ヒルノデイバロー(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
ヒルノデイバロー
写真一覧
現役 牡6 黒鹿毛 2011年5月18日生
調教師昆貢(栗東)
馬主株式会社 ヒルノ
生産者カミイスタット
生産地新冠町
戦績25戦[4-5-3-13]
総賞金12,872万円
収得賞金3,070万円
英字表記Hiruno Devaro
血統 マンハッタンカフェ
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
サトルチェンジ
デック
血統 ][ 産駒 ]
Go for Gin
Locate
兄弟 マンハッタンスカイウインスカイハイ
前走 2017/10/08 夕刊フジ杯オパールS OP
次走予定

ヒルノデイバローの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
17/10/08 京都 11 オパールS OP 芝1200 1371026.592** 牡6 55.0 四位洋文昆貢524(0)1.07.5 0.032.8④④ソルヴェイグ
17/08/27 札幌 11 キーンランド G3 芝1200 134413.1812** 牡6 56.0 四位洋文昆貢524(+4)1.10.6 1.636.0⑫⑫エポワス
17/08/06 札幌 11 UHB賞 OP 芝1200 11336.652** 牡6 55.0 横山典弘昆貢520(-2)1.07.7 0.033.9イッテツ
17/05/13 東京 11 京王杯SC G2 芝1400 131181.0134** 牡6 56.0 横山典弘昆貢522(-6)1.23.6 0.434.6レッドファルクス
17/04/09 阪神 10 大―ハンC OP 芝1400 12565.026** 牡6 57.0 横山典弘昆貢528(-4)1.22.9 0.535.4⑤④エポワス
17/03/26 中京 11 高松宮記念 G1 芝1200 1871549.6911** 牡6 57.0 四位洋文昆貢532(+6)1.09.7 1.034.5⑮⑮セイウンコウセイ
17/02/26 阪神 11 阪急杯 G3 芝1400 124416.142** 牡6 56.0 古川吉洋昆貢526(+2)1.21.4 0.035.3⑦⑦トーキングドラム
17/01/29 京都 11 シルクロード G3 芝1200 134423.684** 牡6 54.0 四位洋文昆貢524(+2)1.08.1 0.333.3⑬⑫ダンスディレクター
17/01/07 京都 11 淀短距離S OP 芝1200 162414.766** 牡6 56.0 四位洋文昆貢522(+2)1.08.7 0.733.5⑭⑬セイウンコウセイ
16/12/24 阪神 11 阪神カップ G2 芝1400 16510251.91410** 牡5 57.0 四位洋文昆貢520(+10)1.22.7 0.835.2⑫⑫シュウジ
16/05/14 東京 11 京王杯SC G2 芝1400 162346.81212** 牡5 56.0 太宰啓介昆貢510(-4)1.20.5 0.933.5⑩⑨サトノアラジン
16/03/27 中京 11 高松宮記念 G1 芝1200 1881797.71512** 牡5 57.0 太宰啓介昆貢514(-6)1.07.6 0.933.7⑫⑫ビッグアーサー
16/02/28 阪神 11 阪急杯 G3 芝1400 182412.568** 牡5 56.0 四位洋文昆貢520(0)1.20.2 0.334.1⑬⑭ミッキーアイル
16/01/31 京都 11 シルクロード G3 芝1200 165923.177** 牡5 54.0 岩田康誠昆貢520(+2)1.08.6 0.732.6⑯⑯ダンスディレクター
16/01/10 京都 10 羅生門S 1600万下 ダ1400 138131.911** 牡5 57.0 古川吉洋昆貢518(+4)1.25.1 -0.036.1ラテンロック
15/12/26 阪神 10 妙見山S 1600万下 ダ1400 146103.022** 牡4 57.0 古川吉洋昆貢514(-4)1.23.3 0.235.8テーオーヘリオス
15/11/08 東京 10 銀嶺S 1600万下 ダ1400 168164.723** 牡4 57.0 石川裕紀昆貢518(+2)1.23.6 0.336.4アンズチャン
15/10/24 東京 10 秋嶺S 1600万下 ダ1600 1671415.953** 牡4 56.0 横山典弘昆貢516(+2)1.36.4 0.737.8モーニン
15/10/10 京都 11 平城京S 1600万下 ダ1800 12228.152** 牡4 55.0 四位洋文昆貢514(0)1.51.1 0.238.4イースターパレード
15/07/05 函館 10 檜山特別 1000万下 ダ1700 12792.811** 牡4 55.0 四位洋文昆貢514(-4)1.45.6 -0.038.3マヤノカデンツァ

⇒もっと見る


ヒルノデイバローの関連ニュース

 夕刊フジ杯オパールステークス(8日、京都11R、3歳上オープン(混)(特指)、ハンデ、芝・内1200メートル、1着本賞金2300万円=出走13頭)1番人気ソルヴェイグ(栗・鮫島、牝4、父ダイワメジャー)が1分7秒5(良)で逃げ切り、賞金不足でスプリンターズSを除外された無念を晴らした。14戦4勝。次走は未定。好位から伸びた9番人気ヒルノデイバローがクビ差の2着だった。

 ◆松山騎手(ソルヴェイグ1着) 「ソラを使う(気を抜く)と聞いていたので前に馬を置いて運びたかったんですが、スタートも良かったのでハナへ。楽なペースで行けましたし、しっかり勝ち上がってくれました」

