注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます!⇒いますぐ会員登録(無料)

クイーンズリング(競走馬)

注目ホース
クイーンズリング
クイーンズリング
クイーンズリング
クイーンズリング
写真一覧
現役 牝5 黒鹿毛 2012年5月25日生
調教師吉村圭司(栗東)
馬主吉田 千津
生産者社台ファーム
生産地千歳市
戦績16戦[6-2-0-8]
総賞金32,176万円
収得賞金10,900万円
英字表記Queens Ring
血統 マンハッタンカフェ
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
サトルチェンジ
アクアリング
血統 ][ 産駒 ]
Anabaa
シーリング
兄弟 モンドバーグ
前走 2017/05/14 ヴィクトリアマイル G1
次走予定

クイーンズリングの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
17/05/14 東京 11 ヴィクトリア G1 芝1600 17489.456** 牝5 55.0 M.デムー吉村圭司466(0)1.34.3 0.434.1アドマイヤリード
17/04/08 阪神 11 阪神牝馬S G2 芝1600 16234.3215** 牝5 56.0 M.デムー吉村圭司466(+14)1.36.5 2.236.8ミッキークイーン
16/12/11 香港 8 香港カップ G1 芝2000 12--------9** 牝4 55.5 M.デムー吉村圭司452(--)2.02.0 1.1----モーリス
16/11/13 京都 11 エリザベス杯 G1 芝2200 15236.131** 牝4 56.0 M.デムー吉村圭司460(+10)2.12.9 -0.033.2⑨⑨⑨⑦シングウィズジョイ
16/10/15 東京 11 府中牝馬S G2 芝1800 138136.531** 牝4 54.0 M.デムー吉村圭司450(-4)1.46.6 -0.233.5④④マジックタイム
16/06/19 阪神 11 米子S OP 芝1600 9331.712** 牝4 55.0 M.デムー吉村圭司454(-6)1.35.2 0.635.7ケントオー
16/05/15 東京 11 ヴィクトリア G1 芝1600 1861210.158** 牝4 55.0 M.デムー吉村圭司460(+10)1.32.5 1.034.2⑪⑫ストレイトガール
16/02/20 京都 11 京都牝馬S G3 芝1400 187144.711** 牝4 56.0 M.デムー吉村圭司450(-6)1.22.9 -0.035.6マジックタイム
15/11/15 京都 11 エリザベス杯 G1 芝2200 181213.258** 牝3 54.0 A.シュタ吉村圭司456(-2)2.15.2 0.334.7⑨⑨⑫⑫マリアライト
15/10/18 京都 11 秋華賞 G1 芝2000 185914.952** 牝3 55.0 M.デムー吉村圭司458(+8)1.56.9 0.034.1⑫⑬⑭⑭ミッキークイーン
15/09/20 阪神 11 ローズS G2 芝1800 1781610.655** 牝3 54.0 M.デムー吉村圭司450(+2)1.46.1 0.935.4⑤⑤タッチングスピーチ
15/05/24 東京 11 優駿牝馬 G1 芝2400 18369.359** 牝3 55.0 M.デムー吉村圭司448(+6)2.26.0 1.034.5⑭⑬⑭⑮ミッキークイーン
15/04/12 阪神 11 桜花賞 G1 芝1600 187139.034** 牝3 55.0 M.デムー吉村圭司442(-2)1.36.8 0.833.7⑫⑨レッツゴードンキ
15/03/15 阪神 11 Fレビュー G2 芝1400 188173.611** 牝3 54.0 M.デムー吉村圭司444(-20)1.22.5 -0.134.9⑭⑬ペルフィカ
15/01/17 中山 9 菜の花賞 500万下 芝1600 158154.421** 牝3 54.0 G.ブノワ吉村圭司464(+4)1.34.9 -0.334.6⑧⑤⑤マキシマムドパリ
14/12/21 中山 6 2歳新馬 芝1800 138137.031** 牝2 54.0 G.ブノワ吉村圭司460(--)1.53.5 -0.434.6クインズラピス

クイーンズリングの関連ニュース

 第58回宝塚記念ファン投票の第1回中間発表の得票数上位20頭は以下の通り。「第2回中間発表」は6月1日(木)。投票は6月4日(日)まで受付中。

1位 キタサンブラック 28547票 牡5歳 清水久詞厩舎2位 サトノダイヤモンド 22477票 牡4歳 池江泰寿厩舎3位 シュヴァルグラン 16552票 牡5歳 友道康夫厩舎4位 マカヒキ 14905票 牡4歳 友道康夫厩舎5位 ゴールドアクター 14045票 牡6歳 中川公成厩舎6位 ヴィブロス 9951票 牝4歳 友道康夫厩舎7位 ミッキークイーン 9793票 牝5歳 池江泰寿厩舎8位 ディーマジェスティ 9466票 牡4歳 二ノ宮敬宇厩舎9位 サウンズオブアース 9462票 牡6歳 藤岡健一厩舎10位 リアルスティール 9203票 牡5歳 矢作芳人厩舎11位 サトノクラウン 8375票 牡5歳 堀宣行厩舎12位 ステファノス 8264票 牡6歳 藤原英昭厩舎13位 ヤマカツエース 7254票 牡5歳 池添兼雄厩舎14位 エアスピネル 6600票 牡4歳 笹田和秀厩舎15位 レインボーライン 6576票 牡4歳 浅見秀一厩舎16位 クイーンズリング 6375票 牝5歳 吉村圭司厩舎17位 ルージュバック 5518票 牝5歳 大竹正博厩舎18位 ソウルスターリング 5452票 牝3歳 藤沢和雄厩舎19位 アルアイン 4962票 牡3歳 池江泰寿厩舎20位 アンビシャス 4677票 牡5歳 音無秀孝厩舎

【ヴィクトリア】レースを終えて…関係者談話2017年05月15日(月) 05:03

 ◆武豊騎手(スマートレイアー4着) 「この馬の特性を生かすレースができて、うまくいったと思ったが…。勝ち馬とは一瞬の脚の差だった」

 ◆川田騎手(ソルヴェイグ5着) 「1200メートルを使ってきたので自然とハナへ行く形。最後まで精いっぱい頑張っています」

 ◆Mデムーロ騎手(クイーンズリング6着) 「昨日(土曜)よりましだったが、(緩い)馬場が合わなかった。よく頑張ったけど、最後はジリジリだった」

 ◆北村宏騎手(フロンテアクイーン8着) 「(4コーナーで)外に張り出してくる馬が多くて、内に入れられなかったが、差のないところまで来ている」

 ◆吉田隼騎手(ウキヨノカゼ9着) 「直線の入り口で(外に張られる)不利が大きかった。それでも着順ほど負けていない」

 ◆岩田騎手(レッツゴードンキ11着) 「3、4コーナーで結構、力んでいた。それでパワーを使ってしまった」

 ◆田辺騎手(アットザシーサイド12着) 「後ろからじっくり。緩い馬場が向かないので、直線で手応えが怪しくなった」

 ◆池添騎手(アスカビレン13着) 「いいところで競馬はできたが、最後で力尽きた」

 ◆四位騎手(ヒルノマテーラ14着) 「直線では内を突いたが、伸びは一瞬だった」

 ◆北村友騎手(クリノラホール15着) 「相手が強かった」

 ◆内田騎手(リーサルウェポン16着) 「2番手から競馬をしたが、結果的に上がりの競馬になった」

 ◆黛騎手(オートクレール17着) 「中団で流れに乗ったが、最後はいっぱいになった」

★14日東京11R「ヴィクトリアマイル」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【ヴィクトリア】6番人気アドマイヤリードが春の女王に 2017年05月14日() 15:47

