ゼーヴィント(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
ゼーヴィント
写真一覧
現役 牡4 鹿毛 2013年5月12日生
調教師木村哲也(美浦)
馬主有限会社 シルクレーシング
生産者ノーザンファーム
生産地安平町
戦績10戦[4-3-1-2]
総賞金16,384万円
収得賞金5,025万円
英字表記Seewind
血統 ディープインパクト
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
ウインドインハーヘア
シルキーラグーン
血統 ][ 産駒 ]
ブライアンズタイム
シーヴィーナス
兄弟 ザイディックメアラグナアズーラ
前走 2017/07/09 七夕賞 G3
次走予定

ゼーヴィントの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
17/07/09 福島 11 七夕賞 G3 芝2000 12683.411** 牡4 57.0 戸崎圭太木村哲也488(-4)1.58.2 -0.136.1⑦⑦⑤マイネルフロスト
17/01/22 中山 11 AJCC G2 芝2200 175102.812** 牡4 55.0 戸崎圭太木村哲也492(+6)2.12.0 0.135.7⑩⑩⑩タンタアレグリア
16/11/13 福島 11 福島記念 G3 芝2000 167132.112** 牡3 55.0 A.シュタ木村哲也486(+6)2.01.0 0.235.6⑨⑦④④マルターズアポジー
16/09/18 中山 11 セントライト G2 芝2200 127106.822** 牡3 56.0 戸崎圭太木村哲也480(-2)2.13.1 0.035.0ディーマジェスティ
16/07/03 福島 11 ラジNIK賞 G3 芝1800 16114.011** 牡3 54.0 戸崎圭太木村哲也482(-2)1.47.0 -0.234.5⑦⑧⑦⑦ダイワドレッサー
16/05/07 東京 11 プリンシパル OP 芝2000 176125.833** 牡3 56.0 石川裕紀木村哲也484(-2)1.59.5 0.334.2⑬⑩⑫アジュールローズ
16/04/16 中山 9 山藤賞 500万下 芝2000 10222.111** 牡3 56.0 戸崎圭太木村哲也486(+2)2.01.1 -0.134.4④④ミヤビエンブレム
16/03/13 中山 5 3歳未勝利 芝1800 16472.711** 牡3 55☆ 石川裕紀木村哲也484(+2)1.52.1 -0.334.4⑦⑦⑤④ネオヴェルザンディ
16/01/16 中京 7 3歳未勝利 芝1600 16118.536** 牡3 55☆ 石川裕紀木村哲也482(-2)1.35.6 0.334.5⑩⑪⑨マテラアリオン
15/11/08 東京 5 2歳新馬 芝1800 16247.947** 牡2 55.0 柴山雄一木村哲也484(--)1.53.5 1.434.3⑥⑤⑦キラージョー

ゼーヴィントの関連ニュース

 七夕賞で重賞2勝目を挙げたゼーヴィント(美・木村、牡4)が、左前脚を骨折していることが12日、分かった。レース後に左前脚に腫れがみられたため、美浦トレセンの競走馬診療所でエックス線検査を受けたところ、骨折が判明した。

 「第1趾骨(しこつ)近位端の骨折で、6カ月はかかると思う。近日中に北海道のノーザンファーム空港牧場で再検査をして、恐らく手術をすることになるんじゃないかな。復帰は来年でしょう」と木村調教師は説明した。

ゼーヴィントの競走成績はこちら

【七夕賞】ゼーヴィント、復活Vの願いも末脚も届いた! 2017年7月10日(月) 05:10

 第53回七夕賞(9日、福島11R、GIII、3歳上オープン国際(特指)、ハンデ、芝2000メートル、1着本賞金4100万円 =出走12頭)サマー2000シリーズの初戦は、1番人気のゼーヴィントが快勝。昨年7月のラジオNIKKEI賞以来の重賞2勝目を挙げた。昨年のアルバートドックに続く連覇となった戸崎騎手は、土日で9勝の荒稼ぎ。次走は未定。タイム1分58秒2(良)。2着はマイネルフロスト。2番人気のマルターズアポジーは序盤の競り合いがこたえたか11着に敗れた。

 完調手前でも、地力でものにした。5カ月半ぶりのレースだったゼーヴィントがしぶとく伸びて、昨年のラジオNIKKEI賞に次ぐ重賞2勝目。1年ぶりのVで、みちのくのファンを酔わせた。休み明けで力を見せた相棒を、戸崎騎手もたたえる。

