セカンドテーブル(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
セカンドテーブル
セカンドテーブル
写真一覧
現役 牡5 栗毛 2012年4月5日生
調教師崎山博樹(栗東)
馬主山上 和良
生産者川島 良一
生産地日高町
戦績22戦[3-3-4-12]
総賞金13,488万円
収得賞金2,500万円
英字表記Second Table
血統 トワイニング
血統 ][ 産駒 ]
Forty Niner
Courtly Dee
モカサンデー
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
グリュックダンク
兄弟 シンゼンムサシクリノツネチャン
前走 2017/07/02 CBC賞 G3
次走予定

セカンドテーブルの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
17/07/02 中京 11 CBC賞 G3 芝1200 1871457.9132** 牡5 56.0 水口優也崎山博樹484(-2)1.08.0 0.034.6シャイニングレイ
17/05/28 京都 10 安土城S OP 芝1400 16248.4510** 牡5 56.0 水口優也崎山博樹486(+6)1.20.7 0.935.3⑥⑤シャイニングレイ
17/05/07 京都 11 鞍馬S OP 芝1200 18353.4111** 牡5 56.0 水口優也崎山博樹480(-6)1.07.9 0.634.1キングハート
17/01/29 京都 11 シルクロード G3 芝1200 136918.673** 牡5 56.0 水口優也崎山博樹486(+2)1.08.0 0.233.9ダンスディレクター
17/01/07 京都 11 淀短距離S OP 芝1200 166123.822** 牡5 56.0 武豊崎山博樹484(+2)1.08.2 0.233.8セイウンコウセイ
16/12/10 中山 11 ラピスラズリ OP 芝1200 1661111.853** 牡4 56.0 五十嵐冬崎山博樹482(-2)1.08.6 0.235.2メラグラーナ
16/11/27 京都 12 京阪杯 G3 芝1200 182320.186** 牡4 56.0 水口優也崎山博樹484(+14)1.11.5 1.237.3ネロ
16/10/09 京都 11 オパールS OP 芝1200 13458.062** 牡4 56.0 水口優也崎山博樹470(+2)1.08.5 0.133.8ラインスピリット
16/08/28 札幌 11 キーンランド G3 芝1200 141129.81113** 牡4 56.0 水口優也崎山博樹468(+2)1.09.7 1.234.7⑩⑪ブランボヌール
16/08/07 札幌 11 UHB賞 OP 芝1200 145712.173** 牡4 56.0 水口優也崎山博樹466(-8)1.08.3 0.334.6クリスマス
16/05/08 京都 11 鞍馬S OP 芝1200 1881812.641** 牡4 55.0 水口優也崎山博樹474(+4)1.07.5 -0.233.8ミッキーラブソング
16/03/06 阪神 10 ポラリスS OP ダ1400 1211----** 牡4 56.0 水口優也崎山博樹--0000 ------グレイスフルリープ
16/01/31 京都 11 シルクロード G3 芝1200 163668.3104** 牡4 54.0 水口優也崎山博樹470(+2)1.08.4 0.534.1ダンスディレクター
16/01/09 京都 11 淀短距離S OP 芝1200 105522.373** 牡4 55.0 水口優也崎山博樹468(+4)1.07.9 0.133.2ローレルベローチェ
15/12/06 阪神 11 タンザナイト OP 芝1400 163631.998** 牡3 53.0 佐藤友則崎山博樹464(+14)1.21.4 0.734.6⑦⑨テイエムタイホー
15/11/14 東京 11 武蔵野S G3 ダ1600 14814109.91114** 牡3 55.0 義英真崎山博樹450(-4)1.38.8 4.140.6ノンコノユメ
15/10/18 新潟 11 信越S OP 芝1400 182328.51216** 牡3 53.0 水口優也崎山博樹454(+8)1.22.0 1.537.0ダノンプログラマー
15/04/25 京都 10 橘ステークス OP 芝1400 125615.586** 牡3 57.0 C.ルメー崎山博樹446(+2)1.20.5 0.335.0マテンロウハピネス
15/03/21 中京 11 ファルコンS G3 芝1400 1881623.399** 牡3 57.0 D.バルジ崎山博樹444(-4)1.24.0 1.138.0タガノアザガル
14/12/21 阪神 11 朝日杯FS G1 芝1600 184736.21114** 牡2 55.0 戸崎圭太崎山博樹448(+6)1.37.8 1.937.9ダノンプラチナ

⇒もっと見る


セカンドテーブルの関連ニュース

 2日のCBC賞でハナ差の2着だったセカンドテーブル(栗・崎山、牡5)が、右後脚の種子骨を骨折していることが4日、分かった。現段階で全治は未定ながらも、症状は軽度の模様。崎山裕助手は「年末には戻せるのではないかと思います」と見通しを語った。

