キャプテンシップ(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
写真一覧
現役 牡5 鹿毛 2012年4月5日生
調教師森秀行(栗東)
馬主玉井 宏和
生産者小池 博幸
生産地浦河町
戦績18戦[5-2-4-7]
総賞金8,888万円
収得賞金2,250万円
英字表記Captain Ship
血統 ノボジャック
血統 ][ 産駒 ]
French Deputy
Flight of Angels
ゴッドエンジェル
血統 ][ 産駒 ]
ラムタラ
フジノキャラット
兄弟 ヒアルロンサンダイナミックソング
前走 2017/06/10 安芸ステークス
次走予定

キャプテンシップの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
17/06/10 阪神 11 安芸S 1600万下 ダ1400 12331.811** 牡5 57.0 武豊森秀行516(+2)1.24.5 -0.136.2サクラフローラ
17/05/20 京都 10 シドニーT 1600万下 ダ1200 16594.322** 牡5 57.0 C.ルメー森秀行514(-4)1.11.3 0.135.0⑫⑫ゴーインググレート
17/04/16 阪神 10 陽春S 1600万下 ダ1200 168169.553** 牡5 56.0 川又賢治森秀行518(-2)1.11.1 0.236.2④④サイタスリーレッド
17/03/18 阪神 10 なにわS 1600万下 ダ1200 15236.233** 牡5 57.0 川又賢治森秀行520(0)1.11.2 0.335.9ジープルメリア
17/01/29 京都 12 4歳以上1000万下 ダ1200 16244.631** 牡5 57.0 武豊森秀行520(-8)1.11.2 -0.536.3マイネルラック
17/01/07 京都 8 4歳以上1000万下 ダ1200 16486.945** 牡5 57.0 V.シュミ森秀行528(+6)1.11.7 0.536.3④④ゼンノサーベイヤー
16/12/11 阪神 12 夙川特別 1000万下 ダ1200 165108.352** 牡4 57.0 V.シュミ森秀行522(-6)1.11.5 0.235.7⑤⑤エルフィンコーブ
16/11/13 京都 12 ドンカスター 1000万下 ダ1400 162322.4712** 牡4 57.0 国分恭介森秀行528(+6)1.24.5 0.736.9イーデンホール
16/10/23 京都 12 大山崎特別 1000万下 ダ1200 15223.7115** 牡4 57.0 川田将雅森秀行522(-2)1.13.2 1.837.8⑤⑥メイショウワダイコ
16/09/11 中山 12 3歳以上1000万下 ダ1200 16244.325** 牡4 57.0 田中勝春森秀行524(+8)1.11.1 0.237.9ヒカリマサムネ
16/08/21 新潟 11 NST賞 OP ダ1200 1571259.0143** 牡4 52.0 田中勝春森秀行516(+4)1.10.5 0.136.4エイシンローリン
16/07/31 新潟 10 岩室温泉特別 1000万下 ダ1200 1561017.4814** 牡4 57.0 田中勝春森秀行512(-4)1.13.3 2.439.1ドリームドルチェ
15/12/27 中山 6 3歳以上1000万下 ダ1200 16472.011** 牡3 56.0 戸崎圭太森秀行516(+8)1.11.8 -0.038.3キープレイヤー
15/12/13 阪神 12 高砂特別 1000万下 ダ1400 163517.673** 牡3 56.0 三浦皇成森秀行508(+4)1.23.9 0.236.8シャトーウインド
15/11/15 東京 12 3歳以上1000万下 ダ1600 162322.8813** 牡3 56.0 田中勝春森秀行504(+5)1.36.5 1.836.9ダイワバロニス
14/11/26 園田 10 兵庫JGP G2 ダ1400 11--------6** 牡2 55.0 岩田康誠森秀行499(--)1.28.2 1.8----ジャジャウマナラシ
14/10/04 阪神 9 ヤマボウシ賞 500万下 ダ1400 10552.111** 牡2 55.0 岩田康誠森秀行492(+6)1.25.0 -0.236.7⑥⑦ワンダフルラスター
14/09/06 新潟 6 2歳新馬 ダ1200 14451.211** 牡2 54.0 岩田康誠森秀行486(--)1.13.3 -0.637.4マイネルアペックス

