マキシマムドパリ(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
マキシマムドパリ
マキシマムドパリ
マキシマムドパリ
マキシマムドパリ
写真一覧
現役 牝6 芦毛 2012年2月1日生
調教師松元茂樹(栗東)
馬主株式会社 グリーンファーム
生産者社台ファーム
生産地千歳市
戦績26戦[6-3-8-9]
総賞金22,246万円
収得賞金4,950万円
英字表記Maximum de Paris
血統 キングカメハメハ
血統 ][ 産駒 ]
Kingmambo
マンファス
マドモアゼルドパリ
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
アドマイス
兄弟 サトノエトワールエトワールドパリ
前走 2018/01/13 愛知杯 G3
次走予定

マキシマムドパリの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
18/01/13 中京 11 愛知杯 G3 芝2000 18474.413** 牝6 56.0 藤岡佑介松元茂樹458(0)2.00.4 0.334.4⑪⑪⑩⑪エテルナミノル
17/12/09 中京 11 中日新聞杯 G3 芝2000 186117.545** 牝5 55.0 藤岡佑介松元茂樹458(+4)1.59.6 0.334.5メートルダール
17/11/12 京都 11 エリザベス杯 G1 芝2200 18715119.0124** 牝5 56.0 藤岡佑介松元茂樹454(-2)2.14.5 0.234.4モズカッチャン
17/10/09 京都 11 京都大賞典 G2 芝2400 1581546.479** 牝5 54.0 藤岡佑介松元茂樹456(-10)2.23.9 0.935.1スマートレイアー
17/07/30 札幌 11 クイーンS G3 芝1800 13568.837** 牝5 55.0 藤岡佑介松元茂樹466(+4)1.46.8 1.134.7⑩⑩⑫⑨アエロリット
17/06/11 阪神 11 マーメイドS G3 芝2000 127105.731** 牝5 55.0 藤岡佑介松元茂樹462(0)1.59.5 -0.134.8④④クインズミラーグロ
17/03/05 阪神 11 大阪城S OP 芝1800 16354.9213** 牝5 54.0 岩田康誠松元茂樹462(+4)1.47.7 0.633.2⑬⑭アストラエンブレム
17/01/14 中京 11 愛知杯 G3 芝2000 156115.011** 牝5 53.0 岩田康誠松元茂樹458(0)2.01.4 -0.235.0⑩⑩⑪⑪サンソヴール
16/12/25 阪神 11 カウントDS 1600万下 芝2000 168155.632** 牝4 55.0 幸英明松元茂樹458(+4)2.02.8 0.136.2⑩⑫⑦⑦クインズミラーグロ
16/11/13 京都 11 エリザベス杯 G1 芝2200 154728.879** 牝4 56.0 武豊松元茂樹454(-6)2.13.7 0.834.2⑥⑤⑥⑦クイーンズリング
16/10/10 京都 10 ジェンティM 1600万下 芝2000 10775.023** 牝4 55.0 川田将雅松元茂樹460(+2)1.59.5 0.133.7⑤⑤⑤⑤トーセンビクトリー
16/09/25 阪神 10 ムーンライト 1600万下 芝2000 13332.215** 牝4 55.0 武豊松元茂樹458(-2)2.00.1 0.235.5⑪⑪⑪⑪シルクドリーマー
16/07/10 函館 12 かもめ島特別 1000万下 芝1800 138121.711** 牝4 55.0 藤岡佑介松元茂樹460(+4)1.47.4 -0.435.4ハツガツオ
16/06/19 函館 12 北斗特別 1000万下 芝1800 16481.713** 牝4 56.0 武豊松元茂樹456(+4)1.46.7 0.134.5ルグランフリソン
16/02/27 阪神 10 御堂筋S 1600万下 芝2400 15352.913** 牝4 54.0 武豊松元茂樹452(+6)2.26.5 0.334.5④⑤ラブラバード
16/01/16 中京 11 愛知杯 G3 芝2000 186115.224** 牝4 53.0 F.ヴェロ松元茂樹446(-10)1.59.1 0.335.7⑦④⑦⑦バウンスシャッセ
15/11/21 京都 10 衣笠特別 1000万下 芝1800 118101.611** 牝3 53.0 武豊松元茂樹456(-4)1.47.9 -0.033.5ナムラアン
15/10/18 京都 11 秋華賞 G1 芝2000 183630.783** 牝3 55.0 幸英明松元茂樹460(-6)1.57.1 0.235.0⑤⑥⑤ミッキークイーン
15/09/21 阪神 9 甲武特別 500万下 芝2200 127102.711** 牝3 52.0 武豊松元茂樹466(+24)2.13.4 -0.335.0④④④エイシンハドソン
15/05/24 東京 11 優駿牝馬 G1 芝2400 181237.6128** 牝3 55.0 武豊松元茂樹442(+10)2.25.9 0.934.5⑨⑩⑬⑬ミッキークイーン

⇒もっと見る


マキシマムドパリの関連ニュース

 ★昨年のジャパンカップを制したシュヴァルグラン(栗・友道、牡6)は、大阪杯(4月1日、阪神、GI、芝2000メートル)から天皇賞・春(4月29日、京都、GI、芝3200メートル)に挑む。天皇賞ではジャパンカップでコンビを組んだボウマン騎手が騎乗予定。

 ★昨年の最優秀4歳以上牝馬で、エリザベス女王杯5着のあと休養しているヴィブロス(栗・友道、牝5)は18日、栗東トレセンに帰厩する。ローテーションは、当初の予定通り、内田騎手で中山記念(2月25日、中山、GII、芝1800メートル)を使い、連覇がかかるドバイターフ(3月31日、メイダン、GI、芝1800メートル)へ向かう。

 ★マイルCS2着後、戦列を離れているエアスピネル(栗・笹田、牡5)は、武豊騎手とのコンビで中山記念で復帰し、マイラーズC(4月22日、京都、GII、芝1600メートル)から安田記念(6月3日、東京、GI、芝1600メートル)へ進む。僚馬で阪神C2着ダンスディレクター(牡8)は、ステップレースを使わず高松宮記念(3月25日、中京、GI、芝1200メートル)に挑む。

