ウインフルブルーム(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
ウインフルブルーム
ウインフルブルーム
写真一覧
現役 牡6 栗毛 2011年3月25日生
調教師宮本博(栗東)
馬主株式会社 ウイン
生産者ビッグレッドファーム
生産地新冠町
戦績16戦[5-4-2-5]
総賞金18,921万円
収得賞金3,625万円
英字表記Win Full Bloom
血統 スペシャルウィーク
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
キャンペンガール
ハナノメガミ
血統 ][ 産駒 ]
サクラユタカオー
ダイナソシエ
兄弟 コーナーストーンマイネルオリンポス
前走 2017/10/09 MCS南部杯 G1
次走予定

ウインフルブルームの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
17/10/09 盛岡 11 MCS南部杯 G1 ダ1600 16--------11** 牡6 57.0 村上忍宮本博525(--)1.38.3 3.4----コパノリッキー
17/09/10 中山 11 京成杯AH G3 芝1600 164726.11013** 牡6 57.0 松岡正海宮本博518(+4)1.33.1 1.535.9グランシルク
16/10/09 東京 11 毎日王冠 G2 芝1800 1281110.667** 牡5 56.0 柴田大知宮本博514(-12)1.47.6 1.035.2ルージュバック
16/08/28 小倉 11 小倉日経OP OP 芝1800 9891.612** 牡5 57.0 和田竜二宮本博526(+8)1.50.0 0.037.3テイエムイナズマ
16/07/24 福島 11 福島TVOP OP 芝1800 9774.121** 牡5 56.0 柴田大知宮本博518(+2)1.47.3 -0.235.9ココロノアイ
15/01/04 京都 11 スポ京都金杯 G3 芝1600 18247.151** 牡4 55.0 池添謙一宮本博516(-2)1.32.8 -0.034.0エキストラエンド
14/12/13 阪神 11 チャレンジC G3 芝1800 1271012.848** 牡3 55.0 国分恭介宮本博518(+12)1.46.8 0.936.1トーセンスターダム
14/11/02 京都 11 カシオペアS OP 芝1800 15473.011** 牡3 54.0 池添謙一宮本博506(+18)1.47.4 -0.134.1アズマシャトル
14/09/28 阪神 11 神戸新聞杯 G2 芝2400 162317.5413** 牡3 56.0 柴田大知宮本博488(0)2.27.0 2.637.9ワンアンドオンリー
14/06/01 東京 10 東京優駿 G1 芝2400 1847----** 牡3 57.0 柴田大知宮本博---- ------ワンアンドオンリー
14/04/20 中山 11 皐月賞 G1 芝2000 1881824.983** 牡3 57.0 柴田大知宮本博488(-2)1.59.9 0.335.6イスラボニータ
14/03/22 阪神 11 若葉S OP 芝2000 128121.812** 牡3 56.0 柴田大知宮本博490(-4)2.01.6 0.235.9アドマイヤデウス
14/01/12 京都 11 シンザン記念 G3 芝1600 13114.922** 牡3 56.0 和田竜二宮本博494(+4)1.33.9 0.134.0ミッキーアイル
13/12/15 中山 11 朝日杯FS G1 芝1600 1671412.153** 牡2 55.0 和田竜二宮本博490(-4)1.34.9 0.235.8アジアエクスプレス
13/11/30 阪神 10 千両賞 500万下 芝1600 12334.921** 牡2 55.0 和田竜二宮本博494(+2)1.33.9 -0.534.2アズマシャトル
13/09/14 阪神 9 野路菊S OP 芝1800 9442.512** 牡2 54.0 和田竜二宮本博492(+6)1.46.6 0.033.8サンダラス
13/08/18 小倉 5 2歳新馬 芝1800 14453.311** 牡2 54.0 柴田大知宮本博486(--)1.49.4 -0.636.8ルファルシオン

ウインフルブルームの関連ニュース

 10月9日(祝・月)の盛岡競馬11Rで行われた第30回マイルチャンピオンシップ南部杯(交流GI、3歳以上オープン、選定馬、定量、ダート・左1600メートル、16頭立て、1着賞金=4500万円)は、田辺裕信騎手騎乗のコパノリッキー(牡7歳、栗東・村山明厩舎)が1番人気に応えて完勝し、連覇を達成した。JRA・GIのフェブラリーSの2勝を含めて、GIは通算10勝目で、ホッコータルマエの史上最多記録に並んだ。タイムは1分34秒9(稍重)。



 レースはノボバカラが逃げ、ウインフルブルームコパノリッキーベストウォーリアなどが先行集団を形成。キングズガードも5番手まで押し上げていった。直線に入ると、コパノリッキーノボバカラ(7番人気)をかわして先頭に立ち、4馬身差をつけてゴールを駆け抜けた。キングズガード(5番人気)がさらにクビ差の3着。カフジテイク(3番人気)が4着で、出遅れて最後方を追走したゴールドドリーム(2番人気)は追い上げたものの5着が精いっぱいだった。6着のベストウォーリア(4番人気)まで、上位はすべてJRA勢。



 コパノリッキーは、父ゴールドアリュール、母コパノニキータ、母の父ティンバーカントリーという血統。北海道日高町・ヤナガワ牧場の生産馬で、Dr.コパこと小林祥晃氏の所有馬。通算成績は30戦15勝(うち地方15戦9勝)。重賞は2013年兵庫CS・交流GII、14年フェブラリーS・GI、かしわ記念・交流GI、JBCクラシック・交流GI、15年東海S・GII、フェブラリーS・GI、JBCクラシック・交流GI、16年かしわ記念・交流GI、帝王賞・交流GI、マイルCS南部杯・交流GI、17年かしわ記念・交流GIに次ぐ12勝目。マイルCS南部杯は村山明調教師、田辺裕信騎手ともに16年コパノリッキーに次ぐ2勝目。



 ◆田辺裕信騎手「(連覇達成は)たいした馬ですね。スタートを上手に出られたので、欲しい位置(3番手)を取れました。十分に脚をためていたので、(直線では)もう止まらないないだろうなと思いましたね。自信を持って乗れました」



