注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます!⇒いますぐ会員登録(無料)

キャプテンシップ(競走馬)

注目ホース
写真一覧
現役 牡5 鹿毛 2012年4月5日生
調教師森秀行(栗東)
馬主玉井 宏和
生産者小池 博幸
生産地浦河町
戦績15戦[4-1-3-7]
総賞金5,838万円
収得賞金1,350万円
英字表記Captain Ship
血統 ノボジャック
血統 ][ 産駒 ]
French Deputy
Flight of Angels
ゴッドエンジェル
血統 ][ 産駒 ]
ラムタラ
フジノキャラット
兄弟 ヒアルロンサンダイナミックソング
前走 2017/03/18 なにわステークス
次走予定

キャプテンシップの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
17/03/18 阪神 10 なにわS 1600万下 ダ1200 15236.233** 牡5 57.0 川又賢治森秀行520(0)1.11.2 0.335.9ジープルメリア
17/01/29 京都 12 4歳以上1000万下 ダ1200 16244.631** 牡5 57.0 武豊森秀行520(-8)1.11.2 -0.536.3マイネルラック
17/01/07 京都 8 4歳以上1000万下 ダ1200 16486.945** 牡5 57.0 V.シュミ森秀行528(+6)1.11.7 0.536.3④④ゼンノサーベイヤー
16/12/11 阪神 12 夙川特別 1000万下 ダ1200 165108.352** 牡4 57.0 V.シュミ森秀行522(-6)1.11.5 0.235.7⑤⑤エルフィンコーブ
16/11/13 京都 12 ドンカスター 1000万下 ダ1400 162322.4712** 牡4 57.0 国分恭介森秀行528(+6)1.24.5 0.736.9イーデンホール
16/10/23 京都 12 大山崎特別 1000万下 ダ1200 15223.7115** 牡4 57.0 川田将雅森秀行522(-2)1.13.2 1.837.8⑤⑥メイショウワダイコ
16/09/11 中山 12 3歳以上1000万下 ダ1200 16244.325** 牡4 57.0 田中勝春森秀行524(+8)1.11.1 0.237.9ヒカリマサムネ
16/08/21 新潟 11 NST賞 OP ダ1200 1571259.0143** 牡4 52.0 田中勝春森秀行516(+4)1.10.5 0.136.4エイシンローリン
16/07/31 新潟 10 岩室温泉特別 1000万下 ダ1200 1561017.4814** 牡4 57.0 田中勝春森秀行512(-4)1.13.3 2.439.1ドリームドルチェ
15/12/27 中山 6 3歳以上1000万下 ダ1200 16472.011** 牡3 56.0 戸崎圭太森秀行516(+8)1.11.8 -0.038.3キープレイヤー
15/12/13 阪神 12 高砂特別 1000万下 ダ1400 163517.673** 牡3 56.0 三浦皇成森秀行508(+4)1.23.9 0.236.8シャトーウインド
15/11/15 東京 12 3歳以上1000万下 ダ1600 162322.8813** 牡3 56.0 田中勝春森秀行504(+5)1.36.5 1.836.9ダイワバロニス
14/11/26 園田 10 兵庫JGP G2 ダ1400 11--------6** 牡2 55.0 岩田康誠森秀行499(--)1.28.2 1.8----ジャジャウマナラシ
14/10/04 阪神 9 ヤマボウシ賞 500万下 ダ1400 10552.111** 牡2 55.0 岩田康誠森秀行492(+6)1.25.0 -0.236.7⑥⑦ワンダフルラスター
14/09/06 新潟 6 2歳新馬 ダ1200 14451.211** 牡2 54.0 岩田康誠森秀行486(--)1.13.3 -0.637.4マイネルアペックス

キャプテンシップの関連ニュース

 NST賞(21日、新潟11R、3歳上オープン国際(特指)、ハンデ、ダ1200メートル、1着本賞金2200万円 =出走15頭)6番人気エイシンローリン(栗・松永昌、牝5、父サウスヴィグラス)が1分10秒4(良)で逃げ切り、オープン初勝利を挙げた。14戦5勝。3/4馬身差の2着が2番人気ゴーイングパワーで、1番人気ワディは7着に終わった。

