プロレタリアト(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
プロレタリアト
プロレタリアト
プロレタリアト
写真一覧
現役 牝6 鹿毛 2011年3月1日生
調教師小島茂之(美浦)
馬主田原 邦男
生産者ノーザンファーム
生産地安平町
戦績24戦[4-2-3-15]
総賞金6,403万円
収得賞金2,200万円
英字表記Proletariat
血統 ハーツクライ
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
アイリッシュダンス
アガルタ
血統 ][ 産駒 ]
キングカメハメハ
ブロードアピール
兄弟 マイネルオフィールクラウンマグマ
前走 2017/10/09 京都大賞典 G2
次走予定

プロレタリアトの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
17/10/09 京都 11 京都大賞典 G2 芝2400 1511281.01311** 牝6 54.0 杉原誠人小島茂之444(-4)2.24.2 1.235.0⑥⑥⑥⑥スマートレイアー
17/09/03 札幌 11 丹頂S OP 芝2600 145760.0136** 牝6 51.0 杉原誠人小島茂之448(+14)2.44.8 0.638.0プレストウィック
17/04/30 京都 11 天皇賞(春) G1 芝3200 17611326.81716** 牝6 56.0 杉原誠人小島茂之434(-4)3.15.9 3.437.1⑯⑯⑯⑰キタサンブラック
17/02/18 東京 11 ダイヤモンド G3 芝3400 15814107.81011** 牝6 51.0 杉原誠人小島茂之438(+10)3.36.2 1.034.7⑬⑫⑦⑧アルバート
16/11/13 京都 11 エリザベス杯 G1 芝2200 1546105.61514** 牝5 56.0 杉原誠人小島茂之428(-2)2.14.4 1.534.6⑨⑨⑨⑩クイーンズリング
16/10/22 京都 10 古都S 1600万下 芝2400 125519.791** 牝5 53.0 杉原誠人小島茂之430(0)2.25.3 -0.033.9⑦⑦⑦⑥エーティータラント
16/09/04 札幌 11 丹頂S OP 芝2600 132219.077** 牝5 50.0 荻野琢真小島茂之430(-6)2.42.6 1.536.5⑫⑫⑨⑦ヤマカツライデン
16/08/06 札幌 11 札幌日経OP OP 芝2600 146935.2108** 牝5 54.0 杉原誠人小島茂之436(-2)2.40.6 0.835.3⑭⑭⑬⑫モンドインテロ
16/06/25 阪神 11 グリーンS 1600万下 芝2400 157136.835** 牝5 53.0 杉原誠人小島茂之438(0)2.29.3 1.137.7⑩⑪⑭⑨プレストウィック
16/05/22 京都 11 伊勢志摩サミ 1600万下 芝2400 15466.834** 牝5 53.0 杉原誠人小島茂之438(0)2.25.2 0.233.6⑩⑩⑩⑧グランアルマダ
16/04/09 中山 10 湾岸S 1600万下 芝2200 137106.038** 牝5 55.0 杉原誠人小島茂之438(0)2.13.5 0.534.5⑪⑪⑫⑪ツクバアズマオー
16/03/12 中山 10 サンシャイン 1600万下 芝2500 12678.742** 牝5 52.0 杉原誠人小島茂之438(+2)2.34.3 0.135.4⑨⑨⑩⑧インナーアージ
15/12/27 中山 7 グッドラック 1000万下 芝2500 163528.0111** 牝4 52.0 杉原誠人小島茂之436(+2)2.35.7 -0.235.0⑬⑫⑫⑩ディスキーダンス
15/11/08 福島 7 3歳以上500万下 芝2600 12337.231** 牝4 55.0 杉原誠人小島茂之434(-2)2.45.6 -0.137.1⑩⑨⑧⑥ラウレアブルーム
15/10/17 新潟 10 瓢湖特別 500万下 芝2200 1871563.8139** 牝4 55.0 杉原誠人小島茂之436(+12)2.13.5 0.435.9⑮⑮⑭⑭トレジャーマップ
15/05/24 新潟 10 荒川峡特別 500万下 芝2400 168155.4210** 牝4 55.0 長岡禎仁小島茂之424(0)2.27.5 1.735.0⑯⑯⑯⑯トゥインクル
15/04/25 東京 7 4歳以上500万下 芝2000 158155.846** 牝4 55.0 蛯名正義小島茂之424(0)2.01.5 0.734.4⑪⑫⑫サーストンコラルド
15/04/12 福島 8 4歳以上500万下 芝2000 16599.252** 牝4 54☆ 小崎綾也小島茂之424(+6)2.01.0 0.035.5⑭⑭⑬⑫ショウナンバッハ
14/12/07 中京 6 3歳以上500万下 芝2200 1861235.1126** 牝3 50▲ 長岡禎仁小島茂之418(-2)2.15.3 0.334.8⑨⑨⑩⑩アンプラグド
14/11/29 東京 7 3歳以上500万下 芝2000 16714----** 牝3 50▲ 長岡禎仁小島茂之--0000 ------ロングシャドウ

⇒もっと見る


プロレタリアトの関連ニュース

【福島記念】特別登録馬

2017年11月5日() 17:30

【エリザベス女王杯】特別登録馬2017年10月29日() 17:30

[もっと見る]

