注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます!⇒いますぐ会員登録(無料)

ヒルノデイバロー(競走馬)

注目ホース
ヒルノデイバロー
写真一覧
現役 牡6 黒鹿毛 2011年5月18日生
調教師昆貢(栗東)
馬主株式会社 ヒルノ
生産者カミイスタット
生産地新冠町
戦績22戦[4-3-3-12]
総賞金11,017万円
収得賞金3,070万円
英字表記Hiruno Devaro
血統 マンハッタンカフェ
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
サトルチェンジ
デック
血統 ][ 産駒 ]
Go for Gin
Locate
兄弟 マンハッタンスカイウインスカイハイ
前走 2017/05/13 京王杯スプリングC G2
次走予定

ヒルノデイバローの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
17/05/13 東京 11 京王杯SC G2 芝1400 131181.0134** 牡6 56.0 横山典弘昆貢522(-6)1.23.6 0.434.6レッドファルクス
17/04/09 阪神 10 大―ハンC OP 芝1400 12565.026** 牡6 57.0 横山典弘昆貢528(-4)1.22.9 0.535.4⑤④エポワス
17/03/26 中京 11 高松宮記念 G1 芝1200 1871549.6911** 牡6 57.0 四位洋文昆貢532(+6)1.09.7 1.034.5⑮⑮セイウンコウセイ
17/02/26 阪神 11 阪急杯 G3 芝1400 124416.142** 牡6 56.0 古川吉洋昆貢526(+2)1.21.4 0.035.3⑦⑦トーキングドラム
17/01/29 京都 11 シルクロード G3 芝1200 134423.684** 牡6 54.0 四位洋文昆貢524(+2)1.08.1 0.333.3⑬⑫ダンスディレクター
17/01/07 京都 11 淀短距離S OP 芝1200 162414.766** 牡6 56.0 四位洋文昆貢522(+2)1.08.7 0.733.5⑭⑬セイウンコウセイ
16/12/24 阪神 11 阪神カップ G2 芝1400 16510251.91410** 牡5 57.0 四位洋文昆貢520(+10)1.22.7 0.835.2⑫⑫シュウジ
16/05/14 東京 11 京王杯SC G2 芝1400 162346.81212** 牡5 56.0 太宰啓介昆貢510(-4)1.20.5 0.933.5⑩⑨サトノアラジン
16/03/27 中京 11 高松宮記念 G1 芝1200 1881797.71512** 牡5 57.0 太宰啓介昆貢514(-6)1.07.6 0.933.7⑫⑫ビッグアーサー
16/02/28 阪神 11 阪急杯 G3 芝1400 182412.568** 牡5 56.0 四位洋文昆貢520(0)1.20.2 0.334.1⑬⑭ミッキーアイル
16/01/31 京都 11 シルクロード G3 芝1200 165923.177** 牡5 54.0 岩田康誠昆貢520(+2)1.08.6 0.732.6⑯⑯ダンスディレクター
16/01/10 京都 10 羅生門S 1600万下 ダ1400 138131.911** 牡5 57.0 古川吉洋昆貢518(+4)1.25.1 -0.036.1ラテンロック
15/12/26 阪神 10 妙見山S 1600万下 ダ1400 146103.022** 牡4 57.0 古川吉洋昆貢514(-4)1.23.3 0.235.8テーオーヘリオス
15/11/08 東京 10 銀嶺S 1600万下 ダ1400 168164.723** 牡4 57.0 石川裕紀昆貢518(+2)1.23.6 0.336.4アンズチャン
15/10/24 東京 10 秋嶺S 1600万下 ダ1600 1671415.953** 牡4 56.0 横山典弘昆貢516(+2)1.36.4 0.737.8モーニン
15/10/10 京都 11 平城京S 1600万下 ダ1800 12228.152** 牡4 55.0 四位洋文昆貢514(0)1.51.1 0.238.4イースターパレード
15/07/05 函館 10 檜山特別 1000万下 ダ1700 12792.811** 牡4 55.0 四位洋文昆貢514(-4)1.45.6 -0.038.3マヤノカデンツァ
15/06/21 函館 10 木古内特別 500万下 ダ1700 138125.221** 牡4 57.0 四位洋文昆貢518(0)1.45.4 -0.338.1アスカクイン
15/02/15 京都 7 4歳以上500万下 ダ1800 11672.621** 牡4 56.0 鮫島良太昆貢518(0)1.53.8 -0.036.5タガノハヤテ
15/01/24 京都 7 4歳以上500万下 ダ1900 9661.814** 牡4 56.0 鮫島良太昆貢518(-2)1.58.2 0.937.9ヒラボクレジェンド

⇒もっと見る


ヒルノデイバローの関連ニュース

 第62回京王杯スプリングカップ(13日、東京11R、GII、4歳上オープン国際(指)、別定、芝1400メートル、1着本賞金5900万円、1着馬に安田記念の優先出走権 =出走13頭)ミルコ・デムーロ騎乗で2番人気のレッドファルクスが鮮やかな差し切り勝ちで3度目の重賞勝ち。安田記念(6月4日、東京、GI、芝1600メートル)の優先出走権を獲得した。タイム1分23秒2(重)。3/4馬身差2着に11番人気の古豪クラレントが入り、連覇を狙った1番人気サトノアラジンは伸びを欠いて9着に終わった。

