トリリオネア(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
POGウォッチリストに登録すると、ウマニティPOGのPOGリストに追加できます。
今すぐ会員登録
トリリオネア
写真一覧
現役 牡3 鹿毛 2014年4月22日生
調教師小島太(美浦)
馬主H.H.シェイク・モハメド
生産者Darley
生産地
戦績10戦[1-1-0-8]
総賞金930万円
収得賞金400万円
英字表記Trillionaire
血統 Dubawi
血統 ][ 産駒 ]
Dubai Millennium
Zomaradah
Many Colours
血統 ][ 産駒 ]
Green Desert
First of Many
兄弟
前走 2017/12/09 3歳以上500万下
次走予定

トリリオネアの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
17/12/09 中山 7 3歳以上500万下 ダ1800 1661224.0812** 牡3 56.0 柴田善臣小島太466(+8)1.55.4 1.038.8⑭⑭⑮⑯ランニングウインド
17/11/12 東京 8 3歳以上500万下 ダ1400 161225.587** 牡3 56.0 柴田善臣小島太458(0)1.25.9 0.736.8⑪⑫ブロードアリュール
17/10/22 東京 6 3歳以上500万下 芝1600 1681622.0710** 牡3 55.0 田中勝春小島太458(0)1.43.2 2.240.8⑦⑧エンジニア
17/05/21 東京 6 3歳500万下 芝1600 1761212.1511** 牡3 56.0 柴田善臣小島太458(+6)1.34.4 1.033.8⑬⑬ソーグリッタリング
17/03/04 中山 9 黄梅賞 500万下 芝1600 8884.034** 牡3 56.0 蛯名正義小島太452(-6)1.37.4 0.234.9ハローユニコーン
17/02/11 東京 6 3歳500万下 芝1400 167143.217** 牡3 56.0 蛯名正義小島太458(-2)1.22.7 0.434.3⑭⑫ファンタジステラ
17/01/28 東京 10 クロッカスS OP 芝1400 11112.016** 牡3 56.0 柴田善臣小島太460(+4)1.22.4 0.233.5⑦⑦タイムトリップ
16/12/18 阪神 11 朝日杯FS G1 芝1600 1861146.7106** 牡2 55.0 松田大作小島太456(-10)1.36.2 0.834.9⑪⑫サトノアレス
16/11/27 東京 1 2歳未勝利 芝1400 17126.621** 牡2 55.0 柴田善臣小島太466(+2)1.22.8 -0.134.2⑮⑭ロジベスト
16/11/13 東京 6 2歳新馬 芝1400 13697.642** 牡2 55.0 柴田善臣小島太464(--)1.26.0 0.033.7⑪⑪ジャッキー

トリリオネアの関連ニュース

 ◆松山騎手(ボンセルヴィーソ3着) 「イメージ通りの競馬ができました。力をつけているし、これからが楽しみ」

 ◆柴田大騎手(トラスト5着) 「ゆっくり行きたかったが、スタートが速かった。ただ前よりは掛からなかった。距離は長くなっても大丈夫」

 ◆松田騎手(トリリオネア6着) 「最後は伸びている。いい馬ですし、すごく先がありそう」

 ◆M・デムーロ騎手(クリアザトラック7着) 「すごく掛かった。3角でペースが遅くなって我慢がきかなかった」

 ◆シュミノー騎手(レッドアンシェル8着) 「イレ込みがひどかった。道中、他馬と接触しさらにカッとなった」

 ◆松若騎手(アメリカズカップ9着) 「いい位置にはつけられた。ただデムーロ騎手の馬が引っ掛かってきたのが…」

 ◆和田騎手(ビーカーリー10着) 「直線でもう少しばらけてほしかった」

 ◆北村友騎手(ダイイチターミナル11着) 「距離はもう少し短い方がいい」

 ◆国分優騎手(アシャカリアン12着) 「内枠で力のいる馬場を走らされた。パンパンの方がいい」

 ◆ルメール騎手(ダンビュライト13着) 「ペースが遅すぎた。反応も鈍かった」

★18日阪神11R「朝日杯FS」の着順&払戻金はこちら

【朝日杯FS】レースを終えて…関係者談話2016年12月19日(月) 05:03

 ◆松山騎手(ボンセルヴィーソ3着) 「イメージ通りの競馬ができました。力をつけているし、これからが楽しみ」

 ◆柴田大騎手(トラスト5着) 「ゆっくり行きたかったが、スタートが速かった。ただ前よりは掛からなかった。距離は長くなっても大丈夫」

 ◆松田騎手(トリリオネア6着) 「最後は伸びている。いい馬ですし、すごく先がありそう」

 ◆M・デムーロ騎手(クリアザトラック7着) 「すごく掛かった。3角でペースが遅くなって我慢がきかなかった」

 ◆シュミノー騎手(レッドアンシェル8着) 「イレ込みがひどかった。道中、他馬と接触しさらにカッとなった」

 ◆松若騎手(アメリカズカップ9着) 「いい位置にはつけられた。ただデムーロ騎手の馬が引っ掛かってきたのが…」

 ◆和田騎手(ビーカーリー10着) 「直線でもう少しばらけてほしかった」

 ◆北村友騎手(ダイイチターミナル11着) 「距離はもう少し短い方がいい」

 ◆国分優騎手(アシャカリアン12着) 「内枠で力のいる馬場を走らされた。パンパンの方がいい」

 ◆ルメール騎手(ダンビュライト13着) 「ペースが遅すぎた。反応も鈍かった」

 

[もっと見る]

