ピスカデーラ(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
ピスカデーラ
ピスカデーラ
写真一覧
現役 牝4 鹿毛 2014年3月18日生
調教師池添学(栗東)
馬主名古屋友豊 株式会社
生産者ノーザンファーム
生産地安平町
戦績17戦[1-2-3-11]
総賞金1,670万円
収得賞金200万円
英字表記Piscadela
血統 ブラックタイド
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
ウインドインハーヘア
ドリームスケイプ
血統 ][ 産駒 ]
エルコンドルパサー
ドリームビジヨン
兄弟 クッカーニャハドソンヤード
前走 2018/06/16 駒ケ岳特別
次走予定

ピスカデーラの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
18/06/16 函館 10 駒ケ岳特別 500万下 芝2600 12688.1310** 牝4 55.0 C.ルメー池添学470(+6)2.40.6 1.236.4⑥⑥⑥⑤マスターコード
18/03/24 中京 7 4歳以上500万下 芝2200 17247.8312** 牝4 51▲ 川又賢治池添学464(+2)2.17.9 1.637.5⑤⑤ピエナアラシ
18/02/17 小倉 9 4歳以上500万下 芝2000 147123.814** 牝4 52△ 森裕太朗池添学462(-8)2.00.1 0.736.2④⑥④④アグネスリバティ
18/01/27 中京 8 4歳以上500万下 芝2200 125520.082** 牝4 52△ 森裕太朗池添学470(+2)2.15.0 0.036.6ファスナハト
17/12/03 中京 9 栄特別 500万下 芝2000 1859118.1149** 牝3 54.0 松山弘平池添学468(+2)2.02.1 0.735.2シンギュラリティ
17/11/12 福島 7 3歳以上500万下 芝2000 1671415.866** 牝3 53.0 北村宏司池添学466(+16)2.00.9 1.135.8⑫⑫⑫⑧イタリアンホワイト
17/09/09 阪神 12 3歳以上500万下 芝2000 115512.253** 牝3 52.0 福永祐一池添学450(-10)2.00.4 0.535.1⑧⑧⑧④マイネルアトゥー
17/08/20 札幌 8 3歳以上500万下 芝2000 145824.787** 牝3 52.0 菱田裕二池添学460(0)2.02.6 0.536.2メイズオブオナー
17/08/05 札幌 8 3歳以上500万下 芝2000 151138.493** 牝3 52.0 酒井学池添学460(+14)2.00.8 0.536.2⑤⑤⑤ロードアルバータ
17/04/23 東京 11 フローラS G2 芝2000 18818229.81716** 牝3 54.0 荻野極池添学446(-12)2.02.5 1.235.4④④④モズカッチャン
17/03/25 阪神 9 君子蘭賞 500万下 芝1800 113319.269** 牝3 54.0 松山弘平池添学458(+2)1.49.8 0.934.5⑤⑥カワキタエンカ
17/01/21 中山 9 若竹賞 500万下 芝1800 145715.356** 牝3 54.0 北村宏司池添学456(+4)1.49.1 0.835.8⑩⑨⑦⑩ウインブライト
16/12/25 阪神 6 2歳500万下 芝2000 82212.856** 牝2 53☆ 鮫島克駿池添学452(-6)2.05.5 0.535.6⑤⑤④⑦ダノンディスタンス
16/10/29 京都 3 2歳未勝利 芝1800 16362.711** 牝2 54.0 戸崎圭太池添学458(+4)1.47.9 -0.135.3⑦⑦スピリットソウル
16/10/02 阪神 2 2歳未勝利 芝2000 102211.442** 牝2 54.0 北村宏司池添学454(+4)2.04.2 0.235.4⑤⑤⑤④スワーヴリチャード
16/09/10 阪神 2 2歳未勝利 芝1800 188184.737** 牝2 53☆ 鮫島克駿池添学450(0)1.47.7 1.535.3⑩⑪リスグラシュー
16/07/24 中京 5 2歳新馬 芝1600 166115.933** 牝2 54.0 松山弘平池添学450(--)1.36.1 0.534.4⑨⑧⑥クライムメジャー

