注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます!⇒いますぐ会員登録(無料)

アジアエクスプレス(競走馬)

注目ホース
アジアエクスプレス
写真一覧
抹消  栗毛 2011年2月9日生
調教師手塚貴久(美浦)
馬主馬場 幸夫
生産者Ocala Stud
生産地
戦績12戦[4-3-0-5]
総賞金17,087万円
収得賞金4,210万円
英字表記Asia Express
血統 Henny Hughes
血統 ][ 産駒 ]
Hennessy
Meadow Flyer
Running Bobcats
血統 ][ 産駒 ]
Running Stag
Backatem
兄弟 アジアハイウェイ
前走 2016/11/20 福島民友カップ OP
次走予定

アジアエクスプレスの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
16/11/20 福島 11 福島民友C OP ダ1700 15346.1315** 牡5 58.0 津村明秀手塚貴久554(+4)1.46.6 2.039.8④④④④トラキチシャチョウ
15/08/29 新潟 11 BSN賞 OP ダ1800 14222.514** 牡4 57.5 北村宏司手塚貴久550(+12)1.49.8 0.337.3ダノンリバティ
15/05/23 京都 11 平安S G3 ダ1900 167133.915** 牡4 57.0 戸崎圭太手塚貴久538(0)1.55.6 0.537.0インカンテーション
15/04/18 阪神 11 アンタレスS G3 ダ1800 16233.012** 牡4 57.0 戸崎圭太手塚貴久538(0)1.49.7 0.137.5クリノスターオー
15/03/26 名古 10 名古屋大賞典 G3 ダ1900 11--------2** 牡4 55.0 戸崎圭太手塚貴久538(--)2.00.9 0.1----メイショウコロンボ
14/08/10 新潟 11 レパードS G3 ダ1800 157133.311** 牡3 56.0 戸崎圭太手塚貴久534(+8)1.50.4 -0.635.6クライスマイル
14/06/22 東京 11 ユニコーンS G3 ダ1600 16121.3112** 牡3 56.0 戸崎圭太手塚貴久526(+2)1.37.7 1.737.7⑥⑨レッドアルヴィス
14/04/20 中山 11 皐月賞 G1 芝2000 188167.556** 牡3 57.0 戸崎圭太手塚貴久524(-4)2.00.0 0.435.5イスラボニータ
14/03/23 中山 11 スプリングS G2 芝1800 15342.312** 牡3 56.0 戸崎圭太手塚貴久528(0)1.48.6 0.235.1⑥⑦⑧⑦ロサギガンティア
13/12/15 中山 11 朝日杯FS G1 芝1600 16368.741** 牡2 55.0 R.ムーア手塚貴久528(-8)1.34.7 -0.235.3⑪⑨⑦ショウナンアチーヴ
13/11/23 東京 9 オキザリス賞 500万下 ダ1600 16122.311** 牡2 55.0 R.ムーア手塚貴久536(+2)1.37.9 -1.137.6ペアン
13/11/03 東京 5 2歳新馬 ダ1400 167131.611** 牡2 55.0 U.リスポ手塚貴久534(--)1.26.5 -0.936.9⑧⑥オータムラヴ

アジアエクスプレスの関連ニュース

 GI6勝馬モーリスの全弟であるルーカス(美・堀、牡2、父スクリーンヒーロー、母メジロフランシス)が4月28日に美浦トレセンへ入厩し、調教を行っている。3日は4ハロン75秒8でゆったりと登坂。森助手は「顔立ちは兄に似ていますね。体は現在485キロでこれから成長していきそうです。背中もよさそうですし、楽しみですね」と特徴を伝えた。

 堀厩舎には他にもアジアエクスプレスの全弟レピアーウィット(牡2、父ヘニーヒューズ、母ランニングボブキャッツ)、3冠牝馬アパパネの2番子ジナンボー(牡2、父ディープインパクト)なども入厩している。

モーリスの競走成績はこちら

【根岸S】マッチョ、ダート界の新横綱へ豪快けいこ 2017年01月26日(木) 05:09

 根岸ステークスの追い切りが25日、東西のトレセンで行われた。美浦では5戦4勝のベストマッチョが、粘り強い走りで併入。3カ月ぶりとなるが、状態の良さをアピールした。坂路で好タイムをマークしたノボバカラが、サンケイスポーツ調教評価『S』を獲得。栗東ではGI2勝のベストウォーリアが好仕上がりを見せつけた。

