注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます!⇒いますぐ会員登録(無料)

アンビシャス(競走馬)

注目ホース
アンビシャス
アンビシャス
アンビシャス
写真一覧
現役 牡5 黒鹿毛 2012年2月17日生
調教師音無秀孝(栗東)
馬主近藤 英子
生産者辻 牧場
生産地浦河町
戦績14戦[5-2-2-5]
総賞金26,049万円
収得賞金5,525万円
英字表記Ambitious
血統 ディープインパクト
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
ウインドインハーヘア
カーニバルソング
血統 ][ 産駒 ]
エルコンドルパサー
カルニオラ
兄弟 プロフェッサーインターンシップ
前走 2017/02/26 中山記念 G2
次走予定

アンビシャスの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
17/02/26 中山 11 中山記念 G2 芝1800 11672.314** 牡5 57.0 C.ルメー音無秀孝466(0)1.47.8 0.233.8⑨⑧⑧⑦ネオリアリズム
16/10/30 東京 11 天皇賞(秋) G1 芝2000 15236.044** 牡4 58.0 横山典弘音無秀孝466(-8)1.59.9 0.634.0⑭⑫⑩モーリス
16/10/09 東京 11 毎日王冠 G2 芝1800 12674.532** 牡4 57.0 C.ルメー音無秀孝474(+4)1.46.6 0.033.6⑨⑨⑨ルージュバック
16/06/26 阪神 11 宝塚記念 G1 芝2200 17129.1316** 牡4 58.0 横山典弘音無秀孝470(+2)2.14.9 2.138.6マリアライト
16/04/03 阪神 11 産経大阪杯 G2 芝2000 11793.921** 牡4 56.0 横山典弘音無秀孝468(+4)1.59.3 -0.033.4キタサンブラック
16/02/28 中山 11 中山記念 G2 芝1800 118106.542** 牡4 55.0 C.ルメー音無秀孝464(+6)1.45.9 0.033.6⑩⑩⑨⑨ドゥラメンテ
15/11/01 東京 11 天皇賞(秋) G1 芝2000 18128.745** 牡3 56.0 M.デムー音無秀孝458(+2)1.58.6 0.233.7⑧⑧⑧ラブリーデイ
15/10/11 東京 11 毎日王冠 G2 芝1800 13575.026** 牡3 54.0 M.デムー音無秀孝456(-4)1.46.1 0.533.0⑬⑬⑫エイシンヒカリ
15/07/05 福島 11 ラジNIK賞 G3 芝1800 16232.811** 牡3 56.5 C.ルメー音無秀孝460(+2)1.46.4 -0.634.3⑪⑨⑩⑥ミュゼゴースト
15/05/09 東京 11 プリンシパル OP 芝2000 188161.911** 牡3 56.0 C.ルメー音無秀孝458(-6)2.00.2 -0.234.1⑭⑫⑪ケツァルテナンゴ
15/03/28 阪神 11 毎日杯 G3 芝1800 158153.613** 牡3 56.0 松山弘平音無秀孝464(0)1.47.3 0.134.5ミュゼエイリアン
15/02/15 東京 11 共同通信杯 G3 芝1800 1271012.543** 牡3 56.0 C.デムー音無秀孝464(0)1.47.4 0.334.5リアルスティール
14/12/28 阪神 9 千両賞 500万下 芝1600 16593.411** 牡2 55.0 松山弘平音無秀孝464(+4)1.37.4 -0.134.0⑦⑦ジェルブドール
14/11/16 京都 5 2歳新馬 芝1600 15114.021** 牡2 55.0 C.ルメー音無秀孝460(--)1.34.9 -0.435.0アルパーシャン

アンビシャスの関連ニュース

 第91回中山記念(26日、中山11R、GII、4歳上オープン国際(指)、別定、芝・内1800メートル、1着本賞金6200万円、1着馬に大阪杯の優先出走権 =出走11頭)1番人気のアンビシャスは、後方から鋭く伸びたが、スローの流れが響いて4着まで。ルメール騎手は「ペースが遅かったし、中山で後ろからだと、どうしても難しくなるよね」と言葉少な。音無調教師も「前残りだからね。外差しは予定通りだけど、それも流れていたらの話」とサバサバした様子だった。それでも上がり3ハロンは最速タイ。次走予定の大阪杯で巻き返しが期待される。

★26日中山11R「中山記念」の着順&払戻金はこちら

【中山記念】充実度MAX!アズマオー強豪狩り2017年02月25日() 11:25

 ひと皮、いや、ふた皮むけた中山の申し子。ツクバアズマオーがここも押し切る。

 今年からGIに昇格した大阪杯をはじめ、ドバイワールドCデー諸競走など、春の古馬中距離GIの前哨戦としてかなりハイレベルな“スーパーGII”。裏を返せば、GIを目標としない馬ならここは避けて通りたいのが本音のはずだが、アズマオーはわざわざ高いハードルを飛びにきた。

 「日経賞(3月25日)へ直行することも考えたけど、中間の動きがあまりにいいんでね。使うことにします」

 相当強気なローテーションの前倒し。尾形充調教師があえて強豪狩りに打って出るのは、それだけ充実ぶりに手応えがあるからにほかならない。

 12月に復帰してから、ディセンバーS→中山金杯を力強い内容で連勝。OPでは善戦止まりだったかつての姿から完全に脱した強烈な印象を残したが、トレーナーは22日の動きを見届けて、さらにこう言ってのけた。

 「背中のラインが流れるような、素晴らしい動きを見せてくれた。以前と違ってムダなことをしなくなって、歩いている姿を見ても調子がいいのが伝わってくる。中山金杯から、もう一段ギアが上がっているのを感じます」