 ◆津村騎手(エイシンローリン1着) 「左回りだと外に張るような面もあるが、マイペースで行けました。最後は少しアラアラになりかけたが、よく我慢してくれました」

 ◆大野騎手(ゴーイングパワー2着) 「最後で併せ馬になって根性を見せてくれた。ダートのこの距離は安定して走る」

 ◆田中勝騎手(キャプテンシップ3着) 「格上挑戦で軽量(52キロ)だったこともあるが、力は見せてくれた」

 ◆柴田善騎手(カジキ4着) 「今まで乗った中で、一番スムーズな競馬ができたんだが…」

 ◆内田騎手(ワディ7着) 「ゲートは出ているんだけど、周りが速い。最後はよく詰めてきたが、内枠がアダになった」

3.26ドバイ諸競走へ日本馬79頭が予備登録2016年01月27日(水) 20:44

 3月26日(土)にアラブ首長国連邦・ドバイ・メイダン競馬場で行われるドバイワールドカップ・デイ諸競走の予備登録がドバイレーシングクラブから発表された。

 日本馬の予備登録(のべ79頭)は以下の通り。

◎ドバイワールドカップ(GI、ダート2000メートル、北半球産4歳以上、南半球産3歳以上、1着賞金600万米ドル=約7億800万円)

アムールブリエアウォーディーブライトラインドゥラメンテホッコータルマエインカンテーションモーリスマイネルバイカノンコノユメリアルスティールタガノトネール(以上11頭)

◎ドバイシーマクラシック(GI、芝2410メートル、北半球産4歳以上、南半球産3歳以上、1着賞金360万米ドル=約4億2480万円)

アドマイヤデウスアドマイヤフライトアウォーディードゥラメンテ、フェイマスエンド、ラストインパクトヌーヴォレコルトワンアンドオンリーリアルスティールステラウインドスズカデヴィアスタッチングスピーチ(以上12頭)

◎ドバイターフ(GI、芝1800メートル、北半球産4歳以上、南半球産3歳以上、1着賞金360万米ドル=約4億2480万円)

アンビシャスディサイファドゥラメンテエールブリーズ、フェイマスエンド、ラストインパクトマコトブリジャールモーリスヌーヴォレコルトリアルスティールライズトゥフェイムステラウインドタガノブルグ(以上13頭)

◎ドバイゴールデンシャヒーン(GI、ダート1200メートル、3歳以上、1着賞金120万米ドル=約1億4160万円)

アドマイヤサガスアンズチャン、ベルカント、ブライトラインブルドッグボスカオスモスエールブリーズレーザーバレットリトルゲルダスマートオリオンタガノブルグタガノトネールトキノゲンジ(以上13頭)

◎アルクオーツスプリント(GI、芝1000メートル、3歳以上、1着賞金60万米ドル=約7080万円)

ベルカントリトルゲルダネロワキノブレイブ(以上4頭)

◎UAEダービー(GII、ダート1900メートル、3歳、1着賞金120万米ドル=約1億4160万円)

ジョルジュサンクグランセブルスアイアンヒロインラニマテラアリオンマテラリードルマテラヴィクトリーモウカッテルオンザロックスユウチェンジ(以上10頭)

◎ゴドルフィンマイル(GII、ダート1600メートル、北半球産4歳以上、南半球産3歳以上、1着賞金60万米ドル=約7080万円)

アキトクレッセントブライトラインキャプテンシップカオスモスクライスマイルエールブリーズインカンテーションレーザーバレットスマートオリオンタガノブルグタガノトネール(以上11頭)

◎ドバイゴールドカップ(GII、芝3200メートル、北半球産4歳以上、南半球産3歳以上、1着賞金60万米ドル=約7080万円)

フェイマスエンドフレージャパンネオブラックダイヤリアライズブラザーステラウインド(以上5頭)

 予備登録は1月15日に締め切られた(予備登録料は無料)。以降、3度の追加登録締切日(2月10日=当該レース総賞金の0.1%、3月7日=当該レース総賞金の1%、3月21日=当該レース総賞金の10%)が設定されており、出馬投票は3月21日に行われる。

[もっと見る]

