ハッピーモーメント(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
ハッピーモーメント
写真一覧
現役 牡8 鹿毛 2010年4月22日生
調教師角居勝彦(栗東)
馬主有限会社 サンデーレーシング
生産者ノーザンファーム
生産地安平町
戦績34戦[5-5-3-21]
総賞金10,760万円
収得賞金2,450万円
英字表記Happy Moment
血統 ディープインパクト
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
ウインドインハーヘア
アドマイヤハッピー
血統 ][ 産駒 ]
トニービン
カーリーエンジェル
兄弟 キタサンアミーゴウォータクティクス
前走 2018/05/05 メトロポリタンS OP
次走 2018/05/27 目黒記念 G2

ハッピーモーメントの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
18/05/27 東京 12 目黒記念 G2 芝2500 -- 164768.1----** 牡8 54.0 三浦皇成角居勝彦-- --------
18/05/05 東京 10 メトロポリタ OP 芝2400 117944.9106** 牡8 56.0 三浦皇成角居勝彦504(0)2.25.1 0.334.5ベストアプローチ
18/02/17 東京 11 ダイヤモンド G3 芝3400 142225.286** 牡8 54.0 津村明秀角居勝彦504(+12)3.32.4 0.836.4フェイムゲーム
17/11/05 東京 11 アルゼンチン G2 芝2500 1671336.6910** 牡7 54.0 津村明秀角居勝彦492(-6)2.31.1 1.136.4スワーヴリチャード
17/10/09 京都 11 京都大賞典 G2 芝2400 1571368.6815** 牡7 56.0 藤岡康太角居勝彦498(0)2.24.9 1.935.9スマートレイアー
17/09/03 新潟 11 新潟記念 G3 芝2000 173612.879** 牡7 54.0 戸崎圭太角居勝彦498(-4)1.58.2 0.334.5⑥⑤タツゴウゲキ
17/05/28 東京 12 目黒記念 G2 芝2500 185945.4133** 牡7 54.0 川田将雅角居勝彦502(0)2.31.3 0.435.2フェイムゲーム
17/05/06 東京 10 メトロポリタ OP 芝2400 13459.446** 牡7 56.0 津村明秀角居勝彦502(+8)2.24.6 0.535.6⑤④④ヴォルシェーブ
17/02/05 東京 9 早春S 1600万下 芝2400 6557.841** 牡7 57.0 津村明秀角居勝彦494(0)2.31.1 -0.233.1ラヴィエベール
16/12/23 中山 11 グレイトフル 1600万下 芝2500 9776.745** 牡6 57.0 津村明秀角居勝彦494(+2)2.36.1 0.436.0⑤④カフジプリンス
16/10/10 東京 10 オクトーバー 1600万下 芝2400 10338.642** 牡6 55.0 津村明秀角居勝彦492(-6)2.28.0 0.233.7④④トーセンバジル
16/09/18 中山 10 レインボーS 1600万下 芝2000 1481313.045** 牡6 57.0 津村明秀角居勝彦498(+4)2.00.7 0.335.5⑩⑩⑨⑩シャドウパーティー
16/08/20 新潟 11 日本海S 1600万下 芝2200 102221.662** 牡6 57.0 津村明秀角居勝彦494(0)2.15.3 0.033.6ヴォルシェーブ
16/04/30 京都 10 下鴨S 1600万下 芝2000 1781629.5815** 牡6 54.0 松田大作角居勝彦494(+2)1.59.9 1.135.2⑦⑧⑦⑦レッドソロモン
16/04/17 阪神 11 難波S 1600万下 芝1800 11117.449** 牡6 57.0 小崎綾也角居勝彦492(-4)1.47.4 0.835.4⑨⑧トーセンビクトリー
16/02/13 京都 10 飛鳥S 1600万下 芝1800 143313.576** 牡6 57.0 四位洋文角居勝彦496(0)1.47.4 0.433.4⑫⑩ナムラアン
16/01/30 京都 10 稲荷特別 1000万下 芝2000 12445.531** 牡6 57.0 C.ルメー角居勝彦496(+4)2.03.0 -0.235.7④⑤⑥⑤ハッピーウィルス
15/09/05 新潟 10 弥彦特別 1000万下 芝1800 14455.125** 牡5 57.0 戸崎圭太角居勝彦492(+6)1.47.0 0.633.6⑤④シュンドルボン
15/08/08 新潟 10 阿賀野川特別 1000万下 芝2200 163615.364** 牡5 57.0 戸崎圭太角居勝彦486(-6)2.12.2 0.335.1⑥⑥⑥⑥ショウナンバッハ
15/03/21 阪神 9 須磨特別 1000万下 芝1800 10895.537** 牡5 57.0 浜中俊角居勝彦492(+4)1.49.4 1.236.2⑨⑧フェイマスエンド