【京都大賞典】レースを終えて…関係者談話2017年10月10日(火) 05:05

 ◆和田騎手(ミッキーロケット4着) 「もう少し展開がばらけてほしかった。スローのヨーイドンの競馬では厳しい」

 ◆北村友騎手(レコンダイト5着) 「乗りやすくて、内のいいところに収まって運べた。直線も外からいい脚を使っていました」

 ◆浜中騎手(ラストインパクト6着) 「テンから出していったら反応もよく、直線はオッと思った。ここ数戦に比べると頑張っている」

 ◆小牧騎手(ヒットザターゲット7着) 「まだ力は衰えていない」

 ◆池添騎手(カレンミロティック8着) 「いい位置で競馬ができた。約1年ぶりなのにラストまでじりじりと来ていた」

 ◆藤岡佑騎手(マキシマムドパリ9着) 「行き脚がついてスッと前へ行けた。4角で手応えが怪しくなったが、次につながる競馬はできた」

 ◆ルメール騎手(フェイムゲーム10着) 「4角まではいい感じだったが、直線に向いてから頭を上げ、ブレーキをかけていた」

 ◆杉原騎手(プロレタリアト11着) 「一生懸命走ってくれたんですが、メンバーが強くて切れ負けしました」

 ◆藤岡調教師(サウンズオブアース13着) 「デキは悪くなかったし、全然走り切れていないね。ここにきてぶり返した暑さが影響したのかな」

 ◆古川騎手(バロンドゥフォール14着) 「スタートで上に跳ぶような感じに…。もう少し前で運びたかった」

 ◆藤岡康騎手(ハッピーモーメント15着) 「前へ行けたが、コーナーで外へ流れる感じでスピードに乗り切れなかった」

★9日京都11R「京都大賞典」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【京都大賞典】厩舎の話2017年10月6日(金) 05:03

 ◆アクションスター・音無師 「年齢的に上積みはない」

 ◆カレンミロティック・平田師 「けいこは動かなくなってきたが、馬体は若々しい」

 ◆スマートレイアー・大久保師 「これぐらいで十分。数を使っていないし、年齢的な衰えはありません」

 ◆トーセンバジル・藤原英師 「以前より精神的に落ちついているし、力もつけている」

 ◆ハッピーモーメント・辻野助手 「叩いてしっかりしてきた」

 ◆バロンドゥフォール・久保田師 「距離はいいが、相手が強い」

 ◆ヒットザターゲット・加藤敬師 「まずまずの時計。当日、馬場が乾いてほしい」

 ◆プロレタリアト・杉原騎手 「京都は得意。リズム良く走れれば」

 ◆マキシマムドパリ・吉田助手 「今までになくカイ食いがいい。早め早めの競馬ができれば」

 ◆ラストインパクト・辻野助手 「ハミがかりを良くするような調教を積んだ。効果が出れば」

 ◆レコンダイト・音無師 「叩き良化型だが、夏負けもなく順調」



京都大賞典の出馬表はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【京都大賞典】厩舎の話2017年10月5日(木) 11:55

 ハッピーモーメント・辻野助手「休み明けを使って動きがしっかり。2400メートルは歓迎」

 バロンドゥフォール・久保田調教師「調整は順調。相手は強いが、長い距離は合う」

 プロレタリアト・小島茂調教師「コースはベスト。次(エリザベス女王杯)につながる走りを」

 ラストインパクト・辻野助手「中間はハミを取る調教を積んできた。少しピリッとしてきた」

(夕刊フジ)

京都大賞典の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【京都大賞典】追って一言2017年10月5日(木) 05:00

 ◆バロンドゥフォール・久保田師 「先々週、先週とビシッとやったので、控えた。距離は良いが、相手が強い。体調の良さでどこまで」

 ◆プロレタリアト・杉原騎手 「雰囲気、動きは悪くないですね。京都は得意ですし、この馬のリズムで競馬ができれば」

京都大賞典の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

⇒もっと見る

プロレタリアトの関連コラム

閲覧 4,302ビュー コメント 1 ナイス 16

私が競馬をはじめた頃は、秋華賞が無くて、エリザベス女王杯が牝馬三冠の最終戦という位置付けながら、桜花賞オークスほどは陣営はここを目標としていない感じで、ダート馬だろうが、短距離馬だろうが出られる賞金持っている馬達が勢いだったり惰性で出てくる「ごった煮」要素が強い感じでした。

最低人気(20番人気)のサンドピアリスの激走が有名ですが、私が馬券買いだした頃ではタケノベルベット(藤田騎手)が17番人気で3馬身半も突き抜けて、メジロカンムリ(2番人気)との馬連が700倍超えたり(当時は馬単や三連単が無かったので獲れたんだと思います。スプリンターだと思って消したニシノフラワーが能力でハナ差3着に来て冷や冷やしたのを今でも覚えています。サンエイサンキュー事件と呼ばれるもめ事があったりと競馬がなんせ盛り上がっていた時代でした)、とにかく荒れるレースとして楽しかったものです。