ピスカデーラの関連ニュース

 ◆国分恭騎手(タガノアスワド4着) 「テンに出していったぶん、ハミを強くかんでしまった。しまいも止まっていたわけじゃないので、ペースを上げて楽に走らせたかった」

 ◆北村宏騎手(レッドコルディス5着) 「体が柔らかすぎて、直線で手前を替えるとモタれた」

 ◆柴田善騎手(アロンザモナ6着) 「道中で一生懸命になりすぎる」

 ◆岩田騎手(アドマイヤローザ7着) 「追い出してからもたもたした」

 ◆田中勝騎手(ビルズトレジャー9着) 「張り切りすぎて、ハミをかんだ」

 ◆大野騎手(ニシノアモーレ10着) 「前半力んだぶん、伸び切れなかった」

 ◆池添騎手(ザクイーン11着) 「きょうは切れ味のぶんかな」

 ◆蛯名騎手(キャナルストリート12着) 「素質は感じるし、実が入れば」

 ◆石川騎手(ドリームマジック13着) 「外に持ち出したが、伸び切れなかった。まだこれからの馬」

 ◆内田騎手(ディーパワンサ14着) 「4コーナーで(他馬が)並んでくるとひるんだ」

 ◆吉田豊騎手(レッドミラベル15着) 「テンションが高かった」

 ◆荻野極騎手(ピスカデーラ16着) 「しまいの瞬発力勝負で差が出たけど、これから良くなりそう」

 ◆木幡育騎手(ラユロット17着) 「最後も少しずつ差を詰めています」

 ◆武士沢騎手(メイショウササユリ18着) 「初芝で馬場も気にして、(何度も)手前を替えていた」

★23日東京11R「サンスポ賞フローラS」の着順&払戻金はこちら

【フローラS】厩舎の話2017年4月21日(金) 10:21

 ◆アドマイヤローザ・梅田師 「しまいをサッと伸ばす調教。(同じ休み明けの)前走よりはしっかりしている」

 ◆アロンザモナ・井本助手 「前走は力を出し切っていない。能力はある」

 ◆キャナルストリート・蛯名騎手 「緩さがあって器用さがないので、大ざっぱな競馬がいいかも」

 ◆ザクイーン・辻野助手 「しっかり調整できている。うまく立ち回れれば」

 ◆タガノアスワド・五十嵐師 「間隔があいていても問題ない」

 ◆ディーパワンサ・松下師 「前走より状態は明らかに上」

 ◆ドリームマジック・中川師 「使うごとに良くなっているが、もっと成長してほしい」

 ◆ニシノアモーレ・上原師 「しっかり負荷はかけた。慣れている騎手に替わるのはプラス」

 ◆ピスカデーラ池添学師 「体に張りがあって状態はいい。ただ開幕週の馬場はどうか」

 ◆ビルズトレジャー田中剛師 「田中勝騎手は『動きが良く、感じはいい』と言っている」

 ◆ホウオウパフューム奥村武師 「十分すぎるほど本数を乗っているし、息は整っている」

 ◆メイショウササユリ・松永幹師 「仕上がりはいい。軽いダートで勝っているので、芝でも」

 ◆モズカッチャン・鮫島師 「坂路でしまい重点。馬場が悪いけど時計は上々。動きもいい」

 ◆ヤマカツグレース・池添兼師 「動きは良かった。しまいもいい時計」

 ◆ラユロット・木幡育騎手 「うまく折り合いがつきましたし、反応も手応えも良かったです」

 ◆レッドコルディス・高橋忠師 「ようやく体調は安定。能力は高い」

 ◆レッドミラベル・尾関師 「前走でしっかりと仕上げた状態を維持できている。重賞でも」

[もっと見る]

【フローラS】木幡育&荻野極が重賞初騎乗2017年4月21日(金) 05:04

 ルーキーの木幡育也騎手(18)=美・藤沢和=と2年目の荻野極騎手(19)=栗・清水久=が、フローラSでそろって重賞初騎乗を果たす。

 15日に初勝利を挙げたばかりの木幡育騎手はラユロットに騎乗。「抽選結果が出るまで緊張していましたが、通ってほっとしました。(師匠の)藤沢先生には感謝しています」とあどけない笑み。2年目の荻野極騎手はピスカデーラに騎乗。「声をかけてもらえてうれしいです。このチャンスをものにしたいですね」と一発を狙っている。

サンスポ賞フローラSの出馬表はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【フローラS】追って一言2017年4月20日(木) 05:06

 ◆アロンザモナ・井本助手 「中1週なのでサラッと。能力はある。力を出せれば」

 ◆アンネリース・尾関師 「動きは悪くない。叩き良化型だが、重賞でも楽しみはある」

 ◆キャナルストリート・蛯名騎手 「器用さがないので、大ざっぱな競馬の方がいいかも」

 ◆ザクイーン・辻野助手 「しっかり調整できている。うまく立ち回れれば」

 ◆タガノアスワド・五十嵐師 「間隔があいていても問題ない」

 ◆ドリームマジック・中川師 「使うごとに良くなっているが、もっと成長してほしい」

 ◆ニシノアモーレ・上原師 「しっかり負荷はかけられている」

 ◆ピスカデーラ池添学師 「状態はいいが、開幕週の馬場はどうか」

 ◆ビルズトレジャー田中剛師 「ここ2戦骨っぽい牡馬相手に頑張っている。牝馬同士なら」

 ◆ブラックスビーチ・辻野助手 「状態は良さそう。東京の開幕週なら決め手が生きると思う」

 ◆メイショウササユリ・松永幹師 「芝は初めてですが、軽いダートで勝っていますからね」

 ◆モズカッチャン・鮫島師 「しまい重点。馬場が悪いので4ハロン54秒8なら上々。動きもいい」

 ◆ヤマカツグレース・池添兼師 「しまい12秒0で動きはいい」

 ◆ラユロット・木幡育騎手 「並ばれてからの反応も手応えも良かったです」

 ◆レッドコルディス・高橋忠師 「ようやく体調は安定してきた。能力は高い」

 ◆ワラッチャウヨネ・高橋博師 「状態は安定。2300メートル(自己条件の新緑賞)も魅力」

サンスポ賞フローラSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【サンケイスポーツ賞フローラステークス】特別登録馬2017年4月16日() 17:30

[もっと見る]

