エキストラエンド(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
エキストラエンド
エキストラエンド
写真一覧
抹消  鹿毛 2009年4月7日生
調教師角居勝彦(栗東)
馬主有限会社 社台レースホース
生産者社台ファーム
生産地千歳市
戦績38戦[6-4-3-25]
総賞金24,638万円
収得賞金7,200万円
英字表記Extra End
血統 ディープインパクト
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
ウインドインハーヘア
カーリング
血統 ][ 産駒 ]
Garde Royale
Corraleja
兄弟 ローエングリンリベルタス
前走 2016/12/10 チャレンジカップ G3
次走予定

エキストラエンドの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
16/12/10 阪神 11 チャレンジC G3 芝1800 182357.41218** 牡7 57.0 M.バルザ角居勝彦474(-4)1.49.1 2.637.6⑩⑨マイネルハニー
16/11/19 京都 11 アンドロメダ OP 芝2000 183518.175** 牡7 57.0 A.アッゼ角居勝彦478(+10)1.59.3 0.234.7⑨⑨⑨⑩レッドソロモン
16/09/04 新潟 11 新潟記念 G3 芝2000 181216.6818** 牡7 57.0 岩田康誠角居勝彦468(+4)1.59.2 1.735.5アデイインザライフ
16/08/07 小倉 11 小倉記念 G3 芝2000 122210.963** 牡7 57.0 浜中俊角居勝彦464(-6)2.00.1 0.135.4⑨⑨⑩⑨クランモンタナ
16/06/12 東京 11 エプソムC G3 芝1800 184847.4910** 牡7 58.0 内田博幸角居勝彦470(-4)1.47.1 0.934.1④④④ルージュバック
16/04/24 京都 11 マイラーズC G2 芝1600 154622.499** 牡7 56.0 松田大作角居勝彦474(0)1.33.2 0.635.0⑤⑤クルーガー
16/04/03 中山 11 ダービーCT G3 芝1600 164825.487** 牡7 57.0 吉田隼人角居勝彦474(+2)1.33.3 0.534.5⑤④④マジックタイム
16/02/07 東京 11 東京新聞杯 G3 芝1600 143311.062** 牡7 57.0 岩田康誠角居勝彦472(-6)1.34.4 0.333.5スマートレイアー
16/01/05 京都 11 スポ京都金杯 G3 芝1600 176128.947** 牡7 57.0 吉田隼人角居勝彦478(+8)1.33.5 0.533.4⑭⑭ウインプリメーラ
15/09/13 中山 11 京成杯AH G3 芝1600 164827.5112** 牡6 57.0 吉田隼人角居勝彦470(-4)1.33.3 0.034.3⑨④④フラアンジェリコ
15/08/16 新潟 11 関屋記念 G3 芝1600 128116.559** 牡6 57.0 M.デムー角居勝彦474(+8)1.33.1 0.533.2⑤⑤レッドアリオン
15/06/07 東京 11 安田記念 G1 芝1600 1781780.8169** 牡6 58.0 蛯名正義角居勝彦466(-2)1.32.7 0.734.1⑭⑭モーリス
15/04/26 京都 11 マイラーズC G2 芝1600 1851014.864** 牡6 56.0 小牧太角居勝彦468(-2)1.32.8 0.232.9⑦⑦レッドアリオン
15/04/05 中山 11 ダービーCT G3 芝1600 1661210.454** 牡6 57.0 岩田康誠角居勝彦470(-6)1.32.9 0.733.4⑭⑯⑯モーリス
15/02/08 東京 11 東京新聞杯 G3 芝1600 166124.326** 牡6 57.0 C.デムー角居勝彦476(-2)1.35.9 0.234.2⑮⑯ヴァンセンヌ
15/01/04 京都 11 スポ京都金杯 G3 芝1600 18115.942** 牡6 57.0 福永祐一角居勝彦478(+6)1.32.8 0.033.3⑧⑥ウインフルブルーム
14/11/23 京都 11 マイルCS G1 芝1600 174742.4125** 牡5 57.0 W.ビュイ角居勝彦472(+4)1.31.9 0.434.3⑫⑫ダノンシャーク
14/10/25 東京 11 富士S G3 芝1600 165922.895** 牡5 57.0 田辺裕信角居勝彦468(-2)1.33.3 0.132.9⑬⑫ステファノス
14/09/14 新潟 11 京成杯AH G3 芝1600 16116.6314** 牡5 57.0 三浦皇成角居勝彦470(0)1.34.2 0.934.0⑦⑦クラレント
14/08/17 新潟 11 関屋記念 G3 芝1600 178156.639** 牡5 56.0 横山典弘角居勝彦470(+2)1.33.4 0.933.5⑯⑯クラレント

⇒もっと見る


エキストラエンドの関連ニュース

 2014年の京都金杯・GIIIの勝ち馬エキストラエンド(牡8歳、栗東・角居勝彦厩舎、父ディープインパクト、母カーリング、母の父ガルドロワイヤル)が1月11日(水)付でJRAの競走馬登録を抹消した。今後は北海道千歳市の社台ファームで種牡馬になる予定。

 エキストラエンドは通算成績38戦6勝。獲得賞金は2億4638万5000円。昨年暮れのチャレンジC・GIII(18着)がラストランになった。

エキストラエンドの競走成績はこちら

【新潟記念】好位で粘れるディープ産駒エキストラ2016年9月3日() 13:19

 ヒントはマイネルミラノの好走。ミラノが走ればエキストラエンドがセットでついてくる。

 手がかりが少ない超難解な夏競馬の総決算。そんな状況でもまず思い浮かぶのが、ミラノだけは崩れないということ。逃げ馬ながら重賞の近2走で(3)(1)着。ここ新潟でも昨年の新潟記念で2着、今年の新潟大賞典でも5着と大崩れしなかった。

 ただ、大回りで直線の長い新潟で“1”となると、現に(2)(5)着止まりとあり、さすがにイメージは沸かない。そこで注目したいのはその勝ち馬。実はいずれも同じ馬、そうパッションダンスに敗れているのだ。しかも、道中3番手から目標にされる形まで一緒で、要するに、ミラノの“マンマークホース”を探せばOK、という理屈が難なく成立する。