★9日盛岡11R「マイルCS南部杯」の着順&払戻金はこちら

【MCS南部杯】JRA出走予定馬が決定2017年10月5日(木) 20:49

 10月9日(祝・月)に盛岡競馬場で行われるマイルチャンピオンシップ南部杯のJRA所属の出走予定馬および騎乗予定騎手が決定した。

 「第30回マイルチャンピオンシップ南部杯」(盛岡競馬場、交流GI、3歳以上オープン、定量、ダート・左1600メートル)

【JRA所属の出走予定馬】7頭ウインフルブルーム(牡6歳、栗東・宮本博厩舎、村上忍騎手=岩手)カフジテイク(牡5歳、栗東・湯窪幸雄厩舎、福永祐一騎手)キングズガード(牡6歳、栗東・寺島良厩舎、中野省吾騎手=船橋)コパノリッキー(牡7歳、栗東・村山明厩舎、田辺裕信騎手)ゴールドドリーム(牡4歳、栗東・平田修厩舎、川田将雅騎手)ノボバカラ(牡5歳、美浦・天間昭一厩舎、吉原寛人騎手=金沢)ベストウォーリア(牡7歳、栗東・石坂正厩舎、戸崎圭太騎手)

[もっと見る]

【MCS南部杯】JRA出走予定馬が発表2017年9月24日() 17:21

 10月9日(祝・月)に盛岡競馬場で行われるマイルチャンピオンシップ南部杯のJRA所属の出走予定馬および補欠馬が9月24日、発表された。



 「第30回マイルチャンピオンシップ南部杯」(盛岡競馬場、交流GI、3歳以上オープン、定量、ダート・左1600メートル)



【JRA所属の出走予定馬】7頭アポロケンタッキー(牡5歳、栗東・山内研二厩舎、騎手未定)カフジテイク(牡5歳、栗東・湯窪幸雄厩舎、福永祐一騎手)キングズガード(牡6歳、栗東・寺島良厩舎、騎手未定)コパノリッキー(牡7歳、栗東・村山明厩舎、田辺裕信騎手)ゴールドドリーム(牡4歳、栗東・平田修厩舎、川田将雅騎手)ベストウォーリア(牡7歳、栗東・石坂正厩舎、騎手未定)モーニン(牡5歳、栗東・石坂正厩舎、騎手未定)



【JRA所属の補欠馬】5頭(補欠順位順)1.ノボバカラ2.キタサンサジン3.ウインフルブルーム4.サウンドスカイ5.チャーリーブレイヴ

[もっと見る]

【古馬次走報】サクラアンプルール、天皇賞・秋へ2017年9月21日(木) 05:01

 ★ラジオ日本賞4着コスモカナディアン(美・金成、牡4)は、ひと息入れて福島民友C(11月19日、福島、OP、ダ1700メートル)参戦などを視野に。僚馬で札幌記念勝ちのサクラアンプルール(牡6)は、予定どおり天皇賞・秋(10月29日、東京、GI、芝2000メートル)に直行する。

 ★京成杯AH4着マルターズアポジー(美・堀井、牡5)は、マイルCS(11月19日、京都、GI、芝1600メートル)へ直行が濃厚だ。

 ★ローズS14着カラクレナイ(栗・松下、牝3)は、スワンS(10月28日、京都、GII、芝1400メートル)へ。

 ★ラジオ日本賞2着カゼノコ(栗・野中、牡6)は、みやこS(11月5日、京都、GIII、ダ1800メートル)へ。9着タムロミラクル(栗・西園、牡5)は、白山大賞典(10月3日、金沢、交流GIII、ダ2100メートル)が目標だが、除外になれば、みやこSへ。10着モズライジン(栗・矢作、牡5)は、ブラジルC(10月22日、東京、OP、ダ2100メートル)へ。同レースには、目黒記念17着のあと休養しているラニ(栗・松永幹、牡4)も参戦する。

 ★小倉の釜山Sを制したあと小休止しているナムラアラシ(栗・目野、牡4)は、松山騎手との新コンビで白山大賞典に向かう。

 ★オークランドRCTを勝ってオープン入りしたドラゴンバローズ(栗・渡辺、牡5)は、シリウスS(30日、阪神、GIII、ダ2000メートル)で重賞に初挑戦する。

 ★スプリンターズSに登録している西浦厩舎のフミノムーン(牡5)、ティーハーフ(牡7)は、除外になればオパールS(10月8日、京都、OP、芝1200メートル)へ。

 ★小倉記念8着ストロングタイタン(栗・池江、牡4)は、オクトーバーS(10月15日、東京、OP、芝2000メートル)で始動。七夕賞4着スズカデヴィアス(栗・橋田、牡6)も北村宏騎手との新コンビで向かう。

 ★ブリーダーズゴールドCを勝ったマイティティー(栗・本田、牝5)は、レディスプレリュード(10月5日、大井、交流GII、ダ1800メートル)で交流重賞連勝を狙う。

 ★京成杯AH13着ウインフルブルーム(栗・宮本、牡6)は、南部杯(10月9日、盛岡、交流GI、ダ1600メートル)でダートに初挑戦する。

[もっと見る]