それでは恒例の登録馬の全頭診断を。

ヴィブロス:活躍馬を続々と輩出する母系で、大魔神ががっちり抑えている打ち出の小槌のような血統なのですが、この馬は小さいし、スケール的にそうでもないかと思いきや、昨秋は秋華賞を勝ち、今年3月にはモレイラ・マジックあったにしてもドバイターフを制し、この前哨戦の府中牝馬Sもプラス体重で逃げ馬に残られるもきっちり2着して、友道厩舎らしく本番は馬体絞ってきて好走させるのだろう。当然有力。

スマートレイアー:脚質も追い込みや逃げ、距離も短いところから、最近は長いところでも7歳秋でも第一線で活躍を続ける丈夫さで、京都大賞典も勝っちゃったが、期待されると案外なタイプか。

ミッキークイーン:昨年はこのレースで3着(一昨年は秋華賞を制した後にJCに向かい不出走)で、当然実力あるのだが、エンジンの掛かりが遅くもたついたりもあり。宝塚記念3着と牡馬相手にもやれる力がある反面、そう強くない相手にも負ける、あまり信頼できないタイプ。

ルージュバック:非根幹距離(400の倍数でない距離)に実績が集中しており、3歳時にもこのレースで4着に来ており、臨戦過程としてもオールカマーで勝利をもぎとって(斜行で騎手は騎乗停止)、指数的にも横ばいで力は落ちてきていない。ただG1で北村宏騎手はかなり微妙、と思ったら、なんとR・ムーア騎手のようで、激走ありそうだが人気過剰にもなりそうで難しい。

ディアドラ:かなり使い込んでいるが、デビュー時より38kg増やして、とうとう秋華賞勝ちまでみせた。晩成傾向はハービンジャーらしさなのだろうし、3歳牝馬今年は強くないと思っているが、この馬はやれるのでは。

リスグラシュー阪神JF桜花賞秋華賞とG1で2着3回と堅実駆け見せているが、データ的には当然有力視すべきなんだろうが、個人的には今年の3歳牝馬は弱いと思っているので、人気だろうしあまり買いたくない馬。

モズカッチャンオークス2着、秋華賞3着と結果を残しており、リスグラシュー同様、過去傾向からは重視すべきなんだろうが、これも同様に世代レベルに疑問で、人気だろうしあまり買いたくない馬。

クイーンズリング:昨秋は府中牝馬Sエリザベス女王杯を連勝してみせたが、以降さっぱりでピーク過ぎたか。

クロコスミア:逃げるとしぶといタイプで府中牝馬Sも勝ってしまった。同型プリメラアスールとのハナ争いがポイントか。距離不問で粘って3着あたりには来れるかも。

ジュールポレール:やっと準オープンを勝ったばかりだし、マイルCS勝ち馬のサダムパテックの下だけにマイラーと思われて人気にならなそうだが、阪神牝馬Sヴィクトリアマイルでともに3着に来ており、また小倉の2000m戦でも結果は出なかったものの走り自体は悪くなく距離もこなせそう。ヒモ穴にぴったりなタイプ。

マキシマムドパリ:1月に愛知杯、6月にマーメイドSと2つG3を制するも、あまりここでの大仕事は期待できないタイプか。

デンコウアンジュ:アルテミスSでメジャーエンブレムを差した2歳時の激走はフロックかと思っていたが、5月にヴィクトリアマイルで2着激走と、東京だと激走期待できるのかもしれないが、ここは無いのでは。

トーセンビクトリー:3月の中山牝馬Sを勝ち夏のクイーンSも2着と先行して安定した力を見せており、頭は無いがヒモには入れたい。

クインズミラーグロ:体重の増減激しく、オープンでは3着が多く、前哨戦の府中牝馬Sでの完敗みると期待薄か。

エテルナミノル:牝馬重賞では壁あるようで3度の5着が最高という程度だが、準オープンとはいえ牡馬もいる中、5馬身差の圧勝を見せており、エンパイアメーカーらしく気性が問題なのだろうが気分が乗れば大仕事あるか。

プリメラアスール:かなり少なくなったスペシャルウィークの活躍馬だが、牝馬重賞でも壁に当たっており好走は難しそう。

ウキヨノカゼ:見ていて楽しいすごい末脚を持っているが4月の福島牝馬S勝ちを最後にもうしぼんでしまったようで活躍は期待薄。

タッチングスピーチ:一昨年のこのレースで3着した実績あるのだがここ8戦掲示板外しており、旬は過ぎた感じで、良血だけにもう引退して繁殖入りが良いのでは。

ハッピーユニバンス:夏の札幌の準オープン勝ちでオープン入りし、前走の府中牝馬Sでも最後方からいい脚で追い込んできたが、ここではまだ荷が重い。

プロレタリアト:オープン実績無く、穴厩舎だが騎乗数かなり少ない杉原騎手含め期待薄。


<まとめ>
有力馬:ヴィブロススマートレイアールージュバックディアドラ
ヒモ穴候補:エテルナミノルトーセンビクトリージュールポレールクロコスミア


登録済みの方はこちらからログイン

2017年5月2日(火) 18:50 競馬プロ予想MAX
先週の回顧〜(4/29〜4/30)はははふほほほプロが穴馬指名で高額払い戻しを連発!
閲覧 630ビュー コメント 0 ナイス 3

先週は、30(日)に京都競馬場でG1天皇賞(春)が行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
G1天皇賞(春)キタサンブラックが1番人気で2.2倍、2番人気がサトノダイヤモンドで2.5倍、3番人気がシャケトラで9.9倍とここまでが10倍を切る形で人気を形成しました。

