注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます!⇒いますぐ会員登録(無料)

アドマイヤコジーン(競走馬)

注目ホース
写真一覧
抹消  芦毛 1996年4月8日生
調教師橋田満(栗東)
馬主近藤 利一
生産者大樹ファーム
生産地大樹町
戦績23戦[6-3-2-12]
総賞金38,126万円
収得賞金8,725万円
英字表記Admire Cozzene
血統 Cozzene
血統 ][ 産駒 ]
Caro
Ride the Trails
アドマイヤマカディ
血統 ][ 産駒 ]
ノーザンテースト
ミセスマカディー
兄弟 タイキエンデバータイキデスティニー
前走 2002/12/15 香港マイル G1
次走予定

アドマイヤコジーンの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
02/12/15 香港   香港マイル G1 芝1600 12--------4** 牡6 57.1 武豊橋田満462(--)1.35.1 0.0----OLYMPIC EXPRESS
02/11/17 京都 11 マイルCS G1 芝1600 186122.717** 牡6 57.0 後藤浩輝橋田満464(+4)1.33.1 0.334.8⑦⑦トウカイポイント
02/09/29 新潟 11 スプリンタS G1 芝1200 11795.732** 牡6 57.0 後藤浩輝橋田満460(+2)1.07.8 0.133.9ビリーヴ
02/06/02 東京 11 安田記念 G1 芝1600 1881815.871** 牡6 58.0 後藤浩輝橋田満458(-4)1.33.3 -0.035.4ダンツフレーム
02/03/24 中京 11 高松宮記念 G1 芝1200 18593.622** 牡6 57.0 後藤浩輝橋田満462(0)1.09.0 0.636.0ショウナンカンプ
02/02/24 阪神 11 阪急杯 G3 芝1200 16235.721** 牡6 57.0 後藤浩輝橋田満462(+6)1.07.9 -0.634.4ダンツキャスト
02/01/27 東京 11 東京新聞杯 G3 芝1600 127944.8101** 牡6 55.0 後藤浩輝橋田満456(-4)1.37.7 -0.136.3ディヴァインライト
01/07/01 函館 11 函館SS G3 芝1200 154629.8912** 牡5 56.0 上村洋行橋田満460(+4)1.12.0 2.537.6⑩⑩メジロダーリング
01/06/10 函館 11 UHB杯 OP 芝1200 11794.837** 牡5 55.0 上村洋行橋田満456(+4)1.10.5 0.536.5タイキトレジャー
01/05/06 京都 11 栗東S OP ダ1200 126812.577** 牡5 57.0 上村洋行橋田満452(-6)1.11.5 0.636.9⑤⑤ゴールドメーカー
01/04/22 福島 11 福島民報杯 OP 芝1200 16484.522** 牡5 57.0 上村洋行橋田満458(-2)1.09.8 0.035.8④④ラムジェットシチー
01/04/01 中山 11 ダービー卿T G3 芝1600 155910.546** 牡5 57.0 上村洋行橋田満460(+6)1.36.1 0.935.7⑤⑤チェックメイト
01/02/25 阪神 11 阪急杯 G3 芝1200 144642.193** 牡5 57.0 上村洋行橋田満454(-4)1.09.0 0.334.9ダイタクヤマト
00/12/09 阪神 11 シリウスS G3 ダ1400 164815.2411** 牡4 56.0 上村洋行橋田満458(+2)1.24.4 1.137.4⑤⑥マイネルブライアン
00/11/25 京都 11 京阪杯 G3 芝1800 1861212.878** 牡4 56.0 芹沢純一橋田満456(+10)1.45.8 0.634.6⑰⑰ジョウテンブレーヴ
00/10/21 東京 11 富士S G3 芝1600 1661115.5108** 牡4 56.0 後藤浩輝橋田満446(-10)1.34.5 0.635.8ダイワカーリアン
00/08/20 札幌 11 札幌記念 G2 芝2000 148145.4311** 牡4 56.0 後藤浩輝橋田満456(+4)2.01.0 1.136.1⑨⑧⑧⑤ダイワカーリアン
00/07/23 函館 11 函館記念 G3 芝2000 168163.116** 牡4 56.0 横山典弘橋田満452(+2)2.03.1 0.436.8④⑤⑤④クラフトマンシップ
00/07/09 函館 11 UHB杯 OP 芝1800 10225.334** 牡4 57.0 横山典弘橋田満450(0)1.49.7 0.435.2⑤⑧⑨⑦ダイワカーリアン
98/12/13 中山 11 朝日杯3歳S G1 芝1600 14583.311** 牡2 54.0 M.ロバー橋田満450(0)1.35.3 -0.035.9⑤⑥⑥エイシンキャメロン