 ◆四位騎手(ヒルノデイバロー2着) 「スタートを決めてスッと前に行けたし、外めのいいところを通って競馬ができたけどね」

 ◆浜中騎手(キングハート8着) 「勝ち馬を見て競馬をしたけど、ここまで上がりが速くなるとしんどいね」 

★8日京都11R「夕刊フジ賞オパールS」の着順&払戻金はこちら

【オパールS】ソルヴェイグが逃げ切り勝ち 2017年10月8日() 16:09

 10月8日の京都11R・夕刊フジ杯オパールS(3歳以上オープン、芝・内1200メートル、ハンデ)は、松山弘平騎手騎乗の1番人気ソルヴェイグ(牝4歳、栗東・鮫島一歩厩舎)が逃げ切り勝ち。賞金不足でスプリンターズSを除外された無念を晴らした。タイムは1分7秒5(良)。

 クビ差の2着には好位から伸びたヒルノデイバロー(9番人気)。さらに半馬身差遅れた3着は2頭が同着、イッテツ(6番人気)とラヴァーズポイント(12番人気)。

 夕刊フジ杯オパールSを勝ったソルヴェイグは、父ダイワメジャー、母アスドゥクール、母の父ジャングルポケットという血統。通算成績は14戦4勝。2016年フィリーズレビュー・GIIの勝ち馬で、前走のキーンランドC・GIIIで2着、2016年スプリンターズSで3着の重賞実績。次走は未定。

 ◆松山弘平騎手(1着 ソルヴェイグ)「ソラを使う(気を抜く)と聞いていたので前に馬を置いて運びたかったんですが、スタートも良かったのでハナへ。楽なペースで行けましたし、しっかり勝ち上がってくれました」

★8日京都11R「夕刊フジ賞オパールS」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【夕刊フジ杯オパールステークス】入線速報(京都競馬場)2017年10月8日() 15:35

京都11R・夕刊フジ杯オパールステークス(4回京都2日目 京都競馬場 芝・右1200m サラ系3歳以上オープン)は、1番手7番ソルヴェイグ(単勝2.3倍/1番人気)、2番手10番ヒルノデイバロー(単勝26.5倍/9番人気)で入線しています。

想定オッズは以下の通り。

馬連7-10(31.2倍) 馬単7-10(41.8倍)

更に詳しい情報はこちら→http://umanity.jp/racedata/race_8.php?code=2017100808040211
※着順・払戻金等の確定情報は、レース結果確定後にレース結果ページにてご覧頂けます。

(注=上記は確定前情報を含みます。成績、払戻金など正確な情報につきましては、必ず今後JRA(日本中央競馬会)から発表されるものと照合してください。)

[もっと見る]

【セントウルS】レース展望 2017年9月4日(月) 16:06

 秋競馬の足音を感じながら、開催は中山、阪神へと場所を移す。日曜阪神メインは第31回産経賞セントウルS(9月10日、GII、芝1200メートル)。サマースプリントシリーズ(全6戦)の最終戦で、夏の短距離王を目指す面々や、スプリンターズSを見据えて始動する実績馬などの快速馬がそろい、大激戦が期待される。

 安定感ではフィドゥーシア(栗東・松元茂樹厩舎、牝5歳)がナンバーワンだろう。3走前に春雷Sを勝つと、続く韋駄天Sを逃げ切ってオープン特別を連勝。前走のアイビスサマーダッシュは、ハイラップで逃げたぶん、最後に急襲されたが、抜群のダッシュ力を見せてクビ差2着に好走した。2002年スプリンターズS、03年高松宮記念を制したビリーヴを母に持つ良血が開花してきた感がある。1200メートルに限れば、今年2戦2勝。勝てばサマースプリントシリーズ優勝が決まるだけに、重賞初制覇でGIの舞台に弾みをつけたいところだ。

 ラインミーティア(美浦・水野貴広厩舎、牡7歳)の勢いも侮れない。前走のアイビスサマーダッシュで、中団から上がり最速の31秒6の末脚で重賞初制覇。格上挑戦の身ながら、抜群の決め手を繰り出した。活躍の中心は千直で、芝1200メートルでの勝利は14年7月までさかのぼるが、磨きがかかってきた末脚は、ここでも脅威。開幕週で先行有利が予想されるが、展開次第では重賞連勝もある。勝てば文句なしのサマースプリントシリーズVだが、2〜4着でも優勝の可能性があるだけに、勝負気配が漂う一頭だ。



 ダンスディレクター(栗東・笹田和秀厩舎、牡7歳)も、雪辱に向けて態勢を整えてきている。前走はシルクロードSを連覇。高松宮記念にはずみをつけたかに見えたが、左第1指骨剥離骨折を発症して休養の憂き目に遭った。今回は7カ月半ぶりの実戦となるが、入念に乗り込みを消化。笹田和秀調教師は「休養前と変わらず、いい雰囲気で挑めそう。回数を使っていないから、7歳でも馬は若い。むしろ落ち着きが出てきたのは好材料」と成長も感じ取っている。前走の2着馬セイウンコウセイが続く高松宮記念を制したことからも、地力上位は確か。昨年7着のリベンジも含め、復帰戦に注目だ。

 メラグラーナ(栗東・池添学厩舎、牝5歳)は、3走前に夕刊フジ賞オーシャンSで初タイトルを獲得した。一気の頂点取りを目指した高松宮記念は10着、続くCBC賞も10着に敗れたが、池添学調教師は「敗因はよく分からないけど、もまれ弱く、キックバック(芝の跳ね返り)を嫌う」と分析し、1週前追い切りでは3頭併せの真ん中で集中力を持続させるなど、調教を工夫している。右回りの芝1200メートルは5戦3勝、2着1回だけに、巻き返す可能性は十分にあるだろう。

