。

(9)エリプティク
フランスの名門A.ファーブル厩舎の所属馬で、2歳時にコンデ賞(G掘⊆1800m)、4歳時にヴィシー大賞(G掘⊆2000m)を制している。今年7月にドイツのダルマイヤー大賞(芝2000)でG欺蘋覇。同レースにはジャパンC出走のイキートスも出走しており、4着だった。その後は9月11日のフォワ賞(G供砲シルバーウェーヴの3着、11月6日にイタリアのローマ賞(G機砲3着。今年は5戦して2勝、2着1回、3着2回とすべて3着以内に入っている。

(10)ホースオブフォーチュン
香港移籍前は南アフリカで走り、ポリティシャンS(G掘⊆1800m)2着の実績を残している。香港での初めての重賞出走となった今年4月のクイーンエリザベス2世C(G機砲11着。さすがにトップクラスの壁にはね返されたが、今シーズンに入って前走ササレディースパース(G掘砲望〕し、香港での3度目の重賞挑戦で初タイトルをつかんでいる。

(11)ヘレンスーパースター
ラインズオブバトルの名前でアイルランドのA.オブライエン厩舎からデビューした、2013年のUAEダービー(G供砲両,素蓮その後に香港へ移籍して現在の名前に改名された。香港では昨年5月の香港チャンピオンズ&チャターC(G機⊆2400m)に勝っており、昨年と同じく香港ヴァーズ(G機砲暴仭してくるとみられていたが、一昨年5着だった香港カップ(G機砲膨戦してきた。

(12)クイーンズリング
今年春までは芝1400mの重賞で2勝。秋初戦の府中牝馬S(G供砲魏勝し、前走のエリザベス女王杯(G機砲波甦蠅裡猫祇覇を果たした。その後に香港カップに追加登録。エリザベス女王杯からのローテーションは同じ社台ファームの生産馬で、昨年の香港カップ2着ヌーヴォレコルトと共通する。

★香港国際競走 出走馬全頭の短評コラム一覧
===================
香港ヴァーズ〜出走馬全頭の短評
香港スプリント〜出走馬全頭の短評
香港マイル〜出走馬全頭の短評
===================

藤田将大プロの香港国際競走予想一覧はこちらから。
※予想は12/11(日)午前中公開の予定です。

[もっと見る]

2016年12月09日(金) 17:55 甘粕代三
【香港国際競走】レース展望対談〜現地競馬記者”文傑(ぶん・けつ)”氏とHKIR4レースを斬る
閲覧 878ビュー コメント 0 ナイス 4

◆プロフィール
文傑(ぶん・けつ)
香港最大の日刊紙『蘋果日報(アップルディリー)』首席競馬記者を務め、今秋より同じく大手日刊紙『星島日報』に移籍。競馬記者経験は20年以上。香港で最も経験と知識を有する競馬記者の一人。

甘粕代三(あまかす・だいぞう)
東京新聞記者、テレビ朝日記者、同ディレクター、同台北開設支局長などを務める。94年ミッドナイトベット香港カップ制覇に立ち会ったことから香港の競馬にのめり込む。現在、新報馬業(『新報馬簿』『新報馬経』)駐日代表、北京市馬術運動協会高級顧問。


甘粕 さあ、いよいよHKIR(香港国際競走)だね。

文傑 一緒に香港で競馬を見るようになって10年?それじゃきかないね。ずいぶん長く一緒に競馬を見てきたもんだ。今年は日本から13頭の出走頭数レコード、びっくりだよ。よほど日本に使うレースがないんじゃないか?

甘粕 確かに。日本ではスプリンター、マイラー、2000mのビッグレースはもう終わっているからね。その後、香港を目標にする馬が年々増えてるってことさ。それじゃあ、ヴァーズ、スプリント、マイル、カップの順番で検討していこうか。

香港ヴァーズ 第4R 芝2400m 日本時間15:00発走予定
ハイランドリール連覇へ視界良好
相手はフランス馬、ヌーヴォレコルトに厳しいローテ


甘粕 香港はマイル以下のレースが80%以上。中長距離は手薄と認めざるを得ないね。過去10年でも香港馬は1頭しか勝っていない。

文傑 それは仕方ないよ。そういうレース体系なんだから。1シーズンで2400mのG1が2レース、G3が1レースしかないんだから。香港はこれまで長距離レースを重視してこなかったからね。今回は4頭が出走しているけど、気になるのはイースタンエクスプレス1頭だけかな。状態はいいし、2400向きでもある。ただ、格下感はどうしても否めない。プレース(複勝)がいいところだろう。どうしても、もう1頭というのなら、アンティシペーションかな。

甘粕 確かにそうだね。今年の外国馬をどう見る?

