フィドゥーシア(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
フィドゥーシア
写真一覧
現役 牝5 鹿毛 2012年2月17日生
調教師松元茂樹(栗東)
馬主前田 幸治
生産者North Hills Co. LTD.
生産地
戦績22戦[7-4-2-9]
総賞金13,623万円
収得賞金4,650万円
英字表記Fiducia
血統 Medaglia d'Oro
血統 ][ 産駒 ]
El Prado
Cappucino Bay
Believe
血統 ][ 産駒 ]
Sunday Silence
Great Christine
兄弟 ファリダットエリシェヴァ
前走 2017/05/21 韋駄天ステークス OP
次走予定 2017/07/30 アイビスサマーD G3

フィドゥーシアの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
17/05/21 新潟 11 韋駄天S OP 芝1000 16485.521** 牝5 54.0 石橋脩松元茂樹476(+2)0.54.3 -0.232.1--シンボリディスコ
17/04/16 中山 10 春雷S OP 芝1200 1561017.191** 牝5 52.0 吉田豊松元茂樹474(-8)1.07.5 -0.033.3キングハート
17/02/18 京都 11 京都牝馬S G3 芝1400 1881749.81118** 牝5 54.0 武幸四郎松元茂樹482(0)1.24.0 1.536.1レッツゴードンキ
17/01/29 中京 11 長篠S 1600万下 芝1200 10225.131** 牝5 55.0 石橋脩松元茂樹482(+8)1.08.3 -0.033.7オーヴィレール
16/12/04 中京 10 浜松S 1600万下 芝1200 1881715.372** 牝4 53.0 大野拓弥松元茂樹474(-2)1.08.2 0.333.6④⑤トウショウピスト
16/10/23 京都 10 桂川S 1600万下 芝1200 13573.8111** 牝4 55.0 C.ルメー松元茂樹476(-2)1.08.5 0.834.6フミノムーン
16/10/02 阪神 10 道頓堀S 1600万下 芝1200 16477.843** 牝4 55.0 F.ヴェロ松元茂樹478(+6)1.09.8 0.434.8イッテツ
16/08/28 小倉 10 別府特別 1000万下 芝1200 18474.921** 牝4 55.0 D.バルジ松元茂樹472(-6)1.10.0 -0.136.1キングハート
16/04/23 京都 11 彦根S 1600万下 芝1200 1881731.988** 牝4 55.0 小牧太松元茂樹478(-2)1.08.4 0.434.5アットウィル
16/03/27 阪神 10 淀屋橋S 1600万下 芝1200 144512.368** 牝4 55.0 川島信二松元茂樹480(+12)1.08.7 0.334.6マルヨバクシン
16/02/13 小倉 11 帆柱山特別 1000万下 芝1200 17234.821** 牝4 55.0 吉田隼人松元茂樹468(-14)1.07.6 -0.034.8エルカミーノレアル
16/01/23 京都 9 祇園特別 1000万下 芝1200 163510.343** 牝4 54.0 岩田康誠松元茂樹482(+2)1.08.4 0.434.8アルティマブラッド
15/11/22 京都 12 先斗町特別 1000万下 ダ1200 16486.0315** 牝3 54.0 武豊松元茂樹480(+2)1.12.9 2.236.4⑯⑮ヴィクタシア
15/10/25 京都 12 大山崎特別 1000万下 ダ1400 1671312.368** 牝3 53.0 武豊松元茂樹478(-2)1.24.1 0.635.8⑯⑯テーオーヘリオス
15/10/03 阪神 10 芦屋川特別 1000万下 芝1200 166122.419** 牝3 53.0 武豊松元茂樹480(+10)1.09.5 0.635.6エリーティアラ
15/05/17 京都 10 葵ステークス OP 芝1200 16247.642** 牝3 54.0 菱田裕二松元茂樹470(0)1.08.2 0.233.8ジャストドゥイング
15/03/15 阪神 6 3歳500万下 芝1200 11782.511** 牝3 54.0 武豊松元茂樹470(-2)1.10.6 -0.035.1アグネスユーリヤ
15/02/21 京都 6 3歳500万下 ダ1400 15233.414** 牝3 54.0 武豊松元茂樹472(+16)1.25.1 0.338.0カフジテイク
14/11/15 東京 9 オキザリス賞 500万下 ダ1400 16243.529** 牝2 54.0 武豊松元茂樹456(-12)1.26.5 1.538.4⑨⑧ブルドッグボス
14/10/26 京都 1 2歳未勝利 ダ1200 158151.511** 牝2 54.0 武豊松元茂樹468(-4)1.12.1 -0.936.5アカリアイドル