【2歳戦結果】サフィロスがカンナS制す2014年10月05日() 05:00

 【新潟】9RカンナS(OP、芝・内1200メートル)=サフィロス(美・手塚、牡、父キンシャサノキセキ

 ◆三浦騎手 「直線に向くまでは完璧だったし、ラスト100メートルから割って出てきたのはすごい」

 5R新馬(芝・内2000メートル)=ナンヨーテンプル(美・奥平、牡、父ゼンノロブロイ

 ◆柴田善騎手 「レースぶりが良かったね。直線も仕掛けてスッと反応できていた」

 【阪神】9Rヤマボウシ賞(500万下、ダ1400メートル)=キャプテンシップ(栗・森、牡、父ノボジャック

 ◆岩田騎手 「初めて砂をかぶったこともあって前半は進んでいかなかったが、外に出してからはすごい反応。それでもまだ遊んで走っていた」

 *北海道2歳優駿(11月6日、門別、交流GIII、ダ1800メートル)へ

 5R新馬(芝・外1800メートル)=スティーグリッツ(栗・友道、牡、父ハービンジャー)

 ◆浜中騎手 「大きな馬でおっとりしているので、ゆっくり行きました。力が違いましたね。まだ緩いぶん、まだ良くなる余地があります」

[もっと見る]

【ヤマボウシ賞】キャプテンシップ砂で無傷のV2 2014年10月04日() 14:34

 4日の阪神9Rヤマボウシ賞(2歳500万下、ダート1400メートル)は、岩田康誠騎手騎乗の1番人気キャプテンシップ(牡、栗東・森秀行厩舎)が直線で差し切り、新馬戦に続きダートで無傷のV2を飾った。タイムは1分25秒0(良)。

 メイショウマサカゼが果敢に先手を取り、ノブワイルドは控えて2番手。ブラックショコラが内から3番手につけて、人気のキャプテンシップは後方からのレースとなった。5番手の外にいたワンダフルラスターが抜群の手応えで進出し、4コーナーでは先頭に並びかける勢い。そのまま直線に向いて先頭に立ち、一気に差を広げた。しかし、一呼吸遅らせて仕掛けたキャプテンシップが鋭い伸び脚を発揮。グイグイ差を詰めると、ゴール前で一気にかわして無傷の2連勝を決めた。新馬戦は逃げ切り、今回は追い込みと自在性のある内容。ダートでの飛躍を予感させる走りだった。早めに先頭に立ったワンダフルラスターが1馬身1/4差の2着。さらに1馬身1/4差の3着には5番人気のレンイングランドが入っている。

 キャプテンシップは、父ノボジャック、母ゴッドエンジェル、母の父ラムタラという血統。通算成績は2戦2勝となった。

 岩田騎手は「逃げ切った初戦でも気合をつけながらの競馬でした。きょうは砂をかぶって、余計にフワフワしてしまいましたが、抜け出してくると反応が違いましたね。遊びながら走っているし、まだまだ良くなる馬ですよ」と無傷のV2を飾った若駒に大きな期待を寄せていた。

★4日阪神9R「ヤマボウシ賞」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【2歳戦結果】ストリートキャップV!母はオグリ最後の産駒 2014年09月07日() 05:00

 【新潟】5R新馬(芝・外1800メートル)=ストリートキャップ(美・斎藤、牡、父ゴールドアリュール

 ◆岩田騎手 「おとなしくて乗りやすい。流れに乗れたし、スピードを生かしていい勝ち方をしてくれた」

 *母ミンナノアイドルはアイドルホース・オグリキャップの最後の産駒

 6R新馬(ダ1200メートル)=キャプテンシップ(栗・森、牡、父ノボジャック

 ◆岩田騎手 「道中、ずっと遊んで走っていた。(今後の)上積みがあるし、まだまだ上を目指していける馬」

 【札幌】5R新馬(芝1500メートル)=ダイトウキョウ(美・戸田、牡、父マンハッタンカフェ

 ◆福永騎手 「センスもあり、距離が延びても大丈夫だと思う」

[もっと見る]

