注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます!⇒いますぐ会員登録(無料)

ワールドカップ(競走馬)

注目ホース
写真一覧
現役 牡5 黒鹿毛 2012年5月5日生
調教師柴田光陽(栗東)
馬主小島 將之
生産者大北牧場
生産地浦河町
戦績23戦[1-0-1-21]
総賞金1,185万円
収得賞金0万円
英字表記World Cup
血統 ヴァーミリアン
血統 ][ 産駒 ]
エルコンドルパサー
スカーレットレディ
キャッチアシーフ
血統 ][ 産駒 ]
グラスワンダー
フサイチケリー
兄弟
前走 2017/01/28 牛若丸ジャンプS OP
次走予定

ワールドカップの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
17/01/28 京都 8 牛若丸JS OP 芝3170 1155129.4108** 牡5 59.0 佐久間寛柴田光陽488(-6)3.37.8 3.413.7⑧⑧⑦⑦クリノダイコクテン
17/01/14 中京 5 障害4歳以上オープン 芝3330 95552.977** 牡5 60.0 佐久間寛柴田光陽494(+26)3.46.3 4.513.6⑧⑧⑧⑧ラステラ
16/05/14 新潟 1 障害4歳以上オープン 芝3290 1481462.51212** 牡4 59.0 佐久間寛柴田光陽468(-2)3.38.4 4.013.3⑭⑭⑭⑭ユキノスライダー
16/04/17 福島 5 障害4歳以上未勝利 芝2750 134514.561** 牡4 59.0 佐久間寛柴田光陽470(-8)3.03.5 -0.313.3⑨⑦⑥ルー
16/03/27 阪神 4 障害4歳以上未勝利 芝2970 148136.238** 牡4 59.0 佐久間寛柴田光陽478(+6)3.24.7 3.013.8⑫⑫⑨⑧グレイトエンブレム
16/03/05 阪神 4 障害4歳以上未勝利 芝2970 11337.143** 牡4 59.0 佐久間寛柴田光陽472(+4)3.27.1 0.813.9アガスティア
15/11/07 福島 4 障害3歳以上未勝利 芝2750 122211.366** 牡3 58.0 佐久間寛柴田光陽468(+6)3.02.9 1.413.3⑥⑥⑥⑥ウソハッピャク
15/10/17 新潟 4 障害3歳以上未勝利 芝2850 92221.675** 牡3 58.0 佐久間寛柴田光陽462(+8)3.10.6 1.713.4⑥⑦⑤⑤クラウンデピュティ
15/10/04 阪神 4 障害3歳以上未勝利 芝2970 1433----** 牡3 58.0 佐久間寛柴田光陽---- ------アドマイヤタイシ
15/08/22 小倉 6 3歳未勝利 芝2000 18713242.5188** 牡3 56.0 佐久間寛柴田光陽454(-6)2.03.0 1.536.5⑰⑰⑮⑫レッドファルダ
15/07/18 中京 3 3歳未勝利 ダ1800 1671381.7108** 牡3 53▲ 義英真柴田光陽460(+4)1.56.6 2.839.6⑭⑬⑬⑭オイルタウン
15/06/27 阪神 4 3歳未勝利 ダ2000 164717.057** 牡3 53▲ 義英真柴田光陽456(-4)2.06.7 1.938.8⑬⑭⑫⑪エンゲルフライト
15/06/07 阪神 2 3歳未勝利 ダ1800 163618.979** 牡3 56.0 佐久間寛柴田光陽460(0)1.54.4 2.638.6⑮⑮⑭⑨コパノチャーリー
15/05/17 京都 3 3歳未勝利 ダ1900 127943.185** 牡3 56.0 佐久間寛柴田光陽460(+8)2.00.0 0.639.3⑨⑩シルバーソード
15/04/18 阪神 2 3歳未勝利 ダ1800 1671449.269** 牡3 56.0 佐久間寛柴田光陽452(-8)1.56.1 1.839.0⑮⑮⑫⑬ノースウッド
15/03/29 阪神 3 3歳未勝利 ダ1800 161245.5114** 牡3 56.0 佐久間寛柴田光陽460(+2)1.55.3 1.638.2⑯⑯⑪⑧オースミラナキラ
15/03/14 阪神 2 3歳未勝利 ダ1800 1166264.5105** 牡3 56.0 佐久間寛柴田光陽458(0)1.55.4 1.637.7⑩⑨⑨⑩タイキオールブルー
15/02/22 京都 5 3歳未勝利 芝1800 16714280.11515** 牡3 56.0 佐久間寛柴田光陽458(-6)1.49.9 1.837.1⑫⑬ウォーターラボ
15/02/01 京都 1 3歳未勝利 ダ1200 16612260.71513** 牡3 56.0 佐久間寛柴田光陽464(-2)1.14.0 2.037.3⑩⑩バリキ
15/01/05 京都 1 3歳未勝利 ダ1200 1611228.11212** 牡3 56.0 佐久間寛柴田光陽466(-2)1.14.8 2.536.8⑮⑭ネイバルエンスン

