アリンナ(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
アリンナ
写真一覧
現役 牝4 鹿毛 2014年2月21日生
調教師松元茂樹(栗東)
馬主株式会社 ノルマンディーサラブレッドレーシング
生産者岡田スタツド
生産地新ひだか町
戦績11戦[3-1-0-7]
総賞金3,923万円
収得賞金950万円
英字表記Arinna
血統 マツリダゴッホ
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
ペイパーレイン
ヴンダーゾンネ
血統 ][ 産駒 ]
グラスワンダー
キョウエイタイヨウ
兄弟 ナッツスタースターライトキス
前走 2018/06/24 UHB杯
次走予定 2018/07/01 道新スポーツ杯

アリンナの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
18/06/24 函館 11 UHB杯 1000万下 芝1200 164811.7616** 牝4 55.0 小崎綾也松元茂樹430(+4)1.10.3 2.237.2--クリーンファンキー
18/05/06 京都 11 鞍馬S OP 芝1200 151128.11015** 牝4 54.0 岩崎翼松元茂樹426(-2)1.09.8 1.834.8⑤⑨ティーハーフ
18/02/17 京都 11 京都牝馬S G3 芝1400 1256152.91112** 牝4 54.0 松若風馬松元茂樹428(+20)1.25.1 2.136.7ミスパンテール
17/07/02 中京 11 CBC賞 G3 芝1200 1851014.7717** 牝3 50.0 高倉稜松元茂樹408(-4)1.09.3 1.335.0⑨⑩シャイニングレイ
17/05/13 京都 10 葵ステークス OP 芝1200 14116.321** 牝3 54.0 藤岡佑介松元茂樹412(0)1.10.5 -0.335.6エントリーチケット
17/04/22 京都 10 橘ステークス OP 芝1400 116617.485** 牝3 54.0 藤岡佑介松元茂樹412(-14)1.21.6 0.435.7ディバインコード
17/01/17 京都 10 紅梅S OP 芝1400 9883.318** 牝3 54.0 武豊松元茂樹426(+6)1.24.6 2.238.6アロンザモナ
16/12/11 阪神 11 阪神JF G1 芝1600 1861251.688** 牝2 54.0 田辺裕信松元茂樹420(-2)1.35.1 1.136.3ソウルスターリング
16/11/20 京都 9 秋明菊賞 500万下 芝1400 118113.321** 牝2 54.0 C.ルメー松元茂樹422(-2)1.22.0 -0.335.3キャスパリーグ
16/11/05 京都 3 2歳未勝利 芝1200 13332.221** 牝2 54.0 藤岡康太松元茂樹424(0)1.09.3 -0.634.1ゼセル
16/10/15 京都 5 2歳新馬 芝1200 9894.532** 牝2 54.0 藤岡佑介松元茂樹424(--)1.09.7 0.134.1ゲンパチケンシン

アリンナの関連ニュース

【京都牝馬S】レースを終えて…関係者談話2018年2月18日() 05:03

 ◆池添騎手(デアレガーロ2着) 「ペースが落ち着いたぶん、ハミをかみましたが、直線はいい切れ味。一瞬、先頭に出たんですが…。重賞でもやれる力を見せてくれました」

 ◆武豊騎手(エスティタート3着) 「京都の1400メートルは合いますね。早め先頭の競馬をしましたが、惜しかったです」

 ◆岩田騎手(エンジェルフェイス4着) 「スムーズな競馬ができたし、差し返して頑張ってくれた」

 ◆石橋騎手(ワンスインナムーン5着) 「自分で行った方がいいと思いましたが、内枠で馬場を選べませんでした」

 ◆和田騎手(ヴゼットジョリー6着) 「気性と体が、まだかみ合っていない」

 ◆川田騎手(ミスエルテ7着) 「一時より雰囲気は変わってきているので、このままいい方向に向いてくれればいいですね」

 ◆四位騎手(オーヴィレール8着) 「1400メートルで折り合いが難しかった」

 ◆古川騎手(タマモブリリアン9着) 「いいところに潜り込めましたが、最後は決め手の差ですね」

 ◆浜中騎手(サザナミ10着) 「重賞のメンバーでしたからね。いい経験になれば」

 ◆M・デムーロ騎手(ソルヴェイグ11着) 「きょうは頑張れませんでした。ちょっと敗因がわかりません」

 ◆松若騎手(アリンナ12着) 「道中で少し力んでしまいました」

[もっと見る]

【京都牝馬S】ミスパンテールが人気も混戦/13:00時点 2018年2月17日() 13:25

 京都の土曜メインレースには、4歳以上の牝馬によって争われる重賞・京都牝馬S(2月17日、GIII、芝1400メートル)が組まれている。



 芝1400m戦ということで、牝馬の頂点を決めるヴィクトリアマイルだけでなく、ここをステップに来月行われるスプリントGI・高松宮記念に向かう可能性がありそうな馬もおり、目が離せない一戦だ。



 単勝1番人気は前走のターコイズSで初重賞制覇を果たしたミスパンテールで3.6倍、2番人気はM.デムーロ騎手騎乗のソルヴェイグで4.0倍、スプリンターズS3着の実績があるワンスインナムーンが5.5倍、前走が鮮やかな勝ちっぷりだったデアレガーロが5.9倍と続き、上位人気は混戦模様となっている。13:00時点での単勝オッズは以下の通り。



