注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます!⇒いますぐ会員登録(無料)

トロットサンダー(競走馬)

注目ホース
写真一覧
抹消  鹿毛 1989年5月10日生
調教師相川勝敏(美浦)
馬主藤本 照男
生産者フラット牧場
生産地鵡川町
戦績13戦[7-1-2-3]
総賞金34,942万円
収得賞金8,275万円
英字表記Trot Thunder
血統 ダイナコスモス
血統 ][ 産駒 ]
ハンターコム
シヤダイワーデン
ラセーヌワンダ
血統 ][ 産駒 ]
テスコボーイ
ラ・セーヌ
兄弟 カツノビトンダイナラセーヌ
前走 1996/06/09 安田記念 G1
次走予定

トロットサンダーの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
96/06/09 東京 11 安田記念 G1 芝1600 176123.411** 牡7 58.0 横山典弘相川勝敏472(-4)1.33.1 -0.034.5⑫⑪タイキブリザード
96/05/11 東京 11 京王杯SC G2 芝1400 15583.323** 牡7 59.0 横山典弘相川勝敏476(+4)1.21.2 0.134.1⑭⑫ハートレイク
96/02/04 東京 11 東京新聞杯 G3 芝1600 166112.211** 牡7 58.0 横山典弘内藤一雄472(-2)1.34.4 -0.134.1⑨⑧メイショウユウシ
95/11/19 京都 11 マイルCS G1 芝1600 187138.541** 牡6 57.0 横山典弘相川勝敏474(-2)1.33.7 -0.234.8⑩⑫メイショウテゾロ
95/10/28 東京 11 アイルランド OP 芝1600 11782.311** 牡6 55.0 横山典弘相川勝敏476(0)1.33.3 -0.534.5⑧⑤エアチャリオット
95/10/08 東京 11 毎日王冠 G2 芝1800 144618.663** 牡6 57.0 横山典弘相川勝敏476(+2)1.48.9 0.535.0⑪⑪⑩スガノオージ
95/08/20 函館 11 函館記念 G3 芝2000 16487.637** 牡6 56.0 横山典弘相川勝敏474(+6)2.03.4 1.037.1⑮⑭⑭⑭インターマイウェイ
95/07/02 札幌 11 札幌記念 G3 芝2000 13572.017** 牡6 55.0 横山典弘相川勝敏468(-6)2.01.8 0.437.1スーパープレイ
95/05/20 東京 11 府中S 1500万下 芝1600 186112.911** 牡6 56.0 横山典弘相川勝敏474(+6)1.33.8 -0.435.3⑦⑥シンコウキング
95/03/12 中山 11 中山記念 G2 芝1800 123312.047** 牡6 57.0 横山典弘相川勝敏468(-4)1.50.8 0.535.1⑨⑧⑧⑧フジヤマケンザン
95/01/21 中山 11 初富士S 1500万下 芝1600 14113.411** 牡6 55.0 横山典弘相川勝敏472(+4)1.33.6 -0.335.4⑤⑨⑦クアドリフォリオ
94/12/04 中山 10 美浦特別 900万下 芝1800 1422--11** 牡5 56.0 横山典弘相川勝敏468(-6)1.47.7 -0.035.6④④マイネルロカビリー
94/07/17 札幌 10 日高特別 900万下 芝1800 1033--42** 牡5 57.0 横山典弘相川勝敏474(--)1.48.7 0.136.0⑧⑤⑤⑦タケノクラウン

トロットサンダーの関連ニュース

 いくぞっ、イチ、ニ、サン、ラー!秋のマイル王決定戦、マイルチャンピオンシップ(GI、芝1600メートル)が23日、京都競馬場で開催される。先週のエリザベス女王杯を含め、今秋のGIで5戦3勝と絶好調の“大王”こと森田実記者(43)の本命は、単勝前売り590円の(13)トーセンラー。12月14日に投開票される衆院選(同2日公示)を前に、ひと足早く“当選”を決め、昨年に続く連覇を達成する。

