ルヴォワール(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
写真一覧
現役 牝4 青鹿毛 2014年1月22日生
調教師手塚貴久(美浦)
馬主有限会社 キャロットファーム
生産者ノーザンファーム
生産地安平町
戦績 3戦[2-0-0-1]
総賞金1,619万円
収得賞金900万円
英字表記Revoir
血統 ハーツクライ
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
アイリッシュダンス
リュヌドール
血統 ][ 産駒 ]
Green Tune
Luth D'Or
兄弟 フィエールマン
前走 2017/09/09 紫苑ステークス G3
次走予定

ルヴォワールの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
17/09/09 中山 11 紫苑S G3 芝2000 187155.626** 牝3 54.0 戸崎圭太手塚貴久522(0)2.00.2 0.434.0⑫⑪⑬⑪ディアドラ
17/03/25 中山 9 ミモザ賞 500万下 芝2000 7221.511** 牝3 54.0 石川裕紀手塚貴久522(-4)2.04.3 -0.234.6④④④④ウォーブル
17/01/08 中山 6 3歳新馬 芝2000 15342.511** 牝3 53☆ 石川裕紀手塚貴久526(--)2.03.6 -0.235.8④⑤⑤サトノルーラー

ルヴォワールの関連ニュース

【若駒ピカイチ】フィエールマン

2018年1月30日(火) 05:01

 《戦評》前半5ハロンが64秒1のスロー。スタートこそひと息ながら、すぐに二の脚がついて2番手を追走した。直線半ばまで手応えは余裕十分。他馬に迫られたが、かわされそうなシーンはなく、クビ差という着差以上に余裕ある勝利だった。

 《血統》母はイタリアGIリディアテシオ賞勝ち馬で、フランスでもGIIを2勝した。半姉ルヴォワール(父ハーツクライ)も、3戦2勝で今後の活躍が期待される素質馬だ。母系は2000メートル以上の活躍馬が目立ち、距離はさらに延びて良さが出るだろう。

 《将来性》除外の優先権を持たず、抽選を突破して出走したが、仕上がりは上々。陣営が素質の高さに自信を見せていた通り、タイムや着差で計り知れない強さだった。実戦を経験してさらに反応も良くなるはず。次走が大いに楽しみだ。



フィエールマンの競走成績はこちら

【新馬戦スター発見伝】フィエールマン2018年1月26日(金) 05:02

 母リュヌドールはイタリアのGIリディアテシオ賞を勝ち、フランスでもGIIを2勝の実績。半姉ルヴォワール(父ハーツクライ)もデビュー2連勝を飾っている。24日にはWコースの3頭併せでムスコローソ(3歳OP)と併入、クロノスタシス(1000万下)を3馬身も離すパフォーマンスを披露。「やるごとにディープ産駒らしい気性のきつさが少し出てきたけど、能力が違うね。走ると思うよ。体も十分にできている」と手塚調教師が絶賛する素質の持ち主だ。

[もっと見る]

【紫苑S】レースを終えて…関係者談話2017年9月10日() 05:03

 ◆三浦騎手(ポールヴァンドル3着) 「本来は前で粘る競馬をする馬だけど、道中は落ち着いて走ってくれて、最後もしっかりと脚を使っている。本番も楽しみです」

 ◆大野騎手(ブラックオニキス4着) 「内枠を生かした競馬ができた。体が増えて(10キロ増)パワーアップしている」

 ◆丸田騎手(ライジングリーズン5着) 「ゲートをゆっくりと出たのであの位置(後方)から。直線はインの狭いところを割ってよく伸びてきた」

 ◆戸崎騎手(ルヴォワール6着) 「乗りやすい馬。勝った馬と同じような位置にいたが、最後は伸び切れなかった」



★9日中山11R「紫苑S」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【紫苑S】厩舎の話2017年9月8日(金) 05:02