 そこで、10Fならスピードが違うエキストラエンドの出番だ。今春のマイラーズCなどでも楽に好位をキープできているように、中距離路線に入るとよりこの機動力は際立つ。

 前走・小倉記念は浜中騎手の判断で直線勝負を選択したが、(2)番枠をゲットし有力な逃げ馬も存在とくれば、むしろ前が自然だろう。現に岩田騎手は同じ内枠((3)番)だった東京新聞杯で好位3番手を選択している。

 「乗り方は鞍上にお任せ」と、前川助手は前置きしつつ、「使ったことで気持ちが乗っている。追い切りでもだいぶピリピリしてきた」と、いかにもミラノを追いかけそうな雰囲気なのだ。

 さらに、“ミラノキラー”パッションダンスとの共通点がもうひとつある。“好位からでもしぶとく粘れるディープインパクト産駒”がそれで、ここまでキャラクターが似通っていれば、人気薄でも手を出したくなる。

 “究極の3連単”は1着エキストラエンド、2・3着にはもちろんマイネルミラノをマーク。計12点でオーラスサマーをド派手な配当で締めくくりといく。(夕刊フジ)

新潟記念の枠順はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【新潟記念】ダコール、勝てば逆転夏王者だ! 2016年8月31日(水) 05:08

 ラストウイークを迎える新潟競馬場では、サマー2000シリーズ第5戦(最終戦)の新潟記念(9月4日、GIII、芝2000メートル)が行われる。注目は新潟芝2000メートルの持ち時計がメンバートップのダコール。現在は得点順で5位ながら、勝てば大逆転でシリーズVとなるだけに、力が入る一戦だ。

 28日のキーンランドCは僚馬ブランボヌールがV。中竹厩舎の2週連続重賞制覇へ、今週末はダコールの出番だ。勝って夏の王者の座をつかみとる。

 「前走後は短期放牧でリフレッシュして、ここを目標に調整。馬は元気ですよ」と白倉助手が柔和な笑顔を浮かべる。

 1番人気に支持された前走の小倉記念は4着。直線で他馬に寄られて窮屈な場面があったが、立て直されてからじわじわと伸びた。中竹調教師は「寄られて追えなかった。あれがなければ着順は間違いなく上がっていたと思う」と力負けではないことを強調する。

 昨年5月、新潟大賞典(芝2000メートル)で重賞初制覇。2013年の新潟大賞典(3着)は1分57秒4で駆け抜けており、この舞台の持ち時計はメンバー中でトップだ。「スピードが出やすい馬場が得意だし、条件的にはベスト」と指揮官は意気込む。追い込むダコールにとって、父ディープ譲りの決め手が生きる新潟の外回りは、願ってもない舞台なのだ。

 8歳になった今年はここまで重賞を5戦。すべて今回と同じ斤量58キロを背負いながら、2着2回、4着3回と堅実だ。白倉助手は「一生懸命走る馬だし、最近は崩れない。小牧(騎手)さんがしつけてくれたから、前半の折り合いはつくし、この1年で競馬を覚えてきた。調教でも乗りやすい」。精神面が大人になった8歳馬に期待を込める。

 今回は11年1月の京都500万下(3着)以来、5年半ぶりにM・デムーロ騎手との再タッグを結成だ。先週のワールドオールスタージョッキーズで個人優勝を果たして勢いに乗る鞍上のアシストは心強い。

 サマー2000シリーズは現在8ポイントで5位。「シリーズよりも重賞のタイトルが欲しい」と話す中竹調教師だが、勝てば10ポイントを加えて18ポイントとなり逆転優勝が決まる。大きな勲章を手に、秋へ弾みをつける。 (渡部陽之助)

★優勝の行方

 サマー2000シリーズは4戦が終了。現時点で優勝条件を満たしているのは札幌記念を制した13点のネオリアリズムのみ。新潟記念は1着に10点、2着に5点、3着に4点、4着に3点、5着に2点、6着以下に1点が与えられる。

 アルバートドックマイネルミラノクランモンタナの3頭はすでにシリーズを1勝しているので今回、4着(3点)以内に入り、なおかつ3頭の中で最先着した馬が優勝(同点優勝含む。ダコールベルーフエキストラエンドが勝った場合は除く)。ダコールが勝った場合は18点、ベルーフが勝った場合は15点で、ともにその時点で優勝が決まる(ベルーフは同点優勝の場合がある)。得点上位馬の着順次第だが、エキストラエンドも1着になれば、チャンスが残されている。

サマー2000シリーズ

 芝2000メートルの重賞計5戦で獲得ポイントを競う。1勝以上で13点以上が優勝の条件で、ポイント最上位馬が複数の場合、それぞれが優勝。優勝馬の馬主に3200万円、厩舎関係者に800万円が褒賞金として贈られる。

新潟記念の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【小倉記念】エキストラエンド、ひと脚使い3着2016年8月8日(月) 05:06

 第52回小倉記念(7日、小倉11R、GIII、3歳上オープン国際(特指)、ハンデ、芝2000メートル、1着本賞金4100万円 =出走12頭)マイルで実績を積んできた6番人気のエキストラエンドが3着。道中は後方のインでじっと我慢し、直線は、ばらけた馬群の真ん中からじわじわと脚を伸ばした。「内で脚をためてじっくり乗った。競馬も上手にできたし、ひと脚使ってくれた。年齢的なものもあって、今ならこのくらい距離があってもいい」と浜中騎手は中距離での好内容を評価していた。

★7日小倉11R「小倉記念」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【農林水産省賞典 小倉記念】入線速報(小倉競馬場)2016年8月7日() 15:37

小倉11R・農林水産省賞典 小倉記念(2回小倉4日目 小倉競馬場 芝・右2000m サラ系3歳以上オープン)は、1番手3番クランモンタナ(単勝36.6倍/11番人気)、2番手5番ベルーフ(単勝7.8倍/4番人気)、3番手2番エキストラエンド(単勝10.9倍/5番人気)で入線しています。