 「先行馬がある程度いたので、その後ろくらいの競馬になると思っていた。ペースも速くなり、その中でもしぶとく伸びてくれましたね」

 マルターズアポジーが先手を奪う中、道中は7番手。残り3ハロンでマイネルフロストが先頭に立つ流れを、鞍上に追われながら進出する。3〜4コーナーで先行勢をとらえると、あとは1頭。ジリジリと伸びて、粘るマイネルフロストをゴール前きっちり差し切った。

 「今年もいい馬に巡りあえて良かったです」

 昨年のアルバートドックに続く連覇に、ジョッキーも笑みを浮かべる。上半期JRA82勝で東西リーディングトップに立ち、福島開幕週4勝、2週目も土曜に4勝を挙げると、日曜は最終12Rも勝って6戦5勝の荒稼ぎ。昨年は7〜9月にかけて史上最多の重賞10戦連続連対を果たした“夏男”が、この勢いでさらにギアを上げそうだ。

 「向こう正面で(動きが)重たそうだったけど、最後は何とか地力で頑張ってくれたのかな」

 急仕上げを懸念していた木村調教師も、愛馬の奮闘に頭が下がる。「追い切りの後に、少し運動を加えたことがつながったかは分からないけど、何とか間に合った」。重賞3戦連続2着の悔しさを晴らすべく苦心したことが、結果に結びついたのかもしれない。

 次走は未定だが、中距離路線で戦っていけば、秋には天皇賞(10月29日、東京、GI、芝2000メートル)も視野に入るだろう。「脚元に爆弾を抱えているので、大事にいきたい。ちゃんとやっていけば、大きいところも狙える馬」とトレーナーがいえば、戸崎騎手も「走りが良くなった。さらに上を目指せる馬」と飛躍への期待感は一致。1年ぶりの復活を果たしたゼーヴィントが、高みに向かって邁進(まいしん)する。 (千葉智春)

★9日福島11R「七夕賞」の着順&払戻金はこちら

★サンスポe−shopで黒色木製枠付き写真パネルを発売します!

[もっと見る]

【七夕賞】ゼーヴィントが秋の飛躍につなげる重賞2勝目 2017年7月9日() 15:52

 7月9日の福島11Rで行われたサマー2000シリーズ第1戦、第53回七夕賞(3歳以上オープン、GIII、芝2000メートル、ハンデ、12頭立て、1着賞金=4100万円)は、戸崎圭太騎手騎乗の1番人気ゼーヴィント(牡4歳、美浦・木村哲也厩舎)が5カ月半ぶりの鉄砲Vを決めた。タイムは1分58秒2(良)。マルターズアポジーが後続を離して逃げる流れを、ゼーヴィントは中団で追走。馬群が凝縮した3コーナーでは4番手までポジションを上げて、直線は馬場の3分どころから力強く抜け出した。

 3/4馬身差の2着には好位追走から3コーナー過ぎに先頭に立ったマイネルフロスト(5番人気)、さらに1馬身差遅れた3着に中団から直線は外を回って差を詰めたソールインパクト(7番人気)。

 七夕賞を勝ったゼーヴィントは、父ディープインパクト、母シルキーラグーン、母の父ブライアンズタイムという血統。北海道安平町・ノーザンファームの生産馬で、馬主はシルクレーシング。通算成績は10戦4勝。重賞は2016年ラジオNIKKEI賞・GIIIに次いで2勝目。七夕賞は、木村哲也調教師は初優勝。戸崎圭太騎手は2016年アルバートドックに次いで2勝目。

 ◆戸崎圭太騎手(1着 ゼーヴィント)「久しぶりのレースで、少しテンションが高い部分はありましたが、走り方がすごく良くなったなと感じました。行くのはあの馬だとわかっていたし、ペースも速くなるなと思っていました。道中はとてもリズム良く行けました。3コーナーでマイネルフロストがまくっていって、あの辺からボクもついていく形で仕掛けました。直線はステッキにも扶助にもこたえてグングン伸びてくれました。さらに上を目指せる馬だと思いますので、今後も応援よろしくお願いします」

★9日福島11R「七夕賞」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【七夕賞】驚異の7月!戸崎、ゼーヴィントで連覇だ 2017年7月7日(金) 05:09

 リーディングトップを走る戸崎圭太騎手(36)が、得意の季節に向けて気合が入っている。8日に37歳の誕生日を迎え、連覇を狙う福島メインの七夕賞では素質馬ゼーヴィントに騎乗。毎年、7月は好成績を残しており、得意の夏場に勢いをつけたいところだ。