⇒もっと見る


フィドゥーシアの関連ニュース

アイビスサマーダッシュ

 新潟、小倉、そして札幌の開催に移り、いよいよ夏本番。越後路の開幕を飾るのは、夏らしい直線重賞アイビスSDだ。

 実際のところは、血統よりも斤量や枠順といったものが大きくモノをいうレース。血統はダートも走れるとか最後の踏ん張りに底力が重要になってくるとか、それくらいしかないのだが、つべこべいわずに予想してみる。

 本命はフィドゥーシア。父メダーリアドーロはエルプラドを通じたサドラーズウェルズ系。サドラーの系統から直線1000メートルを走る馬が、と驚けなくもないが、血統は代を経れば変わってくるものだ。とはいえ、やはりメダーリアドーロも中距離向きであり、違和感を禁じ得ないのが正直なところ。

 だが、母ビリーヴは快速系ダンジグの血を母方に持ち、父はサンデーサイレンスで、しなやかさのあるスプリンターだった。そこにサドラー系の底力を補充したと思えば、この舞台でも好走は可能だろう。

 相手は3歳馬レジーナフォルテ。父アルデバランII、母父ボストンハーバーとも底力に欠けるが、短距離向きであることは確か。底力のない分は、極めて軽い斤量51キロでカバーできるだろう。

 3番手も牝馬のアースエンジェル。前走の準OPではまったく歯が立たなかったが、得意舞台で外枠でも引けばやはり一発あって不思議はない。父キンシャサノキセキは芝でもダートでも走れる血統だ。

 ◇

 札幌のクイーンSは、3歳マイル王のアエロリットで文句なし。対抗にヤマカツグレース。どちらも3歳馬で、ここでも斤量の恩恵は大きい。前者の父はクロフネ、後者はハービンジャーで、どちらも洋芝をこなすパワータイプであることも心強い材料だ。(アサカ・リョウ)

アイビスサマーダッシュの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

【アイビスSD】一気のG獲りだ!フィドゥーシア11秒8 2017年07月26日(水) 11:01

 スプリント界の女傑ビリーヴを母に持つフィドゥーシアが、OP春雷S→韋駄天S連勝からの重賞初Vを狙う。

 栗東CWコースで半マイルから。先週同様に切れのある身のこなしを見せ、ラスト1Fは軽々と11秒8。猛暑による疲れなどまったく見せず、心身両面での充実ぶりがうかがえた。

 「予定どおり、動きは良かった。先々週くらいまでは息づかいが良くなかったが、先週から良くなった。奥手で、やっと芯が入ってきて、精神的に大人になった。前走で千直への適性の高さを感じたし、何とかタイトルを獲りたい」と松元調教師。母が02年スプリンターズSを勝った新潟で飛躍し、今後のシリーズ制覇、母娘GI優勝へとつなげていきたい。(夕刊フジ)

アイビスサマーダッシュの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【アイビスSD】血統診断2017年07月26日(水) 05:07

 スピードの持続力が高いレベルで問われ、サクラバクシンオーなどのスピード型種牡馬の産駒が活躍。第1回からサンデーサイレンス系は【0・1・1・29】と不振でいまだ勝利がない。

 昨年の2着馬ネロがトップ評価。父ヨハネスブルグの産駒は千直通算【5・7・2・15】で連対率41・4%と高い。同産駒は早い時期から活躍する傾向にあるが、今年の欅Sを完勝した5歳馬エイシンバッケンなど古馬になってからさらに成長する馬もいる。

 桜花賞などGI3勝のニシノフラワーが近親にいる母系の出身で、成長力もあるだけに6歳でも衰えはないとみていい。また、ヨハネスブルグ産駒は久々を苦にしないタイプが多く、6カ月ぶりでも好勝負は可能だ。

 2番手評価はスプリントGIを2勝したビリーヴの子フィドゥーシア。母は4歳夏に本格化した晩成型。フィドゥーシアも5歳の今、充実が伝わるだけに重賞初制覇のチャンスは十分だ。

