注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます!⇒いますぐ会員登録(無料)

マイティティー(競走馬)

注目ホース
写真一覧
現役 牝5 鹿毛 2012年3月6日生
調教師本田優(栗東)
馬主五影 慶則
生産者フジワラフアーム
生産地新ひだか町
戦績23戦[5-1-1-16]
総賞金6,075万円
収得賞金2,450万円
英字表記My Tity
血統 エンパイアメーカー
血統 ][ 産駒 ]
Unbridled
Toussaud
チアズガディス
血統 ][ 産駒 ]
フレンチデピュティ
チアズグレイス
兄弟 ダンツアトラスアーネストミノル
前走 2017/01/25 TCK女王盃 G3
次走予定

マイティティーの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
17/01/25 大井 11 TCK女王盃 G3 ダ1800 12--------11** 牝5 55.0 松山弘平本田優464(--)1.58.8 4.7----ワンミリオンス
16/12/07 船橋 11 クイーン賞 G3 ダ1800 14--------8** 牝4 54.0 松山弘平本田優463(--)1.57.0 3.2----トロワボヌール
16/10/30 京都 10 御陵S 1600万下 ダ1800 156113.721** 牝4 53.0 松山弘平本田優476(+6)1.50.9 -0.036.9④④リーゼントロック
16/10/08 京都 9 愛宕特別 1000万下 ダ1900 1681511.351** 牝4 55.0 松山弘平本田優470(+8)1.57.0 -0.536.7オールマンリバー
16/07/02 中京 10 濃尾特別 1000万下 ダ1800 16363.9215** 牝4 55.0 C.ルメー本田優462(-8)1.55.1 3.540.5⑫⑭⑪⑬タガノハヤテ
16/06/11 阪神 7 3歳以上500万下 ダ1800 16481.811** 牝4 52▲ 荻野極本田優470(-2)1.50.9 -0.336.4ナオミベガス
16/05/07 京都 7 4歳以上500万下 ダ1800 9555.941** 牝4 52▲ 荻野極本田優472(+2)1.52.1 -0.836.6ナムラケイト
16/04/24 京都 7 4歳以上500万下 ダ1400 112220.262** 牝4 52▲ 荻野極本田優470(+10)1.23.7 0.036.0⑧⑥スパイラルステップ
16/04/09 福島 9 4歳以上500万下 ダ1150 16126.8314** 牝4 55.0 黛弘人本田優460(-12)1.12.7 3.339.4⑫⑯ハリケーンリリー
16/03/26 阪神 7 4歳以上500万下 ダ1400 125635.895** 牝4 55.0 古川吉洋本田優472(+14)1.24.9 0.437.3スズカシャーマン
16/02/27 小倉 7 4歳以上500万下 芝1200 18611105.71711** 牝4 55.0 黛弘人本田優458(-4)1.08.9 0.934.3⑩⑩ウォーターラボ
16/01/17 京都 8 4歳以上500万下 芝1600 1561086.21414** 牝4 54.0 古川吉洋本田優462(-12)1.35.2 1.036.0プレミオテーラー
15/11/22 京都 8 3歳以上500万下 芝1400 18713132.31410** 牝3 54.0 北村友一本田優474(+22)1.22.5 0.635.1ボールドジャパン
15/05/24 京都 6 3歳500万下 芝1600 144580.61213** 牝3 54.0 北村友一本田優452(+2)1.35.7 2.736.7⑩⑪ナガラフラワー
15/04/19 阪神 6 3歳500万下 芝1400 1661130.31115** 牝3 54.0 藤田伸二本田優450(+6)1.24.3 2.037.0⑪⑪トウショウピスト
15/03/07 阪神 11 チューリップ G3 芝1600 1735289.31712** 牝3 54.0 太宰啓介本田優444(-4)1.39.0 1.337.1⑦⑨ココロノアイ
15/02/22 京都 7 3歳500万下 芝1400 161265.1124** 牝3 54.0 横山和生本田優448(+2)1.21.8 0.535.7⑥⑤ラッフォルツァート
15/02/08 小倉 10 かささぎ賞 500万下 芝1200 127915.369** 牝3 54.0 松田大作本田優446(-4)1.09.2 1.134.8⑨⑩マジックシャトル
14/12/20 中京 10 つわぶき賞 500万下 芝1400 1561014.887** 牝2 54.0 勝浦正樹本田優450(-6)1.24.8 0.936.7⑤⑥ティーエスクライ
14/11/24 京都 9 秋明菊賞 500万下 芝1400 12558.956** 牝2 54.0 藤岡佑介本田優456(-2)1.21.2 0.734.9⑦⑦ムーンエクスプレス

