注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます!⇒いますぐ会員登録(無料)
POGウォッチリストに登録すると、ウマニティPOGのPOGリストに追加できます!

モーヴサファイア(競走馬)

注目ホース
写真一覧
現役 牝3 鹿毛 2014年2月5日生
調教師池添学(栗東)
馬主吉田 和美
生産者ノーザンファーム
生産地安平町
戦績 5戦[2-1-0-2]
総賞金2,522万円
収得賞金900万円
英字表記Mauve Sapphire
血統 ハービンジャー
血統 ][ 産駒 ]
Dansili
Penang Pearl
モルガナイト
血統 ][ 産駒 ]
アグネスデジタル
タンザナイト
兄弟 ブラックスピネル
前走 2017/02/13 あすなろ賞
次走予定

モーヴサファイアの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
17/02/13 小倉 10 あすなろ賞 500万下 芝2000 12563.921** 牝3 54.0 北村友一池添学492(+2)2.00.0 -0.235.7⑧⑧⑤④ワンダープチュック
17/01/07 京都 9 福寿草特別 500万下 芝2000 9669.454** 牝3 54.0 川田将雅池添学490(+4)2.00.6 0.334.9④⑤サトノリュウガ
16/09/17 阪神 9 野路菊S OP 芝1800 8772.412** 牝2 54.0 福永祐一池添学486(-10)1.48.6 0.134.2アメリカズカップ
16/08/28 新潟 11 新潟2歳S G3 芝1600 15225.218** 牝2 54.0 石橋脩池添学496(+12)1.35.0 0.733.5⑪⑫ヴゼットジョリー
16/07/03 中京 5 2歳新馬 芝1600 137113.611** 牝2 54.0 石橋脩池添学484(--)1.35.3 -0.435.5④④ラヴィングアンサー

モーヴサファイアの関連ニュース

 【小倉】10Rあすなろ賞(500万下、芝2000メートル)=モーヴサファイア(栗・池添学、牝、父ハービンジャー)

 ◆北村友騎手 「まだ追ってからもたもたするところがありますが、そのあたりが成長するにつれて解消されればいいですね」

 *2012年にエキストラエンド(京都金杯)、14年にアドマイヤデウス日経新春杯日経賞)、16年にマウントロブソンスプリングS)が勝っている出世レース。

【あすなろ賞】モーヴサファイアが馬群を割って2勝目 2017年02月13日(月) 15:19

 2月13日の小倉10R・あすなろ賞(3歳500万下、芝2000メートル)は、北村友一騎手騎乗の2番人気モーヴサファイア(牝、栗東・池添学厩舎)が、直線で馬群を割って伸び2勝目をマークした。タイムは2分0秒0(良)。1馬身1/2差の2着にワンダープチュック(3番人気)が入り、さらに1馬身1/4差の3着にロードアルバータ(1番人気)が入った。

 モーヴサファイアは、父ハービンジャー、母モルガナイト、母の父アグネスデジタルという血統。半兄のブラックスピネル(父タニノギムレット)は、東京新聞杯・GIIIの勝ち馬。

 ◆北村友一騎手「特にポジションはこだわらず、この馬のリズムで競馬をしようと思っていました。まだ追ってからモタモタするところがありますが、そのあたりは成長するにつれて、解消されればいいですね」

★13日小倉10R「あすなろ賞」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【3歳次走報】ナイトバナレット、ファルコンSあたり検討2017年01月13日(金) 05:00

 ★シンザン記念2着タイセイスターリー(栗・矢作、牡)は、共同通信杯(2月12日、東京、GIII、芝1800メートル)あたりを視野。僚馬でジュニアCを勝ったナイトバナレット(牡)は、ファルコンS(3月18日、中京、GIII、芝1400メートル)あたりを検討。

 ★栗東・音無厩舎の次走は以下の通り。朝日杯FS9着アメリカズカップ(牡)は松若騎手で、13着ダンビュライト(牡)はルメール騎手で、きさらぎ賞(2月5日、京都、GIII、芝1800メートル)。昨年7月17日の中京未勝利戦(芝1400メートル)を快勝したアカカ(牝)は、M・デムーロ騎手でエルフィンS(2月4日、京都、OP、芝1600メートル)へ。

 ★5日の京都新馬戦(芝2000メートル)を制したスズカメジャー(栗・橋田、牡)は、きさらぎ賞。鞍上は福永騎手。

 ★黄菊賞4着コロナシオン(栗・池添学、牝)は、セントポーリア賞(29日、東京、500万下、芝1800メートル)へ。鞍上は戸崎騎手。また、僚馬で福寿草特別4着のモーヴサファイア(牝)は、あすなろ賞(2月11日、小倉、500万下、芝2000メートル)へ向かう。

[もっと見る]

【野路菊S】順風受けてアメリカズカップがV2 2016年09月17日() 14:44

 9月17日の阪神9R野路菊S(2歳オープン、芝・外1800メートル)は、松若風馬騎手騎乗の3番人気アメリカズカップ(牡、栗東・音無秀孝厩舎)が優勝。タイムは1分48秒5(良)。直線は早めに抜け出したモーヴサファイアが内で粘り込みを図るが、アメリカズカップがしぶとく差を詰め、ゴール寸前で前を競り落として新馬→オープン特別と無傷の2連勝を決めた。

 3/4馬身差の2着にモーヴサファイア(1番人気)、さらに2馬身半離れた3着にはロングスパートをかけたユノディエール(5番人気)。

 アメリカズカップは、父マンハッタンカフェ、母ベガスナイト、母の父コロナドズクエストという血統。通算成績は2戦2勝となった。

 ◆松若風馬騎手「ペースが遅く序盤は少しハミを噛んでしまったけど、その後は前を見ながらスムーズに運べました。最後は少し甘くなったけど、抜け出してから物見をしていたように、まだ余裕はあったと思います。きょうはゲートまでおとなしく臨めましたし、距離は延びても対応できそうです」

★17日阪神9R「野路菊ステークス」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【新潟2歳S】ユーイチ週間、ヴゼット締め! 2016年08月29日(月) 05:03

 第36回新潟2歳ステークス(28日、新潟11R、GIII、2歳オープン国際(特指)、馬齢、芝・外1600メートル、1着本賞金3100万円=出走15頭)福永祐一騎乗の3番人気ヴゼットジョリーが中団から差し切ってV。新馬戦に続く2連勝で重賞初勝利を飾った。タイム1分34秒3(良)。管理する中内田充正調教師も開業3年目でうれしい重賞初Vとなった。1馬身1/4差の2着は後方から追い込んだ6番人気のオーバースペック。1番人気のモーヴサファイアは出遅れが響いて8着に終わった。

 力強い決め手で、長い直線を押し切った。1馬身1/4差の完勝劇。ヴゼットジョリーが、新馬戦に続く2連勝で出世レースを制し、2歳女王に名乗りをあげた。

 「自信を持って乗れましたし、思い描いていた通りのレースができました」

 福永騎手のクールな表情が、強さを物語る。2勝馬は不在。単勝10倍以下が6頭という大混戦ムードだったが、中団からあっさりと抜け出す内容で、終わってみれば文句なしの快勝だった。

 鞍上にとっては全くの初騎乗だったが、「しつけが行き届いているな」と返し馬でパートナーを手の内に入れた。「瞬時に反応するタイプではないと思ったので、ある程度惰性をつけて」というレースプランで臨み、スパートのタイミングもドンピシャリ。人馬の呼吸がピタリと合っていた。

 そのユーイチは、この新潟で土日5勝。前日にはJRA通算1900勝(史上9人目)&1万5000回騎乗(同10人目)を達成し、この週の新潟で行われた平地オープン3鞍を全勝と、存在感を見せつけた。

 「ユーイチ君(福永騎手)がうまく誘導してくれました」と鞍上をたたえる中内田調教師にとっては、2014年の開業以来、うれしい初重賞制覇。「入厩前から期待していた馬。期待通りに成長してくれています」。指揮官は暮れのGI阪神ジュベナイルフィリーズ(12月11日、阪神、GI、芝1600メートル)を当面の目標に掲げた。

 父ローエングリン、母の父サンデーサイレンスの配合は、GI3勝ロゴタイプと同じ。中京芝1400メートルからの臨戦過程は、桜花賞を制した3年前の覇者ハープスターとも一致する。出世レースを制した美しき2歳牝馬の前途は洋々だ。 (芳賀英敏)

★28日新潟11R「新潟2歳ステークス」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【新潟2歳S】レースを終えて…関係者談話2016年08月29日(月) 05:03