文傑 強すぎるよ。香港馬じゃあ全く相手にならないよ。最近10年間でヨーロッパ国が8勝してるだろ。今年のハイランドリールはこれまでのヨーロッパ遠征馬の中でも飛び抜けて強い。

甘粕 去年はこのレースであのフリントシャー負かしてるしね。

文傑 その後も、イギリス、アメリカで最高レベルの2400m戦を勝ってきてるだろ。去年の状態を維持できていれば、連覇の可能性はかなり高いよ。

甘粕 そうだね。これまで香港ヴァーズに出走してきたヨーロッパの馬の中でも飛び抜けている。その他に気になる馬は?

文傑 良績を残しているフランス馬が3頭出走するけれど、この中から2頭。シルバーウェーヴ、ワンフットインヘブンを押しておこうか。

甘粕:同感だね。

文傑 ところで日本勢はどうなの?

甘粕 3頭の中では去年の香港カップ2着馬、ヌーヴォレコルトが筆頭だろう。オークス馬で2400も問題ないし、香港も経験済み。力的にはハイランドリールに肩を並べることはできる。

文傑 確かに香港カップはいいレースだった。

甘粕 今年は日本勢が13頭とレコードを作った。ヌーヴォの中国語馬名は「新紀録」。新記録を作ってもらいたいものだけどね。


香港スプリント第5R 芝1200m 日本時間15:40発走予定
香港馬の独壇場!
ラッキーバブルズ、ペニアフォビア、エアロヴェロシティ


甘粕 香港スプリントは香港馬の独壇場。ロードカナロア連覇とジェイジェイザジェットプレーンの3年を除いて過去10年で7頭の香港馬が勝っている。今年も香港勢が優勢だね。

文傑 今年の香港勢は飛び抜けた馬はいないけれど、平均して高いレベルにある、と言える。よほどのことがなければ今年も香港馬で行けるだろう。

甘粕 その通りだ。サイレントウィットネス、セイクリッドキングダムといった大看板はいないが、一昨年の覇者エアロヴェロシティ、昨年の覇者、ペニアフォビアが揃った上に、新星も台頭している。

文傑 香港馬の中ではラッキーバブルズだろう。安定感抜群。1200では10戦して連を外していない。

甘粕 トライアルのジョッキークラブ・スプリントは明らかに本番を意識した仕上げとレースぶり。後方から自分の脚を確かめるようにきっちりと2着。F.ルイ調教師に話を聞いたが、中間も順調。枠順も内過ぎず外過ぎず絶好の5番枠。視界良好だね。まだ5歳と若いし、香港短距離界に新たなスターが生まれる予感がする。世代交代、新旧対決が香港スプリント、マイル界の現状ではないかと思うけれど、既成勢力はどうかね?

文傑 昨年の覇者、ペニアフォビアは昨季も本番まで勝ち星がなかったが、本番ではきっちりと結果を出した。今季も同じように3戦して負けているが、着差はそれほどでもない。どう仕上げてくるか注目だね。

甘粕 去年は大外枠から果敢にハナを奪って逃げきったが、今年は1枠を引いた。これは有利だね。最内から逃げたら相当しぶといはず。エアロは2枠を引いた。既に8歳馬だが、今季は2戦して3着2回。去年は香港スプリントを前に心房細動、そして、立て直して高松宮記念連覇に向けて日本に着いてレース直前に疝痛と散々なシーズンだったが、今季は順調だね。8歳とはいえセン馬だし、まだまだ老け込む歳ではない。ハナを切らなくてもレースができるしここは要注意だよ。

文傑 トライアル勝ちのノットリスニントゥーミーはいかにもハンディキャップホース。本番ではどこまではまるか。

甘粕 遠征馬をどう見る?

文傑 ヨーロッパ組は全く良績を残していないし、オーストラリア勢だってレベルデインが7歳、テイクダウンは4歳で、まだここでは家賃が高いだろう。それなら日本馬、ビッグアーサーに魅力を感じる。

甘粕 ビッグアーサーはライアン・ムーアに乗り替わったね。ただ、枠が外過ぎる。

文傑 世界のライアンが絶対的不利のシャティン1200mの外枠をどうさばくか、それも見どころだね。それと格下、オールウェザー馬と見られてるけど、香港馬スーパージョッキーには要注意だよ。とてつもない鉄砲馬だ。

甘粕 それはいい穴馬情報だね。ありがとう。


香港マイル第7R 芝1600m 日本時間16:50発走予定
ビューティーオンリーにヘレンパラゴン
サンジュエリーが世代交代実現?