【2歳新馬】中京5R クライムメジャー大外鮮やかV 2016年7月24日() 12:33

 7月24日の中京5R・2歳新馬(芝1600メートル)は、ミルコ・デムーロ騎手騎乗の1番人気クライムメジャー(牡、栗東・池江泰寿厩舎)が好位追走から直線で大外を通ってV。鮮やかな差し切りでデビュー戦を飾った。タイムは1分35秒6(良)。

 1馬身1/4差の2着に2番人気のアドマイヤミヤビ。さらに2馬身離れた3着に3番人気のピスカデーラが入線した。

 クライムメジャーは、父ダイワメジャー、母クライウィズジョイ、母の父トニービンという血統。半兄に菊花賞2着、日経新春杯・GIIなど重賞4勝のサトノノブレスがいる。

 ◆ミルコ・デムーロ騎手「強かったね。ずっと遊んでいて、楽だった。賢い馬よ」

★24日中京5R「2歳新馬」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

ピスカデーラの関連コラム

閲覧 3,342ビュー コメント 0 ナイス 2

 2016年の2歳戦もいよいよ大詰め。12月11日には阪神ジュベナイルフィリーズ(2歳GⅠ・阪神芝1600m外)が、12月18日には朝日杯フューチュリティステークス(2歳GⅠ・阪神芝1600m外)が施行される予定で、既に両レースとも特別登録馬が発表されました。朝日杯フューチュリティステークスを牝馬(ビーカーリーミスエルテ)が勝たない限り、おそらくJRA賞最優秀2歳牡馬やJRA賞最優秀2歳牝馬のタイトルは両GⅠの優勝馬が受賞することになるでしょう。出馬投票後の抽選を含め、POGプレイヤーの多くが指名馬の動向に一喜一憂する時期ですね。ウマニティPOG2016の参加者にとってはシーズンB(9月10日~12月25日)の最終盤であり、向こう3週のレース結果はシーズン表彰争いにも大きく係わってきます。

 もちろん「GⅠの2鞍に登録した馬がいない」「ランキングの上位にいるわけでもない」という皆さんは寂しい思いをしていらっしゃるでしょうが、そうした方々にも逆転のチャンスがないわけではありません。GI、GII、GIII、オープンの各ワールドは12月5日に今シーズン最後の仮想オーナー募集枠開放が行われ、既にデビューした馬を含むすべての2歳馬が入札可能な状態となりました。指名枠がまだ残っており、なおかつ他のプレイヤーよりも高いポイントを入札すれば、阪神ジュベナイルフィリーズ朝日杯フューチュリティステークスの有力候補を自身のラインナップに加えることができるのです。そもそも、2016-2017シーズン全体からすると、この時期はまだ中盤戦。最終順位に影響してくるようなビッグレースはだいぶ先ですから、年明け以降の重賞で活躍してくれそうな馬を今のうちに確保しておくという手もあります。

 今回はそんなプレイヤーのニーズに応えるべく、ウマニティ独自のスピード指数「U指数(結果U指数)」を参考に、過去のレースで見せたパフォーマンスを順位付けしてみました。なお、以前の当コラムでも指摘した通り、「U指数」は新馬のレースがもっとも高い数値になりにくく、格の高いレースほど高い数値が出やすい指標です。こうした特性や施行レース数を考慮し、今回は「新馬/芝1400m以下」「新馬/芝1500m以上」「新馬/ダート」「未勝利/芝1400m以下」「未勝利/芝1500m以上」「未勝利/ダート」「500万下から上のクラス/芝1400m以下」「500万下から上のクラス/芝1500m以上」「500万下から上のクラス/ダート」の9カテゴリーについて、「U指数」ベスト10のランキングを作成。集計対象は2016年11月27日までに施行されたJRA、かつ2歳限定のレースとしています。


<新馬/芝1400m以下>

●8月7日 小倉06R レーヌミノル 84.7
●9月17日 阪神05R アグネスジュレップ 84.6
●6月25日 函館05R ロイヤルメジャー 84.3
●10月1日 中山05R マイネルアムニス 83.9
●6月19日 東京06R アエロリット 82.8
●8月14日 小倉05R メイソンジュニア 82.6
●6月5日 阪神05R アンジュシャルマン 82.6
●11月20日 京都06R サリネロ 82.5
●6月5日 阪神05R マイネルパラディ 81.7
●10月23日 東京04R ジョーストリクトリ 81.6


<新馬/芝1500m以上>

●11月26日 京都05R ミリッサ 86.1
●11月26日 京都05R パンサーバローズ 84.6
●11月26日 東京05R バリングラ 83.8
●11月19日 東京05R サーベラージュ 83.7
●11月20日 東京06R ハナレイムーン 83.6
●10月23日 新潟05R リカビトス 83.3
●11月6日 東京05R ダイワキャグニー 83.0
●11月5日 京都07R クリアザトラック 82.5
●11月26日 京都05R マイスタイル 82.4
●11月6日 東京05R パルフェクォーツ 82.3


<新馬/ダート>

●10月29日 京都04R ヒップホップスワン 87.7
●10月29日 京都04R スーパーモリオン 87.7
●11月5日 京都06R アップビート 85.5
●11月26日 京都06R ラビットラン 85.5
●11月6日 東京04R オールドベイリー 84.3
●11月6日 東京04R アースオブフェイム 84.3
●11月26日 東京06R サンライズノヴァ 84.2
●10月1日 阪神06R アイアンテーラー 83.4
●11月26日 東京06R ショウブニデル 83.2
●6月18日 阪神05R ディオスコリダー 83.1


