レヴァンテライオン(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
POGウォッチリストに登録すると、ウマニティPOGのPOGリストに追加できます。
今すぐ会員登録
レヴァンテライオン
レヴァンテライオン
写真一覧
現役 牡3 黒鹿毛 2014年3月23日生
調教師矢作芳人(栗東)
馬主ライオンレースホース 株式会社
生産者Hargus Sexton, Sandra Sexton, Tom Bozarth & Silver Fern Farm LLC
生産地
戦績10戦[2-0-0-8]
総賞金3,857万円
収得賞金1,950万円
英字表記Levante Lion
血統 Pioneerof the Nile
血統 ][ 産駒 ]
Empire Maker
Star of Goshen
Ghostly Darkness
血統 ][ 産駒 ]
Ghostzapper
Dark Hours
兄弟
前走 2017/11/26 オータムリーフS OP
次走予定

レヴァンテライオンの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
17/11/26 京都 11 AリーフS OP ダ1200 136953.91013** 牡3 55.0 A.アッゼ矢作芳人498(+2)1.15.3 4.139.5⑥⑧ニットウスバル
17/07/30 新潟 11 アイビスSD G3 芝1000 1661147.21114** 牡3 53.0 内田博幸矢作芳人496(+10)0.55.7 1.533.6--ラインミーティア
17/07/09 中京 11 プロキオンS G3 ダ1400 1561076.51013** 牡3 53.0 中谷雄太矢作芳人486(-4)1.25.4 2.539.3キングズガード
17/06/18 函館 11 函館SS G3 芝1200 136928.398** 牡3 52.0 蛯名正義矢作芳人490(+8)1.07.5 0.734.8④⑤ジューヌエコール
17/03/12 中京 10 昇竜S OP ダ1400 12686.348** 牡3 57.0 中谷雄太矢作芳人482(-2)1.25.9 0.637.6テイエムヒッタマゲ
17/02/25 阪神 11 アーリントン G3 芝1600 124442.9912** 牡3 57.0 岩田康誠矢作芳人484(-6)1.38.6 4.539.4ペルシアンナイト
16/12/18 阪神 11 朝日杯FS G1 芝1600 181158.41117** 牡2 55.0 内田博幸矢作芳人490(+6)1.37.5 2.136.6サトノアレス
16/11/05 東京 11 京王杯2歳S G2 芝1400 1381210.1511** 牡2 55.0 内田博幸矢作芳人484(+16)1.22.8 0.934.8⑥④モンドキャンノ
16/07/24 函館 11 函館2歳S G3 芝1200 166127.221** 牡2 54.0 三浦皇成矢作芳人468(-8)1.09.2 -0.135.5モンドキャンノ
16/06/26 函館 5 2歳新馬 芝1200 14342.411** 牡2 54.0 三浦皇成矢作芳人476(--)1.10.9 -0.035.7エスケークラウン

レヴァンテライオンの関連ニュース

 ◆酒井騎手(アクティブミノル4着) 「返し馬の感じは前走より良かった。道中は力みすぎずに走れたが、最後に苦しくなって調教ほどの鋭い反応がなかった」

 ◆吉田隼騎手(アースエンジェル5着) 「具合は良くなっていたが、外枠が欲しかった。勝ち馬のところまで外へ持っていくのに脚を使ってしまったから」

 ◆岩田騎手(ラインスピリット6着) 「前半進んでいかなかったので、無理せず運んだ。しまいはジリジリと伸びてくれた」

 ◆柴田大騎手(ブライトチェリー7着) 「直線競馬の走り方を知っていますね。徐々に加速して最後まで脚を使ってくれた」

 ◆北村友騎手(プレイズエターナル8着) 「枠の内外の違いはすごいロスだったと思う。思った以上に行き脚もつかず、そこで出していったぶん、走りにメリハリがつかなかった」