⇒もっと見る


マイティティーの関連ニュース

 1月25日(水)の大井競馬11Rで行われた第20回TCK女王盃(交流GIII、4歳以上オープン、牝馬、選定馬、別定、ダート・右1800メートル、12頭立て、1着賞金=2200万円)は、戸崎圭太騎手騎乗の2番人気ワンミリオンス(牝4歳、栗東・小崎憲厩舎)がJRAの1000万下→準オープンを連勝した勢いそのままに初重賞を制覇した。タイムは1分54秒1(良)。JRA所属のマイティティーが逃げるやや速い流れをワンミリオンスは道中5番手で追走。直線では大井所属のリンダリンダが一旦は先頭。外から単勝1.7倍の断然人気に推されたJRA所属のホワイトフーガが迫るが、内めを伸びたワンミリオンスがゴール前できっちりと抜け出した。

 ◆戸崎圭太騎手(1着 ワンミリオンス)「前走で乗せていただいたときにレースセンスの良さも、力も感じていましたのでリズムを崩さず、自信を持って乗りました。正直、距離はどうなのかなと思っていましたが、上手にこなしてくれました。どんな競馬でも対応できるレースセンスがありますし、折り合いも反応もいい馬なので、これからも楽しみです」

 3/4馬身差の2着にはリンダリンダ(7番人気)、さらにアタマ差遅れた3着にホワイトフーガ(1番人気)。

 TCK女王盃を勝ったワンミリオンスは、父ゴールドアリュール、母シーズインポッシブル、母の父ヤンキーヴィクターという血統。北海道安平町・ノーザンファームの生産馬で、(有)サンデーレーシングの所有馬。通算成績は10戦5勝(うち地方1戦1勝)。重賞初制覇。TCK女王盃は小崎憲調教師、戸崎圭太騎手ともに初優勝。

ワンミリオンスの競走成績はこちら

【TCK女王盃】JRA出走予定馬が決定2017年01月19日(木) 19:29

 1月25日(水)に大井競馬場で行われるTCK女王盃のJRA所属の出走予定馬および騎乗予定騎手が決定した。

 「第20回TCK女王盃」(大井競馬場、交流GIII、4歳以上オープン、牝馬、別定、ダート・右1800メートル)

【JRA所属の出走予定馬】5頭

タイニーダンサー(牝4歳、美浦・伊藤圭三厩舎、田辺裕信騎手)

タマノブリュネット(牝5歳、美浦・高柳瑞樹厩舎、クリストフ・ルメール騎手)

ホワイトフーガ(牝5歳、美浦・高木登厩舎、蛯名正義騎手)

マイティティー(牝5歳、栗東・本田優厩舎、松山弘平騎手)

ワンミリオンス(牝4歳、栗東・小崎憲厩舎、福永祐一騎手)

[もっと見る]

【TCK女王盃】JRA出走予定馬が発表2017年01月08日() 17:07

 1月25日(水)に大井競馬場で行われるTCK女王盃のJRA所属の出走予定馬および補欠馬が1月8日、発表された。

 「第20回TCK女王盃」(大井競馬場、交流GIII、4歳以上オープン、牝馬、別定、ダート・右1800メートル)

【JRA所属の出走予定馬】5頭タイニーダンサー(4歳、美浦・伊藤圭三厩舎、騎手未定)トロワボヌール(7歳、美浦・畠山吉宏厩舎、騎手未定)ホワイトフーガ(5歳、美浦・高木登厩舎、蛯名正義騎手)マイティティー(5歳、栗東・本田優厩舎、騎手未定)ワンミリオンス(4歳、栗東・小崎憲厩舎、騎手未定)

【JRA所属の補欠馬】4頭(補欠順位順)1.タマノブリュネット2.パーティードレス3.アドマイヤシャイ4.ベーリングメファ

[もっと見る]

【クイーン賞】JRA出走予定馬が決定2016年12月01日(木) 17:58

 12月7日(水)に船橋競馬場で行われるクイーン賞のJRA所属の出走予定馬が決定した。

 「第62回クイーン賞」(船橋競馬場、交流GIII、3歳以上オープン、牝馬限定、ダート・左1800メートル)