セカンドテーブルの競走成績はこちら

【CBC賞】シャイニング、直線一気で“当選” 2017年7月3日(月) 05:02

 第53回CBC賞(2日、中京11R、GIII、3歳上オープン国際(特指)、ハンデ、芝1200メートル、1着本賞金3900万円=出走18頭)サマースプリントシリーズ第2戦は、2番人気のシャイニングレイが後方3番手から鮮やかな追い込みで快勝。2014年12月のホープフルS以来となる重賞2勝目を飾った。北村友騎手はジューヌエコールでの函館スプリントSに続く同シリーズ連勝。タイム1分8秒0(良)。1番人気のメラグラーナは10着に終わった。

 素質馬が完全復活だ。シャイニングレイが長い直線を一気に駆け抜け、2014年12月のホープフルS以来となる重賞2勝目をゲット。函館SSジューヌエコール)に続くサマースプリントシリーズ連勝となった北村友騎手が声を弾ませた。

 「すごくいい脚を使ってくれました。本当に力のあるいい馬ですね」

 道中は後方3番手を追走した。「想像通り3、4コーナーは少し行きたがる面を見せていました」と鞍上が振り返るように、勝負どころでは押さえきれないほど。メンバー最速の上がり3ハロン33秒2の豪脚で、抜け出していたセカンドテーブルをゴール寸前でハナ差かわした。

 「あらためてすごい馬だなと思いました。前走と違って前半に比較的穏やかに走れたぶん、最後の爆発につながったと思います」

 ディープ産駒の復活に高野調教師も感無量の表情だ。デビューから2連勝で重賞を制し、クラシック候補生と呼ばれたが、3歳初戦に選んだ弥生賞(7着)後に屈腱炎を発症。約2年の長期休養を余儀なくされた。復帰後はダートと芝の中距離戦を使われたが結果が出ず…。そして距離を1400メートルに短縮した前走を快勝し、初のスプリント戦の今回で重賞V。施行錯誤の末、新たな活躍の場が見つかった。

 今後は厩舎で脚元の確認をして放牧に出される予定。次走は未定だが、「馬のポテンシャルは本当にすごい」とトレーナーの信頼は厚い。もちろん、秋はスプリンターズS(10月1日、中山、GI、芝1200メートル)が視野に入ってくる。

 5歳ながら、まだキャリア7戦なら伸びしろは大きい。確たる“主役”不在のスプリント界に現れた新星が一気に頂点まで突っ走る。 (斉藤弘樹)

★2日中京11R「CBC賞」の着順&払戻金はこちら

★サンスポe−shopで黒色木製枠付き写真パネルを発売します!

シャイニングレイ

 父ディープインパクト、母シェルズレイ、母の父クロフネ。鹿毛の牡5歳。栗東・高野友和厩舎所属。北海道安平町・ノーザンファームの生産馬。馬主は(有)キャロットファーム。戦績7戦4勝。獲得賞金1億3561万円。重賞は2014年GIIホープフルSに次いで2勝目。CBC賞高野友和調教師、北村友一騎手ともに初勝利。馬名は「輝く+母名の一部。競走馬として輝かしい歴史を創ることを願って」。

[もっと見る]

【CBC賞】13番人気セカンド、大駆け2着2017年7月3日(月) 05:01

 第53回CBC賞(2日、中京11R、GIII、3歳上オープン国際(特指)、ハンデ、芝1200メートル、1着本賞金3900万円=出走18頭)13番人気のセカンドテーブルが、見せ場たっぷりのハナ差2着で高配当を演出した。好発を決めて2番手につけると、残り100メートルで先頭へ。ゴール寸前でシャイニングレイの強襲に屈したが、重賞ウイナーの意地を見せた。水口騎手はJRA重賞で初連対となったが、「悔しいですね。叩き3走目で本当に具合はよくなっていた。馬場も合うと思っていた」とやりきれない表情だった。

★2日中京11R「CBC賞」の着順&払戻金はこちら

★サンスポe−shopで黒色木製枠付き写真パネルを発売します!

[もっと見る]

【CBC賞】シャイニングレイがG前急襲で2年半ぶり重賞V 2017年7月2日() 15:42

 7月2日の中京11Rで行われたサマースプリントシリーズ第2戦、第53回CBC賞(3歳以上オープン、GIII、芝1200メートル、ハンデ、18頭立て、1着賞金=3900万円)は、初の1200メートル戦だった2番人気シャイニングレイ(牡5歳、栗東・高野友和厩舎)が北村友一騎手に導かれてV。2014年12月のホープフルS・GII以来、2年半ぶり2度目の重賞制覇を果たした。タイムは1分8秒0(良)。ハナ差の2着はセカンドテーブル(13番人気)で、さらに1馬身3/4離れた3着にアクティブミノル(8番人気)が入り、3連単41万7490円の好配当となった。

