チャーリーブレイヴ(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
チャーリーブレイヴ
写真一覧
現役 セ7 鹿毛 2010年3月19日生
調教師尾関知人(美浦)
馬主林 正道
生産者Mike Abraham
生産地
戦績21戦[6-0-1-14]
総賞金9,272万円
収得賞金3,600万円
英字表記Charlie Brave
血統 Indian Charlie
血統 ][ 産駒 ]
In Excess
Soviet Sojourn
Catchofthecentury
血統 ][ 産駒 ]
Carson City
Catnip
兄弟
前走 2017/07/09 プロキオンステークス G3
次走予定

チャーリーブレイヴの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
17/07/09 中京 11 プロキオンS G3 ダ1400 154624.2815** セ7 56.0 武豊尾関知人502(+2)1.25.6 2.738.9⑥⑨キングズガード
17/06/10 東京 11 アハルテケS OP ダ1600 164753.3103** セ7 56.0 吉田隼人尾関知人500(+4)1.36.9 0.336.7メイショウウタゲ
17/02/12 東京 10 バレンタイン OP ダ1400 1671418.7815** セ7 57.0 石川裕紀尾関知人496(0)1.26.9 2.938.0⑫⑬ブラゾンドゥリス
16/11/20 東京 11 霜月S OP ダ1400 16128.1411** セ6 56.0 吉田豊尾関知人496(-4)1.22.7 0.735.6④④ラストダンサー
16/06/11 東京 11 アハルテケS OP ダ1600 15593.611** セ6 54.0 戸崎圭太尾関知人500(-2)1.36.2 -0.036.1ピンポン
16/04/24 東京 10 オアシスS OP ダ1600 165916.375** セ6 56.0 戸崎圭太尾関知人502(+10)1.37.2 0.236.7ブライトライン
15/11/22 東京 11 霜月S OP ダ1400 16366.036** セ5 54.0 田辺裕信尾関知人492(0)1.24.3 1.137.1⑪⑩マルカフリート
15/11/14 東京 11 武蔵野S G3 ダ1600 1471251.389** セ5 56.0 蛯名正義尾関知人492(-2)1.36.1 1.436.8⑨⑨ノンコノユメ
15/06/27 東京 11 夏至S 1600万下 ダ1400 168159.941** セ5 57.0 蛯名正義尾関知人494(-4)1.23.3 -0.035.3⑥⑥アンズチャン
15/04/25 東京 10 鎌倉S 1600万下 ダ1400 166114.529** セ5 57.0 蛯名正義尾関知人498(-8)1.25.0 0.536.0⑫⑫カーティスバローズ
15/03/29 中京 12 鈴鹿特別 1000万下 ダ1400 16477.831** セ5 57.0 戸崎圭太尾関知人506(+2)1.24.0 -0.136.9メイショウオオカゼ
14/03/16 中山 10 東風S OP 芝1600 162352.71216** 牡4 55.0 小牧太尾関知人504(+4)1.39.2 4.337.6⑮⑯⑯シャイニープリンス
14/01/18 中山 11 ニューイヤー OP 芝1600 164750.6139** 牡4 54.0 G.ブノワ尾関知人500(+4)1.34.1 0.735.7④⑤レッドアリオン
13/12/23 中山 11 フェアウェル OP ダ1800 164868.71316** 牡3 54.0 松岡正海尾関知人496(+4)1.54.8 3.940.3⑤⑥⑧⑬ジェベルムーサ
13/11/17 東京 11 霜月S OP ダ1400 16246.5412** 牡3 54.0 田辺裕信尾関知人492(-9)1.25.1 1.436.7⑮⑮エーシントップ
13/07/10 大井 11 ジャパンDD G1 ダ2000 16--------10** セ3 56.0 岩田康誠尾関知人501(--)2.08.4 3.6----クリソライト
13/06/16 東京 11 ユニコーンS G3 ダ1600 15473.528** 牡3 56.0 C.ウィリ尾関知人496(+14)1.36.8 0.835.7⑪⑨ベストウォーリア
13/02/17 東京 9 ヒヤシンスS OP ダ1600 168153.921** 牡3 56.0 W.ビュイ尾関知人482(-4)1.36.6 -0.037.0⑧⑧ソロル
13/01/26 東京 6 3歳500万下 ダ1600 1681530.271** 牡3 56.0 W.ビュイ尾関知人486(+4)1.38.4 -0.336.4⑤⑤ダノンレジェンド
12/11/04 東京 4 2歳未勝利 ダ1400 12555.031** 牡2 55.0 I.メンデ尾関知人482(0)1.26.9 -0.436.7トミケンプレミオ