【JRA所属の出走予定馬】4頭ヴィータアレグリア(牝5歳、美浦・高柳瑞樹厩舎、北村宏司騎手)タイニーダンサー(牝3歳、美浦・伊藤圭三厩舎、田辺裕信騎手)トロワボヌール(牝6歳、美浦・畠山吉宏厩舎、クリストフ・ルメール騎手)マイティティー(牝4歳、栗東・本田優厩舎、松山弘平騎手)

[もっと見る]

【クイーン賞】JRA出走予定馬が発表〜ブチコは補欠2番手2016年11月20日() 17:35

 12月7日(水)に船橋競馬場で行われるクイーン賞のJRA所属の出走予定馬および補欠馬が発表された。

 「第62回クイーン賞」(船橋競馬場、交流GIII、3歳以上オープン、牝馬限定、ダート・左1800メートル)

【JRA所属の出走予定馬】4頭

ヴィータアレグリア(牝5歳、美浦・高柳瑞樹厩舎、騎手未定)

タイニーダンサー(牝3歳、美浦・伊藤圭三厩舎、騎手未定)

トロワボヌール(牝6歳、美浦・畠山吉宏厩舎、クリストフ・ルメール騎手)

マイティティー(牝4歳、栗東・本田優厩舎、騎手未定)

【JRA所属の補欠馬】5頭(補欠順位順)

1.マイネグレヴィル

2.ブチコ

3.ディアマイダーリン

4.イントロダクション

5.ベーリングメファ

[もっと見る]

【チューリップ】ココロノアイ重賞2勝目で桜へ 2015年03月07日() 15:46

 7日の阪神11Rで行われた第22回チューリップ賞(3歳牝馬オープン、GIII、芝1600メートル、17頭立て、1着賞金=3400万円、3着までに桜花賞の優先出走権)は、横山典弘騎手騎乗の5番人気ココロノアイ(美浦・尾関知人厩舎)が鮮やかに差し切って重賞2勝目をマークした。タイムは1分37秒7(重)。2着アンドリエッテ、3着レッツゴードンキの3頭が桜花賞(4月12日、阪神、GI、芝1600メートル)の優先出走権を獲得した。

 桜戦線をにぎわす関東馬の勢いが止まらない。唯一の重賞ウイナーにもかかわらず5番人気の評価に甘んじたココロノアイが、低評価をあざ笑うように快勝。本番と同じ舞台のステップレースを制して、胸を張って桜花賞に向かう。2歳女王ショウナンアデラ、3戦無敗のルージュバックキャットコインに続いて、今度は重賞2勝馬が誕生。関東馬は豪華ラインアップで桜花賞を迎えることになりそうだ。

 レースはウインソワレが好スタートから先手を取って、その後ろにマイティティーオリエンタルダンスと続いたが、スタートして1ハロンほど行ったところで外からレッツゴードンキがスピードに乗ってハナを奪う。さらに外からブチコもこれをマークするように2番手に上がった。ウインソワレは3番手に控え、人気のクルミナルは後方のインでレースを進める。降りしきる雨で道悪になり、バランスを崩す馬も多い中、直線に向いてもレッツゴードンキはインで懸命の粘り。しかし、中団を追走していたココロノアイが外からじわじわと迫り、一枚上の末脚を発揮して差し切り、重賞2勝目を飾った。大外から猛然と追い込んだ7番人気アンドリエッテが1馬身1/4差の2着。さらに3/4馬身差の3着が2番人気のレッツゴードンキだった。

 ココロノアイは、父ステイゴールド、母ビューティソング、母の父デインヒルという血統。北海道浦河町・酒井牧場の生産馬で、(有)酒井牧場の所有馬。通算成績は5戦3勝。重賞はGIIIアルテミスS(2014年)に次いで2勝目。尾関知人調教師、横山典弘騎手ともにチューリップ賞は初勝利。

 横山典騎手は「きょうはこの1鞍だけなので、前のレースを見て馬場は悪いと思っていましたが、血統的には父がステイゴールドで母の父がデインヒルですから、心配していませんでした。この馬場で、なかなかしっかりした、いい脚で走ってくれましたね。(成長した点は)一番は精神面です。ヤンチャで暴走したりする面があったのですが、スタッフがしっかりやってくれたおかげで返し馬も注文がなかったですし、折り合いもすごく良かったです。(馬主であり生産者である)酒井牧場の酒井さんにはいろいろとお世話になったので、何とかいいところを取れればと思います」とクラシック制覇を見据えていた。

