フィドゥーシア(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
フィドゥーシア
フィドゥーシア
写真一覧
現役 牝5 鹿毛 2012年2月17日生
調教師松元茂樹(栗東)
馬主前田 幸治
生産者North Hills Co. LTD.
生産地
戦績24戦[7-5-2-10]
総賞金15,239万円
収得賞金5,450万円
英字表記Fiducia
血統 Medaglia d'Oro
血統 ][ 産駒 ]
El Prado
Cappucino Bay
Believe
血統 ][ 産駒 ]
Sunday Silence
Great Christine
兄弟 ファリダットエリシェヴァ
前走 2017/09/10 産経賞セントウルS G2
次走予定 2017/10/01 スプリンターズS G1

フィドゥーシアの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
17/09/10 阪神 11 セントウルS G2 芝1200 148143.629** 牝5 54.0 石橋脩松元茂樹480(+2)1.08.2 0.734.4ファインニードル
17/07/30 新潟 11 アイビスSD G3 芝1000 165102.812** 牝5 54.0 石橋脩松元茂樹478(+2)0.54.2 0.032.4--ラインミーティア
17/05/21 新潟 11 韋駄天S OP 芝1000 16485.521** 牝5 54.0 石橋脩松元茂樹476(+2)0.54.3 -0.232.1--シンボリディスコ
17/04/16 中山 10 春雷S OP 芝1200 1561017.191** 牝5 52.0 吉田豊松元茂樹474(-8)1.07.5 -0.033.3キングハート
17/02/18 京都 11 京都牝馬S G3 芝1400 1881749.81118** 牝5 54.0 武幸四郎松元茂樹482(0)1.24.0 1.536.1レッツゴードンキ
17/01/29 中京 11 長篠S 1600万下 芝1200 10225.131** 牝5 55.0 石橋脩松元茂樹482(+8)1.08.3 -0.033.7オーヴィレール
16/12/04 中京 10 浜松S 1600万下 芝1200 1881715.372** 牝4 53.0 大野拓弥松元茂樹474(-2)1.08.2 0.333.6④⑤トウショウピスト
16/10/23 京都 10 桂川S 1600万下 芝1200 13573.8111** 牝4 55.0 C.ルメー松元茂樹476(-2)1.08.5 0.834.6フミノムーン
16/10/02 阪神 10 道頓堀S 1600万下 芝1200 16477.843** 牝4 55.0 F.ヴェロ松元茂樹478(+6)1.09.8 0.434.8イッテツ
16/08/28 小倉 10 別府特別 1000万下 芝1200 18474.921** 牝4 55.0 D.バルジ松元茂樹472(-6)1.10.0 -0.136.1キングハート
16/04/23 京都 11 彦根S 1600万下 芝1200 1881731.988** 牝4 55.0 小牧太松元茂樹478(-2)1.08.4 0.434.5アットウィル
16/03/27 阪神 10 淀屋橋S 1600万下 芝1200 144512.368** 牝4 55.0 川島信二松元茂樹480(+12)1.08.7 0.334.6マルヨバクシン
16/02/13 小倉 11 帆柱山特別 1000万下 芝1200 17234.821** 牝4 55.0 吉田隼人松元茂樹468(-14)1.07.6 -0.034.8エルカミーノレアル
16/01/23 京都 9 祇園特別 1000万下 芝1200 163510.343** 牝4 54.0 岩田康誠松元茂樹482(+2)1.08.4 0.434.8アルティマブラッド
15/11/22 京都 12 先斗町特別 1000万下 ダ1200 16486.0315** 牝3 54.0 武豊松元茂樹480(+2)1.12.9 2.236.4⑯⑮ヴィクタシア
15/10/25 京都 12 大山崎特別 1000万下 ダ1400 1671312.368** 牝3 53.0 武豊松元茂樹478(-2)1.24.1 0.635.8⑯⑯テーオーヘリオス
15/10/03 阪神 10 芦屋川特別 1000万下 芝1200 166122.419** 牝3 53.0 武豊松元茂樹480(+10)1.09.5 0.635.6エリーティアラ
15/05/17 京都 10 葵ステークス OP 芝1200 16247.642** 牝3 54.0 菱田裕二松元茂樹470(0)1.08.2 0.233.8ジャストドゥイング
15/03/15 阪神 6 3歳500万下 芝1200 11782.511** 牝3 54.0 武豊松元茂樹470(-2)1.10.6 -0.035.1アグネスユーリヤ
15/02/21 京都 6 3歳500万下 ダ1400 15233.414** 牝3 54.0 武豊松元茂樹472(+16)1.25.1 0.338.0カフジテイク