 5月14日の東京11Rで行われた第12回ヴィクトリアマイル(4歳以上オープン、牝馬、GI、芝1600メートル、定量、17頭立て、1着賞金=9300万円)は、クリストフ・ルメール騎手騎乗の6番人気アドマイヤリード(4歳、栗東・須貝尚介厩舎)が制し、重賞初勝利をGIで飾った。タイムは1分33秒9(稍重)。1馬身1/4差の2着はデンコウアンジュ(11番人気)で、さらにクビ差の3着にジュールポレール(7番人気)が入り、3連単は91万8700円の好配当となった。

 レースはソルヴェイグが逃げて、2番手にはリーサルウェポンがつけ、アスカビレンスマートレイアーレッツゴードンキなどとともに先行集団を形成した。ミッキークイーンは7番手あたり。アドマイヤリードは中団のやや後ろで3〜4コーナーにかけて徐々に押し上げ、ルージュバックは後方に控えた。直線ではソルヴェイグスマートレイアー、さらに中団から伸びてきたクイーンズリングが横一線で並ぶ中、アドマイヤリードスマートレイアーソルヴェイグの間の僅かなスペースに突っ込んだ後、鋭い末脚で抜け出して快勝した。道中は中団にいたデンコウアンジュが2着に入り、3着にジュールポレール

 4番人気スマートレイアーは4着。昨年2着のミッキークイーンは7着、2番人気ルージュバックと3番人気レッツゴードンキはそれぞれ10、11着だった。

 アドマイヤリードは、父ステイゴールド、母ベルアリュールII、母の父ニューメラスという血統。北海道安平町・ノーザンファームの生産馬で、馬主は近藤利一氏。通算成績は14戦5勝。ヴィクトリアマイルは、須貝尚介調教師、クリストフ・ルメール騎手ともに初勝利。

 ◆クリストフ・ルメール騎手「いっぱい自信がありました。直線では我慢、我慢。瞬発力はすごいけど、(その脚を使える距離が)短いからね。こういう馬場(稍重)は上手です」

★14日東京11R「ヴィクトリアマイル」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【ヴィクトリア】最新ナマ情報2017年05月14日() 05:03

◆“3度目の正直”〔1〕アットザシーサイド

 4走前のオーロC3着以来、3度目の東京参戦。「もともと調子の波が少ないタイプで今回も状態はいい。体つきも悪くないし、相手は強いけど自分の力は出してくれると思います」と川上助手。

◆充実4度目参戦〔2〕スマートレイアー

 過去3年は(8)(10)(4)着で4度目の参戦。到着後も堂々としている。「以前はもうちょっとカリカリしていたが、今は普段から落ち着いているし、体も前回より引き締まった。グチャグチャの馬場は経験したことがないので、それがどうかだけ」と加藤助手は馬場状態の回復を願う。

◆輸送スムーズ〔3〕ジュールポレール

 スムーズな輸送で到着。塩満助手は「いつも通り、おとなしくていい子でしたよ。(8月の)小倉も問題なかったですからね。状態はいいと思います」と好調キープをアピール。近走の充実ぶりに関して「日に日に、いい意味でうるさくなってきているのがいい方に出ています」と話した。

◆馬は「よさそう」も雨でガクッ…〔4〕ソルヴェイグ

 約6時間の長旅にも疲れた様子はなかった。松浦助手は「馬は本当によさそうなんだけどね。馬場さえよくなれば…」と土曜の雨にがっくり。それでも、「(輸送で)少々、体が減っても気持ちで走ってくれる馬です」と期待を込めた。

◆他馬が苦にすれば〔5〕アドマイヤリード

 馬運車を降りて、馬房に入るとゆったりとリラックスモード。「輸送中も着いてからも落ち着いている。中間はびっしりと乗り込めたし、体の張りや毛づやもいい。リズムよく走れれば、しまいは伸びるし、他馬が道悪を苦にするなら…」と小島助手の期待は大きい。

◆「変わらず順調」〔6〕アスカビレン

 前走でオープン初勝利を挙げた5歳牝馬は、これが3度目の府中入り。「変わらず順調ですね。2度目のときと同じぐらい落ち着いていますね。折り合いがつけば、前走と同じぐらいの脚は使ってくれるでしょう」と中沢厩務員は笑顔を見せた。

◆好天望む陣営「乾くにこしたことはない」〔7〕ルージュバック

 坂路下の運動場でダクを踏み、体をほぐした。「大きな変化はないし、十分にできています。窮屈な競馬よりは、広いところをスムーズに走ってくれれば。道悪はプラスにならないし、乾くにこしたことはない」と岩藤助手は好天を望む。

◆体調に太鼓判!〔8〕クイーンズリング

 昨秋の府中牝馬S1着以来の東京となる。到着後もどっしりと落ち着いて旅慣れたものだ。「輸送? 全く動じないね。1週前にきつい調教をしても体重が落ちることなく、前回(466キロ)と同じぐらいかな。追い切り後も変わらず、ダメージもない」と矢野厩務員は体調のよさに太鼓判を押す。

◆前日輸送で万全〔12〕ウキヨノカゼ

 東京マイルは3歳時にクイーンCでV。前日輸送で土曜午前6時ごろに到着し、万全の態勢で臨む。「追い切り後も順調に来ているし、到着してからも落ち着いている」と横山助手。雨の影響で時計がかかる芝になれば、上位に食い込む余地がありそうだ。

◆時計かかる方が◎〔15〕フロンテアクイーン

 13日朝に東京競馬場に到着。熊谷厩務員は「3走前に、前の日に入厩して落ち着いていたので、今回も同じように、最善の策をとりました」と意図を説明。雨については「時計が速い良(馬場)よりは、時計がかかる方がいいんじゃないですかね」と歓迎した。

◆「状態上がってる」〔17〕リーサルウェポン

 土曜は角馬場で調整した。「しっかり乗り込めて、いい意味で気持ち重め。前回より状態は上がっています。枠は大外だけど、インでガチャガチャなるよりはいい。土曜の雨で内も若干悪くなるだろうし、中団くらいで運びたい」と武市調教師。

ヴィクトリアMの枠順はこちら 調教タイム&レース前談話も掲載

[もっと見る]

【ヴィクトリア】夕刊フジ・調教チェッカーズ 2017年05月13日() 11:21

 土曜日に雨が降るサイクルが長いこと続いている。4月始めの花見の時季から、ほぼ毎週このパターン。週末に楽しいことが多い時季に恨めしやだが、平日の取材時にガツンと来られるのも大変だしな。よしとするか。

 1番手はアスカビレン

 メンバー中一番といえるほど、調教で攻め立てられている。10日の坂路4F52秒4は、時間帯を考えればかなり優秀だ。動きも切れ味こそ感じさせないが、仕掛けられるとグイと掻き込みに力強さを増すあたり、体調の良さがにじみ出ている。

 クイーンズリングは先週のCWコースでビシッと追われ、今週の坂路も躍動感満点のフォームで駆け上がった。馬体の迫力は昨年よりもアップし、いい雰囲気だ。

 スマートレイアーは坂路で前半こそフワフワしていたが、後半ハミを取るとグッと重心を落として、ラスト1F12秒1。馬体はグッと白さを増したが、身のこなしの切れに衰えはない。(夕刊フジ)

ヴィクトリアMの枠順はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【ヴィクトリア】最新ナマ情報2017年05月13日() 05:01

◆田辺に「任せる」〔1〕アットザシーサイド

 昨年の桜花賞3着馬は、最内の〔1〕枠(1)番を引いた。「どこの枠が欲しいというのはありませんでした。ジョッキーに任せるだけ。馬は変わらずにいいですよ」と川上助手。ロスなく立ち回れるゲートからVを狙う。