⇒もっと見る


ハッピーモーメントの関連ニュース

【目黒記念】厩舎の話

2018年5月25日(金) 12:02

 ◆ウインテンダネス・杉山師 「中1週なので軽めで十分。3走前にメンコを外してからよくなった」

 ◆ヴォージュ・寺崎助手 「動きはいつも通り。前走は時計が速すぎた。東京コース、距離延長はいい」

 ◆サウンズオブアース・藤岡師 「放牧先で体調を崩して遅れたけど、帰厩後は順調。宝塚記念へ向けていい競馬を」

 ◆ゼーヴィント・太田助手 「以前のようなガツンと来る感じがない。ズブくなってきたかも」

 ◆チェスナットコート・矢作師 「上積みはどうかも、維持できている。左回りの広いコースは合う」

 ◆ノーブルマーズ・宮本師 「タフな馬で、前走はいい内容。今回も東京で期待したい」

 ◆ハッピーモーメント・酒井助手 「使って上向いています。スムーズな立ち回りができれば」

 ◆パフォーマプロミス・藤原英師 「単走でいい動き。休み明けでも順調にきている」

 ◆フェイムゲーム・丸田騎手 「今までと変わりない動きで、機嫌よく走っていた。力は出せそう」

 ◆ホウオウドリーム・矢作師 「動きはいつも通り。間隔は詰まった方がいいタイプ。自分のレースに徹するだけ」

目黒記念の枠順はこちら 調教タイムも掲載

【目黒記念】追って一言2018年5月24日(木) 05:03

 ◆ヴォージュ・寺崎助手 「動きはいつも通り。東京コース、距離延長はいい」

 ◆コウキチョウサン・和田郎師 「手応えよくいい動き。パワーアップしているので楽しみ」

 ◆サウンズオブアース・藤岡師 「体調を崩して復帰に時間がかかった。宝塚記念へ向けていいレースを期待」

 ◆ゼーヴィント・太田助手 「以前のようなガツンと来る感じがない。ズブくなってきたかも」

 ◆ソールインパクト・戸田師 「前走は落鉄して外傷。走っていないぶん、疲れもない」

 ◆チェスナットコート・矢作師 「上積みはどうかも、維持はできている。左回りの広いコースは合う」

 ◆ノーブルマーズ・宮本師 「タフな馬で、前走はいい内容。今回も東京で期待したい」

 ◆ハッピーモーメント・酒井助手 「使って上向いています。スムーズな立ち回りができれば」

 ◆パフォーマプロミス・藤原英師 「単走でいい動き。休み明けでも順調にきている」

 ◆フェイムゲーム・丸田騎手 「今までと変わりない動きで、機嫌よく走っていた。力は出せそう」

 ◆ホウオウドリーム・矢作師 「動きはいつも通り。自分のレースに徹するだけ」

 ◆ポポカテペトル・友道師 「調教で動くようになっている。実戦でも追ってからの伸びが良くなってきた」

 ◆リッジマン・庄野師 「順調。使って良くなる馬だし、距離とハンデも魅力だね」

目黒記念の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【目黒記念】特別登録馬2018年5月20日() 17:30

[もっと見る]

【平安ステークス】ズバリ調教診断!2018年5月19日() 09:40

平安ステークスの出走馬の追い切り内容について、1頭ずつ考察していきます。予想の際にお役立てください。


ミツバ
1週前に栗東CWで7Fから追われ、マズマズの時計をマーク&併走先着。栗東坂路で行われた最終追い切りでもシャープな伸び脚を披露した。ズブさが随所に見られた、前回の中間時とは少し趣が変わってきている。気配だけなら文句なし。

コスモカナディアン
コンスタントに使われているが、コース主体に追い切りを順調に消化。体調面の不安はない。ただし、前回と比較すると踏み込みが浅く、そのぶん力強さに欠ける印象。大きな変わり身まではどうか。

クリノスターオー
帰厩後は坂路主体で入念に乗り込まれているが、時計だけを見ると大きく変わった感じはしない。栗東CWで行われた最終追い切りも4Fの時計こそ悪くないが、攻め巧者の同馬としては目立つものではなく、良化途上の印象を受ける。

サンマルデューク
この中間はコース主体の調整。時計面で特筆できるようなところはない半面、最終追い切りの動き自体は悪くなかった。しかし、この一連の内容は前回の中間時と酷似する。よって、調教面からの強調材料は少ないと言わざるを得ない。

テイエムジンソク
栗東CWで行われた1週前追い切りは、全体時計こそ80秒台割れの猛ラップを叩いてきたが、ラストは完全に失速する心許ない内容。今週の追い切りではバランスのとれたラップを刻んでいるので、問題は少ないのかもしれないが……。いずれにせよ、当日の気配には注意を払いたい。

グレイトパール
1週前に栗東CWで6Fからマズマズの時計を計測。同じくCWで行われた最終追い切りでも、しっかりと末脚を伸ばしてきた。併走馬には遅れをとったものの、珍しいことではないので過度に意識する必要はない。1度使われて、気配は確実に上昇している。

アスカノロマン
栗東CWで行われた1週前追い切りでは、一杯に追われて及第点の時計をマーク。最終追い切りでも軽めに流してマズマズのラップを刻んだ。急上昇とまでは言い切れないが、この馬なりに順調な仕上がりではないか。

メイショウスミトモ
最終追い切りは栗東坂路で実施。脚捌きがイマイチで、モタれるシーンもあるなど、見た目には平凡。ただし、坂路は不得手なうえに、1週前には栗東CWで好時計を叩いているので、決して悲観するような中間内容ではない。及第点のデキと言えよう。

サンライズソア
栗東CWで行われた最終追い切りでは軽快なフットワークを披露。中1週だが、走りを見るに疲れは感じられない。難をあげるとするならば、鞍上に促された時の反応の悪さ。もう少し活気が出れば、言うことはないのだが……。