★7日阪神11R「チューリップ賞」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

⇒もっと見る

マイティティーの関連コラム

関連コラムはありません。

マイティティーの口コミ


口コミ一覧
閲覧 30ビュー コメント 0 ナイス 3

1着ワンミリオンス
距離伸びたけど、折り合いもついて道中は気分よく走ってるように見えたし、直線向いてしっかり伸びて接戦でしたが勝ち切ってくれました!
1800mは本質的には少し距離長いような気もしますが、1800mをこなせたのは今後の選択肢が広がるという面でかなり大きいですね。
4歳でまだ若いし、1000万下、1600万下、地方交流重賞と怒涛の3連勝なんで今後の活躍がますます楽しみです。

2着リンダリンダ
4歳で若いとはいえ、船橋1800mの交流重賞クイーン賞では斤量51kgでも1.9差離されて負けてた馬が、今回は斤量55kg背負ってたのに0.1差の2着って、こんなのぼくには予測不可能でした。
しかも、着拾いにいっての2着じゃなくて、このメンバー相手に4コーナー先頭の競馬で勝ちにいっての0.1差2着なんで内容はかなり濃いですね。
ここで2着に頑張った馬も、2着に持ってきた吉原も相当すごいですけど、この馬の2着を予想して馬単や3連単当てた競馬ファンは同じぐらいすごいと思いました。

3着ホワイトフーガ
JBC以来のレースやし、58kg背負って0.1差3着なんで、全然悲観することないけど、少なからず影響あっての3着なのか、全く影響なくて3着だったのか、ノドの影響はどうだったんでしょうね。
ノドに問題抱えてる場合はいつ深刻な影響出てくるかわからないし、能力高い馬なんで出てくれば上位人気する馬だけに上位評価で買う時ほど勇気がいりますね。

11着マイティティー
スタートしてから騎手がかなり押して逃げてましたけど、3コーナー過ぎで力尽きて1着馬から4.7差も離された11着。
馬体重次第で着順の振り幅大きそうとは書いてましたが、単勝狙ってた2頭のうちの1頭なんで、まさかここまで大きく負けるとは思ってなかったです。
前走で13kg減ってた馬体重が今日は1kgしか増えてなかったんで馬体重が戻らない影響も引き続きあったのかもですが、2走連続でここまで大きく負けると、馬体重以外に何か重大な問題あるのかな?と心配になります。
どこかで復活してほしいし、馬体が戻った頃にまた狙ってみたい馬ですけどね。

☆TCK女王盃 馬券結果☆
宣言通り、単勝 7・1 馬連1−7を買ったら、マイティティーは最下位でしたが、ワンミリオンスが見事に1着!!!
単勝で狙った2頭が1着と最下位なんで1着馬を当てたからと言って素直に喜んでいい予想結果なのかは微妙ですが・・・。

まあ、一応当たったし、前日オッズから少し安くなったとはいえ、単勝5.7倍ついたから十分満足です。

収支は+11100Pでした。


--------------------------------------------------------------------------------

☆おまけ☆
JRAの予想が過去5年の1着馬の傾向を探ってるのと、今年から馬連BOXの縛りを解除したのもあって、単勝買う機会が以前よりかなり増えましたが・・・。

・1着も着外もありそうで振り幅は大きいけどオッズと期待値のバランス考えたらおいしい単勝の馬を狙う時
・混戦で2、3着にどの馬買えばいいか全然絞り切れない時
・難しすぎるレースやから少ない買い目で負けた場合の傷を浅くすませたい時
などなど、単勝ってけっこう重宝する馬券だな〜と思いました。

運よく、今年最初の地方交流重賞を当てることができたんで、去年に引き続き今年も地方交流重賞で回収率を黒字にできるように頑張ります!!!

 グリーンセンスセラ 2017年01月25日(水) 13:57
TCK女王盃(G3) 
閲覧 28ビュー コメント 0 ナイス 2

TCK女王盃(G3)、2017年の「交流重賞」開幕! 女王ホワイトフーガが登場も「異色」のディープインパクト産駒が意地を見せるか━ Gambling Journal ギャンブルジャーナル/2017年01月24日 08時38分00秒
http://biz-journal.jp/gj/2017/01/post_2387.html

昨年、軒並み前年比の売上を上回り、好調だった日本中央競馬会(JRA)以上の成長を見せた地方競馬だが、今年もさっそく交流重賞が開幕する。

 25日に大井競馬場で開催されるTCK女王盃(G3)は、一昨年はチャンピオンズC(G1)を勝ったサンビスタが、昨年もJBCレディスクラシック(G1)を勝ったホワイトフーガがそれぞれ勝利を収めるなど、2年連続で同年のG1勝ち馬を輩出している出世レースだ。

