マキシマムドパリ(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
マキシマムドパリ
マキシマムドパリ
マキシマムドパリ
マキシマムドパリ
写真一覧
抹消  芦毛 2012年2月1日生
調教師松元茂樹(栗東)
馬主株式会社 グリーンファーム
生産者社台ファーム
生産地千歳市
戦績27戦[6-3-8-10]
総賞金22,246万円
収得賞金4,950万円
英字表記Maximum de Paris
血統 キングカメハメハ
血統 ][ 産駒 ]
Kingmambo
マンファス
マドモアゼルドパリ
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
アドマイス
兄弟 サトノエトワールエトワールドパリ
前走 2018/03/10 中山牝馬ステークス G3
次走予定

マキシマムドパリの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
18/03/10 中山 11 中山牝馬S G3 芝1800 14344.9112** 牝6 56.0 藤岡佑介松元茂樹450(-8)1.49.7 0.735.2⑦⑦⑨⑧カワキタエンカ
18/01/13 中京 11 愛知杯 G3 芝2000 18474.413** 牝6 56.0 藤岡佑介松元茂樹458(0)2.00.4 0.334.4⑪⑪⑩⑪エテルナミノル
17/12/09 中京 11 中日新聞杯 G3 芝2000 186117.545** 牝5 55.0 藤岡佑介松元茂樹458(+4)1.59.6 0.334.5メートルダール
17/11/12 京都 11 エリザベス杯 G1 芝2200 18715119.0124** 牝5 56.0 藤岡佑介松元茂樹454(-2)2.14.5 0.234.4モズカッチャン
17/10/09 京都 11 京都大賞典 G2 芝2400 1581546.479** 牝5 54.0 藤岡佑介松元茂樹456(-10)2.23.9 0.935.1スマートレイアー
17/07/30 札幌 11 クイーンS G3 芝1800 13568.837** 牝5 55.0 藤岡佑介松元茂樹466(+4)1.46.8 1.134.7⑩⑩⑫⑨アエロリット
17/06/11 阪神 11 マーメイドS G3 芝2000 127105.731** 牝5 55.0 藤岡佑介松元茂樹462(0)1.59.5 -0.134.8④④クインズミラーグロ
17/03/05 阪神 11 大阪城S OP 芝1800 16354.9213** 牝5 54.0 岩田康誠松元茂樹462(+4)1.47.7 0.633.2⑬⑭アストラエンブレム
17/01/14 中京 11 愛知杯 G3 芝2000 156115.011** 牝5 53.0 岩田康誠松元茂樹458(0)2.01.4 -0.235.0⑩⑩⑪⑪サンソヴール
16/12/25 阪神 11 カウントDS 1600万下 芝2000 168155.632** 牝4 55.0 幸英明松元茂樹458(+4)2.02.8 0.136.2⑩⑫⑦⑦クインズミラーグロ
16/11/13 京都 11 エリザベス杯 G1 芝2200 154728.879** 牝4 56.0 武豊松元茂樹454(-6)2.13.7 0.834.2⑥⑤⑥⑦クイーンズリング
16/10/10 京都 10 ジェンティM 1600万下 芝2000 10775.023** 牝4 55.0 川田将雅松元茂樹460(+2)1.59.5 0.133.7⑤⑤⑤⑤トーセンビクトリー
16/09/25 阪神 10 ムーンライト 1600万下 芝2000 13332.215** 牝4 55.0 武豊松元茂樹458(-2)2.00.1 0.235.5⑪⑪⑪⑪シルクドリーマー
16/07/10 函館 12 かもめ島特別 1000万下 芝1800 138121.711** 牝4 55.0 藤岡佑介松元茂樹460(+4)1.47.4 -0.435.4ハツガツオ
16/06/19 函館 12 北斗特別 1000万下 芝1800 16481.713** 牝4 56.0 武豊松元茂樹456(+4)1.46.7 0.134.5ルグランフリソン
16/02/27 阪神 10 御堂筋S 1600万下 芝2400 15352.913** 牝4 54.0 武豊松元茂樹452(+6)2.26.5 0.334.5④⑤ラブラバード
16/01/16 中京 11 愛知杯 G3 芝2000 186115.224** 牝4 53.0 F.ヴェロ松元茂樹446(-10)1.59.1 0.335.7⑦④⑦⑦バウンスシャッセ
15/11/21 京都 10 衣笠特別 1000万下 芝1800 118101.611** 牝3 53.0 武豊松元茂樹456(-4)1.47.9 -0.033.5ナムラアン
15/10/18 京都 11 秋華賞 G1 芝2000 183630.783** 牝3 55.0 幸英明松元茂樹460(-6)1.57.1 0.235.0⑤⑥⑤ミッキークイーン
15/09/21 阪神 9 甲武特別 500万下 芝2200 127102.711** 牝3 52.0 武豊松元茂樹466(+24)2.13.4 -0.335.0④④④エイシンハドソン

⇒もっと見る


マキシマムドパリの関連ニュース

 重賞2勝馬のマキシマムドパリ(栗東・松元茂樹厩舎、牝6歳、父キングカメハメハ、母マドモアゼルドパリ、母の父サンデーサイレンス)が3月16日付でJRAの競走馬登録を抹消する。今後は繁殖牝馬になる予定。

 マキシマムドパリは通算成績27戦6勝。獲得賞金は2億2246万1000円。重賞は2017年愛知杯・GIII、マーメイドS・GIIIの2勝。先週の中山牝馬S(12着)がラストランになった。

