ワンアンドオンリー(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
ワンアンドオンリー
ワンアンドオンリー
ワンアンドオンリー
ワンアンドオンリー
写真一覧
現役 牡6 黒鹿毛 2011年2月23日生
調教師橋口慎介(栗東)
馬主株式会社 ノースヒルズ
生産者株式会社 ノースヒルズ
生産地新冠町
戦績31戦[4-3-1-23]
総賞金37,268万円
収得賞金7,825万円
英字表記One and Only
血統 ハーツクライ
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
アイリッシュダンス
ヴァーチュ
血統 ][ 産駒 ]
タイキシャトル
サンタムール
兄弟 サンセットスカイ
前走 2017/10/08 毎日王冠 G2
次走予定 2017/10/29 天皇賞(秋) G1

ワンアンドオンリーの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
17/10/08 東京 11 毎日王冠 G2 芝1800 12710105.8107** 牡6 57.0 横山典弘橋口慎介492(-4)1.46.0 0.433.0⑦⑧⑧リアルスティール
17/07/23 中京 11 中京記念 G3 芝1600 164711.5710** 牡6 58.0 横山典弘橋口慎介496(+10)1.34.3 1.134.3⑮⑮⑯ウインガニオン
17/05/28 東京 12 目黒記念 G2 芝2500 1871518.5710** 牡6 58.0 横山典弘橋口慎介486(-10)2.31.8 0.934.0⑱⑱⑱⑱フェイムゲーム
17/04/30 京都 11 天皇賞(春) G1 芝3200 17714113.91111** 牡6 58.0 和田竜二橋口慎介496(0)3.14.1 1.636.6キタサンブラック
17/03/19 阪神 11 阪神大賞典 G2 芝3000 107719.637** 牡6 57.0 武豊橋口慎介496(-4)3.05.0 2.437.7⑥⑥⑥⑦サトノダイヤモンド
17/01/22 中山 11 AJCC G2 芝2200 174712.565** 牡6 57.0 田辺裕信橋口慎介500(+4)2.12.5 0.636.0⑩⑪⑬⑫タンタアレグリア
16/11/27 東京 11 ジャパンC G1 芝2400 1747108.4148** 牡5 57.0 田辺裕信橋口慎介496(-12)2.26.6 0.835.3キタサンブラック
16/11/06 東京 11 アルゼンチン G2 芝2500 152316.578** 牡5 58.0 柴山雄一橋口慎介508(+8)2.34.0 0.634.2⑥⑧⑧⑧シュヴァルグラン
16/09/25 中山 11 オールカマー G2 芝2200 1281118.857** 牡5 57.0 内田博幸橋口慎介500(+8)2.12.3 0.434.4⑩⑩⑩⑩ゴールドアクター
16/06/26 阪神 11 宝塚記念 G1 芝2200 172485.41314** 牡5 58.0 田辺裕信橋口慎介492(--)2.14.8 2.038.6マリアライト
16/03/26 アラ 8 ドバイシーマ G1 芝2410 9--------5** 牡5 57.0 武豊橋口慎介---- ------ポストポンド
16/02/14 京都 11 京都記念 G2 芝2200 156108.856** 牡5 57.0 内田博幸橋口弘次502(+4)2.19.1 1.437.9サトノクラウン
15/12/27 中山 10 有馬記念 G1 芝2500 164830.4109** 牡4 57.0 浜中俊橋口弘次498(0)2.33.5 0.534.8⑪⑪⑫⑬ゴールドアクター
15/11/29 東京 11 ジャパンC G1 芝2400 182367.7137** 牡4 57.0 内田博幸橋口弘次498(0)2.25.0 0.334.6④④ショウナンパンドラ
15/11/01 東京 11 天皇賞(秋) G1 芝2000 1861135.61116** 牡4 58.0 内田博幸橋口弘次498(+4)1.59.5 1.134.7⑤④④ラブリーデイ
15/10/12 京都 11 京都大賞典 G2 芝2400 10226.146** 牡4 57.0 C.ルメー橋口弘次494(+12)2.24.3 0.732.9⑥⑥⑥⑦ラブリーデイ
15/06/28 阪神 11 宝塚記念 G1 芝2200 164710.6411** 牡4 58.0 M.デムー橋口弘次482(--)2.15.1 0.735.0⑦⑧⑧⑨ラブリーデイ
15/03/28 アラ 8 ドバイシーマ G1 芝2410 9--------3** 牡4 56.5 C.デムー橋口弘次---- ------ドルニヤ
14/12/28 中山 10 有馬記念 G1 芝2500 162311.8513** 牡3 55.0 横山典弘橋口弘次492(+4)2.36.0 0.734.4⑤⑤⑥⑩ジェンティルドンナ
14/11/30 東京 11 ジャパンC G1 芝2400 1851014.387** 牡3 55.0 横山典弘橋口弘次488(+2)2.24.2 1.135.4⑫⑪⑩⑧エピファネイア

⇒もっと見る


ワンアンドオンリーの関連ニュース

 《美浦》宝塚記念を勝ったサトノクラウン(堀、牡5)は、Wコースでキャンベルジュニア(OP)と併せ、6ハロン84秒6−13秒0。「馬場が悪かったせいもあり、動きとしては重めでしたが、十分負荷がかかっています」と森助手。僚馬で香港GIクイーンエリザベス2世Cを勝ったネオリアリズム(牡6)は、Wコースの3頭併せで、5ハロン68秒4−12秒6で最先着。「札幌記念を蹄(ひづめ)の影響で回避しましたが、今は不安はありません。調教の動きも良かったです」と同助手。

 毎日王冠3着グレーターロンドン(大竹、牡5)は、坂路で4ハロン59秒8−13秒6。「キビキビとした動きで気配はいい。前半に落ち着いて走ってくれれば、2000メートルも対応できると思う」と大竹調教師。

 《栗東》京都大賞典4着のミッキーロケット(音無、牡4)は坂路で4ハロン53秒0−13秒1を計時。一杯に追われて、アクションスター(OP)に4馬身半先着。音無調教師は「馬場が悪いから時計はこんなものかな。しっかりやれたからね。前回のダメージはない」と語った。