 ◆田辺騎手(イブキ3着) 「もう少し流れていたら…。いいものは持っているし、中距離の方が向く」

 ◆木幡巧騎手(アピールバイオ4着) 「4コーナーでもう少し踏んでいった方が良かったかも。でも最後までバテてはいない」

 ◆藤岡佑騎手(キャスパリーグ5着) 「いい位置を取れたが、勝ち馬に馬なりでかわされてしまった。いい経験になったと思う」

 ◆柴田未騎手(マイネルパラディ6着) 「直線でモタれて、ちょっと苦しくなった。スムーズだったらもっとやれていた」

 ◆石川騎手(サンライズソア7着) 「流れが遅くなると思ったので、早めに動いた。ジワジワ伸びてくれたけど、切れ負けした」

 ◆石橋騎手(モーヴサファイア8着) 「外を回す馬場ではないのでインでジッとした。上がりが速くなるのは分かっていたし、もう少し前で競馬できれば…」

 ◆津村騎手(クイントゥープル9着) 「反応が鈍かったが、最後の1ハロンで伸びた。まだこれからの馬」

 ◆鮫島駿騎手(アンジュシャルマン10着) 「道中は勝ち馬の後ろで運べたけど、ヨーイドンになると瞬発力の差が出た」

 ◆松若騎手(マテラフィールド11着) 「いつもよりゲートは出たし、収穫ある内容」

 ◆柴田大騎手(マイネルバールマン12着) 「いい形で運べて流れも向いたが、反応しなかった。距離が少し長いのかも」

 ◆木幡初騎手(チシャーキャット13着) 「最後はジリジリ伸びたが、速い脚を使えなかった」

 ◆丸山騎手(ウインシトリン14着) 「ハミを取ってくれるまで時間がかかってしまって…」

 ◆吉田豊騎手(ワールドツアラー15着) 「1600メートルではまだ厳しいかも。もっと力がついてくれば」

★28日新潟11R「新潟2歳ステークス」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

⇒もっと見る

モーヴサファイアの関連コラム

閲覧 690ビュー コメント 0 ナイス 3

学生団体うまカレ副代表の金沢ユウダイです。
先週の競馬を見て、考えたことをまとめます。

新潟2歳ステークスは、ローエングリン産駒のヴゼットジョリーが優勝。自信があったレースで個人的に馬券も獲らせていただきました。レース考察コラムの【まとめ】には以下のように書いていました。

・人気どころで推したいのは、キャスパリーグヴゼットジョリー
・人気ほど信頼が置けないのは、モーヴサファイアサンライズソア

勝ったヴゼットジョリーは、新馬から「ただものではない」と注目していた馬。このコラムでも取り上げたほどでした。

===(以下、展望コラムより引用)============================

中京新馬(芝1400m)を制したヴゼットジョリーは、スウェプトとの間でベルルミエールを産んだ名繁殖フレンチビキニの仔で、Halo≒Red God4×3・6、そして母系に入るBlushing Groomの影響か、なかなかしなやかな走りをしますし、ただ者でない気もします。母母フェンジーは非常にハイインロー(HyperionとSon-in-Law)が豊富ですから、アースライズ(激流だったオークス4着、秋華賞5着)のように、厳しいペースになればいつでも好走するようなタイプになりそうです。
=============================================


●持続力が武器
さらにポイントとなるのは、ローエングリンもフレンチビキニも仏血を多く含んでいるということではないかと思うのです。ローエングリンの母カーリングと、ヴゼットジョリーの母母フェンジーによって、薄くですがSicambre、Wild Risk、Djebelの仏血のクロスが出来ます(Court Martialも共通)。これによって、牝馬に良く見られる、仏オークスやヴェルメイユ賞を制したカーリングの「仏血独特の斬れ」を引き出すことにも成功しているのではないでしょうか。薄い相似配合ともいえるかもしれません。父の持つ仏血をクロスしている馬といえば、最近だとジュエラーが代表的です。こんなことを書いてからパドック映像を見ると、あの独特の柔らかさはジュエラーに似ているなぁと思ってしまいますね。
レースに関していえば、馬群からスッと抜け出すHaloらしさも一応はみせているし、「スピードの持続力」というコメントが福永騎手から出たのはフレンチビキニの仔らしいです。持続力が武器の中距離馬だと思っていますので、「アースライズ的激流オークス4着」イメージでいきます。

オーバースペックは、福島での加速が、一般的に「大箱向き」と言われている馬のそれには見えなかったので、まず新潟2歳なら好勝負。本来向かう予定であった札幌2歳でも好勝負だろうと思いますが。京成杯あたりでクルーガーソールインパクト的な好走はないですかね〜。
イブキは、ルーラーシップ産駒らしいストライドで走る馬だからマイルと内枠が嫌でしたが、変態田辺騎手の先行だけが怖いなと思っていたらそういう競馬。これは百日草特別馬筆頭でしょう。
逆にアピールバイオはキンカメにRobertoのラブリーデイ的ピッチ走法なのできんもくせい特別or葉牡丹賞候補筆頭。
キャスパリーグはパドックを見ても、やっぱり「しなやかさ」を感じられず、ディープ×嵐猫でもレジェンドキャットの仔はこれが限界なのかな〜と思いました。
左にかなりモタれながらも12番人気6着と好走したマイネルパラディは、スクリーンヒーロー×Green Desertでも、母ロワージがHabitat経由のSir Gaylord4×3で、らしいストライドで走っています。3/4Northern Dancer、1/4非Northern Dancerという配合系でもありますね。新潟外回りも合っていますし、最も合っているのは京都外回りでしょう。
サンライズソアは外回りで切れるタイプではありませんから、この過剰人気なら嫌いたかったし、これはひいらぎ賞や万両賞、千両賞あたりが狙い目かな〜と。
モーヴサファイアは、Shareef Dancer≒Chief's Crown4×4にデインヒル増幅、素質ならばNo.1、ただこの条件替わりで勝ち切ってしまったら、それこそ化け物だと思いましたが8着なら十分でしょう。牝馬だとやっぱり忘れな草賞に出ることになるのかなぁ。

●スプリンターズSでは?
スプリンターズSの前哨戦であるキーンランドカップは、3歳牝馬ディープインパクト産駒のブランボヌールが優勝。ディープインパクト産駒で、母系に入ると柔らかさを伝える母父サクラバクシンオー、母母アジアンミーティアはUnbridled’s Songの全妹で、これはMr.Prospectorの母Gold DiggerのNasrullahとCount Fleetを増幅した配合だからこちらも柔らかい(ディープ×Unbridled’s Songのダノンプラチナを見れば一目瞭然)。マイル〜中距離の大物を輩出しまくる、お化け種牡馬ディープインパクトが、スプリントGIでも人気馬を送り出している(ミッキーアイルウリウリ)というのもとんでもないことなのですが、ブランボヌールもやっぱりスプリントGIを勝つ力強さ、パワーはない1400型に思えてなりません。

それならばシュウジの方を狙いたいです。
シュウジは、キンシャサノキセキというより、母カストリアのNashua≒Nantallah4×7・5のパワーが強く(この母は父ハーツクライでもツルマルレオンを産んでいますし)、こういったタイプの方が急坂ありの中山1200GIでは狙いやすいですね。ただ、まだ緩さを感じるのでGI奪取は4歳な気がしますが…。

ヴァナヘイム完勝
今週はこの馬に触れないわけにいかないでしょう。新馬戦を持ったままで楽勝した超良血ヴァナヘイムについてです。
書くまでもありませんが、母グルヴェイグディープインパクト×エアグルーヴという日本競馬の至宝ともいえる超良血で、マーメイドSを制覇。その年のエリザベス女王杯を走ることなく引退しました。
キングカメハメハエアグルーヴの相性の良さは、ドゥラメンテルーラーシップが出ていることで証明されています。そして、その根拠は、Hornbeam≒パロクサイドのニアリークロスになるということ。中京記念の展望で、以下のように書いています。

===(以下、展望コラムより引用)============================


東京のGIを勝ちまくったトニービン直仔の斬れは、母父Hornbeam(Nasrullah×Hyperion)の、Nasrullahの広いコース向きの柔らかい体質と、Hyerionの持続力に起因します。トニービンはHyperion5×3・5でもあるので、母系に入ると粘着力を伝え、切れ味が削がれる馬もいます。
しかし、キングカメハメハの母母父Blakeneyの母父がHornbeamなので、トニービン持ちの牝馬と交配すると、Hornbeamのクロスができ、トニービン直仔らしい馬(長い直線で持続性ある末脚が武器な馬)が生まれやすいのです。
その最たる例が、ドゥラメンテルーラーシップであり、彼らの場合はHornbeamのクロスのほかに、エアグルーヴの牝祖パロクサイドもNasrullahとHyperionを持っているというのがポイントでした…というのが望田先生に教わった最初のこと。

=============================================


グルヴェイグは、キングカメハメハエアグルーヴとの間にディープインパクトが入ることで、ラストタイクーン≒Alzao3×4(Northern Dancer、ナスキロ、Tom Fool≒Atticaなどが共通)という、もう一つ斬れ味を引き出す仕掛けができます。ちなみに、「キングカメハメハ×ディープインパクト」の出走はヴァナヘイムで2頭目、しかし「ディープインパクト×キングカメハメハ」は、7頭中5頭が勝ち上がっており、その顔触れもデニムアンドルビーグリュイエールテンダリーヴォイスキロハナ、ヤマノフェアリーなどなかなかのもの。また、エアグルーヴはHornbeam≒パロクサイド3×3でもありますが、トニービン×ノーザンテーストとHyperionが濃いので、ラストタイクーン≒Alzaoという柔らかさを引き出す仕掛けのを下支えするパワーとしても活きてくるでしょう。エアグルーヴディープインパクトキングカメハメハの良いところばかりを引き出した好配合です。
まぁもう走りを見ても1頭だけ別格の美しさ、しなやかさを感じますよね。