マキシマムドパリの競走成績はこちら

【中山牝馬S】エンカの独り旅!重賞初制覇 2018年3月11日() 05:05

 第36回中山牝馬ステークス(10日、中山11R、GIII、4歳上牝馬オープン国際、ハンデ、芝・内1800メートル、1着本賞金3600万円 =出走14頭)ハンデ53キロの6番人気カワキタエンカが、マイペースの逃げで後続を完封。浜田多実雄調教師(45)=栗東=とともに、重賞初制覇を飾った。タイム1分49秒0(稍重)。次走は未定だが、春はヴィクトリアマイル(5月13日、東京、GI、芝1600メートル)が大目標だ。2着は2番人気のフロンテアクイーンで、引退レースだった1番人気のマキシマムドパリは12着に終わった。

 豪快な追い込みを武器とした父とは違う才能を見せつけた。異色のディープインパクト産駒カワキタエンカが、堂々の逃げ切りで重賞初制覇だ。

 「久々を1回使ってガス抜きができていたし、厩舎がソフトに仕上げてくれたことも生きた」

 昨年の君子蘭賞1着以来のコンビだった池添騎手が笑みを浮かべた。

 イレ込みがきつく10着に敗れた前走の洛陽Sを教訓にした。陣営は調教を軽めにし、レース前も先に馬場入りするなど工夫をこらした。

 その効果が実戦で表れた。抜群のダッシュ力で先手を奪いながら、制御も利いて5ハロン通過が1分1秒3と久しぶりに楽なペースに持ち込めた。直線でフロンテアクイーンが猛追してきても、もうひと粘り。最後は余力がものをいった。

 「障害戦を含めて重賞では2着が9回もあったのでまた2着か…と思ったけど…、ジョッキーがうまく乗ってくれました。馬のポテンシャルはもともと高いですから」

 浜田調教師は開業6年目のJRA重賞初制覇。喜びひとしおだ。

 意外にも良馬場の経験が3戦と少ないカワキタエンカ。それでもトレーナーは「本当は良馬場でスピードを生かした競馬がしたい」と自信を見せる。速力勝負は望むところ。春の大目標であるヴィクトリアマイルでも鮮やかな逃走劇を見せてくれそうだ。 (板津雄志)

★10日中山11R「中山牝馬S」の着順&払戻金はこちら

カワキタエンカ 父ディープインパクト、母カワキタラブポップ、母の父クロフネ。鹿毛の牝4歳。栗東・浜田多実雄厩舎所属。北海道新ひだか町・木田牧場の生産馬。馬主は川島吉男氏。戦績10戦3勝。獲得賞金9646万6000円。重賞初勝利。中山牝馬S浜田多実雄調教師、池添謙一騎手ともに初勝利。馬名は「冠名+演歌」。

[もっと見る]

【中山牝馬S】レースを終えて…関係者談話 2018年3月11日() 05:04

 ◆北村宏騎手(フロンテアクイーン2着) 「勝ち馬が相手だと思って乗り、いいリズムで運べた。迫るところまで行ったが、向こうは待ってから追い出しましたから…」

 ◆岩崎騎手(レイホーロマンス3着) 「ハンデ重賞なら上位争いができます」

 ◆田辺騎手(トーセンビクトリー4着) 「最後で踏ん張れなかったのは、ハンデ(56キロ)が微妙に影響したかも」

 ◆松岡騎手(ブラックオニキス5着) 「テンションが上がらなければ、能力は高い馬だからね。もっと走れるよ」

 ◆三浦騎手(エンジェルフェイス8着) 「直線で(馬場に)脚を取られて走り切れなかった」

 ◆四位騎手(エテルナミノル10着) 「テンションも高かったし、ゲートのタイミングも合わなかった」

 ◆戸崎騎手(ワンブレスアウェイ11着) 「最後伸び切れなかったのは、外を回ったぶんがあったかも」

 ◆藤岡佑騎手(マキシマムドパリ12着) 「スタートから押していったが、あそこ(中団後ろ)まで。最後も伸び切れず、ジリジリだった」

★10日中山11R「中山牝馬S」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【中山牝馬S】マキシマムドパリは12着 藤岡佑「伸びきれませんでした」 2018年3月10日() 18:36

 3月10日の中山11Rで行われた第36回中山牝馬ステークス(4歳以上オープン、牝馬、GIII、芝・内1800メートル、ハンデ、14頭立て、1着賞金=3600万円)は、池添謙一騎手騎乗の6番人気カワキタエンカが大外14番枠からハナを切り、直線もしぶとく粘り切って重賞初制覇を果たした。タイムは1分49秒0(稍重)。



 藤岡佑介騎手騎乗で1番人気だったマキシマムドパリは引退レースを飾ることができず12着に敗れた。



 藤岡佑「内枠だったので、1つでも前の位置でと思っていました。スタートを出て、押していきましたが、あの位置が精いっぱいでした。前の手応えのいい馬を見ながら動いていきましたが、最後は伸びきれませんでした。1800メートルは少し忙しいかもしれません」



★【中山牝馬S】払い戻し確定!! 全着順も掲載

[もっと見る]

【中山牝馬S】マキシマムドパリが1番人気も大混戦模様/13:00時点 2018年3月10日() 13:06

 10日、中山競馬は土曜メインに中山牝馬S(GIII、芝1800メートル)が行われる。ハンデ戦だけに過去10年で1番人気が1勝、2着2回と不振なように、波乱含みのレースだ。



 単勝の1番人気は5.1倍のマキシマムドパリだが、6.0倍のフロンテアクイーン、7.0倍のワンブレスアウェイ、7.0倍のトーセンビクトリー、7.6倍のカワキタエンカ、8.7倍のエテルナミノル、9.1倍のエンジェルフェイスと7頭もの馬が10倍以下に支持されており、人気の上でも大混戦模様となっている。13:00時点での単勝オッズは以下の通り。