⇒もっと見る


アドマイヤコジーンの関連ニュース

 3月19日の中山11Rで行われた第66回フジテレビ賞スプリングステークス(3歳オープン、GII、芝・内1800メートル、馬齢、11頭立て、1着賞金=5400万円)は、松岡正海騎手騎乗の5番人気ウインブライト(牡、美浦・畠山吉宏厩舎)が制して重賞初勝利を飾り、2着アウトライアーズ(2番人気)、3着プラチナヴォイス(6番人気)とともに、皐月賞(4月16日、GI、中山、芝2000メートル)の優先出走権を獲得した。タイムは1分48秒4(良)。

 レースはサウンドテーブルが引っ張り、オールザゴーモンドキャンノダノンケンリュウなどが続く展開。7番手から直線で内を突いたプラチナヴォイスが一旦、先頭に立ったが、後方3番手から末脚を伸ばしたウインブライトが差し切った。ほぼ同じ位置から追撃したアウトライアーズが1/2馬身差の2着。粘ったプラチナヴォイスがさらに1/2馬身差の3着だった。昨年の最優秀2歳牡馬サトノアレス(1番人気)は出遅れが響いて最後方を追走し、4着止まり。トリコロールブルー(3番人気)は5着に終わり、騎乗していたミルコ・デムーロ騎手の日曜メインの連勝勝利は「6」で止まった。

 ウインブライトは、父ステイゴールド、母サマーエタニティ、母の父アドマイヤコジーンという血統。北海道新冠町・コスモヴューファームの生産馬で、馬主は(株)ウイン。通算成績は6戦3勝。スプリングSは、畠山吉宏調教師、松岡正海騎手ともに初勝利。

 ◆松岡正海騎手「ソラを使っていたので、一生懸命追わなければならなかったですね。(さらに後方でレースを進めていたサトノアレスなどについては)まだ僕の馬は競馬(のスタイル)が固まってはいないので、気にしていませんでした。(デビュー時から)走ると思って、期待している馬です」

★19日中山11R「フジテレビ賞スプリングステークス」の着順&払戻金はこちら

【ファルコンS】コウソクV!関東馬が6週連続関西圏で重賞制覇 2017年03月19日() 05:04

 第31回ファルコンステークス(18日、中京11R、GIII、3歳オープン国際(指)、別定、芝1400メートル、1着本賞金3800万円=出走16頭)戸崎圭太騎乗で3番人気のコウソクストレートが、中団から鋭く伸びて初の重賞タイトルを手に入れた。NHKマイルC(5月7日、東京、GI、芝1600メートル)への参戦は未定。関東馬は6週連続、関西圏での重賞勝利となった。タイム1分21秒1(良)。1番人気のナイトバナレットは11着に敗れた。

 鞍上のムチに応えて、コウソクストレートが息の長い末脚を発揮。前走14着から一変して重賞初制覇を飾った。

 「よくしのぎましたね。ちょっと掛かるところがあったけど、関係者が仕上げてくれて乗りやすかったです」

 戸崎騎手の頬が緩む。スタートしてすぐに後方に下げて、直線にかけた。上がり最速タイの末脚(3ハロン34秒4)で、ボンセルヴィーソをクビ差でかわしたところがゴールだった。

 「ここ2戦は出遅れたり、暴走したり。やっと普通の競馬をしてくれました」と中舘調教師は胸をなでおろした。

 数々の工夫を重ねてつかんだ勝利だった。調教では馬の後ろにつけ、入念なゲート練習を消化。ハミはトライアビットに替え、舌を縛り、メンコも着用した。「どれがよかったのかわからないですけどね」とトレーナーは苦笑いだが、確実に実を結んだ。

 次走については未定だが、NHKマイルC参戦も含め、夢がふくらむ勝利だった。 (山口大輝)

 ◆松山騎手(ボンセルヴィーソ2着) 「1400メートルをしっかり走り切ってくれた。こういう競馬ができたのは収穫」

 ◆菱田騎手(メイソンジュニア3着) 「勝ち馬とは決め手の差かな」

 ◆大野騎手(ダイイチターミナル4着) 「馬場のいいところを通って、いい脚を使ってくれた」

 ◆鮫島駿騎手(デスティニーソング5着) 「重賞でもスムーズに追走できた。力をつけている」

 ◆武豊騎手(ジョーストリクトリ6着) 「枠((4)番)もあって内を回ったけど、器用な馬じゃないからね」

 ◆中谷騎手(ナイトバナレット11着) 「馬場が合わなかったのかな」

★6週連続

 京都記念サトノクラウン)→小倉大賞典マルターズアポジー)→阪急杯トーキングドラム)→チューリップ賞ソウルスターリング)→阪神スプリングジャンプオジュウチョウサン)に続き、関東馬は関西圏で6週連続の重賞勝ち。これはグレード制導入後初の記録となった。

