アンブロジオ(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
POGウォッチリストに登録すると、ウマニティPOGのPOGリストに追加できます。
今すぐ会員登録
写真一覧
現役 牡3 栗毛 2015年3月5日生
調教師菊沢隆徳(美浦)
馬主有限会社 シルクレーシング
生産者(有)社台コーポレーション白老ファーム
生産地白老町
戦績 4戦[2-2-0-0]
総賞金2,573万円
収得賞金900万円
英字表記Ambrosio
血統 ローズキングダム
血統 ][ 産駒 ]
キングカメハメハ
ローズバド
アンティフォナ
血統 ][ 産駒 ]
Songandaprayer
Snatched
兄弟 グラドゥアーレ
前走 2018/01/27 クロッカスステークス OP
次走予定

アンブロジオの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
18/01/27 東京 10 クロッカスS OP 芝1400 13223.622** 牡3 56.0 C.ルメー菊沢隆徳446(0)1.22.3 0.034.4リョーノテソーロ
17/11/26 東京 7 ベゴニア賞 500万下 芝1600 11782.311** 牡2 55.0 C.ルメー菊沢隆徳446(+6)1.35.0 -0.035.1エングローサー
17/10/28 東京 2 2歳未勝利 芝1600 158145.831** 牡2 55.0 C.ルメー菊沢隆徳440(-8)1.35.1 -0.335.2ブショウ
17/09/02 札幌 5 2歳新馬 芝1500 105512.242** 牡2 54.0 藤岡康太菊沢隆徳448(--)1.33.5 0.635.8⑧⑦⑦スズカフェラリー

アンブロジオの関連ニュース

 ★若菜賞を勝ったオジョーノキセキ(美・伊藤大、牝)は、新設重賞の葵S(5月26日、京都、芝1200メートル)が目標。その前に一度使う予定でマーガレットS(24日、阪神、OP、芝1200メートル)などが候補に。同3着のメジャーレート(栗・斉藤崇、牡)は、かささぎ賞(17日、小倉、500万下、芝1200メートル)へ。同4着のハゼル(栗・鈴木孝、牡)はマーガレットSの予定。

 ★クロッカスS勝ちのリョーノテソーロ(美・武井、牡)は、ファルコンS(3月17日、中京、GIII、芝1400メートル)かニュージーランドT(4月7日、中山、GII、芝1600メートル)。2着アンブロジオ(美・菊沢、牡)、3着ムスコローソ(美・手塚、牡)は、ともに放牧を挟んでファルコンSへ。

【2歳戦結果】アンブロジオ、ベゴニア賞V 2017年11月27日(月) 05:00

 【東京】7Rベゴニア賞(500万下、芝1600メートル)=アンブロジオ(美・菊沢、牡、父ローズキングダム

 ◆ルメール騎手 「外からリラックスして走れた。テンションが少し高いので、そのあたりが課題」

 4R新馬(芝1800メートル)=リビーリング(美・萩原、牡、父ヴィクトワールピサ

 ◆M・デムーロ騎手 「物見をして怖かったね。ステッキも入れられなかったけど、ポテンシャルは高い。気性面で成長してくれば、もっと良くなるはず」

 【京都】9R白菊賞(牝馬500万下、芝・内1600メートル)=リリーノーブル(栗・藤岡、父ルーラーシップ

 ◆川田騎手 「道中も終始、スムーズに運べました。すごくいい馬で、将来性も高い馬です」

 5R新馬(芝・外1800メートル)=トライン(栗・浜田、牡、父ディープインパクト

 ◆北村友騎手 「スタートが良く、追ってからの脚も期待通りでした。レースまでの気性はまだ幼いのですが、競馬では乗りやすい馬です」

 *次走は未定ながら芝の中距離路線を進む予定

 2R未勝利(芝・内1600メートル)=スターリーステージ(栗・音無、牝、父ディープインパクト

 ◆川田騎手 「スムーズなレースができました。まずは勝ち上がれて何よりです」

 *全兄に2014年NHKマイルC、16年マイルCSとGI2勝のミッキーアイル

[もっと見る]

【ベゴニア賞】アンブロジオが接戦制す 2017年11月26日() 13:37

 11月26日の東京7R・ベゴニア賞(2歳500万下、芝1600メートル)は、クリストフ・ルメール騎手騎乗のアンブロジオ(牡、美浦・菊沢隆徳厩舎)が1番人気に応えて接戦を制した。タイムは1分35秒0(良)。



 アンブロジオは外の2番手を追走。3〜4番手につけていたエントシャイデンとともに、逃げていたスワーヴボルトスを直線でかわした後、叩き合いも制してトップでゴールを駆け抜けた。6番手から最内を急襲したエングローサー(4番人気)がクビ差の2着で、エントシャイデン(2番人気)はさらにクビ差の3着。