枠番-馬番 馬名      単勝オッズ1- 1 エテルナミノル    8.72- 2 トーセンビクトリー  7.03- 3 バンゴール     31.63- 4 マキシマムドパリ   5.14- 5 キンショーユキヒメ 21.24- 6 フロンテアクイーン  6.05- 7 エンジェルフェイス  9.15- 8 ゲッカコウ     18.76- 9 シャルール     40.86-10 レイホーロマンス  15.47-11 ワンブレスアウェイ  7.07-12 ブラックオニキス  58.98-13 オートクレール   71.08-14 カワキタエンカ    7.6

中山牝馬Sの枠順はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【中山牝馬ステークス】重賞データ分析2018年3月10日() 10:41


ウマニティの重賞攻略ページに掲載されている「データ分析」の内容をもとに、土曜日の重賞レースのファクターごとの傾向に注目し、好走パターンに合致する馬をピックアップしました。予想の際にお役立てください。


【全般】
4月開催の2011年を除き、2008年以降の勝ち馬はすべて年明け1~2戦目

エテルナミノル
トーセンビクトリー
バンゴール
マキシマムドパリ
キンショーユキヒメ
フロンテアクイーン
ゲッカコウ
シャルール
レイホーロマンス
ワンブレスアウェイ
ブラックオニキス
カワキタエンカ

前走愛知杯組が3勝、2着1回、3着1回の好相性

エテルナミノル
マキシマムドパリ
キンショーユキヒメ
ゲッカコウ
シャルール
レイホーロマンス
ワンブレスアウェイ
ブラックオニキス

53~54キロかつ、前走から斤量の増減が1キロ以内の馬の好走が顕著

バンゴール
キンショーユキヒメ
フロンテアクイーン
エンジェルフェイス
ゲッカコウ
シャルール
ワンブレスアウェイ
ブラックオニキス
オートクレール
カワキタエンカ

【人気】
4~6番人気かつ、前走から中4週以上の5~6歳馬が好成績
※10時30分現在の4~6番人気かつ、条件を満たしている馬

トーセンビクトリー

7番人気以下は、前走G3出走の5歳馬と、前走1600万下クラス出走の距離延長馬が狙い目
※10時30分現在の7番人気以下かつ、条件を満たしている馬

エテルナミノル
キンショーユキヒメ
ゲッカコウ
レイホーロマンス

【脚質】
トータル的には差し馬優勢

マキシマムドパリ
フロンテアクイーン
レイホーロマンス

※近3走の走りを参考に上がり上位馬を想定

穴なら4コーナー先頭馬

エテルナミノル
シャルール
カワキタエンカ

※近3走の走りを参考に先行策をとりそうな馬を想定

【枠順】
2~6枠が狙い目

トーセンビクトリー
バンゴール
マキシマムドパリ
キンショーユキヒメ
フロンテアクイーン
エンジェルフェイス
ゲッカコウ
シャルール
レイホーロマンス

【血統】
父もしくは母父サンデーサイレンス系が優勢(ディープインパクト産駒を除く)

エテルナミノル
トーセンビクトリー
マキシマムドパリ
キンショーユキヒメ
フロンテアクイーン
シャルール
レイホーロマンス
ワンブレスアウェイ
ブラックオニキス
オートクレール


ノーザンダンサーのクロスを持つ馬が活躍

エテルナミノル
トーセンビクトリー
バンゴール
マキシマムドパリ
キンショーユキヒメ
フロンテアクイーン
エンジェルフェイス
レイホーロマンス
ワンブレスアウェイ
ブラックオニキス
オートクレール


【6項目以上該当馬】
キンショーユキヒメ(7項目)
レイホーロマンス(7項目)
エテルナミノル(6項目)
マキシマムドパリ(6項目)
フロンテアクイーン(6項目)
シャルール(6項目)

[もっと見る]

⇒もっと見る

マキシマムドパリの関連コラム

閲覧 742ビュー コメント 1 ナイス 2



みなさんこんにちは!

本日は中山11R「中山牝馬S G3」の『凄馬出馬表』を分析したいと思います。

今回も「U指数」だけでなく、U指数のポイントに【調教評価】、【厩舎評価】、【斤量補正】を数値化し加算減算しU指数を補正することで「総合ポイント」を算出しました。
★「U指数」について詳しくはこちらをご覧ください→U指数についてページ

U指数1.0ポイントは約1馬身差にあたるので、これを目安に以下のような重み付けをしました。
【調教評価】は競馬エイトの調教評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「5」・・・「-1.0ポイント」
「6」・・・「±0.0ポイント」
「7」・・・「+1.0ポイント」
「8」・・・「+2.0ポイント」
【厩舎評価】競馬エイトの厩舎コメントの評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「△」・・・「-1.0ポイント」
「○」・・・「±0.0ポイント」
「◎」・・・「+1.0ポイント」
【斤量補正】は1.0kg=「0.5ポイント」として以下の基準体重との差分に乗算しました。
「牡馬」・・・「57.0kg」
「牝馬」・・・「55.0kg」


上記の補正を行った『凄馬出馬表』(画像)をご覧ください。





第1グループ(橙)は、マキシマムドパリ1頭。
第2グループ(黄)は、エテルナミノルから1.0ポイント差(約1馬身差)内のワンブレスアウェイまで2頭。
第3グループ(薄黄)は、トーセンビクトリーから1.0ポイント差(約1馬身差)内のキンショーユキヒメまで2頭となっていて、以下は第4Gとなっています。