 今年のマイルCSは一見、難解なレースとなったが、自信はある。昨年の優勝馬(13)トーセンラーが史上6頭目となる連覇を飾り、名マイラーの仲間入りを果たす。

 前哨戦の京都大賞典は直線入り口まで馬群に包まれて動くに動けないシーンがあった。京都の3コーナーに控える下り坂で勢いをつけることはできなかったが、それでも上がり3ハロン(600メートル)33秒6の末脚で伸びて、前でスムーズな競馬をした勝ち馬ラストインパクトからコンマ3秒差の3着まで差を詰めた。しかも、メンバーの中で最も重い58キロを背負ってだ。

 あくまでも目標はマイルCSの連覇。4カ月ぶりの始動戦としてみれば内容は悪くなかった。GIの今回は57キロで出走できる上、休み明けを使われた効果も大きい。

 19日の最終追い切りは滋賀・栗東トレセンの坂路を躍動感あるフォームで駆け上がり、僚馬マトリックスコードに半馬身先着。ラスト1ハロン(200メートル)12秒2の好時計をマークした。手綱を取った武豊騎手は「昨年も状態はよかったけど、今年もいい。衰えはまったく感じません」と確かな感触をつかんでおり、「きっちり結果を出したい」とトーセンラーの連覇、さらに自身の2012年サダムパテックからの3連覇に意欲を見せる。

 京都の外回りコースは10戦して4勝、2着2回、3着3回、4着1回と得意。藤原英調教師も「(京都の)坂を利用して勝負するのは、この馬の専売特許。連覇できるように頑張りたい」とヤル気だ。

 1歳下の全弟スピルバーグは2日の天皇賞・秋を制しており、血の勢いもある。今回は賢兄が持ち前の瞬発力で圧倒する番だ。

 ○は同じ藤原英厩舎のフィエロ。高速決着に対応できるスピードを備えており、ワンツーも十分にある。▲はGI2勝馬ロゴタイプ。2戦無敗のマイルで変わり身を見せる。馬券は馬連で(8)(13)、(10)(13)、(9)(13)を本線に(13)から(12)(14)(15)。

 今秋のGIは5戦すべて重賞未勝利馬が制しているが、その流れをトーセンラーが断ち切る。 (森田実)

★外めの(13)番でも2位タイ

 マイルCSでトーセンラーと同じ(13)番だった馬は過去、1995年トロットサンダー、2000年アグネスデジタル、10年エーシンフォワード(いずれも〔7〕枠)と計3勝。馬番別成績で(7)番、(14)番と並んで2位だ。1位は(5)番の5勝で、昨年〔3〕枠(5)番だったトーセンラーの1勝が含まれている。

22日のトーセンラー

 連覇がかかる大一番を翌日に控え、栗東トレセンで最終調整。CWコースから坂路に入り、キビキビとした脚取りで駆け上がった。片桐助手は「順調です。いい状態ですし、京都も合う。特に言うことないですよ」と悠然と語った。

天気と馬場

 23日の京都競馬場周辺は「晴れ、昼過ぎから時々曇り」の予報。マイルCSは良馬場で行われる。森田大王の◎トーセンラーは京都コースが最も得意で、瞬発力が最大の武器。速い上がりタイムが出る馬場の適性が高く、スピード決着にも十分対応できる。

★マイルCSの枠順はこちら

【マイルCS】ストロング春秋統一だ 2012年11月13日(火) 05:04

 11日のエリザベス女王杯はレインボーダリアが関東馬として3年ぶりに優勝した。流れは東に向いており、18日のGIマイルチャンピオンシップ(芝1600メートル)でも関東馬に注目。安田記念でGI初制覇を飾ったストロングリターンはひと叩きして良化しており、史上6頭目の春秋古馬マイルGI連覇を狙う。

 安田記念優勝馬ストロングリターンが、マイルチャンピオンシップで史上6頭目となる春秋古馬マイルGI連覇へ向けて突き進む。

 「ある程度の位置で折り合って運べれば、いい脚を使えると思います」

 晩成の血が花開いた6歳馬に橋本調教助手が力を込める。安田記念は直線で末脚を爆発させ、GI2勝馬グランプリボスを下して初戴冠。タイム1分31秒3(良)は当時の日本レコードで、スピードと瞬発力をアピールした。