想定オッズは以下の通り。

馬連3-5(133.4倍) 馬単3-5(350.6倍) 3連複2-3-5(307.2倍) 3連単3-5-2(3217.3倍)

更に詳しい情報はこちら→http://umanity.jp/racedata/race_8.php?code=2016080710020411
※着順・払戻金等の確定情報は、レース結果確定後にレース結果ページにてご覧頂けます。

(注=上記は確定前情報を含みます。成績、払戻金など正確な情報につきましては、必ず今後JRA(日本中央競馬会)から発表されるものと照合してください。)

[もっと見る]

【ダービーCT】エキストラエンド、クビ先着2016年3月30日(水) 13:48

 エキストラエンド東京新聞杯2着から放牧でリフレッシュ。栗東CWコースで前2頭を見ながら4角で内へ。持ったまま中レッドウィズダムにクビ先着、外サトノアビリティと併入した。

 ■岸本助手「年齢もあって、併せた若い馬に比べると反応は今ひとつ。でもレースではちゃんと動くし、競馬も上手だ」

(夕刊フジ

ダービー卿チャレンジトロフィーの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら

[もっと見る]

⇒もっと見る

エキストラエンドの関連コラム

閲覧 812ビュー コメント 0 ナイス 4

みなさんこんにちは!

本日は阪神11R「チャレンジカップ G3」の『凄馬出馬表』を分析したいと思います。

今回も「U指数」だけでなく、U指数のポイントに【調教評価】、【厩舎評価】、【斤量補正】を数値化し加算減算しU指数を補正することで「総合ポイント」を算出しました。
★「U指数」について詳しくはこちらをご覧ください→U指数についてページ

U指数1.0ポイントは約1馬身差にあたるので、これを目安に以下のような重み付けをしました。
【調教評価】は競馬エイトの調教評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「5」・・・「−1.0ポイント」
「6」・・・「±0.0ポイント」
「7」・・・「+1.0ポイント」
「8」・・・「+2.0ポイント」
【厩舎評価】は競馬エイトの厩舎コメントの評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「△」・・・「−1.0ポイント」
「○」・・・「±0.0ポイント」
「◎」・・・「+1.0ポイント」
【斤量補正】は1.0kg=「0.5ポイント」として以下の基準体重との差分に乗算しました。
「牡馬」・・・「57.0kg」
「牝馬」・・・「55.0kg」


上記の補正を行った『凄馬出馬表』(画像)をご覧ください。





第1グループ(橙)は、ディサイファヒストリカルの2頭。
第2グループ(黄)は、フルーキーから1.0ポイント差(約1馬身差)内のエキストラエンドまでの6頭。
第3グループ(薄黄)は、マイネルハニー1頭となっていて、以下は第4G(灰)となっています。

凄馬出馬表をご覧いただくと第3グループのマイネルハニープランスペスカ間に1.6の溝があるぐらいでいかにもハンデ戦らしい差のない分布となっています。

私の本命は◎ヒストリカルとしたいと思います。戦績にも表れていますがこの馬は配合的にかなりパワー寄り、力のいる阪神コースはとにかく得意としています。加えて阪神1800mは何といってもディープインパクト産駒がめっぽう強い条件、舞台適性は相当高いと思います。ここ2走の走りを見ても衰えは感じませんし、叩き3戦目でパフォーマンスを上げてきそうです。

以下は○ダノンメジャー、▲ケイティープライド、△ディサイファベルーフエキストラエンドタッチングスピーチフルーキーフェイマスエンドと印を打ちます。

【3連複1頭軸流し】
5

1,2,3,4,8,9,16,18

計28点

凄馬出馬表の分布通り、差のないメンバーですので序列は付けず、手広く流します。


登録済みの方はこちらからログイン

2016年9月4日() 14:00 凄馬プロジェクトチーム
第205回『凄馬出馬表分析&馬券検討』〜新潟記念 G3
閲覧 473ビュー コメント 0 ナイス 1

みなさんこんにちは!

本日は新潟11R「新潟記念 G3」の『凄馬出馬表』を分析したいと思います。

今回も「U指数」だけでなく、U指数のポイントに【調教評価】、【厩舎評価】、【斤量補正】を数値化し加算減算しU指数を補正することで「総合ポイント」を算出しました。
★「U指数」について詳しくはこちらをご覧ください→U指数についてページ

U指数1.0ポイントは約1馬身差にあたるので、これを目安に以下のような重み付けをしました。
【調教評価】は競馬エイトの調教評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「5」・・・「−1.0ポイント」
「6」・・・「±0.0ポイント」
「7」・・・「+1.0ポイント」
「8」・・・「+2.0ポイント」
【厩舎評価】は競馬エイトの厩舎コメントの評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「△」・・・「−1.0ポイント」
「○」・・・「±0.0ポイント」
「◎」・・・「+1.0ポイント」
【斤量補正】は1.0kg=「0.5ポイント」として以下の基準体重との差分に乗算しました。
「牡馬」・・・「57.0kg」
「牝馬」・・・「55.0kg」


上記の補正を行った『凄馬出馬表』(画像)をご覧ください。






第1グループ(橙)は、マイネルミラノダコールサトノギャラントの3頭。
第2グループ(黄)は 、エキストラエンドから1.0ポイント差(約1馬身差)内のマイネルディーンまでの8頭。
第3グループ(薄黄)は、マジェスティハーツアロマカフェムスカテールの3頭となっていて、以下は第4G(灰)となっています。

凄馬出馬表をご覧いただくとまさに大混戦!どのグループ間においても大きな溝がなく、超難解レースの様相です。

私の本命は総合ポイント2位のダコールとしたいと思います。ここ数走のレースを見ていると衰えるどころか最盛期を思わせる充実ぶりで馬は相当良くなっています。前走は大外に持ち出すも不利を受け、まともにレースをしてしませんし、得意の新潟コース!デムーロ騎手への乗り替わりで新しいダコールが見れるのでは?と期待しています。

以下対抗に○アルバートドック、▲マジェスティハーツ、△にエキストラエンドマイネルディーンファントムライトルミナスウォリアーアデイインザライフマイネルミラノロンギングダンサーと印を打ちます。

【3連複1頭軸流し】
3

2,5,7,8,10,11,12,14,17

36点

かなり割れているオッズですし、相手は手広く流します!人気どころでは小回り向きと思われるベルーフを軽視してみました。果たして!?