 ◆柴田善騎手(ナリタスターワン9着) 「直線競馬は初めてで、こういう流れで押っつけたことがなかったので、体が収縮しなかった」

 ◆戸崎騎手(ネロ10着) 「いい形で運べたと思うが、もう少しスピードに乗ってほしかった。58キロを背負っていたからね」

 ◆大野騎手(レッドラウダ11着) 「スタートはうまく出てくれたが、追走に余裕がなかった」

 ◆嶋田騎手(キープレイヤー12着) 「流れについていけなかったけど、まじめな馬で最後まで頑張ってくれた」

 ◆北村宏騎手(ダンシングワンダー13着) 「最後は徐々にフラフラしてしまった。調子はいいと思ったけど…」

 ◆内田騎手(レヴァンテライオン14着) 「スピードがあるのでこの条件は向いていると思ったが、ひと脚でいくと厳しくなってしまう」

 ◆伴騎手(シンボリディスコ15着) 「スタートは決まったけど、脚がたまるところがなかった」

 ◆木幡巧騎手(イオラニ16着) 「自分でペースを作る方がいいタイプ。きょうは周りが速すぎたし、内枠も厳しかったです」

★30日新潟11R「アイビスサマーダッシュ」の着順&払戻金はこちら

【サマーチャンピオン】JRA出走予定馬が発表2017年7月30日() 17:22

 8月16日(水)に佐賀競馬場で行われるサマーチャンピオンのJRA所属の出走予定馬および補欠馬が7月30日、発表された。

 「第17回サマーチャンピオン」(佐賀競馬場、交流GIII、3歳以上オープン、ハンデ、ダート・右1400メートル)

【JRA所属の出走予定馬】5頭ウインムート(牡4歳、栗東・加用正厩舎、D・ホワイト騎手)グレイスフルリープ(牡7歳、栗東・橋口慎介厩舎、内田博幸騎手)タムロミラクル(牡5歳、栗東・西園正都厩舎、騎手未定)ラインシュナイダー(牡5歳、栗東・沖芳夫厩舎、騎手未定)レーザーバレット(牡9歳、美浦・萩原清厩舎、騎手未定)

【JRA所属の補欠馬】5頭(補欠順位順)1.イーデンホール2.サウンドスカイ3.コパノチャーリー4.ゴーインググレート5.レヴァンテライオン

[もっと見る]

【アイビスSD】厩舎の話2017年7月28日(金) 05:07

 ◆アクティブミノル・北出師 「今回の条件は合うんじゃないか」

 ◆アースエンジェル田中剛師 「状態は前回よりもいい」

 ◆イオラニ・栗田博師 「時計をもうひとつふたつ詰めないと…」

 ◆キープレイヤー・佐藤吉師 「千直は合いそうなイメージ」

 ◆シンボリディスコ・伴騎手 「順調。馬は真面目で競馬がしやすい」

 ◆ダンシングワンダー・佐伯助手 「この舞台は適性も持ち時計もあり、格上挑戦でも」

 ◆ナリタスターワン高橋亮師 「スピードはあるから初の千直でも」

 ◆フィドゥーシア・松元師 「奥手の血統で、体に芯が入ってきた」

 ◆ブライトチェリー・柴田大騎手 「息遣いも動きも良かった」

 ◆プレイズエターナル・安田隆師 「適性のある条件ですし、展開次第でチャンスでしょう」

 ◆ラインスピリット・松永昌師 「積極的な競馬で、良馬場の外枠なら」

 ◆レヴァンテライオン・柿崎助手 「千直がいい方に向いてほしい」

 ◆レジーナフォルテ・佐藤吉師 「千直を勝ったときの内容がいいし、力をつけています」

 ◆レッドラウダ・音無師 「格上挑戦となる点がどうか」

アイビスサマーダッシュの出馬表はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【アイビスSD】厩舎の話2017年7月27日(木) 11:41

 アクティブミノル・酒井騎手「ラスト1F11秒4はすごい。前走の競馬ができれば千直でも」

 アースエンジェル田中剛調教師「前走より状態は上向いている。非力なので良馬場が理想だ」

 イオラニ・栗田博調教師「このクラスに入ると持ち時計で見劣りする」

 キープレイヤー・佐藤吉調教師「2週目に適条件があるが、あえてここを使う。はまっても」

 ダンシングワンダー・佐伯助手「千直には実績があるし、格上挑戦でも通用すると思う」

 ナリタスターワン・喜多助手「フレグモーネで調整が遅れたが、今週のひと追いで上向くはず」

 フィドゥーシア・松元調教師「奥手の血統で、やっと芯が入ってきた。前走を見る限り、千直の適性は高そうだ」

 ブライトチェリー・柴田大騎手「馬場の割に好時計。息づかいもいい」

 プレイズエターナル・北村友騎手「硬さがなく前進気勢もある。カギはゲート。五分に出たい」

 ラインスピリット・松永昌調教師「輸送があるので今週はしまいだけ。良馬場で外めの枠なら」

 ラインミーティア・水野調教師「ここを目標に順調にきている。真ん中くらいの枠がほしい」

 レヴァンテライオン・柿崎助手「いいスピードがあるので、この舞台で変わってくれないかな」

 レジーナフォルテ・佐藤吉調教師「使ってもカイ食いが落ちない。開幕週の馬場もいい」

 レッドラウダ・音無調教師「状態は変わりなくいい。6Fでも行き切れるので千直はベスト」

(夕刊フジ)