 全7勝中、東京で5勝と、府中向きのイメージが強いが、橋本助手は「好成績が偏っているのは広いコースを求めて使ってきたからでしょう。左にもたれる分、もしかしたら右回りの方が乗りやすいかも」と分析。直線が約400メートルの京都外回りなら持ち味を十分生かせそうだ。

 秋初戦の毎日王冠は7着と凡走したが、福永騎手が「スローのヨーイドンなら千八でもと思ったけど、ペースが速かったから」と振り返ったように参考外。当時から1ハロンの短縮は好材料で、叩いた効果も大きい。

 8日に美浦Wコースで行われた1週前追い切りでは、同厩のマイルCS組ファイナルフォームリアルインパクトを相手に上々の反応を見せて最先着。「調教駆けするタイプですが、叩いて良くなっているし、体つきも締まってきました」と橋本助手は良化ぶりを伝える。

 エリザベス女王杯ではレインボーダリアがこの秋、関東馬としてGI初制覇。関東に追い風も吹いてきた。3頭出しする堀厩舎の総大将ストロングリターンが、豪脚でターフを鮮やかに切り裂く。

 ◆マイルGI春秋連覇 春秋連覇は5頭いるが、ニホンピロウイナーは1984年、タイキシャトルは97年、ダイワメジャーは2006年のマイルCSもそれぞれ制しており、秋→春→秋のマイルGI3連覇。ほかに安田記念とマイルCSを制した馬は、ニッポーテイオー(87年マイルCS、88年安田記念)、オグリキャップ(89年マイルCS、90年安田記念)、トロットサンダー(95年マイルCS、96年安田記念)、アグネスデジタル(00年マイルCS、03年安田記念)がいる。

 サンスポ、エイト、夕フジ、Gallop 業界最大のボリュームを誇る『100人予想』! ★PCはこちらから ★スマホはこちらから

 「サンスポ予想王TV」入会案内 ★PCはこちらから ★スマホはこちらから

[もっと見る]

横山典騎手、史上5人目のJRA通算2000勝2009年07月18日() 17:16

 18日の札幌12Rでスギノブレイド(牡3歳、美浦・古賀史生厩舎)が1着となり、鞍上の横山典弘騎手(41)は武豊騎手、岡部幸雄氏、河内洋現調教師、増沢末夫氏に続いてJRA史上5人目となるJRA通算2000勝を達成した。

 横山典弘騎手は1986年デビューで、2年目には31勝を挙げた。初重賞となったのは3年目のウインターS(ソダカザン)で、GI初勝利は90年のエリザベス女王杯(キョウエイタップ)。

 その後はメジロライアントロットサンダーサクラローレルなどでGIを勝ち、98年の皐月賞をセイウンスカイで制しクラシック初制覇。セイウンスカイでは菊花賞も制した。なかなか勝てなかった日本ダービーも今年、ロジユニヴァースで初勝利し、デビュー23年目にして“ダービー・ジョッキー”の仲間入りを果たした。

 重賞はGI16を含む113勝で、現役では武豊騎手(260勝=7月17日現在)に次いで2位。JRA通算2000勝は武豊騎手(3235勝=7月17日現在)岡部幸雄氏(2943勝)、河内洋現調教師(2111勝)、増沢末夫氏(2016勝)に続いてJRA史上5人目。

[もっと見る]

トロットサンダーの関連コラム

閲覧 2,246ビュー コメント 0 ナイス 3

マイルCSの舞台、淀の千六は展開いらず。騎手の技量いらず。
___________________________

 マイルチャンピオンシップは、かつて「日本一堅いG1」と言われていました。1984年のレース創設から11年連続で1番人気が連対し、枠連、馬連配当100円台が連発していたのが理由です。しかし、暮れない日はないように、1995年には1番人気のビコーペガサスが4着に敗れ、トロットサンダー(4番人気)、メイショウテゾロ(14番人気)のワン、ツーで決着し、10万馬券が飛び出しました。それ以来、マイルCSで“日本一堅い”という表現があまり使われることがなくなりました。