⇒もっと見る


チャーリーブレイヴの関連ニュース

 ◆川田騎手(ブライトライン3着) 「3コーナーで馬が行く気になったので、少しずつ行きました。斤量も他の馬と同じ56キロだったので」

 ◆和田騎手(ゴーインググレート4着) 「砂をかぶったらダメなタイプで、いいポジションを取れたのがよかった。今後はひるむところがなくなれば」

 ◆松山騎手(メイショウウタゲ5着) 「スタートで遅れて、前半は流れに乗れなかった。でも最後はしっかり伸びてくれた」

 ◆小牧騎手(キクノストーム6着) 「よく追い込んでくれた。ただ、外枠は不利だったね」

 ◆国分恭騎手(トウケイタイガー7着) 「ハナに行くように指示されていた。自分の競馬はできたが、直線を向いたところでいっぱいだった」

 ◆Mデムーロ(イーデンホール8着) 「いつもより馬がおとなしかった。全然駄目でした。すみません」

 ◆鮫島良騎手(ナンチンノン10着) 「3コーナーまではいい感じで行けたが、最後は脚が鈍った」

 ◆山田祥騎手(マヤノオントロジー11着) 「中央はペースが速くて、掛からずに進めましたが…」

 ◆荻野極騎手(アキトクレッセント12着) 「スタートで行けなかったのが響いた。その後、道中で息を入れられず、しまいはバタバタだった」

 ◆中谷騎手(レヴァンテライオン13着) 「早めにやめるところが出てきている」

 ◆幸騎手(ベストマッチョ14着) 「もまれ込んで、自分の競馬ができなかった」

 ◆武豊騎手(チャーリーブレイヴ15着) 「もまれて、嫌気がさした」

★9日中京11R「プロキオンステークス」の着順&払戻金はこちら

★サンスポe−shopで黒色木製枠付き写真パネルを発売します!

【七夕賞&プロキオンS】東西調教ウオッチャー2017年07月07日(金) 05:07

 今週の東西調教ウオッチャーは七夕賞プロキオンSが対象レース。美浦からは東京サンスポの片岡記者、栗東からは大阪サンスポの宇恵、下村記者が参戦して、出走馬の体調をチェックした。

 宇恵 福島の七夕賞は関東馬が優勢の布陣ですね。

 片岡 意欲的な追い切りでサンケイスポーツ調教評価『S』のマルターズアポジー。久々でも太め感はなく、時計以上の動きの良さだったわ。ゼーヴィントはいい併せ馬ができていた。穴っぽいのはWコース単走で6ハロン81秒0と動いたウインインスパイア。軽量52キロで、展開が向けば穴をあけるかも…。

 宇恵 続いてプロキオンSへ。最有力候補のカフジテイクは、坂路の最終追いで大きく追走する形から併入でした。目いっぱいの感じではなかったし、いいフットワーク。海外遠征帰りだけど、雰囲気がいいし、割り引く必要はないかと。

 下村 エイシンバッケンの動きが良かっただけに回避は残念。伏兵で目を引いたのはメイショウウタゲ。坂路で遅い時間帯に追い切り、雨の影響で馬場がかなり悪化していたけど、余裕十分に4ハロン53秒0をマーク。馬場状態を考えれば、かなり優秀な時計だった。伸びのあるフットワークで状態はかなり良さそう。重賞でも。

 片岡 関東馬のチャーリーブレイヴをお忘れなく。坂路で一番時計タイの4ハロン51秒8をマーク。走りづらい重馬場でこれだけ動ければ買いたいところや。

[もっと見る]

【プロキオンS】厩舎の話2017年07月07日(金) 05:05

 ◆アキトクレッセント荻野極騎手 「攻めは変わらず動く。しっかり走ってくれると思う」

 ◆イーデンホール・中内田師 「折り合いを気にしなくなり、競馬がしやすくなった。能力は負けていないと思う」

 ◆ウォータールルド・岡田師 「乗り込んでいるし、これで十分。重賞でどこまでやれるか」

 ◆カフジテイク・湯窪師 「予定よりも時計が速くなったが、無理をしたわけじゃない。あとは展開が鍵」

 ◆キクノストーム・高島助手 「1400メートルなので、脚の使いどころが鍵」

 ◆キングズガード・寺島師 「持ち時計もあるので、時計勝負も大丈夫」

 ◆ゴーインググレート・岩元師 「馬混みを気にするので、最後は外に持ち出せれば」

 ◆チャーリーブレイヴ・尾関師 「力の要る馬場なら善戦も可能」

 ◆トウケイタイガー・住吉朝師 「気分良く走れば結果が出るタイプ」

 ◆ナンチンノン・中竹師 「うまく走れるようになった。距離は大丈夫」

 ◆ブライトライン・伊藤助手 「やっと舞台が整った。まだまだ若い」

 ◆ベストマッチョ・手塚師 「今の中京も合うし、輸送も大丈夫」

 ◆マヤノオントロジー・川西毅師 「コーナーが少ないほどいいし、広い馬場も向く」

 ◆メイショウウタゲ・安達師 「1400メートルなら集中して走れる」

 ◆レヴァンテライオン・柿崎助手 「中2週ですが体調は問題ない」

[もっと見る]

【プロキオンS】チャーリーブレイヴ、僚馬あおった2017年07月06日(木) 05:11

 チャーリーブレイヴのムードがいい。坂路で僚馬ブロワ(500万下)を追いかけての併せ馬。直線で気合をつけ追い出すパートナーを馬なりであおった。4ハロン51秒8−12秒7はこの日の一番時計。馬場状態(重)が悪かったことを思えば上々の内容だ。

 動きのよさに尾関調教師の口調も弾む。「前走はこのレースを頭に入れての仕上げだった。出負けしたが、最後まで頑張っていたし、収穫のある内容。続けて使えるのは、それだけ状態がいいから。力の要る馬場なら善戦も可能」とヤル気をにじませた。

プロキオンSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【プロキオンS】けさのいななき2017年07月05日(水) 11:34