 昨年の七夕賞アルバートドックで制した戸崎騎手。今年はコンビで【2・2・0・0】のゼーヴィントで連覇を狙う。

 「以前は精神的に若さもあったけど、徐々に解消されてきた。中間は乗っていないので分からないけど、着実に成長してくれていると思う」

 厚い信頼を寄せる相棒でのラジオNIKKEI賞Vを皮切りに、昨年は6勝を含め重賞で史上最多の10戦連続連対を達成。同馬で臨む、みちのく重賞から、今年も快進撃の予感がする。連対記録には「いろいろかみ合ってくれた」と謙虚だが、暑い時期に要因がありそうだ。「夏は苦手」と話す一方で「夏はコンディションがいい」と自信。食事などを工夫することで、体のキレを維持できているという。

 実際、夏場の重賞成績はいい。7月は【5・1・1・8】で、勝率33・3%、連対率40・0%、複勝率46・7%はいずれも12カ月中トップ。勝率に限れば6月が22・7%、8月が22・2%で続く。30日のアイビスサマーダッシュで前年2着のネロに騎乗予定など“夏男”への期待は高まる。

 6月24、25日に8勝を挙げ、リーディングトップで折り返しへ。先週も4勝で首位を堅守した。それでも「内容が薄い。いい馬に乗せてもらっている中でも、やれることがあるので」と自身を鼓舞。続けて「重賞、GIはやっぱり違う」。昨年は上半期でGI1勝を含む重賞5勝に対し、今年はGIII3勝。タイトルへ意欲を燃やしている。

 意気軒高のジョッキー同様に、ゼーヴィントも休み明けで急ピッチながら、状態を上げてきた。「体は成長。去年の同時期と雰囲気は似ている」と木村調教師。「まだ少し重い」と辛口ジャッジもあるが、福島は【1・1・0・0】と得意で、GII2着2回と実績も上位。態勢を整えてきたなら、上位争いが望める。

 「どれだけ変わってくれているか楽しみ」と期待する戸崎騎手は、7月8日が誕生日。37歳となった翌日、大いに腕を振るって相棒を重賞2勝目に導く。 (千葉智春)

[もっと見る]

【七夕賞】ゼーヴィント、ガラッと変化2017年7月6日(木) 05:08

 AJCC2着ゼーヴィントはWコースで3頭縦列の最後方から一杯に追われ、6ハロン83秒4、3ハロン39秒0−12秒3。重馬場のなか上々の動きで、中クリミアタイガー(500万下)に併入、外セシルクラウン(同)に1馬身先着した。

 木村調教師は「まだ余裕があるので、しっかり動かす指示。それでも、能力がずば抜けているから前半から楽をしていた。少し負荷が軽かったかな」と5カ月半ぶりだけに慎重だが、それも期待の表れか。「やや急仕上げだけど、先週にしっかりやってガラッと変わった。まだ週末に向けて調整できる。GIに出ても恥ずかしくない馬だし、現状でも何とか…」と期待を込めた。

七夕賞の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【七夕賞】福島で完全復活だ!ゼーヴィント12秒2 2017年7月5日(水) 11:41

 ゼーヴィントが思い出の地・福島で、復活を目指す。蹄の不安で長期休養していたが、さすがは重賞(1)(2)(2)(2)着の実力馬。美浦Wコース3頭併せで最先着と納得の動きを見せた。

 道中はセシルクラウンクリミアタイガーゼーヴィントの順。直線での爆発力をため込むかのように、6→4Fまで同じようなラップを正確に刻んだ。ラスト1Fは最内から一杯に追われると見事に弾け、12秒2と切れに切れ、中クリミアにクビ、外セシルに2馬身先着の完璧なフィニッシュ。ゴール板を過ぎてからもグイグイとしごかれて、“間に合った”イメージを受けた。

 「蹄の様子は現時点で問題なし。牧場から体が成長して帰ってきたし、前回より調整しやすいのは確か。3歳のころと雰囲気は変わらない」と木村調教師。

 福島ではラジオNIKKEI賞を勝ち、福島記念で2着。リスタートを切るには絶好の舞台といっていい。ハンデ57キロも許容範囲で、復帰戦とはいえ落とせない雰囲気があるのは確かだ。(夕刊フジ)