(左から)枠番-馬番 馬名 単勝オッズ1- 1 オーヴィレール   18.42- 2 ワンスインナムーン  5.53- 3 ソルヴェイグ     4.04- 4 ミスエルテ     11.85- 5 ヴゼットジョリー  21.05- 6 アリンナ     107.06- 7 サザナミ      43.56- 8 ミスパンテール    3.67- 9 タマモブリリアン 101.17-10 デアレガーロ     5.98-11 エンジェルフェイス 26.28-12 エスティタート    8.4



京都牝馬Sの枠順はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【京都牝馬S】厩舎の話2018年2月16日(金) 12:02

 ◆アリンナ・金折助手 「デキも悪くないが、今回は1400メートルへの延長が鍵」

 ◆ヴゼットジョリー・猿橋助手 「シルエット的にもしっかりしてきました。マイル前後なら大崩れはない」

 ◆エスティタート・松永幹師 「今週は控えめのつもりでも自然と時計が出たように、いい状態。チャンスはある」

 ◆エンジェルフェイス・岩田騎手 「1400メートルに短縮して自分のペースで行けるかどうか。あとはイレ込みが鍵」

 ◆オーヴィレール・今野師 「休み明けを使って良化。具合がいいので格上挑戦します。1ハロン距離が延びての折り合いが鍵ですね」

 ◆サザナミ・森助手 「2日後の競馬なので坂路でさらっと。昨年末より状態はいい」

 ◆ソルヴェイグ・野田助手 「前走は荒れた馬場が合わず、今回も京都の馬場状態が鍵。放牧からふっくらして帰ってきた。距離も1400メートルなら守備範囲」

 ◆タマモブリリアン・南井師 「上がり重点に動きもよく、いい具合。久々の1400メートルになるが、今は先行しなくても競馬ができる」

 ◆デアレガーロ・池添騎手 「これまでのレースを見ても最後にいい脚を使えるし、道中の折り合いをつけられれば」

 ◆ミスエルテ・池江師 「時計は出ていたね。ただ、前回もデキはよく、脚もたまっていたのに弾けなかっただけに…」

 ◆ミスパンテール・昆師 「もともと攻めは動くし、デキは明らかにいい。ただ、前走が七分の状態で勝ったように、難しいタイプ。今回も気持ちの問題」

 ◆ワンスインナムーン・相田助手 「反応を見るためにしっかり。香港から帰国後は順調だし、馬体もボリュームが出てきた。距離も守備範囲」

京都牝馬Sの出馬表はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【京都牝馬ステークス】特別登録馬2018年2月13日(火) 17:30

[もっと見る]

【CBC賞】レースを終えて…関係者談話2017年7月3日(月) 05:01

 ◆酒井騎手(アクティブミノル3着) 「思っていた競馬はできた。前半はムキにならずに走れていて、(馬場の荒れた)内ラチ沿いでもよく辛抱してくれた」

 ◆国分優騎手(ティーハーフ4着) 「下も気にすることなく、ロスなくスムーズに乗れました」

 ◆大野騎手(スノードラゴン5着) 「直前の雨がよかった。58キロだったが、最後は長くいい脚を使うことができた」

 ◆和田騎手(ナリタスターワン6着) 「ロスのない競馬で、最後まで頑張った」

 ◆川須騎手(ラヴァーズポイント7着) 「4コーナーは、のめりながらもいい感じ。ただ、最後は苦しがってモタれた」

 ◆武豊騎手(トーセンデューク8着) 「しまいはきている。もう少し距離があった方がいいかもしれない」

 ◆荻野極騎手(オメガヴェンデッタ9着) 「前半でリズムを崩すところがあったが、積極的な競馬はできました」

 ◆藤岡佑騎手(エイシンスパルタン11着) 「前に行くレースをしていたので、先行できなかったのが痛かった」

 ◆菱田騎手(メイソンジュニア12着) 「前に行けたが、4コーナーで脚がなくなった」

 ◆福永騎手(アルティマブラッド13着) 「低めのフォームなので、軟らかい馬場に脚をとられた」

 ◆森一騎手(ラインスピリット15着) 「直前の雨が痛かった。3、4コーナーでは進んでいかなくなってしまった」

 ◆高倉騎手(アリンナ17着) 「周りが速くて前に行けず、追走で精いっぱいだった」

★2日中京11R「CBC賞」の着順&払戻金はこちら

★サンスポe-shopで黒色木製枠付き写真パネルを発売します!

[もっと見る]

⇒もっと見る

アリンナの関連コラム

閲覧 1,013ビュー コメント 0 ナイス 1



みなさんこんにちは!

本日は中京11R「CBC賞 G3」の『凄馬出馬表』を分析したいと思います。

今回も「U指数」だけでなく、U指数のポイントに【調教評価】、【厩舎評価】、【斤量補正】を数値化し加算減算しU指数を補正することで「総合ポイント」を算出しました。
★「U指数」について詳しくはこちらをご覧ください→U指数についてページ

U指数1.0ポイントは約1馬身差にあたるので、これを目安に以下のような重み付けをしました。
【調教評価】は競馬エイトの調教評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「5」・・・「-1.0ポイント」
「6」・・・「±0.0ポイント」
「7」・・・「+1.0ポイント」
「8」・・・「+2.0ポイント」
【厩舎評価】は競馬エイトの厩舎コメントの評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「△」・・・「-1.0ポイント」
「○」・・・「±0.0ポイント」
「◎」・・・「+1.0ポイント」
【斤量補正】は1.0kg=「0.5ポイント」として以下の基準体重との差分に乗算しました。
「牡馬」・・・「57.0kg」
「牝馬」・・・「55.0kg」