⇒もっと見る


フィドゥーシアの関連ニュース

【セントウルS】ファイン重賞初V!スプリント界に新星 2017年9月11日(月) 05:05

 第31回産経賞セントウルステークス(10日、阪神11R、GII、3歳上オープン国際(指)、別定、芝・内1200メートル、1着本賞金5900万円、1着馬にスプリンターズステークスの優先出走権=出走14頭)サマースプリントシリーズ最終戦は、ミルコ・デムーロ騎乗で1番人気のファインニードルが1分7秒5(良)の好タイムで重賞初制覇。秋競馬の開幕とともに、スプリント界に新星が誕生した。また、ラインミーティアが2着に入り、逆転で同シリーズの優勝となった。

 夏の暑さが残る仁川のタフな直線を悠々と突き抜けてきた。ファインニードルが1番人気に応え、重賞3回目の挑戦で初制覇。危なげない内容での勝利にM・デムーロ騎手も誇らしげな表情をみせた。

 「いい脚を使ってくれたし、走りに余裕があったからね。馬場もあるけど時計も速かったね」

 スタート直後は先頭に立つ場面があったが、フィドゥーシアを行かせて内めの2、3番手を確保した。絶好の手応えで直線を迎えると、ラスト200メートルでゴーサイン。一気に先頭に立ち、そのまま後続の追撃を封じた。

 夏の“忘れ物”を秋競馬の開幕週にきっちり取り返した。前走の北九州記念は直線で進路がなく脚を余して5着。レース後にデムーロ騎手は「悔しい。まったく何もできなかった。本当に申し訳ない」と検量室で何度も頭を下げた。同じ失敗は繰り返さない。鮮やかな立ち回りでリベンジに成功した名手は、「前回は悔しかったからね。前回も今回も勝つ気持ちを持っていたよ」と“一発回答”にうなずいた。

 米国のセリに出かけた高橋忠調教師の代行でレースを見守った鵜木助手も笑顔が絶えない。「一番いい形で競馬ができました。とにかくきょうはスムーズだったのが一番ですね」と目を細めた。

 これからさらに成長が期待できる4歳馬。「弾丸のよう」と鵜木助手が完成されつつある馬体を評すれば、ジョッキーも「(以前よりも)馬が良くなっている。(レースを覚えて)賢くなったし、力もつけたね。スピードもスタミナもある」と絶賛する。

 優先出走権を獲得したスプリンターズS(10月1日、中山、GI、芝1200メートル)の参戦は状態を確認された後に決められるが、出走すれば注目の一頭になるのは間違いない。大本命不在のスプリント界に誕生したスター候補が、一気に頂点へ上り詰める可能性は十分にある。 (宇恵英志)



★10日阪神11R「産経賞セントウルS」の着順&払戻金はこちら★サンスポe−shopで黒色木製枠付き写真パネルを発売します!



ファインニードル 父アドマイヤムーン、母ニードルクラフト、母の父マークオブエスティーム。鹿毛の牡4歳。栗東・高橋義忠厩舎所属。北海道日高町のダーレー・ジャパン・ファーム有限会社の生産馬。馬主はH・H・シェイク・モハメド。戦績21戦6勝。獲得賞金1億5144万2000円。重賞初勝利。産経賞セントウルSは高橋義忠調教師、ミルコ・デムーロ騎手ともに初勝利。馬名は「細針」。

[もっと見る]

【セントウルS】フィドゥーシア、逃走及ばず9着2017年9月11日(月) 05:04

 第31回産経賞セントウルステークス(10日、阪神11R、GII、3歳上オープン国際(指)、別定、芝・内1200メートル、1着本賞金5900万円、1着馬にスプリンターズステークスの優先出走権=出走14頭)母子制覇&重賞初Vを狙った2番人気のフィドゥーシアは9着に終わった。積極的にハナを主張。マイペースで逃げたが、ラスト200メートル付近で力尽きた。石橋騎手は「外枠は言い訳にならない。力んでいるわけではなかったし、状態も前走よりいいくらいだった。千直を走った後だったし、リズムが狂ったのかな」と唇をかんだ。