 飛び散る泥もなんのその。2番人気のレッドファルクスが、これぞGI馬という底力を見せて、スプリンターズS以来の勝利を飾った。

 「香港スプリントは状態があまり良くなかったけど、それがいい状態に戻ってきた。高松宮記念と同じような馬場でも頑張ってくれました」

 M・デムーロ騎手が復調した愛馬をたたえた。日本の短距離王として挑んだ香港スプリントはまさかの12着。復帰戦の高松宮記念も3着だっただけに、この勝利の味は格別だ。

 朝から雨が降り続いて重馬場。中団馬群で前の馬が蹴り上げる芝と泥を浴びての追走だったが、全くひるまない。直線で前があくと力強い伸び。先に抜け出したクラレントをきっちり捕らえた。

 これがJRA通算200勝だった尾関調教師は「他のレースでもっと早く勝ちたかったけどね」と笑いながらも、「いろいろな条件で走ってくれて頭が下がります」とファルクスでのメモリアルVを喜んだ。

 優先出走権を獲得し、次は安田記念へ。マイル戦は未勝利時の1戦(9着)だけで、トレーナーは「悪い馬場で走ったので状態を確認してから」と慎重な姿勢だが、「仮に使うとしても、いいステップになった」と手応えを感じた様子。ジョッキーも「乗りやすくて賢い馬だし、きょうの感じなら距離は大丈夫」と自信を見せた。

 モーリスの引退で混戦模様のマイル路線。スプリント界の頂点を極めたレッドファルクスが、今度は空位となったマイル王の座を狙っている。 (柴田章利)

◆岩田騎手(クラレント2着)「行ければ行こうと思っていたけど、他が速かったので自分のペースで。そのぶん最後まで頑張れたと思う」

◆戸崎騎手(グランシルク3着)「つまずいて位置取りが悪くなったぶん、馬場のいい外を通れて伸びてくれたけど、最後は道悪で同じ脚いろになってしまった」

◆昆師(ヒルノデイバロー4着)「馬場を心配していたが、思い切った競馬をしてくれたのが良かった。今回の経験が今後につながるのでは」

◆田辺騎手(トウショウドラフタ5着)「最近では一番いい雰囲気。重馬場も勝っていたので期待したけど、最後は同じ脚いろに。ただ、久々にこの馬らしい競馬ができたのは良かった」

◆川田騎手(サトノアラジン9着)「これだけ悪い馬場だと、持ち味が出せません。改めて良馬場で期待しています」

◆ルメール騎手(キャンベルジュニア11着)「馬場に慣れていませんね。いいポジションだったけど、あまり伸びなかった」

★13日東京11R「京王杯スプリングカップ」の着順&払戻金はこちら

レッドファルクス

 父スウェプトオーヴァーボード、母ベルモット、母の父サンデーサイレンス。芦毛の牡6歳。美浦・尾関知人厩舎所属。北海道千歳市・社台ファームの生産馬。馬主は(株)東京ホースレーシング。戦績21戦9勝(うち海外1戦0勝)。獲得賞金3億3119万6000円(すべて中央競馬)。重賞は2016年GIIICBC賞、GIスプリンターズSに次いで3勝目。京王杯SCは、尾関知人調教師が15年サクラゴスペルに次いで2勝目。ミルコ・デムーロ騎手は初勝利。馬名は、「冠名+ラテン語で『鎌』の意味を持つ両手剣」。

【京王杯SC】厩舎の話2017年05月12日(金) 05:04

 ◆キャンベルジュニア・森助手 「トモに疲れを残しつつの調整。いいときと比べると1段階落ちる」

 ◆クラレント・橋口師 「叩いた上積みはあるし、この舞台は得意」

 ◆グランシルク・千島助手 「東京はスムーズに力を出しやすいし、何とかしたい」

 ◆サトノアラジン・池江師 「いい状態。(昨秋に休み明けで勝った)スワンSよりもいい」

 ◆ダッシングブレイズ・吉村師 「上積みはあると思う。当日、雨ならプラス」

 ◆ダンツプリウス・榊原丈調教厩務員 「千四は初めてだけど、先行してどこまでやれるか」

 ◆トウショウドラフタ・萱野師 「(追い切りは)しっかりと動いていた。条件はいい」

 ◆トーキングドラム斎藤誠師 「力を出せる状態だし、今後を占う意味でも試金石となる」

 ◆トーセンデューク・四位騎手 「具合は良さそう。タメが利けばしまいはいい脚を使う」

 ◆ヒルノデイバロー・昆師 「前に馬を置いた方が気が入る。阪急杯(2着)のようなレースができれば」

 ◆ブラヴィッシモ・山田助手 「先週しっかりやっている。力が要る馬場は合う」

 ◆レッドファルクス・尾関師 「芝1400でどういう走りをしてくれるか楽しみ」

 ◆ロサギガンティア・柴田善騎手 「(調教では)若干テンションが高かったけど、走りはちゃんとしていた」

京王杯スプリングCの枠順はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【京王杯SC】追って一言2017年05月11日(木) 05:03