凄馬出馬表を見渡すと、上位2頭が次位との差を少しつけ、5位→6位間にも多少の溝が生じています。これに加え、関東地方は金曜現在まで大雨となっていてその影響にも注意が必要な状況といえます。

まずは何はともあれその馬場状態ですが金曜発表の情報をみると、月曜と金曜にまとまった雨量となっていて重発表。土曜は晴れても気温はあまり上がらないようなので、回復しても重に近い稍重までとみています。
そんななか今回の◎はエンジェルフェイスとしました。この馬自身は稍重までしか経験がありませんが、全姉・半姉ともに重馬場実績のある血統。特に、全姉レディアルバロ―ザは重馬場で行われた12年中山牝馬Sを勝つなど重で2戦2勝の結果を残していました。◎エンジェルフェイス自身、デビューから4戦連続馬券内で重賞制覇を決めた1800m戦に替わるのも良いですし、前走は自分のペースで運べなかった1400m戦でも大崩れしなかったあたり、1月に復帰して以降の好調を示しているとみています。馬場適性と2年ぶりの適条件に戻っての更なる上昇に期待して本命視。
今回の私の馬券は◎から○▲☆への3複で勝負とします。


【3連複フォーメーション】
◎=○▲☆=印
7=4,6,12=1,2,4,6,8,11,12,14(18点)


登録済みの方はこちらからログイン

2018年1月20日() 11:00 凄馬プロジェクトチーム
『凄馬出馬表&馬券検討』1/13,14の結果(日経新春杯,愛知杯)
閲覧 463ビュー コメント 0 ナイス 2



1月14日(日)に行われました京都11Rの「日経新春杯 G2」です。

レース結果(着順)の凄馬出馬表(画像)をご覧ください。



1着:総合ポイント【4位】▲パフォーマプロミス(3.7倍)
2着:総合ポイント【4位】☆ロードヴァンドール(6.7倍)
3着:総合ポイント【11位】△ガンコ(15.0倍)

第2グループ・総合ポイント4位のパフォーマプロミスが1着、第2グループ・総合ポイント4位のロードヴァンドールが2着、第3グループ・総合ポイント11位のガンコが3着という結果でした。


カラビナの京都替わりでの上昇度に期待したのですが、4角で既に手応え一杯。。。見誤りましたね~。予想編でも書いた通り、レース当日はもう少し外有利な馬場になっているかとみていましたが、当日は内も伸び出していてそこもズレてしまっていました。


【3複フォーメーション】
◎=○▲☆△(3)=印
12=2,3,7,8=1,2,3,7,8,9,10,11

計22点 払い戻し0円


続いて、1月13日(土)に行われました中京11Rの「愛知杯 G3」です。

レース結果(着順)の凄馬出馬表(画像)をご覧ください。



1着:総合ポイント【1位】○エテルナミノル(11.6倍)
2着:総合ポイント【14位】レイホーロマンス(25.1倍)
3着:総合ポイント【2位】◎マキシマムドパリ(4.4倍)

第1グループ・総合ポイント1位のエテルナミノルが1着、第4グループ・総合ポイント14位のレイホーロマンスが2着、第1グループ・総合ポイント2位のマキシマムドパリが3着という結果でした。


マキシマムドパリは1コーナーでまさかの不利、期待していた好位での競馬はできませんでしたが、何とか3着を確保してくれました。難解なレースでしたので的中できたということを前向きに捉えたいと思います(+_+)


【馬連】
7→3,4,6,10

【ワイド】
7→3,4,6,10

計8点 払い戻し1,100円

[もっと見る]

2018年1月17日(水) 18:00 競馬プロ予想MAX
先週の回顧~(1/13~1/14)おかべ、覆面ドクター・英、夢月、サラマッポ、岡村信将プロらが2日連続プラス収支を達成!
閲覧 714ビュー コメント 0 ナイス 8



先週は、13(土)に中京競馬場でG3愛知杯、14(日)に中山競馬場でG3京成杯が、京都競馬場でG2日経新春杯がそれぞれ行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
G3愛知杯は、2番手でレースを進めていたクインズミラーグロが3コーナー手前から先頭に立ち、そのままの態勢で直線へ。1番人気マキシマムドパリは後方馬群の外目、2番人気タニノアーバンシーは中団馬群から追い出されます。好位馬群から抜け出したエテルナミノルが内の各馬をまとめて交して直線半ばで一気に先頭に躍り出ると、後続からは大外を伸びたレイホーロマンスマキシマムドパリの4枠両頭の伸び。しかし、これを早め先頭のエテルナミノルが封じてV。重賞初制覇をあげています。1/2馬身差の2着には上り最速の脚で追いこんだ11番人気レイホーロマンスが入り、1馬身1/4差の3着にはマキシマムドパリが入っています。
公認プロ予想家では、夢月プロ伊吹雅也プロマカロニスタンダーズプロ西野圭吾プロろいすプロほか、計15名が的中しています。
 
G3京成杯は、コスモイグナーツが後続を4~5馬身ほど離しての積極的な競馬で前半1000mを59.7秒(推定)で通過。終始2番手から進めた1番人気ジェネラーレウーノが差を詰めて直線に入ると、先頭のコスモイグナーツは苦しくなって脱落し、すかさず先頭はジェネラーレウーノ。併せ馬の形で伸びるサクステッドに、外からはライトカラカゼコズミックフォースイェッツトあたりも脚色良く迫りますが及ばず。ジェネラーレウーノが1/2馬身差のリードを保って先頭でゴールしています。2着には、2番人気コズミックフォースが入り、そこから1/2馬身差の3着には馬群を縫うように伸びた6番人気イェッツトが入っています。
公認プロ予想家では、夢月プロ岡村信将プロほか、計9名が的中しています。
 
