注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます!⇒いますぐ会員登録(無料)

ゼーヴィント(競走馬)

注目ホース
ゼーヴィント
写真一覧
現役 牡4 鹿毛 2013年5月12日生
調教師木村哲也(美浦)
馬主有限会社 シルクレーシング
生産者ノーザンファーム
生産地安平町
戦績 9戦[3-3-1-2]
総賞金12,240万円
収得賞金5,950万円
英字表記Seewind
血統 ディープインパクト
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
ウインドインハーヘア
シルキーラグーン
血統 ][ 産駒 ]
ブライアンズタイム
シーヴィーナス
兄弟 ザイディックメアラグナアズーラ
前走 2017/01/22 アメリカジョッキーC G2
次走予定

ゼーヴィントの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
17/01/22 中山 11 AJCC G2 芝2200 175102.812** 牡4 55.0 戸崎圭太木村哲也492(+6)2.12.0 0.135.7⑩⑩⑩タンタアレグリア
16/11/13 福島 11 福島記念 G3 芝2000 167132.112** 牡3 55.0 A.シュタ木村哲也486(+6)2.01.0 0.235.6⑨⑦④④マルターズアポジー
16/09/18 中山 11 セントライト G2 芝2200 127106.822** 牡3 56.0 戸崎圭太木村哲也480(-2)2.13.1 0.035.0ディーマジェスティ
16/07/03 福島 11 ラジNIK賞 G3 芝1800 16114.011** 牡3 54.0 戸崎圭太木村哲也482(-2)1.47.0 -0.234.5⑦⑧⑦⑦ダイワドレッサー
16/05/07 東京 11 プリンシパル OP 芝2000 176125.833** 牡3 56.0 石川裕紀木村哲也484(-2)1.59.5 0.334.2⑬⑩⑫アジュールローズ
16/04/16 中山 9 山藤賞 500万下 芝2000 10222.111** 牡3 56.0 戸崎圭太木村哲也486(+2)2.01.1 -0.134.4④④ミヤビエンブレム
16/03/13 中山 5 3歳未勝利 芝1800 16472.711** 牡3 55☆ 石川裕紀木村哲也484(+2)1.52.1 -0.334.4⑦⑦⑤④ネオヴェルザンディ
16/01/16 中京 7 3歳未勝利 芝1600 16118.536** 牡3 55☆ 石川裕紀木村哲也482(-2)1.35.6 0.334.5⑩⑪⑨マテラアリオン
15/11/08 東京 5 2歳新馬 芝1800 16247.947** 牡2 55.0 柴山雄一木村哲也484(--)1.53.5 1.434.3⑥⑤⑦キラージョー

ゼーヴィントの関連ニュース

 第58回アメリカジョッキークラブカップ(22日、中山11R、GII、4歳上オープン国際、別定、芝・外2200メートル、1着本賞金6200万円=出走17頭)蛯名正義騎乗で7番人気の伏兵タンタアレグリアが直線インから抜け出してV。待望の重賞初制覇を成し遂げた。タイム2分11秒9(良)。今後は天皇賞・春(4月30日、京都、GI、芝3200メートル)を目標にローテーションを組む。蛯名騎手は26年連続のJRA重賞勝ち。1/2馬身差2着が1番人気のゼーヴィントで、さらに1馬身1/4差の3着が3番人気ミライヘノツバサだった。

 これぞベテランの味だ。3月に48歳を迎える年男・蛯名正義騎手に導かれた7番人気のタンタアレグリアが、内からするすると抜け出して重賞初Vを飾った。

 「まだ若い者には負けていられないからね」

 歴代3位タイとなる26年連続JRA重賞制覇を決めたジョッキーが笑顔を見せた。スタートして中団の内々へ。「できれば(内に)もぐっていきたい」と考えていたジョッキーの思惑通り脚をためると、4コーナーで馬群が横に広がったときも内で我慢。直線入り口で先頭を射程圏に入れ、馬の間を縫うように抜け出すと、最後までしぶとく伸びてゼーヴィントの追撃を振り切った。追い出しを焦らず、冷静に馬を誘導するベテランならではの騎乗ぶりが光った。

 「なかなか思い通りにはならないものだけど、今回はこういう形になればいいな、という競馬ができた。4コーナーの手応えも良くて追い出しを待ったぐらいだけど、外も伸びていたからね。なんとかしのいでくれた」

 してやったりの蛯名騎手。3歳時には青葉賞2着、菊花賞4着と早くから素質をのぞかせていたタンタだが、昨年の天皇賞・春4着後、体調が整わず放牧が長引いた。万全の態勢になるまで待って帰厩。そのかいあって約9カ月ぶりの実戦できっちりと結果を出した。

 「休み明けだったけど、馬が力をつけていると思っていた。まだまだ変わってくると思うし、無事に天皇賞・春へ向かいたいね」

 マツリダゴッホ以来、10年ぶり2度目のAJCC制覇となった国枝調教師は、春の大目標を天皇賞に設定。その前に阪神大賞典(3月19日、阪神、GII、芝3000メートル)か日経賞(3月25日、中山、GII、芝2500メートル)を挟む予定だ。