 2013年の勝ち馬ハクサンムーンを出しているアドマイヤムーン産駒プレイズエターナルも有力。母メイビーフォーエヴァーは千直の仏GIIIサンジョルジュ賞を制し、叔父のコートマスターピースはサセックスS(芝1600メートル)などGIを2勝と、スピード豊かなファミリーだ。父の産駒は息長く活躍する傾向にあり、7歳でも期待できる。

 一昨年の2着馬でアドマイヤマックス産駒のシンボリディスコはSS系唯一の連対馬。母の父サクラバクシンオーは父としてこのレースを4勝。父、母の父ともに成長力もあり、7歳でも十分狙える。

 レジーナフォルテの父は米チャンピオンスプリンターのアルデバランII。母の父ボストンハーバーは15、16年と連覇したベルカントの母の父でもある。スプリント系種牡馬×ボストンハーバーはこの舞台で持ち味が生きる配合だ。 (血統取材班)

[もっと見る]

【アイビスSD】フィドゥーシアOP特別連勝で勢い2017年07月26日(水) 05:06

 京都牝馬S18着後、フィドゥーシアはオープン特別を連勝。前走は初めての千直の韋駄天Sだったが、快勝しており、条件は申し分ない。金折助手は「追うごとに息遣いは、よくなってきました。しっかりとやって態勢を整えたいですね」と語る。

アイビスサマーダッシュの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【アイビスSD】レース展望 2017年07月24日(月) 20:25

 福島開催が終了し、今週から6週間(7月29日〜9月3日)の日程で新潟競馬が始まる。開幕週の日曜メインは夏の新潟名物ともなった電撃の芝直線1000メートル戦のアイビスサマーダッシュ(30日、GIII)。JRA競馬場(全10場)で唯一の直線競馬でもあり、1分足らずのレースにスピード自慢のつわものたちがしのぎを削る。

 ネロ(栗東・森秀行厩舎、牡6歳)は昨年のこのレース2着を含め、千直は【2・3・0・0】とパーフェクト連対で適性の高さは抜群。持ち時計の54秒1もメンバー最速タイだ。2走前のGIII京阪杯で重賞初制覇を飾ったが、1000メートルの方が信頼が増す。今回はシルクロードS11着以来6カ月ぶりのレースだが、栗東での1週前追いでは坂路で4ハロン49秒0の好時計を馬なりでマーク。態勢はほぼ整っているといっていい。経験がない58キロを背負う点が鍵になるが、上位争いは必至だろう。鞍上の戸崎圭太騎手とはコンビを組んで3戦3勝。福島リーディングを圧巻の成績で獲得した手腕は心強い。

 フィドゥーシア(栗東・松元茂樹厩舎、牝5歳)は2走前の春雷Sでオープン初勝利を挙げ、初の千直となった前走のオープン特別・韋駄天Sも快勝。スプリントGI・2勝のビリーヴが母という良血が開花しつつある。約2カ月半とレース間隔はあいたが、順調に乗り込まれているので力は発揮できるはず。持ち時計の54秒3も上々で、ネロと4キロ差があれば逆転も可能だ。同馬を担当するのは母ビリーヴと同じ吉田政弘厩務員。同厩務員の息子である吉田貴昭調教助手は、同日のクイーンSに出走する有力馬マキシマムドパリを手がけており、父子で同日重賞Vという快挙も期待される。

 シンボリディスコ(美浦・高橋祥泰厩舎、牡7歳)は一昨年の2着馬。前走の韋駄天Sはフィドゥーシアの1馬身半差の2着に敗れたが、千直は【0・3・1・0】と安定している。この馬も約2カ月半ぶりの出走だが、4カ月ぶりの実戦だった前走で好走したように、鉄砲駆けするのは強みだ。

 函館2歳SセントウルSと重賞2勝の実績馬アクティブミノル(栗東・北出成人厩舎、牡5歳)が千直に矛先を向けてきた。長く不振が続いていたが、前走のCBC賞3着で復活の兆しが見えてきた。初の直線競馬が刺激になる可能性もあり、侮れない存在だ。

 プレイズエターナル(栗東・安田隆行厩舎、牡7歳)は2走前に準オープンながら、千直の駿風Sを完勝している。前走がそうだったようにスタートが悪いタイプだけに、オープンではゲートの出が大きな課題となるが、クリアすれば上位争いが期待できる。鞍上の北村友一騎手はサマージョッキーズシリーズで首位に立っており、勝てばシリーズVに大きく前進するだろう。