クインズサターン
今週の追い切りは栗東坂路でマズマズの動きを見せた。全体時計は目立たず、脚捌きが若干硬いようにも映るが、これはいつものこと。乗り込み量に不足はなく、気合乗りも悪くない。ここ一連のデキは維持できているとみていい。

プリンシアコメータ
1週前に南Wで5Fから好時計を記録。同じく南Wで行われた最終追い切りでも上々の動きを見せた。とにかく、最後まで併走相手に食らいついて、しぶとく脚を伸ばす姿が印象的。少なくとも状態面の不安はない。

メイショウウタゲ
間隔が詰まることもあってか、最終追い切りは栗東坂路で上がり重点の調整。動き自体はマズマズだが、力強さに欠ける印象。ひと頃のような前進気勢も見られない。まだ良化途上、といったところか。

ナムラアラシ
この中間は、いつになく入念な乗り込み。目立つ時計を出しているわけではないが、攻め駆けしない同馬としてはマシなほう。最終追い切りもビッシリと追われ、前回と比べて大幅に時計を詰めてきた。近走では一番のデキかもしれない。

クイーンマンボ
前走後は坂路主体に丹念な乗り込み。16日の追い切りでは、ハッピーモーメントを追走して余力十分に追いつき、仕掛けられると突き放すという絶好の動きを見せた。力を出せる仕上がりとみていいだろう。

トップディーヴォ
栗東坂路で行われた最終追い切りの動きは平凡そのもの。最近は坂路で動かない傾向にあるので致し方ないところか。とはいえ、ラストの伸び脚には物足りなさが残る。このような感じで結果を出すこともあるので、大きな割引材料にはならない半面、好評価をするわけにもいかない悩ましい1頭である。

マイティティー
最終追い切りは栗東CWで行われ、長めから及第点の時計をマーク。ややテンションの高さが目立つものの、最後まで勢いが鈍ることはなかった。攻め巧者だけに、過剰な評価はできないが、好ムードであることは間違いない。



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【京都新聞杯】ズバリ調教診断! 2018年5月5日() 09:50

京都新聞杯の出走馬の追い切り内容について、1頭ずつ考察していきます。予想の際にお役立てください。



フランツ
この中間、目立つ時計は出ていないが、ケイコ駆けしない同馬としてはマシな部類。栗東坂路で行われた最終追い切りも終いこそ要したものの、動き自体は悪くない。乗り込み量も十分で、及第点の仕上がりではないだろうか。

グローリーヴェイズ
南Wと坂路の併用でみっちり乗り込まれて、1週前に好時計を計測。南Wで行われた最終追い切りでも、古馬オープンを相手に併走先着&ラスト1F12秒台の好ラップを叩いてきた。頭の高さが少し気になるが、脚元の動きは上々。走れる態勢は整っているとみていい。

レノヴァール
栗東坂路で丹念に乗り込まれているが、時計面で目立つところは見られない。最終追い切りでは、追走先着こそ果たしたものの、攻め駆けする同馬としては時計、動きともに物足りない印象。それでも前回と比較すると動いているので、このひと追いでどこまで変われるか、といったところか。

リシュブール
栗東CWで3週続けて6F追いを実施。1週前は悪コンディションをものともせず、バランスの良い好タイムを計時。今週はラスト1F11秒台半ばの好ラップで駆け抜けた。攻め駆けする馬なので、時計をそのまま鵜呑みにすることはできないが、動ける状態にあるとみたい。

タニノフランケル
栗東CWで行われた最終追い切りでは、6Fから好タイムをマーク。ハッピーモーメントレトロロックの2頭に追走先着を果たした。エンジンが点火するまで時間を要している半面、加速してからの伸び脚はなかなかのもの。少なくとも状態面についての不安はない。

メイショウテッコン
帰厩後は栗東坂路と栗東CWを交えて丹念に調整。重馬場の坂路で行われた1週前追い切りでは、4F52秒4、ラスト1F12秒2の好タイムを計測。CWの最終追い切りは4Fから追われ、ラスト1F12秒0の好ラップを記録した。全体時計およびラップの刻み方だけなら、前回以上と判断できる。

ケイティクレバー
中2週もあってか、1週前まで目立つところはなかったが、栗東CWにて行われた今週の追い切りでは、集中力あふれる走りを披露した。前回の中間気配が抜群だったので、それ以上とまでは言いがたいものの、雰囲気は決して悪くない。

アドマイヤアルバ
中3週続きだが、前回同様にしっかり乗り込まれているので、体調面の不安はない。栗東CWで行われた最終追い切りの動きも良く、併走相手にきっちり先着。全体時計は前回より遅いものの、キレイな加速ラップを踏んでいるので問題ナシ。好ムードでレースを迎えることができそうだ。

ロードアクシス
最終追い切りは栗東CWで5Fから併せ馬を実施。時計と動きについては、悪くはないが良くもなし、といった印象。馬体は悪くないので、この馬なりに順調なのかもしれない。半面、乗り込み量は少なめ。相手強化のG2では、最後まで脚がもたない可能性もある。

レイエスプランドル
28日に栗東CWで長めから好時計をマーク。栗東坂路で行われた1日の追い切りでは、ラスト1F12秒1の好ラップを馬なりで刻んできた。ひと追いごとの良化が顕著なうえに、乗り込み量も十分。当日落ち着いているようであれば、かなり良い状態でレースに臨めるのではないか。