★10日阪神11R「産経賞セントウルS」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【セントウルS】ファインニードルが人気に応え重賞初V 2017年9月10日() 15:42

 9月10日の阪神11Rで行われたサマースプリントシリーズ(全6戦)の最終戦、第31回産経賞セントウルステークス(3歳以上オープン、GII、芝1200メートル、別定、14頭立て、1着賞金=5900万円)は、ミルコ・デムーロ騎手騎乗のファインニードル(牡4歳、栗東・高橋義忠厩舎)が好位から抜け出して1番人気に応え、重賞初制覇を達成。併せて、秋のGI第1弾・スプリングステークス(10月1日、中山、芝1200メートル)の優先出走権を獲得したが、出否は今後の様子を見て決められる。タイムは1分7秒5(良)。1馬身1/4差の2着はラインミーティア(6番人気)で、さらにクビ差の3着はダンスディレクター(4番人気)だった。



 レースはフィドゥーシアがハナへ。ラヴァーズポイントファインニードルアドマイヤゴッドなどが続いた。直線に向くと、ファインニードルが力強く抜け出し、激しい2着争いを尻目にトップでゴール。中団から伸びてきたラインミーティアが2着で、9〜10番手にいたダンスディレクターが鋭い末脚で3着に入った。さらにアタマ差の4着にメラグラーナ(3番人気)。フィドゥーシア(2番人気)は伸びを欠いて9着だった。



 ファインニードルは、父アドマイヤムーン、母ニードルクラフト、母の父マークオブエスティームという血統。北海道日高町のダーレー・ジャパン・ファーム(有)の生産馬で、馬主はH.H.シェイク・モハメド。通算成績は21戦6勝。セントウルS高橋義忠調教師、ミルコ・デムーロ騎手ともに初勝利。



 ◆ミルコ・デムーロ騎手「2走前はいい勝ち方だったので、前走がとても悔しかった。きょうは勝ててうれしいです。スタートのタイミングが合いませんでしたけど、行き脚が速くてすぐに前へ行けました。直線でも手応えは良く、余裕がありました。もっともっとスピードとスタミナがあると思うし、次も楽しみです」



 サマースプリントシリーズは、第3戦のアイビスSDを制し10ポイントを獲得していたラインミーティアが今回、6ポイントを加算。合計16ポイントとし、優勝した。



★10日阪神11R「産経賞セントウルS」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【2歳戦結果】ノームコア、アスター賞V2017年9月10日() 05:01

 【中山】9Rアスター賞(500万下、芝・外1600メートル)=ノームコア(美・萩原、牝、父ハービンジャー)

 ◆北村宏騎手 「(開幕週の)馬場に合わせてせかして競馬をしたぶん、もたついたが、もっと距離を延ばしたらいいストライドで走れそう。まだまだ可能性がありそうです」 

 5R新馬(芝・内2000メートル)=バレリオ(美・相沢、牡、父ステイゴールド

 ◆津村騎手 「周りの馬を気にして出負けし、道中も突っ張った走り。トモにも甘い面があるので先々の馬と思っていたけど、それでこのパフォーマンス。今後が楽しみ」

 *全姉はオークス3着のアイスフォーリス

 2R未勝利(芝・外1600メートル)=ハクサンフエロ(美・牧、牡、父シルポート

 ◆石橋騎手 「開幕週の芝は合うと思っていた。スタートも速く、集中力を保つことだけ心掛けて乗った」

 *新種牡馬シルポートの産駒はJRA初勝利。

 【阪神】5R新馬(芝・外1600メートル)=ジャンダルム(栗・池江、牡、父キトゥンズジョイ)

 ◆武豊騎手 「ちょっと4コーナーで外に逃避したけど、それ以外は完璧。気性も素直で距離も全然大丈夫だし、かなり楽しみ」

 *母はスプリンターズS高松宮記念とGI2勝のビリーヴ(父サンデーサイレンス)で、半姉にセントウルSに出走するフィドゥーシア(父メダーリアドーロ)

[もっと見る]

【2歳新馬】阪神5R ビリーヴの息子ジャンダルムがV 2017年9月9日() 12:31

 9月9日の阪神5R・2歳新馬(芝・外1600メートル)は、武豊騎手騎乗の2番人気ジャンダルム(牡、栗東・池江泰寿厩舎)が3番手追走から直線は馬場の真ん中を伸びてデビュー勝ち。タイムは1分37秒3(良)。