 ★日経新春杯11着のソールインパクト(美・戸田、牡6)はダイヤモンドS(2月17日、東京、GIII、芝3400メートル)へ。

 ★愛知杯3着のマキシマムドパリ(栗・松元、牝6)は、中山牝馬S(3月10日、中山、GIII、芝1800メートル)で引退して繁殖牝馬になる。

 ★リゲルS2着サトノアーサー(栗・池江、牡4)は、洛陽S(2月10日、京都、OP、芝1600メートル)へ。鞍上は短期免許で来日するムーア騎手。



シュヴァルグランの競走成績はこちら

【愛知杯】エテルナミノル待望の重賞初V 2018年1月14日() 05:04

 第55回愛知杯(13日、中京11R、GIII、4歳上牝馬オープン国際、ハンデ、芝2000メートル、1着本賞金3600万円 =出走18頭)四位洋文騎乗で6番人気のエテルナミノルが直線で抜け出して重賞初制覇を果たした。2分0秒1(良)。春の目標はヴィクトリアマイル(5月13日、東京、GI、芝1600メートル)になる。後方から脚を伸ばした11番人気の伏兵レイホーロマンスが1/2馬身差の2着。さらに1馬身1/4差の3着が1番人気のマキシマムドパリだった。

 尾張の寒風をものともせず、大舞台へとつながる道を切り開いた。エテルナミノルが9度目の挑戦で重賞初制覇。四位騎手は笑顔でパートナーをねぎらった。

 「この中間は厩舎一丸になってゲート練習をしてくれて、中で落ち着いていたからしっかり流れに乗れた。馬が頑張ってくれました」

 課題のスタートを決め、道中はスムーズに好位で運ぶ。最後の直線に向くとスパート開始。鞍上のアクションに応えて直線半ばで先頭に立つと、後続の猛追を半馬身差でしのぎ、待望の初タイトルをつかみ取った。

 前走のターコイズSは発馬での後手が響き、追い上げ及ばず0秒1差の5着。リベンジを期すこの一戦に向けて、ゲート練習を積んできた。本田調教師は「もともと頭は悪くないからね。やることをやって、ゲートが怖くないということを教えた。前回も出遅れなければ勝ち負けと思っていたからね。しっかりしてきた」とうなずいた。

 これで重賞ウイナーの仲間入り。狙うはもちろん大舞台だ。トレーナーは「少し間隔をあけて、ヴィクトリアマイルが目標になるかな」とGI取りをにらむ。5月の遅生まれで、5歳ながら伸びしろは十分。本格化ムードのエテルナミノルが、“実りの春”を迎えようとしている。 (川端亮平)

★13日中京11R「愛知杯」の着順&払戻金はこちら

エテルナミノル 父エンパイアメーカー、母ダイワジェラート、母の父フジキセキ。黒鹿毛の牝5歳。栗東・本田優厩舎所属。北海道新ひだか町・フジワラフアームの生産馬。馬主は吉岡實氏。戦績19戦6勝。獲得賞金1億3106万6000円。重賞初勝利。愛知杯は、本田優調教師が2011年フミノイマージンに次いで2勝目、四位洋文騎手は初勝利。馬名は「永遠(イタリア語)+冠名」。

[もっと見る]

【愛知杯】レースを終えて…関係者談話2018年1月14日() 05:03

 ◆岩崎騎手(レイホーロマンス2着) 「道中は脚がたまって、馬場のいいところに出してしっかり脚を使ってくれました」

 ◆藤岡佑騎手(マキシマムドパリ3着) 「もう少し前の位置を取りたかったんですけど、1コーナーでの不利が全てですね」(次走の中山牝馬Sがラストランの予定)

 ◆吉田隼騎手(リカビトス4着) 「接触する場面がありながら、最後はいい脚を使ってくれました。先々が楽しみです」

 ◆松若騎手(メイズオブオナー5着) 「もう少し前で競馬をしたかった。道中も少し力んでいた」

 ◆北村友騎手(シャルール6着同着) 「直線で接触する不利が大きかったですね」

 ◆津村騎手(ワンブレスアウェイ6着同着) 「いい感じで上手に走れていた。1800メートルがベストかもしれません」

★13日中京11R「愛知杯」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【愛知杯】6番人気のエテルナミノルが重賞初制覇 2018年1月13日() 15:38

 1月13日の中京11Rで行われた第55回愛知杯(4歳以上オープン、牝馬、GIII、芝2000メートル、ハンデ、18頭立て、1着賞金=3600万円)は、四位洋文騎手騎乗の6番人気の54キロ、エテルナミノル(5歳、栗東・本田優厩舎)が好位追走から直線、馬場の真ん中から抜け出して重賞初制覇。タイムは2分0秒1(良)。

 半馬身差の2着には外から追い込んだ51キロのレイホーロマンス(11番人気)、さらに1馬身1/4差遅れた3着に大外から伸びたトップハンデ56キロのマキシマムドパリ(1番人気)。

 愛知杯を勝ったエテルナミノルは、父エンパイアメーカー、母ダイワジェラート、母の父フジキセキという血統。北海道新ひだか町・フジワラファームの生産馬で、馬主は吉岡實氏。通算成績は19戦6勝。重賞初制覇。愛知杯は、本田優調教師は2011年フミノイマージンに次いで2勝目、四位洋文騎手は初優勝。

 ◆四位洋文騎手(1着 エテルナミノル)「前回はゲートが良くなくて、この中間は厩舎一丸でゲート練習を入念に。その効果で、中で落ち着いていたので好位を取って流れに乗れたのが大きい。距離もこれくらいがいいね」



★13日中京11R「愛知杯」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【愛知杯】入線速報(中京競馬場)2018年1月13日() 15:28

中京11R・愛知杯(1回中京1日目 中京競馬場 芝・左2000m サラ系4歳以上オープン)は、1番手10番エテルナミノル(単勝11.6倍/6番人気)、2番手8番レイホーロマンス(単勝25.1倍/11番人気)、3番手7番マキシマムドパリ(単勝4.4倍/1番人気)で入線しています。

