注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます!⇒いますぐ会員登録(無料)

ウインフルブルーム(競走馬)

注目ホース
ウインフルブルーム
ウインフルブルーム
写真一覧
現役 牡6 栗毛 2011年3月25日生
調教師宮本博(栗東)
馬主株式会社 ウイン
生産者ビッグレッドファーム
生産地新冠町
戦績14戦[5-4-2-3]
総賞金18,921万円
収得賞金3,625万円
英字表記Win Full Bloom
血統 スペシャルウィーク
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
キャンペンガール
ハナノメガミ
血統 ][ 産駒 ]
サクラユタカオー
ダイナソシエ
兄弟 コーナーストーンマイネルオリンポス
前走 2016/10/09 毎日王冠 G2
次走予定

ウインフルブルームの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
16/10/09 東京 11 毎日王冠 G2 芝1800 1281110.667** 牡5 56.0 柴田大知宮本博514(-12)1.47.6 1.035.2ルージュバック
16/08/28 小倉 11 小倉日経OP OP 芝1800 9891.612** 牡5 57.0 和田竜二宮本博526(+8)1.50.0 0.037.3テイエムイナズマ
16/07/24 福島 11 福島TVOP OP 芝1800 9774.121** 牡5 56.0 柴田大知宮本博518(+2)1.47.3 -0.235.9ココロノアイ
15/01/04 京都 11 スポ京都金杯 G3 芝1600 18247.151** 牡4 55.0 池添謙一宮本博516(-2)1.32.8 -0.034.0エキストラエンド
14/12/13 阪神 11 チャレンジC G3 芝1800 1271012.848** 牡3 55.0 国分恭介宮本博518(+12)1.46.8 0.936.1トーセンスターダム
14/11/02 京都 11 カシオペアS OP 芝1800 15473.011** 牡3 54.0 池添謙一宮本博506(+18)1.47.4 -0.134.1アズマシャトル
14/09/28 阪神 11 神戸新聞杯 G2 芝2400 162317.5413** 牡3 56.0 柴田大知宮本博488(0)2.27.0 2.637.9ワンアンドオンリー
14/06/01 東京 10 東京優駿 G1 芝2400 1847----** 牡3 57.0 柴田大知宮本博---- ------ワンアンドオンリー
14/04/20 中山 11 皐月賞 G1 芝2000 1881824.983** 牡3 57.0 柴田大知宮本博488(-2)1.59.9 0.335.6イスラボニータ
14/03/22 阪神 11 若葉S OP 芝2000 128121.812** 牡3 56.0 柴田大知宮本博490(-4)2.01.6 0.235.9アドマイヤデウス
14/01/12 京都 11 シンザン記念 G3 芝1600 13114.922** 牡3 56.0 和田竜二宮本博494(+4)1.33.9 0.134.0ミッキーアイル
13/12/15 中山 11 朝日杯FS G1 芝1600 1671412.153** 牡2 55.0 和田竜二宮本博490(-4)1.34.9 0.235.8アジアエクスプレス
13/11/30 阪神 10 千両賞 500万下 芝1600 12334.921** 牡2 55.0 和田竜二宮本博494(+2)1.33.9 -0.534.2アズマシャトル
13/09/14 阪神 9 野路菊S OP 芝1800 9442.512** 牡2 54.0 和田竜二宮本博492(+6)1.46.6 0.033.8サンダラス
13/08/18 小倉 5 2歳新馬 芝1800 14453.311** 牡2 54.0 柴田大知宮本博486(--)1.49.4 -0.636.8ルファルシオン

ウインフルブルームの関連ニュース

 1週間の密着取材で勝ち馬を探り出すGI連載企画『東西現場記者走る』。皐月賞を担当する大阪サンスポの山口大輝記者(25)は、ここまで人気馬中心の取材だったが、4日目に穴馬を発掘した。注目したのはトラスト。先行馬が波乱を呼ぶのが皐月賞。折り合い面が改善された素質馬にダークホースの可能性を感じ、陣営を直撃した。

 密着取材も、ようやく折り返し地点。穴馬で食指が動くのは先行馬のトラストだ。

 皐月賞は小回りの中山芝2000メートルで、先行力が大きな武器となる。近年は差し馬優勢だが、2007年にヴィクトリー、08年にキャプテントゥーレがともに7番人気で逃げ切り勝ち。14年も3着ウインフルブルーム(8番人気)が先行策から高配当を呼んだ。

 トラストは地方所属の昨年9月に、札幌2歳Sで逃走V。栗東・中村厩舎に転厩後は4戦すべて重賞に出走し、掲示板を外していない。前走の毎日杯は5着だが、課題の折り合い面が進歩した。結果的には、位置取りが後ろすぎたが、本番に向けては不気味に映った。

 中村調教師を直撃すると、「もともとがおとなしい馬だったみたい。川崎から札幌の移動とかで、カリカリしてしまったらしい。ようやく本来に戻った感じだね」と証言する。

 状態面も文句なし。「GIで勝負するには、今までの中で一番のデキにするのが条件。筋肉がつきましたし、一番といっていい」とトレーナーはデキに太鼓判を押す。

 午後2時すぎに、枠順が発表。まさかの大外〔8〕枠(18)番は面食らったが、昨年もディーマジェスティが同枠からV。1990年以降、3頭が白星をつかんでおり、割り引く必要はない。