アルムフォルツァ
中1週を考慮して、この中間は軽めの調整。栗東坂路で行われた最終追い切りでは、全体、ラスト1Fともに前回を上回る好ラップを計時した。派手さはないが、雰囲気は悪くない。現状の力を発揮できる仕上がりとみていいだろう。

ユーキャンスマイル
この中間は熱心に乗り込まれ、栗東CWで行われた1週前追い切りでは悪コンディションのなか、6Fから好時計を計測&古馬オープン相手に追走先着。栗東坂路の最終追い切りでも及第点のラップをマークした。コンスタントに使われているので、急上昇とまでは言い切れないが、好気配であることは間違いない。

ステイフーリッシュ
1週前に栗東坂路でマズマズのラップを計測。同じく坂路で行われた今週の追い切りでは、余力残しで追走同入を果たした。動き自体は問題ない半面、乗り込み量が少ない点は気がかり。この中間は馬体の回復に専念していただけに、やむを得ないのかもしれないが……。最後のツメが甘くなる可能性もあるので、その点には注意を払いたい。

アールスター
1週前に栗東CWで長めからラスト1F12秒台前半、日曜には栗東坂路でラスト1F12秒4の好ラップをマークするなど、中間の動きは上々。半面、坂路で行われた今週の追い切りは、完歩が乱れるなどスムーズさに欠け、見栄えが悪い。最終追い切りの内容を鑑みると、少し不安は残る。

シャルドネゴールド
栗東坂路で行われた1週前追い切りでは及第点以上の時計を計測。同じく坂路の最終追い切りでも、馬なりでラスト1F12秒3の好ラップをマークした。頭の高い走りで、見た目はそれほど良くないが、集中して走れている点については評価できる。好調ととらえても差しつかえない。

ダブルシャープ
最終追い切りは、栗東CWで古馬1600万下をパートナーに6Fから併せ馬を実施。回ったところが違うとは言え、併走相手を問題にせず追走先着を果たし、ラスト1Fは11秒台半ばの好時計を記録した。難をあげるならば、体が少し細く映るところ。当日の気配をしっかりと確認しておいたほうがいいだろう。

インターセクション
中1週ながら、栗東坂路で29日に時計を出し、今週は一杯に追われて、ラスト1Fを12秒4のラップで駆け抜けた。全体時計は地味だが、攻め駆けしない同馬としては上等の部類。加速ラップを踏んでいる点も好感が持てる。いい状態を維持しているのではないだろうか。



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【ダイヤモンド】フェイムゲームが1番人気/13:00時点 2018年2月17日() 13:24

 東京の土曜メインレースには、芝長距離のハンデ重賞・ダイヤモンドS(2月17日、GIII、芝3400メートル)が組まれている。



 このあと控える阪神大賞典、さらには天皇賞・春といった芝の長距離路線に向けて、新たなスターが誕生するのか注目の一戦だ。



 単勝1番人気は14、15年に連覇しており同一重賞3度目の制覇を目指しているフェイムゲームで3.2倍、年明けの万葉Sで2着に善戦しているリッジマンが5.0倍で続き、名牝・メジロドーベルを母に持つホウオウドリームが僅差の5.1倍で3番人気となっている。13:00時点での単勝オッズは以下の通り。



(左から)枠番-馬番 馬名 単勝オッズ1- 1 リッジマン      5.02- 2 ハッピーモーメント 35.63- 3 プレストウィック   8.93- 4 ラブラドライト   51.04- 5 ホウオウドリーム   5.14- 6 ソールインパクト  10.45- 7 リッチーリッチー  20.25- 8 レジェンドセラー   5.66- 9 トウシンモンステラ 81.36-10 ダウンザライン   93.97-11 サイモントルナーレ247.57-12 グランアルマダ   40.38-13 トレジャーマップ  75.48-14 フェイムゲーム    3.2



ダイヤモンドSの枠順はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

⇒もっと見る

ハッピーモーメントの関連コラム

閲覧 783ビュー コメント 0 ナイス 1



みなさんこんにちは!

本日は東京11R「ダイヤモンドS G3」の『凄馬出馬表』を分析したいと思います。

今回も「U指数」だけでなく、U指数のポイントに【調教評価】、【厩舎評価】、【斤量補正】を数値化し加算減算しU指数を補正することで「総合ポイント」を算出しました。
★「U指数」について詳しくはこちらをご覧ください→U指数についてページ

U指数1.0ポイントは約1馬身差にあたるので、これを目安に以下のような重み付けをしました。
【調教評価】は競馬エイトの調教評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「5」・・・「-1.0ポイント」
「6」・・・「±0.0ポイント」
「7」・・・「+1.0ポイント」
「8」・・・「+2.0ポイント」
【厩舎評価】競馬エイトの厩舎コメントの評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「△」・・・「-1.0ポイント」
「○」・・・「±0.0ポイント」
「◎」・・・「+1.0ポイント」
【斤量補正】は1.0kg=「0.5ポイント」として以下の基準体重との差分に乗算しました。
「牡馬」・・・「57.0kg」
「牝馬」・・・「55.0kg」