⇒もっと見る


ワールドカップの関連ニュース

 【ドバイ(UAE)26日=板津雄志】25日に行われたドバイ国際競走で、ドバイターフヴィブロス(栗・友道、牝4)が制した。初の海外遠征での快挙で、日本調教馬はドバイターフ4勝目となった。ワールドカップは米国のアロゲートが強烈な強さを見せつけて世界NO・1を証明した。今年最初となったJRAの海外馬券発売で、3レース合計の売り上げは約25億8000万円だった。

 熱い思いが愛馬に届いた。日米の野球界で活躍した佐々木主浩オーナー(49)の所有馬ヴィブロスが、極上の切れ味で世界に衝撃を与えた。

 「うれしくて興奮し、もう騒いでしまって、最後は覚えていません」

 “魔神”が両手を挙げて歓喜の雄たけび。号泣する夫人の加奈子さん、友道調教師らと抱き合い、最高の瞬間を分かち合った。

 モレイラ騎手は「水を含んだ馬場も関係なかった。直線で内ラチを嫌がっていたので外に出したが、いい手応えで伸びて楽に勝てた。このレースを勝つのに一番適した馬だった」と誇らしげだ。

 半兄シュヴァルグランとの米遠征、BCフィリー&メアターフ(11月4日、デルマー、GI、芝2200メートル)挑戦が現実味を帯びてきた。

 優勝から一夜明けたこの日、地元紙は「勇敢なるヴィブロスがライバルを撃破」の見出しで、1ページの特集を展開。男勝りのディープインパクト牝馬を賞賛した。

 ヴィブロスは激戦後だけにさすがに疲れはあったようだが、馬体に異常はなく、28日の便で日本に帰国する。

ドバイWCデーの売り上げ合計25億円 WCは13億円2017年03月26日() 11:03

 JRAの今年の海外馬券発売第1弾となったドバイワ−ルドカップデー諸競走の売り上げ総額は、25億8107万500円だった。内訳はターフが5億7121万9400円、シーマクラシックが6億3023万900円、ワールドカップが13億7962万200円。

 昨年は、初の海外馬券発売として注目された10月の仏GI凱旋門賞が41億8599万5100円で、11月の豪GIメルボルンCが6億9737万1200円、米GIブリーダーズCフィリー&メアターフが8億596万3400円。12月の香港GI香港国際競走は38億2070万6800円(ヴァーズ4億8756万900円、スプリント5億5326万200円、マイル8億9661万8800円、カップ18億8326万6900円)だった。

[もっと見る]

【板さんさばき】ドバイワールドC2017年03月25日() 05:08

 レース前日の朝取材を終えたころ、大粒の雨がすぐさま土砂降りになった。昼にはあがったが、何だか波乱が起きそうなムード…。それでも、9R・ワールドカップの〔9〕アロゲートの連勝が止まることはないだろう。米国馬に多いパワー型と思いきや、体の全てのパーツが長く、想像以上に素軽いキャンターをしていた。主戦のスミス騎手が「大跳びなのに反応がすごく速い」というのもうなずける。GIの連勝はさらに伸びそうだ。