[もっと見る]

2016年9月3日() 15:10 みんなの競馬コラム
【新潟記念】血統考察 byうまカレ
閲覧 1,190ビュー コメント 0 ナイス 4

学生団体うまカレ副代表の金沢ユウダイです。
今週はサマー2000シリーズの最終戦、新潟記念を考察します。

ディープインパクト産駒が5頭出走、どの馬もなかなか有力ですから、その5頭から考察します。

ジャスタウェイ的成長で逆らえない
アルバートドックはディープ産駒でも母がHyperionが濃い馬で、瞬発力よりも持続力に富んだ馬。だから、中距離である程度前受けしてこそ持ち味が活きてくるはずで、段々と前目で競馬が出来るようになってきたのは当然の成長曲線。同じくHyperion的なスタミナに富んだハーツクライジャスタウェイワンアンドオンリーリトルアマポーラもGIを制した時は先行していました。七夕賞はタフな流れが向いたともいえますが、ディープ産駒なだけに一定の瞬発力も兼備していて新潟替わりもそれほど気になりません。58キロでも重い印を打ちたいと思えるのがHyperion的な成長=ジャスタウェイ的成長曲線です。

●Hyperionが活きれば先行でも差しでも
クランモンタナエアトゥーレの仔でLyphard4×3。エアトゥーレはトニービン×Lyphardで母系にTraffic Judgeも入るのでハイインロー(HyperionとSon-in-Law)が豊富でとにかく「粘り」が魅力の血。半兄キャプテントゥーレ皐月賞や朝日チャンレンジCでの好走はまさに「らしい」ものといえます(牝馬にはLady Josephine的なスピードが伝わってスプリンターに出ることもある…アルティマトゥーレなど)。だから、その持続力が活きれば逃げても差してもどちらでもいいわけで、これは同じような脚質のトーセンジョーダンが、「一定の脚を使い続けていたら天皇賞(秋)を差し切ってしまった」ということと本質は同じです。ここも再度抜群に手が合う和田騎手なので無視はできませんが、決して力が上位なわけではないですから斤量増で重い印は回せません。

●軽いスピードで平坦が合う
ダコールは母アジアンミーティアが種牡馬Unbridled’s Songの全妹で、アジアンミーティアはMr.Prospectorにナスフリート(NasrullahとCount Fleet)を持ってきているから、UnbridledのパワーとMr.Prospector的な柔らかさを併せ持った繁殖牝馬といえる。ダコール自身はCaroの影響か軽いスピードが出た走りで平坦コース向き。勝ち切れるかどうかは、状態面や展開や鞍上次第だろうし、他馬と比べて使い詰めの臨戦過程も気になるが大崩れはないはずで印は回したいところです。

●パワーと柔らかさのバランスがある
久しぶりの重賞となるアデイインザライフは、なかなか興味深い配合をしています。とにかくこの馬の印象は「柔らかい」けど「デカい」ということ。「柔らかい」のは、血統表の3/4の部分である「ディープインパクト×サクラバクシンオー」が影響しています。ディープインパクトは言うまでもありませんが、Halo≒Sir Ivor3×5によりサンデー系の中でも屈指の柔らかい体質を伝えます。一方サクラバクシンオーは自身はスプリンターだったものの、父サクラユタカオーがNasrullahのクロスで、父祖Princely Giftは柔らかい体質を強く遺伝する馬で、こういう柔らかさというのは代を経るにつれてスタミナ型してきます。キタサンブラックブラックタイドディープインパクト×サクラバクシンオー)も柔らかいから距離が持つのだし(Burghclereのスタミナも発現しているが)、ブランボヌールディープインパクト×サクラバクシンオー)だって柔らかいから外回りのマイルGIで好走できました(母母アジアンミーティアのUnbridled’s Songの柔らかさも影響しているが)。「デカい」のは、血統表の残りの1/4である母母フレンドレイの影響です。フレンドレイはデインヒル×マルゼンスキーという組み合わせで、世界的にも屈指のパワーを誇るデイヒンルの血を、Northern Dancer、Buckpasserらで増幅した配合をしてるのです。段々と体質的な緩さが解消されてきたことが、2連勝の要因でしょう。本質的には、「父中距離馬×母父スプリンター」の配合系らしいキタサンブラックネオリアリズムのような小回り向きで、前走常総Sでの捲りは、「らしさ」を感じました。直線の長いこの舞台はスローの方が合っているでしょう。しかし休み明けで重賞を勝てるほどの馬ではないとみていますので△が回るかどうかといったところです。

●馬群に突っ込んでどこまで
オークスやヴェルメイユ賞を制したエキストラエンドの母カーリングは、Garde Royale×Carvinという2400型×2400型という組み合わせなので、産駒はローエングリンリベルタスなど切れないタイプが多いですがエキストラエンドもその1頭。年齢を重ねてズブさが増し、距離を伸ばした前走で久しぶりに好走。この馬の気性的なポイントは、「馬群に入ってやる気を出す」ということで、そういう競馬ならGIでも好走可能(2014年マイルチャンピオンシップでイン差し4着)なほどの能力の持ち主です。さすがに衰えもあるでしょうから、ここは馬群に突っ込む競馬でどこまでやれるか。人気次第では相手に加えてみても良いかもしれません。

ここからは、ディープインパクト産駒以外の人気馬・注目馬を考察します。

●鞍上魅力も不安要素あり
ベルーフはLe Fabuleux≒Worden6×5で、父産駒のポイントであるLe Fabuleuxを抑えた配合で、母がレクレドールだから体質は柔らかく(ハービンジャーのデインヒルのパワーと言うより、仏血的な柔らかさが目立つ産駒が多い)、息の長い末脚が武器のタイプ。だから本来は「上がりの掛かる直線の長いコース」がベストなはずですが、外回りだとスローペースになりやすいから重賞では持続戦になりやすい内回りで好走している。「流れに乗せると集中力が途切れるところがある」(池江調教師)とのことなので、その点では追い込みの巧い田辺騎手騎乗は興味深いですが、新潟外回りで「流れに乗せない競馬」をしてくる馬を積極的には買いにくいというのが今回の見解。だた潜在能力ではハイレベルのドゥラメンテ世代でもトップクラスだと思っているから印は回したい。

