マリオ(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
POGウォッチリストに登録すると、ウマニティPOGのPOGリストに追加できます。
今すぐ会員登録
写真一覧
現役 牡2 鹿毛 2015年3月7日生
調教師安達昭夫(栗東)
馬主サン
生産者坂東牧場
生産地平取町
戦績 2戦[1-0-0-1]
総賞金700万円
収得賞金400万円
英字表記Mario
血統 エスポワールシチー
血統 ][ 産駒 ]
ゴールドアリュール
エミネントシチー
ヤマトマリオン
血統 ][ 産駒 ]
オペラハウス
ヤマトプリティ
兄弟
前走 2017/11/18 もちの木賞
次走予定

マリオの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
17/11/18 京都 9 もちの木賞 500万下 ダ1800 141115.6510** 牡2 55.0 古川吉洋安達昭夫484(-2)1.52.3 1.336.8⑪⑪⑪⑨ビッグスモーキー
17/10/29 京都 4 2歳新馬 ダ1800 1481319.881** 牡2 55.0 古川吉洋安達昭夫486(--)1.53.9 -0.238.0⑬⑪⑩⑨マンナム

マリオの関連ニュース

 【東京】4R新馬(芝1400メートル)=ヒシコスマー(栗・清水久、牡、父ブラックタイド

 ◆C・デムーロ騎手 「走りながら途中で鳴いていた。直線でフラフラしながらも勝ってくれた」

 5R新馬(芝1800メートル)=サトノソルタス(美・堀、牡、父ディープインパクト

 ◆M・デムーロ騎手 「4コーナーでプレッシャーを受けて内にモタれたけど、この馬場でもよく頑張った。良馬場の方がいい」

 2R未勝利(ダ1600メートル)=ゴライアス(美・高木、牡、父ゴールドアリュール

 ◆大野騎手 「スムーズで終始手応えも良く、力が違いましたね」

 *半姉に今年のGIIIフェアリーS優勝馬ライジングリーズン(父ブラックタイド

 3R未勝利(牝馬、芝1600メートル)=ミカリーニョ(美・木村、父ハーツクライ

 ◆ルメール騎手 「能力の高い馬だし、距離はマイル以上でも大丈夫」

 *半姉に昨年のGIIIファンタジーSを制覇したミスエルテ(父フランケル)

 【京都】4R新馬(ダ1800メートル)=マリオ(栗・安達、牡、父エスポワールシチー

 ◆古川騎手 「素直で乗りやすい。まだまだ余裕がある感じだったし、まだ良くなりますよ」

 *母は2006年サンスポ賞フローラSなど芝、ダートで重賞4勝のヤマトマリオン(父オペラハウス)

 5R新馬(芝・内1600メートル)=レッドサクヤ(栗・藤原英、牝、父ディープインパクト

 ◆浜中騎手 「ゲートがすごく速くて強かった。完勝ですね。良馬場の方がもっと走れると思います」

 *半姉に08年GIヴィクトリアマイル優勝馬エイジアンウインズ(父フジキセキ

 6R500万下(芝・内1200メートル)=アンヴァル(栗・藤岡、牝、父ロードカナロア

 ◆藤岡康騎手 「決してこういう馬場(不良)は得意ではないと思うのですが、能力でカバーしてくれた感じです」

 【新潟】5R新馬(芝・外1600メートル)=ノーブルアース(栗・牧浦、牝、父ハーツクライ

 ◆石橋騎手 「ノメることもなく、追い出しを待つ余裕があった」

【うわさの2歳馬】マリオ、父はダート王2017年10月28日() 13:56

 【京都4R】マリオはダート王エスポワールシチーを父に持ち、母ヤマトマリオンは芝&ダートの重賞ウイナー。「中間に少しソエが出たけど、2週前に坂路で好時計をマークした。血統的にもダートの中距離が向きそうだね」と安達調教師。魅力の配合への期待は当然大きい。(夕刊フジ)

[もっと見る]

マリオの関連コラム

閲覧 522ビュー コメント 0 ナイス 5



現在開催中のウマニティ予想コロシアム第135回大会は2週目までが終了しました。上位大激戦という状況で幕を開けた今大会。先週の当コラムで「この先の結果はどうなるかまったくわからない」と書きましたが、まさにその通りに、上位勢の顔ぶれがガラッと変わる格好になりました。前半戦を終えた時点でトップに立ったのは、先週の土曜日にどデカい花火を打ち上げたマリオおっさんさん』です。プロフィール欄に「超高額配当金を狙ってます」とあり、その意気込み通りの素晴らしい結果を残してくれました。