 相手には○〔7〕アウォーディーを指名する。メイダンの馬場が合うのか、これまでにない好調教を披露しており、期待が膨らむ。大穴なら▲〔8〕フリアクルサーダだ。

[もっと見る]

【ドバイWC】アロゲート、スミス絶賛「欠点ない」 2017年03月24日(金) 05:03

 【ドバイ(UAE)23日=板津雄志】25日のドバイ国際競走が近づく中、メイダン競馬場で関係者やファンを集めた朝食会が開かれた。会場に現れた、米国の殿堂入り騎手、マイク・スミス(51)が取材に応じ、ドバイワールドカップで大本命となる騎乗馬アロゲートの強さを語った。

 ホームストレッチ沿いに白いパラソルが並ぶ華やかな朝食会場で、ひと際注目を集めたのが米国の殿堂入り騎手であるマイク・スミスだ。今年のワールドカップの主役を務めるアロゲートの主戦騎手は、各国メディアに何度も囲まれながらも、にこやかな表情で対応。GI3連勝中のパートナーの強さを伝えた。

 「ビッグストライドにもかかわらず、反応がすごく速いんだ。今のところ欠点は見当たらない」

 3歳夏の昨年から急激に力をつけた。トラヴァーズSを14馬身差でレコード勝ちすると、BCクラシックではその年の米年度代表馬カリフォルニアクロームを撃破。今年新設された世界最高賞金競走、ペガサスワールドCもレコードで圧勝し、世界最強を印象づけた。

 GI13勝を含む20戦19勝の成績を残したゼニヤッタをはじめ、アゼリ、スキップアウェイ…。多くの名馬の背中を知るスミス騎手はそれらとの比較は難しいとしながらも、「アロゲートは7戦しかしていない馬。もっと良くなる余地を残しているし、パーフェクトな馬になる可能性がある。僕のベストホースの中に入るのは間違いない」ときっぱり言い切る。

 「これから戦う相手のレースを全部みる」と準備も怠らないが、「この馬が僕のキャリアをさらに上へ持っていってくれるよ」とその表情は自信に満ちている。

[もっと見る]

【ドバイWC】アウォーディー、武驚いた「イメチェン」 2017年03月23日(木) 05:07

 【ドバイ(UAE)22日=板津雄志】ドバイ国際招待競走に出走する日本馬の追い切りがメイダン競馬場で行われた。ワールドカップアウォーディー(栗・松永幹、牡7)は武豊騎手を背に、僚馬ラニ(牡4)に2馬身先着。これまでとは違うはつらつとした動きに武豊騎手も好感触を得た。この日は枠順抽選会が行われ、アウォーディーは(7)番となった。

 砂漠の国で大変身!? 国内の追い切りではいつも地味なアウォーディーが、見違える動きを披露した。ドバイにしては珍しく肌寒い午前5時すぎ、半弟のラニを従えてスタートし、ラスト3ハロンから併せ馬。一杯に追われる外のラニを馬なりで2馬身突き放したパフォーマンスに、騎乗した武豊騎手も驚きの表情だ。

 「今年初めてまたがったけど、いい動き。そんなに調教で目立って走るタイプではないのに、いい意味でイメチェンというか活気があった」

 迫力満点のフットワークで、6ハロン77秒4、3ハロン35秒4−11秒8の好タイムをたたき出した。武豊騎手は「きょうは自分から走りたがっていた。こちらのダートもすごく上手に走っていた」と手応えは良好だ。

 松永幹調教師も「休み明けでも走れるタイプ。馬場がどうかなと思っていたけど、合っている感じだね」とうなずく。午後の枠順抽選では(7)番に決まり、「スタートがいい馬だし、いい枠を引きました」と笑顔だった。

 世界制覇には米国馬アロゲートが立ちはだかるが、壁が高いほど燃えるのが武豊騎手。「今、ダートで世界ナンバーワンの馬。ワクワクするね。ハードルは高いけど、負かしたときはさらに大きいですから」と胸を高鳴らせる。