【朝日杯FS】最新ナマ情報2016年12月18日() 05:03

◆距離は問題ない〔1〕レヴァンテライオン

 函館2歳Sの覇者。坂路を4ハロン63秒1−16秒5でゆったりと駆け上がった。久保助手は「元気いっぱいでした。なるべくテンションを上げないように。順調に来ていますし、距離は心配していない」と胸を張った。

◆初芝もデキいい〔2〕アシャカリアン

 ダートの未勝利戦を勝ち上がっての参戦。CWコースを1周し、体をほぐした。「まだ1勝馬だからね。一回は芝を使ってみたいなとは思っていた。(状態は)良くなっていますよ。枠もいいんじゃないかな」と才川厩務員は話した。

◆スピードに自信〔3〕リンクスゼロ

 逃げて2勝しており、好枠だけに主導権を奪うことも十分に考えられる。厩舎周りの引き運動のみ。「この枠なら行く形になりそう。馬は前走の地方交流重賞を使って良化しています。1600メートルも問題ないですよ」。日高助手はスピードと粘りに期待をかける。

◆内から一発狙う〔4〕ボンセルヴィーソ

 軽めのキャンターで最終調整を終えた。池添学調教師は「気合も乗っているし、体をほぐす程度。内枠が欲しかったし、いい枠です。ゲートをうまく出て、内ラチ沿いをスムーズに進みたい」と一発を狙う。

◆「鞍上にお任せ」〔5〕タガノアシュラ

 黄菊賞を勝って参戦。ポリトラックから坂路(4ハロン68秒7)のメニューをこなした。「リラックスしていましたね。掛かることなくいい感じ。順調だし、あとは乗り役(武豊騎手)にお任せします」と五十嵐調教師は泰然自若の構えだ。

◆新馬より落ち着き〔6〕クリアザトラック

 昨年のリオンディーズに続いて2連覇を狙う角居厩舎の好素質馬は、Eコースを軽く周回。角居調教師は「新馬を使ったことでカイバ食いが安定しました。テンションも新馬当時より落ち着いている。スピードがあって追ってしっかりしています」と上々の感触。

◆勝ち負けになる〔8〕ダンビュライト

 坂路を4ハロン68秒2−17秒9でごく軽めの登坂。「じっくり間隔を取りながら来て、体もプラス6キロ〜10キロぐらいで理想的に成長。新馬は不良で圧勝したが、瞬発力をもっているから良馬場の方がもっといい」。音無調教師は勝ち負けを意識する。

◆体ほぐし好感触〔10〕モンドキャンノ

 函館2歳S2着のあと、京王杯2歳SをV。角馬場で体をほぐしたあと、4ハロン63秒4で登坂した。藤巻助手は「しまいをスッと伸ばす感じでやりました。追い切りも無理をさせていないし、リラックスして競馬にいけたら」と好感触を伝えた。

◆未知数な部分魅力〔11〕トリリオネア

 午後0時23分に阪神競馬場に到着し、寝わらをはむなど落ち着いた様子をみせた。「新馬戦も未勝利戦も馬運車の中でゴロンとしていたぐらいで、問題ない。末脚もそうですが、操縦性が高い。まだ未知数な部分はあるが、逆にそれが魅力」と江藤助手は色気をみせた。

[もっと見る]

【朝日杯FS】最新ナマ情報2016年12月17日() 05:03

◆精神面気がかり〔1〕レヴァンテライオン

 函館2歳Sの覇者は〔1〕枠(1)番。「今度は最内になりましたが、乗りやすい馬なので外すぎる枠はイヤだった。今回は初の当日輸送が課題ですが、阪神のマイルでも落ち着きさえあれば」と、久保助手は当日の精神面だけを気にかける。

◆初の芝もいける〔2〕アシャカリアン

 先週の同舞台のGIを勝ったソウルスターリングと同じ〔1〕枠(2)番。「ゲートは速くないので枠はどこでもよかった。初の芝だが、手先が軽くて1400メートルダートの最初の芝も苦にしていなかったからね」。大根田調教師は未知の魅力にかける。

◆内から逃げ宣言〔3〕リンクスゼロ

 過去10年で3勝をマークする〔2〕枠(3)番をゲット。日高助手は「内が欲しかったので、ここなら行く形になるでしょう。前回はダートで外から寄られて行けなかっただけですから」と堂々の逃亡宣言。過去の2勝はともに逃げ切り勝ちだ。

◆鞍上に任せます〔4〕ボンセルヴィーソ

 デイリー杯2歳S2着馬は〔2〕枠(4)番。松尾助手は「いいんじゃないですか。前に行く馬もいるだろうし、いい位置が取れそう。包まれても辛抱できます。ゲートが開いてからあとはジョッキーが考えてくれます」と話した。

◆外枠欲しかった〔5〕タガノアシュラ

 スピード豊かで3戦2勝のマンハッタンカフェ産駒は、〔3〕枠(5)番に決まった。好枠かと思いきや、五十嵐調教師は「逃げにこだわらないから、内を見ながら気分よく行ける外枠が欲しかったね。救いは内に逃げそうな馬がいるところだが…」と、少し複雑な表情。

◆角居師の期待大〔6〕クリアザトラック

 1戦1勝のディープインパクト産駒は〔3〕枠(6)番。「内の逃げ馬を見ながら行けそうだし、偶数でいい枠。血統的にも能力的にも買っている馬だし現時点でどれだけやれるか見てみたい」と、角居調教師の期待は大きい。

◆周り見て行ける〔8〕ダンビュライト

 サウジアラビアロイヤルC2着馬は、〔4〕枠(8)番の理想的な好枠を引き当てた。「ここなら内、外の出方を見てスムーズな競馬ができそう。前回のレースでは内にモタれたが、今度は大丈夫でしょう」と、音無調教師は好感触だった。

