ラブラドライト(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
ラブラドライト
写真一覧
抹消  鹿毛 2009年5月15日生
調教師斉藤崇史(栗東)
馬主吉田 勝己
生産者ノーザンファーム
生産地安平町
戦績28戦[4-6-3-15]
総賞金11,067万円
収得賞金2,350万円
英字表記Labradorite
血統 キングカメハメハ
血統 ][ 産駒 ]
Kingmambo
マンファス
タンザナイト
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
キャサリーンパー
兄弟 ダンビュライトモルガナイト
前走 2018/02/17 ダイヤモンドS G3
次走予定

ラブラドライトの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
18/02/17 東京 11 ダイヤモンド G3 芝3400 143455.1913** セ9 53.0 中谷雄太斉藤崇史480(-16)3.38.0 6.442.0フェイムゲーム
18/01/07 京都 11 万葉S OP 芝3000 9896.048** セ9 53.0 酒井学斉藤崇史496(-6)3.08.6 1.637.2トミケンスラーヴァ
17/09/03 札幌 11 丹頂S OP 芝2600 14454.819** セ8 53.0 酒井学斉藤崇史502(-2)2.45.5 1.339.0プレストウィック
17/08/05 札幌 11 札幌日経OP OP 芝2600 10897.123** セ8 56.0 酒井学斉藤崇史504(+12)2.40.7 0.135.6モンドインテロ
17/04/30 京都 11 天皇賞(春) G1 芝3200 1712167.71317** セ8 58.0 酒井学斉藤崇史492(+16)3.16.2 3.737.7⑪⑪⑭⑭キタサンブラック
17/02/18 東京 11 ダイヤモンド G3 芝3400 153428.462** セ8 51.0 酒井学斉藤崇史476(-10)3.35.4 0.234.5アルバート
17/01/05 京都 10 万葉S OP 芝3000 126721.772** セ8 51.0 酒井学斉藤崇史486(0)3.06.2 0.137.1⑧⑨⑩⑨タマモベストプレイ
16/12/10 阪神 10 オリオンS 1600万下 芝2400 92240.284** セ7 54.0 V.シュミ斉藤崇史486(-6)2.26.8 0.535.2マイネルサージュ
16/10/22 京都 10 古都S 1600万下 芝2400 1281219.6810** セ7 54.0 松若風馬斉藤崇史492(+4)2.25.9 0.634.8プロレタリアト
16/10/10 東京 10 オクトーバー 1600万下 芝2400 106630.785** セ7 54.0 石橋脩斉藤崇史488(+4)2.28.1 0.334.5トーセンバジル
16/06/25 阪神 11 グリーンS 1600万下 芝2400 155881.1126** セ7 54.0 中谷雄太斉藤崇史484(0)2.29.3 1.138.8⑤⑤プレストウィック
16/05/07 東京 10 緑風S 1600万下 芝2400 114432.4810** セ7 55.0 大野拓弥斉藤崇史484(-16)2.27.1 0.835.1④⑤④サムソンズプライド
16/04/10 阪神 10 大―ハンC OP 芝2400 164786.71412** セ7 52.0 小崎綾也斉藤崇史500(-2)2.26.9 1.535.5④④⑤⑤クリプトグラム
15/11/14 京都 10 比叡S 1600万下 芝2400 143437.91012** セ6 57.0 松山弘平音無秀孝502(+18)2.28.9 1.536.6アルバート
14/08/10 札幌 11 札幌日経OP OP 芝2600 12676.532** セ5 56.0 池添謙一音無秀孝484(-10)2.41.8 0.935.2バンデ
14/07/13 函館 10 北海ハンデ 1000万下 芝2600 118104.731** セ5 55.0 池添謙一音無秀孝494(+14)2.39.5 -0.036.5フィルハーマジック
14/02/22 東京 11 ダイヤモンド G3 芝3400 11676.244** セ5 50.0 酒井学音無秀孝480(+2)3.30.7 0.536.5フェイムゲーム
14/01/06 京都 11 万葉S OP 芝3000 10224.022** セ5 50.0 酒井学音無秀孝478(-8)3.07.6 0.635.2タニノエポレット
13/12/22 阪神 10 江坂特別 1000万下 芝2400 16486.337** セ4 57.0 松山弘平音無秀孝486(+6)2.29.7 0.636.9マイネルアイザック
13/06/09 阪神 9 香住特別 500万下 芝2400 108101.811** セ4 57.0 松山弘平音無秀孝480(+4)2.27.7 -0.234.8マイネルアクロス

⇒もっと見る


ラブラドライトの関連ニュース

 2月17日の東京11Rで行われた第68回ダイヤモンドステークス(4歳以上オープン、GIII、芝3400メートル、ハンデ、14頭立て、1着賞金=4100万円)は、58.5キロのトップハンデを背負った1番人気フェイムゲーム(セン8歳、美浦・宗像義忠厩舎)がクリストフ・ルメール騎手に導かれ、2014年、15年に次ぐこのレース3勝目を挙げた。タイムは3分31秒6(良)。フェイムゲームハーツクライ産駒で、同産駒が3着以内に入るのは12年から7年連続。2着はリッジマン(5番人気)、3着はソールインパクト(6番人気)だった。

 グランアルマダが逃げて、ラブラドライトレジェンドセラー、ハッピーモンメントが続く展開。フェイムゲームは後方4番手から2周目向こう正面で外からポジションを少し上げていった。直線に入ると、レジェンドセラーが先頭へ。その後、プレストウィックがかわそうとしたが、中団につけていた馬が一斉に襲いかかり、そのうち外からグングン伸びてきたフェイムゲームが差し切り勝ちを収めた。1馬身3/4差の2着リッジマン、さらに1馬身1/4差の3着ソールインパクトも道中は中団待機組。2番人気ホウオウドリームは7着だった。

 フェイムゲームは、父ハーツクライ、母ホールオブフェーム、母の父アレミロードという血統。北海道安平町・ノーザンファームの生産馬で、馬主は(有)サンデーレーシング。通算成績は28戦7勝(うち海外2戦0勝)。重賞は13年京成杯・GIII、14年ダイヤモンドS・GIII、アルゼンチン共和国杯・GII、15年ダイヤモンドS・GIII、17年目黒記念・GIIに次いで6勝目。ダイヤモンドSは、宗像義忠調教師は14年、15年(ともにフェイムゲーム)に次いで3勝目。クリストフ・ルメール騎手は07年トウカイトリックに次いで2勝目。



 ◆クリストフ・ルメール騎手「福永さんの馬(ソールインパクト)をマークしていった。直線で反応は早くなかったけど、スタミナがあるから、最後に伸びてくれました。8歳だけど頑張っています。経験もスタミナもある馬だから、ドバイ(招待状が届いた3月31日のドバイゴールドC)はいいチャレンジになるよ」