 札幌記念3着のヤマカツエース(池添兼、牡5)は、池添騎手を背にCWコースで6ハロン81秒1−12秒2。併せ馬で3馬身先着した。池添兼調教師は「これで十分。来週は輸送があるから、しっかりとやりたかった」と満足げ。

 ワンアンドオンリー(橋口、牡6)は、横山典騎手を背に坂路で4ハロン55秒3−13秒2。「1週前としてはいうことないですね」と橋口調教師は話した。





★天皇賞・秋の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

【天皇賞(秋)】特別登録馬2017年10月15日() 17:30

[もっと見る]

【毎日王冠】レースを終えて…関係者談話 2017年10月9日(月) 05:03

 ◆田辺騎手(グレーターロンドン3着)「間隔はあいていたが、追い切りの動きも良くて息もちだけだと思っていた。最後までよく頑張っていたし、次はもっと上積みがあると思う」

 ◆北村宏騎手(ダイワキャグニー4着) 「テンションは高かったが、リズム良く走れた。直線は内にササりながらも頑張った」

 ◆石橋騎手(ヤングマンパワー5着) 「みんな出していったので4番手から。最後もしぶとく脚を使っていた」

 ◆内田騎手(マカヒキ6着) 「内枠を利用して折り合いも良かったが、4コーナーで手が動いた。使って良くなると思う」=天皇賞・秋へ

 ◆橋口師(ワンアンドオンリー7着) 「だいぶ走る気を取り戻して、最後まで集中力も続いていた。復活の兆しが見えてきた」

 ◆田中勝騎手(ヒストリカル9着) 「この上がりでは仕方がない」

 ◆松岡騎手(ウインブライト10着) 「具合は良かったけど、古馬の壁かな」

 ◆戸崎騎手(アストラエンブレム11着) 「ゲートの中からうるさかった。最後は内にササった」

 ◆吉田隼騎手(マッチレスヒーロー12着) 「勝負どころでついていけなくなった」

★8日東京11R「毎日王冠」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【毎日王冠】厩舎の話2017年10月6日(金) 05:06

 ◆アストラエンブレム・小島茂師 「今回は脚をためる形で競馬を」

 ◆ウインブライト・松岡騎手 「トモ(後肢)も良くなっているし、成長を感じている」

 ◆サトノアラジン・兼武助手 「追うごとに体も動きもシャープになった」

 ◆ソウルスターリング・藤沢和師 「体が大きくなっているし、先週と比べても変わりなくいい感じできているね」

 ◆ダイワキャグニー・菊沢師 「活気がある。落ち着いているのはいい」

 ◆ヒストリカル・音無師 「東京コースは外差しの利く馬場だし、実際、昨年3着だから」

 ◆マカヒキ・友道師 「春より走りが軽い。見た目も、毛づやも春とは違いますね」

 ◆マッチレスヒーロー・金成師 「久々の芝で相手も強いので…」

 ◆ヤングマンパワー・手塚師 「このメンバーだし、逃げてもいいかなと思う」

 ◆リアルスティール・安藤助手 「いい状態で出せる。東京1800メートルも合う」

 ◆ワンアンドオンリー・橋口師 「1800メートルはベスト。最後まで集中して走ってくれれば」

[もっと見る]

【毎日王冠】厩舎の話2017年10月5日(木) 11:55

 アストラエンブレム・小島茂調教師「いつもの動き。今回は道中で後方に下げる形で」

 ウインブライト・松岡騎手「まだ成長の余地はあるが、動きはいい。内枠がほしい」

 グレーターロンドン・大竹調教師「ノーステッキでフィニッシュ。次を見据えた競馬になるか」

 サトノアラジン・兼武助手「リフレッシュして早めに帰厩し、十分に乗り込んだ。東京は合う」

 ソウルスターリング・藤沢和調教師「馬体は8キロくらい増えている。開幕週なら雨は大丈夫」

 ダイワキャグニー・菊沢調教師「落ち着いているのは何より。自分の競馬で胸を借りたい」

 ヒストリカル・音無調教師「併せ馬の遅れは気にならない。相手は強いが、前が止まれば」

 マカヒキ・友道調教師「毛ヅヤの良さとか見た目が春とはまったく違う。1800から2000メートルあたりがベスト」

 マッチレスヒーロー・金成調教師「休み明けは走らないし、芝で相手も強い」

 ヤングマンパワー・手塚調教師「時計は予定どおり。相手は強いが、逃げてみてもいいのかも」

 リアルスティール・安藤助手「追い切りは力強い動きだった。昨年秋の出だしより状態はいい」

 ワンアンドオンリー・橋口調教師「ダービーのころの坂路中心の調整に戻した。どう変わるか」

(夕刊フジ)

毎日王冠の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【毎日王冠】追って一言2017年10月5日(木) 05:04

 ◆ウインブライト・松岡騎手 「しまいの反応が良かった。トモも良くなっているし、成長を感じている」

 ◆ダイワキャグニー・菊沢師 「先週まで十分乗っているし、今週は単走で。活気がある動きだったし、落ち着いているのはいい」

 ◆ヒストリカル・音無師 「遅れたけど、併せ馬でしっかりやれた。東京コースは外差しの利く馬場だし、実際、昨年3着だから」

 ◆マッチレスヒーロー・金成師 「休み明けはあまり仕上がらないタイプ。久々の芝で相手も強いので…」

 ◆ヤングマンパワー・手塚師 「ジョッキーいわく、感触は関屋記念のときよりもいい。このメンバーだし、逃げてもいいかなと思う」

 ◆ワンアンドオンリー・橋口師 「リズム重視で横山典騎手に乗ってもらいました。真っすぐに走ってくれましたね。1800メートルはベストです。東京コースは得意ですし、最後まで集中して走ってくれれば」

★毎日王冠の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

⇒もっと見る

ワンアンドオンリーの関連コラム

閲覧 1,348ビュー コメント 0 ナイス 5



ダービー1〜3着馬不在の菊花賞
人気高騰の前哨戦上位馬を信頼してもいいのか?