キャプテンシップの関連ニュース

 安芸ステークス(10日、阪神11R、3歳上1600万下(混)(特指)、定量、ダ1400メートル、1着本賞金1820万円 =出走12頭)1番人気キャプテンシップ(栗・森、牡5、父ノボジャック)が3番手から伸びてオープン入りを決めた。18戦5勝。次走はNST賞(8月20日、新潟、OP、ダ1200メートル)あたりを視野に入れている。6番人気サクラフローラが1/2馬身差の2着だった。

 ◆武豊騎手(キャプテンシップ1着) 「もまれない位置を取りたかったし、うまく取れたね。最後もしっかり伸びてくれた。1400メートルでも問題ない」

 ◆和田騎手(サクラフローラ2着) 「ペースが緩めでしたけど、2番手で折り合いがつきましたし、うまくタメが利いていました」

 ◆岩田騎手(カネトシビバーチェ3着) 「(ハミを)かんでしまいました。もう少し前へ行きたかったのですけど、出していくと引っ掛かってしまうタイプなので…。ペースが流れてほしかったですね」

 ◆川田騎手(ブラインドサイド4着) 「ゲートを出て自然とあの位置(中団)になりました。直線でなかなか道をつくれず、前の3頭がそのままだったことを考えると、よく詰めてくれています」

 ◆松山騎手(ガンジー5着) 「大外でもスッと流れに乗ることができましたし、しまいも伸びています。枠はもう少し内の方が良かったかも」

キャプテンシップの関連コラム

閲覧 654ビュー コメント 0 ナイス 10

 今週のダートグレードは、全日本2歳優駿の前哨戦、兵庫ジュニアグランプリ。2歳最初のG3・エーデルワイス賞は、過去10年で地方馬が5勝2着10回と優勢。次のG3・北海道2歳優駿も地方馬が4勝2着4回と中央馬とほぼ五分五分。(2008 年〜2017年終了現在) しかし、3度目の兵庫ジュニアグランプリとなると、過去10年で地方馬が3勝2着3回と中央馬との逆転現象が起こります。

 なぜ、このタイミングで逆転現象が起こるのかというと、JRAでは秋になるとダートの500万下が行われるようになり、中央勢もある程度のキャリアを積むことが出来るからです。キャリアを何戦も積んで大きな上積みが見込めない地方馬と、キャリアの浅い時点で2勝した中央馬の対戦図式になれば、後者に軍配が上がることがほとんど。競走馬はデビューしてから5戦目くらいまではレースに慣れて大きな上昇を見せるものだからです。

 実際に過去10年の中央の勝ち馬を見ても、2011年こそ初ダートのゴーイングパワーが勝利していますが、それ以外は全て2勝馬です。また、地方勢で勝利した2009年ラブミーチャンも、デビュー3戦目で中央に遠征しての500万下勝ちの実績がありました。2着馬もほぼ2勝馬で、1勝馬で連対した唯一の馬は、新馬戦で9馬身(1.5秒差)の圧勝を飾った2008年のアースリヴィングのみ。

 つまり、過去10年でこれまでに2勝を上げているか、今回が初ダートの馬か、前走の新馬戦で圧勝した馬のみしか連対していないのです。前走の500万下で2着と惜敗した馬はそれなりに人気になりますが、過去10年では3着が精一杯という状況。点数を絞りたければそういうタイプを消してしまうのもアリでしょう。

 また、今回が初ダートとなる馬は走らせてみなければわからないとこともある上に、昨年1番人気に推されたアズールムーン(結果5着)のように過剰人気になることもしばしば。また、新馬戦で圧勝した馬も滅多に出走してくることがありませんから、本命馬は前走る前走500万下勝ちかダートグレードで上位の実績がある馬から選ぶのが基本でしょう。

 特に前走の北海道2歳優駿で3着以内だった馬は、このレースの過去10年で【2・1・0・0】とかなり信頼できます。該当の1着馬は2007年のディアヤマト、2009年のラブミーチャン、2着馬は2010年のカネマサコンコルドです。ただし、前走500万下の勝ち馬は、2014年に断然1番人気に支持されたキャプテンシップのように無敗馬でも平気で馬群に沈んでいることがあります。それまでのレース内容や臨戦過程をしっかりと吟味する必要はあるでしょう。

 キャプテンシップは前走のヤマボウシ賞を勝ったあと、体調面に不安が生じて、当初予定していた北海道2歳優駿をスキップした後の、体調面が不安視された一戦でした。それ以外でも前走500万下勝ちの2009年ナリタスプリング、2012年のアーズゼウス、2013年のスザク、そして昨年のネコワールドがこのレースで4着、3着、6着、6着に凡退しています。