 スノードラゴン(美浦・高木登厩舎、牡9歳)は、今回のメンバーで唯一のGI馬。高松宮記念7着、前走のCBC賞も0秒3差5着と、9歳となった今年も堅実な末脚を誇示している。昨年のセントウルSも0秒3差5着に好走しており、ペースが速くなれば上位争いに加わってきそうだ。

 ファインニードル(栗東・高橋義忠厩舎、牡4歳)は、オープン再昇級初戦の北九州記念で0秒2差の5着に善戦。着実に力をつけてきた印象だ。阪神芝1200メートルは【2・1・0・0】と得意にしている。条件替わりは大歓迎。使われている強みとコース適性を考えると、実績馬相手でも見劣りはしない。

 アルティマブラッド(栗東・音無秀孝厩舎、牝5歳)は前走の北九州記念で0秒3差(6着)に好走。3走前に春雷Sで勝ち馬フィドゥーシアとタイム差なしの3着があり、力関係を思えばここでも上位の見立てができる。母アルティマトゥーレは5歳時の09年にセントウルSで重賞初制覇。母と同時期で成熟を迎えつつある今なら、初タイトル奪取もありそうだ。

 その他、今年の阪急杯2着のヒルノデイバロー(栗東・昆貢厩舎、牡6歳)、昨年3着のラヴァーズポイント(栗東・高橋康之厩舎、牝7歳)など、重賞実績馬も上位をうかがう。

産経賞セントウルSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【産経賞セントウルステークス】特別登録馬2017年9月3日() 17:30

[もっと見る]

【キーンランド】レースを終えて…関係者談話2017年8月28日(月) 05:03

 ◆杉浦師(ナックビーナス3着) 「去年と比べても状態は悪くなかった。これくらいは走れる馬」

 ◆勝浦騎手(フミノムーン4着) 「久しぶりに乗ったけど、落ち着いていた。立ち回りひとつだと思う。馬も良くなっている」

 ◆内田騎手(ライトフェアリー5着) 「一瞬伸びそうだった。速い流れを経験できたのはプラス」

 ◆戸崎騎手(モンドキャンノ6着) 「(勝負どころで)外にいったところから外にもたれ始めた。我慢して、直線で勝負してもよかったのかもしれない」

 ◆Mデムーロ騎手(メイソンジュニア7着) 「イレ込んでいた。直線で向かい風が強くて、すぐに止まってしまった」

 ◆中野省騎手(ネロ8着) 「リズム良く運べなかった。馬の力を出し切ってあげられなかった」

 ◆藤岡佑騎手(イッテツ9着) 「初速で遅れてハナをたたかれた。結果的に内(枠)が良くなかった」

 ◆田辺騎手(ノボバカラ10着) 「脚をためていこうと思ったけど、芝の短距離の流れでは厳しい」

 ◆三浦騎手(ブランボヌール11着) 「馬場のいい外を選んで走れた。雰囲気は良かったけど、4コーナーで手応えがなくなった(※鼻出血を発症)」

 ◆四位騎手(ヒルノデイバロー12着) 「内側が掘れているから、脚を取られて追走に苦労した」

 ◆モレイラ騎手(シュウジ13着) 「いいスタートで、道中もスムーズ。残り600メートルで仕掛けたけど、反応してくれなかった」



★27日札幌11R「キーンランドC」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

⇒もっと見る

ヒルノデイバローの関連コラム

閲覧 688ビュー コメント 0 ナイス 2



8月27日(日)に行われました札幌11Rの「キーンランドカップ G3」です。

レース結果(着順)の凄馬出馬表(画像)をご覧ください。



1着:総合ポイント【5位】△エポワス(21.2倍)
2着:総合ポイント【3位】▲ソルヴェイグ(4.7倍)
3着:総合ポイント【1位】☆ナックビーナス(9.4倍)

第2グループ・総合ポイント5位のエポワスが1着、第1グループ・総合ポイント3位のソルヴェイグが2着、第1グループ・総合ポイント1位のナックビーナスが3着という結果でした。

ヒルノデイバローは、終始手応えが怪しく後方からなす術なく12着敗退。やはり前走のようにある程度の位置取りから押し上げていけなかったことが響いたでしょうか。対照的に、◎同様結構気のあった☆ナックビーナスは、前走で◎に騎乗していた横山典騎手に乗り替わって積極的な競馬で3着と、またまたセンスのないチョイスとなってしまいました......。確かに、この乗り替わりは気にはなっていたんですがねぇ。
一方、凄馬出馬表的には、久しぶりに上位同士で決まってくれて、こちらは上位5頭BOXで3複153倍が的中できた格好となっています(^^)/


【3複フォーメーション】
◎=○▲=印
4=2,11=1,2,3,6,7,8,9,10,11,13

計17点 払い戻し0円


登録済みの方はこちらからログイン

2017年8月27日() 14:00 凄馬プロジェクトチーム
第289回『凄馬出馬表分析&馬券検討』〜キーンランドカップ G3
閲覧 597ビュー コメント 0 ナイス 3



みなさんこんにちは!