想定オッズは以下の通り。

馬連8-10(131.2倍) 馬単10-8(222.6倍) 3連複7-8-10(166.5倍) 3連単10-8-7(1211.6倍)

更に詳しい情報はこちら→http://umanity.jp/racedata/race_8.php?code=2018011307010111
※着順・払戻金等の確定情報は、レース結果確定後にレース結果ページにてご覧頂けます。

(注=上記は確定前情報を含みます。成績、払戻金など正確な情報につきましては、必ず今後JRA(日本中央競馬会)から発表されるものと照合してください。)

[もっと見る]

【愛知杯】ウオッカの子タニノアーバンシーが1番人気/13:00時点 2018年1月13日() 13:04

 今年の中京競馬が幕を開けた。初日メインに組まれている愛知杯(13日、GIII、芝2000メートル)。牝馬限定重賞として定着したレースの過去5年で馬券に絡んだ15頭のうち6頭が単勝10番人気以下の伏兵。ハンデ差も加味されて、難解な一戦だ。タニノアーバンシーが5.0倍で1番人気となっている。13:00時点での単勝オッズは以下の通り。



枠番−馬番 馬名       単勝オッズ1− 1 ゲッカコウ      19.21− 2 ギモーヴ       15.52− 3 メイズオブオナー    9.82− 4 リカビトス       7.33− 5 タニノアーバンシー   5.03− 6 ブラックオニキス   37.74− 7 マキシマムドパリ    5.34− 8 レイホーロマンス   29.05− 9 キンショーユキヒメ   6.35−10 エテルナミノル    15.16−11 シャルール      70.36−12 クインズミラーグロ  21.07−13 コパノマリーン    34.37−14 クィーンチャーム  103.77−15 ロッカフラベイビー  83.68−16 ハッピーユニバンス  42.78−17 アンドリエッテ    27.48−18 ワンブレスアウェイ  17.1



愛知杯の枠順はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

⇒もっと見る

マキシマムドパリの関連コラム

閲覧 390ビュー コメント 0 ナイス 7



先週は、13(土)に中京競馬場でG3愛知杯、14(日)に中山競馬場でG3京成杯が、京都競馬場でG2日経新春杯がそれぞれ行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
G3愛知杯は、2番手でレースを進めていたクインズミラーグロが3コーナー手前から先頭に立ち、そのままの態勢で直線へ。1番人気マキシマムドパリは後方馬群の外目、2番人気タニノアーバンシーは中団馬群から追い出されます。好位馬群から抜け出したエテルナミノルが内の各馬をまとめて交して直線半ばで一気に先頭に躍り出ると、後続からは大外を伸びたレイホーロマンスマキシマムドパリの4枠両頭の伸び。しかし、これを早め先頭のエテルナミノルが封じてV。重賞初制覇をあげています。1/2馬身差の2着には上り最速の脚で追いこんだ11番人気レイホーロマンスが入り、1馬身1/4差の3着にはマキシマムドパリが入っています。
公認プロ予想家では、夢月プロ伊吹雅也プロマカロニスタンダーズプロ西野圭吾プロろいすプロほか、計15名が的中しています。
 
G3京成杯は、コスモイグナーツが後続を4〜5馬身ほど離しての積極的な競馬で前半1000mを59.7秒(推定)で通過。終始2番手から進めた1番人気ジェネラーレウーノが差を詰めて直線に入ると、先頭のコスモイグナーツは苦しくなって脱落し、すかさず先頭はジェネラーレウーノ。併せ馬の形で伸びるサクステッドに、外からはライトカラカゼコズミックフォースイェッツトあたりも脚色良く迫りますが及ばず。ジェネラーレウーノが1/2馬身差のリードを保って先頭でゴールしています。2着には、2番人気コズミックフォースが入り、そこから1/2馬身差の3着には馬群を縫うように伸びた6番人気イェッツトが入っています。
公認プロ予想家では、夢月プロ岡村信将プロほか、計9名が的中しています。
 
G2日経新春杯は、ロードヴァンドールガンコの2頭がレースを率い、前半1000m62秒0(推定)を計時するスローな流れ。直線を向いてもこの2頭の態勢そのままで、1番人気パフォーマプロミスは3番手、2番人気ミッキーロケットはその直後、3番人気モンドインテロは人気馬では唯一後方外を回す競馬となって追撃を開始します。なかなか前との差が縮まらない展開は残り200mを切っても変わらずで、内ラチ沿いのロードヴァンドールが依然先頭をキープ。2番手ガンコ、その直後まで足を伸ばしてきたパフォーマプロミスと後続との差はここから広がり、勝負の行方は完全に3つ巴の様相となります。ゴール直前までもつれた、この争いを制したのはパフォーマプロミス。6歳にして重賞初挑戦での初勝利を挙げています。クビ差の2着には4番人気ロードヴァンドールが入り、そこから1馬身1/4差の3着には7番人気ガンコが入っています。
公認プロ予想家では、岡村信将プロ蒼馬久一郎プロほか、計8名が的中しています。
 
 
 
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 
☆☆☆注目プロ →覆面ドクター・英プロ
13(土)の中山11Rで、3連単471.1倍を含む的中など計37万7,440円のビッグヒットを記録。翌14(日)にも、11万2,800円払戻しの京都9Rや、京都10Rでの38万6,270円払戻しなどの活躍を披露。週末トータル回収率150%、収支36万5,170円プラス(←トップ)の好成績をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →おかべプロ
13(土)は、京都3Rでのワイド1万円1点勝負的中などで回収率161%を達成。14(日)も中京7Rでの馬連1万円1点勝負的中などをマークし、回収率240%とさらなる上昇を披露しました。週末トータル成績では回収率197%でトップに立っています。
 