上記の補正を行った『凄馬出馬表』(画像)をご覧ください。





第1グループ(橙)は、フェイムゲームのみ1頭。
第2グループ(黄)は、トウシンモンステラから1.0ポイント差(約1馬身差)内のラブラドライトプレストウィックハッピーモーメントサイモントルナーレまで5頭。
第3グループ(薄黄)は、リッジマンから1.0ポイント差(約1馬身差)内のレジェンドセラーリッチーリッチーホウオウドリームソールインパクトまで5頭となっていて、以下は第4Gとなっています。

凄馬出馬表を見渡すと、フェイムゲームトウシンモンステラ間に約3ポイントの大きな差が生じています。イメージ通り、というべきかこの路線でこのメンバー構成となると、正直58.5㎏でもフェイムゲームにとっては自分との闘いになるのかなといった印象。そしてその下は大きな差がなく、展開、適性、勢いなどで下位からの逆転も十分、そんな印象の配置です。

そんななか今回の◎は、過去このレースで好走率の高いG1(菊花賞)不出走の4歳馬から◎ホウオウドリームに期待しました。レースぶりから折り合い難のあるタイプではありませんし、エンジンの掛かりが遅いかわりに広いコースでの長距離戦ならスローからの瞬発力勝負でもまとめて前を一掃してくれるとみての本命視。前走は+10kgで太目残りでしたので当日絞れてきてくれないと困るのですが、ひと叩きの効果と東京3400m戦での大幅パフォーマンスアップに期待しています。ルーラーシップ産駒が基本的に距離が伸びて良いことや、松岡騎手もこのレースで4度穴を開けるなど芝3000m超での単複回収率が良いことも本命の理由。
以下、穴傾向の前走重賞以外組から○リッチーリッチー。先にも書いた通り自分との闘いとなりそうな▲フェイムゲームは、個人的に3000m超戦でセン馬本命は極力しないようにしているというのもあって3番手。◎同様に菊花賞不出走の4歳馬☆レジェンドセラーと、ここまでを上位評価。
そして今回の私の馬券は、◎から○▲☆の上位3頭への馬連を中心に、△リッジマン、△プレストウィック、△ソールインパクトまでを加えた馬単で勝負としたいと思います。

【馬連流し】
◎=○▲☆
5=7,8,14(3点)

【馬単流し】
◎→印
5=1,3,6,7,8,14(6点)

計9点


登録済みの方はこちらからログイン

2017年11月16日(木) 11:30 競馬プロ予想MAX
先週の回顧~(11/11~11/12)エリザベス女王杯◎、武蔵野S◎、デイリー杯2歳S◎○的中の霧プロら5名が土日回収率130%超の大活躍!
閲覧 971ビュー コメント 0 ナイス 6



先週は、12(日)に京都競馬場でG1エリザべス女王杯が行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
G1エリザべス女王杯は、ほぼ一斉に揃ったスタートから最内枠を利してクインズミラーグロがハナを叩き単独先頭へ。2番手にクロコスミア、3番手にマキシマムドパリと続いて、1番人気ヴィブロスは直後の4番手。モズカッチャンが続き、スマートレイアートーセンビクトリーデンコウアンジュエテルナミノルクイーンズリングジュールポレールと中団にかけて追走。2番人気ルージュバックと、その内に3番人気ミッキークイーンが併走で続き、以下リスグラシュータッチングスピーチハッピーモーメントディアドラウキヨノカゼとなって全18頭が1コーナーを通過していきます。
前はクインズミラーグロクロコスミアが少し差を広げて向こう正面へ。スローな流れとなって、前半1000mを62秒0(推定)で通過した馬群は、その隊列に大きな変化がないまま坂を上って3コーナーから下り坂へ。4コーナーで手応えいっぱいとなったクインズミラーグロに代わって、こちらは余裕の手応えのクロコスミアが2番手から単独先頭に立って直線を迎えます。直後からは、マキシマムドパリモズカッチャンら好位追走組も脚色良く追撃の構え。1番人気ヴィブロスはその後ろ5、6番手から、3番人気ミッキークイーンは直線入り口で外へ膨れたところからそのまま外を通って後方から、2番人気ルージュバックはさらに後ろから大外を通して末脚勝負に賭けます。
残り100mを過ぎて、依然先頭で粘る9番人気クロコスミア。これに徐々に迫ったのはM・デムーロ鞍上の5番人気モズカッチャンでした。1完歩ごとにその差を詰め、そのままの勢いでゴール直前クロコスミアをクビ差捉えてV!単独先頭に立った残り50mから交わされて涙を飲んだ前走秋華賞の敗戦(3着)から4週間。鮮やかな差し切り勝ちで自身初のG1勝ちを決めています。2着クロコスミアからアタマ差の3着には、上り最速の脚で外から猛追を見せた3番人気ミッキークイーンが入っています。
公認プロ予想家では、霧プロ蒼馬久一郎プロが的中しています。
 
 
 
----------------------------------
 
☆☆☆注目プロ →霧プロ
12(日)東京1Rを、◎タイプムーン-▲ラヴベローナで、馬単574倍含む計22万5,300円払戻しのビッグヒット!11(土)東京5Rでの12万3,290円払戻しや、G2デイリー杯2歳Sでの◎○的中、G3武蔵野Sでの◎インカンテーション的中、G1エリザべス女王杯の◎的中等々......絶好調予想を連発!週末トータルでは、回収率176%、収支25万5,500円プラス(トップ)をマークし、自身4開催日連続のプラス収支を達成しています!
 