★18日中京11R「ファルコンステークス」の着順&払戻金はこちら

コウソクストレート

 父ヴィクトワールピサ、母メジロアリス、母の父アドマイヤコジーン。鹿毛の牡3歳。美浦・中舘英二厩舎所属。北海道洞爺湖町・レイクヴィラファームの生産馬。馬主は野崎昭夫氏。戦績5戦3勝。獲得賞金6148万4000円。重賞初勝利。ファルコンSは、中舘英二調教師、戸崎圭太騎手ともに初勝利。馬名は、「高速+一直線」。

[もっと見る]

【ファルコンS】コウソクストレート重賞初制覇! 2017年03月18日() 15:41

 3月18日の中京11Rで行われた第31回ファルコンステークス(3歳オープン、GIII、芝1400メートル、別定、16頭立て、1着賞金=3800万円)は、戸崎圭太騎手騎乗の3番人気コウソクストレート(牡、美浦・中舘英二厩舎)が初重賞制覇。タイムは1分21秒1(良)。コウソクストレートは前の馬群から離れた後方から5番手を追走。直線は大外から長くいい脚を使って、ゴール前の激戦を制した。

 クビ差の2着には好位追走から一旦は先頭に立ったボンセルヴィーソ(2番人気)、さらにクビ差遅れた3着に最内から粘り込んだメイソンジュニア(6番人気)。

 ファルコンSを勝ったコウソクストレートは、父ヴィクトワールピサ、母メジロアリス、母の父アドマイヤコジーンという血統。北海道洞爺湖町・レイクヴィラファームの生産馬で、馬主は野崎昭夫氏。通算成績は5戦3勝。重賞初勝利。ファルコンSは、中舘英二調教師、戸崎圭太騎手ともに初優勝。

 ◆戸崎圭太騎手(1着 コウソクストレート)「掛かるところがあった馬ですけど、厩舎スタッフがしっかり仕上げてくれて、乗りやすかったです。折り合いや課題はクリアできたと思います。素質は新馬を勝った頃からありましたし、力を出せるようになればもっと活躍できると思います」

★18日中京11R「ファルコンステークス」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【若竹賞】ウインブライトが好調松岡のリードで快勝! 2017年01月21日() 14:59

 1月21日の中山9R若竹賞(3歳500万下、芝・内1800メートル)は、松岡正海騎手騎乗の1番人気ウインブライト(牡、美浦・畠山吉宏厩舎)が後方追走から直線で鋭く脚を伸ばして快勝。タイムは1分48秒3(良)。

 ◆松岡正海騎手(1着 ウインブライト)「強かったですね。ただ、今は成長期でまだ心身ともに良化の余地があるし、今日は素質だけで勝てた競馬。期待が大きいが、本当の意味で良くなるのはまだ先だし、いろんなことを教えながら大事に育てていきたい」

 1馬身3/4差の2着には2番手追走から粘り込んだマイネルズイーガー(3番人気)、さらに半馬身差の3着に大外から追い込んだムーンザムーン(9番人気)。

 若竹賞を勝ったウインブライトは、父ステイゴールド、母サマーエタニティ、母の父アドマイヤコジーンという血統。通算成績は5戦2勝。

★21日中山9R「若竹賞」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【くるみ賞】コウソクストレートが新馬−特別を連勝! 2016年10月23日() 14:30

 10月23日の東京9Rくるみ賞(2歳500万下、芝1400メートル)は、戸崎圭太騎手騎乗の2番人気コウソクストレート(牡、美浦・中舘英二厩舎)が好位から運ぶと、楽な手応えで逃げたマイネルアムニスをとらえてV。新馬戦からの連勝を決めた。タイムは1分23秒5(良)。

 2着には1馬身1/4差でマイネルアムニス(3番人気)が逃げ粘り、さらに1馬身1/4差の3着に1.6倍の1番人気に推されたアグネスジュレップが入線した。

 コウソクストレートは、父ヴィクトワールピサ、母メジロアリス、母の父アドマイヤコジーンという血統。通算成績は2戦2勝となった。

 ◆戸崎圭太騎手「2戦目で気が入りすぎていて前半はハミを噛んでしまったが、3、4コーナーでは落ち着いてくれましたね。直線も狭い所を割って伸びたし、ここでは力が違いましたね」

★23日東京9R「くるみ賞」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【2歳新馬】新潟5R コウソクストレートが余裕のV 2016年07月30日() 14:07

 7月30日の新潟5R・2歳新馬(芝1400メートル)は、戸崎圭太騎手騎乗のコウソクストレート(牡、美浦・中館英二厩舎)が直線で余力十分に抜け出し、1番人気に応えた。タイムは1分22秒4(良)。逃げた16番人気サクラサクコロが1馬身3/4差の2着に粘り、さらに1馬身1/4離れた3着は6番人気マイネルベレーロだった。