アイビスサマーダッシュの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【アイビスSD】追って一言2017年7月27日(木) 05:09

 ◆アースエンジェル田中剛師 「先週、Wコースでしっかりやっており、坂路でサラッと。状態は前回よりもいい」

 ◆イオラニ・栗田博師 「千直のここまで待ったが、それほど速い時計を持っていないので、時計をもうひとつふたつ詰めないと…」

 ◆キープレイヤー・佐藤吉師 「雨が降って悪かった馬場でも、それなりの時計で動けていました。千直は合いそうなイメージ」

 ◆ダンシングワンダー・佐伯助手 「坂路で併入する感じ。歩様や体調はいい。この舞台は適性も持ち時計もあり、格上挑戦でもチャンスはある」

 ◆ナリタスターワン高橋亮師 「傷腫れで2、3日休んだが、すぐに乗り出せて動きも合格点。スピードはあるから初の千直でも」

 ◆ブライトチェリー・柴田大騎手 「しっかりやってくれとの指示で、直線で気合をつけた。息遣いも動きも良かった」

 ◆ラインスピリット・松永昌師 「先週にしっかりやって、今週は上がり重点。時計はいいね。積極的な競馬で、良馬場の外枠ならね」

 ◆ラインミーティア・水野師 「現状では千直がベスト。相手は強いが、状態はすごくいい」

 ◆レヴァンテライオン・柿崎助手 「競馬を途中でやめているので、追い切りからブリンカーをつけた。坂路の併せ馬でしっかりと追って、動きはいい。この舞台がいい方に向いてほしい」

 ◆レッドラウダ・音無師 「動きはよかった。この舞台には適性も実績もあるが、今回は1000万下の身で格上挑戦となる点がどうか」

アイビスサマーダッシュの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【アイビスサマーダッシュ】特別登録馬2017年7月23日() 17:30

[もっと見る]

⇒もっと見る

レヴァンテライオンの関連コラム

閲覧 693ビュー コメント 0 ナイス 2



みなさんこんにちは!

本日は新潟11R「アイビスサマーダッシュ G3」の『凄馬出馬表』を分析したいと思います。

今回も「U指数」だけでなく、U指数のポイントに【調教評価】、【厩舎評価】、【斤量補正】を数値化し加算減算しU指数を補正することで「総合ポイント」を算出しました。
★「U指数」について詳しくはこちらをご覧ください→U指数についてページ

U指数1.0ポイントは約1馬身差にあたるので、これを目安に以下のような重み付けをしました。
【調教評価】は競馬エイトの調教評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「5」・・・「−1.0ポイント」
「6」・・・「±0.0ポイント」
「7」・・・「+1.0ポイント」
「8」・・・「+2.0ポイント」
【厩舎評価】競馬エイトの厩舎コメントの評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「△」・・・「−1.0ポイント」
「○」・・・「±0.0ポイント」
「◎」・・・「+1.0ポイント」
【斤量補正】は1.0kg=「0.5ポイント」として以下の基準体重との差分に乗算しました。
「牡馬」・・・「57.0kg」
「牝馬」・・・「55.0kg」


上記の補正を行った『凄馬出馬表』(画像)をご覧ください。




第1グループ(橙)はフィドゥーシアから1.0ポイント差(約1馬身差)内のネロまでの2頭。
第2グループ(黄)は、シンボリディスコから1.0ポイント差(約1馬身差)内のアクティブミノルプレイズエターナルまで3頭。
第3グループ(薄黄)は、ラインスピリットから同差内のレヴァンテライオンラインミーティアまで3頭となっていて、以下は第4G(灰)となっています。