 ◆キャンベルジュニア・森助手 「時計なりに動いているけど、いいときと比べると1段階落ちる。距離短縮には対応できると思うけど、今回は地力に期待」

 ◆クラレント・橋口師 「併せ馬で動きは良かった。叩いた上積みはあるし、この舞台は得意」

 ◆ダッシングブレイズ・吉村師 「上積みはあると思う。直線に坂があるコースはいい。当日、雨ならプラス」

 ◆ダンツプリウス・榊原丈調教厩務員 「攻め馬は良くなってきている。1400メートルは初めてだけど、先行してどこまでやれるか」

 ◆トウショウドラフタ・萱野師 「(直線は)少し馬場の内めを通ったが、しっかりと動いていた。東京千四の条件もいい」

 ◆トーキングドラム斎藤誠師 「(石橋)ジョッキーを乗せて追い切ったが、いい動きだったね。力を出せる状態だし、今後を占う意味でも試金石となる」

 ◆トーセンデューク・四位騎手 「いい感じで、具合は良さそう。前走は折り合いもうまく行ったし、タメが利けばしまいはいい脚を使う」

 ◆ヒルノデイバロー・昆師 「前に馬を置いた方が気が入る。阪急杯(2着)のようなレースができれば」

 ◆ブラヴィッシモ・山田助手 「先週しっかりやっているので、きょうは気合をつけて流す程度。力が要る馬場は合う」

 ◆レッドファルクス・尾関師 「体が気持ち立派なので、長めからやったけど、反応は良かった。千四の芝でどういう走りをしてくれるか楽しみ」

 ◆ロサギガンティア・柴田善騎手 「テンションが高かったけど、走りではちゃんとしていた。競馬でちょうどいい感じになると思う」

京王杯スプリングCの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【京王杯スプリングカップ】特別登録馬2017年05月07日() 17:30

[もっと見る]

【古馬次走報】ミッキークイーン、ヴィクトリアマイルへ2017年04月12日(水) 05:02

 ★サンスポ杯阪神牝馬Sを快勝したミッキークイーン(栗・池江、牝5)、2着アドマイヤリード(栗・須貝、牝4)、3着ジュールポレール(栗・西園、牝4)はヴィクトリアマイル(5月14日、東京、GI、芝1600メートル)へ。4着クロコスミア(栗・西浦、牝4)は福島牝馬S(22日、福島、GIII、芝1800メートル)に向かう。

 ★大阪−ハンブルクCを勝ったエポワス(美・藤沢和、セン9)は函館スプリントS(6月18日、函館、GIII、芝1200メートル)に出走する。2着ブラヴィッシモ(栗・須貝、牡5)、6着ヒルノデイバロー(栗・昆、牡6)は京王杯スプリングC(5月13日、東京、GII、芝1400メートル)の予定。

[もっと見る]

【桜花賞】逆転だ!ミスパンテール昆師インタビュー 2017年04月06日(木) 13:48

 “1強ムード”など許さない。9日に阪神競馬場で行われる’17クラシック第1弾「第77回桜花賞」(GI、芝1600メートル)は無敗の2歳女王ソウルスターリングが断然の支持を集めているが、“待った”をかけるのはチューリップ賞でソウルの2着になったミスパンテール昆貢調教師(58)だ。ダービートレーナーが、キャリア2戦の根性娘で逆転の桜冠を狙う。

 −−チューリップ賞は昨年7月の札幌デビューV以来だったが、いきなりソウルスターリングの2着と好走

 昆貢調教師「北海道以来の休み明けで、初の輸送競馬と初物尽くしだった。2度目の新馬戦を走るようなものだったけど、それでもあれだけのパフォーマンスを見せてくれた。初戦にしてもほぼ直前の追い切り1本だけで勝ってくれたように、能力は高いと思っていた。(7番人気の)前走も結構、自信はあったんだよ」

 −−長所は

 「とにかく勝負根性がすごくて、競馬に行っての集中力がある。牡馬のようにドッシリとしているからね。だから(トライアルの)一発勝負でも結果を出してくれると信じていたんだ。普段は牝馬特有のイライラしている感じがあっても、カイバはペロリと食べてくれるし。か弱くなくて、たくましいのがいいね」

 −−叩かれての上昇は明らか

 「3月26日に、坂路でラスト1F11秒9を出したときの動きがすごく良かった。休み明けのときはそんなに時計が出ていなかったけど、1度使われて調教での反応がガラッと変わってきたね。しかも、中間は調教量を増やしているのに馬体重がジワジワと増えているんだ。馬体が減らなければいいと思っていたが、逆に前走からプラス体重でいけるかもしれない」

 −−5日は四位騎手が跨って坂路で4F53秒2、ラスト1F12秒3

 「タイムは予定していたより速くなったけど、先週がもう少しやっても良かったくらいだから問題はないだろう。動きは良かったと思う。体にも実が入ってきた感じがするね」

 −−ソウルスターリングとの再戦。打倒への意気込みは

 「確かにあの馬は競馬が上手で強いけど、決して付け入る隙がないとは思わない。前走はジョッキーが3着の馬(リスグラシュー)を目標にしていた。今回はソウルスターリングが目標になるはずだし、競馬の形も変わってくるはず。本番でどこまで迫れるかだが、馬体を合わせるところまでいけば、この馬の勝負根性で絶対にかわしてくれると信じている」