注目のスタートはキタサンブラックが好スタートを決めますが、外からヤマカツライデンがこれを制して先手を奪うとグングン突き放す形で1週目のホームストレッチに差し掛かります。先頭はヤマカツライデンでリードは8馬身、2番手にキタサンブラック、3番手にアドマイヤデウス、続いてワンアンドオンリーシャケトラシュヴァルグランファタモルガーナサトノダイヤモンドを先団を形成。中団からはアルバートタマモベストプレイラブラドライトトーセンバジルゴールドアクターディーマジェスティと追走。後方はスピリッツミノルプロレタリアトと続いて最後方にレインボーラインの態勢。先頭のヤマカツライデンの刻んだ前半1000m通貨は58秒3(参考)の厳しい流れ。縦長の隊列となりましたが、3コーナーを過ぎたあたりでキタサンブラックがペースを上げるとこれに反応した各馬も追い出しを開始!4コーナー手前でヤマカツライデンを早々と捉えたキタサンブラックが先頭で直線コースへ差し掛かります。

キタサンブラックが先頭でリードは2馬身、2番手にシュヴァルグラン、その内からアドマイヤデウス、外からはサトノダイヤモンド!後続は離れて早々と4頭のレースの様相!残り200mを通過、アドマイヤデウスシュヴァルグランサトノダイヤモンドの3頭が懸命に前を追いますが、力強い脚で粘るキタサンブラックとの差を詰められず、隊列変わらぬままゴール!キタサンブラックが圧巻の内容で大阪杯に続く、G1連勝を成し遂げました!勝ちタイムはディープインパクトの持つ3分13秒4(良)を大幅に更新する3分12秒5(良)のスーパーレコード!1馬身1/4差の2着にシュヴァルグラン、そこからクビ差の3着にサトノダイヤモンドが入っています。
 
公認プロ予想家ではおかべプロ他10名が的中しています。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 
☆☆☆注目プロ →はははふほほほプロ
勝負レースに選んだ30(日)京都10Rで『前回のダートは府中1600mでこの馬には少し長かった。中山芝1200mでOP勝ちがあり芝スタートのここは楽に好位で流れに乗れる。この枠順なら砂をかぶる心配もない。23日の南Wが好内容と仕上がりも上々。一発あるならこの馬。』と狙った◎マイネルバールマンの単勝27.3倍、複勝8.8倍を的中!12万5000円を払い戻しました!この他にも京都9Rエマノン(単勝45.7倍→1着)や東京8Rニシノクラッチ(38.3倍)など穴馬指名で高額払い戻しを連発!週末トータル回収率127%、収支プラス19万9000円をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →山崎エリカプロ
30(日)東京11Rで『前走のニュージーランドTは、前に壁を作れず、タフな馬場を先行したために11着に凡退しました。しかし、前走で厳しい流れを経験したことが、今回でのスタミナ強化に繋がるはず。高速馬場の東京なら巻き返しが濃厚でしょう。』と狙った◎カリビアンゴールドと△ブラックスビーチの馬連79.2倍を1000円、複勝600円を5000円的中させ、10万9200円を払い戻しました!週末トータル回収率196%、収支プラス7万7200円をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →岡村信将プロ
30(日)京都9Rで単勝45.7倍の◎エマノンを本命に抜擢!単勝を3900円的中させ、17万8200円を払い戻しました!週末トータル回収率143%、収支プラス12万2960円をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →おかべプロ
30(日)京都11R天皇賞(春)で『素直に2強。絶好枠はゆーいち君、理想はキタサンマーク』と見解を示し、◎サトノダイヤモンドキタサンブラックシュヴァルグランの3連複1点勝負で的中!6万1000円を払い戻しました!週末トータル回収率144%、収支プラス5万3700円を払い戻しました!
 
この他にも霧プロ馬っしぐらプロが回収率100%超の活躍を見せています。

※全レースの結果速報はこちら!


今週も、競馬予想の達人・ウマニティ公認プロ予想家陣の予想にご注目下さい。

[もっと見る]

2017年4月28日(金) 11:00 くりーく
くりーくの中間調教チェック 2017天皇賞(春)
閲覧 1,617ビュー コメント 0 ナイス 5



こんにちは、くりーくです。このコラムでは、今週行われるG1出走予定馬の中間の調教内容を中心に分析してご紹介します。
前回に引き続き、前走からの中間の調整内容(評価はA〜F)を中心に各馬コメントをしていきたいと思いますので、私の予想の基幹部分でもある調教分析術を是非あなたの予想にお役立て下さい。
なお、シューナカコラムで取り上げている競走馬については同コラム内でコメントしていますのでそちらでご確認ください。


◇優先出走馬◇

シャケトラ(B)
昨年の6月にデビューしたレースでの予想でこの馬は大きなところまで行く馬と書いたのですが予想通り1年も経たないうちにG1の舞台で有力馬の1頭として出走してくれました。まだ粗削りな感じもあり不安なところもありますのでまだまだ成長する馬だと思います。状態に関してはこの中間も1週前にCWで長めから併せ馬で追われ、日曜日にも坂路で速い時計が出ており乗り込み豊富で順調な仕上がり。直前は馬なりで速い時計が出ていれば好勝負できそう。