【2歳新馬】断然人気に応えキャプテンシップV 2014年09月06日() 13:17

 6日の新潟6R2歳新馬(ダート1200メートル)は、岩田康誠騎手騎乗の1番人気キャプテンシップ(牡、栗東・森秀行厩舎)が積極策から押し切って楽勝。圧倒的人気に応えた。タイムは1分13秒3(稍重)。

 スタートはややバラついたが、断然人気のキャプテンシップはダッシュ良く先行策。ボーラスタアも外から並びかけ、ミルファンティも続く。人気どころが前に行く形となったが、直線に向くとさらに加速したキャプテンシップの独壇場。みるみるうちに後続を突き放し、最後まで余裕たっぷりの楽勝となった。追いかけた馬たちは末脚をなくして、直線で追い上げた7番人気のマイネルアペックスが3馬身1/2差の2着。さらに1/2馬身差の3着が8番人気のトウショウチャートだった。

 キャプテンシップは、父ノボジャック、母ゴッドエンジェル、母の父ラムタラという血統。3代母ハギノトップレディは桜花賞、エリザベス女王杯の勝ち馬。祖母の姉ダイイチルビーはGI安田記念、スプリンターズSの勝ち馬。

 5Rに続いて新馬戦を連勝した岩田騎手は「道中ずっと遊んでいる感じ。気性もおっとりしていて、まだ上積みがありそう。上を目指していける馬だと思います」と余力たっぷりのVを冷静に振り返っていた。

★6日新潟6R「2歳新馬」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

⇒もっと見る

キャプテンシップの関連コラム

閲覧 3,180ビュー コメント 0 ナイス 3

 2016年の中央競馬の日程は、残すところあと3週となった。クライマックスの有馬記念はもちろん大注目だけど、その前に、こちらも12月の風物詩となっている2歳G1が2レース開催される。ここをしっかり当てて、年末の大一番に臨みたいよね。今年の2歳戦は、スタートしてから半年以上が経過し、力関係がそれなりに見えてきたこともあるので、今回は12月7日時点における(←ココ大事!)2歳牝馬と2歳牡馬のスガダイジャッジによる番付を発表しようと思う。今年の2歳世代の勢力図を把握しつつ、今週行われる阪神ジュベナイルフィリーズ、そして次週に行われる朝日杯フューチュリティステークスの予想に役立ててもらいたい。

 注意点は3つ。1つめは、これから行われる2歳G1を見据えた番付ではなく、2歳世代全体の番付なので、両レースに登録(出走予定)のない馬も含まれている点。2つめは、あくまで2歳G1ならびにクラシックに直結するホープフルS前の評価ゆえに、年末の時点では番付の様相が大きく変わる可能性がある点。最後の1つは、牡牝クラシック&NHKマイルCを意識した番付なので、生粋のスプリンタータイプの馬は評価の対象外としている点。これらを踏まえたうえで、番付をご覧いただこう。なお、今回は番付上位の馬にのみ短評を加えている。

続きは、VIPクラブ会員登録でご覧頂けます。
※限定公開期間終了後は、一般会員の方もご覧頂けます。
続きを読む
登録済みの方はこちらからログイン

2016年11月22日(火) 16:09 山崎エリカ
【山崎エリカのダートグレード攻略】〜兵庫ジュニアグランプリ2016〜
閲覧 451ビュー コメント 0 ナイス 3

 浦和記念が終わったばかりですが、今度は全日本2歳優駿の前哨戦、兵庫ジュニアグランプリが行われます。2歳最初のG3・エーデルワイス賞は、過去10年で地方馬が5勝2着10回と優勢、次のG3・北海道2歳優駿は、過去10年で地方馬が5勝2着4回と中央馬とほぼ五分五分。(2007年〜2016年終了現在) しかし、3度目の兵庫ジュニアグランプリとなると、過去10年で地方馬が3勝2着3回と中央馬との大勢逆転が起こります。

 なぜ、このタイミングで逆転現象が起こるのかというと、中央では10月よりダートの500万下が本格的にスタートし、キャリアを積んで大きな上積みが見込めない地方馬vs中央の2勝馬という対戦図式が作られるからです。この時期の中央の2勝馬というのは、キャリアの浅い時点で交流重賞か500万下を勝ち上がっている素質馬が多いですから、それらがさらなる上積みを見せる形で、地方馬を撃破するという形です。