 「やっと賞金を加算できたし、昨年の休んでいたぶんを取り戻したい」と活躍を願う蛯名騎手。ますます円熟味を増したベテランとのコンビで、タンタアレグリアが今年は飛躍の一年とする。 (柴田章利)

★22日中山11R「アメリカジョッキークラブカップ」の着順&払戻金はこちら

【AJCC】直線及ばず…ゼーヴィント2着2017年01月23日(月) 05:03

 第58回アメリカジョッキークラブカップ(22日、中山11R、GII、4歳上オープン国際、別定、芝・外2200メートル、1着本賞金6200万円=出走17頭)1番人気ゼーヴィントは2着。中団でじっくりと末脚を温存して直線勝負にかけたが、最後は勝ち馬を半馬身差まで追い詰めたところがゴールだった。3戦連続の重賞2着だが、年長馬相手でも通用する能力を改めて証明した形だ。「精神的に大人になっているし、レースもスムーズに運べたけど、勝った馬にうまく乗られた。負けたのは申し訳なかったですが、馬はすごく良くなって、力もつけています」と戸崎騎手は前向きに話した。

★22日中山11R「アメリカジョッキークラブカップ」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【AJCC】タンタアレグリアが抜け出してV! 2017年01月22日() 15:54

 1月22日の中山11Rで行われた第58回アメリカジョッキークラブカップ(4歳以上オープン、GII、芝・外2200メートル、別定、17頭立て、1着賞金=6200万円)は、蛯名正義騎手騎乗の7番人気タンタアレグリア(牡5歳、美浦・国枝栄厩舎)が中団のインからタイミングよく仕掛けてゴール前の攻防を制し、重賞初制覇を飾った。タイムは2分11秒9(良)。1/2馬身差の2着はゼーヴィント(1番人気)で、さらに1馬身1/4離れた3着にミライヘノツバサ(3番人気)が入った。

 タンタアレグリアは、父ゼンノロブロイ、母タンタスエルテ、母の父ステューカという血統。北海道白老町・(有)社台コーポレーション白老ファームの生産馬で、馬主は(株)G1レーシング。通算成績は14戦3勝。重賞は初勝利。AJCCは、国枝栄調教師は2007年マツリダゴッホに次いで2勝目。蛯名正義騎手は初勝利。

 ◆蛯名正義騎手「こういう形になったらいいなと思って、その通りになりました。最初から内に潜り込んで行ければと。内がずっと空いていて、思い通りになった珍しいケースです。4コーナーの手応えもよくて、追うのを待っていました。それでも(後続が)外から来て、最後も何とかしのいでくれと。気持ちが子供子供したところがあり、牧場と厩舎サイドで大事に使ってきた馬。秋に休んだので、そのぶんを取り返せるように」

★22日中山11R「アメリカジョッキークラブカップ」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【AJCC】シングウィズ連続騎乗ルメールで激走2017年01月21日() 11:33

 いわゆる乗り役を選ぶタイプに引き続きルメールJが騎乗。迷わずシングウィズジョイを狙い撃ちたい。

 牝馬3冠ロード後の成績は(1)(15)(7)(2)着。一見、狙いづらい牝馬を地で行くような戦歴ではある。ただ、激走したターコイズS1着とエリザベス女王杯2着にはある共通点があった。前者の鞍上が戸崎J、後者がルメールJ−。昨年、わずか1勝差の熾烈なリーディング争いを演じた巨頭2人の手綱で激変したのは注目に値する。

 「急にカーッとするところがある。要するに折り合いがカギ」と、友道調教師が端的に性格を表すように、乗り役の手腕が最重要と言い換えることもできる。JRAを代表する2人の折り合い名人による大変身は決して偶然とは言えまい。

 となれば、ルメールJの連続騎乗はこれ以上ない買い材料。前走も脚の使いどころが難しい2200メートルで、ましてGIでの2着と、臨戦過程も絶好といえる。

 さらに強調したいのはこの時季の牝馬とは思えないほどの極上のデキ。もともと調教は動くが、11日のCWコースではラスト1F11秒9と切れに切れた。

 これには、「1週前にしっかり追ったけど、かなりいい状態。エリザベス女王杯と比べてもデキは遜色ない」と、トレーナーもキッパリ。2カ月ぶりで男馬相手の難局に対しても、「抜けた馬がいない」と、強気な姿勢を崩そうとしない。

 すべてのカギを握る肝心要のルメールJも「この前と同じ状態。チャンス」とVサイン。(4)番枠をフルに生かして、好位から粘り込むシーンしかもう思い浮かばない。

 “究極の3連単”はシングを1着に固定し、6戦連続馬券圏内のゼーヴィントを2・3着に据えた計12点でOK。(夕刊フジ)

AJCCの枠順はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【AJCC】厩舎の話2017年01月20日(金) 05:05