凄馬出馬表を見渡すと、第1G→第2G間の1.6ポイント差が目立ち、素直に入るならばこの2頭どちらかからといった印象の配置になっています。

今回の私の本命は◎ラインスピリットとしました。外枠優勢は有名な話ですが、もう一つ“叩き2〜4戦目”という点も重要な予想ポイントと個人的にはみているアイビスサマーダッシュ。“叩き2〜4戦目”の馬は近10年(8-8-6-52)で該当馬が好走できなかった年はゼロと、かなりの好相性(※休明けなどの判定はTarget基準)。時期的にも、新潟1000mという条件的にも、使われての上昇度が結果に大きく影響するということでしょう(もちろん、休み明けのほうが向くタイプなど個体差はあると思うのですが)。
今年は休み明けで臨む馬や使い詰めの馬が多く、例年以上にこのポイントが効いてくると見立て、該当馬の中から特に期待値の高い“叩き2戦目”に唯一該当するこの馬を本命視しました。外枠の馬と違って走破距離が長くなりがちな内枠に入ってしまった点は確かに不利だとは考えていますが、意外にも2枠は8枠・7枠に次いで好走の多い枠となっていますし、スタートを決めてうまく運びさえできれば好走可能とみます。このコースでの騎乗回数こそ少ないものの複勝率ではなかなかのアベレージとなっている岩田騎手への乗り替わりにも期待しています。
○はこれもポイントのひとつと言っていい51キロ斤量で出走可能な3歳牝馬のレジーナフォルテ。以下▲レヴァンテライオン、☆アクティブミノルと休み明け・使い詰め以外の馬たちを上位評価し、今回の私の馬券は、◎○▲からの3複で勝負とします。


【3複フォーメーション】
◎○▲=◎○▲☆=印
4,11,14=4,11,14,16=4,7,8,9,10,11,12,14,15,16(40点)


登録済みの方はこちらからログイン

2017年7月13日(木) 17:17 競馬プロ予想MAX
先週の回顧〜(7/8〜7/9)シムーンプロが中穴、大穴でHIT連発の高精度予想を披露!
閲覧 862ビュー コメント 0 ナイス 7

先週は、9(日)に福島競馬場でG3七夕賞が、中京競馬場でG3プロキオンステークスがそれぞれ行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
G3七夕賞マルターズアポジーがレースを引っ張りますが、4コーナーでマイネルフロストが早めのスパート!先頭で直線コースへ差し掛かります。逃げ込みを図るマイネルフロストのリードは3馬身、後続からは馬場の真ん中からゼーヴィント、外からはソールインパクトスズカデヴィアスが追い込み態勢。残り100m、追い込み各馬の脚色の鈍く、粘るマイネルフロストと追うゼーヴィント!2頭が抜け出しての叩き合い!坂を上ってもうひと伸びを見せたゼーヴィントラジオNIKKEI賞以来となる重賞2勝目を飾りました!3/4差の2着にマイネルフロスト、そこから1馬身差の3着にソールインパクトが入っています。
 
公認プロ予想家では☆まんでがんプロほか6名が的中しています。
  
  
G3プロキオンステークスはトウケイタイガーが先頭で直線コースへ。逃げるトウケイタイガーのリードは1馬身、2番手にレヴァンテライオン、内をついてゴーインググレート、中からはブライトラインがグングン前との差を詰めていきます。残り200mを通過、ここでゴーインググレートブライトラインの2頭が競り合って先頭争い、外からはキングズガードカフジテイクも追い込んできます!残り50m、ここでキングズガードがエンジン全開!前を行く2頭を一気に捕まえるとゴールまで力強く伸びきってV。重賞初制覇を飾りました!2馬身差の2着にラスト追い込んだカフジテイク、そこから1馬身1/4差の3着にブライトラインが入っています。
 
公認プロ予想家ではおかべプロほか13名が的中させています。
 
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 
☆☆☆注目プロ →シムーンプロ
勝負レースに指定した8(土)中京11Rで『タイム差無し4着の前走に引き続き落ち着いた頭数の大外枠歓迎。デムーロ騎手に鞍上強化で今回は圏内突入十分。』と狙った◎ツィンクルソードが見事1着!単複、ワイドを的中させ、4万2190円を払い戻しました!この他にも中京4Rマイアフェクション(単勝85.5倍)や福島7Rの◎ネコフッピー(単勝52.6倍)など鋭い予想を幾度となく披露し、週末トータル回収率127%、収支プラス6万7420円をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →馬っしぐらプロ
勝負レースに指定した8(土)中京12Rで◎○×の本線的中!単勝5.0倍、3連複131.6倍、3連単512.2倍を仕留め、7万3380円を払い戻しました!週末トータル回収率210%、収支プラス3万8480円をマークしています。
  
☆☆☆注目プロ →おかべプロ
9(日)福島7Rで△シンボリジュネスパルフェクォーツの馬連13.6倍を1点勝負で的中させ、13万6000円を払い戻しました!週末トータル回収率149%、収支プラス8万1500円をマークしています。
 
この他にも加藤拓プロ西野圭吾プロ夢月プロ☆まんでがんプロジヨアプロが回収率100%超の活躍を見せています。
 
※全レースの結果速報はこちら!
  