甘粕 マイルも香港の独壇場だ。ここ10年で去年のモーリス以外は香港馬が9勝だよ。今年も香港勢で仕方ない。

文傑 これまでに比べると最強とは言えないが、十分勝負になるんじゃないか。

甘粕 本当にそうだね。まずは香港馬から行こう。期待の香港馬を上げてほしい。

文傑 まずはトライアル勝ちのビューティーオンリーとヘレンパラゴン。オンリーは今季さらに進歩、1600mなら上位3頭に入る可能性は高い。ヘレンパラゴンはトライアル後に状態急上昇。前走は直線で大きな不利があったが、今回はあんなことはないだろう。

甘粕 J.ムーア調教師の話だと、期待の3頭の中にヘレンパラゴンをあげていた。まだ4歳だし、香港には珍しくセン馬ではなく牡馬。この馬の種馬としての将来を考えているんじゃないか、と感じざるを得ない。

文傑 そうだろ。

甘粕 それはそれとして、問題はエイブルフレンドの扱いだよ。引退の危機までささやかれていたが、復活を遂げ前走のトライアルは1600ではなく1200を使って3着。

文傑 それは香港ではよくあることで、長期休養していた馬の眼を覚ますために敢えて短い距離を使うんだよね。4着は立ち直ってきた証拠ではあるけれども。

甘粕 2日のバリアトライアル(注:模擬レース)ではモレイラ騎手が持ったままの2着。相当戻ってきているように見えた。ただ、調教で実際に見た馬体は往年のような張りが感じられなかったのが気になる。

文傑 完全復活は難しいんじゃないか。エイブルは既に往年のエイブルにあらず、だよ。

甘粕 まだ争覇圏内にはいると思うんだけどねえ。香港勢ではサンジュエリーに無限の可能性を感じている。トライアルはスプリントのラッキーバブルズ同様、明らかに本番を意識した作りとレース。後方から自分の脚を測ってきっちりと3着。

文傑 要注意であることは間違いないね。

甘粕 J.サイズ調教師に話を聞いたんだが、1800までは昨季の香港馬王、ワーザーよりも強いというんだよ。確かに春の4歳三冠戦で2冠、1800まではワーザーを負かしているしね。

文傑 うん、ワーザーを負かしているのは確かだ。

甘粕 香港マイル界もスプリント界と同様、世代交代、新旧対決がキーワード。新興勢力の筆頭はサンジュエリーと見ている。頭まであってもおかしくない。

文傑 日本馬はどうなの? 今年は3頭も来たよね。ロゴタイプ以外は勝負になるとみてるんだけど。ネオリアリズム札幌記念モーリスを負かしているし、サトノアラジンだって前走のマイルCSは直線で不利があったんだろ。十分争覇圏内だ。

甘粕 ロゴタイプはシャティンの馬場を隅から隅まで知り尽くしたミルコ(・デムーロ)が騎乗する。ハナに立たなくてもいいタイプで、ビューティーフレームが引っ張る中、番手から早めに抜けだす競馬ができればひょっとするぜ。


香港カップ第8R 芝2000m 日本時間17:30発走予定
モーリス鉄板、相手も日本馬?
香港勢ではブレイジングスピード


甘粕 かつては遠征組に馬場を貸すだけの香港勢だったが、春の4歳クラシック三冠を整えたことをはじめ、距離体系を重視。この10年で4勝をあげている。

文傑 しかし、今年は近年でも最弱と言ってもいい。主力の高齢化とピークアウトは目を覆うばかりだ。

甘粕 デザインズオンロームのことだね。今季初戦は距離不向きの1600を勝って、トライアルも期待したんだけど、予想外の殿負け。一体どうしたんだろう? あのエピファネイアにあっさり勝った時の力には舌を巻いたもんだったが。

文傑 ドバイ遠征帰りの香港馬は大概、復調に失敗するんだ。この馬もその一頭。

甘粕 J.ムーア調教師は“ペースが全て。調整は万全。100%”と言っていたが。

文傑 100%は今の100%で、往年のデザインの100%であるはずがない。3着までに入れば上出来ってところだ。

甘粕 そうだね。おまけに今年はモーリスが秋の天皇賞で2000mを克服、ここはラストランなのでメイチの仕上げでくる。天皇賞の後、マイルかカップか直前まで明らかにしなかったのはライアン・ムーアが乗れるどうか、返事を待っていたんだ。

文傑 それは心強いね。ライアンが乗るんならモーリスは不動の軸馬だよ。相手も日本馬で仕方ないね、エイシンヒカリは去年の香港カップ勝馬だし、今回もハナを切って逃げればモーリスを負かせるんじゃないか?