 アンブロジオは、父ローズキングダム、母アンティフォナ、母の父ソングアンドプレイヤーという血統。今年の京都牝馬S3着馬スナッチマインドは叔母にあたる。



 ◆クリストフ・ルメール騎手「今回も少し外から、1頭でリラックスして進めることができた。直線でもいい反応をしてくれたね。スタートでテンションが高くなったりして、まだ若いところはあるけど、よく勝ってくれた。距離もマイルが合っているし、短くなるぶんには大丈夫だと思う」



★26日東京7R「ベゴニア賞」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【2歳新馬】札幌5R スズカフェラリーが楽勝 2017年9月2日() 12:29

 9月2日の札幌5R・2歳新馬(芝1500メートル)は、福永祐一騎手騎乗の2番人気スズカフェラリー(牝、栗東・橋田満厩舎)が大外から突き抜けてデビュー勝ち。タイムは1分32秒9(良)。スズカフェラリーは道中は後方2頭目を追走して、3コーナーから動いたサトノテラスからワンタイミング遅らせてスパート。直線は大外を楽な手応えで伸びて後続を突き放した。

 3馬身1/2差の2着には中団追走から内めを伸びたアンブロジオ(4番人気)、さらにクビ差遅れた3着に昨年の2歳王者サトノアレスの半弟サトノテラス(1番人気)。

 スズカフェラリーは、父スズカフェニックス、母スズカフォイル、母の父フレンチデピュティという血統。いとこに2013&14年東京大賞典連覇などダートGI・10勝(交流競走を含む)のホッコータルマエがいる。

 ◆福永祐一騎手(1着 スズカフェラリー)「調教通り、最後までしっかりと動いてくれました。スタートは少し遅かったけど、気のいいタイプでしたからね。調教の良さを生かせたし、いい勝ち方でした。距離的には1400から1600メートルぐらいで活躍してくれるんじゃないかと思います」



★2日札幌5R「2歳新馬」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

アンブロジオの関連コラム

関連コラムはありません。

アンブロジオの口コミ


口コミ一覧
閲覧 40ビュー コメント 0 ナイス 10

ウマコロ(^^)
満足の行く回収率(≧∀≦)

実馬券(^^)
クロッカスステークスはアンブロジオの複勝的中(^^)
富士ステークスはテオドール単勝、複勝外れ(^^)
京都最終はヴェンジェンスの複勝外れ(^^)
東京最終はアーチキング、単勝、馬単総流しマルチ(^^)
的中、ちょいプラス(^^)明日に切り替えます(^^)
ルメール騎手?騎乗停止ですか?また、いなくなるのかσ(^_^;

 正義の魂 2018年1月25日(木) 01:41
クロッカスステークス
閲覧 58ビュー コメント 0 ナイス 3

今週末1月27日(土)、東京競馬場にて、
3歳オープン戦の、クロッカスステークスが
予定されている。

私の本命は、キャリア1戦であるが、
ミッキーワイルドで不動と言っておく。

前走の新馬戦では、相手のレベルに疑問があったとはいえ、
好位を楽に追走し、最後の直線で楽に抜け出し、
2着馬に3馬身半つける、圧巻の内容であった。

今回のレース当該週調教も、僚馬を1秒近く先行させ、
4F52.5-1F11.9という破格の好時計を、しかも
馬なりで併入というから、恐れ入る。

先週のスーパーフェザーの結果より、1戦のみのキャリアが
不利ということは承知であるが、今回の
ミッキーワイルドには、その懸念は無用とも思えてくる。

相手は、やや距離が短い感じも、C.ルメール騎手騎乗予定の
アンブロジオが、最有力であろう。
未勝利戦・500万下特別の連勝の内容が良い。

あとは、阪神JFの内容が決して悪くはなかった、
マドモアゼル、東京1,400m2戦2勝のムスコローソと
いうところが、連下候補であろうか。

[もっと見る]

 銀色のサムライ 2017年11月28日(火) 20:02
馬券メモ(2017/11/25・26)
閲覧 84ビュー コメント 4 ナイス 7

先週行われたレースの本命馬回顧をしていきます。


【5回京都7日】

■7R サンキュー 3人気3着

スタートの出はまずまずだったんですけど、二の脚がつかず、最後方から。
ロスの多い競馬になる可能性が十分あっただけに、3連系の馬券で勝負すべきでした。

■8R インヘリットデール 1人気1着

道中は押しながらの追走でしたが、直線入り口で一気に先頭に立ち、そのまま押し切りました。
人気を背負っていたにも関わらず、積極的な競馬で1着に導いたC・デムーロ騎手のファインプレーも光りました。