<未勝利/芝1400m以下>

●8月28日 新潟02R レジーナフォルテ 91.6
●11月5日 京都03R アリンナ 87.7
●11月19日 京都02R イリスファルコン 87.1
●10月16日 新潟03R サンバダンサー 86.9
●10月15日 新潟05R ディアドラ 86.7
●11月19日 福島03R ファンタジーボール 86.6
●7月24日 福島01R ダイイチターミナル 86.6
●8月21日 新潟01R ディバインコード 86.5
●11月27日 東京01R トリリオネア 86.3
●10月9日 東京03R ドウディ 86.3


<未勝利/芝1500m以上>

●10月29日 京都03R ピスカデーラ 86.6
●11月12日 京都03R ヒロシゲグローリー 86.5
●11月12日 福島04R エンドゲーム 86.2
●9月3日 小倉02R ナムラライラ 86.1
●10月8日 京都03R プラチナヴォイス 86.0
●10月29日 京都03R スピリットソウル 85.9
●8月13日 小倉02R アダムバローズ 85.6
●10月16日 京都03R ハムレット 85.6
●11月13日 東京01R アルミレーナ 85.0
●11月6日 京都04R ソーグリッタリング 84.9


<未勝利/ダート>

●11月26日 京都02R ローズストリート 90.5
●11月6日 福島01R キンシノクリーン 88.9
●11月6日 福島01R サンタアズライト 88.9
●8月27日 札幌01R ハシルキセキ 88.5
●8月13日 札幌01R ハヤブサナンデダロ 87.6
●11月19日 福島01R サンタアズライト 87.6
●11月26日 京都02R ブルベアラクーン 87.2
●10月29日 京都01R メイショウジーク 86.7
●11月13日 福島01R スーパーモリオン 86.2
●11月12日 京都02R サトノクリエション 86.2
●11月12日 京都02R タガノディグオ 86.2


<500万下から上のクラス/芝1400m以下>

●9月4日 小倉11R 小倉2歳S レーヌミノル 99.0
●11月13日 福島10R 福島2歳S メイソンジュニア 97.0
●11月13日 福島10R 福島2歳S マイネルバールマン 94.9
●11月5日 東京11R 京王杯2歳S モンドキャンノ 94.0
●11月5日 東京11R 京王杯2歳S レーヌミノル 93.1
●11月20日 京都09R 秋明菊賞 アリンナ 91.9
●7月24日 函館11R 函館2歳S レヴァンテライオン 90.9
●11月13日 福島10R 福島2歳S ウランゲル 90.8
●10月1日 中山09R カンナS タイムトリップ 90.4
●10月30日 京都06R ビーカーリー 90.2


<500万下から上のクラス/芝1500m以上>

●11月12日 京都11R デイリー杯2歳S ジューヌエコール 94.5
●11月12日 京都11R デイリー杯2歳S ボンセルヴィーソ 94.5
●11月12日 京都11R デイリー杯2歳S サングレーザー 93.7
●11月12日 京都11R デイリー杯2歳S ディーパワンサ 93.7
●10月8日 東京11R サウジアラビアRC ブレスジャーニー 93.4
●11月12日 京都11R デイリー杯2歳S ベルカプリ 93.0
●10月8日 東京11R サウジアラビアRC ダンビュライト 91.9
●10月29日 東京11R アルテミスS リスグラシュー 91.6
●10月22日 東京09R アイビーS ソウルスターリング 91.4
●11月27日 京都09R 白菊賞 ゴールドケープ 91.2


<500万下から上のクラス/ダート>

●10月23日 京都08R なでしこ賞 ハングリーベン 90.5
●10月15日 東京09R プラタナス賞 エピカリス 89.0
●11月12日 東京09R オキザリス賞 シゲルコング 89.0
●11月12日 東京09R オキザリス賞 シゲルベンガルトラ 89.0
●11月12日 東京09R オキザリス賞 レッドオーガー 89.0
●10月23日 京都08R なでしこ賞 ゲキリン 88.8
●10月23日 京都08R なでしこ賞 シゲルベンガルトラ 88.8
●11月12日 東京09R オキザリス賞 グッドヒューマー 88.4
●11月12日 東京09R オキザリス賞 サザンボルケーノ 87.9
●11月19日 京都09R もちの木賞 ブルベアバブーン 87.8
●11月19日 京都09R もちの木賞 シロニイ 87.8


 各馬の指名(入札)状況はワールドごとに異なるため、「募集馬を探す」のページからご確認ください。人気の盲点になっている素質馬を見つけられれば、残り半年のシーズンで大きな戦力となってくれるはずです。

※今シーズンのPOGコラムは今回が最終更新となります。

■執筆者プロフィール
伊吹 雅也(いぶき・まさや)