甘粕 去年は人気薄だったから、あの芸当もできたけど、今回はモーリスにライアン。そうは問屋が卸さないだろう。ただ、この馬もラストランでメイチの仕上げ。日本の超高速馬場では時計が一つか一つ半足りない馬だが、同じオーナーのエイシンプレストンのようにここの馬場が抜群に合う。ただ、1着以外は馬券にならない馬だから、そこが要注意だよ。

文傑 単勝を買って見てればいいってことか。モーリス頭のヒモには考えにくいんだね。

甘粕 そう。日本勢の相手には既に香港で経験があるステファノスラブリーデイクイーンズリングは外枠を引いたのが痛いね。香港勢では何がおすすめ?

文傑 ブレイジングスピードだね。2000mでは11戦して3着以内が6回と安定感抜群。去年の香港カップだっていいレースをしている。香港勢で先着するのは間違いなくこの馬だ。

甘粕 T.クルーズ調教師も自信満々だったよ。トライアル勝ちのシークレットウェポン、ホースオブフォーチュンはどうだろう?

文傑 ハンディキャップホースというか、国際G1の定量戦で戦うにはまだ力が足りないんじゃないか?

甘粕 ここはモーリスから大勝負かけてみたい。1着固定の3連単でもいいと考えている。ルーラーシップのクイーンエリザベスII世カップの時よりも自信あり、だな。


「当てるぞ〜」シャティン競馬場で決意のガッツポーズを決める文傑氏(写真・右)と甘粕氏

★12/10(土)22:15より文傑、甘粕両氏が現地メディアracing.dimbo.tvに生出演!
こちらからご覧いただけます(外部サイトへ移動します)

★今回登場した文傑(ぶん・けつ)氏が香港国際競走で海外プロとして電撃デビュー!
文傑氏の香港国際競走予想はこちらからご覧いただけます。

★日本と香港を股にかけて活躍する甘粕代三(あまかす・だいぞう)氏の香港国際競走予想はこちらからご覧いただけます。

[もっと見る]

2016年12月09日(金) 16:00 km
【kmのG1データブレイカー】〜2016阪神ジュベナイルフィリーズ〜
閲覧 1,051ビュー コメント 0 ナイス 0

みなさん、こんにちは。ウマニティ公認プロ予想家のkmです。
今週は、最強2歳牝馬決定戦『阪神ジュベナイルフィリーズ』を中心にお届けしていきます。注目の香港国際競走各レースの見解も、コラムの後半でご紹介していますのでぜひご参考になさってください。

このコラムでは、決め撃ち穴馬ハンターのkmが、『過去5年で勝ち馬を出していないデータから今年破られそうな項目』を”データブレイカー”と称し、ウマニティ会員の方だけに独自の見解を交えてお伝えします。
データ競馬全盛期の今だからこそ、”逆張り”が効果的です。データ派の意表を突く、過去の傾向を覆す可能性の高いポイントにズバッと斬り込んでいきますので、ぜひご活用ください。
また、以前コラムとして連載し好評をいただいていた”次走の狙い馬”につきましては、後半部分でご紹介いたします。さらに、おまけコーナーとして”血統診断”も追加しましたので、合わせてお楽しみください。


■2016秋シーズン 『競馬プロ予想MAX』presents連載コラムについて詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7807


G1データブレイカー
阪神ジュベナイルフィリーズ

サウンドトゥルーの豪脚で幕を閉じたチャンピオンズカップの余韻が残る中、競馬はまだまだ続きます。
今週は、阪神ジュベナイルフィリーズが行われます。
阪神ジュベナイルフィリーズは2006年の外回りコース新設以後、翌年のクラシックに直結するレースになりました。
今年は、欧州の歴史的名馬Frankelの仔ソウルスターリングアルテミスステークス勝ち馬のリスグラシュー、3連勝中のジューヌエコールなどが出走を予定しています。

・前走11頭立て以下【0.1.1.12】

この時期の若駒は素質重視で評価されるのですが、正確な比較がなされているとは思えないケースが多く見受けられます。また、評判馬が出るレースは少頭数になる傾向があります。多頭数で厳しい競馬をしてきた馬に分があるのも当然でしょう。
とは言え、他厩舎が怖れるほどの評判馬の中に綺羅星の如き才能を持った馬がいる気がしてなりません。
今年の該当馬では、ソウルスターリングに魅力を感じます。多頭数で被る不利よりも、溢れ出さんばかりの潜在能力が最大限発揮されたらどれだけ強いのだろうかと考えるだけで胸の高まりが治まりません!