 たくましい馬体が生み出す推進力で、いてつく冷気を切り裂いた。ベストマッチョがWコースでパワフルな動きを披露し、コンディションの良さをアピール。納得の仕上がりに、手塚調教師から笑みがこぼれる。

 「時計は予定より速くなったけど、動きは良かった。状態はいい。去年と比べて、ずいぶん力強くなったね」

 アッラサルーテ(1600万下)を7、8馬身追走してスタート。馬場の外めを回りながら、楽な手応えで内から徐々に差を詰め、直線でいったん前へ。ゴール前で追われた相手に盛り返されたが、馬なりで粘り強く併入に持ち込み、5ハロン65秒6、3ハロン38秒7−13秒0をマークした。

 3カ月ぶりになるが、「3週連続でいい追い切りができた。放牧先でもしっかり乗り込んでいたし、休み明けがマイナスにはならない」とトレーナーは不安を一掃する。

 重賞初挑戦ながら、まだ底を見せていない魅力がある。昨年2月にデビューしてから5戦4勝2着1回と“準パーフェクト”。東京ダ1400メートルに限れば3戦全勝と高い適性を示している。

 弱かった体質は徐々にしっかりとしてきた。ひづめには接着装蹄を使っているが、「ツメの状態はアップしている。夏くらいには普通の蹄鉄(ていてつ)にできるかも」と、レースを使い込めなかった不安は解消しつつある。

 昨年の覇者でフェブラリーSも制したモーニンと重なる部分は多い。根岸Sの前までに5戦4勝の戦績は同じ。米国産の4歳馬で、馬場幸夫オーナーも共通だ。ベストマッチョもここを勝てば、ダート界の新横綱誕生が現実味を帯びてくる。

 「今回はGIを目指す馬も多いからそんなに甘くはないだろうけど、戦ってみたいと思えるくらいの馬。楽しみはある。勝たなきゃ、行けないから」と指揮官はフェブラリーS出走に意欲満々。まずは前哨戦で、歴戦の古豪を相手に力を示す。 (藤沢三毅)

★前年の勝ち馬と酷似!?

 ベストマッチョを所有するのは、昨年に根岸SフェブラリーSと連勝したモーニンと同じ馬場幸夫氏。米国産で3歳時にデビューして同年秋にオープン入りし、根岸Sの前までに5戦4勝の戦績もモーニンと同じだ。馬場幸夫オーナーは今回、重賞5勝のベストウォーリアと2頭出し。手塚調教師とのコンビでは、アジアエクスプレスで2013年の朝日杯フューチュリティSを勝っている。

根岸Sの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

アジアエクスプレスが引退、種牡馬へ 2016年12月09日(金) 16:00

 2013年の朝日杯フューチュリティS・GIを制し、JRA賞最優秀2歳牡馬に選ばれたアジアエクスプレス(牡5歳、美浦・手塚貴久厩舎、父ヘニーヒューズ)が、12月9日付で競走馬登録を抹消された。今後は北海道新冠町の優駿スタリオンステーションで種牡馬となる予定。

 通算成績は12戦4勝(うち地方1戦0勝)。重賞はほかに14年のレパードS・GIIIを勝っている。獲得賞金は1億7633万6000円(うち地方546万円)。11月20日の福島民友C(15着)がラストランとなった。

アジアエクスプレスの競走成績はこちら

[もっと見る]

【マイルCS】ヤングマンGI獲りトレ!豪快12秒5 2016年11月17日(木) 05:05

 マイルチャンピオンシップの追い切りが16日、東西トレセンで行われた。美浦では3連勝中のヤングマンパワーが坂路で豪快な動きを見せ、GI初制覇への態勢を整えた。栗東ではスワンSを快勝したサトノアラジンがCWコースで力強く先着し、サンケイスポーツ調教評価で最上級の『S』を獲得。ミッキーアイルは坂路で上々の追い切りを消化した。

 500キロを超える巨体が迫力満点に坂路を駆け上がってきた。3連勝中のヤングマンパワーが、大きな体で軽快なフットワークを披露。勢いそのままにGI制覇に乗り出す。

 僚馬アルタイル(1600万下)、アジアエクスプレス(オープン)とともに坂路に登場し、グイグイと上っていくヤングマン。2頭の真ん中に入り、ゴール前でアルタイルが1馬身ほど遅れたが、外のアジアエクスプレスとの500キロ超のコンビが並んでフィニッシュする姿は圧迫感すら感じるほどだ。