本日は札幌11R「キーンランドカップ G3」の『凄馬出馬表』を分析したいと思います。

今回も「U指数」だけでなく、U指数のポイントに【調教評価】、【厩舎評価】、【斤量補正】を数値化し加算減算しU指数を補正することで「総合ポイント」を算出しました。
★「U指数」について詳しくはこちらをご覧ください→U指数についてページ

U指数1.0ポイントは約1馬身差にあたるので、これを目安に以下のような重み付けをしました。
【調教評価】は競馬エイトの調教評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「5」・・・「−1.0ポイント」
「6」・・・「±0.0ポイント」
「7」・・・「+1.0ポイント」
「8」・・・「+2.0ポイント」
【厩舎評価】競馬エイトの厩舎コメントの評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「△」・・・「−1.0ポイント」
「○」・・・「±0.0ポイント」
「◎」・・・「+1.0ポイント」
【斤量補正】は1.0kg=「0.5ポイント」として以下の基準体重との差分に乗算しました。
「牡馬」・・・「57.0kg」
「牝馬」・・・「55.0kg」


上記の補正を行った『凄馬出馬表』(画像)をご覧ください。




第1グループ(橙)は、ナックビーナスから1.0ポイント差(約1馬身差)内のヒルノデイバローソルヴェイグネロまでの4頭。
第2グループ(黄)は、ノボバカラから1.0ポイント差(約1馬身差)内のエポワスイッテツまで3頭。
第3グループ(薄黄)は、シュウジから同差内のメイソンジュニアブランボヌールフミノムーンまで4頭となっていて、以下は第4G(灰)となっています。

凄馬出馬表を見渡すと、上位7頭までが僅差で続く上位拮抗の配置となっています。

そんななか今回の私の本命は◎ヒルノデイバローとしました。
同年重賞好走または同年北海道開催での準OP勝ち経験のある馬たちが、過去の好走馬の多数を占めるこのレース。今年は有力どころに順調さを欠いた臨戦過程の馬が多く、当てはまらない馬のほうが多数派の顔ぶれとなっています。しかもそれらの馬たちに人気が集まっている印象ですので、好材料と捉えて傾向通り狙ってみたいと考えました(傾向を覆される危険性という予感もしなくもないのですが^^;)。今年重賞で好走歴のあるエポワスナックビーナスヒルノデイバローメイソンジュニアの4頭に、前走UHB賞勝ちのイッテツの5択ということになりましたが、その中から冒頭に挙げた総合2位評価の◎ヒルノデイバローを中心視しました。休み明けの前走は、4角を手応えよく回って勝ちに等しい競馬で指数的にも上々の2着。2戦目の上昇度と、その他総合評価上位馬たちが休み明けやひと息の近況から2位評価のこの馬の逆転に期待しました。
以下、札幌では未だ馬券外なしの○イッテツ、このレースでは外せない印象の人気の牝馬▲ソルヴェイグといったところを上位評価し、今回の私の馬券は、◎から○▲への3複で勝負とします。
穴では☆ナックビーナスに期待。前走の高松宮記念は、G1初挑戦で外枠17番枠からと厳しいなか大外を回って最後までしぶとく伸びて8着。内枠&内を通った馬決着となったことを思えば悪くない内容でしたし落鉄もあった様子。今回休み明けですが、2走前のオーシャンSでマークした指数、昨年のキーンランドCでの指数からもここで一発があっても......。


【3複フォーメーション】
◎=○▲=印
4=2,11=1,2,3,6,7,8,9,10,11,13(17点)

[もっと見る]

2017年5月13日() 14:00 凄馬プロジェクトチーム
第271回『凄馬出馬表分析&馬券検討』〜京王杯スプリングカップ G2
閲覧 967ビュー コメント 0 ナイス 2



みなさんこんにちは!

本日は東京11R「京王杯スプリングカップ G2」の『凄馬出馬表』を分析したいと思います。

今回も「U指数」だけでなく、U指数のポイントに【調教評価】、【厩舎評価】、【斤量補正】を数値化し加算減算しU指数を補正することで「総合ポイント」を算出しました。
★「U指数」について詳しくはこちらをご覧ください→U指数についてページ

U指数1.0ポイントは約1馬身差にあたるので、これを目安に以下のような重み付けをしました。
【調教評価】は競馬エイトの調教評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「5」・・・「−1.0ポイント」
「6」・・・「±0.0ポイント」
「7」・・・「+1.0ポイント」
「8」・・・「+2.0ポイント」
【厩舎評価】は競馬エイトの厩舎コメントの評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「△」・・・「−1.0ポイント」
「○」・・・「±0.0ポイント」
「◎」・・・「+1.0ポイント」
【斤量補正】は1.0kg=「0.5ポイント」として以下の基準体重との差分に乗算しました。
「牡馬」・・・「57.0kg」
「牝馬」・・・「55.0kg」


上記の補正を行った『凄馬出馬表』(画像)をご覧ください。



第1グループ(橙)は、サトノアラジン1頭。
第2グループ(黄)は、グランシルクダッシングブレイズまでの4頭。
第3グループ(薄黄)はクラレントヒルノデイバローまでの3頭となっていて、以下は第4G(灰)となっています。

凄馬出馬表をご覧頂くと上位ではサトノアラジングランシルク間に2.5の溝があります。この他では大きな溝が生まれていませんので、凄馬出馬表的にはサトノアラジンが抜けた存在と言えるかもしれません。