【京成杯AH】レースを終えて…関係者談話2017年9月11日(月) 05:02

 ◆田辺騎手(グランシルク1着) 「いつも追い出してモタモタする印象だったから、早めに追い出したけど、いい脚でした。関東のマイルの最前線で頑張ってほしい」

 ◆北村宏騎手(ガリバルディ2着) 「跳びが大きい馬ですし、ストライドを崩さないように進めた。勝ち馬に先に動かれたが、それについていって伸びてくれた」

 ◆松若騎手(ダノンリバティ3着) 「もう少し前に行きたかったが、テンが速かったので中団から。最後もしぶとく反応しています」

 ◆武士沢騎手(マルターズアポジー4着) 「58キロを背負っていたので、スタートダッシュが重く感じた。最後まで頑張っているんだが…」

 ◆三浦騎手(トーセンデューク5着) 「もう少しペースは遅い方がよかった」

 ◆松田騎手(アスカビレン6着) 「最後は伸びていました」

 ◆津村騎手(ダイワリベラル7着) 「直線でゴチャゴチャしなければ、もう少し伸びたと思うが…」

 ◆杉原騎手(ロサギガンティア8着) 「直線でゴチャついた」

 ◆内田騎手(ミッキージョイ9着) 「久々だったしね。使って変わってくればいい」

 ◆坂井騎手(オールザゴー10着) 「直線で行き場をなくした」

 ◆松山騎手(ボンセルヴィーソ11着) 「展開があまり向かなかった」

 ◆吉田隼騎手(ブラックスピネル12着) 「ロスなく運べたので、もう少し伸びてほしかった」

 ◆松岡騎手(ウインフルブルーム13着) 「自分のペースで行っていれば違っていたかも」

 ◆柴田大騎手(マイネルアウラート15着) 「暑い時期がよくないのかも」



★10日中山11R「京成杯AH」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【京成杯AH】マルターズアポジー夏のマイル王へ2017年9月9日() 11:49

 “ノー残暑”でデキはV字回復。マルターズアポジーが’17夏のマイル王に輝く。

 7番人気の低評価をあざ笑うかのように、見事に逃げ切った関屋記念。「有馬記念(2500メートル)から短くした小倉大賞典(1800メートル)が強かった。だから七夕賞(2000メートル)からマイルへ距離を縮めるのはいいと思ったんだ」と、堀井調教師もしてやったりの逃走劇だった。

 しかし、会心Vの代償は小さくなく、今まで以上に疲れが出たという。ところが、そこに追い風が吹く。例年のような猛暑なら、短期決戦のシリーズにおいて致命的とも思えるダメージだったのが、気温が上がらない日々が続きどんどん状態を取り戻していった。

 「確かに反動はあったけど、あのころから気候が涼しくなったでしょ。その分、いい感じに回復してくれた」と米良助手が振り返るように、520キロ超の巨漢には“冷夏”が最高の贈り物になった。

 6日のWコースは6F80秒9の好タイムで快走。前走以上とも思える動きを見せて、「スタッフがうまく調整してくれたんでしょうね。乗った感じはいつものいいときのこの馬ですよ」と、主戦の武士沢騎手も太鼓判を押した。

 ならば、ここも力を信じて逃げるのみ。枠も申し分ない。トリッキーとされる中山1マイルで、各陣営が所望する内めの(5)番枠をあっさりゲットできたのだ。内めからコースロスなく回れるうえに、やや目障りな存在だったウインフルブルーム(シリーズ首位のウインガニオンと同馬主)の内側にも入れた。難なく主導権を奪える態勢といっていいだろう。

 2勝の実績もある中山で勝つべくして勝つ。孤高の逃亡者がトップハンデ58キロもスピード&パワーで克服し、サマーマイル単独王者の座を射止める。

 “究極の3連単”はマルターズを1着に固定。同様に文句なしの好枠(6)番を引き当てた◯グランシルクを2、3着に据えた12点で勝負。(夕刊フジ)

京成杯AHの枠順はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

⇒もっと見る

ウインフルブルームの関連コラム

閲覧 730ビュー コメント 0 ナイス 10



先週は、9(土)に中山競馬場でG3紫苑Sが、10(日)に阪神競馬場でG2セントウルS、中山競馬場でG3京成杯AHがそれぞれ行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
G3紫苑Sは、ミッシングリンクがハナを奪ってゆったりとしたペースで向う正面へ。1番人気ディアドラ、2番人気ルヴォワールは揃って中団後方を追走して先頭までは7〜8馬身ほど。3コーナーを迎え各馬鞍上の手が動き出し、後方各馬は外を回すようにして進出を開始し、人気の2頭もこの一角。迎えた直線で中団から進めた6番人気カリビアンゴールドが早めに抜け出しを図ると、これを追って迫ったのはポールヴァンドルと大外を回したディアドラの2頭でした。ゴール前、この3頭が横一線となる中、最後は1番人気ディアドラが外からねじ伏せるように差し切って重賞初V。ハナ差の2着にはカリビアンゴールドが入り、そこからハナ差の3着に4番人気ポールヴァンドルと続き、この3頭が秋華賞への優先出走権を手に入れています。 
公認プロ予想家では夢月プロきいいろプロイータン育成プロほか計16名が的中しています。
 
G2セントウルSは、ファインニードルを外から交わしてフィドゥーシアが先頭に立って3コーナーへ。外から、ラヴァーズポイントアルティマブラッドといった先行馬が直線入り口で仕掛け始めると、インの3番手で脚を溜めていた1番人気ファインニードルは、フィドゥーシアの外に進路を選択して満を持して追い出しを開始。直線半ばを過ぎてファインニードルが一歩抜け出し、後続からはインを突いてラインミーティア、外を通ってはダンスディレクターあたりが伸びてきますが、1馬身1/4差をつけてファインニードルがこれを制して重賞初制覇。2着には6番人気ラインミーティア、そこからクビ差の3着には4番人気のダンスディレクターが入っています。
 公認プロ予想家では、おかべプロ河内一秀プロほか計5名が的中しています。
 
G3京成杯AHは、58キロのトップハンデを背負った2番人気マルターズアポジーがここも果敢に逃げる一方、1番人気グランシルクは好発を決めるもなだめて徐々に中団に下げ、3コーナーへ。依然、マルターズアポジーのリードは1馬身ほど。好位勢からボンセルヴィーソウインフルブルームロサギガンティアあたりが進出を開始すると、その直後から外を回してダノンリバティとここにグランシルクの態勢で直線を迎えます。前を行くマルターズアポジーに、力強い末脚で一完歩ごとに詰め寄るグランシルク。結局、残り100mで完全に交わし去ったグランシルクが人気に応えて重賞初勝利をあげています。1馬身3/4馬身差の2着には後方からグランシルクの後を伸びた11番人気ガリバルディが入り、そこからクビ差の3着には6番人気ダノンリバティが入っています。
 公認プロ予想家では、サウスプロほか計6名が的中しています。
 
 
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 
☆☆☆注目プロ →馬券生活プロ
9(土)阪神1Rで、単勝251.4倍◎ブルベアジネンジョの単勝1点勝負でいきなりの125万7000円払戻し!他にも、阪神12Rで◎マイネルアトゥーの単勝22.3倍など的中をみせた先週は、週末トータル回収率658%、収支117万880円プラスのトップ成績をマークしています!
 