 また、このレースは、比較的本命サイドで決着しているレースですが、前走500万下を勝利した馬がこのレースで敗れることによて、高配当が発生しています。特に2014年は、キャプテンシップの凡走によって、馬複3万2290円(3連単60万3300円)の大波乱となりました。前走500万下の勝ち馬が信頼に足りないようであれば、いっそ波乱に賭けてみるのもひとつの手段かもしれません。

 中央のダート2勝馬が凡走した場合にはいくらでも荒れようがあるのですが、そういう場合には地方馬がよく穴を開けているのがポイント。その場合の地方馬は、2014年にワン、ツーを決めたジャジャウマナラシやオヤコダカ、昨年のロードジュレップのように地元の重賞で連対実績がある馬ばかりです。最低でもその条件を満たしていないと、このレースでは連対できていません。


 まとめるとこうなります!

 ●本命候補
 ・前走の北海道2歳優駿で3着以内だった馬。
 ・前走の500万下の勝ち馬。
 
 ●穴馬候補
 ・地方馬限定重賞で連対実績のある馬。

山崎エリカさんのダートグレード競走最新予想はこちらからご覧いただけます!!


登録済みの方はこちらからログイン

2017年5月25日(木) 18:30 競馬プロ予想MAX
先週の回顧〜(5/20〜5/21)佐藤洋一郎プロが東京9Rで3単8264倍を的中!
閲覧 786ビュー コメント 0 ナイス 2

先週は、14(日)に東京競馬場でG1優駿牝馬オークス)が行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
G1優駿牝馬オークス)は1番人気がソウルスターリングで2.4倍、2番人気がアドマイヤミヤビで4.8倍、3番人気リスグラシューで5.9倍とここまでが10倍を切る形で3強オッズを形成しました。
  
注目のスタートはレッドコルディスリスグラシューらが出遅れややばらつき加減。内から好スタートを決めたフローレスマジックが先頭で第1コーナーへ入ります。先頭はフローレスマジックでリードは1馬身、2番手にミスパンテール、3番手にソウルスターリング、続いてブラックオニキスヤマカツグレースカリビアンゴールドモズカッチャンモーヴサファイアレーヌミノルと先団を形成。中団からはリスグラシューホウオウパフュームブラックスビーチアドマイヤミヤビディーパワンサと追走。後方からはディアドラマナローラレッドコルディスと続いて最後方にハローユニコーンの隊形。
 
前半の1000m通過は1分1秒7(参考)のやや緩い流れ。フローレスマジックが先頭で直線コースへ。
 
先頭はフローレスマジックでリードは1馬身、2番手にソールスターリング、内からはモズカッチャン、外めにはミスパンテールヤマカツグレース、後方各馬は外に進路を取って追い込み態勢。
 
残り200mを通過、ここで逃げるフローレスマジックの脚色が一杯になるとソウルスターリングモズカッチャンの2頭が抜け出してマッチレース!残り100m、ここでソウルスターリングがもうひと伸び!モズカッチャンを競り落とすとゴールまで力強く伸びきって優勝!阪神JFに次ぐG1 2勝目を飾りました!勝ちタイムは2分24秒1(良)。1馬身3/4差の2着にモズカッチャン、そこから2馬身半差の3着にアドマイヤミヤビが入っています。
 
公認プロ予想家ではきいいろプロKOMプロ岡村信将プロ加藤拓プロ馬っしぐらプロ馬券生活プロ河内一秀プロおかべプロが的中しています。
  
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
  
☆☆☆注目プロ →佐藤洋一郎プロ
20(土)東京9Rで単勝75.8倍の◎プリンセスルーラーを本命に抜擢!◎○▲のパーフェクト予想を披露し、単勝75.8倍、3連単82万6410円を払い戻しました!翌日の京都3Rでも3連複1664.7倍を200円的中!週末トータル回収率215%、収支プラス69万3040円をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →くりーくプロ
勝負レースに選んだ20(土)京都5RでA評価とした単勝57.2倍の伏兵○ブブールチャチャと▲レンジャックマンの馬連297.9倍を的中!この他にも新潟6R、21(日)東京12Rと勝負レースを勝負レースを連続的中!週末トータル回収率170%、収支プラス3万2150円をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →ろいすプロ
20(土)京都10Rで『このレースはアトランタやアースゼウスなどがおりかなり流れが厳しくなりそう、ハナ争いを見ながら差す競馬ができそうで展開向く』と狙った◎キャプテンシップからの3連複を的中!8万8460円を払い戻しました!週末トータル回収率161%、収支プラス5万5190円をマークしています。
 