 4ハロン53秒2−39秒5−12秒5の時計は目立つものではないが、「先週、速い時計(4ハロン51秒2)を出しているし、今週はそれほど出さなくていい。予定通りです。いい状態で出せますよ」と手塚調教師は納得の表情だ。

 新馬戦を勝って3戦目にはアーリントンCで重賞Vと、早い時期から素質を見せていたが、その後は1年以上も勝ち星から見放された。復活のきっかけは、降級戦となった今年6月の多摩川S。アーリントンC以来となる3勝目を挙げると、関屋記念富士Sとマイル重賞を連勝。一気にマイルCSの有力候補へとのし上がってきた。

 「特徴的な頭の高い走法だけど、首の使い方とかに力強さが出てきました。富士Sはメンバーがそろっていたので、どれぐらいの競馬ができるかと思ったけど、完勝でしたからね。ペースが遅かったし、時計以上の内容でした」

 成長した姿と前走のレースぶりでGIへの自信を深めたようだ。「京都は初めてですけど、脚質的に合っていると思いますし、長距離輸送もアーリントンCの阪神で問題なかったので心配していません。すばらしいパフォーマンスを見せられると思います」と話す調教師からこぼれる笑みが、好調ぶりを物語る。

 共同会見の最後に「皆さん、(予想欄に)たくさん印をつけてくださいね」と言い放った手塚師。アダルトな姿へ脱皮したヤングマンパワーなら、“宣言”が現実のものとなるかもしれない。 (柴田章利)

マイルCSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【マイルCS】ヤングマンパワー軽やかに弾む 2016年11月16日(水) 11:16

 関屋記念富士Sと重賞連勝中のヤングマンパワーが、美浦坂路で軽快に弾んだ。

 先週に続く3頭併せで真ん中へ。やや頭が高いのは相変わらずだが、フットワークは力感たっぷり。ゴールでは外アジアエクスプレスと併入し、内アルタイルには1馬身先着。先週9日には自己ベストの坂路4F51秒2をマークと、目下の充実ぶりは際立っている。

 「顔を外に向けて走る癖があるけど、2頭の間だと真っ直ぐに走れる。(4F)54秒くらいの予定だったのでちょうどいいかな。大きな上積みはどうかと思うけど、前走と同じくらいの雰囲気で送り出せる」と手塚調教師。GI舞台でも、「モーリス不在で抜けた存在はいない。ウチの馬にも十分にチャンスはある。どんどん良くなっているし、どんな競馬でもできる」と、信頼は絶大だ。(夕刊フジ)

マイルチャンピオンシップの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【マイルCS】新世代ヤングマンパワー全開GI獲り 2016年11月14日(月) 17:20

 今週もGIの舞台は京都。秋のマイル王決定戦「第33回マイルCS」(20日、芝1600メートル)が行われる。天皇賞・秋を制した昨年の覇者モーリスが香港でラストランを迎えるため不在となれば、新世代に大ブレークの予感。3連勝中のヤングマンパワーが一気に頂点を狙う。

 立ち上がれ、飛び出そうぜ、GI獲りへ。多摩川S→関屋記念富士Sとマイルで破竹の3連勝のヤングマンパワーが、大舞台に向かう。昨年2月にアーリントンCを制したあと、9連敗を喫していたのがウソのような快進撃だ。

 「この馬なりに首を使って走れるようになってきたのが大きい。体幹がしっかりしてブレもなくなってきた。一歩ずつ力をつけ、勝ち癖もついてきた感じ」と、手塚調教師は躍進の背景を語る。

 先週9日は新パートナーのバルザローナ騎手が跨り、坂路でOP馬同士の豪華3頭併せを消化。4F51秒2の自己ベストをマークし、内オデュッセウスに2馬身半先着、外アジアエクスプレスと併入した。「少し頭が高かったけど、すごくいい走り。元気があったし、この状態でレースに臨めれば」と、フランスの俊英も納得の充実ぶりだ。

 NHKマイルC6着以来となるGI挑戦は、初の京都コースと課題もあるが、「馬が自信をつけているのか、今はオーラのようなものを感じる。時計勝負になっても対応できるから、コース替わりも気にならない」とトレーナー。GIホースも4頭出走するが、勝ったのはすべて一昨年以前のもの。勢いの差は歴然、新世代の旗手がトップ当選だ。(夕刊フジ)

マイルCSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

⇒もっと見る

アジアエクスプレスの関連コラム

閲覧 2,349ビュー コメント 0 ナイス 5

週末のメイン競走を、伊吹雅也プロがある一つのデータに注目して分析する人気コーナー。
<<さらにプラス1!>>データも交え今週末のあなたの予想をバックアップする、ウマニティ会員専用コラムを是非ご活用下さい。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