☆☆☆注目プロ →山崎エリカプロ
10(日)の中山9Rで◎パルティトゥーラ−○コートシャルマンの本線的中を披露し、14万9600円払戻しのスマッシュヒット!他にも、9(土)阪神12R、10(日)中山10Rなど、高的中率で終えた先週は、週末トータル回収率293%、収支19万3650円プラスを記録しています。
 
☆☆☆注目プロ →ジ ョ アプロ
9(土)中山12Rで3連単11万7200円払戻しのスマッシュヒットを記録!
 
☆☆☆注目プロ →イータン育成プロ
9(土)は勝負レース指定のG3紫苑Sでの○▲◎的中を含め、4戦4勝の好調予想を披露。週末トータルでは、回収率152%を達成しています。
 
 
この他にも、岡村信将プロ(108%)、加藤拓プロ(105%)、河内一秀プロ(102%)、夢月プロ(100%)らが週末トータル回収率100%超の活躍を見せています。
 
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 
※全レースの結果情報はこちら


今週も競馬予想の達人・ウマニティ公認プロ予想家陣の予想にご注目下さい。


登録済みの方はこちらからログイン

2017年4月11日(火) 15:00 【ウマニティ】
【U指数的分析】皐月賞
閲覧 4,084ビュー コメント 0 ナイス 4

皐月賞

過去5年間の傾向から、U指数的"買い"データをお届するU指数分析コラム。

今週の対象レースは皐月賞です。では早速参りましょう!

○U指数についてもっと詳しく知りたい!という方はこちらをどうぞ

<ポイント 
・低指数馬の一発はたまにあるが、上位勢が全滅ということはない。毎年必ず指数93以上の馬が馬券に絡んでいる→指数93未満の馬同士の組み合わせは期待薄。

<ポイント◆
・指数1〜4位から2頭、5位以下から1頭という組み合わせで決まることが多い。また、過去5年中3回で4番人気以内の3頭が馬券圏内を占めているように、人気馬が強いレース→8番人気の低評価ながら指数2位で3着に好走した14年のウインフルブルームのような、隠れた実力馬から上位人気に流す馬券を推奨。

<ポイント>
・指数上位が安定+超大穴の台頭はなし(過去5年はすべて8番人気以内で決着)という傾向を踏まえ、指数1位+指数2〜4位+1〜8人気という3連複フォーメーションを購入すると回収率111.6%。


皐月賞の予想U指数はこちら⇒(皐月賞重賞特集ページ)で無料会員向けに出走馬全頭のU指数を無料公開中!
会員登録(無料)でご覧いただけますので、会員登録がまだの方は是非ご登録のうえご覧になってください!
次回更新は天皇賞(春)となります。

--------------------------------------------------------------------------------
U指数に関する、『シミュレート結果』『予想U指数と結果U指数』『馬齢・クラス別考察』などの詳細情報はこちらのページでご紹介しています⇒『U指数について』ページ
--------------------------------------------------------------------------------

[もっと見る]

2017年4月9日() 15:00 伊吹雅也
【伊吹雅也のピックアップ競馬データ2017年04月09日号】特選重賞データ分析編(42)〜2017年皐月賞〜
閲覧 3,102ビュー コメント 0 ナイス 8

次週の注目重賞を、伊吹雅也プロが様々なデータを駆使していち早く分析! もっとも重要と思われる<ピックアップデータ>に加え、<追い風データ/向かい風データ>や<注目馬チェック>など、貴重な情報が満載なウマニティ会員専用コラムとなっております。ぜひ皆様の予想にお役立て下さい。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


<次週の特選重賞>

G1 皐月賞 2017年04月16日(日) 中山芝2000m内


<ピックアップデータ>

【“JRA、かつ1800m以上の重賞”における連対経験の有無別成績(2012年以降)】
○あり [5-5-4-32](複勝率30.4%)
×なし [0-0-1-40](複勝率2.4%)

 2012年以降の3着以内馬15頭中、2014年3着のウインフルブルームを除く14頭は、“JRA、かつ1800m以上の重賞”において連対経験があった馬。マイル以下のレースを主戦場としてきた馬はもともと好走例が多くありませんし、近年は“若葉ステークス”で優先出走権を獲得した馬も苦戦しています。1800m以上の重賞で見せたパフォーマンスを素直に評価すべきでしょう。

主な「○」該当馬→ウインブライトカデナスワーヴリチャード
主な「×」該当馬→アダムバローズサトノアレスペルシアンナイト


<他にも気になる! 追い風データ/向かい風データ>

【追い風データ】

[もっと見る]

2016年10月13日(木) 11:00 競馬プロ予想MAX
先週の回顧〜(10/8〜10/10)佐藤洋一郎プロが東京8Rで90万超のビッグヒット!
閲覧 469ビュー コメント 0 ナイス 2

 先週は8(土)に東京競馬場でG3サウジアラビアロイヤルカップが、9(日)に東京競馬場でG2毎日王冠が、10(月)に京都競馬場でG2京都大賞典がそれぞれ行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。

G3サウジアラビアロイヤルカップサクセスムーンが先頭で直線コースへ。サクセスムーンのリードは半馬身、2番手グループは並走する形で内からシャイニードライヴクライムメジャーウィンドライジズが追走し、各馬徐々に仕掛け始めます!残り300m、ここで1番人気のクライムメジャーが先頭に立つと後続を離して粘り込みを図ります。中からはウィンドライジズ、外からはダンビュライトブレスジャーニーが並走する形で脚を伸ばしてきます。残り200mを通過、内の各馬の脚色が鈍くなるとブレスジャーニーダンビュライトが後続を一気に突き放してマッチレースへ!ゴール前、もうひと伸びを見せたブレスジャーニーが直線一気の豪快な競馬で重賞初勝利を飾りました!1馬身1/4差の2着にダンビュライト、そこから3馬身差の3着にクライムメジャーが入っています。

