注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます!⇒いますぐ会員登録(無料)
POGウォッチリストに登録すると、ウマニティPOGのPOGリストに追加できます!

ヤマカツグレース(競走馬)

注目ホース
ヤマカツグレース
写真一覧
現役 牝3 栗毛 2014年3月7日生
調教師池添兼雄(栗東)
馬主山田 博康
生産者岡田牧場
生産地新ひだか町
戦績 6戦[1-3-0-2]
総賞金4,169万円
収得賞金1,450万円
英字表記Yamakatsu Grace
血統 ハービンジャー
血統 ][ 産駒 ]
Dansili
Penang Pearl
ヤマカツマリリン
血統 ][ 産駒 ]
グラスワンダー
イクセプトフォーワンダ
兄弟 ヤマカツエースヤマカツサファイヤ
前走 2017/04/23 サンスポ賞フローラS G2
次走予定

ヤマカツグレースの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
17/04/23 東京 11 フローラS G2 芝2000 184732.2102** 牝3 54.0 横山典弘池添兼雄448(0)2.01.3 0.034.4モズカッチャン
17/03/25 阪神 9 君子蘭賞 500万下 芝1800 11116.842** 牝3 54.0 川田将雅池添兼雄448(-4)1.49.1 0.234.2カワキタエンカ
17/03/12 阪神 11 Fレビュー G2 芝1400 1861181.8115** 牝3 54.0 国分優作池添兼雄452(+4)1.21.8 0.835.6⑪⑩カラクレナイ
16/11/05 京都 11 ファンタジー G3 芝1400 128116.429** 牝2 54.0 池添謙一池添兼雄448(0)1.22.6 0.834.7⑦⑧ミスエルテ
16/10/09 京都 9 りんどう賞 500万下 芝1400 9223.012** 牝2 54.0 池添謙一池添兼雄448(-6)1.23.9 0.234.1⑥⑤アズールムーン
16/09/03 札幌 5 2歳新馬 芝1500 10771.711** 牝2 54.0 松岡正海池添兼雄454(--)1.32.5 -0.135.2④④サクレエクスプレス

ヤマカツグレースの関連ニュース

 休み明けの阪神大賞典で3着に食い込んだトーセンバジルが、豪快な先着デモで上昇カーブをアピールした。

 四位騎手を背に、栗東CWコースでダノンサンシャインを追走。道中でその差は7馬身まで広がったが、4コーナーで勢いがつくと一気に接近。直線で鞍上から軽く仕掛けられると、内からスッと2馬身抜け出した。

 鮮やかなフィニッシュに、「いいね。変に力みがないし、前走と同じくらいにいい」と、ジョッキーは満足げ。

 「今回は別格な馬がいるけど、この馬も自分が乗っていた3歳時(神戸新聞杯3着)とは比べられないくらい力をつけている。レースでコントロールが利くのは(長距離で)何よりのアドバンテージだし、外回りの下り坂をうまく利用できれば」と、強豪に一矢報いる構えを見せる。

 皐月賞2着(ペルシアンナイト)、サンスポ賞フローラS1、2着(モズカッチャンヤマカツグレース)と活躍が続くハービンジャー産駒の勢いにも注目だ。(夕刊フジ)

★天皇賞・春の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

【東西現場記者走る】トーセンバジル波乱ムード香る 2017年04月25日(火) 05:06

 1週間の密着取材で勝ち馬を探し出すGI連載企画「東西現場記者走る」。天皇賞・春は東京サンスポの千葉智春記者(32)が担当する。2強ムードが漂うが、1番人気は不振のレース。初日は伏兵トーセンバジル陣営にアタックした。強敵相手に無欲で挑む素質馬は、5歳を迎えて心身とも充実。春競馬をにぎわすハービンジャー産駒に注目した。

 思い出すと気が重い。日曜はマイラーズCこそ◎◯△で的中したが、社杯のサンスポ賞フローラSで1、2着が無印と惨敗。部長の責任問題にまで発展したという噂を耳にして、逃げるように栗東トレセン入りした。ここは天皇賞・春をズバッと当てて、モヤモヤを吹き飛ばしたい。

 昨年の覇者で、今年初戦の大阪杯を制したキタサンブラック、これを有馬記念で破り、阪神大賞典を快勝したサトノダイヤモンド。今回は2強の図式だが、過去10年で1番人気は【0・0・1・9】と不振だけに、他馬にもチャンスはあるはずだ。

 初日はトーセンバジルに注目した。皐月賞2着ペルシアンナイトフローラS1、2着のモズカッチャンヤマカツグレースと、2週続けてハービンジャー産駒が波乱を演出。同じ父を持つバジルに激走の臭いを感じた。担当の久保助手も期待の口ぶりだ。

 「2頭は強いけど、他の馬で一発あるなら、この馬かもしれんよ」

 ダービー馬エイシンフラッシュを手がけた腕利きが素質を保証する。前走の阪神大賞典で3着と距離適性を証明。勝ち馬から0秒6差も、直線入り口で距離ロスがあったことを思えば悲観する着差ではない。初めて3000メートルを走った疲れを癒やしつつ、19日(CW6ハロン83秒9−12秒0)、23日(同5ハロン67秒8−12秒0)と併せ馬でしっかりと負荷をかけて「普通に走れる準備はできた」。態勢は整ったとみていい。