★【ダイヤモンドS】払い戻し確定!! 全着順も掲載

【ダイヤモンド】フェイムゲームが1番人気/13:00時点 2018年2月17日() 13:24

 東京の土曜メインレースには、芝長距離のハンデ重賞・ダイヤモンドS(2月17日、GIII、芝3400メートル)が組まれている。



 このあと控える阪神大賞典、さらには天皇賞・春といった芝の長距離路線に向けて、新たなスターが誕生するのか注目の一戦だ。



 単勝1番人気は14、15年に連覇しており同一重賞3度目の制覇を目指しているフェイムゲームで3.2倍、年明けの万葉Sで2着に善戦しているリッジマンが5.0倍で続き、名牝・メジロドーベルを母に持つホウオウドリームが僅差の5.1倍で3番人気となっている。13:00時点での単勝オッズは以下の通り。



(左から)枠番-馬番 馬名 単勝オッズ1- 1 リッジマン      5.02- 2 ハッピーモーメント 35.63- 3 プレストウィック   8.93- 4 ラブラドライト   51.04- 5 ホウオウドリーム   5.14- 6 ソールインパクト  10.45- 7 リッチーリッチー  20.25- 8 レジェンドセラー   5.66- 9 トウシンモンステラ 81.36-10 ダウンザライン   93.97-11 サイモントルナーレ247.57-12 グランアルマダ   40.38-13 トレジャーマップ  75.48-14 フェイムゲーム    3.2



ダイヤモンドSの枠順はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【ダイヤモンド】厩舎の話2018年2月16日(金) 12:01

 ◆グランアルマダ・西園師 「ハナにこだわりたい」

 ◆サイモントルナーレ・加藤和師 「年齢も年齢だから現状維持」

 ◆ソールインパクト・戸田師 「前走は展開不向き。改めて」

 ◆ダウンザライン・尾形充師 「距離は大丈夫だと思うけど、芝の重賞だからね」

 ◆トウシンモンステラ・笹倉助手 「日曜に速い時計はやっているし、体もできている」

 ◆トレジャーマップ・石栗師 「距離は問題ないが、体が絞りきれず筋肉も硬い」

 ◆ハッピーモーメント・辻野助手 「長距離の持久力勝負になれば」

 ◆フェイムゲーム・宗像師 「この条件は得意。衰えもない」

 ◆プレストウィック・武藤師 「折り合い面で進境。左回りでも」

 ◆ホウオウドリーム・安藤助手 「3400メートルは未知だが、馬体は成長している」

 ◆ラブラドライト・斉藤崇師 「コース相性のよさに期待」

 ◆リッジマン・庄野師 「格上挑戦になるがスタミナ争いなら」

 ◆リッチーリッチー奥村武師 「跳びが大きくスタミナもあるので長距離は合う」

 ◆レジェンドセラー・木村師 「この距離で良さが出れば」

ダイヤモンドSの出馬表はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【ダイヤモンド】厩舎の話2018年2月15日(木) 11:22

 グランアルマダ・西園調教師「時計は出ている。ハナにこだわる」

 サイモントルナーレ・加藤和調教師「年齢的にもう状態は変わらない」

 ソールインパクト・戸田調教師「前走は展開が不向き。使われて良化」

 デビルズハーツ・戸田調教師「芝の長丁場は合うかも。体調はいい」

 フェイムゲーム・宗像調教師「長丁場は得意。年齢的なものも大丈夫」

 プレストウィック・武藤調教師「折り合いに進境。今なら左回りでも」

 ホウオウドリーム・安藤助手「息の入りが良化。馬体も成長した」

 ラブラドライト・斉藤崇調教師「コース相性の良さに期待する」

 リッジマン・庄野調教師「格上挑戦になるが、スタミナ争いなら」

 リッチーリッチー奥村武調教師「ビュンという脚はないがバテない」

 レジェンドセラー・木村調教師「しっかり追った。この距離で期待」(夕刊フジ) 

ダイヤモンドSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【ダイヤモンド】追って一言2018年2月15日(木) 05:03

 ◆グランアルマダ・西園師 「この馬なりに時計は出ている。持ち味を生かすためにもハナにこだわりたい」

 ◆サイモントルナーレ・加藤和師 「年齢も年齢だから現状維持。体調面は変わらずきている」

 ◆ソールインパクト・戸田師「前走は展開不向きで競馬が消極的過ぎた。使われて良化。動きも満足いくもの。改めて」

 ◆デビルズハーツ・戸田師 「芝の長丁場は合うかも。体調は良く、どこまでやれるか」

 ◆フェイムゲーム・宗像師 「動きはまずまず。この条件は得意にしているし、年齢的に上積みはないけど、衰えもないので」

 ◆プレストウィック・武藤師 「右回りに良績があるが、折り合い面で進境がある今なら左回りでも。チャンスはある」

 ◆ホウオウドリーム・安藤助手 「ひと叩きされたことで息の入りはよくなった。馬体は成長している」

 ◆ラブラドライト・斉藤崇師 「追い切りはいつも通り。コース相性のよさに期待する」

 ◆リッジマン・庄野師 「テンションが上がりすぎないように調整している。格上挑戦になるが、スタミナ争いなら気後れはしない」

 ◆リッチーリッチー・奥村武師 「併走遅れは想定内。ビュンという脚はないけどバテない。跳びが大きくスタミナもある。長距離は合うはず」

★ダイヤモンドSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【ダイヤモンドステークス】特別登録馬2018年2月13日(火) 17:30

[もっと見る]

⇒もっと見る

ラブラドライトの関連コラム

閲覧 806ビュー コメント 0 ナイス 1



みなさんこんにちは!

本日は東京11R「ダイヤモンドS G3」の『凄馬出馬表』を分析したいと思います。

今回も「U指数」だけでなく、U指数のポイントに【調教評価】、【厩舎評価】、【斤量補正】を数値化し加算減算しU指数を補正することで「総合ポイント」を算出しました。
★「U指数」について詳しくはこちらをご覧ください→U指数についてページ

U指数1.0ポイントは約1馬身差にあたるので、これを目安に以下のような重み付けをしました。
【調教評価】は競馬エイトの調教評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「5」・・・「-1.0ポイント」
「6」・・・「±0.0ポイント」
「7」・・・「+1.0ポイント」
「8」・・・「+2.0ポイント」
【厩舎評価】競馬エイトの厩舎コメントの評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「△」・・・「-1.0ポイント」
「○」・・・「±0.0ポイント」
「◎」・・・「+1.0ポイント」
【斤量補正】は1.0kg=「0.5ポイント」として以下の基準体重との差分に乗算しました。
「牡馬」・・・「57.0kg」
「牝馬」・・・「55.0kg」


上記の補正を行った『凄馬出馬表』(画像)をご覧ください。





第1グループ(橙)は、フェイムゲームのみ1頭。
第2グループ(黄)は、トウシンモンステラから1.0ポイント差(約1馬身差)内のラブラドライトプレストウィックハッピーモーメントサイモントルナーレまで5頭。
第3グループ(薄黄)は、リッジマンから1.0ポイント差(約1馬身差)内のレジェンドセラーリッチーリッチーホウオウドリームソールインパクトまで5頭となっていて、以下は第4Gとなっています。