埼玉県桶川市在住のフリーライター、競馬評論家。JRAホームページ内『今週の注目レース』で「データ分析」のコーナーを担当しているほか、グリーンチャンネル、JRAのレーシングプログラムなどさまざまなメディアを舞台に活動している。主な著作に『コース別 本当に儲かる血統大全』(ガイドワークス)、『コース別 本当に儲かる騎手大全』(ガイドワークス)、『一口馬主の愉しみ(競馬道OnLine新書)』(スタンダードマガジン)、『門外不出! 投票データから分かった! WIN5の鋭い買い方』(東邦出版)、『WIN5(五重勝)ほど儲かる馬券はない!! 少点数で驚愕配当をモノにする絶対的セオリー(競馬王新書)』(白夜書房)。POG関連メディアの制作にもさまざまな形で携わっており、ウマニティPOG2014では最高位クラスのスペシャルワールドにおいて優勝を果たした。


登録済みの方はこちらからログイン

2016年7月5日(火) 11:44 伊吹雅也
伊吹雅也のPOG分析室 (2016) ~第4回早期デビューの未出走馬
閲覧 3,024ビュー コメント 0 ナイス 8

 早いもので「ウマニティPOG 2016」も既に5週が経過。JRAだけで421頭の2歳馬がデビューを果たし、各ワールドのランキングにも少しずつ動きが出てきました。7月24日には函館2歳ステークス(2歳GⅢ・函館芝1200m)が行われ、世代最初のJRA重賞ウイナーが誕生する見込み。今シーズン最初の山場と言っていいかもしれません。

 もっとも、この時期の当コラムで再三繰り返しているように、「ウマニティPOG 2016」はまだまだ長い戦いが始まったばかり。仮想オーナー募集枠の開放スケジュールに合わせて有力馬を指名することができれば、上位進出は十分に可能です。そこで今回は、デビュー間近と思われる馬、すなわち現時点で未出走、かつ東西のトレーニングセンターに入厩している馬の中から、有力と思しき馬を紹介します。今週以降も続いていく入札の参考としていただければ幸いです。

 本稿を制作するにあたり、私はまずJRA-VANのデータから「7月3日の時点で入厩している未出走の2歳馬」「6月27日~7月3日の間に東西のトレーニングセンターで坂路調教を行った未出走の2歳馬(競走馬として未登録の馬を含む)」を抽出。その中から、注目すべきファクターごとに該当馬をピックアップし、一覧としてまとめました。それぞれの一覧には重複もありますがご了承ください。

 まずは「注目POG馬ランキング(2016/07/03 23:00更新)」で100位以内に入っていた該当馬を紹介します。この項のみ、各馬の末尾に「注目POG馬ランキング」の順位を付記しました。なお、以下の一覧を含め、並び順は父名順→母名順です。

マジカルスペル(牡/父Creative Cause×母プラウドスペル) ※75位
ソウルスターリング(牝/父Frankel×母スタセリタ) ※20位
ミスエルテ(牝/父Frankel×母ミスエーニョ) ※17位
エアウィンザー(牡/父キングカメハメハ×母エアメサイア) ※37位
プレスト(牡/父キングカメハメハ×母ポップコーンジャズ) ※78位
ビッグディザイア(牡/父キングカメハメハ×母レッドディザイア) ※87位
コリエドール(牡/父クロフネ×母レクレドール) ※64位
トリコロールブルー(牡/父ステイゴールド×母ペンカナプリンセス) ※27位
オンリートゥモロー(牝/父ディープインパクト×母アコースティクス) ※51位
アドマイヤラッシュ(牡/父ディープインパクト×母アドマイヤマリン) ※45位
●馬名未定(牝/父ディープインパクト×母コケレール) ※25位
エイプリルミスト(牝/父ディープインパクト×母スターダムバウンド) ※86位
ワンフォーオール(牡/父ディープインパクト×母ラヴェリータ) ※35位
マイティドリーム(牡/父ディープインパクト×母ラグジャリー) ※62位
ムーヴザワールド(牡/父ディープインパクト×母リッスン) ※13位
ダノンオブザイヤー(牡/父ディープインパクト×母レディジョアン) ※57位
ピスカデーラ(牝/父ブラックタイド×母ドリームスケイプ) ※82位
ダンビュライト(牡/父ルーラーシップ×母タンザナイト) ※39位

 該当馬のうち「注目POG馬ランキング」の順位がもっとも高かったのはムーヴザワールド(リッスンの2014)。先週6月29日に入厩したばかりで、ゲート試験合格を目指していくとのことでした。個人的に指名候補として注目していたこともあり、「思ったよりも早かったな」という印象を受けたものの、順調そうなのは何より。このままデビューするのか、それともゲート試験合格後に一旦放牧を挟むのかはわかりませんが、引き続き注目しておきたいと思います。

 ここから先は、当コラムの今シーズン第1回「入札へ向けてのデータ分析」を参考に、有力と思われる馬を紹介しましょう。
 1頭あたり本賞金が900万円を超えていた調教師の管理馬は下記の通りです。

池江泰寿調教師>
ミスエルテ(牝/父Frankel×母ミスエーニョ)
プレスト(牡/父キングカメハメハ×母ポップコーンジャズ)
ソーグリッタリング(牡/父ステイゴールド×母ソーマジック
クライムメジャー(牡/父ダイワメジャー×母クライウィズジョイ)
ダノンオブザイヤー(牡/父ディープインパクト×母レディジョアン)
ビートフォーセール(牝/父ハーツクライ×母ライフフォーセール)

堀宣行調教師>
コリエドール(牡/父クロフネ×母レクレドール
オメガドラクロワ(牡/父ステイゴールド×母カチバ)