 以前は体質の弱さがあったが「去年の暮れくらいから、食べたものが実になっている。充実してきた」と成長を実感。気難しい面があるため、中団より後方のレースを余儀なくされているが、その点は「当たりの柔らかい四位騎手は合っている」と信頼を寄せる。

 「しまいはいい脚を使う。成長途上だけど、能力は一級品。あとは気持ち次第」と久保助手。2強が牽制(けんせい)し合えば、人気薄による無欲の一発がありそうだ。

★天皇賞・春の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【フローラS】モズカッチャン、勝ったぜ樫切符! 2017年04月24日(月) 05:03

 第52回サンケイスポーツ賞フローラステークス(23日、東京11R、GII、3歳牝馬オープン国際(指)、馬齢、芝2000メートル、1着本賞金5200万円、1〜3着馬にオークスの優先出走権=出走18頭)和田竜二騎乗で12番人気の伏兵モズカッチャンがゴール寸前で差し切り、3連勝で重賞初V。混戦ムードのオークス(5月21日、東京、GI、芝2400メートル)に名乗りを上げた。タイム2分1秒3(良)。2着ヤマカツグレース、3着フローレスマジックまでの3頭がオークスの優先出走権を獲得し、1番人気のホウオウパフュームは8着に終わった。

 どうしてこんなに人気がなかったのか? 未勝利戦と500万下を連勝中だったモズカッチャンが、12番人気の低評価を覆して、オークスへの切符を勝ち取った。

 「瞬発力があるのは分かっていたし、間を割れたらと思っていたけど、うまくさばけて期待どおりの走りでした」

 2、3着馬とは首、頭差の激戦に競り勝ち、和田騎手は誇らしげな表情だ。最内枠から課題のゲートを出ると、最初のコーナーでごちゃつく場面もあったが「理想的な位置」(同騎手)という内々の7、8番手へ。直線も馬群が密集する中をすり抜けて、先に抜け出したヤマカツグレースフローレスマジックをゴール寸前で捕らえた。

 本番の優先出走権を勝ち取った和田騎手は「この馬で参戦できるのはうれしいね。距離は大丈夫だし、どんな流れにも対応できる。スタートさえ決まればチャンスはある」とやる気満々だ。

 鮫島調教師は、忘れな草賞勝ちのハローユニコーンと、デイジー賞勝ちのマナローラで、オークス3頭出しの可能性も。「3頭出せれば勝つ可能性が広がりますね」とホクホク顔。なかでも3連勝のモズカッチャンには「レースが上手になってきました。これから距離が延びるから、折り合いがついたのも収穫です」と手応えを感じた様子だ。3本の矢でオークスを目指す鮫島軍団。その筆頭に立つモズカッチャンが、大舞台でも波乱を巻き起こす。 (柴田章利)

★23日東京11R「サンスポ賞フローラS」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【フローラS】グレース奮闘2着!本番もコンビ継続2017年04月24日(月) 05:02

 第52回サンケイスポーツ賞フローラステークス(23日、東京11R、GII、3歳牝馬オープン国際(指)、馬齢、芝2000メートル、1着本賞金5200万円、1〜3着馬にオークスの優先出走権=出走18頭)10番人気のヤマカツグレースが、首差の2着に奮闘した。2番手追走から直線で先頭に立ち、最後まで同じハービンジャー産駒の勝ち馬にしぶとく抵抗した。「乗り役(横山典騎手)がさすがだったね。一生懸命になりすぎるけど、いいレースだった」と池添兼調教師。コンビ継続で挑む本番でも目が離せない。

★23日東京11R「サンスポ賞フローラS」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【フローラS】伏兵モズカッチャンが差し切り勝ち! 2017年04月23日() 15:52

 4月23日の東京11Rで行われた第52回サンケイスポーツ賞フローラステークス(3歳オープン、牝馬、GII、芝2000メートル、18頭立て、1着賞金=5200万円)は、和田竜二騎手騎乗の12番人気モズカッチャン(栗東・鮫島一歩厩舎)が快勝。クビ差2着のヤマカツグレース(10番人気)、さらにアタマ差3着のフローレスマジック(2番人気)とともに、オークス(5月21日、東京、GI、芝2400メートル)の優先出走権を獲得した。タイムは2分1秒3(良)。1番人気ホウオウパフュームは8着に終わった。

 ◆和田竜二騎手(1着 モズカッチャン)「枠のよさを生かしたいと思っていました。ゲートに少し不安があったけど、出てくれて理想的な位置で競馬ができましたね。スローで前が残る流れだったけど、並んでもうひと伸びしてくれました。距離は大丈夫だし、どんな流れにも対応できる。スタートさえ決まればオークスでも楽しみがあると思います」