 1馬身1/4差の2着には好位から脚を伸ばしたロードラナキラ(4番人気)、さらにアタマ差遅れた3着に中団追走から内めを伸びたスターリーステージ(1番人気)。

 ジャンダルムは、父キトゥンズジョイ、母ビリーヴ、母の父サンデーサイレンスという血統。母はスプリントGIを2勝。半兄ファリダットは2008年阪神C・GIIの2着馬。半姉フィドゥーシアは2017年アイビスSD・GIIIの2着馬。

 ◆武豊騎手(1着 ジャンダルム)「レースにいっても期待通りの走りをしてくれました。気性も素直です。4コーナーで少し外に逃避しましたが、それ以外は完璧でした。先頭に立っても自分で加減して走っていました。今後もかなりたのしみな馬ですね。距離も大丈夫」



★9日阪神5R「2歳新馬」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

⇒もっと見る

フィドゥーシアの関連コラム

閲覧 1,608ビュー コメント 0 ナイス 7



次週の注目重賞を、伊吹雅也プロが様々なデータを駆使していち早く分析! もっとも重要と思われる<ピックアップデータ>に加え、<追い風データ/向かい風データ>や<注目馬チェック>など、貴重な情報が満載なウマニティ会員専用コラムとなっております。ぜひ皆様の予想にお役立て下さい。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


<次週の特選重賞>

G1 スプリンターズステークス 2017年10月01日(日) 中山芝1200m外


<ピックアップデータ>

【前走が“国内のレース”だった馬の、前走の4コーナー通過順別成績(2014年以降)】
×2番手以内 [0-0-0-10](複勝率0.0%)
○3番手以下 [3-3-3-28](複勝率24.3%)

 2011〜2013年の3年間に限ると、前走が“国内のレース”、かつ前走の4コーナー通過順が2番手以内だった馬の成績は[1-3-1-5](複勝率50.0%)。後述する傾向は2011〜2013年もほぼ同様だったのですが、こちらは2014年を境に一変しました。新潟芝1200m内で施行された2014年はともかく、2015年と2016年も先行力の高さを活かしたいタイプが苦戦していましたから、2014年に行われた路盤改造が大きく影響しているようです。

主な「○」該当馬→ファインニードルメラグラーナレッドファルクス
主な「×」該当馬→セイウンコウセイダイアナヘイローフィドゥーシア


<他にも気になる! 追い風データ/向かい風データ>

【向かい風データ】

×「“同年、かつJRA、かつ出走頭数が15頭以上のレース”において優勝経験がない」馬は2014年以降[0-0-0-26](複勝率0.0%)
主な該当馬→ビッグアーサーレッドファルクス

続きは、ウマニティ会員登録(無料会員)でご覧頂けます。
※限定公開期間終了後は、非会員の方もご覧頂けます。
続きを読む
登録済みの方はこちらからログイン

2017年9月11日(月) 12:00 競馬プロ予想MAX
先週の回顧〜(9/9〜9/10)単勝251倍ゲットの馬券生活プロ、好調山崎エリカプロらが大幅プラスをマーク!
閲覧 591ビュー コメント 0 ナイス 10



先週は、9(土)に中山競馬場でG3紫苑Sが、10(日)に阪神競馬場でG2セントウルS、中山競馬場でG3京成杯AHがそれぞれ行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
G3紫苑Sは、ミッシングリンクがハナを奪ってゆったりとしたペースで向う正面へ。1番人気ディアドラ、2番人気ルヴォワールは揃って中団後方を追走して先頭までは7〜8馬身ほど。3コーナーを迎え各馬鞍上の手が動き出し、後方各馬は外を回すようにして進出を開始し、人気の2頭もこの一角。迎えた直線で中団から進めた6番人気カリビアンゴールドが早めに抜け出しを図ると、これを追って迫ったのはポールヴァンドルと大外を回したディアドラの2頭でした。ゴール前、この3頭が横一線となる中、最後は1番人気ディアドラが外からねじ伏せるように差し切って重賞初V。ハナ差の2着にはカリビアンゴールドが入り、そこからハナ差の3着に4番人気ポールヴァンドルと続き、この3頭が秋華賞への優先出走権を手に入れています。 
公認プロ予想家では夢月プロきいいろプロイータン育成プロほか計16名が的中しています。
 