▼2016年11月19日(土) 東京11R 東京スポーツ杯2歳ステークス
【前走の着順別成績(2009年以降)】
●1着 [6-6-6-44](複勝率29.0%)
●2着以下 [1-1-1-37](複勝率7.5%)
→前走を勝ち切った馬が中心。なお、前走の単勝人気順が4番人気以下だった馬は2009年以降[0-0-2-40](複勝率4.8%)、前走の4コーナー通過順が1番手だった馬は2009年以降[0-0-0-10](複勝率0.0%)、前走がJRAのレース、かつ前走の上がり3ハロンタイム順位が3位以下だった馬は2009年以降[0-0-1-32](複勝率3.0%)と、それぞれ苦戦していました。


▼2016年11月19日(土) 京都11R アンドロメダステークス
【“JRA、かつ2400m以上のレース”において3着以内となった経験の有無別成績(2012年以降)】
●あり [3-3-4-11](複勝率47.6%)
●なし [1-1-0-27](複勝率6.9%)
→近年は長距離のレースに実績のある馬が優勢。中距離以下のレースを主戦場としてきた馬は評価を下げるべきでしょう。


▼2016年11月20日(日) 福島11R 福島民友カップ
【“前年か同年、かつJRA、かつダートの重賞”において4着以内となった経験の有無別成績(2015年)】
●あり [1-1-1-1](複勝率75.0%)
●なし [0-0-0-10](複勝率0.0%)
→福島ダ1700mで施行された昨年は、実績馬が上位を独占。特別登録を行った馬のうち、“2015年以降、かつJRA、かつダートの重賞”において4着以内となった経験があるのは、アジアエクスプレスキクノソルショウナンアポロンリッカルドの4頭だけです。

<<さらにプラス1!>>
【『血統大全』このコースの“買い”】

続きは、ウマニティ会員登録(無料会員)でご覧頂けます。
※限定公開期間終了後は、非会員の方もご覧頂けます。
続きを読む
登録済みの方はこちらからログイン

2016年03月17日(木) 00:00 本命ドリパス
『競馬』という名の推理小説 〜第343話スプリングS(謎解き編)
閲覧 1,425ビュー コメント 0 ナイス 6

第343話 「スプリングS」


12年 37.5-36.8-36.4 =1.50.7 ±0▼4△6 平坦戦 重
13年 36.8-35.4-35.6 =1.47.8 △2▼9△5 瞬発戦
14年 35.8-36.6-36.0 =1.48.4 ±0▼4△5 平坦戦
15年 36.7-37.9-34.5 =1.49.1 ▼2▼6△3 瞬発戦

近年は瞬発戦2回、平坦戦2回となっていてテン〜中盤の流れでどちらにもなるレース傾向。
直線に入ったラスト2F目に▼4〜▼9の加速が生じるということが共通点となっています。
中盤が速くなった13年でもスローの瞬発戦となった15年でも4コーナー3番手以内の馬が勝利していて先行馬有利のレース傾向となっています。
では過去5年のラップギアを見てみましょう。

1着馬
グランデッツァ   【瞬2平1消0】△ 1▼11△ 7 ▼ 9▼5▼ 1
ロゴタイプ     【瞬2平1消0】▼ 7▼ 2△ 2 ▼ 2▼5△ 2
ロサギガンティア  【瞬3平0消0】▼ 9± 0△ 2 ▼11▼5△ 4
キタサンブラック  【瞬2平0消0】▼ 1△ 5▼ 5 ▼12▼3△ 2
2着馬
ディープブリランテ 【瞬3平0消0】▼12△ 1△ 7 ▼10▼7△ 7
タマモベストプレイ 【瞬2平2消0】▼ 5▼ 8△10 ▼ 2▼8△ 4
アジアエクスプレス 【瞬1平2消0】△ 4▼ 4△ 3 ▼ 6▼2△10
リアルスティール  【瞬2平0消0】▼ 8▼ 8△ 7 ▼17▼5△10

瞬発戦実績と連続加速実績は必須という感じです。
またロゴタイプアジアエクスプレスの朝日杯FS勝利馬以外の馬には1800m戦での勝利経験がありました。
1800m戦での適性は結構重要かもしれません。