●それほど踏ん張れないが
マイネルミラノは、ステイゴールド産駒の80点くらいの配合で、母からパワーを取り込むことには成功しているが、先行して「踏ん張る血」は少ないから、ダイワスカーレットトランセンドやのような粘り腰は使えない。今回も昨年同様メイショウナルトの2番手で展開的には向きそうだが、前走のようにそう毎回毎回巧くはいかないのが競馬だから人気なら消してみる手もあると思っている。ただ、この夏の内容が、一回りとまではいかないが1/2回りパワーアップしたようにもうつるので難しいところ。

●新潟替わりは大歓迎
七夕賞では2番人気8着と人気を裏切ったルミナスウォリアーの新潟替わりは非常に楽しみです。そのそもメイショウサムソンは、母マイヴィヴィアンがRoyal Cherger≒Nasrullah6×4・5だから直線の長いコース向きの産駒が多いが、ルミナスウォリアーも母系にSeattle Slewを持つからみるからに東京向きのエンジンの乗り。まだ重賞で通用するレベルではないとも思えますが、小回り福島からのコース替わりで人気が落ちるようなら抑えたい1頭です。

●トニービン的持続力で舞台は合っている
3歳時に東スポ杯3着があるマイネルディーンは、「ナイキアディライトからマイネルディアベルを産んだ名繁殖ムービースクリーンの仔」ということで常に注目してきた。ムービースクリーンはHornbeam3×4の持ち主で、このクロスは持続的な斬れを生み出すということは何度も書いてきました。マイネルディーン自身はLa TroiennneとRibotの血を引くダンスインザダーク産駒だから前脚の出は良くないですが、逆にそれは小回りでも好走できるし道悪も得意な要因でもあります。ストライドは伸びないけれども持続力もすごいので新潟2000mも合っているはずで、一昨年の冬に昇級してからはスローペースに泣かされたり内枠で詰まったりして重賞では馬券になっていないが、同じ舞台の昨年の新潟大賞典は0.3秒差の6着。トニービンが強いレースだし能力は確かなので大穴ならこの馬だろうと思います。

●人気暴落なら
メイショウナルトは、休み明けの鳴尾記念も0.5秒差の8着と悪くない内容でしたし、七夕賞も少々オーバーペースが敗因。La Troiennneのパワーが強いので夏場が得意なことは言うまでもありません。エーシンマックスエキストラエンドが穴人気して、人気暴落なら相手に組み込みたい1頭。馬場が渋ればなお良し。

●馬場が渋れば
芝に転じて再上昇してきたバーディーイーグルは、ブライアンズタイム産駒でBramalea≒Gold Digger3×4、Graustark=His Majesty3×4、Hasty Road4×5という父母相似配合馬。Graustark=His MajestyのようなRibotのクロスは、最近だとラジオNIKKEI賞のアーバンキッドや、マーメイドSのヒルノマテーラなど内回りで結果を残すことが多いですが、パワーがあって少しアクションが大きいところがあるので「重馬場の外回り」がベスト中のベストなのではないかと思う。馬場が渋れば組み込みたい。
ファントムライトは、パロクサイドの牝系だから一定の斬れは兼備していて直線の長いコースでもそこそこ走れますが、トニービンが入らず父がオペラハウスなのでやっぱり重賞レベルになると馬場が渋った方が良い。函館記念は大外枠から勝ちにいっての結果だから度外視でOK。馬場が重そうなら。


【まとめ】
・Hyerion的=ジャスタウェイ的成長がみられるアルバートドックは58キロでも評価したい。
小倉記念好走組(クランモンタナエキストラエンド)は軽視。
アデイインザライフは過剰人気なので重い印は打てない。
ダコールは臨戦過程が気になるがここも大崩れはないのでミルコ騎乗なら警戒。
ベルーフマイネルミラノも今一つ強調材料に欠ける
ルミナルウォリアーの新潟替わりはプラス
マイネルディーンは新潟で54キロなら重賞でも通用


----------


【参考】

『日本サラブレッド配合史―日本百名馬と世界の名血の探究』(笠雄二郎著)
望田潤さんのブログ http://blog.goo.ne.jp/nas-quillo
栗山求さんの連載「血統SQUARE」http://www.miesque.com/motomu/works.html
『覚えておきたい 日本の牝系100』(平出貴昭著)

【うまカレBlog】http://umacollege.blog.fc2.com
【Twitter】https://twitter.com/umacolle
【Facebook】https://ja-jp.facebook.com/umacolle

金沢ユウダイ
【Twitter】https://twitter.com/derby6_1
【ブログ】http://derby6-1.hatenablog.com/

執筆者:うまカレ(MYコロシアム>最新予想にリンク)

------------------------------------------------
あなたも「みんなの競馬コラム」コーナーでコラムニストデビューしてみませんか!
>>応募方法など詳しくはこちら<<
------------------------------------------------

[もっと見る]

2016年8月10日(水) 17:05 競馬プロ予想MAX
先週の回顧〜(8/6〜8/7)夢月プロ、西野圭吾育成プロらがスマッシュヒットを記録!
閲覧 558ビュー コメント 0 ナイス 4

先週は、7(日)に新潟競馬場でG3レパードステークスが、小倉競馬場でG3小倉記念行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
G3レパードステークスケイティブレイブが先頭で直線コースへ。逃げるケイティブレイブのリードは3馬身、2番手にピットボス、3番手にはまくり気味に進出したグレンツェントで後続はやや離れる形。残り200mを通過、軽快に逃げるケイティブレイブは2馬身のリードを取って逃げ込み態勢、ここで伸びきれないピットボスを交わしてグレンツェントが単独2番手に浮上、後続は大きく離れ優勝争いは早くも2頭に絞られます。内ぴったりで懸命に粘るケイティブレイブ、一間歩ごとに差を詰めるグレンツェント!激しく続いた追い比べはグレンツェントがゴール前で僅かにケイティブレイブを捉えて優勝しました!クビ差の2着にケイティブレイブ、そこから2馬身差の3着にレガーロが入っています。
 