 「チャンピオンズCと東京大賞典(ともに2着)は馬がおとなしくなりすぎていた。その点、活気があるのはいい。フェブラリーSをスキップしてここに全力投球できたぶん、状態がいいよ」

 WBCの準決勝で『侍ジャパン』は米国に1−2で惜敗したが、ドバイではアウォーディー武豊が米国の怪物撃破を目指す。

アウォーディーの競走成績はこちら

[もっと見る]

【中山記念】ドゥラ怪物伸び!半馬身先着12秒3 2016年02月25日(木) 05:06

 昨年の皐月賞とダービーを勝った2冠馬ドゥラメンテ(美浦・堀宣行厩舎、牡4歳)が24日、中山記念(28日、中山、GII、芝1800メートル)に向けて茨城県美浦トレーニングセンターで追い切りを行った。ダービー後に両前脚の骨折が判明して9カ月ぶりのレースとなるが、ミルコ・デムーロ騎手を背にシャープな動きを披露。精神面の成長もうかがえ、サンケイスポーツ調教評価は最高ランクの『S』。ロゴタイプイスラボニータと皐月賞馬3頭をはじめ超豪華メンバーがそろった一戦でも主役を務める。

 皐月賞と日本ダービーを制した驚異の末脚が戻ってきた。昨年の最優秀3歳牡馬ドゥラメンテが、骨折休養を経ていよいよダービー以来の復帰へ。中山記念の最終追い切りで態勢が整ったことをアピールした。

 「よかったね」

 美浦トレーニングセンターに駆けつけたミルコ・デムーロ騎手の、この言葉と笑顔が、相棒の復帰戦への心配が払拭されたことを物語っていた。

 午前10時すぎにWコースに落ち着いた様子で登場したドゥラメンテは、先導するゴールデンバローズ(オープン)の1馬身後ろを追走する。直線で併走馬の内へ入るが、ゴール200メートル手前でもまだ後方。残り100メートル付近でゴーサインを出すと、一気に並びかけるどころか半馬身ほど前に出てフィニッシュ。5ハロン68秒1、3ハロン39秒0−12秒3の時計以上に迫力を感じさせた。

 3歳春や帰厩直後は馬場入りで気性の難しさを出すこともあったが、今回はスムーズ。落ち着きが出たのは精神面で成長したからだろう。最終追い切りは4ハロンから時計を出すことの多い堀厩舎だが、調整が遅れていたことがあったとしても5ハロンから意欲的にラップを刻めたのもプラス材料。久々の実戦を迎えるにあたり、1週ごとに動きは軽快さを増しており、総合的に追い切り評価は最高ランクの『S』を与えていいだろう。

 日曜のレースに出走する馬は木曜に追い切ることが多い堀厩舎。今回の水曜追いについては「この馬に限らず、調整に遅れが生じたりした場合、状態をみて(追い切りを)前倒ししたりすることは普段からあります。ドゥラメンテは調整に遅れが見られたのは事実。レースまで間隔があくことで負荷をかけることができました」と橋本助手は説明する。

 1週前の16日の計量で517キロだった馬体も、「さすがにダービーのような無駄肉をそぎ落とした体ではありませんが、レースは500キロ前後で出られそう」と、10キロ前後のプラスで出走となりそうだ。

 堀調教師は「寒い時期でなかなか状態が上がってくるのに時間がかかりましたが、能力を出せる態勢は整ったと思います」と穏やかな笑みをみせながら話した。

 後方から一気に抜き去った皐月賞と同じ中山コース。そしてすべてのホースマンが目標にするダービーをレースレコードで制した豪脚。怪物ドゥラメンテは中山記念でどんな走りをみせるのか。この復帰戦は注目だ。 (柴田章利)