 そんなある意味では一年を占うような重要なレースに、今年も現役女王ホワイトフーガ(牝5歳、美浦・高木登厩舎)を筆頭に牝馬ダート戦線の強豪が集っている。

 最強女王ホワイトフーガが今年もTCK女王盃から始動する。「ダート史上最強馬の一頭に数えられるクロフネの産駒が、何故かダートは走らない」といわれて久しいが、この"孝行娘"が今やクロフネ産駒ダートの稼ぎ頭となっている。

 昨秋のレディスプレリュード(G2)では単勝1.3倍に推されながら、タマノブリュネットに脚をすくわれたが、本番のJBCレディスクラシックでは見事に巻き返した。初ダートだった桜花賞馬レッツゴードンキの激走に遭ったものの、力でねじ伏せ連覇達成。女王の貫録を見せつけた。

 ミラクルレジェンド以来のJBCレディスクラシック連覇を成し遂げ、牝馬相手なら向かうところ敵なしとなっているホワイトフーガだが、今回のネックは斤量か。昨年は56圓靴堂勝したが、今年は58圓任僚仭。牡馬換算すると、60圓砲覆觜麥未澄

 ただ、昨年のスパーキングレディー(G3)では今回と同じ58圓鯒愽蕕い覆らも強い競馬で完勝している。牝馬ながら500圓鯆兇┐詛和里了ち主で、斤量の影響も少ないだけに問題ないか。鞍上は、22日のAJCC(G2)を制して勢いに乗る蛯名正義騎手が務める。

 ただ、いくら現役女王とはいえ、58圓鯒愽蕕辰導擇望,燭擦襪錣韻砲呂いない。

 逆転の筆頭候補は意外にもJRA勢ではなく、地方勢の大将を務めるトーセンセラヴィ(牝6歳、浦和・小久保智厩舎)だ。

 最初は中央でデビューしたものの、500万下で苦戦する存在だった。だが、4歳の12月に浦和競馬に移籍すると、そこからは13戦して11勝2着1回3着1回というパーフェクトな成績。ディープインパクト産駒の地方所属馬という異色の存在が、その血に恥じない大きな成長を遂げている。

 昨年3月からは破竹の8連勝を達成して堂々とJBCレディスクラシックに挑んだが、結果は3着。だが、前を走っていたのがホワイトフーガとレッツゴードンキであれば、悲観する結果ではないはずだ。JBCレディスクラシックではホワイトフーガに大きく突き放されたが、あの時とは異なりこちらには3kgの斤量のアドバンテージがある。

 母のトーセンジョウオーもエンプレス杯(G2)やマリーンC(G3)を勝つなど、交流重賞の牝馬限定戦で活躍した名牝。だが、結局G1には手が届いておらず、悲願を娘に託すこととなっている。越えなければならない壁は高いが、向こうは休み明け。斤量面を考慮しても、叩くなら"ここ"だろう。

 昨年のレディスプレリュードでホワイトフーガを相手に金星を挙げたタマノブリュネット(牝5歳、美浦・高柳瑞樹厩舎)も面白い存在だが、騎乗予定だったC.ルメール騎手が22日の落馬で急遽、大井の真島大輔騎手に乗り替わりとなっている。

 また、条件戦を連勝中の上がり馬ワンミリオンス(牝4歳、栗東・小崎憲厩舎)も、主戦の福永祐一騎手が22日にインフルエンザを患ったため急遽、戸崎圭太騎手に乗り替わっている。

 どちらも逆転の有力候補だけに、この予定外の乗り替わりが一つのポイントとなりそうだ。


 他にも昨年12月のクイーン賞(G3)で2着したタイニーダンサー、そのクイーン賞で8着惨敗もまだ見限るには早い素質馬マイティティーとJRA勢は逆転まである面白いメンバーが揃った。地方勢では前走でトーセンセラヴィに食い下がったリンダリンダまでが圏内か。

 2017年の開幕を飾る交流重賞TCK女王盃(G3)は、25日(水)の16時15分に発走予定だ。

[もっと見る]

 やすの競馬総合病院 2017年01月24日(火) 21:02
TCK女王盃の予想の巻
閲覧 53ビュー コメント 0 ナイス 4

去年は地方交流重賞は回収率200%とかなりいい成績を修めることができたので、今年も黒字になるように頑張っていきますよ〜。ということで、TCK女王盃の予想をやっていきましょう。