 コウソクストレートは、父ヴィクトワールピサ、母メジロアリス、母の父アドマイヤコジーンという血統。

 ◆戸崎圭太騎手「追えばもっと伸びそうな感じでした。賢くて乗りやすい。コントロールしやすいし、いいものを持っている。これから距離を延ばすようにしていければ」

[もっと見る]

⇒もっと見る

アドマイヤコジーンの関連コラム

閲覧 17,568ビュー コメント 0 ナイス 1



前回のシナリオ攻略の続きになります。

難関の第8話「芦毛で天皇賞(春)(G機砲鮠〕しよう」です。天皇賞(春)自体がそもそも難関G気任垢、さらにそれを芦毛の馬で勝つ……という条件が加わります。



芦毛の馬を作るには

芦毛の仔は芦毛の親からしか今のところ生まれていません。つまり芦毛の馬を作るには、芦毛の種牡馬か繁殖牝馬を使って配合をする必要があります。

以下が芦毛の種牡馬です。天皇賞(春)を勝つレベルの馬が狙いなので、パラメータのいい種牡馬のみに絞っています。

★5 ゴールドシップ
★5 タピット
★4 アドマイヤコジーン
★4 スウェプトオーヴァーボード
★3 キャプテントゥーレ
★3 ジョーカプチーノ
★3 チチカステナンゴ

★5や★4の種牡馬は持っていないプレイヤーもいると思いますので、実践しやすい配合としては★3のキャプテントゥーレジョーカプチーノ、チチカステナンゴが候補になるでしょうか。

一方、芦毛の繁殖牝馬は以下のとおり。「優」と「良」に絞ると2頭のみです。

[優・スタミナ型]ヨロコビノウタ
[良・バランス型]スリートリック

これらの馬を使っていかに強い馬を作るか……を考えることになります。


▲芦毛の馬は意外に少ない。クロスを使いやすいジョーカプチーノはおすすめの1頭。



芦毛で強い馬を狙う配合

当初はあれこれと配合を考えたのですが、結局天皇賞(春)を勝てたのは以下のように流れの中で生まれた馬でした。

【例1】自家生産繁殖牝馬にジョーカプチーノを付けて芦毛の産駒を作る

これは友人の牧場ですが、手頃な★3で実績Bの種牡馬(トウケイヘイロー→ハーランズホリデー→ミッキーアイル)で血統を伸ばしつつ、ジョーカプチーノを付けたところスピードA・スタミナEの馬が生まれました。

配合理論は速力クロス1本のみ。母はスピードC・スタミナDで「将来はG気癲廛灰瓮鵐箸任后





【例2】最初に芦毛の牝馬を作り、そこから芦毛で自家生産の血統を伸ばしていく

最初にジョーカプチーノ×メゾンフォルティーで芦毛の牝馬を作り、上記と同様に★3で実績Bの種牡馬(ナカヤマフェスタ→ティンバーカントリー→トウケイヘイロー)をつないでいったところスピードAの馬が生まれました。

産駒は半分以上が芦毛なので、芦毛で血統をつないでいくのはけっこう簡単です。

配合理論は速力と底力のクロスが2本ずつ。母は馬体解析をしていないので能力は不明ですが、1歳時コメントは「バネ」「優しい」「スピード」「落ち着き」「早熟」、戦績は牝馬G2勝という馬でした。





天皇賞(春)を勝つためには

天皇賞(春)は非常にスタミナを要するレースで、スタミナがないと4コーナーで大きく後れを取る感じがあります。敵はゴールドシップをはじめキズナフェノーメノエイシンフラッシュなど強敵ぞろいなので、早めに仕掛けて抜け出さないと勝つのは至難です。

ならば上記で紹介したようなスピード一本槍の馬でどうするのか……というところですが、天皇賞(春)限定でスタミナアップする才能「春風」を付けると劇的に走りが変わるのです。


▲「春風」Lv.6を付けて挑み、後続を7馬身ぶっちぎった。



スピードAの出足で先頭に立ち、才能「春風」のスタミナ補強で絶好のスパートを切る……という形ですね。


▲こちらはゴールドシップフェノーメノの猛追を振り切って勝利。



なお才能「春風」は、阪神大賞典日経賞、大阪杯のいずれかを勝つと特別調教師を獲得できます。どれも難易度の高いG兇任垢、この中では距離の短い大阪杯が比較的勝ちやすくておすすめです。