__________________________


 この頃は、世界がすっかりショート化。例えば、SNS界。フェイスブック→ツイッター→インスタグラムとどんどん文字をショート化するものが流行っています。これは競馬界も同じで、菊花賞の模倣となった欧州・英セントレジャーも廃れて毎年小頭数。米国では、一昨年にBCマラソン(ダート14F)がメンバーが集まらずに廃止されたほど。

 一方、豪州は、2歳のG1ゴールデンスリッパーS(芝1200m)で、総賞金世界一の350万豪ドル(約2億8千万円)を用意したことで、世界的な注目を集める形。一昨年には、このレースの優勝馬バンクーバーをクールモア牧場が約36億円で購買して話題になりました。なぜ、ショートがブームなのかというと、距離が短いほうが競走馬のレース後の疲れが少なく、連闘、中1週と短いレース間隔で効率よくレースに出走させることが出来るからです。


■2017秋シーズン 『競馬プロ予想MAX』presents連載コラムについて詳しくはこちら
https://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=9354


 だから、日本でも「紛れのない東京を」だとか「左回りのほうが走る」だとか、もっともらしい理由をつけて菊花賞を回避するダービー上位馬が、年々、多くなるのは当然のこと。仮に菊花賞を目指して長距離仕様に馬を作ったとしても、その先に使えるレースはステイヤーズSや有馬記念など、レースが限られています。生産性や効率性を重視する現在においては、ダービー1〜3着馬が不在の菊花賞というのも仕方がないのでしょう。

 ダービー1〜3着馬不在の菊花賞は、クラシックとして考えるとつまらないかもしれませんが、馬券はそのほうが楽しめます。菊花賞は、2014年のワンアンドオンリーの例もありますが、基本的にダービー上位馬が活躍する舞台。昨年、ダービー2着のサトノダイヤモンドが1番人気に応えて菊花賞を勝利したように、歴史的に見ても、菊花賞はダービー上位馬が大活躍しています。

 しかし、菊花賞ではダービー上位馬が活躍することは、多くの競馬ファンの共通認識。菊花賞では、ダービー馬が1番人気、ダービー2着馬は2番人気、ダービー馬が不在ならば、ダービー2着馬が繰り上がって1番人気に支持され、結果もそれらが勝って堅く収まることがほとんど。正直、ダービー連対馬を本命にしないのは、的中の可能性を狭める行為ですが、今年はそれらが不在となると、荒れる確率が大幅にアップします。

 実は、過去にもダービー1〜3着馬が不在だった年がありました。その年は、当然、前哨戦の上位着順馬が人気を集めましたが、結果は揃ってドボン。3着こそ3番人気のダービー4着馬が死守したものの、二桁人気馬がワン、ツーを決めて馬連9万6070円、3連単34万4630円の大波乱になりました。さて、この年の勝ち馬は何でしょうか? ミラクルおじさんが誕生した年といえば…。そう、優勝馬は前走の神戸新聞杯6着のヒシミラクル、2着馬は前走の札幌記念10着のファストタテヤマだった2002年の菊花賞です。

続きは、VIPクラブ会員登録でご覧頂けます。
※限定公開期間終了後は、一般会員の方もご覧頂けます。
続きを読む
登録済みの方はこちらからログイン

2017年10月8日() 13:00 競馬プロ予想MAX
「プロ予想MAX四天王の決断!」/毎日王冠 G2(いっくんプロ)
閲覧 940ビュー コメント 0 ナイス 1



 本日のメインは天皇賞(秋)やマイルCSに直結する毎日王冠。G1馬が5頭参戦する、この注目の前哨戦を予想してくれるのは、ウマニティ公認プロ予想家のいっくんさんです。数多くのミリオン馬券をヒットさせてきた3連単の魔術師の結論に注目しましょう。
極端な逃げ馬がおらずスローになるのが明白。内枠の前目に行ける馬が中心になる」と分析したいっくんさんの本命はソウルスターリング。「絶好の1枠で、ロスのない競馬に持ち込める。斤量も軽く、鞍上もルメールなら楽勝まである」と自信をのぞかせました。
 対抗は「逃げる可能性が高く、2〜3着に粘り込めそう」なヤングマンパワー。単穴は「十分に休養をとって立て直してきたマカヒキ。以下、マッチレスヒーローワンアンドオンリーウインブライトサトノアラジンまで印を回します。馬券は3連単FM、⇔↓Νで勝負。本レース以外のいっくんプロの予想は、ウマニティのプロ予想MAXでご確認ください!

(ウマニティ編集長・岡田大)

------------------------------------------------
プロ予想MAX四天王の決断!」とは・・・ウマニティが日曜のサンケイスポーツ競馬面にてお届けする連載コラムで、プロ予想MAX最強プロ予想家陣の中でも売上ランキング(前月の月間予想売上)で頂点に君臨する四天王の中から毎週1名の予想家が登場し、重賞予想を掲載しています。
------------------------------------------------

ウマニティ公認プロ予想家の予想はここが違う!
プロ予想家の予想は、予想の収支が完全公開されているガチンコ勝負の予想です。予想収支を出さない他の予想サイトとは一線を画しています。

【プロ予想家の提供する予想】
1.予想印(◎◯▲△×)による評価
2.コメントで予想根拠を提示※1
3.資金配分をした買い目(予算最大1万円)
※1:コメントの無い予想もあります。コメントの有る無しは購入前に確認できます。

【予想例】いっくんプロの皐月賞予想
3連単106万4360円を10点買いで的中!1063万4360円払戻し!


「競馬プロ予想MAX」には総勢31名のウマニティ公認プロ予想家がいます!
プロ予想家の収支はリアルタイムで完全公開されています。
まずは、どんな予想家がいるかあなたの目で確かめて下さい。
>>詳しくは競馬プロ予想MAXへ<<

[もっと見る]

2017年7月23日() 14:00 凄馬プロジェクトチーム
第284回『凄馬出馬表分析&馬券検討』〜中京記念 G3
閲覧 761ビュー コメント 0 ナイス 2



みなさんこんにちは!