 ラインスピリット(栗東・松永昌博厩舎、牡6歳)は昨秋、オープンの千直・ルミエールオータムダッシュを逃げ切っているが、ハナに立って自分のリズムで走れないと惨敗まであるタイプ。同型馬との兼ね合いがポイントになる。

 格上挑戦組にも注意したい。前走の1000万下・さくらんぼ特別を勝って勢いに乗るレジーナフォルテ(美浦・佐藤吉勝厩舎、牝3歳)は未勝利勝ちが千直で、さらに51キロの軽量が魅力。同じ牝馬で2006年のサチノスイーティー以来の3歳馬Vが見られるかもしれない。

 千直3勝のアースエンジェル(美浦・田中剛厩舎、牝5歳)、千直6戦4連対のイオラニ(美浦・栗田博憲厩舎、セン6歳)、韋駄天S3着のレッドラウダ(栗東・音無秀孝厩舎、牡4歳)もこの舞台なら上位争いを演じても不思議はない。

 なお、持ちタイム54秒1で最速タイのダンシングワンダー(栗東・中内田充正厩舎、牝5歳)は出てくれば有力だが、自己条件である1600万下の佐世保S(30日、小倉、芝1200メートル)に出走する公算が大きい。

アイビスサマーダッシュの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【アイビスSD】超良血フィドゥーシア千直で完全開花 2017年07月24日(月) 17:00

 夏の新潟の開幕を飾るのはサマースプリントシリーズ第3戦、直線芝1000メートル勝負の「第17回アイビスSD」(30日、GIII)だ。注目は“スプリント女王”ビリーヴの娘で、いよいよ素質が開花したフィドゥーシア。OP特別を連勝してきた勢いで、一気に重賞も勝ってしまうか。

 スプリント女王を母に持つフィドゥーシアがガラリと変わったのは、この春。中山の春雷S、新潟の韋駄天Sを連勝し、特に千直の前走は圧倒的なスピードを見せ、楽に1馬身半突き抜けた。

 母ビリーヴも4歳の夏から4連勝で02年スプリンターズSを制して、翌03年に高松宮記念を優勝と、古馬になっての急成長は母譲りともいえる。

 「奥手の血統なので、ここへきて精神面が大人になった。前走は半信半疑で直線1000メートルを使ったが、適性が高かったということだろう」と松元調教師。5歳の夏に、期待は高まるばかりだ。

 先週はCWコース単走で一杯に追われ、4F52秒4、ラスト1F12秒1の好時計。「2週前はまだ息の入りがひと息だったけど、1週前追いはそのへんが良くなってきた。ひと追いごとに気配は良化。ここ2走いいタイムで勝てているし、前走は強かった。54キロで出られるし、どんなレースになるか楽しみ」と、金折助手も強気な姿勢だ。

 騎乗する石橋騎手も、前走と1月の中京準OP・長篠Sで2戦2勝と文句なし。狙いはサマースプリント、さらにはGI母娘制覇を目指し、誰よりも速く1000メートルを走り抜けたい。(夕刊フジ)

アイビスサマーダッシュの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

⇒もっと見る

フィドゥーシアの関連コラム

閲覧 1,694ビュー コメント 0 ナイス 6



次週の注目重賞を、伊吹雅也プロが様々なデータを駆使していち早く分析! もっとも重要と思われる<ピックアップデータ>に加え、<追い風データ/向かい風データ>や<注目馬チェック>など、貴重な情報が満載なウマニティ会員専用コラムとなっております。ぜひ皆様の予想にお役立て下さい。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


<次週の特選重賞>

G3 アイビスサマーダッシュ 2017年07月30日(日) 新潟芝1000m直


<ピックアップデータ>

【“前年か同年、かつJRAの重賞”において4着以内となった経験の有無別成績(2012年以降)】
○あり [5-3-3-21](複勝率34.4%)
×なし [0-2-2-39](複勝率9.3%)

 基本的に実績馬が強いレース。しばらく大敗が続いている馬はもちろん、オープン特別や条件クラスのレースを主戦場としてきた馬も信頼できません。今年はこの条件をクリアしている馬がほとんどいないメンバー構成になりそう。例年よりも絞り込みやすいんじゃないでしょうか。