★中山記念の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら

★ミルコ3週連続重賞Vだ

 ミルコ・デムーロ騎手は今年、JRAで25勝をあげている。ルメール騎手の29勝、戸崎騎手の27勝に次ぐリーディング3位だが、勝負強さは健在で、重賞勝ちは3勝でトップタイ(ほかに川田騎手)。21日の今年最初のGIレース、フェブラリーSをモーニンで勝ったほか、14日の京都記念(サトノクラウン)、20日の京都牝馬S(クイーンズリング)をV。今週勝てば3週連続重賞勝利となる。

★ミルコ×堀 重賞6戦4勝

 堀宣行調教師とミルコ・デムーロ騎手のタッグは相性がよく、これまで35戦して8勝で勝率22・9%をマークしている。とくに重賞では、ドゥラメンテのGI2勝のほかに、2009年阪神カップ(GII、キンシャサノキセキ)、16年京都記念(GII、サトノクラウン)をV。6戦4勝と信頼できる数字を残している。

★今後の予定

 あくまでも中山記念の結果をみてから今後のレースについては検討されるが、UAEのドバイ国際諸競走(ワールドカップ、シーマクラシック、ターフ)への予備登録を済ませている。なかでも可能性が高いのはドバイシーマクラシック(3月26日、メイダン、GI、芝2410メートル)。秋には世界最高峰といわれる凱旋門賞(10月2日、シャンティー、GI、芝2400メートル)に挑戦したいというオーナーサイドの希望もある。

[もっと見る]

⇒もっと見る

ワールドカップの関連コラム

閲覧 706ビュー コメント 0 ナイス 6

今年の香港クイーンエリザベス2世カップに遠征する日本馬は残念なことにネオリアリズムの1頭だけになってしまったが、その鞍上には香港では“雷神(モレイラの中国名「莫雷拉」に因むニックネーム)”との異名で恐れられる香港一、いや世界屈指のジョッキー、ジョアン・モレイラを迎えた。昨年の香港ではチャンピオンズマイル、香港カップモーリスを2度、そして先月のドバイではヴィブロスを栄冠に導いた日本馬最強の助っ人に勝算を直撃した。(取材・文/甘粕代三)


――久しぶり! 先月25日のドバイターフで会って以来だね。素晴らしいレースだった。ヴィブロスも佐々木主浩オーナーもジョアンに感謝しているよ。

ジョアン・モレイラ(以下、モレイラ) ありがとう。おかげで最高のレースができた。これはあの時に使ったステッキなんだけど、レースの日には渡せなかった。佐々木オーナーにプレゼントしてくれるかな。

――もちろん。ドバイターフの後も同じ鞭を使ってワールドカップに騎乗、レース直後には空港に直行して翌日には香港で騎乗したんだよね。だから、表彰式の後には会えなかった。仕方ないよ。お預かりします。

モレイラ そうなんだ。表彰式前に佐々木オーナーから記念に鞭を、と言われたんだけど、そんな訳で約束が果たせなかったんだ。これで安心できるよ。佐々木オーナーにはいい馬に乗せてもらって感謝している、と伝えてほしい。

――ドバイワールドカップデーには日本馬2頭に騎乗して、次なるG1の舞台、クイーンエリザベス2世カップでも日本馬、ネオリアリズムに騎乗することになったね。日本にとっては最強の助っ人、雷神さまじゃない?

モレイラ たまたま地元、香港馬の騎乗がなかったんで、そういうことになったんだよ。モーリスをはじめ数多くの日本馬に乗せてもらっているのはとてもうれしいことだし、今回もチャンスを与えてもらって光栄なことと感謝している。

――日本馬にはどんな印象を持っている?

モレイラ 日本馬の海外遠征はそれほど多くはないけれど、必ず海外で結果を出している。それは日本馬が海外に十分通用するレベル、いやそれ以上であることを証明している。

――さて、ネオリアリズムだ。ジョアンがモーリスに騎乗した札幌記念ではネオリアリズムに苦杯をなめているね。

モレイラ モーリスはしっかりと自分の競馬をしてくれた。あの時、既にスーパースターだったろう、ああいう競馬をしないわけにはいかなかったんだ。一方、ネオリアリズムはまだ重賞も勝っていないダークホースで馬場が渋った中、先手を取って自由な競馬ができた。それでモーリスと僕は苦杯をなめさせられたわけだけど、あれはハプニングではない。その後のネオリアリズムの戦績を見ればわかることだ。

――その札幌記念の後、ネオリアリズムマイルチャンピオンシップ3着を経て去年12月の香港マイルに遠征。ジョアンもこのレースに騎乗してたけど、その時のネオリアリズムはどうだった?