凄馬出馬表を見渡すと、フェイムゲームトウシンモンステラ間に約3ポイントの大きな差が生じています。イメージ通り、というべきかこの路線でこのメンバー構成となると、正直58.5㎏でもフェイムゲームにとっては自分との闘いになるのかなといった印象。そしてその下は大きな差がなく、展開、適性、勢いなどで下位からの逆転も十分、そんな印象の配置です。

そんななか今回の◎は、過去このレースで好走率の高いG1(菊花賞)不出走の4歳馬から◎ホウオウドリームに期待しました。レースぶりから折り合い難のあるタイプではありませんし、エンジンの掛かりが遅いかわりに広いコースでの長距離戦ならスローからの瞬発力勝負でもまとめて前を一掃してくれるとみての本命視。前走は+10kgで太目残りでしたので当日絞れてきてくれないと困るのですが、ひと叩きの効果と東京3400m戦での大幅パフォーマンスアップに期待しています。ルーラーシップ産駒が基本的に距離が伸びて良いことや、松岡騎手もこのレースで4度穴を開けるなど芝3000m超での単複回収率が良いことも本命の理由。
以下、穴傾向の前走重賞以外組から○リッチーリッチー。先にも書いた通り自分との闘いとなりそうな▲フェイムゲームは、個人的に3000m超戦でセン馬本命は極力しないようにしているというのもあって3番手。◎同様に菊花賞不出走の4歳馬☆レジェンドセラーと、ここまでを上位評価。
そして今回の私の馬券は、◎から○▲☆の上位3頭への馬連を中心に、△リッジマン、△プレストウィック、△ソールインパクトまでを加えた馬単で勝負としたいと思います。

【馬連流し】
◎=○▲☆
5=7,8,14(3点)

【馬単流し】
◎→印
5=1,3,6,7,8,14(6点)

計9点


登録済みの方はこちらからログイン

2017年5月2日(火) 18:50 競馬プロ予想MAX
先週の回顧~(4/29~4/30)はははふほほほプロが穴馬指名で高額払い戻しを連発!
閲覧 750ビュー コメント 0 ナイス 3

先週は、30(日)に京都競馬場でG1天皇賞(春)が行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
G1天皇賞(春)キタサンブラックが1番人気で2.2倍、2番人気がサトノダイヤモンドで2.5倍、3番人気がシャケトラで9.9倍とここまでが10倍を切る形で人気を形成しました。

注目のスタートはキタサンブラックが好スタートを決めますが、外からヤマカツライデンがこれを制して先手を奪うとグングン突き放す形で1週目のホームストレッチに差し掛かります。先頭はヤマカツライデンでリードは8馬身、2番手にキタサンブラック、3番手にアドマイヤデウス、続いてワンアンドオンリーシャケトラシュヴァルグランファタモルガーナサトノダイヤモンドを先団を形成。中団からはアルバートタマモベストプレイラブラドライトトーセンバジルゴールドアクターディーマジェスティと追走。後方はスピリッツミノルプロレタリアトと続いて最後方にレインボーラインの態勢。先頭のヤマカツライデンの刻んだ前半1000m通貨は58秒3(参考)の厳しい流れ。縦長の隊列となりましたが、3コーナーを過ぎたあたりでキタサンブラックがペースを上げるとこれに反応した各馬も追い出しを開始!4コーナー手前でヤマカツライデンを早々と捉えたキタサンブラックが先頭で直線コースへ差し掛かります。

キタサンブラックが先頭でリードは2馬身、2番手にシュヴァルグラン、その内からアドマイヤデウス、外からはサトノダイヤモンド!後続は離れて早々と4頭のレースの様相!残り200mを通過、アドマイヤデウスシュヴァルグランサトノダイヤモンドの3頭が懸命に前を追いますが、力強い脚で粘るキタサンブラックとの差を詰められず、隊列変わらぬままゴール!キタサンブラックが圧巻の内容で大阪杯に続く、G1連勝を成し遂げました!勝ちタイムはディープインパクトの持つ3分13秒4(良)を大幅に更新する3分12秒5(良)のスーパーレコード!1馬身1/4差の2着にシュヴァルグラン、そこからクビ差の3着にサトノダイヤモンドが入っています。
 
公認プロ予想家ではおかべプロ他10名が的中しています。

----------------------------------
 
☆☆☆注目プロ →はははふほほほプロ
勝負レースに選んだ30(日)京都10Rで『前回のダートは府中1600mでこの馬には少し長かった。中山芝1200mでOP勝ちがあり芝スタートのここは楽に好位で流れに乗れる。この枠順なら砂をかぶる心配もない。23日の南Wが好内容と仕上がりも上々。一発あるならこの馬。』と狙った◎マイネルバールマンの単勝27.3倍、複勝8.8倍を的中!12万5000円を払い戻しました!この他にも京都9Rエマノン(単勝45.7倍→1着)や東京8Rニシノクラッチ(38.3倍)など穴馬指名で高額払い戻しを連発!週末トータル回収率127%、収支プラス19万9000円をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →山崎エリカプロ
30(日)東京11Rで『前走のニュージーランドTは、前に壁を作れず、タフな馬場を先行したために11着に凡退しました。しかし、前走で厳しい流れを経験したことが、今回でのスタミナ強化に繋がるはず。高速馬場の東京なら巻き返しが濃厚でしょう。』と狙った◎カリビアンゴールドと△ブラックスビーチの馬連79.2倍を1000円、複勝600円を5000円的中させ、10万9200円を払い戻しました!週末トータル回収率196%、収支プラス7万7200円をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →岡村信将プロ
30(日)京都9Rで単勝45.7倍の◎エマノンを本命に抜擢!単勝を3900円的中させ、17万8200円を払い戻しました!週末トータル回収率143%、収支プラス12万2960円をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →おかべプロ
30(日)京都11R天皇賞(春)で『素直に2強。絶好枠はゆーいち君、理想はキタサンマーク』と見解を示し、◎サトノダイヤモンドキタサンブラックシュヴァルグランの3連複1点勝負で的中!6万1000円を払い戻しました!週末トータル回収率144%、収支プラス5万3700円を払い戻しました!
 
この他にも霧プロ馬っしぐらプロが回収率100%超の活躍を見せています。

※全レースの結果速報はこちら!