主な「○」該当馬→アクティブミノルネロ
主な「×」該当馬→シンボリディスコフィドゥーシアラインスピリット


<他にも気になる! 追い風データ/向かい風データ>

【追い風データ】

○「前走の着順が4着以内」だった馬は2012年以降[4-3-3-20](複勝率33.3%)
主な該当馬→アクティブミノルフィドゥーシア

続きは、ウマニティ会員登録(無料会員)でご覧頂けます。
※限定公開期間終了後は、非会員の方もご覧頂けます。
続きを読む
登録済みの方はこちらからログイン

2017年05月17日(水) 17:00 伊吹雅也
【伊吹雅也のピックアップ競馬データ2017年05月17日号】週末メイン「1点」分析EXTRA編(47)
閲覧 2,943ビュー コメント 0 ナイス 4



週末の注目レースを伊吹雅也プロが「1点」の傾向に注目して分析するウマニティ会員専用コラム。「さらにプラス1!」として挙げている種牡馬別成績も含め、ぜひ予想にご活用下さい。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


▼2017年05月20日(土) 京都11R 平安ステークス
【前走の条件別成績(2013年以降)】
●“JRAの重賞か地方のダートグレード競走” [4-4-3-27](複勝率28.9%)
●“JRAの重賞か地方のダートグレード競走”以外 [0-0-1-24](複勝率4.0%)
→臨戦過程がポイント。前走がオープン特別や条件クラスのレースだった馬は苦戦していますし、前走の距離が1900m以上だった馬も2013年以降[0-0-1-17](複勝率5.6%)と信頼できません。


▼2017年05月20日(土) 東京11R メイステークス
【前走の条件別成績(2012〜2014年、2016年のメイステークス、2015年のモンゴル大統領賞)】
●“JRAの重賞” [1-0-1-28](複勝率6.7%)
●“JRAの重賞”以外 [4-5-4-37](複勝率26.0%)
→前走が“JRAの重賞”だった馬は過信禁物。また、基本的に前走好走馬が強いレースでもあります。

<<さらにプラス1!>>
【『血統大全』このコースの“消し”】

[もっと見る]

2015年05月19日(火) 12:00 ウマニティ編集長
【予想コロシアム】馬単1点予想の勝負師が大逆転優勝!新キングも誕生!!
閲覧 1,011ビュー コメント 0 ナイス 2

ウマニティ予想コロシアムの第102回大会が終了しました。毎週トップが入れ替わる混戦の大会を制したのは、最終日となった先週の日曜日のみの参戦で、鮮やかなひとまくりを決めた『飲む打つさん』です。1〜3週目ならびに最終週の土曜日は静かに身をひそめ、最後の最後に姿を現して大爆発。まさに、そんな優勝でした。馬単1点に決め撃ったスタイルからは、ただならぬ勝負師のオーラが漂います。

今回の大逆転劇の原動力となったのは、京都10R葵ステークスです。8番人気のジャストドゥイングに◎、4番人気のフィドゥーシアに○を打ち、ものの見事に2頭がワンツーフィニッシュ。馬単2万馬券を鮮やかに1点で仕留め、269万4000円の払戻しを達成してみせました。この一発で、大会優勝のみならず、本年度、通算ともにプラス収支に持ち込んだ飲む打つさん、本当におめでとうございます。これまではピンポイント参戦が主体なので、今後はぜひとも毎週土日フル参戦を実現させてください!

※詳しくは「大会表彰」ページをご覧ください。

今度は、ウマニティ最強予想家“キング・オブ・コロシアム”争いの状況を確認していきますが、なんと今回は“事件”が発生しました。7回連続キングの座を守り抜いてきた『アユタヤさん』が、よもやの2位陥落。代わって、『ウィークさん』が頂点に上り詰めたのです。安定王者の8度目の防衛ならず。晴れてここに、新キングが誕生しました。

ウィークさんは少点数予想で好配当をコツコツと当てていくスタイルで、長期的に高回収率をキープ。近8大会中6大会でプラスという堅実さが実を結び、ライバルたちに先んじることに成功しました。この安定感があれば、キングの座を守り抜いていけるかもしれません。今週から始まる第103回でも変わらぬ強さを見せつけて初防衛を果たすのか? それとも、2位アユタヤさん以下の逆転はあるのか? 4週間後に発表される結果を楽しみに待ちたいと思います。

なお、予想コロシアムのランキングに入るためには、規定予想レース数をクリアする必要があります。週間ランキングは6レース、大会ランキングは24レースの登録が条件となりますので、いくらすごい配当を一発当てたとしても、予想レース数が規定に満たない場合は上位にランクされませんのでご注意を!