<賞金決定順>

ゴールドアクター(B)
前走時もしっかり乗り込まれていて動きも悪くなかったのですがパドックでのイレ込みがきつくその辺が直線での伸びきれない結果につながってしまったのかもしれません。この中間は2週前、1週前と今回騎乗する横山典騎手が騎乗して追い切られ動きも良く仕上がりは良さそう。あとは関西への輸送もあるので当日のイレ込みが一番重要になってくると思います。

アルバート(B)
1週前追い切りの動きを見ると首が上がり気味ですが時計は優秀。輸送もあるので最終追い切りは軽めの追い切りになると思いますが昨年より良い状態で出走できそう。

ディーマジェスティ(A)
ジャパンC以来となった前走はしっかり乗り込まれていましたが+6キロとまだ絞れそうな馬体で少し集中力を欠くパドックでした。前走時しっかり乗り込まれていたので反動もなくこの中間も入念な乗り込みで1週前の追い切りは動きが軽くなった感じで上積みがありそう。関東馬で輸送がありますがそれでもビッシリ追ってくるようなら勝負調教かもしれません。

シュヴァルグラン(B)
前走の阪神大賞典では直前の追い切りを坂路にするくらい休み明けから仕上げてきている感じでした。この中間も2週前、1週前とCWを長めから一杯に追われ直前の日曜にも坂路で時計を出して調子落ちなく順調にきている感じ。

ワンアンドオンリー(B)
前走時も調教内容に関しては悪くなかったのですがレースでは特に見せ場もなく凡走。この中間も入念な乗り込みで和田騎手が2週前、1週前と追い切りにも騎乗して時計も優秀ですが勝ち鞍のない京都でのレースで気持ちのスイッチが入らないと好走は厳しいかもしれません。

ファタモルガーナ(E)
昨年と同じローテーションで調教でもそれほど速い時計の出る馬ではないのですが今年も時計のかかる馬場とはいえ目立つ時計はなく昨年と比べても物足りない。

タマモベストプレイ(B)
この中間は2週前、1週前とCWを3頭併せで追い切られ前走並みの好時計が出ています。しっかり乗り込まれ状態面も良さそうなので良い状態で出走できそうです。

アドマイヤデウス(A)
日経賞から中間速い時計3本。1週前の追い切りは岩田騎手騎乗で長手綱で気分良さそうな走りで好印象。京都大賞典ではキタサンブラックと差のないレースをしておりその時に近い出来で臨めそう。

ヤマカツライデン(C)
今年は日経新春杯から始動するも調教では時計が出ている割に結果がついてこない状況。昨年の春の好成績が出ていた時は坂路で好時計が出ていたが近走はCW中心の調教内容でこの中間も時計は出ているが何かキッカケがないと厳しいように思います。

トーセンバジル(C)
休み明けの前走は調教内容も良く好仕上りで内容も悪くなかったが最後伸びそうで伸びきれないところは能力の差のように思います。今回も長距離戦で1週前が馬なりというところは状態面で少し気になる。

スピリッツミノル(F)
1週前の追い切りでは手応えの割に伸びそうで伸びない内容。中間も速い時計少なくこの内容では好走は厳しそう。

ラブラドライト(D)
それほど速い時計の出る馬ではないがこの中間も特に目立つ時計もなく上積みはそれほどなさそう。

プロレタリアト<C>
休み明けの前走から間隔も空いているので乗り込みようは多いがこれと言って目立つ時計もなく1週前の追い切り終いもうひと伸びが足りない感じで今回は相手が強い。


サトノダイヤモンドキタサンブラックレインボーラインについてはシューナカコラムコラムにてコメントしていますので、そちらをご覧ください。


近年の天皇賞(春)、菊花賞の予想で毎回書くことですが現在の長距離戦において重要なことは血統よりも折り合いだと思っています。特に京都のようにスタート後のポジション争いで下り坂があり1週して勝負どころでも下り坂とあまり行かせたくないところで勢いがついてしまうコース。そんなコースということもありゆったり流れることもあれば出入りの激しいレースになることもあります。それでも折り合いがついて鞍上の指示にしっかり従うことのできる馬は騎手の判断ミスがなければ無駄にスタミナを消耗することはありません。今年は昨年のようにキタサンブラックが主導権を握るレースになるのかその他の馬がハナを叩きに行くレースになるのか分かりませんがいずれにしても何があっても自分のペースが守れて動きたいところまでジッと我慢できる馬が好走する可能性は高いと思います。2強対決にそれぞれの騎手の駆け引きと見どころはたくさんある淀の3200m戦、皆さんそれぞれの◎馬に自分が乗っているつもりで応援して見てみるのも面白いと思います。

天皇賞(春)出走各馬の最終追い切り評価については最終予想でコメントする予定です。それでは次回、オークス編(予定)でお会いしましょう。(*^^)v


※最終結論はレース当日のくりーくプロページでチェックしてください。

[もっと見る]