◆変わりなく良好〔10〕モンドキャンノ

 京王杯2歳Sの勝ち馬は〔5〕枠(10)番。安田調教師は「前に壁をつくれる枠がよかったから、いいね。あとは折り合ってくれるか。気配は変わりなく来ている」と満足の表情。前走から8キロ増だった調教後の馬体重も「輸送で少し減るし、前回と同じぐらいになりそう」と話した。

◆乗り替わりOK〔11〕トリリオネア

 7分の4の抽選を突破した末脚自慢は、〔6〕枠(11)番からスタートする。「いい枠だね。2戦目の勝ちっぷりが良く、抽選を通って流れもいい。セールスポイントは内面が強いところ。マイルの方が追走が楽で、引っ掛かるところもない。乗り替わりでも大丈夫」と小島太調教師は満足げな表情。

◆無欲の一発狙う〔12〕トーホウドミンゴ

 〔6〕枠(12)番の枠順に谷調教師は「後ろからいくわけだから枠は関係ない。ゲートも速いわけじゃないしね。最初は弱いところがあったけど、休ませて全体的に大きくなった」と無欲の一発を狙う。

◆前走から6キロ減も意に介さず〔13〕ミスエルテ

 16日のミスエルテ厩舎周りで軽めの運動をこなし、午前9時に確定した枠順は〔7〕枠(13)番。「まあまあな感じやな。もう少し内でもよかったけど、大外じゃなかったら枠はどこでもよかった」と齊藤助手。前日に発表された調教後の馬体重は前走から6キロ減っていたが「前回も競馬にいって4キロ増えてるからね」と意に介していなかった。

◆枠も距離もいい〔14〕ブルベアバブーン

 ダートで3戦2勝、芝は新馬戦16着以来となる。枠順は〔7〕枠(14)番。藤沢則調教師は「包まれる競馬はいやだったので外枠でよかった。距離のマイルはいいと思いますが、芝はまだ手探り。しまいでどれだけ伸びるかでしょう」と期待と不安が半々の表情。

[もっと見る]

【東西現場記者走る】第1関門“クリア”ザトラック! 2016年12月16日(金) 05:08

 1週間の密着取材で勝ち馬を探し出すGI企画。朝日杯FSを担当する大阪サンスポのルーキー・山口大輝記者(25)は連載4日目、1勝馬のクリアザトラックに注目した。メンバーが確定した15日、抽選を突破し出走が可能に。昨年優勝のリオンディーズと同じ角居厩舎&ミルコ・デムーロ騎手のコンビだけに、一発ムードが漂う。

 密着取材も後半戦に突入。気合を入れ直し、調教スタンドに向け、自転車をこいでいると、たまたま見上げた空にきれいなお月様がみえた。少し、得をしたような気分に。取材の足取りもなんだか軽くなったような気がした。

 朝の取材を終えると、この日一番重要な出走馬抽選を見届けるため、トレセン事務所内の投票所へ。午後2時の発表の瞬間、心の中でガッツポーズ。取材をしたかったクリアザトラックが見事、7分の4の確率で“第1関門”を突破した。

 「入ってくれてよかったです。変わらず順調で落ち着きもあります」

 幸運をつかんだ岸本助手の声も弾んでいた。11月京都の新馬戦(芝1600メートル)を1馬身半差で快勝。1勝馬ながら2歳王者を目指すべく、鍛錬を積んできた。岸本助手は「スピードはあるし、競馬にいけば折り合いも大丈夫。このメンバーでも十分に走れると思います」と自信をみせた。

 角居厩舎&M・デムーロ騎手は昨年、同じ1戦1勝のリオンディーズで挑み、栄冠をつかんだ。鞍上が新馬戦のあとに「追い切りの動きがよかったし、自信を持っていました。距離はこれぐらい(1600メートル)がいい。力があります」とパートナーをたたえていたことを思い出した。

 ボレアス(レパードS)やカミノタサハラ(弥生賞)など、兄は早い時期から活躍。角居調教師も「いいスピードがある。競馬は上手な感じですね」と話すように、現時点での完成度の高さがうかがえる。

 14日の最終追い切りでは稍重の芝コースで6ハロン82秒3−12秒8。単走で、のびのびと走る姿が好印象だった。時計以上の軽い動きにも、心が傾いた。誰もが認める素質馬が、スタートラインに立った。運も実力のうち。激走のにおいがするが、まだ時間はある。きょう発表される枠順でも、運を味方につける馬を探したい。(山口大輝)

★抽選

 朝日杯FSは収得賞金400万円の7頭が4頭分の出走枠を巡り抽選となり、アシャカリアンクリアザトラックトリリオネアトーホウドミンゴが抽選をクリアし、サングレーザーヒロシゲグローリーマテラレックスが除外となった。

★朝日杯フューチュリティSの枠順はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【朝日杯FS】東西調教ウオッチャー2016年12月16日(金) 05:06

 今週の東西調教ウオッチャーは、朝日杯FSが対象。美浦から東京サンスポの片岡記者、栗東からは大阪サンスポの川端、片山記者、競馬エイトの明木トラックマンが、調教から狙える馬をピックアップした。

 片岡 今週は関西のフランケル産駒に注目でしょ。

 明木 そう。牝馬のミスエルテがよく見えました。1ハロン手前まで馬の後ろに入れて、内に切り替えてからスパッと切れた。今の時期の2歳なら牡牝の違いもそんなにないでしょう。