 レースは直前に雨が降り出す中、アクティブミノルがハナへ。2番手以降はラインスピリットセカンドテーブルオメガヴェンデッタメイソンジュニアなどが入れ替わる展開となった。1番人気メラグラーナは12〜13番手、シャイニングレイは後方3番手をそれぞれ追走。直線では、最内で粘り腰を見せていたアクティブミノルを、4コーナーで2番手につけていたセカンドテーブルがいったんかわしたが、さらにその外からシャイニングレイがメンバー最速の末脚(上がり3ハロン33秒2)で急襲。ゴール前の激戦を制した。メラグラーナは10着。

 シャイニングレイは、父ディープインパクト、母シェルズレイ、母の父クロフネという血統。北海道安平町・ノーザンファームの生産馬で、馬主は(有)キャロットファーム。通算成績は7戦4勝。CBC賞は、高野友和調教師、北村友一騎手ともに初勝利。

 ◆北村友一騎手「もともとスピードに勝る馬なので『1200メートルでも行きたがるかな』と思っていましたが、3〜4コーナーでやはり行きたがっていました。でも、直線に向くとすごくいい脚を見せてくれました。力があるし、いい馬ですね」

★2日中京11R「CBC賞」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【CBC賞】入線速報(中京競馬場)2017年7月2日() 15:37

中京11R・CBC賞(3回中京2日目 中京競馬場 芝・左1200m サラ系3歳以上オープン)は、1番手7番シャイニングレイ(単勝5.7倍/2番人気)、2番手14番セカンドテーブル(単勝57.9倍/13番人気)、3番手4番アクティブミノル(単勝15.9倍/8番人気)で入線しています。

想定オッズは以下の通り。

馬連7-14(183.8倍) 馬単7-14(282.4倍) 3連複4-7-14(895.0倍) 3連単7-14-4(4174.9倍)

更に詳しい情報はこちら→http://umanity.jp/racedata/race_8.php?code=2017070207030211
※着順・払戻金等の確定情報は、レース結果確定後にレース結果ページにてご覧頂けます。

(注=上記は確定前情報を含みます。成績、払戻金など正確な情報につきましては、必ず今後JRA(日本中央競馬会)から発表されるものと照合してください。)

[もっと見る]