 トレーナーは「内に2頭(アダムバローズクリンチャー)いるからね。控えるよ」と作戦を示唆。アダムは重賞実績がなく、クリンチャーも初重賞。実績は上で、前を走る2頭を直線入り口でかわしての粘り込みがあっても不思議はない。

 週はじめに、担当の疋田厩務員から「コーナーが4つで息が入る舞台は合っている。3冠の中なら皐月賞が一番向きます」という話も聞いた。今回は再び、主戦の柴田大騎手に手綱が戻る。大舞台で歯車がピタッとかみ合う気がしてきた。 (山口大輝)

皐月賞の枠順はこちら 調教タイムも掲載

【毎日王冠】レースを終えて…関係者談話2016年10月10日(月) 04:04

 ◆音無師(ヒストリカル3着) 「(後方待機の)いつも通りの競馬。最後は確実に脚を使って伸びてくるしね」

 ◆吉田豊騎手(ロンギングダンサー4着) 「1、2着馬の後ろで一緒について行った。最後は離されてしまったが、頑張っています」

 ◆川田騎手(ステファノス5着) 「4コーナーまではスムーズでしたが、直線でスペースがあきませんでした」

 ◆武豊騎手(ディサイファ6着) 「取りたいポジションを取れたが、直線で(狭くなって)進路をキープできなかった」

 ◆柴田大騎手(ウインフルブルーム7着) 「外枠で我慢しようと思ったらリズムが崩れた。自分のリズムで走らせた方がいい」

 ◆田辺騎手(ロゴタイプ8着) 「ペース的にはよかったが、きょうは内が残らない馬場が影響したのかも」

 ◆大久保師(ダノンシャーク9着) 「1800メートルは1ハロン長かったが、次走予定のマイルCSでは良くなると思う」

 ◆小牧騎手(クラレント10着) 「いいポジションは取れたが、(直線で)なかなか動けなかった」

 ◆丹内騎手(マイネルミラノ11着同着) 「うまく逃げることができて、もっと粘れるかと思ったが…」

 ◆北村宏騎手(ロサギガンティア11着同着) 「前回(仕掛けて)出して行っているぶん、思った以上に行きたがっていた」

★9日東京11R「毎日王冠」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【毎日王冠】東西調教ウオッチャー2016年10月07日(金) 05:10

 今週の東西調教ウオッチャーは毎日王冠が対象レース。美浦トレセンからは東京サンスポの板津、千葉両記者が、栗東トレセンからは大阪サンスポの正木、片山両記者が好調教馬をピックアップした。

 正木 本命候補のリアルスティールが回避して風雲急を告げてきたな。アンビシャスは坂路で2歳のダンビュライトと併入やったけど、相手はめっぽう攻め駆けする馬。ちょっと太めの体でも、時計的(4ハロン52秒8−13秒3)には十分に動けていると思うで。

 片山 ステファノスはリラックスした走りで、自然と前に出て行く感じ。5ハロン68秒7−12秒3を馬なりでマークして、同じオープンのフィエロにクビ差先着。東京コースも合うし、久々でも能力は出せる仕上がりですね。

 正木 人気の薄そうなところならウインフルブルーム。4ハロン55秒0−13秒4と時計は目立たないが、今週の坂路は馬場が重かったし、馬なりなら気にしなくていい。展開次第で一発も…。

 板津 水曜追いのマイネルミラノはWコース5ハロン70秒5と数字は平凡ですが、馬場の大外を回ったもの。走りには数字以上の躍動感と切れがありました。マイペースで逃げられれば上位争いができそうな雰囲気。ウインフルブルームとの兼ね合いひとつですね。

 千葉 木曜日追いですが、坂路で切れのある動きを見せたディサイファも気になります。すごくバネの利いた走りでラスト(1ハロン12秒5)までしっかりとした伸び。休み明けでも力は出せる状態にあると思います。

★毎日王冠の出馬表はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【毎日王冠】厩舎の話2016年10月07日(金) 05:08

 ◆アンビシャス・音無師 「体は立派に見えるが、輸送で(体重が)減るし、ちょうどいい」

 ◆ウインフルブルーム・宮本師 「左回りは心配ないし、いいコンディションでやりたい」

 ◆クラレント・橋口師 「今はマイルより1800メートルの方がいいと思う」

 ◆ステファノス・藤原英師 「香港帰りだった昨年(7着)より今年の方が調整がしやすい」

 ◆ダノンシャーク・大久保師 「マイルの方がいいけど、1800メートルもこなしているからね」

 ◆ヒストリカル・音無師 「1800メートルにも東京にも実績があるからね」

 ◆マイネルミラノ・相沢師 「東京なら1800メートルがベスト」

 ◆ロゴタイプ・田辺騎手 「今回は正攻法の競馬になると思う」

 ◆ロサギガンティア・藤沢和師 「十分に動けているし、雰囲気はいい。距離が1800メートルに延びても問題ない。スムーズに流れに乗れれば」

 ◆ロンギングダンサー・勢司師 「動きはまずまず。休み明けの前走の状態をいい意味でキープできている。(3走前から着けている)ブリンカー効果も間違いなくある」

★毎日王冠の出馬表はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【毎日王冠】追って一言2016年10月06日(木) 05:07