アリンナ→前走11頭立て(秋明菊賞1着)
ゴールドケープ→前走11頭立て(白菊賞1着)
ジューヌエコール→前走10頭立て(デイリー杯2歳ステークス1着)
ソウルスターリング→前走9頭立て(アイビーステークス1着)
ディーパワンサ→前走10頭立て(中京2歳ステークス1着)

[もっと見る]

2016年11月22日(火) 17:00 ウマニティ編集長
【予想コロシアム】上位の予想偏差値がほぼ横並びのなか最終週の戦いに突入!
閲覧 462ビュー コメント 0 ナイス 4

先週の当欄で「大激戦」と紹介した、現在開催中のウマニティ予想コロシアムの第122回大会。3週目が終了し、その状況にさらに拍車がかかった感があります。1週目にトップだった『はにびさん』、2位だった『@COCOさん』は、それぞれ順位をひとつずつ下げ、2位と3位に後退。これに代わり、『万馬券当(まんばけんと)さん』がシリーズリーダーのポジションに浮上してきました。

万馬券当さんは今大会、1日数レースの参戦でコツコツと実績を積み重ね、13日(日)に行われたエリザベス女王杯にて、勝ったクイーンズリングに◎を打って大爆発。3連複15万馬券を1000円的中させ、約159万円の払戻しを記録しました。そして、先週の競馬を終えて大会規定の登録レース数に到達。それまでの貯金が生き、晴れてトップの座に就いたわけであります。

ただし、ぶっちぎりというわけではありません。2位はにびさんとの予想偏差値差は1.2、3位@COCOさんとは2.3。4位以下とも接近しており、依然として激戦状態が続いているのです。すべては今週の結果次第。現在の上位勢は誰にも優勝の可能性がありますので、万馬券当さんは逃げ切り勝ちを、2位以下の皆さんは逆転優勝を目指して、悔いのない戦いを演じてもらいたいと思います。運命のラストバトルに注目しましょう。

※詳しくは「大会成績」ページをご覧ください。

なお、予想コロシアムのランキングに入るためには、規定予想レース数をクリアする必要があります。週間ランキングは6レース、大会ランキングは24レースの登録が条件となりますので、いくらすごい配当を一発当てたとしても、予想レース数が規定に満たない場合は上位にランクされませんのでご注意を!

予想自慢の方も、競馬初心者の方も、予想コロシアムでぜひ腕試しをしてみませんか? お金を賭けずに競馬予想ができ、成績も自動集計してくれますので、予想シミュレーションツールとして、とても便利ですよ!

大会成績の上位者には、トロフィーや賞状のアイテムがプレゼントされ、更に副賞として、ウマニティを更に楽しくする『ウマニティ・ポイント』が進呈されます。

優勝者:    10万ポイント
2位〜10位:  5万ポイント
11位〜20位: 3万ポイント

『予想コロシアム』に参加するにはウマニティの会員登録(無料)が必要です。
まだ会員でない方は、コチラから会員登録(無料)してください。

[もっと見る]

⇒もっと見る

クイーンズリングの口コミ


口コミ一覧

馬券メモ(2017/4/8・9)

 銀色のサムライ 2017年04月10日(月) 20:41

閲覧 52ビュー コメント 2 ナイス 12

今年度のJRA夏季競馬番組の詳細が発表されました。

2015年から開催されているワールドオールスタージョッキーズは今年も札幌で開催。
ダート1700mのフルゲートが14頭になったので、
今回はシリーズ第2戦がダート1700mとなります。