 
今週も、競馬予想の達人・ウマニティ公認プロ予想家陣の予想にご注目下さい。

[もっと見る]

2016年12月22日(木) 17:21 競馬プロ予想MAX
先週の回顧〜(12/17〜12/18)いっくんプロ他15名が回収率100%超を記録!
閲覧 704ビュー コメント 0 ナイス 2

先週は11(日)に阪神競馬場でG1朝日杯フューチュリティステークスが行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
G1朝日杯フューチュリティステークスミスエルテが2.4倍で1番人気、続いてダンビュライト4.5倍、クリアザトラック7.7倍とここまでが10倍を切る形で人気を形成しました。
 
注目のスタートはややバラつきますが、内から好スタートを決めたボンセルヴィーソがレースを引っ張ります。2番手にややかかり気味にトラスト、続いてクリアザトラックレヴァンテライオンレッドアンシェルダンビュライトアメリカズカップと続いて先行集団を形成。中団からはリンクスゼロビーカーリーミスエルテトリリオネアが追走。2馬身ほど間が空いてサトノアレスタガノアシュラモンドキャンノトーホウドミンゴダイイチターミナルと続いて最後方にアシャカリアンの態勢。
 
前半の600m通過は35秒6(参考)のやや速い流れ、ボンセルヴィーソが先頭で直線コースへ差し掛かります。
 
先頭はボンセルヴィーソでリードは1馬身、直後にトラストクリアザトラック、最内からはレヴァンテライオン、外からはアメリカズカップミスエルテが追い込み態勢。
 
残り200mを通過、ここで大外から1頭違う脚でグングン差を詰めてきたサトノアレスが逃げるボンセルヴィーソを交わして先頭!残り100m、そのまま押し切りを図るサトノアレスに坂を上がってモンドキャンノが猛追!2頭の叩き合いとなりますがサトノアレスがこの追撃を凌いで優勝しました!勝ちタイムは1分35秒4(良)。半馬身差の2着にモンドキャンノ、そこから2馬身差の3着にボンセルヴィーソが入っています。
 
公認プロ予想家ではマカロニスタンダーズプロほか15名が的中しています。
 
------------------------------------------------------------------------------
 
☆☆☆注目プロ →いっくんプロ
18(日)中山12Rで◎ルグランパントルオートクレールの2頭流し3連単で549.9倍を500円的中!27万4950円を払い戻しました!さらに勝負レースに指定した中山11Rでも○◎▲の本線的中で12万9350円を払い戻し!週末トータル回収率130%、収支プラス22万2500円をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →西野圭吾育成プロ
勝負レースに選んだ17(土)阪神11Rで『瞬発力勝負では厳しいが、渋とさある。今の阪神の馬場にピタリ、外回りでスンナリ先行できそう』と狙った◎マイネルアウラートの単勝13.4倍を2500円、馬連38.6倍を2000円的中させました!週末トータル回収率146%、収支プラス9万6980円をマークしています。
  
☆☆☆注目プロ →はははふほほほプロ
18(日)中山9Rで『久しぶりの中山だが相性は悪くない。中団からの競馬。上手く前が開けば勝負になる。』と狙った伏兵◎アサクサスターズ(35.6倍)の単複を的中させ、11万6000円を払い戻し!17(土)阪神10Rでも◎ムーンエクスプレスの単勝を1万円的中させ、12万9000円を払い戻し!週末トータル回収率115%、収支プラス11万1400円をマークしています。
  
☆☆☆注目プロ →馬っしぐらプロ
17(土)阪神10Rで◎ムーンエクスプレスの単勝12.9倍、ワイド28.4倍を的中!さらに中山11Rで○マジックタイムレッツゴードンキの本線決着や阪神11Rの▲マイネルアウラートの単勝的中など的中連発!週末トータル的中率70%、回収率197%をマークしています。
 
この他にも覆面ドクター・英プロ(124%)、シムーンプロ(114%)、霧プロ(110%)、馬券生活プロ(105%)、スガダイプロ(103%)、ジョアプロ(100%)が週末トータル回収率100%超の活躍を見せています。
 
※全レースの結果速報はこちら
 
今週もウマニティ競馬プロ予想MAXにご期待ください!

[もっと見る]

2016年12月18日() 14:00 凄馬プロジェクトチーム
第234回『凄馬出馬表分析&馬券検討』〜朝日杯フューチュリティステークス
閲覧 907ビュー コメント 0 ナイス 3

みなさんこんにちは!