私の本命は◎ダッシングブレイズとしたいと思います。今年の京王杯はレース中も降雨が予想され、馬場適性がかなり重要なポイント。ダッシングブレイズは馬場の悪化した2戦でともに上り最速で楽勝、サドラー系の父らしく相当な重巧者と思います。凄馬出馬表でも第2グループに属していますし、このメンバーでも勝負になるはずです。以下、○グランシルク、▲トウショウドラフタ、△レッドファルクスキャンベルジュニアサトノアラジンと印を打ちます。

【馬連流し】
13

3,4,8.9,10

【3連複流し】
13

3,4,8.9,10

計15点

[もっと見る]

2017年3月30日(木) 16:30 競馬プロ予想MAX
先週の回顧〜(3/25〜3/26)kmプロ・☆まんでがんプロが100万超の高額払い戻しを記録!
閲覧 839ビュー コメント 0 ナイス 5

先週は、26(日)に中京競馬場でG1高松宮記念が行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
G1高松宮記念は1番人気がレッドファルクスで3.6倍、2番人気がレッツゴードンキで5.1倍、以下メラグラーナ5.3倍、シュウジ6.2倍、セイウンコウセイ8.7倍とここまでが10倍を切る形で上位人気を形成しました。
 
注目のスタートは抜群のダッシュを決めたセイウンコウセイシュウジがハナを伺いますが、内から押して押してラインスピリットが先頭に立ちます。先頭はラインスピリットでリードは1馬身、2番手にシュウジ、続いてトウショウピストセイウンコウセイレッドファルクスソルヴェイグワンスインナムーンと先団を形成。中団からは、ナックビーナスクリスマスティーハーフスノードラゴントーキングドラム。2馬身ほど間が空いてメラグラーナレッツゴードンキバクシンテイオーフィエロヒルノデイバローと続いて最後方にレッドアリオンの態勢。前半の3F通過は33秒7(稍)の淀みない流れ、ラインスピリットシュウジが馬体を併せて直線コースに入ります。
 
ラインスピリットシュウジ、2頭の叩き合いに外から抜群の手応えでセイウンコウセイ、内からはレッドファルクスティーハーフが迫って激しい先頭争い、後方各馬はズラッと横に広がって追い出されます。残り200mを通過、ここで先頭は馬場の真ん中からセイウンコウセイ、2番手争いは内に固まってレッツゴードンキレッドファルクスティーハーフの3頭!残り100mを通過、ここでセイウンコウセイが力強い末脚でもうひと伸び!内の各馬との差を広げると最後は流しての完勝!初G1制覇を飾りました!1馬身1/4差の2着にレッツゴードンキ、そこからクビ差の3着にレッドファルクスが入っています。
 
公認プロ予想家ではスガダイプロ他9名が的中しています。
 
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 
☆☆☆注目プロ →kmプロ
勝負レースに指定した25(土)中山11R日経賞G2で『まだまだ完成は先だが、能力の高さは際立っている。前を行くゴールドアクターを目標に進められる今回は逆転のチャンスだ。』と本命に推した◎シャケトラ1着固定の3連単(◎△▲)を1000円的中させ、167万3100円の高額払い戻しを達成しました!週末トータル回収率1045%、収支プラス151万3100円をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →☆まんでがんプロ
25(土)中京12Rで単勝52.4倍の伏兵◎オヒアを本命に抜擢し、馬単11万5270円を900円的中!103万7430円の高額払い戻しとなりました!週末トータル回収率194%、収支プラス65万650円をマークしています。
  
☆☆☆注目プロ →馬っしぐらプロ
勝負レースに選んだ26(日)中山11RマーチステークスG3で◎インカンテーションディアデルレイアルタイルの印で単勝25.4倍、馬連107.6倍、3連複838.9倍を仕留め、10万2270円を払い戻しました!週末トータル286%、収支プラス12万2200円をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →甘粕代三プロ
26(日)ドバイ7Rドバイターフで『馬体も昨秋より大きく成長。心配された輸送も克服して当地到着後も順調の一言。このメンバーの中では戦績劣るが、力的には全く差はない。モレイラ騎乗で5馬身のアドバンテージ見込む。』と狙った◎ヴィヴロスからの馬連116.4倍を600円、3連単1627.1倍を200円的中させ、39万5260円を払い戻しました!

この他にもろいすプロ(149%)、シムーンプロ(123%)、スガダイプロ(117%)、河内一秀プロ(116%)、加藤拓プロ(102%)、ジョアプロ(101%)が回収率100%超の活躍を見せています。

※全レースの結果速報はこちら
 
来週も競馬プロ予想MAXにご期待ください!

[もっと見る]

2017年3月26日() 14:00 凄馬プロジェクトチーム
第258回『凄馬出馬表分析&馬券検討』〜高松宮記念 G1
閲覧 886ビュー コメント 0 ナイス 1

みなさんこんにちは!