 アキトクレッセント荻野極騎手「ハミを取ったわけでも、操作したわけでもない。自分のリズムで、しまいまでしっかり動いてくれた」

 イーデンホール・中内田調教師「調子はいい。クラスが上がるとペースが速くなるので、折り合いに気をつかわなくていい。少しでもリズムを崩すと掛かるからね」

 チャーリーブレイヴ・尾関調教師「馬場もそこまで悪くなかったので、しっかり動けた。前走は出負けしたが、途中から流れに乗ってこの馬なりの競馬はできた。良馬場でやらせたい」(夕刊フジ)

プロキオンSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【プロキオンS】レース展望 2017年07月03日(月) 18:26

 夏の中京開催2週目の日曜メインは第22回プロキオンS(9日、GIII、ダート1400メートル)。開幕週はダート戦が9レース行われ、逃げた馬が5勝、2着1回と大活躍した。雨で前に行った馬が止まらない馬場だったことが大きいが、今週も台風3号の影響がありそうで、パサパサの良馬場となることは考えにくい。引き続き、スピードのある馬から狙うのが正解だろう。

 逃げ馬というならコパノチャーリー(栗東・村山明厩舎、牡5歳)だが、中距離路線の馬で1400メートルのスピードがあるかは疑問。それならば麦秋Sを逃げ切ったベストマッチョ(美浦・手塚貴久厩舎、牡4歳)が最有力だ。ダート1400メートル戦は【4・1・0・1】とベストの距離。唯一、崩れた根岸S(12着)は休み明けで初の重賞挑戦という厳しい条件だった。その後、経験を積み、降級戦の前走は力の違いをアピール。安定した先行力が魅力で、今回のメンバーなら楽に2、3番手にはつけられそうだ。スムーズにレースができれば、重賞初制覇の可能性は十分。ただ、もまれ弱さがあるので枠順には注意したい。外枠の方がベターだろう。

 ここ2戦、先行策で好結果を出しているのがアキトクレッセント(栗東・清水久詞厩舎、牡5歳)。2走前の鎌倉Sを早め先頭で押し切り、オープンに昇級した前走の欅Sも3、4番手から2着に粘り込んだ。この馬もダート1400メートルは【5・1・0・4】と得意で、目下の充実ぶりなら重賞でもチャンスはある。

 他の有力馬は差し馬が多い。そのなかでは決め手上位なのがカフジテイク(栗東・湯窪幸雄厩舎、牡5歳)。昨秋のグリーンチャンネルCでは今回も有力視されているキングズガード、今年の根岸SではGIホース・ベストウォーリアなどを差し切って勝っている。ただ、取りこぼしも目立つタイプ。今回はドバイのゴドルフィンマイル5着からの帰国初戦でもり、仕上がり具合も見極めが必要だろう。

 エイシンバッケン(栗東・中尾秀正厩舎、牡5歳)も末脚の破壊力はすごい。現在、9戦連続掲示板を確保。というより、ダート路線に転向してから14戦して馬券に絡まなかったのは2度しかない超堅実派だ。しかも、そのうちの1度はフェブラリーSの4着だった。前走の欅Sは重馬場で4コーナー14番手から差し切り勝ち。道悪でも堅実なのは魅力だ。

 メンバー最多タイのダート1400メートル7勝(もう1頭はトウケイタイガー)のキングズガード(栗東・寺島良厩舎、牡6歳)は休み明けの前走・天保山Sで2着と好走しているが、7勝はすべて右回り。今回は左回り克服が鍵になる。

 アハルテケSを勝ったメイショウウタゲ(栗東・安達昭夫厩舎、牡6歳)、同3着チャーリーブレイヴ(美浦・尾関知人厩舎、セン7歳)、前が壁になって10着に終わったブライトライン(栗東・鮫島一歩厩舎、牡8歳)も注目できる。ほかではスタートに課題はあるものの末脚は鋭いイーデンホール(栗東・中内田充正厩舎、牡5歳)も展開次第で浮上しそうだ。

 地方からは2頭が参戦するが、注目すべきはトウケイタイガー(兵庫・住吉朝男厩舎、牡6歳)だろう。昨春までは中央に在籍していたが、兵庫に移籍してから馬体が成長して安定感を増し、2走前のかきつばた記念で4馬身差のV。自分の形(逃げ)に持ち込んだときの強さは軽視できない。中京でも、500万下とはいえ勝ち星がある。地方馬がJRAの古馬重賞を勝てば、2006年の夕刊フジ賞オーシャンSを制したネイティヴハート以来。主戦の川原正一騎手は佐賀競馬の「里帰りジョッキーズカップ」に出場するため騎乗できないが、ピンチヒッター・国分恭介騎手の手綱さばきに期待がかかる。

プロキオンSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

⇒もっと見る

チャーリーブレイヴの関連コラム

フェブラリーS

2017年02月15日(水) 04:19

覆面ドクター・英

閲覧 2,225ビュー コメント 0 ナイス 5

有馬記念が終わって早くもまたG気フェブラリーSがやってきました。20年以上前に西田式スピード指数からはじまり故・石川ワタルさんの指数などを参考にしてオリジナル指数作りなどしてきた指数派の人にとっては(私もそうですが)芝よりダートが得意でマイル以下の淀みのない流れの方が力関係の見極めが得意ではないかと思います。9年前にグアムで買ったフェブラリーSの馬券がガツンと当たって、海外挙式の家族の旅費まかなえて、「クイズ100人に聞きました」みたいだと思ったのがついこの間のようです(若い人にはさっぱりわからない話でしょうが)。今日は地方で大幅プラス(特に大井で勝つのは嬉しいです。投入額が他の地方競馬より少し多いですから)で気分よく昨秋のコラムのように書いてみます。