 レースはタガノアスワドが逃げ、ヤマカツグレースフローレスマジックザクイーンなどが先行集団を形成。ホウオウパフュームは中団のやや後ろという位置取りだった。直線でヤマカツグレースが抜け出し、フローレスマジックが追撃。しかし、道中7〜8番手の内にいたモズカッチャンがグングンと脚を伸ばし、前の2頭を差し切った。12〜13番手でレースを進めていたホウオウパフュームは、直線で外に持ち出されたものの伸び切れなかった。3番人気タガノアスワドは4着。

 モズカッチャンは、父ハービンジャー、母サイトディーラー、母の父キングカメハメハという血統。北海道日高町・目黒牧場の生産馬で、馬主は(株)キャピタル・システム。通算成績は5戦3勝。重賞初勝利。サンスポ賞フローラSは、鮫島一歩調教師、和田竜二騎手ともに初勝利。

★23日東京11R「サンスポ賞フローラS」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【フローラS】厩舎の話2017年04月21日(金) 10:21

 ◆アドマイヤローザ・梅田師 「しまいをサッと伸ばす調教。(同じ休み明けの)前走よりはしっかりしている」

 ◆アロンザモナ・井本助手 「前走は力を出し切っていない。能力はある」

 ◆キャナルストリート・蛯名騎手 「緩さがあって器用さがないので、大ざっぱな競馬がいいかも」

 ◆ザクイーン・辻野助手 「しっかり調整できている。うまく立ち回れれば」

 ◆タガノアスワド・五十嵐師 「間隔があいていても問題ない」

 ◆ディーパワンサ・松下師 「前走より状態は明らかに上」

 ◆ドリームマジック・中川師 「使うごとに良くなっているが、もっと成長してほしい」

 ◆ニシノアモーレ・上原師 「しっかり負荷はかけた。慣れている騎手に替わるのはプラス」

 ◆ピスカデーラ池添学師 「体に張りがあって状態はいい。ただ開幕週の馬場はどうか」

 ◆ビルズトレジャー田中剛師 「田中勝騎手は『動きが良く、感じはいい』と言っている」

 ◆ホウオウパフューム奥村武師 「十分すぎるほど本数を乗っているし、息は整っている」

 ◆メイショウササユリ・松永幹師 「仕上がりはいい。軽いダートで勝っているので、芝でも」

 ◆モズカッチャン・鮫島師 「坂路でしまい重点。馬場が悪いけど時計は上々。動きもいい」

 ◆ヤマカツグレース・池添兼師 「動きは良かった。しまいもいい時計」

 ◆ラユロット・木幡育騎手 「うまく折り合いがつきましたし、反応も手応えも良かったです」

 ◆レッドコルディス・高橋忠師 「ようやく体調は安定。能力は高い」

 ◆レッドミラベル・尾関師 「前走でしっかりと仕上げた状態を維持できている。重賞でも」

[もっと見る]

⇒もっと見る

ヤマカツグレースの関連コラム

閲覧 450ビュー コメント 0 ナイス 6



先週は、22(土)に福島競馬場でG3福島牝馬Sが、23(日)に京都競馬場でG2読売マイラーズC、東京競馬場でG2フローラSがそれぞれ行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
G3福島牝馬Sは、内からウエスタンレベッカが先手を奪って前半1000mを58.9秒で通過。デンコウアンジュが早めスパートを仕掛け、2番人気クロコスミアあたりもどっと押し寄せて馬群はここからペースアップしていきます。クロコスミア先頭で4コーナーを出ると、2列目からはフロンテアクイーンクインズミラーグロリーサルウェポンらが横に広がって差を詰めに掛かります。そしてさらにその後方からはウキヨノカゼが鋭い伸び脚で猛追を開始。結局、先に抜け出したフロンテアクイーンクインズミラーグロの2頭をゴール直前で捉えた3番人気ウキヨノカゼが差し切りV!重賞3勝目を挙げ、ヴィクトリアマイルの優先出走権を手中にしています。クビ差の2着に4番人気フロンテアクイーン、さらにクビ差の3着に1番人気クインズミラーグロが入っています。
 
公認プロ予想家では覆面ドクター・英プロ、おかべプロ、岡村信将プロ、ジ ョ アプロ、伊吹雅也プロ、イータン育成プロ、霧プロ、スガダイプロ、ろいすプロら計12名が的中しています。
 
G2読売マイラーズCは、最内枠を利してサンライズメジャーがハナに。1番人気エアスピネルも好発を決めて先行勢の一角を占めますが、頭を上げてやや行きたがる素振りをみせます。その他の人気各馬は直後に続いて、前半800mを47.4秒のゆったりしたペースで通過。サンライズメジャー先頭のまま迎えた直線、2番手からヤングマンパワー、直後からインを突こうとイスラボニータ、そして外からエアスピネルと好位勢が迫ります。先頭に躍り出たヤングマンパワーに、イスラボニータエアスピネルの人気両頭が外から並び掛けると、最後は中イスラボニータが割って伸び1/2馬身差でV。嬉しい2年7か月ぶりの勝利となりました。2着エアスピネルから3/4馬身差の3着にはヤングマンパワーが入っています。
 