☆☆☆注目プロ →西野圭吾プロ
11(土)東京4Rで◎アースビヨンド(単勝31.0倍)を的中。他にも、勝負予想東京12Rや、G3武蔵野Sの◎インカンテーション-△サンライズソア的中などで、この日221%の高回収率をマーク。翌12(日)は、G3福島記念の○◎△的中、東京10Rの◎オースミナイン(単勝96.7倍)からの3連複的中を筆頭に、連日の量産モードを披露。週末のトータル回収率はトップの196%、収支は18万2,530円の大幅プラスで終えています。
 
☆☆☆注目プロ →サラマッポプロ
11(土)をG2デイリー杯2歳Sでの◎ジャンダルム的中などでプラス収支を決めると、12(日)は東京7Rでの○ラテールプロミーズトゥルーラヴキッス的中などで2日連続のプラスをマーク!週末トータルでは回収率171%を記録しています。
 
☆☆☆注目プロ →マカロニスタンダーズプロ
11(土)G3武蔵野Sの◎サンライズソア、12(日)東京1Rの◎タイプムーン東京10Rの◎オースミナインなどの好調予想を披露した先週はトータル回収率154%、収支14万7,980円プラスをマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →スガダイプロ
11(土)は京都4Rでの◎アイトーン(単勝27.2倍)、福島10Rでの○ジャーミネイトリリーモントルー的中などの活躍を披露。12(日)は勝負予想G3福島記念(◎ウインブライト)を筆頭に、東京3R東京4Rでの連続◎○▲パーフェクト的中などの好調予想で連日のプラス収支を記録!週末トータルでは、回収率134%をマークしています。
 
 
 
この他にも、ろいすプロ(129%)、蒼馬久一郎プロ(114%)、佐藤洋一郎プロ(110%)、河内一秀プロ(109%)、くりーくプロ(108%)、ゼット1号プロ(108%)、【U指数】3連複プリンセスプロ(107%)、【U指数】馬単マスタープロ(100%)、馬券生活プロ(100%)らが週末トータル回収率100%超の活躍を見せています。
 
----------------------------------
 
※全レースの結果情報はこちら


今週も競馬予想の達人・ウマニティ公認プロ予想家陣の予想にご注目下さい。

[もっと見る]

2017年10月29日() 15:00 伊吹雅也
【伊吹雅也のピックアップ競馬データ2017年10月29日号】特選重賞データ分析編(70)~2017年アルゼンチン共和国杯~
閲覧 2,467ビュー コメント 0 ナイス 5



次週の注目重賞を、伊吹雅也プロが様々なデータを駆使していち早く分析! もっとも重要と思われる<ピックアップデータ>に加え、<追い風データ/向かい風データ>や<注目馬チェック>など、貴重な情報が満載なウマニティ会員専用コラムとなっております。ぜひ皆様の予想にお役立て下さい。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


<次週の特選重賞>

G2 アルゼンチン共和国杯 2017年11月05日(日) 東京芝2500m


<ピックアップデータ>

【前走の条件が“JRAのG1”ではなかった馬の、前走の上がり3ハロンタイム順位別成績(2010年以降)】
○4位以内 [6-4-5-27](複勝率35.7%)
×5位以下 [0-2-1-65](複勝率4.4%)

 先行力の高さを活かしたいタイプが信頼できない一戦。前走の4コーナー通過順が2番手以内だった馬は2010年以降[1-1-0-23](複勝率8.0%)ですし、前走が“JRAのG1”だった馬を除くと、前走で出走メンバー中上位の上がり3ハロンタイムをマークできなかった馬も苦戦しています。前走の内容が良かった差し馬を重視しましょう。

主な「○」該当馬→セダブリランテスデニムアンドルビープレストウィック
主な「×」該当馬→アルバートカレンミロティックハッピーモーメント


<他にも気になる! 追い風データ/向かい風データ>

【追い風データ】

○「出走数が14戦以内」だった馬は2010年以降[4-1-4-6](複勝率60.0%)
主な該当馬→スワーヴリチャードセダブリランテス

[もっと見る]

2017年9月5日(火) 15:00 競馬プロ予想MAX
先週の回顧~(9/2~9/3)今週は佐藤洋一郎プロ!土日収支108万プラスをマーク!
閲覧 758ビュー コメント 0 ナイス 6



先週は、2(土)に札幌競馬場でG3札幌2歳Sが、3(日)に小倉競馬場でG3小倉2歳S、新潟競馬場でG3新潟記念がそれぞれ行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
G3札幌2歳Sは、外枠から押して出していきハナを奪ったサージュミノルに4コーナーでマツカゼが並び掛け、さらに外からファストアプローチも迫る展開で直線へ。抜け出したファストアプローチの直後からは、1番人気のロックディスタウンが伸びて2頭の叩き合いに。さらに後方からは石川倭騎手の右ムチに応えてダブルシャープも伸びを見せますが、2着争いまで。ゴール直前、ルメール騎手のゲキに応えてファストアプローチとの叩き合いを制したロックディスタウンがクビ差抜け出してレースを制しています。2着には4番人気ファストアプローチが入り、そこからアタマ差の3着には7番人気ダブルシャープが入っています。 
公認プロ予想家ではサウスプロスガダイプロサラマッポプロほか計9名が的中しています。
 