はははふほほほプロ岡村信将プロ西野圭吾プロ岡村信将プロ西野圭吾プロ加藤拓プロ☆まんでがんプロ霧プロが回収率100%超の活躍を見せています。
 
今週も、競馬予想の達人・ウマニティ公認プロ予想家陣の予想にご注目下さい。

[もっと見る]

2016年11月22日(火) 16:09 山崎エリカ
【山崎エリカのダートグレード攻略】〜兵庫ジュニアグランプリ2016〜
閲覧 569ビュー コメント 0 ナイス 4

 浦和記念が終わったばかりですが、今度は全日本2歳優駿の前哨戦、2歳最初のG3・エーデルワイス賞は、過去10年で地方馬が5勝2着10回と優勢、次のG3・北海道2歳優駿は、過去10年で地方馬が5勝2着4回と中央馬とほぼ五分五分。(2007〜2016年終了現在) しかし、3度目の兵庫ジュニアグランプリとなると、過去10年で地方馬が3勝2着3回と中央馬との大勢逆転が起こります。

 なぜ、このタイミングで逆転現象が起こるのかというと、中央では10月よりダートの500万下が本格的にスタートし、キャリアを積んで大きな上積みが見込めない地方馬vs中央の2勝馬という対戦図式が作られるからです。この時期の中央の2勝馬というのは、キャリアの浅い時点で交流重賞か500万下を勝ち上がっている素質馬が多いですから、それらがさらなる上積みを見せる形で、地方馬を撃破するという形です。

 過去10年の中央の勝ち馬を見ても、2011年こそ初ダートのゴーイングパワーが勝利していますが、それ以外は全て2勝馬です。また、地方勢で勝利した2009年ラブミーチャンも、デビュー3戦目で中央に遠征しての500万下勝ちの実績がありました。2着馬もほぼ2勝馬で、1勝馬で連対した唯一の馬は新馬戦で9馬身(1.5秒差)の圧勝を決めて、兵庫ジュニアグランプリがデビュー2戦目のアースリヴィングでした。

 つまり、過去10年でこれまでに2勝を上げているか、今回が初ダートの馬か、前走の新馬戦で圧勝した馬のみしか連対していないのです。「前走の500万下で2着とちょっとだけ負けちゃった…」という馬はそれなりに人気になりますが、これまでは3着までが精一杯。そういったタイプはなんとなく押さえておきたい衝動に駆られますが、点数を絞りたければいっそ消してしまうのもアリかもしれません。

 また、今回が初ダートとなる馬は走らせてみなければわからないとこともある上に、過剰人気になることもしばしば。また、新馬戦で圧勝した馬も滅多に出走してくることがありませんから、本命馬は中央のダート500万下か交流重賞勝ちの実績がある馬から選ぶのが基本でしょう。ただし、2014年に断然の1番人気に支持されたキャプテンシップのように、無敗馬でも平気で馬群に沈んでいるケースがあるので、それまでのレース内容や過程をしっかりと吟味する必要はありそうです。

 さて、今度はどのような地方馬が活躍しているかというと、前記したラブミーチャンの他に2006年の2着馬トップサバトンや2010年の2着馬カネマサコンコルドともに北海道2歳優駿の連対馬でした。北海道2歳優駿の勝ち馬は、全日本2歳優駿に優先出走できるし、2着でも普通に出走できることが多いので、滅多に出走してくることはありませんが、このタイプも人気にはなりますが過去10年で【0・2・0・0】と軸馬としては信頼できます。

 一番の問題は穴馬の引っ掛け方ですが…大きな傾向としてはありません。まず、兵庫ジュニアカップでは過去10年で馬複配当100円台が7回と堅いレースであること。そのうち500円以下で4回も決着していることから、堅いを通りこして硬直し過ぎているレースと言えるかもしれません。しかし、過去に1度だけ馬連配当3万2290円の大波乱がおきました。地方馬のジャジャウマナラシ(7番人気)とオヤコダカ(6番人気)で決着したのです。