上記の補正を行った『凄馬出馬表』(画像)をご覧ください。




第1グループ(橙)は、シャイニングレイのみ1頭。
第2グループ(黄)は、エイシンスパルタンのみ1頭。
第3グループ(薄黄)は、セカンドテーブルから1.0ポイント差(約1馬身差)内のメラグラーナスノードラゴンまで3頭となっていて、以下は第4G(灰)となっています。

凄馬出馬表を見渡すと、第1G→第2G間の1.9ポイント、第2G→第3G間の1.5ポイント差が目立つ状況。一方、第3G以下は頭数が揃ったこともあり、大きな溝は生じない構図となっています。

そんななか今回の私の本命は◎トーセンデュークとしました。稍重で行われた土曜のレースを見ると、良と見紛うほど時計の出る馬場の印象で、このままレースまでに良に回復すれば、昨年に続きかなりの高速馬場で行われることになりそうな今年のCBC賞。その昨年も含め、外枠勢の健闘ぶりが目立ち、開幕週でも差し・追い込み馬好走のシーンが意外にも多いこともこのレースの傾向と言えそうです。素直に入れば、逃げ・先行馬に期待する手が常套手段でしょうが、妙味込みで“レース傾向に合う人気薄の外枠差し馬”のイメージでトーセンデュークを本命視。重馬場の前走は度外視して2走前にレコード勝ちした中京コースでの一変に期待しています。過去このレースで差して馬券に絡んだ馬たちの多くが、それ以前に中京芝のレースで上り最速をマークしていた馬たちで、それに当てはまっている点も強調材料とみています。
○はアリンナ。とにかく近年の高速馬場で行われたスプリント重賞では軽量3歳牝馬の活躍が印象的で、このレースも同じようなシーンがありそうです。先行粘り込みの2、3着候補最先鋒として注目しています。
以下▲エイシンスパルタン、☆トウショウドラフタあたりを上位評価。
そして、今回の私の馬券は◎からの馬連と3複を組み合わせた買い目でいこうと思っています。


【馬連流し】
◎=印
18=3,7,9,10,12,13,15(7点)

【3複フォーメーション】
◎=○▲☆=印
18=9,10,13=3,7,9,10,12,13,15(15点)

計22点


登録済みの方はこちらからログイン

2016年12月15日(木) 16:50 競馬プロ予想MAX
先週の回顧~(12/10~12/11)マカロニスタンダーズプロが勝負レース的中連発で回収率トップ!
閲覧 705ビュー コメント 0 ナイス 4

先週は11(日)に阪神競馬場でG1阪神ジュベナイルフィリーズが行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
G1阪神ジュベナイルフィリーズは1番人気がソウルスターリングで2.8倍、2番人気がリスグラシューで3.0倍、続いてレーヌミノル6.9倍、ジューヌエコール8.0倍とここまでが10倍を切る形で人気を形成しました。
 
注目のスタートはエムオービーナス、人気のリスグラシューがやや立ち遅れる中、アリンナが単独先頭に立ってレースを引っ張ります。2番手にショーウェイ、3番手にゴールドケープ、続いてソウルスターリングレーヌミノルジューヌエコールスズカゼと追走して先行集団を形成。中団から後方は馬群が固まってディーパワンサジャストザマリンクインズサリナブラックオニキスシグルーンポンポンヴゼットジョリーエムオービーナスリスグラシューフェルトベルクと続いて最後方にサトノアリシアの態勢。
 
先頭を行くアリンナが刻んだペースは前半600m通過が34秒7(参考)の平均的な流れ。各馬折り合いに専念して直線勝負!
 
先頭はアリンナでリードは2馬身、2番手グループは内からソウルスターリングショーウェイゴールドケープが追走、その後ろはズラッと横に広がって最内からジューヌエコール、馬場の真ん中からレーヌミノル、大外からはリスグラシューも追い出しにかかります!
 
残り200mを通過、ここで逃げるアリンナを抜き去った1番人気のソウルスターリングが先頭!2番手に懸命に粘るアリンナ、その後ろからディーパワンサレーヌミノル、大外からはリスグラシューも豪快なストライドで差を詰めてきます!
 
残り100mを通過、完全に抜け出したソウルスターリングは余裕の手応えでリードは2馬身!ゴール前、レーヌミノルを交わしたリスグラシューがグングン差を詰めてきますが、時すでに遅し!ソウルスターリングが好位抜け出しの横綱競馬で初G1制覇を飾りました!
勝ちタイムは1分34秒0(良)。1馬身1/4差の2着にリスグラシュー、そこから1馬身3/4差の3着にレーヌミノルが入っています。
 
公認プロ予想家では覆面ドクター・英プロほか13名が的中させています!
 