上記にも書いた通り近年はとにかく先行馬有利となっていて前走で4コーナー5番手以内だった馬の成績が4-3-3-26という数字で勝ち馬は全てこの条件をクリアしていました。
この条件で更に前走3着以内という条件を加えると4-3-3-17と更に数字は上昇。
この2つをクリアしている今年の登録馬は
ドレッドノータスハレルヤボーイマイネルハニー、マウントロブソン、モンスターキング
の5頭です。
1800m戦で勝利経験があった馬は
ケンホファヴァルトプランスシャルマンプレイヤーサムソンミッキーロケット
の4頭です。
今年は全ての条件をクリアしている馬は1頭もいません。

1番人気が予想されるロードクエストはこのメンバーなら力は上位だと思われますが追い込み馬なのでレース傾向からは外れているので不安があります。
勝ちきれず2着3着という気がしますがこのメンバーなら突き抜けて本番へと行きたいところ。

2番人気が予想されるドレッドノータスは2戦2勝でどちらも先行押し切りというレース内容。
2戦共に上り3位以内をマーク出来ていないので京都で勝利してはいるもののおそらく速い上り勝負になると斬れ負けする可能性大だと思います。
上りが掛かるような馬場や展開になるかどうかが鍵。

「本命ドリパスの3連単1点予想(水曜時点)」
マウントロブソンロードクエストミッキーロケット
マウントロブソンは先行タイプではありませんが前走の様なマクリが出来るのであればここも行ける。

(補足)
「▼4▼2△6」や「平坦戦」などの表記はラップギアを使用しています。
数値などは岡村信将プロより提供して頂いています。
表記の意味などの詳細は岡村信将プロのマイページをご覧下さい。

[もっと見る]

2015年08月28日(金) 20:00 凄馬
『凄馬』で今週の鉄板馬情報をゲット! 2015年08月28日
閲覧 117ビュー コメント 0 ナイス 2

毎週、確勝級の鉄板馬をお知らせする『凄馬(スゴウマ)』情報。
さっそく、今週の凄馬を紹介いたしましょう!

<2015年8月29日()の凄馬!>
極凄馬
小倉9R ひまわり賞
哀リシマオジョウ(+4.4)

超凄馬
新潟4R 障害3歳以上未勝利
Д圈璽好瓠璽ー(+3.1)

超凄馬
新潟11R BSN賞
▲▲献▲┘スプレス(+3.0)

超凄馬
小倉1R 2歳未勝利
ウインクレド(+3.0)

超凄馬
新潟10R 稲妻ステークス
ゥ優(+2.9)

超凄馬
小倉6R 3歳未勝利
▲織ぅラトナンジュ(+2.9)

超凄馬
新潟8R 新潟ジャンプS G3
┘─璽轡鵐曠錺ぅ謄(+2.5)

超凄馬
小倉7R 3歳未勝利
ヨドノナイト(+2.1)

超凄馬
札幌9R オールスターJ第1戦
▲譽ニーズ(+2.0)

<『凄馬』の見方>
超凄馬・・・勝率36%、複勝率68%を誇る軸馬候補!
極凄馬・・・凄馬の極み、断然の軸馬!勝率46%、複勝率77%
馬名の右にある数字・・・数字が大きいほど勝率が高い
(集計期間:2008年6月1日〜2015年8月30日、集計数:23,187レース分)

<日曜日の『凄馬』を受信しよう!>
日曜日の凄馬情報は『凄馬』メールに登録(無料)することで受信できます。
『凄馬』メールは、その日に出走する馬の中から確勝級の馬を携帯メールでお知らせしてくれる無料サービスです。

<『凄馬』メールの登録のしかた>
携帯電話で右上のQRコードを読み取って、何も記入せずにメールを送信してください。
1、2分ほどで登録完了メールが返ってきたら、登録は完了です。
日曜日の『凄馬』は、土曜日の午後6時以降にお届けになりますのでお楽しみに!

QRコードがうまく読み取れない場合は、直接、s@umanity.jp へ空メール※を送っても登録できますのでお試しください。
※件名と本文に何も記入せずにメールを送信してください

[もっと見る]

2015年07月07日(火) 11:14 ポグニティ
POGスタンプ・2歳馬U指数ランキングをリリースしました!
閲覧 438ビュー コメント 0 ナイス 5

こんにちは!ポグニティです!

本日、兼ねてからご要望のあった『POGスタンプ』と『2歳馬U指数ランキング』をリリースいたしました!