本日は中京11R「中京記念 G3」の『凄馬出馬表』を分析したいと思います。

今回も「U指数」だけでなく、U指数のポイントに【調教評価】、【厩舎評価】、【斤量補正】を数値化し加算減算しU指数を補正することで「総合ポイント」を算出しました。
★「U指数」について詳しくはこちらをご覧ください→U指数についてページ

U指数1.0ポイントは約1馬身差にあたるので、これを目安に以下のような重み付けをしました。
【調教評価】は競馬エイトの調教評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「5」・・・「−1.0ポイント」
「6」・・・「±0.0ポイント」
「7」・・・「+1.0ポイント」
「8」・・・「+2.0ポイント」
【厩舎評価】競馬エイトの厩舎コメントの評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「△」・・・「−1.0ポイント」
「○」・・・「±0.0ポイント」
「◎」・・・「+1.0ポイント」
【斤量補正】は1.0kg=「0.5ポイント」として以下の基準体重との差分に乗算しました。
「牡馬」・・・「57.0kg」
「牝馬」・・・「55.0kg」


上記の補正を行った『凄馬出馬表』(画像)をご覧ください。




第1グループ(橙)はグランシルクから1.0ポイント差(約1馬身差)内のダノンリバティブラックムーンまでの3頭。
第2グループ(黄)は、グァンチャーレから1.0ポイント差(約1馬身差)内のワンアンドオンリーアスカビレンまで3頭。
第3グループ(薄黄)は、サンライズメジャーから同差内のレッドレイヴンマイネルアウラートケントオーまで4頭となっていて、以下は第4G(灰)となっています。

凄馬出馬表を見渡すと、下位までほとんど差が見られない混戦模様の配置となっています。今回の上昇度や伸びしろ次第ではほとんどの馬に台頭のチャンスがありそうです。

そんななか今回の私の本命は◎グァンチャーレに期待しました。差し・追い込み勢の活躍が目立つレースですが、前走でも中団より後ろからレースを進めていた馬の好走が多い中京記念。今回どの位置取りになるかは別として、前走で差し・追い込みの競馬をしていた馬は今年は少なく、その中から外枠に入ったこの馬を本命視しました。同コースで行われた昨夏の豊明ステークスでこの舞台も経験済みですし、久しぶりの重賞Vに期待したいと思っています。
○は凄馬出馬表評価トップ評価のグランシルク。状態も良さそうで、先にも書いた通りこのレースでは脚質面も特にマイナスにはならなそうということで素直にこの馬からとも思ったのですが、恐らく最終的に1〜2番人気の同馬。本命は少しでも人気妙味のあるところからということと、人気馬が人気通りに走ることが難しいレースということも考慮し、対抗評価に。
▲は夏場得意なタイプのダノンリバティ。昨年は後手を踏んでキレ不足のこの馬には苦しい展開となってしまい度外視可能。それでいて大外を回して上り3位で5着まで来ており、この馬としては頑張った部類だったと思います。偶数枠が引けた今回好位で運べればこの馬もチャンスは大きいと思っています。
あとは穴で、2年前の有松特別でみせた末脚と舞台相性に差し展開で期待したい☆ムーンクレスト、2走前を評価して△サンライズメジャーあたりに注目しています。
そして今回の馬券は、◎からの馬連で手広く流す馬券で勝負とします。


【馬連流し】
◎=印
14=1,2,3,5,6,7,8,10,12,13,15,16(12点)

[もっと見る]

2017年5月2日(火) 18:50 競馬プロ予想MAX
先週の回顧〜(4/29〜4/30)はははふほほほプロが穴馬指名で高額払い戻しを連発!
閲覧 548ビュー コメント 0 ナイス 3

先週は、30(日)に京都競馬場でG1天皇賞(春)が行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
G1天皇賞(春)キタサンブラックが1番人気で2.2倍、2番人気がサトノダイヤモンドで2.5倍、3番人気がシャケトラで9.9倍とここまでが10倍を切る形で人気を形成しました。

注目のスタートはキタサンブラックが好スタートを決めますが、外からヤマカツライデンがこれを制して先手を奪うとグングン突き放す形で1週目のホームストレッチに差し掛かります。先頭はヤマカツライデンでリードは8馬身、2番手にキタサンブラック、3番手にアドマイヤデウス、続いてワンアンドオンリーシャケトラシュヴァルグランファタモルガーナサトノダイヤモンドを先団を形成。中団からはアルバートタマモベストプレイラブラドライトトーセンバジルゴールドアクターディーマジェスティと追走。後方はスピリッツミノルプロレタリアトと続いて最後方にレインボーラインの態勢。先頭のヤマカツライデンの刻んだ前半1000m通貨は58秒3(参考)の厳しい流れ。縦長の隊列となりましたが、3コーナーを過ぎたあたりでキタサンブラックがペースを上げるとこれに反応した各馬も追い出しを開始!4コーナー手前でヤマカツライデンを早々と捉えたキタサンブラックが先頭で直線コースへ差し掛かります。

キタサンブラックが先頭でリードは2馬身、2番手にシュヴァルグラン、その内からアドマイヤデウス、外からはサトノダイヤモンド!後続は離れて早々と4頭のレースの様相!残り200mを通過、アドマイヤデウスシュヴァルグランサトノダイヤモンドの3頭が懸命に前を追いますが、力強い脚で粘るキタサンブラックとの差を詰められず、隊列変わらぬままゴール!キタサンブラックが圧巻の内容で大阪杯に続く、G1連勝を成し遂げました!勝ちタイムはディープインパクトの持つ3分13秒4(良)を大幅に更新する3分12秒5(良)のスーパーレコード!1馬身1/4差の2着にシュヴァルグラン、そこからクビ差の3着にサトノダイヤモンドが入っています。
 