2017年4月25日(火) 15:00 覆面ドクター・英
天皇賞・春 2017
閲覧 6,674ビュー コメント 0 ナイス 18



桜花賞、皐月賞と断然人気馬が敗れたり、大荒れ100万馬券となったりで、1週間クールダウンして(と言っても全36レース買っているのですが(笑))ここから6週連続G1の春競馬真っ盛りの楽しいシーズンがやってきました。今週はさすがに荒れないと思いますが、サトノ対キタサンの対決だけで盛り上がれるのではないでしょうか。

まずは恒例の1週前の段階での全馬診断から(人気になりそうな順で)

サトノダイヤモンド:仕上げ切らなかった皐月賞と落鉄あったダービー以外とりこぼしなく安定感のある王者で、阪神大賞典の内容からも好走まず間違いないタイプ。人気だが外せない。

キタサンブラック:ちょっと距離短いのではないかと私自身は危惧していた大阪杯も完勝してきて本当に安定感のある走りを続けている。サトノダイヤモンドとの一騎打ちの様相だが、速い脚無いし相手は力伸ばしてくる時期でもあり、有馬記念よりあっさり差し切られるのでは。母父サクラバクシンオーだから距離うんぬん言う人はさすがにもう居ないでしょう(母系はアンバーシャダイの近親という表現が妥当では(笑))

シュヴァルグラン:阪神大賞典はサトノダイヤモンド倒すチャンスだと踏んでいたが完敗を喫した。ただあれで少し人気を落としてくれたり、新興勢力のシャケトラに人気行けば、3番手としては十分やれる実力で父ハーツクライらしく長距離重賞で底力見せられる。

シャケトラ:昨年10月はまだ500万下に居たのだがすごい勢いでトップグループに加わってきた。日経賞も強い競馬で人気になりそうだし、ノーザンF生産で勝負服はおなじみの金子さんの馬で能力高く今居るステージが本来居るべき場所なのだろうがマンハッタンカフェ×シングスピールという血統で自身は菊花賞馬だったが産駒は驚くほど長距離で結果出ておらず人気ほどやれないのでは。

ゴールドアクター:昨年の天皇賞(春)で1番人気だったのはみんな忘れているんじゃないかと思いますが12着と惨敗して、このあたりから気難しくなってきて安定感無くなってきました。京都3200Mは我慢効かなそうで、この手薄なメンバーならそれなりに人気になりそうで消しが妥当か。

アルバート:Rムーア騎手限定で走るステイヤーで他の騎手だと動かないので穴人気しそうだが買えない。京都のスピード競馬も向かなそう。

レインボーライン:昨年の菊花賞2着馬だがサトノダイヤモンドには完敗だし、その後もJCと日経賞はいまひとつで古馬には完敗の現状で人気にも思えるがそんなに人気ないなら距離や条件問わず上位に来れる部分ありヒモに入れるのが良さそう。

アドマイヤデウス:日経賞3着で、まだやれるところ見せたが、それなりにいつも穴人気タイプでアルバート同様アドマイヤドン産駒は京都向かないのでは。消しの予定。

ディーマジェスティ:昨秋以降スランプに陥り復活厳しいのでは。そもそもこの世代はサトノダイヤモンド以外はあまり買いたくない世代で特にハイレベルとは私は思っていない。距離も長く向かないので消しの予定。

トーセンバジル:阪神大賞典では地味だが3着に来ており、母父フジキセキだけに人気にならないだろうが重いハービンジャーならこのくらいでちょうど良さそうだし現在の天皇賞(春)はズブいステイヤーは向かない。3着楽しみな一頭。

カレンミロティック:2年連続好走した渋い馬だし、メルボルンCはノーカウントとしてもセン馬で衰えゆるやかだとしても今年は厳しい。


11番人気以降想定の馬たち〜今年は全馬要らないのでは・・

ラブラドライト:万葉SとダイヤモンドSと長距離で連続2着と頑張っているがここ通用は期待できない。

タマモベストプレイ:阪神大賞典4着とは言え惜しくない4着で、通用せず。7歳になっても衰え少ないので夏の札幌2600Mなどでまだ出番ありそうだがここは要らない。

スピリッツミノル:阪神大賞典5着や万葉S3着など長距離路線で頑張っているが、ステイヤーズSなどオープン特別やG3くらいで今後も頑張るであろう馬で、ここは要らない。

ワンアンドオンリー:阪神大賞典は久々好走期待したが、がっかりの7着で特にここで好走するのは期待できず。ダービー馬なんですが・・・。

トウシンモンステラ:阪神大賞典8着でオープン実績ゼロなので期待ゼロ。キングカメハメハ×ピンクパピヨンと購入時は結構高かったんじゃないかと思いますが(オープンで走っているだけ立派なのかもしれませんが)。

ファタモルガーナ:2008年よりセン馬も天皇賞出走可能となっていて、ディープインパクト産駒にしては長距離を得意にしているし、高齢まで頑張っているにしてもここ通用は厳しい。

プロレタリアト:人気薄で準オープン勝ち上がってからはオープンでは惨敗続きの牝馬で買う要素なし。

ヤマカツライデン:昨年3月から9月の半年で逃げて4勝して500万下からオープンまで一気に駆け上がってきたがその後イマイチで先導役で終了か。

<まとめ>
人気薄の激走はあまり期待できない。上位2頭は強力で当てやすいが、あとはどう少点数で買って稼ぎ確保するかのレースでは。

◎(1着固定候補)サトノダイヤモンド
〇(2着固定候補)キタサンブラック
△(3着候補)シュヴァルグラントーセンバジルレインボーライン

[もっと見る]