七夕賞の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

⇒もっと見る

ゼーヴィントの関連コラム

閲覧 789ビュー コメント 0 ナイス 7

先週は、9(日)に福島競馬場でG3七夕賞が、中京競馬場でG3プロキオンステークスがそれぞれ行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
G3七夕賞マルターズアポジーがレースを引っ張りますが、4コーナーでマイネルフロストが早めのスパート!先頭で直線コースへ差し掛かります。逃げ込みを図るマイネルフロストのリードは3馬身、後続からは馬場の真ん中からゼーヴィント、外からはソールインパクトスズカデヴィアスが追い込み態勢。残り100m、追い込み各馬の脚色の鈍く、粘るマイネルフロストと追うゼーヴィント!2頭が抜け出しての叩き合い!坂を上ってもうひと伸びを見せたゼーヴィントラジオNIKKEI賞以来となる重賞2勝目を飾りました!3/4差の2着にマイネルフロスト、そこから1馬身差の3着にソールインパクトが入っています。
 
公認プロ予想家では☆まんでがんプロほか6名が的中しています。
  
  
G3プロキオンステークスはトウケイタイガーが先頭で直線コースへ。逃げるトウケイタイガーのリードは1馬身、2番手にレヴァンテライオン、内をついてゴーインググレート、中からはブライトラインがグングン前との差を詰めていきます。残り200mを通過、ここでゴーインググレートブライトラインの2頭が競り合って先頭争い、外からはキングズガードカフジテイクも追い込んできます!残り50m、ここでキングズガードがエンジン全開!前を行く2頭を一気に捕まえるとゴールまで力強く伸びきってV。重賞初制覇を飾りました!2馬身差の2着にラスト追い込んだカフジテイク、そこから1馬身1/4差の3着にブライトラインが入っています。
 
公認プロ予想家ではおかべプロほか13名が的中させています。
 
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 
☆☆☆注目プロ →シムーンプロ
勝負レースに指定した8(土)中京11Rで『タイム差無し4着の前走に引き続き落ち着いた頭数の大外枠歓迎。デムーロ騎手に鞍上強化で今回は圏内突入十分。』と狙った◎ツィンクルソードが見事1着!単複、ワイドを的中させ、4万2190円を払い戻しました!この他にも中京4Rマイアフェクション(単勝85.5倍)や福島7Rの◎ネコフッピー(単勝52.6倍)など鋭い予想を幾度となく披露し、週末トータル回収率127%、収支プラス6万7420円をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →馬っしぐらプロ
勝負レースに指定した8(土)中京12Rで◎○×の本線的中!単勝5.0倍、3連複131.6倍、3連単512.2倍を仕留め、7万3380円を払い戻しました!週末トータル回収率210%、収支プラス3万8480円をマークしています。
  
☆☆☆注目プロ →おかべプロ
9(日)福島7Rで△シンボリジュネスパルフェクォーツの馬連13.6倍を1点勝負で的中させ、13万6000円を払い戻しました!週末トータル回収率149%、収支プラス8万1500円をマークしています。
 
この他にも加藤拓プロ西野圭吾プロ夢月プロ☆まんでがんプロジヨアプロが回収率100%超の活躍を見せています。
 
※全レースの結果速報はこちら!
  
 
今週も、競馬予想の達人・ウマニティ公認プロ予想家陣の予想にご注目下さい。


登録済みの方はこちらからログイン

2017年7月12日(水) 11:43 凄馬プロジェクトチーム
『凄馬出馬表&馬券検討』7/9の結果(七夕賞)
閲覧 424ビュー コメント 0 ナイス 4

7月9日(日)に行われました福島11Rの「七夕賞 G3」です。

レース結果(着順)の凄馬出馬表(画像)をご覧ください。



1着:総合ポイント【1位】▲ゼーヴィント(3.4倍)
2着:総合ポイント【4位】△マイネルフロスト(8.6倍)
3着:総合ポイント【12位】△ソールインパクト(17.1倍)

第1グループ・総合ポイント1位のゼーヴィントが1着、第2グループ・総合ポイント4位のマイネルフロストが2着、第4グループ・総合ポイント12位のソールインパクトが3着という結果でした。

パドルウィールはちょっと後手後手に回り過ぎてしまいましたかね。勝ち馬▲ゼーヴィント、3着△ソールインパクトともに外を回して4角ではスムーズに好位に取り付いての好走だったことからも、真逆の競馬となってしまったのも良くなかった印象です。
そして○マルターズアポジーはスタート後と3角手前で競り掛けられる苦しい展開に巻き込まれるなどとにかく完敗の七夕賞となってしまいました。芦毛馬3頭ボックスも一瞬頭をよぎった今年の七夕賞だったのですが、終わってみれば◎だけが馬券圏外という......(T_T)

【馬連流し】
◎=印
1=2,3,5,6,8,9,11,12(8点)

【3複軸2頭流し】
◎○=印
1,9=2,3,5,6,8,11,12(7点)


計15点 払い戻し0円

[もっと見る]

2017年7月9日() 14:00 凄馬プロジェクトチーム
第282回『凄馬出馬表分析&馬券検討』〜七夕賞 G3
閲覧 754ビュー コメント 0 ナイス 2



みなさんこんにちは!