■2016秋シーズン 『競馬プロ予想MAX』presents連載コラムについて詳しくはこちら
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7807



 では、なぜ1995年のマイルCSが荒れたのかというと、展開の紛れというよりも王者不在がもたらしたもの。それまでのマイルCSは、ニッポーテイオーオグリキャップのように天皇賞(秋)の連対馬などがマイルCSで1番人気に支持されて人気に応えてきました。また、マイルCSの創設当初から1990年初頭にかけて、外国馬が圧倒的に強かった時代。つまり、勝てるかどうかわからないジャパンCに出走するよりも、「手堅くマイルCSを勝って賞金を稼ぎたい」というのがその頃の風潮だったのです。

 しかし、ジャパンCで1992年にトウカイテイオーが勝ち、1993年はレガシーワールドが勝ち、1994年はマーベラスクラウンが勝って日本馬が3連覇すると、天皇賞(秋)の上位馬はマイルCSへは目を向けず、日本最高峰の賞金が用意されているジャパンCを目指すことが多くなりました。また、一度、天皇賞(秋)よりも距離の短いマイルCSを使うと、荒れ馬場のグランプリ有馬記念で積極的な競馬をしてバテてしまうという過去の傾向から、天皇賞(秋)の上位馬がマイルCSに出走することが激減しました。

 1995年のマイルCSは、天皇賞(秋)からの参戦馬は、イナズマタカオー(天皇賞(秋)・9着)のみという、天皇賞(秋)の上位馬不在の中で起こった波乱。また、2着馬メイショウテゾロは、勝ち馬トロットサンダーの直後からレースを進めて、楽な競馬が出来た部分があるにしても、トロットサンダーは翌年の安田記念も制したように、世間一般的に見てもフロックではありません。

続きは、VIPクラブ会員登録でご覧頂けます。
※限定公開期間終了後は、一般会員の方もご覧頂けます。
続きを読む
登録済みの方はこちらからログイン

2010年10月25日(月) 19:00 ウマニティ編集長
GIメモリアル 〜天皇賞(秋) 2010年への序章〜
閲覧 159ビュー コメント 0 ナイス 23

G汽瓮皀螢▲襦 2009年 天皇賞(秋)

 競馬を見始めたころ、7歳馬は大ベテランという認識だった。8歳馬ともなればピークを過ぎたオッサン。9歳以上はもはやおじいちゃん。そんな扱いが一般的だった。事実、15歳まで現役を続けた希代の個性派ミスタートウジンが、ギリギリ馬券になっていた9〜10歳ごろに、スポーツ紙に「今日も頑張るミスター老人」的な見出しが載ったと記憶している。それゆえに、8歳馬のトロットサンダーが安田記念を制したときは、感動すら覚えたものである。
 このトシでG気鮠,弔覆鵑討垢欧Аアッパレだ!
 これが当時の率直な感想である。馬券は持っていなかったけど……。

 というのはすべて、馬齢表記のルールが改められる前の時代の話。数え年ではなく満年齢を採用している国際表記に統一された21世紀以降、20世紀の競馬を語る際は数字をひとつ減らして考える必要性が出てきた。つまり、トロットサンダーがG気鮠,辰燭里錬刑仍ということになる。
 7歳馬によるG祇覇がいまの時代に達成されたらどんな感想を持つか?
 よく頑張ったなぁとは思うだろうが、おそらく感動まではしない。もちろん、驚きもしない。それだけ、高齢馬の活躍が当たり前になったからだ。
 育成技術、調教技術、治療技術は、設備面を含めて日進月歩しており、さらに新たなサプリメントが導入されるなど、飼料面でも常に進化が見られている。ここ10〜20年で、競馬は大きく変わった。競走馬の“現役寿命”が圧倒的に長くなった。