公認プロ予想家ではスガダイプロ他4名が的中しています。

G2毎日王冠マイネルミラノが逃げて直線コースへ。マイネルミラノのリードは2馬身、これをウインフルブルームロゴタイプが追いかけて、その後ろからはダノンシャークも差を詰めてきます。残り200mを通過、ここでアンビシャスルージュバックの2頭が大外強襲!マイネルミラノら先行勢を一気に捉えると2頭が完全に抜け出しての叩き合い!ゴール前まで続く追い比べを制したのは外ルージュバックエプソムカップに続いての重賞連勝となりました!クビ差の2着にアンビシャス、そこから3馬身差の3着にヒストリカルが入っています。

公認プロ予想家では覆面ドクター・英プロ他4名が的中しています。

G2京都大賞典ヤマカツライデンが先頭で直線コースへ。ヤマカツライデンのリードは半馬身、2番手にキタサンブラック、直後の内からアドマイヤデウスラブリーデイラストインパクトと追走。残り200m、ヤマカツライデンを捉えて単独先頭に立ったキタサンブラックがリードを広げて逃げ込みを図るところをアドマイヤデウスラブリーデイが渋太く食らいつきます。残り100m、ここでラブリーデイの脚色が鈍くなり、粘るキタサンブラック、追うアドマイヤデウスの2頭の追い比べ!アドマイヤデウスが一完歩ごとに差を詰めますが、クビ差及ばず、キタサンブラックが優勝しました!クビ差の2着にアドマイヤデウス、そこから3/4差の3着にラブリーデイが入っています。

公認プロ予想家では加藤拓プロ他15名が的中しています。

------------------------------------------------------------------------------

☆☆☆注目プロ →佐藤洋一郎プロ
8(土)東京8Rで◎ララパルーザサンタナブルーの3連単2頭軸マルチで勝負!これを見事的中させ、90万1870円を払い戻しました!この他にも9(日)東京6Rで3連単2285倍、10(月)東京1Rで3連単4175倍を仕留めるなど連日高配当を的中させました!週末トータル回収率236%、収支プラス92万7300円の好成績を収めています。

☆☆☆注目プロ →伊吹雅也プロ
勝負レースに指定した9(日)京都11Rで『オパールステークスは前走で上位人気に推されていなかった馬が不振。前走で低評価を覆したばかりの馬は過信禁物と見るべきでしょう。』と狙った◎ジャストドゥイングからの3連複524倍を400円的中させ、20万9680円を払い戻しました!週末トータル回収率249%、収支プラス14万9680円をマークしています。

☆☆☆注目プロ →覆面ドクター・英プロ
9(日)東京11R毎日王冠G2で『この頭数でのびのび走れる東京なら力出せる。54kgも有利。』と本命に推した◎ルージュバックからの3連単617倍を800円的中させ、49万5000円を払い戻し!8(土)東京7Rでは単勝11.7倍の◎シークザフューチャを頭固定させた3連単で22万8550円を払い戻し!週末トータル回収率148%、収支プラス34万8990円をマークしています。

☆☆☆注目プロ →スガダイプロ
先週は8(土)東京11RサウジアラビアRC(◎ブレスジャーニー)、9(日)東京11R毎日王冠(◎ルージュバック)、10(月)京都11R京都大賞典(◎ラブリーデイ)の3重賞を完全的中!
この他にも9(土)京都9Rで◎○▲のパーフェクト予想を披露するなど的中を重ね、週末トータル回収率121%、収支プラス6万2190円をマークしています。

この他にも加藤拓プロ(119%)、霧プロ(114%)、山崎エリカプロサラマッポプロ(107%)、ろいすプロ(107%)が回収率100%超の活躍を収めています。

※全レースの結果速報はこちら

今週もウマニティ競馬プロ予想MAXにご期待ください!

[もっと見る]

2016年10月9日() 14:00 凄馬プロジェクトチーム
第213回『凄馬出馬表分析&馬券検討』〜毎日王冠 G2
閲覧 834ビュー コメント 0 ナイス 5

みなさんこんにちは!

本日は東京11R「毎日王冠 G2」の『凄馬出馬表』を分析したいと思います。

今回も「U指数」だけでなく、U指数のポイントに【調教評価】、【厩舎評価】、【斤量補正】を数値化し加算減算しU指数を補正することで「総合ポイント」を算出しました。
★「U指数」について詳しくはこちらをご覧ください→U指数についてページ

U指数1.0ポイントは約1馬身差にあたるので、これを目安に以下のような重み付けをしました。
【調教評価】は競馬エイトの調教評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「5」・・・「−1.0ポイント」
「6」・・・「±0.0ポイント」
「7」・・・「+1.0ポイント」
「8」・・・「+2.0ポイント」
【厩舎評価】は競馬エイトの厩舎コメントの評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「△」・・・「−1.0ポイント」
「○」・・・「±0.0ポイント」
「◎」・・・「+1.0ポイント」
【斤量補正】は1.0kg=「0.5ポイント」として以下の基準体重との差分に乗算しました。
「牡馬」・・・「57.0kg」
「牝馬」・・・「55.0kg」


上記の補正を行った『凄馬出馬表』(画像)をご覧ください。






第1グループ(橙)は、ロゴタイプ1頭。
第2グループ(黄)は 、ディサイファから1.0ポイント差(約1馬身差)内のダノンシャークアンビシャスクラレントまでの4頭。
第3グループ(薄黄)は、ルージュバックから同差内のステファノスロサギガンティアの3頭となっていて、以下は第4G(灰)となっています。

ロゴタイプが少し2位以下を離し、第2G以下は拮抗した状態というのがこの凄馬出馬表の見立てとなっています。しかし、天気のこともありますし、展開ひとつ、馬場ひとつで下位グループ勢にまで馬券内十分のメンバー構成とみていいのではないでしょうか(さすがにロンギングダンサーは離され過ぎの印象ですが。)