モレイラ 僕は香港馬王(年度代表馬)のエイブルフレンドに騎乗して6着。ネオリアリズムは9着だったね。ネオリアリズムのあの時は本当の彼の姿じゃなかったんじゃないかな。距離も短かったような気がするし、展開も向かなかった。アンラッキーなレースだよ。

――そして、壮行レースの中山記念。昨年のドバイターフ勝ち馬、リアルスティールとジョアンがドバイターフ勝利に導いたヴィブロスを抑えて堂々の勝利を挙げている。

モレイラ レースは見ているよ。入れ替わりの激しいレースだったけど、2番手から直線でしっかりと伸びての勝利。札幌記念香港マイルの時よりも成長していることがはっきりとわかったよ。

――中山記念で2馬身弱負かしたヴィブロスドバイターフではあの圧勝。これを物差しにすれば、クイーンエリザベス2世カップではドバイでのヴィブロスよりも随分先にゴールインする勘定になる。

モレイラ 馬をそんな簡単に比較することはできないよ。でも、中山記念までしっかり成長しているし、その後も堀(宣行)先生が更に仕上げてくれていると確信している。本当に楽しみだよ。

――さて、沙田(シャティン)の馬場の隅から隅まで、そして迎え撃つ香港勢のこともジョアンが一番よく知っている。どの馬を警戒している?

モレイラ ワーザーだ。去年の香港ダービーを勝ってこのレースもぶっこぬいた昨シーズンの香港馬王だ。今シーズンは脚部不安で休養を余儀なくされたけど、年明けに復帰。2戦目のクイーンエリザベス2世カップと同じ距離の香港ゴールドカップを勝って見事に復活した。この距離の香港最強馬であることは疑いようもない。

――その香港馬王、最強中距離馬に対してどう戦う?

モレイラ 今回は小頭数のメンバー、ハナにはこだわらないネオリアリズムの先行力は絶対的に有利だ。堀先生とも相談した上で、自分はベストを尽くすだけさ。

――随分控えめな言い方だね。ズバリ自信のほどを聞かせてほしい。

モレイラ ないわけないだろ!

【甘粕代三の目】
ジョアンと話をしていていつも感じるのは控えめな表現とかのジェントルマンぶりである。自分の騎乗馬、相手馬には事前に十分な研究をしていながら、決して強気なコメントには踏み込まない。母国ブラジルでデビューし、理想的な条件では決してない南米で活躍をして台頭し、シンガポール、香港と世界屈指のジョッキーへの階段をのぼりつめるまでの苦労が彼に優等生的な言動をとらせ、特に控えめな表現につながっていると感じる。そのジョアンに最後に勝算を直撃すると、やはり控えめではあったけれども、これまでに聞くことのできないほどの手応えをにじませてくれた。モレイラとネオリアリズム、ここでは絶対に外せない。

ジョアン・モレイラ プロフィール
1983年ブラジル生まれ。34歳。2000年、ブラジルでデビュー。9年間で1000勝以上を挙げた後、2009年4月、シンガポールに移籍して大ブレーク。移籍初年は3位にとどまったものの翌年から4年連続リーディングジョッキー。12年にはシーズン新記録の206勝を記録。2013年9月6日には騎乗機会全勝の8戦8勝を達成。シンガポールにモレイラあり、と世界の競馬シーンにその名を知られる存在となる。この間にJRAへ短期免許を申請したが認められなかった。2013年10月に香港に移籍、シーズン途中からの移籍だったため97勝でリーディング2位にとどまったが、翌2014年シーズンには145勝、2015年シーズンには168勝とシーズン勝利記録を2年連続で塗り替える。今シーズンも4月23日までの段階で135勝と2位のザック・パートンに74勝差をつける独走。3シーズン連続のリーディングジョッキーと記録更新が確実になっている。