今週も、競馬予想の達人・ウマニティ公認プロ予想家陣の予想にご注目下さい。

[もっと見る]

2017年4月28日(金) 11:00 くりーく
くりーくの中間調教チェック 2017天皇賞(春)
閲覧 1,708ビュー コメント 0 ナイス 5



こんにちは、くりーくです。このコラムでは、今週行われるG1出走予定馬の中間の調教内容を中心に分析してご紹介します。
前回に引き続き、前走からの中間の調整内容(評価はA~F)を中心に各馬コメントをしていきたいと思いますので、私の予想の基幹部分でもある調教分析術を是非あなたの予想にお役立て下さい。
なお、シューナカコラムで取り上げている競走馬については同コラム内でコメントしていますのでそちらでご確認ください。


◇優先出走馬◇

シャケトラ(B)
昨年の6月にデビューしたレースでの予想でこの馬は大きなところまで行く馬と書いたのですが予想通り1年も経たないうちにG1の舞台で有力馬の1頭として出走してくれました。まだ粗削りな感じもあり不安なところもありますのでまだまだ成長する馬だと思います。状態に関してはこの中間も1週前にCWで長めから併せ馬で追われ、日曜日にも坂路で速い時計が出ており乗り込み豊富で順調な仕上がり。直前は馬なりで速い時計が出ていれば好勝負できそう。


<賞金決定順>

ゴールドアクター(B)
前走時もしっかり乗り込まれていて動きも悪くなかったのですがパドックでのイレ込みがきつくその辺が直線での伸びきれない結果につながってしまったのかもしれません。この中間は2週前、1週前と今回騎乗する横山典騎手が騎乗して追い切られ動きも良く仕上がりは良さそう。あとは関西への輸送もあるので当日のイレ込みが一番重要になってくると思います。

アルバート(B)
1週前追い切りの動きを見ると首が上がり気味ですが時計は優秀。輸送もあるので最終追い切りは軽めの追い切りになると思いますが昨年より良い状態で出走できそう。

ディーマジェスティ(A)
ジャパンC以来となった前走はしっかり乗り込まれていましたが+6キロとまだ絞れそうな馬体で少し集中力を欠くパドックでした。前走時しっかり乗り込まれていたので反動もなくこの中間も入念な乗り込みで1週前の追い切りは動きが軽くなった感じで上積みがありそう。関東馬で輸送がありますがそれでもビッシリ追ってくるようなら勝負調教かもしれません。

シュヴァルグラン(B)
前走の阪神大賞典では直前の追い切りを坂路にするくらい休み明けから仕上げてきている感じでした。この中間も2週前、1週前とCWを長めから一杯に追われ直前の日曜にも坂路で時計を出して調子落ちなく順調にきている感じ。

ワンアンドオンリー(B)
前走時も調教内容に関しては悪くなかったのですがレースでは特に見せ場もなく凡走。この中間も入念な乗り込みで和田騎手が2週前、1週前と追い切りにも騎乗して時計も優秀ですが勝ち鞍のない京都でのレースで気持ちのスイッチが入らないと好走は厳しいかもしれません。

ファタモルガーナ(E)
昨年と同じローテーションで調教でもそれほど速い時計の出る馬ではないのですが今年も時計のかかる馬場とはいえ目立つ時計はなく昨年と比べても物足りない。

タマモベストプレイ(B)
この中間は2週前、1週前とCWを3頭併せで追い切られ前走並みの好時計が出ています。しっかり乗り込まれ状態面も良さそうなので良い状態で出走できそうです。

アドマイヤデウス(A)
日経賞から中間速い時計3本。1週前の追い切りは岩田騎手騎乗で長手綱で気分良さそうな走りで好印象。京都大賞典ではキタサンブラックと差のないレースをしておりその時に近い出来で臨めそう。

ヤマカツライデン(C)
今年は日経新春杯から始動するも調教では時計が出ている割に結果がついてこない状況。昨年の春の好成績が出ていた時は坂路で好時計が出ていたが近走はCW中心の調教内容でこの中間も時計は出ているが何かキッカケがないと厳しいように思います。

トーセンバジル(C)
休み明けの前走は調教内容も良く好仕上りで内容も悪くなかったが最後伸びそうで伸びきれないところは能力の差のように思います。今回も長距離戦で1週前が馬なりというところは状態面で少し気になる。

スピリッツミノル(F)
1週前の追い切りでは手応えの割に伸びそうで伸びない内容。中間も速い時計少なくこの内容では好走は厳しそう。

ラブラドライト(D)
それほど速い時計の出る馬ではないがこの中間も特に目立つ時計もなく上積みはそれほどなさそう。

プロレタリアト<C>
休み明けの前走から間隔も空いているので乗り込みようは多いがこれと言って目立つ時計もなく1週前の追い切り終いもうひと伸びが足りない感じで今回は相手が強い。


サトノダイヤモンドキタサンブラックレインボーラインについてはシューナカコラムコラムにてコメントしていますので、そちらをご覧ください。


近年の天皇賞(春)、菊花賞の予想で毎回書くことですが現在の長距離戦において重要なことは血統よりも折り合いだと思っています。特に京都のようにスタート後のポジション争いで下り坂があり1週して勝負どころでも下り坂とあまり行かせたくないところで勢いがついてしまうコース。そんなコースということもありゆったり流れることもあれば出入りの激しいレースになることもあります。それでも折り合いがついて鞍上の指示にしっかり従うことのできる馬は騎手の判断ミスがなければ無駄にスタミナを消耗することはありません。今年は昨年のようにキタサンブラックが主導権を握るレースになるのかその他の馬がハナを叩きに行くレースになるのか分かりませんがいずれにしても何があっても自分のペースが守れて動きたいところまでジッと我慢できる馬が好走する可能性は高いと思います。2強対決にそれぞれの騎手の駆け引きと見どころはたくさんある淀の3200m戦、皆さんそれぞれの◎馬に自分が乗っているつもりで応援して見てみるのも面白いと思います。

天皇賞(春)出走各馬の最終追い切り評価については最終予想でコメントする予定です。それでは次回、オークス編(予定)でお会いしましょう。(*^^)v


※最終結論はレース当日のくりーくプロページでチェックしてください。

[もっと見る]

2017年4月25日(火) 15:00 覆面ドクター・英
天皇賞・春 2017
閲覧 6,859ビュー コメント 0 ナイス 18



桜花賞、皐月賞と断然人気馬が敗れたり、大荒れ100万馬券となったりで、1週間クールダウンして(と言っても全36レース買っているのですが(笑))ここから6週連続G1の春競馬真っ盛りの楽しいシーズンがやってきました。今週はさすがに荒れないと思いますが、サトノ対キタサンの対決だけで盛り上がれるのではないでしょうか。

まずは恒例の1週前の段階での全馬診断から(人気になりそうな順で)

サトノダイヤモンド:仕上げ切らなかった皐月賞と落鉄あったダービー以外とりこぼしなく安定感のある王者で、阪神大賞典の内容からも好走まず間違いないタイプ。人気だが外せない。

キタサンブラック:ちょっと距離短いのではないかと私自身は危惧していた大阪杯も完勝してきて本当に安定感のある走りを続けている。サトノダイヤモンドとの一騎打ちの様相だが、速い脚無いし相手は力伸ばしてくる時期でもあり、有馬記念よりあっさり差し切られるのでは。母父サクラバクシンオーだから距離うんぬん言う人はさすがにもう居ないでしょう(母系はアンバーシャダイの近親という表現が妥当では(笑))

シュヴァルグラン:阪神大賞典はサトノダイヤモンド倒すチャンスだと踏んでいたが完敗を喫した。ただあれで少し人気を落としてくれたり、新興勢力のシャケトラに人気行けば、3番手としては十分やれる実力で父ハーツクライらしく長距離重賞で底力見せられる。

シャケトラ:昨年10月はまだ500万下に居たのだがすごい勢いでトップグループに加わってきた。日経賞も強い競馬で人気になりそうだし、ノーザンF生産で勝負服はおなじみの金子さんの馬で能力高く今居るステージが本来居るべき場所なのだろうがマンハッタンカフェ×シングスピールという血統で自身は菊花賞馬だったが産駒は驚くほど長距離で結果出ておらず人気ほどやれないのでは。