日経賞も距離は長いですが敵薄の年がときどきありますので、スタミナ豊富な馬や才能「快走」などでスタミナ補強された馬なら挑んでみる価値はあります。



★ダビスタ名人・横井顕もリアルタイムで遊んでいる「ダービースタリオン マスターズ」をいますぐダウンロード →
iOS版 / Android版




○執筆者プロフィール
横井 顕(よこい・けん)
 ゲームが趣味かつ仕事のフリーライター。1994年に『ダービースタリオン供戮慮式全国大会で優勝し、以後ゲーム攻略記事に携わる。『ダービースタリオン形棺顱戞淵▲好ー出版)、『ダービースタリオン96全書』(アスペクト)など90年代の作品から、最近の『ダービースタリオンGOLD全書』(KADOKAWA)まで、シリーズ全般の攻略記事を執筆。現在は最新作『ダービースタリオンマスターズ』をプレイし、本サイトで攻略コラムを公開中。


登録済みの方はこちらからログイン

2016年09月29日(木) 18:00 覆面ドクター・英
【覆面ドクター・英のG1プレ診断】〜2016スプリンターズS〜
閲覧 985ビュー コメント 0 ナイス 4



秋競馬も、いよいよ楽しみなG汽掘璽坤鵑到来しました。G気賄たるとより嬉しいものです。レース直前まであれこれ考える楽しみを増幅させつつ、おいしい馬券的中に近づけるよう、独自の見解である当コラムを今秋連載させていただきます。

■2016秋シーズン 『競馬プロ予想MAX』presents連載コラムについて詳しくはこちら
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7807

第一弾はスプリンターズSです。ある程度のキャリアのある競馬ファンは、有馬記念の前の週のレースというほうがなじみがあるでしょう。かつては「マイルCSからの本質マイラー」と「純粋なスプリンター」の激突という図式でしたが、現在はサマースプリントとの関連性も強くなり、夏に使われた馬の余力の有無の判断が重要になりました。このレースのあと、香港を目指すローテが主流になり、マイラーはあまり使ってこないレースに様変わりしましたね。日本の馬産が強いスプリンターを作ることを目標としていないので、近年は香港やオーストラリアのマッチョなセン馬(多くはノーザンダンサー系)にやられていましたが、今年は日本馬だけで力関係もわりとはっきりしており、当てやすいとみています。

[もっと見る]

2014年10月01日(水) 20:00 本命ドリパス
『競馬』という名の推理小説 〜第291話スプリンターズS(謎解き編)
閲覧 198ビュー コメント 0 ナイス 2

第291話 「スプリンターズS」

今年のスプリンターズSは新潟開催となります。
ここがポイントになるのは間違いありません。

新潟芝1200mコースはコース適性【瞬1平4消5】というもので中山の【瞬0平2消8】に比べて瞬発力が問われやすい舞台といえそうです。
坂の上り下りはあまりなくフラットなコースで3〜4コーナーのRがきつめなのでここで一旦ペースが落ちやすいのが要因だと思われます。

新潟開催のスプリンターズSといえば過去には02年にも開催されたことがあります。
33.7-34.0 =1.07.7 ±0△5△3 消耗戦
というラップでビリーヴが勝利をしたレースです。
春の高松宮記念を圧勝したショウナンカンプがハイペースで逃げてそれを2番手3番手で追走したビリーヴアドマイヤコジーンのワンツーとなりました。
その3頭のラップギアを見てみると


ビリーヴ      【瞬0平3消5】
アドマイヤコジーン 【瞬1平3消4】
ショウナンカンプ  【瞬0平0消7】

10年前のレースなので馬場状態や血統など参考程度として考えないと行けないかもしれませんが走破時計の速さと前傾度合いを見ると近年のスプリンターズSに近い印象です。
昨年の考察はこちら

まとめると
・瞬発戦平坦戦実績重視
・休養明けは不利
・前走4コーナー5番手以下は不利

今年の登録馬で有力と思えるのは
ハクサンムーンリトルゲルダ
穴では
エーシントップマジンプロスパーメイショウイザヨイ
エーシントップメイショウイザヨイは除外対象…)

「本命ドリパスの3連単1点予想(水曜時点)」
ハクサンムーンリトルゲルダマジンプロスパー

【追記】
リトルゲルダ回避のため
ハクサン→マジン→セイコーライコウ
で行ってみます。

(補足)
「▼4▼2△6」や「平坦戦」などの表記はラップギアを使用しています。
数値などは岡村信将プロより提供して頂いています。
表記の意味などの詳細は岡村信将プロのマイページをご覧下さい。

[もっと見る]