◆昨年と同じ好枠〔2〕スマートレイアー

 昨年(4着)と同じ〔1〕枠(2)番に入った。加藤助手は「去年と同じでいいところですね。外より内の方がよさそうですからね。いい雰囲気があるので、あとは武豊騎手に任せます」と力を込めた。

◆ルメールを信頼〔5〕アドマイヤリード

 〔3〕枠(5)番に須貝調教師は「いいポジションを取りに行くタイプじゃないので、枠はどこでもよかった。どこからでもルメール騎手がうまく対処してくれると思うよ」と、鞍上への信頼感を強調した。

◆中尾師「いい枠」〔6〕アスカビレン

 過去最多タイの2勝を挙げる〔3〕枠(6)番をゲット。中尾調教師は「いい枠ですね。スタートはいいタイプなので、スッといいところにつけて脚をためる形になれば」と笑顔だった。

◆悲願GIへ上昇〔7〕ルージュバック

 〔4〕枠(7)番から悲願のGI制覇を狙う。金曜朝は坂路を4ハロン66秒6で軽快に駆け上がった。大竹調教師は「追い切り後は気持ちが上がってきた。枠はどこでもいいと思っていたし、作戦は騎手に任せるだけです」と戸崎騎手に全権委任だ。

◆「偶数のいい枠」〔8〕クイーンズリング

 昨年のエリザベス女王杯勝ち馬は〔4〕枠(8)番が当たった。「偶数のいい枠。内、外の極端な枠は嫌だったので」と吉村調教師は満足げ。「落ち着いていますし、体も締まっている」と前走の阪神牝馬S15着から一変の走りを見込む。

◆「枠はどこでも」〔10〕デンコウアンジュ

 福島牝馬Sで4着と復調気配を見せた。枠順は真ん中の〔5〕枠(10)番に決まった。「後ろから競馬を進めるタイプだから、枠に関してはどこでもいいと思っていましたよ。前走後も馬は変わりありませんよ」と佐藤助手は説明した。

◆兼武助手「偶数欲しかった」〔11〕ミッキークイーン

 〔6〕枠(11)番から3度目のGI制覇を狙う。「欲をいえば偶数番の枠が欲しかったですが、極端な内、外の枠ではないですから」と兼武助手。12日は坂路でキャンター調整を行い、「具合は良さそうですね」と同助手は気配の良さに目を細めていた。

◆昨年優勝枠も…〔13〕ヒルノマテーラ

 昨年の勝ち馬と同じ〔7〕枠(13)番からのスタート。昆調教師は「外より内がいい」と話していたが、思惑通りとはいかなかった。同馬は金曜午後に東京競馬場に到着した。

◆好気配キープ〔14〕レッツゴードンキ

 2015年の桜花賞以来、2度目のGI制覇を狙う。枠順は〔7〕枠(14)番に決定した。「枠はどこでもいいよ。決まったところで勝負するだけだから。馬は変わりなくいいよ」と梅田調教師は自然体の構えで臨む。

◆果報は寝て待て〔15〕フロンテアクイーン

 坂路を4ハロン65秒1で登坂。〔8〕枠(15)番に、国枝調教師は「(11年1着)アパパネのときもピンク(〔8〕枠(16)番)だったかな。まあ、そこまで気にしていないし、大丈夫。無事にきたので、あとは果報は寝て待て」と冷静だ。土曜は朝4時発で東京競馬場へ乗り込む。

ヴィクトリアマイルの枠順はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

⇒もっと見る

クイーンズリングの関連コラム

閲覧 512ビュー コメント 0 ナイス 5

先週は、14(日)に東京競馬場でG1ヴィクトリアマイルが行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
G1ヴィクトリアマイルは1番人気がミッキークイーンで1.9倍、2番人気がルージュバック7.6倍、以下レッツゴードンキ7.9倍、スマートレイアー8.9倍、クイーンズリング9.4倍とここまでが10倍を切る形で人気を形成しました。
 
注目のスタートは内からポンと好スタートを切ったソルヴェイグを先頭、2番手に出していったリーサルウェポン、さらにはアスカビレンレッツゴードンキスマートレイアーと続いて先団を形成。中団からはオートクレールジュールポレールミッキークイーンクイーンズリングクリノラホールデンコウアンジュが追走。後方からはアドマイヤリード
ウキヨノカゼルージュバックフロンテアクイーンアットザシーサイドと続いて最後方にヒルノマテーラの態勢。
 
前半の600m通過は35秒6(参考)のスローペース、ソルヴェイグが先頭で直線コースへ差しかかります。先頭はソルヴェイグでリードは半馬身、内からスマートレイアークイーンズリングもこの争いに加わって3頭が並走する形。内がぽっかり空く隊列で各馬横にずらっと広がりながら追い出しにかかります。
 
残り200mを通過、ここでソルヴェイグの脚色が一杯となって外に膨れると、そのスペースに切り込んだアドマイヤリードが一気に前との差を詰めて先頭争いに加わります。馬場の大外からはデンコウアンジュが目立つ伸び脚で猛追!1番人気のミッキークイーンは伸びきれません。残り100m、ここでスマートレイアーを交わして単独先頭に立ったのはアドマイヤリード!ゴール前で懸命に追いすがるデンコウアンジュ以下をねじ伏せて優勝しました!
 
勝ちタイムは1分33秒9(稍)。1馬身1/4差の2着にデンコウアンジュ、そこからクビ差の3着にジュールポレールが入っています。
 
公認プロ予想家では西野圭吾プロシムーンプロが的中しています。
 
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
  
☆☆☆注目プロ →☆まんでがんプロ
勝負レースに選んだ13(土)京都1Rで『◎ダノンメジャーは単騎逃げが見込め、相手関係も楽になり連の軸には最適。穴はクラリティシチー、状態面の上積みがある』と完璧な見解を披露し、馬連31倍を5000円的中!15万5000円を払い戻しました!この他にも新潟3Rで3連単43.2倍を500円的中させ、21万5100円の払い戻しや14(日)東京2Rで◎○▲のパーフェクト予想で22万6370円を払い戻すなど絶好調!週末トータル回収率131%、収支プラス23万10円をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →サラマッポプロ
13(土)京都11Rで『単騎で行ければしぶとい。内枠からスンナリ運べれば。』と狙ったダノンメジャーの単勝を1点勝負で的中!翌日の14(日)京都11Rでは『 ダートではまだ底を見せてない。ここでも通用する。』とコメントした◎サイタスリーレッドの単勝7.6倍、馬連5.9倍を本線的中させました!週末トータル回収率171%、収支プラス4万2800円をマークしています。
  
☆☆☆注目プロ →西野圭吾プロ
14(日)東京11Rヴィクトリアマイルで『昨日の雨ですっかり馬場コンディションが変わり、差し馬も届くようになったのが大きなポイント。アドマイヤリードは前走は大外枠からだったし、ルメール騎手も強くなってから初の騎乗で半身半疑だったハズ。今度は自信を持って乗れるハズ』と狙った◎アドマイヤリードの単勝を5500円仕留め、7万4250円を払い戻しました!この他にも13(土)新潟8Rの◎ツインプラネット、14(日)東京1Rの◎ジュブリーユなど好調予想を披露!週末トータル回収率124%、収支プラス3万9090円をマークしています。
 