マリオおっさんさんが大的中劇を見せたのは武蔵野S。ここで勝ったインカンテーションに◎を打ち、3連単フォーメーションで178万3,490円のビッグな配当を200円仕留めてみせたのです。ブービー人気ながら3着に激走したアキトクレッセントも買い目に入れていたのはお見事。この日はほかに4レースを的中させ、鮮やかに首位に躍り出ることに成功しました。現在、2位『猛虎法師さん』との予想偏差値差は4.1。残り2週、マリオおっさんさんがこのリードを守れるかどうかに注目が集まります。

※詳しくは「大会成績」ページをご覧ください。

なお、予想コロシアムのランキングに入るためには、規定予想レース数をクリアする必要があります。週間ランキングは6レース、大会ランキングは24レースの登録が条件となりますので、いくらすごい配当を一発当てたとしても、予想レース数が規定に満たない場合は上位にランクされませんのでご注意を!

予想自慢の方も、競馬初心者の方も、予想コロシアムでぜひ腕試しをしてみませんか? お金を賭けずに競馬予想ができ、成績も自動集計してくれますので、予想シミュレーションツールとして、とても便利ですよ!

大会成績の上位者には、トロフィーや賞状のアイテムがプレゼントされ、更に副賞として、ウマニティを更に楽しくする『ウマニティ・ポイント』が進呈されます。

優勝者:    10万ポイント
2位〜10位:  5万ポイント
11位〜20位: 3万ポイント

『予想コロシアム』に参加するにはウマニティの会員登録(無料)が必要です。
まだ会員でない方は、コチラから会員登録(無料)してください。


登録済みの方はこちらからログイン

2017年10月31日(火) 16:30 競馬プロ予想MAX
先週の回顧〜(10/28〜10/29)☆まんでがんプロが10万超連発で、トップの124%をマーク!
閲覧 783ビュー コメント 0 ナイス 6

先週は、29(日)に東京競馬場でG1天皇賞(秋)が行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
G1天皇賞(秋)は、2週連続の台風接近に伴う雨で午前中から不良にまで悪化した馬場コンディションの中、発走時刻を迎えます。1番人気は3.1倍でキタサンブラック。以下、2番人気サトノクラウン、3番人気リアルスティール、4番人気ソウルスターリングとここまでが10倍を切るオッズで続きます。
スタートは、なんとキタサンブラックが出遅れるハプニング。内を通って多少は挽回するものの、誰もが想像しなかった後方からの競馬となって2コーナーを回ります。逃げて馬群を率いたのはロードヴァンドール。2番手にサクラアンプルールが続き、直後にシャケトラミッキーロケットリアルスティールネオリアリズム。中団にかけてソウルスターリングサトノクラウンヤマカツエースカデナレインボーライングレーターロンドンと続き、キタサンブラックはこれらを見る形で12〜13番手といったところ。ワンアンドオンリーステファノスが差なく続き、ここから馬群が途切れてマカヒキディサイファ、最後方にサトノアラジンとなって前半1000mを64.2秒(推定)で通過していきます。
3コーナーを迎えて、各馬ぬかるんだ馬場を気にしながら思い思いのコース取りで馬群が横へと広がる中、内を突いたグレーターロンドンがここで先頭へ。サトノクラウンも比較的内を選び、グレーターロンドンをピタリとマークする位置取りに浮上。そして、直後にはこちらも最内を突き、早くも射程圏の位置取りまで押し上げたキタサンブラック。各馬泥まみれになりながら、さらに横に大きく広がって4コーナーから直線勝負に入ります。
早々先頭に立ったキタサンブラックに、応戦するグレーターロンドンサトノクラウン、3分どころからはレインボーラインリアルスティールも進出。後続各馬は、重い馬場に伸びあぐねて苦しい展開。直線半ばを過ぎてキタサンブラックがリードを広げにかかると、サトノクラウンが2番手争いから力強く抜け出して前を行くキタサンブラックを猛追。サトノクラウンは内へもぐりこみ、外キタサンブラック、内サトノクラウンの叩き合いとなって残り200mを通過します。すでに時計は2分00秒を経過した第156回天皇賞(秋)は、1,2番人気による死闘に持ち込まれますが、これをキタサンブラックが制してV。連勝がストップした前走の春のグランプリからの鮮やかな復活劇で、G1・6勝目を飾っています。クビ差2着サトノクラウンから2馬身1/2差の3着には13番人気レインボーラインが入っています。
公認プロ予想家では伊吹雅也プロKOMプロきいいろプロろいすプロ河内一秀プロほか計10名が的中しています。 
 