 川端 まだ我慢が利かない感じもありましたが、馬なりのままでラスト1ハロン12秒0。最後は3角付近で外からかわされたアドマイヤデウス有馬記念に出走)を抜き返す根性も見せた。

 片山 穴っぽいところではレヴァンテライオンの動きが良かった。体重が軽い坂井騎手が乗ったとはいえ、坂路でラスト1ハロン11秒8は秀逸。4ハロン53秒2も、水曜の馬場を考えれば優秀な部類やと思う。

 片岡 美浦ではサトノアレス。半マイル追いだったけど、リズミカルな動きで状態に不安なし。もともと見栄えする馬だが、さらによく見せるよ。

 川端 そのほかではどうですか。

 片岡 ダイイチターミナルはPコースで活発な動きを見せて、これも体調がいい。抽選突破のトリリオネアはしまい一手で粗削りだが、使いながら気配は上昇。穴で一発があるかも。

★朝日杯フューチュリティSの枠順はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

⇒もっと見る

トリリオネアの関連コラム

閲覧 2,329ビュー コメント 0 ナイス 7

週末の注目レースを伊吹雅也プロが「1点」の傾向に注目して分析するウマニティ会員専用コラム。「さらにプラス1!」として挙げている種牡馬別成績も含め、ぜひ予想にご活用下さい。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


▼2017年01月28日(土) 東京10R クロッカスステークス
【“JRAのレース”において出走メンバー中1位の上がり3ハロンタイムをマークした経験の有無別成績(2008年以降)】
●あり [8-8-9-39](複勝率39.1%)
●なし [1-1-0-41](複勝率4.7%)
→“末脚”を重視したい一戦。特別登録を行った馬のうち、“JRAのレース”において出走メンバー中1位の上がり3ハロンタイムをマークした経験があるのは、キンシノクリーントリリオネアブラックランナーマテラレックスの4頭だけです。

<<さらにプラス1!>>
【『血統大全』このコースの“消し”】
東京芝1400m×タイキシャトル×無条件
→複勝率6.7%、複勝回収率39%


▼2017年01月28日(土) 東京11R 白富士ステークス
【馬齢別成績(2010年以降)】
●5歳以下 [7-4-4-10](複勝率60.0%)
●6歳以上 [0-3-3-54](複勝率10.0%)
→5歳以下の若い馬は素直に信頼して良さそう。一方、馬齢が6歳以上だった馬のうち、前走の着順が4着以下だった馬は2010年以降[0-0-2-49](複勝率3.9%)と苦戦していました。


▼2017年01月29日(日) 京都11R シルクロードステークス

続きは、ウマニティ会員登録(無料会員)でご覧頂けます。
※限定公開期間終了後は、非会員の方もご覧頂けます。
続きを読む
登録済みの方はこちらからログイン

2016年12月22日(木) 17:21 競馬プロ予想MAX
先週の回顧〜(12/17〜12/18)いっくんプロ他15名が回収率100%超を記録!
閲覧 719ビュー コメント 0 ナイス 2

先週は11(日)に阪神競馬場でG1朝日杯フューチュリティステークスが行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
G1朝日杯フューチュリティステークスミスエルテが2.4倍で1番人気、続いてダンビュライト4.5倍、クリアザトラック7.7倍とここまでが10倍を切る形で人気を形成しました。
 
注目のスタートはややバラつきますが、内から好スタートを決めたボンセルヴィーソがレースを引っ張ります。2番手にややかかり気味にトラスト、続いてクリアザトラックレヴァンテライオンレッドアンシェルダンビュライトアメリカズカップと続いて先行集団を形成。中団からはリンクスゼロビーカーリーミスエルテトリリオネアが追走。2馬身ほど間が空いてサトノアレスタガノアシュラモンドキャンノトーホウドミンゴダイイチターミナルと続いて最後方にアシャカリアンの態勢。
 
前半の600m通過は35秒6(参考)のやや速い流れ、ボンセルヴィーソが先頭で直線コースへ差し掛かります。
 
先頭はボンセルヴィーソでリードは1馬身、直後にトラストクリアザトラック、最内からはレヴァンテライオン、外からはアメリカズカップミスエルテが追い込み態勢。
 
残り200mを通過、ここで大外から1頭違う脚でグングン差を詰めてきたサトノアレスが逃げるボンセルヴィーソを交わして先頭!残り100m、そのまま押し切りを図るサトノアレスに坂を上がってモンドキャンノが猛追!2頭の叩き合いとなりますがサトノアレスがこの追撃を凌いで優勝しました!勝ちタイムは1分35秒4(良)。半馬身差の2着にモンドキャンノ、そこから2馬身差の3着にボンセルヴィーソが入っています。
 
公認プロ予想家ではマカロニスタンダーズプロほか15名が的中しています。
 
------------------------------------------------------------------------------
 
☆☆☆注目プロ →いっくんプロ
18(日)中山12Rで◎ルグランパントルオートクレールの2頭流し3連単で549.9倍を500円的中!27万4950円を払い戻しました!さらに勝負レースに指定した中山11Rでも○◎▲の本線的中で12万9350円を払い戻し!週末トータル回収率130%、収支プラス22万2500円をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →西野圭吾育成プロ
勝負レースに選んだ17(土)阪神11Rで『瞬発力勝負では厳しいが、渋とさある。今の阪神の馬場にピタリ、外回りでスンナリ先行できそう』と狙った◎マイネルアウラートの単勝13.4倍を2500円、馬連38.6倍を2000円的中させました!週末トータル回収率146%、収支プラス9万6980円をマークしています。
  