公認プロ予想家ではおかべプロ他10名が的中しています。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 
☆☆☆注目プロ →はははふほほほプロ
勝負レースに選んだ30(日)京都10Rで『前回のダートは府中1600mでこの馬には少し長かった。中山芝1200mでOP勝ちがあり芝スタートのここは楽に好位で流れに乗れる。この枠順なら砂をかぶる心配もない。23日の南Wが好内容と仕上がりも上々。一発あるならこの馬。』と狙った◎マイネルバールマンの単勝27.3倍、複勝8.8倍を的中!12万5000円を払い戻しました!この他にも京都9Rエマノン(単勝45.7倍→1着)や東京8Rニシノクラッチ(38.3倍)など穴馬指名で高額払い戻しを連発!週末トータル回収率127%、収支プラス19万9000円をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →山崎エリカプロ
30(日)東京11Rで『前走のニュージーランドTは、前に壁を作れず、タフな馬場を先行したために11着に凡退しました。しかし、前走で厳しい流れを経験したことが、今回でのスタミナ強化に繋がるはず。高速馬場の東京なら巻き返しが濃厚でしょう。』と狙った◎カリビアンゴールドと△ブラックスビーチの馬連79.2倍を1000円、複勝600円を5000円的中させ、10万9200円を払い戻しました!週末トータル回収率196%、収支プラス7万7200円をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →岡村信将プロ
30(日)京都9Rで単勝45.7倍の◎エマノンを本命に抜擢!単勝を3900円的中させ、17万8200円を払い戻しました!週末トータル回収率143%、収支プラス12万2960円をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →おかべプロ
30(日)京都11R天皇賞(春)で『素直に2強。絶好枠はゆーいち君、理想はキタサンマーク』と見解を示し、◎サトノダイヤモンドキタサンブラックシュヴァルグランの3連複1点勝負で的中!6万1000円を払い戻しました!週末トータル回収率144%、収支プラス5万3700円を払い戻しました!
 
この他にも霧プロ馬っしぐらプロが回収率100%超の活躍を見せています。

※全レースの結果速報はこちら!


今週も、競馬予想の達人・ウマニティ公認プロ予想家陣の予想にご注目下さい。

[もっと見る]

2017年4月28日(金) 11:00 くりーく
くりーくの中間調教チェック 2017天皇賞(春)
閲覧 1,597ビュー コメント 0 ナイス 5



こんにちは、くりーくです。このコラムでは、今週行われるG1出走予定馬の中間の調教内容を中心に分析してご紹介します。
前回に引き続き、前走からの中間の調整内容(評価はA〜F)を中心に各馬コメントをしていきたいと思いますので、私の予想の基幹部分でもある調教分析術を是非あなたの予想にお役立て下さい。
なお、シューナカコラムで取り上げている競走馬については同コラム内でコメントしていますのでそちらでご確認ください。


◇優先出走馬◇

シャケトラ(B)
昨年の6月にデビューしたレースでの予想でこの馬は大きなところまで行く馬と書いたのですが予想通り1年も経たないうちにG1の舞台で有力馬の1頭として出走してくれました。まだ粗削りな感じもあり不安なところもありますのでまだまだ成長する馬だと思います。状態に関してはこの中間も1週前にCWで長めから併せ馬で追われ、日曜日にも坂路で速い時計が出ており乗り込み豊富で順調な仕上がり。直前は馬なりで速い時計が出ていれば好勝負できそう。


<賞金決定順>

ゴールドアクター(B)
前走時もしっかり乗り込まれていて動きも悪くなかったのですがパドックでのイレ込みがきつくその辺が直線での伸びきれない結果につながってしまったのかもしれません。この中間は2週前、1週前と今回騎乗する横山典騎手が騎乗して追い切られ動きも良く仕上がりは良さそう。あとは関西への輸送もあるので当日のイレ込みが一番重要になってくると思います。

アルバート(B)
1週前追い切りの動きを見ると首が上がり気味ですが時計は優秀。輸送もあるので最終追い切りは軽めの追い切りになると思いますが昨年より良い状態で出走できそう。

ディーマジェスティ(A)
ジャパンC以来となった前走はしっかり乗り込まれていましたが+6キロとまだ絞れそうな馬体で少し集中力を欠くパドックでした。前走時しっかり乗り込まれていたので反動もなくこの中間も入念な乗り込みで1週前の追い切りは動きが軽くなった感じで上積みがありそう。関東馬で輸送がありますがそれでもビッシリ追ってくるようなら勝負調教かもしれません。

シュヴァルグラン(B)
前走の阪神大賞典では直前の追い切りを坂路にするくらい休み明けから仕上げてきている感じでした。この中間も2週前、1週前とCWを長めから一杯に追われ直前の日曜にも坂路で時計を出して調子落ちなく順調にきている感じ。

ワンアンドオンリー(B)
前走時も調教内容に関しては悪くなかったのですがレースでは特に見せ場もなく凡走。この中間も入念な乗り込みで和田騎手が2週前、1週前と追い切りにも騎乗して時計も優秀ですが勝ち鞍のない京都でのレースで気持ちのスイッチが入らないと好走は厳しいかもしれません。

ファタモルガーナ(E)
昨年と同じローテーションで調教でもそれほど速い時計の出る馬ではないのですが今年も時計のかかる馬場とはいえ目立つ時計はなく昨年と比べても物足りない。

タマモベストプレイ(B)
この中間は2週前、1週前とCWを3頭併せで追い切られ前走並みの好時計が出ています。しっかり乗り込まれ状態面も良さそうなので良い状態で出走できそうです。

アドマイヤデウス(A)
日経賞から中間速い時計3本。1週前の追い切りは岩田騎手騎乗で長手綱で気分良さそうな走りで好印象。京都大賞典ではキタサンブラックと差のないレースをしておりその時に近い出来で臨めそう。

ヤマカツライデン(C)
今年は日経新春杯から始動するも調教では時計が出ている割に結果がついてこない状況。昨年の春の好成績が出ていた時は坂路で好時計が出ていたが近走はCW中心の調教内容でこの中間も時計は出ているが何かキッカケがないと厳しいように思います。

トーセンバジル(C)
休み明けの前走は調教内容も良く好仕上りで内容も悪くなかったが最後伸びそうで伸びきれないところは能力の差のように思います。今回も長距離戦で1週前が馬なりというところは状態面で少し気になる。

スピリッツミノル(F)
1週前の追い切りでは手応えの割に伸びそうで伸びない内容。中間も速い時計少なくこの内容では好走は厳しそう。

ラブラドライト(D)
それほど速い時計の出る馬ではないがこの中間も特に目立つ時計もなく上積みはそれほどなさそう。

プロレタリアト<C>
休み明けの前走から間隔も空いているので乗り込みようは多いがこれと言って目立つ時計もなく1週前の追い切り終いもうひと伸びが足りない感じで今回は相手が強い。