【CBC賞】厩舎の話2017年6月30日(金) 05:03

 ◆アクティブミノル・北出師 「デキはいいけど、攻めと実戦は違うからね。行かすつもりでブリンカーを着ける」

 ◆アリンナ・松元師 「距離はベスト。ハナにもこだわらない」

 ◆アルティマブラッド・音無師 「上がり1ハロン12秒2なら文句なし。堅実な走りに期待」

 ◆エイシンスパルタン・藤岡師 「行きっぷりがいいので、前半少し我慢させた。体調はいい」

 ◆オウノミチ・佐々木師 「この馬らしい動き。スムーズに折り合いがつけられれば」

 ◆オメガヴェンデッタ・安田隆師 「体はできている。少し時計のかかる渋った馬場になってほしいですね」

 ◆シャイニングレイ・高野師 「いい動き。高いレベルで安定しています」

 ◆スノードラゴン・高木師 「1度叩いて上向いてきた。馬場が湿ってくれた方がいい」

 ◆セカンドテーブル・水口騎手 「しまいを伸ばしていい動き。気持ちも入ってきました」

 ◆タイムトリップ・菊川師 「今回もいい状態。距離は1400メートルまでがいいと思う」

 ◆ティーハーフ・西浦師 「併せ馬でいい動き。衰えはなく、雨が降れば味方にもなる」

 ◆トウショウドラフタ・萱野師 「動きは良かったね。マイルよりもいい。中京も合う」

 ◆トーセンデューク・藤原英師 「攻めの感じは悪くない。良馬場が前提だが、初の1200メートルも合うはず」

 ◆ナリタスターワン高橋亮師 「前回は発馬が良くなかった。状態はいい意味で変わりない」

 ◆メイソンジュニア・渡辺師 「時計のかかる時間帯でも、動けていました。中京は重賞でも上位に走っていますから」

 ◆メラグラーナ池添学師 「弾むように走っていました。(馬場は)ボコボコじゃなければ大丈夫でしょう」

 ◆ラインスピリット・松永昌師 「久々は苦にせず、力も出せる仕上がり。雨馬場は良くない」

 ◆ラヴァーズポイント・川須騎手 「息遣いが良化。態勢は整った」

CBC賞の出馬表はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

⇒もっと見る

セカンドテーブルの関連コラム

閲覧 971ビュー コメント 0 ナイス 6



先週は、2(日)に中京競馬場でG3CBC賞、福島競馬場でG3ラジオNIKKEI賞がそれぞれ行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
良馬場発表でレースの時を迎えたG3CBC賞は、レース前に降り出した本降りの雨に見舞われるなか18頭がスタート。出ムチを入れてアクティブミノルが先手必勝の構えを見せると、セカンドテーブルが2番手へ。ここにメイソンジュニアオウノミチオメガヴェンデッタといったところが競りかけていき馬群は早くも3角に入っていきます。人気のメラグラーナシャイニングレイあたりはいずれも後方4〜5番手の追走。縦長の隊列を保ったまま直線に入り、内ラチ沿いを逃げるアクティブミノルのリードは2馬身ほど。2番手セカンドテーブルの態勢も変わらずで、後続勢の伸びはいま一つに映ります。坂を駆け上がって人気薄のセカンドテーブルが先頭に立ち大勢決したかに思えたところへ、徐々に進路を内に切り替えて迫ったのがスプリント重賞初挑戦で2番人気の支持を集めたシャイニングレイでした。1完歩ごとに迫るシャイニングレイと粘り込みを図るセカンドテーブルが鼻面を併せた状態でゴールとなりますが、完全に勢い優勢の外シャイニングレイがこれを制してV。14年ホープフルS以来の重賞2勝目を挙げています。ハナ差2着の13番人気セカンドテーブルから1馬身3/4馬身差の3着には逃げ粘った8番人気アクティブミノルが入っています。
 
公認プロ予想家ではエース1号プロ“帰ってきた”凄馬勝子プロきいいろプロマカロニスタンダーズプロ岡村信将プロ河内一秀プロスガダイプロサラマッポプロ他計12名が的中しています。
 
G3ラジオNIKKEI賞は、ウインガナドルニシノアップルパイが先手を主張。3番手に人気の一角セダブリランテス、その直後にこちらも人気のサトノクロニクルらが続く形となって1角を回ります。3番手以下が徐々に密集し、変わらずポツンと最後方にロードリベラルとなって進む隊列は、前半1000mを59秒5(参考)のラップで通過。3角を回って外から手応えよく2番人気セダブリランテスが迫り、一方1番人気サトノクロニクルは馬込みで手応え劣勢の様子。最後方からは大外を回してグイグイとロードリベラルが進出を開始します。直線を向いても依然先頭のウインガナドルに、セダブリランテスが並び掛け、2頭による叩き合いがしばらく続きますが最後は外セダブリランテスに軍配。クビ差退け3連勝で重賞初制覇を飾っています。2着8番人気ウインガナドルからクビ差の3着には、長く脚を使って直線で上位2頭に迫った9番人気ロードリベラルが入っています。
 
公認プロ予想家では山崎エリカプロサラマッポプロ導師嵐山プロ河内一秀プロら4名が的中しています。
 
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 
☆☆☆注目プロ →山崎エリカプロ
1(土)は中京11Rでの▲◎的中などで活躍を見せると、2(日)はラジオNIKKEI賞での◎△的中で9万1600円を払い戻し。週末トータルでは、的中率44%・回収率221%・収支10万9150円を記録しています。
 
☆☆☆注目プロ →エース1号プロ
先週は、2(日)中京8Rでの◎×▲的中(馬連146倍など計13万4840円払戻しのスマッシュヒット!)や、CBCでの◎▲的中(3複895倍的中含め計25万1080円払戻しのビッグヒット!)といった高額払戻しをマーク!土日2日間計、回収率132%・収支16万6680円プラスを記録しています。
 
☆☆☆注目プロ →サラマッポプロ
2(日)はCBC(◎アクティブミノル)、ラジオNIKKEI賞(◎セダブリランテス)の重賞W的中を含む5戦4勝の安定感を披露!週末トータル的中率55%・回収率179%をマークしています
 
☆☆☆注目プロ →河内一秀プロ
1(土)函館3Rで◎○△的中を披露し、単勝&3単&3複計10万7050円払い戻しのスマッシュヒットをマーク。他にも先週は、日曜メイン3連勝(巴賞CBCラジオNIKKEI賞)を含め、高精度予想を幾度となく披露し、週末トータル回収率147%・収支19万9470円プラスを記録しています。
 
☆☆☆注目プロ →kmプロ
1(土)の函館2Rで、▲ダンツブロケード(単勝86.6倍)の単勝的中で43万3000円払い戻しのスマッシュヒットをマーク!週末トータル回収率104%達成しています。
 
  
この他にも【U指数】馬単マスター(173%)、【U指数】3連単プリンス(135%)、エース2号【予想マイレージクラブ限定】(127%)、ろいすプロ(104%)、ナイツHIT商品会議室ロボ(103%)、岡村信将プロ(103%)、マカロニスタンダーズプロ(103%)らが週末トータル回収率100%超の活躍を見せています。
 
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 
※全レースの結果速報はこちら


今週も競馬予想の達人・ウマニティ公認プロ予想家陣の予想にご注目下さい。


登録済みの方はこちらからログイン

2017年7月5日(水) 11:20 凄馬プロジェクトチーム
『凄馬出馬表&馬券検討』7/2の結果(CBC賞)
閲覧 395ビュー コメント 0 ナイス 1

7月2日(日)に行われました中京11Rの「CBC賞 G3」です。

レース結果(着順)の凄馬出馬表(画像)をご覧ください。



1着:総合ポイント【1位】△シャイニングレイ(5.7倍)
2着:総合ポイント【3位】セカンドテーブル(57.9倍)
3着:総合ポイント【10位】アクティブミノル(15.9倍)