 ◆ウインフルブルーム・宮本師 「調子が悪いとすぐ表に出るタイプだが、中間からそういう面は全く見られない。左回りは心配ないし、いいコンディションでやりたい」

 ◆クラレント・橋口師 「しっかり乗り込んで思いどおりの仕上がり。年齢的な衰えは感じない。ズブくなっているので、今はマイルより1800メートルの方がいいと思う」

 ◆ダノンシャーク・大久保師 「いい動きで、8歳馬という感じはしない。GIが目標なので少し余裕があるけど、いい感じ。マイルの方がいいけど、1800メートルもこなしているからね」

 ◆ヒストリカル・音無師 「当初は来週のアイルランドTの予定だったが、59キロを背負うのでこちらに。レースがあいても大丈夫なタイプだし、1800メートルにも東京にも実績があるからね」

★毎日王冠の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【毎日王冠】ウインフルブルーム馬なり13秒42016年10月05日(水) 11:22

 ウインフルブルームは栗東坂路で単走。叩き3走目だけに、もう強い攻め馬はいらないか。馬なりでラスト1F13秒4と余力を残した。

 ●宮本調教師「予定どおり。今は不安がないし、久々の馬が多いだけに夏場を2回使ってきたのは強み。前走(小倉日経OP2着)は道悪。開幕週の馬場なら能力は出し切れる」(夕刊フジ)

★毎日王冠の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

⇒もっと見る

ウインフルブルームの関連コラム

閲覧 3,726ビュー コメント 0 ナイス 4

皐月賞

過去5年間の傾向から、U指数的"買い"データをお届するU指数分析コラム。

今週の対象レースは皐月賞です。では早速参りましょう!

○U指数についてもっと詳しく知りたい!という方はこちらをどうぞ

<ポイント 
・低指数馬の一発はたまにあるが、上位勢が全滅ということはない。毎年必ず指数93以上の馬が馬券に絡んでいる→指数93未満の馬同士の組み合わせは期待薄。

<ポイント◆
・指数1〜4位から2頭、5位以下から1頭という組み合わせで決まることが多い。また、過去5年中3回で4番人気以内の3頭が馬券圏内を占めているように、人気馬が強いレース→8番人気の低評価ながら指数2位で3着に好走した14年のウインフルブルームのような、隠れた実力馬から上位人気に流す馬券を推奨。

<ポイント>
・指数上位が安定+超大穴の台頭はなし(過去5年はすべて8番人気以内で決着)という傾向を踏まえ、指数1位+指数2〜4位+1〜8人気という3連複フォーメーションを購入すると回収率111.6%。


皐月賞の予想U指数はこちら⇒(皐月賞重賞特集ページ)で無料会員向けに出走馬全頭のU指数を無料公開中!
会員登録(無料)でご覧いただけますので、会員登録がまだの方は是非ご登録のうえご覧になってください!
次回更新は天皇賞(春)となります。

--------------------------------------------------------------------------------
U指数に関する、『シミュレート結果』『予想U指数と結果U指数』『馬齢・クラス別考察』などの詳細情報はこちらのページでご紹介しています⇒『U指数について』ページ
--------------------------------------------------------------------------------


登録済みの方はこちらからログイン

2017年04月09日() 15:00 伊吹雅也
【伊吹雅也のピックアップ競馬データ2017年04月09日号】特選重賞データ分析編(42)〜2017年皐月賞〜
閲覧 2,933ビュー コメント 0 ナイス 8

次週の注目重賞を、伊吹雅也プロが様々なデータを駆使していち早く分析! もっとも重要と思われる<ピックアップデータ>に加え、<追い風データ/向かい風データ>や<注目馬チェック>など、貴重な情報が満載なウマニティ会員専用コラムとなっております。ぜひ皆様の予想にお役立て下さい。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


<次週の特選重賞>

G1 皐月賞 2017年04月16日(日) 中山芝2000m内


<ピックアップデータ>

【“JRA、かつ1800m以上の重賞”における連対経験の有無別成績(2012年以降)】
○あり [5-5-4-32](複勝率30.4%)
×なし [0-0-1-40](複勝率2.4%)

 2012年以降の3着以内馬15頭中、2014年3着のウインフルブルームを除く14頭は、“JRA、かつ1800m以上の重賞”において連対経験があった馬。マイル以下のレースを主戦場としてきた馬はもともと好走例が多くありませんし、近年は“若葉ステークス”で優先出走権を獲得した馬も苦戦しています。1800m以上の重賞で見せたパフォーマンスを素直に評価すべきでしょう。

主な「○」該当馬→ウインブライトカデナスワーヴリチャード
主な「×」該当馬→アダムバローズサトノアレスペルシアンナイト


<他にも気になる! 追い風データ/向かい風データ>

【追い風データ】

[もっと見る]

2016年10月13日(木) 11:00 競馬プロ予想MAX
先週の回顧〜(10/8〜10/10)佐藤洋一郎プロが東京8Rで90万超のビッグヒット!
閲覧 418ビュー コメント 0 ナイス 2

 先週は8(土)に東京競馬場でG3サウジアラビアロイヤルカップが、9(日)に東京競馬場でG2毎日王冠が、10(月)に京都競馬場でG2京都大賞典がそれぞれ行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。