 ◆ガジュマル・伊藤大師 「ここを目標にいい感じで仕上がった」

 ◆カリビアンゴールド小島太師 「前走以上の仕上がり」

 ◆サロニカ・辻野助手 「春の桜花賞は蹄を痛めて回避したが、しっかりと休んで順調」

 ◆ジッパーレーン・戸田師 「1度使って素軽さが出た」

 ◆シンボリジュネス・菊川師 「体がしっかりして状態は上向き」

 ◆シーズララバイ・竹内師 「攻め馬を加減なくできている」

 ◆ディアドラ・橋田師 「しまいはいい動き。減っていた体も戻った」

 ◆ナムラムラサキ・岩戸師 「状態はよくコーナー4つにも対応可能」

 ◆ブラックオニキス・加藤和師 「いい充電ができて好仕上がり」

 ◆プリンセスルーラー・高橋康師 「成長した体と叩いた効果に期待」

 ◆フレスコパスト・中野師 「追い切りは併せ馬でいい感じ」

 ◆ホウオウパフューム奥村武師 「気性が大人になってきた」

 ◆ポールヴァンドル・上原師 「いい競馬をして次につなげたい」

 ◆マナローラ・鮫島師 「ラスト1ハロン12秒台なら十分」

 ◆ミッシングリンク斎藤誠師 「後続に脚を使わせる形になれば」

 ◆ライジングリーズン奥村武師 「上り調子で、いい状態」

 ◆ルヴォワール・手塚師 「本来はもっといい動きかな」

 ◆ワラッチャウヨネ・高橋博師 「競馬では折り合いがつく」

紫苑ステークスの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【紫苑S】追って一言2017年9月7日(木) 05:03

 ◆エバープリンセス・久保田師 「動きがよく、春先と違って全体的にしっかりしてきた。久々でも力は出せる」

 ◆カリビアンゴールド小島太師 「前走以上の仕上がり。落ち着きが出てきたのはいい。何とか出走権を」

 ◆シーズララバイ・竹内師 「動きは予定通り。攻め馬を加減なくできています」

 ◆ナムラムラサキ・岩戸師 「前走は強い内容。状態は良く、コーナー4つにも対応可能。相手は強いが期待」

 ◆ブラックオニキス・加藤和師 「放牧明けだが、いい充電ができて好仕上がり。秋華賞につながる競馬ができそう」

 ◆ホウオウパフューム奥村武師 「上がり重点。気性が大人になってきました」

 ◆ポールヴァンドル・上原師 「状態は悪くない。いい競馬をして次につなげたい」

 ◆ミッシングリンク斎藤誠師 「先頭に立って、後続に脚を使わせる形になれば」

 ◆ライジングリーズン奥村武師 「上り調子で、いい状態でトライアルを使える」

 ◆ルヴォワール・手塚師 「態勢は整ったと思うけど、本来はもっといい動きかな」

 ◆レッドミラベル・尾関師 「単走で折り合いもついていましたし、いい感じでした」

紫苑ステークスの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【セントライト】セダブリランテス、好調アピール12秒72017年9月7日(木) 05:02

 《美浦》ラジオNIKKEI賞を制したセダブリランテス(手塚、牡)はWコースで3頭併せの内、中の3歳牝馬ルヴォワール(1000万下)に半馬身先着、外の古馬モンドインテロ(OP)に併入。5ハロン66秒1−12秒7(馬なり)と上々の時計をマークした。「前走くらい良い状態。使うごとに、どっしりしてきました」と手塚調教師。

 《栗東》皐月賞馬で日本ダービー5着以来のアルアイン(池江、牡)は、CWコースで水口騎手がまたがり(レースはルメール騎手)プロフェット(1600万下)に1馬身先着。直線で一杯に追われ、6ハロン82秒6−12秒0と上々の動きを披露した。兼武助手は「1週前ということで、しっかりやりました。体も迫力が増しているようにみえます」と好気配をアピール。

 NHKマイルC11着のプラチナヴォイス(鮫島、牡)は、坂路で単走追い。ゴール前はしっかりと追われ、4ハロン54秒2−12秒5をマーク。「来週で、きっちり仕上がると思う」と鮫島調教師。

[もっと見る]

⇒もっと見る

ルヴォワールの関連コラム

閲覧 904ビュー コメント 0 ナイス 11



先週は、9(土)に中山競馬場でG3紫苑Sが、10(日)に阪神競馬場でG2セントウルS、中山競馬場でG3京成杯AHがそれぞれ行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
G3紫苑Sは、ミッシングリンクがハナを奪ってゆったりとしたペースで向う正面へ。1番人気ディアドラ、2番人気ルヴォワールは揃って中団後方を追走して先頭までは7〜8馬身ほど。3コーナーを迎え各馬鞍上の手が動き出し、後方各馬は外を回すようにして進出を開始し、人気の2頭もこの一角。迎えた直線で中団から進めた6番人気カリビアンゴールドが早めに抜け出しを図ると、これを追って迫ったのはポールヴァンドルと大外を回したディアドラの2頭でした。ゴール前、この3頭が横一線となる中、最後は1番人気ディアドラが外からねじ伏せるように差し切って重賞初V。ハナ差の2着にはカリビアンゴールドが入り、そこからハナ差の3着に4番人気ポールヴァンドルと続き、この3頭が秋華賞への優先出走権を手に入れています。 
公認プロ予想家では夢月プロきいいろプロイータン育成プロほか計16名が的中しています。
 