 ◆クラリティスカイ斎藤誠師 「動きはいいし、好調。距離にも対応できそう」

 ◆クリールカイザー・相沢師 「2週連続でしっかりとやれた。条件としては一番いい」

 ◆サイモントルナーレ・田中清師 「結構動けていたし、元気いっぱい」

 ◆ショウナンバッハ・上原師 「坂路で追ったが動きも時計もいい。うまく末脚を生かせれば」

 ◆シルクドリーマー・黒岩師 「息遣いは問題ないし、状態もいい」

 ◆シングウィズジョイ・ルメール騎手 「2000メートルがベストで(2200メートルは)ぎりぎりだけど、直線が短い小回りの中山コースなら」

 ◆ゼーヴィント・木村師 「(調教は)真っすぐ走らせるのが狙いで、その意図はクリアできた。仕上がりは悪くない」

 ◆タンタアレグリア・蛯名騎手 「けいこはしっかりとやっている。次につながる競馬ができれば」

 ◆ホッコーブレーヴ・松永康師 「久々の不安はない」

 ◆マイネルフロスト・高木師 「順調にきている」

 ◆マイネルメダリスト・田中清師 「中間は調教を少し強くやっている。体は意識的に絞った」

 ◆ミライヘノツバサ・伊藤大師 「中1週だからこれくらいで十分。引き続き状態は良さそう」

 ◆ヤマニンボワラクテ・松永幹師 「具合はいい。適性は2000メートルあたりなので、この距離はいいと思う」

 ◆ルミナスウォリアー・柴山騎手 「いい動きでした。力を付けています」

 ◆ワンアンドオンリー・橋口師 「(実戦で)いい頃の走りが戻ってきたので頑張ってほしい」

AJCCの出馬表はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【AJCC】ゼーヴィント、ぶれず12秒52017年01月19日(木) 05:04

 福島記念2着以来となるゼーヴィントはWコースの3頭併せで一杯に追われ、4ハロン51秒8−12秒5をマーク。内ゴルゴバローズ(1600万下)には1馬身遅れたが、外クリミアタイガー(500万下)に2馬身先着した。

 木村調教師は「真っすぐ走らせるのが狙い。その意図はクリアできたし、仕上がりは悪くない。いずれはGIを狙えるだけの能力があると思っている馬。なんとか今年は大きな舞台に立たせてあげたい」と、今年初戦に力を込めた。

AJCCの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

⇒もっと見る

ゼーヴィントの関連コラム

閲覧 982ビュー コメント 0 ナイス 8

先週は22(日)に中山競馬場でG2アメリカジョッキークラブカップが中京競馬場でG2東海ステークスがそれぞれ行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。

G2アメリカジョッキークラブカップクリールカイザーが先頭で直線コースへ。直線に入るとすぐさまミライヘノツバサクリールカイザーを交わして先頭、後続はゼーヴィントルミナスウォリアーが外からまくり気味に進出、内からはタンタアレグリアも脚を伸ばしてきます。残り200mを通過、ここでルミナスウォリアーは置かれて内タンタアレグリア、中ミライヘノツバサ、外ゼーヴィントの3頭が後続を離しての叩き合い!坂を上ってミライヘノツバサが下がるとタンタアレグリアがグイッとひと伸び!外ゼーヴィントの追撃を凌いで初重賞制覇を飾りました!半馬身差の2着にゼーヴィント、そこから1馬身1/4差の3着にミライヘノツバサが入っています。

公認プロ予想家ではkmプロ馬っしぐらプロが的中しています。

G2東海ステークスショウナンアポロンが先頭で直線コースへ。逃げるショウナンアポロンのリードは1馬身、その後ろにピオネロモルトベーネリッカルド、1番人気のグレンツェントは中団外目から追い込み態勢。残り200mを通過、逃げるショウナンアポロンモルトベーネが競りかけて2頭の激しい叩き合い、これに外からグレンツェントが徐々に差を詰めて3頭がやや抜ける形。残り50m、ショウナンアポロンを競り負かしたモルトベーネが粘り込みを図るところをグレンツェントが強襲!ゴール前でしっかり捉えて重賞初制覇を飾りました!半馬身差の2着にモルトベーネ、そこから半馬身差の3着にメイショウウタゲが入っています。

公認プロ予想家ではシムーンプロ他3名が的中しています。

------------------------------------------------------------------------------

☆☆☆注目プロ →いっくんプロ
21(土)京都4Rで◎ビップキャッツアイ×バンダイクブラウンメイショウツムギの3連単2151.5倍を500円的中させ、107万5750円のビッグヒット!さらには勝負レースに指定した中京11Rで◎○▲のパーフェクト予想を披露し、75万8800円を払い戻しました!週末トータル回収率319%、収支プラスは158万2850円をマーク!月間収支は驚愕の404万超プラスとなっています!