 No.1の決め手であっさりGをモノにした前走時を上回る可能性。このスーパーGIIをターゲットに捉えるのはむしろ必然かもしれない。500万下(15年12月)、1000万下(16年1月東雲賞)、1600万下(16年4月湾岸S)、OP特別勝ち、GIII制覇と、常に中山の芝を舞台にステップアップを果たしてきた巧者。昨秋9月のGII産経賞オールカマーの時点ですでに、一昨年の有馬記念ゴールドアクターの0秒2差3着に食い込んでいるのだから、今回、海千山千の伯楽が前のめりになるのも十分にうなずける。

 休み明けの実績馬にはない順調さの強みと、その充実度がGIIの壁を感じさせない。叩き上げの6歳馬がGIを狙う強豪を叩きつぶす。

 “究極の3連単”は1着にアズマオーを固定。昨年の中山記念3・2着の、GIドバイターフ連覇を狙うリアルスティール、大阪杯GII&GI連覇を目指すアンビシャスを2着に据えた12点で勝負だ。(夕刊フジ)

中山記念の枠順はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【中山記念】厩舎の話2017年02月24日(金) 05:07

 ◆アンビシャス・音無師 「昨年(2着)ぐらいは走れると思う。あとは、はまるかどうか」

 ◆ヴィブロス・友道師 「久々なので気持ちを入れようと併せ馬にした。いきなりでも動けると思う」

 ◆クリールカイザー・相沢師 「前走は1コーナーまでに脚を使ってしまい参考外。2、3番手から競馬ができれば」

 ◆サクラアンプルール・金成師 「ここにきて地力強化。実績のある中山でどこまでやれるか」

 ◆ツクバアズマオー・尾形充師 「前走の疲れはないし、体の使い方が良くなった」

 ◆ヌーヴォレコルト斎藤誠師 「これまでより1週早く厩舎に戻して調整してきた。恥ずかしくない仕上げができた」

 ◆ヒラボクディープ・国枝師 「前走後の反動もなく順調。距離も心配していない」

 ◆マイネルミラノ・相沢師 「放牧で疲れがとれ、状態は休む前よりいい」

 ◆リアルスティール・矢作師 「先があるから(体調を)100点にはできないけれど、十分勝負になる仕上げにもってくることができた」

 ◆ロゴタイプ・田辺騎手 「まだ休み明けの感じがある。今週のひと追いで変わってくれれば」

中山記念の出馬表はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【中山記念】リアル好タイムでも余裕ある! 2017年02月23日(木) 05:11

 中山記念の追い切りが22日、東西トレセンで行われた。栗東ではリアルスティールが坂路で4ハロン51秒6の好タイムをマーク。今年初戦に向け、態勢をしっかりと整えた。アンビシャスヴィブロスの実力馬も坂路で軽快な動き。美浦では北Cコースで力強く伸びたツクバアズマオーが、サンケイスポーツ調教評価で最上級の『S』となった。

 暖かい日差しに鹿毛の馬体が映える。ジャパンC5着以来のリアルスティールが、坂路で4ハロン51秒6−12秒2の好時計をマーク。想定よりも速くなった時計にも、矢作調教師は満足げな表情を浮かべた。

 「(4ハロン)52、53秒の指示だったけれど、何も問題はないです。人気になる以上、それだけの走りができるよう仕上げてきました」

 道中はリズムよく急勾配を駆け上がり、ゴールが近づくと肩ムチ2発に応え鋭く伸びた。一杯に追われたとはいえ、走りにはまだ余裕があった。

 昨年は3月のドバイターフでGI初制覇を果たしたが、帰国初戦の安田記念で11着と大敗。直前の追い切りが強く、当日にテンションが上がったことを踏まえ、秋は1週前に強く追い、直前はソフトな仕上げにした。天皇賞・秋(2着)時は坂路4ハロン53秒8、ジャパンC時は同54秒1だった。

 今回も昨秋を踏襲し、1週前にCWコースで6ハロン78秒9−12秒3の猛タイムをマーク。最終追い切りは久々でもあり、秋2走よりも速いタイムとなったが、柿崎助手は「さらっと、やり過ぎずですね。去年の秋よりいい状態です。以前より体を使えるようになっている。ハミにもたれる面もましになり、レベルアップ。完成期に入ってきたかな」。調子のよさも数字に表れたといえそうだ。夏負けが尾を引き、毎日王冠を直前で回避した昨秋と比べれば、格段に順調といえる。

 上半期の最大目標は、ドバイターフ(3月25日、メイダン、GI、芝1800メートル)の連覇。昨年(中山記念3着)と同じローテーションを選択したが、GI未勝利だった昨年とは立場が違う。「先があるから(体調を)100点にはできないけれど、このメンバーに入っても十分勝負になる仕上げに持ってくることができた」。矢作調教師は前哨戦でも力を見せつけるつもりだ。 (山口大輝)

中山記念の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【中山記念】アンビシャス納得の12秒7 2017年02月23日(木) 05:10

 昨年はドゥラメンテのクビ差2着だったアンビシャスは、坂路で追われて4ハロン52秒3−12秒7をマーク。グレナディアーズ(OP)にクビ差先着した。天皇賞・秋4着以来となるが動きはよく、音無調教師は「よかったんじゃない。去年ぐらいは走れると思う」と納得の表情。今回も前向きすぎる精神面が鍵となるが「ルメール騎手だと掛からないからね。後ろからの競馬になると思うよ」と話した。

中山記念の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【中山記念】勝ってGIへ!アンビシャス万全 2017年02月22日(水) 11:30

 天皇賞・秋のあと休養して、中山記念で復帰するのは昨年と同じパターン。アンビシャスが新装された大阪杯GIロードへ向け、力強い一歩を踏み出す。

 栗東坂路でグレナディアーズを相手に、テンから14秒0−13秒5とスムーズな行きっぷり。3F目から一気にペースを速め、ラスト1Fあたりでは1馬身前へ。最後の追い比べで少し詰め寄られはしたが、クビ先着の12秒7でまとめた。先週16日も51秒8、12秒7と好気配をうかがわせ、仕上がりは申し分ない。