 
------------------------------------------------------------------------------
  
☆☆☆注目プロ →マカロニスタンダーズプロ
10(土)中山9Rで単勝44.1倍の伏兵◎ショウナンマルシェの単複を仕留め、14万4200円を払い戻し!さらに10(土)中山11R(◎セカンドテーブル)、中京10R(◎マイネルフレスコ)、11(日)中山10R(◎マイネオーラム)、中京6R(◎ディナスティーア)と勝負レースを次々と的中させました!週末トータル回収率151%、収支プラス20万4200円をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →シムーンプロ
11(日)中山9Rで『スピード感抜群。鞍上強化で上手く制御して終いに繋がれば。』と狙った単勝71.2倍の◎ラッシュアウトが見事1着!単複に加え、馬連337.4倍、3複675.4倍などを仕留め、16万5900円を払い戻しました!週末トータル回収率135%、収支プラス6万3390円をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →くりーくプロ
勝負レースに指定した11(日)中京5Rの新馬戦で『評価A:大型馬だが乗り込み豊富で時計も出ていて仕上がり良さそう』と本命に推した◎テイエムグルービー(22.6倍)からの3複67.1倍、ワイド29.6倍などを仕留めました!10(土)中山9Rでも『中間好時計を連発して今週の追いきりもズバ抜けた時計が出ています。』と狙った◎ショウナンマルシェの単勝44.1倍、複勝7.0倍を仕留めました。週末トータル回収率116%をマークしています。
 
 
この他にもおかべ育成プロ(132%)、ろいすプロ(110%)、山崎エリカプロ(109%)、☆まんでがんプロ(105%)が週末トータル回収率100%超えの活躍を見せています。
 
※全レースの結果速報はこちら

今週もウマニティ競馬プロ予想MAXにご期待ください!

[もっと見る]

2016年12月11日() 14:00 凄馬プロジェクトチーム
第232回『凄馬出馬表分析&馬券検討』~阪神ジュベナイルフィリーズ G1
閲覧 697ビュー コメント 0 ナイス 2

みなさんこんにちは!

本日は阪神11R「阪神ジュベナイルフィリーズ G1」の『凄馬出馬表』を分析したいと思います。

今回も「U指数」だけでなく、U指数のポイントに【調教評価】、【厩舎評価】、【斤量補正】を数値化し加算減算しU指数を補正することで「総合ポイント」を算出しました。
★「U指数」について詳しくはこちらをご覧ください→U指数についてページ

U指数1.0ポイントは約1馬身差にあたるので、これを目安に以下のような重み付けをしました。
【調教評価】は競馬エイトの調教評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「5」・・・「-1.0ポイント」
「6」・・・「±0.0ポイント」
「7」・・・「+1.0ポイント」
「8」・・・「+2.0ポイント」
【厩舎評価】は競馬エイトの厩舎コメントの評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「△」・・・「-1.0ポイント」
「○」・・・「±0.0ポイント」
「◎」・・・「+1.0ポイント」
【斤量補正】は1.0kg=「0.5ポイント」として以下の基準体重との差分に乗算しました。
「牡馬」・・・「57.0kg」
「牝馬」・・・「55.0kg」


上記の補正を行った『凄馬出馬表』(画像)をご覧ください。






第1グループ(橙)は、レーヌミノル1頭。
第2グループ(黄)は、ジューヌエコールから1.0ポイント差(約1馬身差)内のディーパワンサまでの2頭。
第3グループ(薄黄)は、アリンナから1.0ポイント差(約1馬身差)内のソウルスターリングリスグラシューまでの3頭のみとなっていて、以下は第4G(灰)となっています。

総合トップ評価のレーヌミノルが2位に4.1ポイントをつけてやや抜け出した格好。ただ、いつも言うようにこの時期の2歳G1です。1戦1戦で大きく指数が変動することも少なくない若駒のレースですので、伸びしろやポテンシャルを重視して臨みたいと思っています。

今回の私の◎は総合評価6位のリスグラシューとしました。前走、前々走ともに秀逸な内容で、阪神外回りコースもレコードの“おまけ付き”で経験済み。U指数的には高く出ておらず、指数ファンの“絶大な支持”ということにもならなそうな点はむしろ好都合とみています。ひょっとしたら2番人気もあるかもしれないこの状況を妙味と捉え、アタマで狙ってみたいと思います。
○はディーパワンサ。前走のデイリー杯2歳Sで見せたゴール前急追の末脚に期待。さらに、その前走は休み明け(+10キロ)でしたので上積みという点でも魅力があります。最終追切も素晴らしい内容だったと思いますし、好枠を引きました。ただ一点、ルメール騎手→シュタルケ騎手への乗り替わりはマイナスとみて対抗評価。
▲はレーヌミノル。指数的には、やはり圧巻の内容だった小倉2歳Sでマークした指数の影響で高く出ていますが、それだけに今回の距離延長は期待半分、不安半分といった感じ。しかし、気性面さえ悪さをしなければ今の時点ではこなせる距離だと思っていますし、この手の“ゆくゆくはスプリンター”タイプが好走するレースでもある、ということから3番手評価とします。
他に、△ジューヌエコールアリンナヴゼットジョリーソウルスターリングと印を回し、今回の私の馬券は、◎から○▲への3連単を中心とした馬券で勝負としたいと思います。


【3単フォーメーション】
◎→○▲→印
18→1,4→1,2,4,11,12,17(10点)

◎→印→○▲
18→1,2,4,11,12,17→1,4(10点)

【馬単フォーメーション】
○▲→◎
1,4→18(2点)

計22点

[もっと見る]

2016年12月9日(金) 16:00 km
【kmのG1データブレイカー】~2016阪神ジュベナイルフィリーズ~
閲覧 1,171ビュー コメント 0 ナイス 0

みなさん、こんにちは。ウマニティ公認プロ予想家のkmです。
今週は、最強2歳牝馬決定戦『阪神ジュベナイルフィリーズ』を中心にお届けしていきます。注目の香港国際競走各レースの見解も、コラムの後半でご紹介していますのでぜひご参考になさってください。