友道康夫調教師>
ラブフルーツ(牝/父キングカメハメハ×母アドマイヤトパーズ)
クラリティダイヤ(牝/父キングズベスト×母タイキダイヤ
トリコロールブルー(牡/父ステイゴールド×母ペンカナプリンセス)
ユアスイスイ(牝/父ダイワメジャー×母ケイティーズベスト)
アドマイヤラッシュ(牡/父ディープインパクト×母アドマイヤマリン)
アドマイヤミヤビ(牝/父ハーツクライ×母レディスキッパー)
ルタンデュボヌール(牡/父マンハッタンカフェ×母アドマイヤハッピー

藤沢和雄調教師>
ソウルスターリング(牝/父Frankel×母スタセリタ)
アルトリウス(牡/父キングカメハメハ×母レジネッタ
サトノアレス(牡/父ディープインパクト×母サトノアマゾネス)
ペイドメルヴェイユ(牝/父ローエングリン×母ミスティックリバー

 各馬の「注目POG馬ランキング」を確認したところ、ミスエルテ(ミスエーニョの2014)が17位、ソウルスターリング(スタセリタの2014)が20位と、Frankel産駒の2頭が上位にランクインしていました。先週7月2日の中京5R(2歳新馬・芝1400m)では同じFrankel産駒のライズイーグル(Rose of Summerの2014)がデビューし、単勝オッズ1.7倍の1番人気に支持されるなど、かなりの注目を集めていましたね。残念ながらライズイーグルは5着に敗れてしまったものの、この2頭の初陣も話題となりそうです。

 種牡馬別成績でダントツの数字をマークしていたのはディープインパクト。デビューが近いと思われる産駒は16頭います。

オンリートゥモロー(牝/父ディープインパクト×母アコースティクス)
アドマイヤラッシュ(牡/父ディープインパクト×母アドマイヤマリン)
サトノシャーク(牡/父ディープインパクト×母オジャグワ)
ワラッチャウヨネ(牝/父ディープインパクト×母クリームパフ)
●馬名未定(牝/父ディープインパクト×母コケレール)
サウンドラブリー(牝/父ディープインパクト×母サウンドバリアー
サトノアレス(牡/父ディープインパクト×母サトノアマゾネス)
クールデザイン(牝/父ディープインパクト×母シンディ)
エイプリルミスト(牝/父ディープインパクト×母スターダムバウンド)
ナンヨープルートー(牡/父ディープインパクト×母ハイカックウ)
サングレーザー(牡/父ディープインパクト×母マンティスハント)
メイショウテンシャ(牡/父ディープインパクト×母メイショウベルーガ
ワンフォーオール(牡/父ディープインパクト×母ラヴェリータ
マイティドリーム(牡/父ディープインパクト×母ラグジャリー)
ムーヴザワールド(牡/父ディープインパクト×母リッスン)
ダノンオブザイヤー(牡/父ディープインパクト×母レディジョアン)

 前述のムーヴザワールドを除くと、「注目POG馬ランキング」最上位はコケレールの2014。母がサンタラリ賞(仏GⅠ)を勝っている良血馬です。現3歳の全兄ラヴィエベールが6月11日の東京7R(3歳以上500万下・芝2400m)で2勝目をマークしたこともあり、指名した皆さんの期待度はますます高まっているはず。馬名はまだJRA-VANに登録されていないものの、今後の動向が楽しみな一頭と言えるでしょう。

 生産者別成績はノーザンファームの“一強”でしたが、こちらは該当馬が69頭もいるため、「注目POG馬ランキング」で1000位以内にランクインした馬のみを列挙しておきます。まぁ、それでも44頭ほどおり、注目度の高さを改めて実感しましたが……。気になる血統を見かけたら、ぜひチェックしてみてください。