【POGスタンプ】

所有しているPOG馬が重賞を勝利するとスタンプが埋まっていきます。
かなり難易度は高いですが、全重賞制覇を目指して頑張りましょう(^^)/

尚、現在はPC版のみのリリースですが、スマートフォン版は7/13(月)にリリースする予定です!POGスタンプはマイページからご覧いただけますので、すでに勝利した重賞を確認してみてくださいね!(ポグニティのは全然埋まってません(>_<))


【2歳馬U指数ランキング】

2歳馬U指数ランキングは、レースに出走した馬の結果U指数・上位20頭をまとめているランキングです!レースレベル、能力分析など既出走馬の検討にかなり役立ちますのでおすすめです!私が初年度取ったアジアエクスプレスなんかは完全にU指数のおかげでした。

2歳馬U指数ランキングは「出走情報」→「2歳馬U指数ランキング」でご覧いただけますので早速、U指数上位馬をチェックして入札に備えましょう!

※U指数はVIP会員専用のコンテンツとなっており、2歳馬U指数ランキング内のレース名リンクより先のU指数はご覧いただけませんのでご了承ください。

7月は2歳最初の重賞、函館2歳Sがありますし、なんとか出走しそうな馬を落札したいと思っています!みんなで夏競馬&ウマニティPOGを楽しみましょう!

ポグニティ

[もっと見る]

2015年05月23日() 14:00 凄馬プロジェクトチーム
第101回『凄馬出馬表分析&馬券検討』〜平安ステークス GIII
閲覧 159ビュー コメント 0 ナイス 4

みなさんこんにちは!

本日は京都11R「平安ステークス GIII」の『凄馬出馬表』を分析したいと思います。

今回も「U指数」だけでなく、U指数のポイントに【調教評価】、【厩舎評価】、【斤量補正】を数値化し加算減算しU指数を補正することで「総合ポイント」を算出しました。


U指数1.0ポイントは約1馬身差にあたるので、これを目安に以下のような重み付けをしました。
【調教評価】は競馬エイトの調教評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「5」・・・「−1.0ポイント」
「6」・・・「±0.0ポイント」
「7」・・・「+1.0ポイント」
「8」・・・「+2.0ポイント」
【厩舎評価】は競馬エイトの厩舎コメントの評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「△」・・・「−1.0ポイント」
「○」・・・「±0.0ポイント」
「◎」・・・「+1.0ポイント」
【斤量補正】は1.0kg=「0.5ポイント」として以下の基準体重との差分に乗算しました。
「牡馬」・・・「57.0kg」
「牝馬」・・・「55.0kg」


上記の補正を行った『凄馬出馬表』(画像)をご覧ください。





第1グループ(橙)は、ナムラビクター1頭。
第2グループ(黄)は、アジアエクスプレスから1.0ポイント差(約1馬身差)内のローマンレジェンドインカンテーションクリノスターオーグランドシチーまでの5頭。
第3グループ(薄黄)は、ソリタリーキングから同差内のドコフクカゼニホンピロアワーズまでの計3頭となり、以下は第4G(灰)となっています。

さてこのように色分けされた分布を見ると、1位→2位間の1.3ポイント差と、2位以降は9位→10位間の1.8ポイント差まで僅差で続いている状況が特徴として見てとれます。

今回の私の馬券構築は、まず1.3ポイント差をつけたトップのナムラビクターの評価から。重賞でも安定した走りを見せており指数的に高評価なのも頷けるのですが、どうもこの馬直線で早めに外から被されるともろいという印象が個人的に拭えません。それでこの枠(3番枠)ということで、今回諸刃の剣かなという印象。鞍上が直線でうまく外に持ち出して被されないような競馬をすれば、「終わってみれば強かった」パターンもあるんでしょうが、人気もしそうなので相手評価△程度に止めます。
その△ナムラビクターを外から交わし去ってくれる(?)候補筆頭として期待するのは総合3位の◎ローマンレジェンド。京都ダはこれまで(4-0-1-0)の舞台で条件好転しますし、何より前走は3角でのあの致命的な不利。その割には、前が止まらない中上り3位の脚を使ってそこそこの位置まで追い上げていましたし、見た目はそうでもありませんでしたがやはり前走は少し太すぎたようにも思います。中間、坂路も交え運動量豊富ということも言われている今回、絞れて来れば軸として信頼に足るとみています。
私の馬券的には、まず◎ローマンレジェンドの単複が中心にはなりますが、当コラムでは◎から毎年好走の多いアンタレスS組(○アスカノロマンクリノスターオーアジアエクスプレスナムラビクターダノンバトゥーラ)へ流す3複で勝負したいと思います。


【3連複フォーメーション】

◎=○▲☆△=○▲☆△+1,6,7,9,15
12=3,4,8,11,13=1,3,4,6,7,8,9,11,13,15 (35点)

[もっと見る]

2015年04月21日(火) 20:06 凄馬プロジェクトチーム
『凄馬出馬表&馬券検討』4/18〜4/19の結果(皐月賞GI)
閲覧 104ビュー コメント 0 ナイス 2

本日は先週の凄馬出馬表の結果をお伝えいたします!