【甘粕代三のQE2展望コラム公開予定】
4/28(金)調教師インタビュー〜J.ムーア
※QE2予想は4/29(土)公開予定となります。


★3/26ドバイターフで3連単162,710円を見事的中させた”日本と香港を股にかけて活躍する”海外プロ甘粕代三プロが、海外馬券販売レースの香港クイーンエリザベス2世カップの予想提供をいたします。当日の予想にご期待ください。

甘粕代三(あまかす・だいぞう)プロフィール
1960年、東京生まれ。高校時代から競馬にのめりこむ。
早稲田大学第一文学部卒。在学中に中国政府官費留学生。卒業後、東京新聞記者、テレビ朝日記者、同ディレクター、同台北開設支局長などを務める。
中国留学中に香港競馬を初観戦、94年ミッドナイトベット香港カップ制覇に立ち会ったことから香港の競馬にものめりこみ、2010年、売文業に転じた後は軸足を日本から香港に。
香港の競馬新聞『新報馬簿』『新報馬経』に執筆、テレビの競馬番組にも出演。現在、新報馬業(『新報馬簿』『新報馬経』)駐日代表、北京市馬術運動協会高級顧問を務める。


登録済みの方はこちらからログイン

2016年03月04日(金) 20:00 凄馬
『凄馬』で今週の鉄板馬情報をゲット! 2016年03月04日
閲覧 762ビュー コメント 0 ナイス 0

毎週、確勝級の鉄板馬をお知らせする『凄馬(スゴウマ)』情報。
さっそく、今週の凄馬を紹介いたしましょう!

<2016年3月5日()の凄馬!>
極凄馬
阪神6R 3歳500万以下
ゥ襯哀薀鵐侫螢愁(+4.5)

超凄馬
阪神10R 播磨ステークス
マカハ(+2.9)

超凄馬
中山10R スピカステークス
▲屮薀奪ムーン(+2.6)

超凄馬
中山2R 3歳未勝利
ペニーウェディング(+2.3)

超凄馬
小倉9R 4歳以上500万以下
グリーンラヴ(+2.3)

超凄馬
中山3R 3歳未勝利
ミュゼリバイアサン(+2.1)

超凄馬
阪神4R 障害4歳以上未勝利
ワールドカップ(+2.1)

<『凄馬』の見方>
超凄馬・・・勝率36%、複勝率68%を誇る軸馬候補!
極凄馬・・・凄馬の極み、断然の軸馬!勝率46%、複勝率77%
馬名の右にある数字・・・数字が大きいほど勝率が高い
(集計期間:2008年6月1日〜2016年3月6日、集計数:24,748レース分)

<日曜日の『凄馬』を受信しよう!>
日曜日の凄馬情報は『凄馬』メールに登録(無料)することで受信できます。
『凄馬』メールは、その日に出走する馬の中から確勝級の馬を携帯メールでお知らせしてくれる無料サービスです。

<『凄馬』メールの登録のしかた>
携帯電話で右上のQRコードを読み取って、何も記入せずにメールを送信してください。
1、2分ほどで登録完了メールが返ってきたら、登録は完了です。
日曜日の『凄馬』は、土曜日の午後6時以降にお届けになりますのでお楽しみに!

QRコードがうまく読み取れない場合は、直接、s@umanity.jp へ空メール※を送っても登録できますのでお試しください。
※件名と本文に何も記入せずにメールを送信してください

[もっと見る]

ワールドカップの口コミ


口コミ一覧
閲覧 22ビュー コメント 0 ナイス 10

長野県松本市の一般社団法人グローバルけん玉ネットワークが制定しました
「けん玉で世界をつなぐ」を合言葉に、けん玉を国際的に普及させるのが目的です
日付は現代のけん玉の原型となる「日月ボール」を広島県呉市の江草濱次氏が考案、実用新案登録されたのが1919年(大正8年)5月14日であることからで、グローバルけん玉ネットワークでは「けん玉ワールドカップ」の開催、けん玉のプロデュース、オンラインショップでの販売などを手がけています


子供の頃、遊んでのを覚えています!

 tntn 2017年04月06日(木) 01:48
れいちょうるい最強が。。。であったぁ〜?ヾ(ーー  
閲覧 177ビュー コメント 48 ナイス 323

(ウルルン風)。。。桜花賞当日、プレゼンターとしてーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
霊長類最強と称される吉田沙保里さんが、JRAからの呼び出しを受けました!
 