☆☆☆注目プロ →夢月プロ
22(日)中山1Rで▲アースミステリーセイウンチャームの馬連57倍を4900円的中させ、27万9300円の払い戻し!21(土)京都10Rでは最低人気の◎アダムバローズの単勝を1万円的中させ、10万1000円を払い戻しました!週末トータル回収率140%、収支プラス14万7530円をマークしています。

☆☆☆注目プロ →伊吹雅也プロ
勝負レースに指定した22(日)京都10Rで◎ニットウスバルゴルゴバローズゼンノサーベイヤーの3連複13.4倍を3600円的中させ、4万8240円を払い戻しました!この他にも京都9Rで◎×▲の印で3万9600円を払い戻し、21(土)京都11Rでも◎×○で3万7840円を払い戻しました!週末トータル回収率174%、収支プラス5万9360円をマークしています。

この他にもマカロニスタンダーズプロサウスプロ河内一秀プロ☆まんでがんプロサラマッポプロおかべプロが週末トータル回収率100%超の活躍を見せています。
 
※全レースの結果速報はこちら
    
来週も競馬プロ予想MAXにご期待ください!


登録済みの方はこちらからログイン

2017年01月23日(月) 16:05 凄馬プロジェクトチーム
『凄馬出馬表&馬券検討』1/22の結果(アメリカジョッキークラブカップ)
閲覧 241ビュー コメント 0 ナイス 3

1月22日(日)に行われました中山11Rの「アメリカジョッキークラブカップG2」です。

レース結果(着順)の凄馬出馬表(画像)をご覧ください。



1着:総合ポイント【9位】△タンタアレグリア(14.7倍)
2着:総合ポイント【4位】△ゼーヴィント(2.8倍)
3着:総合ポイント【14位】△ミライヘノツバサ(7.1倍)

第3グループ・総合ポイント9位のタンタアレグリアが1着、第2グループ・総合ポイント4位のゼーヴィントが2着、第4グループ・総合ポイント14位のミライヘノツバサが3着という結果でした。

期待した◎リアファルは4角で大失速。唯一の懸念材料は2走ボケと思っていましたが、、。レース自体は息の入らない厳しい流れ、強気に攻めていったミライヘノツバサは相当力をつけている印象を持ちました。来週こそは的中させたいですね('_')

[もっと見る]

2017年01月22日() 14:00 凄馬プロジェクトチーム
第241回『凄馬出馬表分析&馬券検討』〜アメリカジョッキークラブカップ G2
閲覧 510ビュー コメント 0 ナイス 2

みなさんこんにちは!

本日はアメリカジョッキークラブカップG2の『凄馬出馬表』を分析したいと思います。

今回も「U指数」だけでなく、U指数のポイントに【調教評価】、【厩舎評価】、【斤量補正】を数値化し加算減算しU指数を補正することで「総合ポイント」を算出しました。
★「U指数」について詳しくはこちらをご覧ください→U指数についてページ

U指数1.0ポイントは約1馬身差にあたるので、これを目安に以下のような重み付けをしました。
【調教評価】は競馬エイトの調教評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「5」・・・「−1.0ポイント」
「6」・・・「±0.0ポイント」
「7」・・・「+1.0ポイント」
「8」・・・「+2.0ポイント」
【厩舎評価】は競馬エイトの厩舎コメントの評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「△」・・・「−1.0ポイント」
「○」・・・「±0.0ポイント」
「◎」・・・「+1.0ポイント」
【斤量補正】は1.0kg=「0.5ポイント」として以下の基準体重との差分に乗算しました。
「牡馬」・・・「57.0kg」
「牝馬」・・・「55.0kg」


上記の補正を行った『凄馬出馬表』(画像)をご覧ください。





第1グループ(橙)は、リアファル1頭。
第2グループ(黄)は、クリールカイザーワンアンドオンリーゼーヴィントの3頭。
第3グループ(薄黄)は、マイネルフロストタンタアレグリアまでの5頭となっていて、以下は第4G(灰)となっています。

凄馬出馬表をご覧いただくと総合トップのリアファルクリールカイザー間に1.7の溝があり、その他に大きな溝が発生していません。

私の本命は◎リアファルとします。ここ数週の中山芝はやや差し馬向きの傾向ではありますが、正直のこのメンバー構成では能力・性能が1枚上の印象を持っていますので期待したいと思います。距離延長は好材料ですし、懸念材料は2走ボケくらいでは!?という評価です。問題は相手探しですが、対抗にはここに向けて明らかに仕上げてきた○クリールカイザー、▲には中山は崩れないショウナンバッハ、以下△ヤマニンボワラクテタンタアレグリアルミナスウォリアーゼーヴィントミライヘノツバサと印を打ちます。

【3連複1頭軸ながし】
13

1,6,8,10,12,15,17

計21点

[もっと見る]

2017年01月22日() 13:00 競馬プロ予想MAX
「プロ予想MAX四天王の決断!」/アメリカジョッキークラブカップ G2(霧プロ)
閲覧 501ビュー コメント 0 ナイス 3

 本日は“予想界のファンタジスタ”の異名をとる、ウマニティ公認プロ予想家の霧さんに登場してもらいます。今年は金杯デーから全レースを予想し、プラス収支と絶好調。日経新春杯も的中と波に乗っています。狙いを定めたAJCCでは、いったいどんな結論を導き出したのでしょうか?
 霧さんが本命を打ったのはリアファルです。「久々を叩かれた今回は大きな上積みが見込める。パワーとスタミナに優れた血統ゆえに、中山の2200mという舞台も合う」とこの馬の復活勝利に期待しました。
 対抗は「8歳でも調教の動きは上々で、舞台適性も高いクリールカイザー。単穴は「調教の動きの良さが目立ち、前走に続いての2200mで良さが出れば面白いシングウィズジョイ。以下、ワンアンドオンリーゼーヴィントヤマニンボワラクテの順に押さえます。馬券は馬連・3連複1頭軸流し→きЛ韻脳”蕕任后K椒譟璽弘奮阿霧プロの予想は、ウマニティのプロ予想MAXでご確認ください!