【参考】

『日本サラブレッド配合史―日本百名馬と世界の名血の探究』(笠雄二郎著)
望田潤さんのブログ http://blog.goo.ne.jp/nas-quillo
栗山求さんの連載「血統SQUARE」http://www.miesque.com/motomu/works.html
『覚えておきたい 日本の牝系100』(平出貴昭著)


「うまカレ」とは、競馬の魅力を同世代を中心に発信していこう、競馬界を若い力で持ち上げようと、関東の競馬を愛する大学生が集まり6年前に結成された学生団体です。テレビ出演や、フリーペーパー制作など様々な活動をしています。詳しくは以下のブログやSNSをご覧ください。

【うまカレBlog】http://umacollege.blog.fc2.com
【Twitter】https://twitter.com/umacolle
【Facebook】https://ja-jp.facebook.com/umacolle

金沢ユウダイ
【Twitter】https://twitter.com/derby6_1
【ブログ】http://derby6-1.hatenablog.com/

執筆者:うまカレ(MYコロシアム>最新予想にリンク)

------------------------------------------------
あなたも「みんなの競馬コラム」コーナーでコラムニストデビューしてみませんか!
>>応募方法など詳しくはこちら<<
------------------------------------------------


登録済みの方はこちらからログイン

2016年08月28日() 13:00 競馬プロ予想MAX
「プロ予想MAX四天王の決断!」/新潟2歳S G3(サラマッポプロ)
閲覧 427ビュー コメント 0 ナイス 2

 本日は、馬体と走法からその馬のベストの適性を見抜く“神の目”を持つ相馬の天才として、ウマニティ公認プロ予想家陣のなかでも屈指の人気を誇るサラマッポさんに久々に登場してもらいます。ターゲットは新潟2歳S。未知数の部分の多いレースでこそ、サラマッポさんの能力が活きますので、その結論にご注目ください。
 本命はイブキです。「新馬戦は厳しい流れを好位から余力残しで押し切った。2着馬もすでに勝ち上がっており、本馬も高い能力の持ち主と言えそう。バランスの良い走法からも、タフな新潟マイルはぴったり。好位から運べるレースセンスの良さも、2歳戦では武器になる」と推奨根拠をあげてくれました。
 対抗は「◎同様にタフな流れの新馬戦を快勝。同距離の今回も期待できるモーヴサファイア。印を打ったのはなんとこの2頭のみで、馬券は単勝、馬連↓に決め打って勝負します。本レース以外のサラマッポプロの予想は、ウマニティのプロ予想MAX でご確認ください!

(ウマニティ編集長・岡田大)

------------------------------------------------
プロ予想MAX四天王の決断!」とは・・・ウマニティが日曜のサンケイスポーツ競馬面にてお届けする連載コラムで、プロ予想MAX最強プロ予想家陣の中でも売上ランキング(前月の月間予想売上)で頂点に君臨する四天王の中から毎週1名の予想家が登場し、重賞予想を掲載しています。
------------------------------------------------

ウマニティ公認プロ予想家の予想はここが違う!
プロ予想家の予想は、予想の収支が完全公開されているガチンコ勝負の予想です。 予想収支を出さない他の予想サイトとは一線を画しています。

【プロ予想家の提供する予想】
1.予想印(◎◯▲△×)による評価
2.コメントで予想根拠を提示※1
3.資金配分をした買い目(予算最大1万円)
※1:コメントの無い予想もあります。コメントの有る無しは購入前に確認できます。

【予想例】覆面ドクター・英プロの安田記念予想
3連単12万7190円を7点買いで的中!178万1400円払戻


「競馬プロ予想MAX」には総勢28名のウマニティ公認プロ予想家がいます!
プロ予想家の収支はリアルタイムで完全公開されています。
まずは、どんな予想家がいるかあなたの目で確かめて下さい。
>>詳しくは競馬プロ予想MAXへ<<

[もっと見る]

2016年08月26日(金) 18:40 みんなの競馬コラム
【新潟2歳ステークス】血統考察 byうまカレ
閲覧 826ビュー コメント 0 ナイス 4

学生団体うまカレ副代表の金沢ユウダイです。
今週は新潟2歳ステークス。キャリアの少ない2歳戦、しかもクラシックに繋がるレースだけあり、血統派としては気合が入ります。

内枠から考察していきます。

●前走はフロックではない
チシャーキャットメイショウボーラー産駒で母母がCaerleon産駒だからメイショウボーラーの配合のキーを継続してCaerleon≒Storm Cat4・3×3となる。母父クロフネ、母系にRobertoも入りダート馬に出てもおかしくない(将来はダートで結果を残す可能性もある)血統だが、自身には先述したCaerleon≒Storm Catや、3代母MamalunaのRoyal Cherger≒Nasrullah4・4・4・4による柔らかさも発現しているようで芝結果を残しました。新馬戦は単勝万馬券だったが決してフロックではなく、ハイペースではあったが勝ち時計はダリア賞より0.7秒も速い。新潟2歳はこれくらい軽さのあるタイプの方が合うし、穴の筆頭はこの馬だとみています。

●素質は高いが新潟マイルでは?
モーヴサファイアは、ブラックスピネルの妹でクリソプレーズ(マリアライトリアファルクリソライトの母)によって急速に発展している3代母キャサリーンパー牝系。クリソプレーズ=アロンダイトのパワーは、エルコンドルパサーの影響も大きいですが、キャサリーンパーはNever bend×Ribotなので、パワーを伝える牝系。モーヴサファイアはShareef Dancer≒Chief’s Crown4×4だけでもなかなかの配合といえますが、母モルガナイトは、デインヒルの重要血脈、Danzig、Ribot、Tudor Minstrel、La Troiennneを持っているのでハービンジャー産駒の配合としてはかなりの好配合で、将来性は非常に高いとみています。ただ、まだまだ動きは緩いので平坦の新潟マイルの瞬発力勝負では厳しい気が。素質の高さでどこまで走ってくるかでしょう。内枠というのも圧倒的にマイナスです。

●新潟マイルだと詰めの甘さが出そう
イブキルーラーシップ産駒らしいストライドで走るので如何にも大箱向きの中距離馬で、大箱でもマイルで坂のない新潟では詰めの甘さが出るでしょう。

ラブリーデイのような馬
アピールバイオは、母ビクトリアスバイオがキングカメハメハ×ブライアンズタイムという配合で、Graustark6×4、Raise a NativeとNashuaもクロスするからパワー型でラブリーデイに似たピッチ走法で走る。キンカメにRobertoという点でもラブリーデイと同じ。だからベストは内回りの中距離だと思うが、スローになれば脚質は違えどハープスターシンメイフジのようなピッチ走法の加速力が活きるレースではあるから好走しても驚けません。

オメガヴェンデッタのようなタイプ
サンライズソアは、エピファネイアユールシンギングらが出たシンボリクリスエス×スペシャルウィークで、母母がビハインドザマスクだから叔父にオメガヴェンデッタマスクトヒーローがいる血統。ビハインドザマスクの母ヴァインゴールドはMr.Prospector×Bold Reason×ヒッティングアウェーだから米血パワーが豊富。サンライズソアの面白いところは、ビハインドザマスクスペシャルウィークシンボリクリスエスと名牝La Troiennneの血を多く配されているところで、パワーに寄っている走法からもやはり同牝系のオメガヴェンデッタと同じような1400型の馬になっていくのでしょう。このメンバーでは素質上位だから好走しても驚けないが、追って味のある馬ではないので重賞の外回りのマイルで積極的に買いたいかというと違う。

●器用さと奥深さがある
ヴゼットジョリーベルルミエールの妹でローエングリン×サンデーサイレンス、母系にSaumarezを持つからHalo≒Red God4×3・6で、「ストライド走法ではないけれど、柔らかみのある走り」には、ロゴタイプサトノダイヤモンドのようなHaloらしさを感じます。血統表の1/4に当たる母母フェンジーは、Saumarez×LyphardというNasrullahとHyperionとFair Trialをクロスしてある重厚な血で、奥があるのも魅力。Haloらしく何でも出来るタイプだろうから、桜花賞でバッキューンと弾けるかどうかはともかく、2歳のこの時期の重賞ならば競馬の巧さで好走しそうです。

●ディープ×Storm Catのニックスだが…
キャスパリーグは、ディープインパクト×Storm Catのニックスで、Nijinskyを持つのはサトノアラジンラキシスらと同じ。1/4にあたる母母Que BelleがPokerやSpectacular Bidを持つから全体でSir Gaylord≒Secretariat≒Poker≒Bold Bidderとナスキロが豊富だし、Promised Landのクロスもあるから柔らかい体質を持ちます。ただ、兄リアルキングと同じように、Que BelleはStriking≒Blue Eyed Momo5×5というパワーに秀でたニアリークロスも持つからストライド走法には出ないよう。キャスパリーグもこの走法で外回りマイルのGIで弾けきるにはハープスターほどの抜けた運動神経を持っていなければ難しいですが、新潟2歳なら好走しておかしくないはずです。