第1グループ・総合ポイント1位のシャイニングレイが1着、第3グループ・総合ポイント3位のセカンドテーブルが2着、第4グループ・総合ポイント10位のアクティブミノルが3着という結果でした。


後でVTRでレースを見たらなんか雨降ってましたね〜(苦笑)。◎トーセンデュークは結果的に枠が仇になってしまったでしょうか。それでも上がりはしっかり使っているんですがね。映像にほとんど映っていないところで上がり2位の脚を使って0.4秒差敗戦という内容から、次走以降で妙味が出るようなことがあれば、特にパンパンの高速決着条件では引き続き狙ってみたいと思っています。
終わってみれば、凄馬出馬表のほうは1位−3位からの3複流しで895倍がとれた格好で依然好調の様子。この好調の波になかなかタイミングよく乗ることが出来ずその恩恵に預かれていませんが、的中・不的中は別として少なくとも今回のセカンドテーブルは前日オッズを見た時点で馬券には組み込んでおくべきだったと反省です。


【馬連流し】
◎=印
18=3,7,9,10,12,13,15(7点)

【3複フォーメーション】
◎=○▲☆=印
18=9,10,13=3,7,9,10,12,13,15(15点)


計22点 払い戻し0円

[もっと見る]

2017年7月2日() 14:00 凄馬プロジェクトチーム
第281回『凄馬出馬表分析&馬券検討』〜CBC賞 G3
閲覧 871ビュー コメント 0 ナイス 1



みなさんこんにちは!

本日は中京11R「CBC賞 G3」の『凄馬出馬表』を分析したいと思います。

今回も「U指数」だけでなく、U指数のポイントに【調教評価】、【厩舎評価】、【斤量補正】を数値化し加算減算しU指数を補正することで「総合ポイント」を算出しました。
★「U指数」について詳しくはこちらをご覧ください→U指数についてページ

U指数1.0ポイントは約1馬身差にあたるので、これを目安に以下のような重み付けをしました。
【調教評価】は競馬エイトの調教評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「5」・・・「−1.0ポイント」
「6」・・・「±0.0ポイント」
「7」・・・「+1.0ポイント」
「8」・・・「+2.0ポイント」
【厩舎評価】は競馬エイトの厩舎コメントの評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「△」・・・「−1.0ポイント」
「○」・・・「±0.0ポイント」
「◎」・・・「+1.0ポイント」
【斤量補正】は1.0kg=「0.5ポイント」として以下の基準体重との差分に乗算しました。
「牡馬」・・・「57.0kg」
「牝馬」・・・「55.0kg」


上記の補正を行った『凄馬出馬表』(画像)をご覧ください。




第1グループ(橙)は、シャイニングレイのみ1頭。
第2グループ(黄)は、エイシンスパルタンのみ1頭。
第3グループ(薄黄)は、セカンドテーブルから1.0ポイント差(約1馬身差)内のメラグラーナスノードラゴンまで3頭となっていて、以下は第4G(灰)となっています。

凄馬出馬表を見渡すと、第1G→第2G間の1.9ポイント、第2G→第3G間の1.5ポイント差が目立つ状況。一方、第3G以下は頭数が揃ったこともあり、大きな溝は生じない構図となっています。

そんななか今回の私の本命は◎トーセンデュークとしました。稍重で行われた土曜のレースを見ると、良と見紛うほど時計の出る馬場の印象で、このままレースまでに良に回復すれば、昨年に続きかなりの高速馬場で行われることになりそうな今年のCBC賞。その昨年も含め、外枠勢の健闘ぶりが目立ち、開幕週でも差し・追い込み馬好走のシーンが意外にも多いこともこのレースの傾向と言えそうです。素直に入れば、逃げ・先行馬に期待する手が常套手段でしょうが、妙味込みで“レース傾向に合う人気薄の外枠差し馬”のイメージでトーセンデュークを本命視。重馬場の前走は度外視して2走前にレコード勝ちした中京コースでの一変に期待しています。過去このレースで差して馬券に絡んだ馬たちの多くが、それ以前に中京芝のレースで上り最速をマークしていた馬たちで、それに当てはまっている点も強調材料とみています。
○はアリンナ。とにかく近年の高速馬場で行われたスプリント重賞では軽量3歳牝馬の活躍が印象的で、このレースも同じようなシーンがありそうです。先行粘り込みの2、3着候補最先鋒として注目しています。
以下▲エイシンスパルタン、☆トウショウドラフタあたりを上位評価。
そして、今回の私の馬券は◎からの馬連と3複を組み合わせた買い目でいこうと思っています。