2016年11月17日(木) 17:30 競馬プロ予想MAX
先週の回顧〜(11/12〜11/13)おかべ育成プロが3複1点勝負で57万超払い戻し!
閲覧 948ビュー コメント 0 ナイス 5

先週は13(日)に京都競馬場でG1エリザベス女王杯が行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
G1エリザベス女王杯マリアライトが3.1倍で1番人気、2番人気ミッキークイーンが3.6倍、以下クイーンズリング6.1倍、タッチングスピーチ6.2倍、パールコード8.4倍とここまでが10倍を切る形で人気を形成しました。
 
注目のスタートは各馬大きな出遅れもなく、外から気合いをつけてプリメラアスールが先手を奪って第1コーナーへ差し掛かります。2番手にメイショウマンボ、続いてパールコードシングウィズジョイシャルールマキシマムドパリと追走して先行集団を形成。そこから2馬身ほど間があいて中団からはミッキークイーンマリアライトヒルノマテーラクイーンズリングプロレタリアトと追走。後方からはタッチングスピーチシュンドルボンアスカビレンと続いて最後方にデンコウアンジュの態勢。
 
前半の1000m通過は1分1秒8(参考)の緩い流れ。隊列に変わらぬまま、直線コースへ差し掛かります。
 
先頭はプリメラアスールでリードは2馬身、その後ろ、2番手グループは固まってメイショウマンボパールコードシングウィズジョイが追走、人気のミッキークイーンマリアライトは馬場の外めから追い出しにかかります。
 
残り200m、粘るプリメラアスールを交わしてシングウィズジョイが内から抜けて先頭!これを追うのがパールコード、さらに一列後ろからは内クイーンズリング、外ミッキークイーンが差を詰めてきます!マリアライトはやや置かれて勝負圏外に。残り100m、ミッキークイーンにいつもの末脚は見られず、逃げ込みを図るシングウィズジョイ、差を詰めるクイーンズリングの2頭が抜け出してのマッチレース!激しい叩き合いとなりましたが、ゴール前、クイーンズリングシングウィズジョイをクビ差捉えて優勝!悲願の初G1制覇となりました!勝ちタイムは2分12秒9(良)。2着にシングウィズジョイ、そこから1馬身1/4差の3着にミッキークイーンが入っています。
 
公認プロ予想家では西野圭吾育成プロほか3名が的中しています。
 
------------------------------------------------------------------------------
 
☆☆☆注目プロ →おかべ育成プロ
おかべ育成プロの神髄1点予想が今週も炸裂!13(日)京都6Rで○スルターナスターリーウインドエヴォリューションの3連複57.3倍を的中!57万3000円を払い戻しました!この他にも12(土)京都9Rで馬連8.3倍、京都2Rで馬連6.5倍をそれぞれ1点で仕留めました!週末トータル回収率353%、収支プラス55万7900円をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →スガダイプロ
12(土)福島2Rで◎○▲のパーフェクト予想を披露!中でも3着▲デュアルフレイムは79.7倍の大穴で3連複は374倍の高配当!単勝、馬連、ワイド、3連複を総取りし、8万970円を払い戻しました!翌日の13(日)京都3Rでまたも◎○▲のパーフェクト予想で4万5040円を払い戻し!週末トータル回収率118%、収支プラス5万5360円をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →はははふほほほプロ
12(土)京都1Rで『芝でも前に着ける脚はある。切れ味不足はダートで補う。外枠から先行できれば粘りこみの期待はある。』と本命に推した単勝31.3倍◎キタノユーリンが1着!単複を仕留め、19万600円を払い戻しました!さらに東京1Rでも単勝50.4倍の◎ヨイマチグサを本命に抜擢し、複勝14.2倍を8000円的中!10万3600円を払い戻しました!週末トータル回収率109%をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →サラマッポプロ
12(土)東京9Rで『前走はチグハグな競馬。スンナリ運べれば勝機。』と狙った◎シゲルコングシゲルベンガルトラの馬連84.2倍を500円的中!4万2100円を払い戻しました!週末トータル回収率119%をマークしています。
 
※全レースの結果速報はこちら

今週もウマニティ競馬プロ予想MAXにご期待ください!

[もっと見る]

プロレタリアトの口コミ


口コミ一覧
閲覧 144ビュー コメント 0 ナイス 5

前走レースから、
オールカマー組
 1着:ルージュバック:内で我慢して直線最内から伸びて、約1年ぶりの勝利。
 4角で少し膨れて他馬に迷惑かけた。

京都大賞典組
 1着:スマートレイアー:内でロスなく回り直線も内から切れた。
  上がり33.4秒(1位)。7歳馬だが、すこぶる元気。
 9着:マキシマムドパリ:外から2番手追走も4角で手が動きジリ下がり。
 11着:プロレタリアト:終始中団内追走から直線は失速。

※ルージュバックは復活と見たいが、休養明け2走目、
 全てG気任△辰燭(0-0-0-5)と
 1,6,4,3,2人気で着外だった。難しい。
 
 スマートレイアーは近走掲示板に常に顔出しており、
 7歳だが充実している。
 過去10年7歳馬(0-0-0-5)と不振だが、
 二桁人気馬だったので、上位人気だと話は違いそうだ。
 