 「先週より良化しているね。次があるし、輸送もあるので、少しゆとりをもたせて作っている。昨年と同じくらいの状態じゃないかな。天皇賞は坂下でハミを噛んで、内を突く形になった。スローにならずに流れてほしい。ただ、ルメール騎手だと引っ掛からないからね」と音無調教師。

 昨年の中山記念ではドゥラメンテをクビ差まで追い詰め2着となり、まだGIIだった産経大阪杯では、この馬としては“奇策”ともいえる2番手追走から、キタサンブラックをクビ差封じ込め優勝した。悲願のGI制覇へ、まずはステップ戦を制しておきたい。(夕刊フジ)

中山記念の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

⇒もっと見る

アンビシャスの関連コラム

閲覧 471ビュー コメント 0 ナイス 1

みなさんこんにちは!

本日は中山11R「中山記念 G2」の『凄馬出馬表』を分析したいと思います。

今回も「U指数」だけでなく、U指数のポイントに【調教評価】、【厩舎評価】、【斤量補正】を数値化し加算減算しU指数を補正することで「総合ポイント」を算出しました。
★「U指数」について詳しくはこちらをご覧ください→U指数についてページ

U指数1.0ポイントは約1馬身差にあたるので、これを目安に以下のような重み付けをしました。
【調教評価】は競馬エイトの調教評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「5」・・・「−1.0ポイント」
「6」・・・「±0.0ポイント」
「7」・・・「+1.0ポイント」
「8」・・・「+2.0ポイント」
【厩舎評価】は競馬エイトの厩舎コメントの評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「△」・・・「−1.0ポイント」
「○」・・・「±0.0ポイント」
「◎」・・・「+1.0ポイント」
【斤量補正】は1.0kg=「0.5ポイント」として以下の基準体重との差分に乗算しました。
「牡馬」・・・「57.0kg」
「牝馬」・・・「55.0kg」


上記の補正を行った『凄馬出馬表』(画像)をご覧ください。






第1グループ(橙)は、アンビシャスから1.0ポイント差(約1馬身差)内のリアルスティールロゴタイプまでの3頭。
第2グループ(黄)は、ヌーヴォレコルト1頭。
第3グループ(薄黄)は、ネオリアリズムから1.0ポイント差(約1馬身差)内のクリールカイザーまで2頭となっていて、以下は第4G(灰)となっています。

凄馬出馬表を見渡すと、上位4頭が後続に少し差を付けていて、第4G内にもいくつかの開きが見られます。少頭数ながらメリハリの付いた配置というのが今回の凄馬出馬表の見立てとなっているようです。

今回◎はヌーヴォレコルトとしました。中山記念オールカマーと中山中距離G2でのパフォ−マンスを評価。当時と比べ相手は更に強力になり、自身は6歳とひとつ年をとって迎える今回ですが、54キロでの出走と自身初の中穴人気に落ち着きそうということで好転する材料もチラホラ。1週前追い切りの動きは、正直良くは映りませんでしたが、最終追い切りではまずまず仕上がった印象ですし、人気3頭の一角崩しをこの馬に期待したいと思っています。
以下、もう少し人気しない前提で当初は本命も考えた○ネオリアリズム、ここは落とせない印象の▲アンビシャス、▲同様指数評価からも逆らい難い☆リアルスティールと印を打ち、今回の私の馬券はこの4頭の3複ボックスで臨みたいと思います。


【3複ボックス】
◎○▲☆
1,4,7,10(4点)


登録済みの方はこちらからログイン

2017年02月26日() 13:00 競馬プロ予想MAX
「プロ予想MAX四天王の決断!」/中山記念 G2(サラマッポプロ)
閲覧 486ビュー コメント 0 ナイス 1

 今回登場してもらうのは、馬体と走法から競走馬の真の適性を見抜くことのできる“神の相馬眼”を持ち、ウマニティのユーザーから圧倒的な支持を集めている公認プロ予想家のサラマッポさんです。ここ2週続けてプラス収支を達成するなど、予想精度の高さならびに安定感は特筆モノ。本日は中山記念でスマッシュヒットを飛ばしてもらいましょう。
すでに勝負付けが済んだメンバー構成。力量上位馬の中山1800m適性が高いので、堅い決着になりそう」とこのレースを分析したサラマッポさんが本命を打ったのはリアルスティール。「行きっぷりの良さと走法のバランスから明らかに中距離向き。伸び伸び走れるかどうかが好走のカギで、その点において戸崎騎手への乗り替わりはプラスに働くはず」との見解を示しました。
 対抗はアンビシャス。単穴はネオリアリズム。馬券は単勝ぁ馬連流しあ´Г脳”蕕靴泙后K椒譟璽弘奮阿サラマッポプロの予想は、ウマニティのプロ予想MAX でご確認ください!


(ウマニティ編集長・岡田大)

------------------------------------------------
プロ予想MAX四天王の決断!」とは・・・ウマニティが日曜のサンケイスポーツ競馬面にてお届けする連載コラムで、プロ予想MAX最強プロ予想家陣の中でも売上ランキング(前月の月間予想売上)で頂点に君臨する四天王の中から毎週1名の予想家が登場し、重賞予想を掲載しています。
------------------------------------------------

ウマニティ公認プロ予想家の予想はここが違う!
プロ予想家の予想は、予想の収支が完全公開されているガチンコ勝負の予想です。 予想収支を出さない他の予想サイトとは一線を画しています。

【プロ予想家の提供する予想】
1.予想印(◎◯▲△×)による評価
2.コメントで予想根拠を提示※1
3.資金配分をした買い目(予算最大1万円)
※1:コメントの無い予想もあります。コメントの有る無しは購入前に確認できます。