サトノダイヤモンドキタサンブラックレインボーラインについてはシューナカコラムコラムにてコメントしていますので、そちらをご覧ください。


近年の天皇賞(春)、菊花賞の予想で毎回書くことですが現在の長距離戦において重要なことは血統よりも折り合いだと思っています。特に京都のようにスタート後のポジション争いで下り坂があり1週して勝負どころでも下り坂とあまり行かせたくないところで勢いがついてしまうコース。そんなコースということもありゆったり流れることもあれば出入りの激しいレースになることもあります。それでも折り合いがついて鞍上の指示にしっかり従うことのできる馬は騎手の判断ミスがなければ無駄にスタミナを消耗することはありません。今年は昨年のようにキタサンブラックが主導権を握るレースになるのかその他の馬がハナを叩きに行くレースになるのか分かりませんがいずれにしても何があっても自分のペースが守れて動きたいところまでジッと我慢できる馬が好走する可能性は高いと思います。2強対決にそれぞれの騎手の駆け引きと見どころはたくさんある淀の3200m戦、皆さんそれぞれの◎馬に自分が乗っているつもりで応援して見てみるのも面白いと思います。

天皇賞(春)出走各馬の最終追い切り評価については最終予想でコメントする予定です。それでは次回、オークス編(予定)でお会いしましょう。(*^^)v


※最終結論はレース当日のくりーくプロページでチェックしてください。

[もっと見る]

2017年4月25日(火) 15:00 覆面ドクター・英
天皇賞・春 2017
閲覧 6,631ビュー コメント 0 ナイス 18



桜花賞、皐月賞と断然人気馬が敗れたり、大荒れ100万馬券となったりで、1週間クールダウンして(と言っても全36レース買っているのですが(笑))ここから6週連続G1の春競馬真っ盛りの楽しいシーズンがやってきました。今週はさすがに荒れないと思いますが、サトノ対キタサンの対決だけで盛り上がれるのではないでしょうか。

まずは恒例の1週前の段階での全馬診断から(人気になりそうな順で)

サトノダイヤモンド:仕上げ切らなかった皐月賞と落鉄あったダービー以外とりこぼしなく安定感のある王者で、阪神大賞典の内容からも好走まず間違いないタイプ。人気だが外せない。

キタサンブラック:ちょっと距離短いのではないかと私自身は危惧していた大阪杯も完勝してきて本当に安定感のある走りを続けている。サトノダイヤモンドとの一騎打ちの様相だが、速い脚無いし相手は力伸ばしてくる時期でもあり、有馬記念よりあっさり差し切られるのでは。母父サクラバクシンオーだから距離うんぬん言う人はさすがにもう居ないでしょう(母系はアンバーシャダイの近親という表現が妥当では(笑))

シュヴァルグラン:阪神大賞典はサトノダイヤモンド倒すチャンスだと踏んでいたが完敗を喫した。ただあれで少し人気を落としてくれたり、新興勢力のシャケトラに人気行けば、3番手としては十分やれる実力で父ハーツクライらしく長距離重賞で底力見せられる。

シャケトラ:昨年10月はまだ500万下に居たのだがすごい勢いでトップグループに加わってきた。日経賞も強い競馬で人気になりそうだし、ノーザンF生産で勝負服はおなじみの金子さんの馬で能力高く今居るステージが本来居るべき場所なのだろうがマンハッタンカフェ×シングスピールという血統で自身は菊花賞馬だったが産駒は驚くほど長距離で結果出ておらず人気ほどやれないのでは。

ゴールドアクター:昨年の天皇賞(春)で1番人気だったのはみんな忘れているんじゃないかと思いますが12着と惨敗して、このあたりから気難しくなってきて安定感無くなってきました。京都3200Mは我慢効かなそうで、この手薄なメンバーならそれなりに人気になりそうで消しが妥当か。

アルバート:Rムーア騎手限定で走るステイヤーで他の騎手だと動かないので穴人気しそうだが買えない。京都のスピード競馬も向かなそう。

レインボーライン:昨年の菊花賞2着馬だがサトノダイヤモンドには完敗だし、その後もJCと日経賞はいまひとつで古馬には完敗の現状で人気にも思えるがそんなに人気ないなら距離や条件問わず上位に来れる部分ありヒモに入れるのが良さそう。

アドマイヤデウス:日経賞3着で、まだやれるところ見せたが、それなりにいつも穴人気タイプでアルバート同様アドマイヤドン産駒は京都向かないのでは。消しの予定。

ディーマジェスティ:昨秋以降スランプに陥り復活厳しいのでは。そもそもこの世代はサトノダイヤモンド以外はあまり買いたくない世代で特にハイレベルとは私は思っていない。距離も長く向かないので消しの予定。

トーセンバジル:阪神大賞典では地味だが3着に来ており、母父フジキセキだけに人気にならないだろうが重いハービンジャーならこのくらいでちょうど良さそうだし現在の天皇賞(春)はズブいステイヤーは向かない。3着楽しみな一頭。

カレンミロティック:2年連続好走した渋い馬だし、メルボルンCはノーカウントとしてもセン馬で衰えゆるやかだとしても今年は厳しい。


11番人気以降想定の馬たち〜今年は全馬要らないのでは・・

ラブラドライト:万葉SとダイヤモンドSと長距離で連続2着と頑張っているがここ通用は期待できない。

タマモベストプレイ:阪神大賞典4着とは言え惜しくない4着で、通用せず。7歳になっても衰え少ないので夏の札幌2600Mなどでまだ出番ありそうだがここは要らない。

スピリッツミノル:阪神大賞典5着や万葉S3着など長距離路線で頑張っているが、ステイヤーズSなどオープン特別やG3くらいで今後も頑張るであろう馬で、ここは要らない。

ワンアンドオンリー:阪神大賞典は久々好走期待したが、がっかりの7着で特にここで好走するのは期待できず。ダービー馬なんですが・・・。

トウシンモンステラ:阪神大賞典8着でオープン実績ゼロなので期待ゼロ。キングカメハメハ×ピンクパピヨンと購入時は結構高かったんじゃないかと思いますが(オープンで走っているだけ立派なのかもしれませんが)。