G2セントウルSは、ファインニードルを外から交わしてフィドゥーシアが先頭に立って3コーナーへ。外から、ラヴァーズポイントアルティマブラッドといった先行馬が直線入り口で仕掛け始めると、インの3番手で脚を溜めていた1番人気ファインニードルは、フィドゥーシアの外に進路を選択して満を持して追い出しを開始。直線半ばを過ぎてファインニードルが一歩抜け出し、後続からはインを突いてラインミーティア、外を通ってはダンスディレクターあたりが伸びてきますが、1馬身1/4差をつけてファインニードルがこれを制して重賞初制覇。2着には6番人気ラインミーティア、そこからクビ差の3着には4番人気のダンスディレクターが入っています。
 公認プロ予想家では、おかべプロ河内一秀プロほか計5名が的中しています。
 
G3京成杯AHは、58キロのトップハンデを背負った2番人気マルターズアポジーがここも果敢に逃げる一方、1番人気グランシルクは好発を決めるもなだめて徐々に中団に下げ、3コーナーへ。依然、マルターズアポジーのリードは1馬身ほど。好位勢からボンセルヴィーソウインフルブルームロサギガンティアあたりが進出を開始すると、その直後から外を回してダノンリバティとここにグランシルクの態勢で直線を迎えます。前を行くマルターズアポジーに、力強い末脚で一完歩ごとに詰め寄るグランシルク。結局、残り100mで完全に交わし去ったグランシルクが人気に応えて重賞初勝利をあげています。1馬身3/4馬身差の2着には後方からグランシルクの後を伸びた11番人気ガリバルディが入り、そこからクビ差の3着には6番人気ダノンリバティが入っています。
 公認プロ予想家では、サウスプロほか計6名が的中しています。
 
 
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 
☆☆☆注目プロ →馬券生活プロ
9(土)阪神1Rで、単勝251.4倍◎ブルベアジネンジョの単勝1点勝負でいきなりの125万7000円払戻し!他にも、阪神12Rで◎マイネルアトゥーの単勝22.3倍など的中をみせた先週は、週末トータル回収率658%、収支117万880円プラスのトップ成績をマークしています!
 
☆☆☆注目プロ →山崎エリカプロ
10(日)の中山9Rで◎パルティトゥーラ−○コートシャルマンの本線的中を披露し、14万9600円払戻しのスマッシュヒット!他にも、9(土)阪神12R、10(日)中山10Rなど、高的中率で終えた先週は、週末トータル回収率293%、収支19万3650円プラスを記録しています。
 
☆☆☆注目プロ →ジ ョ アプロ
9(土)中山12Rで3連単11万7200円払戻しのスマッシュヒットを記録!
 
☆☆☆注目プロ →イータン育成プロ
9(土)は勝負レース指定のG3紫苑Sでの○▲◎的中を含め、4戦4勝の好調予想を披露。週末トータルでは、回収率152%を達成しています。
 
 
この他にも、岡村信将プロ(108%)、加藤拓プロ(105%)、河内一秀プロ(102%)、夢月プロ(100%)らが週末トータル回収率100%超の活躍を見せています。
 
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 
※全レースの結果情報はこちら


今週も競馬予想の達人・ウマニティ公認プロ予想家陣の予想にご注目下さい。


登録済みの方はこちらからログイン

ルヴォワールの口コミ


口コミ一覧
閲覧 38ビュー コメント 0 ナイス 0

JRA牡馬クラシック「最後の大物」出現!? 「圧巻通り越すパフォーマンス」大絶賛馬がダノンプレミアムに届くか─ Gambling Journal ギャンブルジャーナル / 2018年1月25日 21時52分 http://biz-journal.jp/gj/2018/01/post_5662.html