本日は中京11R「高松宮記念 G1」の『凄馬出馬表』を分析したいと思います。

今回も「U指数」だけでなく、U指数のポイントに【調教評価】、【厩舎評価】、【斤量補正】を数値化し加算減算しU指数を補正することで「総合ポイント」を算出しました。
★「U指数」について詳しくはこちらをご覧ください→U指数についてページ

U指数1.0ポイントは約1馬身差にあたるので、これを目安に以下のような重み付けをしました。
【調教評価】は競馬エイトの調教評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「5」・・・「−1.0ポイント」
「6」・・・「±0.0ポイント」
「7」・・・「+1.0ポイント」
「8」・・・「+2.0ポイント」
【厩舎評価】は競馬エイトの厩舎コメントの評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「△」・・・「−1.0ポイント」
「○」・・・「±0.0ポイント」
「◎」・・・「+1.0ポイント」
【斤量補正】は1.0kg=「0.5ポイント」として以下の基準体重との差分に乗算しました。
「牡馬」・・・「57.0kg」
「牝馬」・・・「55.0kg」


上記の補正を行った『凄馬出馬表』(画像)をご覧ください。



第1グループ(橙)は、フィエロのみ1頭。
第2グループ(黄)は、レッツゴードンキから1.0ポイント差(約1馬身差)内のナックビーナスソルヴェイグスノードラゴンシュウジレッドファルクスまで6頭。
第3グループ(薄黄)はセイウンコウセイから1.0ポイント差(約1馬身差)内のメラグラーナヒルノデイバロークリスマスまで3頭となっていて、以下は第4G(灰)となっています。

凄馬出馬表を見渡すと、スプリント路線初参戦のフィエロが2位以下に少し差を付ける格好で、その下は10頭くらいが大混戦の状況。

勝ち馬に限っていえば、外国馬を除き前走でも上位人気に推されていた馬ばかリな印象の高松宮記念。そして雨の影響が危ぶまれ、昨年の超高速馬場とは(仮に雨量が少なくても)ちょっと異なる様相でレースを迎えることになりそうな状況。
そんなわけで今回私の本命は◎レッツゴードンキとしました。先述の前走上位人気というタイプが少ない中にあってこの馬はその条件をクリア。ビッグアーサーミッキーアイルらが抜けた混戦メンバーにあって、昨年の高松宮記念でマークした1分7秒4はその時計だけでも十分価値があるとみます。しかも当時直線での大きな不利と、嫌気がさした(?)鞍上とは対照的にそこからまた馬自身が勝手に進んでいくような伸びを見せ「あの不利が無かったら」と思わせるところまで追い上げた内容を含めて考えると今年はチャンスが大きいのではないでしょうか。昨秋以降、馬体を増やし続けながら成績が安定してきている点も好感。本格化したスプリンターとして、◎レッツゴードンキを春のスプリント王候補1番手に指名したいと思います。
○はソルヴェイグ。初の左回りさえこなせれば、馬券の軸としては鞍上込みで面白い存在。以前から阪神1400mと中京1200mにはリンクする傾向があると私はみているのですが、その点この馬に阪神1400mでの勝利経験があることは心強い材料と考えています。
▲にヒルノデイバロー。前走の阪急杯(2着)は勝ち馬に上手く乗られた格好でしたが外から迫ったこの馬も強い内容。阪急杯組からは前走でもそこそこ人気を集めて好走したこちらを上に取ります。
レッドファルクスは休み明けと順調さを欠いた中間に尽きると考えています。それでも、昨年のCBC賞で見せた競馬は強い内容だったと思いますし、鞍上を考えると軽視しづらいのも事実。前日オッズ1番人気は正直想定外ですが、上位評価妥当とみて4番手に据えます。
そして今回の私の馬券は、◎=○▲☆からの3複と馬単で勝負としたいと思います。

【3連複フォーメーション】
◎=○▲☆=印
3=7,13,15=2,4,7,12,13,14,15(15点)

【馬単流し】
◎→○▲☆
3→7,13,15(3点)

計18点

[もっと見る]

2017年3月24日(金) 15:00 山崎エリカ
【山崎エリカのG1ナビゲーション】〜2017高松宮記念〜
閲覧 1,868ビュー コメント 0 ナイス 2


中京芝1200mの高松宮記念は、逃げ馬の枠番がペースを決める!
__________________________

昨年の高松宮記念で上位のビッグアーサーの戦線離脱、ミッキーアイルの電撃引退により主役不在の高松宮記念。昨夏の北海道で台頭した新星4歳馬シュウジソルヴェイグもそれそれ前哨戦で1番人気、2番人気を裏切り、混戦の様相となりました。

 さらに、昨年のようにBコース替わりで、いきなり超高速馬場で決着タイムが1分06秒7のレコードタイムが飛び出したように、1分06秒差の決着まで高速化となれば、大波乱の可能性も…。


■2017春シーズン 『競馬プロ予想MAX』presents連載コラムについて詳しくはこちら
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=8644


 昨年は、大外18番からハクサンムーンを押して押して前に出して行った酒井騎手から「この1週間で馬場がガラっと変わってしまったので、大外枠は不利でしたね」、大外17番からヒルノデイバローで直線一気の競馬をした太宰騎手から「この時計の速い馬場では、外枠は厳しかったですね。先週は外が伸びていたんですが…」という端的なコメントが示すように、馬場高速化で外差し有利の前週から一転して、内枠有利となりました。

 昨年はそのことが予想するものを困らせ、後に競馬関係者の物議を醸しだしたほど。ただ、昨年は前週までは雨の影響を受けて、一度もパンパンの良馬場で行われていなかったことが盲点となり、さらにBコース使用で、馬場が恐ろしいほど高速化してしまったことも事実。今年の中京は、開催週から高速馬場なので、Bコース替わりでさらに高速馬場になったとしてもたかが知れているし、天気予報によると日曜日はひと雨降る可能性もあるとのこと。