全馬診断

1番人気想定 カフジテイク 某わりと大手サイトで見てびっくりしました。鋭い末脚もっていて、好きな馬だし何度か穴で馬券とらせてもらっていますが、前走も本命打ちましたが、G気破槎燭箸いΕャラではないのでは。好勝負できるところまできているし、言われるほど1400向きでマイルだめとも思わないが・・。

2番人気想定 ゴールドドリーム これまたびっくり・・。まだ荷が重いのではチャンピオンズCも負け過ぎでまだ力つけてくるのは先で若すぎるのでは。消しの予定。

3番人気想定 ベストウォーリア 力があるのは確かだが2着続きなように、じれったい典型。3連単でマルチを買わないので本命打つ度、迷惑千万、いい加減にしてくれ、というタイプだが7歳だと、そろそろ舐められそうでこのくらいの人気なら妙味あり。

4番人気想定 モーニン ベストウォーリア と同じ馬場さんの有力マル外だがこちらの方が若いが器が小さく昨年よく勝てたなあという現況でヒモまででは。この人気なら消しも有りか。

5番人気想定 ノンコノユメ  去勢して体調あがるまで半年くらいはかかるので正直フェブラリーS間に合わないのではと、ここのところ消していたが、そろそろ上昇してくる頃ではあり、このくらい人気落としてくれればヒモには加えたい。

6番人気想定 サウンドトゥルー 騎乗停止で大野騎手が乗れないケチがついただけでなく力的にもちょっと下がってきている感じありヒモまで。

7番人気想定 コパノリッキー  16番人気で勝ったのが3年前ですが力落ちてきており買わない予定。

8番人気想定 アスカノロマン  チャンピオンズCでは人気薄で3着と激走したが勝ち切る力は無さそうでヒモまで。

9番人気想定 エイシンバッケン イマイチ伸び悩みでヒモに入れるかどうか程度。

10番人気想定 キングズガード  この馬ももう少しやれるかと思ったが一線級に入るとまだ少し落ちる。ヒモに入れるかどうか程度。

11 ホワイトフーガ ピーク過ぎつつある感あり。特に買えない。
12 ケイティブレイブ 気分よく逃げられるかの馬で流れ向かない。
13 デニムアンドルビー ディープ産駒のダート挑戦買えず。
14 レッツゴードンキ 芝マイルやダートで好走しているがここ通用する力無し。
15 ニシケンモノノフ  1400ベストに見せかけて通用することあり穴で買いたいタイプ。
16 サウンドスカイ 長期休養明けに大きくはなればビリだけに買えない。
17 インカンテーション 調子崩して休養も多く買えない。
18 ブラゾンドゥリス  力つけてきているがさすがに連闘でつかってこないのでは。
19 モルトベーネ ここのところの充実ぶりすごいがローテきつすぎ使わないのでは。
20 ソルティコメント オープンに上がってからは壁に当たっている。
21 スーサンジョイ 快進撃とまりオープン入着級に落ち着いてしまった。
22 チャーリーブレイヴ 休養明け2戦がふたけた着順では・・。
23 ブライトライン 丈夫で走り続けているが好勝負もう無理。
24 メイショウウタゲ オープン上がってからは入着級までに。
25 カゼノコ 相手弱いところ狙って距離短縮前走は出遅れて終了。スランプ期間。
26 ピオネロ 昨秋のシリウスSではアポロケンタッキーに先着しているように力あるが賞金足りないのでは。
というわけで10番人気以下ではニシケンモノノフピオネロが出られればというくらい。

最終結論は今週もう少し考えてから。本命を惜敗王ベストウォーリアにするかどうかも悩ましいところ。


登録済みの方はこちらからログイン

2015年11月10日(火) 20:00 伊吹雅也
伊吹雅也の週末メイン「1点」分析 2015年11月10日号
閲覧 452ビュー コメント 0 ナイス 2

▼2015年11月15日(日) 京都11R エリザベス女王杯
【日本調教馬の、同年、かつJRA、かつ3歳以上か4歳以上、かつ1600m以下のレースにおいて9着以内となった経験の有無別成績(2009年以降)】
●あり [0-0-1-33](複勝率2.9%)
●なし [4-6-5-51](複勝率22.7%)
→同年に3歳牝馬クラシック戦線のレースを除く1600m以下のレースで善戦してしまった馬は不振。ヴィクトリアマイルなどの短距離戦に見向きもしなかった馬を重視するべきでしょう。

▼2015年11月14日(土) 東京11R 東京中日スポーツ杯 武蔵野ステークス
【同年、かつJRA、かつダート、かつ1600万下から上のクラス、かつ出走メンバー中2位以内の上がり3ハロンタイムをマークしたレースにおける優勝経験の有無別成績(2009年以降)】
●あり [6-6-2-31](複勝率31.1%)
●なし [0-0-4-47](複勝率7.8%)
→しばらく勝ち切れていない馬、芝のレースや地方のダートグレード競走を主戦場としてきた馬、先行力の高さを活かしたいタイプはそれぞれ割り引きたいところ。特別登録を行った馬のうち、2015年、かつJRA、かつダート、かつ1600万下から上のクラス、かつ出走メンバー中2位以内の上がり3ハロンタイムをマークしたレースにおいて優勝経験があるのは、ゴールデンバローズチャーリーブレイヴノンコノユメフィールザスマートベルゲンクライモーニンの6頭だけです。