☆☆☆注目プロ →夢月プロ
13(土)の中山2Rでは▲ノアダイヤモンド(単勝43.4倍)−◎カグラヤルージュ(同14.6倍)の予想を披露し、単勝&馬連的中計28万6,080円払戻しのスマッシュヒットを記録。他にも先週は、G3愛知や、14(日)中山7Rなどで2日連続のプラス収支を達成しています。週末トータルでは回収率145%、収支21万7,560円プラスを記録しています。
 
☆☆☆注目プロ →くりーくプロ
14(日)の勝負レース中京5Rでは、3連複45万オーバーの大波乱決着を、▲ハナソメイ×プラードデラルスサトノグリッターの予想でワイド3通り的中など計6万4,410円を払戻し。さらにこの日は、中山3RG2日経新春杯と、すべての勝負レースで的中を披露し、週末トータル回収率2位の164%を記録しています。
 
 
 
この他にも、サラマッポプロ(140%)、ジョアプロ(133%)、【U指数】3連単プリンスプロ(121%)、馬券生活プロ(121%)、霧プロ(114%)、いっくんプロ(106%)、岡村信将プロ(106%)、蒼馬久一郎プロ(102%)らが週末トータル回収率100%超の活躍を見せています。
 
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 
※全レースの結果情報はこちら


今週も、競馬予想の達人・ウマニティ公認プロ予想家陣の予想にご注目下さい。


登録済みの方はこちらからログイン

2018年1月13日() 14:00 凄馬プロジェクトチーム
第329回『凄馬出馬表分析&馬券検討』〜愛知杯 G3
閲覧 697ビュー コメント 0 ナイス 2



みなさんこんにちは!

本日は中京11R「愛知杯 G3」の『凄馬出馬表』を分析したいと思います。

今回も「U指数」だけでなく、U指数のポイントに【調教評価】、【厩舎評価】、【斤量補正】を数値化し加算減算しU指数を補正することで「総合ポイント」を算出しました。
★「U指数」について詳しくはこちらをご覧ください→U指数についてページ

U指数1.0ポイントは約1馬身差にあたるので、これを目安に以下のような重み付けをしました。
【調教評価】は競馬エイトの調教評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「5」・・・「−1.0ポイント」
「6」・・・「±0.0ポイント」
「7」・・・「+1.0ポイント」
「8」・・・「+2.0ポイント」
【厩舎評価】競馬エイトの厩舎コメントの評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「△」・・・「−1.0ポイント」
「○」・・・「±0.0ポイント」
「◎」・・・「+1.0ポイント」
【斤量補正】は1.0kg=「0.5ポイント」として以下の基準体重との差分に乗算しました。
「牡馬」・・・「57.0kg」
「牝馬」・・・「55.0kg」


上記の補正を行った『凄馬出馬表』(画像)をご覧ください。





第1グループ(橙)は、エテルナミノルから1.0ポイント差(約1馬身差)内のマキシマムドパリまで2頭。
第2グループ(黄)は、ワンブレスアウェイから1.0ポイント差(約1馬身差)内のハッピーユニバンスクインズミラーグロまで3頭。
第3グループ(薄黄)は、クィーンチャームから同差内のキンショーユキヒメまで7頭となっていて、以下は第4G(灰)となっています。

凄馬出馬表をご覧いただくと、上位グループではマキシマムドパリワンブレスアウェイ間に1.2の溝がありますが、あまり大きな溝ではなく、全体に差のない分布となっています。

私の本命は◎マキシマムドパリにしたいと思います。メンバーを見渡すと末脚タイプが多く、流れは落ち着きそうです。昨年は差して勝利しましたが、近走の行きっぷりなら楽に好位を取れそうです。斤量は背負いますが、馬自身、昨年より明らかに強くなっていますし軸として信頼したいと思います。

以下、前走致命的な出遅れながらも見せ場十分だった○エテルナミノル、4歳馬のフレッシュさを買って△メイズオブオナーリカビトスブラックオニキスと印を打ちます。

【馬連】
7→3,4,6,10

【ワイド】
7→3,4,6,10

計8点

[もっと見る]

2017年11月16日(木) 11:30 競馬プロ予想MAX
先週の回顧〜(11/11〜11/12)エリザベス女王杯◎、武蔵野S◎、デイリー杯2歳S◎○的中の霧プロら5名が土日回収率130%超の大活躍!
閲覧 768ビュー コメント 0 ナイス 6



先週は、12(日)に京都競馬場でG1エリザべス女王杯が行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
G1エリザべス女王杯は、ほぼ一斉に揃ったスタートから最内枠を利してクインズミラーグロがハナを叩き単独先頭へ。2番手にクロコスミア、3番手にマキシマムドパリと続いて、1番人気ヴィブロスは直後の4番手。モズカッチャンが続き、スマートレイアートーセンビクトリーデンコウアンジュエテルナミノルクイーンズリングジュールポレールと中団にかけて追走。2番人気ルージュバックと、その内に3番人気ミッキークイーンが併走で続き、以下リスグラシュータッチングスピーチハッピーモーメントディアドラウキヨノカゼとなって全18頭が1コーナーを通過していきます。
前はクインズミラーグロクロコスミアが少し差を広げて向こう正面へ。スローな流れとなって、前半1000mを62秒0(推定)で通過した馬群は、その隊列に大きな変化がないまま坂を上って3コーナーから下り坂へ。4コーナーで手応えいっぱいとなったクインズミラーグロに代わって、こちらは余裕の手応えのクロコスミアが2番手から単独先頭に立って直線を迎えます。直後からは、マキシマムドパリモズカッチャンら好位追走組も脚色良く追撃の構え。1番人気ヴィブロスはその後ろ5、6番手から、3番人気ミッキークイーンは直線入り口で外へ膨れたところからそのまま外を通って後方から、2番人気ルージュバックはさらに後ろから大外を通して末脚勝負に賭けます。
残り100mを過ぎて、依然先頭で粘る9番人気クロコスミア。これに徐々に迫ったのはM・デムーロ鞍上の5番人気モズカッチャンでした。1完歩ごとにその差を詰め、そのままの勢いでゴール直前クロコスミアをクビ差捉えてV!単独先頭に立った残り50mから交わされて涙を飲んだ前走秋華賞の敗戦(3着)から4週間。鮮やかな差し切り勝ちで自身初のG1勝ちを決めています。2着クロコスミアからアタマ差の3着には、上り最速の脚で外から猛追を見せた3番人気ミッキークイーンが入っています。
公認プロ予想家では、霧プロ蒼馬久一郎プロが的中しています。
 