この他にも山崎エリカプロいっくんプロ夢月プロdream1002プロが回収率100%超の活躍を見せています。
 
今週も、競馬予想の達人・ウマニティ公認プロ予想家陣の予想にご注目下さい。


登録済みの方はこちらからログイン

2017年05月18日(木) 10:00 覆面ドクター・英
オークス・2017
閲覧 3,095ビュー コメント 0 ナイス 9



ヴィクトリアマイルも三連単91万馬券と難しかったですね。1着のアドマイヤリードは上昇度ナンバーワンと直前には▲まで上げたのですが、本命を打つ思い切りの良さが足りませんでした(無難に本命を打ったのはミッキークイーン)。2着のデンコウアンジュは「一発屋で田辺騎手でないと」と評価しなかったのですが、1着父ステイゴールド2着父メイショウサムソンと馬場が重かったのだろうなという結果でもありました。3着ジュールポレールは予想通り3着でしっかり買っていたし、人気のマンハッタンカフェ産駒2頭(クイーンズリングルージュバック)は馬場が合わないこともあり「消し」とし、穴人気ウキヨノカゼも追い込めない馬場で「消し」としたのは良かったんですが......。

では、気持ちを切り替えて今週のG1ヘ。桜花賞と皐月賞が終わっていくらも経っていない気がしていましたが、もう今週はオークス、来週にはダービーという時期なんですね。早いですね。案外間隔がなくて、確かに間に一戦トライアルをはさまないほうがいいであろうことは、自分が年取ったら、何となく分かるようになりました(笑)

今年は桜花賞が馬場悪く、前哨戦で勝負づけが終わったかと思ったメンバーでの順番入れ替わりの結果で、さらに今回大幅距離延長により、なかなか難しい一戦となりました。ここまでこの世代の実力上位牝馬達が、能力で距離こなしてしまう組と明らかにパフォーマンス落とす組に分かれ、しかもここ全力投球であとは夏休みに入るであろう渾身の仕上げでの一戦になります。また皐月賞に向かったファンデイーナは体重が減り続けたのもあり秋に備えて休みに入り、トライアルからはモズカッチャンが人気薄での勝利だったが評論家らの高評価を得ての参戦となります。

では恒例の1週前時点での全頭診断を。

1番人気想定 リスグラシュー:堅実に阪神JFでも桜花賞でも2着。東京マイルのアルテミスSを勝ち、阪神マイルのチューリップ賞で3着と間違いなくこの世代の上位形成はしている。だがハーツクライ産駒という血統的距離適性もありオークスで1番人気に持ち上げられるのは、ちょっと違うんじゃないかな、距離延びて案外な走りだったり、ここまで堅実だったが、そろそろ崩れるのもあるのでは、と個人的には思っています。好調な武豊騎手込みでちょっと過剰人気になるのでは。押し出された危険な人気馬な感ありあり。

2番人気想定 ソウルスターリング:桜花賞は断然人気を裏切り、血統的に父フランケルがマイラーだったことなどで距離不安を言われてもいますが、ヨーロッパの馬場でのマイラーくらいが日本の中距離にはいいと思いますし、まだそう気難しい感じにはなってきていないので馬場さえ良ければ、前哨戦で見せてきた高い能力(アイビーSでは皐月賞2着のペルシアンナイトも完封しています)からも巻き返し十分あると思います。

3番人気想定 アドマイヤミヤビ:桜花賞は惨敗したがクイーンCではNHKマイルCを制したアエロリットを余裕で差し切っており、リスグラシューよりこちらが距離延びて良いハーツクライ産駒でしょう。アドマイヤムーンをダーレーに売ったから社台グループの逆鱗に触れてG1勝てる馬をまわしてもらえなくなった、という説は話としては面白いが真実でないと思います。一時期、資金繰り悪化してキャンセルが相次いだりしたように超一流馬を手に入れられなかっただけだと思います。オーナーの2週連続G1制覇も十分あると思いますが、雑な騎乗のデムーロ騎手とはあまり手が合わないようにも思います(連勝中はルメール騎手でした)。

4番人気想定 フローレスマジックディープインパクト×マジックストームという世界的良血と言っていい配合ですが晩成なのか、本命を打ったフローラSでの3着には正直がっかりしました。完成は秋以降まで待たなければならないようで、ここでは消す予定です。

5番人気想定 レーヌミノル:桜花賞馬にしては人気を落としそうです。道悪でワンペースな走りが良かったのもあるのでしょうが、父ダイワメジャー自身もマイラーと思わせて有馬記念3着と案外距離はもつ下地はあり、母父タイキシャトルも厩舎が違ったら、もっと長い距離の馬だった可能性もある馬だったと思います。同世代同士なら距離適性より能力でやれてしまってもおかしくないと思います。

6番人気想定 モズカッチャン:3連勝でトライアルのフローラSを制しての参戦となります。玄人受けするのか競馬雑誌では高く評価する評論家が多いのですが、トライアル好走はあるかと思っていましたが、トップレベルからはちょっとスケールが落ちる感じがします。

ホウオウパフュームハーツクライ×キングマンボでノーザンF生産の本格派で、未勝利、寒竹賞と完勝して軌道に乗ったかと思ったが前哨戦のトライアルがいまいちで、活躍は秋以降か。

ブラックスビーチディープインパクト×キングマンボで角居厩舎とPOGで人気になりそうな組み合わせでスイートピーSを勝っての参戦だが、晩成傾向でここではまだ通用難しいのでは。

ハローユニコーン:桜花賞と同日の忘れな草賞の勝ち馬で、着差以上に楽な勝ちだったが今年はレベルが低かった感じもあり、父ハーツクライからもそこそこ人気になりそうで、あまり妙味は無いか。

ヤマカツグレース:行きたがる面がありトライアルの2000Mでもなだめつつやっとだったので、本番は厳しそう。父ハービンジャーより母が強くでているようでマイルあたりで活躍するのでは。

ミスパンテール:休み明けのチューリップ賞2着と能力見せつつも桜花賞では若さ丸出しで外に逃げ加減でさっぱり。今回人気を落とすだろうが、今度はきちんと走ってくれるかもしれず調教も良く、穴で期待。母父シンボリクリスエスは最近活躍をみせている。

ディアドラ:桜花賞6着まではマイル以下を使われてきたが、ハービンジャー×スペシャルウィークという血統通り距離延びた矢車賞を完勝してきた。間隔詰まるここ使えるか微妙かもしれないが、更に距離延びるここでも通用してよい。

カリビアンゴールド:体重を減らしながらトライアル2着してすべりこんだがもう余力ないのでは。唯一のステイゴールド産駒ということで距離延びて期待する人もいそうだが......。

ディーパワンサ:新馬、中京2歳Sと連勝したが、以降伸び悩みでここは厳しい。

モーヴサファイア:2月に小倉で2000M勝ってからの休み明け。ノーザンFだけに休み明けでも仕上がっているだろうが、ハービンジャーらしく小倉2000Mで夏に活躍するがここではないのでは。

レッドコルディス:フローラS5着と力をつけてきているしデビュー戦勝ちの素質馬だが、1月末の感冒での取り消しがあったように、賞金積めずここは間に合わなかった印象。

ムーンザムーン:スイートピーSは後方から差を詰めてきたが、あの相手を差し切れないようではちょっと物足りない現状。

アドマイヤローザ:フローラS7着はやや期待はずれだったが、母母アドマイヤグルーヴの良血馬でまだまだ伸びしろあり。ここに来て勢いを増すアドマイヤ軍団の二本目の矢も要注意。ヒモで買いたい。

マナローラ:ノースヒルズのハーツクライ産駒で母父もキングマンボと本格派だが、良くなるのは秋以降でまだ物足りない状況。

アルメリアブルーム:父ドリームジャーニーは弟オルフェーヴルが立派過ぎてピンチな状況だがオークスに産駒が出られるのは立派。トップレベルとはまだ差があるか。

ブラックオニキス:昨年夏にクローバー賞と札幌2歳S2着と十分実力以上に稼いだ馬で、今もそれなりに入着で稼いで馬主孝行だが馬券的には要らない。

ブルークランズ:3月末に未勝利を勝ち上がったばかりで先々成長してくるのだろうが今は要らない。

アンネリース:骨折明けのトライアル惨敗で上向くのは先で要らない。


<まとめ>
有力馬として軸候補:ソウルスターリングアドマイヤミヤビレーヌミノル

人気サイドで評価下げたい馬:リスグラシュー(ヒモでは買う予定だが)、フローレスマジック(消し想定)、モズカッチャン(消し想定)

穴として期待の馬:ミスパンテールディアドラアドマイヤローザ

[もっと見る]

2017年05月14日() 14:00 凄馬プロジェクトチーム
第272回『凄馬出馬表分析&馬券検討』〜ヴィクトリアマイル G1
閲覧 1,432ビュー コメント 0 ナイス 2



みなさんこんにちは!