☆☆☆注目プロ →はははふほほほプロ
18(日)中山9Rで『久しぶりの中山だが相性は悪くない。中団からの競馬。上手く前が開けば勝負になる。』と狙った伏兵◎アサクサスターズ(35.6倍)の単複を的中させ、11万6000円を払い戻し!17(土)阪神10Rでも◎ムーンエクスプレスの単勝を1万円的中させ、12万9000円を払い戻し!週末トータル回収率115%、収支プラス11万1400円をマークしています。
  
☆☆☆注目プロ →馬っしぐらプロ
17(土)阪神10Rで◎ムーンエクスプレスの単勝12.9倍、ワイド28.4倍を的中!さらに中山11Rで○マジックタイムレッツゴードンキの本線決着や阪神11Rの▲マイネルアウラートの単勝的中など的中連発!週末トータル的中率70%、回収率197%をマークしています。
 
この他にも覆面ドクター・英プロ(124%)、シムーンプロ(114%)、霧プロ(110%)、馬券生活プロ(105%)、スガダイプロ(103%)、ジョアプロ(100%)が週末トータル回収率100%超の活躍を見せています。
 
※全レースの結果速報はこちら
 
今週もウマニティ競馬プロ予想MAXにご期待ください!

[もっと見る]

2016年12月7日(水) 12:15 伊吹雅也
伊吹雅也のPOG分析室 (2016) 〜第8回 U指数で見る条件別高パフォーマンス馬
閲覧 2,979ビュー コメント 0 ナイス 2

 2016年の2歳戦もいよいよ大詰め。12月11日には阪神ジュベナイルフィリーズ(2歳G機阪神芝1600m外)が、12月18日には朝日杯フューチュリティステークス(2歳G機阪神芝1600m外)が施行される予定で、既に両レースとも特別登録馬が発表されました。朝日杯フューチュリティステークスを牝馬(ビーカーリーミスエルテ)が勝たない限り、おそらくJRA賞最優秀2歳牡馬やJRA賞最優秀2歳牝馬のタイトルは両G気陵ゾ’呂受賞することになるでしょう。出馬投票後の抽選を含め、POGプレイヤーの多くが指名馬の動向に一喜一憂する時期ですね。ウマニティPOG2016の参加者にとってはシーズンB(9月10日〜12月25日)の最終盤であり、向こう3週のレース結果はシーズン表彰争いにも大きく係わってきます。

 もちろん「G気2鞍に登録した馬がいない」「ランキングの上位にいるわけでもない」という皆さんは寂しい思いをしていらっしゃるでしょうが、そうした方々にも逆転のチャンスがないわけではありません。GI、GII、GIII、オープンの各ワールドは12月5日に今シーズン最後の仮想オーナー募集枠開放が行われ、既にデビューした馬を含むすべての2歳馬が入札可能な状態となりました。指名枠がまだ残っており、なおかつ他のプレイヤーよりも高いポイントを入札すれば、阪神ジュベナイルフィリーズ朝日杯フューチュリティステークスの有力候補を自身のラインナップに加えることができるのです。そもそも、2016-2017シーズン全体からすると、この時期はまだ中盤戦。最終順位に影響してくるようなビッグレースはだいぶ先ですから、年明け以降の重賞で活躍してくれそうな馬を今のうちに確保しておくという手もあります。

 今回はそんなプレイヤーのニーズに応えるべく、ウマニティ独自のスピード指数「U指数(結果U指数)」を参考に、過去のレースで見せたパフォーマンスを順位付けしてみました。なお、以前の当コラムでも指摘した通り、「U指数」は新馬のレースがもっとも高い数値になりにくく、格の高いレースほど高い数値が出やすい指標です。こうした特性や施行レース数を考慮し、今回は「新馬/芝1400m以下」「新馬/芝1500m以上」「新馬/ダート」「未勝利/芝1400m以下」「未勝利/芝1500m以上」「未勝利/ダート」「500万下から上のクラス/芝1400m以下」「500万下から上のクラス/芝1500m以上」「500万下から上のクラス/ダート」の9カテゴリーについて、「U指数」ベスト10のランキングを作成。集計対象は2016年11月27日までに施行されたJRA、かつ2歳限定のレースとしています。


<新馬/芝1400m以下>

●8月7日 小倉06R レーヌミノル 84.7
●9月17日 阪神05R アグネスジュレップ 84.6
●6月25日 函館05R ロイヤルメジャー 84.3
●10月1日 中山05R マイネルアムニス 83.9
●6月19日 東京06R アエロリット 82.8
●8月14日 小倉05R メイソンジュニア 82.6
●6月5日 阪神05R アンジュシャルマン 82.6
●11月20日 京都06R サリネロ 82.5
●6月5日 阪神05R マイネルパラディ 81.7
●10月23日 東京04R ジョーストリクトリ 81.6


<新馬/芝1500m以上>

●11月26日 京都05R ミリッサ 86.1
●11月26日 京都05R パンサーバローズ 84.6
●11月26日 東京05R バリングラ 83.8
●11月19日 東京05R サーベラージュ 83.7
●11月20日 東京06R ハナレイムーン 83.6
●10月23日 新潟05R リカビトス 83.3
●11月6日 東京05R ダイワキャグニー 83.0
●11月5日 京都07R クリアザトラック 82.5
●11月26日 京都05R マイスタイル 82.4
●11月6日 東京05R パルフェクォーツ 82.3