ファタモルガーナ:2008年よりセン馬も天皇賞出走可能となっていて、ディープインパクト産駒にしては長距離を得意にしているし、高齢まで頑張っているにしてもここ通用は厳しい。

プロレタリアト:人気薄で準オープン勝ち上がってからはオープンでは惨敗続きの牝馬で買う要素なし。

ヤマカツライデン:昨年3月から9月の半年で逃げて4勝して500万下からオープンまで一気に駆け上がってきたがその後イマイチで先導役で終了か。

<まとめ>
人気薄の激走はあまり期待できない。上位2頭は強力で当てやすいが、あとはどう少点数で買って稼ぎ確保するかのレースでは。

◎(1着固定候補)サトノダイヤモンド
〇(2着固定候補)キタサンブラック
△(3着候補)シュヴァルグラントーセンバジルレインボーライン

[もっと見る]

⇒もっと見る

ワンアンドオンリーの口コミ


口コミ一覧
閲覧 169ビュー コメント 0 ナイス 10

菊花賞

ブレスジャーニー 長め、併せ馬、動き軽快、集中して、ビッシリ、先着、力を発揮出来る仕上がり

ウインガナドル 長め、単走、動き軽快、集中して

スティッフェリオ 坂路、併せ馬、動き軽快、前向き、ビッシリ、時計優秀

クリンチャー 坂路、単走、動き軽快、集中して

トリコロールブルー 長め、併せ馬、動き軽快、集中して、ビッシリ、先着

マイネルヴンシュ 長め、単走、動き軽快、集中して

アダムバローズ 長め、併せ馬、動き軽快、集中して、ビッシリ、先着

サトノアーサー 長め、併せ馬、動き軽快、集中して、ビッシリ、先着

クリノヤマトノオー 長め、単走、動き軽快、集中して

ベストアプローチ 長め、併せ馬、動き軽快、集中して、ビッシリ、先着

サトノクロニクル 長め、併せ馬、動き軽快、集中して、ビッシリ

ミッキースワロー 長め、単走、動き軽快、集中して前向き、リズミカル

キセキ 長め、併せ馬、動き軽快、集中して、ビッシリ、先着

ポポカテペトル 長め、併せ馬、動き軽快、集中して、ビッシリ、やや置かれ

ダンビュライト 坂路、併せ馬、動き軽快、前向き、ビッシリ

アルアイン 長め、併せ馬、動き軽快、集中して、ビッシリ、リズミカル

プラチナヴォイス 長め、併せ馬、動き軽快、集中して、ビッシリ

マイスタイル 長め、併せ馬、動き軽快、集中して、ビッシリ、突き放す


富士ステークス

イスラボニータ 長め、併せ馬、動き豪快、集中して前向き、躍動感溢れ、ビッシリ、前には置かれる

エアスピネル 坂路、単走、動き軽快、集中して前向き、リズミカル

ガリバルディ 長め、単走、動き軽快、集中して、躍動感溢れ

クルーガー 坂路、単走、動き軽快、集中して前向き、時計優秀

グランシルク 長め、単走、動き豪快、集中して前向き、リズミカル

サトノアレス 長め、併せ馬、動き軽快、前向き、ビッシリ

ジョーストリクトリ 長め、併せ馬、動き軽快、前向き、ビッシリ

ダイワリベラル 長め、併せ馬、動き軽快、集中して、ビッシリ

ブラックムーン 長め、併せ馬、動き軽快、集中して、ビッシリ、置かれ

マイネルアウラート 長め、単走、動き軽快、集中して

ミュゼエイリアン 坂路、併せ馬、動き軽快、集中して、ビッシリ

レッドアンシェル 坂路、併せ馬、動き軽快しない前向き、ビッシリ、先着

ロードクエスト 長め、併せ馬、動き軽快、集中して、ビッシリ、リズミカル


天皇賞・秋 一週前

カデナ 長め、単走、動き軽快、集中して

キタサンブラック 長め、併せ馬、動き豪快、集中して前向き、ビッシリ、体が更に雄大に

グレーターロンドン 坂路、単走、動き軽快、集中して前向き、軽め

サクラアンプルール 長め、併せ馬、動き軽快、集中して、ビッシリ、やや置かれ

サトノクラウン 長め、併せ馬、動き軽快、集中して、ビッシリ、やや置かれ

ステファノス 長め、併せ馬、動き軽快、集中して前向き、ビッシリ

ソウルスターリング 長め、併せ馬、動き軽快、集中して、ビッシリ、先着、舌が遊び?少しチグハグな感が

ディサイファ 坂路、併せ馬、動き軽快、集中して、ビッシリ

ネオリアリズム 長め、併せ馬、動き軽快、集中して、ビッシリ、先着、リズミカル

ミッキーロケット 坂路、併せ馬、動き軽快、集中して前向き、ビッシリ、突き放す

ヤマカツエース 長め、併せ馬、動き軽快、集中して、ビッシリ、突き放す

ロードヴァンドール 長め、併せ馬、動き軽快、集中して、ビッシリ

ワンアンドオンリー 坂路、単走、動き軽快、集中して前向き、走る気は前向きになっているようだが?