公認プロ予想家ではいっくんプロほか計13名が的中しています。
 
G2フローラSは、ホウオウパフュームが1番人気の支持を集めるなか、こちらも上位人気に支持された同枠のタガノアスワドがハナを切って、前半1000m61.5秒のマイペースで運び直線へ。終始2、3番手で駒を進めたヤマカツグレースフローレスマジックが直後から手応えよく伸びて、内ラチ沿いのタガノアスワドはやや劣勢。残り200mを切って好位抜け出しを決めた2頭が後続との差を広げにかかり、完全に勝負の行方はヤマカツグレースフローレスマジックの2頭かと思われたところ、内を抜けてスルスルと伸びてきたのは12番人気モズカッチャン。ゴール直前で、前を行く2頭の外に進路を持ち出すとそのまま差し切って先頭でゴール!鮮やかな差し切り勝ちを決めて、3連勝での重賞初Vを挙げました。クビ差の2着にヤマカツグレース、さらにそこからアタマ差の3着にフローレスマジックが入り、ここまでの3頭がオークスの優先出走権を獲得しています。
 
公認プロ予想家では馬券生活プロ、シムーンプロら計3名が的中しています。
 
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 
☆☆☆注目プロ →KOMプロ
22(土)を東京2Rの◎ロマンスマジック的中などでプラス収支で終えると、翌23(日)の福島1Rで馬連・3連複フォーメーションを駆使し、▲メモリートニック(単勝30.4倍)の単勝的中含め計10万9790円払い戻しのスマッシュヒットを記録。さらに福島7Rでも11万2750円を払戻すなど、2日続けて好調予想を連発!週末トータルでは回収率171%、収支24万9330円プラスといずれもトップの文句なしの好成績を収めています。
 
☆☆☆注目プロ →馬券生活プロ
23(日)のフローラSで◎モズカッチャンの予想を披露。馬券は馬連(320.1倍)的中となり、35万2110円払戻しのビッグヒットとなりました。土日トータル回収率は108%を記録しています。
 
☆☆☆注目プロ →ジ ョ アプロ
22(土)を的中率56%、回収率122%で折り返すと、23(日)には東京1Rで3連単1290倍的中+馬連156倍的中で、計17万6020円を払い戻すなど午前中から絶好調。2日ともにプラス収支達成の先週は、回収率128%、収支11万1800円プラスのハイアベレージで終えています。
 
☆☆☆注目プロ →プロ
22(土)東京5Rで◎▲○的中を披露、23(日)には東京1R京都1Rなどで好配当を記録するなど、序盤の未勝利戦で勝負を決めた先週は、トータル回収率124%をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →おかべプロ
22(土)東京5Rで○サッチンディスパーションで馬連一点勝負を仕留め、19万4000円払い戻しのスマッシュヒットをマーク!この日は他にも福島牝馬S福島12Rなどでも身上の一点勝負的中を披露し、週末トータル回収率160%、収支16万1000円プラスを記録しています。
 
☆☆☆注目プロ →覆面ドクター・英プロ
22(土)福島牝馬Sで◎ウキヨノカゼ1着固定の3連単を的中し12万3950円を払戻し。翌23(日)福島4Rでは3連単536.9倍を800円的中などで計43万640円払い戻しのビッグヒットをマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →サウスプロ
23(日)東京6Rで◎ハイドロフォイルユークリッド馬連一点的中を披露。47万3000円払い戻しの高額払い戻しを記録しました。
 
☆☆☆注目プロ →kmプロ
23(日)東京5Rで◎スターフラッシュの単勝1点勝負的中をマーク。26万払い戻しのスマッシュヒットを記録しています。
 
☆☆☆注目プロ →いっくんプロ
23(日)の読売マイラーズCで◎イスラボニータエアスピネルの本線から3単的中し、12万4300円を払い戻しました!先々週の1000万払い戻しに引き続き、ここぞ!というところでの勝負強さを発揮したいっくんプロからますます目が離せません。
 
この他にもセイリュウ1号プロ (114%)、ろいすプロ(106%)、シムーンプロ(104%)、“帰ってきた”凄馬勝子プロ(103%)らが週末トータル回収率100%超の活躍を見せています。
 
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 
※全レースの結果速報はこちら!


いよいよ6週連続G1シーズンに突入する今週も、競馬予想の達人・ウマニティ公認プロ予想家陣の予想にご注目下さい。


登録済みの方はこちらからログイン

2017年04月25日(火) 17:51 凄馬プロジェクトチーム
『凄馬出馬表&馬券検討』4/22〜4/23の結果(フローラステークス・福島牝馬ステークス)
閲覧 234ビュー コメント 0 ナイス 1

4月23日(日)に行われました東京11Rの「サンケイスポーツ賞フローラステークス G2」です。

レース結果(着順)の凄馬出馬表(画像)をご覧ください。



1着:総合ポイント【9位】△モズカッチャン(37.2倍)
2着:総合ポイント【8位】△ヤマカツグレース(32.2倍)
3着:総合ポイント【2位】△フローレスマジック(4.1倍)

第4グループ・総合ポイント9位のモズカッチャンが1着、第3グループ・総合ポイント8位のヤマカツグレースが2着、第1グループ・総合ポイント2位のフローレスマジックが3着という結果でした。