<新馬/ダート>

●10月29日 京都04R ヒップホップスワン 87.7
●10月29日 京都04R スーパーモリオン 87.7
●11月5日 京都06R アップビート 85.5
●11月26日 京都06R ラビットラン 85.5
●11月6日 東京04R オールドベイリー 84.3
●11月6日 東京04R アースオブフェイム 84.3
●11月26日 東京06R サンライズノヴァ 84.2
●10月1日 阪神06R アイアンテーラー 83.4
●11月26日 東京06R ショウブニデル 83.2
●6月18日 阪神05R ディオスコリダー 83.1


<未勝利/芝1400m以下>

●8月28日 新潟02R レジーナフォルテ 91.6
●11月5日 京都03R アリンナ 87.7
●11月19日 京都02R イリスファルコン 87.1
●10月16日 新潟03R サンバダンサー 86.9
●10月15日 新潟05R ディアドラ 86.7
●11月19日 福島03R ファンタジーボール 86.6
●7月24日 福島01R ダイイチターミナル 86.6
●8月21日 新潟01R ディバインコード 86.5
●11月27日 東京01R トリリオネア 86.3
●10月9日 東京03R ドウディ 86.3


<未勝利/芝1500m以上>

●10月29日 京都03R ピスカデーラ 86.6
●11月12日 京都03R ヒロシゲグローリー 86.5
●11月12日 福島04R エンドゲーム 86.2
●9月3日 小倉02R ナムラライラ 86.1
●10月8日 京都03R プラチナヴォイス 86.0
●10月29日 京都03R スピリットソウル 85.9
●8月13日 小倉02R アダムバローズ 85.6
●10月16日 京都03R ハムレット 85.6
●11月13日 東京01R アルミレーナ 85.0
●11月6日 京都04R ソーグリッタリング 84.9


<未勝利/ダート>

●11月26日 京都02R ローズストリート 90.5
●11月6日 福島01R キンシノクリーン 88.9
●11月6日 福島01R サンタアズライト 88.9
●8月27日 札幌01R ハシルキセキ 88.5
●8月13日 札幌01R ハヤブサナンデダロ 87.6
●11月19日 福島01R サンタアズライト 87.6
●11月26日 京都02R ブルベアラクーン 87.2
●10月29日 京都01R メイショウジーク 86.7
●11月13日 福島01R スーパーモリオン 86.2
●11月12日 京都02R サトノクリエション 86.2
●11月12日 京都02R タガノディグオ 86.2


<500万下から上のクラス/芝1400m以下>

●9月4日 小倉11R 小倉2歳S レーヌミノル 99.0
●11月13日 福島10R 福島2歳S メイソンジュニア 97.0
●11月13日 福島10R 福島2歳S マイネルバールマン 94.9
●11月5日 東京11R 京王杯2歳S モンドキャンノ 94.0
●11月5日 東京11R 京王杯2歳S レーヌミノル 93.1
●11月20日 京都09R 秋明菊賞 アリンナ 91.9
●7月24日 函館11R 函館2歳S レヴァンテライオン 90.9
●11月13日 福島10R 福島2歳S ウランゲル 90.8
●10月1日 中山09R カンナS タイムトリップ 90.4
●10月30日 京都06R ビーカーリー 90.2


<500万下から上のクラス/芝1500m以上>

●11月12日 京都11R デイリー杯2歳S ジューヌエコール 94.5
●11月12日 京都11R デイリー杯2歳S ボンセルヴィーソ 94.5
●11月12日 京都11R デイリー杯2歳S サングレーザー 93.7
●11月12日 京都11R デイリー杯2歳S ディーパワンサ 93.7
●10月8日 東京11R サウジアラビアRC ブレスジャーニー 93.4
●11月12日 京都11R デイリー杯2歳S ベルカプリ 93.0
●10月8日 東京11R サウジアラビアRC ダンビュライト 91.9
●10月29日 東京11R アルテミスS リスグラシュー 91.6
●10月22日 東京09R アイビーS ソウルスターリング 91.4
●11月27日 京都09R 白菊賞 ゴールドケープ 91.2


<500万下から上のクラス/ダート>

●10月23日 京都08R なでしこ賞 ハングリーベン 90.5
●10月15日 東京09R プラタナス賞 エピカリス 89.0
●11月12日 東京09R オキザリス賞 シゲルコング 89.0
●11月12日 東京09R オキザリス賞 シゲルベンガルトラ 89.0
●11月12日 東京09R オキザリス賞 レッドオーガー 89.0
●10月23日 京都08R なでしこ賞 ゲキリン 88.8
●10月23日 京都08R なでしこ賞 シゲルベンガルトラ 88.8
●11月12日 東京09R オキザリス賞 グッドヒューマー 88.4
●11月12日 東京09R オキザリス賞 サザンボルケーノ 87.9
●11月19日 京都09R もちの木賞 ブルベアバブーン 87.8
●11月19日 京都09R もちの木賞 シロニイ 87.8


 各馬の指名(入札)状況はワールドごとに異なるため、「募集馬を探す」のページからご確認ください。人気の盲点になっている素質馬を見つけられれば、残り半年のシーズンで大きな戦力となってくれるはずです。

※今シーズンのPOGコラムは今回が最終更新となります。

■執筆者プロフィール
伊吹 雅也(いぶき・まさや)

埼玉県桶川市在住のフリーライター、競馬評論家。JRAホームページ内『今週の注目レース』で「データ分析」のコーナーを担当しているほか、グリーンチャンネル、JRAのレーシングプログラムなどさまざまなメディアを舞台に活動している。主な著作に『コース別 本当に儲かる血統大全』(ガイドワークス)、『コース別 本当に儲かる騎手大全』(ガイドワークス)、『一口馬主の愉しみ(競馬道OnLine新書)』(スタンダードマガジン)、『門外不出! 投票データから分かった! WIN5の鋭い買い方』(東邦出版)、『WIN5(五重勝)ほど儲かる馬券はない!! 少点数で驚愕配当をモノにする絶対的セオリー(競馬王新書)』(白夜書房)。POG関連メディアの制作にもさまざまな形で携わっており、ウマニティPOG2014では最高位クラスのスペシャルワールドにおいて優勝を果たした。