●加速力≒ギアチェンジ勝負なら
オーバースペックの父プリサイスエンドは母母がSecretariat≒Bold Bidder2×3(Bold RulerとPrincequillo)、さらに母系にCount Fleetを持ち、Mr.Prospector系の中でもアドマイヤムーンスイープトウショウラインクラフトなど芝の一流馬を多く輩出したエンドスウィープの仔ということもあり、プラチナティアラ(函館2歳S2着)やセレスロンディー(シンザン記念3着)など同世代相手であれば芝の重賞で勝ち負けする馬を出せる種牡馬ではあります。母父キャプテンスティーヴはBold Ruler5×4ですし、追込みで結果を残していますが、小回り福島での未勝利戦の加速などは、ストライド走法のそれではなく、Bold Ruler的なものだと解釈することはできないでしょうか。新潟2歳はスローの瞬発力勝負というよりは、加速力≒ギアチェンジ勝負になることが多いですから、この馬にはもって来いだと思います。

●内1400m→外1600m替わりは歓迎
マイネルバールマンは、Nijinskyが出た牝系で、Nijinsky≒Midsummer Magic5×3、Nijinsky≒Midsummer Magic+ナスキロという点では、Caerleon≒プレイリースカイ4×2ともいっても良い配合で、それらしいストライドで走るので前走の新潟内1400mよりは、今回の新潟外マイル向き。前走は適性の差と流れで負けただけで、外回りでやればリンクスゼロを差し切っていたと思います。今年の岡田繁幸氏系なら断然この馬でしょう。


【まとめ】
・人気どころで推したいのは、キャスパリーグヴゼットジョリー
・人気ほど信頼が置けないのは、モーヴサファイアサンライズソア
・人気薄で注目したいのは、チシャーキャットマイネルバールマン
アピールバイオオーバースペックは可も不可もない
6枠2頭(キャスパリーグヴゼットジョリー)から、チシャーキャットマイネルバールマンへのワイドや、枠連の6枠流しで買ってみたいです。

---------


【参考】

『日本サラブレッド配合史―日本百名馬と世界の名血の探究』(笠雄二郎著)
望田潤さんのブログ http://blog.goo.ne.jp/nas-quillo
栗山求さんの連載「血統SQUARE」http://www.miesque.com/motomu/works.html
『覚えておきたい 日本の牝系100』(平出貴昭著)


「うまカレ」とは、競馬の魅力を同世代を中心に発信していこう、競馬界を若い力で持ち上げようと、関東の競馬を愛する大学生が集まり6年前に結成された学生団体です。テレビ出演や、フリーペーパー制作など様々な活動をしています。詳しくは以下のブログやSNSをご覧ください。

【うまカレBlog】http://umacollege.blog.fc2.com
【Twitter】https://twitter.com/umacolle
【Facebook】https://ja-jp.facebook.com/umacolle

金沢ユウダイ
【Twitter】https://twitter.com/derby6_1
【ブログ】http://derby6-1.hatenablog.com/


執筆者:うまカレ(MYコロシアム>最新予想にリンク)

------------------------------------------------
あなたも「みんなの競馬コラム」コーナーでコラムニストデビューしてみませんか!
>>応募方法など詳しくはこちら<<
------------------------------------------------

[もっと見る]

2016年08月21日() 15:00 伊吹雅也
【伊吹雅也のピックアップ競馬データ2016年8月21日号】特選重賞データ分析編(9)〜2016新潟2歳ステークス〜
閲覧 1,631ビュー コメント 0 ナイス 3

次週の注目重賞を、伊吹雅也プロが様々なデータを駆使していち早く分析!<ピックアップデータ>をはじめ、<追い風データ/向かい風データ>、<注目馬チェック>など貴重な情報満載のウマニティ会員専用コラムを是非あなたの予想にお役立て下さい。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


<次週の特選重賞>

G3新潟2歳ステークス 2016年8月28日(日)新潟競馬場/芝外回り/1600m


<ピックアップデータ>

【“新潟芝外回りか東京芝か中京芝のレース”において、4コーナーを4番手以下で通過、かつ出走メンバー中2位以内の上がり3ハロンタイムをマークした経験の有無別成績(2012年以降)】
○あり [4-3-2-20](複勝率31.0%)
×なし [0-1-2-40](複勝率7.0%)

 2012年以降の新潟2歳ステークスで好走を果たした馬の大半は、左回り、かつゴール前の直線が長いコースにおいて差しの競馬をした経験があった馬。先行力の高さを活かしたいタイプや、福島芝、新潟芝内回り、阪神芝などのレースにしか実績のない馬は信頼できません。2015年の新潟2歳ステークスは「あり」に該当する馬が5頭しかいなかったものの、ロードクエスト(単勝1番人気)が1着、ウインファビラス(単勝12番人気)が2着となっています。

主な「○」該当馬→・・・

[もっと見る]

モーヴサファイアの口コミ


口コミ一覧
閲覧 11ビュー コメント 0 ナイス 5

今週のPOG戦線は3頭が出走します。

【出走】
・3月25日 阪神3R
△テンペスト(小牧太騎手)
今週のトップバッターは阪神の未勝利戦に出走する△テンペストです。

テンペスト
1哩 7F 6F 5F 半哩 3F 1F
 16.11ベスト 栗坂良 1 回 54.5 40.1 26.9 14.3 叩き一杯
 助 手 ◇ 栗CW良 84.9 67.6 52.9 39.2 12.5[5] 叩き一杯
 助 手 3. 1 栗坂良 1 回 55.2 40.0 26.0 13.1 馬なり余力
       テイエムアレグレス(三未勝)馬なりを0.1秒追走0.6秒先着
 助 手 3. 5 栗坂良 1 回 56.2 41.2 27.3 13.9 馬なり余力
 助 手 3. 8 栗坂良 1 回 53.3 39.2 26.0 13.5 叩き一杯
       サウスオブボーダー(古1000万)一杯を0.4秒追走0.2秒遅れ
 助 手 3.12 栗坂良 1 回 59.7 42.3 26.9 12.8 末一杯追う
★助 手 3.15 栗CW良 81.4 66.7 53.1 40.2 14.1[5]稍一杯追う
 助 手 3.20 栗坂良 1 回 54.4 39.4 25.5 12.5 末強目追う
☆助 手 3.23 栗坂重 1 回 54.5 39.7 26.0 12.8 一杯に追う

2ヶ月半ぶりのレースになりますけど、栗東に戻ってからは速いところを7本消化して態勢は整ったかな、というところ。抜群の時計が出ているわけでもないけど、今週の坂路は悪くないですね。
競馬ブックの印は全然ないですがw
まあ人気がないのはともかくとして、この期に及んで調教助手が
「適性を掴みきれていない」
なんてコメントを出しているのはいかがなものかと思うのだが、じゃあ2戦目の後に国分恭介騎手が「まだ体力がついていないから1ターンの競馬がいい」とコメントしていたのは何だったのか?

前回の京都はスタート直後に躓いて落馬寸前の不利があったので度外視はできると思っています。
今回は14頭立ての3番枠だし、優先出走権のある馬は2頭。前走で掲示板に載った馬に広げても4頭しかいない組み合わせで人気どころは軒並み差し馬だから、その気になれば単騎で行けそうではあります。
初出走の馬もいないし、この時期の未勝利戦ですからね。前々で運べればあれよあれよというシーンがあっても不思議ではないでしょう。
もっとも馬券を突っ込むようなレースではないですけどw
全く期待していないわけではありません。単複を軽くポチっとこうかな。

・3月25日 中京10R 大寒桜賞
☆アドマイヤウイナー(秋山真一郎騎手)
中京の大寒桜賞に☆アドマイヤウイナーが出走します。

アドマイヤウイナー
1哩 7F 6F 5F 半哩 3F 1F
 16.10ベスト 栗CW稍 81.5 65.4 50.6 37.1 12.6[4]馬なり余力
 岩 田 ■ 函芝良 52.6 38.4 11.7[4]馬なり余力
 小林徹 ◇ 栗CW重 82.5 65.9 51.5 37.8 13.0[5]一杯に追う
 助 手 3. 1 栗坂良 1 回 64.4 45.8 29.2 14.0 馬なり余力
 助 手 3. 2 栗坂稍 1 回 52.7 38.3 25.5 12.9 馬なり余力
 助 手 3. 5 栗坂良 1 回 58.8 41.7 26.7 13.1 馬なり余力
 助 手 3. 8 栗CW良 94.6 78.2 63.6 50.4 38.0 12.9[5]馬なり余力
       サージェントバッジ(古1600万)直強目の外を0.2秒追走3F併アタマ先着
 助 手 3.10 栗坂良 1 回 60.4 43.4 28.7 14.4 馬なり余力
 助 手 3.11 栗坂良 1 回 68.8 47.6 29.2 13.1 馬なり余力
 助 手 3.12 栗坂良 1 回 62.5 42.0 26.0 12.8 馬なり余力
 助 手 3.14 栗坂良 1 回 58.5 41.4 26.3 12.8 馬なり余力
★秋 山 3.15 栗坂良 1 回 53.8 38.4 25.2 13.0 馬なり余力
       アドマイヤアゼリ(三未勝)一杯を0.4秒先行同入
 助 手 3.17 栗坂良 1 回 64.1 44.6 27.6 13.3 馬なり余力
 助 手 3.18 栗坂良 1 回 59.0 41.6 26.4 13.2 馬なり余力
 助 手 3.20 栗坂良 1 回 57.9 39.9 25.9 13.1 馬なり余力
☆小林徹 3.22 栗CW不 82.5 66.4 51.4 37.6 11.9[6]馬なり伸る
       アドマイヤメテオ(古500万)稍一杯の内を0.4秒追走0.3秒先着