本日は東京11R「ヴィクトリアマイル G1」の『凄馬出馬表』を分析したいと思います。

今回も「U指数」だけでなく、U指数のポイントに【調教評価】、【厩舎評価】、【斤量補正】を数値化し加算減算しU指数を補正することで「総合ポイント」を算出しました。
★「U指数」について詳しくはこちらをご覧ください→U指数についてページ

U指数1.0ポイントは約1馬身差にあたるので、これを目安に以下のような重み付けをしました。
【調教評価】は競馬エイトの調教評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「5」・・・「−1.0ポイント」
「6」・・・「±0.0ポイント」
「7」・・・「+1.0ポイント」
「8」・・・「+2.0ポイント」
【厩舎評価】は競馬エイトの厩舎コメントの評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「△」・・・「−1.0ポイント」
「○」・・・「±0.0ポイント」
「◎」・・・「+1.0ポイント」
【斤量補正】は1.0kg=「0.5ポイント」として以下の基準体重との差分に乗算しました。
「牡馬」・・・「57.0kg」
「牝馬」・・・「55.0kg」


上記の補正を行った『凄馬出馬表』(画像)をご覧ください。



第1グループ(橙)は、ミッキークイーンから1.0ポイント差(約1馬身差)内のルージュバックまで2頭。
第2グループ(黄)は、スマートレイアーから1.0ポイント差(約1馬身差)内のレッツゴードンキまで2頭。
第3グループ(薄黄)はアドマイヤリードから同差内のジュールポレールまで2頭となっていて、以下は第4G(灰)となっています。

凄馬出馬表を見渡すと、4位レッツゴードンキ→5位アドマイヤリード間、9位ソルヴェイグ→10位オートクレール間などに2.0ポイント以上の開きがみられ、おおまかに見るとこの2つの溝部分でそれぞれの集団を形成する配置となっていることが分かります。
あとは、今回の場合何といってもポイントは馬場。明日、おそらく降雨は無いのでしょうが、どこまで回復してくるか、馬場状態の見極めが重要となりそうです。

今回の私の本命は◎スマートレイアーとしました。昨年は強いメンバーを相手に、前半流れて上りの掛かる展開で、前に行った組には厳しいレースとなるなか好内容の4着。残り100mまで2着あるかという内容でしたし、勝ち馬は別として当時の2、3着馬とは展開ひとつで逆転可能だったとみています。昨年のレッドリヴェールカフェブリリアントのように意表をついてレースをかき乱す馬がいれば別ですが、そうでなければおそらく後傾ラップになるであろう展開面の恩恵を今年は受けられそう。土曜にまとまった雨があって、ソフトで時計が掛かる馬場になったことも、一気の距離短縮ローテ的にも、この馬の現状の適性的にも追い風ではないでしょうか。1週前追いを見ても渾身仕上げに映る今回、年齢には目を瞑って期待を掛けてみたいと思います。
あとは、1週前追い切り内容を評価した組から▲ジュールポレール、☆アットザシーサイド、△アスカビレン、△アドマイヤリード、△クイーンズリングといったところに印を回します。
ミッキークイーンは△としました。当初は、マイルで、スプリンター寄りの馬が好走するような馬場・展開なら(少なくともアタマは)嫌って妙味と思っていたのですが、土曜の雨が恵みの雨となってくれそうで直前に厄介な存在となってしまいました。が、しばらく頭を悩ませた末、ここは初志貫徹でいくことに決めました。前が崩れるようなレースになれば前走のように鮮やかに一蹴する可能性も十分だとは思いますが、そもそもそうなれば◎が好位から好走する予想コンセプトとズレてくることもありますので、相手有力の一頭とします。
今回の私の馬券は、◎からの馬連と、◎→△ミッキーへの馬単で勝負とします。


【馬連フォーメーション】
◎=印
2=1,3,5,6,8(5点)

【馬単】
◎→△(11)
2→11(1点)

計6点

[もっと見る]

2017年05月10日(水) 10:00 km
【kmのG1データブレイカー】〜2017ヴィクトリアマイル〜
閲覧 2,565ビュー コメント 0 ナイス 2



みなさん、こんにちは。ウマニティ公認プロ予想家のkmです。

このコラムでは、決め撃ち穴馬ハンターのkmが、『過去5年で勝ち馬を出していないデータから今年破られそうな項目』を”データブレイカー”と称し、ウマニティ会員の方だけに独自の見解を交えてお伝えします。
データ競馬全盛期の今だからこそ、”逆張り”が効果的です。データ派の意表を突く、過去の傾向を覆す可能性の高いポイントにズバッと斬り込んでいきますので、ぜひご活用ください。
また、以前コラムとして連載し好評をいただいていた”次走の狙い馬”、おまけコーナーの”血統診断”も合わせてお楽しみください。


■2017春シーズン 『競馬プロ予想MAX』presents連載コラムについて詳しくはこちら
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=8644


G1データブレイカー
ヴィクトリアマイル

荒れた結果が続く今年のG1戦線。前半戦ラストを飾るのは、ヴィクトリアマイルです。
ヴィクトリアマイルは、3年連続で単勝配当が4桁を記録する”大穴G1”ですから、当コラムが最大限に力を発揮するのは言うまでもありません。では、最後までお付き合いください!

・前走1−4着【0.2.4.37】

アスカビレン→前走1着(六甲S1着)
アドマイヤリード→前走2着(阪神牝馬S2着)
ウキヨノカゼ→前走1着(福島牝馬S1着)
ジュールポレール→前走3着(阪神牝馬S3着)
スマートレイアー→前走2着(京都記念2着)
デンコウアンジュ→前走4着(福島牝馬S4着)
フロンテアクイーン→前走2着(福島牝馬S2着)
ミッキークイーン→前走1着(阪神牝馬S1着)
レッツゴードンキ→前走2着(高松宮記念2着)

これこそ、ヴィクトリアマイルが荒れるG1と言われる所以です。前哨戦が結果に直結しないG1なんて、滅多にありません。
最近4年は、ヴィルシーナストレイトガールが連覇を果たすなど、コース巧者が活躍しています。
同舞台でクイーンSを勝っているウキヨノカゼ、牡馬相手に東京新聞杯を制しているスマートレイアー、アルテミスSでメジャーエンブレムを差しきったデンコウアンジュなど、今年は絶好調のコース巧者たちの激走が見られるでしょう!