▼2015年11月14日(土) 京都11R デイリー杯2歳ステークス
【JRAの重賞において4着以内となった経験がなかった馬の、血統別成績(2009年以降)】
●父がサンデーサイレンス系種牡馬 [5-3-2-17](複勝率37.0%)
●父がサンデーサイレンス系以外の種牡馬 [0-1-1-32](複勝率5.9%)
→JRAの重賞で善戦した経験があった馬を除くと、好走馬の大半はサンデーサイレンス系種牡馬の産駒。また、同じくJRAの重賞において4着以内となった経験がなかった馬のうち、前走の着順が2着以下だった馬は2009年以降[0-1-1-16](複勝率11.1%)と苦戦していました。

▼2015年11月15日(日) 福島10R 福島2歳ステークス
【前走の出走頭数別成績(2011年以降)】
●12頭以下 [0-0-0-17](複勝率0.0%)
●13頭以上 [4-4-4-37](複勝率24.5%)
→多頭数になりがちなこともあって、少頭数のレースを経由してきた馬は過信禁物。また、前走の馬体重が440kg未満だった馬も2011年以降[0-1-1-26](複勝率7.1%)と安定感を欠いています。

▼2015年11月15日(日) 福島11R 福島記念
【同年、かつJRA、かつ重賞、かつ芝1600〜2000mのレースにおいて4着以内となった経験の有無別成績(2008〜2010年、2012〜2014年)】
●あり [6-3-3-25](複勝率32.4%)
●なし [0-3-3-51](複勝率10.5%)
→2008年以降、かつ福島芝2000mで施行された年は、同年にJRAの重賞で善戦した経験のある馬が優勢。波乱含みのハンデキャップ競走ですが、実績の面で見劣りする馬は評価を下げるべきでしょう。

▼2015年11月15日(日) 東京11R オーロカップ
【血統別成績(2012年以降)】
●父がサンデーサイレンス系種牡馬 [0-0-2-16](複勝率11.1%)
●父がサンデーサイレンス系以外の種牡馬 [3-3-1-22](複勝率24.1%)
→2012年以降の優勝馬3頭はいずれも単勝オッズが10倍以上。難解な一戦ですが、特にサンデーサイレンス系種牡馬の産駒は人気を裏切りがちです。

■執筆者プロフィール
伊吹 雅也(いぶき・まさや)
 埼玉県桶川市在住のフリーライター、競馬評論家。JRAホームページ内『今週の注目レース』で「データ分析」のコーナーを担当しているほか、グリーンチャンネル、JRAのレーシングプログラムなどさまざまなメディアを舞台に活動している。近著に『現在(いま)の勝負気配が分かる 騎手×調教師 黄金タッグ』(ガイドワークス)、『一口馬主の愉しみ(競馬道OnLine新書)』(スタンダードマガジン)、『本当に儲かる騎手データブック 馬券の勝ち組は騎手を野次らない(競馬王新書EX008)』(ガイドワークス)、『門外不出! 投票データから分かった! WIN5の鋭い買い方』(東邦出版)、『WIN5(五重勝)ほど儲かる馬券はない!! 少点数で驚愕配当をモノにする絶対的セオリー(競馬王新書)』(白夜書房)。今年8月26日には最新刊『コース別 本当に儲かる騎手大全』(ガイドワークス)が発売された。

[もっと見る]

2013年07月11日(木) 11:25 【ウマニティ】
【交流重賞回顧】ジャパンダートダービー〜クリソライトが7馬身差の圧勝!
閲覧 92ビュー コメント 0 ナイス 4

7/10(水)大井競馬場で行われた第15回ジャパンダートダービー(交流G1・ダ2000m)は、1番人気に推されたクリソライトが優勝。

レースは、好スタートを決めたユメノアトサキがハナを奪って幕開け。ジェネラルグラントも一瞬競り掛けますがすぐに控えて2番手を確保。以下は、ソルテキタサンオーゴンクリソライトアルムダプタといったところが好位で続き、トラバージョベストウォーリアエーシンゴールドが中団。インサイドザパークミータローは中団後方に位置し、さらにここから少し開いてアウトジェネラルケイアイレオーネダイリングローバルチャーリーブレイヴアラマサシャープの隊列で1、2コーナーを通過。
縦長のまま向う正面を迎え、ここで先頭はジェネラルグラントに代わります。3コーナーを回ると2番手にソルテが進出し、その外3番手に1番人気クリソライトが虎視眈々と進出を開始。後方から大外をまくるようにケイアイレオーネも一気に押し上げて4コーナーへ。ジェネラルグラントソルテクリソライトが横一線。その少し後ろの2列目にベストウォーリアエーシンゴールドケイアイレオーネが続く形で直線を迎えます。
内の2頭を楽々交わしたクリソライトがすぐさま先頭に立って残り300m。2番手争いにはエーシンゴールドケイアイレオーネが横並びで浮上しますが、前を行くクリソライトとの差は開くばかり。結局このまま独走を続けたクリソライトが、影をも踏ませぬ7馬身差の完勝で3歳ダート王に輝きました。勝ち時計は2分4秒8(良)。2着はハナ差で2番人気エーシンゴールド。3着は5番人気ケイアイレオーネという結果となっています。