 −−週末は雨の予報が出ている

 「それも気にはならない。休み明けを使われての上積みも考えれば、十分にチャンスはあると思っているよ」

 ■昆貢(こん・みつぐ) 1958年6月14日生まれ。北海道出身。78年に騎手デビューし、89年に引退(JRA通算92勝)。調教助手を経て99年に調教師免許を取得し、翌年に開業した。これまでに重賞10勝(うちGI5勝)を含むJRA通算348勝をあげている。

★マイルに強いメジャー産駒

 父ダイワメジャーはGI5勝。04年皐月賞、06年天皇賞・秋、06&07年マイルCS、07年安田記念を制した。産駒は同様にマイルで強く、GIはカレンブラックヒルが12年NHKマイルC、メジャーエンブレムが15年阪神JF、16年NHKマイルCを制覇。1200メートルの14年高松宮記念コパノリチャードが勝った。なお先週のマイルGIIIダービー卿CTも、ロジチャリスが勝っている。

★四位とのタッグでダービーV

 昆貢調教師と四位洋文騎手のコンビは、08年にディープスカイNHKマイルC&日本ダービーのGI変則2冠を達成。同年の重賞は他にもディープスカイでGIII毎日杯、GII神戸新聞杯ローレルゲレイロでGIII阪急杯を勝った。厩舎の騎手別成績では断然のJRA87勝を誇り、連対率29・0%、複勝率36・8%という相性の良さだ。

 重賞でも10勝のうちこのコンビで5勝をマークしており、先々週の高松宮記念ヒルノデイバロー(11着)にも騎乗していた。ミスパンテールも重賞をカウントできる存在となりそうで、ジョッキーは3戦目での桜挑戦を「(けいこは)リラックスして走れていた。まだ2回しか走っていないから上積みの魅力もある」と楽しみにしている。(夕刊フジ)

桜花賞の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

⇒もっと見る

ヒルノデイバローの関連コラム

閲覧 909ビュー コメント 0 ナイス 2



みなさんこんにちは!

本日は東京11R「京王杯スプリングカップ G2」の『凄馬出馬表』を分析したいと思います。

今回も「U指数」だけでなく、U指数のポイントに【調教評価】、【厩舎評価】、【斤量補正】を数値化し加算減算しU指数を補正することで「総合ポイント」を算出しました。
★「U指数」について詳しくはこちらをご覧ください→U指数についてページ

U指数1.0ポイントは約1馬身差にあたるので、これを目安に以下のような重み付けをしました。
【調教評価】は競馬エイトの調教評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「5」・・・「−1.0ポイント」
「6」・・・「±0.0ポイント」
「7」・・・「+1.0ポイント」
「8」・・・「+2.0ポイント」
【厩舎評価】は競馬エイトの厩舎コメントの評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「△」・・・「−1.0ポイント」
「○」・・・「±0.0ポイント」
「◎」・・・「+1.0ポイント」
【斤量補正】は1.0kg=「0.5ポイント」として以下の基準体重との差分に乗算しました。
「牡馬」・・・「57.0kg」
「牝馬」・・・「55.0kg」


上記の補正を行った『凄馬出馬表』(画像)をご覧ください。



第1グループ(橙)は、サトノアラジン1頭。
第2グループ(黄)は、グランシルクダッシングブレイズまでの4頭。
第3グループ(薄黄)はクラレントヒルノデイバローまでの3頭となっていて、以下は第4G(灰)となっています。

凄馬出馬表をご覧頂くと上位ではサトノアラジングランシルク間に2.5の溝があります。この他では大きな溝が生まれていませんので、凄馬出馬表的にはサトノアラジンが抜けた存在と言えるかもしれません。

私の本命は◎ダッシングブレイズとしたいと思います。今年の京王杯はレース中も降雨が予想され、馬場適性がかなり重要なポイント。ダッシングブレイズは馬場の悪化した2戦でともに上り最速で楽勝、サドラー系の父らしく相当な重巧者と思います。凄馬出馬表でも第2グループに属していますし、このメンバーでも勝負になるはずです。以下、○グランシルク、▲トウショウドラフタ、△レッドファルクスキャンベルジュニアサトノアラジンと印を打ちます。

【馬連流し】
13

3,4,8.9,10

【3連複流し】
13

3,4,8.9,10

計15点


登録済みの方はこちらからログイン

2017年03月30日(木) 16:30 競馬プロ予想MAX
先週の回顧〜(3/25〜3/26)kmプロ・☆まんでがんプロが100万超の高額払い戻しを記録!
閲覧 713ビュー コメント 0 ナイス 5

先週は、26(日)に中京競馬場でG1高松宮記念が行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
G1高松宮記念は1番人気がレッドファルクスで3.6倍、2番人気がレッツゴードンキで5.1倍、以下メラグラーナ5.3倍、シュウジ6.2倍、セイウンコウセイ8.7倍とここまでが10倍を切る形で上位人気を形成しました。
 