[もっと見る]

2017年05月08日(月) 12:00 覆面ドクター・英
ヴィクトリアマイル・2017
閲覧 4,070ビュー コメント 0 ナイス 6



NHKマイルCでは1番人気のカラクレナイを1400適性高過ぎでマイル案外向かなそうだし人気過ぎと消し、前走桜花賞組の中では東京マイルがもっとも向くと評価したアエロリットも走ってくれたのですが、2着に来たリエノテソーロをコラムで「明らかにダート馬で買わない」と、やってしまいました......。WIN5も絞った新潟大賞典をはずして4つ止まりとイマイチ続きなままですが、そろそろ流れが来るはず。

それでは恒例の1週前の全頭診断を。

ミッキークイーン:昨年はストレイトガールの大駆けにあったが、依然牝馬のトップレベル維持しているのを示した前走阪神牝馬S勝ちからも当然有力。あとは浜中騎手が斜行に注意すれば(笑)。人気になり過ぎないと良いのだが。

レッツゴードンキ:ラッキーだったドスローからの桜花賞制覇の後、しばらく低迷していたが馬体重グングン増やしてデビュー時より50kg以上大きくなり再び充実期間迎えている。ただ個人的にはあまり馬券相性も良くないし、1200の後でもあり凡走期待したいのだが買うべきなんだろう。

ルージュバック:前が詰まった前走度外視としてもゆるやかに気力が衰えている感じもあり末脚の凄味無くなってきた。マイルも本質的には短いが上位争いできる力はまだあるが軸にはしない予定。父ディープインパクトの弟がダート向きのパワー型に出ているようにダート路線で見てみたい気もするが。

クイーンズリング:本質的にはマイル向きでないが、香港遠征や減った体重戻すなかでの調整でかつ馬場悪くて、馬も騎手もやる気無くした前走はノーカウントで昨秋は府中牝馬Sとエリザベス女王杯を連勝した実力馬だけに、人気落としてくれると狙いたいが。

スマートレイアー:元々はマイルの追い込み馬だったのが逃げに脚質転換したり、中距離に進出して香港でも掲示板に乗ったり、マカヒキとの叩き合いで負かした京都記念や元気に長く頑張っている。久々のマイルはパフォーマンス落としそうにも思えるがどんな条件でも頑張るタイプで人気次第か。

ウキヨノカゼ:福島牝馬Sでは本命打って馬券とらせてもらったし、北海道の皮膚科医が馬主の馬で父オンファイアはブラックタイドディープインパクトの2つ上と1つ上の兄達と比べて厳しい現況で頑張って欲しいが小回り向きの追い込み馬で昨年ヴィクトリアマイルで最後方から7着に押し上げた。今年は層が薄く更なる好走も可能かも。高齢牝馬で人気落とすようなら楽しみ。

アドマイヤリードステイゴールド産駒にしては瞬発力あるタイプで阪神牝馬Sでも勝ったミッキークイーンと同じ最速の末脚で2着に来ており、大舞台で連敗街道続くオーナーにとってチャンス到来。ただ頭までは無いか。

ジュールポレール:昨秋から3連勝してオープン入りして前走阪神牝馬Sでも直線一旦先頭と見せ場作った。ただ母父エリシオはトライアルホース感あり本番では厳しいのかもしれないがヒモには入れたい。

ソルヴェイグ:明らかにスプリンター寄りで東京の長い直線は向かない。夏のスプリント路線での活躍期待。

アスカビレン:前走オープンで初勝利上げたが相手の弱いオープン特別だけに上位陣とは少し力差あり。

アットザシーサイド:京都牝馬Sも阪神牝馬Sも8着と頭打ちの状態で、血統的には身体小さくてもダート試すのも面白いと思うが。

デンコウアンジュメジャーエンブレムをアルテミスSで差し切ったまさに「一発屋」で以後、穴人気になりやすい馬だが田辺騎手だからできた芸当なのになぜか以降田辺騎手を一度も起用しないで低迷続く。前走秋山騎手が思い切ったまくりで久々好走したがあれが限界で要らない。

リーサルウェポン:昨年1月の愛知杯2着以降さっぱりな状態で不振に陥ったディープインパクト産駒の激走まずない。

フロンテアクイーンメイショウサムソン産駒にしては母父サンデーサイレンスが利いているのか3走前の準オープン勝利を東京であげたが、一線級と東京マイルで戦うのは不利か。

オートクレール:準オープンで上位に来れるだけの力つけてきているがここ通用は厳しい。

ヒルノマテーラ:昨秋カシオペアSでオープン特別勝ちが上限で重賞では二桁着順連発で、ここは厳しい。

クリノラホール:昨年秋から年末にかけての3連勝でオープン入りしたが愛知杯、阪神牝馬Sと壁に当たっておりローカル牝馬重賞が出番では。


<まとめ>
人気薄の激走は無いのでは。前半の8頭から絞ってどう三連単くむか。

最有力:ミッキークイーン

有力な実績馬:レッツゴードンキルージュバッククイーンズリングスマートレイアー

ヒモに入れたい新興勢力と古豪:アドマイヤリードジュールポレールウキヨノカゼ

[もっと見る]

2017年05月07日() 15:00 伊吹雅也
【伊吹雅也のピックアップ競馬データ2017年05月07日号】特選重賞データ分析編(46)〜2017年ヴィクトリアマイル〜
閲覧 2,412ビュー コメント 0 ナイス 6



次週の注目重賞を、伊吹雅也プロが様々なデータを駆使していち早く分析! もっとも重要と思われる<ピックアップデータ>に加え、<追い風データ/向かい風データ>や<注目馬チェック>など、貴重な情報が満載なウマニティ会員専用コラムとなっております。ぜひ皆様の予想にお役立て下さい。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


<次週の特選重賞>

G1 ヴィクトリアマイル 2017年05月14日(日) 東京芝1600m


<ピックアップデータ>

【“前年か同年、かつJRAのG1”において6着以内となった経験の有無別成績(2011年以降)】
○あり [6-5-5-44](複勝率26.7%)
×なし [0-1-1-45](複勝率3.8%)

 大波乱決着となった年もありますが、好走馬の大半は前年以降にJRAのG1で善戦した経験があった馬。昨年はストレイトガール(2015年スプリンターズステークス1着)、ミッキークイーン(2015年秋華賞1着)、ショウナンパンドラ(2015年ジャパンカップ1着)と、前年秋にJRAのG1を勝った馬が上位を占めました。なお“前年か同年、かつJRAのG1”において連対経験がない馬は2011年以降[0-2-4-71](複勝率7.8%)。今年もG1ウイナーやそれに準ずる馬たちが優勝争いの中心となりそうです。

主な「○」該当馬→クイーンズリングミッキークイーンレッツゴードンキ
主な「×」該当馬→アスカビレンウキヨノカゼジュールポレール


<他にも気になる! 追い風データ/向かい風データ>

【追い風データ】

[もっと見る]

⇒もっと見る

クイーンズリングの口コミ


口コミ一覧

VM〜回顧〜

 トーホーアマ 2017年05月15日(月) 10:09

閲覧 36ビュー コメント 0 ナイス 10

メンバー構成見た限りこのレーススローだろうと思い、前もあっさり隊列決まるレースだなと思った。

結局ラップ推移みたら
12.6 11.2 11.8 12.3 12.2 11.1 10.8 11.9
12.6 23.8 35.6 47.9 60.1 71.2 82.0 93.9

馬場以上に11,1−10,8と思った以上に早いスピードラップふまれるレースになってしまった。最後11,9は前がキレ負けの中トップスピードを出し切れた馬たちにやられてしまったなぁというのが感想。