G3サウジアラビアロイヤルカップサクセスムーンが先頭で直線コースへ。サクセスムーンのリードは半馬身、2番手グループは並走する形で内からシャイニードライヴクライムメジャーウィンドライジズが追走し、各馬徐々に仕掛け始めます!残り300m、ここで1番人気のクライムメジャーが先頭に立つと後続を離して粘り込みを図ります。中からはウィンドライジズ、外からはダンビュライトブレスジャーニーが並走する形で脚を伸ばしてきます。残り200mを通過、内の各馬の脚色が鈍くなるとブレスジャーニーダンビュライトが後続を一気に突き放してマッチレースへ!ゴール前、もうひと伸びを見せたブレスジャーニーが直線一気の豪快な競馬で重賞初勝利を飾りました!1馬身1/4差の2着にダンビュライト、そこから3馬身差の3着にクライムメジャーが入っています。

公認プロ予想家ではスガダイプロ他4名が的中しています。

G2毎日王冠マイネルミラノが逃げて直線コースへ。マイネルミラノのリードは2馬身、これをウインフルブルームロゴタイプが追いかけて、その後ろからはダノンシャークも差を詰めてきます。残り200mを通過、ここでアンビシャスルージュバックの2頭が大外強襲!マイネルミラノら先行勢を一気に捉えると2頭が完全に抜け出しての叩き合い!ゴール前まで続く追い比べを制したのは外ルージュバック!エプソムカップに続いての重賞連勝となりました!クビ差の2着にアンビシャス、そこから3馬身差の3着にヒストリカルが入っています。

公認プロ予想家では覆面ドクター・英プロ他4名が的中しています。

G2京都大賞典ヤマカツライデンが先頭で直線コースへ。ヤマカツライデンのリードは半馬身、2番手にキタサンブラック、直後の内からアドマイヤデウスラブリーデイラストインパクトと追走。残り200m、ヤマカツライデンを捉えて単独先頭に立ったキタサンブラックがリードを広げて逃げ込みを図るところをアドマイヤデウスラブリーデイが渋太く食らいつきます。残り100m、ここでラブリーデイの脚色が鈍くなり、粘るキタサンブラック、追うアドマイヤデウスの2頭の追い比べ!アドマイヤデウスが一完歩ごとに差を詰めますが、クビ差及ばず、キタサンブラックが優勝しました!クビ差の2着にアドマイヤデウス、そこから3/4差の3着にラブリーデイが入っています。

公認プロ予想家では加藤拓プロ他15名が的中しています。

------------------------------------------------------------------------------

☆☆☆注目プロ →佐藤洋一郎プロ
8(土)東京8Rで◎ララパルーザサンタナブルーの3連単2頭軸マルチで勝負!これを見事的中させ、90万1870円を払い戻しました!この他にも9(日)東京6Rで3連単2285倍、10(月)東京1Rで3連単4175倍を仕留めるなど連日高配当を的中させました!週末トータル回収率236%、収支プラス92万7300円の好成績を収めています。

☆☆☆注目プロ →伊吹雅也プロ
勝負レースに指定した9(日)京都11Rで『オパールステークスは前走で上位人気に推されていなかった馬が不振。前走で低評価を覆したばかりの馬は過信禁物と見るべきでしょう。』と狙った◎ジャストドゥイングからの3連複524倍を400円的中させ、20万9680円を払い戻しました!週末トータル回収率249%、収支プラス14万9680円をマークしています。

☆☆☆注目プロ →覆面ドクター・英プロ
9(日)東京11R毎日王冠G2で『この頭数でのびのび走れる東京なら力出せる。54kgも有利。』と本命に推した◎ルージュバックからの3連単617倍を800円的中させ、49万5000円を払い戻し!8(土)東京7Rでは単勝11.7倍の◎シークザフューチャを頭固定させた3連単で22万8550円を払い戻し!週末トータル回収率148%、収支プラス34万8990円をマークしています。

☆☆☆注目プロ →スガダイプロ
先週は8(土)東京11RサウジアラビアRC(◎ブレスジャーニー)、9(日)東京11R毎日王冠(◎ルージュバック)、10(月)京都11R京都大賞典(◎ラブリーデイ)の3重賞を完全的中!
この他にも9(土)京都9Rで◎○▲のパーフェクト予想を披露するなど的中を重ね、週末トータル回収率121%、収支プラス6万2190円をマークしています。

この他にも加藤拓プロ(119%)、霧プロ(114%)、山崎エリカプロサラマッポプロ(107%)、ろいすプロ(107%)が回収率100%超の活躍を収めています。

※全レースの結果速報はこちら

今週もウマニティ競馬プロ予想MAXにご期待ください!

[もっと見る]

2016年10月09日() 14:00 凄馬プロジェクトチーム
第213回『凄馬出馬表分析&馬券検討』〜毎日王冠 G2
閲覧 749ビュー コメント 0 ナイス 5

みなさんこんにちは!