G2セントウルSは、ファインニードルを外から交わしてフィドゥーシアが先頭に立って3コーナーへ。外から、ラヴァーズポイントアルティマブラッドといった先行馬が直線入り口で仕掛け始めると、インの3番手で脚を溜めていた1番人気ファインニードルは、フィドゥーシアの外に進路を選択して満を持して追い出しを開始。直線半ばを過ぎてファインニードルが一歩抜け出し、後続からはインを突いてラインミーティア、外を通ってはダンスディレクターあたりが伸びてきますが、1馬身1/4差をつけてファインニードルがこれを制して重賞初制覇。2着には6番人気ラインミーティア、そこからクビ差の3着には4番人気のダンスディレクターが入っています。
 公認プロ予想家では、おかべプロ河内一秀プロほか計5名が的中しています。
 
G3京成杯AHは、58キロのトップハンデを背負った2番人気マルターズアポジーがここも果敢に逃げる一方、1番人気グランシルクは好発を決めるもなだめて徐々に中団に下げ、3コーナーへ。依然、マルターズアポジーのリードは1馬身ほど。好位勢からボンセルヴィーソウインフルブルームロサギガンティアあたりが進出を開始すると、その直後から外を回してダノンリバティとここにグランシルクの態勢で直線を迎えます。前を行くマルターズアポジーに、力強い末脚で一完歩ごとに詰め寄るグランシルク。結局、残り100mで完全に交わし去ったグランシルクが人気に応えて重賞初勝利をあげています。1馬身3/4馬身差の2着には後方からグランシルクの後を伸びた11番人気ガリバルディが入り、そこからクビ差の3着には6番人気ダノンリバティが入っています。
 公認プロ予想家では、サウスプロほか計6名が的中しています。
 
 
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 
☆☆☆注目プロ →馬券生活プロ
9(土)阪神1Rで、単勝251.4倍◎ブルベアジネンジョの単勝1点勝負でいきなりの125万7000円払戻し!他にも、阪神12Rで◎マイネルアトゥーの単勝22.3倍など的中をみせた先週は、週末トータル回収率658%、収支117万880円プラスのトップ成績をマークしています!
 
☆☆☆注目プロ →山崎エリカプロ
10(日)の中山9Rで◎パルティトゥーラ−○コートシャルマンの本線的中を披露し、14万9600円払戻しのスマッシュヒット!他にも、9(土)阪神12R、10(日)中山10Rなど、高的中率で終えた先週は、週末トータル回収率293%、収支19万3650円プラスを記録しています。
 
☆☆☆注目プロ →ジ ョ アプロ
9(土)中山12Rで3連単11万7200円払戻しのスマッシュヒットを記録!
 
☆☆☆注目プロ →イータン育成プロ
9(土)は勝負レース指定のG3紫苑Sでの○▲◎的中を含め、4戦4勝の好調予想を披露。週末トータルでは、回収率152%を達成しています。
 
 
この他にも、岡村信将プロ(108%)、加藤拓プロ(105%)、河内一秀プロ(102%)、夢月プロ(100%)らが週末トータル回収率100%超の活躍を見せています。
 
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 
※全レースの結果情報はこちら


今週も競馬予想の達人・ウマニティ公認プロ予想家陣の予想にご注目下さい。

[もっと見る]

2017年9月10日() 14:00 凄馬プロジェクトチーム
第293回『凄馬出馬表分析&馬券検討』〜産経賞セントウルステークス G2
閲覧 546ビュー コメント 0 ナイス 2



みなさんこんにちは!