4月19日(日)に行われました中山11Rの「皐月賞GI」です。

レース結果(着順)の凄馬出馬表(画像)をご覧ください。



1着:総合ポイント【3位】☆ドゥラメンテ(4.6倍)
2着:総合ポイント【4位】リアルスティール(3.8倍)
3着:総合ポイント【12位】キタサンブラック(9.7倍)

第2グループ・総合ポイント3位のドゥラメンテが1着、第2グループ・総合ポイント4位のリアルスティールが2着、第4グループ・総合ポイント12位のキタサンブラックが3着という結果でした。

馬券は◎ブライトエンブレムからでしたので的中とはなりませんでした。ベルーフクラリティスカイなど高配当を意識して相手に穴を狙いましたが、上手くいきませんでした。人気どころで軽視したリアルスティールも2着と、、、、完敗です(+_+)

【3複フォーメーション】

◎○=◎〜☆=印馬
1,8=1,2,8,10=1,2,8,10,14,15 (14点)

【馬連流し】

◎=印馬
1=2,8,10,14,15 (5点)

【馬単】

◎⇔○
1→8
8→1 (2点)


計21点 払い戻し0円

続いて4月18日(土)に行われました阪神11Rの「アンタレスステークスGIII」です。

レース結果(着順)の凄馬出馬表(画像)をご覧ください。



1着:総合ポイント【6位】クリノスターオー(13.2倍)
2着:総合ポイント【12位】アジアエクスプレス(3.0倍)
3着:総合ポイント【2位】▲ナムラビクター(5.3倍)

第3グループ・総合ポイント6位のクリノスターオーが1着、第4グループ・総合ポイント12位のアジアエクスプレスが2着、第2グループ・総合ポイント2位のナムラビクターが3着という結果でした。

馬券は◎ローマンレジェンドからでしたので的中とはなりませんでした。◎ローマンレジェンドは落鉄したサミットストーンの致命的な不利がありましたが、2着となったアジアエクスプレスを軽視していましたのでこちらも完敗ですね(>_<)

【3連複フォーメーション】
11

4,12

2,4,8,10,13,14,16

計13点 払い戻し0円

先週は散々な結果となってしまいましたが、今週から東京・京都と開催場が変わりますので気分を一新して頑張りたいと思います。今週も週末重賞の凄馬出馬表を開催当日14時に公開致します。宜しくお願い致します!

[もっと見る]

⇒もっと見る

アジアエクスプレスの口コミ


口コミ一覧

皐月賞【速い馬が勝つ】

 秋人 2017年04月14日(金) 13:20

閲覧 117ビュー コメント 0 ナイス 5

”皐月賞は速い馬が勝つ”昔から言われていますが、実はこれだけで勝てます。

2012年
★ゴールドシップ(9)
 スノードン(10)
 フジマサエンペラー(3)
 グランデッツァ(4)
 ディープブリランテ(4)

2013年
 テイエムイナズマ(3)
★ロゴタイプ(4)
 タマモベストプレイ(4)
 フェイムゲーム(4)
 ラブリーデイ(3)

2014年
 ステファノス(3)
 トーセンスターダム(10)
★イスラボニータ(8)
 ロサギガンティア(4)
 アジアエクスプレス(4)

2015年
 ミュゼエイリアン(3)
★ドゥラメンテ(9)
 ダノンリバティ(3)
 キタサンブラック(4)
 リアルスティール(4)

2016年
 サトノダイヤモンド(10)
★ディーマジェスティ(9)
 マカヒキ(6)
 リオンディーズ(6)
 マウントロブソン(4)

上のランキングは出走馬を前走速度順にしたもの(★は優勝馬)
馬名の後の数字は前走からの間隔
そうです、中4〜9週の最速馬が優勝しています。

今年のランキングはこちら

アルアイン(3)消し
トラスト(3)消し
スワーヴリチャード(9)
アダムバローズ(4)
ウインブライト(4)

今年はスワーヴリチャードで決まり!