本日は東京11R「毎日王冠 G2」の『凄馬出馬表』を分析したいと思います。

今回も「U指数」だけでなく、U指数のポイントに【調教評価】、【厩舎評価】、【斤量補正】を数値化し加算減算しU指数を補正することで「総合ポイント」を算出しました。
★「U指数」について詳しくはこちらをご覧ください→U指数についてページ

U指数1.0ポイントは約1馬身差にあたるので、これを目安に以下のような重み付けをしました。
【調教評価】は競馬エイトの調教評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「5」・・・「−1.0ポイント」
「6」・・・「±0.0ポイント」
「7」・・・「+1.0ポイント」
「8」・・・「+2.0ポイント」
【厩舎評価】は競馬エイトの厩舎コメントの評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「△」・・・「−1.0ポイント」
「○」・・・「±0.0ポイント」
「◎」・・・「+1.0ポイント」
【斤量補正】は1.0kg=「0.5ポイント」として以下の基準体重との差分に乗算しました。
「牡馬」・・・「57.0kg」
「牝馬」・・・「55.0kg」


上記の補正を行った『凄馬出馬表』(画像)をご覧ください。






第1グループ(橙)は、ロゴタイプ1頭。
第2グループ(黄)は 、ディサイファから1.0ポイント差(約1馬身差)内のダノンシャークアンビシャスクラレントまでの4頭。
第3グループ(薄黄)は、ルージュバックから同差内のステファノスロサギガンティアの3頭となっていて、以下は第4G(灰)となっています。

ロゴタイプが少し2位以下を離し、第2G以下は拮抗した状態というのがこの凄馬出馬表の見立てとなっています。しかし、天気のこともありますし、展開ひとつ、馬場ひとつで下位グループ勢にまで馬券内十分のメンバー構成とみていいのではないでしょうか(さすがにロンギングダンサーは離され過ぎの印象ですが。)

そんな中、今回の私の◎はヒストリカルとします。安心感はまったくないものの^_^;近走と比べれば鞍上強化され、何と言っても少頭数でもマイネルミラノがいることで瞬発力だけが求められるレースにはならなそうなことがこの馬にとっては追い風とみています。同じ東京1800の今年のエプソムカップでも上がり2位の脚を使って2着とは0秒2差の6着。その時から今回1キロ軽くなりますし、当時と同じマイネルミラノが作る流れであれば適性外のレースということはないはず。適度に上がりが掛かりそうなこと、日曜も降雨がありそうで時計勝負にもならなそうなこと等いくつかの条件が噛み合えばチャンスは更に広がるのではないでしょうか。年齢的にも嫌われるのでしょうが、兄弟が8歳になっても活躍していた晩成血統という点を考えれば、むしろ今回なめられていることを妙味と捉えて狙ってみたいと思っています。あとは、人気薄で不気味な鞍上のマジックに託します。
○はステファノス。宝塚記念を中心とした前走2000m以上戦出走馬が毎年馬券に絡む傾向から今年はこの馬に期待。今週もまずまずの内容だったとは思うのですがそれ以上に1週前追い切りから、休み明けの人気馬の中でも最も期待できるとみて対抗評価とします。
▲はロサギガンティア。近走1400m〜1600mにシフトしていっている戦歴から人気しなさそうですが、逆にその経験から今回好位でのレース運びという可能性もありそう。大外枠からでも鞍上の手腕込みで期待したいと思いますし、過去の稍重での戦績を見ても降れば恵みの雨になるとみています。
☆にダノンシャーク。「前走G1・休み明けで今回乗替り」の馬がこのレース(近15年)単複回収率ともに100%超のレースということでこの馬にも穴を期待。
以下、△にディサイファアンビシャスロゴタイプマイネルミラノクラレントルージュバックウインフルブルームと手広く抑えます。
今回の私の馬券は、◎の単複勝負の予定ですが、当コラムでは◎からの3複で勝負としたいと思います。


【3複フォーメーション】
◎=○▲☆(5,7)=印
1=2,5,7,8,12=2,3,5,6,7,8,9,10,11,12(35点)


とまあ、ここまで書きましたがなんだかんだで3連休の重賞で穴狙い出来そうなのはここだけかな、というのが◎ヒストリカルの最大の理由だったりして……。

[もっと見る]

2016年10月07日(金) 20:00 みんなの競馬コラム
【毎日王冠】血統考察 byうまカレ
閲覧 1,090ビュー コメント 0 ナイス 4

学生団体うまカレ副代表の金沢ユウダイです。
先週はスプリンターズSも凱旋門賞も、想像と違う流れに。特に凱旋門賞は、かなりのスタミナ戦で、さすがにあの流れで、渡仏後1か月程度で勝負になる日本馬はいないんじゃないでしょうか(^^;マカヒキには最悪の流れになってしまいました。やはり「レースは生き物」仕方ありません。