【予想例】覆面ドクター・英プロの安田記念予想
3連単12万7190円を7点買いで的中!178万1400円払戻


「競馬プロ予想MAX」には総勢25名のウマニティ公認プロ予想家がいます!
プロ予想家の収支はリアルタイムで完全公開されています。
まずは、どんな予想家がいるかあなたの目で確かめて下さい。
>>詳しくは競馬プロ予想MAXへ<<

[もっと見る]

2017年02月25日() 13:00 みんなの競馬コラム
【外厩】今週の重賞レース(アーリントンカップ・中山記念・阪急杯)byもっしゅ
閲覧 1,132ビュー コメント 0 ナイス 3

先週行われた本年最初のGIフェブラリーSは、注目度◎を打ったゴールドドリームが見事に勝利。
ここまで3週間コラムを続けてきましたが、外厩帰りの好走率の高さは少しお分かり頂けたかと思います。
さて、今週から中山と阪神が開幕し、土日で3重賞が組まれております。
今回もしっかり外厩帰りをチェックして、馬券的中を目指していきましょう。


◇2/25(土) 阪神11R アーリントンC 芝1600m

<外厩帰りの主な出走予定馬>

ヴゼットジョリー (栗)中内田 グリーンウッド
キョウヘイ (栗)宮本 吉澤ステーブルWEST
ジョーストリクトリ (栗)清水 大山ヒルズ
ナンヨーマーズ (栗)清水 吉澤ステーブルWEST
ペルシアンナイト (栗)池江 吉澤ステーブルWEST
レッドアンシェル (栗)庄野 NFしがらき


<注目の外厩―調教師コンビ>
(データは2016年〜 30例以上対象)

レッドアンシェル
庄野厩舎+NFしがらき
8-3-3-25(勝率20.5/複率35.9)
単回値 274円/複回値 99円

このコンビは先々週の共同通信杯スワーヴリチャードで勝利。
勝率は対象調教師全体で2位、単回値は1位でコンビ相性は抜群です。
今回出走のレッドアンシェルは、G1朝日杯FS8着から巻き返しを図る一戦。
中間はしっかりしがらきで調整してきており、狙い目となる一頭です。


ヴゼットジョリー
中内田厩舎+グリーンウッド
8-3-3-36(勝率16.0/複率28.0)
単回値 118円/複回値 72円

実家は外厩でお馴染みの信楽牧場で、開業6年目ながら成長著しい中内田厩舎。
自身はイギリスの大学を卒業後、海外厩舎で修行をするなど異色の経歴を持つ新進気鋭の調教師です。
主要の外厩を満遍なく使いますが、中でもグリーンウッドとの成績は単回値100円超えと良好。
レベルが高い今年の牝馬戦線でのG15着は胸を張れる実績で、外厩帰りのここはマークする必要があるでしょう。


<外厩―調教師コンビ評価順>
※印は注目度で付けています

レッドアンシェル
ヴゼットジョリー
ジョーストリクトリ



◇2/26(日) 中山11R 中山記念 芝1800m

<外厩帰りの主な出走予定馬>

アンビシャス (栗)音無 NF天栄
ヴィブロス (栗)友道 NFしがらき
ネオリアリズム (美)堀 NFしがらき
リアルスティール (栗)矢作 NFしがらき


<注目の外厩―調教師コンビ>
(データは2016年〜 30例以上対象)

ネオリアリズム
堀厩舎+NFしがらき
12-7-3-26(勝率25.0/複率45.8)
単回値 133円/複回値 85円

既にこのコラムで何度か取り上げ、先週のダイヤモンドSもアルバートで重賞制覇。
馬券で人気になりやすいコンビながら、単回値100円超えはかなりの良績と言えます。
特に重賞での成績は非常に優秀で、勝率33.3%と勝ち切るのが特徴です。

【参考】
堀厩舎+NFしがらき+重賞
5-1-1-8(勝率33.3/複率46.7)
単回値 302円/複回値 92円


ヴィブロス
友道厩舎+NFしがらき
20-6-7-70(勝率19.4/複率32.0)
単回値 78円/複回値 60円

回収値は低調ながら、20勝は対象全調教師でトップ。
先々週のクイーンCアドマイヤミヤビで、先週のフリージア賞はトリコロールブルーで勝利を挙げています。
特に人気の時ほど信頼が置けるコンビ。
1〜3人気時は複勝率65.1%、回収値は100円超えで、人気の時ほど逆らうことは避けた方が良いでしょう。

【参考】
友道厩舎+NFしがらき+1〜3人気時
18-5-5-15(勝率41.9/複率65.1)
単回値 116円/複回値 102円


<外厩―調教師コンビ評価順>
※印は注目度で付けています

ヴィブロス
ネオリアリズム



◇2/26(日) 阪神11R 阪急杯 芝1400m

<外厩帰りの主な出走予定馬>

シュウジ (栗)須貝 吉澤ステーブルWEST
ミッキーラブソング (栗)橋口慎 グリーンウッド
ムーンクレスト (栗)本田 宇治田原優駿S


<注目の外厩―調教師コンビ>
(データは2016年〜 30例以上対象)

★件数対象外も注目のコンビ★

ミッキーラブソング
橋口慎厩舎+グリーンウッド
1-3-0-3(勝率14.3/複率57.1)
単回値 114円/複回値 125円

対象件数が非常に少ないですが、7戦4連対と非常に高い好走率を叩き出しているコンビ。
まだ開業3年目ながら父である弘次郎氏の管理馬を一部引き継いでおり、将来性のある調教師です。
今回出走のミッキーラブソングは複数の外厩を併用していますが、グリーンウッド後の成績は優秀。
昨年5月以来となるグリーンウッド帰りの一戦で、一発の可能性は十分あるでしょう。