 
 
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 
☆☆☆注目プロ →霧プロ
12(日)東京1Rを、◎タイプムーン−▲ラヴベローナで、馬単574倍含む計22万5,300円払戻しのビッグヒット!11(土)東京5Rでの12万3,290円払戻しや、G2デイリー杯2歳Sでの◎○的中、G3武蔵野Sでの◎インカンテーション的中、G1エリザべス女王杯の◎的中等々......絶好調予想を連発!週末トータルでは、回収率176%、収支25万5,500円プラス(トップ)をマークし、自身4開催日連続のプラス収支を達成しています!
 
☆☆☆注目プロ →西野圭吾プロ
11(土)東京4Rで◎アースビヨンド(単勝31.0倍)を的中。他にも、勝負予想東京12Rや、G3武蔵野Sの◎インカンテーション−△サンライズソア的中などで、この日221%の高回収率をマーク。翌12(日)は、G3福島記念の○◎△的中、東京10Rの◎オースミナイン(単勝96.7倍)からの3連複的中を筆頭に、連日の量産モードを披露。週末のトータル回収率はトップの196%、収支は18万2,530円の大幅プラスで終えています。
 
☆☆☆注目プロ →サラマッポプロ
11(土)をG2デイリー杯2歳Sでの◎ジャンダルム的中などでプラス収支を決めると、12(日)は東京7Rでの○ラテールプロミーズトゥルーラヴキッス的中などで2日連続のプラスをマーク!週末トータルでは回収率171%を記録しています。
 
☆☆☆注目プロ →マカロニスタンダーズプロ
11(土)G3武蔵野Sの◎サンライズソア、12(日)東京1Rの◎タイプムーン東京10Rの◎オースミナインなどの好調予想を披露した先週はトータル回収率154%、収支14万7,980円プラスをマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →スガダイプロ
11(土)は京都4Rでの◎アイトーン(単勝27.2倍)、福島10Rでの○ジャーミネイトリリーモントルー的中などの活躍を披露。12(日)は勝負予想G3福島記念(◎ウインブライト)を筆頭に、東京3R東京4Rでの連続◎○▲パーフェクト的中などの好調予想で連日のプラス収支を記録!週末トータルでは、回収率134%をマークしています。
 
 
 
この他にも、ろいすプロ(129%)、蒼馬久一郎プロ(114%)、佐藤洋一郎プロ(110%)、河内一秀プロ(109%)、くりーくプロ(108%)、ゼット1号プロ(108%)、【U指数】3連複プリンセスプロ(107%)、【U指数】馬単マスタープロ(100%)、馬券生活プロ(100%)らが週末トータル回収率100%超の活躍を見せています。
 
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 
※全レースの結果情報はこちら


今週も競馬予想の達人・ウマニティ公認プロ予想家陣の予想にご注目下さい。

[もっと見る]

2017年11月12日() 14:00 凄馬プロジェクトチーム
第312回『凄馬出馬表分析&馬券検討』〜エリザベス女王杯 G1
閲覧 1,100ビュー コメント 0 ナイス 1



みなさんこんにちは!

本日は京都11R「エリザベス女王杯 G1」の『凄馬出馬表』を分析したいと思います。

今回も「U指数」だけでなく、U指数のポイントに【調教評価】、【厩舎評価】、【斤量補正】を数値化し加算減算しU指数を補正することで「総合ポイント」を算出しました。
★「U指数」について詳しくはこちらをご覧ください→U指数についてページ

U指数1.0ポイントは約1馬身差にあたるので、これを目安に以下のような重み付けをしました。
【調教評価】は競馬エイトの調教評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「5」・・・「−1.0ポイント」
「6」・・・「±0.0ポイント」
「7」・・・「+1.0ポイント」
「8」・・・「+2.0ポイント」
【厩舎評価】競馬エイトの厩舎コメントの評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「△」・・・「−1.0ポイント」
「○」・・・「±0.0ポイント」
「◎」・・・「+1.0ポイント」
【斤量補正】は1.0kg=「0.5ポイント」として以下の基準体重との差分に乗算しました。
「牡馬」・・・「57.0kg」
「牝馬」・・・「55.0kg」


上記の補正を行った『凄馬出馬表』(画像)をご覧ください。





第1グループ(橙)は、スマートレイアーから1.0ポイント差(約1馬身差)内のミッキークイーンまで2頭。
第2グループ(黄)は、ルージュバック1頭。
第3グループ(薄黄)は、ヴィブロスから1.0ポイント差(約1馬身差)内のクイーンズリングまで2頭となっていて、以下は第4G(灰)となっています。

凄馬出馬表を見渡すと、第2グループ→第3グループ間にある2.7ポイント、これが非常に目立つ配置となっています。やはり、JRAで牡馬一線級に交じっての好戦歴を誇る3頭が指数的には抜け出していて、過去のエリザベス女王杯を考えてみても、この3頭の正しい評価というのが今年のエリザベス女王杯攻略の最重要ポイントと言えそうです。一方、その下(4位以下)にはほとんど目立った“溝”が見られず僅差の状況となっています。