 しかし、この2頭が強かったというよりは、前走ヤマボウシ賞を勝って2戦2賞のキャプテンシップが6着に敗れたことの波乱。キャプテンシップは前走のヤマボウシ賞を勝ったあと、体調面に不安が生じて、当初予定していた北海道2歳優駿をスキップした後の、体調面が不安視された一戦でした。断然の1番人気でしたが明らかに調整不足で、負けるべくして負けたと見ています。

 このように中央のダート2勝馬に破たんが生じた場合には、いくらでも荒れようがあるので、強いと目されている馬や、中央勢の出走レベルが低いと感じたときは、思い切って地方馬のトップクラスの馬を狙ってみるのもひとつの手段です。


 ●まとめ

 ・本命候補
 中央の500万下の勝ち馬か交流重賞の勝ち馬。
 北海道2歳優駿の連対馬

 ・穴馬候補
 本命候補の破たんやレベルが低い年のみ波乱の傾向。
 その場合に活躍するのは、地方のトップクラスの馬が多い。

山崎エリカさんのダートグレード競走最新予想(「競馬プロ予想MAX」)はこちらからご覧いただけます!!

[もっと見る]

キャプテンシップの口コミ


口コミ一覧
閲覧 49ビュー コメント 0 ナイス 16

POGの参考になればと、2歳戦を注目しています!

2歳戦のヤマボウシ賞(ダート:1,400)、勝馬の前走と人気を過去5年調べました


2012 アップトゥデイト:4番人気 7/22中京2歳ステークス(芝1,400)7着 前々走7/6中京新馬(ダート1,400)1着

2013 ローブデソワ:4番人気 7/6中京新馬(ダート1,400)1着

2014 キャプテンシップ:1番人気 9/6新潟新馬(ダート1,200)1着

2015 プレスティージオ:5番人気 9/20阪神新馬(ダート1,200)1着

2016 ネコワールド:2番人気 7/24札幌G掘兵1,200)10着 前々走6/18東京新馬(ダート1,400)1着

勝馬は、前走距離1,400以下で、ダートでの新馬勝ちをしています!