【馬連流し】
◎=印
18=3,7,9,10,12,13,15(7点)

【3複フォーメーション】
◎=○▲☆=印
18=9,10,13=3,7,9,10,12,13,15(15点)

計22点

[もっと見る]

2017年2月2日(木) 18:00 競馬プロ予想MAX
先週の回顧〜(1/28〜1/29)スガダイプロが的中率51%・回収率140%の好成績!
閲覧 1,054ビュー コメント 0 ナイス 4

先週は29(日)に東京競馬場でG3根岸ステークスが京都競馬場でG3シルクロードステークスがそれぞれ行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
G3根岸ステークスモンドクラッセが先頭で直線コースへ。モンドクラッセのリードは1馬身、2番手グループからはグレイスフルリープブルミラコロラブバレットが前を追ってそれ以降はやや間が空いて後方各馬追い出しにかかります。残り200mを通過、依然先頭で踏ん張るモンドクラッセにようやくエンジンかかったベストウォーリアが迫ると大外からは1番人気のカフジテイクが豪脚でグングン差を詰めてきます!残り50m、ここでモンドクラッセを捉えたベストウォーリアが先頭に変わるとその外からカフジテイクも馬体を併せて2頭の叩き合いに。激しい追い比べはゴール前さらにもうひと伸びを見せたカフジテイクベストウォーリアを差し切って優勝!嬉しい初重賞制覇となりました!1馬身差の2着にベストウォーリア、そこから2馬身半差の3着にエイシンバッケンに入っています。
 
公認プロ予想家ではKOMプロほか6名が的中しています。
 
 
G3シルクロードステークスソルヴェイグが先頭で直線コースへ。ソルヴェイグのリードは半馬身、直後2番手に馬体を併せてネロ、内からはセカンドテーブル、外からはセイウンコウセイの態勢。残り200mを通過、ここで内各馬を交わしてセイウンコウセイが先頭に変わるとその外からはダンスディレクターが抜群の反応!一気に前との差を詰めてきます!残り100m、逃げるセイウンコウセイ、追うダンスディレクター!2頭が勢いよく抜け出す形で追い比べとなりましたが、僅かに外ダンスディレクターセイウンコウセイを捉えて1着!1年ぶりの重賞制覇となりました!クビ差の2着にセイウンコウセイ、そこから1馬身半差の3着にセカンドテーブルが入っています。
 
公認プロ予想家でははははふほほほプロほか8名が的中しています。
 
------------------------------------------------------------------------------
 
☆☆☆注目プロ →スガダイプロ
28(土)中京11Rで◎アドマイヤゴッドからの馬連76.倍、3連複399.7倍を的中!4万7590円を払い戻しました!同日の中京7Rでも◎ミスズスターの単勝3.2倍、○ウォーターイーグルとの馬連20.6倍、3連複56.2倍を本線で仕留め、4万9900円を払い戻し!この他にも東京8R京都6Rを本命対抗で仕留めるなど安定した予想を幾度も披露し、週末トータル的中率は51%!週末トータルも回収率140%、収支プラス10万7810円の好成績を収めています!
 
☆☆☆注目プロ →おかべ育成プロ
28(土)京都4Rで◎エルデュクラージュメイショウラケーテタガノポムルと印を打ち、3連複1点勝負!13万9000円を払い戻しました!中京10Rでは◎スーパーモリオンアスタースウィングの馬連を1点的中させ、8万1000円を払い戻しました!週末トータル回収率183%、収支プラス15万880円をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →KOMプロ
29(日)東京11R根岸ステークスG3で『近走内容から、ここでは力が抜けている。』と◎カフジテイクから勝負!馬連8.6倍、3連複93.3倍を本線で仕留め、6万2260円を払い戻しました!また、同日の中京1Rでは単勝60倍の伏兵◎ペラッチからのワイド34.5倍、57.4倍を仕留め、9万7670円を払い戻しました!週末トータル回収率139%、収支プラス15万3310円をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →夢月プロ
28(土)中京11Rで単勝16.7倍◎ニシノラディアントを8300円的中させ、13万8610円を払い戻しました!勝負レースに指定した中京10Rでも◎スーパーモリオンの単勝7000円、○アスタースウィングとの馬連を3000円仕留め、6万円を払い戻しました週末トータル回収率132%、収支プラス10万7220円をマークしています。
 
この他にもサウスプロ(115%)、河内一秀プロ(108%)、きいいろプロ(107%)、ろいすプロ(106%)、西野圭吾育成プロ(101%)が週末トータル回収率100%超の活躍を見せています。

※全レースの結果速報はこちら
    
来週も競馬プロ予想MAXにご期待ください!