栗東に戻ってからは熱心に時計を出していて22日のCWは惚れ惚れするような時計♪
デビュー前の調教時計なんて本当にグダグダだったから、ホープフルSの前にも調教は動くようになったと感じていたけど、成長している手応えは感じています。
ただ、調教が動くのに反比例するように成績が下降線なのが気にかかるところだけど、ここ2戦は格上挑戦でもあったし、ミルコと手が合わなかったというよりは須貝調教師の采配ミスなんじゃないのかな。ホープフルSの時は『前での競馬』をオーダーして前崩れだし、それを受けて若駒Sは控えてみたら前残りだし。

中京で秋山といえば今シーズンの我が陣営はペルシアンナイトのこうやまき賞があるのでイメージが悪かろうハズがありませんw
大寒桜賞の勝ち馬は目下のところ青葉賞で3年連続で2着なので、ここを勝てばダービー出走の確率がグンと高まります。
オッズも割れ加減なのでここは馬券妙味もあって頭から買いたい!

・3月26日 中山4R
☆オメガドラクロワ(柴山雄一騎手)
日曜日の中山の未勝利戦に☆オメガドラクロワが出走します。

オメガドラクロワ
1哩 7F 6F 5F 半哩 3F 1F
 16. 7ベスト美南W稍 69.2 54.8 39.9 12.7[6]G前仕掛け
 助 手 ◇美南W良 70.4 55.0 40.7 13.0[6]一杯に追う
 助 手 2.26美南坂良 1 回 63.4 47.1 29.7 14.8 馬なり余力
 助 手 3. 2美南W稍 70.0 55.9 40.2 13.4[5]馬なり余力
       ソレイユドパリ(三未勝)馬なりの内を0.2秒追走同入
 助 手 3. 5美南坂良 1 回 57.7 42.3 27.4 13.4 馬なり余力
 助 手 3. 9美南W良 68.2 53.7 39.0 13.4[6]一杯に追う
       クラシコ(古1000万)馬なりの内同入
 助 手 3.12美南坂良 1 回 57.0 41.9 27.0 13.2 馬なり余力
★助 手 3.16美南W重 88.0 73.8 58.3 41.8 14.4[6]一杯に追う
       クラシコ(古1000万)馬なりの外を0.2秒先行同入
 助 手 3.20美南坂良 1 回 56.5 41.9 26.0 12.6 馬なり余力
☆助 手 3.23美南W稍 55.5 40.2 13.1[7]一杯に追う
       クラシコ(古1000万)馬なりの内を0.1秒追走0.4秒遅れ

美浦に帰ってきてから乗り込んではいるけど、抜群の時計が出ているわけではないのは気がかり。
高松宮記念の裏とはいえ鞍上も柴山だから、なんとなく叩き台ムードが漂う気がしないでもないですね。
でも優先出走権のある馬が6頭いるところにぶつけるわけだから、馬券的には狙いどころではあるんですよね。それにどんなに売れても3番人気でしょうから。
先週の中山を見ていると枠順は意外と外の方が良さそうなので、真ん中から外を引いてほしいところですけど、今日の最終で調教相手のクラシコがどんな競馬をするかで期待度は上下しそうですね。

【近況】
・在厩
☆ペルシアンナイト(4月16日の皐月賞へ)
☆レッドラシーマ(3月18日の500万下は7着→4月8日の阪神芝1600mへ)
☆トワードポラリス(2月25日の未勝利戦は2着→4月8日or9日の中山ダート1800mの未勝利戦へ)
☆ミンネザング(3月11日の未勝利戦は2着)
△アエロリット(4月9日の桜花賞へ)
△モーヴサファイア(2月13日のあすなろ賞を快勝→忘れな草賞へ)
△ドロウアカード(3月20日のフラワーCは3着→忘れな草賞へ)
△アルテーロ(4月1日の阪神芝1800mの牝馬限定の未勝利戦を浜中騎手で)
△オーシャンティ(3月25日の中京の未勝利戦は除外に)
★ダンビュライト(4月16日の皐月賞を武豊騎手で)

・放牧
☆ファームフェイス(4月23日の京都ダート1400mの牝馬限定の500万下へ)
☆サリネロ(2月11日の500万下は11着)
☆ファヴール(12月10日の未勝利戦は14着)
△オールポッシブル(2月18日の500万下は3着)
△モアナ(2月4日の未勝利戦を快勝)
△アーザムブルー(ゆりかもめ賞は5着→成長待ちから秋に備える)
★アンティノウス(3月12日の未勝利戦を快勝→4月9日の中山の500万下へ)
★ラボーナ(4月23日もしくは29日の東京のダート2100mの未勝利戦へ)

・故障者リスト
☆ヴァナヘイム(左前脚第三手根骨骨折で全治6ヶ月以上の診断)
△ダンスウィズユー(骨折で全治3ヶ月)
★ルタンデュボヌール(種子骨骨折で全治9ヶ月)
★アンジュシャルマン(新潟2歳S後に右膝骨折で全治6ヶ月の診断)

【調教】
ペルシアンナイト
1哩 7F 6F 5F 半哩 3F 1F
 16. 8ベスト 栗坂良 1 回 54.7 39.5 25.3 12.5 馬なり余力
 Mデム ■ 栗CW不 52.4 38.3 12.1[7]馬なり余力
★助 手 3.20 栗坂良 1 回 60.9 44.7 29.0 14.3 馬なり余力
☆助 手 3.23 栗坂重 1 回 55.4 40.1 25.6 12.9 馬なり余力

アエロリット
1哩 7F 6F 5F 半哩 3F 1F
 17. 2ベスト美南坂良 1 回 51.7 38.2 25.4 12.6 馬なり余力
 助 手 ■美南坂良 1 回 54.0 39.4 25.5 12.5 馬なり余力
★助 手 3.16美南坂重 1 回 53.2 39.7 26.4 13.2 馬なり余力
 助 手 3.20美南W稍 55.5 40.7 13.5[8]馬なり余力
調教師 3.24美南W稍 70.8 55.5 40.7 13.5[9]馬なり余力

モーヴサファイア
1哩 7F 6F 5F 半哩 3F 1F
 16. 8ベスト 栗CW良 81.6 65.3 51.4 38.4 12.1[6]馬なり余力
 助 手 ■ 栗坂重 1 回 52.6 38.9 25.6 12.6 馬なり余力
☆助 手 3.23 栗CW重 88.7 72.5 58.0 43.5 13.9[7]馬なり余力

アルテーロ
1哩 7F 6F 5F 半哩 3F 1F
 17. 2ベスト 栗坂重 1 回 53.5 38.4 24.9 12.3 末強目追う
 助 手 ■ 栗坂良 1 回 55.9 40.6 26.1 12.7 馬なり余力
★助 手 3.15 栗坂良 1 回 59.3 43.6 28.8 14.6 馬なり余力
 助 手 3.20 栗坂良 1 回 59.0 43.1 28.5 14.1 馬なり余力
☆助 手 3.23 栗坂重 1 回 52.5 37.9 24.7 12.5 一杯に追う
       エルミニョンヌ(三未勝)一杯を0.3秒先行1.0秒先着

オーシャンティ
1哩 7F 6F 5F 半哩 3F 1F
 17. 2ベスト美南坂良 2 回 54.9 40.5 26.4 13.1 強目に追う
 田中勝 ◇美南W良 54.2 39.9 14.0[8]G前仕掛け
★助 手 3.15美南坂重 2 回 56.8 41.7 27.4 13.8 馬なり余力
 助 手 3.20美南坂良 2 回 65.0 46.8 29.1 14.0 馬なり余力
☆助 手 3.23美南坂良 2 回 54.7 40.1 26.2 12.5 強目に追う
       インシュラー(三500万)馬なりを0.7秒追走同入

来週は阪神の牝馬限定の未勝利戦に△アルテーロがスタンバイ。加藤祥太から浜中俊への乗り替わりで必勝態勢です。

今週の中京を非当選で除外になった△オーシャンティ。わざわざ中京まで牝馬限定の芝を求めたくらいだから、2場開催の来週に出馬投票をするイメージが湧かない。4月9日の中山の2000mだろうか?
もしそうだと桜花賞の週が一つの山だな。
その分、皐月賞のペルシアンナイトには全力投球になりそうだけど。