 しかし、Bコース使用により、馬場の悪い内側が使われなくなるので、昨年のように先週は外差しが届いていても、今週は届かなくなる可能性も視野に入れなければなりません。先週日曜日の最終12レース(中京芝1400m)で、直線で内から外に進路を切り替えたオメガタックスマンの位置、内から5頭目くらいが一番伸びていたので、良馬場ならば、内枠有利の可能性もあると見ています。(オメガタックスマンは、苦しい展開になったわりに、もうひと伸び出来ている)

[もっと見る]

⇒もっと見る

ヒルノデイバローの口コミ


口コミ一覧
閲覧 27ビュー コメント 0 ナイス 2

それでは、時系列に沿って感想書いていきましょう。


--------------------------------------------------------------------------------

☆サウジアラビアRCの結果☆
1着ダノンプレミアム
2着ステルヴィオ
3着カーボナード

収支は−3000Pでした。
宣言通り、単勝 14(テンクウ)を買いましたがハズレ・・・。
メンバー中2位の上がり3Fで頑張って追い上げてはきてたんですけどね〜。

ひとことメモ
1着ダノンプレミアム
稍重馬場とは思えない速い時計が出る馬場だったのはあるんですけど、前半4F46.1のペースを2番手で競馬して、上がり3F34.4でまとめて2着に0.3差つけて1着。
内容の濃い勝ちっぷりで次走以降楽しみな馬です。


--------------------------------------------------------------------------------

☆オパールSの結果☆
1着ソルヴェイグ
2着ヒルノデイバロー
3着イッテツ

収支は−3000Pでした。
宣言通り、単勝 13(キングハート)を買いましたがハズレ・・・。
思った以上に伸びてなかったけど、状態面があまりよくなかったのかな〜?

ひとことメモ
1着ソルヴェイグ
最後かなり詰め寄られたけど、前半3F34.3という1200mにしては楽なペースで逃げれたのもあって、上がり3F33.2で押し切りました。
重賞〜GIを主戦場にしてる馬なんでOP特別では負けられませんね。


--------------------------------------------------------------------------------

☆毎日王冠の結果☆
1着リアルスティール
2着サトノアラジン
3着グレーターロンドン

収支は−3000Pでした。
宣言通り、単勝 4(アストラエンブレム)を買いましたがハズレ・・・。
先行してくれるのを期待して馬券買ったら、TVから「アストラエンブレムは今回後方からの競馬させる」って音声が聞こえてきて失神しそうになりましたが、出遅れてたんで結局は陣営の作戦がどうであれ後方からの競馬でしたね。

ひとことメモ
1着リアルスティール
1600〜2000mぐらいでは安定して強いし、1800mのドバイターフを勝ってるぐらいなんで距離はベストに近かったとは思いますけど、
中山記念以来の7ヶ月ぶり、レースの上がり3F33.5という先行勢有利な流れにもかかわらず、よく差し切りましたね〜。
この秋も1600〜2000mぐらいで活躍楽しみです。

2着サトノアラジン
3着グレーターロンドン
先行勢有利な流れにもかかわらず、メンバー中最速タイの上がり3Fで2・3着まで詰めてきたのはさすがでしたし、この2頭も秋のGI戦線でかなり楽しみです。
終わってみれば、1・2・3着をディープインパクト産駒が独占でしたね。

6着マカヒキ
休み明けとはいえ、もうちょっと頑張ってほしかったかな〜ってとこはありますが、
去年のダービー馬ですからね〜。秋GIでの活躍を期待したいです。

8着ソウルスターリング
休み明けとはいえ、53kgで先行馬有利の流れならもっと見せ場作れるかな〜と思ってたんですが・・・。
あまり瞬発力勝負になりすぎない方がいいのかな〜?
この休み明けの1戦だけでは何とも言えないんで、次走以降の巻き返しに期待したいです。


--------------------------------------------------------------------------------

☆京都大賞典の結果☆
1着スマートレイアー
2着トーセンバジル
3着シュヴァルグラン

収支は+5600Pでした。
宣言通り、単勝 4(スマートレイアー)、ワイド 2−4を買ったら、単勝8.6倍を当てましたが・・・。
ぼくは、スマートレイアーが好位から抜け出すと思って買ってたんで、後方から突き抜けてくるなんて予想外すぎて驚きましたよ〜。
これが数学の文章問題だったら、答え合ってるけど途中の式が間違ってるから不正解ですが、競馬は答えさえあってれば予想が的外れでも正解にしてくれるんで優しいです。

ひとことメモ
1着スマートレイアー
7歳牝馬で京都大賞典を勝つこの馬がすごいのか、7歳牝馬に差し切られちゃう他の馬達が情けないのか、いろんな見方あるかもですが、
7歳牝馬で牡馬混合のGII勝つってやっぱりすごい馬ですよ〜。
今までGI勝ってないのが不思議な馬ですが、引退するまでになんとかGI勝ってほしい1頭です。

2着トーセンバジル
後方から大外ぶん回す競馬かな〜と思ってたんですが・・・
好位のインで競馬して抜け出してくる岩田が京都外回りでよくやってる必殺技が炸裂でした。
この馬は、いいもの持ってるけど不器用すぎるのが難点だったんですが、常にこういう競馬ができるようになったら大きいところでも楽しみあるかも?