公認プロ予想家では西野圭吾育成プロ他10名が的中しています。
 
G3小倉記念メイショウナルトがレースを引っ張って直線コースへ差し掛かります。直線に入るとメイショウナルトが後退してクランモンタナが先頭!2番手にアングライフェン、内からテイエムイナズマ、外からはマーティンボロ、後続各馬は横に広がって追い出しにかかります。残り200mを通過、粘るクランモンタナマーティンボロ、内を突いてエキストラエンド、大外からは人気のダコールベルーフが併せ馬の形で差し込んできます。残り100mを通過、ここでエンジン全開となったベルーフが大外一気の力強い末脚でクランモンタナに急追!ゴール前では一気に差を詰めましたが、クランモンタナが僅かにこの追撃を振り切って優勝!嬉しい重賞初制覇を飾りました!2着にベルーフ、そこから半馬身差の3着にエキストラエンドが入っています。
 
公認プロ予想家ではサウスプロ他5名が的中しています。
 
------------------------------------------------------------------------------
 
☆☆☆注目プロ →夢月プロ
勝負レースに選んだ6(土)札幌12Rで『前走は放馬の影響で疲弊した。スムーズに立ち回ればここでも。』とコメントした単勝76.9倍の◎イーグルアモンが3着に入り、ワイド69.4倍、3連複304倍を的中させ、9万5500円を払い戻しました!この他にも7(日)札幌6Rで『前走は4コーナーで挟まれて失速し、立て直した直後に前が壁になる散々な競馬。』と狙った◎ロックキャンディの単勝を1万円的中させ、7万8000円を払い戻しました!この他にもコンスタントに的中を重ね、週末トータル回収率131%、収支プラス9万4960円をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →西野圭吾育成プロ
勝負レースに指定した7(日)新潟11RレパードステークスG3で『ここ3走は力出し切れてない、もちの木賞の内容から、能力はこの世代でもトップクラスのハズ』と狙った◎レガーロが3着に入り、対抗○ケイティブレイブとのワイド8.7倍を的中させ、3万450円を払い戻しました!前日の新潟11Rでも『ここ2走は自身で展開厳しくしてしまった、1200m+平坦なら粘り増すハズ』と本命に推した◎サンレーンからの馬単を的中させ、13万9500円を払い戻しました!週末トータル回収率145%をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →霧プロ
7(日)新潟3Rで大穴◎ウェイアップハイを本命に抜擢!単勝59.7倍、馬連48.2倍を仕留め、7万4160円を払い戻しました!新潟2Rでも対抗に推した単勝94.5倍の○アサクササンダーが2着に入り、馬連132.4倍、3連複486.3倍を的中させました!週末トータル回収率114%をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →加藤拓プロ
7(日)札幌3Rで『前走は苦手な重馬場。今回上積みが見込めそう。』と狙った◎ダノングランツの単勝12.6倍を4000円的中させ、5万400円を払い戻し!さらには同日の札幌12Rで◎○の大本線的中!単勝12.1倍を1000円、馬連30.4倍を4000円、ワイド10.4倍を2000円的中させ、15万4500円を払い戻しました!週末トータル回収率134%をマークしています。
 
この他にもジョアプロ(119%)、伊吹雅也プロ(109%)、おかべ育成プロ(109%)が週末トータル回収率100%超の活躍を見せています。

[もっと見る]

2016年8月9日(火) 15:30 凄馬プロジェクトチーム
『凄馬出馬表&馬券検討』8/7の結果(小倉記念G3)
閲覧 502ビュー コメント 0 ナイス 1

8月7日(日)に行われました小倉11Rの「小倉記念G3」です。

レース結果(着順)の凄馬出馬表(画像)をご覧ください。



1着:総合ポイント【5位】 クランモンタナ(36.6倍)
2着:総合ポイント【4位】△ベルーフ(7.8倍)
3着:総合ポイント【1位】 エキストラエンド(10.9倍)

第2グループ・総合ポイント5位のクランモンタナが1着、第1グループ・総合ポイント4位のベルーフが2着、第1グループ・総合ポイント1位のエキストラエンドが3着という結果でした。

一発を期待した◎メイショウナルトはマイペースで運べましたし、2番手のクランモンタナが押し切っていますので完敗ですね(+_+) 凄馬出馬表的には総合ポイント5位ながらブービー人気だったクランモンタナが激走!5位→4位→1位の上位決着で3連複は3万円超えの好配当でした。

酷暑が続きますが、みなさんも体調に気を付けて夏競馬を楽んでいきましょう(^^)/ 今週も宜しくお願い致します!

【3連複フォーメーション】
7

4,5,6,11

2,3,4,5,6,8,10,11,12

26点 払い戻し0円

[もっと見る]

2016年6月12日() 14:00 凄馬プロジェクトチーム
第192回『凄馬出馬表分析&馬券検討』〜エプソムカップ G3
閲覧 863ビュー コメント 0 ナイス 1

みなさんこんにちは!