おまけ
ヤマボウシの花言葉は、「友情」です

 銀色のサムライ 2017年6月11日() 17:56
馬券メモ(2017/6/10・11)
閲覧 89ビュー コメント 0 ナイス 9

今日の東京6RにPOG馬・ホーリーレジェンドが出走し、見事1着♪
これで今季POGはステルヴィオに続いて2頭目の勝ち上がりとなりました。

ホーリーレジェンドは新馬戦から勝ち上がる事を想定した馬だったので、
僕が望む通りの結果を出してくれて、本当に良かったです。

それでは、今週予想したレースの本命馬の成績を振り返っていきましょう。


【3回阪神3日】

■7R スズカプリズム 3人気1着

スタートを上手く出て、中団やや前めの位置を取れた事が勝因でしょう。
でも、1000万下に昇級してしまうとさすがに苦しいのではないでしょうか。

■8R トウカイエクレール 1人気4着

降級馬でしたけど、他の降級馬と3歳馬が混ざった今の500万下では力不足ですね。
急坂で脚が鈍った感じがあるので、阪神コースも不向きだと思います。

■9R メイショウタチマチ 1人気2着

2番手から上手くレースを運びましたが、
ディープ産駒・サトノシャークのキレ味に屈しました。

■10R クライムメジャー 1人気2着

エントリーチケットと同じような位置にいれば良かったんですけどね…。
難しい気性の馬ですから、1着固定の馬券は危険ですね。

■11R キャプテンシップ 1人気1着

今回は1600万下にしては弱いメンバー構成でしたから、
オープンに上がるとさすがに厳しいと思います。

■12R オブリゲーション 2人気4着

スタートの出遅れも痛かったですし、直線でモタれ気味に走ってしまったのも痛かったです。
得意の新潟でしか買えない馬のようです。


【3回東京3日】

■7R ピントゥリッキオ 3人気5着

好スタートを切りましたが、内ラチ沿いに馬を入れて外から被される厳しい形に。
せっかく外枠に入ったのですから、枠なりの競馬をしてほしかったです。

■8R プランスシャルマン 4人気6着

休み明け初戦だった事を割り引いても、
勝ち馬から1.3秒差の6着というのは全く評価できません。

■9R ペルソナリテ 4人気5着

降級馬だから…と安易な考えで予想をすると大抵ダメな成績になります。
1000万下に落ちても、牝馬限定じゃないと厳しいようです。

■10R プリンシアコメータ 1人気1着

1600万下でも勝ち負けしていた馬ですから、
1000万下ではさすがに地力が違いました。

■11R アルタイル 2人気12着

前走はただ単に展開がハマっただけだったんですね…。
スローペースになる事も読めてなかったですし、酷い予想でした。

■12R ナンヨーアミーコ 3人気1着

外差し馬場が味方しましたけど、500万下では実力が違いすぎました。
1000万下に昇級しても、引き続き上位争いしてくれるでしょう。


【3回阪神4日】

■7R フランドル 1人気5着

キングサムソンに外から被されてからペースを上げにいったんですけど、直線半ばで脚がなくなりました。
鉄板級の1番人気に◎をつけて飛んだ時は本当に虚しい気持ちになります。

■8R ダノンディーヴァ 2人気7着

スタートで出遅れて、慌てて前に行きましたけど、
脚を溜める競馬ができず、ただ流れ込むだけ、というレースになってしまいました。
調教の時計はいつも良いので、買い目に入れてしまうんですが、
実戦だと持ち味を出せないタイプである事が今回の凡退でハッキリしました。

■9R ライトファンタジア 4人気8着

ブリンカー効果と53kgのハンデに期待しましたが、全然でした。
控える競馬をしてもダメなので、今後は逃げる競馬を試してほしいです。

■10R クリノリトミシュル 1人気2着

同じ降級馬のイーストオブザサンにしてやられました。
でも、差し馬向きの展開になったのに勝ち切れなかったの痛いですね。

■11R(マーメイドS)マキシマムドパリ 3人気1着

前々から競馬を進めて、早めに先頭に立ち、そのまま押し切りました。
藤岡佑騎手の積極的な競馬が光りました。

■12R シンゼンスタチュー 1人気1着

完全な差し馬向きの展開になった事も大きかったんですけど、
降級馬でしたし、順当勝ちだったと思います。


【3回東京4日】

■7R ブランエクラ 1人気2着

スムーズな競馬ができていましたが、降級馬のキタサンガンバの方が一枚上手でしたね。
次走以降も勝ち負けできそうですけど、詰めが甘い馬である事を忘れないようにしたいです。

■8R シンボリタピット 3人気1着

早めに先頭に立ってそのまま粘り込む、という積極的な競馬で勝ち切りました。
荒れ気味の馬場も味方したと思います。

■9R チュラカーギー 2人気14着

コーナーを回る時に変な感じだったので、左回りは合わないのでしょう。
降級戦なら1400mでも大丈夫、と安易に考えてしまいました。

■10R キロハナ 1人気3着

強い相手でも55kgなら…と考えましたが、
上位2頭との力差を見せつけられましたね。

■11R(エプソムカップ)アストラエンブレム 1人気2着

前で粘るマイネルハニーを最後の最後に交わしましたけど、
その内から強襲したダッシングブレイズの末脚に屈する形になりました。
勝負どころでズブくなる馬なので、もっと早めに仕掛けた方が良かったかもしれません。

■12R ペイシャボム 3人気11着

好位の内で控える競馬を試みましたが、直線半ばでいっぱいいっぱいでしたね。
前に行ってなんぼ、というタイプである事がハッキリしたので、次からは積極的な競馬をしてくれるはずです。


来週から函館競馬が開幕♪

開幕週から好メンバーがそろう函館スプリントSがありますから、
とても楽しみです。

[もっと見る]

 正義の魂 2017年6月11日() 16:52
武豊騎手今週はいただけない
閲覧 95ビュー コメント 0 ナイス 4

私が世界最強の騎手と思っている、武豊騎手だが、
先ほど終わったマーメイドステークスで、
乗り捨てた馬のワンツーを許して
しまったのは、いただけない。

確かに昨日のキャプテンシップで、
単勝を獲らせてもらったのだが、
今週のラインナップだったら、
もっと勝って欲しかったものである。

来週の函館スプリントで、シュウジに
騎乗するらしいが、今度こそしっかり勝って、
名誉挽回して欲しいと、切に願う。

[もっと見る]

⇒もっと見る

キャプテンシップの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
1:
  おかき   フォロワー:0人 2015年12月13日() 16:29:48
次走注意

キャプテンシップの写真

投稿写真はありません。

キャプテンシップの厩舎情報 VIP

2017年6月10日安芸ステークス1着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

キャプテンシップの取材メモ VIP

2017年6月10日 安芸ステークス 1着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。