G2日経新春杯は、ロードヴァンドールガンコの2頭がレースを率い、前半1000m62秒0(推定)を計時するスローな流れ。直線を向いてもこの2頭の態勢そのままで、1番人気パフォーマプロミスは3番手、2番人気ミッキーロケットはその直後、3番人気モンドインテロは人気馬では唯一後方外を回す競馬となって追撃を開始します。なかなか前との差が縮まらない展開は残り200mを切っても変わらずで、内ラチ沿いのロードヴァンドールが依然先頭をキープ。2番手ガンコ、その直後まで足を伸ばしてきたパフォーマプロミスと後続との差はここから広がり、勝負の行方は完全に3つ巴の様相となります。ゴール直前までもつれた、この争いを制したのはパフォーマプロミス。6歳にして重賞初挑戦での初勝利を挙げています。クビ差の2着には4番人気ロードヴァンドールが入り、そこから1馬身1/4差の3着には7番人気ガンコが入っています。
公認プロ予想家では、岡村信将プロ蒼馬久一郎プロほか、計8名が的中しています。
 
 
 
----------------------------------
 
☆☆☆注目プロ →覆面ドクター・英プロ
13(土)の中山11Rで、3連単471.1倍を含む的中など計37万7,440円のビッグヒットを記録。翌14(日)にも、11万2,800円払戻しの京都9Rや、京都10Rでの38万6,270円払戻しなどの活躍を披露。週末トータル回収率150%、収支36万5,170円プラス(←トップ)の好成績をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →おかべプロ
13(土)は、京都3Rでのワイド1万円1点勝負的中などで回収率161%を達成。14(日)も中京7Rでの馬連1万円1点勝負的中などをマークし、回収率240%とさらなる上昇を披露しました。週末トータル成績では回収率197%でトップに立っています。
 
☆☆☆注目プロ →夢月プロ
13(土)の中山2Rでは▲ノアダイヤモンド(単勝43.4倍)-◎カグラヤルージュ(同14.6倍)の予想を披露し、単勝&馬連的中計28万6,080円払戻しのスマッシュヒットを記録。他にも先週は、G3愛知や、14(日)中山7Rなどで2日連続のプラス収支を達成しています。週末トータルでは回収率145%、収支21万7,560円プラスを記録しています。
 
☆☆☆注目プロ →くりーくプロ
14(日)の勝負レース中京5Rでは、3連複45万オーバーの大波乱決着を、▲ハナソメイ×プラードデラルスサトノグリッターの予想でワイド3通り的中など計6万4,410円を払戻し。さらにこの日は、中山3RG2日経新春杯と、すべての勝負レースで的中を披露し、週末トータル回収率2位の164%を記録しています。
 
 
 
この他にも、サラマッポプロ(140%)、ジョアプロ(133%)、【U指数】3連単プリンスプロ(121%)、馬券生活プロ(121%)、霧プロ(114%)、いっくんプロ(106%)、岡村信将プロ(106%)、蒼馬久一郎プロ(102%)らが週末トータル回収率100%超の活躍を見せています。
 
----------------------------------
 
※全レースの結果情報はこちら


今週も、競馬予想の達人・ウマニティ公認プロ予想家陣の予想にご注目下さい。

[もっと見る]

2018年1月13日() 14:00 凄馬プロジェクトチーム
第329回『凄馬出馬表分析&馬券検討』~愛知杯 G3
閲覧 1,072ビュー コメント 0 ナイス 2



みなさんこんにちは!

本日は中京11R「愛知杯 G3」の『凄馬出馬表』を分析したいと思います。

今回も「U指数」だけでなく、U指数のポイントに【調教評価】、【厩舎評価】、【斤量補正】を数値化し加算減算しU指数を補正することで「総合ポイント」を算出しました。
★「U指数」について詳しくはこちらをご覧ください→U指数についてページ

U指数1.0ポイントは約1馬身差にあたるので、これを目安に以下のような重み付けをしました。
【調教評価】は競馬エイトの調教評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「5」・・・「-1.0ポイント」
「6」・・・「±0.0ポイント」
「7」・・・「+1.0ポイント」
「8」・・・「+2.0ポイント」
【厩舎評価】競馬エイトの厩舎コメントの評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「△」・・・「-1.0ポイント」
「○」・・・「±0.0ポイント」
「◎」・・・「+1.0ポイント」
【斤量補正】は1.0kg=「0.5ポイント」として以下の基準体重との差分に乗算しました。
「牡馬」・・・「57.0kg」
「牝馬」・・・「55.0kg」


上記の補正を行った『凄馬出馬表』(画像)をご覧ください。





第1グループ(橙)は、エテルナミノルから1.0ポイント差(約1馬身差)内のマキシマムドパリまで2頭。
第2グループ(黄)は、ワンブレスアウェイから1.0ポイント差(約1馬身差)内のハッピーユニバンスクインズミラーグロまで3頭。
第3グループ(薄黄)は、クィーンチャームから同差内のキンショーユキヒメまで7頭となっていて、以下は第4G(灰)となっています。

凄馬出馬表をご覧いただくと、上位グループではマキシマムドパリワンブレスアウェイ間に1.2の溝がありますが、あまり大きな溝ではなく、全体に差のない分布となっています。