 しかしである。三つ子の魂百までではないが、最初にすり込まれた“常識”はなかなか払拭できるものではない。高齢馬は軽視できないという“新常識”は頭にあっても、いざ馬券を買う際にはどうしても嫌いたくなってしまう。
 わかっちゃいるけど、やめられない。
 もう、どうにもとまらない。
 いつまで経っても、植木等と山本リンダの恐怖の呪縛から抜け出せられないでいた。
 2009年11月1日、第140回天皇賞(秋)。迷うことなく2枠3番のカンパニーを消去した。確かに力の衰えは感じられない。ウオッカを下した毎日王冠も強かった。でも、8歳馬である。むかしでいえば9歳のおじいちゃんである。
 勝つわけがない。というより、勝っちゃいかんでしょう……。

 「年寄りをナメてもらっちゃ困るねぇ」
 直線で先頭に立ったとき、彼はそんなことをつぶやいていたかもしれない。カンパニーは、ウオッカをはじめとする、並みいるG鞠呂燭舛鯊爐韻堂勝した。好発。折り合って中団待機。直線で一気の抜け出し。上がり最速で1着。完璧だ。非の打ち所のない勝利とはまさにこのことだ。
 本当に、本当に、強かった。

 ただ1頭、芝コースの上を通ってスタンド前に引き揚げてきたカンパニー。鞍上の横山典弘が左手の人差し指を突き上げ、そのあとガッツポーズを繰り出す。そして、「コイツをもっと褒めてやってくれ。ホントに強い馬なんだ」といわんばかりに、パートナーを指差して、何度も何度もアピールした。
 ファンの割れんばかりの拍手と声援にカンパニーは大興奮。まだまだ走り足りないといった様子で、再び1〜2コーナーに向けて駆け出していった。まさかのウイニングランのアンコール。
 アナタは疲れというものを知らないのか!
 とてもではないが、激しいG汽譟璽垢鮴錣そえた馬とは思えなかった。

 検量室前にゆうゆうと戻ってきた勝者に関係者から拍手が送られ、横山が馬上で両手をあげてガッツポーズをつくる。すると突然、カンパニーは大暴走。もうちょっとで鞍上を振り落としそうな勢いで、枠場めがけて突進した。どうやら、体力は存分に有り余っているようである。
 脱帽という言葉はこういうときに使うべきなのだろう。帽子をかぶっていなかったから脱ぐことはできなかったけれど、やったような気持ちになりながら、心の中で小さく声をかけた。
 ごめんなさい。年寄りだとバカにして悪かった。アナタは若い。そして強い。なにより元気。

 口取り写真の撮影のときも気合いはいまだ入ったままで、幾度となく後ろに下がっては、関係者を慌てさせていたカンパニー。いくつになってもヤンチャさが抜けないその姿を見て、なんだかとてもほほ笑ましくなった。
 3週間後、もうひとつのG汽織ぅ肇襪鬚△辰気蠅伴蠱罎房め、カンパニーは現役を退いた。8歳の秋にして、引退前のレースを3連勝。しかも、内2つはG機そんな馬、見たことも聞いたこともない。
 これ以来、高齢馬だからといって、むやみに切り捨てることはなるべく控えるようになった。そのおかげで、何度かいい馬券を獲ることに成功している。『スーダラ節』と『どうにもとまらない』のしがらみから解放してくれたカンパニーは、ある意味恩人ともいえる存在なのである。(文中敬称略)

[もっと見る]

トロットサンダーの口コミ


口コミ一覧
閲覧 53ビュー コメント 2 ナイス 24

久しぶりの日記更新です

まあまあ体調も取り戻した感じで
またまた土曜日に競馬をしてます
疲れない程度に楽しみます

2場開催ってのも救われましたね

さて明日は東京新聞杯

昔、降雪でその日の全レースがダートに変更した時がありました
その時勝ったのが、ゴールデンアイでした
変更なのでクレード外になったのは残念でしたが
なーんだか覚えてます
明日は雪はないでしょうね(笑)

トロットサンダーにベストタイアップ
東京マイルは楽しみです

今日もプラスで行きたいですが
まずは楽しめたらと思います

GOOD LUCK !

トロットサンダーの掲示板

コメント投稿
コメント一覧
コメントはありません。

トロットサンダーの写真

投稿写真はありません。

トロットサンダーの厩舎情報 VIP

厩舎情報はありません。

トロットサンダーの取材メモ VIP

取材メモはありません。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。