マジカルスペル(牡/父Creative Cause×母プラウドスペル)
ランニングウインド(牡/父Discreetly Mine×母ランニングボブキャッツ)
ミスエルテ(牝/父Frankel×母ミスエーニョ)
フィアマロッサ(牝/父アイルハヴアナザー×母フィロンルージュ)
バレーロ(牡/父ヴィクトワールピサ×母ベルベットローブ)
ヴァンクールシルク(牡/父ヴィクトワールピサ×母ルシルク)
プレスト(牡/父キングカメハメハ×母ポップコーンジャズ)
バルコラベーロ(牡/父クロフネ×母アペラシオン)
クルークハイト(牝/父クロフネ×母ヴァイスハイト)
ハッシュタグ(牡/父クロフネ×母サンデースマイル2)
ジューヌエコール(牝/父クロフネ×母ルミナスポイント
シャープシューター(牡/父ゴールドアリュール×母シャーペンエッジ)
クインズゴールド(牝/父ステイゴールド×母ストールンハート)
ディアマイラブ(牝/父ステイゴールド×母ディアジーナ
トリコロールブルー(牡/父ステイゴールド×母ペンカナプリンセス)
サトノマサムネ(牡/父ゼンノロブロイ×母エリドゥバビロン)
デクレアビクトリー(牡/父ゼンノロブロイ×母クーデグレイス
ラバピエス(牡/父タートルボウル×母サルスエラ)
シェルブルック(牡/父タートルボウル×母シャルルヴォア)
シャプレドサクレ(牝/父タートルボウル×母ピュアチャプレット)
ピンクスター(牝/父タートルボウル×母レアクラシック)
ミッキークルソラ(牝/父ダイワメジャー×母クルソラ)
ユアスイスイ(牝/父ダイワメジャー×母ケイティーズベスト)
オールポッシブル(牝/父ダイワメジャー×母シーズインポッシブル)
ピンクブリザード(牝/父ダイワメジャー×母ピンクリップス)
●マイティーキュート(牝/父ダイワメジャー×母マイティースルー
ポールヴァンドル(牝/父ダイワメジャー×母レディドーヴィル)
オンリートゥモロー(牝/父ディープインパクト×母アコースティクス)
アドマイヤラッシュ(牡/父ディープインパクト×母アドマイヤマリン)
●馬名未定(牝/父ディープインパクト×母コケレール)
エイプリルミスト(牝/父ディープインパクト×母スターダムバウンド)
ムーヴザワールド(牡/父ディープインパクト×母リッスン)
カトリーヌ(牝/父ハーツクライ×母デビルズコーナー)
バラダガール(牝/父ハーツクライ×母バラダセール)
ビートフォーセール(牝/父ハーツクライ×母ライフフォーセール)
アドマイヤミヤビ(牝/父ハーツクライ×母レディスキッパー)
アドマイヤゲーム(牝/父ハービンジャー×母アドマイヤテンバ
●サンキューゴッド(牡/父ハービンジャー×母アンナヴァン)
キュイキュイ(牝/父ハービンジャー×母スナップショット)
ピスカデーラ(牝/父ブラックタイド×母ドリームスケイプ)
ルタンデュボヌール(牡/父マンハッタンカフェ×母アドマイヤハッピー
アトラーニ(牡/父ルーラーシップ×母アマルフィターナ)
ダンビュライト(牡/父ルーラーシップ×母タンザナイト)
アドマイヤウイナー(牡/父ワークフォース×母ソングバード)

※次回のコラムは8/2(火)になります。


■執筆者プロフィール
伊吹 雅也(いぶき・まさや)

埼玉県桶川市在住のフリーライター、競馬評論家。JRAホームページ内『今週の注目レース』で「データ分析」のコーナーを担当しているほか、グリーンチャンネル、JRAのレーシングプログラムなどさまざまなメディアを舞台に活動している。主な著作に『コース別 本当に儲かる血統大全』(ガイドワークス)、『コース別 本当に儲かる騎手大全』(ガイドワークス)、『一口馬主の愉しみ(競馬道OnLine新書)』(スタンダードマガジン)、『門外不出! 投票データから分かった! WIN5の鋭い買い方』(東邦出版)、『WIN5(五重勝)ほど儲かる馬券はない!! 少点数で驚愕配当をモノにする絶対的セオリー(競馬王新書)』(白夜書房)。POG関連メディアの制作にもさまざまな形で携わっており、ウマニティPOG2014では最高位クラスのスペシャルワールドにおいて優勝を果たした。

[もっと見る]

ピスカデーラの口コミ


口コミ一覧
閲覧 44ビュー コメント 0 ナイス 0

こんばんは 明日 6/16 特別レース予想です
No.413 阪神 9 小豆島特別(1000万下) ◎ ボンセルヴィーソ ◯ インディチャンプ
No.414 阪神 10 水無月S(1600万下) ◎ アドマイヤナイト ◯ トシザキミ
No.415 阪神 11 天保山S(OP) ◎ スマートアヴァロン ◯ ワンダーリーデル

No.416 東京 9 八丈島特別(500万下) ◎ ゴールドギア ◯ ジュンヴァリアス
No.417 東京 10 相模湖特別(1000万下) ◎ アンブロジオ ◯ ユメノマイホーム
No.418 東京 11 ジューンS(1600万下) ◎ サトノグラン ◯ ルックトゥワイス

No.419 函館 10 駒ケ岳特別(500万下) ◎ ピスカデーラ ◯ プティットクルール
No.420 函館 11 HTB杯(1000万下) ◎ ディバインコード ◯ モズスーパーフレア
No.421 函館 12 遊楽部特別(500万下) ◎ アグレアーブル ◯ ミヤビエメライン

 馬券のAエース 2018年6月15日(金) 20:05
【土曜の格上馬】+メモリアル 
閲覧 106ビュー コメント 0 ナイス 5

////////////

【メモリアル】あと1勝で○○○勝♪
松山 公平≪騎手≫〔通算499勝〕
須貝 尚介≪調教師≫〔通算299勝〕
平田 修≪調教師≫〔通算299勝〕
西橋 豊治≪調教師≫〔通算199勝〕
吉田 直弘≪調教師≫〔通算199勝〕
松山 将樹≪調教師≫〔通算99勝〕
タマモ≪馬主≫〔通算499勝〕
グリーンF≪馬主≫〔通算399勝〕

今週は大量メモリアル達成の予感♪
///////////////

【土曜の格上馬】
函館3R:サンライズコロン
阪神3R:アメリカンエース
函館4R:バイオスパーク
函館7R:ブレイヴバローズ
東京7R:サノサマー
阪神8R:エクレアスパークル