本日は福島11R「七夕賞 G3」の『凄馬出馬表』を分析したいと思います。

今回も「U指数」だけでなく、U指数のポイントに【調教評価】、【厩舎評価】、【斤量補正】を数値化し加算減算しU指数を補正することで「総合ポイント」を算出しました。
★「U指数」について詳しくはこちらをご覧ください→U指数についてページ

U指数1.0ポイントは約1馬身差にあたるので、これを目安に以下のような重み付けをしました。
【調教評価】は競馬エイトの調教評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「5」・・・「−1.0ポイント」
「6」・・・「±0.0ポイント」
「7」・・・「+1.0ポイント」
「8」・・・「+2.0ポイント」
【厩舎評価】競馬エイトの厩舎コメントの評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「△」・・・「−1.0ポイント」
「○」・・・「±0.0ポイント」
「◎」・・・「+1.0ポイント」
【斤量補正】は1.0kg=「0.5ポイント」として以下の基準体重との差分に乗算しました。
「牡馬」・・・「57.0kg」
「牝馬」・・・「55.0kg」


上記の補正を行った『凄馬出馬表』(画像)をご覧ください。




第1グループ(橙)はゼーヴィントから1.0ポイント差(約1馬身差)内のスズカデヴィアスバーディーイーグルまでの3頭。
第2グループ(黄)は、マイネルフロストから1.0ポイント差(約1馬身差)内のマルターズアポジーヴォージュパドルウィールタツゴウゲキまで5頭。
第3グループ(薄黄)は、フェイマスエンドから同差内のフェルメッツァウインインスパイアまで3頭となっていて、以下は第4G(灰)となっています。

凄馬出馬表を見渡すと、ハンデ戦らしく上位にはほとんど大きな差は生じず、最大でも第1G→第2G間の0.9ポイントに止まっている状況が見てとれます。

今回の私の本命は◎パドルウィールとしました。前走の敗因が落鉄とはっきりとしていて、妙味が生まれそうな中54キロでの好枠が魅力的に映ります。パッと見、先行馬が揃ったメンバーとなった印象の今回、この馬には中団からの競馬で期待を賭けてみたいと思っていたところ、陣営も「差す競馬を」とのこと。少なくともスタート後出して行かなければ、メンバー・枠的に自ずと差しに構えることになりそうで、小回りコースで34〜35秒台での上がり上位をマークして好走していた当時のような競馬を期待しての本命視。大敗の後も、1週前追い切りから好調持続が伝わり状態面も十分。また、2年連続で穴を開けているクロフネ×サンデー系の血統構成という点も不気味に映ります。あとは、先行勢が変にけん制し合ったりせずに、想定通り早めのラップを刻んでくれますように......☆彡(-人-;)
○はマルターズアポジー。楽逃げ経験だけならまだしも、2走前の小倉大賞典での前傾ラップでの完勝はここに繋がるとみて評価しました。加えて新馬戦も含め中10週以上空いても馬券圏外に崩れたことが無い点を重視し、▲ゼーヴィントよりも上位評価。○▲いずれも舞台適性は申し分なしですので当然頭まで警戒しています。
以下、キレ不足ですが前走もマイネルミラノらが作るハイラップを好走しここへの適性を感じる☆フェルメッツァ、他△ヴォージュマイネルフロストソールインパクトスズカデヴィアスバーディーイーグルと印を回します。
今回の私の馬券はおそらく◎の単複勝負になると思いますが、当コラムでは◎からの馬連と◎○からの3複で勝負です。


【馬連流し】
◎=印
1=2,3,5,6,8,9,11,12(8点)

【3複軸2頭流し】
◎○=印
1,9=2,3,5,6,8,11,12(7点)


計15点

[もっと見る]

2017年1月24日(火) 17:23 競馬プロ予想MAX
先週の回顧〜(1/21〜1/22)勢い止まらず!いっくんプロが月間プラス404万超を達成!
閲覧 1,132ビュー コメント 0 ナイス 8