このコラムでは、決め撃ち穴馬ハンターのkmが、『過去5年で勝ち馬を出していないデータから今年破られそうな項目』を”データブレイカー”と称し、ウマニティ会員の方だけに独自の見解を交えてお伝えします。
データ競馬全盛期の今だからこそ、”逆張り”が効果的です。データ派の意表を突く、過去の傾向を覆す可能性の高いポイントにズバッと斬り込んでいきますので、ぜひご活用ください。
また、以前コラムとして連載し好評をいただいていた”次走の狙い馬”につきましては、後半部分でご紹介いたします。さらに、おまけコーナーとして”血統診断”も追加しましたので、合わせてお楽しみください。


■2016秋シーズン 『競馬プロ予想MAX』presents連載コラムについて詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7807


G1データブレイカー
阪神ジュベナイルフィリーズ

サウンドトゥルーの豪脚で幕を閉じたチャンピオンズカップの余韻が残る中、競馬はまだまだ続きます。
今週は、阪神ジュベナイルフィリーズが行われます。
阪神ジュベナイルフィリーズは2006年の外回りコース新設以後、翌年のクラシックに直結するレースになりました。
今年は、欧州の歴史的名馬Frankelの仔ソウルスターリングアルテミスステークス勝ち馬のリスグラシュー、3連勝中のジューヌエコールなどが出走を予定しています。

・前走11頭立て以下【0.1.1.12】

この時期の若駒は素質重視で評価されるのですが、正確な比較がなされているとは思えないケースが多く見受けられます。また、評判馬が出るレースは少頭数になる傾向があります。多頭数で厳しい競馬をしてきた馬に分があるのも当然でしょう。
とは言え、他厩舎が怖れるほどの評判馬の中に綺羅星の如き才能を持った馬がいる気がしてなりません。
今年の該当馬では、ソウルスターリングに魅力を感じます。多頭数で被る不利よりも、溢れ出さんばかりの潜在能力が最大限発揮されたらどれだけ強いのだろうかと考えるだけで胸の高まりが治まりません!

アリンナ→前走11頭立て(秋明菊賞1着)
ゴールドケープ→前走11頭立て(白菊賞1着)
ジューヌエコール→前走10頭立て(デイリー杯2歳ステークス1着)
ソウルスターリング→前走9頭立て(アイビーステークス1着)
ディーパワンサ→前走10頭立て(中京2歳ステークス1着)

[もっと見る]

2016年12月9日(金) 12:00 夢月
【各馬の前走と妙味】~2016阪神ジュベナイルフィリーズ~
閲覧 1,096ビュー コメント 0 ナイス 4

阪神芝1600m右回りで行われる阪神ジュベナイルフィリーズ
簡単にレースの特徴を説明したうえで、出走馬の前走を踏まえた妙味について書いていきたいと思います。


■2016秋シーズン 『競馬プロ予想MAX』presents連載コラムについて詳しくはこちら
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7807


■レースの特徴■

非常にコーナーが大回りで、地力で劣る馬はどうにか内目を突かないと厳しいコース。
これだけ大回りだとコーナーワークで差をつけるのは厳しいので、基本的に大事なのは良い脚を持っているかどうか。
そして長い直線と急坂に耐えられるだけのスタミナがあるかが鍵になります。
決め手寄りの総合力を求められるので、厳しい競馬を経験してきた馬はそれなりに信頼出来そうです。
またタフなコース形態からペースは速くなりにくく馬群が密集しやすいため、不利があった際に加速に手間取るズブい馬などはここでは大きなマイナスとなる場合があります。
決め手はもちろんのこと、完成度も高い、そんな馬が勝利をもぎ取る予想難易度の高いレースと言えるでしょう。

■前走の分析■

アリンナ
●前走秋明菊賞 500万下 1着 (経由2頭)
好スタートからハナに立ち、そのまま楽に押し切る強い競馬。
ブリンカーを着用してからは相当なスピード能力を見せているし、リングハミの効果でスムーズな競馬が出来るようになり完成度が高い。
明らかにスピードタイプなので距離延長は不安材料だが、ルメール騎手が1600mまでは何とか持ちそうだと言っているのでとりあえずは勝負にはなりそう。
小柄な馬だが意外とパワーもあり、坂がどうにか出来ればここでも通用しそうだ。
人気と要相談。

[もっと見る]

2016年12月7日(水) 12:15 伊吹雅也
伊吹雅也のPOG分析室 (2016) ~第8回 U指数で見る条件別高パフォーマンス馬
閲覧 3,341ビュー コメント 0 ナイス 2

 2016年の2歳戦もいよいよ大詰め。12月11日には阪神ジュベナイルフィリーズ(2歳GⅠ・阪神芝1600m外)が、12月18日には朝日杯フューチュリティステークス(2歳GⅠ・阪神芝1600m外)が施行される予定で、既に両レースとも特別登録馬が発表されました。朝日杯フューチュリティステークスを牝馬(ビーカーリーミスエルテ)が勝たない限り、おそらくJRA賞最優秀2歳牡馬やJRA賞最優秀2歳牝馬のタイトルは両GⅠの優勝馬が受賞することになるでしょう。出馬投票後の抽選を含め、POGプレイヤーの多くが指名馬の動向に一喜一憂する時期ですね。ウマニティPOG2016の参加者にとってはシーズンB(9月10日~12月25日)の最終盤であり、向こう3週のレース結果はシーズン表彰争いにも大きく係わってきます。