(ウマニティ編集長・岡田大)

------------------------------------------------
プロ予想MAX四天王の決断!」とは・・・ウマニティが日曜のサンケイスポーツ競馬面にてお届けする連載コラムで、プロ予想MAX最強プロ予想家陣の中でも売上ランキング(前月の月間予想売上)で頂点に君臨する四天王の中から毎週1名の予想家が登場し、重賞予想を掲載しています。
------------------------------------------------

ウマニティ公認プロ予想家の予想はここが違う!
プロ予想家の予想は、予想の収支が完全公開されているガチンコ勝負の予想です。 予想収支を出さない他の予想サイトとは一線を画しています。

【プロ予想家の提供する予想】
1.予想印(◎◯▲△×)による評価
2.コメントで予想根拠を提示※1
3.資金配分をした買い目(予算最大1万円)
※1:コメントの無い予想もあります。コメントの有る無しは購入前に確認できます。

【予想例】覆面ドクター・英プロの安田記念予想
3連単12万7190円を7点買いで的中!178万1400円払戻


「競馬プロ予想MAX」には総勢25名のウマニティ公認プロ予想家がいます!
プロ予想家の収支はリアルタイムで完全公開されています。
まずは、どんな予想家がいるかあなたの目で確かめて下さい。
>>詳しくは競馬プロ予想MAXへ<<

[もっと見る]

2017年01月15日() 15:00 伊吹雅也
【伊吹雅也のピックアップ競馬データ2017年01月15日号】特選重賞データ分析編(30)〜2017年アメリカジョッキークラブカップ〜
閲覧 2,828ビュー コメント 0 ナイス 5

次週の注目重賞を、伊吹雅也プロが様々なデータを駆使していち早く分析! もっとも重要と思われる<ピックアップデータ>に加え、<追い風データ/向かい風データ>や<注目馬チェック>など、貴重な情報が満載なウマニティ会員専用コラムとなっております。ぜひ皆様の予想にお役立て下さい。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


<次週の特選重賞>

G2 アメリカジョッキークラブカップ 2017年01月22日(日) 中山芝2200m外


<ピックアップデータ>

【“前年か同年、かつJRAのG1かG2”において5着以内となった経験の有無別成績(2012年以降)】
○あり [5-2-4-25](複勝率30.6%)
×なし [0-3-1-32](複勝率11.1%)

 格の高いレースで好走してきた馬を重視したい一戦。2012年以降の優勝馬5頭は、いずれも“前年か同年、かつJRAのG2”において連対経験があった馬です。一方、G3やオープン特別、条件クラスのレースを主戦場としてきた馬は安定感を欠いています。近走の勢いだけで支持されている馬を信頼し過ぎないようにしましょう。

主な「○」該当馬→

[もっと見る]

2016年10月07日(金) 20:00 みんなの競馬コラム
【毎日王冠】血統考察 byうまカレ
閲覧 1,065ビュー コメント 0 ナイス 4

学生団体うまカレ副代表の金沢ユウダイです。
先週はスプリンターズSも凱旋門賞も、想像と違う流れに。特に凱旋門賞は、かなりのスタミナ戦で、さすがにあの流れで、渡仏後1か月程度で勝負になる日本馬はいないんじゃないでしょうか(^^;マカヒキには最悪の流れになってしまいました。やはり「レースは生き物」仕方ありません。