今週から秋の東京開催です。天皇賞へ繋がる毎日王冠を考察します。


●いよいよ名血が開花か
ディサイファの母ミズナは、名牝系Soaring系でも、グラスワンダーを輩出したGraceful Touchの分岐で、ミズナの母(ディサイファの母母)Tribulationはグラスワンダーの母Amerifloraの全妹。Tribulation=AmerifloraはDanzig×His Majesty×Raise a Nativeでこれは大種牡馬デインヒルと13/16同血。この強靭なパワーとスタミナは競馬史に影響を与え続けてきた名血に因るものだから非常に遺伝力が強く、ディサイファグラスワンダーレッドレイヴン(母母Ameriflora)もアドマイヤタイシも時計の掛かる馬場は得意だ。ディサイファの中山での4角で地面を掻き込むような走りは、グラスワンダーを彷彿とさせるものがある
さらに特筆すべきは、ミズナは、そのTribulationに、1世代しか産駒を残せなかった悲運の名馬、存命であれば種牡馬として成功を収めていたであろうDubai Millenniumを配されて産まれたということだ。Dubai Millenniumの偉大さは、昨今の欧州でのDubawi産駒の活躍ぶりからも明らかである。Dubai Millennium×Tribulationは、Northern Dancer4×3、Swaps5×5となり、そこに日本の至宝ディープインパクトを配されたディサイファは、Northern Dancer5×5・4と継続し父父サンデーサイレンスだけを1/4非Northern Dancerとした配合系になる。さらに母系に入るSwapsと、His Majesty=Graustarkを産んだ名繁殖Flower Bowlは、ディープインパクトの最もスタミナ・底力に優れた名血であるBurghclereを増幅することになっているというのも素晴らしい。
こういうパワーやスタミナというものは、時間とともに発現していくもので、札幌記念を制した昨年からの充実振りに加え、この中間は小島良太調教助手が「一昨年、昨年と比べても全然違う。これまでで一番かも」というコメントを出しているのも、まさにこの血統らしい成長を表しているといえよう。今年は、皐月賞ディーマジェスティ宝塚記念マリアライトと、ディープ産駒らしからぬパワーを誇る馬がGIを制した。ディサイファはまだGI未勝利であるが、TribulationにDubai Millennium、ディープインパクトと配されたこの超良血馬は必ず血を繋がなくてはならないし、ディーマジェスティのようにマリアライトのようにパワーで、グラスワンダーのように有馬記念を捲ってアッと言わせるのではないかとこの秋期待している1頭。安田記念でも、ラスト100mで外からダノンシャークに来られてから伸びてきたし、内枠も歓迎。

●成長力◎、間違いない大物
アンビシャスは、母父がエルコンドルパサー、母母カルニオラは1990年の凱旋門賞を制したSaumarezと3/4同血(父Rainbow Questと母母Fiesta Funが共通)で、母カーニバルソングはHyperion8・8・7・8・7×9・7・8・5、Hyperionは成長力やスタミナもあるが、パワーも豊富な硬派な血である。これだけHyperionが濃ければ、本来硬さやズブさが出てもおかしくないのに、これだけ美しく切れ味ある走りをするのは、(メジャーエンブレムダイワメジャー×オペラハウスという字面以上に、ルージュバックが母父Awesome Againとは思えない美しいフットワークで走るのと同じように)名馬Blushing Groomの良さが出ているといえる。こういう「字面の血統から逸脱したものが発現している」というのは大物に多くみられることである。
アンビシャス自身は、周りに馬がいると掛かるタイプで、一般的な「馬群の後ろで我慢させる」という折り合いの付け方よりは、馬群の外、もしくは、隊列が縦長になった時の方が折り合いはつきやすいだろう。昨年の毎日王冠は出遅れて6着だったが、右回り大得意のドゥラメンテに右回りで肉薄した中山記念の内容から、1年経って相当に成長しているはずで、今ならば大外を回しても届いてしまいそうなイメージがある。デムーロ騎手よりは、ルメール騎手の方が合っているタイプでもあろう。

●パワーが発現、昨年以上
ステファノスは、好相性のディープ×クロフネで、ディープ×Storm Catの3歳時にみられるようなSir Gaylord≒Secretariat6×5的な緩さが抜け、サトノアラジンラキシスのようなパワーの発現をしてきた。藤原厩舎らしく叩いて良くなるタイプだが、開幕週で外目を回った鳴尾記念、5着だった宝塚記念の内容から地力は相当で、56キロならやはり逆らえない。

●完全復調、ここでも
ルージュバックはHalo≒Boldnesian≒Red God3・5×5・5や、Promised Land5×5といった柔らかさを引き出す仕掛けと、Deputy Ministerのパワーが絶妙に発現した馬。エプソムカップも強かったが、時計勝負に対応して5着だったヴィクトリアマイルも地力の成せる業で完全に復調なったとみて良いだろう。これならこのメンバーでも好走できそうだ。

●兄らしい走法、成長曲線で鞍上魅力
大穴で注目したいのはヒストリカル。半兄カンパニーらしいピッチ走法で、昨春の大阪城Sから明らかに本格化。近走は位置取りの関係で惜しい競馬が続いているが、今回は兄をGI馬へと導いた横山典弘騎手が騎乗。この枠ならワイドを拾っておきたい。

●本質は小回り向き
ロゴタイプは、Haloらしい馬だから、スローで逃げて小回り質なレースにした安田記念は完全にハマッた。マイネルミラノがいる今回は厳しい競馬になりそうだ。来年の大阪杯を待ちたい。

●京都・中山外回りがベスト?
 ウインフルブルームは、Nijinsky≒ノーザンテースト4×3のパワーとサクラユタカオーの柔らかさのバランスが良く、突き詰めればPrincely Giftとノーザンテーストだからステイゴールド的な配合。父スペシャルウィーク譲りの胴長体型でもあるので、小回りでコーナリングを求められることはプラスともいえず、かつPrincely Giftが入るので下り坂のある京都外回りや、中山外回りが合っている、クリールカイザー的なイメージがある。今回はマイネルミラノという同系馬主がいて、競馬がし易そうで無視できないが、出走できるならばマイルCSで▲を打ってみたいような馬だ。