私の本命は◎マキシマムドパリにしたいと思います。メンバーを見渡すと末脚タイプが多く、流れは落ち着きそうです。昨年は差して勝利しましたが、近走の行きっぷりなら楽に好位を取れそうです。斤量は背負いますが、馬自身、昨年より明らかに強くなっていますし軸として信頼したいと思います。

以下、前走致命的な出遅れながらも見せ場十分だった○エテルナミノル、4歳馬のフレッシュさを買って△メイズオブオナーリカビトスブラックオニキスと印を打ちます。

【馬連】
7→3,4,6,10

【ワイド】
7→3,4,6,10

計8点

[もっと見る]

2017年11月16日(木) 11:30 競馬プロ予想MAX
先週の回顧~(11/11~11/12)エリザベス女王杯◎、武蔵野S◎、デイリー杯2歳S◎○的中の霧プロら5名が土日回収率130%超の大活躍!
閲覧 967ビュー コメント 0 ナイス 6



先週は、12(日)に京都競馬場でG1エリザべス女王杯が行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
G1エリザべス女王杯は、ほぼ一斉に揃ったスタートから最内枠を利してクインズミラーグロがハナを叩き単独先頭へ。2番手にクロコスミア、3番手にマキシマムドパリと続いて、1番人気ヴィブロスは直後の4番手。モズカッチャンが続き、スマートレイアートーセンビクトリーデンコウアンジュエテルナミノルクイーンズリングジュールポレールと中団にかけて追走。2番人気ルージュバックと、その内に3番人気ミッキークイーンが併走で続き、以下リスグラシュータッチングスピーチハッピーモーメントディアドラウキヨノカゼとなって全18頭が1コーナーを通過していきます。
前はクインズミラーグロクロコスミアが少し差を広げて向こう正面へ。スローな流れとなって、前半1000mを62秒0(推定)で通過した馬群は、その隊列に大きな変化がないまま坂を上って3コーナーから下り坂へ。4コーナーで手応えいっぱいとなったクインズミラーグロに代わって、こちらは余裕の手応えのクロコスミアが2番手から単独先頭に立って直線を迎えます。直後からは、マキシマムドパリモズカッチャンら好位追走組も脚色良く追撃の構え。1番人気ヴィブロスはその後ろ5、6番手から、3番人気ミッキークイーンは直線入り口で外へ膨れたところからそのまま外を通って後方から、2番人気ルージュバックはさらに後ろから大外を通して末脚勝負に賭けます。
残り100mを過ぎて、依然先頭で粘る9番人気クロコスミア。これに徐々に迫ったのはM・デムーロ鞍上の5番人気モズカッチャンでした。1完歩ごとにその差を詰め、そのままの勢いでゴール直前クロコスミアをクビ差捉えてV!単独先頭に立った残り50mから交わされて涙を飲んだ前走秋華賞の敗戦(3着)から4週間。鮮やかな差し切り勝ちで自身初のG1勝ちを決めています。2着クロコスミアからアタマ差の3着には、上り最速の脚で外から猛追を見せた3番人気ミッキークイーンが入っています。
公認プロ予想家では、霧プロ蒼馬久一郎プロが的中しています。
 
 
 
----------------------------------
 
☆☆☆注目プロ →霧プロ
12(日)東京1Rを、◎タイプムーン-▲ラヴベローナで、馬単574倍含む計22万5,300円払戻しのビッグヒット!11(土)東京5Rでの12万3,290円払戻しや、G2デイリー杯2歳Sでの◎○的中、G3武蔵野Sでの◎インカンテーション的中、G1エリザべス女王杯の◎的中等々......絶好調予想を連発!週末トータルでは、回収率176%、収支25万5,500円プラス(トップ)をマークし、自身4開催日連続のプラス収支を達成しています!
 
☆☆☆注目プロ →西野圭吾プロ
11(土)東京4Rで◎アースビヨンド(単勝31.0倍)を的中。他にも、勝負予想東京12Rや、G3武蔵野Sの◎インカンテーション-△サンライズソア的中などで、この日221%の高回収率をマーク。翌12(日)は、G3福島記念の○◎△的中、東京10Rの◎オースミナイン(単勝96.7倍)からの3連複的中を筆頭に、連日の量産モードを披露。週末のトータル回収率はトップの196%、収支は18万2,530円の大幅プラスで終えています。
 
☆☆☆注目プロ →サラマッポプロ
11(土)をG2デイリー杯2歳Sでの◎ジャンダルム的中などでプラス収支を決めると、12(日)は東京7Rでの○ラテールプロミーズトゥルーラヴキッス的中などで2日連続のプラスをマーク!週末トータルでは回収率171%を記録しています。
 
☆☆☆注目プロ →マカロニスタンダーズプロ
11(土)G3武蔵野Sの◎サンライズソア、12(日)東京1Rの◎タイプムーン東京10Rの◎オースミナインなどの好調予想を披露した先週はトータル回収率154%、収支14万7,980円プラスをマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →スガダイプロ
11(土)は京都4Rでの◎アイトーン(単勝27.2倍)、福島10Rでの○ジャーミネイトリリーモントルー的中などの活躍を披露。12(日)は勝負予想G3福島記念(◎ウインブライト)を筆頭に、東京3R東京4Rでの連続◎○▲パーフェクト的中などの好調予想で連日のプラス収支を記録!週末トータルでは、回収率134%をマークしています。
 
 
 
この他にも、ろいすプロ(129%)、蒼馬久一郎プロ(114%)、佐藤洋一郎プロ(110%)、河内一秀プロ(109%)、くりーくプロ(108%)、ゼット1号プロ(108%)、【U指数】3連複プリンセスプロ(107%)、【U指数】馬単マスタープロ(100%)、馬券生活プロ(100%)らが週末トータル回収率100%超の活躍を見せています。
 
----------------------------------
 
※全レースの結果情報はこちら


今週も競馬予想の達人・ウマニティ公認プロ予想家陣の予想にご注目下さい。

[もっと見る]

2017年11月12日() 14:00 凄馬プロジェクトチーム
第312回『凄馬出馬表分析&馬券検討』~エリザベス女王杯 G1
閲覧 1,240ビュー コメント 0 ナイス 1



みなさんこんにちは!