そんな中、今回の私の◎はヒストリカルとします。安心感はまったくないものの^_^;近走と比べれば鞍上強化され、何と言っても少頭数でもマイネルミラノがいることで瞬発力だけが求められるレースにはならなそうなことがこの馬にとっては追い風とみています。同じ東京1800の今年のエプソムカップでも上がり2位の脚を使って2着とは0秒2差の6着。その時から今回1キロ軽くなりますし、当時と同じマイネルミラノが作る流れであれば適性外のレースということはないはず。適度に上がりが掛かりそうなこと、日曜も降雨がありそうで時計勝負にもならなそうなこと等いくつかの条件が噛み合えばチャンスは更に広がるのではないでしょうか。年齢的にも嫌われるのでしょうが、兄弟が8歳になっても活躍していた晩成血統という点を考えれば、むしろ今回なめられていることを妙味と捉えて狙ってみたいと思っています。あとは、人気薄で不気味な鞍上のマジックに託します。
○はステファノス宝塚記念を中心とした前走2000m以上戦出走馬が毎年馬券に絡む傾向から今年はこの馬に期待。今週もまずまずの内容だったとは思うのですがそれ以上に1週前追い切りから、休み明けの人気馬の中でも最も期待できるとみて対抗評価とします。
▲はロサギガンティア。近走1400m〜1600mにシフトしていっている戦歴から人気しなさそうですが、逆にその経験から今回好位でのレース運びという可能性もありそう。大外枠からでも鞍上の手腕込みで期待したいと思いますし、過去の稍重での戦績を見ても降れば恵みの雨になるとみています。
☆にダノンシャーク。「前走G1・休み明けで今回乗替り」の馬がこのレース(近15年)単複回収率ともに100%超のレースということでこの馬にも穴を期待。
以下、△にディサイファアンビシャスロゴタイプマイネルミラノクラレントルージュバックウインフルブルームと手広く抑えます。
今回の私の馬券は、◎の単複勝負の予定ですが、当コラムでは◎からの3複で勝負としたいと思います。


【3複フォーメーション】
◎=○▲☆(5,7)=印
1=2,5,7,8,12=2,3,5,6,7,8,9,10,11,12(35点)


とまあ、ここまで書きましたがなんだかんだで3連休の重賞で穴狙い出来そうなのはここだけかな、というのが◎ヒストリカルの最大の理由だったりして……。

[もっと見る]

2016年10月7日(金) 20:00 みんなの競馬コラム
【毎日王冠】血統考察 byうまカレ
閲覧 1,281ビュー コメント 0 ナイス 4

学生団体うまカレ副代表の金沢ユウダイです。
先週はスプリンターズSも凱旋門賞も、想像と違う流れに。特に凱旋門賞は、かなりのスタミナ戦で、さすがにあの流れで、渡仏後1か月程度で勝負になる日本馬はいないんじゃないでしょうか(^^;マカヒキには最悪の流れになってしまいました。やはり「レースは生き物」仕方ありません。

今週から秋の東京開催です。天皇賞へ繋がる毎日王冠を考察します。


●いよいよ名血が開花か
ディサイファの母ミズナは、名牝系Soaring系でも、グラスワンダーを輩出したGraceful Touchの分岐で、ミズナの母(ディサイファの母母)Tribulationはグラスワンダーの母Amerifloraの全妹。Tribulation=AmerifloraはDanzig×His Majesty×Raise a Nativeでこれは大種牡馬デインヒルと13/16同血。この強靭なパワーとスタミナは競馬史に影響を与え続けてきた名血に因るものだから非常に遺伝力が強く、ディサイファグラスワンダーレッドレイヴン(母母Ameriflora)もアドマイヤタイシも時計の掛かる馬場は得意だ。ディサイファの中山での4角で地面を掻き込むような走りは、グラスワンダーを彷彿とさせるものがある
さらに特筆すべきは、ミズナは、そのTribulationに、1世代しか産駒を残せなかった悲運の名馬、存命であれば種牡馬として成功を収めていたであろうDubai Millenniumを配されて産まれたということだ。Dubai Millenniumの偉大さは、昨今の欧州でのDubawi産駒の活躍ぶりからも明らかである。Dubai Millennium×Tribulationは、Northern Dancer4×3、Swaps5×5となり、そこに日本の至宝ディープインパクトを配されたディサイファは、Northern Dancer5×5・4と継続し父父サンデーサイレンスだけを1/4非Northern Dancerとした配合系になる。さらに母系に入るSwapsと、His Majesty=Graustarkを産んだ名繁殖Flower Bowlは、ディープインパクトの最もスタミナ・底力に優れた名血であるBurghclereを増幅することになっているというのも素晴らしい。
こういうパワーやスタミナというものは、時間とともに発現していくもので、札幌記念を制した昨年からの充実振りに加え、この中間は小島良太調教助手が「一昨年、昨年と比べても全然違う。これまでで一番かも」というコメントを出しているのも、まさにこの血統らしい成長を表しているといえよう。今年は、皐月賞ディーマジェスティ宝塚記念マリアライトと、ディープ産駒らしからぬパワーを誇る馬がGIを制した。ディサイファはまだGI未勝利であるが、TribulationにDubai Millennium、ディープインパクトと配されたこの超良血馬は必ず血を繋がなくてはならないし、ディーマジェスティのようにマリアライトのようにパワーで、グラスワンダーのように有馬記念を捲ってアッと言わせるのではないかとこの秋期待している1頭。安田記念でも、ラスト100mで外からダノンシャークに来られてから伸びてきたし、内枠も歓迎。