 ファストタテヤマだ 2017年10月7日() 21:52
毎日王冠追い切り
閲覧 113ビュー コメント 0 ナイス 6



1枠1番ソウルスターリング

抑えられてはいるが、
しっかり我慢の利いた良い走り。

あとはトップスピードの質など
追い切りで見えない部分でどうか。



2枠2番マカヒキ

状態は春先と同じくらい。
3歳春に比べるとやはり見劣る。

淀みのない実力勝負では末脚負けしそうで、
戦績を見ても中弛み待ちかなとは思う。



3枠3番ダイワキャグニー

何か詰まったような走りで
他の有力馬と比較すると推進力が物足りない。

セントポーリア賞は強く見えたが
走法からは末脚がキレる印象はなく、
プリンシパルSのような一貫ペース向きには思える。



4枠4番アストラエンブレム

併走馬に隠れて見えにくいが、
思ったよりも走りは一定な感じ。

相手が強化されると
加速・キレで劣ってしまう印象はある。



5枠5番ヒストリカル

途中までは良い感じに駆け上がってきたが、
最後は鞍上の手が動いて併走馬に遅れる形。

いつもこんな感じの調教だし
昨年も似たような内容で3着なので、
この馬なりに状態は良さそう。



5枠6番マッチレスヒーロー

直線で強めに追われるも伸びる気配はなく。

なぜここなのかは分からないが、
さすがに無謀な挑戦には見える。



6枠7番グレーターロンドン

前脚の掻き込みが力強く、
レースで速い脚が使えているのも納得の走り。

最終追いは良かったが、
1週前の動きが悪かったのは気になる所。



6枠8番リアルスティール

昨年の天皇賞秋と比べると動きは硬く見える。
今回のほうがペースが速い分、
終いバテ気味だった可能性はあるが。

使える脚が短い印象なので、
道中で余計な上げ下げはしたくないように思う。



7枠9番ヤングマンパワー

あまり伸びのない走法で
スピード乗りは良くない印象。

過去の戦績通り、
抑えてからの加速勝負のような形だと苦戦しそう。
ある程度一定のペースで運びたい。



7枠10番ワンアンドオンリー

単走とはいえ落ち着いて走れているし、
伸び脚としても悪くない。

レースにいくとスピード負けしそう。



8枠11番ウインブライト

しっかり脚を伸ばせていて
ステイゴールド産駒にしては真面目な走り。

決め手がない感じなので
東京よりは中山のほうがイメージしやすい。



8枠12番サトノアラジン

器用さは全く感じない迫力満点の動き。

道中が流れてくれないと動けないと思うので、
展開待ちにはなってしまう。





追い切りが良く見えたのは

ソウルスターリング、グレーターロンドン、サトノアラジンの3頭。

ただ、サトノアラジンは終いの加速勝負では苦しいと思うし、

逃げ馬不在のメンバー構成では消したい気持ちのほうが強い。


正直あまり狙いたい馬が見つからず、見に回るかも。

[もっと見る]

 馬券のAエース 2017年10月7日() 20:40
【日曜の格上馬】+毎日王冠♪ 
閲覧 254ビュー コメント 0 ナイス 5

////////////

【メモリアル】あと1勝で○○○勝♪
伊藤 工真≪騎手≫〔現在99勝〕
川島 信二≪騎手≫〔現在299勝〕
高倉 稜≪騎手≫〔現在199勝〕日:ブルーミン
藤岡 健一≪調教師≫〔現在399勝〕月:サウンズオブアース
島川 隆哉≪馬主≫〔現在499勝〕月:トーセンマタコイヤ トーセンバジル
ノースヒルズ≪馬主≫〔現在199勝〕日:ラペールノアール ヴィンセント

///////////////

【日曜の格上馬】
京都2R…ラペールノアール
東京2R…アーモンドアイ
東京3R…ディアサルファー
東京8R…インペリアルフィズ(出走取り消し)

【厩舎&騎手】高確率メソッド

東京2R:◆アーモンドアイ ルメ&国枝〔複勝率〕 61.5%
東京5R:◆コズミックフォース ルメ&国枝〔複勝率〕 61.5%
東京8R:◆ケイブルグラム ルメ&国枝〔複勝率〕 61.5%
東京9R:◆アルミレーナ 戸崎&国枝〔複勝率〕50.0%
東京9R:◆サーブルオール ルメ&萩原〔複勝率〕58.1%
東京9R:◆ジークカイザー 川田&池江〔複勝率〕47.7%
東京10R:◆ダノンフェイス デム&大久保〔複勝率〕50.0%
東京10R:◆プリサイスエース 田辺&奥村〔複勝率〕42.6%
東京11R:◆サトノアラジン 川田&池江〔複勝率〕47.7%
東京11R:◆ソウルスターリング ルメ&藤沢〔複勝率〕56.9%
東京12R:◆ラユロット ルメ&藤沢〔複勝率〕56.9%
京都2R:◆ラペールノアール 武&松永〔複勝率〕40.0%
京都3R:◆ウォルビスベイ 武&松永〔複勝率〕40.0%
京都5R:◆ダノンフォワード 福永&藤原〔複勝率〕52.4%
京都12R:◆マルカソレイユ 福永&今野〔複勝率〕55.3%

ルメさん9鞍中6鞍が高確率メソッド、特に国枝厩舎の馬では単勝回収率222%

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

【毎日王冠】東京1800m

≪馬指数≫
1位:〔101〕.愁Ε襯好拭璽螢鵐
2位:〔92〕┘螢▲襯好謄ール
3位:〔89〕サトノアラジン

≪タイム指数≫
1位:〔68.5〕Д哀譟璽拭璽蹈鵐疋
2位:〔69.0〕ヤングマンパワー
3位:〔69.9〕ダイワキャグニー

≪LAP一致度≫
・ゥ劵好肇螢ル・Д哀譟璽拭璽蹈鵐疋鵝Νワンアンドオンリー

※10/5に≪攻略ポイント≫更新しています。
牝馬は今まで【1-3-0-0】全馬連対を.愁Ε襪継続できるか?ですね(=^o^=)b
ラッキー馬番が今年も来るかにも注目!
2ケタ馬番が【1-0-0-28】ってのもG鞠魯汽肇離▲薀献鵑魴いたいデータで
3連複4点に絞れました♪

/////////////

【オパールS】京都芝1200m

≪馬指数≫
1位:〔85〕Д愁襯凜Дぅ
2位:〔75〕キングハート
3位:〔74〕ぅ瀬ぅ轡鵐汽鵐澄次´ラヴァーズポイント

スプリンターズSに出れなかったソルヴェイグが指数は断然!ですが
昨年も1週スライドしたアクティブミノルが惨敗。
どちらも坂路でメイチの調教をするタイプだけに、
このズレでも体調がキープできているか?だけですね^^

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

[もっと見る]

⇒もっと見る

ワンアンドオンリーの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
1:
  花太郎18   フォロワー:150人 2014年9月21日() 08:55:26
伸びのあるフットワーク 東京2400m適合

ワンアンドオンリーの写真

ワンアンドオンリーの厩舎情報 VIP

2017年10月8日毎日王冠 G27着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

ワンアンドオンリーの取材メモ VIP

2017年10月8日 毎日王冠 G2 7着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。