【厩舎&騎手】高確率メソッド
函館3R :◆トップダウン  ルメ&堀〔複勝率〕55.1%
函館4R :◆パシュパティナート  ルメ&池添学〔複勝率〕46.4%
函館10R :◆ピスカデーラ  ルメ&池添学〔複勝率〕46.4%
函館10R :◆ダブルバインド  北村友&藤原〔複勝率〕58.5%
東京11R :◆ルックトゥワイス  戸崎&藤原〔複勝率〕61.9%
阪神2R :◆クナップフラウ  福永&野中〔複勝率〕53.1%
阪神3R :◆アメリカンエース  デム&音無〔複勝率〕52.6%
阪神5R :◆チュウワフライヤー  川田&大久保〔複勝率〕70.0%
阪神5R :◆エスト  福永&安田〔複勝率〕42.4%
阪神7R :◆エイシンムジカ  デム&西園〔複勝率〕52.3%
阪神8R :◆リシュブール  福永&藤原〔複勝率〕50.8%
阪神8R :◆エクレアスパークル  川田&中内田〔複勝率〕50.3%
阪神9R :◆インディチャンプ  福永&音無〔複勝率〕50.0%
阪神11R :◆スマートアヴァロン  デム&西園〔複勝率〕52.3%

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

【天保山S】阪神ダ1400m

≪馬指数≫
1位:〔86〕⑨スマートアヴァロン
2位:〔85〕①ドライヴナイト
3位:〔84〕⑩ウインムート

【ジューンS】東京2000m

≪馬指数≫
1位:〔88〕⑭ルックトゥワイス
2位:〔72〕⑧サトノケンシロウ
3位:〔68〕⑥マイネルラフレシア

【HTB杯】函館1200m

≪馬指数≫
1位:〔76〕⑫ディバインコード
2位:〔66〕⑭キャンディバローズ
3位:〔65〕②マイネルパラディ

/////////////

函館競馬、開幕!
まだ肌寒いですが・・・「夏は牝馬」今週から始まりますかね?

[もっと見る]

 銀色のサムライ 2018年1月30日(火) 21:27
川崎記念予想
閲覧 100ビュー コメント 4 ナイス 9

先週の中央競馬で、昨季のウマニティPOG馬3頭が出走しました。


初陣を切ったのは土曜中京8R(500万下)のピスカデーラ。
初距離の2200mにもしっかり対応して、2着を確保しています。

レース序盤に力むようなところがあったので、
その部分がスムーズだったら、勝ち馬・ファスナハトとの接戦を制していたかもしれませんし、
先行する競馬が板についてきていますから、相手次第では500万下突破も夢ではないのかな?と思っています。


2頭目は日曜京都10R・飛鳥S(1600万下)に出走したトリコロールブルー。
先行粘り込みを狙ったプロフェットをゴール板手前で華麗に差し切り、
オープンクラスへの昇級を決めています。

元々、昨季POGのメンバーの中で牡馬のエース格として考えていた馬ですから、
もっと早い時期から活躍してほしかった、という思いはあるものの、
ようやく力強いフォームで芝コースを駆け抜けるようになったので、
オープンに上がっても互角以上のレースを見せてくれるのでは?と期待しています。

武豊騎手とも手が合っていたようなので、
今後も武豊騎手とのコンビでいってくれれば、と思っていますが、
次走の鞍上はどうなりますか…。


3頭目は日曜東京10R・早春S(1600万下)に出走したポポカテペトル。
去年の菊花賞で3着に入った馬ですから、
1600万下であれば楽に勝ち切ってほしい…と思っていたんですけど、5着どまりでした。

直線半ばまでは勝ち切りそうな雰囲気でしたが、
瞬発力勝負を大の苦手にしている馬なので、直線の長い東京コースで粘り切るのはさすがに難しかったようです。

でも、上がりの掛かる馬場になれば、重賞レースでも通用する馬だと思っていますから、
今後も馬場状態次第という事になっていきそうです。


【川崎記念】

◎サウンドトゥルー
○ケイティブレイブ

2018年最初のGⅠレースですから、
ここでキチッと的中させて、年明けから続く負の連鎖を食い止めたいところです。

本命はサウンドトゥルーにしました。

川崎コースはベストではありませんけど、
今回ぐらいのメンバーであれば、差し馬不向きの展開になったとしても、
地力の違いで差し切り勝ちを決めてもらわないと困ります。

対抗にはケイティブレイブ。

帝王賞以降はもどかしいレースが続いていますが、
目野調教師の定年も迫っていますし、
今回は近走以上に積極的な競馬を仕掛けて勝ちに行くのでは?と考えています。


他にも、アウォーディーやアポロケンタッキーもマークする必要があると思いますけど、
買い目が増えても仕方ないので、ここはサウンドトゥルーとケイティブレイブの馬連1点で勝負します。

[もっと見る]

⇒もっと見る

ピスカデーラの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
1:
  花太郎18   フォロワー:164人 2016年10月25日(火) 22:02:51
2016.9.10(土)
前走は終始荒れ馬場を走る不利。
能力高く相手関係も楽になり勝機。

ピスカデーラの写真

ピスカデーラ
ピスカデーラ

ピスカデーラの厩舎情報 VIP

2018年6月16日駒ケ岳特別10着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

ピスカデーラの取材メモ VIP

2018年6月16日 駒ケ岳特別 10着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。