本日は阪神11R「朝日杯フューチュリティステークスG1」の『凄馬出馬表』を分析したいと思います。

今回も「U指数」だけでなく、U指数のポイントに【調教評価】、【厩舎評価】、【斤量補正】を数値化し加算減算しU指数を補正することで「総合ポイント」を算出しました。
★「U指数」について詳しくはこちらをご覧ください→U指数についてページ

U指数1.0ポイントは約1馬身差にあたるので、これを目安に以下のような重み付けをしました。
【調教評価】は競馬エイトの調教評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「5」・・・「−1.0ポイント」
「6」・・・「±0.0ポイント」
「7」・・・「+1.0ポイント」
「8」・・・「+2.0ポイント」
【厩舎評価】は競馬エイトの厩舎コメントの評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「△」・・・「−1.0ポイント」
「○」・・・「±0.0ポイント」
「◎」・・・「+1.0ポイント」
【斤量補正】は1.0kg=「0.5ポイント」として以下の基準体重との差分に乗算しました。
「牡馬」・・・「57.0kg」
「牝馬」・・・「55.0kg」


上記の補正を行った『凄馬出馬表』(画像)をご覧ください。




第1グループ(橙)は、モンドキャンノ1頭。
第2グループ(黄)は、サトノアレスダンビュライトの2頭。
第3グループ(薄黄)は、レヴァンテライオンから1.0ポイント差(約1馬身差)内のボンセルヴィーソまでの4頭となっていて、以下は第4G(灰)となっています。

上位では総合ポイント1位のモンドキャンノサトノアレス間に3.3の溝、ダンビュライトレヴァンテライオン間に1.3の溝が生まれています。キャリアの浅い2歳戦ですので鵜呑みにはできないところですが、凄馬出馬表からは1番人気のミスエルテの評価は高くないようです。

指数的に見てもかなり低調でG1というよりは500万下に近いメンバー構成、これまでの実績よりも伸びしろを重視して予想したいと思います。

昨日の阪神の馬場状態を見るとかなりタフな状態で非力な馬は苦戦、特に阪神マイルは逃げ馬が2勝していますので先行力とパワーがポイントになりそうです。
私の本命は◎ダンビュライトにしました。タフな馬場状態だった新馬戦を馬なりで大楽勝したようにパワーに秀でた馬で今の馬場状態は大歓迎、スタートセンスも兼ね備えています。直線ササってまともに追えなかった前走を踏まえて陣営は馬具を変えて修正、鞍上のルメール騎手も2度目の騎乗ですし、パフォーマンスの上昇は間違いないと見ています。

以下、○クリアザトラック、▲モンドキャンノ、△トラストレッドアンシェルサトノアレスミスエルテタガノアシュラレヴァンテライオンと印を打ちます。

【3連複1頭軸】
8

1,5,6,10,13,15,17,18

計28点

[もっと見る]

2016年12月15日(木) 17:00 くりーく
【くりーくの前回→今回調教チェック!】〜2016朝日杯フューチュリティステークス〜
閲覧 1,085ビュー コメント 0 ナイス 2

こんにちは、くりーくです。このコラムでは、今週行われるG1を中心に出走予定馬の前走と今回のレースの調教を比較分析し、その結果をお伝えしていきます。私の予想の基幹部分でもある調教分析術を、ぜひ皆さんの予想にお役立てください。
なお、シューナカコラムで取り上げている競走馬については同コラム内でコメントしていますので、そちらをご確認ください。


■最速プロ予想『シューナカ☆』〜プロ予想家陣がアノ注目馬の見解を語る!Vol.17・G1朝日杯フューチュリティステークス編〜はこちら
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=8254
■2016秋シーズン 『競馬プロ予想MAX』presents連載コラムについて詳しくはこちら
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7807


各馬に対する評価の見方は、上段が前走時評価(レースでの着順/調教評価は最終追い切りまで含めた調整過程総評/パドック評価とコメント/前走時短評)、下段が今回評価(1週前までの中間調整過程評価/今回短評)となっています。

前回の当コラムでは、調教注目馬のショウナンマルシェが霞ヶ浦特別を10番人気で1着。前々回の調教注目馬で除外のため11(日)の犬山特別に出走したリヴィエールも混戦を制して1着。人気のあるなしに関係なく、好調教の馬たちがしっかり走ってくれました。今週も調教の動きの良い馬たちにご注目下さい。


◇賞金順◇

トラスト
<前走時>2着  調教A  パドックA(長距離輸送があってもプラス体重で、気合い乗りも良い)
終いの伸び脚、力強い。
<今回>調教C
気性的な問題があり中央に転厩して以降、試行錯誤している状況。調教では馬の後ろで我慢できていも、レースではペースも頭数も違うのでうまくいくとは限らないだろう。もともとの馬の性格もあって、逃げて結果を出してきた馬。ここで脚質転換するなら買わない方が得策か。