-----

京都大賞典も簡単に。
●京都ベストのキタサンvsサウンズオブアース
キタサンブラックは改めて書くまでもないが、母の軟質なスピードで先行し、ブラックタイド的Burghclere的な粘着力で粘るタイプで、カレンミロティックを差し返した天皇賞(春)、ハイペースを粘りに粘った宝塚記念の内容から地力は相当。下り坂での加速が巧いタイプだから、京都はベストコースといえる。
昨年の覇者ラブリーデイは、Ribotの影響で肩の立った猛烈なピッチ走法だから、昨年はスローペースで究極の瞬発力勝負になったことが勝因。今年はヤマカツライデンキタサンブラックがいるから、昨年以上のスローは見込めないし、何度も言うようにパワーというのは時間とともに発現してくるものだから、苦手な道悪での香港QE鏡C、宝塚記念での走りを見ても、よりパワーが付いたように思えるし、昨年よりも距離不安がある。
ラストインパクトは、キズナゼーヴィントらが出るディープ×Pacific Princess牝系で体質はさすが柔らかいが、母父ティンバーカントリーの影響で前脚が伸びきらない走りをするから、外回り向きの体質と内回り向きの走法を併せ持っているといえ、なかなかGIで勝ち負けするまでいけない。
アドマイヤデウスはHyperionらしい硬めの体質だから、GI級の相手で好走するには急坂有りのコースや、道悪といった助けが必要で、こちらも京都では食指が動かない。
ならばやはりコース、ペースを問わず好走できる万能型のサウンズオブアースが鞍上も含めて相手筆頭ということになりそうだ。


-----


【参考】

『日本サラブレッド配合史―日本百名馬と世界の名血の探究』(笠雄二郎著)
望田潤さんのブログ http://blog.goo.ne.jp/nas-quillo
栗山求さんの連載「血統SQUARE」http://www.miesque.com/motomu/works.html
『覚えておきたい 日本の牝系100』(平出貴昭著)

【うまカレBlog】http://umacollege.blog.fc2.com
【Twitter】https://twitter.com/umacolle
【Facebook】https://ja-jp.facebook.com/umacolle

金沢ユウダイ
【Twitter】https://twitter.com/derby6_1
【ブログ】http://derby6-1.hatenablog.com/

執筆者:うまカレ(MYコロシアム>最新予想にリンク)

------------------------------------------------
あなたも「みんなの競馬コラム」コーナーでコラムニストデビューしてみませんか!
>>応募方法など詳しくはこちら<<
------------------------------------------------

[もっと見る]

2016年10月02日() 15:00 伊吹雅也
【伊吹雅也のピックアップ競馬データ2016年10月2日号】特選重賞データ分析編(15)〜2016毎日王冠〜
閲覧 1,842ビュー コメント 0 ナイス 3

次週の注目重賞を、伊吹雅也プロが様々なデータを駆使していち早く分析!<ピックアップデータ>をはじめ、<追い風データ/向かい風データ>、<注目馬チェック>など貴重な情報満載のウマニティ会員専用コラムを是非あなたの予想にお役立て下さい。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


<次週の特選重賞>

G2毎日王冠 2016年10月9日(日)東京競馬場/芝/1800m


<ピックアップデータ>

【“前年か同年、かつJRA、かつ左回りの重賞かオープン特別”における優勝経験の有無別成績(2011年以降)】
○あり [5-3-3-19](複勝率36.7%)
×なし [0-2-2-32](複勝率11.1%)

 好走馬の大半は、前年か同年に新潟、東京、中京の重賞やオープン特別を制していた馬。なお、“前年か同年、かつJRA、かつ左回りの重賞かオープン特別”で連対経験すらなかった馬は2011年以降[0-0-1-23](複勝率4.2%)とさらに苦戦しています。コース適性が高そうな実績馬を素直に重視したいところです。

主な「○」該当馬→リアルスティールルージュバックロゴタイプ
主な「×」該当馬→ウインフルブルームクラレントダノンシャーク


<他にも気になる! 追い風データ/向かい風データ>

[もっと見る]

⇒もっと見る

ウインフルブルームの口コミ


口コミ一覧
閲覧 141ビュー コメント 0 ナイス 10

ドバイターフ優勝馬リアルスティールの回避で混沌とした今年の毎日王冠は、
エプソムCを上がり32秒8のキレキレの鬼脚で差し切り、
3歳時のきさらぎ賞以来1年4ヶ月ぶりに勝ったルージュバックが前日オッズでは1番人気になっています。

--------------------

1番人気【3・2・1】
2番人気【1・2・0】
3番人気【1・0・0】

6〜10番人気以下【3・4・6】
-----------------------------

1番人気は60%が馬券になっていますが、
3番人気はわずか1勝のみで勝ったのはG1・5勝馬になる種牡馬ダイワメジャーだけです。

※それなら、6〜10番人気以下は絶対オサエるべきでしょう。
(オサエる馬は後述します)

※優勝馬は10頭中、8頭が休み明けです。

レベルの高かったG2大阪杯で菊花賞&天皇賞春馬キタサンブラック、
ジャパンカップ馬ショウナンパンドラ、皐月賞馬イスラボニータ、
オークス馬ヌーヴォレコルトなど並み居る強豪G1馬を撃破したアンビシャス。

香港クィーンエリザベス2世Cと天皇賞秋で2着のステファノスは宝塚記念も5着です。

G1・3勝目の安田記念で昨年の年度代表馬モーリスを破ったロゴタイプも人気を集めるでしょうし、
レース直前まで1番人気が読めない難解なレースです。

さらに先の天皇賞秋、ジャパンカップ、有馬記念を見据えた休み明けのG1クラス馬と
夏ローカルでの上がり馬の対決という比較も難しさに輪をかけています。

直近の過去5年では、エプソムCの11年1着馬ダークシャドウと昨年1着馬のエイシンヒカリが優勝し、
夏ローカルの札幌記念、新潟記念、関屋記念好走馬も5年連続で馬券になっています。