 もちろん「GⅠの2鞍に登録した馬がいない」「ランキングの上位にいるわけでもない」という皆さんは寂しい思いをしていらっしゃるでしょうが、そうした方々にも逆転のチャンスがないわけではありません。GI、GII、GIII、オープンの各ワールドは12月5日に今シーズン最後の仮想オーナー募集枠開放が行われ、既にデビューした馬を含むすべての2歳馬が入札可能な状態となりました。指名枠がまだ残っており、なおかつ他のプレイヤーよりも高いポイントを入札すれば、阪神ジュベナイルフィリーズ朝日杯フューチュリティステークスの有力候補を自身のラインナップに加えることができるのです。そもそも、2016-2017シーズン全体からすると、この時期はまだ中盤戦。最終順位に影響してくるようなビッグレースはだいぶ先ですから、年明け以降の重賞で活躍してくれそうな馬を今のうちに確保しておくという手もあります。

 今回はそんなプレイヤーのニーズに応えるべく、ウマニティ独自のスピード指数「U指数(結果U指数)」を参考に、過去のレースで見せたパフォーマンスを順位付けしてみました。なお、以前の当コラムでも指摘した通り、「U指数」は新馬のレースがもっとも高い数値になりにくく、格の高いレースほど高い数値が出やすい指標です。こうした特性や施行レース数を考慮し、今回は「新馬/芝1400m以下」「新馬/芝1500m以上」「新馬/ダート」「未勝利/芝1400m以下」「未勝利/芝1500m以上」「未勝利/ダート」「500万下から上のクラス/芝1400m以下」「500万下から上のクラス/芝1500m以上」「500万下から上のクラス/ダート」の9カテゴリーについて、「U指数」ベスト10のランキングを作成。集計対象は2016年11月27日までに施行されたJRA、かつ2歳限定のレースとしています。


<新馬/芝1400m以下>

●8月7日 小倉06R レーヌミノル 84.7
●9月17日 阪神05R アグネスジュレップ 84.6
●6月25日 函館05R ロイヤルメジャー 84.3
●10月1日 中山05R マイネルアムニス 83.9
●6月19日 東京06R アエロリット 82.8
●8月14日 小倉05R メイソンジュニア 82.6
●6月5日 阪神05R アンジュシャルマン 82.6
●11月20日 京都06R サリネロ 82.5
●6月5日 阪神05R マイネルパラディ 81.7
●10月23日 東京04R ジョーストリクトリ 81.6


<新馬/芝1500m以上>

●11月26日 京都05R ミリッサ 86.1
●11月26日 京都05R パンサーバローズ 84.6
●11月26日 東京05R バリングラ 83.8
●11月19日 東京05R サーベラージュ 83.7
●11月20日 東京06R ハナレイムーン 83.6
●10月23日 新潟05R リカビトス 83.3
●11月6日 東京05R ダイワキャグニー 83.0
●11月5日 京都07R クリアザトラック 82.5
●11月26日 京都05R マイスタイル 82.4
●11月6日 東京05R パルフェクォーツ 82.3


<新馬/ダート>

●10月29日 京都04R ヒップホップスワン 87.7
●10月29日 京都04R スーパーモリオン 87.7
●11月5日 京都06R アップビート 85.5
●11月26日 京都06R ラビットラン 85.5
●11月6日 東京04R オールドベイリー 84.3
●11月6日 東京04R アースオブフェイム 84.3
●11月26日 東京06R サンライズノヴァ 84.2
●10月1日 阪神06R アイアンテーラー 83.4
●11月26日 東京06R ショウブニデル 83.2
●6月18日 阪神05R ディオスコリダー 83.1


<未勝利/芝1400m以下>

●8月28日 新潟02R レジーナフォルテ 91.6
●11月5日 京都03R アリンナ 87.7
●11月19日 京都02R イリスファルコン 87.1
●10月16日 新潟03R サンバダンサー 86.9
●10月15日 新潟05R ディアドラ 86.7
●11月19日 福島03R ファンタジーボール 86.6
●7月24日 福島01R ダイイチターミナル 86.6
●8月21日 新潟01R ディバインコード 86.5
●11月27日 東京01R トリリオネア 86.3
●10月9日 東京03R ドウディ 86.3


<未勝利/芝1500m以上>

●10月29日 京都03R ピスカデーラ 86.6
●11月12日 京都03R ヒロシゲグローリー 86.5
●11月12日 福島04R エンドゲーム 86.2
●9月3日 小倉02R ナムラライラ 86.1
●10月8日 京都03R プラチナヴォイス 86.0
●10月29日 京都03R スピリットソウル 85.9
●8月13日 小倉02R アダムバローズ 85.6
●10月16日 京都03R ハムレット 85.6
●11月13日 東京01R アルミレーナ 85.0
●11月6日 京都04R ソーグリッタリング 84.9


<未勝利/ダート>

●11月26日 京都02R ローズストリート 90.5
●11月6日 福島01R キンシノクリーン 88.9
●11月6日 福島01R サンタアズライト 88.9
●8月27日 札幌01R ハシルキセキ 88.5
●8月13日 札幌01R ハヤブサナンデダロ 87.6
●11月19日 福島01R サンタアズライト 87.6
●11月26日 京都02R ブルベアラクーン 87.2
●10月29日 京都01R メイショウジーク 86.7
●11月13日 福島01R スーパーモリオン 86.2
●11月12日 京都02R サトノクリエション 86.2
●11月12日 京都02R タガノディグオ 86.2