 藤沢雄二 2017年03月18日() 08:52
能力さえ出し切れば…〜POG第42節〜
閲覧 24ビュー コメント 2 ナイス 12

3日間開催の今週は、ウマニティPOGでは2頭が出走します。

【出走】
・3月18日 阪神6R
☆レッドラシーマ(池添謙一騎手)
まずは土曜日の阪神の500万下に☆レッドラシーマが出走します。

レッドラシーマ
1哩 7F 6F 5F 半哩 3F 1F
 16.11ベスト 栗坂良 1 回 50.2 37.1 24.9 12.9 馬なり余力
 助 手 ■ 栗坂良 1 回 55.6 40.3 26.2 12.9 稍一杯追う
 助 手 ◇ 栗坂重 1 回 52.5 38.3 24.9 12.4 強目に追う
 助 手 2.22 栗坂重 1 回 57.4 42.4 28.7 15.0 馬なり余力
 助 手 2.26 栗CW稍 73.2 58.5 42.5 13.5[8]馬なり余力
 助 手 3. 1 栗CW良 85.6 68.6 53.2 39.0 12.7[8]馬なり余力
       サンライズミライ(古500万)馬なりの内を0.2秒先行5F付0.4秒先着
★助 手 3. 8 栗坂良 1 回 53.0 38.7 25.1 12.2 強目に追う
☆池 添 3.15 栗坂良 1 回 53.6 39.1 25.3 12.6 一杯に追う
助 手 3.17 栗坂良 1 回 59.6 44.5 29.9 14.8 馬なり余力

調教の時計は上記のように悪くはない。いや、3月8日の坂路の時計を見るとかなり期待できそう。
……ではあるのだけど、いかんせんノド鳴りの手術明けで半信半疑。いや、不安の方が先立つな。
ぶっちゃけた話、依然としてノドは鳴っているようだし、その手術の効果がどのくらいあるのかはサッパリ見当がつかない。
その一方で、今回の組み合わせがそんなに強力だとも思わない。1番枠を引いたことでポンと出てしまえばアッサリがあっても何の不思議もない、そんな感じ。
それにこのレースへの出走は2月上旬には目標にしていたから、それなりに準備はしてあると思うのよね。
だから大枚叩いて勝負!なんてレースではないけど、チョロっと馬券を勝ったら意外といい馬券に…ぐらいは期待してもいいのかな〜と。

・3月20日 中山11R フラワーC
△ドロウアカード(武豊騎手)
先週のアネモネSを除外されたドロウアカードは重賞のフラワーCにスライドしてきました。

ドロウアカード
1哩 7F 6F 5F 半哩 3F 1F
 16.11ベスト 栗坂稍 1 回 52.0 38.2 25.2 12.8 一杯に追う
 助 手 ■ 栗坂良 1 回 54.9 40.0 25.4 12.4 末強目追う
 助 手 ◇ 栗坂重 1 回 53.8 39.3 25.3 12.4 一杯に追う
 助 手 2.24 栗坂重 1 回 54.1 39.2 25.4 13.0 馬なり余力
  2.25 栗プール
 助 手 3. 2 栗坂稍 1 回 54.2 38.7 24.8 12.3 強目に追う
       ナタリーバローズ(古500万)叩一杯を0.3秒先行0.1秒先着
  3. 3 栗プール
 助 手 3. 5 栗坂良 1 回 60.8 44.3 29.5 14.6 馬なり余力
★助 手 3. 8 栗坂良 1 回 53.7 38.8 25.1 12.3 強目に追う
 助 手 3.12 栗坂良 1 回 58.3 42.9 29.0 14.7 馬なり余力
☆助 手 3.15 栗坂良 1 回 55.9 40.6 25.8 12.5 馬なり余力

坂路の時計は先週の方が強調できるのだけど、スライドになった今週も先週の状態はキープという感じでしょうか。

まあ2戦2勝のファンディーナが強いのは認める。510kgからある大型馬であることがフラワーCのレース傾向に合致するし、簡単には崩れそうにないのは確かである。

だがしかし…。

新馬戦、つばき賞の勝ちっぷりから桜花賞も狙えるなんていう関西の牝馬がですよ、チューリップ賞に間に合わなかった時点で天運がないんじゃないかと。
新馬戦→つばき賞が中3週で今回も中3週。今回、首尾よく賞金を加算できたとして肝心の桜花賞では中2週と間隔が詰まることになる上に、祝日ではあるけど月曜日の競馬だから桜花賞への調整期間も1日短くなる。
果たしてこれが『桜花賞を狙える馬』のローテーションなのだろうか?本当に『桜花賞を狙える』のであれば、新馬戦を勝った後で中1週のエルフィンSか中5週でチューリップ賞という選択だったのではなかろうか?
で、ファンディーナが克服すべき課題は
・初めてのコーナー4回の競馬
・初めての長距離輸送
なのでツケ入る隙はありそうだよね。岩田も桜花賞を考えて3列目からの競馬をやりそうな気はするし。

翻ってドロウアカード。
先週のアネモネSなら鞍上は津村の予定だった。それが除外になったことで武豊に替わったのは三階級特進モノの鞍上強化!しかも特別登録の時点で15頭しかいなかったのでこの時点で除外がなくなることが確定。
なんかさ、優勝争い真っ只中にいるウマニティPOGのスペシャルワールドで指名馬が賞金の高い方に導かれたような気がして、もしかしてこれは俺に運が向いているんじゃないの?ってw
だってさ、先週の除外された時点で自己条件を使う選択肢はあったのよ。それが強気に重賞挑戦で今度は除外なしなのだから。
それでザッとフラワーCのメンバーを見回したところで中山1800で逃げ馬不在。これさ、スルッとハナに立ったら逃げ切りまであるんじゃないの?なんてったって鞍上は武豊よ。
どうせ人気はないのだから気楽なものよ。展開考えたら、ファンディーナよりも(同じ2戦2勝の)デアレガーロの方が怖いかな。
さすがにWIN5では買い目に組み込むのは難しいかもしれないけれど、単品のフラワーCの馬券としてはちょっと頑張って買ってみたい。

【近況】
・在厩
☆ペルシアンナイト(4月16日の皐月賞へ)
☆アドマイヤウイナー(3月25日の大寒桜賞へ)
☆ミンネザング(3月11日の未勝利戦は2着)
☆オメガドラクロワ(12月3日の未勝利戦は4着)
△アエロリット(クイーンCは2着→4月9日の桜花賞へ)
△アルテーロ(3月4日の未勝利戦は2着→4月1日の阪神芝1800mの牝馬限定の未勝利戦へ)
△オーシャンティ(2月26日の未勝利戦は13着)
△テンペスト(1月7日の未勝利戦は10着)

・放牧
☆ファームフェイス(4月23日の京都ダート1400mの牝馬限定の500万下へ)
☆サリネロ(2月11日の500万下は11着)
☆トワードポラリス(2月25日の未勝利戦は2着)
☆ファヴール(12月10日の未勝利戦は14着)
△モーヴサファイア(2月13日のあすなろ賞を快勝→忘れな草賞へ)
△オールポッシブル(2月18日の500万下は3着)
△モアナ(2月4日の未勝利戦を快勝)
△アーザムブルー(ゆりかもめ賞は5着→成長待ちから秋に備える)
★ダンビュライト(4月16日の皐月賞を武豊騎手で)
★アンティノウス(3月12日の未勝利戦を快勝)
★ラボーナ(4月23日もしくは29日の東京のダート2100mの未勝利戦へ)

・故障者リスト
☆ヴァナヘイム(左前脚第三手根骨骨折で全治6ヶ月以上の診断)
△ダンスウィズユー(骨折で全治3ヶ月)
★ルタンデュボヌール(種子骨骨折で全治9ヶ月)
★アンジュシャルマン(新潟2歳S後に右膝骨折で全治6ヶ月の診断)


【調教】
アドマイヤウイナー
1哩 7F 6F 5F 半哩 3F 1F
 16. 6ベスト 栗坂重 1 回 53.0 38.9 25.4 13.1 強目に追う
 岩 田 ■ 函芝良 52.6 38.4 11.7[4]馬なり余力
 小林徹 ◇ 栗CW重 82.5 65.9 51.5 37.8 13.0[5]一杯に追う
 助 手 3. 1 栗坂良 1 回 64.4 45.8 29.2 14.0 馬なり余力
 助 手 3. 2 栗坂稍 1 回 52.7 38.3 25.5 12.9 馬なり余力
 助 手 3. 5 栗坂良 1 回 58.8 41.7 26.7 13.1 馬なり余力
★助 手 3. 8 栗CW良 94.6 78.2 63.6 50.4 38.0 12.9[5]馬なり余力
       サージェントバッジ(古1600万)直強目の外を0.2秒追走3F併アタマ先着
 助 手 3.10 栗坂良 1 回 60.4 43.4 28.7 14.4 馬なり余力
 助 手 3.11 栗坂良 1 回 68.8 47.6 29.2 13.1 馬なり余力
 助 手 3.12 栗坂良 1 回 62.5 42.0 26.0 12.8 馬なり余力
 助 手 3.14 栗坂良 1 回 58.5 41.4 26.3 12.8 馬なり余力
☆秋 山 3.15 栗坂良 1 回 53.8 38.4 25.2 13.0 馬なり余力
       アドマイヤアゼリ(三未勝)一杯を0.4秒先行同入