2歳時に牡馬相手の百日草特別での勝ちっぷりにアンカツ師匠は『並じゃない、バケモノかも』と発言し、
実際にきさらぎ賞を勝ち無敗の3連勝で桜花賞を1番人気で迎えましたが結果は4角15番手で鬼脚不発の9着惨敗。
続くオークスも1番人気に指示されましたが、ミッキークィーンに差し切られ屈辱の2着惜敗。

ルージュバックはアンカツ師匠のお墨付きはありますが、
母ジンジャーパンチは非根幹距離のBCディスタフ(ダ1800m)など米G1・6勝馬。
父マンカフェは非根幹距離の菊花賞&有馬記念馬。

しかも前走1年4ヶ月ぶりに勝ったエプソムCも含め全4勝の内3勝が1800mです。
血統的裏付けと競走能力は高いのですが、
マイル、2000mでは好走出来ても勝てない『非根幹距離馬』なのではないでしょうか。

その意味でも根幹距離の天皇賞秋、ジャパンカップより1800mのココがメイチの勝負かもしれません。
しかしながら牝馬は【0・3・0・0】(過去10年)

馬券になったダンスインザムード、ウオッカ(2回)ともにG1・2勝以上の実績がありました。

血統と能力は折り紙つきですがG1未勝利で、実績はオークス2着のみのルージュバック。
適性バッチリの1800mで3着以内になら入れるでしょうか?

また毎日王冠はリピーターのレースでもあり、ウオッカ、ジャスタウェイが2度2着に来ています。
今年のリピーター候補は13年3着クラレント、昨年2着ディサイファです。

休み明けのG1馬(G1レベル馬)、夏ローカルの上がり馬、リピーターは来るのか?

そして非根幹距離で覚醒したG1未勝利馬ルージュバックは牝馬【0・3・0・0】(※全てG1馬)のデータを覆せるのか?


※逃げ粘りの可能性もアリなのでマイネルミラノ、ウインフルブルームもオサエで。

-----------------------

◎9ロゴタイプ
○ディサイファ
▲10ルージュバック
注2ステファノス
爆ダノンシャーク
△6マイネルミラノ
△3クラレント



【前回までの記録】

【ブッチNEWS】連載コラム参照してください。

--------------------------------------------------------------------
【2016年8月7日までトータル +38万2,630円 回収率132%】
---------------------------------------------------------------------

http://u0u0.net/ySCp

 ムトゥー 2016年10月09日() 00:05
毎日王冠予想!
閲覧 59ビュー コメント 0 ナイス 1

秋に向けて色々な路線で活躍が期待されそうな好メンバーが揃った。

但し本番は未だ先で勝負気配も不透明な為、休み明けの馬に本命を打ち辛く

本命◎ウインフルブルームに打つ。元々はG議日杯・皐月賞3着や京都金杯制覇など

輝かしい成績を持ち合わせていたが1年半の休養を余儀なくされてしまうが、

秘めるポテンシャルは相当高く休み明け後、´着としっかりと結果を残した。

前走は1番人気に押されマークされる形で負けはしたものの悲観する内容では無く、

逆に千八にこだわったローテーションに魅力を感じる。

展開的にもマイネルミラノが逃げる2番手を早目追走の展開も好感がもて、

復活の狼煙をあげG祇鐇に再度殴り込みも充分考えられる。

他の馬の印、他レースの予想はブログをご覧ください!

http://kyuukyokunokeibayosou.net/

[もっと見る]

 ヒーロー 2016年10月07日(金) 23:25
ヒーローのメインレース競馬予想 
閲覧 142ビュー コメント 0 ナイス 15

東京11R
サウジアラビアロイヤルカップ
´↓Ν
3連単(^O^)3連複(^O^)馬連BOX



京都11R
平城京ステークス
キЛ┃
3連単(^O^)3連複(^O^)馬連BOX




東京11R
毎日王冠
↓Л┃
3連単(^O^)3連複(^O^)馬連BOX



京都11R
オパールステークス
↓キ
3連単(^O^)3連複(^O^)馬連BOX



京都11R
京都大賞典
´きΝ┃
3連単(^O^)3連複(^O^)馬連BOX

[もっと見る]

ウインフルブルームの掲示板

コメント投稿
コメント一覧
6:
  内田の予想   フォロワー:7人 2014年5月30日(金) 13:50:28
左肩ハ行により出走取り消し。
サニーブライアンもそろそろと思っただけに残念。

17頭ダービー。白百合組から1頭引っこ抜いて出走は無理かな。
5:
  たけぼう54   フォロワー:0人 2014年1月12日() 23:21:34
フルブルーム=花が咲き誇る特別な1週間(父母名より連想)だって。名前もいいなぁ。
4:
  ヨッシー   フォロワー:3人 2014年1月12日() 15:57:16
この馬強い!

⇒もっと見る

ウインフルブルームの写真

ウインフルブルーム
ウインフルブルーム

ウインフルブルームの厩舎情報 VIP

2016年10月9日毎日王冠 G27着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

ウインフルブルームの取材メモ VIP

2016年10月9日 毎日王冠 G2 7着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。