「超ハイレベル」と話題の3歳戦線に、また1頭"大物出現"の気配がある。

 今年の3歳牡馬クラシック戦線は、昨年の朝日杯FS(G1)を圧巻のパフォーマンスで制した2歳王者ダノンプレミアム、未だ底が見えない3連勝無敗のワグネリアン、ホープフルS覇者のタイムフライヤーに、デビュー2戦の内容が抜群のオブセッション、朝日杯2着ステルヴィ尾など、すでにタレント揃い。特に「ディープインパクト産駒」の有力どころが多い印象だ。

 そんなディープ産駒に新たな怪物が......2月3日東京開催のデビューを予定しているフィエールマン(牡3 美浦・手塚厩舎)の評判がすこぶる高い。

 母はイタリアのG1ホースでフランスG2も2勝のリュヌドールという良血。1歳上の姉ルヴォワールはデビュー後新馬、500万下と連勝し、一時はクラシック候補になっている。当然、弟にもそれ相応の期待がかかるのは当然だが......。

 所有するサンデーレーシングの公式サイトには、フィエールマンを手放しで褒め称える手塚調教師のコメントが掲載されている。

「デビュー前の馬としては圧巻という言葉を通り越したパフォーマンス」

 手塚調教師がいかに興奮しているか、このコメントを見れば一目瞭然だろう。圧巻を「通り越す」ほどのパフォーマンス、などという言葉はなかなか聞かない。それもデビュー前の馬になど前代未聞とすらいえる。

 内容はウッドチップコースで新馬勝ちを収めたレッドイリーゼ号を1秒後ろから追いかけ、最後は先着、という内容。ラップは67.5 -52.2 -38.5 -12.9である。ちなみにこのレッドイリーゼも新馬を圧勝し、鞍上の松岡正海騎手が素質に惚れ込む逸材とのこと。その馬と調教とはいえ互角以上の走りとなれば、注目しないわけにもいかないだろう。

「馬体も筋肉質でバランスのよさを感じさせますし、現場の情報では何より雰囲気が違う、とのことです。すでにハイレベルといわれる現3歳ですが、さらなるスター候補誕生となってほしいところです。デビューが遅いので皐月賞は厳しいかもしれませんが、陣営はうまくいけばダービーも、とすでに大舞台を見据えているようです」(競馬ライター)

🏇次のページ 何一つ不安がないというわけでもない

これだけの素質馬がまだ眠っていたことに、競馬ファンも手塚調教師と同じく興奮気味だ。デビューが待ち遠しいに違いない。

 ただ、やはり何一つ不安がないというわけでもない。

「姉もデビュー2連勝後に外傷を負い、順調に使えませんでしたが、フィエールマンも体質は相当に弱いようです。デビューが遅れたのはそのせいですね。陣営としては能力は認めつつも、未来ある存在として大事に使いたいようです。本格化までじっくりと時間をかける可能性も否定できませんね」(同)

 3歳「最後の怪物」が風雲急を告げるか。クラシックに向けた戦いはすでに始まっている。

 昭島のよっちゃん 2017年9月10日() 17:40
今週の予想結果とmyPOG馬の競馬の結果です 
閲覧 53ビュー コメント 4 ナイス 19

写真は、今週の「競馬でビンゴ」の私の成績です


今週の予想結果・・買い目を馬連から馬単にしました
(私の買目は、◎単勝と◎○▲△の馬単・3連単のBOXです)


土曜メインレースの予想結果です     


阪神11R エルフステークス オープン ダート1,400


 ◎ マイネルバールマン   13着(3番人気) 
 ○ ラテンロック       3着(4番人気)
 ▲ ぅΕぅ鵐燹璽函      。叡紂複曳嵜裕ぁ
 △ イーデンホール      7着(2番人気)
2着・ゴーインググレートを外し当たり無し

ビンゴ馬:ラテンロック      3着(4番人気)3着.泪垢鯏匹蠅弔屬




中山11R 紫苑ステークス G掘ー2,000


 ◎ 哀妊アドラ        1着(1番人気)
 ○ ┘曠Εウパフューム    9着(3番人気)
 ▲ ルヴォワール       6着(2番人気)
 △ 殴汽蹈縫         8着(7番人気)
単勝(250円)が当たり