G3小倉2歳Sは、1番人気に推されたモズスーパーフレアを先頭に直線へ。内外に広がった中から、3番人気のアサクサゲンキが外を通って伸びて迫ると、直線半ばで単独先頭に躍り出ます。後方からはアイアンクローバーニングペスカペイシャルアスらも伸びてきてゴール前で2番手争いは横一線となりますが、先んじて抜け出していたアサクサゲンキのリードは依然十分。結局、1馬身1/4差をつけて悠々駆け抜けたアサクサゲンキが重賞Vを飾っています。2着には5番人気アイアンクローが入り、そこからクビ差の3着には7番人気バーニングペスカが入っています。
 公認プロ予想家では、山崎エリカプロほか計6名が的中しています。
 
G3新潟記念は、ウインガナドルが逃げて先頭で直線を迎えると、すぐさま2番手からタツゴウゲキが並び掛けそのまま先頭へ。馬場の真ん中を駆け抜けるタツゴウゲキに対し、内で粘りを見せるウインガナドル、さらには後続からはアストラエンブレムマイネルフロストロイカバードハッピーモーメントあたりも迫ります。なかなかタツゴウゲキと後続の差が詰まらないまま残り100mを切ると、ワンテンポ遅れてエンジン点火のカフジプリンスも上位争いに加わり最後の攻防となりますが、クビ差リードを保ったまま6番人気タツゴウゲキが振り切って優勝。連勝でサマー2000シリーズ王者に輝いています。2着には1番人気アストラエンブレムが入り、そこからハナ差の3着には12番人気カフジプリンスが入っています。
 公認プロ予想家では、スガダイプロきいいろプロくりーくプロ西野圭吾プロら計7名が的中しています。
 
 
----------------------------------
 
☆☆☆注目プロ →佐藤洋一郎プロ
2(土)新潟8Rで◎ウインミストレス(単勝35.3倍)からの3連複857倍的中し42万8750円の払戻しを記録!3(日)にも札幌10Rで19万350円のスマッシュヒットを披露すると、札幌12Rで◎ヴォカツィオーネ(単勝51.4倍)○キチロクステージ(単勝18.6倍)の本線からの3連単21万2180円馬券500円分の的中で106万900円払戻しをマーク!。週末トータル回収率267%、収支108万9250円プラスのトップ成績をマークしています!
 
☆☆☆注目プロ →いっくんプロ
2(土)を小倉6R小倉12Rなどのスマッシュヒットでプラス収支で終えると、3(日)は札幌2Rの20万オーバー払戻しなどで連日プラスを達成!土日トータル回収率109%をマークしています!
 
☆☆☆注目プロ →ジ ョ アプロ
2(土)は札幌12Rの◎ミスズダンディー(単勝53.4倍)などで好調予想を披露。3(日)は小倉10Rで3連単2,062倍を的中するなどの活躍を見せました!週末トータル回収率100%を記録しています。
 
☆☆☆注目プロ →シムーンプロ
2(土)新潟9Rの◎サンシロウ(単勝28.6倍)、3(日)札幌12Rの◎ヴォカツィオーネ(単勝51.4倍)などで穴馬好走をズバリと仕留め、土日トータル回収率126%(両日プラス)をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →おかべプロ
2(土)は札幌1R札幌2R新潟3Rと序盤で好調予想を連発すると、3(日)もG3 新潟記念での的中など安定した的中率をマークし土日プラスを記録。週末トータル回収率130%をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →くりーくプロ
2(土)小倉7Rでの的中など高的中率で終えた先週は、週末トータル回収率128%を達成しています。
 
 
この他にも、西野圭吾プロ(108%)、セイリュウ1号プロ(105%)、河内一秀プロ(102%)らが週末トータル回収率100%超の活躍を見せています。
 
----------------------------------
 
※全レースの結果情報はこちら


今週も競馬予想の達人・ウマニティ公認プロ予想家陣の予想にご注目下さい。

[もっと見る]

2017年9月3日() 14:00 凄馬プロジェクトチーム
第291回『凄馬出馬表分析&馬券検討』~新潟記念 G3
閲覧 750ビュー コメント 0 ナイス 1



みなさんこんにちは!

本日は新潟11R「新潟記念 G3」の『凄馬出馬表』を分析したいと思います。

今回も「U指数」だけでなく、U指数のポイントに【調教評価】、【厩舎評価】、【斤量補正】を数値化し加算減算しU指数を補正することで「総合ポイント」を算出しました。
★「U指数」について詳しくはこちらをご覧ください→U指数についてページ

U指数1.0ポイントは約1馬身差にあたるので、これを目安に以下のような重み付けをしました。
【調教評価】は競馬エイトの調教評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「5」・・・「-1.0ポイント」
「6」・・・「±0.0ポイント」
「7」・・・「+1.0ポイント」
「8」・・・「+2.0ポイント」
【厩舎評価】競馬エイトの厩舎コメントの評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「△」・・・「-1.0ポイント」
「○」・・・「±0.0ポイント」
「◎」・・・「+1.0ポイント」
【斤量補正】は1.0kg=「0.5ポイント」として以下の基準体重との差分に乗算しました。
「牡馬」・・・「57.0kg」
「牝馬」・・・「55.0kg」


上記の補正を行った『凄馬出馬表』(画像)をご覧ください。




第1グループ(橙)は、フルーキー1頭。
第2グループ(黄)は、カフジプリンスラストインパクトまでの6頭。
第3グループ(薄黄)は、シャドウウィザードからトルークマクトまでの4頭となっていて、以下は第4G(灰)となっています。