クリソライトは、これでデビュー以来9戦して9連対のパーフェクト成績。しかもデビュー戦以外は全て1番人気に推されてのもので、今回はその期待に違わぬ走りを大井に集まったファンに見せた。レース史上最大タイ(02年ゴールドアリュールの7馬身差に並ぶ)の着差での完勝劇で、その名の通り宝石の輝きを放つクリソライト。次走は未定となっているが、今後も強いクリソライトの走りに注目が集まりそうだ。

[もっと見る]

2013年06月15日() 21:17 ☆まんでがん
☆まんでがんの【人生競馬】 〜 第18回 ユニコーンステークス〜 
閲覧 72ビュー コメント 0 ナイス 6

今度のヒロインは

容姿端麗頭脳明晰

モデルさんのようなプロポーションであり 女優さんのように美しい
得てしてこの場合 おバカさん のパターンが多いのだが
彼女は 男をたたせ 気遣いも素晴らしい。
ありきたりだが
もっと はやく 出会いたかった。。。
が、口説き言葉になる女。

女性と接するときの 教訓
三つのものが強く女を動かす。(ドゥニ・ディドロ)
虚栄
利害
快楽

変なプライドはなく 大人の女性
望むものは お金ではなく 共有の時間
笑顔からこぼれる 八重歯が 恋心を掻き立てる。

完全にもっていかれてる。。。
が、しかし 何かに違和感を感じるのだ。。。
それが 何なのか わからぬまま 夏を迎えるのだろうか?

さて、ユニコーンステークス
ここ10年
1番人気 (7-1-0-2)
のかたい歴史

サウンドリアーナ
が2倍を割る人気のヒロイン
出遅れて 3馬身 突き抜けた前走は適性以外の何物でもない。

ヒヤシンスを1.36.6で勝った 東京3勝の
チャーリーブレイヴ
との一騎打ちムードの売れ方


明日は
東京競馬場は「ウマニティPOG」オープン記念!ウマニティスペシャルデー
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=4069

キャラ的 穴馬推奨といきたいのだが。。。

恋の行方も 馬券も わからないことだらけ!
だから 面白いのかもしれない

[もっと見る]

2013年06月11日(火) 20:00 伊吹雅也
伊吹雅也の週末メイン「1点」分析 2013年06月11日号
閲覧 195ビュー コメント 0 ナイス 2

▼6月16日(日)函館11R 函館スプリントステークス
【同年、かつ芝1400m以下のJRA重賞かオープン特別における連対経験の有無別成績(2003年以降)】
●あり [9-5-6-30](複勝率40.0%)
●なし [1-5-4-81](複勝率11.0%)
→近走成績を素直に評価したいレース。特別登録を行った馬のうち、2013年に施行された芝1400m以下のJRA重賞かオープン特別で連対経験があるのは、アウトクラトールクィーンズバーンサクラアドニススギノエンデバードリームバレンチノフォーエバーマークの6頭だけです。

▼6月16日(日)東京11R ユニコーンステークス
【前走着順別成績(2005年以降)】
●1着 [8-6-3-34](複勝率33.3%)
●2着以下 [0-2-5-69](複勝率9.2%)
→2005年以降は前走1着馬が圧倒的に優勢。ただし、このうち前走が500万下、かつ1800m未満のレースだった馬は[0-1-0-24](複勝率4.0%)と苦戦していました。特別登録を行った馬のうち、前走1着、かつその前走が500万下でないのはサウンドリアーナチャーリーブレイヴの2頭だけ、前走1着、かつその前走が500万下、かつ1800m以上のレースだったのはクラージュドールブロードソードの2頭だけです。

■執筆者プロフィール
伊吹 雅也(いぶき・まさや)
 埼玉県桶川市在住のフリーライター、コピーライター、競馬評論家。的確でわかりやすいデータ分析に定評があり、現在は『JRAホームページ』内「今週の注目レース」で“データ分析”のコーナーを担当しているほか、さまざまなメディアに活躍の場を広げている。競走馬への一口出資やペーパーオーナーゲーム(POG)などにも造詣が深く、近年はWIN5研究の第一人者としても知られるようになった。近著に『門外不出! 投票データから分かった! WIN5の鋭い買い方』(東邦出版)、『WIN5(五重勝)ほど儲かる馬券はない!! 少点数で驚愕配当をモノにする絶対的セオリー(競馬王新書)』(白夜書房)。

[もっと見る]

チャーリーブレイヴの口コミ


口コミ一覧

本日の見所(七夕賞など)

 山崎エリカ 2017年07月09日() 00:16

閲覧 156ビュー コメント 0 ナイス 16

2017年 プロキオンS、七夕賞
______________

●プロキオンS

地方で行われるダ1400mのグレードレースは、黒船賞、かきつばた記念、さきたま杯、サマーチャンピオン、オーバルスプリント、兵庫GTと数があります。しかし、中央で行われるダ1400mのグレードレースは、2月の根岸SとこのプロキオンSのみ。しかも、短距離戦は、12月に中山ダ1200mで行われるカペラSと併せても、計3レースしかありません。よって、このレースは必然的に好メンバーが集います。