注目のスタートは抜群のダッシュを決めたセイウンコウセイシュウジがハナを伺いますが、内から押して押してラインスピリットが先頭に立ちます。先頭はラインスピリットでリードは1馬身、2番手にシュウジ、続いてトウショウピストセイウンコウセイレッドファルクスソルヴェイグワンスインナムーンと先団を形成。中団からは、ナックビーナスクリスマスティーハーフスノードラゴントーキングドラム。2馬身ほど間が空いてメラグラーナレッツゴードンキバクシンテイオーフィエロヒルノデイバローと続いて最後方にレッドアリオンの態勢。前半の3F通過は33秒7(稍)の淀みない流れ、ラインスピリットシュウジが馬体を併せて直線コースに入ります。
 
ラインスピリットシュウジ、2頭の叩き合いに外から抜群の手応えでセイウンコウセイ、内からはレッドファルクスティーハーフが迫って激しい先頭争い、後方各馬はズラッと横に広がって追い出されます。残り200mを通過、ここで先頭は馬場の真ん中からセイウンコウセイ、2番手争いは内に固まってレッツゴードンキレッドファルクスティーハーフの3頭!残り100mを通過、ここでセイウンコウセイが力強い末脚でもうひと伸び!内の各馬との差を広げると最後は流しての完勝!初G1制覇を飾りました!1馬身1/4差の2着にレッツゴードンキ、そこからクビ差の3着にレッドファルクスが入っています。
 
公認プロ予想家ではスガダイプロ他9名が的中しています。
 
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 
☆☆☆注目プロ →kmプロ
勝負レースに指定した25(土)中山11R日経賞G2で『まだまだ完成は先だが、能力の高さは際立っている。前を行くゴールドアクターを目標に進められる今回は逆転のチャンスだ。』と本命に推した◎シャケトラ1着固定の3連単(◎△▲)を1000円的中させ、167万3100円の高額払い戻しを達成しました!週末トータル回収率1045%、収支プラス151万3100円をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →☆まんでがんプロ
25(土)中京12Rで単勝52.4倍の伏兵◎オヒアを本命に抜擢し、馬単11万5270円を900円的中!103万7430円の高額払い戻しとなりました!週末トータル回収率194%、収支プラス65万650円をマークしています。
  
☆☆☆注目プロ →馬っしぐらプロ
勝負レースに選んだ26(日)中山11RマーチステークスG3で◎インカンテーションディアデルレイアルタイルの印で単勝25.4倍、馬連107.6倍、3連複838.9倍を仕留め、10万2270円を払い戻しました!週末トータル286%、収支プラス12万2200円をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →甘粕代三プロ
26(日)ドバイ7Rドバイターフで『馬体も昨秋より大きく成長。心配された輸送も克服して当地到着後も順調の一言。このメンバーの中では戦績劣るが、力的には全く差はない。モレイラ騎乗で5馬身のアドバンテージ見込む。』と狙った◎ヴィヴロスからの馬連116.4倍を600円、3連単1627.1倍を200円的中させ、39万5260円を払い戻しました!

この他にもろいすプロ(149%)、シムーンプロ(123%)、スガダイプロ(117%)、河内一秀プロ(116%)、加藤拓プロ(102%)、ジョアプロ(101%)が回収率100%超の活躍を見せています。

※全レースの結果速報はこちら
 
来週も競馬プロ予想MAXにご期待ください!

[もっと見る]

2017年03月26日() 14:00 凄馬プロジェクトチーム
第258回『凄馬出馬表分析&馬券検討』〜高松宮記念 G1
閲覧 808ビュー コメント 0 ナイス 1

みなさんこんにちは!

本日は中京11R「高松宮記念 G1」の『凄馬出馬表』を分析したいと思います。

今回も「U指数」だけでなく、U指数のポイントに【調教評価】、【厩舎評価】、【斤量補正】を数値化し加算減算しU指数を補正することで「総合ポイント」を算出しました。
★「U指数」について詳しくはこちらをご覧ください→U指数についてページ

U指数1.0ポイントは約1馬身差にあたるので、これを目安に以下のような重み付けをしました。
【調教評価】は競馬エイトの調教評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「5」・・・「−1.0ポイント」
「6」・・・「±0.0ポイント」
「7」・・・「+1.0ポイント」
「8」・・・「+2.0ポイント」
【厩舎評価】は競馬エイトの厩舎コメントの評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「△」・・・「−1.0ポイント」
「○」・・・「±0.0ポイント」
「◎」・・・「+1.0ポイント」
【斤量補正】は1.0kg=「0.5ポイント」として以下の基準体重との差分に乗算しました。
「牡馬」・・・「57.0kg」
「牝馬」・・・「55.0kg」


上記の補正を行った『凄馬出馬表』(画像)をご覧ください。



第1グループ(橙)は、フィエロのみ1頭。
第2グループ(黄)は、レッツゴードンキから1.0ポイント差(約1馬身差)内のナックビーナスソルヴェイグスノードラゴンシュウジレッドファルクスまで6頭。
第3グループ(薄黄)はセイウンコウセイから1.0ポイント差(約1馬身差)内のメラグラーナヒルノデイバロークリスマスまで3頭となっていて、以下は第4G(灰)となっています。