【参考】
ミッキーラブソング+グリーンウッド
・2015/03/29 六甲S 8人気7着
・2015/08/02 佐世保S 5人気1着
・2016/05/08 鞍馬S 1人気2着
→3戦1勝 単回値 490円/複回値 150円


<外厩―調教師コンビ評価順>
※印は注目度で付けています

ミッキーラブソング

執筆者:もっしゅ(MYコロシアム>最新予想にリンク)

------------------------------------------------
あなたも「みんなの競馬コラム」コーナーでコラムニストデビューしてみませんか!
>>応募方法など詳しくはこちら<<
------------------------------------------------

[もっと見る]

2017年02月19日() 15:00 伊吹雅也
【伊吹雅也のピックアップ競馬データ2017年02月19日号】特選重賞データ分析編(35)〜2017年中山記念〜
閲覧 2,080ビュー コメント 0 ナイス 3

次週の注目重賞を、伊吹雅也プロが様々なデータを駆使していち早く分析! もっとも重要と思われる<ピックアップデータ>に加え、<追い風データ/向かい風データ>や<注目馬チェック>など、貴重な情報が満載なウマニティ会員専用コラムとなっております。ぜひ皆様の予想にお役立て下さい。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


<次週の特選重賞>

G2 中山記念 2017年02月26日(日) 中山芝1800m内


<ピックアップデータ>

【前走の出走頭数別成績(2011年以降)】
×15頭以下 [0-0-0-21](複勝率0.0%)
○16頭以上 [6-6-6-36](複勝率33.3%)

 近年は少頭数のレースを経由してきた馬が不振。2012年のトゥザグローリー(10着)、レッドデイヴィス(11着)、2014年のトウケイヘイロー(6着)など、人気を裏切ってしまったケースも少なくありません。注目している競馬ファンはあまり多くないようですが、「前走の出走頭数」は予想において重要な意味を持つファクターであり、基本的には多ければ多いほど信頼度が増します。このレースに限らず、しっかりチェックしておきましょう。

主な「○」該当馬→ヴィブロスクリールカイザーリアルスティール
主な「×」該当馬→アンビシャスツクバアズマオーヌーヴォレコルト


<他にも気になる! 追い風データ/向かい風データ>

【追い風データ】

○「前走の着順が1着」だった馬は2011年以降[4-1-1-7](複勝率46.2%)
主な該当馬→ヴィブロスツクバアズマオー

[もっと見る]

2016年11月02日(水) 18:37 競馬プロ予想MAX
先週の回顧〜(10/29〜10/30)おかべ育成プロが爆発!回収率376%、収支プラス41万超をマーク!
閲覧 1,086ビュー コメント 0 ナイス 4

先週は30(日)に東京競馬場でG1天皇賞(秋)が行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
  
G1天皇賞(秋)モーリスが3.6倍で1番人気、続いてエイシンヒカリが4.5倍、ルージュバック5.1倍、アンビシャス6.0倍とここまでが10倍を切る形でオッズを形成しました。
 
注目のスタートは各馬大きな出遅れなく、内から気合をつけたエイシンヒカリが先頭に立ちます。2番手にロゴタイプ、3番手にヤマカツエース、続いてラブリーデイクラレントサトノクラウンモーリスと先団を形成。中団からはリアルスティールサトノノブレスアドマイヤデウスカムフィーと追走。後方からはルージュバックアンビシャスステファノスと続いて最後方にヒストリカルの態勢。
 
エイシンヒカリが刻んだペースは前半1000mを1分0秒8(参考)のスローペース。先頭から後方までほぼ一団の形で直線コースへ差し掛かります。
 
先頭はエイシンヒカリでリードは半馬身、2番手にラブリーデイ、外めからはヤマカツエースモーリスが追い出しにかかります。残り400mを通過、ここでエイシンヒカリは一杯となってラブリーデイが先頭に立ちますが、直後、外から抜群の手応えでモーリスが並びかけると鞍上ライアン・ムーアのGOサインに応えて一気にスパート!あっという間に2馬身ほどリードを広げます!残り100m、中からリアルスティール、大外からはステファノスが脚を伸ばして懸命に前を追いますが、モーリスの脚色は衰えるどころか、ゴール前でさらにもうひと伸び!早め先頭で後続を抑え込む豪快な競馬でG1・5勝目を飾りました!勝ちタイムは1分59秒3(良)。1馬身半差の2着にリアルスティール、そこから1馬身半差の3着にステファノスが入っています。
 
------------------------------------------------------------------------------
 
☆☆☆注目プロ →おかべ育成プロ
勝負レースに指定した29日新潟6Rで『2走前より前走で良化気配やし、馬体重も絞れた』と狙った◎キングルアウの単勝5.9倍を1万円的中!さらに同日の東京3Rでも○◎の馬連1点勝負を見事仕留めて15万9000円の払い戻し!翌日も勢い止まらず東京12Rで3連複1点勝負を的中させ、14万4000円を払い戻しました!週末トータル回収率376%、収支プラス41万4950円をマークしています!
 