ゴールドアクター:昨年の天皇賞(春)で1番人気だったのはみんな忘れているんじゃないかと思いますが12着と惨敗して、このあたりから気難しくなってきて安定感無くなってきました。京都3200Mは我慢効かなそうで、この手薄なメンバーならそれなりに人気になりそうで消しが妥当か。

アルバート:Rムーア騎手限定で走るステイヤーで他の騎手だと動かないので穴人気しそうだが買えない。京都のスピード競馬も向かなそう。

レインボーライン:昨年の菊花賞2着馬だがサトノダイヤモンドには完敗だし、その後もJCと日経賞はいまひとつで古馬には完敗の現状で人気にも思えるがそんなに人気ないなら距離や条件問わず上位に来れる部分ありヒモに入れるのが良さそう。

アドマイヤデウス:日経賞3着で、まだやれるところ見せたが、それなりにいつも穴人気タイプでアルバート同様アドマイヤドン産駒は京都向かないのでは。消しの予定。

ディーマジェスティ:昨秋以降スランプに陥り復活厳しいのでは。そもそもこの世代はサトノダイヤモンド以外はあまり買いたくない世代で特にハイレベルとは私は思っていない。距離も長く向かないので消しの予定。

トーセンバジル:阪神大賞典では地味だが3着に来ており、母父フジキセキだけに人気にならないだろうが重いハービンジャーならこのくらいでちょうど良さそうだし現在の天皇賞(春)はズブいステイヤーは向かない。3着楽しみな一頭。

カレンミロティック:2年連続好走した渋い馬だし、メルボルンCはノーカウントとしてもセン馬で衰えゆるやかだとしても今年は厳しい。


11番人気以降想定の馬たち~今年は全馬要らないのでは・・

ラブラドライト:万葉SとダイヤモンドSと長距離で連続2着と頑張っているがここ通用は期待できない。

タマモベストプレイ:阪神大賞典4着とは言え惜しくない4着で、通用せず。7歳になっても衰え少ないので夏の札幌2600Mなどでまだ出番ありそうだがここは要らない。

スピリッツミノル:阪神大賞典5着や万葉S3着など長距離路線で頑張っているが、ステイヤーズSなどオープン特別やG3くらいで今後も頑張るであろう馬で、ここは要らない。

ワンアンドオンリー:阪神大賞典は久々好走期待したが、がっかりの7着で特にここで好走するのは期待できず。ダービー馬なんですが・・・。

トウシンモンステラ:阪神大賞典8着でオープン実績ゼロなので期待ゼロ。キングカメハメハ×ピンクパピヨンと購入時は結構高かったんじゃないかと思いますが(オープンで走っているだけ立派なのかもしれませんが)。

ファタモルガーナ:2008年よりセン馬も天皇賞出走可能となっていて、ディープインパクト産駒にしては長距離を得意にしているし、高齢まで頑張っているにしてもここ通用は厳しい。

プロレタリアト:人気薄で準オープン勝ち上がってからはオープンでは惨敗続きの牝馬で買う要素なし。

ヤマカツライデン:昨年3月から9月の半年で逃げて4勝して500万下からオープンまで一気に駆け上がってきたがその後イマイチで先導役で終了か。

<まとめ>
人気薄の激走はあまり期待できない。上位2頭は強力で当てやすいが、あとはどう少点数で買って稼ぎ確保するかのレースでは。

◎(1着固定候補)サトノダイヤモンド
〇(2着固定候補)キタサンブラック
△(3着候補)シュヴァルグラントーセンバジルレインボーライン

[もっと見る]

2017年2月20日(月) 18:30 凄馬プロジェクトチーム
『凄馬出馬表&馬券検討』2/18~2/19の結果(フェブラリーステークス・ダイヤモンドステークス)
閲覧 685ビュー コメント 0 ナイス 1

2月18日(土)に行われました東京11Rの「ダイヤモンドステークスG3」です。

レース結果(着順)の凄馬出馬表(画像)をご覧ください。



1着:総合ポイント【1位】○アルバート(2.1倍)
2着:総合ポイント【5位】ラブラドライト(28.4倍)
3着:総合ポイント【4位】◎カフジプリンス(3.6倍)

第1グループ・総合ポイント1位のアルバートが1着、第2グループ・総合ポイント5位のラブラドライトが2着、第2グループ・総合ポイント4位のカフジプリンスが3着という結果でした。

期待した◎カフジプリンスですが、瞬発力比べになってしまい、持ち味を生かせませんでした(+_+) 次こそはスタミナを生かしたロングスパートを期待したいです!

そして凄馬出馬表的には1位→5位→4位の上位決着!ラブラドライトは人気なかったのでなかなかの配当でした!(^^)!
【3連単】
8

7,12

1,2,6,7,9,11,12

8

1,2,6,7,9,11,12

7,12

計24点 払い戻し0円


続いて2月19日(日)に行われました東京11Rの「フェブラリーステークスG1」です。

レース結果(着順)の凄馬出馬表(画像)をご覧ください。



1着:総合ポイント【7位】△ゴールドドリーム(5.0倍)
2着:総合ポイント【1位】△ベストウォーリア(7.6倍)
3着:総合ポイント【3位】◎カフジテイク(4.5倍)

第2グループ・総合ポイント7位のゴールドドリームが1着、第1グループ・総合ポイント1位のベストウォーリアが2着、第1グループ・総合ポイント3位のカフジテイクが3着という結果でした。

期待した◎ケイティブレイブはコンマ5秒差の6着に敗退。もう少しすんなり運べるかと思いきや、大外から積極策を選んだインカンテーションの存在が誤算でした(+_+)。結果として、前半は速く流れ、4角で緩んで、そこからまた急加速と、比較的緩急のつく展開に。
それでも大崩れしなかったあたり、能力は示してくれたかなという印象ですが、外れは外れ。2017年G1予想は完敗でのスタートです(泣)。

【3複フォーメーション】
◎=○▲☆=印
15=1,5,10=1,3,4,5,6,9,10,11,12,13,14,16(30点)払い戻し0円

[もっと見る]

2017年2月18日() 14:00 競馬プロ予想MAX
第246回『凄馬出馬表分析&馬券検討』~ダイヤモンドステークス G3
閲覧 566ビュー コメント 0 ナイス 1

みなさんこんにちは!