オメガドラクロワ
1哩 7F 6F 5F 半哩 3F 1F
 16. 7ベスト美南W稍 69.2 54.8 39.9 12.7[6]G前仕掛け
 助 手 ◇美南W良 70.4 55.0 40.7 13.0[6]一杯に追う
 助 手 2.26美南坂良 1 回 63.4 47.1 29.7 14.8 馬なり余力
 助 手 3. 2美南W稍 70.0 55.9 40.2 13.4[5]馬なり余力
       ソレイユドパリ(三未勝)馬なりの内を0.2秒追走同入
 助 手 3. 5美南坂良 1 回 57.7 42.3 27.4 13.4 馬なり余力
★助 手 3. 9美南W良 68.2 53.7 39.0 13.4[6]一杯に追う
       クラシコ(古1000万)馬なりの内同入
 助 手 3.12美南坂良 1 回 57.0 41.9 27.0 13.2 馬なり余力
☆助 手 3.16美南W重 88.0 73.8 58.3 41.8 14.4[6]一杯に追う
       クラシコ(古1000万)馬なりの外を0.2秒先行同入

アエロリット
1哩 7F 6F 5F 半哩 3F 1F
 17. 2ベスト美南坂良 1 回 51.7 38.2 25.4 12.6 馬なり余力
 助 手 ■美南坂良 1 回 54.0 39.4 25.5 12.5 馬なり余力
☆助 手 3.16美南坂重 1 回 53.2 39.7 26.4 13.2 馬なり余力

アルテーロ
1哩 7F 6F 5F 半哩 3F 1F
 17. 2ベスト 栗坂重 1 回 53.5 38.4 24.9 12.3 末強目追う
 助 手 ■ 栗坂良 1 回 55.9 40.6 26.1 12.7 馬なり余力
☆助 手 3.15 栗坂良 1 回 59.3 43.6 28.8 14.6 馬なり余力

オーシャンティ
1哩 7F 6F 5F 半哩 3F 1F
 17. 2ベスト美南坂良 2 回 54.9 40.5 26.4 13.1 強目に追う
 田中勝 ◇美南W良 54.2 39.9 14.0[8]G前仕掛け
☆助 手 3.15美南坂重 2 回 56.8 41.7 27.4 13.8 馬なり余力

テンペスト
1哩 7F 6F 5F 半哩 3F 1F
 16.11ベスト 栗CW重 99.0 82.3 67.5 53.1 39.5 13.1[8]一杯に追う
 助 手 ◇ 栗CW良 84.9 67.6 52.9 39.2 12.5[5] 叩き一杯
 助 手 3. 1 栗坂良 1 回 55.2 40.0 26.0 13.1 馬なり余力
       テイエムアレグレス(三未勝)馬なりを0.1秒追走0.6秒先着
 助 手 3. 5 栗坂良 1 回 56.2 41.2 27.3 13.9 馬なり余力
★助 手 3. 8 栗坂良 1 回 53.3 39.2 26.0 13.5 叩き一杯
       サウスオブボーダー(古1000万)一杯を0.4秒追走0.2秒遅れ
 助 手 3.12 栗坂良 1 回 59.7 42.3 26.9 12.8 末一杯追う
☆助 手 3.15 栗CW良 81.4 66.7 53.1 40.2 14.1[5]稍一杯追う

【次週以降の展望】
2016〜2017シーズンも終盤戦に入ってきて期間内に使う見込みのない馬もチラホラ。
アーリントンCの勝ちっぷりからペルシアンナイトが優勝争いの全てをひっくり返せると楽観的な見通しを立てておりますがw
目先の星勘定をするともう少し在厩馬が増えてほしいところ。

来週は中京の大寒桜賞にアドマイヤウイナーがスタンバイ。今週の坂路は秋山が乗っていたからレースでも秋山なのかな。ここを勝てば青葉賞の5400万円がグッと近づいてくるので期待しておりますw

未勝利勢からはオメガドラクロワが16日のウッドで6ハロンから併せ馬を敢行していたので来週辺り使いそう。
番組表を見ると26日の中山2200が空き家になりそうなのでここを石橋脩かシュタルケなのかと思っていたのだけど、2人とも高松宮記念に乗り馬がいるようで、それなら同じ日の中京2000も考えられそう。ただ中京に行くのなら戸崎・ミルコ・岩田と他に選択肢も出てくるのでそっちがいいな。
別に4月1日の中山2000でもいいけど。

あと番組表を見ているとサリネロは4月15日の中山芝1200の500万下でしょうか。過去2戦はレースの2週間前に帰厩して日→水→日→水と時計4本で使っているので、それに倣えば3月30日辺りに美浦に戻ってくるのでしょう。まあ皐月賞前日の中山にルメールがいる保証はないですけど(^^;

とにもかくにも桜花賞の週までは我慢の続くPOG戦線。特にスペシャルワールドの優勝争いはね。
まあその分、馬券的な妙味はありそうですけどね。

[もっと見る]

 藤沢雄二 2017年02月25日() 05:15
仁川で伯父に捧げる弔い合戦!〜POG第39節〜
閲覧 40ビュー コメント 0 ナイス 10

今週のPOG戦線には3頭が出走。
来月の戦いを見据えると重賞戦線での手駒が少ないために、今週は3戦3勝を狙いたいところです。

【出走】
・2月25日 中山3R
☆トワードポラリス(戸崎圭太騎手)
前走は1番人気を裏切ったトワードポラリスが仕切り直しての登場です。

トワードポラリス
1哩 7F 6F 5F 半哩 3F 1F
 16. 6ベスト美南W稍 68.7 53.6 39.3 13.5[6]強目に追う
 助 手 ■美南W良 53.8 40.2 13.9[5]一杯に追う
 助 手 ◇美南W良 53.5 39.0 13.6[7]G前仕掛け
  2. 4 美プール
 助 手 2. 5美南W良 59.7 44.8 15.6[4]馬なり余力
 助 手 2. 8美南W良 89.0 72.9 57.4 41.6 15.6[6]一杯に追う
       ハートリッチ(三未勝)馬なりの内を0.4秒追走2.5秒遅れ
  2.11 美プール
 助 手 2.12美南W良 57.8 43.4 15.6[7]馬なり余力
       スピニングスターズ(新馬)馬なりの外同入
★助 手 2.15美南W良 86.0 70.6 55.6 41.6 14.9[7]一杯に追う
       サンチェサピーク(三未勝)馬なりの外を0.4秒先行1.5秒遅れ
 助 手 2.19美南W稍 58.7 43.5 15.4[6]馬なり余力
       スピニングスターズ(新馬)馬なりの内同入
☆助 手 2.22美南W良 52.8 38.5 13.0[8]一杯に追う
       エビスリアン(古500万)馬なりの外を0.3秒先行同入

立て直したとは言っても8日と15日の時計は終いバタバタだったので半信半疑ではあります。22日の時計で“間に合った”という感じではありますけど(^^;
他の馬のことをどうこう言える立場でもないですけど、権利持ちが2頭しかいないのでメンバーレベルはそんなに大したことはない。チャンスはあると思います。
多少なりとも人気落ちにはなるので馬券的には狙えるタイミングです。そんなに大きな馬ではないので、月曜日と木曜日に雨があってとりあえず稍重で発表されている馬場は、仮にレースの頃に良馬場発表になっていたとしても、晴天続きで明らかにパサパサだった前回と比べたらプラス材料。問題は4枠7番という枠順。内過ぎるわけではないけど、かといって揉まれない保証がないわけでもない。ただ、メンバー的にはハナを切るシーンまでありそうな組み合わせなので『期待値』を考えるなら面白さはあるでしょう。
いずれにせよ戸崎で3戦目なので、ここはなんとかしたいですね。

・2月25日 阪神11R アーリントンC
☆ペルシアンナイト(ミルコ・デムーロ騎手)
今週の、というより今シーズンの命運が懸かっているのがペルシアンナイトが出走するアーリントンCです。重賞勝ち馬3頭を差し置いて夜中の段階で1番人気。ポルトフィーノ、ダローネガ、ミッキーアイルに続いて指名馬4頭目のアーリントンCでの1番人気ですw