☆☆☆注目プロ →いっくんプロ
29(土)新潟8Rで◎メイショウミツボシ頭固定の3連単勝負!849.5倍を500円的中させ、42万4750円を払い戻し!翌日の新潟10Rでも◎○△の印で3連単を仕留め、20万7800円を払い戻しました!週末トータル181%、収支プラス58万3950円をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →霧プロ
勝負レースに指定した30(日)東京11R天皇賞(秋)で『2走前の安田記念は海外遠征帰りで、東京競馬場での調整という異例の形。前走の札幌記念は明らかに洋芝の稍重馬場という条件が敗因。今回の調整過程はこれまでになく順調。勝ち負けの可能性はかなり高いと見た。』と◎モーリスからの馬連24.2倍、3連複74.3倍を的中させました!この他にもコンスタントに的中を重ね、週末トータル的中率41%、回収率153%の好成績を収めています。
 
☆☆☆注目プロ →スガダイプロ
30(日)京都1R新潟9Rの両レースを◎○▲のパーフェクト予想で単勝、馬連、3連複を本線的中!さらに同日の京都8Rでも単勝22.7倍の伏兵◎スズカバーディーからの馬連35倍、3連複147.5倍を仕留め、2万7030円を払い戻しました!週末トータル回収率116%をマークしています。

☆☆☆注目プロ →栗山求プロ
30(日)東京11R天皇賞(秋)で『2代母メジロモントレーはAZ共和国杯(G2)をはじめ芝2000m以上の重賞を4勝した名牝。血統的にはマイル戦よりも2000mのほうが向いている。』と本命に推した◎モーリスからの馬単37倍、3連単324倍を本線的中!週末トータル回収率472%をマークしています。
 
この他にもろいすプロ(114%)、シムーンプロ(102%)、山崎エリカプロ(101%)、サラマッポプロ(100%)が週末トータル回収率100%超の活躍を見せています。
 
※全レースの結果速報はこちら

今週もウマニティ競馬プロ予想MAXにご期待ください!

[もっと見る]

2016年10月31日(月) 16:46 凄馬プロジェクトチーム
『凄馬出馬表&馬券検討』10/29〜10/30の結果(天皇賞(秋)・スワンステークス)
閲覧 283ビュー コメント 0 ナイス 1

10月30日(日)に行われました東京11Rの「天皇賞(秋)G1」です。

レース結果(着順)の凄馬出馬表(画像)をご覧ください。



1着:総合ポイント【1位】○モーリス(3.6倍)
2着:総合ポイント【10位】△リアルスティール(13.0倍)
3着:総合ポイント【8位】▲ステファノス(11.2倍)

第1グループ・総合ポイント1位のモーリスが1着、第4グループ・総合ポイント10位のリアルスティールが2着、第3グループ・総合ポイント8位のステファノスが3着という結果でした。

エイシンヒカリが逃げてもスローになる、という想定通りの展開ではあったんですが、◎ラブリーデイは直線半ばで手応えがなくなってしまいましたね。結果的に外枠が仇となった格好で、2コーナーまでの先手争いのところでのロスが大きかったとみています。しかし、そこは外枠でもこの馬、この鞍上ならと思って選んだので、悔いは無しといったところ。
モーリスの強い競馬が見れたこと、○モーリスステファノスアンビシャスの3頭タテ目決着にならなかったことなど、いくつか救われた部分もありましたので良しとします。

【3複フォーメーション】
◎=○▲☆=印
15=3,8,14=1,3,4,7,8,9,12,14(18点)

【馬連流し】
◎=○▲☆
15=3,8,14(3点)

計21点 払い戻し0円


続いて10月29日(土)に行われました京都11Rの「スワンステークスG2」です。

レース結果(着順)の凄馬出馬表(画像)をご覧ください。



1着:総合ポイント【3位】△サトノアラジン(4.0倍)
2着:総合ポイント【7位】△サトノルパン(24.5倍)
3着:総合ポイント【4位】◎エイシンスパルタン(13.3倍)

第2グループ・総合ポイント3位のサトノアラジンが1着、第4グループ・総合ポイント7位のサトノルパンが2着、第3グループ・総合ポイント4位のエイシンスパルタンが3着という結果でした。

こちらは期待した◎エイシンスパルタンが頑張ってくれたんですが......。あと一歩のところで的中を逃す結果となり惨敗。3複が正解でしたか〜。もっとも、◎エイシンスパルタンがもっと人気するかと思っていたので、その時点で精彩を欠いていたかもしれませんね((+_+))

【馬単流しマルチ】
◎⇔印
13⇔1,2,8,9,11,12,14,16(16点)払い戻し0円

[もっと見る]

⇒もっと見る

アンビシャスの口コミ


口コミ一覧

阪急杯&中山記念2017回顧

 ウマ蔵 2017年02月26日() 22:11

閲覧 32ビュー コメント 1 ナイス 5

阪急杯と中山記念どっちの重賞も荒れましたねー
阪急杯の馬券は三連単1着シュウジ⇄2着ロサギガンティアの3着数頭流しで固い結果を予想しておりましたが惨敗で2頭の軸を飛ばす結果となってしまいました。

阪急杯の回顧をします。
レースのペース
前半3F
33.8
中盤1F
11.7
後半3F
35.9
で前半後半で2.1秒も違う前半ハイペース
人気の二頭のスタートは対極的
スタートはロサギガンティア(四位)が出遅れ
シュウジ絶好のスタート
先頭隊列
カオスモス(幸四郎)
2列目
プラブィッシモ(豊)
シュウジ(川田)
で落ち着く
だったのがテイエム(池添)が本来の先行策に出てカオスモスとハナの奪い合いでペースが上がる要因となった。
シュウジも追走しそこで脚を使いました。
またロサギガンティアは出遅れを取り戻そうと中段まで位置を押し上げるのに脚をさらに使いました。

勝ち馬トーキングドラム(幸)は中段後方のインをロスなく周り、2着のヒルノデイバロー(古川)はヒルノの真横、3着馬のナガラオリオン(国分)は最後方で脚をためる

ラップを見ても12.1-10.7-11.0-11.7-11.7-12.0-12.2ということで前半はかなり早いペースのまま、ずっと緩むことのペースで終始レースは展開されたので前にいた馬は残らず持続的に脚を使えるような馬じゃないと厳しい展開になり結論的に後方で脚をためた馬が勝っています。

人気馬の総評
シュウジは前半の早いペースが仇となりました
早いペースには追走できるけど早いペースが得意というわけではなさそうです。ある程度ペースが流れて阪神カップのように好位につけてレースした方が合うのかなと思いました。