先週は22(日)に中山競馬場でG2アメリカジョッキークラブカップが中京競馬場でG2東海ステークスがそれぞれ行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。

G2アメリカジョッキークラブカップクリールカイザーが先頭で直線コースへ。直線に入るとすぐさまミライヘノツバサクリールカイザーを交わして先頭、後続はゼーヴィントルミナスウォリアーが外からまくり気味に進出、内からはタンタアレグリアも脚を伸ばしてきます。残り200mを通過、ここでルミナスウォリアーは置かれて内タンタアレグリア、中ミライヘノツバサ、外ゼーヴィントの3頭が後続を離しての叩き合い!坂を上ってミライヘノツバサが下がるとタンタアレグリアがグイッとひと伸び!外ゼーヴィントの追撃を凌いで初重賞制覇を飾りました!半馬身差の2着にゼーヴィント、そこから1馬身1/4差の3着にミライヘノツバサが入っています。

公認プロ予想家ではkmプロ馬っしぐらプロが的中しています。

G2東海ステークスショウナンアポロンが先頭で直線コースへ。逃げるショウナンアポロンのリードは1馬身、その後ろにピオネロモルトベーネリッカルド、1番人気のグレンツェントは中団外目から追い込み態勢。残り200mを通過、逃げるショウナンアポロンモルトベーネが競りかけて2頭の激しい叩き合い、これに外からグレンツェントが徐々に差を詰めて3頭がやや抜ける形。残り50m、ショウナンアポロンを競り負かしたモルトベーネが粘り込みを図るところをグレンツェントが強襲!ゴール前でしっかり捉えて重賞初制覇を飾りました!半馬身差の2着にモルトベーネ、そこから半馬身差の3着にメイショウウタゲが入っています。

公認プロ予想家ではシムーンプロ他3名が的中しています。

------------------------------------------------------------------------------

☆☆☆注目プロ →いっくんプロ
21(土)京都4Rで◎ビップキャッツアイ×バンダイクブラウンメイショウツムギの3連単2151.5倍を500円的中させ、107万5750円のビッグヒット!さらには勝負レースに指定した中京11Rで◎○▲のパーフェクト予想を披露し、75万8800円を払い戻しました!週末トータル回収率319%、収支プラスは158万2850円をマーク!月間収支は驚愕の404万超プラスとなっています!

☆☆☆注目プロ →夢月プロ
22(日)中山1Rで▲アースミステリーセイウンチャームの馬連57倍を4900円的中させ、27万9300円の払い戻し!21(土)京都10Rでは最低人気の◎アダムバローズの単勝を1万円的中させ、10万1000円を払い戻しました!週末トータル回収率140%、収支プラス14万7530円をマークしています。

☆☆☆注目プロ →伊吹雅也プロ
勝負レースに指定した22(日)京都10Rで◎ニットウスバルゴルゴバローズゼンノサーベイヤーの3連複13.4倍を3600円的中させ、4万8240円を払い戻しました!この他にも京都9Rで◎×▲の印で3万9600円を払い戻し、21(土)京都11Rでも◎×○で3万7840円を払い戻しました!週末トータル回収率174%、収支プラス5万9360円をマークしています。

この他にもマカロニスタンダーズプロサウスプロ河内一秀プロ☆まんでがんプロサラマッポプロおかべプロが週末トータル回収率100%超の活躍を見せています。
 
※全レースの結果速報はこちら
    
来週も競馬プロ予想MAXにご期待ください!

[もっと見る]

2017年1月23日(月) 16:05 凄馬プロジェクトチーム
『凄馬出馬表&馬券検討』1/22の結果(アメリカジョッキークラブカップ)
閲覧 312ビュー コメント 0 ナイス 3

1月22日(日)に行われました中山11Rの「アメリカジョッキークラブカップG2」です。

レース結果(着順)の凄馬出馬表(画像)をご覧ください。



1着:総合ポイント【9位】△タンタアレグリア(14.7倍)
2着:総合ポイント【4位】△ゼーヴィント(2.8倍)
3着:総合ポイント【14位】△ミライヘノツバサ(7.1倍)

第3グループ・総合ポイント9位のタンタアレグリアが1着、第2グループ・総合ポイント4位のゼーヴィントが2着、第4グループ・総合ポイント14位のミライヘノツバサが3着という結果でした。

期待した◎リアファルは4角で大失速。唯一の懸念材料は2走ボケと思っていましたが、、。レース自体は息の入らない厳しい流れ、強気に攻めていったミライヘノツバサは相当力をつけている印象を持ちました。来週こそは的中させたいですね('_')

[もっと見る]

2017年1月22日() 14:00 凄馬プロジェクトチーム
第241回『凄馬出馬表分析&馬券検討』〜アメリカジョッキークラブカップ G2
閲覧 615ビュー コメント 0 ナイス 2

みなさんこんにちは!