本日は東京11R「エプソムカップ G3」の『凄馬出馬表』を分析したいと思います。

今回も「U指数」だけでなく、U指数のポイントに【調教評価】、【厩舎評価】、【斤量補正】を数値化し加算減算しU指数を補正することで「総合ポイント」を算出しました。
★「U指数」について詳しくはこちらをご覧ください→U指数についてページ

U指数1.0ポイントは約1馬身差にあたるので、これを目安に以下のような重み付けをしました。
【調教評価】は競馬エイトの調教評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「5」・・・「−1.0ポイント」
「6」・・・「±0.0ポイント」
「7」・・・「+1.0ポイント」
「8」・・・「+2.0ポイント」
【厩舎評価】は競馬エイトの厩舎コメントの評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「△」・・・「−1.0ポイント」
「○」・・・「±0.0ポイント」
「◎」・・・「+1.0ポイント」
【斤量補正】は1.0kg=「0.5ポイント」として以下の基準体重との差分に乗算しました。
「牡馬」・・・「57.0kg」
「牝馬」・・・「55.0kg」


上記の補正を行った『凄馬出馬表』(画像)をご覧ください。






第1グループ(橙)は、フルーキーのみ1頭。
第2グループ(黄)は 、ラングレーから1.0ポイント差(約1馬身差)内のヒストリカルサトノギャラントルージュバックエキストラエンドアルバートドックまでの計6頭。
第3グループ(薄黄)は、ダービーフィズから1.0ポイント差(約1馬身差)内のレコンダイトまで2頭となっていて、以下は第4G(灰)となっています。

第1グループ→第2グループ間に少し開きがあるものの、その下は大接戦。グループ分けの定義上アルバートドックの下、レコンダイトの下といったところで線引きがされていますが、それよりもラングレー以下は大きな差のないかたまりという捉え方をしたほうが良さそうな構図ですね。

近年のレース傾向に目を向けると内枠(1〜3枠)の若い(4〜5歳)人気馬(単勝10倍未満)が毎年堅実に走っている印象がありますので、そんなところから今回の◎はラングレーにしたいと思います。叩き2戦目での上積みと56キロも込みで期待してみたいと思います。
○に同型不在で展開利が見込めそうなマイネルミラノ。叩き3戦目で1週前追いから上昇気配が窺えたので、あとは当日絞れてきていれば更に期待できるのではないでしょうか。
▲はアルバートドック三浦皇成騎手がこのコース+重賞条件で過去(0-0-0-24)という状況を見るとあまり強気にはなれませんが、そこに目をつぶれば一度は本命までよぎった馬なので上位評価。
以下、☆にフルーキー、△にロジチャリスルージュバックヒストリカルサトノギャラントエキストラエンドダービーフィズステラウインドとこの凄馬出馬表から上から下まであまり差のない状況を踏まえ手広く印を回します。そして、今回の私の馬券は◎○からの3複と◎からの馬単で勝負としたいと思います。


【3複流し】
◎○=印(9点)
1,13=2,4,5,6,7,8,16,17,18

【馬単流しマルチ】
◎⇔○▲☆△(7,18)
1⇔6,7,13,16,18(10点)


計19点

[もっと見る]

⇒もっと見る

エキストラエンドの口コミ


口コミ一覧

東京新聞杯などなど

 人参好 2017年2月5日() 02:00

閲覧 83ビュー コメント 0 ナイス 3

今日は相棒劇場版の再放送やってましたね。
前にも見た記憶があるので見るつもりあんまりなかったのですが
女優の小西さん 実にいいですねえ
後半露出度が高くにつれつい全部見てしまいました。喪服のシーンとか特に・・・
ポニーテールが特にいいですなあー

え、何書いてんるんだろう





さて日曜競馬、東西ともに少頭数でちょっと寂しいですね。



ではまずは東京新聞杯。
うまく馬券に結びつけられないのですが、京都→東京って基本的にあまり良いローテではというところ
じゃ、きさらず賞からダービーぶっこ抜いたキズナはどうなのよ?とかありますが
京都金杯→東京新聞はマイル路線ではよくあるローテ。
過去3カ年をみると

2016
スマートレイヤー エリ女5着、府中牝馬2 
エキストラエンド 京都金杯7着 新潟マイル2着x2
マイネルアウラート 六甲アイランドS

2015
ヴァンセンヌ 元町S
アルフレード 朝日杯1着
フルーキー 京都金杯4着 京都と阪神マイルで勝

2014
ホエールキャプチャ エリ女6着 府中牝馬1着
エキストラエンド  京都金杯1着
クラレント 阪神C、毎日王冠それぞれ3着

京都得意組があんまりいないんですよね。阪神マイルとの相性もよさそうで
中山ニューイヤーSからも結構きているのが多い気がきます。
これじゃあれなんで京都金杯の1着馬が次走がどうだったかというと



2005ハットトリック 東京新聞杯1着
2006ビックプラネット 小倉大賞典8着
2007マイネルスケルッティ高松宮杯6着
2008エイシンデュピティ東京新聞杯7着
2009タマモサポート  東京新聞杯6着
2010ライブコンサート 東京新聞杯10着
2011シルポート    東京新聞杯6着
2012マイネルラクリマ 東京新聞杯8着
2013ダノンシャーク  読売マイラーズC 3着
  2012年2着馬 同年東京新聞杯5着
2014 エキストラエンド 東京新聞杯2着
2015ウィンフルブルーム 福島テレビOP 1着
2016ウィンプリメーラ 京都牝馬3着


京都金杯と東京新聞杯の連覇はハットトリックまで遡らないとない。
G1はハット、エイシン、ダノンと3頭出ているわけですが京都→東京マイルの
重賞連続好走が少ないですねー というか散々ですね。実際。
逆を言えば連続好走の特徴をつかめれば・・・なんですが
ハットトリックとエキストラエンドの共通項は・・・?
ハットは後ろからの豪脚でねじ伏せるタイプ、エキストラは立ち回りがうまいディープ。
ということであんまり共通項がなかったです。ハイ。

さてハットトリック以外で共通しそうなのが立回りうまさで買ったタイプが軒並み
(エキストラ以外)全滅といえそう。
そのエキストラですが、連帯のときは超スローで立ち回りが結果につながったと思います。
ハットはのちに安田記念制してますし、ダノンシャークもマイルCSを制してますが
京都→東京を制する=東京マイルG1
京都→東京で僅差で負ける=京都G1で復活 といえそう。


では展開
逃げたい馬はなし。マイネルかヤングマンもハナ主張すればどうぞどうぞになりそうです
エアスピネルがスローを嫌って道中先手もちょっと考えたいですが掛かるタイプなので
そこまでは考慮しなくても良さそう