期待した◎ホウオウパフュームは後方待機のまま、見せ場なく惨敗。展開、脚質ともにまったく合わないレースとなりましたが、過大評価してしまっていたかもしれません、、。ひどい予想で申し訳ありません(+_+)

【3連単1着ながし】
5

1,2,4,6,7,9,11,14

56点 払い戻し0円



続いて4月22日(土)に行われました福島11Rの「福島牝馬ステークスG3」です。

レース結果(着順)の凄馬出馬表(画像)をご覧ください。



1着:総合ポイント【1位】△ウキヨノカゼ(6.7倍)
2着:総合ポイント【11位】△フロンテアクイーン(8.0倍)
3着:総合ポイント【3位】△クインズミラーグロ(3.2倍)

第1グループ・総合ポイント1位のウキヨノカゼが1着、第4グループ・総合ポイント11位のフロンテアクイーンが2着、第2グループ・総合ポイント3位のクインズミラーグロが3着という結果でした。

2、3着馬はともかくとして勝った△ウキヨノカゼはこの上がりでは厳しいのではとみて評価を下げたのですが、見事な差し切り勝ちを決められてしまいました。このアタマは凄馬出馬表的には納得の結果でも、私自身としてはうーん......。こちらのコラム(http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=8647)でも紹介されているのですが、福島でU指数1位に逆らってはいけなかったですかねぇ。完敗です。


【ワイド流し】
◎=○▲☆
2=1,5,14(3点)

【3複軸2頭流し】
◎○=印
2,5=1,6,8,9,10,11,12,13,14,15(10点)

計13点 払い戻し0円

[もっと見る]

2017年04月23日() 14:00 凄馬プロジェクトチーム
第266回『凄馬出馬表分析&馬券検討』〜サンケイスポーツ賞フローラステークス G2
閲覧 765ビュー コメント 0 ナイス 1



みなさんこんにちは!

本日は東京11R「サンケイスポーツ賞フローラステークス G2」の『凄馬出馬表』を分析したいと思います。

今回も「U指数」だけでなく、U指数のポイントに【調教評価】、【厩舎評価】、【斤量補正】を数値化し加算減算しU指数を補正することで「総合ポイント」を算出しました。
★「U指数」について詳しくはこちらをご覧ください→U指数についてページ

U指数1.0ポイントは約1馬身差にあたるので、これを目安に以下のような重み付けをしました。
【調教評価】は競馬エイトの調教評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「5」・・・「−1.0ポイント」
「6」・・・「±0.0ポイント」
「7」・・・「+1.0ポイント」
「8」・・・「+2.0ポイント」
【厩舎評価】は競馬エイトの厩舎コメントの評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「△」・・・「−1.0ポイント」
「○」・・・「±0.0ポイント」
「◎」・・・「+1.0ポイント」
【斤量補正】は1.0kg=「0.5ポイント」として以下の基準体重との差分に乗算しました。
「牡馬」・・・「57.0kg」
「牝馬」・・・「55.0kg」


上記の補正を行った『凄馬出馬表』(画像)をご覧ください。



第1グループ(橙)は、ディーパワンサタガノアスワドの4頭。
第2グループ(黄)は、ホウオウパフュームアロンザモナまで3頭。
第3グループ(薄黄)はヤマカツグレース1頭となっていて、以下は第4G(灰)となっています。

私の本命は◎ホウオウパフュームとしたいと思います。前走の寒竹賞はレース当日、逃げ先行馬が大活躍するイン有利の馬場状態。ラップを見ても前に行く馬たちは決して止まっていませんが、最後方から大外ブン回しで最後は流す楽勝!このメンバーならスケールは一枚上と見て頭固定で決め打ちします。相手はかなり混戦と見ていますので優劣は付けずに、ビルズトレジャータガノアスワドフローレスマジックヤマカツグレースモズカッチャンレッドミラベルアドマイヤローザザクイーンに流します。

【3連単1着ながし】
5

1,2,4,6,7,9,11,14

56点

なんとか紐荒れを期待です!(^^)!

[もっと見る]

2017年04月16日() 15:00 伊吹雅也
【伊吹雅也のピックアップ競馬データ2017年04月16日号】特選重賞データ分析編(43)〜2017年フローラステークス〜
閲覧 2,088ビュー コメント 0 ナイス 4



次週の注目重賞を、伊吹雅也プロが様々なデータを駆使していち早く分析! もっとも重要と思われる<ピックアップデータ>に加え、<追い風データ/向かい風データ>や<注目馬チェック>など、貴重な情報が満載なウマニティ会員専用コラムとなっております。ぜひ皆様の予想にお役立て下さい。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


<次週の特選重賞>

G2 サンケイスポーツ賞フローラステークス 2017年04月23日(日) 東京芝2000m


<ピックアップデータ>

【“JRA、かつ芝1600〜2000m、かつ単勝人気順が1番人気だったレース”における優勝経験の有無別成績(2009年以降)】
○あり [8-4-1-29](複勝率31.0%)
×なし [0-4-7-86](複勝率11.3%)