本日はアメリカジョッキークラブカップG2の『凄馬出馬表』を分析したいと思います。

今回も「U指数」だけでなく、U指数のポイントに【調教評価】、【厩舎評価】、【斤量補正】を数値化し加算減算しU指数を補正することで「総合ポイント」を算出しました。
★「U指数」について詳しくはこちらをご覧ください→U指数についてページ

U指数1.0ポイントは約1馬身差にあたるので、これを目安に以下のような重み付けをしました。
【調教評価】は競馬エイトの調教評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「5」・・・「−1.0ポイント」
「6」・・・「±0.0ポイント」
「7」・・・「+1.0ポイント」
「8」・・・「+2.0ポイント」
【厩舎評価】は競馬エイトの厩舎コメントの評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「△」・・・「−1.0ポイント」
「○」・・・「±0.0ポイント」
「◎」・・・「+1.0ポイント」
【斤量補正】は1.0kg=「0.5ポイント」として以下の基準体重との差分に乗算しました。
「牡馬」・・・「57.0kg」
「牝馬」・・・「55.0kg」


上記の補正を行った『凄馬出馬表』(画像)をご覧ください。





第1グループ(橙)は、リアファル1頭。
第2グループ(黄)は、クリールカイザーワンアンドオンリーゼーヴィントの3頭。
第3グループ(薄黄)は、マイネルフロストタンタアレグリアまでの5頭となっていて、以下は第4G(灰)となっています。

凄馬出馬表をご覧いただくと総合トップのリアファルクリールカイザー間に1.7の溝があり、その他に大きな溝が発生していません。

私の本命は◎リアファルとします。ここ数週の中山芝はやや差し馬向きの傾向ではありますが、正直のこのメンバー構成では能力・性能が1枚上の印象を持っていますので期待したいと思います。距離延長は好材料ですし、懸念材料は2走ボケくらいでは!?という評価です。問題は相手探しですが、対抗にはここに向けて明らかに仕上げてきた○クリールカイザー、▲には中山は崩れないショウナンバッハ、以下△ヤマニンボワラクテタンタアレグリアルミナスウォリアーゼーヴィントミライヘノツバサと印を打ちます。

【3連複1頭軸ながし】
13

1,6,8,10,12,15,17

計21点

[もっと見る]

⇒もっと見る

ゼーヴィントの口コミ


口コミ一覧
閲覧 61ビュー コメント 0 ナイス 7

セントライト記念2017 セダブリランテスの分析をしました。

このレースは月曜日に行われるので勝負レースとはしませんが
有力馬を1頭1頭じっくり見ていきたいと思います。

夏の上り馬、セダブリランテス。ゼーヴィントと良く似た感じに見えますが
同馬はどうでしょうか?ここが非常に大事な一戦なのでじっくりレースを見たいと
思っています。

もし宜しければ見ていってください。

秋競馬も引き続き、よろしくお願いします。

http://tanpukushoubu.com

【お願い!!!】
ウマフレ随時どしどし募集しています。お気軽にリクエスト下さい。よろしくお願いします

 銀色のサムライ 2017年8月4日(金) 19:02
小倉記念をゆる〜く展望
閲覧 75ビュー コメント 0 ナイス 8

日曜小倉のメインレース・小倉記念を展望していきます。

台風5号の動きが気になるところですけど、
仮に開催が無事行われたとしても、雨による影響を受けるのは確実な情勢なのでは?と思っています。


▲織張乾Ε殴

デムーロ騎手騎乗という事で実力以上の評価を受ける事になりそうですが、
前走・七夕賞は逃げバテしたフェイマスエンドの真後ろの位置になってしまい、
勝負どころでポジションを最後方近くまで下げる、という致命的な不利がありました。