ペルシアンナイト
1哩 7F 6F 5F 半哩 3F 1F
 16.12ベスト 栗CW稍 80.0 64.8 50.1 37.5 12.2[5]一杯に追う
 助 手 ■ 栗CW良 53.7 38.5 11.6[7]一杯に追う
 助 手 ◇ 栗CW良 54.4 39.5 12.2[7]馬なり余力
 助 手 2. 9 栗坂重 1 回 64.2 45.9 29.5 14.4 馬なり余力
 助 手 2.10 栗CW不 82.6 67.7 52.7 39.3 12.4[6]直強目追う
 助 手 2.12 栗坂稍 1 回 60.1 44.2 29.4 14.3 馬なり余力
★西 谷 2.16 栗CW稍 81.8 65.5 51.2 37.5 12.0[7]一杯に追う
       プロフェット(古オープン)一杯の内を0.8秒追走0.1秒先着
 西 谷 2.19 栗坂稍 1 回 55.1 39.5 25.7 12.6 馬なり余力
 助 手 2.21 栗坂重 1 回 64.7 46.5 30.0 14.1 馬なり余力
☆Mデム 2.22 栗CW不 52.4 38.3 12.1[7]馬なり余力
       シルバーポジー(古1000万)馬なりの内を1.1秒追走0.1秒遅れ

状態は万全だと思います。
ちょうど1週間前に亡くなったゴールドアリュールは母の全兄ですから、フェブラリーSで(ゴールドアリュール産駒の)ゴールドドリームが弔い合戦的なことを言われていたけど、こちらこそが本家本元の弔い合戦。なので絶対に負けられない戦いなのであります。

こっちの星勘定的にも、この重賞戦を勝ってもらわないと今シーズンの先がジリ貧の一途を辿るだけになってしまうので、ここはなんとしても勝たないといけない一戦。
1番人気にはなっているけど、人気は要りません。1着だけが欲しいのです!

・2月26日 中山5R
△オーシャンティ(田中勝春騎手)
日曜日の中山の牝馬限定の未勝利戦に△オーシャンティが出走します。

オーシャンティ
1哩 7F 6F 5F 半哩 3F 1F
 16.11ベスト美南W稍 70.1 55.5 40.4 13.4[8]馬なり余力
 田中勝 ◇美南W良 73.1 57.0 41.6 14.2[6]馬なり余力
 助 手 2. 8美南坂良 2 回 57.1 41.9 27.8 13.9 馬なり余力
 助 手 2.12美南坂良 2 回 56.2 41.4 27.4 13.7 馬なり余力
★助 手 2.15美南坂良 2 回 54.9 40.5 26.4 13.1 強目に追う
 助 手 2.19美南坂稍 2 回 55.9 40.4 26.3 12.9 馬なり余力
☆田中勝 2.22美南W良 54.2 39.9 14.0[8]G前仕掛け
       バーンザブリッジ(三未勝)直強目の内を0.6秒追走0.4秒遅れ

調教の時計は可もなく不可もなく、というところでしょうか。
権利持ちが6頭という組み合わせなのでオーシャンティが一角崩しをするチャンスは十分あると思います。相手もデコラスほぼ1頭だから、この馬の追撃を凌ぐ形に持ち込みたいですね。
馬体重は増えているに越したことはないですね。減っているとマズイけど。あと枠順に関してはどこでもいいとは思っています。
いずれにせよ、この時期の牝馬限定の未勝利戦にありがちな『エグい』組み合わせではないことは確か。なんとか勝ち上がってくれないかな。

【近況】
・在厩
☆レッドラシーマ(3月18日の阪神芝1400mの500万下へ)
☆ファームフェイス(2月4日の未勝利戦は2着→3月5日の阪神ダート1400mの牝馬限定の未勝利戦へ)
☆オメガドラクロワ(12月3日の未勝利戦は4着)
☆ミンネザング(2月12日の未勝利戦は2着)
△ドロウアカード(白菊賞は3着→3月11日のアネモネSへ)
△アルテーロ(2月4日の未勝利戦は3着→3月4日の小倉芝1800mの牝馬限定の未勝利戦へ)
★ダンビュライト(3月5日の弥生賞へ)
★アンティノウス(1月29日の未勝利戦は5着→3月11日の中京ダート1900mの未勝利戦をルメール騎手で)
★ラボーナ(中京のダート1800mまたは1900mの未勝利戦へ)

・放牧
☆アドマイヤウイナー(1月21日の若駒Sは5着→4月1日のアザレア賞へ)
☆サリネロ(2月11日の500万下は11着)
☆ファヴール(12月10日の未勝利戦は14着)
△アエロリット(クイーンCは2着→4月9日の桜花賞へ)
△モーヴサファイア(2月13日のあすなろ賞を快勝→4月9日の忘れな草賞へ)
△モアナ(2月4日の未勝利戦を快勝)
△オールポッシブル(2月18日の500万下は3着)
△アーザムブルー(ゆりかもめ賞は5着→成長待ちから秋に備える)
△テンペスト(1月7日の未勝利戦は10着)

・故障者リスト
☆ヴァナヘイム(左前脚第三手根骨骨折で全治6ヶ月以上の診断)
△ダンスウィズユー(骨折で全治3ヶ月)
★ルタンデュボヌール(種子骨骨折で全治9ヶ月)
★アンジュシャルマン(新潟2歳S後に右膝骨折で全治6ヶ月の診断)


【調教】
ファームフェイス
1哩 7F 6F 5F 半哩 3F 1F
 16. 7ベスト 栗坂稍 1 回 53.1 38.7 25.3 12.6 一杯に追う
 助 手 ■ 栗坂重 1 回 53.9 39.3 25.6 12.6 馬なり余力
 助 手 2.12 栗坂稍 1 回 56.0 40.9 27.0 13.8 馬なり余力
★助 手 2.15 栗坂良 1 回 54.7 39.7 25.2 12.5 馬なり余力
 助 手 2.19 栗CW稍 43.7 13.7[9]馬なり余力
☆助 手 2.22 栗坂重 1 回 55.0 39.7 25.3 12.3 馬なり余力

アルテーロ
1哩 7F 6F 5F 半哩 3F 1F
 16.10ベスト 栗坂良 1 回 53.6 39.2 25.3 12.5 一杯に追う
 助 手 ◇ 栗坂重 1 回 54.5 39.7 25.7 12.5 末強目追う
★助 手 2.15 栗坂良 1 回 56.8 42.9 28.3 13.9 馬なり余力
☆助 手 2.22 栗坂重 1 回 53.5 38.4 24.9 12.3 末強目追う
       レッドスイング(三未勝)強目を0.6秒追走同入

レッドラシーマ
1哩 7F 6F 5F 半哩 3F 1F
 16.11ベスト 栗坂良 1 回 50.2 37.1 24.9 12.9 馬なり余力
 助 手 ■ 栗坂良 1 回 55.6 40.3 26.2 12.9 稍一杯追う
 助 手 ◇ 栗坂重 1 回 52.5 38.3 24.9 12.4 強目に追う
☆助 手 2.22 栗坂重 1 回 57.4 42.4 28.7 15.0 馬なり余力

ダンビュライト
1哩 7F 6F 5F 半哩 3F 1F
 17. 2ベスト 栗坂重 1 回 51.4 37.8 24.9 12.6 一杯に追う
 助 手 ■ 栗坂稍 1 回 52.9 39.1 25.9 13.3 一杯に追う
 助 手 ◇ 栗坂重 1 回 51.4 37.8 24.9 12.6 一杯に追う
★助 手 2.19 栗坂稍 1 回 59.0 44.0 29.2 14.7 馬なり余力
☆松 若 2.22 栗坂重 1 回 52.5 38.2 25.4 13.1 馬なり余力
       フィアマロッサ(三未勝)一杯を0.3秒先行0.1秒先着

ウマニティPOG的には来週は未勝利戦がアツいことになりそう。
優先出走権を持って小倉芝1800mの牝馬限定の未勝利に向かうアルテーロは、この小倉開催でも猛威を振るっているハービンジャー産駒。もちろん勝ち星を計算しています。
同じく優先出走権を持っていて、こちらは初ダートに挑むファームフェイスは、祖母がゴールドアリュールの全妹になるのでペルシアンナイトの姪になるわけですね。というわけでこちらも弔い合戦になります。芝で得た権利をダートで行使するパターンはあまり好きではないけど、組み合わせにはかなり恵まれると思うのでここは必勝でお願いします。
ところでここ2走はミルコなんだけど、ミルコって弥生賞に乗り馬いるのかしら?いなけりゃ続投希望だけど、ミルコが中山に行っちゃうのであれば笹田厩舎だし豊さんがいいな。都合よく大阪にいるので朝イチでも見に行きたいけど、問題はその時間に起きているかな。

このように来月は重賞級はいないけど、リーチのかかった馬なら何頭かいるのでそれぞれにキッチリと決めてもらいたいところ。
そしてちゃんと馬券でヒモを捕まえようね、俺。

[もっと見る]

モーヴサファイアの掲示板

コメント投稿
コメント一覧
1:
  昭島のよっちゃん   フォロワー:14人 2016年8月23日(火) 19:25:07
myPOG指名馬なので、頑張ってクラッシックレースに出走するようになってもらいたい

モーヴサファイアの写真

投稿写真はありません。

モーヴサファイアの厩舎情報 VIP

2017年2月13日あすなろ賞1着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

モーヴサファイアの取材メモ VIP

2017年2月13日 あすなろ賞 1着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。