12,3−12,2と緩んだラップどこでの4コーナー入るカーブでの立ち回りの上手さが勝負の勝敗をも分けた結果なのかなと思う。

アドマイヤリード
中間調教後馬体重みて、減ってるなと思い輸送でまた減るだろうと思ってたが、マイナス1キロに抑えられたのは厩舎の力だろうか。前走阪神牝馬Sで伸びない内馬場を通って垂れないジュールポレールを差し切ったのだから馬場適正とスピ―ド面はあった。4コーナーのとこであれいつの間にスマートレイアーの後ろにいると思い立ち回りの上手さで勝利を導けたのも要因だろう。今後も馬体重との勝負かな。

デンコウアンジュ
復調気配をみせたとはいえ、2着になるまでとは思わず。直線入るまでの立ち回りは下手だけど、結局あきらめず追い続けた蛯名の頑張りすぎた騎乗が目に入る。何度もループすると必至差が本当に伝わる騎乗。とは、冗談だけどミッキーと比べると完全に脚色も上回ってたしトップスピードを出し切ればここまでの力があると思い知らされた。これまでも常にトップスピードは出してきたレースもあっただろうが嵌らないレース多かったがここでようやく嵌ったのかなと思う。京王杯のクラレントと同じで常に追い続けないとなかなか馬券にならない馬だし、ピンポイントでは取りにくい馬だ。またしばらく馬券にならないのでわないかな。

ジュールポレール
阪神牝馬S始まる前まではあまり評価できなかったが結果3着になったことで株はあがった。結果ここで3着になったが今後は武器もないことでシビアになるだろう。ソルヴェイクと似たもの感じる。

スマートレイア―
着差以上に完敗なレースだと思う。逃げのような逃げじゃない騎乗で、最後の直線も伸びやすい馬場走れたにも関わらず伸びきれなかったのだから力不足。

ソルヴェイク
内馬場をあんなに開けて走るレースとは予想段階で正直思わなかった。スマートレイアーにも言えることだけど直線長いコースで先行であんなに内空けて走られたらキレ負けするよなとも。勿論内馬場が伸びずに走りやすいコース通ったこともわかるけど、ペースと裏腹にあの騎乗だと逃げのアドヴァンテージがなくなってしまったと思う。馬場がすべてだろうけど、ああなるならば前半ペースを速めに引き上げたほうがよかったかもしれないと思ってる。案外距離延長エリザベス女王杯のが馬券になるチャンスあるのではないかなと思う。逃げればだけど。

ミッキークイーン
中間調整にまず疑問があった。いつもは必ずしがらぎに外厩使うのだが今回自厩舎仕上げ。この厩舎自厩舎仕上げでかなり評判悪いために常に外厩任せで有名な話で今回の中間仕上げは本当に疑問。結果阪神牝馬おえて体調が悪かったのかもしれない。
レースも不利がどの程度かわからないがデンコウアンジュとの脚色みたらスピード不足で完敗。秋までいるのだろうか。ひっそりと引退しそうな気がしてならないレースぶりだった。

ルージュバック
結果論だと裏目に出たけど、戸崎の騎乗は腹くくった最後方待機はこの馬にとっては良い選択したとは思ってる。去年見ると前につけると追走だけで甘くなるし、切れ味勝負活かすなら東京マイルで追走だけで精一杯の馬なのでこれしかないのかなとも。見せ場も何もなく終えてしまったけど、日本じゃなく確かに海外行けばいいのにと思わせる。

・クイーンズリング。レッツゴードンキ
気性悪すぎ。


終わってみれば6番人気→11番人気→7番人気決着と荒れたけど配当みたら あれ?と思った。自分からしたら中々デンコウアンジュ2着なんてbox以外にとれないわりには安いような気も。まず取れないと話にならないが、配当もレース内容もなかなか不思議なVMでした。

 やすの競馬総合病院 2017年05月14日() 21:01
ヴィクトリアマイル・京王杯スプリングC・都大路S・
閲覧 31ビュー コメント 0 ナイス 0

☆ヴィクトリアマイルの結果☆
収支は+50700Pでした。

先週は、レース当日に買い目変更して的中を逃しましたが、あれは6倍台の単勝。
今週も懲りずにレース当日に買い目変更して裏目に出るかな?と思ったりもしましたが、懲りずに買い目を変更したら、ワイド18.9倍を2点でGET!!!

宣言通り、馬連 11−3・5を買わずに・・・
ワイド 3−5・7を買ったら、+56700Pって(笑)
さすがに実際はこんな大金を儲けてませんけど、たった2点で18.9倍をしとめることができたので利益率もよく、回収率の大幅UPに成功!
ブログの回収率がついに黒字転換しましたね〜。

これで気分よく、オークス、ダービーというクラシックの舞台に向かっていけそうです。

それでは、個別にコメント書いていきましょう。

1着アドマイヤリード
レースの上がり3F33.8という瞬発力勝負の流れの中、後方の内にいたんで例年だったらどん詰まりになって身動き取れず脚を余して消化不良の競馬になってたかもですが、4コーナーで外を回る馬が多くて内からスルスル〜っとポジション上げれたのも大きかったかな〜。
もちろん、それをやったルメールの上手さもあるし、直線でソルヴェイグとスマートレイアーの間のめちゃめちゃ狭いところを割ってきたアドマイヤリードの根性もすごかったです。
まだ重賞も勝ってないのにGI馬になりましたが、まだ4歳の若い馬なんで、これから重賞やGIで活躍できますね。

2着デンコウアンジュ
2歳時に東京1600mでメジャーエンブレムに勝って重賞アルテミスS1着の実績あるとはいえ、そのアルテミスS1着以降は9走連続で着外続きやし、中2週続きでローテも詰め詰めやし、こんなんどうやったら買い目に入れられるんやろ〜?買えた人すごいな〜としか言えません。
まさか、メンバー中最速の上がり3Fで2着に突っ込んでくるなんて予想外すぎて腰抜けました。
この馬も4歳なんで今後どこまで頑張るか楽しみです。

3着ジュールポレール
もっと前で競馬してくれると思ったら、中団付近で競馬してて驚きましたが、それでもしっかり伸びて2着馬と同タイムでの3着!!
昨日より馬場が回復したのは良かったとはいえ、パンパンの良馬場でこそ持ち味が最大限に活きる馬なんで、この馬場でGI級の馬達相手に3着は立派でした。
4歳やし、まだまだこれから伸びそうな逸材なんで来年も含めて楽しみです。

4着スマートレイアー
2着馬とは同タイムの4着なんで十分好走してるし、先行勢が有利な流れを前で競馬してたんで、あれで負けたら仕方ないです。
7歳馬ですからね〜。すごく頑張ってると思います。

5着ソルヴェイグ
楽に逃げれてたおいしい展開なのもあってか、見せ場たっぷりの5着。
本質的には短距離馬なのを考えるとすごく頑張ってるし、川田もいい騎乗しましたね。

6着クイーンズリング
もうちょっとペースが流れてたらもっと際どいとこまでやれたかな〜ってとこはあるけど、近走が不振続きだったんで、これだけやれたら次走以降楽しみです。
6着といっても0.4差やし、2着馬とは0.2差でしたからね〜。

7着ミッキークイーン
4コーナーで強引に外に出したんで他馬に迷惑かけたりもしてましたね〜。
上がり3F33.8で走れてはいるんで、1600mでSペースからの瞬発力勝負になると少々辛いのかも。
中距離馬なんで、もっとスタミナ問われる流れならもう少し上の着順だったかも?

10着ルージュバック
前めで競馬させても結果が出なかったから、後方でじっくり溜める競馬に戻したのかもですが、今日のSペースでは完全に裏目に出ちゃいましたね〜。
今日みたいな競馬するんなら、枠も外枠の方がよかったんで、枠順も裏目でした。

11着レッツゴードンキ
脚質転換して前めで競馬してたけど、短距離の追い込み馬仕様になってた馬なんで、急にマイルで先行させても上手くいかなかったのは仕方ないのかな?