凄馬出馬表を見渡すと、スプリント路線初参戦のフィエロが2位以下に少し差を付ける格好で、その下は10頭くらいが大混戦の状況。

勝ち馬に限っていえば、外国馬を除き前走でも上位人気に推されていた馬ばかリな印象の高松宮記念。そして雨の影響が危ぶまれ、昨年の超高速馬場とは(仮に雨量が少なくても)ちょっと異なる様相でレースを迎えることになりそうな状況。
そんなわけで今回私の本命は◎レッツゴードンキとしました。先述の前走上位人気というタイプが少ない中にあってこの馬はその条件をクリア。ビッグアーサーミッキーアイルらが抜けた混戦メンバーにあって、昨年の高松宮記念でマークした1分7秒4はその時計だけでも十分価値があるとみます。しかも当時直線での大きな不利と、嫌気がさした(?)鞍上とは対照的にそこからまた馬自身が勝手に進んでいくような伸びを見せ「あの不利が無かったら」と思わせるところまで追い上げた内容を含めて考えると今年はチャンスが大きいのではないでしょうか。昨秋以降、馬体を増やし続けながら成績が安定してきている点も好感。本格化したスプリンターとして、◎レッツゴードンキを春のスプリント王候補1番手に指名したいと思います。
○はソルヴェイグ。初の左回りさえこなせれば、馬券の軸としては鞍上込みで面白い存在。以前から阪神1400mと中京1200mにはリンクする傾向があると私はみているのですが、その点この馬に阪神1400mでの勝利経験があることは心強い材料と考えています。
▲にヒルノデイバロー。前走の阪急杯(2着)は勝ち馬に上手く乗られた格好でしたが外から迫ったこの馬も強い内容。阪急杯組からは前走でもそこそこ人気を集めて好走したこちらを上に取ります。
レッドファルクスは休み明けと順調さを欠いた中間に尽きると考えています。それでも、昨年のCBC賞で見せた競馬は強い内容だったと思いますし、鞍上を考えると軽視しづらいのも事実。前日オッズ1番人気は正直想定外ですが、上位評価妥当とみて4番手に据えます。
そして今回の私の馬券は、◎=○▲☆からの3複と馬単で勝負としたいと思います。

【3連複フォーメーション】
◎=○▲☆=印
3=7,13,15=2,4,7,12,13,14,15(15点)

【馬単流し】
◎→○▲☆
3→7,13,15(3点)

計18点

[もっと見る]

2017年03月24日(金) 15:00 山崎エリカ
【山崎エリカのG1ナビゲーション】〜2017高松宮記念〜
閲覧 1,750ビュー コメント 0 ナイス 1


中京芝1200mの高松宮記念は、逃げ馬の枠番がペースを決める!
__________________________

昨年の高松宮記念で上位のビッグアーサーの戦線離脱、ミッキーアイルの電撃引退により主役不在の高松宮記念。昨夏の北海道で台頭した新星4歳馬シュウジソルヴェイグもそれそれ前哨戦で1番人気、2番人気を裏切り、混戦の様相となりました。

 さらに、昨年のようにBコース替わりで、いきなり超高速馬場で決着タイムが1分06秒7のレコードタイムが飛び出したように、1分06秒差の決着まで高速化となれば、大波乱の可能性も…。


■2017春シーズン 『競馬プロ予想MAX』presents連載コラムについて詳しくはこちら
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=8644


 昨年は、大外18番からハクサンムーンを押して押して前に出して行った酒井騎手から「この1週間で馬場がガラっと変わってしまったので、大外枠は不利でしたね」、大外17番からヒルノデイバローで直線一気の競馬をした太宰騎手から「この時計の速い馬場では、外枠は厳しかったですね。先週は外が伸びていたんですが…」という端的なコメントが示すように、馬場高速化で外差し有利の前週から一転して、内枠有利となりました。

 昨年はそのことが予想するものを困らせ、後に競馬関係者の物議を醸しだしたほど。ただ、昨年は前週までは雨の影響を受けて、一度もパンパンの良馬場で行われていなかったことが盲点となり、さらにBコース使用で、馬場が恐ろしいほど高速化してしまったことも事実。今年の中京は、開催週から高速馬場なので、Bコース替わりでさらに高速馬場になったとしてもたかが知れているし、天気予報によると日曜日はひと雨降る可能性もあるとのこと。

 しかし、Bコース使用により、馬場の悪い内側が使われなくなるので、昨年のように先週は外差しが届いていても、今週は届かなくなる可能性も視野に入れなければなりません。先週日曜日の最終12レース(中京芝1400m)で、直線で内から外に進路を切り替えたオメガタックスマンの位置、内から5頭目くらいが一番伸びていたので、良馬場ならば、内枠有利の可能性もあると見ています。(オメガタックスマンは、苦しい展開になったわりに、もうひと伸び出来ている)

[もっと見る]

2017年03月24日(金) 11:00 夢月
【各馬の前走と妙味】〜2017高松宮記念〜
閲覧 1,480ビュー コメント 0 ナイス 1


中京芝1200m左回りで行われる高松宮記念
簡単にレースの特徴を説明したうえで出走馬の前走を踏まえた妙味について書いていきたいと思います。


■2017春シーズン 『競馬プロ予想MAX』presents連載コラムについて詳しくはこちら
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=8644