本日は東京11R「ダイヤモンドステークス G3」の『凄馬出馬表』を分析したいと思います。

今回も「U指数」だけでなく、U指数のポイントに【調教評価】、【厩舎評価】、【斤量補正】を数値化し加算減算しU指数を補正することで「総合ポイント」を算出しました。
★「U指数」について詳しくはこちらをご覧ください→U指数についてページ

U指数1.0ポイントは約1馬身差にあたるので、これを目安に以下のような重み付けをしました。
【調教評価】は競馬エイトの調教評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「5」・・・「-1.0ポイント」
「6」・・・「±0.0ポイント」
「7」・・・「+1.0ポイント」
「8」・・・「+2.0ポイント」
【厩舎評価】は競馬エイトの厩舎コメントの評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「△」・・・「-1.0ポイント」
「○」・・・「±0.0ポイント」
「◎」・・・「+1.0ポイント」
【斤量補正】は1.0kg=「0.5ポイント」として以下の基準体重との差分に乗算しました。
「牡馬」・・・「57.0kg」
「牝馬」・・・「55.0kg」


上記の補正を行った『凄馬出馬表』(画像)をご覧ください。






第1グループ(橙)は、アルバートフェイムゲームファタモルガーナの3頭。
第2グループ(黄)は、カフジプリンスラブラドライトの3頭。
第3グループ(薄黄)は、ムスカテールサイモントルナーレの2頭となっていて、以下は第4G(灰)となっています。

凄馬出馬表をご覧いただくと上位間で目立つのは総合ポイント3位のファタモルガーナカフジプリンス間の2.1の溝、その他では大きな溝はない分布となっています。

私の本命は◎カフジプリンスにしたいと思います。ご存知の方も多いと思いますが、とにかく出脚、反応が鈍く置かれてしまう馬ですが、一方で札幌の阿寒湖特別で見せた持続力、ラストの坂でもグイグイ伸びてくるパワー、スタミナは素晴らしいものがあります。今回の3400mへの距離延長と広い東京コース変わりは間違いなく絶好の条件です。

以下、○アルバート、▲フェイムゲーム、△ファタモルガーナムスカテールジャングルクルーズプレストウィック、☆フェスティヴイェルと印を打ちます。

【3連単】
8

7,12

1,2,6,7,9,11,12

8

1,2,6,7,9,11,12

7,12

計24点

アルバートフェイムゲームは58キロですし、ここは強気に頭固定でいきたいと思います!

[もっと見る]

⇒もっと見る

ラブラドライトの口コミ


口コミ一覧
閲覧 112ビュー コメント 0 ナイス 0

☆新潟記念の予想☆
馬場状態
コース全体の内柵沿いに傷みが目立ち始めましたが、全体的に概ね良好な状態です。

天気予報
雨の心配はなさそうで良馬場かな。

過去5年の傾向
単勝人気
1番人気馬の成績(1.1.0.3)
2番人気馬の成績(1.0.0.4)
3番人気馬の成績(0.0.1.4)
1・2番人気馬も勝ってますけど、ハンデ戦だけあって6・7・10番人気も勝ってますね?。
良馬場に限定すると、1・2・7番人気で上位人気馬が勝ちやすいですが・・・。

時計:1分57秒台後半?1分58秒台前半の決着に対応できる軽快さがないと辛そう。
展開:持久力勝負になりやすい。
脚質:中団?後方からメンバー中で上位の上がり3Fを出す馬がよさそう。
血統:1着馬5頭中、ディープインパクト産駒が3連勝中。
年齢:1着馬5頭中、5・7歳が2頭ずつ、6歳が1頭。
性別:1着馬5頭中、牡馬が4頭。牝馬が1頭。
枠順:1着馬5頭中、1・2・3・7・8枠が1頭ずつ。
斤量:1着馬5頭中、56kgが3頭。55kg・52kgが1頭ずつ。

予想
過去の傾向を見ると、
直線長いコースなのに、持久力勝負になりやすいのもあってか、道中は中団?後方でじっくり温存して直線でメンバー中で上位の上がり3Fを出して伸びてくるような馬がよく勝ってるんですよね?。

良馬場に限定すると、勝ち時計が
1.57.5
1.57.6
1.58.3
とかなり速いんで、高速馬場に対応できる軽快さのない馬ではかなり厳しそう。

なので、
・1分57秒台の決着に対応できる軽快さ
・2000mを問題なくこなせるスタミナ量
・直線長いコースで持久力勝負になっても対応可能
・メンバー中で上位の上がり3Fを出せる瞬発力の質の高さ
・斤量56kg以下
これを参考にして本命馬選んでいきましょう。

☆結論☆
◎ソールインパクト
タフなレースになった七夕賞が1.58.5で0.3差3着なんで、スタミナ・持久力・軽快さは問題ないし、中団?後方でじっくり溜める競馬してくれれば最後はいい脚で伸びてくるんで上位争いも期待できそう。
ディープインパクト産駒が3年連続勝ってるのもいいし、七夕賞から斤量変わらず53kgのままで今回直線長いコースに替わるのもいいんで本命で。

〇ロッカフラベイビー
前走新潟の1600万下の2000mで後方から競馬して1.58.1上がり3F33.5(メンバー中最速)で1着。
前走+18kgからの上澄みもありそうやし、斤量も52kgのままで恩恵あるんで一発期待したいです。

☆新潟記念 買い目☆
単勝 10(ソールインパクト) 1500P
単勝 4(ロッカフラベイビー) 1500P 合計3000P


--------------------------------------------------------------------------------

☆小倉2歳Sの予想☆
馬場状態
3コーナー内側に傷みがみられますが、全体的には良好な状態です。

天気予報
雨の心配はなさそうで良馬場かな。

過去5年の傾向
単勝人気
1番人気馬の成績(2.2.0.1)
2番人気馬の成績(2.0.1.2)
3番人気馬の成績(0.0.1.4)
15番人気馬が1回買ってるとはいえ、1・2番人気馬が2勝ずつとかなり上位人気馬が強いんで単勝的には穴馬の出番は期待薄かも。

時計:1分8秒台前半の決着に対応できる軽快さがないと辛そう。
展開:持久力勝負になりやすい。
脚質:前めで競馬できる馬がよさそう。
血統:1着馬5頭中、ダイワメジャー産駒が過去5年で1着1回、3着2回。
性別:1着馬5頭中、牡馬が2頭。牝馬が3頭。
枠順:1着馬5頭中、3枠が3頭、2・4枠が1頭ずつ。

予想
過去の傾向を見ると、
前めで競馬ができて、1分8秒台前半の決着に対応できるスピード・軽快さのある馬がよく勝ってるんで、素直にスピード能力の高そうな馬を本命にすれば当たりやすそう。
(伸びしろたっぷりの2歳馬達のスピード能力をたった数戦で完全に把握するのは無理に近いですが・・・)

☆結論☆
◎ヴァイザー
1200mは初めてやし3ヶ月ぶりですけど、1400mの新馬戦を1.21.9で勝ってるのはスピードも軽快さもそれなりにありそう。
3ヶ月ぶりですけど2走目の上澄みはあるかもやし、1200m経験済の馬達がそこまで強そうに思わなかったんで、この馬が勝ってもおかしくないかな?と思ったんで本命で。

☆小倉2歳S 買い目☆
単勝 9(ヴァイザー) 3000P


--------------------------------------------------------------------------------

☆丹頂Sの予想☆
馬場状態
3?4コーナー内側に傷みがあります。また、1?2コーナーと向正面直線の内側及び、正面直線に部分的な傷みがあります。

天気予報
雨の心配はなさそうで良馬場かな。

過去5年(函館開催の2013年を除く)の傾向
単勝人気
1番人気馬の成績(1.1.1.1)
2番人気馬の成績(0.0.0.4)
3番人気馬の成績(0.1.1.2)
ハンデ戦なのもあってか、過去5年の1着馬が1・4・5・6番人気馬なんで、これは稼ぎ時って感じのレースですね?。
(上手に穴っぽい馬拾える予想センスがあればですが・・・)