本日は京都11R「エリザベス女王杯 G1」の『凄馬出馬表』を分析したいと思います。

今回も「U指数」だけでなく、U指数のポイントに【調教評価】、【厩舎評価】、【斤量補正】を数値化し加算減算しU指数を補正することで「総合ポイント」を算出しました。
★「U指数」について詳しくはこちらをご覧ください→U指数についてページ

U指数1.0ポイントは約1馬身差にあたるので、これを目安に以下のような重み付けをしました。
【調教評価】は競馬エイトの調教評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「5」・・・「-1.0ポイント」
「6」・・・「±0.0ポイント」
「7」・・・「+1.0ポイント」
「8」・・・「+2.0ポイント」
【厩舎評価】競馬エイトの厩舎コメントの評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「△」・・・「-1.0ポイント」
「○」・・・「±0.0ポイント」
「◎」・・・「+1.0ポイント」
【斤量補正】は1.0kg=「0.5ポイント」として以下の基準体重との差分に乗算しました。
「牡馬」・・・「57.0kg」
「牝馬」・・・「55.0kg」


上記の補正を行った『凄馬出馬表』(画像)をご覧ください。





第1グループ(橙)は、スマートレイアーから1.0ポイント差(約1馬身差)内のミッキークイーンまで2頭。
第2グループ(黄)は、ルージュバック1頭。
第3グループ(薄黄)は、ヴィブロスから1.0ポイント差(約1馬身差)内のクイーンズリングまで2頭となっていて、以下は第4G(灰)となっています。

凄馬出馬表を見渡すと、第2グループ→第3グループ間にある2.7ポイント、これが非常に目立つ配置となっています。やはり、JRAで牡馬一線級に交じっての好戦歴を誇る3頭が指数的には抜け出していて、過去のエリザベス女王杯を考えてみても、この3頭の正しい評価というのが今年のエリザベス女王杯攻略の最重要ポイントと言えそうです。一方、その下(4位以下)にはほとんど目立った“溝”が見られず僅差の状況となっています。

総合評価上位の3頭については、当初は、当然能力は認めつつもどれも「どうせ人気だし」と高を括っていて、本命◎はここからは選べないだろうなと考えていました。ところが、原稿執筆時点(土曜午後)でルージュバック6倍台、ミッキークイーン8倍台、スマートレイアー11倍台と思った以上に妙味あり。当日にはもう少し売れてきているのかもしれませんが、うーん......想定よりも甘いオッズに思わず飛びついてしまいそうです。なんだかんだと頭を悩ませたのですが、これは妙味ではなくやはり実力馬に隙ありの“相場観”とみて、初心に帰ることにしました。先に言うと、今回の馬券(3連複フォーメーション◎=○▲☆=印)の2列目評価、○ミッキークイーンスマートレイアールージュバックという位置付けとしました。さすがにここから1~2頭馬券には絡むだろうと。
◎はトーセンビクトリー。前走は明らかなトライアル仕上げの+10kg出走で、稍重も上りの速い決着も、コース形態も合わなかった印象。2走前にマークした指数は高く、昨秋のジェンティルドンナメモリアルも10頭立てのマイペース逃げと楽が出来たことは事実でも、倒した相手は牡馬も交じってのそこそこのメンバーでした。その2走と同様のコーナー4つのこの条件で内枠なら。“牡馬混合(重賞)実績”に否応なしに目が向く今回、準オープンといえどその後重賞で1、2着する牡馬らをねじ伏せての勝利を昨秋の京都でマークしたこの馬に、終わってみれば“隠れ牡馬混合実績馬だった”というオチを期待。
他、久々に良馬場でレースを迎えられそうで不利もあった2年前のエリザベス女王杯を除けば京都では崩れていない△クイーンズリング、京都の長距離戦では頼もしい鞍上の△マキシマムドパリ、落鉄のあった秋華賞では勝ちに等しい内容だったとみている△モズカッチャンといったところを重視し、先にも触れた通り◎から○▲☆への3複フォーメーションを中心とした馬券で勝負とします。


【3複フォーメーション】
◎=○▲☆=印
3=10,12,17=4,5,6,7,9,10,12,15,16,17(24点)

【馬連ながし】
○=▲☆△(5,7,15)
10=5,7,12,15,17(5点)

計29点

[もっと見る]

⇒もっと見る

マキシマムドパリの口コミ


口コミ一覧
閲覧 195ビュー コメント 0 ナイス 7

おはようございます。

年度末という事もあって、慌ただしい日々を送っていますけど、
今週から地元の中京開催も始まりますし、より一層気合いを入れて予想していきたいです。


【中山牝馬ステークス】

◎フロンテアクイーン
○エンジェルフェイス
▲マキシマムドパリ
△エテルナミノル、トーセンビクトリー

良い内容の最終追い切りを消化している馬が多かったので、
人気薄の台頭があってもおかしくないレースだと思いますが、
ここは5戦4連対の芝1800mでパフォーマンスを上げそうなフロンテアクイーンを本命にします。