■レースの特徴■
基本的には非常にタフでスピードを持続させるのが難しいコースですが、そうさせているのは芝の繊細さによるものでとにかくダメージを受けやすいのが原因です。
天候次第では週単位でも馬場傾向が変わってしまうため、時計が出なくなってきたかどうかは常にチェックするべきでしょう。
また加速をつけやすいコース形態ゆえになかなか馬群がばらけてくれず不利を受けやすいので、枠を考慮してレースをイメージしてみるのも大切です。
予想する側にとっては腕の見せ所、馬達にとっては運が必要なそれなりに荒れやすいレースと言えるでしょう。


■前走の分析■

クリスマス
●前走オーシャンS G3 3着 (経由7頭)
ロスなく立ち回ってしぶとく伸びた。
人気薄になりそうだが地力が足りていないイメージはなく、見せ場があってもおかしくはない。
スピードを活かせる綺麗な馬場なら。

シュウジ
●前走阪急杯 G3 8着 (経由3頭)
終始折り合いを欠く競馬で惨敗。
元から前向きな馬ではあるが、あの様子を見せられた以上、距離短縮でパフォーマンスを上げてくるのは間違いないだろうし本質的にもこの距離が合う。
落ち着き具合が鍵なのでパドックを見てから取捨選択をしたいところ。

スノードラゴン
●前走オーシャンS G3 8着 (経由7頭)
直線やや窮屈になりながらもじわじわ伸びてなだれ込む。
距離を短くする度にパフォーマンスを上げており、やはり1200m向きの馬。
豪脚を活かせる中京で能力を出し切ってくれるだろう。
高齢馬だが時計の掛かる馬場ならまだまだ軽視できない存在。

[もっと見る]

2017年03月23日(木) 13:30 覆面ドクター・英
高松宮記念2017
閲覧 3,032ビュー コメント 0 ナイス 5

エアレーション&シャタリングで逃げ残りにくい馬場となり、逃げ馬大好きな私も、逃げ得意な松山騎手も、あとはパワー優先馬場でディープ産駒も大苦戦している現状ですが、恒例の全頭診断いってみたいと思います。高松宮記念ショウナンカンプ(逃げ不利と言われていた中での大楽勝)の単勝などでガッツリ稼いで初の一口馬主参入したゲンのいいレースでもあります。(現在母父などで活躍馬だしているが当時は不発だったサザンヘイロー産駒やタイキシャトルと4分の3同血でデビュー戦勝利するも故障して引退して種牡馬入りするも不発だった馬など3頭所持したのがいい思い出です。当時は藤澤和厩舎らしく、なかなか出走しないのでヤキモキしたものですが(笑))

1番人気想定 レッドファルクス 中京大得意でもあり、現在のこの路線の国内暫定チャンピオンというような感じでしょうか。父スウェプトオーヴァーボードがその父エンドスウィープに比べて低評価になりやすい地味血統だが母系もスティンガーの居る本格派で、海外帰りの休み明けも外厩全盛時代の社台Fの馬で調整ぬかりなし。当然有力。

2番人気想定 メラグラーナ 南半球産でまさに現在ピークの時期なんだろうし、なんせ吉田和美さん名義になっている社台Fが連れてくるマル外は将来繁殖牝馬としても含めて本当に当たり引いてくる。前走も凄味のある末脚で、これまた当然有力。

3番人気想定 レッツゴードンキ 昨年夏の北海道シリーズでの1200Mも秋のスプリンターズSもパッとしなかったように本質的にはスプリンターでなく1400〜1600向きタイプと考える。ミッキーアイルのように本質スプリンターでなくても結果出してしまったりもあるが、あそこまでの力は無いと思われ、人気サイドで消すならこの馬か。

4番人気想定 シュウジ 前走の凡走で人気落とすようならヒモと考えていたが、まだ人気になりそうで前走あんだけ掛かると騎手も思い切った騎乗しにくく消しが妥当か。

5番人気想定 ソルヴェイグ スプリンターズS3着は中山特有の巧くいきすぎた典型で、器用さがある証明でもあるのだが中京の差し比べで一線級とやる力無いとみる。消しの予定。

6番人気想定 セイウンコウセイ 地味だが力つけてきていて是非ヒモには加えたい一頭。

7番人気想定 フィエロ 中山1200なら要らないのだろうが中京1200なら多少距離不足でも補えるだけの本来の力が上な馬で一発あるならこの馬か。通常高齢になってくるとズブくなりスプリント力落ちてくるのだが。栗東坂路で49秒台まだ出せるように元気一杯。内田騎手も好調で楽しみな一頭。