2014年01月31日(金) 23:00
濃霧注意報〜根岸S(2014年)展望〜
閲覧 156ビュー コメント 0 ナイス 11

先週まで身体に残っていたどんよりとした感じ――風邪の影響は、今週に入ってすっかり無くなりました。
色々と忙しかった年末年始、そして、振るわない成績に焦りながら予想していた1月の週末。
その中で自然と減ってしまっていた睡眠時間を意図的に増やしてみたところ、効果はてきめん。
元々8〜10時間は寝ないと次の日が不調という体質の持ち主でしたから、当然と言えば当然の結果ですよね。
眠気に抗って何かを強行するよりも、一度思う存分リセットするのも大事なんだなぁと再確認しました。
体調が良い具合にリセット出来たところで、丁度良く競馬の方も開催の変わり目に。
そろそろ気持ち良い的中が欲しいなぁと思う今日この頃です。

そんな訳で、今週特に力を注ぎたいのは引き続きの開催となる京都ではなく、東京の方。
ダートの強豪が集う根岸Sについて触れてみます。



この後に控えるG1・フェブラリーSの前哨戦ということで、多くの馬が登録してくる当レース。
川崎記念や東海Sといった中距離のレースのメンバーに比べるとレベルは控えめですが、
その分実力差のない馬同士のガチンコ勝負が楽しめます。
圧倒的な実績馬が出走することが少ないせいなのか、結果はいつも波乱含み。
近5年の3連系馬券が全て万馬券であることからも、予想の難しいレースであることが窺えます。

準OPやオープン特別で好走した勢いのまま重賞のここでも好走する馬が居たり、
"古豪"と言える近走不振の舞台・距離巧者がいきなり復活してきたりと、好走馬のイメージも様々。
両者に共通しているのは、スプリント寄りではなくマイル寄りの実績&血統を持っていることくらいでしょうか。
生粋のスプリンターよりも、1400m職人と言える馬やマイル実績馬の方が安定して走れている気がします。

今回のメンバーの中で、このイメージに非常に近いのはアドマイヤロイヤルブライトラインの2頭。
アドマイヤロイヤルは豊富なキャリアを持ちながら、東京のダートコースにおける複勝率は脅威の9割超。
堅実な反面勝ち切れない印象も強い馬ですが、昨春辺りからレースレベルがぐんと高くなっています。
前走の武蔵野Sではベルシャザールに僅かに及びませんでしたが、
ベルシャザールのその後を見れば本馬の走りも高く評価出来るはず。
これだけ堅実だと配当妙味はあまりありませんが、かと言って買い目から外すのも勇気が要る存在でしょう。
レース間隔はあいていますが、調教の動きは良くも悪くもいつも通り。
余程揉まれ込んだりしなければ見せ場は作ってきそうです。

ブライトラインは夏からずっと1700〜1800mのレースを使われていますが、気性面や血統を考えるとやはりベストは1400m。
ある程度強気に先行してもなかなかタレない粘り強さは他馬にとって脅威でしょう。
条件が厳しいと思われた前走のJCDでもニホンピロアワーズに先着していますし、今回のメンバーに入れば実力は一枚上。
ですが、デビュー時から非常に乗り難しそうな気性を見せていた馬な分、乗り替わりがマイナスに作用する可能性があります。
この事に加え、適性的にはベストとは言えど、久々となる短距離の流れに戸惑ったりすると、思わぬポカがあるかも。

勢いに乗っている組から注目したいのはスノードラゴン
大野騎手とのコンビで完全に差し・追い込みのスタイルが出来上がった感があります。
中山ダート1200mにおける安定感が光る馬ですが、東京のダート1400mも劣らぬくらいの好成績。
条件馬時代には、中山よりも良い走りを見せていた時期がありました。
芝スタートという懸念材料がない分、今回の舞台の方がよりじっくり脚を溜められるのではないでしょうか。
父はアドマイヤコジーンですが、本馬は母父タヤスツヨシのパワーが前面に出ている印象。
このタヤスツヨシのような、ダート適性の高いサンデーサイレンス系の血は当レースと相性抜群。
東京適性が疑問視されて人気が下がるようなら美味しい存在かもしれません。

休み明けになりますが、父がネオユニヴァースゴールスキーも血統的に注目したい1頭。
本馬自身、既にこの舞台でレベルの高い走りを見せていますし、前走の武蔵野Sでも上位との差は僅か。
能力を出し切ることが出来ればここでも通用していいはずです。
鉄砲成績はあまり良くありませんが、調教の動きがそう悪いとも思えず、取捨に迷うところ。

芝のスプリント路線からダートに殴り込んできたドリームバレンチノも評価の難しい馬。
前走の兵庫GTはメンバー的にも当然の圧勝劇でしたが、エスポワールシチーセイクリムズン
テスタマッタら古豪と互角だった2走前のJBCスプリントをどう見るか。
強い馬達に割って入ったと評価するべきか、既に全盛期を過ぎた馬達に割って入ったに過ぎないと考えるべきか、
この辺りはかなり評価が分かれると思います。
芝と同等のレベルで走れるようならば、勿論首位候補と言えますが……。