 過去10年の中央の勝ち馬を見ても、2011年こそ初ダートのゴーイングパワーが勝利していますが、それ以外は全て2勝馬です。また、地方勢で勝利した2009年ラブミーチャンも、デビュー3戦目で中央に遠征しての500万下勝ちの実績がありました。2着馬もほぼ2勝馬で、1勝馬で連対した唯一の馬は新馬戦で9馬身(1.5秒差)の圧勝を決めて、兵庫ジュニアグランプリがデビュー2戦目のアースリヴィングでした。

 つまり、過去10年でこれまでに2勝を上げているか、今回が初ダートの馬か、前走の新馬戦で圧勝した馬のみしか連対していないのです。「前走の500万下で2着とちょっとだけ負けちゃった…」という馬はそれなりに人気になりますが、これまでは3着までが精一杯。そういったタイプはなんとなく押さえておきたい衝動に駆られますが、点数を絞りたければいっそ消してしまうのもアリかもしれません。

 また、今回が初ダートとなる馬は走らせてみなければわからないとこともある上に、過剰人気になることもしばしば。また、新馬戦で圧勝した馬も滅多に出走してくることがありませんから、本命馬は中央のダート500万下か交流重賞勝ちの実績がある馬から選ぶのが基本でしょう。ただし、2014年に断然の1番人気に支持されたキャプテンシップのように、無敗馬でも平気で馬群に沈んでいるケースがあるので、それまでのレース内容や過程をしっかりと吟味する必要はありそうです。

 さて、今度はどのような地方馬が活躍しているかというと、前記したラブミーチャンの他に2006年の2着馬トップサバトンや2010年の2着馬カネマサコンコルドともに北海道2歳優駿の連対馬でした。北海道2歳優駿の勝ち馬は、全日本2歳優駿に優先出走できるし、2着でも普通に出走できることが多いので、滅多に出走してくることはありませんが、このタイプも人気にはなりますが過去10年で【0・2・0・0】と軸馬としては信頼できます。

 一番の問題は穴馬の引っ掛け方ですが…大きな傾向としてはありません。まず、兵庫ジュニアカップでは過去10年で馬複配当100円台が7回と堅いレースであること。そのうち500円以下で4回も決着していることから、堅いを通りこして硬直し過ぎているレースと言えるかもしれません。しかし、過去に1度だけ馬連配当3万2290円の大波乱がおきました。地方馬のジャジャウマナラシ(7番人気)とオヤコダカ(6番人気)で決着したのです。

 しかし、この2頭が強かったというよりは、前走ヤマボウシ賞を勝って2戦2賞のキャプテンシップが6着に敗れたことの波乱。キャプテンシップは前走のヤマボウシ賞を勝ったあと、体調面に不安が生じて、当初予定していた北海道2歳優駿をスキップした後の、体調面が不安視された一戦でした。断然の1番人気でしたが明らかに調整不足で、負けるべくして負けたと見ています。

 このように中央のダート2勝馬に破たんが生じた場合には、いくらでも荒れようがあるので、強いと目されている馬や、中央勢の出走レベルが低いと感じたときは、思い切って地方馬のトップクラスの馬を狙ってみるのもひとつの手段です。


 ●まとめ

 ・本命候補
 中央の500万下の勝ち馬か交流重賞の勝ち馬。
 北海道2歳優駿の連対馬

 ・穴馬候補
 本命候補の破たんやレベルが低い年のみ波乱の傾向。
 その場合に活躍するのは、地方のトップクラスの馬が多い。

山崎エリカさんのダートグレード競走最新予想(「競馬プロ予想MAX」)はこちらからご覧いただけます!!