■9R デンコウインパルス 5人気9着

中途半端なレースになってしまいましたけど、相手も強かったです。
相手関係次第では現級でも好勝負できると思うのですが、買い時がなかなかつかめません。

■10R イーストオブザサン 1人気5着

レース序盤に位置を取りに行った分、ラストの脚がイマイチでした。
ヒロブレイブみたいに末脚に徹する競馬をしていれば、違う結果が出たかもしれません。

■11R(ラジニケ京都2歳S)タイムフライヤー 1人気2着

3番手の位置から楽に勝ち切ったか、と思ったところ、グレイルに差し切られました。
文句のつけようがないレースをしての負けですから、仕方ないですね。

■12R アドマイヤリアル 6人気8着

単騎で逃げましたけど、終始後続に突かれる形になってしまいました。
クラス慣れすれば、現級でも通用するだけの地力があると思います。


【5回東京7日】

■7R コルコバード 1人気1着

道中の位置取りがいつもより前にいるあたりがムーア騎手の凄いところですよね。
これまで見せていた詰めの甘さが信じられないくらいの快勝でした。

■8R ストロボスコープ 2人気14着

直線を回るところで首を横に向けていたので、気難しい面を出したのでしょう。
1分37秒台の決着にならないと好走できないタイプですから、
レース当日の時計の出方をもっと考慮すべきでした。

■9R マイネルユキツバキ 2人気3着

好位の内からロスのない競馬をしたんですけど、追い出してからの反応がイマイチ。
1600mだと忙しい感じがするので、もっと距離が伸びた方が良いのかもしれません。

■10R エイシンビジョン 2人気4着

58kgのレッドゲルニカ相手に楽に振り切られたのですから、
力負けの一戦だった、と考えるしかないですね。

■11R サトノアレス 2人気2着

中団の内から上手く馬群をさばいたんですけど、ダイワキャグニーの方が一枚上手でしたね。
でも、今回のメンバーで2着という結果は誇れるものだと思うので、
今後もオープンのマイル路線で活躍してくれる事でしょう。

■12R アッラサルーテ 2人気1着

楽な形で2番手の位置を確保し、
直線でも長く良い末脚を披露して、最後の最後まで粘り切りました。
平場の1000万下だと力が違いましたね。


【5回京都8日】

■7R テキスタイルアート 5人気5着

最内枠から好位につける競馬を想定していたんですけどね…。
直線で良い脚を使っただけに、スタートでの出遅れが痛すぎました。

■8R ダンサクドゥーロ 1人気5着

レース序盤のポジション争いに負けてしまったのがすべてです。
4角大外ブン回しで勝てるほど甘くはないですよね…。

■9R レッドランディーニ 2人気7着

前走の勝ちっぷりが良かったので、今回も期待しましたが、末脚不発に終わりました。
ディープ産駒ですけど、もっと上がりの掛かる状況にならないと厳しいですね。

■10R モズアスコット 1人気1着

そこまで強力なメンバーではありませんでしたけど、1600万下も楽に勝ち切ってみせました。
年明けの京都金杯に出走しても好勝負できると思います。

■11R コウエイエンブレム 1人気2着

休み明け初戦にしてはまずまずの走りを見せてくれたと思います。
道中の行きっぷりが良かったので、次走も1200mに出走するのであれば、引き続き狙いたいです。

■12R(京阪杯)ソルヴェイグ 1人気9着

58kgのネロが逃げ切る展開ですから、もっと上位に入ってほしかったです。
本調子じゃなかったのか、荒れ馬場が合わなかったのか…。


【5回東京8日】

■6R ジュンスターホース 2人気1着

中団待機からジワジワとポジションを上げる競馬で、
直線でもしっかりと末脚を披露し、最終的には2着に4馬身差の圧勝。
ここまで突き抜ける勝ち方ができるとは思ってませんでした。

■7R アンブロジオ 1人気1着

エントシャイデンとの追い比べが長く続きましたけど、
根負けする事なく、最後の最後まで集中した走りを見せてくれました。
ローズキングダム産駒の世代トップになってくれそうな馬なので、今後も追いかけたいです。

■8R サーブルオール 1人気3着

上位2頭よりも位置取りが後ろになった分の3着という感じです。
能力の高さは示しているので、次走も展開次第でしょうか。

■9R アルーアキャロル 1人気3着

スムーズな競馬ができて、抜群の手応えで直線に向いたんですけどね…。
相手が強かった事もあるんでしょうけど、追い出してからの伸びがイマイチでした。

■10R プロディガルサン 1人気3着

1600万下で足踏みしているようじゃダメなんですけどね…。
案外、東京みたいな広いコースよりも中山の小回りコースの方が合うのかも、と思ってます。

■11R(ジャパンカップ)レイデオロ 2人気2着

大事に乗りすぎたかな?という印象こそありますけど、
3歳秋の時点でここまで走れれば文句は言えません。
パドックや返し馬でもっと落ち着いた振る舞いを見せるようになれば、更なる出世が見込めるはずです。


置きに行くような予想ばかりだったんですが、
2日とも収支プラスで終える事ができ、予想家レベルも久方ぶりにG敬帰を決める事ができました。

いつもナイスポチをしてくださっている皆さん、
この場を借りて御礼申し上げます。
本当にありがとうございました。

[もっと見る]

⇒もっと見る

アンブロジオの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

アンブロジオの写真

投稿写真はありません。

アンブロジオの厩舎情報 VIP

2018年1月27日クロッカスステークス2着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

アンブロジオの取材メモ VIP

2018年1月27日 クロッカスステークス 2着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。