[もっと見る]

2017年1月31日(火) 11:53 凄馬プロジェクトチーム
『凄馬出馬表&馬券検討』1/29の結果(シルクロードステークスG3)
閲覧 321ビュー コメント 0 ナイス 2

1月29日(日)に行われました京都11Rの「シルクロードステークスG3」です。

レース結果(着順)の凄馬出馬表(画像)をご覧ください。



1着:総合ポイント【4位】ダンスディレクター(6.7倍)
2着:総合ポイント【6位】セイウンコウセイ(7.0倍)
3着:総合ポイント【5位】セカンドテーブル(18.6倍)

第2グループ・総合ポイント4位のダンスディレクターが1着、第3グループ・総合ポイント6位のセイウンコウセイが2着、第2グループ・総合ポイント5位のセカンドテーブルが3着という結果でした。

祝!本年初的中(;・∀・)
期待した◎セイウンコウセイは思い描いていた通りの競馬をしてくれました!惜しくも2着に敗れてしまいましたが、今後の短距離戦線に楽しみな1頭になりそうです。来週もこの勢いで的中目指して頑張ります。

【馬連流し】
11

5,7,12

計3点 払い戻し2270円

[もっと見る]

2017年1月29日() 14:00 凄馬プロジェクトチーム
第242回『凄馬出馬表分析&馬券検討』〜シルクロードステークス G3
閲覧 659ビュー コメント 0 ナイス 3

みなさんこんにちは!

本日はシルクロードステークス G3の『凄馬出馬表』を分析したいと思います。

今回も「U指数」だけでなく、U指数のポイントに【調教評価】、【厩舎評価】、【斤量補正】を数値化し加算減算しU指数を補正することで「総合ポイント」を算出しました。
★「U指数」について詳しくはこちらをご覧ください→U指数についてページ

U指数1.0ポイントは約1馬身差にあたるので、これを目安に以下のような重み付けをしました。
【調教評価】は競馬エイトの調教評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「5」・・・「−1.0ポイント」
「6」・・・「±0.0ポイント」
「7」・・・「+1.0ポイント」
「8」・・・「+2.0ポイント」
【厩舎評価】は競馬エイトの厩舎コメントの評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「△」・・・「−1.0ポイント」
「○」・・・「±0.0ポイント」
「◎」・・・「+1.0ポイント」
【斤量補正】は1.0kg=「0.5ポイント」として以下の基準体重との差分に乗算しました。
「牡馬」・・・「57.0kg」
「牝馬」・・・「55.0kg」


上記の補正を行った『凄馬出馬表』(画像)をご覧ください。





第1グループ(橙)は、ネロ1頭。
第2グループ(黄)は、ソルヴェイグセカンドテーブルまでの4頭。
第3グループ(薄黄)は、セイウンコウセイヒルノデイバローの2頭となっていて、以下は第4G(灰)となっています。

1/27(土)のレースを見ると思った以上に内、中が伸びる馬場状態で外からの追い込みは厳しい状態。好位から直線で馬場の真ん中持ち出せるタイプの馬が勝ち馬のイメージです。

私の本命は◎セイウンコウセイにします。若い時代から随所に非凡なスピードを見せていた期待馬がここにきてようやく充実。特に1200m戦でのレース内容はかなり優秀、脚質も今回のイメージに合致します。重賞とはいえ、メンバーレベルはそれほど高くありませんので今の勢いなら通用するはずです。以下、○ソルヴェイグ、▲ブランボヌール、△ダンスディレクターと印を打ちます。

【馬連流し】
11

5,7,12

計3点

人気のネロは前走の不良馬場での圧勝で過剰人気、ここは思い切って消してみます。

[もっと見る]

⇒もっと見る

セカンドテーブルの口コミ


口コミ一覧

本日の見所(京王杯2歳S)

 山崎エリカ 2017年11月4日() 07:35

閲覧 143ビュー コメント 1 ナイス 12

2017年 京王杯2歳S
__________

昨日のファンタジーSは、芝1400mながらコース構造上、前半ペースが上がりづらく、前残りが発生しやすいレースであることをお伝えしました。昨日のファンタジーSは、テンの速いモズスーパーフレアが調教師の指示どおりに逃げることをご遠慮し、前半3F36秒3と中距離戦レベルのスローペースとなり、コーディエライトが逃げて2着に粘りました。

さて、京王杯2歳Sが行われる東京芝1400mはというと、これもまた前半ペースが上がりづらく、前残りが発生しやすいコース構造になっています。東京芝1400mは、スタートして約60mで緩やかに坂を上り、下ったところで最初の3コーナーがあるため、ペースが上がりづらいのです。

確かに京王杯2歳Sは、昨年のモンドキャンノのように、後の朝日杯FSでも通用するような素質馬が出走してくることが多いため、差し切りが決まることも少なくないのも事実。しかし、3年前に11番人気で逃げ切りを決めたセカンドテーブルや一昨年に逃げた7番人気のレッドラウダが2着接戦の4着に粘り込んだことなどが、このレースの本質を物語っています。