[もっと見る]

キャプテンシップの口コミ


口コミ一覧
閲覧 47ビュー コメント 0 ナイス 7

高松宮記念を目指すものと思われていたミッキーアイルの現役引退が発表されました。

3歳時から重賞戦線で活躍していましたし、
G1・2勝という実績以上に頑張っていた、というイメージを強く持っています。

息の長い活躍を見せてくれた馬ですから、
種牡馬になっても長期間活躍できる仔を輩出してもらいたです。

お疲れ様でした。


それでは、先週の本命馬の回顧をお届けします。


【2回京都1日】

■7R アースシンフォニー 4着

前残りの展開確実でも地力の違いで差し切れると思っていたんですけどね…。
勝負どころでエンジンが掛からずに流れ込んだだけ、というレースになってしまいました。

■8R ドリームハヤテ 5着

楽な単騎逃げに持ち込む、という理想的な展開だったんですが、掲示板確保がやっとでした。
昨秋の悪い頃よりは良くなっている印象があるので、相手次第ではオープンでも通用すると思います。

■9R アウステルリッツ 2着

前々から粘り込む競馬で2着を確保。
キレる脚が無い、というハービンジャー産駒の特徴をそのまま受け継いでいるような馬なので、
今後も長めの距離で上がりが掛かる馬場状態になれば好勝負してくると思います。

■10R ガルデルスリール 9着

好スタートだったのに何故か控えてしまいました。
前付けできていれば3着はあったかもしれない展開だったので、とても残念です。

■11R サウススターマン 2着\(^o^)/

コウエイエンブレムとの真っ向勝負に出ましたが、完敗でしたね。
相手もスムーズな競馬をしていましたし、最後は瞬発力の差が出てしまいました。

■12R ショウナンカイドウ 5着

好位の外めで脚を溜める競馬をしましたが、速い決着時計に対応できませんでした。
もっと時計の掛かる馬場、あるいは阪神コースであれば一変可能だと思います。


【1回東京1日】

■7R ハイランドピーク 3着

東京ダート1600mは内枠不利、という常識を無視した結果、ダメでした。
未勝利の勝ちっぷりが良かっただけに期待したのですが…。

■8R フィラーレ 12着

上がり3ハロン最速をマークして5着に入った前走を評価しましたが、
最も得意とする東京1400mでも全然でした。

■9R イーグルフェザー 2着

前走よりも相手が弱くなっている印象があったので、楽に勝ち切れるだろうと考えていました。
直線でスムーズさを欠いたとはいえ、ここで負けてしまったのはいただけません。

■10R トリリオネア 6着

勝ち馬と枠が逆だったらこちらが好走したのかもしれませんけど、
未勝利勝ちしかない馬がオープン勝ちの馬を差し置いて1番人気になっているのは明らかに過剰人気ですよね…。

■11R マイネルラフレシア 10着

道中は2番手の位置で折り合っているように見えましたが、直線で伸びを欠いてしまいました。
オッズほどの実力も無かったのかな?と思っています。

■12R シャララ 4着

単騎逃げが叶いそうだったのですが、折り合いを欠いたムーンクエイクに外から来られ、
マイペースで逃げられなかったのが痛かったです。
次走は叩き2戦目になりますし、次こそが狙い目かもしれません。


【1回中京5日】

■7R ベラポーサ 5着

2走前の勝ちっぷりが良かったので◎にしましたが、直線で外に出す事ができず凡退。
相手に選んだ馬は全て来ているんですけどね…。

■8R カレンラストショー 1着\(^o^)/

距離短縮だったので、ポジション取りに苦労する可能性も考えていたのですが、全く問題なかったです。
今回は相手に恵まれましたし、3kg減量も大きかったです。

■9R サトノメダリスト 5着

今回のメンバー構成でハナを奪えないとは…。
ワンペースな馬だけに、自分のレースが出来ないと崩れてしまいます。

■10R メイショウミズカゼ 4着

この馬なりのレースは出来ていたと思います。
ハイペースを見込んでの予想でしたので、展開を読み違えた時点でダメでした。

■11R アグネスユーリヤ 6着

プラス12kgという馬体重が分かったところで◎を変えなきゃいけませんね。

■12R オメガハートソング 5着

伸びにくい内めの馬場を通りながら僅差の5着ですから、調子を取り戻しているのは間違いなさそう。
今後も1400mで狙いたいです。


【2回京都2日】

■7R オウケンワールド 1着

中団やや前めの外で折り合いをつける、という今までとは違う競馬でしっかり勝ち切りました。
相手なりに走れる馬なので、昇級しても上位争いに食い込んでくる可能性もありそうです。