予想
過去の傾向を見ると、
・2400m以上をこなせるスタミナ量績
・持久力勝負になっても対応可能
・先行力
・斤量56kg以下
この辺が重要かな?と思うんで、これを参考にして本命馬選んでいきましょう。

☆結論☆
◎ラブラドライト
3000m以上の重賞でも上位争いできるスタミナ量があるし、前走が3ヶ月ぶりで+12kgだったのに逃げて0.1差3着と見せ場たっぷりの好走。
今回は休み明け2走目で上澄みも見込めそうやし、前走から斤量が3kg軽くなる53kgもかなり魅力ですね?。
8歳馬ですけど、ベテランの意地の一発に期待したいです。

☆丹頂S 買い目☆
単勝 5(ラブラドライト) 3000P


--------------------------------------------------------------------------------

☆すずらん賞の予想☆
馬場状態
3?4コーナー内側に傷みがあります。また、1?2コーナーと向正面直線の内側及び、正面直線に部分的な傷みがあります。

天気予報
雨の心配はなさそうで良馬場かな。

過去5年(函館開催の2013年を除く)の傾向
単勝人気
1番人気馬の成績(1.1.1.1)
2番人気馬の成績(1.0.1.2)
3番人気馬の成績(0.0.0.4)
過去5年の1着馬が1・2・8・12番人気馬なんで、上位人気馬が勝つか人気薄の馬が勝つか極端なレースですね?。
夏競馬の借金がどっさりあるぼくはもちろん人気薄の馬が勝つのを期待してみたいです。

予想
過去の傾向を見ると、
・持久力勝負になっても対応可能
・先行力
この辺が重要かな?と思うんで、前めで競馬ができてタフな競馬になってもしぶとく粘りこんでくれそうな人気薄の馬を本命馬に選んでいきましょう。

☆結論☆
◎サフランブーケ
新馬戦を逃げ切って勝ってるんで前めで競馬できそうなのはいいし、持久力勝負向きっぽいんで、1200mの持久力勝負は向いてそう。
スターリングローズ産駒はパワーありそうやし、過去5年で1着馬を1頭出してるのも心強いです。

☆すずらん賞 買い目☆
単勝 15(サフランブーケ) 3000P



--------------------------------------------------------------------------------

☆複勝ころがし企画(日曜日分)☆
新潟記念 ソールインパクト

このメンバーで53kgはおいしいし、福島2000mから新潟外回り2000mに変わるのもプラスなんで、長い直線で末脚を存分に活かす競馬してほしいです。

☆買い目☆
複勝 10 1900P


--------------------------------------------------------------------------------

☆9月3日の2歳新馬戦予想対決の指名馬☆
小倉5R(芝1800m) 指名馬 ローズサクシード
ローズバド、ローゼンクロイツの半弟でロゼカラーの最後の仔ということで応援票ですが、好きな一族の最後の仔なので頑張ってほしいです。

新潟5R(芝1800m) 指名馬 プロトスター
グランデッツァ、マルセリーナの半弟でPOG馬にするかどうかかなり迷った馬なんで頑張ってほしいです。
直線長い1800mよりは小回りの1800mで見たかったですけどね?。

新潟5R(ダ1200m) 指名馬 ソングオブファイア
パイロ産駒といえばダートの短めの距離得意なんで期待したいです。


--------------------------------------------------------------------------------
☆超おいしい単勝選手権☆
超おいしいと思う馬を見つけたら下のコメント欄に書いておきます。



--------------------------------------------------------------------------------
☆ブログ企画の参加者大歓迎!!☆
・超おいしい単勝選手権
・複勝ころがし大会
・2歳新馬戦予想対決


どの企画も、
枠順発表からレースの発走予定時間の1分前までまでの間、指名馬を受け付けております。

ルールの詳細や指名馬の書き方は、左側のメニュー欄のルールのリンクをご覧ください。
指名馬の書き込みは、コメント欄に書いてくださればOKです。

参加者は誰でも大歓迎ですし、気が向いた時だけの参加も全然OKな自由すぎる環境なので、常連の方も初めての方もお気軽にご参加ください。

このブログは、ぼくの本家ブログ「やすの競馬総合病院」のバックアップ用として内容を転載しているだけなので、ブログ上の買い目、ブログ上の年間の収支、複勝ころがしなど、いろいろな記録については、このブログの転載元である、ぼくの本家ブログ「やすの競馬総合病院」に書いてあるので、よろしかったらご覧く ださい。

アドレスは、http://blog.livedoor.jp/yasu05impact/です。
ツイッターは、https://twitter.com/yasukeibasougouです。

また、コメントなども本家ブログの方に書いていただけると返事が書きやすいのでありがたいです。


☆コピーして貼り付け用☆
いろんな企画で指名馬書くとき面倒だと思うんで、よかったら、ここからコピーして貼り付けで使ってください。

複勝ころがし 札幌R 小倉R 新潟R 指名馬
おいしい単勝 札幌R 小倉R 新潟R 指名馬

新馬戦 札幌R 小倉R 新潟R



--------------------------------------------------------------------------------
☆おまけ☆
オルフェーヴル産駒が重賞勝ちましたね?。
秋以降もオルフェーヴル産駒の活躍がますます楽しみです。

 やすの競馬総合病院 2017年8月6日() 20:50
レパードS・小倉記念・UHB賞・札幌日経オープン・ダリア...
閲覧 64ビュー コメント 0 ナイス 4

それでは、時系列に沿って感想書いていきましょう。


--------------------------------------------------------------------------------

☆ダリア賞の結果☆
収支は-1000Pでした。

宣言通り、馬連 7-9を買いましたがハズレ・・・。
タイセイプライドは2番手追走から直線もしっかり伸びて、単勝1.5倍の1番人気に応えて勝ってくれたんですが、スプリングマンが思ったほど伸びず5着で残念でした。

1着タイセイプライド
2着シャインカメリア
3着ニシノベースマン

1着のタイセイプライドがこれからどれぐらい出世するかは、ぼくにはまだよくわからないですが、けっこういい感じの勝ち方してたんで、今後も短めの距離でどこまでやれるか楽しみです。


--------------------------------------------------------------------------------

☆札幌日経オープンの結果☆
収支は-1000Pでした。

宣言通り、馬連 8-9を買いましたがハズレ・・・。
ラブラドライトが逃げ粘りそうな雰囲気だったんで、モンドインテロなんとか後方から2着までに差してこい!頼む!!と、モンドインテロの心配ばっかりしていたら・・・
ラブラドライトはモンドインテロとシルクドリーマーの2頭に差されて3着・・・。
うわ~~~。シルクドリーマーにも差された~!差してくるのはモンドインテロだけでよかったのに~。
1・3着で馬連ハズレかよ~~と泡吹いてひっくり返りました(笑)