予想自慢の方も、競馬初心者の方も、予想コロシアムでぜひ腕試しをしてみませんか? お金を賭けずに競馬予想ができ、成績も自動集計してくれますので、予想シミュレーションツールとして、とても便利ですよ!

大会成績の上位者には、トロフィーや賞状のアイテムがプレゼントされ、更に副賞として、ウマニティを更に楽しくする『ウマニティ・ポイント』が進呈されます。

優勝者:    10万ポイント
2位〜10位:  5万ポイント
11位〜20位: 3万ポイント

『予想コロシアム』に参加するにはウマニティの会員登録(無料)が必要です。
まだ会員でない方は、コチラから会員登録(無料)してください。

[もっと見る]

フィドゥーシアの口コミ


口コミ一覧
閲覧 20ビュー コメント 0 ナイス 6

まだ1回しか新潟の直千は経験していませんがそれでも上位人気が期待されている馬☆

『フィドゥーシア』(*^-^*)

唯一経験した韋駄天S(新潟1000メートル)でのタイムはなんと54秒3!!

夏の新潟での戦い!!!

今年はどんなドラマが〜〜〜〜楽しみです!(^^)!

 ☆コノホシカツ☆ 2017年07月25日(火) 19:02
*☆第17回アイビスSD・G靴僚侈棔*
閲覧 15ビュー コメント 0 ナイス 1

メインテーマ☆単勝*複勝

昨年のアイビスSDは、四緑先負の日に行われ、4枠と屮戰襯ントが勝った。
時系列出目枠番は8で8枠番ネロが2着。1番人気、2番人気で決まった。
過去4年間1番人気が4連勝。ここ2年は牝馬が勝っている。
今年はスピードはネロと互角の牝馬フィドゥーシアが期待できそうだが、外枠
を引けばさらに良しか。8枠番が一昨年1着、昨年が2着。
今年は九紫先勝の日に行われる。9枠は無いし馬番ということになるが…

2017年7月30日(日)2回新潟2日★九紫先勝『吉数』枠番1・3・6、馬番´Ν
11R(15:45)芝1000
第17回アイビスサマーダッシュG
時系列出目
▼馬番
該当なし
▼枠番
該当なし
ということは、出目での買い目はパス。

人気は
◎ネロ
○フィドゥーシア
▲シンボりディスコ
(主力伯仲)

[もっと見る]

 浪花のクマ 2017年07月24日(月) 19:36
アイビスSD 展望
閲覧 49ビュー コメント 0 ナイス 9


真夏の新潟、快速馬集結!



枠順が大きく影響する、新潟名物千直重賞
逃げて良し、控える競馬でも問題なしの
フィドゥーシア、当該レース1戦1勝、目下
連勝中の勢いで初の重賞制覇を狙う!

千直5戦(2−3−0−0)とオール連対のネロ
久々に鞍上戸崎Jとのコンビで爆発する。

初の千直に挑むアクティブミノル、前走CBC
賞3着と勢いもある。千直で新味が生きる。

距離経験4戦(1−1−1−1)のレッドラウダ
降級特権を捨てて重賞へ・・本気モードか・・

直線競馬で勝ち星もあるプレイズエターナル
末脚を生かせる展開になれば・・

千直実績↓↓△半,舛海修覆い、得意
だ、シンボリディスコ、そろそろ・・

枠次第では伏兵陣の出番もあるぞ!



アイビスSD・登録馬と予定騎手

フィドゥーシア (石橋)
ネロ (戸崎)
アクティブミノル (酒井)
レッドラウダ (大野)
プレイズエターナル (北村友)
シンボリディスコ (伴)
ラインスピリット (岩田)
レジーナフォルテ (杉原)
レヴァンテライオン (内田)
ラインミーティア (西田)
イオラニ (木幡巧)
ナガラオリオン (−)
ナリタスターワン (柴田善)
ダンシングワンダー (−)
アースエンジェル (吉田隼)
ブライトチェリー (柴田大)
キープレイヤー (嶋田)
オヒア (−)

[もっと見る]

フィドゥーシアの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

フィドゥーシアの写真

フィドゥーシア

フィドゥーシアの厩舎情報 VIP

2017年5月21日韋駄天ステークス1着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

フィドゥーシアの取材メモ VIP

2017年5月21日 韋駄天ステークス 1着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。