8番人気想定 ヒルノデイバロー はじめ門別で走ったり、ダートで出世した後に芝路線に転向したりとかなり異色な経歴だが、末脚強烈でヒモに加えたい一頭。

9番人気想定 ナックビーナス ダイワメジャー産駒らしい弱い相手なら粘り強さで頑張り通すのだが、この相手だときつい。消し想定。

10番人気想定 ワンスインナムーン 上昇一途の状況でレッツゴードンキには差された前走だが流れと通った馬場の影響もあり、本番では人気ないこちらを狙いたい。

11番人気想定 トーキングドラム 内すくって勝った前走だが人気このくらい無いようならヒモに加えてもいいくらい高齢だが使っていなくて現在ピークの状況。

12番人気想定 スノードラゴン さすがにもう買えない状況。

13番人気想定 クリスマス 夏の北海道シリーズはまた出番ありそうだがここでは。

14番人気想定 ラインスピリット オープン特別くらいまでの実力。

15番人気想定 ティーハーフ 末脚も衰え買える要素無し。

16番人気想定 トウショウピストシーイズトウショウは早い馬だったが、器小さい。

17番人気想定 レッドアリオン 短距離でもう少しやれるかと思ったがダメな現況で。

18番人気想定 ナガラオリオン 初芝で鋭い差し脚を見せたがここではきついか。

19番人気想定 バクシンテイオー 人気ほどダメでないと思うがさすがにここでは。

<まとめ>
有力(軸はこの中から)・・・レッドファルクスメラグラーナフィエロ

ヒモ・・・セイウンコウセイヒルノデイバローワンスインナムーントーキングドラム

[もっと見る]

⇒もっと見る

ヒルノデイバローの口コミ


口コミ一覧
閲覧 27ビュー コメント 0 ナイス 3

土曜日に平安S・G靴あるが、先週も土曜に東京で

京王杯スプリングカップ・G兇あった。

良馬場ならヒルノデイバローが狙いと思っていたが

重馬場だったのでパスしたが、なんと逃げの手に出

て、逃げまくり結果は4着だった。

今回は13番人気だったが、次回良馬場でもう少し

人気になるだろうが、軸馬として期待かな。


メインテーマ:枠連(馬連)

2017年5月20日(土)二黒仏滅☆枠2・5・8馬番↓キ┃

11R(15:35)ダ1900
第24回平安S・G
時系列出目枠番6馬番
▼demedas
枠番★6☆8*8+6◆枠連6−8・6
馬番★А*Β’蕨↓А櫚Β。穫∧А櫚−



10R(15:00)ダ1200
シドニートロフィー
時系列出目枠番5馬番
▼demedas
枠番★8☆8*4+6
馬番★☆ぁ



12R(16:10)芝1800
オーストラリアトロフィー
時系列出目枠番6馬番
▼demedas
枠番★8☆6*4+6◆枠連8−6・4
馬番★☆Аぁ椨Β’蕨↓−ЛきΒ。穫∧−ぁ櫚


☆時系列出目1R〜9R
1R枠番2
2R枠番8・3
3R枠番1・5・6馬番↓
4R枠番1・6馬番´
5R枠番3・6馬番
6R枠番4・2馬番
7R枠番4馬番
8R枠番3
9R枠番7馬番


10R〜12Rの買い目は当日遅くとも13時までには、予想コロシアムにアップ!

 人参好 2017年05月13日() 14:39
京王杯
閲覧 28ビュー コメント 0 ナイス 1

今週は飲み会だらけまだ二日酔い中です

さて府中 雨で重
レースの印象は外がやや優位な感じですね。
今回スローが予想されそうで、内残りもありえそうでこれがどうでるか?

こういう馬場の巧拙だけを考えると

ヒルノデイバロー
 あまり向いてなさそう

ロサギガンティア
 1400で渋った馬場だと大崩れなし

キャンベルジュニア
 データ少なし不明

サトノアラジン
 上り36秒台と極端に渋る馬場でなければこなせそう
 重の鬼の可能性も

トーセンデューク
 多分向いてない 

ダンツプリウス
 ブライアンズタイムなのでこなせるはずも 上りがかなり掛かる方がよいのかも

ブラヴィッシモ
 距離と馬場は適性高そう

トウショウドラフタ
 中京2歳Sでは勝ちましたがトータル戦歴では得意な感じせず

グランシルク
 重い馬場は向くも距離もうちょっとあったほうがよいのでは

レッドファルクス
 1200ならこなす、1400だと渋った馬場きてない。これがどうでるか?
 
トーキングドラム
 こなせそう


クラレント
 適性離れていそう


ダッシングブレイズ
 重は得意

◎サトノアラジン
〇ブラビッシモ
▲ダンシングブレイズ
△トーキングドラム
xダンツプリウス
xロザギガンティア

[もっと見る]

 スペースマン 2017年05月13日() 01:44
京王杯スプリングカップ!何が、逃げるのか?気になる
閲覧 29ビュー コメント 0 ナイス 2

果たして、何が、逃げるのか?

本当の逃げ馬がいないから、難しいよな!

気になるのは、横山典が、1枠に入ったわけだ!

それだけで、買いたくなるよ!

横山典が、1枠に入った時は、よく来るからな〜!

もしかしたら、逃げるかもしれない?

ヒルノデイバローは、昔は、逃げていたからね!

横山典から、買いますわ!

人気無いな!しめしめ(^_^)v

[もっと見る]

ヒルノデイバローの掲示板

コメント投稿
コメント一覧
コメントはありません。

ヒルノデイバローの写真

ヒルノデイバロー

ヒルノデイバローの厩舎情報 VIP

2017年5月13日京王杯スプリングC G24着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

ヒルノデイバローの取材メモ VIP

2017年5月13日 京王杯スプリングC G2 4着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。