 
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 
☆☆☆注目プロ →☆まんでがんプロ
28(土)京都5Rで3連単的中を披露し、18万6,720円払戻しをマーク。京都12Rでも10万7,450円払戻しのスマッシュヒットを記録しました。29(日)には、新潟2R(◎○▲的中/10万2,800円)、京都4R(◎的中/19万8,000円)、新潟11R(◎○△的中/12万6,900円)と随所に高配当を散りばめプラスを達成。週末トータルでは、回収率124%、収支17万6,960円プラスのトップ成績をマークしています!
 
☆☆☆注目プロ →佐藤洋一郎プロ
29(日)京都4Rで、▲マリオマンナムトランシャンの3連単4736.4倍を仕留め、トータル51万6,390円払戻しのホームラン的中を披露!週末のトータル回収率100%で終えています。
 
☆☆☆注目プロ →ジ ョ アプロ
28(土)の勝負予想京都6Rで◎スズカコーズラインを的中。29(日)にも勝負予想の京都8R(○レッドリボン的中)、東京12R(◎イーグルフェザー的中)の両レースを的中するなど活躍を披露しました。週末のトータルでは回収率112%を達成しています。
 
☆☆☆注目プロ →シムーンプロ
28(土)京都1R(◎コマビショウ(単勝17.8倍))、京都4R(◎ロードエース(単勝17.5倍))、東京12R(◎オープンザウェイ(単勝70.6倍))、29(日)京都12R(◎キアロスクーロ−○イノバティブ)などで引き続きの好調ぶりを披露した先週は、週末トータル回収率111%をマークしています。
 
 
 
この他にも、セイリュウ1号プロ(119%)、ゼット1号プロ(117%)、【U指数】3連単プリンスプロ(115%)、“帰ってきた”凄馬勝子プロ(108%)、馬っしぐらプロ(104%)、馬券生活プロ(103%)らが週末トータル回収率100%超の活躍を見せています。
 
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 
※全レースの結果情報はこちら


今週も競馬予想の達人・ウマニティ公認プロ予想家陣の予想にご注目下さい。

[もっと見る]

マリオの口コミ


口コミ一覧

もちのき賞

 しんすけ46 2017年11月18日() 05:28

閲覧 18ビュー コメント 0 ナイス 3

から始めましょう。

◎ゥ后璽汽鵐疋
△.泪螢
△ライジングドラゴン
△ぅ咼奪哀好癲璽ー
△コマビショウ
△メイショウワザシ

馬連ァ辞 Ν・ぁΝ・への5点へ200円。

主戦の和田騎手が乗らないのは不安ではあるもののダートに使って来たら
狙おうと思ってたんで。兄弟からもダート馬でしょ?
出来れば砂を被らない外枠が良かったけど新馬・未勝利勝ち上がりが多いんで
何とかならんかね?

お次は障害の特別の予定でーす。

3時に目が覚めたんでお寝むでーしゅ。

 藤沢雄二 2017年11月5日() 00:44
ユタカさん、頼みます!〜POG第23節〜
閲覧 45ビュー コメント 0 ナイス 5

我が陣営の3日間開催の出走は1頭のみ。
スペシャルワールドの上位陣は今週は4〜5頭使っている人がほとんどで、景気のいい話ですな(棒)

スペシャルワールドで戦うにおいて、例えば3週間のスパンで最初の週に4頭が出走して残り2週の出走がないなら、毎週1頭ずつ出走した方がトータルの出走数は少なくても他のプレイヤーに対するプレッシャーは後者の方があると考えているのだけど、今週5頭使っている人って3週間前も5頭使っているから、そうなるとかなり話が違ってくる。
出走回数で10回から違ってくると多勢に無勢って感じで、逆に受ける圧の方が強いのよ。
『勝たないと』ではなく“勝ち続けないと”になってくるから、メンタル的にはキツいのよね。

【出走】
・11月5日 京都6R
△サウンドキアラ(武豊騎手)