[もっと見る]

トリリオネアの口コミ


口コミ一覧

2日間の結果

 競馬が大好き(複勝男 2017年2月2日(木) 00:31

閲覧 54ビュー コメント 0 ナイス 5

反省会

クロッカスS

トリリオネア 6着 2.0倍

いい脚は使ったが
瞬発力勝負になって
力差が縮まって伸び負け


中京スポーツ杯

アグネスユーリヤ 6着 4.0倍


伸び負けたが状態も良くなかったかなと


鞍ヶ池特別

サウンドバーニング 11着 6.4倍

ちょっとわかりません



梅花賞

スパークルメノウ 4着 2.5倍

伸びてはいたが・・・


セントポーリア賞

コロナシオン 10着 7.1倍

空回りしてますね
馬の走る気持ちなのかなぁ

 銀色のサムライ 2017年1月30日(月) 19:31
馬券メモ(2017/1/28〜29)
閲覧 132ビュー コメント 0 ナイス 7

高松宮記念を目指すものと思われていたミッキーアイルの現役引退が発表されました。

3歳時から重賞戦線で活躍していましたし、
G1・2勝という実績以上に頑張っていた、というイメージを強く持っています。

息の長い活躍を見せてくれた馬ですから、
種牡馬になっても長期間活躍できる仔を輩出してもらいたです。

お疲れ様でした。


それでは、先週の本命馬の回顧をお届けします。


【2回京都1日】

■7R アースシンフォニー 4着

前残りの展開確実でも地力の違いで差し切れると思っていたんですけどね…。
勝負どころでエンジンが掛からずに流れ込んだだけ、というレースになってしまいました。

■8R ドリームハヤテ 5着

楽な単騎逃げに持ち込む、という理想的な展開だったんですが、掲示板確保がやっとでした。
昨秋の悪い頃よりは良くなっている印象があるので、相手次第ではオープンでも通用すると思います。

■9R アウステルリッツ 2着

前々から粘り込む競馬で2着を確保。
キレる脚が無い、というハービンジャー産駒の特徴をそのまま受け継いでいるような馬なので、
今後も長めの距離で上がりが掛かる馬場状態になれば好勝負してくると思います。

■10R ガルデルスリール 9着

好スタートだったのに何故か控えてしまいました。
前付けできていれば3着はあったかもしれない展開だったので、とても残念です。

■11R サウススターマン 2着\(^o^)/

コウエイエンブレムとの真っ向勝負に出ましたが、完敗でしたね。
相手もスムーズな競馬をしていましたし、最後は瞬発力の差が出てしまいました。

■12R ショウナンカイドウ 5着

好位の外めで脚を溜める競馬をしましたが、速い決着時計に対応できませんでした。
もっと時計の掛かる馬場、あるいは阪神コースであれば一変可能だと思います。


【1回東京1日】

■7R ハイランドピーク 3着

東京ダート1600mは内枠不利、という常識を無視した結果、ダメでした。
未勝利の勝ちっぷりが良かっただけに期待したのですが…。

■8R フィラーレ 12着

上がり3ハロン最速をマークして5着に入った前走を評価しましたが、
最も得意とする東京1400mでも全然でした。

■9R イーグルフェザー 2着

前走よりも相手が弱くなっている印象があったので、楽に勝ち切れるだろうと考えていました。
直線でスムーズさを欠いたとはいえ、ここで負けてしまったのはいただけません。

■10R トリリオネア 6着

勝ち馬と枠が逆だったらこちらが好走したのかもしれませんけど、
未勝利勝ちしかない馬がオープン勝ちの馬を差し置いて1番人気になっているのは明らかに過剰人気ですよね…。

■11R マイネルラフレシア 10着

道中は2番手の位置で折り合っているように見えましたが、直線で伸びを欠いてしまいました。
オッズほどの実力も無かったのかな?と思っています。

■12R シャララ 4着

単騎逃げが叶いそうだったのですが、折り合いを欠いたムーンクエイクに外から来られ、
マイペースで逃げられなかったのが痛かったです。
次走は叩き2戦目になりますし、次こそが狙い目かもしれません。


【1回中京5日】

■7R ベラポーサ 5着

2走前の勝ちっぷりが良かったので◎にしましたが、直線で外に出す事ができず凡退。
相手に選んだ馬は全て来ているんですけどね…。

■8R カレンラストショー 1着\(^o^)/

距離短縮だったので、ポジション取りに苦労する可能性も考えていたのですが、全く問題なかったです。
今回は相手に恵まれましたし、3kg減量も大きかったです。

■9R サトノメダリスト 5着

今回のメンバー構成でハナを奪えないとは…。
ワンペースな馬だけに、自分のレースが出来ないと崩れてしまいます。

■10R メイショウミズカゼ 4着

この馬なりのレースは出来ていたと思います。
ハイペースを見込んでの予想でしたので、展開を読み違えた時点でダメでした。

■11R アグネスユーリヤ 6着

プラス12kgという馬体重が分かったところで◎を変えなきゃいけませんね。

■12R オメガハートソング 5着

伸びにくい内めの馬場を通りながら僅差の5着ですから、調子を取り戻しているのは間違いなさそう。
今後も1400mで狙いたいです。


【2回京都2日】

■7R オウケンワールド 1着

中団やや前めの外で折り合いをつける、という今までとは違う競馬でしっかり勝ち切りました。
相手なりに走れる馬なので、昇級しても上位争いに食い込んでくる可能性もありそうです。