忘れかけの古豪勢でまだまだやれそうなのは、前述のセイクリムズンテスタマッタ、そしてシルクフォーチュン
中でも注目したいのはシルクフォーチュンでしょうか。
何だか意外な感じがしますが、東京のダート1400mを走るのは2年前の当レース以来。
不向きと思えるスローな流れの中でも快勝したように、この舞台に対する適性は高いはず。
前走のカペラSから斤量が1kg減っているのも大きそうで、一発の香りが漂います。



……いやはや、ここまで書いてきてアレですが、難しいですねぇこのレース。
結論を出すのはまだまだ先になりそうですが、考えるたびに◎が揺れ動く気がします。
毎年このレースでは1頭だけ印が抜けることが多いので、今年は上手く捕まえたいなぁ。

[もっと見る]

2010年08月31日(火) 20:00 伊吹雅也
伊吹雅也の週末メイン「1点」分析 2010年08月31日号
閲覧 135ビュー コメント 0 ナイス 1

『JRAホームページ』内の人気コンテンツ「今週の注目レース」でお馴染みの伊吹雅也が、今週末のメインレースをいち早く分析! 膨大な予想ファクターの中から、レースの「本質」が表れている最重要データ1点をピックアップします。近年の小倉2歳ステークスは、好走馬の傾向がガラリと変わっているので注意しましょう!

▼9月5日(日)小倉10R 小倉2歳ステークス
【血統別成績(2006年以降)】
●父がサンデーサイレンス系種牡馬 〔2・2・3・8〕(複勝率46.7%)
●父がプリンスリーギフト系種牡馬 〔1・2・1・0〕(複勝率100.0%) ※すべてサクラバクシンオー産駒
●父がサンデーサイレンス系、プリンスリーギフト系以外の種牡馬 〔1・0・0・36〕(複勝率2.7%)
→2005年以前の小倉2歳ステークスは、好走馬の大部分が前走で出走メンバー中1位の上がり3ハロンタイムをマークしていました。しかし、2006年以降はこの法則が通用しなくなった印象。それと同時に、好走馬の血統も大きく変化しています。2006年以降の1〜3着馬12頭中、サクラバクシンオー産駒でもサンデーサイレンス系種牡馬の産駒でもなかったのは、2006年1着のアストンマーチャン(父アドマイヤコジーン)だけです。

▼9月5日(日)新潟11R 新潟2歳ステークス
【前走がJRAだった馬の、前走の上がり3ハロンタイム順位別成績(2002年以降)】
●1位 〔7・6・6・46〕(複勝率29.2%)
●2位 〔1・1・2・22〕(複勝率15.4%)
●3位以下 〔0・1・0・40〕(複勝率2.4%)
→こちらは今も昔も「末脚」がモノを言うレース。ここ2年の1〜3着馬は、いずれも前走で出走メンバー中1位の上がり3ハロンタイムをマークしていました。特別登録を行った馬のうち、前走の上がり3ハロンタイムが出走メンバー中1位だったのは、エーシンブラン、キッズニゴウハン、ホーマンフリップ、メイショウナルト、モアグレイス、リーサムポイント、レッドセインツの7頭だけです。

■執筆者プロフィール
伊吹 雅也(いぶき・まさや)
『JRAホームページ』(http://www.jra.go.jp/)、『競馬王』(白夜書房)、『サラブレ』(エンターブレイン)、『POGの達人』(光文社)などで活躍中の若手競馬ライター。「競馬」や「レース」の本質を見抜く的確なデータ分析力に定評があり、現在は騎手と騎乗馬の相性をロジカルに分析する予想理論『ザ・カンフルジョッキー』で注目を集めている。

[もっと見る]

アドマイヤコジーンの口コミ


口コミ一覧

今週の≪振り返り≫

 馬券のエース 2017年03月20日(月) 19:17

閲覧 65ビュー コメント 0 ナイス 5

今日も皆さん、お疲れ様でした(*^_^*)/
会員ページの方に
☆今週の格上馬
☆18日〜20日特別戦出走表
を着順入りで更新してますので、【見直し】【復習】で使って下さい(*^^*)/

【格上馬】
14レースに格上馬が該当する馬が出走し8レースで馬券内。
土曜日:【0‐1‐3‐5】 ◎【0‐1‐1‐2】
日曜日:【1‐1‐2‐10】 ◎【1‐0‐1‐2】
月曜日:【3‐1‐2‐5】 ◎【2‐0‐0‐1】
いやぁ、こうやってみると荒れましたね。格上該当馬が50%程度超えたのが月曜のみ