紆余曲折の末に獲得したサウンドキアラに流れを変えてもらいましょう。

サウンドキアラ
1哩 7F 6F 5F 半哩 3F 1F
 助 手 9.22 栗E良 12.8 ゲートなり
 助 手 9.27 栗坂良 1 回 56.4 41.3 27.3 13.6 馬なり余力
       マリオ(新馬)馬なりを0.2秒先行クビ先着
 助 手10. 4 栗CW稍 84.2 67.9 53.6 40.3 12.7[6]一杯に追う
       マリオ(新馬)一杯の内を0.5秒追走0.6秒先着
 助 手10.12 栗坂良 1 回 59.6 43.6 28.0 13.0 馬なり余力
 助 手10.18 栗坂稍 1 回 55.3 40.6 26.7 13.4 馬なり余力
★武 豊10.25 栗坂重 1 回 53.2 38.8 25.5 12.5 馬なり余力
 助 手10.31 栗坂稍 1 回 60.8 44.6 29.9 15.6 馬なり余力
☆助 手11. 1 栗坂良 1 回 55.6 40.4 26.5 12.8 馬なり余力

サウンドキアラの調整過程は上記の通り。ユタカさんが乗った1週前が上々なのだが、よく見ると先週の新馬戦で穴を開けたマリオに先着しているので、単純計算ならサウンドキアラも新馬勝ちしておかしくないことになる。

距離を考えると外国産馬の方が強そうな印象はあるけど、特にアメリカ産馬なんて緩急に弱かったりするから、ユタカさんのインサイドワークが活きるような流れにでもなれば十分にチャンスはあるでしょうね。


【在厩】
☆レッドシャーロット(りんどう賞は3着同着→秋明菊賞へ)
☆ウラヌスチャーム(アルテミスSは10着→赤松賞へ)
☆リシュブール(10月28日の未勝利戦は2着)
☆イルーシヴグレイス(11月19日の東京の牝馬限定の未勝利戦へ)
△フロンティア(デイリー杯2歳Sを岩田騎手で)
△スペイシー(10月29日の新潟の新馬戦は6着)

【放牧】
☆アドマイヤアルバ(10月21日の未勝利戦で初勝利→千両賞を予定)
☆レディバード(ヤマボウシ賞は5着)
☆シエラネバダ(紫菊賞は球節炎のため回避)
△ダンツクレイオー(7月23日の函館2歳Sは9着)
△ヴェロニカグレース(10月1日の未勝利戦を快勝→年明けの自己条件へ)
△アントルシャ(ききょうSは9着)
☆スヴァルナ(8月5日の未勝利戦は9着)
☆ベストヴォヤージュ(NF天栄に移動)
△クリッパー(9月23日の新馬戦は2着)
△カヴァロディーオ(7月30日の新馬戦は4着)
☆ダブルフラット(ゲート試験に合格)

【故障者リスト】
☆ローズベリル(骨折が判明。全治6ヶ月)
△ギルトエッジ(左前屈腱炎の疑い)

【Out】
☆ブルーメンクローネ
☆ソーグレア

【調教】
レッドシャーロット
1哩 7F 6F 5F 半哩 3F 1F
 17. 9ベスト 栗坂稍 1 回 53.1 38.6 24.8 12.3 馬なり余力
 助 手 ■ 栗坂良 1 回 60.7 45.1 29.4 13.5 馬なり余力
 助 手 ◇ 栗坂稍 1 回 53.9 39.6 25.7 12.1 馬なり余力
☆助 手11. 2 栗坂良 1 回 54.1 39.3 25.5 12.5 馬なり余力

フロンティア
1哩 7F 6F 5F 半哩 3F 1F
 17. 8ベスト 栗坂良 1 回 54.3 39.8 25.3 12.1 強目に追う
 助 手 ■ 栗坂良 1 回 54.3 39.8 25.3 12.1 強目に追う
 助 手10.19 栗坂不 1 回 55.1 40.6 26.6 13.1 馬なり余力
       グレイトパール(古オープン)一杯を0.1秒追走同入
  10.20 栗プール 2 周
 助 手10.22 栗坂不 1 回 57.0 41.6 27.2 13.2 馬なり余力
       フェアレディ(新馬)末強目を0.8秒追走0.1秒先着
★中 井10.26 栗CW稍 88.2 71.3 55.1 40.2 12.2[7]馬なり余力
       サヴィ(古1000万)馬なりの内を0.7秒追走4F併同入
  10.27 栗プール 2 周
 助 手10.29 栗坂重 1 回 58.3 43.0 27.5 12.8 馬なり余力
       サヴィ(古1000万)馬なりに同入
☆助 手11. 1 栗坂良 1 回 61.5 45.2 29.5 14.4 馬なり余力
 岩 田11. 2 栗CW良 81.9 66.6 52.4 39.3 11.8[7]一杯に追う
       サヴィ(古1000万)馬なりの内を0.8秒追走同入