1着モンドインテロ
2着シルクドリーマー
3着ラブラドライト

1着のモンドインテロは、取りこぼしてもおかしくない位置から勝ったんで馬の力が少し違ってたかな。
今後を考えると、このメンバー相手なら好位から競馬して正攻法で危なげなく勝ち切ってほしかったですけどね。


--------------------------------------------------------------------------------

☆UHB賞の結果☆
収支は-1000Pでした。

宣言通り、ワイド 7-9を買いましたがハズレ・・・。
3着と8着のワイド1点なんでどうやっても無理でしたが、
アルマワイオリはせっかく好位からの競馬で成績安定してきたのに、なんでまたあんな後ろから競馬するのかな~?
しかも小回りの札幌で後方から大外回るって・・・。
勝浦、あの乗り方はないやろ~と頭を抱えてしまいました。

1着イッテツ
2着ヒルノデイバロー
3着タマモブリリアン

正直、OP特別にしては内容的に少し物足りない感じはしましたが、イッテツは札幌大好きなのか札幌では好走多いですね~。
重賞だと能力的に厳しいかもしれませんが、札幌の重賞ならワンチャンスあったりするのかな?


--------------------------------------------------------------------------------

☆小倉記念の結果☆
収支は-2000Pでした。

宣言通り、単勝 5(フェルメッツァ)・13(バンドワゴン)を買いましたがハズレ・・・。
バンドワゴンは逃げて失速で11着、フェルメッツァは中団付近から差してきたけど2着馬から3馬身離された3着が精一杯。
ということで、単勝狙ったけど全然ダメでした。

1着タツゴウゲキ
好位のインで競馬してたのもあって、包まれてしまう可能性もあったけど、バンドワゴンが失速して空いたスペースをすかさず狙ってコースロスなく抜け出せたし、騎手の立ち回りと斤量52kgの恩恵で勝てたな~という感じでした。
マーベラスサンデー産駒とかまた渋い血統ですね~ぜひ次走以降も頑張ってほしいです。

2着サンマルティン
ハナ差の2着でしたが、速い流れを自分から動いて勝ちに行った内容や1着馬との斤量差などを考えると、着順では負けたけど、内容的には勝ってました。
今日、いい競馬してたし、母があのディアデラノビアなんで、次走以降も注目していきたいです。

3着フェルメッツァ
もうちょっとやれるかな~と思ってたんですけど、3馬身離された3着か~。
2000mで今日みたいなタフな競馬になるとスタミナ量が少し足りないのかもしれません。


--------------------------------------------------------------------------------

☆レパードSの結果☆
収支は-3000Pでした。

宣言通り、馬連 5-1・3を買いましたがハズレ・・・。
本命馬エピカリスが3着、相手に選んだ2頭が9着と14着なんで、ぼくの馬券はエピカリスの着順に関係なくハズレでしたが・・・。
エピカリスというか、あのルメールの負け方は、恥ずかしいというか、ひどいというか、悪質な詐欺事件のようにも見えたんで、危うく「新潟県で巨額の詐欺事件が発生しました!!!」と110番に通報しそうになりました。
圧倒的人気馬でもこういうことがあるんで競馬って恐ろしいし、激安の単勝に大金ぶっこむとか絶対やっちゃだめですね~。
まあ、資金力のないぼくには「激安の単勝に大金ぶっこむ」なんて縁のない話ですが・・・。

1着ローズプリンスダム
2着サルサディオーネ
1・2着が11番人気と12番人気という人気ない馬達なんで、個人的に強さを感じなかったのかもしれませんが・・・。
レースは強い馬が勝つんじゃなくて、勝った馬が強いんで、これからこの2頭がどこまで出世するか注目したいです。

3着エピカリス
ダート界を引っ張っていくエース的存在だと思ってる馬なんで、ここでこんな負け方しちゃったのは残念でしたが、今日の負けは騎手が悪いので、エピカリスには次走以降また強いパフォーマンスを見せてほしいです。


--------------------------------------------------------------------------------
☆複勝ころがし企画(日曜日分)☆
レパードS エピカリス・・・3着

成功はしましたけど、もっと高みの見物的な余裕のある観戦ができると思ったら、1.1倍のオッズとは思えないドキドキ感あふれるレースでした。

投資1100Pが1200Pに増えました。



--------------------------------------------------------------------------------
☆ブログ企画の参加者大歓迎!!☆
・超おいしい単勝選手権
・複勝ころがし大会
・2歳新馬戦予想対決


どの企画も、
枠順発表からレースの発走予定時間の1分前までの間、指名馬を受け付けております。


ルールの詳細や指名馬の書き方は、左側のメニュー欄のルールのリンクをご覧ください。
指名馬の書き込みは、コメント欄でも投票所でもどこに書いてくださってもOKです。

参加者は誰でも大歓迎ですし、気が向いた時だけの参加も全然OKな自由すぎる環境なので、常連の方も初めての方もお気軽にご参加ください。

※このブログは、ぼくの本家ブログ「やすの競馬総合病院」のバックアップ用として内容を転載しているだけなので、ブログ上の買い目、ブログ上の年間の収支、複勝ころがしなど、いろいろな記録については、このブログの転載元である、ぼくの本家ブログ「やすの競馬総合病院」に書いてあるので、よろしかったらご覧く ださい。

アドレスは、http://blog.livedoor.jp/yasu05impact/です。
ツイッターは、https://twitter.com/yasukeibasougouです。

また、コメントなども本家ブログの方に書いていただけると返事が書きやすいのでありがたいです。


--------------------------------------------------------------------------------
☆おまけ☆
「人類最速の男」というキャッチフレーズを見て、
なぜかニヤニヤしちゃう、ぼくの心は漂白剤でも落ちないぐらい汚れています。

[もっと見る]

 4papa 2017年4月27日(木) 21:25
今週は天皇賞(春) その4
閲覧 114ビュー コメント 2 ナイス 18

枠順が確定しました。

サトノダイヤモンドが8枠15番!ちょっと外すぎではないでしょうか?

う~~~ん、悩みますね。もしかして、4着以下になっちゃうのでしょうか?どうしよう・・・。

力があるので大丈夫だとは思いますが、嫌な感じです。

今日の枠順で、昨日の日記で3強と言い切っちゃったのですが、あと1頭だけ選びます。

もうここは、2番のラブラドライトを指名します。

過去10年でも、1枠の人気薄の激走が目立つので、すんなりと決まりました。

ここ2走は、長距離レースで連続2着。調子がよさそうな点も○!

大穴なのはわかってますが、ビートブラックやマイネルキッツのことを考えると、来てもおかしくないと思えますので・・・。

この4頭で勝負してみようと思います。

あとは馬券の買い方だけです。

今日はここまで。

ではでは・・・

[もっと見る]

⇒もっと見る

ラブラドライトの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

ラブラドライトの写真

ラブラドライト

ラブラドライトの厩舎情報 VIP

2018年2月17日ダイヤモンドS G313着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

ラブラドライトの取材メモ VIP

2018年2月17日 ダイヤモンドS G3 13着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。