ロサギガンティアは出遅れが痛かったの+ペースにつられたのと最終コーナーで四位さんの外ぶん回しで体力なしですね。
馬は出遅れ癖がある短距離馬の出遅れ癖は怖い

プラブィッシモは最後に伸びていますが最後の200m〜300mで体力がなくなった馬に進路を塞がれて二度手綱を引いたのが痛かったです。

中山記念の回顧です。
重賞といえばもうデムーロ1着固定ですね笑
もう無双ですね^ ^
馬券は三連単デムーロ1着固定で人気馬のフォーメーションでしたが1着、3着は当たったがまさかの2着によりハズレでした。

ペース
前半3F
37.4
中盤3F
35.6
後半3F
34.6

前半は緩いペースになった。
それはなんでかというと大外のクリールカイザー(石川)マイネルミラノ(柴田大)が逃げると思っていてがなかなか行かず、ハナにロゴタイム(田辺)が行くという判断までに時間がかかったからではないでしょうか。
またロゴタイムがスローペースを演出した。

勝ち馬にネオリアリズム(デムーロ)も2列目のインに着き足を節約し、ロゴの下にクリールとミラノがおり、中段はヴィブロス(内田)、リアルスティール(戸崎)、ヌーヴォ(岩田)、後方にサクラ(横山)、ツクバ(吉田豊)、アンビシャス(ルメール)構えるが、中盤でミラノがロゴより位置を上がるとネオリアリズムも追走したので600mから800mが12.9に対し800mから1000mが11.1と加速ラップを踏むことになるが、この後ペースとして11.6-11.6-11.3-11.7なのでペースは流れているこれ以上ミラノを追走すると後半の持たないと思ったデムーロは位置を一旦落ち着かせてそのままインから前残りのペースを作りコースをあけ最後にためてた脚を使い、勝ったのでデムーロ騎手にアッパレです。

2着のサクラもさすがの横山騎手ですね
ずっと後方のインで脚をためて最後のコーナーでも内を着き、最後の最後に抜け出すという戦略でした

3着のロゴタイプもなんとか残したが、中盤のネオとミラノの加速ラップがペースを狂わされ、自分のペースではなく加速せざるを得なかったため、自分の力を出すところが分散され後半が伸びなかった。
あれがなければどんどんロゴ自身が1000mぐらいから加速し完全に自分のペースで競り上げ好走してたでしょう。

アンビシャスは最後伸びてきているけどもう少しレースが流れないといけないのでしょうね。前にいた馬のペースメイクに錯乱させられましたね。

 激闘競馬野郎【穴馬探 2017年02月26日() 21:06
[日曜重賞] 中山11R 中山記念 結果と反省
閲覧 23ビュー コメント 0 ナイス 3


事前の予想

◎アンビシャス
〇リアルスティール
▲ネオリアリズム
☆ロゴタイプ
△ツクバアズマオー
△ヌーヴォレコルト

結果
一着 ▲ネオリアリズム
二着  サクラアンプルール
三着 ☆ロゴタイプ


3連複 52,870円
3連単 315,300円

[展開]
展開は驚くほどスローペース。
先手はロゴタイプが最初は取った物の、三コーナーではマイネルミラノが出ていく展開。
こうなってしまうと末脚一辺倒は厳しい。
サクラアンプルール、アンビシャスが最後に突っ込んできたがアンビシャスは四着と言った結果。

[反省]
スローペースは読めていたが、ここでの問題はアンビシャスの位置取りと横山典弘騎手の好騎乗。
横山騎手は確実にインから伸びてこようと言う位置取り。ベテランの騎乗が光ったからこその二着。
サクラアンプルールに関しては、仕方ないと言ったところ。

問題はアンビシャス。進んでいかなかったのか、それとも進めなかったのかは分からない。
最後に追い込んできている事から力は見せたが、もう少し位置取りが上手く行かなかったのか。
それ以上にスローペースだったことからネオリアリズムやロゴタイプに流れが向いた感じですね。

サクラアンプルールの買い目は条件戦を勝ち上がり白富士S二着の上り調子だった事でしょう。
調子の良さが実績を覆すと言う法則になってしまいました。上りも早く、力負けと言う感じでは無かったことを考えると甘く見過ぎだったと反省できます。

[もっと見る]

 やすの競馬総合病院 2017年02月26日() 20:38
中山記念・阪急杯・アーリントンC・すみれS・総武S
閲覧 16ビュー コメント 0 ナイス 3

それでは、今週の競馬を時系列順に感想書いていきましょう。


--------------------------------------------------------------------------------

☆アーリントンCの感想☆
1着ペルシアンナイト
開幕週の良馬場なのに後方追走から外回る競馬してたんで、やばいのかな〜と思ったら、メンバー中最速の上がり3F34.0で直線もしっかり伸びて3馬身差の快勝!
ハービンジャー産駒なのにディープインパクト産駒みたいな勝ち方する馬ですね〜。
この馬がどれぐらい強いかはまだよくわからないけど、少なくとも今日のメンバー相手なら何回やっても勝てるぐらいの力差は感じました。

☆アーリントンC 馬券結果☆
宣言通り、3連複 11−12−2・7・8・9を買いましたが、2頭軸が2・4着でハズレ・・・。

収支は−2000Pでした。


--------------------------------------------------------------------------------

☆総武Sの感想☆
1着モンドクラッセ
58kg背負っての逃げ切り勝ち!!
重賞以上だと善戦止まりですけど、OP特別なら58kgでもやれるぞ!ってところを見せてくれました。
能力ある馬だと思うんで重賞以上でも勝ってほしいです。

2着ピオネロ
負けたけど、58kg背負ってよく頑張ってたし、増え続けてた馬体重が−18kgとようやく絞れてくれたんで、次走以降ますます楽しみです。

14着バスタータイプ
OPの壁というよりは力出せる状態じゃなかったように見えました。
OPでもやれる力あると思うから、次走以降も温かい目で見つつ狙っていきたいです。