また、このレースでは芝スタートで最初の3コーナーまでの距離が長いコースらしく、ペースが上がりやすいのがポイント。昨年のように逃げ、先行馬揃いだと、前半3F33秒台から34秒前半台になり、後半完全な減速戦になることもあります。今年も、外からナンチンノン、レヴァンテライオン、そして「前につけたい」とコメントしているウォータールルド。内から抵抗して行くベストマッチョ、アキトクレッセント、芝スタートだとそこまでテンが速くありませんが、包まれるのを嫌って出して行く可能性が高いトウケイタイガー。チャーリーブレイヴも、控えることを視野に入れつつ、あわよくば先行策を狙っていることでしょう。

ここまで逃げ、先行馬が揃うと、前半3F33秒台に突入するかはともかく、34秒台前半までペースが上がる可能性が高いでしょう。それくらいのペースだと、当然、差し、追い込み馬が有利ですが、逃げ、先行馬でも強ければ残れます。

また、展開上有利でも、根岸Sの勝ち馬カフジテイクはドバイ帰りの休養明けの一戦。レースが終わってから、帝王賞のアウォーディーのように「意外なほと伸びませんでした〜」なんてコメントしている可能性も考えられなくはありません。ただし、アウォーディーほど消耗度の高いレースはしていなかったので、私は買い目に加えます。

さらにキングズガードは休養明けの前走・天保山特別で展開に恵まれて2着と好走した後となると、ドボンする可能性も十分あり、結論として、外枠の馬に行かせることで中団で立ち回ることになる可能性の高い馬を本命馬としました。ここへ来て地力を強化しているので、今回のメンバーが相手が相手でも足りるんじゃないでしょうか。


●七夕賞

「七夕賞は、七枠が有力」なんて言われたのは、七夕賞が夏の福島最終週に行われていた頃の話。当時は福島の馬場状態も悪く、最終日ともなると内側の芝がボロボロになって、外差しが決まってばかりでした。何も考えずに、外目の枠の差し馬のボックス馬券買っておけば、かる〜く万馬券が獲れたこともありました。

ところが! 前回のコラムでもお伝えしたように、福島は2012年に芝を密度の濃いものに張り替えて以来、馬場高速化が顕著。さらに春の東京開催が2週延長されたことで、七夕賞は2回福島4日目に繰り上がりました。つまり、七夕賞当日は、大雨が降らない限り、高速馬場で行われることが多く、レースは末脚勝負。内目の枠から逃げ、先行馬ががんばることがよくあります。

しかし、七夕賞が行われる福島芝2000mの舞台はちょっと例外。最初の1コーナーまでの距離が約505mと長く(それでも中京ダ1400mのプロキオンSの舞台よりも短い)、さらにテンから2度の坂を下るために、福島芝1800mよりも前半が速くなる傾向があります。最初の下り坂でどうしてもダッシュがついてしまうので、逃げ、先行馬は予定以上にペースを上げてしまいます。その結果、ハイペースが生まれて、差し、追い込み馬が台頭するというのが例年のストーリー。昨年も綺麗に差し、追い込み馬の決着でした。

ただ、最初の直線が長いコースは、テンの遅い馬でもハナを主張することが出来るので、極端な話、鈍足な逃げ馬でも逃げることができます。先頭に立つまで時間が掛かるメジロパーマーのような馬でも逃げることが出来るし、また、スタミナがあれば逃げ切ることも可能なのがこの舞台です。その利点を味方につけて逃げ切ったのが、2008年のミヤビランベリであり、2014年のメイショウナルトです。2007年のミキノバンジョーなんかも道悪や直線の長いコースでは逃げ馬になれる馬で、このレースでは3着に好戦しています。

こういうコースなので、マルターズアポジーが仮にハンデ57.5圓堪えて、二の足がつかなかったとしても逃げられるし、前記した馬たちよりもスタートダッシュが速いマルターズアポジーならば、2番手以下を突き放して逃げることも不可能ではないはず。逆に自分はいつでも動けるからと、昨秋の福島記念のように向こう上面で後続を引きつけて引きつけて3コーナーから加速していくことも出来るでしょう。また、今年2月の小倉大賞典のときのように、淀みないペースで逃げ切ることも出来る馬なので、この馬本来の能力を出し切れれば、上位争いが濃厚でしょう。

しかし、真の逃げ馬は、展開云々よりも余力と前走でスタミナが補充できるレースが出来ているかどうかが大切。そうでなかったら、五分のスタートから二の足の速さで楽にキタサンブラックを突き放し、道中も楽に平均ペースに落とせた前走大阪杯で大失速などしません。こと展開に比重を置くのであれば、前走のレース運びは完璧だったはずです。このレースを荒らすも、荒らさないもマルターズアポジー次第であり、前走の敗因をどう考えるかが今回の勝敗の分かれ目となるでしょう。

 馬券のエース 2017年07月08日() 18:04
【日曜の格上馬】+七夕賞・プロキオンS♪ 
閲覧 129ビュー コメント 0 ナイス 8

高橋 祐≪調教師≫〔通算400勝〕函館3Rタカミツスズランでメモリアル達成♪

////////////
【メモリアル】あと1勝で○○○勝♪
武士沢 友治≪騎手≫〔現在299勝〕
小崎 憲≪調教師≫〔現在199勝〕
村山 明≪調教師≫〔現在199勝〕
野中 賢二≪調教師≫〔現在199勝〕

明日の注目はぶっしーと野中先生かな!?