 マキシマムドパリは時計要してのタイプ。切れ勝負は辛い。
 プロレタリアトはG気任聾靴靴ぁ

 馬券のAエース 2017年11月8日(水) 16:47
福島記念≪データ攻略ポイント≫ 
閲覧 247ビュー コメント 0 ナイス 7

【福島記念】福島芝2000m

一昔はとんでもない荒れ方をしていたが、近7年は
´⊃裕い匹舛蕕は絡んでいる。
ローカルのハンデ戦=大荒れからは遠ざかりつつあるが、
上位人気は2.3着が多いので【単穴】狙いのレース☆
2頭軸なら1頭人気馬1頭穴の組合せが当てる近道かも!?

/裕ぁ2-3-3-5】
⊃裕ぁ1-1-1-10】
と、⊃裕い低調だが、単勝オッズが4.9倍以内の馬は【2-4-3-3】複勝75%と
まあまあ信用出来る

≪好走条件≫
・1年以内に福島の重賞、OPで3着以内経験のある馬
○フェルメッツァ(OP2着)
○マイネルミラノ(OP1着)
・斤量53kg以下の3歳馬 
○マイネルスフェーン
・前走1600万下の条件戦組【3-4-0-7】
○ジョルジュサンク○プリメラアスール○マサハヤドリーム
・1枠“屐3-2-1-4】

≪ステップレース≫
○前走G義
天皇賞【2-0-1-3】※今回該当ナシ
秋華賞【1-1-2-1】※今回該当ナシ
△前走G響
×毎日王冠、京都大賞典組は壊滅【0-0-0-14】
×ウインブライト×プロレタリアト×ヒストリカル

≪凡走条件≫
・逃げ馬【1-0-1-10】※昨年逃げて勝ったマルターズアポジーは
2走前テン1位&上がり2位の好走ポジ馬。
・8枠【0-0-3-20】過去13年連対ナシ、特に番フルゲートの外から2番目【0-0-0-13】

≪特徴≫
・過去10年、昨年以外の9年連続でこのレースの上り最速馬が馬券内!
このレースで上り最速の脚を使える馬を探せ!
・大穴狙いは、過去2ケタ人気で来た馬は5歳か8歳の関東馬が高確率♪
☆サンマルティン(1番人気想定) ☆ブラックバゴ ☆マイネルディーン

【総括】
過去13年勝馬はすべて5枠より内☆///なので馬番が大事(o^^o)
特に1枠“屬任垢諭
昨年は、好走確率は3歳>4歳>5歳>6歳>7歳以上と年齢順通りとなっているので
≪好走条件≫からは3歳☆ゼーヴィント☆ダイワドレッサー4歳☆マルターズアポジー
の3頭の名前を挙げ、3頭決着!
今年も3歳馬ウインブライトが人気しそうだが、毎日王冠組は【0-0-0-11】で
平均9.7着と人気しながら惨敗傾向。私は支持できない派です。
≪好走条件≫のある3・4歳はマイネルスフェーンとジョルジュサンクのみ。
今年は荒れそうな雰囲気がプンプン(*^o^*)
単勝4.9倍位以内になりそうなサンマルティンか前走このメンバーでは1番格のある
G競ールカマー4着マイネルミラノ≪好走条件あり≫のどちらか軸にして
2頭目の相手を穴要素のある馬を持ってくる組み合わせがいいかな?
私はもっとの荒れもあると思ってます(* ̄∀ ̄)ゞエリ女より面白いかも!?

馬番が決まったら人気も大きく動きそうなので、それが最重要ですね!

指数表からは近5年3着馬15頭中8頭が≪好走ポジ≫馬☆(毎年1頭は絡む)
会員さんは≪好走ポジ≫と上り指数チェック・馬番でだいぶ絞れると思います(*^▽^*)

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

[もっと見る]

 ムーンホーセズネック 2017年11月7日(火) 22:30
競馬検討 エリザベス女王杯 2
閲覧 228ビュー コメント 0 ナイス 10

エリザベス女王杯

プレレーティング

ヴィブロス 117
ウキヨノカゼ 104
エテルナミノル -
クインズミラーグロ 103
クイーンズリング 109
クロコスミヤ 109
ジュールポレール 109
スマートレイアー 110
タッチングスピーチ -
ディアドラ 113
デンコウアンジュ 109
トーセンビクトリー 105
ハッピーユニバンス -
プロレタリアト -
マキシムドリパ 105
ミッキークイーン 113
モズカッチャン 111
リスグラシュー 111
ルージュバック 110

レーティングのプレレーティングで
ヴィブロス、ディアドラ、ミッキークイーン、モズカッチャン、リスグラシュー、ルージュバック、スマートレイアー

ヴィブロス、ミッキークイーン、ディアドラが抜けていて(^^)

[もっと見る]

⇒もっと見る

プロレタリアトの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

プロレタリアトの写真

プロレタリアト
プロレタリアト
プロレタリアト

プロレタリアトの厩舎情報 VIP

2017年10月9日京都大賞典 G211着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

プロレタリアトの取材メモ VIP

2017年10月9日 京都大賞典 G2 11着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。