今週から秋の東京開催です。天皇賞へ繋がる毎日王冠を考察します。


●いよいよ名血が開花か
ディサイファの母ミズナは、名牝系Soaring系でも、グラスワンダーを輩出したGraceful Touchの分岐で、ミズナの母(ディサイファの母母)Tribulationはグラスワンダーの母Amerifloraの全妹。Tribulation=AmerifloraはDanzig×His Majesty×Raise a Nativeでこれは大種牡馬デインヒルと13/16同血。この強靭なパワーとスタミナは競馬史に影響を与え続けてきた名血に因るものだから非常に遺伝力が強く、ディサイファグラスワンダーレッドレイヴン(母母Ameriflora)もアドマイヤタイシも時計の掛かる馬場は得意だ。ディサイファの中山での4角で地面を掻き込むような走りは、グラスワンダーを彷彿とさせるものがある
さらに特筆すべきは、ミズナは、そのTribulationに、1世代しか産駒を残せなかった悲運の名馬、存命であれば種牡馬として成功を収めていたであろうDubai Millenniumを配されて産まれたということだ。Dubai Millenniumの偉大さは、昨今の欧州でのDubawi産駒の活躍ぶりからも明らかである。Dubai Millennium×Tribulationは、Northern Dancer4×3、Swaps5×5となり、そこに日本の至宝ディープインパクトを配されたディサイファは、Northern Dancer5×5・4と継続し父父サンデーサイレンスだけを1/4非Northern Dancerとした配合系になる。さらに母系に入るSwapsと、His Majesty=Graustarkを産んだ名繁殖Flower Bowlは、ディープインパクトの最もスタミナ・底力に優れた名血であるBurghclereを増幅することになっているというのも素晴らしい。
こういうパワーやスタミナというものは、時間とともに発現していくもので、札幌記念を制した昨年からの充実振りに加え、この中間は小島良太調教助手が「一昨年、昨年と比べても全然違う。これまでで一番かも」というコメントを出しているのも、まさにこの血統らしい成長を表しているといえよう。今年は、皐月賞ディーマジェスティ宝塚記念マリアライトと、ディープ産駒らしからぬパワーを誇る馬がGIを制した。ディサイファはまだGI未勝利であるが、TribulationにDubai Millennium、ディープインパクトと配されたこの超良血馬は必ず血を繋がなくてはならないし、ディーマジェスティのようにマリアライトのようにパワーで、グラスワンダーのように有馬記念を捲ってアッと言わせるのではないかとこの秋期待している1頭。安田記念でも、ラスト100mで外からダノンシャークに来られてから伸びてきたし、内枠も歓迎。

●成長力◎、間違いない大物
アンビシャスは、母父がエルコンドルパサー、母母カルニオラは1990年の凱旋門賞を制したSaumarezと3/4同血(父Rainbow Questと母母Fiesta Funが共通)で、母カーニバルソングはHyperion8・8・7・8・7×9・7・8・5、Hyperionは成長力やスタミナもあるが、パワーも豊富な硬派な血である。これだけHyperionが濃ければ、本来硬さやズブさが出てもおかしくないのに、これだけ美しく切れ味ある走りをするのは、(メジャーエンブレムダイワメジャー×オペラハウスという字面以上に、ルージュバックが母父Awesome Againとは思えない美しいフットワークで走るのと同じように)名馬Blushing Groomの良さが出ているといえる。こういう「字面の血統から逸脱したものが発現している」というのは大物に多くみられることである。
アンビシャス自身は、周りに馬がいると掛かるタイプで、一般的な「馬群の後ろで我慢させる」という折り合いの付け方よりは、馬群の外、もしくは、隊列が縦長になった時の方が折り合いはつきやすいだろう。昨年の毎日王冠は出遅れて6着だったが、右回り大得意のドゥラメンテに右回りで肉薄した中山記念の内容から、1年経って相当に成長しているはずで、今ならば大外を回しても届いてしまいそうなイメージがある。デムーロ騎手よりは、ルメール騎手の方が合っているタイプでもあろう。

●パワーが発現、昨年以上
ステファノスは、好相性のディープ×クロフネで、ディープ×Storm Catの3歳時にみられるようなSir Gaylord≒Secretariat6×5的な緩さが抜け、サトノアラジンラキシスのようなパワーの発現をしてきた。藤原厩舎らしく叩いて良くなるタイプだが、開幕週で外目を回った鳴尾記念、5着だった宝塚記念の内容から地力は相当で、56キロならやはり逆らえない。

●完全復調、ここでも
ルージュバックはHalo≒Boldnesian≒Red God3・5×5・5や、Promised Land5×5といった柔らかさを引き出す仕掛けと、Deputy Ministerのパワーが絶妙に発現した馬。エプソムカップも強かったが、時計勝負に対応して5着だったヴィクトリアマイルも地力の成せる業で完全に復調なったとみて良いだろう。これならこのメンバーでも好走できそうだ。

●兄らしい走法、成長曲線で鞍上魅力
大穴で注目したいのはヒストリカル。半兄カンパニーらしいピッチ走法で、昨春の大阪城Sから明らかに本格化。近走は位置取りの関係で惜しい競馬が続いているが、今回は兄をGI馬へと導いた横山典弘騎手が騎乗。この枠ならワイドを拾っておきたい。

●本質は小回り向き
ロゴタイプは、Haloらしい馬だから、スローで逃げて小回り質なレースにした安田記念は完全にハマッた。マイネルミラノがいる今回は厳しい競馬になりそうだ。来年の大阪杯を待ちたい。

●京都・中山外回りがベスト?
 ウインフルブルームは、Nijinsky≒ノーザンテースト4×3のパワーとサクラユタカオーの柔らかさのバランスが良く、突き詰めればPrincely Giftとノーザンテーストだからステイゴールド的な配合。父スペシャルウィーク譲りの胴長体型でもあるので、小回りでコーナリングを求められることはプラスともいえず、かつPrincely Giftが入るので下り坂のある京都外回りや、中山外回りが合っている、クリールカイザー的なイメージがある。今回はマイネルミラノという同系馬主がいて、競馬がし易そうで無視できないが、出走できるならばマイルCSで▲を打ってみたいような馬だ。