☆総武S 馬券結果☆
宣言通り、馬連 5−12、ワイド 5−12を買いましたが、3・14着でハズレ・・・。

収支は−3000Pでした。


--------------------------------------------------------------------------------

☆すみれSの感想☆
1着クリンチャー
3番手追走から、2着に4馬身つける楽勝でしたが・・・。
重賞とかで強い相手と戦ったらどうなのかな〜?
時計面でもう少し説得力あれば高評価できたんですけどね〜。

☆すみれS 馬券結果☆
宣言通り、3連単 5−6−1・2・3・4・7を買いましたが、2頭軸が3・5着でハズレ・・・。

収支は−500Pでした。


--------------------------------------------------------------------------------

☆阪急杯の感想☆
1着トーキングドラム
後方追走して、内ピッタリ回る競馬してたけど、先行勢がバテる流れもおいしかったし、何よりも最内から抜けてこられたのが最高においしかったです。
12頭立てとはいえ、よくあのまま内から抜けてこれましたね〜。
ごちそうさまでした!!という声が聞こえてきそうなおいしい勝ちっぷりでした。

8着シュウジ
この相手に8着とか嘘でしょ〜。
ここ使った後の高松宮記念ではパフォーマンス上げてくるとは思うけど、これだけ負けられると馬体重+8kgで過去最高馬体重や仕上がり状態の他に何か敗因あるのかな?と少し心配になりました。

☆阪急杯 馬券結果☆
宣言通り、ワイド 7−8を買いましたが、6・8着でハズレ・・・。

こんなの予想外の決着すぎて、日曜の昼間にナイトメア(悪夢)見たのかと思いましたよ〜。

収支は−2000Pでした。


--------------------------------------------------------------------------------

☆中山記念の感想☆
1着ネオリアリズム
+15kgや香港マイル以来の実戦でこの相手関係でどうかな〜と思ったら、先行してスムーズな競馬して上がり3Fも34.3でまとめてきっちり勝ってて驚きました。
そして、デムーロまた重賞勝った!相変わらずすごいな〜と尊敬しました。

2着サクラアンプルール
後方から外に出さず、内から抜けてきましたけど、11頭立てとはいえよく抜けてこれたし、よくこの馬で2着に持ってきましたね〜。
相変わらず横山典は買っても消しても怖い騎手です。

3着ロゴタイプ
勝てなかったけど、このメンバーで3着は立派!
お父さんのローエングリンも中山大好きっ子でしたけど、息子も中山大好きですね〜。
こういうの見ると、微笑ましい気分になります。

4着アンビシャス
好位集団の馬達でも楽な流れの中、後方追走から4コーナー大外ぶん回して、メンバー中最速の上がり3Fを出しながら脚を余らせ気味にゴール。
おいおいおい!いくらなんでも開幕週の中山でその競馬はないやろ〜というぐらい、ルメールがド下手に乗ってただけなんで、馬は悪くないから次走での巻き返し期待したいです。

☆中山記念 馬券結果☆
宣言通り、単勝 4(リアルスティール)を買いましたが、8着でハズレ・・・。

リアルスティールもアンビシャスも着外とか、日曜の昼間に2度寝してもう1回ナイトメア(悪夢)見たのかと思いましたよ〜。

収支は−5000Pでした。


--------------------------------------------------------------------------------
☆複勝ころがし企画(日曜日分)☆
中山記念 リアルスティール・・・8着

11頭立ての8着て嘘でしょ〜。
勝負所で戸崎がかなり押してたのに馬が反応せず、スーーッと上がっていけませんでしたし、直線でも伸びず・・・。

めちゃめちゃ自信あったし、勝ってくれると思ってたんで、レース後は放心状態になりましたが、ドバイでは頑張ってきてほしいです。

投資1000Pが0Pになっちゃいました。



--------------------------------------------------------------------------------
☆ブログ企画の参加者大歓迎!!☆
・超おいしい単勝選手権
・複勝ころがし大会


どちらの企画も枠順発表からレースの発走予定時間の1分前までの間、指名馬を受け付けております。


ルールの詳細や指名馬の書き方は、左側のメニュー欄のルールのリンクをご覧ください。
指名馬の書き込みは、コメント欄でも投票所でもどこに書いてくださってもOKです。

参加者は誰でも大歓迎ですし、気が向いた時だけの参加も全然OKな自由すぎる環境なので、常連の方も初めての方もお気軽にご参加ください。

※このブログは、ぼくの本家ブログ「やすの競馬総合病院」のバックアップ用として内容を転載しているだけなので、ブログ上の買い目、ブログ上の年間の収支、複勝ころがしなど、いろいろな記録については、このブログの転載元である、ぼくの本家ブログ「やすの競馬総合病院」に書いてあるので、よろしかったらご覧く ださい。

アドレスは、http://blog.livedoor.jp/yasu05impact/です。
ツイッターは、https://twitter.com/yasukeibasougouです。

また、コメントなども本家ブログの方に書いていただけると返事が書きやすいのでありがたいです。


--------------------------------------------------------------------------------
☆おまけ☆
2月4日の大和Sを当てた後、JRAは16連敗継続中って・・・。
これは相当ひどいですね〜。

水曜日に、川崎で地方交流重賞のエンプレス杯がありますが、いくら今年の地方競馬無敗で回収率290%のぼくでも、今のひどい調子では当たらない気がしますが、また予想頑張ります。

[もっと見る]

アンビシャスの掲示板

コメント投稿
コメント一覧
コメントはありません。

アンビシャスの写真

アンビシャス
アンビシャス
アンビシャス

アンビシャスの厩舎情報 VIP

2017年2月26日中山記念 G24着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

アンビシャスの取材メモ VIP

2016年10月30日 天皇賞(秋) G1 4着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。