■8R ウォーターピオニー 2着\(^o^)/

悔しいクビ差2着でしたが、控える競馬で新味を見せてくれました。
ワイドは外していたので、押さえで複勝を買い目に入れておいて良かったです。

■9R マインシャッツ 1着\(^o^)/

中団の外めの位置でスムーズな競馬ができましたし、着差以上に強い内容だったと思います。
オープンまではいける馬だと思っていますので、昇級戦でも期待したいです。

■10R エイシンハドソン 7着

スタートで大きく出遅れ、道中も集中して走っていませんでした。
気難しいタイプである事を承知した上で本命にしたんですけど、ここまで気性難が酷いとは…。

■11R(シルクロードS)ソルヴェイグ 6着

好位で控える競馬をして欲しかったんですが、スタートが良すぎてハナに。
息が入らない逃げになるとさすがにキツいですよね…。

■12R キャプテンシップ 1着

好スタートからハナを奪い、そのまま押し切りました。
速すぎず遅すぎずという絶妙なペースで逃げた武豊騎手のファインプレーも光りました。


【1回東京2日】

■7R サンヘレナ 6着

出遅れてポジションが後ろになってしまったのが痛かったです。
牝馬限定戦なら上位争い必至と考えていましたが…。

■8R リキサンダイオー 中止

直線半ばで歩様がおかしくなり競走中止。
右後ろ脚のハ行だったようで、大事に至らなくて良かったです。

■9R ジュンヴァリアス 3着

前残りの展開の中、よく3着に追い込んできたと思います。
良血馬につられ、2着馬を買い目に入れていなかったのが悔やまれます…。

■10R グレーターロンドン 1着

いつも通り後方からの競馬になりましたが、上がり3ハロン32.3秒の脚を使い、差し切りました。
今回のメンバーでは実力が抜きん出ていましたし、オープンでも楽しみな存在だと思います。

■11R(根岸S)カフジテイク 1着

コーリンベリーが出遅れた事で想定したよりも遅い流れになりましたけど、
大外からの後方一気で他馬を差し切ってみせました。
順当勝ちでしたが、2着が抜けてしまい馬券はハズレ…。

■12R スモークフリー 1着\(^o^)/

馬単1着固定だったので、ギリギリでも勝ってくれて本当に良かったです。
東京コースがベストの馬ですから、昇級しても東京であれば好勝負必至だと思います。


【1回中京6日】

■7R デュパルクカズマ 1着\(^o^)/

スムーズな競馬さえできれば勝ち切れると考えていました。
直線で馬群の外に出した時点で勝負ありでした。

■8R ダンツエンペラー 9着

逃げる形になったのは良かったんですけど、
他馬に外から被されてからズルズル下がってしまいました。

■9R スパイチャクラ 1着

近2走が勝ちに等しい内容でしたから、今回のメンバーでは順当勝ちといっていいでしょう。
痛恨の相手抜けで馬券は外しています。

■10R ララエクラテール 1着\(^o^)/

想定していたよりも後方の位置取りでしたけど、
直線での末脚もしっかりしていましたし、北村友騎手が完璧にエスコートしてくれました。

■11R アルティマブラッド 4着

前走で馬体が減っていたので、ある程度は増えてくると考えていましたが、
プラス18kgで出走してくるとは…。

■12R ラインシュナイダー 1着\(^o^)/

2着馬がけっこうしぶとかったので、交わすのに苦労しましたけど、着差以上に強い走りだったと思います。
休み明けの方が走るタイプですから、今回が絶好の狙い目でした。



土曜の回収率が37%だったのに対し、日曜の回収率が159%。

2日間の本命馬の着順を今一度振り返ってみると…

土曜 ⇒【1−3−1−13】
日曜 ⇒【10−1−1−6】

となっていて、土日で好不調の波が大きすぎる事が分かりますよね。

悪い成績の時でも回収率70〜80%あたりには持っていかなきゃいけません。
来週こそは土日で成績のムラが出ないようにしていきたいです。

 プルトラマン 2017年01月29日() 16:30
今日の結果
閲覧 88ビュー コメント 12 ナイス 85

皆さんこんにちは。

真の名手&ボナパルト君&テンモース譲&ダンスディレクター君&キャプテンシップ君、おめでとう!お疲れ様!