ビンゴ馬:ガジュマル      17着(15番人気)17着マスを塗りつぶし





日曜メインレースの予想結果です


阪神11R セントウルステークス G供ー1,200


 ◎ Д侫.ぅ鵐法璽疋襦    。叡紂複曳嵜裕ぁ
 ○ フィドューシア      9着(2番人気)
 ▲ ▲瓮薀哀蕁璽福      。潅紂複拡嵜裕ぁ
 △ ダンスディレクター    3着(4番人気)
単勝(310円)が当たり

ビンゴ馬:フィドューシア    9着(番人気)塗りつぶしなし



中山11R 京成杯オータムハンデ G掘ー1,600


 ◎ Ε哀薀鵐轡襯       1着(1番人気)
 ○ ゥ泪襯拭璽坤▲櫂検次   。潅紂複家嵜裕ぁ
 ▲ ダノンリバティ      3着(6番人気)
 △ ┘屮薀奪スピネル    12着(4番人気)
単勝(300円)が当たり

ビンゴ馬:Ε哀薀鵐轡襯     1着(1番人気)1着▲泪垢鯏匹蠅弔屬



 


★メインレースの予想は、4レース中、3レースで馬単が当たる


★「競馬でビンゴ」は、3マスぬりつぶせたが、2リーチは変わらる!


★POG馬の出走結果

9日(土)阪神競馬場5R新馬戦(芝1,600)にスターリーステージ・メス・音無秀孝厩舎(栗東)が出走→3着

9日(土)中山競馬場5R新馬戦(芝2,000)にバレリオ・牡・相沢郁厩舎(美浦)・筆頭オーナーが出走→1着

10日(日)阪神競馬場5R新馬戦(牝馬限定)(芝1,400)にデルニエオール・メス・池江泰寿(栗東)が出走→1着

POG馬は、2勝と3着となり好成績だった!
 
 
 
※ビンゴ馬については、下記の日記を参照下さい

http://umanity.jp/home/view_diary.php?id=19e0c1d99d&owner_id=2ec1608dab

[もっと見る]

 ファストタテヤマ 2017年9月9日() 18:09
紫苑S回顧
閲覧 94ビュー コメント 4 ナイス 10



12.3 - 11.4 - 12.3 - 12.5 - 12.8 - 12.3 - 11.9 - 11.5 - 11.4 - 11.4

緩めの流れからコーナーでの加速戦。
内目を通った馬や4角で脚を溜められた馬が有利な流れ。



1着ディアドラ

接戦になったが、
この流れを外から差したのだから力は一枚上。

秋華賞でも安定して走れると思うが、
決め手に欠ける分、評価は少し控えめにしたい印象。



2着カリビアンゴールド

先行した時点でまずいと思ったが、
そこからスルスルと内に潜り込んでいく好判断で、
これには勝春さん疑ってごめんなさいとしか言えない。

この馬ができる精一杯の運びはできたし、上々。

秋華賞は適性的に悪くない印象もあるが、
能力面でちょっと厳しそうか。



3着ポールヴァンドル

スタートで軽く接触があり
出負けして位置取りが下がったが、

結果として馬群で動けず
4角での消耗をパスできる運びになったので、
案外うまくハマってきたのかなとは思う。

この馬も決め手に欠ける点で
相手が強くなってくるとどうか。



4着ブラックオニキス

直線まで内でじっとしていた大野騎手の好騎乗。

最後はキレ負けしてしまったが、
この辺りは仕方ない。



5着ライジングリーズン

後方内目を回ってきたので
そこまで高い評価はできない5着だが、
この条件でも一応の伸びを見せられたのは収穫。

ただ、外を回した組がきつい流れだったし、
伸び脚に関してはあまり過信できないのかなとも思う。

距離はマイル以上でも全然問題ないと思うが、
ペース的にハマりやすいのは1400前後かもしれない。



6着ルヴォワール

位置取りは厳しかったが、
勝負所からモタつきが目立つ走り。

今回に関しては状態面で度外視できるが、
どうも1,2戦目ほどの迫力を感じないので、

条件戦くらいは軽く突破できるかもしれないが、
もうしばらく様子を見たい。






ポールヴァンドルは3着まででお願いって書いたけど
ほんとに3着にくるのやめてください3連単も買えた感。

[もっと見る]

⇒もっと見る

ルヴォワールの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

ルヴォワールの写真

投稿写真はありません。

ルヴォワールの厩舎情報 VIP

2017年9月9日紫苑ステークス G36着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

ルヴォワールの取材メモ VIP

2017年9月9日 紫苑ステークス G3 6着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。