●成長力◎、間違いない大物
アンビシャスは、母父がエルコンドルパサー、母母カルニオラは1990年の凱旋門賞を制したSaumarezと3/4同血(父Rainbow Questと母母Fiesta Funが共通)で、母カーニバルソングはHyperion8・8・7・8・7×9・7・8・5、Hyperionは成長力やスタミナもあるが、パワーも豊富な硬派な血である。これだけHyperionが濃ければ、本来硬さやズブさが出てもおかしくないのに、これだけ美しく切れ味ある走りをするのは、(メジャーエンブレムダイワメジャー×オペラハウスという字面以上に、ルージュバックが母父Awesome Againとは思えない美しいフットワークで走るのと同じように)名馬Blushing Groomの良さが出ているといえる。こういう「字面の血統から逸脱したものが発現している」というのは大物に多くみられることである。
アンビシャス自身は、周りに馬がいると掛かるタイプで、一般的な「馬群の後ろで我慢させる」という折り合いの付け方よりは、馬群の外、もしくは、隊列が縦長になった時の方が折り合いはつきやすいだろう。昨年の毎日王冠は出遅れて6着だったが、右回り大得意のドゥラメンテに右回りで肉薄した中山記念の内容から、1年経って相当に成長しているはずで、今ならば大外を回しても届いてしまいそうなイメージがある。デムーロ騎手よりは、ルメール騎手の方が合っているタイプでもあろう。

●パワーが発現、昨年以上
ステファノスは、好相性のディープ×クロフネで、ディープ×Storm Catの3歳時にみられるようなSir Gaylord≒Secretariat6×5的な緩さが抜け、サトノアラジンラキシスのようなパワーの発現をしてきた。藤原厩舎らしく叩いて良くなるタイプだが、開幕週で外目を回った鳴尾記念、5着だった宝塚記念の内容から地力は相当で、56キロならやはり逆らえない。

●完全復調、ここでも
ルージュバックはHalo≒Boldnesian≒Red God3・5×5・5や、Promised Land5×5といった柔らかさを引き出す仕掛けと、Deputy Ministerのパワーが絶妙に発現した馬。エプソムカップも強かったが、時計勝負に対応して5着だったヴィクトリアマイルも地力の成せる業で完全に復調なったとみて良いだろう。これならこのメンバーでも好走できそうだ。

●兄らしい走法、成長曲線で鞍上魅力
大穴で注目したいのはヒストリカル。半兄カンパニーらしいピッチ走法で、昨春の大阪城Sから明らかに本格化。近走は位置取りの関係で惜しい競馬が続いているが、今回は兄をGI馬へと導いた横山典弘騎手が騎乗。この枠ならワイドを拾っておきたい。

●本質は小回り向き
ロゴタイプは、Haloらしい馬だから、スローで逃げて小回り質なレースにした安田記念は完全にハマッた。マイネルミラノがいる今回は厳しい競馬になりそうだ。来年の大阪杯を待ちたい。

●京都・中山外回りがベスト?
 ウインフルブルームは、Nijinsky≒ノーザンテースト4×3のパワーとサクラユタカオーの柔らかさのバランスが良く、突き詰めればPrincely Giftとノーザンテーストだからステイゴールド的な配合。父スペシャルウィーク譲りの胴長体型でもあるので、小回りでコーナリングを求められることはプラスともいえず、かつPrincely Giftが入るので下り坂のある京都外回りや、中山外回りが合っている、クリールカイザー的なイメージがある。今回はマイネルミラノという同系馬主がいて、競馬がし易そうで無視できないが、出走できるならばマイルCSで▲を打ってみたいような馬だ。


-----

京都大賞典も簡単に。
●京都ベストのキタサンvsサウンズオブアース
キタサンブラックは改めて書くまでもないが、母の軟質なスピードで先行し、ブラックタイド的Burghclere的な粘着力で粘るタイプで、カレンミロティックを差し返した天皇賞(春)、ハイペースを粘りに粘った宝塚記念の内容から地力は相当。下り坂での加速が巧いタイプだから、京都はベストコースといえる。
昨年の覇者ラブリーデイは、Ribotの影響で肩の立った猛烈なピッチ走法だから、昨年はスローペースで究極の瞬発力勝負になったことが勝因。今年はヤマカツライデンキタサンブラックがいるから、昨年以上のスローは見込めないし、何度も言うようにパワーというのは時間とともに発現してくるものだから、苦手な道悪での香港QE鏡C、宝塚記念での走りを見ても、よりパワーが付いたように思えるし、昨年よりも距離不安がある。
ラストインパクトは、キズナゼーヴィントらが出るディープ×Pacific Princess牝系で体質はさすが柔らかいが、母父ティンバーカントリーの影響で前脚が伸びきらない走りをするから、外回り向きの体質と内回り向きの走法を併せ持っているといえ、なかなかGIで勝ち負けするまでいけない。
アドマイヤデウスはHyperionらしい硬めの体質だから、GI級の相手で好走するには急坂有りのコースや、道悪といった助けが必要で、こちらも京都では食指が動かない。
ならばやはりコース、ペースを問わず好走できる万能型のサウンズオブアースが鞍上も含めて相手筆頭ということになりそうだ。


-----


【参考】

『日本サラブレッド配合史―日本百名馬と世界の名血の探究』(笠雄二郎著)
望田潤さんのブログ http://blog.goo.ne.jp/nas-quillo
栗山求さんの連載「血統SQUARE」http://www.miesque.com/motomu/works.html
『覚えておきたい 日本の牝系100』(平出貴昭著)

【うまカレBlog】http://umacollege.blog.fc2.com
【Twitter】https://twitter.com/umacolle
【Facebook】https://ja-jp.facebook.com/umacolle

金沢ユウダイ
【Twitter】https://twitter.com/derby6_1
【ブログ】http://derby6-1.hatenablog.com/

執筆者:うまカレ(MYコロシアム>最新予想にリンク)

------------------------------------------------
あなたも「みんなの競馬コラム」コーナーでコラムニストデビューしてみませんか!
>>応募方法など詳しくはこちら<<
------------------------------------------------

[もっと見る]