レヴァンテライオン
<前走時>11着  調教B  パドックA(休み明けでプラス16キロも、太め感なく前走同様気分良さそうな歩様)
1週前に強めに追われ、直前は馬なりと調整過程は悪くない。ただ仕掛けられてからの反応が物足りない。
<今回>調教B
1週前追い切りは、最後の最後伸びきれない感じでやや物足りない内容。最終追い切りでビッシリ追って伸びるようなら。

[もっと見る]

2016年12月11日() 15:00 伊吹雅也
【伊吹雅也のピックアップ競馬データ2016年12月11日号】特選重賞データ分析編(25)〜2016朝日杯フューチュリティステークス〜
閲覧 2,477ビュー コメント 0 ナイス 5

次週の注目重賞を、伊吹雅也プロが様々なデータを駆使していち早く分析!<ピックアップデータ>をはじめ、<追い風データ/向かい風データ>、<注目馬チェック>など貴重な情報満載のウマニティ会員専用コラムを是非あなたの予想にお役立て下さい。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


<次週の特選重賞>

G1朝日杯フューチュリティステークス 2016年12月18日(日)阪神競馬場/芝外回り/1600m


<ピックアップデータ>

【“JRAのレース”において5着以下となった経験の有無別成績(2014年以降)】
×あり [0-1-0-17](複勝率5.6%)
○なし [2-1-2-11](複勝率31.3%)

 臨戦過程を素直に評価したい一戦。“JRAのレース”において5着以下となった経験がある馬は、中山芝1600m外で施行されていた2012〜2013年も[0-0-0-14](複勝率0.0%)と苦戦していました。さらに言うと、2008年以降の優勝馬8頭はいずれも前走の着順が1着。まずは戦績の安定感や前走の内容から比較していきましょう。

主な「○」該当馬→アメリカズカップミスエルテモンドキャンノ
主な「×」該当馬→トラストボンセルヴィーソレヴァンテライオン


<他にも気になる! 追い風データ/向かい風データ>

【追い風データ】

[もっと見る]

⇒もっと見る

レヴァンテライオンの口コミ


口コミ一覧
閲覧 72ビュー コメント 0 ナイス 10

JRA「ふてくされ」帰国!? A.アッゼニ「落馬したからやだ!」駄々こね大モメで永久サヨウナラ?─ Gambling Journal ギャンブルジャーナル / 2017年12月4日 19時48分 http://biz-journal.jp/gj/2017/12/post_5228.html

いよいよ立つ瀬がなくなってきた印象である。

 3日のチャンピオンズC(G1)で勝利したゴールドドリーム。騎手R.ムーアの見事な手綱さばきで中央ダートG1連覇を達成した。

 JRA所属のC.ルメール、M.デムーロ両騎手がおとなしくなったと思ったら、今度はジャパンCのボウマン騎手、チャンピオンズCのムーア騎手と続けざまに短期免許の外国人騎手が勝利。この秋日本人騎手がG1を勝利したのは、武豊騎乗のキタサンブラックの天皇賞・秋のみである。

 外国人騎手による「占領」が着々と進む競馬界。チャンピオンズCでは大野拓弥や古川吉洋騎手など、混戦で日本人騎手にも大きなチャンスがあったのだが、結局は英国の名手に持っていかれてしまった。騎乗馬が集まる競馬界の現状もあるのだろうが、それにしてもな結果が続いている。このまま外国人ばかりがビッグレースを勝利する時代は当分続きそうだ。

 外国人騎手にとって日本はもはや「最高に出稼ぎしやすい国」。まさに天国といった雰囲気だが、決して全員が恵まれているわけではないようだ。

「スポーツニッポン」の菱田誠記者のコラムによると、一人の外国人騎手が先週、日本を後にしてしまったようだ。それがイギリスに拠点を置くイタリア人ジョッキー、A.アッゼニ騎手である。

 アッゼニ騎手といえば、11月11日のデイリー杯2歳S(G2)をジャンダルムで制し、日本の重賞初制覇を達成したばかり。騎乗予定だった武豊騎手の負傷による乗り替わりの中、キッチリ代役を果たしている。ちなみにその日が短期免許騎乗最初の日である。

 その後3週間騎乗したものの、勝利はその重賞制覇のみ。馬券圏内にもなかなか入れなかった。そんな中でフラストレーションが溜まっていたのだろうか、ある"きっかけ"によりそれが爆発したようで......。