真の名手、固め打ちヽ(‘ ∇‘ )ノ

幸四郎、700勝まであと8勝!

ではさようなら〜(⌒ー⌒)ノ~~~

[もっと見る]

 馬券のエース 2017年01月06日(金) 19:58
【土曜自信の6鞍】+両会場メイン♪ 
閲覧 111ビュー コメント 0 ナイス 10

「金杯」はW的中の報告も多く、ありがとうございました♪
ただ、配当は堅めに近いものだったので、穴党は今週末にお年玉を!(笑)

【メモリアル】あと1勝で○○○勝♪
音無 秀孝≪調教師≫〔現在699勝〕
高柳 瑞穂≪調教師≫〔現在99勝〕
ロードホースクラブ≪馬 主≫〔現在499勝〕
内村 正則≪馬 主≫〔現在399勝〕※出走ナシ

  【土曜:自信の6鞍】
中山1R…哀織オンレイ
中山2R…ニーマルサンデー
京都2R…スマートアムール
京都8R…┘ャプテンシップ
京都9R…ぅ┘▲Εンザー
中山12R…ウェルブレッド

//////////////////////////////////

【厩舎&騎手】高確率メソッド

※中山該当組み合わせナシ

京都5R:★ダノンオブザイヤー 川田 & 池江 〔複勝率〕 45.3%
京都6R:★ワールドフォーラブ ルメ & 音無 〔複勝率〕 52.9%
京都9R:★エアウィンザー 武 & 角居 〔複勝率〕 44.4%
京都9R:★ワンダープチュック デム & 河内 〔複勝率〕 45.0%
京都10R:★テーオーヘリオス 浜中 & 梅田 〔複勝率〕 44.4%
京都11R:★トータルヒート 川田 & 平田 〔複勝率〕 50.0%
京都12R:★サンライズクロンヌ デム & 河内 〔複勝率〕 45.0%
京都12R:★エルビッシュ ルメ & 角居 〔複勝率〕 56.7%

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

【ポルックスS】中山ダ1800m

≪馬指数≫
1位:〔84〕┘丱好拭璽織ぅ
2位:〔80〕ゥ札鵐船絅螢ン
3位:〔78〕ジェベルムーサ

【見解】
9ヶ月の休み明けバスタータイプの前走は同コースの重賞でテン3位&上がり3位。
若干割引しても上位3頭が揃って崩れることは考えにくい。
割り込むとしたら明け4歳勢と地方からの復旋ブリュネットくらい。

////////////

【淀短距離S】京都1200m

≪馬指数≫
1位:〔79〕Д▲奪肇Εル セカンドテーブル
3位:〔77〕Ε薀ぅ鵐好團螢奪
以下〔71〕が4頭〔70〕2頭と混戦

【見解】
Aコース使用で「内枠先行」が有利は当たり前だが、反して好走確率の高い4・5歳勢が
揃って番より外に入った。人気も割れ、紛れも充分あり得る。

////////////

≪新春開幕週の傾向≫
3年前から顕著になってきた傾向です!該当馬がいたら狙ってみては!?
中山(芝)
4枠以内に入った、ローエングリン産駒、キングカメハメハ産駒は『激アツ』
京都(芝)
4枠以内に入った、ディープ産駒、キンカメ産駒、アドマイヤムーン産駒は『激アツ』

////////////
サイト:【馬券Aエースの≪超抜≫競馬】|馬指数・坂路調教・重賞攻略
http://relax-myodani.jp 馬券Aで〔検索〕も可

競馬をもっと面白く!データ・LAP・指数から分析された出走表解析

[もっと見る]

キャプテンシップの掲示板

コメント投稿
コメント一覧
1:
  おかき   フォロワー:0人 2015年12月13日() 16:29:48
次走注意

キャプテンシップの写真

投稿写真はありません。

キャプテンシップの厩舎情報 VIP

2017年3月18日なにわステークス3着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

キャプテンシップの取材メモ VIP

2017年3月18日 なにわステークス 3着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。