総合評価上位の3頭については、当初は、当然能力は認めつつもどれも「どうせ人気だし」と高を括っていて、本命◎はここからは選べないだろうなと考えていました。ところが、原稿執筆時点(土曜午後)でルージュバック6倍台、ミッキークイーン8倍台、スマートレイアー11倍台と思った以上に妙味あり。当日にはもう少し売れてきているのかもしれませんが、うーん......想定よりも甘いオッズに思わず飛びついてしまいそうです。なんだかんだと頭を悩ませたのですが、これは妙味ではなくやはり実力馬に隙ありの“相場観”とみて、初心に帰ることにしました。先に言うと、今回の馬券(3連複フォーメーション◎=○▲☆=印)の2列目評価、○ミッキークイーンスマートレイアールージュバックという位置付けとしました。さすがにここから1〜2頭馬券には絡むだろうと。
◎はトーセンビクトリー。前走は明らかなトライアル仕上げの+10kg出走で、稍重も上りの速い決着も、コース形態も合わなかった印象。2走前にマークした指数は高く、昨秋のジェンティルドンナメモリアルも10頭立てのマイペース逃げと楽が出来たことは事実でも、倒した相手は牡馬も交じってのそこそこのメンバーでした。その2走と同様のコーナー4つのこの条件で内枠なら。“牡馬混合(重賞)実績”に否応なしに目が向く今回、準オープンといえどその後重賞で1、2着する牡馬らをねじ伏せての勝利を昨秋の京都でマークしたこの馬に、終わってみれば“隠れ牡馬混合実績馬だった”というオチを期待。
他、久々に良馬場でレースを迎えられそうで不利もあった2年前のエリザベス女王杯を除けば京都では崩れていない△クイーンズリング、京都の長距離戦では頼もしい鞍上の△マキシマムドパリ、落鉄のあった秋華賞では勝ちに等しい内容だったとみている△モズカッチャンといったところを重視し、先にも触れた通り◎から○▲☆への3複フォーメーションを中心とした馬券で勝負とします。


【3複フォーメーション】
◎=○▲☆=印
3=10,12,17=4,5,6,7,9,10,12,15,16,17(24点)

【馬連ながし】
○=▲☆△(5,7,15)
10=5,7,12,15,17(5点)

計29点

[もっと見る]

2017年11月8日(水) 16:45 覆面ドクター・英
エリザベス女王杯・2017
閲覧 4,446ビュー コメント 0 ナイス 16

私が競馬をはじめた頃は、秋華賞が無くて、エリザベス女王杯が牝馬三冠の最終戦という位置付けながら、桜花賞オークスほどは陣営はここを目標としていない感じで、ダート馬だろうが、短距離馬だろうが出られる賞金持っている馬達が勢いだったり惰性で出てくる「ごった煮」要素が強い感じでした。

最低人気(20番人気)のサンドピアリスの激走が有名ですが、私が馬券買いだした頃ではタケノベルベット(藤田騎手)が17番人気で3馬身半も突き抜けて、メジロカンムリ(2番人気)との馬連が700倍超えたり(当時は馬単や三連単が無かったので獲れたんだと思います。スプリンターだと思って消したニシノフラワーが能力でハナ差3着に来て冷や冷やしたのを今でも覚えています。サンエイサンキュー事件と呼ばれるもめ事があったりと競馬がなんせ盛り上がっていた時代でした)、とにかく荒れるレースとして楽しかったものです。

それでは恒例の登録馬の全頭診断を。

ヴィブロス:活躍馬を続々と輩出する母系で、大魔神ががっちり抑えている打ち出の小槌のような血統なのですが、この馬は小さいし、スケール的にそうでもないかと思いきや、昨秋は秋華賞を勝ち、今年3月にはモレイラ・マジックあったにしてもドバイターフを制し、この前哨戦の府中牝馬Sもプラス体重で逃げ馬に残られるもきっちり2着して、友道厩舎らしく本番は馬体絞ってきて好走させるのだろう。当然有力。

スマートレイアー:脚質も追い込みや逃げ、距離も短いところから、最近は長いところでも7歳秋でも第一線で活躍を続ける丈夫さで、京都大賞典も勝っちゃったが、期待されると案外なタイプか。

ミッキークイーン:昨年はこのレースで3着(一昨年は秋華賞を制した後にJCに向かい不出走)で、当然実力あるのだが、エンジンの掛かりが遅くもたついたりもあり。宝塚記念3着と牡馬相手にもやれる力がある反面、そう強くない相手にも負ける、あまり信頼できないタイプ。

ルージュバック:非根幹距離(400の倍数でない距離)に実績が集中しており、3歳時にもこのレースで4着に来ており、臨戦過程としてもオールカマーで勝利をもぎとって(斜行で騎手は騎乗停止)、指数的にも横ばいで力は落ちてきていない。ただG1で北村宏騎手はかなり微妙、と思ったら、なんとR・ムーア騎手のようで、激走ありそうだが人気過剰にもなりそうで難しい。

ディアドラ:かなり使い込んでいるが、デビュー時より38kg増やして、とうとう秋華賞勝ちまでみせた。晩成傾向はハービンジャーらしさなのだろうし、3歳牝馬今年は強くないと思っているが、この馬はやれるのでは。

リスグラシュー阪神JF桜花賞秋華賞とG1で2着3回と堅実駆け見せているが、データ的には当然有力視すべきなんだろうが、個人的には今年の3歳牝馬は弱いと思っているので、人気だろうしあまり買いたくない馬。

モズカッチャンオークス2着、秋華賞3着と結果を残しており、リスグラシュー同様、過去傾向からは重視すべきなんだろうが、これも同様に世代レベルに疑問で、人気だろうしあまり買いたくない馬。

クイーンズリング:昨秋は府中牝馬Sエリザベス女王杯を連勝してみせたが、以降さっぱりでピーク過ぎたか。

クロコスミア:逃げるとしぶといタイプで府中牝馬Sも勝ってしまった。同型プリメラアスールとのハナ争いがポイントか。距離不問で粘って3着あたりには来れるかも。

ジュールポレール:やっと準オープンを勝ったばかりだし、マイルCS勝ち馬のサダムパテックの下だけにマイラーと思われて人気にならなそうだが、阪神牝馬Sヴィクトリアマイルでともに3着に来ており、また小倉の2000m戦でも結果は出なかったものの走り自体は悪くなく距離もこなせそう。ヒモ穴にぴったりなタイプ。