3着シュヴァルグラン
このメンバー相手なら、しっかりと勝ってほしい馬ではありますけど、
後方から競馬してコースロスもありながらの0.1差3着なのを考えたら、力のある所は見せてくれたかな。


--------------------------------------------------------------------------------

☆グリーンチャンネルCの結果☆
1着サンライズノヴァ
2着ラインシュナイダー
3着ラストダンサー

収支は−3000Pでした。
宣言通り、馬連 5−6・8・9を買いましたがハズレ・・・。
ウインムートがすんなり勝ってくれるかな〜?と思ってたんですが、踏ん張り切れず5着に負けちゃいましたね。

ひとことメモ
1着サンライズノヴァ
後方からの競馬でしたが、メンバー中最速の上がり3F34.7で突き抜けました。
距離短縮がよかったのか、斤量の恩恵があったからか、OP特別で相手が楽だったのかはわからないけど、3歳馬でこれからの馬なんで楽しみです。


--------------------------------------------------------------------------------
☆複勝ころがし企画(日曜日分)☆
グリーンチャンネルC ウインムート・・・5着

ここは悪くても馬券圏内にはくると思ったんですけどね〜。
1回ダ1200mでも見てみたいです。


投資1000Pが0Pになっちゃいました。



--------------------------------------------------------------------------------
☆ブログ企画の参加者大歓迎!!☆
・超おいしい単勝選手権
・複勝ころがし大会
・2歳新馬戦予想対決


どの企画も、
枠順発表からレースの発走予定時間の1分前までの間、指名馬を受け付けております。

ルールの詳細や指名馬の書き方は、左側のメニュー欄のルールのリンクをご覧ください。
指名馬の書き込みは、コメント欄でも投票所でもどこに書いてくださってもOKです。

参加者は誰でも大歓迎ですし、気が向いた時だけの参加も全然OKな自由すぎる環境なので、常連の方も初めての方もお気軽にご参加ください。

※このブログは、ぼくの本家ブログ「やすの競馬総合病院」のバックアップ用として内容を転載しているだけなので、ブログ上の買い目、ブログ上の年間の収支、複勝ころがしなど、いろいろな記録については、このブログの転載元である、ぼくの本家ブログ「やすの競馬総合病院」に書いてあるので、よろしかったらご覧く ださい。

アドレスは、http://blog.livedoor.jp/yasu05impact/です。
ツイッターは、https://twitter.com/yasukeibasougouです。

また、コメントなども本家ブログの方に書いていただけると返事が書きやすいのでありがたいです。


--------------------------------------------------------------------------------
☆おまけ☆
南部杯はカフジテイクからの馬単を買って撃沈しましたが、
3日間競馬+地方交流GIはボリュームありすぎて満腹でした。

PAT口座の方は満腹どころか栄養失調寸前の激やせ状態です(笑)

 浪花のクマ 2017年9月4日(月) 20:33
セントウルS・登録馬と展望
閲覧 154ビュー コメント 0 ナイス 7


先週の結果
小倉2歳S・・◎5番人気2着
札幌2歳S・・◎4番人気2着


夏のローカル競馬が終わった途端、関西にも
秋の気配が感じるようになりました。
今週から2場開催になります。ゆったり競馬を
楽しめそうです。

前走アイビスSDで惜しい2着のフィドゥーシア
芝の1200以下では大崩れはない、ソロソロか・・

前走、北九州記念は直線で前が・・まともなら
勝ち負けに・・ファインニードル、3連続ミルコ
騎乗なら勝算あり・・

宮記念、CBC賞と大きく人気を裏切った、メラ
グラーナ、叩き2走目で巻き返す・・

前走、シルクロードS連覇のダンスディレクター
骨折明けだが、好気配、割引は不要かも・・

9歳馬ながら衰え知らず、スノードラゴン、G1
馬の力は侮れない・・

アイビスSDで初重賞勝ちのラインミーティア
末脚健在で1200でも今の勢いなら・・

他にも一発大駆けが、ありそうな古馬陣が
多数登録楽しみです!・・

セントウルS登録馬と騎乗予定騎手
フィドゥーシア (石橋)
ファインニードル (Mデムーロ)
メラグラーナ (戸崎)
ダンスディレクター (浜中)
スノードラゴン (大野)
ミッキーラブソング (和田)
ラインミーティア (西田)
アルティマブラッド (藤岡康)
ヒルノデイバロー (四位)
アドマイヤゴッド (北村友)
ラヴァーズポイント (川須)
プレイズエターナル (池添)
ナガラオリオン (−)
ツィンクルソード (小牧)
ワキノブレイブ (−)
ミッキージョイ (−)
除外対象馬
ワキノヒビキ

[もっと見る]

 ムーンホーセズネック 2017年9月4日(月) 14:25
競馬検討 セントウルステークス
閲覧 50ビュー コメント 0 ナイス 8

セントウルステークス

スプリンターズステークストライアル

アドマイヤゴッド 圏内も

アルティマブラッド 再度

スノードラゴン 往年の力?

ダンスディレクター 圏内も

ツィンクルソード 再度

ナガラオリオン さて?

ヒルノデイバロー 再度

ファインニードル 圏内も

フィドゥーシア 有力

プレイズエタノーナル さて?

ミッキージョイ ここでは?

メラグラーナ 不振で

ラインミーティア 圏内も

ラヴァーズポイント さて?

ワキノヒビキ さて?

ワキノブレイブ さて?

フィドゥーシアか? 

[もっと見る]

⇒もっと見る

ヒルノデイバローの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

ヒルノデイバローの写真

ヒルノデイバロー

ヒルノデイバローの厩舎情報 VIP

2017年10月8日夕刊フジ杯オパールS2着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

ヒルノデイバローの取材メモ VIP

2017年10月8日 夕刊フジ杯オパールS 2着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。