「どこでも行かせていただきますよ。」
「ジョッキーって、いい男多いんでしょ。ああははは。」
 
などと、軽く受けて頂いたようです。ヾ(ーー )シランダロ
 
※基本情報。。。wikiより(〃´∪`)ゞ
 
誕生日 1982年10月5日(34歳)三重県津市
身長 157 cm (5 ft 2 in)
 
女子レスリング個人で世界大会16連覇、個人戦206連勝を記録
 
2012年には13大会連続世界一でギネス世界記録認定、国民栄誉賞受賞

中京女子大学(現・至学館大学)卒業。同大学副学長

ワールドカップ55kg級 優勝(2003年、2004年、2005年、2006年)
世界女子選手権 55kg級 優勝(2002年、2003年、2005年〜2015年)

アテネオリンピック 女子レスリング55kg級 優勝(2004年)
北京オリンピック 女子レスリング55kg級 優勝(2008年)
ロンドンオリンピック 女子レスリング55kg級 優勝(2012年)
リオデジャネイロオリンピック 女子レスリング53kg級 準優勝(2016年)
などなど
 
単純に言えば、日の丸か?10&5?

はたまた。。。妄想。。。( ゚д゚)ポカーン
 
「おめでとうございます。お強い馬ですね。吉田様」
 
「ありがとうございます。吉田さん。いえいえ吉田さんの強さに比べれば。。。」
 
などと、会話が可能な馬主は数限られる。。。ヾ(ーー )

[もっと見る]

 akichance 2017年03月27日(月) 06:07
おはよう
閲覧 23ビュー コメント 0 ナイス 4

おはようございます、こちらは雨が降っております、一昨日はハラハラドキドキでしたなぁご存じの方は多いと思いますがドバイはヴィブロス優勝と日本馬が活躍しましたがワールドカップのアロゲートは強すぎましたね、最後方からの強襲で突き抜けたのでG16勝目獲得賞金19億になったようです更に勝ち星幾つ挙げるかわからないですなぁ、こちらの実馬券はワイド3点、抑えにヴィブロスの複勝で少額勝負し抑えが的中でしたがシーマCはポストポンド3着で複勝的中かと思ってたら7頭立てでハズレ、ワールドカップは武豊でお遊びにハズレで1勝2敗でした次は1からスタートです、そして昨日メイン重賞2鞍勝負でマーチSは1点少額勝負でコスモカナディアン複勝いきましたがハズレ、重賞は3連敗と瀬戸際まで来た高松宮記念G1大勝負しました、事前で馬番順にフィエロ、レッツゴードンキ、セイウンコウセイ、レッドファルクス、シュウジ、メラグラーナ、ソルヴェイグ辺りかと思っていまして最終結論も同じで馬体重発表でメラグラーナの+12kは?が付きまして関連馬券の賭け金は減額し14,15,18を人気順で追加勝負しました結果は的中しましたホッとしましたなぁゴール前が分かりづらかって何回かしたら来てたので安心しました少々プラスですね、この次は大阪杯に勝負予定です、今日の地方競馬も予想コロアップしておりますので気になる方は自己責任の上よろしくお願いします、それでは。

[もっと見る]

ワールドカップの掲示板

コメント投稿
コメント一覧
コメントはありません。

ワールドカップの写真

投稿写真はありません。

ワールドカップの厩舎情報 VIP

2017年1月28日牛若丸ジャンプS8着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

ワールドカップの取材メモ VIP

2016年4月17日 障害4歳以上未勝利 1着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。