馬連は相手1〜3番人気、3連複は相手1〜4番人気に流せばOK!

P.S.
ドゥラメンテって2着だったんじゃないの?と思うかも知れませんが、その通りです。
重要なのは≪前走≫速度比較ということ。
リアルスティールもスプリングS使わなければ皐月賞馬だったかも。

 やすの競馬総合病院 2016年12月12日(月) 21:19
朝日杯FSの過去10年の的中傾向の巻
閲覧 49ビュー コメント 0 ナイス 4

今週の朝日杯FSで、ぼくの過去10年の予想成績を振り返って、朝日杯FSとの相性がどうなのかを検証してみたいです。

2015年:ハズレ
2014年:ハズレ
2013年:ハズレ
2012年:ハズレ
2011年:ハズレ
2010年:ワイド8.6倍的中!!!
2009年:ワイド8.1倍的中!!!(ブログ予想から当日に買い目を変更するという裏切りの的中)
2008年:ハズレ
2007年:ワイド25.9倍的中!!!(ブログ予想の馬連・ワイド流しから当日にワイドのみに変更し、馬連82.9倍を逃す大失態)
2006年:ハズレ

朝日杯FSって馬券的にはあまりいい印象ないな〜と思ってたら、5年連続でハズレなんですごく納得しました。

過去10年で見ると、3回当ててるんでイメージほど相性悪くもないという見方もできるかもですが、3回のうち2回がワイドで10倍以下のしょぼい的中なんで、やっぱり相性は悪そうです。

2007年の馬連82.9倍を逃す大失態は、そんなことあったなんて忘れてたけどアホやな〜と笑っちゃいましたが、レッツゴーキリシマが10番人気の人気薄だったんで、ワイドでも25倍ついてるなら〜と、安全策で3着でも許されるワイド買ってしまうビビりなとこがぼくらしいな〜って感じがしました。

朝日杯FSはもう5連敗中の時点で恥ずかしすぎる成績なんで、5連敗も6連敗も変わらんやんってとこありますが、できることなら6連敗したくないので今年でなんとか連敗にストップかけたいです。


--------------------------------------------------------------------------------

☆朝日杯FSの思い出☆
2015年リオンディーズ
POG馬のリオンディーズがGI勝ってくれただけでもうれしかったのに、競馬ラボさんのPOG大会からリオンディーズのクオカードまでいただくことができてすごくいい記念になりました。

2013年アジアエクスプレス
友達が中山競馬場で現地観戦してたんですが、高配当を当てて大勝ちしたという連絡がきて、うれしくてテンションかなり上がってお祝いのメールを速攻で送りました。

1997年グラスワンダー
朝日杯3歳S時代ですが、グラスワンダーの勝ちっぷりを見てこんな古馬みたいな3歳おるんかよ〜。これは相当の器やなとTV見て震えてたら、友達からレース後すぐに電話がかかってきてすごい馬が出てきた!と盛り上がってました。


--------------------------------------------------------------------------------

☆おまけ☆
今日、ミスエルテが朝日杯FSで1番人気になった場合、それに見合うだけ強い馬なのか?と聞かれたので、

デビューからの2走見た感じでいうと、そんなに強い感じしないけどな〜。
・オルフェーヴルが強い馬とわかったのは古馬になってから。
・ペルーサの青葉賞を見て、この馬はダービー勝って秋も1・2個GI勝つ馬に間違いない。
と思った、おれの競馬センスを信じて、ミスエルテは買った方がいいと言っておきました。

つまり、馬の見る目が完全におかしいぼくがミスエルテを過小評価してるということは、ミスエルテ勝ち負けするかもしれないから消さない方がいいよ〜ってことを伝えたわけです(笑)

この件に関係ないけど、2歳GIとかって、のちのちすごく活躍するような馬が2歳GIの時は1番人気じゃなかったりとか普通にあるんで、あとから見返すと単勝人気順とかもおもしろかったりしますね。

[もっと見る]

アジアエクスプレスの掲示板

コメント投稿
コメント一覧
1:
  安藤顕一   フォロワー:4人 2014年2月14日(金) 13:32:33
今日のサンスポによると、3月23日のフジテレビ賞スプリングステークスに出走を目指して、調整されるそうです。

アジアエクスプレスの写真

アジアエクスプレス

アジアエクスプレスの厩舎情報 VIP

2016年11月20日福島民友カップ15着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

アジアエクスプレスの取材メモ VIP

2016年11月20日 福島民友カップ 15着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。