マイネルーヤングマンーエアスピネルーブラックスピネルの順か
前優位で当然早い上りが必要


マイネル 新潟で32.6 次が昨年東京新聞杯33.3着が馬券からみ上り最速
ヤングマン 新潟33.0、33.7関谷記念
エア 新馬が33.9 朝日杯2着が34.0  33秒台の高速上りは案外向いてないかも
ブラック マカヒキが32.6で勝った若駒Sで33.0で3着 33秒台の上り決着が面白ことに
1800だと馬券、マイルだと掲示板までとなってます。
これって位置取りが後ろか前かではないかと。今回は頭数から前になりそう。

ということで勝馬は前々にいそうなタイプ
ほぼ3着以内に来そうなのが

マイネルアウラート 冬がとにかく得意展開もあいそう
ブラックスピネル ゆるーーーい競馬の上りドン!はあいそう


エアスピネル ここ勝てばマイルG1はおそらく総なめ。ただ京都金杯で最速上りであいことから
おそらく使える脚が短いタイプ。G1だと多分足りない。

ヤングマン 位置取り次第。

ロイカバード 上りキレは上位も位置取り後ろ。まぎれて3着くらいなら。


結論

◎ブラックスピネル スロー合うはず
〇マイネルアウラート 展開利大
▲ヤングマンパワー 位置取り次第では頭も
△エアスピネル 府中適性は? ここで負けて安田も負けてマイルCSでウマー希望
△ロイカバード 3着までなら・・・

エアこんな評価でいいのかな・・・・



つづいて きさらぎ賞

これはサトノアーサーで良さそうですね
1枠引いたものの何せ8頭立て・・・
タガノアシュラが大逃げくらいでないとちょっと厳しそうですね
1800外も難関。阪神で32秒台末脚だせるので今の京都でもスローだと
33秒台でそうです。
と思いつつも気に入りませんね、前走と前々走。
ともに1000mまで1分5秒・・・ってちょっとスローすぎ
これに掛からない気性は良さそうですが
ペースギャップが大きいような気がします。

アーサ意識、小頭数であれば当然前々が波乱の立役者

逃げはおそらく タガノアシュラ つづいて アマリカズカップ プラチナヴォイスか
ここで買いたいのは前走直線で不利あったプラチナヴォイス、タガノも捨てがたい
サトノは僅差の3着を希望


ちなみにアメリカズカップは
アメリカ‘ス‘カップと言ってた時もあったんですが
最近だとアメリカズなんですね

あ、予想は


◎アメリカズカップ
〇プラチナヴォイス
▲サトノアーサ
△タガノアシュラ

サトノが飛べばおいしそうですがあっさりもありえそう。
なにせディープだしなーー

アメリカズカップは朝日杯で直線2回ほど弾き飛ばされも踏ん張りも評価して
多頭数だと多分いらないですが今回少頭数が幸いするとしてです。

 グラスアクター 2016年9月4日() 15:15
新潟記念展望
閲覧 59ビュー コメント 0 ナイス 3

◎エキストラエンド
○ダコール
▲マイネルミラノ
△ファントムライト
△クランモンタナ
×アルバートドック
×アデイインザライフ

買い目三連複フォーメーション
◎○➡◎○▲△×➡◎○▲△×


◎はエキストラエンド。と言っても、頭狙いではなく圏内という意味で。前走はよく頑張ったし、岩田と手が合ってる馬。イン付きを期待したい。

○はダコール。これも安定感を買ってとデムーロタイプ的にデムーロと合うかな、ということで。頭よりは圏内狙いで。

▲はマイネルミラノ。
まぁマイネルミラノは柴田大地ってのが明確な不安材料なんだが、パフォーマンスは高いと思う。うまく番手でいてくれれば。

△はコース実績を買った。というか、クランモンタナ人気無さすぎ。これはぜひとも狙いたい。

×は思考停止の戸崎と横山典。戸崎は、エージェントが優秀なのか運がいいのか、「そのレースで一番強い馬」に乗っているだけ。今回は明確に不安材料だらけだけど、また仕掛け遅れごっつぁんで圏内がありそう。アデイインザライフは単に横山典応援馬券。

[もっと見る]

  2016年9月4日() 01:18
新潟記念、アロマカフェよ来て。
閲覧 248ビュー コメント 1 ナイス 24

顧客満足度のアンケートで、
98.5パーセントの方から5段階評価の4と5をいただきました。
地味にがんばってきた成果かな、とジンワリ嬉しいです。

気分良く、競馬に突入。


新潟記念はエキストラエンドとサトノギャランとアロマカフェがチェック馬。

フジテツさんとこの3連単予想にはエキストラエンドを三着指名。
これはスピード指数的に高いから。
でも、人気してきました、旨味は小さいか。

んなら、アロマカフェに期待します。
前走はジリジリとですが追い上げての4着。
爆発的な切れは無いですが、
やる気有るのか無いのか分からないコンニャク走法が特徴。(笑)

新潟の2000は三着に来たこともあるし、人気順よりも確実に着順は上とのデータもあります。

来たら帯封もアリです、が無理っぽいか。(笑)

[もっと見る]

⇒もっと見る

エキストラエンドの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
3:
  福招き猫(=゚ω゚=)   フォロワー:3人 2012年3月5日(月) 02:13:18
3/4 弥生賞
5着 エキストラエンド(C・デムーロ騎手)
「ずっと外を回るロス。終始、反応は良かっただけに内枠がほしかった」
2:
  福招き猫(=゚ω゚=)   フォロワー:3人 2012年2月5日() 17:27:11
2/5あすなろ賞
1着 エキストラエンド(中舘騎手)
「言うことないし、強かったです。血統の裏づけもあるし、反応もいいです。この上のクラスを狙っていくには理想的な馬だと思います」
1:
  サンデーさいざんす。   フォロワー:9人 2012年1月31日(火) 10:49:41
リベルタスの下。がんばれ、

エキストラエンドの写真

エキストラエンド
エキストラエンド

エキストラエンドの厩舎情報 VIP

2016年12月10日チャレンジカップ G318着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

エキストラエンドの取材メモ VIP

2016年12月10日 チャレンジカップ G3 18着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。