芝レースばかりだと味気ないですからね。
ダート戦も加わった中でチャンピオンを決める事になったのは良かったと思います。

2015年はモレイラ騎手、2016年はデムーロ騎手が総合優勝を果たしているのですが、
今年こそは日本人ジョッキーの優勝を期待したいです。

それでは、先週の本命馬の回顧をお届けします。


【2回阪神5日】

■7R イサチルホープ 1人気3着

好位の内から理想的なレース運びをしてくれたと思います。
2着は取れるか、という状況でしたが、メイショウノボサンのキレ味に屈しました。

■8R アドマイヤリアル 2人気6着

叩き2戦目での良化に期待しましたが、今回もサッパリでした。
追い切りでは抜群の時計を出しているんですけどね…。

■9R リッチーリッチー 1人気1着

休み明けでしたけど、緩い馬場も合っていましたし、
ブリンカーの効果も多少はあったと思います。

■10R ビップライブリー 1人気2着

エスティタートに上手く内をすくわれてしまいました。
自分のレースはできていましたので、相手次第で1600万条件突破の可能性も十分。

■11R(阪神牝馬S)クイーンズリング 2人気15着

道中で折り合いを欠き、脚を溜められず、ミッキークイーンいかに全く太刀打ちできませんでした。
目標が先にある馬に◎を打った自分が悪い、と割り切るしかない凡退です。

■12R ローズプレステージ 3人気12着

前走の勝ちっぷりが良かったので、昇級でも通用すると思っていましたが…。
時計の速い馬場も厳しかったのでしょうか。


【3回中山5日】

■7R アシャカダイキ 1人気1着

馬体が10kgも減ってしましたけど、
好位から上手くレースを運んで、ラストの末脚もしっかり。着差以上に強かったです。

■8R カブキモノ 1人気12着

脚抜きの良い馬場が合わなかったですし、使い詰めの影響もあったのかも。
また、単騎逃げじゃないと力を発揮できないようです。

■9R ルネイション 2人気6着

中京での前走がとても強かったですから、
中山でも何とかなるのでは?と考えていましたが、
馬場も不向きでしたし、狙うべきレースではなかったですね。

■10R イチダイ 2人気6着

相手なりに走れるので、強敵ぞろいの1600万下条件でも…と思ってました。
でも、今回はさすがに相手が強かったですし、次の買い時は降級してからだと思います。

■11R(NZT)カリビアンゴールド 10人気11着

マイナス10kgの馬体重もありましたが、道中で掛かり気味だった事が最大の敗因だと思います。
波乱になるという見立ては当たってましたけど、
前残り濃厚のメンバー構成でしたから、穴狙いをするにしても先行馬から狙わなきゃダメでしたね…。

■12R タイセイラビッシュ 1人気4着

テンのダッシュがあまりつかず、控える競馬に。
先行押し切り、という本来のスタイルに持ち込めませんでした。
時計も速すぎたようですし、もっと時計の掛かる馬場にならないと厳しいですね。


【1回福島1日】

■7R メリークン 1人気8着

中央場所の未勝利戦でいつも上位争いしていましたけど、
相手が弱くなったローカルで不可解な凡退。
福島コースが合わないだけなのか、調子落ちだったのか…。

■8R ウメマツサクラ 4人気4着

枠なりでコースロスのない競馬を心掛けてくれましたが、
最後はキレ味の差で上位3頭に敵いませんでした。

■9R セカンドエフォート 2人気8着

2015年宝塚記念のゴールドシップを思い起こさせるようなゲートでの大出遅れ。
あそこまで出遅れたらどうしようもありません。

■10R インシュラー 1人気8着

こちらもスタートでの出遅れが痛かったです。
でも、新馬戦のレベルも低かったので、振り返ってみると過剰人気だったのかな?と思います。

■11R リッパーザウィン 3人気12着

3戦続けて福島本命馬の出遅れはさすがにキツい…。
今回は全然レースになっていないので、次走は度外視可能だと思います。

■12R アイスゴールド 7人気1着

ペースが落ち着いたところで後方からマクる、という秋山騎手の好判断が光りました。
騎手の力で勝ったレースなので、昇級後はさすがに厳しいのではないでしょうか。


【2回阪神6日】

■7R アナザープラネット 3人気1着

ワークフォース産駒ですから、道悪は合うと思っていました。
荒れた内馬場を通っていましたけど、全く問題なかったです。

■8R タマモユウトウセイ 2人気14着

スタートで若干遅れましたが、好位の外でスムーズな競馬ができたんですけどね…。
道悪での実績もありましたけど、本質的には時計の掛かる馬場が合うタイプなのでしょう。

■9R ドロウアカード 2人気3着

マイペースの単騎逃げ、という想定通りの競馬をしたものの、あっさり後続に差されてしまいました。
距離も微妙に長いのかもしれません。

■10R ブラヴィッシモ 1人気2着

3〜4角でバテたウインガニオンの真後ろにいたのが致命的でした。
もっとスムーズなレースができていれば、勝てていたので、とても勿体ないレースだったと思います。

■11R(桜花賞)レーヌミノル 8人気1着

馬場状態、内過ぎず外過ぎずの枠順をはじめ、
道中の位置取り、折り合い、追い出すタイミング、何もかもがレーヌミノルに追い風になりました。
単勝が40倍もついたので、単勝馬券も買っておけば…と今更ながら後悔しています。