 2009年以降の優勝馬8頭は、いずれも芝1600〜2000mのレースを単勝1番人気で制した経験があった馬。ある程度の良血馬や戦績に安定感のある馬でないとこの条件はクリアできませんし、実際にそういった要素を求められるレースなのだと思います。もちろん、距離適性が高くなさそうな馬も思い切って評価を下げるべきでしょう。

主な「○」該当馬→

[もっと見る]

2016年09月06日(火) 10:23 ター坊
【新潟記念他】先週の結果などふり返り byうまカレ
閲覧 502ビュー コメント 0 ナイス 3

学生団体うまカレ副代表の金沢ユウダイです。
先週の競馬で考えたことをまとめます。

●このメンバーなら当然
札幌2歳Sはトラストが制しましたが、今年は血統レベルを見ても、新馬・未勝利のレース振りを見ても低レベルだと感じていましたし、このメンバーならトラストにチャンスがあるだろうと思っていました。岡田繁幸氏は、「自身の育成手法に見合った馬を見つけ出すこと」に関してはとんでもない能力をお持ちだと感じます。ただ、だからこそいわゆる「マイネル軍団」もそうですが、ほかの育成馬に比べて血統で語れる範囲が狭いのです。先輩プレイアンドリアルは名門Keties牝系にAlydar、Danzig、ティンバーカントリーと配された良血で、レース振りを見ても東京2400のGIで勝負になる馬だったでしょう。一方トラストはというと、血統派プレイアンドリアルに比べると地味な血統、距離適性も短めにうつりますし、東京2400ならプレイアンドリアルの方が上だろうと現状では思っています。今後は戦法や気性面などで課題がありますが、常識で語れない岡田氏の持ち馬ですのでどんな馬に成長するのか実に楽しみです。

フラワープレミアジャコマル
負けた組で注目したいのは5着フラワープレミアと6着ジャコマル
フラワープレミアは牝系がソシアルバターフライで、叔母にオークス出走のフロイテアクィーンがいる血統。Bold Reason≒Never bend5×4のパワーとHalo≒Drone4×5の柔らかさのバランスが絶妙で、それでもパワー優先ですから内回りの中距離がベスト。今回も直線スムーズならば2着を争っていてもおかしくありませんでしたし、いかにも冬の中山が合いそうなイメージです。
ジャコマルダノンシャンティ×トニービンという組み合わせですがポイントとなるのは母母ミスティックアイズだろうと思います。3代母スキムがNijinsky×Buckpasserというマルゼンスキー的相似配合で、そこにEastern Echoを配されてSearching≒Busanda5×4(War AdmiralとLa Troiennne)。このパワーが効いているように思いますね。父ダノシャンティはどちらかというと「柔」の血を伝える種牡馬ですから、相反するパワー≒「剛」の血を母から取り込み、そのバランスが良いのでしょう。トラストの2番手という展開は厳しいものでしたが、6着に粘っているのは悪くない内容でした(同じく4角2番手のアンノートルは9着)。

●素質開花
新潟記念はアデイインザライフが再昇級初戦の重賞参戦で重賞初制覇。大外差し3頭での決着だったので、8枠や横山典弘騎手の騎乗が見事ではあったのですが、55キロでも休み明けで勝ち切るとは思わなかったので、この素質開花には拍手を送りたいところです。配合的にはレース考察にも書きましたが、「父中距離馬×母父短距離馬」という配合系で、血統表の1/4も「パワー」のフレンドレイ(デインヒル×マルゼンスキー)となると、「直線の長いコースで末脚を活かす競馬」で大きなところを取るタイプではないし、馬体や走法をみてもそういう印象はありません。だから常総Sの捲りこそこの馬の本質で、GIを取るのであれば有馬記念や宝塚記念だろうと思います。
望田先生のアデイインザライフの弥生賞時における考察が非常に印象的です。

-----

デインヒルのパワーを凝縮したフレンドレイに、Princely Gift×ノーザンテーストというサッカーボーイステイゴールド的な和風な柔らかさ伝えるサクラバクシンオーが配され、Halo≒Sir Ivor3×5でサンデー系最高のしなやかさを伝えるディープインパクトが配されてアデイインザライフが出たというのは、ディープ×デインヒルでミッキーアイルが出たり、ステゴ×デインヒルでナカヤマフェスタやフェニーメノが出ている状況や、それらの配合と比較してみても非常に興味をそそられる。
そのあたりも踏まえた上で京成杯で◎にしたときにナカヤマフェスタとの比較で書いたのだが、実馬の比較でもサンデーの“柔”とデインヒルの“剛”の噛み合い方や発現の仕方など重なるところは多い。550キロ近い大型だがまだまだ緩いところがあって大雑把なレースしかできないが、ナカヤマフェスタも京成杯でアーリーロブストに逃げ切られていたころは似たような緩さがあった。岡田総帥は「素質は高いけどまだまだ緩いから、こういう馬はバンバン実戦に使ってダービーまで筋力をつけていくべきだ」とおっしゃっていた。「父中距離×母父スプリンター(母もスプリンター)」の配合形だから、悠然と捲ってしまうような脚質に完成するのではないかと思っているし、緩さが解消されればそういうレースができるようになるだろうとも思っているが、解消されてこないならば3歳春はナカヤマフェスタと似たような道を歩むことになるだろう。

-----

果たしてこの新潟記念はナカヤマフェスタにおけるメトロポリタンSになるのか...