⇒もっと見る

ウインフルブルームの口コミ


口コミ一覧
閲覧 31ビュー コメント 0 ナイス 2

南部杯、
一定の考え方のもと、
オッズと頭数から買い方と使う金額を決めて買います。

課題、ベストウォーリアからの買い方でプラスになる買い方が見つからなかったこと、見つけたとしても、金額が倍になってしまっていること。

そして、ノボバカラとウインフルブルームからのワイドフォーメーションが的中しました。
ここでまた修正点が見つかりました。
あとたった300円だけ買ったいたら20000円の3連複の的中も可能性がありました。

もちろん全てがうまくいくとは限らないけど、
あくまでもこういった買い方も可能でしたので、
ここに気がつかない事がまだまだ競馬が未熟者である事がバレてしまいました。

ノボバカラとウインフルブルームのワイドフォーメーション×300円で買うならば、
ノボバカラとウインフルブルーム頭の2頭からの3連複フォーメーションと同じくワイドフォーメーション×100円で買うべきでした。
この300円、、コパノリッキーからの三連単・BOX600円×300円と3連複BOX×1200円の計3000円から300円削った買い方も可能でした。
これで同じく今日の予算額12900円から買えました。

もちろん結果論です。
しかし、仮にトリガミだったとしても、
こういった買い方を続けていけばもっと効率的な買い方の可能性も見えてきます。

勝っても負けても反省です。
削れるところは削る。

あとはこういったやり方を継続すれば、
経験値も上がり、可能性があると思われる馬の頭数とオッズから買うべき馬券の買い方が見えてきます。

なので今はトリガミを恐れないこと、学ぶこと。

堅いオッズも個人的に怖くありません。
なんたなくその対処法と対策が見えてきました。

南部杯全体を見るなら、頭数とオッズのバランス、そして馬の実力差を頭に入れて考えることにします。

しかしさすがに7頭は買いすぎ、
もう少し具体的に頭数を絞るべきです。

課題と修正点が見つかりました。
見たかったということは素晴らしいことです。

あくまでも、、可能性を探りつつそして臨機応変に頭を柔軟に

そしてなるべく予想したら0円不的中をどう回避できるか、
今度の課題はさらに大きくそしてけわしく、、
また次につながっていくと信じて。

 夜空の星々と架空の星 2017年10月9日(月) 16:24
南部杯最終予想
閲覧 52ビュー コメント 0 ナイス 1

昨日毎日王冠で約5000円が14000円になりました。

なので、また5000円前後に戻ってもいいと考えます。
遊びとデータ集め。
実験的な買い方をしてます。
なのでトリガミでもかまいません。

前回の日記の通り3000円・3000円・3600円・3300円・の買い方でやります。

三連単・と3連複

三連単・×300円・3連複×1200円計3000円

同じく3連複と三連単・

三連単・マルチ1800円・3連複×400円・計3000円
ただしこの結果なら大損です。それでも買います。

3600円プラン
→↓
三連単・マルチ3600円とこの結果なら4000円から20000円前後が狙えます。

そして、3300円プランがワイドフォーメーション
Б↓Л×300円

これで12900円です。

もう一度言います、実験的な買い方も兼ねてます。
トリガミでもかまいません。
昨日の毎日王冠の結果と予算額からこういう買い方で遊びます。
ベストウォーリアからの買い方でうまく見つかりませんでした。
なので、なるべく予算額内でダメージの少ない買い方をこころがけました。
3連複のオッズが下がりました、なので急遽変則的な買い方にしました。
ノボバカラとウインフルブルームを消すことを考えてましたが、
実験的な遊びの買い方なのを思い出して、当初の予定どおり7頭含めての買い方を意識しました。

ガチ予想ですので。
12900円、、的中しても安い結果なら4000円です。
しかし考え方をプラスで言うなら、昨日の毎日王冠の結果の延長です。1番安い結果でも毎日王冠の投資額に戻るだけです。

来週の秋華賞も意識して買ってます。
文字通り実験的な遊びの買い方です。

負けることをおそれていてわ競馬の進歩はありえません。
せんこう投資です。

しかし買って終わりたいと思っているのは言うまでもありません。

[もっと見る]

 夜空の星々と架空の星 2017年10月9日(月) 14:00
南部杯の買い方その2と修正
閲覧 20ビュー コメント 0 ナイス 1

オッズが下がりました。
うま味が消えてますね。

それならもっとシンプルにわかりやすく買います。

上位5頭と考えたらこうなります。
10000円使って1番安い結果で4000円です。

スパット4のポイント稼ぎを1番とするならばしかたがありません。
シンプルに三連単・と3連複にします。
4000円・2400円の組み立てと3600円の組み立て。
以上になります。
4頭・4頭と1頭軸相手4頭で。
わかりやすい買い方なのであえて隠しません。

追加でウインフルブルームとノボバカラを買うかはパドック次第で考えます。

3連複と三連単・の1番安いオッズを見ながら買えばなんとなく対策ができると思われます。

もしくコパノリッキーとキングスガードの組み立てが的中したらプラス終了、
ベストウォーリアの組み立てなら的中しても予算額の半分のトリガミ覚悟、
等々、ハマればプラス終了駄目なら大損もあり
オッズとにらめっこしながら最終的に判断します。

日記を更新しつつ何かないかと試行錯誤してます。

[もっと見る]

⇒もっと見る

ウインフルブルームの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
6:
  内田の予想   フォロワー:7人 2014年5月30日(金) 13:50:28
左肩ハ行により出走取り消し。
サニーブライアンもそろそろと思っただけに残念。

17頭ダービー。白百合組から1頭引っこ抜いて出走は無理かな。
5:
  たけぼう54   フォロワー:0人 2014年1月12日() 23:21:34
フルブルーム=花が咲き誇る特別な1週間(父母名より連想)だって。名前もいいなぁ。
4:
  ヨッシー   フォロワー:4人 2014年1月12日() 15:57:16
この馬強い!

⇒もっと見る

ウインフルブルームの写真

ウインフルブルーム
ウインフルブルーム

ウインフルブルームの厩舎情報 VIP

2017年9月10日京成杯オータムハンデ G313着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

ウインフルブルームの取材メモ VIP

2017年9月10日 京成杯オータムハンデ G3 13着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。