【馬指数】
今週は馬指数1位馬を軽視して、アドバイスした馬が土曜日がドンズバだったので
日曜・月曜も敢えて1位馬を軽視してしまうことが多かったです(^o^;)が
【馬指数1位】〔元値〕〔上げ幅〕が揃って1位の馬は土・日・月と【3‐1‐1‐0】
むやみに逆らってはダメですね(´・ω・)ノ
他の馬にそれ以上の根拠があっても一気に荒れて欲しいと簡単に相手から外したのは失敗。
馬指数表の精度を信じるべきでした(´;ω;)

////////////

【今週の重賞】

≪ファルコンS≫
1着:コウソクストレート
2着:ボンセルヴィーソ【馬指数1位】〔元値1位〕〔上げ幅1位〕【総タイム指数3位】〔上がりタイム指数3位〕
3着:メイソンジュニア〔テンタイム指数1位〕≪現級好走ポジ●≫

※中京芝は父・母父など近親に「中京を得意としている馬が走る」コウソクストレートがその例でしたね。
今回はあまり目立つ馬がいなかったので、父ジョーカプチーノを有力視しましたが、コウソクの母父アドマイヤコジーン
産駒はスノードラゴン・マジンプロスパーなど高松宮・CBC賞を複数好走の中京巧者。
≪攻略ポイント≫の内枠有利に偏りすぎた予想でハズレ。

≪スプリングS≫

1着:ウインブライト
2着:アウトライアーズ〔上がりタイム指数1位〕≪LAP一致度≫≪現級好走ポジ●≫
3着:プラチナヴォイス【総タイム指数3位】

※ここは≪LAP一致度≫の馬がキッチリ来ましたが、/裕い過去【4-3-3-0】で相手をサトノアレスにし、残念。
プラチナ・エトルのどちらかは前で残る算段だったが、調教の良かったウインブライトも同じ△まで、タテメ決着。
モンドキャンノだけは騎手成績と1800m経験ナシの朝日杯組で、自信の消しが出来ましたが。

≪阪神大賞典≫
1着:サトノダイヤモンド【馬指数1位】〔元値1位〕〔上げ幅1位〕【総タイム指数3位】〔上がりタイム指数3位〕
≪LAP一致度≫≪上級好走ポジ●≫
2着:シュヴァルグラン 【馬指数2位】〔上がりタイム指数2位〕≪LAP一致度≫
3着:トーセンバジル 〔上がりタイム指数1位〕〔テンタイム指数1位〕〔上がりタイム指数1位〕≪LAP一致度≫

※いやぁ、サトノは強かった!シュヴァルの後ろからになるとは思わなかったが、直線もジリジリ伸びて
阪神3000mを克服!今年もデータ通り上がりの1位〜3位の決着で、指数的にも上がりの1・2・3位
≪LAP一致度≫の3頭でしたね♪

≪フラワーC≫
1着:ファンディーナ【馬指数1位】【総タイム指数1位】〔上げ幅1位〕〔上がりタイム指数1位〕≪LAP一致度≫
2着:シーズララバイ【総タイム指数3位】〔上がりタイム指数4位〕
3着:ドロウアカード 〔テンタイム指数1位〕≪現級好走ポジ●≫≪LAP一致度≫

※買い目公開させてもらいましたが、Э裕ぅ疋蹈Ε◆↓┸裕ぅ掘璽困箸發烹尭絞りの中に
いたのにタテメ(。>0<。) これは痛恨で1番配当の良いトコを逃してしまった。
ここもスプリングSのモンド同様、1800m経験ナシのJF組でディーパワンサは消し。
毎年人気して飛ぶパターンは同じですね(*^^*)

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

また今週も予想的には土曜が好調で、日月と尻つぼみ(笑)
土曜の虎の巻をGETした方だけおめでとうございますm(^^)mですね。
来週は
・毎日杯
・日経賞
・マーチS
・高松宮記念
+ドバイ
お金いっぱい要りそうですね(^o^;)予想絶好調の土曜日に馬券購入できなかったのが痛かった( ̄o ̄;)
少ない軍資金からまた頑張ろ(*^▽^*)/

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

サイト:【馬券Aエースの≪超抜≫競馬】|馬指数・坂路調教・重賞攻略
http://relax-myodani.jp 馬券Aで〔検索〕も可

人気に騙されず、馬の能力に「根拠」が持てる、馬券力を上げたい方・的中率を上げたい方にお奨め☆

アドマイヤコジーンの掲示板

コメント投稿
コメント一覧
コメントはありません。

アドマイヤコジーンの写真

投稿写真はありません。

アドマイヤコジーンの厩舎情報 VIP

厩舎情報はありません。

アドマイヤコジーンの取材メモ VIP

取材メモはありません。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。