■8R ウォーターピオニー 2着\(^o^)/

悔しいクビ差2着でしたが、控える競馬で新味を見せてくれました。
ワイドは外していたので、押さえで複勝を買い目に入れておいて良かったです。

■9R マインシャッツ 1着\(^o^)/

中団の外めの位置でスムーズな競馬ができましたし、着差以上に強い内容だったと思います。
オープンまではいける馬だと思っていますので、昇級戦でも期待したいです。

■10R エイシンハドソン 7着

スタートで大きく出遅れ、道中も集中して走っていませんでした。
気難しいタイプである事を承知した上で本命にしたんですけど、ここまで気性難が酷いとは…。

■11R(シルクロードS)ソルヴェイグ 6着

好位で控える競馬をして欲しかったんですが、スタートが良すぎてハナに。
息が入らない逃げになるとさすがにキツいですよね…。

■12R キャプテンシップ 1着

好スタートからハナを奪い、そのまま押し切りました。
速すぎず遅すぎずという絶妙なペースで逃げた武豊騎手のファインプレーも光りました。


【1回東京2日】

■7R サンヘレナ 6着

出遅れてポジションが後ろになってしまったのが痛かったです。
牝馬限定戦なら上位争い必至と考えていましたが…。

■8R リキサンダイオー 中止

直線半ばで歩様がおかしくなり競走中止。
右後ろ脚のハ行だったようで、大事に至らなくて良かったです。

■9R ジュンヴァリアス 3着

前残りの展開の中、よく3着に追い込んできたと思います。
良血馬につられ、2着馬を買い目に入れていなかったのが悔やまれます…。

■10R グレーターロンドン 1着

いつも通り後方からの競馬になりましたが、上がり3ハロン32.3秒の脚を使い、差し切りました。
今回のメンバーでは実力が抜きん出ていましたし、オープンでも楽しみな存在だと思います。

■11R(根岸S)カフジテイク 1着

コーリンベリーが出遅れた事で想定したよりも遅い流れになりましたけど、
大外からの後方一気で他馬を差し切ってみせました。
順当勝ちでしたが、2着が抜けてしまい馬券はハズレ…。

■12R スモークフリー 1着\(^o^)/

馬単1着固定だったので、ギリギリでも勝ってくれて本当に良かったです。
東京コースがベストの馬ですから、昇級しても東京であれば好勝負必至だと思います。


【1回中京6日】

■7R デュパルクカズマ 1着\(^o^)/

スムーズな競馬さえできれば勝ち切れると考えていました。
直線で馬群の外に出した時点で勝負ありでした。

■8R ダンツエンペラー 9着

逃げる形になったのは良かったんですけど、
他馬に外から被されてからズルズル下がってしまいました。

■9R スパイチャクラ 1着

近2走が勝ちに等しい内容でしたから、今回のメンバーでは順当勝ちといっていいでしょう。
痛恨の相手抜けで馬券は外しています。

■10R ララエクラテール 1着\(^o^)/

想定していたよりも後方の位置取りでしたけど、
直線での末脚もしっかりしていましたし、北村友騎手が完璧にエスコートしてくれました。

■11R アルティマブラッド 4着

前走で馬体が減っていたので、ある程度は増えてくると考えていましたが、
プラス18kgで出走してくるとは…。

■12R ラインシュナイダー 1着\(^o^)/

2着馬がけっこうしぶとかったので、交わすのに苦労しましたけど、着差以上に強い走りだったと思います。
休み明けの方が走るタイプですから、今回が絶好の狙い目でした。



土曜の回収率が37%だったのに対し、日曜の回収率が159%。

2日間の本命馬の着順を今一度振り返ってみると…

土曜 ⇒【1−3−1−13】
日曜 ⇒【10−1−1−6】

となっていて、土日で好不調の波が大きすぎる事が分かりますよね。

悪い成績の時でも回収率70〜80%あたりには持っていかなきゃいけません。
来週こそは土日で成績のムラが出ないようにしていきたいです。

[もっと見る]

 ★コノホシカツ★ 2017年1月30日(月) 15:23
1回東京4日◇東京新聞杯◇早春S
閲覧 48ビュー コメント 0 ナイス 2

1回東京初日は白富士賞、クロッカスS、白嶺S。白の付くレースがあり、
白の1枠が気になっていたが、白富士Sで1枠“屮好坤デヴィアスが
1着に来た。2着はdemedas馬☆サクラアンプルール。
クロッカスSでは人気のトリリオネアが1枠“屬貌っていたが、着外。
1着には、我がPOG馬タイムトリップ!
demedas枠★も8枠タイムトリップだった。時系列出目馬番ゥ▲疋泪ぅ
シナイ2着。


2017年2月5日(日)
☆六白先負
馬´Ν
枠1・3・6
1回東京4日

11R(15:45)芝1600
第67回東京新聞杯・G
時系列出目馬番枠番4・7
demedas軸馬entry
▼馬




▼枠
★7
☆4
*3
+5


10R(15:10)芝2400
早春S
時系列出目馬番]犯孱粥Γ
demedas軸馬entry
▼馬




▼枠
★4
☆2
*6
+7

[もっと見る]

⇒もっと見る

トリリオネアの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

トリリオネアの写真

トリリオネア

トリリオネアの厩舎情報 VIP

2017年12月9日3歳以上500万下12着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

トリリオネアの取材メモ VIP

2017年3月4日 黄梅賞 4着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。