--------------------------------------------------------------------------------

☆京王杯スプリングCの結果☆
収支は−2000Pでした。

宣言通り、単勝 2(ロサギガンティア)、ワイド 2−6を買いましたがハズレ・・・。
狙った2頭が10・13着(最下位)なんで、ぼくには手も足も出ない予想上級者向けのレースでした。

1着レッドファルクス
重馬場で斤量58圓蝋鵑な〜と思ったんですが、1000m通過が60.6という重馬場なのを差し引いても楽すぎるペースになったのは幸運とはいえ、それでも58kg背負って勝つのはすごいです。
馬はGI馬、騎手はデムーロ、重馬場で斤量58圓世らと言ってなめるなよ!と言われたような気がしたレースでした。

2着クラレント
先行力と瞬発力が武器なんで、重馬場は辛いと思ったけど、先行勢に楽な流れになった展開利もあって上位にきましたね〜。
最後はGI馬の末脚にやられちゃったけど、8歳でここまでやれてるのはすごいです。


--------------------------------------------------------------------------------

☆都大路Sの結果☆
収支は−1000Pでした。

宣言通り、単勝 6(パドルウィール)を買いましたがハズレ・・・。
2番手からの競馬してくれたけど4着。直線は伸びなかったですね〜。

1着ダノンメジャー
不良馬場なんで、前に行ける先行力あるのはいいけど、スタミナ面がどうかな〜?と思ったら、逃げ切っちゃいましたね〜。
重賞からOP特別になって相手が楽になったのもあるけど、思ってたより強くて見直しました。


--------------------------------------------------------------------------------

☆葵Sの結果☆
収支は−1000Pでした。

宣言通り、単勝 3(ショウナンマッシブ)を買いましたがハズレ・・・。
前で競馬してくれたんですけど3着でしたね〜。6番人気3着なんで人気よりは頑張ってくれました。

1着アリンナ
2着の1番人気馬に2馬身差をつけての逃げ切り勝ちでしたが、勝ち時計が1.10.5という不良馬場だったんで、こういう馬場だと後方の馬達の瞬発力も削がれるから、前で競馬できるというのは強みですね〜。


--------------------------------------------------------------------------------
☆複勝ころがし企画(日曜日分)☆
ヴィクトリアマイル ジュールポレール
と書いたつもりが、
阪神JF ジュールポレールと謎の書き間違いをしてたので、
これはレース名が間違ってるのでノーカウント扱いにしました。



--------------------------------------------------------------------------------
☆ブログ企画の参加者大歓迎!!☆
・超おいしい単勝選手権
・複勝ころがし大会


どちらの企画も枠順発表からレースの発走予定時間の1分前までの間、指名馬を受け付けております。


ルールの詳細や指名馬の書き方は、左側のメニュー欄のルールのリンクをご覧ください。
指名馬の書き込みは、コメント欄でも投票所でもどこに書いてくださってもOKです。

参加者は誰でも大歓迎ですし、気が向いた時だけの参加も全然OKな自由すぎる環境なので、常連の方も初めての方もお気軽にご参加ください。

※このブログは、ぼくの本家ブログ「やすの競馬総合病院」のバックアップ用として内容を転載しているだけなので、ブログ上の買い目、ブログ上の年間の収支、複勝ころがしなど、いろいろな記録については、このブログの転載元である、ぼくの本家ブログ「やすの競馬総合病院」に書いてあるので、よろしかったらご覧く ださい。

アドレスは、http://blog.livedoor.jp/yasu05impact/です。
ツイッターは、https://twitter.com/yasukeibasougouです。

また、コメントなども本家ブログの方に書いていただけると返事が書きやすいのでありがたいです。


--------------------------------------------------------------------------------
☆おまけ☆
先週、今週と前日の買い目を当日に変更するということをしちゃいましたが、もしかしたら前日のブログを信頼して同じ馬券買ってくださった方がおられるかもなので、あまり買い目を変更したくないし、基本的には変更しちゃいけない気はするんですが、実際にはブログの買い目と違う馬券を買ってるのに、黙ってるというのもそれはそれで心苦しいので許してくださいね。

[もっと見る]

 ファストタテヤマだ 2017年05月14日() 18:25
加速の良い馬が1〜3着独占ヴィクトリアマイル回顧
閲覧 44ビュー コメント 0 ナイス 4

1着アドマイヤリード

内がガラ空きで道中は走りやすかったし、
流れが緩んだ所を的確に突いて位置を上げられたので
あとはもう持ち前のキレ味を活かすだけ。

基本的に展開がハマり切らないと勝てないとは思うので、
次走で人気するようだとちょっと嫌いたい。


2着デンコウアンジュ

正直まったく買い要素が感じられなかったが、
結果的には加速性能で上位だったと思い知らされる内容。

緩めの東京限定で走りそうな感じだが、
これが秋の府中牝馬Sなんかになると
今度は前が止まらないとも思うし、
なかなか買うタイミングは難しそう。


3着ジュールポレール

飛び出しの良い馬だったのに大事な時に出負け。
ただ、スタートが成功したとしても2着がギリギリか。

本来ならもう少しスムーズに先団に取り付けると思うし、
今後も狙いやすさは感じる馬だが、
終いの脚で見劣るので2〜3着候補にはなってきそう。


4着スマートレイアー

緩めに流れてしまうとこの辺りが限界。

加速勝負になりやすい
東京1600の牝馬戦はやはり向かない。


5着ソルヴェイグ

惜しい内容ではあるけど
東京ではどうしても末脚が足りないか。
ちょっと4角を緩く回りすぎた感はあるかもしれない。


6着クイーンズリング

スタート後にややゴチャついたせいか
掛かってしまったのが痛かった。

距離を伸ばして序盤を緩く運べれば
また復活するとは思うが、
掛かり癖がきつくなってきた点は不安要素。


7着ミッキークイーン

能力で何とかなるだろうと思ったが、
予想以上に加速が悪かった。

東京ではある程度流れてくれないと厳しそうで
スローの急加速勝負ではこんなものなのかも。


8着フロンテアクイーン

地味に展開は向いていたし
位置取りさえ良ければもっと上位にこれたはずだが、
1600ではその位置が取りに行けない馬なのかなとは思う。


9着ウキヨノカゼ

比べてしまうのは可哀想な気もするが、
アドマイヤリードの進路取りと比較すると
とにかく無駄が多すぎる。
乗り方次第では掲示板以上もあったようには思う。

[もっと見る]

クイーンズリングの掲示板

コメント投稿
コメント一覧
2:
  ヨッシー   フォロワー:3人 2015年9月21日(月) 23:19:55
9/20次走注意
1:
  一粒万倍   フォロワー:8人 2015年3月17日(火) 15:58:53
やぁ これは お恥ずかし・・・どうしても 筆頭馬主になりたい! と思ってたら・・・

まさか このレベルの馬が 落札されてない・・・デビューが遅かったから 盲点に・・・

よし! と火が付いてしまい・・・落札ランキングの 1位に! お恥ずかし・・・

しかも 3300万PPなら 勝ってしまえば 損はない! と邪な 皮算用が駆け巡り・・・

まんまと ハマってしまいました・・・ こうなったら 2匹目の ドジョウを 期待したい!

素晴らしい末脚で サクラ戴冠を!

クイーンズリングの写真

クイーンズリングの厩舎情報 VIP

2017年5月14日ヴィクトリアマイル G16着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

クイーンズリングの取材メモ VIP

2017年5月14日 ヴィクトリアマイル G1 6着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。