<500万下から上のクラス/芝1400m以下>

●9月4日 小倉11R 小倉2歳S レーヌミノル 99.0
●11月13日 福島10R 福島2歳S メイソンジュニア 97.0
●11月13日 福島10R 福島2歳S マイネルバールマン 94.9
●11月5日 東京11R 京王杯2歳S モンドキャンノ 94.0
●11月5日 東京11R 京王杯2歳S レーヌミノル 93.1
●11月20日 京都09R 秋明菊賞 アリンナ 91.9
●7月24日 函館11R 函館2歳S レヴァンテライオン 90.9
●11月13日 福島10R 福島2歳S ウランゲル 90.8
●10月1日 中山09R カンナS タイムトリップ 90.4
●10月30日 京都06R ビーカーリー 90.2


<500万下から上のクラス/芝1500m以上>

●11月12日 京都11R デイリー杯2歳S ジューヌエコール 94.5
●11月12日 京都11R デイリー杯2歳S ボンセルヴィーソ 94.5
●11月12日 京都11R デイリー杯2歳S サングレーザー 93.7
●11月12日 京都11R デイリー杯2歳S ディーパワンサ 93.7
●10月8日 東京11R サウジアラビアRC ブレスジャーニー 93.4
●11月12日 京都11R デイリー杯2歳S ベルカプリ 93.0
●10月8日 東京11R サウジアラビアRC ダンビュライト 91.9
●10月29日 東京11R アルテミスS リスグラシュー 91.6
●10月22日 東京09R アイビーS ソウルスターリング 91.4
●11月27日 京都09R 白菊賞 ゴールドケープ 91.2


<500万下から上のクラス/ダート>

●10月23日 京都08R なでしこ賞 ハングリーベン 90.5
●10月15日 東京09R プラタナス賞 エピカリス 89.0
●11月12日 東京09R オキザリス賞 シゲルコング 89.0
●11月12日 東京09R オキザリス賞 シゲルベンガルトラ 89.0
●11月12日 東京09R オキザリス賞 レッドオーガー 89.0
●10月23日 京都08R なでしこ賞 ゲキリン 88.8
●10月23日 京都08R なでしこ賞 シゲルベンガルトラ 88.8
●11月12日 東京09R オキザリス賞 グッドヒューマー 88.4
●11月12日 東京09R オキザリス賞 サザンボルケーノ 87.9
●11月19日 京都09R もちの木賞 ブルベアバブーン 87.8
●11月19日 京都09R もちの木賞 シロニイ 87.8


 各馬の指名(入札)状況はワールドごとに異なるため、「募集馬を探す」のページからご確認ください。人気の盲点になっている素質馬を見つけられれば、残り半年のシーズンで大きな戦力となってくれるはずです。

※今シーズンのPOGコラムは今回が最終更新となります。

■執筆者プロフィール
伊吹 雅也(いぶき・まさや)

埼玉県桶川市在住のフリーライター、競馬評論家。JRAホームページ内『今週の注目レース』で「データ分析」のコーナーを担当しているほか、グリーンチャンネル、JRAのレーシングプログラムなどさまざまなメディアを舞台に活動している。主な著作に『コース別 本当に儲かる血統大全』(ガイドワークス)、『コース別 本当に儲かる騎手大全』(ガイドワークス)、『一口馬主の愉しみ(競馬道OnLine新書)』(スタンダードマガジン)、『門外不出! 投票データから分かった! WIN5の鋭い買い方』(東邦出版)、『WIN5(五重勝)ほど儲かる馬券はない!! 少点数で驚愕配当をモノにする絶対的セオリー(競馬王新書)』(白夜書房)。POG関連メディアの制作にもさまざまな形で携わっており、ウマニティPOG2014では最高位クラスのスペシャルワールドにおいて優勝を果たした。

[もっと見る]

アリンナの口コミ


口コミ一覧
閲覧 185ビュー コメント 2 ナイス 23

いやぁ~、おはよーさんでごじゃりまする。

何か今日は大穴ばかり狙ってる感じで
明後日の方向へ向かってる気が・・・。

上手く嵌れば良いのだが。

京都11R 鞍馬ステークス

◎⑬ナリタスターワン
△①アリンナ
△⑤カラクレナイ
△⑨コウエイタケル
△⑩セカンドテーブル
△⑫ヤマカツグレース

馬連⑬ー①・⑤・⑨・⑩・⑫への5点へ200円。

NHKマイルカップと同じで有力処がいまいちピンと来ず。
ならばと言う事で大きく振り回してみたよ。
一昔前のランスみたいに。空振り三振か当たれば大ホームラン!
どっちかな?