●天皇賞(秋)向き
アルバートドックは58キロでも2着死守。母系の濃いHyperionが発現してきたのなら逆らいたくないと思っていたし、58でも勝ち切ってほしかったところだが、先述したようにアデイインザライフナカヤマフェスタな可能性もあるので良しとします。声を大にして言いたいのは、極めて天皇賞(秋)向きな馬であるということです。その年のペースに寄りますが、厳しいペースで流れた年は、ジャスタウェイダイワメジャートーセンジョーダンなどHyperionを豊富に持つ馬が好走するのが天皇賞(秋)。この4歳秋の本格化はやっぱりジャスタウェイらしさを感じるし、もし出走するのであれば、今年はキタサンブラックエイシンヒカリという先行馬もいるし、「前走:新潟記念2着」というローテでも重い印を打ってみたくなります。ジャスタウェイだって「関屋記念2着→毎日王冠2着」からの覚醒でしたからね。

ダイワメジャー×タイキシャトル
小倉2歳Sはレーヌミノルが圧勝。母ダイワエンジェルは2010年生まれのダイワストリームからレーヌミノルまで5年連続でダイワメジャーを配されていて、その全てが中央で勝利を挙げています。このダイワメジャー×タイキシャトルという組み合わせはHalo3×4、さらにダイワメジャーと好相性のCaerleonを同時に取り込めるので相性が悪いはずがありません。
ちなみに現2歳のダイワメジャー×タイキシャトルは、本馬の他にメイショウアツヒメの2014だけで、母はメイショウボーラーの全妹、このCaerleon≒Storm Catはダイワメジャーに合うはずなので走ってくるでしょう。

ヤマカツグレース
先週の新馬・未勝利の中で取り上げたいのは土曜札幌5R(芝1500m)を制したヤマカツグレースヤマカツエースの半妹で、ヤマカツエース同様にAmerifloraの血を増幅できているのが良いですね(デインヒル≒Ameriflora3×3)。ただ、逆に「デインヒル増幅」という観点でみればLa Troiennneは増幅できていないのがどうか。イメージ的にはやはりフラワーカップでしょうか。外回りのマイルで弾けるタイプではありません。


----------


【参考】

『日本サラブレッド配合史―日本百名馬と世界の名血の探究』(笠雄二郎著)
望田潤さんのブログ http://blog.goo.ne.jp/nas-quillo
栗山求さんの連載「血統SQUARE」http://www.miesque.com/motomu/works.html
『覚えておきたい 日本の牝系100』(平出貴昭著)

【うまカレBlog】http://umacollege.blog.fc2.com
【Twitter】https://twitter.com/umacolle
【Facebook】https://ja-jp.facebook.com/umacolle

金沢ユウダイ
【Twitter】https://twitter.com/derby6_1
【ブログ】http://derby6-1.hatenablog.com/

執筆者:うまカレ(MYコロシアム>最新予想にリンク)

------------------------------------------------
あなたも「みんなの競馬コラム」コーナーでコラムニストデビューしてみませんか!
>>応募方法など詳しくはこちら<<
------------------------------------------------

[もっと見る]

ヤマカツグレースの口コミ


口コミ一覧

重賞の≪振り返り≫

 馬券のエース 2017年04月25日(火) 09:23

閲覧 48ビュー コメント 0 ナイス 5

会員ページの方に
☆今週の格上馬★結果
☆22日23日特別戦出走表★結果
★会員さんの結果報告
を更新してますので、【見直し】【復習】で使って下さい(*^^*)/

////////////

【今週の重賞】

≪福島牝馬S≫
1着:ウキヨノカゼ【馬指数2位】〔上がり1位〕【総タイム2位】
2着:フロンテアクイーン〔上がり4位〕【総タイム3位】
3着:クインズミラーグロ【馬指数5位】【総タイム2位】≪イケてる騎手≫

※ここもタイム指数2位と3位タイの馬だけで決着。◎ウキヨノカゼが脚質的には合わないかも!?
と思いつつも完勝!馬指数1位リーサルウェポン、穴指名のデンコウアンジュも見せ場があり、
狙った高配当まであと一歩。ドキドキを味わえるレースでした^^

≪マイラーズC≫
1着:イスラボニータ【馬指数1位】〔上げ幅1位〕≪G宜チポジ●≫
2着:エアスピネル【馬指数2位】〔テン2位〕〔上り2位〕【総タイム1位】≪好走ポジ●≫
3着:ヤングマンパワー〔上り4位〕

※京都開催になってから「関東馬ナシ」ではあったものの、指数も上げ幅も揃って1位の
イスラボニータが格上の1着。調教からも今回は「勝ちに来た」のが見えてましたね。
週中のデータやタイム指数から◎ブラックスピネルでしたが、イスラの単勝だけは
買ってました。