〇次のページ 外国人騎手の多くもまた、日本の若手と同じくローカル開催などの下積みで信頼を作っていく場合が多い

「先月26日の京都10R、アッゼニ騎手はレヴァンテライオンに騎乗していましたが、返し馬で落とされるというハプニングがありました。その後の京阪杯では落馬したことを理由に『乗りたくない』と陣営に語り、揉めたようです。その後明確な報道はありませんでしたが、先週は騎乗がなかったことから『帰国』したと考えて間違いないと。

菱田記者の話ではJRAが『すでに帰国を申し入れています』と語っていたようです。なかなかいい騎乗馬に恵まれない状況に嫌気が差したのでは、という声もありますが......。短期免許をせっかく交付したのに自分の都合で帰国となると、今後は日本での騎乗は難しくなるかもしれませんね」(記者)

 ムーア騎手など世界的トップジョッキーは別として、外国人騎手の多くもまた、日本の若手と同じくローカル開催などの下積みで信頼を作っていく場合が多い。今JRA騎手でトップを走るC.ルメールやM.デムーロも、最初は地道な実績づくりをしていた。

 そんな中でのアッゼニ騎手の行動は、やはり褒められたものではないだろう。「出稼ぎ余裕」の日本とはいえ、すべての外国人に門戸が開かれているわけではないようだ。

 テラーダ 2017年9月16日() 17:32
【2歳戦評価 】1回2回函館まとめ
閲覧 20ビュー コメント 0 ナイス 0

【2歳戦評価 】1回2回函館まとめ
6/17〜7/16

函館2歳S
カシアス 109 2歳OP・1000万クラス

カシアス 110 500万クラス

クリノクーニング 112 500万2着クラス
ディロス 112 500万2着クラス
シスターフラッグ 113 500万2着クラス
カレンシリエージョ 113 500万2着クラス
アリア 113 500万2着クラス

ベイビーキャズ  114 未勝利クラス
ナンヨープランタン 114 未勝利クラス
ダンツクレイオー 114 未勝利クラス
キョウエイルフィー 115 未勝利クラス
リンガラポップス 116 未勝利クラス
ヤマノグラップル 117 未勝利クラス
デルマキセキ 117 未勝利クラス
スズカマンサク 118 未勝利クラス
キタノユウキ 119 未勝利クラス
ウインジェルベーラ 119 未勝利クラス
サンダベンポート 123 未勝利クラス

去年の同開催の指数
レヴァンテライオン 109
モンドキャンノ 109
タガノアシュラ 111

過去の日記の指数を大幅な改良があり変更しております。
9月上旬から中旬で見直しをしました。
ここからは大幅には変わらない予定です。

[もっと見る]

 穴があったら当たりた 2017年7月30日() 08:34
アイビスサマーダッシュ注目馬♪
閲覧 40ビュー コメント 0 ナイス 0

どうもー♪

復帰してすぐに、日記は三日坊主どころか一回書いてほったらかしwww

予想コロも相変わらず全然当たらずでダメダメな私。

はい、穴があったら当たりたい略してアナタイでございます(∩∇`)

今週から小倉開催が始まり、早く遠征したいのですが、馬券が当たらず資金のめどが立ちません…

もういい加減当てたい!!

という事で、アイビスSD注目馬。

◎レジーナフォルテ
過去5年のアイビスSDで3着以内に来た15頭の内、12頭が出走時の馬体重が480kg以上。
例外は12年3着前年勝ち馬で牝馬のエーシンヴァーゴウ、14年2着3歳牝馬のフクノドリーム、昨年2着ネロの3頭だけ。
この事から馬体重がデカイ方が有利。

あと、牝馬が好成績なのは暑さに強いとか色々あるのでしょうが、私の見解では斤量が恵まれているからという事にしますw

体デカくて、斤量軽い=超速い。

で、この本命に至りました(・∀・)

未勝利戦ですが千直実績もありますし、有利な外枠。
ここで来れないなら二度と買う事は無いでしょうw

○レッドラウダ
今回の出走馬の中では1、2位を争うデカさ。
千直経験も結構ありますが、今回は2桁馬番でパフォーマンスを上げる可能性あり。
▲レヴァンテライオン
爆穴ならこれ。
馬体重デカくて、斤量も3歳なので53kgと軽い。
2走前の函館スプリントSは超ハイペース先行、前走はダートながら見せ場があったし、距離短縮で良さで出れば。

[もっと見る]

⇒もっと見る

レヴァンテライオンの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

レヴァンテライオンの写真

レヴァンテライオン
レヴァンテライオン

レヴァンテライオンの厩舎情報 VIP

2017年11月26日オータムリーフS13着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

レヴァンテライオンの取材メモ VIP

2017年7月30日 アイビスサマーD G3 14着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。