-----

京都大賞典も簡単に。
●京都ベストのキタサンvsサウンズオブアース
キタサンブラックは改めて書くまでもないが、母の軟質なスピードで先行し、ブラックタイド的Burghclere的な粘着力で粘るタイプで、カレンミロティックを差し返した天皇賞(春)、ハイペースを粘りに粘った宝塚記念の内容から地力は相当。下り坂での加速が巧いタイプだから、京都はベストコースといえる。
昨年の覇者ラブリーデイは、Ribotの影響で肩の立った猛烈なピッチ走法だから、昨年はスローペースで究極の瞬発力勝負になったことが勝因。今年はヤマカツライデンキタサンブラックがいるから、昨年以上のスローは見込めないし、何度も言うようにパワーというのは時間とともに発現してくるものだから、苦手な道悪での香港QE鏡C、宝塚記念での走りを見ても、よりパワーが付いたように思えるし、昨年よりも距離不安がある。
ラストインパクトは、キズナゼーヴィントらが出るディープ×Pacific Princess牝系で体質はさすが柔らかいが、母父ティンバーカントリーの影響で前脚が伸びきらない走りをするから、外回り向きの体質と内回り向きの走法を併せ持っているといえ、なかなかGIで勝ち負けするまでいけない。
アドマイヤデウスはHyperionらしい硬めの体質だから、GI級の相手で好走するには急坂有りのコースや、道悪といった助けが必要で、こちらも京都では食指が動かない。
ならばやはりコース、ペースを問わず好走できる万能型のサウンズオブアースが鞍上も含めて相手筆頭ということになりそうだ。


-----


【参考】

『日本サラブレッド配合史―日本百名馬と世界の名血の探究』(笠雄二郎著)
望田潤さんのブログ http://blog.goo.ne.jp/nas-quillo
栗山求さんの連載「血統SQUARE」http://www.miesque.com/motomu/works.html
『覚えておきたい 日本の牝系100』(平出貴昭著)

【うまカレBlog】http://umacollege.blog.fc2.com
【Twitter】https://twitter.com/umacolle
【Facebook】https://ja-jp.facebook.com/umacolle

金沢ユウダイ
【Twitter】https://twitter.com/derby6_1
【ブログ】http://derby6-1.hatenablog.com/

執筆者:うまカレ(MYコロシアム>最新予想にリンク)

------------------------------------------------
あなたも「みんなの競馬コラム」コーナーでコラムニストデビューしてみませんか!
>>応募方法など詳しくはこちら<<
------------------------------------------------

[もっと見る]

⇒もっと見る

ゼーヴィントの口コミ


口コミ一覧
閲覧 46ビュー コメント 0 ナイス 3

【根岸ステークス 予想結果】こじはる(小嶋陽菜) 競馬予想2017 3連単5頭ボックス予想まとめ!!

2017/01/29 16:06 http://keiba51.blog.fc2.com/blog-entry-511.html

競馬ファンの間ではすっかりお馴染みのAKB48のこじはる(小嶋陽菜)による競馬予想。
毎週『うまズキッ!』の番組内で発表される3連単5頭ボックスを楽しみにしている人も多いでしょう。

ただ、その『うまズキッ!』が2016年いっぱいで打ち切り。
2017年1月8日から『馬好王国〜UmazuKingdom〜』がスタートしました。


こじはるは新番組に引き続きMCとして出演。
2017年は『馬好王国〜UmazuKingdom〜』の中で3連単5頭BOX予想が披露されています。

今年はどんな結果となるのでしょうか。

こじはるの3連単5頭ボックスの昨年2016年の最終成績は50戦11勝。
安田記念の15万馬券的中などもあり昨年も年間プラス収支で一年を終えました。

2016年は最終的に的中率が22%、収支が+41,410円でした。

今年は3年連続のプラス収支を狙うこじはる。
ここまでの3連単5頭ボックスの成績はどうなっているのでしょうか。

先週の根岸Sを終えて今年は4戦1勝。

先週の根岸SではAJCCに続く連勝を目指しましたがハズレ。
今年2勝目はなりませんでした。

今年の成績はここまで勝率25%、収支は+10,980円となっています。
気になる今週の3連単5頭ボックス予想は『東京新聞杯』を予定しています。
◆こじはる(小嶋陽菜)、2017年競馬予想&結果!

≪根岸S(GII)≫ ハズレ馬券]o(-_-;)llllハズレ…
◇◎ 15.ベストマッチョ

◆3連単5頭ボックス
2.ラストダンサー
3.カフジテイク
4.ニシケンモノノフ
11.タールタン
15.ベストマッチョ

◆レース結果
1着 3.カフジテイク
2着 5.ベストウォーリア
3着 13.エイシンバッケン

◆払戻金
3連単:3-5-13 9,330円 6番人気
・・・・・・・・・・・・・・・

≪AJCC(GII)≫ 当たり 3連単 8-10-1 28,980円 的中!!
◇◎ 1.ミライヘノツバサ

◆3連単5頭ボックス
1.ミライヘノツバサ
2.クラリティスカイ
8.タンタアレグリア
10.ゼーヴィント
17.クリールカイザー

◆レース結果
1着 8.タンタアレグリア
2着 10.ゼーヴィント
3着 1.ミライヘノツバサ

◆払戻金
3連単:8-10-1 28,980円 81番人気
・・・・・・・・・・・・・・・
≪日経新春杯(GII)≫ ハズレ馬券]o(-_-;)llllハズレ…
◇◎ 3.シャケトラ