≪フローラS≫
1着:モズカッチャン〔上り2位〕【総タイム3位】
2着:ヤマカツグレース〔テン1位〕【総タイム2位】
3着:フローレスマジック【馬指数1位】〔上げ幅1位〕〔テン4位〕〔上り1位〕【総タイム1位】

※総タイム指数の1・2・3位で・・番人気の決着ヽ( ̄д ̄;)ノ
過去5年の3着以内馬の半数以上が≪好走ポジ●≫だったことから・モズカッチャンと
・タガノアスワドの2択でデータ的にも◎タガノを信用しての敗北。モズカッチャンを選択した方も
多かったみたいで、お見事でした♪指数表は間違いなかったですが、読み取る力が皆さんの
方が上でしたね(笑)(。>0<。)

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

先週の皐月賞に引き続き、人気薄でもタイム指数上位馬の活躍が目立ちましたね♪
会場が変わって、スッカリそんなことは忘れての予想でしたが、お仲間さんの中には
それを考慮して的中された方も多いようで、正直…(;`д´)くやしいですっっ(笑)
ですが、馬券師ではないので、分析が合っている点は大変嬉しいことです♪
内容からするともっと勝ててたと反省の残る週でしたが、
今週のキョウイチは土曜京都メインの彦根S!
オーヴィレール/裕ぁ櫂錺ノヒビキ人気の2頭軸で馬連・3連複&
ワキノからのワイドW2点的中。
ココはワンポイントで推奨した3頭で決まって気持ち良かった(^o^)

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

個人サイト:【馬券Aエースの≪超抜≫競馬】|馬指数・坂路調教・重賞攻略
http://relax-myodani.jp 馬券Aで〔検索〕も可

入会費のみで、何年でも毎週、分析情報を見て頂けます^^
データ・馬能力・LAPレベルの3方向から自分で【根拠】を探し出せる予想理論

 ウマ蔵 2017年04月24日(月) 20:54
2017年フローラステークス メモ
閲覧 37ビュー コメント 0 ナイス 7

フローラステークス東京2000m

2016年 1から3着は前目の位置 36.0-36.1
8枠18キンカメ産駒人気ルメール美浦
前走アネモネOP中山1600m
6枠11ヴィクトワール産駒人気川田栗東
前走ミモザ500万1着中山2000m
前々走つばき500万3着京都1800m
3枠6ディープ産駒人気薄吉田豊美浦
前走フリージア8着東京2000m

2015年 1から3着は前目の位置 37.3-34.4
3枠5マンハッタン産駒内田人気栗東
前走君子蘭1着阪神1800m
前々走アルメリア4着阪神1800m
3枠6ハーツクライ産駒横山人気美浦
前走フラワー3着中山1800m
前々走赤松1着東京1600m
1枠1キンカメ産駒武人気栗東
前走君子蘭2着阪神1800m
前々走つばき3着京都1800m

2014年後 前 後 36.4-35.5
1枠2ゼンノ産駒岩田人気栗東
前走福寿草京都2000m
3枠5シンボリ産駒秋山人気栗東
前走君子蘭1着阪神1800m
前々走チューリップ4着阪神1600m
8枠17ステイ産駒松岡人気薄美浦
前走フラワー6着中山1800m

2013年 1から3着後ろ 37.2-34.2
6枠12内田ディープ産駒人気栗東
前走未勝利阪神2000m
5枠10戸崎ディープ産駒人気美浦
フラワーカップ2着中山1800m
3枠6福永ダイワ産駒人気薄栗東
未勝利1着阪神1800m


2017年は様子見てドスローペース
37.1-34.7前残りで前目の馬で決まった
1.2着ハービンジャー産駒
1枠1モズカッチャン栗東和田人気薄
1800m中心
混合戦の500万勝利馬
1枠で脚をためてゴール前で捌いて粘り強い
和田がわざわざ中山まで乗りにいってた
4枠7ヤマカツグレース栗東横山人気薄
ヤマカツマリリンの馬は走ります
1400m.1800m
フィリーズ5着
君子蘭2着
前目の馬
7枠14フローレスマジック 美浦人気戸崎
実績断然 厩舎コメントそこまで気にしない
ディープ産駒

4着は3枠来ている

ホウオウパフューム
やはり後ろからの競馬で前だせない

来年のメッセージ
最近前目の馬中心
君子蘭組
フラワーカップ組
1600mから2000m走っている
1枠と3枠
ディープ産駒
ハービンジャー産駒も必要

[もっと見る]

 ☆コノホシカツ☆ 2017年04月24日(月) 14:01
フローラS・demedas馬★Д筌泪ツグレース首
閲覧 17ビュー コメント 0 ナイス 0

どうも単にとどかない!最近運気が良くないか負けが込んでいる。

もっと集中力をもって、軸馬を決めなくては、まだまだ甘さがある!

[もっと見る]

ヤマカツグレースの掲示板

コメント投稿
コメント一覧
コメントはありません。

ヤマカツグレースの写真

ヤマカツグレース

ヤマカツグレースの厩舎情報 VIP

2017年4月23日サンスポ賞フローラS G22着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

ヤマカツグレースの取材メモ VIP

2017年4月23日 サンスポ賞フローラS G2 2着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。