マキシマムドパリ:1月に愛知杯、6月にマーメイドSと2つG3を制するも、あまりここでの大仕事は期待できないタイプか。

デンコウアンジュ:アルテミスSでメジャーエンブレムを差した2歳時の激走はフロックかと思っていたが、5月にヴィクトリアマイルで2着激走と、東京だと激走期待できるのかもしれないが、ここは無いのでは。

トーセンビクトリー:3月の中山牝馬Sを勝ち夏のクイーンSも2着と先行して安定した力を見せており、頭は無いがヒモには入れたい。

クインズミラーグロ:体重の増減激しく、オープンでは3着が多く、前哨戦の府中牝馬Sでの完敗みると期待薄か。

エテルナミノル:牝馬重賞では壁あるようで3度の5着が最高という程度だが、準オープンとはいえ牡馬もいる中、5馬身差の圧勝を見せており、エンパイアメーカーらしく気性が問題なのだろうが気分が乗れば大仕事あるか。

プリメラアスール:かなり少なくなったスペシャルウィークの活躍馬だが、牝馬重賞でも壁に当たっており好走は難しそう。

ウキヨノカゼ:見ていて楽しいすごい末脚を持っているが4月の福島牝馬S勝ちを最後にもうしぼんでしまったようで活躍は期待薄。

タッチングスピーチ:一昨年のこのレースで3着した実績あるのだがここ8戦掲示板外しており、旬は過ぎた感じで、良血だけにもう引退して繁殖入りが良いのでは。

ハッピーユニバンス:夏の札幌の準オープン勝ちでオープン入りし、前走の府中牝馬Sでも最後方からいい脚で追い込んできたが、ここではまだ荷が重い。

プロレタリアト:オープン実績無く、穴厩舎だが騎乗数かなり少ない杉原騎手含め期待薄。


<まとめ>
有力馬:ヴィブロススマートレイアールージュバックディアドラ
ヒモ穴候補:エテルナミノルトーセンビクトリージュールポレールクロコスミア

[もっと見る]

2017年6月16日(金) 13:30 競馬プロ予想MAX
先週の回顧〜(6/10〜6/11)霧プロがエプソムC・マーメイドS的中で5重賞連続的中をマーク!
閲覧 551ビュー コメント 0 ナイス 3

先週は、11(日)に東京競馬場でG3エプソムCが、阪神競馬場でG3マーメイドSがそれぞれ行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
G3エプソムCは、マイネルハニーがスッとハナに立ち、人気のアストラエンブレムが2番手となって3コーナーへ。前半1000mを59.7秒の平均的なペースで通過し、内を大きく開けて直線を迎えた馬群は、依然マイネルハニーを先頭に雁行状態で叩き合いの様相。粘り込みを図るマイネルハニーの直後からは、アストラエンブレムが満を持して追い出しを開始。内をすくっては5番人気ダッシングブレイズがこれに迫ります。残り100m地点でこの3頭が横並びになると、そこからもうひと伸びを見せたダッシングブレイズが先頭でゴール!嬉しい重賞初制覇を飾っています。1/2馬身差の2着に1番人気アストラエンブレム、さらにハナ差の3着に6番人気マイネルハニーが入っています。
 
公認プロ予想家では霧プロサラマッポプロ馬っしぐらプロ他計6名が的中しています。
 
G3マーメイドSは、押して押してプリメラアスールが先手を主張。これにショウナンバーキンが絡んで1コーナーを通過。結局プリメラアスールショウナンバーキンの隊列となって、人気のトーセンビクトリーマキシマムドパリクインズミラーグロは1列後ろを追走する形で向う正面へ。積極的にマキシマムドパリが3番手から徐々に押し上げに掛かると、後続からは連れてビッシュクインズミラーグロなども先団に取り付く構えを見せます。直線を向いて、先頭はマキシマムドパリに一気に変わり、馬群の中からはクインズミラーグロアースライズが伸びてきてこれに迫ります。しかし、最後まで鞍上のゲキに応えた3番人気マキシマムドパリが封じて、先頭を守り切りV!重賞2勝目を挙げています。3/4馬身差の2着に2番人気クインズミラーグロ、そこからハナ差の3着には6番人気アースライズが入っています。
 
公認プロ予想家ではKOMプロジ ョ アプロスガダイプロマカロニスタンダーズプロdream1002プロ霧プロろいすプロら計14名が的中しています。
 
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 
☆☆☆注目プロ →霧プロ
10(土)は勝負レース阪神5Rの◎○的中などで存在感を見せると、11(日)は東京2Rでの▲×◎3連複他的中、勝負レース東京7Rでの▲◎△3連複他的中などの予想を披露!さらにダメ押しの G3エプソムC(◎○的中)、 G3マーメイドS(▲○◎的中)と両重賞ゲットと好調予想を連発!これで、日本ダービーから平地重賞5戦連続的中と重賞予想も絶好調の霧プロからますます目が離せません。週末トータル回収率は127%を記録しています。
 
☆☆☆注目プロ →西野圭吾プロ
10(土)の勝負レース阪神12Rで○◎▲予想を披露し、この日をプラス収支で終えると、続く11(日)には東京4Rや、勝負レースに指定した阪神12R東京12Rなどを的中。2日間ともにプラス収支を達成した先週は、トータル回収率133%をマークしています
 
☆☆☆注目プロ →佐藤洋一郎プロ
10(土)阪神6Rで◎エール(単勝72.0倍)からの3連単を仕留め、23万3650円払い戻しのスマッシュヒットをマーク!この日は他にも東京12Rなどでの3連単的中などを記録し、回収率132%を達成しています。
 
☆☆☆注目プロ →“帰ってきた”凄馬勝子プロ
11(日)の阪神8Rで、オメガタックスマン(単勝11.4倍)−ジョーマイク(単勝77.5倍)の馬連的中で計28万1160円のビッグヒットを披露。3複は惜しくも取り逃がしたものの、掲示板5頭がいずれも単勝10倍以上の波乱となったレースを○△_×◎の印で5頭中4頭を推奨した「U指数×青龍占術」予想に今週も注目です。週末トータルでは、回収率144%・収支19万40円プラスをマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →きいいろプロ
11(日)東京5Rで◎○馬連1点的中含む計24万100円払い戻しのビッグヒットを披露。週末トータルでは回収率123%・収支11万400円プラスを記録しています。
 