先週の日曜日の東京芝コースが最初から不良馬場で、かなり時計の掛かるコンディション。さすがに良馬場で行われた先週土曜日の馬場状態まで回復するのは難しいとは見ています。しかし、前開催の東京はもともとかなりの高速馬場だったことを考えると、通常レベルの高速馬場ではやれるのではないでしょうか。良馬場でありさえすれば、京王杯2歳Sは、前有利の状況は変わらないと見ているので、先行馬を本命にして予想を組み立てます。

前記したようにこのレースは、差し馬のほうが素質が高いことが多く、実際に結果を出していることも少なくない反面、1番人気の差し馬の不発率も半端ではありません。あのオルフェーヴルだって1番人気でぶっ飛んだくらい。オルフェーヴルの生涯成績で見れば「距離不足だった」と言い切れますが、キャリア1〜2戦の段階でなんとなくそう思うことはあっても、確信するのは霊感などの怪しい能力を持ていなければ、不可能に近いこと。

つまり、スピード不足の将来の中距離馬やステイヤーを知らずに買ってしまうリスクを減らすためにも、毎度のように過少評価される先行馬から馬券を買って、あわよくば高配当というスタイルを貫くほうがベスト。特に、2歳のこの時期の差し馬は出負け癖があるか、短距離がベストではない馬も混在しているので、よっぽどこの馬はスプリンターと確信が持てる差し馬でなければ、積極的に狙うことをオススメしません。

競馬をギャンブルとして考えた場合に、このレースを人気の差し馬から馬券を買うのは、確信がない前提ならば効率のいい賭け方ではないです。運よく勝ち越したとしても、その次はやられるはず。ちなみにギャンブルの本質は何かというと、もっともリスクの少ない方法で賭けに出るということ。もっともリスクの高い方法で賭けに出るのは、競馬ならばお金を失い続けるということです。

 昭島のよっちゃん 2017年11月1日(水) 06:33
★土曜日の東京、G教王杯2歳ステークス勝馬の次走は?★ 
閲覧 146ビュー コメント 4 ナイス 29

写真は京王線の府中競馬場正門前駅の看板です・・何故東京競馬の名前を使わないのか?

かつて国鉄に「東京競馬場前」駅がありました(1973年廃止 位置は現在の府中本町駅の近く)ことからそれと区別する意味もあった為だそうです


POGの参考になればと、2歳戦を注目しています!

2歳の重賞レース勝馬を予想するのでは無く、過去の勝馬の次走を調べ、ローテーションがどうなっていたのかを見てみました

過去5年の2歳G教王杯2歳ステークス(芝:1,400)の勝馬の次走と結果を調べました


2012 エーシントップ:5番人気 次走:12/16中山朝日杯FS(芝1,600)8着

2013 カラダレジェンド:5番人気 次走:3/22中京ファルコンS(芝1,600)7着

2014 セカンドテーブル:11番人気 次走:12/21中山朝日杯FS(芝1,600)14着

2015 ポールライトニング:2番人気 次走:12/20中山朝日杯FS(芝1,600)11着

2016 モンドキャンノ:3番人気 次走:12/18中山朝日杯FS(芝1,600)2着


4頭が朝日杯FSに直行していますが、勝馬はいませんね


※今後も2歳重賞レースは、勝馬の次走と結果について調べて行きます

[もっと見る]

 kt 2017年7月3日(月) 19:21
【回顧(反省)】ラジオNIKKEI賞&CBC賞
閲覧 46ビュー コメント 0 ナイス 3

セダブリランテスは外枠から好位を確保して自力勝ち。外枠で嫌ったけど、小頭数だったから上手いこと行きましたかね。ウインガナドルの単勝を買っていたので悔しい思いをしましたが、まあしょうがないです。オッズ的に後悔はしていない。
ニシノアップルパイは思っていたより人気してしまっていましたね。こちらも2番手追走で問題なく走れていたのに残念な結果。距離ってこともないだろうから、流れが合わなかったのかな。

シャイニングレイの方は、お見事。CBC賞はスプリント重賞と思わないほうがいいのかもしれません。ウリウリの追い込みも決まったことがあるんだもんな。セカンドテーブルはこれぐらいはやれる馬。シャイニングレイ軸の馬連を選べばヒモには買えたと思う。
期待した3歳勢は不発。ただ、スプリント色がより強いレースに出て来たらもう一回買ってみたいと思います。弱気なレース選択はしないで、骨っぽい相手が出るレースで穴を空けるのを、改めて期待します。

[もっと見る]

⇒もっと見る

セカンドテーブルの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

セカンドテーブルの写真

セカンドテーブル
セカンドテーブル

セカンドテーブルの厩舎情報 VIP

2017年7月2日CBC賞 G32着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

セカンドテーブルの取材メモ VIP

2017年7月2日 CBC賞 G3 2着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。