///////////////
【土曜の格上馬】
中京2R…シュクルダール【2着】
函館4R…ダンツブレーブ【1着】
函館7R…グレンマクナス【2着】
中京9R…トレジャートローヴ
福島9R…ステイブラビッシモ【2着】

【日曜の格上馬】
函館3R…エレクトロニカ
中京3R…キョウワヒラリー
福島3R…ラグナアズーラ
中京6R…プリンスオブペスカ
福島8R…ラテールプロミーズ

【厩舎&騎手】高確率メソッド

福島5R:◆グラデュエイト 横山&加藤〔複勝率〕46.7%
福島5R:◆ピースユニヴァース 内田&尾形〔複勝率〕43.1%
中京3R:◆ファヴォーラ 福永&藤原〔複勝率〕53.5%
中京9R:◆バシレウスライオン 川田&矢作〔複勝率〕55.9%
中京9R:◆ファンタサイズ 福永&矢作〔複勝率〕49.2%
中京10R:◆カイザーバル デム&角居〔複勝率〕53.0%
中京10R:◆ロードプレミアム 川田&池江〔複勝率〕 47.4%
中京11R:◆イーデンホール デム&中内田〔複勝率〕46.4%
中京12R:◆エイシンジルコン デム&野中〔複勝率〕43.3%
中京12R:◆チャレアーダ 福永&中内田〔複勝率〕45.0%

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

【七夕賞】福島2000m
≪馬指数≫
1位:〔85〕マイネルフロスト
2位:〔84〕▲好坤デヴィアス
3位:〔81〕フェルメッツァ

≪タイム指数≫
1位:〔69.4〕Ε凜ージュ
2位:〔69.5〕Д織張乾Ε殴
3位:〔70.0〕マイネルフロスト ソールインパクト

≪血統一致馬≫
.僖疋襯Εール Д織張乾Ε殴 ソールインパクト

※7/6に≪攻略ポイント≫更新しています。
タイム指数を見ると例年に比べ、昇級組にかなり斤量ハンデが
有利に働きそうな感じ。荒れそう…。

//////////////

【プロキオンS】中京ダ1400m
≪馬指数≫
1位:〔83〕.瓮ぅ轡腑ΕΕ織押´キングズガード
2位:〔81〕┘フジテイク
4位:〔77〕▲戰好肇泪奪船

≪タイム指数≫
1位:〔70.4〕ぅ▲トクレッセント
2位:〔70.5〕キングズガード
3位:〔71.1〕Ε船磧璽蝓璽屮譽ぅ

≪LAP一致馬≫
キングズガード イーデンホール ┘フジテイク .瓮ぅ轡腑ΕΕ織

※7/4に≪攻略ポイント≫更新しています。
/裕い離ッズが気になるところ、単勝3倍以内なら【2-3-3-0】

////////////// 

今日は全会場36レースで1着はすべて5番人気以内( ̄ヘ ̄)
降級&格上馬も6頭中5頭が馬券内で能力通りに走れる傾向。
大御所藤原英厩舎が今日は全頭馬券内、やる気スイッチ入ってるかな!?(笑)
明日の【厩舎&騎手】高確率、中京3R:◆ファヴォーラも注目です(* ̄∀ ̄)ゞ

会員さんページに

☆プロキオンS
☆七夕賞(3連単買い目公開)
☆9日特別戦馬指数出走表(6レース分)
更新しています(* ̄∀ ̄)ゞ

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
個人サイト:【馬券Aエースの≪超抜≫競馬】|馬指数・坂路調教・重賞攻略
http://relax-myodani.jp 馬券Aで〔検索〕も可

「なんとなく」から「自信」を持って買い目を選べるレベルへ!
データ・馬能力・LAPレベルの3方向から自分で【根拠】を見つける予想理論

[もっと見る]

 ムーンホーセズネック 2017年07月08日() 10:23
競馬検討 追い切り2
閲覧 61ビュー コメント 0 ナイス 12

プロキオンステークス

メイショウウタゲ 坂路、単走、動き軽快、集中して

ベストマッチョ 長め、併せ馬、動き軽快、集中して前向き、突き放す

アキトクレッセント 長め、単走、動き軽快、集中して

チャーリーブレイヴ 坂路、併せ馬、動き軽快、集中して前向き、ビッシリ、時計優秀

カフジテイク 坂路、併せ馬、動き軽快、集中して、ビッシリ、時計優秀

レヴァンテライオン 坂路、併せ馬、動き軽快、集中して、ビッシリ、先着

ウォータールルド 長め、併せ馬、動き軽快、集中して、ビッシリ

キングスガード 長め、併せ馬、動き軽快、集中して、ビッシリ

イーデンホール 坂路、単走、動き軽快、集中して、時計優秀

ブライトライン 坂路、単走、動き軽快、集中して

[もっと見る]

チャーリーブレイヴの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

チャーリーブレイヴの写真

チャーリーブレイヴ

チャーリーブレイヴの厩舎情報 VIP

2017年7月9日プロキオンステークス G315着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

チャーリーブレイヴの取材メモ VIP

2017年7月9日 プロキオンステークス G3 15着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。