ターコイズSは最後の最後にミスパンテールに差されてしまいましたけど、
ミスパンテールはその後の京都牝馬Sも勝っている強豪ですから、
前走は負けて強しの内容だった、と解釈したいです。

最終追い切りは併走馬に遅れをとってしまいましたが、
併せた相手が古馬オープンのロジチャリスでしたし、
動きそのものは悪くなかったので、前走並みの状態で出走できる、と判断しています。

重賞勝ちのコースで変わり身がありそうなエンジェルフェイス、
栗東坂路で3週連続好時計をマークしたラストランのマキシマムドパリ、
愛知杯勝ちのエテルナミノルに、連覇が懸かるトーセンビクトリーを相手に据えます。

 馬券のAエース 2018年3月9日(金) 19:04
【土曜の格上馬】+中山牝馬S 
閲覧 441ビュー コメント 0 ナイス 6

M.デムーロ≪騎手≫〔通算803勝〕先週日曜4勝の固め勝ちで楽々達成♪
高木 登≪調教師≫〔通算200勝〕
大竹 正博≪調教師≫〔通算200勝〕
粕谷 昌央≪調教師≫〔通算100勝〕メモリアル達成おめでとうございますm(_ _)m

////////////

【メモリアル】あと1勝で○○○勝♪
横山 典弘≪騎手≫〔通算2699勝〕

先週は一気に4陣営がクリアで明日はノリさんだけに!
6Rのフェリーチェは可能性あるかな?
それとも日曜、阪神で勝ってユタカ&小牧と飲みに行く??(笑)

///////////////

【土曜の格上馬】
阪神5R:ブルベアトリュフ
中山10R:カラビナ
阪神10R:メイズオブオナー
中京11R:スターオブペルシャ

【厩舎&騎手】高確率メソッド
中山11R:◆マキシマムドパリ 藤岡佑&松元〔複勝率〕42.3%
中京5R:◆カーサデルシエロ 北村友&藤原〔複勝率〕57.6%
中京12R:◆マジカルスペル 北村友&藤原〔複勝率〕57.6%
阪神2R:◆ダノンチェリー ルメ&池江〔複勝率〕50.6%
阪神3R:◆ディキディキ デム&松田〔複勝率〕59.6%
阪神3R:◆フェアレディ 川田&中内田〔複勝率〕47.5%
阪神3R:◆マグナレガーロ 武豊&角居〔複勝率〕42.9%
阪神4R:◆ネオヴォイス 川田&安達〔複勝率〕50.0%
阪神5R:◆サトノシリウス デム&藤原〔複勝率〕61.8%
阪神8R:◆リスヴェリアート 北沢&松元〔複勝率〕56.0%
阪神9R:◆ヴェルテアシャフト ルメ&池江〔複勝率〕50.6%
阪神9R:◆サトノワルキューレ デム&角居〔複勝率〕58.0%
阪神10R:◆ハウメア ルメ&藤沢〔複勝率〕61.0%
阪神10R:◆メイズオブオナー デム&藤原〔複勝率〕61.8%
阪神11R:◆サトノファンタシー デム&松田〔複勝率〕59.6%
阪神11R:◆レッドゲルニカ ルメ&藤沢〔複勝率〕61.0%
阪神12R:◆ダノンロッソ デム&松田〔複勝率〕59.6%
阪神12R:◆フォンターナリーリ 川田&中内田〔複勝率〕47.5%

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

【中山牝馬S】中山1800m

≪馬指数≫
1位:〔87〕④マキシマムドパリ
2位:〔81〕②トーセンビクトリー
3位:〔80〕⑧ゲッカコウ

≪タイム指数≫
1位:〔69.0〕④マキシマムドパリ
2位:〔69.3〕⑩レイホーロマンス
3位:〔69.6〕⑤キンショーユキヒメ

≪LAP一致度≫
⑪ワンブレスアウェイ ①エテルナミノル

※3/6≪攻略ポイント≫更新してます
関東ももう雨は上がりましたかね?
今年も愛知杯から大量出走ですが、7年連続でデータ通りのポジション馬が来るかな(笑)
今回は≪オカルト≫データも11年連続絡むか注目!
これで穴が獲れればいうことナシだが(*^▽^*)

/////////////

[もっと見る]

 ちびざる 2018年1月13日() 16:09
【GⅢ】愛知杯の結果
閲覧 94ビュー コメント 0 ナイス 1

1着:⑩エテルナミノル
2着:⑧レイホーロマンス
3着:⑦マキシマムドパリ


私の◎にした⑤タニノアーバンシーは17着でした。
1着の⑩エテルナミノルは無印
2着の⑧レイホーロマンスは無印
3着の⑦マキシマムドパリは○


なので、⑤タニノアーバンシーを軸とした
馬連ボックスでしたので
馬券はハズレました。_| ̄|○


勝った⑩エテルナミノルは強い競馬でした。
好位追走から楽に抜け出しました。


2着の⑧レイホーロマンスは、軽量ハンデを生かして
伸びてきましたね。
それにしても良い脚を使いました。


⑤タニノアーバンシーは、直線まで良い感じでしたが
内を突いたのですが、少し狭いところを通ろうとした(接触があったかも・・・。)ので
馬が走る気を無くした感じにも見えました。
これも競馬なので仕方ないですね。



的中された方、おめでとうございます。

[もっと見る]

⇒もっと見る

マキシマムドパリの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

マキシマムドパリの写真

マキシマムドパリの厩舎情報 VIP

2018年3月10日中山牝馬ステークス G312着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

マキシマムドパリの取材メモ VIP

2018年3月10日 中山牝馬ステークス G3 12着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。