イルーシヴグレイス
1哩 7F 6F 5F 半哩 3F 1F
 17. 7ベスト美南W重 73.2 57.2 41.8 14.1[6]馬なり余力
 助 手 ◇ 函芝良 68.3 52.5 38.3 13.2[8]一杯に追う
★助 手10.26美南坂重 1 回 58.5 43.0 28.1 14.1 強目に追う
 助 手10.29美南坂重 1 回 59.7 43.7 28.7 14.2 馬なり余力
☆助 手11. 2美南W良 69.6 54.2 39.4 13.4[6]G前仕掛け
       マローブルー(古1600万)馬なりの外同入

とりあえず再来週は3頭使いになりそうだけど、スヴァルナ、カヴァロディーオ、クリッパー、そしてダブルフラットが戻ってこないと戦況的にお話にならない感じ。
とにかくまだ勝っていない放牧組に奮起してもらわないことにはゲームプランもあったもんじゃない┐('〜`;)┌

そうそう、ようやく未勝利勝ちをしたアドマイヤアルバは千両賞を予定しているらしいけど、きっとシンザン記念を使うところまで考えているんだろうな。

[もっと見る]

 マリオおっさん 2017年10月30日(月) 14:14
予想したレースのその後(10/29版)
閲覧 57ビュー コメント 0 ナイス 0

京都
1R→ややハイペース気味だった。時計的にもやはり低レベルな一戦だったか。
2R→馬場を考慮すると、これぐらいのペースでも普通か。ここもレベル低め。勝ち馬にダート適性があると判断するのはまだ早いか。
3R→本命馬は馬場に苦しんでいた感。良馬場なら見直しが必要か。勝ったバトルガラクシアは早めのペースを好位から直線内に出して伸びてくる、内容がある競馬だった。2着馬は外差し馬場でない限り次は危険か。
4R→新作ゲームが発売された週に差し切りを決めたマリオ。ただ、新馬戦にしては早いペースで前が止まったことに救われたか。ここを先行した馬は次注目か。
5R→勝ったレッドサクヤは単純に評価できる。2着以下は通った馬場と新馬にしては早めのペースに結果が左右された感。大きい着の馬も一考の余地はありそう。
6R→馬場を考えるとかなりのハイペース。勝ったアンヴァルは展開にも恵まれたか。次は着差ほどの評価は必要なさそう。ナムラバンザイはこれぐらいのメンバーでこの走りができればチャンスがありそう。
7R→ほぼよどみのない平均ペース。サウスオブボーダーは馬場が合わなかったか。掲示板の順番は力通りか。ただ、メンバーレベルは疑問。
8R→馬場を考えるとそこまでのペースではなかった。勝ったレッドリボンは距離短縮で末脚全開、次も要注目。本命のメイショウサチシオは相手が悪かったか。ただ、3着以降はメンバー的にも次は疑問。
9R→馬場を考慮してもかなりのスローペース。上位はほぼペースと馬場を考えると納得だが、デンコウインパルスは馬場を気にしていた感。
10R→1000m通過58.8、これはさすがに馬場を考えても早すぎる。先行した馬は巻き返しに要注意。ヒロブレイブは当然次も疑ってかかるべきか。
11R→道悪巧者が上位に来た感。ここの着順は鵜呑みにするのは危険か。ただ、上位2頭の道悪適性の高さは確認できた。
12R→ほぼ前後半イーブンペース。最後は位置取り・コース取りの差が大きく、テラノヴァの敗戦は度外視可能か。
東京
天皇賞→勝ち時計が2000mになって最遅だったみたい。この馬場では7枠各馬の切れ者を中心に実力を出し切れていない馬も多かったか。上位の道悪適性は認めつつ、ここで激闘を繰り広げた上位2頭は疲れが心配。

[もっと見る]

⇒もっと見る

マリオの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

マリオの写真

投稿写真はありません。

マリオの厩舎情報 VIP

2017年11月18日もちの木賞10着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

マリオの取材メモ VIP

2017年10月29日 2歳新馬 1着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。