スムーズな競馬をしていてもゼーヴィントに勝てたとは思えませんけど、
2、3着に入る可能性は十分あったのではないでしょうか。

最終追い切りでも上々の動きを見せていましたし、
500万下ではありますが、重馬場で1度勝った実績もありますから、
道悪になっても問題ないでしょう。


Ε戰襦璽

小倉記念2年連続2着という「小倉巧者」ですね。

コース適性の高さはメンバー中トップレベルにあると思いますが、
近走の走りが冴えないのがとても気になります。

最終追い切りでは土曜2Rに出るPOG馬・スヴァルナに遅れを取っていましたし、
抜群の調子ではないと思うんですけど、コース適性の高さを無視する事はできません。

2走前に不良馬場で大きく崩れていますから、
重馬場以上の道悪になると厳しいと思います。


┘汽鵐泪襯謄ン

戸崎騎手のJRA全10場重賞制覇が懸かっている馬になりますね。

前走・むらさき賞は2着とアタマ差の接戦でしたが、
奥の深さを感じさせる勝ちっぷりだったので、辛勝でも前走の走りは評価すべきだと思います。

福島コースでも好走しているので、小倉のコース形態自体は大丈夫なんでしょうけど、
戸崎騎手の小倉コースの経験値が低い点はやはり引っ掛かります。

道悪がプラスになるタイプでもないですし、
過剰人気するようであれば、思い切って消すのもアリかと。


ストロングタイタン

今年の中山金杯で自信満々の◎を打ったら、まさかの凡退…。
僕にとってはとても因縁深い馬になります。

得意コースの小倉で走った小倉大賞典でも5着という微妙な結果でしたから、
重賞だと少し力が足りないタイプかもしれません。

でも、キャリア5勝中4勝が夏場という典型的な夏馬なので、
夏場の重賞であれば勝ち負けまで持ち込んでも不思議ないのでは?と考えています。

前走でレコード勝ちしたぐらいのスピード型ですから、
道悪馬場は割引材料になると思います。


バンドワゴン

6歳馬ですけど、途中で2年の長期休養がありましたので、
今回がキャリア10戦となります。

前走・鳴尾記念の走りがイマイチでしたけど、
気性の難しい面を出してしまったがゆえの凡退ですから、
大外枠からスムーズなレース運びができれば、一変があっても驚けないと思います。

やや重までしか道悪馬場の経験がないので、
本格的な道悪になった時の対応力は未知数ですが、
気難しい馬が道悪馬場だと真面目に走る、というケースは少なくないですからね。

人気を落とすようであれば、逆に買ってみたい存在です。


積極的に買いたいような馬が1頭もいない状況ですね。
困ったものです…(>

[もっと見る]

 やすの競馬総合病院 2017年7月14日(金) 22:07
7月15日の2歳新馬戦の予想の巻
閲覧 42ビュー コメント 0 ナイス 2

☆7月15日の2歳新馬戦予想対決の指名馬☆
今回も前日オッズの1番人気から順に血統や騎手をチェックしていって、これいいんじゃないか?と思った馬を指名という
オッズ+騎手+血統の「オッズミックス予想」で予想しました。

函館5R(芝1200m) 指名馬 ダンツコンフォート
キングヘイロー産駒は短距離戦に強い持久力勝負向きってイメージなんで小回りの1200mは合ってそう。

中京5R(芝1600m) 指名馬 アルジ
ハーツクライ産駒は瞬発力ある馬が多いから直線長いコース向いてるんで中京は合ってそう。
川田騎乗なのも直線長いコース向きっぽくていいかな。

福島5R(芝1200m) 指名馬 ムーンライズ
アドマイヤムーン産駒は短距離得意やし、小回りコースの福島で雨降って持久力勝負になった場合は内田みたいな剛腕系騎手が合ってるかも。

福島6R(ダ1150m) 指名馬 タマモアモーレ
父サウスヴィグラス、母父アフリートってダートめちゃめちゃ走りそうな血統してるし、騎手も戸崎を乗せてきてるんで、ここはすんなりかな?


--------------------------------------------------------------------------------

☆おまけ☆
七夕賞を勝ったゼーヴィントが骨折で復帰は来年の年明け以降という残念なことになってしまいました。

七夕賞では、ゼーヴィントを勝たせるためのシルク軍団の露骨な作戦なんかもあったとはいえ、馬には何の罪もないのでケガをしっかり治してまた元気に活躍してほしいです。
七夕賞はかなりタフなレースだったんで、他の馬達はケガないといいんですが・・・。

[もっと見る]

⇒もっと見る

ゼーヴィントの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

ゼーヴィントの写真

ゼーヴィント

ゼーヴィントの厩舎情報 VIP

2017年7月9日七夕賞 G31着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

ゼーヴィントの取材メモ VIP

2017年7月9日 七夕賞 G3 1着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。