本日は阪神11R「産経賞セントウルステークス G2」の『凄馬出馬表』を分析したいと思います。

今回も「U指数」だけでなく、U指数のポイントに【調教評価】、【厩舎評価】、【斤量補正】を数値化し加算減算しU指数を補正することで「総合ポイント」を算出しました。
★「U指数」について詳しくはこちらをご覧ください→U指数についてページ

U指数1.0ポイントは約1馬身差にあたるので、これを目安に以下のような重み付けをしました。
【調教評価】は競馬エイトの調教評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「5」・・・「−1.0ポイント」
「6」・・・「±0.0ポイント」
「7」・・・「+1.0ポイント」
「8」・・・「+2.0ポイント」
【厩舎評価】競馬エイトの厩舎コメントの評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「△」・・・「−1.0ポイント」
「○」・・・「±0.0ポイント」
「◎」・・・「+1.0ポイント」
【斤量補正】は1.0kg=「0.5ポイント」として以下の基準体重との差分に乗算しました。
「牡馬」・・・「57.0kg」
「牝馬」・・・「55.0kg」


上記の補正を行った『凄馬出馬表』(画像)をご覧ください。




第1グループ(橙)は、ダンスディレクターから1.0ポイント差(約1馬身差)内のファインニードルメラグラーナまでの3頭。
第2グループ(黄)は、スノードラゴンのみ1頭。
第3グループ(薄黄)は、フィドゥーシアから1.0ポイント差(約1馬身差)内のミッキーラブソングまで2頭となっていて、以下は第4G(灰)となっています。

凄馬出馬表を見渡すと、上位勢の間にも最大1.1ポイント差の溝が生じていますが、数か所に分散してそれらの溝が複数発生していることからハッキリとここで線引き、とするには少々厄介な状況。近況、ローテーションなどからも、下位勢にも注意が必要な配置と個人的にはみています。

そんななか今回の私の本命は◎メラグラーナとしました。近2走は人気を裏切っての大敗を喫してしまっていますが、G1初挑戦で渋った馬場となった前々走に、直前に降り出した本降りの雨で発表は良でも特殊な馬場で行われた前走と、2走ともに言い訳の効く敗戦に映りました。同じ右回りで急坂のある中山でのパフォーマンスからも、ここで本領発揮のシーンを期待したいと思います。馬格のある牝馬という点も、斤量的にこのレースでは効くのではないかとみています。
○はファインニードル。前走は包まれてもったいない競馬になってしまいましたがゴール前の伸びは目立つものでした。2走前完勝の阪神1200に戻っての巻き返しに大いに期待しています。この条件を得意としている引き続きの鞍上も心強く外せない印象。
以下、好調教消化で不気味な▲アルティマブラッドと印を回し、今回の私の馬券は、◎○2頭からの3単で勝負とします。
穴では☆ラインミーティアに期待。野芝オンリーは合うと思うので、初の阪神1200mがプラスに出れば、引き続きの状態の良さでここでも出番があっても。


【3単2頭軸マルチ】
◎○⇔印
2,7⇔1,3,6,13,14(30点)

[もっと見る]

2017年9月4日(月) 09:30 伊吹雅也
【伊吹雅也のピックアップ競馬データ2017年09月04日号】特選重賞データ分析編(63)〜2017年セントウルステークス〜
閲覧 1,365ビュー コメント 0 ナイス 4



次週の注目重賞を、伊吹雅也プロが様々なデータを駆使していち早く分析! もっとも重要と思われる<ピックアップデータ>に加え、<追い風データ/向かい風データ>や<注目馬チェック>など、貴重な情報が満載なウマニティ会員専用コラムとなっております。ぜひ皆様の予想にお役立て下さい。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


<次週の特選重賞>

G2 セントウルステークス 2017年09月10日(日) 阪神芝1200m内


<ピックアップデータ>

【馬齢別成績(2013年以降)】
○5歳以下 [4-4-1-19](複勝率32.1%)
×6歳以上 [0-0-3-26](複勝率10.3%)

 若い馬を重視したい一戦。2013年以降の連対馬はいずれも馬齢が5歳以下でした。なお、馬齢が7歳以上だった馬は2013年以降[0-0-0-8](複勝率0.0%)ですし、創設以降の過去30年まで遡っても優勝例なし。馬齢が6歳だった馬の優勝例も、現在のところ2006年のシーイズトウショウが最後です。高齢馬は思い切って評価を下げるべきでしょう。

主な「○」該当馬→アクティブミノルフィドゥーシアメラグラーナ
主な「×」該当馬→ダンスディレクターティーハーフラインミーティア


<他にも気になる! 追い風データ/向かい風データ>

【追い風データ】

○「“前年か同年、かつ7〜9月、かつJRAの重賞”において連対経験がある」馬は2013年以降[4-4-2-10](複勝率50.0%)
主な該当馬→フィドゥーシアラインミーティア

[もっと見る]