 
 
この他にもイータン育成プロ (124%)、伊吹雅也プロ(121%)、夢月プロ(121%)、スガダイプロ(114%)、ゼット1号プロ(103%)、エース2号【予想マイレージクラブ限定】(102%)、らが週末トータル回収率100%超の活躍を見せています。
 
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 
※全レースの結果速報はこちら


今週も競馬予想の達人・ウマニティ公認プロ予想家陣の予想にご注目下さい。

[もっと見る]

⇒もっと見る

マキシマムドパリの口コミ


口コミ一覧
閲覧 74ビュー コメント 0 ナイス 11

愛知杯
マキシマムドパリを本命にして流したが、レイホーロマンスが抜けてハズレ。
レイホーロマンスは中京コースでの好走例があり、斤量も軽めだったにもかかわらず評価を下げたため、
切ってしまった。

京成杯
デルタバロースを本命にしたが、ヒモ同士で決着した。
前走で道悪のなか大差勝ちしたことを評価したが、休み明けや経験の浅さを考えれば評価を下げたほうがよかった。

日経新春杯
ソールインパクトとミッキーロケットを重視したが、前で内が有利な馬場状態を考えなかった。
ロードヴァンドールはミッキーロケットに差されるかと思ったが、ペースを握り馬場状態と内枠を活かして好走した。
ガンコも軽ハンデ先行力を考えれば買えた。

レースが終わった後で気づくことが多いのは馬券的にとても残念である。
予想する前に、全頭の前走を一通りチェックしておかないといけない。
あとは、当日の馬場状態にあわせて柔軟に変えなければならない。

 ムーンホーセズネック 2018年1月14日() 08:01
土曜の結果&反省
閲覧 42ビュー コメント 0 ナイス 13

ウマコロ(ゝω・)
満足いくレベル(^^)

実馬券(^^)
後輩の誘いで中京競馬場まで進出(^^)
6レースから中京のみを買い続け(*≧Δ≦)
結局は愛知杯のマキシマムドパリのワイド総流しを的中して一部回収したのみ(´・ω・`)
エテルナミルノは重賞で0.3秒差で隠れ隠し球(´・ω・`)
直前までは馬連総流し、ワイド総流しの予定(´・ω・`)
馬体重でクインズミラーグロに変更w
最悪の直前のチョイス変更w
まあ?見えてはいるようなので(*≧Δ≦)
予想的には調子は良いとしておきます(*≧Δ≦)
最終は京都のみ的中(´・ω・`)

昼間から寒いので飲みすぎ、後輩との反省会で限界点(σω-)。о゚
すぐに帰って夜8時から朝の7時まで爆睡してました( ´ρ`)。o ○

さて、本日に向けて切り替えますヾ(^^ )

[もっと見る]

 DEEB 2018年1月13日() 18:30
恥ずかしい馬予想2018.01.13[結果]
閲覧 25ビュー コメント 0 ナイス 3

中山11R ジャニュアリーステークス 4歳以上オープン(混合)[指定]
◎ 4 ベック…3着
○ 8 アールプロセス…5着
▲ 1 ドラゴンゲート…4着
△11 ヒカリブランデー …9着
× 7 ベストマッチョ…1着
[結果:ハズレ×]

中山12R 4歳以上1000万下(混合)[指定]
◎ 7 ★イキオイ…6着
○ 3 ショウナンアエラ…2着
▲ 8 ダイトウキョウ…1着
△16 ロジベスト…4着
×10 シルヴァーコード…12着
[結果:アタリ△ 馬連3-8 640円]

京都 3R 3歳未勝利(混合)[指定]
◎ 9 ★ナリタミニスター …4着
○ 6 ミンナノシャチョウ…14着
▲ 2 ニシノトランザム…1着
△ 5 ワイプティアーズ…11着
× 3 ☆メイショウバイタル…2着
[結果:アタリ△ 複勝3 300円]

京都 6R 3歳500万下(混合)(特指)
◎ 5 サウンドキアラ…4着
○ 2 インディチャンプ…1着
▲ 9 レッドサクヤ…2着
△ 8 ヴァルディノート…10着
× 7 ☆タガノタイト…7着
[結果:アタリ△ 馬連2-9 610円]

京都11R 淀短距離ステークス 4歳以上オープン(国際)[指定]
◎ 9 ダイシンサンダー …8着
○ 3 ☆グレイトチャーター …4着
▲ 5 ナリタスターワン…6着
△ 7 ☆スマートカルロス…5着
×11 ☆オウノミチ…10着
[結果:ハズレ×]

中京 4R 障害4歳以上未勝利
☆13 ワイドコマンダー …14着
[結果:ハズレ×]

中京 8R 4歳以上500万下
◎13 スズカフューラー …1着
○ 2 ☆ミラクルユニバンス…12着
▲ 6 フッカツノノロシ…11着
△15 アドマイヤプリヴ…6着
× 4 レッドウィズダム…4着
[結果:ハズレ×]

中京11R 愛知杯G掘。敢舒幣絅ープン(国際)牝
◎ 7 ★マキシマムドパリ…3着
○ 3 メイズオブオナー …5着
▲ 2 ギモーヴ…11着
△12 ☆クインズミラーグロ…16着
× 6 ☆ブラックオニキス…14着
[結果:アタリ△ 複勝7 180円]

今日は休みです。
予定は何にもありません。
勢いで競馬を楽しみます。
イキオイ、がんばれ!

[今日の結果:8戦0勝4敗4分]
5割の的中率で勢いはありましたが、安いのばかりで…

[もっと見る]

⇒もっと見る

マキシマムドパリの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

マキシマムドパリの写真

マキシマムドパリの厩舎情報 VIP

2018年1月13日愛知杯 G33着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

マキシマムドパリの取材メモ VIP

2018年1月13日 愛知杯 G3 3着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。