☆TCK女王盃の予想☆
出走馬の中から、高確率で着外になりそうな馬を消していくと、生き残った馬達は・・・
マイティティー
トーセンセラヴィ
タイニーダンサー
ワンミリオンス
ホワイトフーガ
タマノブリュネット
の6頭。

この6頭を1頭ずつ順番にチェックして最終的に買い目を決めていきましょう。

マイティティー
1000万下、1600万下と連勝した後のクイーン賞で2番人気に支持されながら、3.2差の8着と大敗ですが・・・。
こんな大敗は能力以外の部分が原因だと思うんで、馬体重−13kgの影響が濃厚かも?
当日の馬体重次第で着順の振り幅は大きそうですが一発の可能性は十分に秘めてますね。

トーセンセラヴィ
川崎ダ1600mのJBCレディスクラシックが3着とはいえ1.1差も離された3着やし・・・。
JRA在籍時は500万下でも勝ててなかったし、南関東では安定して強いけど1600m以下のレースばっかりなんで、1800mに距離伸びてJRA勢相手だと3着あるかどうかってところかな〜?

タイニーダンサー
最近は交流重賞で上位にきても1着馬からはけっこう離されてるんで、買うにしても3連単や3連複の押さえ的な感じかも。
買い目の点数次第では消しちゃってもいいぐらいですね。

ワンミリオンス
1000万下、1600万下と連勝中の4歳馬なんで勢いと若さは驚異やし、引き続き戸崎騎乗なのもいい感じ。
ダートは1400mしか走ってないんで問題は1800mの距離適性ですけど、ゴールドアリュール産駒やし、1400mでガンガン先行するタイプじゃなく中団後方ぐらいで溜めて末脚を活かす競馬してるから距離が伸びても大丈夫かも?
直線長いコースも末脚活かせる分プラスやし、一発の可能性は十分に秘めてますね。

ホワイトフーガ
去年の1着馬やし、牝馬相手だと安定して勝ち負けできてるんであっさり勝つかもですけど・・・。
去年より2kg重い58kg、未知数の相手との初対決、ノドに不安を抱えてるんで力出せない可能性も少なからずある馬などの不安要素もあるんで、単勝オッズほどの絶対的存在かどうかは微妙かも?

タマノブリュネット
3走前にホワイトフーガに勝ってますけど、去年は0.7差離された3着に負けてるし、ここ2走の内容見ても3着あるかどうかってところかな〜?

☆結論☆
◎ワンミリオンス(前日単勝オッズ 5.9倍)
〇マイティティー(前日単勝オッズ 9.9倍)
△ホワイトフーガ(前日単勝オッズ 1.6倍)

☆TCK女王盃 買い目☆
印はつけたけど、どう買いましょうか〜?

ワンミリオンスもマイティティーも馬体重や距離適性次第で着外に沈む可能性も十分にあるけど、勝てるチャンスも十分にある馬だと思うんでこのオッズで買えるのは期待値的にもおいしいし、ここで勝ったら当分こんな単勝オッズでは買えなくなるんで、明日はこの2頭の単勝を狙うには絶好の機会なのかな?

ということで、ワンミリオンスもマイティティーの2頭の単勝を狙いつつ、この2頭が1・2着した場合の馬連1−7が30倍以上ついてるんで、おまけでこれも押さえておきましょう。

ホワイトフーガは3連系や馬単主体の買い目だったらもちろん買い目に入れるけど、ワンミリオンスとマイティティーの2頭の単勝を狙うのが主体の買い目になったので印つけたけど買い目には入れませんでした。

とにかく、明日は、ワンミリオンスとマイティティーのどちらかが勝ってくれるのを期待した馬券で勝負です!
もしも、1・2着なら単勝+馬連のダブル的中なんで最高ですけどね〜。

単勝 7 3000P
単勝 1 2000P
馬連 1−7 1000P 合計6000P


--------------------------------------------------------------------------------
☆おまけ☆
稀勢の里の横綱昇進のニュースをよく見かけますが、フィエロ、サウンズオブアースなどなど、あと一歩のところでGI勝ててない馬達がこのニュースを見たら、勇気づけられてGI勝っちゃうかもしれませんね。

[もっと見る]

マイティティーの掲示板

コメント投稿
コメント一覧
コメントはありません。

マイティティーの写真

投稿写真はありません。

マイティティーの厩舎情報 VIP

2016年10月30日御陵ステークス1着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

マイティティーの取材メモ VIP

2016年10月30日 御陵ステークス 1着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。