フィドゥーシアの口コミ


口コミ一覧

スプリンターズS 展望

 浪花のクマ 2017年9月25日(月) 22:24

閲覧 26ビュー コメント 0 ナイス 4


スプリント(G1)優勝馬VS新興勢力


スプリント(G1)勝ち馬が4頭、ここに来てメキメキ
台頭してきた馬が複数馬、難解だがどの馬にも
チャンスはありそうですね。
昨年の覇者レッドファルクス、香港スプリントでは
大敗したが宮記念3着、安田記念3着と好走、
休み明けでも能力はだせる・・

500万から4連勝で重賞制覇のダイアナヘイロー
素質馬がこの夏一気に開花宣言、勢いなら・・

中京2戦大敗後、セントウルSで復活の兆しの
メラグラーナ、3戦3勝の中山千二で・・

高松宮記念の勝ち馬、セイウンコウセイ 函館で
一叩き、力は付けてきた今なら休み明けでも・・

昨年の宮記念の勝ち馬、ビッグアーサー 年末の
香港スプリント以来と超久々だが鉄砲実績あり
実績馬だけに・・

重賞戦線で、上位入着常連馬ダンスディレクター
年齢的にもソロソロ・・

今年の宮記念でセイウンコウセイの2着とあと
一歩、レッツゴードンキ も侮れない・・

セントウルSで強敵を内から抜け出して差し切った
ファインニードル 、一躍有力馬の一頭に・・

その他、スノードラゴン、ネロ 、フィドゥーシア など
曲者揃い・・面白いレースが期待できる!

 ムーンホーセズネック 2017年9月25日(月) 21:54
競馬検討 スプリンターズステークス 3
閲覧 52ビュー コメント 0 ナイス 6

プレレーティング

キングハート 105 
シュウジ - 
スノードラゴン 102 
セイウンコウセイ 117 
ソルヴェイグ 108 
ダイナヘイロー 102
ダンスディレクター 112 
ティーハーフ 108 
トーキングドラム 109 
ナックビーナス 104 
ネロ - 
ノボバカラ - 
ビッグアーサー - 
ファインニードル 111 
フィドゥーシア 101 
フミノムーン 106 
メラグラーナ 106 
モンドキャンノ - 
レッツゴードンキ 109 
レッドファルクス 116 
ワンスインスナムーン 100

[もっと見る]

 ムーンホーセズネック 2017年9月25日(月) 21:31
競馬検討 スプリンターズステークス 2
閲覧 38ビュー コメント 0 ナイス 5

スプリンターズステークス

キングハート 安定はして、圏内

シュウジ やはり、スランプ気味

スノードラゴン 往年の力?完全に芦毛が白に、成長は完全に終わり

セイウンコウセイ 先週の追い切りは抜群、安定して、脚質から本命

ソルヴェイグ 昨年3着、優位

ダイナヘイロー 斤量も、優位、経験不足が

ダンスディレクター 位置課題、一発秘める

ティーハーフ ハマれば怖い

トーキングドラム 無理はある

ナックビーナス 再度、ハマれば

ネロ 先週の追い切りは時計優秀も?良い頃に戻り切ってないか?一発あっても驚かないが

ノボバカラ ダート馬

ビッグアーサー ムラあり、状態は余り良くない

ファインニードル 脚質から本命か対抗

フィドゥーシア スピード不足?経験不足か

フミノムーン 圏内だが

ブリザード 香港馬、流石に格が足りない

メグラーナ 圏内も?何か足りない

モンドキャンノ 圏内も?

ラインミーティア 最大の穴馬 アイビスサマーダッシュ→セントウルステークス2着

レッツゴードンキ 位置課題

レッドファルクス 位置課題、瞬発力最上位

ワンスインナムーン 逃げて

ファインニードル、セイウンコウセイが中心か(^^)
中山の馬場は前に有利(^^)
レッドファルク、ダイナヘイロー、ダンスディレクター、メグラーナ、ラインミーティア、ネロ、キングハート(^^) 

[もっと見る]

⇒もっと見る

フィドゥーシアの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

フィドゥーシアの写真

フィドゥーシア
フィドゥーシア

フィドゥーシアの厩舎情報 VIP

2017年9月10日産経賞セントウルS G29着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

フィドゥーシアの取材メモ VIP

2017年9月10日 産経賞セントウルS G2 9着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。