◆3連単5頭ボックス
2.ヤマカツライデン
3.シャケトラ
5.ミッキーロケット
9.レッドエルディスト
14.レーヴミストラル

◆レース結果
1着 5.ミッキーロケット
2着 3.シャケトラ
3着 8.モンドインテロ

◆払戻金
3連単:5-3-8 5,040円 3番人気
・・・・・・・・・・・・・・・

≪シンザン記念(GIII)≫ ハズレ馬券]o(-_-;)llllハズレ…
◇◎ 5.ペルシアンナイト

◆3連単5頭ボックス
5.ペルシアンナイト
7.アルアイン
13.イエローマジック
14.タイセイスターリー
15.コウソクストレート

◆レース結果
1着 9.キョウヘイ
2着 14.タイセイスターリー
3着 5.ペルシアンナイト

◆払戻金
3連単:9-14-5 15,1880円 367番人気

・・・・・・・・・・・・・

 Cameo 2017年01月23日(月) 18:46
AJCCの反省
閲覧 39ビュー コメント 0 ナイス 3

このレースのV候補は、ゼーヴィントかタンタアレグリアの2頭と決めていたのに、休み明けという点でアレグリアを外してしまった〜。どうしても休み明けの馬は割引いてしまうのです。その辺りの判断が非常にムズカシー。皆さんはどう見極めておられるのでしょうか?

[もっと見る]

 DEEB 2017年01月23日(月) 10:41
恥ずかしい馬予想2017.01.22[結果]
閲覧 47ビュー コメント 0 ナイス 4

中山 4R 3歳500万下(混合)(特指)
◎ 6 グッドヒューマー …1着
○ 3 オールドベイリー …中止
▲ 1 メダーリアフレイム…15着
△ 8 エッシャー …4着
×11 ミスパイロ…3着
☆14 メイショウグジョウ…8着
[結果:ハズレ×]

中山10R アレキサンドライトステークス 4歳以上1600万下(混合)[指定]
◎16 トップディーヴォ…10着
○ 6 ベルウッドケルン…13着
▲ 5 クラウンシャイン…9着
△ 3 マウントハレアカラ…7着
×12 ケンベストカフェ…12着
☆10 デビルズハーツ…4着
[結果:ハズレ×]

中山11R アメリカジョッキークラブカップ(GII) 4歳以上オープン(国際)[指定]
◎13 リアファル…13着
○10 ゼーヴィント…2着
▲ 8 タンタアレグリア…1着
△ 7 ワンアンドオンリー …5着
× 6 ルミナスウォリアー …4着
[結果:アタリ○ 馬連○-▲1,930円]

中山12R 4歳以上1000万下牝[指定]
◎ 9 レッドシルヴィ…4着
○ 1 ウインマハロ…5着
▲11 クィーンズベスト…2着
△ 6 オージャイト…6着
× 4 パープルセイル…10着
☆ 7 トロピカルガーデン…11着
[結果:ハズレ×]

京都10R 山科ステークス 4歳以上1600万下(混合)
◎13 ニットウスバル…1着
○ 7 ☆ガンジー …4着
▲12 ゴルゴバローズ…2着
△ 1 ☆アメリカントップ…13着
× 2 メイショウワダイコ…12着
[結果:アタリ△ 馬連◎-▲520円]

京都11R 石清水ステークス 4歳以上1600万下(混合)
◎ 3 テラノヴァ…4着
○ 1 エスティタート…5着
▲ 6 マカハ…2着
△ 4 ウインムート…7着
×13 ナガラフラワー …6着
[結果:ハズレ×]

京都12R 4歳以上1000万下(混合)
◎11 ★ディープミタカ…8着
○ 5 ノボリクリーン…5着
▲ 2 クリノダイスーシー …14着
△ 7 ラフィネシチー …11着
×10 ☆ヨウライフク…3着
[結果:アタリ△ 複勝×270円]

中京11R 東海テレビ杯東海ステークス(GII) 4歳以上オープン(国際)(指定)
◎ 5 インカンテーション…12着
○ 1 アスカノロマン…8着
▲ 8 グレンツェント…1着
△ 9 ピオネロ…6着
× 2 モズライジン…11着
[結果:ハズレ×]

今日は一日仕事です。
がんばって仕事すれば、少しは当たるでしょう。

[今日の結果:8戦1勝5敗2分]
ホントに少しだけ当たりました。

[もっと見る]

ゼーヴィントの掲示板

コメント投稿
コメント一覧
コメントはありません。

ゼーヴィントの写真

ゼーヴィント

ゼーヴィントの厩舎情報 VIP

2017年1月22日アメリカジョッキーC G22着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

ゼーヴィントの取材メモ VIP

2017年1月22日 アメリカジョッキーC G2 2着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。