新潟12R 八海山特別

◎⑪ブランメジェール
△④アッティーヴォ
△⑦ペイシャバラード
△⑧スーパーモリオン
△⑫サンビショップ
△⑮テキスタイルアート

馬連⑪ー④・⑦・⑧・⑫・⑮への5点へ200円。

外枠なら無理して行かなくても前を見ながら先行抜け出し。

東京10R ブリリアントステークス

◎⑤アングライフェン
△④フェニックスマーク
△⑥クラシックメタル
△⑪サンライズソア
△⑬メイプルブラザー
△⑭メイショウウタゲ

馬連⑤ー④・⑥・⑪・⑬・⑭への5点へ300円。
馬単⑤ー④・⑥・⑪・⑬・⑭への5点へ200円。

ダート適正有り。距離延長も好材料。左回りもOK。まだこの人気なら。

東京12R 立川特別

◎⑩ウサギノカケアシ
△③スズカコーディー
△⑦キタサンガンバ
△⑧ケルティックソード
△⑫セネッティ
△⑭ブロードアリュール

馬連⑩ー③・⑦・⑧・⑫・⑭への5点へ200円。

ここも大きく振り回しました。エルドレッド並みに。当たれば大きいぞ。
中山の前走でコンマ6秒差。府中でもう一押し効かないかな?

WIN5は⑬ー⑤ー⑧・⑫ー⑩ー②・③の4点とランダム1点。

と言う事で今日はいつも以上に振り回しております。

いつもより余計に回しておりますぅ~♪
海老一染之助染太郎でございました。

 馬の構造(馬好) 2018年2月26日(月) 14:33
土曜日のオーシャンSは海猿か・・・
閲覧 319ビュー コメント 0 ナイス 6

第13回 夕刊フジ賞オーシャンステークス(GIII)
サラ系4歳以上 (国際)(指定)オープン 別定

馬名

マルチアイライン
化粧で目にそって描く線

アリンナ
ヒッタイト神話の太陽の女神。母名より連想

アルティマブラッド
究極の血統


アレスバローズ
戦を司る神+冠名

マルガイエイシンブルズアイ
冠名+標的の中心に大当たりすること

エポワス
フランスの地名

キングハート
王+母名の一部

グレイトチャーター
大憲章

シュウジ
人名より

ジューヌエコール
大規模艦隊に強力な小型艦で対抗する19世紀の海軍の戦略思想(仏)

スノードラゴン
ユリ科の常緑多年草

セカンドテーブル
二番目のテーブル

ダイシンサンダー
冠名+雷

タイセイスターリー
冠名+星のように輝く

ダイメイフジ
冠名+富士

トーキングドラム
アフリカで遠距離の通信に用いる打楽器名

ナックビーナス
冠名+美の女神

ネロ
ローマ皇帝名より

ビップライブリー
冠名+躍動

フミノムーン
冠名+父名の一部


ラインスピリット
冠名+精神

ラインミーティア
冠名+流星

マルガイリエノテソーロ
人名より+冠名

レーヌミノル
女王(仏)+冠名

ロードクエスト
冠名+探求


夕刊フジとオーシャン(海)から連想する馬名をチョイスすると面白いかもしれませんね・・・

ダイメイフジやジューヌエコールは馬名的には注意が必要だと思います・・・

2頭とも成績的にはちょっと難しいかもしれないがサイン的には面白いですね(^^)/

昔フジTVで海猿というドラマやってましたな・・・

[もっと見る]

 モズ@ 2017年12月7日(木) 00:04
阪神JF過去3年を簡単に振り返り
閲覧 75ビュー コメント 0 ナイス 8



【2016年】


12.4 - 11.0 - 11.3 - 12.0 - 12.1 - 11.6 - 11.5 - 12.1


アリンナが後続を2馬身ほど離し、
後ろはそれを馬群一団で追いかける展開。

3角から流れが少し緩み、
中団内にいた馬は先団が壁になって窮屈な運び。

直線では先団にいたソウルスターリングと
レーヌミノルが加速の差で抜け出し、

後方外目で4角手前まではロスの少ない運びをした
リスグラシューが地力で追い込んでの2着。

今になって思えば
上位3頭は完全に力が抜けていた。




【2015年】


12.5 - 10.9 - 11.4 - 12.1 - 11.8 - 11.7 - 11.5 - 12.6


序盤の先行争いが激しくなり
外から一気に馬が押し寄せてきたことで
内目にいた馬たちはゴチャつく運び。

全体的にペースが流れて
後続もある程度引っ張られたせいか
上がりが落ち込んだ割には追い込み馬の台頭もなく、

メジャーエンブレムが力の違いで逃げ切り、
中団外目でゴチャつきを回避できた2頭が2~3着。




【2014年】


12.5 - 11.0 - 11.5 - 12.2 - 12.0 - 11.6 - 11.5 - 12.1


2015~2016年に比べると序盤は落ち着いた入り。

先団内目にいたレッツゴードンキ辺りは
3角の中弛みに少し巻き込まれる形になったが、
そこまで大きなゴチャつきは見られず。

この条件としては珍しく(?)
中団内目から運んだ馬が2~3着。

後方から一頭違う脚で追い込んできた
ショウナンアデラが勝つ形。






個人的に末脚勝負のイメージが強い条件だったが、

序盤の速い流れを集団で追いかけていく展開が多いせいか、
立ち回りの上手さや加速の良さのほうが重要視されそう。

近2年は内目が窮屈な運びになっているので
基本的には先団や中団外を取れそうな馬を中心に考えたいが、

2014年のようにゴチャつきさえなければ
普通に内目からの好走もあるので難しい所。

[もっと見る]

⇒もっと見る

アリンナの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
1:
  ゴン太   フォロワー:0人 2016年12月11日() 21:55:46
逃げてしぶとい

アリンナの写真

アリンナ

アリンナの厩舎情報 VIP

2018年6月24日UHB杯16着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

アリンナの取材メモ VIP

2018年2月17日 京都牝馬ステークス G3 12着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。