凄馬出馬表をご覧いただくと全体を通して大きな溝がなく、大混戦の構図となっています。

私の本命は◎ソールインパクトにしたいと思います。当レースでは3年連続ディープインパクト産駒が優勝、2着、3着も含めると圧倒的な成績を収めています。加えて、本日のレースは完全に外差し馬場にシフト、末脚のしっかりしているディープインパクト産駒にさらなる追い風が吹いています。

ディープインパクト産駒の中でも本命に抜擢したソールインパクトは母方が新潟に相性の良いダンチヒ、調教の動きも抜群ですし、軽量を生かして頑張ってくれそうです。

相手には○ラストインパクト、▲トルークマクト、△アストラエンブレムハッピーモーメントルミナスウォリアーフルーキーディープインパクト産駒、末脚タイプに絞って決め打ちします。


【ワイド流し】
10→2,6,8,11,14,16

【馬連流し】
10→2,6,8,11,14,16

計12点

[もっと見る]

2017年8月27日() 15:00 伊吹雅也
【伊吹雅也のピックアップ競馬データ2017年08月27日号】特選重賞データ分析編(62)~2017年新潟記念~
閲覧 2,641ビュー コメント 0 ナイス 6



次週の注目重賞を、伊吹雅也プロが様々なデータを駆使していち早く分析! もっとも重要と思われる<ピックアップデータ>に加え、<追い風データ/向かい風データ>や<注目馬チェック>など、貴重な情報が満載なウマニティ会員専用コラムとなっております。ぜひ皆様の予想にお役立て下さい。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


<次週の特選重賞>

G3 新潟記念 2017年09月03日(日) 新潟芝2000m外


<ピックアップデータ>

【馬齢別成績(2014年以降)】
○5歳以下 [2-3-1-13](複勝率31.6%)
×6歳以上 [1-0-2-32](複勝率8.6%)

 2013年以前は高齢馬も健闘していたレースですが、近年は若い馬の方が優勢。なお、馬齢が6歳以上だった馬のうち、“新潟芝2000m外、かつ1600万下から上のクラスのレース”において連対経験がなかった馬は2014年以降[0-0-0-20](複勝率0.0%)とさらに苦戦しています。高齢、かつコース適性に疑問符が付く馬は思い切って評価を下げたいところです。

主な「○」該当馬→アストラエンブレムタツゴウゲキトーセンバジル
主な「×」該当馬→ハッピーモーメントラストインパクトルミナスウォリアー


<他にも気になる! 追い風データ/向かい風データ>

【向かい風データ】

×「前走が“2000mのレース”以外」だった馬は2014年以降[0-0-1-16](複勝率5.9%)
主な該当馬→アストラエンブレムトーセンバジル

×「前走の4コーナー通過順が10番手以下」だった馬は2014年以降[0-0-0-18](複勝率0.0%)
主な該当馬→トーセンバジルラストインパクト

【追い風データ】

[もっと見る]

ハッピーモーメントの口コミ


口コミ一覧
閲覧 68ビュー コメント 0 ナイス 0

2018年5月27日(日)2回東京12日
☆五黄仏滅『吉数』枠番2・5・8馬番②⑤⑧⑫⑮⑱
12R(17:00)芝2500
第132回目黒記念(GⅡ)ハンデ
【時系列出目】
「枠番」
◆3サウンズオブアース、ヴォ―ジュ
「馬番」
◆該当なし
【demedas】
「枠番」
★8リッジマン
☆2ノーブルマーズ
*6トウシンモンステラ
*4パフォーマプロミス
「馬番」
★⑯ポポカテペトル
☆③ウインテンダネス
*⑪ソールインパクト
*⑦ハッピーモーメント

 ムーンホーセズネック 2018年5月23日(水) 05:53
競馬検討 目黒記念 2018
閲覧 88ビュー コメント 0 ナイス 5

目黒記念

ウインテンダネス 圏内も

ヴォージュ さて?

コウキチョウサン 圏内も

コルコバード 勢いはある

サウンズオブアース さて?

ゼーヴィント 力はあるが

ソールインパクト さて?

チェスナットコート 勝ち負け可能

トウシンモンテラス さて?

ノーブルマーズ 再度

ハッピーモーメント 圏内も

パフォーマプロミス 勢いは1番

フェイムゲーム 復調し

ブライトバローズ ムラあり

ホウオウドリーム さて?

ポポカテペトル 力示したい

マコトガラハット さて?

リッジマン 力はある

ロードヴァンドール 堅実

[もっと見る]

 青龍白虎 2018年5月22日(火) 17:18
目黒記念注目馬
閲覧 105ビュー コメント 0 ナイス 2

前走と上がり3F
ノーブルマーズ
リッジマン
ホウオウドリーム
ハッピーモーメント
サウンドオブアース
前走
天皇賞春
有馬記念
メトロポリタン
上がり3F
基準34.5
以上の結果上記5頭

[もっと見る]

⇒もっと見る

ハッピーモーメントの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

ハッピーモーメントの写真

ハッピーモーメント

ハッピーモーメントの厩舎情報 VIP

2018年5月27日目黒記念 G2
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

ハッピーモーメントの取材メモ VIP

2018年5月5日 メトロポリタンS 6着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。