■12R クリノリトミシュル 1人気3着

さすがに1分49秒台の決着になると苦しかったですね。
でも、クラスのメドは立ちましたから、次走は勝ち上がるチャンスだと思います。


【3回中山6日】

■7R アウアウ 3人気10着

リリカルホワイトにハナを奪われて、速いペースに付き合わされてしまいましたね。
脚抜きの良い馬場も合わなかったです。

■8R トーホウスペンサー 1人気7着

相手に恵まれた、と思っていたので、苦手な道悪でも大丈夫だと考えていました。
でも、下級条件のレースは馬場の巧拙がものを言うんですよね…。認識が甘かったです。

■9R ウォーブル 1人気4着

逃げてこその馬なので、他馬に逃げられた時点でジエンドです。
走りにくそうにしていましたし、道悪もダメでしたね。

■10R ドゥーカ 2人気14着

マイルに距離を縮めたここが勝負!だと意気込んでいましたけど、
道中の位置取りが悪すぎました…。

■11R レッドゲルニカ 2人気10着

追い通しの展開になってしまいましたね…。
能力は高いと思うのですが、まだOPで互角以上に走れる状況じゃなかったようです。

■12R サラセニア 1人気3着

追い切りの時計がとても良かったので、脚抜きの良い馬場でも大丈夫だと思ったのですが…。
マイネルビクトリーに負けたのは仕方ないにしても2着は欲しかったところです。


【1回福島2日】

■7R ダノンスターズ 3人気1着

中盤までの位置取りが後ろ過ぎたので、
直線で届くのかどうか心配していましたが、問題なかったですね。

■8R ロードインスパイア 5人気15着

追い切りで好時計を連発していましたけど、今回もサッパリ。
去勢明け初戦は狙っちゃいけないですね…。

■9R クリノサンスーシ 2人気1着

前すぎず後ろすぎず、という絶妙な位置取りでレースを運んでくれました。
順当勝ちだったと思います。

■10R エアワイバーン 2人気2着

好位の内で脚を溜める形に持ち込めたんですけどね…。
もうひと伸び足りなかったのは休み明けの分という事なんだと思います。

■11R コスモラヴモア 10人気12着

中団のインでじっくりと構えていたものの、
ペースが上がったところで置いていかれてしまいました。
元々1700mで好走していましたけど、今は1400mでこそのタイプなのかも。

■12R ユキノカトレア 3人気9着

好位で上手く折り合いをつけていましたが、直線でノースペース…。



桜花賞は的中できたんですけど、他のレースはちぐはぐな予想ばかりでした…(>

 昭島のよっちゃん 2017年04月09日() 17:39
今週の予想及び次週特別登録のPOG馬 
閲覧 35ビュー コメント 2 ナイス 14

写真は、今週の「競馬でビンゴ」の私の成績です

今週の予想結果・・買い目を馬連から馬単にしました
(私の買目は、◎単勝と◎○▲△の馬単・3連単のBOXです)


土曜メインレースの予想結果です     


福島11R 吾妻小富士賞 1000万下 芝1,200


 ◎ ▲侫献離僖鵐機次     。加紂複曳嵜裕ぁ
 ○ トシストロング      3着(2番人気)
 ▲ オフクヒメ        9着(7番人気)
 △ ゥ譽ぅ鵐棔璽薀凜薀堯  。隠叡紂複吉嵜裕ぁ
1着エリーティアラを外し当たり無し

ビンゴ馬:ベルモントラハイナ 16着(10番人気)16着マスを塗りつぶし



阪神11R サンスポ杯阪神牝馬ステークス G供ー1,600


 ◎ ゥ潺奪ークイーン     1着(1番人気)
 ○ クイーンズリング    15着(2番人気)
 ▲ 哀▲疋泪ぅ筌蝓璽鼻    。加紂複拡嵜裕ぁ
 △ デンコウアンジュ     7着(10番人気)
単勝(220円)、馬単(1,340円)が当たり

ビンゴ馬:クリノラホール    11着(12番人気)11着マスを塗りつぶし




中山11R ニュージランドトロフィー G供ー1,600


 ◎ クライムメジャー     8着(1番人気)
 ○ 哀椒鵐札襯凜ーソ     3着(5番人気)
 ▲ タイムトリップ      5着(6番人気)
 △ セイカチトセ      16着(16番人気)
1着ジョーストリクトリを外し当たり無し

ビンゴ馬:哀椒鵐札襯凜ーソ   3着(5番人気)3着▲泪垢鯏匹蠅弔屬




日曜メインレースの予想結果です

      
福島11R 米沢特別 1000万下 ダート1,700


 ◎ ▲織ノヴェリテ      4着(3番人気)
 ○ ぅ劵襯離妊鵐蓮璽亜   。隠誼紂複曳嵜裕ぁ
 ▲ Ε┘弌璽ュート      1着(4番人気)
 △ ショートストリー     2着(5番人気)
馬単(7,840円)が当たり

ビンゴ馬:▲織ノヴェリテ    4着(3番人気)4着,鯏匹蠅弔屬



中山11R 京葉ステークス オープン ダート1,200


 ◎ ゥ譽奪疋殴襯縫     10着(2番人気)
 ○ ブルドックボス      9着(1番人気)
 ▲ Д淵鵐船鵐離鵝      。恵紂複拡嵜裕ぁ
 △ キタサンミカヅキ     5着(8番人気)
1着ショコラブランを外し当たり無し

ビンゴ馬:キタサンミカヅキ   5着(8番人気)5着,鯏匹蠅弔屬




阪神11R 桜花賞 G機ー1,600


 ◎ アドマイヤミヤビ    12着(2番人気)
 ○ レーヌミノル       1着(8番人気)
 ▲ ┘ラクレナイ       4着(6番人気)
 △ ぅ献紂璽魅┘魁璽襦    。甲紂複隠家嵜裕ぁ
2着リスグラシューを外し当たり無し

ビンゴ馬:アドマイヤミヤビ  12着(2番人気)12着マスを塗りつぶし



POG馬の出走結果
出走馬なし




★メインレースの予想は、6レース中、1レースで単勝が、2レースで馬連が当たる



★「競馬でビンゴ」は、6レース中、6マス塗りつぶせた・・好調、読みが有ったている
  
 

★myPOG馬は、出走なし・・・残念
 

※ビンゴ馬については、下記の日記を参照下さい

http://umanity.jp/home/view_diary.php?id=c5b875378c&owner_id=2ec1608dab

★今週の予想コロシアムは、昨日の福島1Rの貯金の有り、トータルでプラス!!



★次週の特別登録


16日中山競馬場11R皐月賞(芝2,000)にアルアインが登録

16日中山競馬場11R皐月賞(芝2,000)にレイデオロが登録

※重賞勝馬2頭による皐月賞取り、2頭でワン・ツーだ!!


追記

炎の十番勝負
桜花賞は「ソウルスターリング」を指名しましたが、3着に終わったので1ポイント獲得となりました

ここまで獲得ポイントは、3戦してわずか2点です(残念・・・

[もっと見る]

 ちびざる 2017年04月08日() 21:20
阪神牝馬Sの結果
閲覧 19ビュー コメント 0 ナイス 0

1着:Ε潺奪ークイーン
2着:哀▲疋泪ぅ筌蝓璽
3着:┘献紂璽襯櫂譟璽


私の◎にしたΕ潺奪ークイーンは1着でした。
2着の哀▲疋泪ぅ筌蝓璽匹鰐軌
3着の┘献紂璽襯櫂譟璽襪鰐軌
でしたので、馬券は的中できませでした。_| ̄|○


勝ったΕ潺奪ークイーンは、完勝でした。
重馬場で上がり3ハロン34秒フラットなら上出来だったと思います。
これならヴィクトリアマイルでも好勝負できそうです。

2着の哀▲疋泪ぅ筌蝓璽匹眈,辰伸Ε潺奪ークイーンと
同じ上がり3ハロン34秒フラットで駆け抜けているので力をつけてきているって感じですね。
1000万下→1600万下の条件戦を連勝してきた力は本物だったということですね。

私が○としたクイーンズリングは力を抱しれずに負けたという感じですね。
やはり海外遠征明けで、斤量56kgはさすがにきつかったかもしれません。
次走では上積みがあると思うので期待したいですね。

個人的に期待していたタッチングスピーチは13着でした。
さすがにマイルは短いって感じでしょうか。
2000M前後なら違う結果だったかもしれません。



的中された方、おめでとうございます

[もっと見る]

クイーンズリングの掲示板

コメント投稿
コメント一覧
2:
  ヨッシー   フォロワー:3人 2015年9月21日(月) 23:19:55
9/20次走注意
1:
  一粒万倍   フォロワー:8人 2015年3月17日(火) 15:58:53
やぁ これは お恥ずかし・・・どうしても 筆頭馬主になりたい! と思ってたら・・・

まさか このレベルの馬が 落札されてない・・・デビューが遅かったから 盲点に・・・

よし! と火が付いてしまい・・・落札ランキングの 1位に! お恥ずかし・・・

しかも 3300万PPなら 勝ってしまえば 損はない! と邪な 皮算用が駆け巡り・・・

まんまと ハマってしまいました・・・ こうなったら 2匹目の ドジョウを 期待したい!

素晴らしい末脚で サクラ戴冠を!

クイーンズリングの写真

クイーンズリングの厩舎情報 VIP

2017年4月8日サンスポ杯阪神牝馬S G215着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

クイーンズリングの取材メモ VIP

2017年4月8日 サンスポ杯阪神牝馬S G2 15着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。